5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オールドクォーツ好きな奴いる? 2

1 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:12:50
SEIKO QUARTZ,Someday all watches will be made this way

(前スレ)
オールドクォーツ好きな奴いる?
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/watch/1140433306/

2 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:14:41
70年代のクォーツは、SEIKOなら38クォーツやKQ、GQ、スーペリアといった魅力的なクォーツもあるが、そんな初期クォーツについて語ろう (前スレ1さん)

■リンク
セイコーウオッチ(株)SEIKO腕時計の歴史 http://www.seiko-watch.co.jp/corporate/history/index.html
セイコー時計資料館 http://www.seiko.co.jp/nihongo/horology/index.html
セイコーエプソン(株)マイルストンプロダクツ http://www.epson.jp/ms/
シチズン時計(株)会社沿革 http://watch.citizen.co.jp/company/enkaku.html#anchor01
カシオ計算機(株)歴史 http://www.casio.co.jp/company/history/

なかひろ時計館 ttp://www.terra.dti.ne.jp/~nakahiro/
北海道腕時計博物館 SEIKO ttp://homepage3.nifty.com/dr-usapyon/museum/SEIKO.html
 この2件、個人HPで恐縮ですが、セイコーグループ各社の歴史が分りやすく、クォーツのコレクションも素晴らしいので
徳永時計開発室 ttp://www.tokunaga.ne.jp/index.html

セイコー腕時計 ケース/シリアル番号の読み方 ttp://www2.odn.ne.jp/~caf56560/shiryo/yomikata/seiko/seiko.html
セイコークォーツ キャリバー一覧 ttp://www.ne.jp/asahi/net/homepage/shucal03.html
 これ、『THE SEIKO BOOK』巻末の写しだと思うんですけど… 主なキャリバーについて分ります
Cooの腕時計 ttp://mr-coo.com/
セイコークォーツ 電池一覧表 ttp://www.bobthayerjr.com/wb5apd/Files/seiko-batteries.pdf

3 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:15:47
■FAQ
◆オールドクォーツって何が魅力なの?
趣味の世界ですからw 人それぞれ。
作りが(それなりに)良い、雰囲気が好き、メカに惹かれる、…
理由はいろいろあって良いんじゃないでしょうか。
古いながらもある程度の実用性を兼ね備えているところもポイントだと思います。

オクやショップを見ての「○○が×万で出てるけど、買い?」的な質問については、
一般的な相場の話は出来ると思いますけど、最終的にはその人の価値観に拠ると思います。

(前スレ)
326 Cal.7743 2006/05/06(土) 00:09:14
セイコー デジタル ワールドタイム アトラス
って、いくらぐらいが相場ですか?
安ければ買っておくべきコレクションアイテムですか?

327 Cal.7743 2006/05/06(土) 06:53:06
いいから、買っておけ。

328 Cal.7743 2006/05/06(土) 08:23:56
欲しけりゃ、買え。
必要なければ、買うな。
相場とか気にするな。
基準を自分に持て。

4 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:16:52
(前スレ)
95 1 2006/03/04(土) 20:53:23
俺はクォーツは、安い値段でコレクションできるのが魅力だと思う。
人気もないから、オクとかでも競争も激しくないし。
回路が壊れた時は、再生不可能という宿命は負わないといけないかもしれないけど、
それでも割り切れる事が出来れば、こんないい趣味ないと思う。
何よりセイコースーペリア等、当時のフラグシップモデルが安く楽しめるのが嬉しい。
安いといっても、今ならそれなりのクォーツ時計が買える値段かもしれないけどね。

97 74 sage 2006/03/04(土) 23:30:38
初期クォーツの面白さというのは、「歴史」を手元に置けるということかもしれない。
低価格化、バッテリーの長寿命化、精度競争、薄さ競争(これも凄かった)、多機能化、…。
進化の過程が分るそれぞれの時計が比較的安く(例外アリ)入手でき、
かつ日常使用が可能だと言うこと。
時計というものの価値観自体が大きく変わった時期でもあるし、
そういう意味でも興味は尽きない。
ソーラー電波がスタンダードになり、ケータイで時刻を見るご時世だから、
「強者どもが…」という感じは否めないけど、そこがまたいいのかも。

5 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:17:57
◆オールドクォーツって修理出来るの?
ケースバイケースだと思います。

クォーツの場合、・回路が死んだ ・油切れ の2つが考えられます。
古くから営業している時計屋さんの場合、クォーツテスターという測定機械を備えていると思います。
これで回路の生き死にを確認できます。

70〜80年代の時計の場合、回路や内外装パーツの交換は厳しいと思われます(在庫薄/無し)
中にはパーツ(ドナー含)を持っている時計屋さんがあるかもしれませんが…。

油切れの場合は機械式時計と同様にOHしてもらえばOKです。
デッドストックの場合も保管状況によってはOHが必要になると思われます。
近くの時計屋さん、ダメならメーカーに聞いてみてください。
OHは街の時計屋さんの場合1万前後〜、メーカーの場合は1.5万前後〜でしょうか。

6 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:19:03
(前スレ)
196 Cal.7743 2006/04/16(日) 01:11:21
38クオーツですが、セイコーサービスセンターに
出せば、製造時の精度は取り戻せるものですか?

197 Cal.7743 2006/04/16(日) 11:53:37
>>196
無理です。
部品が無いので、修理できません。

198 Cal.7743 sage 2006/04/16(日) 17:23:12
>>196
先月、38クォーツを大阪のSEIKOサービスセンターにOHに出しました。
・カレンダー不動
・時間合わせが竜頭が重くて大変
・時間遅れ

ちゃんと直って帰ってきました。
OH代金13860円(税込み)

199 Cal.7743 sage 2006/04/16(日) 17:25:44
>>196
38は、数種類あるコンデンサー自体を取り替えて緩急調整を行うから、
そのコンデンサーのストックが無いと無理。

また、コンデンサー部分の劣化は必ず生じ、それによって狂い出すんだ。

7 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:20:11
(前スレ)
355 Cal.7743 sage 2006/05/12(金) 00:28:59
ダブルクオーツが修理できないとの話を確認するためにSEIKOお客様相談室にメールしてみた。
自分の持ってる9943グランドクオーツについて尋ねた結果...
*オリジナルの部品在庫はほとんど残っとらん
*オーバーホールは15000くらい
*修理するかは一旦見てから判断
*購入時の精度をだすのは不可能、防水性も難あり とのことでした。

356 Cal.7743 2006/05/12(金) 01:42:53
>>355
シングルクオーツでも部品は残ってなさそうですね。

358 Cal.7743 2006/05/12(金) 10:01:48
ふるーい時計は、完全に直しますなんて言い切ってしまったら
陰湿で粘着な輩からの、クレームのはじまりになるからね。
現実では直せても、その前の表現は控えめにするのさ。

俺のクオーツVFA、ガラ箱出身だけど、セイコーに送って
スペックそのままの精度で現在二年動いてるよ。
料金は13600円ぐらいだった。

359 Cal.7743 sage 2006/05/12(金) 11:37:33
完成度が低いからな

360 Cal.7743 sage 2006/05/12(金) 13:25:28
>>359
自己紹介乙

8 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:21:16
(前スレ)
417 Cal.7743 sage 2006/06/09(金) 21:22:47
>>416
セイコーの修理料金体系はだいたい「一律」方式だよ。
例えば現行品なら売価のランクである程度区切って、
機械式とかクオーツとかクロノグラフとかの違いを区別しないで均一料金でOH。

古い機械式、古いクオーツはグレードを問わず一律料金でOH。
(除くGS)

418 410 2006/06/09(金) 22:14:42
>>417
うん、神田の窓口にOHの料金表があって、確かにそうだった。

9 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:22:21
(前スレ)
737 Cal.7743 2007/01/14(日) 00:04:47
>>736
30年くらい前の電解コンデンサー、大体寿命は30年前後とされている。
冷暗所で30年くらいらしいから、酷使されていればもっと短いはず。

コンデンサの寿命問題、クォーツ時計に限らず、古い電化製品マニアには
実は深刻な問題。

738 737 2007/01/14(日) 00:10:35
付け加えると、38クォーツや48クォーツは、その電池の入手困難さから
オクや古道具屋では、電池をLR44やLR43を用いている事が多々ある。

これが実は非常にマズイ。

時計用のSR**SWなどと比べると、ハイペースで電流が流れて回路に負担が
かかる(表現が稚拙でスマン)。

755 Cal.7743 2007/01/21(日) 22:33:57
>>754
時計屋のおじさんの話によると、SRとLRは電圧が同じなので
動くには動くが、回路には良くないとの話を聞いたよ。

10 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:23:26
(前スレ)
904 Cal.7743 sage 2007/09/17(月) 11:50:57
デッドでも動かないのがオクに出てるんだけど
SEIKOに出せば動くのかな
油が固まってるだけなら暖めて動くかも?

905 Cal.7743 sage 2007/09/17(月) 12:01:34
>>904
暖めて動くことはないと思うよ
メーカー修理も古いクォーツとかでは受けてくれない物もあるよ
町の時計修理屋さんで修理可能なものもあれば
パーツが手に入らないものもあるし
安易に手は出さないほうがいいよ

908 Cal.7743 sage 2007/09/21(金) 20:44:30
>>904
そういう過程が楽しめる人、OH金額が許容出来る人なら。
>>905さんもそうだと思うけど、(自分は好きだけど)安易に他人に勧められないよね。
でも、ハマってみるのも良いかもよ。

11 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:24:35
◆オールドクォーツの使用上の注意は?
防水が弱いです。特に初期の電池蓋仕様のもの。パッキンの交換をお勧めしますが、在庫も少ないようです。
磁気帯びに気を付けてください。磁気対策が施されるのは80年代中期以降です。
寒くなると遅れる・動いたり止まったりするのは油切れが原因だと思われます。OH推奨。

◆セイコーのクォーツ時計の6時位置にあるマークって何?
クォーツの印です(正式に何と呼ぶのかは分りませんが)
3つの六角形(のようなもの)を組み合わせてあるのが普通のクォーツ、5つのはツインクォーツの印です。
80年代前半まで、12時位置の「クォーツ」表記と6時位置のクォーツマークが「お約束」でした。
亀戸・諏訪マークも80年代前半まで(基本的に)入っています。

◆「38QT」とか「48スーペリア」ってどういう意味?
商品シリーズを便宜上そう呼んでいます。
「38」はキャリバーナンバー(cal.38xx)から、「QT」は商品シリーズ名から。
機械式でも「45キング」とか「56LM」とか呼んでいますので、一般的なものだと思います(少なくともオタの間では)

12 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:25:46
(前スレ)
509 74 sage 2006/09/17(日) 23:08:14
80年あたりまでのセイコーの主なクォーツcal.の流れです。
(叩き台です。加筆・訂正よろしくです。女持ち除く)

(中〜高級機) … >>165での「高級機」に相当
諏訪 35 → 35(改) → 38 → 09 → 48
亀戸 36 → 39 → 08 → 58

(ツインクォーツ) … スーペリアツインクォーツ、グランド/キング ツインクォーツ
諏訪 99
亀戸 92、97
※ツインクォーツは94、96もあり。
※シャリオやドルチェ、シルバーウェーブなどにも搭載モデルあります。クレは詳細不明(カタログが別なので)

(薄型) … シャリオ、エンブレム、シーガル、ドルチェ、など
諏訪 41 → 78 → 60
亀戸 43 → 26、59

(普及価格帯) … タイプU、シルバーウェーブ、など
諏訪 75 → 82
亀戸 46 → 43 → 71 (72:アラーム機能付き)

ダブリあります。例えば、初代のタイプUが09だったり。
ロードクォーツは初期78、後期71。26や59はいろんな時計に載ってます。
以前レスのやりとりありましたが、43は初期のドレス用薄型とタイプU用とは別物です。

cal.の進歩はサイズ、電池寿命、精度、生産性向上、コストダウン、等々いろいろでしょうね。

13 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:26:50
◆グランドクォーツ(GQ)、キングクォーツ(KQ)ってGS・KSの後継商品なの?
いろいろな考え方があるとは思いますが、基本的には違うと思います。
70年代中期になり、セールス的に商品ラインを分りやすくする必要が出て来たため、
付けられた名称だと思います。
(それまでは「QR」とか「QZ」といったものだったので)
直接GS・KSをGQ・KQでリプレースした訳ではありません。

また、88年にクォーツGS(cal.95)が発売されますが、GQは84年頃に一旦途絶えていますので
直系のラインではありません。
復活クォーツGSは「機械式時代のGSのような、高級感・存在感のある時計」をクォーツ時代に作る、
というコンセプトだと思います。

「スーペリア」はGQ・KQなど他の時計に比べて精度と外装の作り込みのランクが上になります。
GQは諏訪製のみ、KQは諏訪・第二(亀戸)製があります。

14 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:27:56
(前スレ)
165 Cal.7743 2006/04/11(火) 05:28:09
QRはある。
QZは高級品。

クオーツのランク目安
@スーペリア
AVFA(SQ)
Bグランドクオーツ
Cキングクオーツ
DQR
EQZ
-----高級機の壁
Fロードクオーツ
Gタイプ2
Hシルバーウェーブ等
-----準高級機の壁

166 Cal.7743 2006/04/11(火) 06:36:17
QZで当時の給料の2〜3か月分ぐらいだったかな

15 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:29:01
(前スレ)
169 1 2006/04/11(火) 21:17:42
>>164
QZは高級品に入る。
というより、当時はまだクォーツ自体が高級品の時代!!
ただ当時のクォーツとしてのグレードだと、QZは中の下といった所か。
でも、例えばメカのロードマーベルなんか2万以下だったから
それを考えると、時計としては充分に高級品。
デッドで1万なら、俺は安いとは思うけど。。

QZは、3機種にラインナップされていたみたいで
諏訪の 09系・48系 、第二の 08系
そのオクのは、諏訪の09系になる。
オクの説明だとクォーツ発売2作目とあるが、
09系は諏訪として、3〜4作目くらいにあたる。
市販という意味では、38系クォーツが実際の2作目になる。
ちなみにQRは、その38クォーツの廉価モデル。
廉価モデルといっても、当時の56GSと同じ価格帯だった。

171 Cal.7743 2006/04/12(水) 06:19:07
>>165
価格としてはキングクオーツと同ランクのQTっていうのもあるな

16 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:30:26
(前スレ)
174 1 2006/04/13(木) 00:16:55
38QTは、72年にクォーツの普及版として発売され、
クォーツもやっと10万をきって、7万位に値下がりした。
更に翌年の73年に、廉価版の38QRが5万位で発売される。
それで、ようやくメカの56GSと同価格帯となった。
当時はクォーツ自体が高級品の時代だから、しっかり造りこまれている。
そういった物が今は安く手に入るし、
古クォーツは回路壊れたら終わり、という宿命はあるけど、
割り切れれば、いい趣味になると思う。

17 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:33:33
(前スレ)
41 1 2006/02/22(水) 19:52:00
>>40
48スーペリアだったんだね
側はSSかな?それともGP?
それにしても、ハードオフで見つけたなんて、ラッキーだ
しかも8000円なんて激安で!!ウラやましい
当時18万もした超高級モデルだったのに。。
確かにザラツ研磨の超鏡面仕上げはスゴいと思う。
俺も最初手に入れた時、あまりの仕上げに、磨かれすぎだ〜と勘違いしてしまった。

43 Cal.7743 sage 2006/02/22(水) 21:10:41
>>41
ケースはSSです。ついてきたSSの3連ブレスは汎用品ぽいです。

ケースの仕上げとインデックスの凝りようはすごいのに、針がぺらっとしていて
黒く塗りつぶされているだけなのに違和感を感じますが、これは純正なのかな?

調べてみると風防の素材自体は傷一つないですが、無反射コーティングがすこし
削れてるようです。「サファイヤクリアレックス」ってサファイヤガラスのことなんでしょうかね。
それともセイコーが一時期使っていた「サフレックス」なんでしょうか。

これを拾ったのは昨年3月のことでしたが、クォーツを買ったのは、15年前の
スィープセコンドSPIRIT以来なんです。ずっとクォーツには興味がなかったのですが、
48を拾ってから、クォーツもなかなかいいもんだな、と、思い直しました。

18 :Cal.7743:2007/12/18(火) 23:34:41
(前スレ)
44 1 2006/02/22(水) 22:05:07
>>42
850円!!
電池切れ状態だったのかな?
確かに、ペットネームもないし、ただの古い時計にしか見えないだろうしね

初期クォーツは造りとかいいのが多いが、人気もないし何より安いのが魅力。
さすがにGQ・KQとかは、それなりの値段するけど、それでもたかが知れてるし。
クォーツだって割りきれれば、当時の高級品が安くコレクションできるわけだから、
俺はハマってるよ

>>43
長短針は、約中心くらいから先が黒く塗りつぶされてる物なら純正だよ。
確かにパッと時計を見た時、インデックスの方が立派すぎてそっちに目がいっちゃう。

サファイアクリアレックスは、サファイアガラスに無反射処理を施したもの
当時セイコーではスーペリアと、GQの中でも最上位の10万のモデルにしか採用されていなかった。

19 :Cal.7743:2007/12/19(水) 01:15:53
>>1
スレ勃て乙。

やけに長いFAQですな。

20 :Cal.7743:2007/12/19(水) 02:59:01
初期クォーツは、ネットでいざ探しても、資料もなかなか無いからねぇ。
こうやってまとめてくれると非常に助かりますな。
>>1は乙であります。

21 :Cal.7743:2007/12/20(木) 00:18:46
■FAQ(続き、長くてすみませんw)
◆オールドクォーツの参考図書は?
あまり無いのが実状です。1冊全部クォーツ、というのは皆無では。
機械式を含めて国産は少なすぎる…。んで、オクで高値…。

とりあえず自分が読んだの挙げときます(順不動) 詳しい方いましたら補足願います。

1 THE SEIKO BOOK―時の革新者セイコー腕時計の軌跡 (TOWN MOOK GOODS PRESS) 徳間書店 1999

2 国産腕時計博物館 (ムック) ワールドフォトプレス 1994

3 スイス時計交流記―時計業界の不思議と思い出の時計を語る 久下晴夫 グリーンアロー出版社 1999

4 匠の時代 (第2巻) 内橋 克人 講談社文庫 1982

5 『世界の腕時計』 (No.43) 特集 「時をめぐる技術進化 セイコー2000」 ワールドフォトプレス 2000

6 『世界の腕時計』連載 織田一朗
 ・「クォーツウオッチ開発秘話」 (no.45〜50、6回連載)
 ・「腕時計デジタル革命」 (no.53〜58、6回連載)

7 傑作腕時計百年図鑑 世界文化社 2001
 ・「クォーツ30年のすべて」

22 :Cal.7743:2007/12/20(木) 00:20:09
1 … 尼でみたら1万4千円(!) 「セイコースタイル」について詳しく書いてあるところがウリ(だと思う)

2 … アストロンとかクリストロンメガとか初期のものの写真が載ってる。

3 … 著者は和光の取締役だった人。小売業界から見た60〜80年代の移り変わり。

4 … 2編収録の内、「セイコークオーツの世界」 諏訪の話はプロX他でおなじみだけど、亀戸についても書いてあるのが貴重。

5 … 2000年段階の商品・技術が主体なんだけど、歴史もキチンと押さえてある。お勧め。出版社在庫もある。

6 … 織田さんはセイコー出身の評論家。セイコー主体だけど、分りやすく書いてある。

7 … ブックオフで買った。10ページながらよくまとめてある。デジタルも詳しい。

23 :Cal.7743:2007/12/20(木) 10:18:36
>>21
追加

8 ・・・ エレキウォッチ大図鑑(ムック) ワールドフォトプレス 1997


24 :Cal.7743:2007/12/26(水) 20:40:14
>>1-18,21-23
スレ立て乙です。

このスレも2に突入したんですね。
>>20さんの言うように、情報少ないから助かります。
また情報あれば、お願いします。

25 :Cal.7743:2007/12/30(日) 22:23:35
また、寒くなった
時計止まっていないかチェックしてしまった。

薄型で古いものは、特に注意!
タイプU43系は、既にドック入り。


26 :Cal.7743:2008/01/01(火) 16:04:36
>>23
フォロー、サンクスです。
↓これ、忘れてました。

9 『世界の腕時計』 (No.18) 特集 「国産時計物語」 ワールドフォトプレス 1994
 ・「時計の歴史を変えた“クオーツ革命”」 織田一朗

6の「クォーツウオッチ開発秘話」の基になった(と思われる)読み物。8ページ。
他の読み物(防水・薄型競争、グランド/キング開発、東京オリンピックの計時システム開発、など)と併せて
戦後の国産の歴史が分ります。

昔、国産ヴィンテージスレで、入門者に3万準備してこの号と「国産腕時計博物館」、トンボ本、
とりあえず5千円くらいでファイブ(ヴィンテージの)を1本買え、という大変良いアドバイスのレスがあったけど、
いまは本自体が無いからなあ…。

27 :Cal.7743:2008/01/01(火) 16:05:41
「時計の歴史を変えた“クオーツ革命”」 織田一朗

当初のクオーツウオッチの英文広告に必ず入れられていたスローガンがある。
“SEIKO QUARTZ Someday all watches will be made this way”
(=いつの日か、すべての腕時計はクオーツになるだろう) というコピーである。
このコピーは当時のSEIKOサイドでも、かなりの願望が込められていた。

世界の腕時計市場を席巻していた機械式時計には650年以上の歴史と実績があり、
世界中のメーカーが作り続けているのに対して、クオーツウオッチはスタートしたばかりである。
技術も成熟の域に達していないばかりか、課題も数多く残されている。
そして何よりも厳しい現実は、一社で世界中を相手にしなければならないことだった。
そこでSEIKOが重視したのが、普及活動を通じて理解者を増やすこと、クオーツ陣営を広げていくことであった。

(中略)

昭和57年、“SEIKO QUARTZ Someday all watches will be made this way”の広告コピーは降ろされた。
誰もが予想しなかったSomedayが現実となり、しかも今世紀の内に訪れたのである。
ひとつの技術、製品が、これほど短期間で産業全体を変えてしまった例は、他にはないかも知れない。

28 :Cal.7743:2008/01/01(火) 16:06:46
>>25
冠婚葬祭用にしてる黒クロコを付けたシャリオがあるんですが、11月に久しぶりに使う機会があったとき、2秒運針。
電池切れかと思ってたらずっと2秒運針なんで、OHしなければ…と。
ふと故人のことを思い出しマスタ。
チラシの裏φ(・ω・ )

29 :Cal.7743:2008/01/03(木) 02:57:20
>>28
応急処置するか(時計を腕にはめていないときは、タオルでくるむ)←結構有効だが根本的に直ってない。
町の時計屋かメーカーに見てもらわないとだめかもね。
私の場合、別の時計(自動巻)が調子悪いんでついでに時計屋に見てもらうことにしました。


TYPE2持ちになったのは、亡き父の影響かな
子供の時、よく自慢して見せてもらったなあ(そのときの時計は壊れてどっかにいったのか)


ところで
昨日、O九でグランドツインクォーツ デットが31500で落札
今となっては、電波時計があるんであんましありがたみがないんだが
年差10秒ってすごい

30 :Cal.7743:2008/01/04(金) 01:32:45
>年差10秒ってすごい
アテッサk年差モデルならデッドで3万円ぐらいからあるだろう。
シングルでその精度だ。
所詮精度だけを求めるならセイコーよりシチズンではなかろうか?

31 :Cal.7743:2008/01/06(日) 20:09:14
確かに最高精度としてはシチズンが上だった。

75年、セイコーが38スーペリアで月差2秒だった時代に
シチズンは4MEGA振動子を採用したクリストロンメガで年差3秒を実現。
この年差3秒は、電波以外の腕時計では今となってもスペック上は最高記録。
セイコーは78年に99スーペリアで年差5秒を出したけど、結局それ以上のスペックは作らなかったし。

でも4MEGAは生産性が悪かったみたいで、あまり作れなかったらしい。
シチズンは4MEGA以外は年差モデルなんて81年に年差10秒を作ったのがやっと。(多分)
それに対してセイコーはツインクォーツで年差モデルを大量生産してたから、
最高スペックだけはシチズンが勝っても、実質はセイコーに完敗してたと思う。

32 :Cal.7743:2008/01/06(日) 20:44:36
クリストロンメガって結局公証精度は出なかったんでしょw

33 :Cal.7743:2008/01/06(日) 21:08:58
言ったモン勝ち。

今だって
「ザ・シチズン」年差±5秒
「GS(クォーツ)」年差±10秒

34 :Cal.7743:2008/01/06(日) 21:13:14
seikoも20年ぐらい前に年差±5秒 クオーツ出してただろw

35 :Cal.7743:2008/01/06(日) 21:19:07
1992年 振動子個別選別、周波数変動読み取り
11ヶ月のエージング熟成IC、個別プログラミング
8N91 V.F.Aってやつだ

36 :Cal.7743:2008/01/06(日) 21:24:28
後期のクリストロンメガを、シチズンに点検・調整に出した人の話によると、
年差1秒ほどに追い込めたという話だ。どういう条件かは知らないけど。

セイコーの年差5秒以上というのは誤解あったと思うけど、
年差5秒までのスペックしか作らなかったという事
94・96スーペリアでも年差5秒だったから。



37 :Cal.7743:2008/01/06(日) 21:28:12
>>35
そんなムーブがあったの?
もしかして、限定でホワイトゴールドか何かで出したやつかな?

38 :Cal.7743:2008/01/06(日) 21:35:05
やっぱ電波クォーツは飽きるな。
自己完結クォーツのほうがいいわ。


39 :Cal.7743:2008/01/06(日) 21:44:48
下らない「精度競争」に終止符打たせたのが電波時計だよ。

常温での「精度」がいくら良くとも日常使用では別だ。
「追い込めば年差±2秒以下も可能」と必死コいてるヤツ、、、笑止

40 :Cal.7743:2008/01/06(日) 21:47:46
年差は10秒あれば十分じゃないかね?

41 :Cal.7743:2008/01/06(日) 22:01:02
発売当時は年差5秒を誇った99スーペリアも
今では只のクオーツ、かつての面影(精度)なし。

42 :Cal.7743:2008/01/06(日) 22:05:16
実際には80年代半ばには精度競争は終わってたと思う。
いくらクォーツの精度を上げて高く売ろうとしても、消費者に受け入れられなかった。
メカと違い、クォーツは普通の精度で充分だった。
そういったリサーチにより、セイコーもシチズンも精度競争を辞めたらしい。

43 :Cal.7743:2008/01/07(月) 02:45:50
世界一の精度(電波補正は無いが)で
パーペチュアルカレンダー付き(日付修正不要!)で
電池が5年以上もちます
ザ・シチズン

44 :Cal.7743:2008/01/07(月) 03:09:53
電波受信可能エリアに居住してるなら、、、The Gで十分。
電波補正機能もあり電池交換も不要でオマケに安いw

年差クォーツは
海外に長期出張(北米、欧州を除く)や電波受信不能エリア居住、、、
向きじゃない?

精度は次第に落ちて逝くけど。

いずれノーマルクォーツに。

45 :Cal.7743:2008/01/07(月) 19:56:04
微妙にレスがかみ合ってない…w

>>31補足
・35A(アストロン)月差±3秒:69年 ・3883(スーペリア)±2秒:73年 ・4883(スーペリア)±1秒:76年
・9983(スーペリア・諏訪)年差±5秒:78年 ・9481(スーペリア・亀戸)±5秒:81年

余談だけど、9F系でもヒストリカル(アストロン)かショップ限定か忘れたけど、年差±5秒のモデルがあったと思った。
9F系は93年登場だから15年か…。もう打ち止めって感じだね。

>>35 kwsk
8N系の最高って8N65(年差±10秒、89年、GSに搭載)だと思ってたけど。温度補正IC使用。

>>42
82年:テレビウォッチ、83年:7Aクロノ、84年:腕コン…あたりと表裏一体の関係だよね。精度競争→付加機能競争。

46 :Cal.7743:2008/01/07(月) 21:39:09
なあ 電波の話題は面白くないから、やめようよ

47 :Cal.7743:2008/01/07(月) 21:41:52
>>45
8N65を振動子個別選別、周波数変動読み取り
11ヶ月のエージング熟成IC、個別プログラミングしたものが
8N91 V.F.Aってやつだ

48 :Cal.7743:2008/01/07(月) 22:13:31
以前オクで見たな。
確かホワイトゴールド側で 創業110年記念モデル 年差5秒のVFA。
メカはUTDというやつを出して、これはオクでも今出てる。

49 :Cal.7743:2008/01/07(月) 22:54:48
page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s77693903
これは創業110年記念モデルのUTDじゃないだろ

50 :Cal.7743:2008/01/07(月) 23:28:55
>>47-48
サンクス。セイコーHP見たら載ってた。これなのかな。

http://www.seiko-watch.co.jp/corporate/history/history1990_f.html
1992年、SEIKOは創業110周年を記念した限定モデルU.T.D.(Ultra Thin Dress)とV.F.A.(Very Fine Adjusted)を発売しました。
V.F.A.は、水晶振動子の選別、ICへの補正情報のプログラミング、時計の最終的な精度調整等を
すべて卓越した技能を持つ人の手によって行うことで、薄型かつ実用腕時計の最高精度である年差±5秒を実現した
クオーツムーブメントを搭載しました。
U.T.D.とともに、SEIKOが1世紀以上にわたって培った「先進技術」と「ハンドクラフト技術」を結集した最高水準のモデルとなりました。

1年以上前だったと思うけど、クォーツ20周年記念モデル(cal.9A)がオクに出てた。
定価100万、50万スタートで買い手無しだったと思う。
(30周年はヒストリカルのアストロンとして)来年は40周年だけど、記念モデルは出るのかね。

>>49
終わってるけど、これだね。

SEIKO創業110周年記念 UTD68手巻 1991年限定品 K18WG側SCQL002
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m42053665

51 :Cal.7743:2008/01/07(月) 23:50:17
よく探せたね。これですね。当時は一部の店舗でしか扱えなかったので
知る人ぞ知るという品目でした。UTD 6810なんていうムーブメントが
脚光を浴びるのは、これより、ずいぶん後の事でしたね。

52 :Cal.7743:2008/01/07(月) 23:53:30
今、出品されてる110周年はこれ
ttp://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/108395419
今、回転寿司で何周かしてるけど、GSカテゴリで出せば入札されるんじゃないか?

53 :Cal.7743:2008/01/08(火) 00:05:24
脚光を浴びてたね

54 :Cal.7743:2008/01/16(水) 22:19:08
デザインスタディ(パワーデザインプロジェクト)
http://www.seiko-watch.co.jp/p_design/products/2006/type3.html
 ↓
商品化
http://watch-tanaka.shop-pro.jp/?pid=6324586

オールドで十分、って思ってしまうけどw
ケース径41ミリでこのデザインだと、ちょっと間が抜けてるかな。

55 :Cal.7743:2008/01/17(木) 00:25:54
http://watch-tanaka.shop-pro.jp/?pid=6321499
こんなのも昔ドルチェやシャリオであった雰囲気だね
欲しいけど高い、しかもチタンでもソーラーでもないのになぁ・・・

56 :Cal.7743:2008/01/17(木) 10:08:07
>54
商品化した方にはTYPEVの文字は入らないんだね。
入れて欲しかったな。

面白いとは思うけど、正直41ミリは大きすぎだな。

57 :Cal.7743:2008/01/18(金) 00:55:00
所詮はセイコーなんだよね
タイプVの文字くらいのサービスは欲しかったw
ダメならセイコークォーツマークとQUARTZの文字をSEIKOの下に入れて欲しかった

58 :Cal.7743:2008/01/18(金) 09:05:42
ああ、クォーツマークは欲しかったね。


59 :Cal.7743:2008/01/20(日) 00:14:13
70〜80年代のクォーツもデザインソース(復刻やリファインの対象)になってきたってことかな。

セイコーって自社の古いモノを大切にしていないという印象がある。
『THE SEIKO BOOK』の巻末インタビュー(礼次郎氏)にもあるように、進歩=是としてきた会社で
古いモノを引っぱり出してきて何かやるという発想が弱いのかも。
ま、ヒストリカルはあったけど。

スピリットメカ(SCVS001/003)やメカニカル(SARB007〜011)は
ちょっと古いセイコーのイメージが上手く出ていて好印象だったのにねえ。

バーインデックス、12時のアップライトSEIKOロゴ、シンプルな針、デイデイト等々、
立派なセイコーの財産だと思うんだけどね。

60 :Cal.7743:2008/01/20(日) 12:40:41
30年経過して、タンスの肥やしになっていたセイコーQUARTZ TYPEU
ひさびさに引っ張り出して電池交換したら、普通に使えまんな。
昔のクォーツ腕時計は頑丈だったのね 感心

61 :Cal.7743:2008/01/20(日) 22:02:33
ヒストリカルの懐中時計はひどかった。
スモセコの位置。

あれなら復刻などしないほうがいい。

62 :Cal.7743:2008/01/21(月) 20:37:35
>>60
使用・保管状態にも拠るだろうけど、感心するよね。
最近の当方だと、オク入手の(おそらくノーメンテの)20年前の7Aクォーツクロノの1/10s針が
元気に回ってるのがすごいと思った。

>>61
鉄道時計は詳しくないけど、確かに「なぜこれを出すの?」という感じではあるね。
8Lのスモセコってわざわざ作ったんだろうか。
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v37983344
http://www.hommawatch.com/19seiko-story.html
http://www.karamatsu-train.co.jp/yhouhin/yhouhintokei.htm

63 :Cal.7743:2008/01/21(月) 20:38:44
雑誌『TIME SCENE』vol.8のインターの特集、デザイナーのインタビューが載ってる。
復刻やリ・デザインについて、よく考えてるよな、と思う(商売上手い)

インターと言えば、インヂュニアSL(1976〜)にはクォーツモデルがあったんだね。最近知った。
http://www.frizzellweb.com/larry/ingenieur/Ingenieur4.html
デザインが好きなんだけど、この辺詳しい方いますか?φ(・ω・ )

64 :Cal.7743:2008/01/21(月) 21:40:20
アンティーウォッチマンにスーペリアの未使用品が出品されてるけど
この値段は高いのかな?ちょっと興味があるのだが・・・

ttp://www.antiwatchman.com/watch.php?NUM=J-3040

65 :Cal.7743:2008/01/22(火) 00:03:23
>>64
日差ないんだそうだから、迷うなよ。早くポチっちゃいなYO!

66 :Cal.7743:2008/01/23(水) 01:04:24
クォーツマークがプリントとは・・・萎える

67 :Cal.7743:2008/01/23(水) 20:00:13
>>【SEIKO】 オールドセイコーを語るスレの729さん
キングツインクォーツ9923-501は79〜80年代初頭の時計。

裏蓋に6ケタのシリアルナンバーがあると思いますが、左1ケタ目が製造の西暦年の末尾、
2ケタ目が月(10月=O、11月=N、12月=D)
当時定価57,000円。中級の上or上級の下くらいのクラス。
(いまのスピリットに相当するタイプUが2万くらいの頃)

文字盤は銀(白)と紺(模様入り)とがあるけど、729さんのはどっち?
テレビスクリーン形で70年代テイストの時計ですね。年差±20秒。

お父さんが何歳くらいの時かは分からないけど、「いい時計が欲しい」と考えて(けっこうがんばって)買ったんじゃないかな。
大切にね。

68 :729:2008/01/23(水) 20:47:13
丁寧に教えていただいて本当にありがとうございます。
裏蓋の数字は左から「99」でしたので、1979年の9月製造ということですね。

文字盤は「紺(模様入り)」でした。

大事に扱っていきたいと思います。
重ねてありがとうございました。

69 :Cal.7743:2008/01/29(火) 19:00:09
当時定価○とか。
中級の上or上級の下くらいのクラス。とか
(いまの○に相当する○が○くらいの頃)とか

金しか興味ねえのか(脱)

70 :Cal.7743:2008/01/29(火) 21:06:05
みんなのGSクォーツは年差ほんとにあるの?
俺のは廉価の8Jですが1年使って年差0なんで。
もし9F買って年差あったらショックだから教えてください

71 :Cal.7743:2008/01/31(木) 21:43:35
>年差ほんとにあるの?
aho

72 :Cal.7743:2008/02/08(金) 23:02:12
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w20091319

73 :Cal.7743:2008/02/22(金) 03:11:19
まもなく入手

74 :Cal.7743:2008/02/22(金) 23:58:17
まさに金ドブ

75 :Cal.7743:2008/02/23(土) 02:27:57
やっぱりいいね

76 :Cal.7743:2008/03/07(金) 23:43:01
>>52
とうとう入札きた

77 :Cal.7743:2008/03/08(土) 21:59:31
クォーツQRとQTの差は何?

78 :Cal.7743:2008/03/09(日) 23:28:25
>>77
>>14-16

QT>QR>>QZ、という感じだと思う、登場順や価格帯。
あと、QTは割と正統派デザインが多いけど、QRはバナック風(カットガラスやインデックスの造形)も多いんで
若向きなのかも。
QTもQRも75年中で終了(75年後半にGQ・KQが登場、76年のカタログにはQT・QRもう載っていない)

79 :Cal.7743:2008/03/10(月) 02:38:39
>78
なるほど、私が持ってるQZもカットハードレックスに青文字盤で
見た目はそんなに変わらないけど、中身が違うのね
QT・QRは38系でQZが09系だったはず・・・

QZも1975年には無くなってますか?

80 :Cal.7743:2008/03/10(月) 18:57:39
>>79
QZは77年前半にて終了。
クラスとしてはGQ・KQ〜タイプUの中間で期間も短かったから、ポジションは微妙だけど
デザインが自由自在という印象ありますね。
目玉おやじwみたいなのとか(オメガ・ダイナミック風) 反面、オーソドックスなのもあるし。

いろいろな要素を内包した、標準品ということなんでしょう。
【高】スーペ・GQ・KQ 【中】QZ 【安】タイプU という図式を新しく作りたかったように思えます。

12時下「QZ」表記があるのと無いのがあります。キャリバーについては>>15にあるように3系統。

81 :Cal.7743:2008/03/10(月) 18:58:43
=== ※「切れ目」として見てください 目安で

■男性用・中〜高級
QT・QR…38ベースで低価格化  ※短期間だがQTには08もあり
  ===74〜75年頃===
GQ・KQ・QZ…08・09・48で量産、普及  ※08・09は〜77年頃まで KQ用58は77年頃〜
  ===78〜79年頃===
99でツインクォーツ化  ※48・58は順次終了

82 :Cal.7743:2008/03/10(月) 18:59:47
■その他の動き
  ===74〜75年頃===
41薄型cal.(74年)
タイプU…46(初代、76年)
シルバーウェーブ…メカ52・63(76年) (09・75クォーツ化は78年)
エルニクス終了(76年くらいで)
「セイコースタイル」が終わる(77年頃)…『THE SEIKO BOOK』田中太郎氏インタビューによる
  ===78〜79年頃===
78薄型cal.(41・43から世代交代)
電池寿命5年化(43・75・82)
クォーツダイバー(75、78年)

一部を除き、機械式終了(79〜80年頃には)
 …最後まで残っていたのは22シャリオ・40ベルマチック・63ダイバー・66盲人用など

広告キャンペーン
 …79年:甲斐バンド「HERO」、「なぜ、時計も着替えないの。」
 …80年:財津和夫「WAKE UP」

【開発期】 <<74〜75年頃>> 【確立期】 <<78〜79年頃>> 【爆発的普及期】 という感じかな、70年代。

83 :Cal.7743:2008/03/10(月) 23:40:39
えっらい詳しいっすね
やっぱセイコーのクォーツにはまる人って多いのかなぁ

84 :Cal.7743:2008/03/11(火) 00:00:36
>>81-82
神!! GJ!!
クォーツは機械式に比べて情報が極端に少ないので、とても参考になります!

85 :Cal.7743:2008/03/12(水) 04:06:28
>80
なるほど・・・微妙なポジションだったんですねQZ
生産時期も短いみたいだから希少なんですね
QZの次はQRかQTが欲しくなったよ

86 :Cal.7743:2008/03/12(水) 23:49:56
>>85
QZは発売が比較的短期間で「立ち位置」としては微妙なのだけど、タマ数はあるように思いますよ。
実は、75年くらいで終了するGS・KS(61GSスペシャルの11万を除く普通のもの)と
QZってちょうど価格帯がオーバーラップしているんですよ。
(GS・KS:2.6万〜5.6万、QZ:3.2万〜5.3万)
カタログにも「クォーツの標準品」と書いてあり、デザインも各種準備されたことからも
量販を狙ったシリーズだと思う。

87 :Cal.7743:2008/03/12(水) 23:51:01
>>13のFAQの「GS・KS→GQ・KQが後継商品か?」の答としては、
「75年段階で48など新世代キャリバーとメカ→クォーツの生産体制転換が整ったことに応じて、
新たにGQ>KQ>QZという商品シリーズ体系が構築された」というところだと思います。

>>13を書いたのは一時期のオクのクォーツバブルwの時に
知ったかぶりで商品説明を書いている出品者がいかがなものかと思ったので。

>>69
古物を語るとき(他人に説明するとき)に
当時の定価とか物価を引き合いに出すのはよくあることだと思うけど?
トンボ本に当時→現在の所得水準に応じて換算した相対価格表が載っているように(「マーベル」の巻)

88 :Cal.7743:2008/03/13(木) 02:56:05
>86
本当にお詳しい・・・価格帯も3万〜5万と幅広いんですね
手元に資料が無いので難しいけど、クォーツも今と比べかなり選択肢があったんですね

89 :Cal.7743:2008/03/14(金) 03:33:06
1分14秒辺りからご覧下さい1981年当時アメリカで放映された比較CM
面白すぎ・・・
ttp://www.youtube.com/watch?v=nR7_Oz3Ru2k&NR=1

90 :Cal.7743:2008/03/16(日) 22:36:35
>>89
この手のCMの王道の作りですよね。最後のじゃれ合う男女の腕ワロタ。
この頃もうメロディを奏でるようになっていたんですね。

81年のバーゼルでオメガが<エクィノックス>というデジタルとアナログのクォーツ文字盤をひっくり返して使う時計
(ジャガー・ルクルトのレベルソ・デュオみたいなケース)を鳴り物入りで発表したが、ダメだったという記述が
>>21で挙げた「スイス時計交流記」の中にあります。

70年代のオメガはセイコーのアナログクォーツに対抗してデジタルに注力していたとの由。
ただ、そのデジタルでも(特に)セイコーとシチズンが加速度的に開発を進めたこともあり、
商業的な成功は収められなかったらしい。

そう思って>>89のCM見ると感慨もひとしお。

※オメガ<エクィノックス>…徳間書店『THE OMEGA BOOK』P163では<エキノゼ1655>
 この頃のオメガは<黒歴史>とされているみたいだけど、デザインとしてはなかなか面白いですね。
 デジタルは門外漢(専門外)だけど。

91 :Cal.7743:2008/03/16(日) 23:57:07
実際、当時の人はどれくらい買ったか気になりますねw
安くていいデジタル時計が買えたよ!なんて当時の人は職場の人に
話してたかと思うと、なんだか時代を感じますね。

92 :Cal.7743:2008/03/19(水) 01:17:47
>>82で書いた79・80年のキャンペーンは『THE SEIKO BOOK』からの写しだけど、
あれはあれで画期的だったと思う。リアルタイムでも見てますので。
友人同士で時計を見せ合ってましたよw (今のケータイと一緒)

洋の東西を問わず、時計が広く普及したターニングポイントの時期なんでしょうね。
アメリカでも、シアーズのようなカタログからTV通販に変わった時期なのかも。
タイプUの一番安いのが2万円を切ったのがちょうど80年頃。

93 :Cal.7743:2008/03/20(木) 03:33:22
80年から90年くらいに販売していたセイコー・クロノスのブランドとしての位置づけは
セイコー内ではどのあたりですか?
側の造りと機械のランク的にはスピリットと同格くらいで
ロゴの雰囲気とデザインとしたはドルチェの弟分の雰囲気もあるのですか

94 :Cal.7743:2008/03/20(木) 13:23:17
普及品

95 :Cal.7743:2008/03/20(木) 22:09:34
マジェスタなんてありましたね

96 :Cal.7743:2008/03/20(木) 23:32:21
セイコークオーツの品番で最初の4桁で
○○2○-,○○3○- は普及機
○○6○-は準高級機(ドルチェクラス)
○○7○- は高級機(gs クレドール同等)
であってますか

97 :Cal.7743:2008/03/21(金) 02:46:43
そんな法則だったのか。。。

98 :Cal.7743:2008/03/21(金) 11:42:12
>>92
ドルチェのちょい下ぐらいに思ってればいいんじゃない?
よく知らないけど。
スピリットだって最初はそんなに安物じゃなかった。

99 :Cal.7743:2008/03/21(金) 11:43:56
スピリットだって最初は年差と10気圧防水とサファイアガラスが標準の
上級実用機みたいな格だった。

100 :Cal.7743:2008/03/21(金) 12:41:14
>96
間違ってるw

101 :Cal.7743:2008/03/21(金) 18:50:16
>>93-94
普及品クォーツは
 タイプU(76年〜83年)・シルバーウェーブ(77年〜83年)
   ※>>82で書いた「シルバーウェーブのクォーツ化:78年」を訂正
 クロノス(84年〜94・95年頃)
 スピリット(86年〜)
…という変遷ですね。

80年代中期(クォーツGS・スピリット登場前)までは
 スタンダードタイプ…【高】マジェスタ-【安】クロノス
 ドレスタイプ…【高】ドルチェ-【安】シャリオ
…というクラス分け。

クロノスと初期のドルチェ(80年〜)は斜体になったロゴが似ている印象がありますね。

>>95
マジェスタは存在自体が地味だけどなかなか良い時計だということが知られてきたのか、
オクで値が上がることが多くなりましたね。
(以前から5Sモデルは引き合い多かったけど)

102 :Cal.7743:2008/03/21(金) 18:51:18
>>96
現行、例えば8Jだと4xがドルチェ・5xがGS・8xがクレに割り振られていて分かりやすいけど、
7Tみたいに進化(機能・コストダウン)と共に92まで行っている例もあるし、正直よく分かりませんね。
Cal.系統名=搭載商品シリーズみたいになっている面もあります(GSの「9」のような。9T除く)

>>99
このスレ(前スレの時)やSUSスレでも書いていますが、初期のスピリットは良いですよね。
クルマで言うと、トヨタ・初代ヴィッツのような感じもあります。
安いながらも新しいスタンダードを創ろうという意気込みがあったような。φ(・ω・ )

103 :Cal.7743:2008/03/22(土) 00:17:33
スイープ秒針とかね

104 :Cal.7743:2008/03/22(土) 20:45:29
>>101
丁寧な説明ありがとうございます

タイプU シルバーウェーブがクオーツマークと諏訪・亀戸マークの
両方記載の最終世代で
それから94年くらいまでは諏訪・亀戸マークのみで
その後はマーク記載なしであってますか

105 :Cal.7743:2008/03/23(日) 20:15:22
6時下のクォーツマークと亀戸・諏訪マークは84年頃にほぼ終了(継続モデルを除く)

ttp://nakahiro.parfait.ne.jp/moji/speed80.html
ちょっとお借りして説明すると、このスピードマスターのように
裏蓋と文字盤6時のダイヤルナンバー部分に亀戸・諏訪マーク小さく入るのが90年代前半頃まで。

106 :Cal.7743:2008/03/23(日) 20:16:29
×6時「下」→○6時「上」

107 :Cal.7743:2008/03/27(木) 14:07:05
7A38-6030所有。
20数年前新品で購入。たしか3万ちょっとだったような気がする。
その時はジウジアーロがほしかったけど、こっちのほうがデイデイトだったから時しか気分であった。

10年ぐらい前にオーバーホールしたけど、全く壊れたことはない。さすが日本の工業製品。
電池かえるごとにパッキンも変えてる。
当然日常使いだから、オールブラックだったのが、ところどころはげてきている。
現在持ってる時計で一番長く使ってるのやつなので、これからも壊れるまで使いたい。

次電池切れたときはオーバーホールかな。まだできるよね?

108 :Cal.7743:2008/03/29(土) 11:59:31
>>107
>>5
>>6
>>7
>>8


109 :Cal.7743:2008/03/29(土) 23:52:33
>>107
7A38の国内向けモデルは珍しいですね。
スピマス初のチタンモデル7A38-703は割と長期間カタログに載っていますけど。

この間探し物していて見つけたページですけれど
ttp://www.geocities.jp/ssay048/ssay048.html (3年くらい放置状態)
「修理」は部品が厳しそうですね。「OH」は問題ないと思いますが。

リアルタイムで購入されて大切に使われていることが羨ましいです。

当方も輸出用の7A38を持っていますが、デイデイトのクロノは便利ですよね。
大きさもちょうど良いし、こざっぱりとしたデザイン。もうこういうのは出ないでしょうねえ。

110 :Cal.7743:2008/04/05(土) 14:38:26
マルチっぽくなってしまって申し訳ないのですが
(オールドクォーツ」というジャンルのスレがあると気付きませんでした)、
解かる方、所元について教えてください。

形見分けで、
文字盤に「SEIKO QUARTZ QT」表記があり、

裏には
481547
0823-5000
と刻印されているものです。

自分で調べた限りでは、70年代もので、歴史的価値はあるかも?ということしか解かりませんでした。
せっかく形見としていただいたので、
時代や歴史的・骨董的価値について、どういうものなのか知りたくて・・・

111 :Cal.7743:2008/04/05(土) 19:48:29
>>110
オールドセイコースレでのレスの通り、74年製。
セイコーのクォーツとしては量産第二世代の初め頃>>77-81
水晶発振子の振動数が32KHzとなり、現在に至るクォーツの基本形が確立された頃です。
特に亀戸(→SII)にとってcal.08は初めての「普通の」クォーツcal.と言えるのでは。

0823は電池寿命1年で予告機能(2秒運針)が無いみたいです。
角形で堂々とした、良いデザインですよね。
当時としては高額です。大切にね。

112 :Cal.7743:2008/04/05(土) 20:37:00
>>111
ありがとうございます。

洒落者で、新しい物、特に機械には目がなかった故人らしい買い物だと判り、
故人を偲ぶことが出来ました。

また、
>>111さんのレスで、
逝去後、他の親族が電池交換に出したわけでもないのに、本機が正常に動作していたことから、
故人が最後まで電池交換を欠かさず、本機を愛用していたことも判りました。

仰る通り、地味ではありますが上品で、今でも十分通用するデザイン、質感だと思います。


他にも仔細不明なクォーツ時計が結構な数あると聞きましたので、
くれぐれも安易に廃棄(骨董としては引き取り手が無かったようです)しないよう相続人に伝えておくつもりです。
今回このスレを知り、こういうジャンルの時計を愛されている方々がいることを知りましたので、
最悪の場合、大事にしてくださる方にお譲りする方法を考えます。

113 :Cal.7743:2008/04/05(土) 22:43:38
80年代まではニッケル合金ケースもあったと思うのですが
なんで無くなっちゃったんですか
ステンレスの普及?
当時の価値としては
貴金属ムク>金張り>金メッキ>ステン>ニッケル?
                    >ニッケル>ステン?

114 :Cal.7743:2008/04/05(土) 23:33:06
ニッケル合金のケースて、50年代くらいまでじゃないか?国産で80年代まであったっけ?
金属的な価値はステンよりニッケル合金の方が高いと思う。
ニッケル合金のケースが消えたのは、
おそらく、工作機械の性能が上がってステンの加工がしやすくなったことじゃない?

昔はステンは硬くて工作が難しかったから、
1960年代頃まで代用として真鍮にステンメッキ(セイコーではSTPと呼ばれた)とかもあったよ。
あと、タングステンなどを使用した超硬金属側・超硬金属処理側なんてのもあったな。
貴金属に次いで高価だったが。

115 :Cal.7743:2008/04/05(土) 23:41:27
硬質は割れやすい・・・今でもドルチェで角型が唯一カタログに乗ってる

116 :Cal.7743:2008/04/05(土) 23:47:52
>>114
即レスありがとうございます
中古のクロノスとマジェスタ見つけて
クロノスは年差ムーブに金メッキステンレスケース・ステンレス裏蓋
マジェスタはTMクオーツにニッケル合金ケース・ステンレス裏蓋
ケースの素材に違和感を感じたもので

117 :Cal.7743:2008/04/06(日) 00:01:40
>>115
ふむふむ。まだカタログに載ってるのがあるのか。結構高いんだろうな。
セイコーのサイト見てみる。

>>116
マジェスタにニッケル合金側のモデルがあったんだ。無知で失礼。
工作がしやすくなっただけでなく、強度や材料価格の面でも、ステンに軍配が上がったってのもあったのかも。

118 :Cal.7743:2008/04/06(日) 00:09:01
セイコーのサイトみてみた。ケースもブレスも昔のモデルと変わらないようなデザインだね。
いつごろ発売されたんだろうか?
ムーブは5E61となってるけど、新しめのが搭載されてるんかな?
80,000円か。ドルチェの中では一番安いみたいけど、高いねぇ。
売れてるから残ってるんだろうか。

119 :Cal.7743:2008/04/06(日) 00:13:59
回路ブロックがダメになったらジ・エンドなんでしょうか?
それとも現行品のICで代用可能なんでしょうか?

120 :Cal.7743:2008/04/06(日) 00:22:14
古いムーブだと、おそらくジエンドだと思う。

121 :Cal.7743:2008/04/06(日) 00:42:21
>>117
これニッケルですよね
ttp://www.hakkosha.net/old_watch_japan_maker_goods_details.php?search1=SEIKO&search2=S-0172

122 :Cal.7743:2008/04/06(日) 18:51:41
>>121
このマジェスタはセイコーの社内呼称「SHA」:銀色硬質合金ケース。Hv=約700(一般的なSSだと約200〜300)

>>115 >>118
ドルチェのこのモデルは10年前くらいからラインナップされていますね。
その前もキャリバーは違うけどほぼ同じと思われるデザインの時計があるので、相当長寿なのでは。
今でも一定の需要があるのか、売れ残っているのかは分かりませんが…。
「TUCAC」:タングステンにチタン被膜というものらしい。Hv=約1200。

基本的にSSが主流で、ノンスクラッチや装飾性(独特の輝き)を求める客向けに硬質ケースという位置付けだと思います。
80年代に入って加工技術の進歩などがあり、比較的安く商品化出来るようになったということでしょうね。
半年〜1年前くらいの『世界の腕時計』か『ウォッチビート』で徳永さんがこの辺りのことを書かれていたと思います。
(参考) ttp://www.tokunaga.ne.jp/museum/057.html

>>114
チャンピオンとか割と安いクラスに多いようですね>STPケース。
SS自体も質や工作精度が年代に応じて向上してきたのが(現物を見ていると)分かりますよね。

123 :Cal.7743:2008/04/06(日) 18:52:48
>>112
いい話ですね。
もし興味を持たれたなら、>>112さんが使われるのがお亡くなりになった方も喜ばれるのでは。

124 :Cal.7743:2008/04/06(日) 22:23:13
しかし、どうしてもセイコーの話題が中心になっちゃうよね。

いやアンチじゃないんだけども・・・

リクォーツマニアとか・・・いないかな。

125 :Cal.7743:2008/04/07(月) 00:10:37
ソーラー電波の時代になってからシチズンの存在感が増したが、
それ以前となると、クオーツといえばセイコーだよなぁ。
マイナーとはいえ、コレクターの方もいるようだし、
このスレで色々教えてくれる人もいるし。

ケースの材質って結構興味深いよね。
時代時代の技術やニーズがわかるし。
残念ながら私はセイコー以外は全く知らないんだけど・・・

昭和38年にSGP(硬質金メッキ 5ミクロン)が開発されて、
CAP GOLDとなったグランドや一部のキングなど高級機を除いて、
80ミクロン/100ミクロン金張りや20ミクロン金メッキがSGPに替わったわけだけど、
単に薄くなってはげやすくなったってのは皮肉な話だ。
クオーツ時代になってからも含めて、程度の良いのが殆ど残って無いのが悲しい。

126 :Cal.7743:2008/04/07(月) 00:22:13
>>123
どうもです。

同じ時に、やはりかなり古いシチズンのクォーツを貰った方がいたのですが、
そちらは機械不良で修理も不能、廃棄になったそうです。

私もここで皆さんの知識を聞き、あれはいつごろのどういったものだったんだろう、と興味を持ちました。
そこに価値を見出す方がいる以上、粗末にはできないと思っています。

127 :Cal.7743:2008/04/07(月) 18:35:09
SR43WとSWって廃盤になった?ちょいと焦る・・・

128 :Cal.7743:2008/04/08(火) 22:27:48
>>125
オクでもメッキが禿げたGQとかKQを見かけますよね。それだけ愛用されていたのでしょうけど。

(話変わりますが)72年:APロイヤルオーク、76年:IWCインヂュニアSL、84年:オメガコンステ(4本爪)辺りも
SSの加工技術の向上によって可能になったケースデザインだと思います。

>>124
他のメーカーにも勿論興味ありますよ。ただ、資料や現物がどうしてもセイコーが多いので…。
リコーは技術的にも、またデザイン的にも面白そうとは思っているのですが。

当方も上で書いた4本爪初期のコンステクォーツに興味あるのですが、
時計好きの間でも話題にもならない存在で資料的な物は皆無、
良い状態の現物も少なくメンテも不安、…orz φ(・ω・ )

129 :Cal.7743:2008/04/11(金) 23:58:00
久々にカキコします。
38のスーペリアって、最近オクに出ないよね。
二年かかって、99・48の両スーペを入手したから、最後38で締めたいのだけど・・・

しかし、99スーペの桐箱にはびびった(笑)。

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)