5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

周易通変勉強-理論-実践-検証

1 :二年生:2008/03/01(土) 04:50:42 ID:q/gsiO/i

参考書『易学通変』加藤大岳

易占の真に眼目とする処は、
人事百般の難事に当面せる人々をして、
その悩みの生じた理由を知らしめ、
将に来らんとする変化をも予め明らかにして、
進退出処の時宜を得せしめ、
以て人間生活の向上と平安とに寄与せんとする方術である。
「易学通変」14頁

2 :易占家の資格:2008/03/01(土) 05:04:05 ID:q/gsiO/i
16頁
在来のいわゆる易者なるものの多くが、比較的無知識であり、且つ
その見識において批議せらるる人物の多かったということは、
あえて説明を試みるまでもなく、
既に一般に熟知される通りである。

『易学通変』は昭和十年に第一版が出た。
私のは平成十八年版。
毎年毎年何人の人が上の文章を読むのだろうか?

3 :名無しさん@占い修業中:2008/03/01(土) 08:23:27 ID:???
方術なんだ?

4 :名無しさん@占い修業中:2008/03/01(土) 09:51:54 ID:???
非見識・無知識なのは何も易者に限った事ではなく、学者の中にも相当数いるだろ。

5 :名無しさん@占い修業中:2008/03/01(土) 10:50:15 ID:???
畝傍の占の時
易を憶え始めてまもない者も同席していて
地水師は帰魂の卦だから帰ってくるのは魂だけじゃないですかと言う
おまえは易がわかっとらんと無視されるが....


6 :名無しさん@占い修業中:2008/03/01(土) 10:53:49 ID:???
そいつは呑象以上の男でした

7 :名無しさん@占い修業中:2008/03/01(土) 10:54:42 ID:???
知識がじゃますることもある

8 :名無しさん@占い修業中:2008/03/01(土) 14:11:24 ID:???
>>5
注釈すれば。
帰魂卦が生命に関わるというのは
もともと高島流の技法である。
ということはその場にいたすべての
者がそのことを知っていた。
にも関わらずスルーされたのは
「それは病占の技法だろ。いまは病占じゃないから関係ない」
という意味である。

9 :名無しさん@占い修業中:2008/03/01(土) 15:18:51 ID:???
>>8
もちろん、>>5 みたいな人はいなかったし
いてもやっぱり無視されたと思うけど
>帰魂卦が生命に関わるというのは
>もともと高島流の技法である。
これははじめて知った。


10 :名無しさん@占い修業中:2008/03/01(土) 16:15:11 ID:???
>>9
「易占法の秘伝」P367参照

俺はたまたまそれを知っていたので
ガセだと見抜けなかった。

>>5は単なるコピペかもしれないが
最初に作った者はとんでもない創作力である。

11 :過去現在未来:2008/03/01(土) 17:27:01 ID:q/gsiO/i
77頁

ただ説明に先立って特に一言しておきたいことは、得卦の本卦を以て現在とし、
その変卦を以て、将来の変化であると考え、直ちに吉凶を断じてしまうが如きは、
あえて極言するならば、おみくじ易に毛の生えた程度の占いであって、易占の真価を知らぬものと
いわねばならない。

(通変からの引用は多少省略があります。以下同様。)

12 :二年生:2008/03/01(土) 17:42:22 ID:q/gsiO/i
>>8>>9
帰魂卦と生命の関係は断易のほうで昔から使用されていて、「もともと高島派の技法」というわけにはいかないとおもいます。

日本の周易では高島から重要視されはじめたということではないでしょうか。(歴史のことはよく知りませんが)

大岳が畝傍の件を事前に発表していたらまた違った歴史になっていたでしょうね。


13 :過去現在未来:2008/03/01(土) 18:39:17 ID:q/gsiO/i
78頁
「標準として六例」
過去- - - - 現在- - - - 未来
- - - - - - 本卦- - - - 之卦
本卦- - - - 之卦
- - - - - - - - - - 本卦-之卦
本卦-之卦
- - - - -本卦-之卦
- - - - - - - - - - -本卦-之卦

本卦、之卦の他にプラスアルファ
爻卦。錯卦。綜卦。全卦。似卦。包卦。互卦。伏卦。易位生卦。交代生卦。往来生卦。運移生卦。変為生卦。
プラスアルファ
「これらの示す時間的推移およびその変化事象を具体的に判断決定する根底は
筮前序律においてつまびらかにした現実に対する観察にある。

14 :二年生:2008/03/01(土) 18:57:57 ID:q/gsiO/i
畝傍問題は船の往くへですが、
家族、知人達には船体よりも生命のほうが問題であれば、
「病占じゃないから関係ない」と冷たく言うこともないと思える。
実際に魂だけが帰って来たという経験をしている者がいるかもしれない。
こういう場合、船体は失ったが、全員無事に漂流しているのが見つかったなどというときはどうするのだろうか?
地水師なら乗務員多数が水の上に漂っているとも見える。

気象情報はあるが「現実に対する観察」ができないときもある。
むずかしいですね。


15 :同卦同変異占で的中:2008/03/01(土) 23:18:49 ID:q/gsiO/i
七十九頁
真瀬流の易占例。
イ。病人の病状と治療法。火雷噬ごうの四爻変。死亡するを的中。
ロ。病人について。。 火雷噬ごうの四爻変。回復するを的中。
これらは現実をよく見よというところからの出題例。

ぜいごうの四爻の問題が解消していくという一般論だけではダメという例。
一般論で解釈は出来ても、死亡するか回復するか、天国か地獄へいくかの指摘ができない。

イ。内卦震の癪気が胸郭を突き、(症状はなはだしい箇所を示す--筮前の審事から)
痰飲多くいずるならん。(坎の主爻)と(艮の主爻)
変じて心火将に滅し(心臓を意味する離が変じて艮となる=止まる)、
さらに一身変じて火となって(山雷頤は離の似卦)
昇天する。(ぜいごうの身体全体が魂になる)。救うべき道無し。

ロ。

16 :同卦同変異占で的中:2008/03/02(日) 00:25:09 ID:YTOlOWSA
79頁
イ、ロの両卦は変まで同じで、結論が全く反対方向。
事前に相談したからそうなったらしい。

しかし病状を聞けないときや、隠しているとき、隠そうとしているときにはどうしよう。

また真瀬流なら爻卦が在るはずだが、もしその爻卦が初と上爻とも坎だったらどうなるか。
イ。冷たい魂、精気のない魂。
ロ。?(まだ十分元気でない燃えていない魂?)

初上とも震だったら
イ。早急に天に昇るだろう魂?
ロ。直に動きだし進展回復する魂?

17 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 03:00:32 ID:???
戦前の加藤大岳の本を金科玉条にしているポンタがいるのか。
よほど自分の眼に自信がないのか、初級者なのか。

18 :二年生:2008/03/02(日) 06:59:54 ID:YTOlOWSA
>>17
周易って何年前の本でしたっけ?
あなたが周易始めてからよほどすごい変化があったのですか?
大岳の本はもう教科書にもなりそうにないですか?
戦前の高嶋もボンタが読む本ですか?
「自信がない」のも「初心者」も全て正常の範囲にいると思いませんか?

17のようなとても良い先生が見つかるといいのですが---。

19 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 07:16:35 ID:???
>>18
二年生なりのレベルだったw

20 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 07:28:26 ID:???
>>17
別にいいんじゃないの?
俺は18とは別人だが「易学通変」は大岳の代表作の一つだし
それで勉強することは方向性としては間違ってないと思うがね。

21 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 08:37:35 ID:???
この本をことさら採り上げる意味がわからん。
先哲のやり方をまとめただけで、
その上大岳氏の遍歴は筮法の中身含めて戦後だけで38年も続くのに。
初級者の勉強のメモ書きスレか?

22 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 08:44:55 ID:???
誰だって最初の一冊があるだろ

23 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 08:50:57 ID:???
個人のオナニースレならどうでもいい。

大岳氏はずっと略筮を使ってきて、S35年にあれは之卦ではありませんって。
「易學大講座」の解説どうなんのよw

24 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 08:58:11 ID:???
17もそゆことだろ

25 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 09:00:41 ID:???
>>23
断易併用も結局放棄かな?
やっぱ無責任だよな

26 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 09:08:14 ID:???
>>25
まあ年齢だし気力なくなったんだろ。
大岳フリークやりたいなら「易学研究」そろえてやればいいが
伏卦なんか結局うやむやだし。
大岳氏の研究の上に伏卦その他を解明した人もいる現在、大岳氏ねぇ・・

27 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 09:15:44 ID:???
伏卦の話は常識だし
仮に知らなくても
実占していくうちに
思い当たることがあるだろ
そういう意味では三変筮は
比較的問題点が少ない

28 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 09:19:59 ID:???
大岳氏は自分の誤占の例はほとんど書かないが
周囲の人の話だと略筮の誤占にはまいったらしいね。
だけど伏卦とした卦の性格がわからずにまたもあれこれ彷徨して終わった。
岳門では伏卦自体つかわなくなって停滞したまま。

29 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 09:23:31 ID:???
>>27
ノー。
伏卦についてそんな適当では4割は外れるから。
まあ伏卦は使わないと決めるなら占示的にはおたくに少し近寄ってくれるけどな。
そんなところだ。
頑張ってくれ。

30 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 09:26:54 ID:???
えっ? 使う使わないというより伏卦は参考程度に見とくもんじゃないの?

31 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 09:31:37 ID:???
>>30
しょうがないねえ。ちこっとだけ。
なら大岳氏の略筮時代、だいだい半分は之卦として的占した事実はどうなる。

32 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 09:49:26 ID:???
>>23
まあ、そう言うな。本スレがスレ潰しの被害に遭ってる以上、
避難所としての関連スレは必要なのだから。
ここのスレ主の初歩的な疑問に関しては、有志が答えるということで。

33 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 09:50:22 ID:???
23
「易岳大講座」の解説は悲しい。
年齢的にも自分で実践をつんで紡ぎ出したものとはいい難いし、
変を返すと云々のところのこじつけっぽいのが気になる。

29
新井白蛾も自分の占が外れるもので、客への説明も濁してたみたいw

34 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 12:39:51 ID:???
>>31
クイズ? どうなるもこうなるも
大岳氏は初期には白蛾流を使っていたから。
さらには断易も。
ところが大岳氏の占法を誰も真似できなかったので
現在は「誰でもできる三変筮」が主流になっている。
まあ、そんなところ。

35 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 14:17:46 ID:???
占者の意識が易を導く
無念無想など虚妄

36 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 15:23:16 ID:???
荷物が台風で届くのかどうか白蛾の一門人が占い
予の雷に之くを得て、雷は声あって形無し、驚き騒ぐ意だから
荷物は矢橋の舟にて破損されたと占断する
実際は翌日届くんだけど、これを届くと言うのは無理



37 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 17:41:43 ID:???
>>34
デタラメ垂れるな
おたくはどこかのスレの問題児か

>>35
念じた卦が出るのたぐいじゃなかろうな

38 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 18:25:31 ID:???
>>37
でたらめはあんた
根拠も述べずに決めつけるのは煽り

39 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 20:04:27 ID:???
>>ところが大岳氏の占法を誰も真似できなかったので
>>現在は「誰でもできる三変筮」が主流

きみ何年生?

40 :本卦を過去之卦を現在:2008/03/02(日) 20:11:45 ID:YTOlOWSA
82頁
途中で二人の手を経由した送金中一両が紛失した。
送金した本人の得卦を真瀬が解釈した。火沢けいの山沢損へ

本卦火沢けい--とりあえず不明
之卦山沢損----金一両を紛失して心労している之卦=現在の象
従って----本卦は之卦以前の過去とする。

以下二年生の意見。
起こってしまった事件なので、もともと過去のことではないのか、それをわざわざ過去と
言うことはない。
紛失した金は常にどこかに存在しているので、火沢けいを現在の金の在り処としてもいいのではないか?
不明の金は火沢けいの懐に(四爻)隠れている。
四爻変じて、火沢けいから金は移動するだろう
火沢けいを長女でない女とし、未婚とし、性質的にすぐに反目する、よく反対のことを言ったり、
すねたりする女とする。
その女が今度は盗んだ金を損するだろう山沢損へ。(火沢けい現在、山沢損未来という通常の見方)
四爻の移動を重点的に見て、こんどは四爻を金とし山沢損全体とする。
火沢けいのときは金を持っていたので、山沢損は風雷益から来たものとする交易生卦をとる。
之卦で示された将来の姿山沢損は五爻が二爻へ下ったもの。
そうなればさらなる将来は上爻も三爻へ下って地天泰へ行くだろう、となる。

(二人の手を経由したとあり、それが男だったり、二人とも女だったりしたらダメ)






41 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 20:23:10 ID:???
34は30・31の会話を理解していないからだろ

42 :本卦過去、之卦も過去:2008/03/02(日) 22:38:20 ID:YTOlOWSA
84頁 廃人同様の男子病気占 、地天泰の水天需、真瀬

坤母の坎毒となれば、どこからきた毒かが大問題となりそう。

卦を現在-未来で読み直してみたい。
廃人同様に立倒れるくらいの状況。なすすべのない諦めの状況。
希望を求めるよりも不治を確認したいくらいの気持ち。
相談者、病人の気持ちとしての泰。

そうなれば、大川(三途の川)を渡るによろし、その義困窮せずで、
運命を受け入れ平静心を得るだろう。
当時の18才ならそのくらいは可能。

前相談が分からないためこうなりました。
これでは原因も経過も示せないのでだめか。(二年生)


43 :名無しさん@占い修業中:2008/03/02(日) 23:56:03 ID:???
おまえさんら
昔も今も先例集ってものがある。
名人・先哲はどういう占示を具体的にどう読んでいるかがわかる。

44 :本卦之卦で過去進行形:2008/03/03(月) 02:05:32 ID:???
86頁 大江戸大火災 沢雷随の風雷益 (松井)

はじめはニュース見るみたいな見事な解説と感心していた。検討する段になって、
家の事が心配なのに家の象が見つからない。解説には随は火に従うことで隣家まで類焼してきたとある。
家も見つからないのに何故「隣家」なのか、未だにはっきりしないけど、私なりに
ニュース解説してみよう。

沢雷随から風雷益までは二つの変爻がある。私はこれに「随」うことにした。
沢雷随--四爻変で水雷屯--上変で天雷无妄--風雷益、、中間に二卦を設け変化に従う。
大火を54321の似離として、上六の陰爻を家とする。
54321の火事が家まで迫ってきた。四変じて坎の水による消火作業で、火勢は四が消えて
劣ろえた。
一時下火になったはいいが、上変で天雷无妄、天運悪く災害には凶となる。
再び火勢が起こり(54の陽が盛り返し)、
風雷益で上爻の家まで火に見舞われ飲む込まれる。
上六の家は陽の気となって焼失した。

家対火の関係を探して問題とした、
54321を火とすれば、残る上爻は問われている家のこと。
上爻だけを以て家とするには苦しいが、関係としてみれば可能か。(二年生)



45 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 03:05:27 ID:???
>>39 君は何年生?
>>41 理解もなにも現実にそうだ

46 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 05:39:34 ID:???
A「見合いなら風地観が出てもよさそうなものだ」
B「糊付けの卦乙」

47 :41:2008/03/03(月) 06:05:14 ID:???
>>29>>31について>>30と俺は意味がわかるのに>>34=45はあいかわらずdつくみたいだ。
初心者は面倒くさいからおれも消える。

48 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 06:53:14 ID:???
でも>>34に具体的に反論はできまい?
事実だからだよ

49 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 09:11:16 ID:???
↑ まだわかってない
どっかの回路の問題になるよw

50 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 09:15:57 ID:???
↑意味不明
わからないなら黙ってなさいw

51 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 11:17:19 ID:???
>>49
やっぱり回路の問題だったねw

52 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 11:22:04 ID:???
ワロタ

53 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 11:26:16 ID:???
誰か解説してやれよwww

54 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 12:01:43 ID:???
A 伏卦についてそんな適当では4割は外れるから。

B えっ? 使う使わないというより伏卦は参考程度に見とくもんじゃないの?

A なら大岳氏の略筮時代、だいだい半分は之卦として的占した事実はどうなる。

C 大岳氏は初期には白蛾流を使っていたから。

自明じゃね。Cのマヌケは

55 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 12:09:17 ID:???
>>54のオリジナルの意見はない。
この件に解説はない。
なぜなら自明だからだ。

56 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 12:20:22 ID:???
俺もふくめて3・4人は>>31で筮法の命題に気付かされたのに
1匹まるでわかってないのな。
それは分かる。
たぶんこのままだろ。

57 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 12:22:08 ID:???
>>55
その自明書いてみ
失笑になるから

58 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 12:26:35 ID:???
>29>31の命題がとけたやつは2ちゃんにうろちょろしてまへん。

59 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 12:45:54 ID:???
>>58
いるだろ→蒙岳氏w
 解法ぜったい教えてくれないから好かん

60 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 12:48:21 ID:???
>>56は背徳の易学徒。
その名は捏造小僧。

61 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 13:07:04 ID:???
>>59
蒙岳氏の解法ってどうなの?

って聞こうとしたら >>60
おまえが無知なテーマを掘り下げてんだから耳かっぽじって聞いてろ。

62 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 13:22:43 ID:???
>>61
捏造小僧か? おまえが煽ってるのが悪い。
おまえに聞くことなどない。邪魔だからどっかいってろ。

63 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 13:23:54 ID:???
>>59
教えないでしょ。
白蛾以来の筮法の進化というか大岳以来の疑問でしょ。
まえに小選挙区の当選者を全部それで当てたとか1区外したとか。
2位の先生が6割?正解。

64 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 13:25:08 ID:???
>>62のお子はスルーで

65 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 13:28:18 ID:???
>>64の捏造小僧はスルーで

66 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 13:32:01 ID:???
文献として残ってないと消えていく運命

67 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 13:35:11 ID:???
>>岳氏の略筮時代、だいだい半分は之卦として的占した事実はどうなる。
そうなんだがここから進めない・・
三変筮で之卦の場合があるから参考程度じゃ誤占するわけで・・

ここまで書いてわからんやつがいたりしてw
まあ恥ずかしくて今さらだろうけどな
スルースルー

68 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 13:40:11 ID:???
>>63 こんな幼稚スレでもったいない話するな

69 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 13:42:23 ID:???
たしかに。裏に移動な。

70 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 15:06:35 ID:???
>>67
>ここまで書いてわからんやつがいたりしてw
いるよ
おまえじゃあwwwwwwwwww

71 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 18:24:27 ID:???
何かあったのかとず〜と読んだが ↑ が問題児らしいな

72 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 19:13:41 ID:???
「通變」はまとまった書籍の中では「病占」についで最も古くて、
若い頃の勉強ノートをまとめたぐらいのもので
内容は選択なく雑多で、解釈は練られていない。
普通は後の「口訣」「發秘」をやって「通變」は参考程度にやるもの。

73 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 20:02:32 ID:???
だけど柳下さんの「易占法の秘伝」は「通変」をベースに不要箇所をカットしたもの。

74 :本卦現在之卦将来:2008/03/03(月) 21:43:35 ID:UAxZQ90O
88頁 天火同人の例
よく大岳はこの卦はどこから来たというようなことを書いている。
この例では「過去を示すべき卦を生卦法によって探求し、それが占断の根底をなしている」とある。

「根底」なんだから大事にしよう。
いちおう基本卦として大きくまとめてみた。
よく結婚の卦だとか健康体の卦だとかいわれるが、そんな一つ二つのことではないようだ。
辞としてみれば、その卦はその象を持つ事柄の基本卦となる。(だから無数の基本卦がある)
爻位の移動として見た基本卦がある。
爻卦の移動として見た基本卦がある。
要するに変通法の始めとなるのが基本卦となれる。
なんていうことはない、すべての卦は条件次第で基本卦となる、
つまり、易をやるということなんだ。

88ページの例は過去にあったはずの姿から出発したというわけだ。
ならば未来に行き着く先の姿から現在を見ることもできるわけか。(二年生)



75 :本卦現在之卦将来:2008/03/03(月) 21:45:54 ID:UAxZQ90O
88頁 天火同人の例
よく大岳はこの卦はどこから来たというようなことを書いている。
この例では「過去を示すべき卦を生卦法によって探求し、それが占断の根底をなしている」とある。

「根底」なんだから大事にしよう。
いちおう基本卦として大きくまとめてみた。
よく結婚の卦だとか健康体の卦だとかいわれるが、そんな一つ二つのことではないようだ。
辞としてみれば、その卦はその象を持つ事柄の基本卦となる。(だから無数の基本卦がある)
爻位の移動として見た基本卦がある。
爻卦の移動として見た基本卦がある。
要するに変通法の始めとなるのが基本卦となれる。
なんていうことはない、すべての卦は条件次第で基本卦となる、
つまり、易をやるということなんだ。

88ページの例は過去にあったはずの姿から出発したというわけだ。
ならば未来に行き着く先の姿から現在を見ることもできるわけか。(二年生)



76 :本卦現在之卦将来:2008/03/03(月) 21:48:57 ID:UAxZQ90O
88頁 天火同人の例
よく大岳はこの卦はどこから来たというようなことを書いている。
この例では「過去を示すべき卦を生卦法によって探求し、それが占断の根底をなしている」とある。

「根底」なんだから大事にしよう。
いちおう基本卦として大きくまとめてみた。
よく結婚の卦だとか健康体の卦だとかいわれるが、そんな一つ二つのことではないようだ。
辞としてみれば、その卦はその象を持つ事柄の基本卦となる。(だから無数の基本卦がある)
爻位の移動として見た基本卦がある。
爻卦の移動として見た基本卦がある。
要するに変通法の始めとなるのが基本卦となれる。
なんていうことはない、すべての卦は条件次第で基本卦となる、
つまり、易をやるということなんだ。

88ページの例は過去にあったはずの姿から出発したというわけだ。
ならば未来に行き着く先の姿から現在を見ることもできるわけか。(二年生)



77 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 22:15:22 ID:???
>>73
バカじゃね。「易・占法の秘伝」は切り貼りで当然。そういう本なんだから。どんな本だと思ってんだよ。

78 :名無しさん@占い修業中:2008/03/03(月) 22:32:14 ID:???
おれが知るかぎり宇澤・柳下にオリジナルと言えるものはない。
宇澤の占例集なんか退屈至極。
大岳の業績に忠実なだけ。

79 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 02:16:08 ID:???
>>77
バカはおまえだ!
おまえはどんな本だと思ってんだ?

80 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 03:09:06 ID:???
B型の低能児が吠えてますがw
こいつは無知のクセに吠えるから恥ずかしいw

81 :本卦を将来:2008/03/04(火) 06:25:22 ID:6s/1dl0o
90ページ米相場占
この例では不思議に思うことがある。
米相場を占っているのに、之卦では空しく本国に帰るという。本当にそんなふうになるものなのか?
夏の天気を占って之卦でプールで泳いでいるとか、映画は面白いかと占って帰りにハンバーグを食べている
というように聞こえる。
天地否を消長としていながら、之卦の上と五を損したとしている。
之卦が山地剥で四五を損するだろうなら、よほどスッキリするのだが得卦からはそうもいかない。
それならばもっとうまい説明が雷地予にありそうに思える。

否は放っておいても山地剥になるだろうから、剥をいただいて予をその理由とするのはどうだろうか。
消長で否--観--剥へ。予までは越爻運移で剥--比--予。
途中にある観察、比較研究を準備せず、ホイホイと浮かれた気持ちで儲けようとしている、
予め準備がなければ儲かるわけないよ。こんな具合にいけばいいんだけどね。

でも、之卦でハンバーグ食べたり、徒歩で国まで帰るなんて出るのなら、
私も多いに利用したくなる。(二年生)

82 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 08:53:55 ID:???





毎日々々バレバレのなりすましこいてる悪いB型のガキのスレはここですかぁ






83 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 08:59:57 ID:???



  腐れガキ  今日も懲りずに  なりすまし





84 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 09:06:17 ID:???
ぜんぜん解釈にもなってねえ解釈書いて、
自分で「ありがとうございます」って毎日コバカやってる二年生w



85 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 09:09:27 ID:???
小馬鹿な文章は

全部

>>84の自演でしたとさ

86 :これだろ:2008/03/04(火) 09:10:02 ID:???
571 :初心:2008/03/04(火) 08:26:43 ID:???
>>567ありがとうございました。

87 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 09:11:26 ID:???
バカな坊主だな
ほかでいたづらやってりゃ自分のスレも潰されるだろ

88 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 09:14:55 ID:???
登校時間だぞ!




中浪だったなw

89 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 09:19:55 ID:???
総合スレも易占勉強スレ『初九上九』スレも破壊の主
ここのスレ主
二年生



90 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 09:44:38 ID:???
みんなが嫌がってることを止めずにやってりゃここも潰されて当たり前

携帯番号とアクセスログは業者ネットで住所・氏名・クレジット履歴まで一発で出ることぐらい知っておけ

91 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 09:48:56 ID:???
>>90
じゃあおまえが荒らしなんだからおまえが潰されるわけだ
なにご自慢そうに解説してくれてんだおまえはwwwww

92 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 09:57:28 ID:???
ログで身元がばれて困るのは訴追対象者w
あたまわりーからわからんかwww

93 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 10:02:40 ID:???
ログをカーソルでなぞるだけで個人情報が・・・・www

94 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 10:25:36 ID:???
いいニュース発表があったようだなwww



95 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 10:34:25 ID:???
訴状ってある日突然送られてくるんだぞ。知ってるかw
刑事だと警察がやってくる。
たいへんだなw

96 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 12:45:35 ID:???
もし逃げて民事賠償金を払わないとかしたら
免許の更新とかもできないしなw

97 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 20:05:25 ID:???
俺もわかっちゃった!

98 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 20:57:43 ID:???
※ 個人情報は書かないようにな
  アク禁くらうから

99 :真瀬:2008/03/04(火) 21:46:18 ID:6s/1dl0o
92ページ
いよいよ真瀬がでてきたが、非常にあっさりと片づけられてる。生卦範囲図からとるのは
消長、交易、越爻来往生卦の三つだけとし、例も出さないよと言っている。扉の言葉はどうなって
いるのかと文句を言いたくなるがいいでしょう。
さらに、上の取るべき三つは既に周易にあるから真瀬の創案でもないとして、、
次ページに行くことになる。

でも多少は勘繰ったところを書いておかないと。
大岳は非常な対抗心を真瀬にもっていたようだ。
真瀬から受け継がれた「適切な方法」として、上の三つがあるが、「適切」とはなにか。
思うに、この三方法で卦の数からいっても60%は解読できるだろうというようなことで、
残りはやはり、範囲図なり他の方法が必要となる。それには辞による解も含まれるとして、
そうなると、辞だけの解だと20%止まりか?(私の場合はそんなところですね)
まだ先は長いので楽しみだ。
ついでに修得するには「後人の口伝などに頼らず、信憑すべき文献に頼れ」と言ってくれてるので、
そうします。
範囲図は近代デジタルライブラリーで見られます。
(二年生)

100 :名無しさん@占い修業中:2008/03/04(火) 22:20:21 ID:???

裏スレwww



101 :消長生卦:2008/03/05(水) 05:35:57 ID:oxVyHlRl

多くの生卦があるのは、現実の多様性の反映なのだから当然とは思う。
千や二千の生卦では十分じゃないと思うが、簡易からすれば充分な理由があるらしい。
消長というときには上下に延びる枝を見るだけでなく、根が張るような枝が拡がるようなそういった
部分も含まれているように思う。
何々生卦とかいって、その解説どおりにすると裏をかかれるかもしれない。
消長は進行後退のプロセスが分かりやすいが、プロセスを示さないものなど
この世にない。
あまりにも単純明瞭な格好姿の消長卦をみると、だまされないぞという気が起こる。
その一方案外に強い説得力を持つのは何故だろう?。
たぶん、聞く側に勝手にヒストリーを仮構する能力を与えてくすぐるからかもしれない。
(二年生)


102 :名無しさん@占い修業中:2008/03/05(水) 05:42:40 ID:5I1pTSXc
3つで済ますのは少なすぎるような気もする。
消長は改めて学ぶ必要もないので普通の学習者に必要なのは
交易、越爻来往生卦の2つだけということになる。

103 :交易生卦:2008/03/05(水) 18:49:41 ID:oxVyHlRl
95ページ
三陰三陽のみで用いられる
地天泰、天地否を基準とする

もちろんプラスかマイナスかどちらかに決着するのを基準とするようなときに限るわけで、
事情状況次第では二十卦ある三陰三陽のどの卦を基準にしてもよいと思う。
途中にある三陰三陽の卦を上手く見つければよい。

地天泰、天地否の方向へのみ見ていては馬鹿の一つ覚えになってしまうし、変易が泣く。

サッカー日本戦で中国は何故負けたかを問うて、ぜいごうが出たとして、
ぜいごうから否へもっていくより、
ぜいごうから損へもっていき、損を負けとし、途中に山火賁を置き、
それら三卦に離、似離を見て、日本憎しと燃え嘘プレーに終始した、と捉えるのはどうだろうか。
(二年生)

104 :名無しさん@占い修業中:2008/03/05(水) 18:59:17 ID:5I1pTSXc
三陰三陽限定か

105 :交易生卦:2008/03/05(水) 19:53:32 ID:oxVyHlRl
>>104
三陰三陽限定は基本卦を天地否か地天泰にしたときのことです。、

之卦もある意味終極や成り行きを示す基本卦として見られ、
交易生卦群としてまとめられている卦以外を使用できるのではないでしょうか。

ただその呼び名が無いだけで、交易生卦の方法を自由自在に使用可能と思います。
返って交易だ越爻だなどと名前が与えられていると、それに捕らわれてしまい手足の自由を失いかねない。
辞を読んでそれを直接当てはめようとあがきもがくようなものです。、
(二年生)

106 :名無しさん@占い修業中:2008/03/05(水) 22:37:30 ID:???
一人二役いつまでやってんの?wwwwww

107 :越爻来往生卦:2008/03/06(木) 00:42:44 ID:mODhnOOr
96ページ
五一一五の陰陽卦に限る。。12卦が該当するのみ。。坤乾を主体にする。

通変にはここまでしか書いてない。残りの二四四二の卦については、、、、ウシシ、教えてもらえない。
と、ひがむことはない。そもそも「不変の卦に会えば必ず生卦法を用いること」というありがたい注が付いている。

逆に言えば、之卦を出した場合にはそう簡単にはいかないよということ。
略筮で強制的に爻位を得ると、それを変卦之卦にするかどうか困るところ。

無理してシステムを固守する必要もないし、世間は広いのだから、システムのために現実を捨てるトンカチ頭になることはない。
(二年生)

108 :名無しさん@占い修業中:2008/03/06(木) 01:35:32 ID:???





     一人二役いつまでやってんの?wwwwww







109 :名無しさん@占い修業中:2008/03/06(木) 06:22:09 ID:4l425e+y
越爻は乾坤が主体か

110 :白蛾の秘法:2008/03/06(木) 22:30:40 ID:mODhnOOr

白蛾の秘法『天眼通』
「初前前後後如四法」
過去を知るのに初爻を変じて見る
過去を見るのに序卦伝の一つ前を見る
将来を知るのに上爻を変じてみる
将来を見るのに序卦伝の一つ後を見る

「乾坤同化六物新」
本卦の上爻を変じて将来または頭部とする
本卦の初爻を変じて過去または足部とする
初と上共に変じて事の終局を断じる

真瀬流よりも占断が容易になると言っています。

111 :白蛾の秘法:2008/03/06(木) 22:49:11 ID:mODhnOOr

秘法の根拠は爻位にあるようで、下中上、過去現在未来、小中大等々の割り当てからのようです。
白蛾は略筮中心で爻位を考えるところが多く、真瀬は中筮で爻卦を考えることが
多いところから来る違いのようです。

爻位の配当を参考にして、初上に限らず変じて何かを得ることができるかもしれない。
任意の爻位を変じて何かするのは可能なのか? です。
略筮ならば占的の象意を六分して配当し、それぞれ意味を見いだせるか? です。

しかし、変じるといってもプラスとマイナスが入れ替わるだけで、すぐさま時間の移動ができる
というのはタイムマシンよりすごいように思える。


112 :白蛾の秘法:2008/03/06(木) 23:29:00 ID:mODhnOOr
105ページの例題 坎為水の四爻変

略筮では爻位をいくら移動しても生卦の意象からは飛び出せない。
なので過去だ未来だなどというと変な感じになる。

とは言うもののそれは爻位爻辞によってだけ解そうとするからで、まずは

「本卦によってある程度までの推断を試みた上で、
さらに初爻を変じてその過去を探り
また前卦をも過去より現在に至る一過程として参考とし、
さらに上爻を変じてもって将来の成り行きを察し、
かつ後卦の意象をも参酌して将来の変化を見通す」

ようにすればよいと両立する方法を大岳は教えてくれている。
(二年生)


113 :名無しさん@占い修業中:2008/03/07(金) 00:02:49 ID:???



ほかのスレでは「易は当たらない。確信した」って落書きしている二年生

毎日・毎日なりすましのレスして、

何から何までウソだらけ





114 :113番へ:2008/03/07(金) 05:11:29 ID:03Id9Mhr

113の書き込みで、あなたの言っていることに「それは嘘です」というのは簡単なことですが、
あなた自身に何か思い当たることとか、証拠とかがあるわけですね。

どうぞ自分の想いを大切にして、無駄に発言発表消費しないのがいいかと思われます。

もし、推理ごっことか当てごとに関心があるのなら、易を使用してもらえると
こちらも勉強になります。
例えば私自身のことを113に沿って占ってみました。
二年生は他スレで落書きしているか?
得卦は火沢けいの上爻でした。
私はまだ卦を出した後に参考書を見なければならないのですが、にこりとしました。
(二年生より)

115 :名無しさん@占い修業中:2008/03/07(金) 06:49:31 ID:???

>>114

ネットは便利だな。
>>114と他のスレのみにくい荒らしのログが同じことも分かるな。
みんなに笑われながら正常人きどってろよwww



116 :名無しさん@占い修業中:2008/03/07(金) 10:06:23 ID:???
本人だけ知らないんじゃね?

117 :高島易:2008/03/07(金) 18:19:23 ID:03Id9Mhr
108ページ
「辞の吉凶にのみ重点を置いた」
「変象を窮理するが如きはむしろ排斥の態度を取った」
「変替の妙理を蔵する易の機構を全然無視している」

ということで高島からは学ぶものは無いので無視。

一方
「余が占い、数年の経験に依るに、百占百中未だ誤りたることあらず」
と言っている。

つまり解読法を知らなくても百占百中の極意があるらしい。
得卦法の秘密か
問いを極めて限定すること。
卦を得るのに真に神に向かうこと。(高島は顔を真っ赤にして鬼の如く卦をとったという)
そうすれば簡潔的確な卦が向うからやってくるので、簡単に解を知るらしい。


118 :畝傍問題:2008/03/08(土) 00:33:38 ID:0RoppjTm
二年生の回答 地水師の四変

卦全体をみて坤中に軍艦の一陽ありとする。 陸を陽、海を陰として、坤の海中に艦艇あり、沈没の象。

四変を得て平穏な海上が悪天候の雷となり、退き避け咎なきを得ようとするが、時既に遅く、暴風雨に巻き込まれ、
船体に二カ所の亀裂走り、互卦坎為水を形成して浸水を多大にして防ぎきれなかった。
従って大岳のように地雷復からではなく、山地剥を始めとする。

艦艇が海上にあるときの形は一陽が上爻にあるとし、
雷の悪天候に巻き込まれ既に艦艇は傷つき剥がされて、修理応急処置をして一時は解決したかに見え、喜んだが
それも束の間、再度の攻撃を受け補修工事は追いつかず、回復困難となり海底に伏した。
このような艦艇が下へ行く方向をとる。



119 :名無しさん@占い修業中:2008/03/08(土) 03:18:19 ID:???
略筮=三変筮のオツムで占が読めるか
ぼんくら


120 :名無しさん@占い修業中:2008/03/08(土) 09:32:02 ID:???
119は略筮も三変筮も分からないのに
煽るだけのために「占」とか書くぼんくら

121 :名無しさん@占い修業中:2008/03/08(土) 21:15:26 ID:???
「じゃ書いてみろ」w



122 :六韜三略爻卦法:2008/03/09(日) 01:01:37 ID:GvJGDFkb

『この術は家学随一の秘訣なれば猥りに他に許す勿れ』
と大岳は真瀬の言葉を紹介して同意している。
でも、
中筮、本筮での『秘訣』なので、上でごちゃごちゃ言い合っている人たちの分野とは違うから
そちら方面の方たちには関係ありません。

もったいないことだ。 (二年生)

123 :六韜三略爻卦法:2008/03/09(日) 01:26:06 ID:GvJGDFkb
129ページ
例にあるように期間、時期等終わりの日がある程度限定されているなら、うまく配分
されるようだ。しかも過去にもできるという。
その時の本卦は「大局的吉凶」として全期間にかかわるようだ。

では期間未定、不定、いつ終わりが来るのか分からないときにはどうする?
最後に配分された卦はいつか来る終わりを示すものなのか?
(131ページ)
『かくて易占を実際に役立てようとする実占家は、その好むと好まざるとに
関わらず時期測定の占法を習得し、』『占えば必ず中する域にまで達しなければならない』
二年生


124 :名無しさん@占い修業中:2008/03/12(水) 15:13:26 ID:YGji2db+
B型のガキ、めでたく死亡

125 :数を当てる:2008/03/12(水) 15:49:11 ID:0qgJ926m
132ページ

動爻の爻位をそのまま数とする

例。動爻が三爻にあれば、三日、三時間、十三日後、二十三日前、
大正三年、三人目、十三万円、三億ドル、等々。

動爻が一つの卦に限る。

126 :数を当てる:2008/03/12(水) 15:59:15 ID:0qgJ926m
135ぺーじ

動爻の場所を内卦か外卦かを見る。

二者択一の場合に有効

例。内卦--今日、外卦--明日、昼か夜か、やるかやらないか、上か下か、
勝つか負けるか、一か二か、一か十か、一週間以内かそれ以上か、

この場合には数は自在にとれるようだ。

白蛾はこれを秘伝口訣とした。

127 :名無しさん@占い修業中:2008/03/12(水) 16:10:00 ID:1++DbHAV
>>124よりマシなやつは生きていていいよ
て全人類あてはまっちまうか

128 :数を当てる:2008/03/12(水) 16:58:43 ID:0qgJ926m
136ページ
「動爻を基として、その占事の成就達成ないし決着を意味する爻まで、
その間に在る爻の数を数える。

いつに出かけようかと占って、乾為天の初爻のとき、五爻の意味をくみ、
四日目に行こうとか言う例。

137ページには卦をまたがっているの例が紹介されている。
運命占で山水蒙の地水師へ行くで、
水難の危険を次の卦水天需の三爻にみて、四年後に水難に会うとした。

他の易スレで江原は霊能者かと占って天火同人の四爻を得、その解で、次の卦
火天大有までいっていないので、彼は霊能者ではなくてそうなろうとしているだけと解している例がある。
数に関するものではないが、同様の例。

129 :人大杉:2008/03/22(土) 17:45:39 ID:WsWWXJ8A

人大杉の回避

「 Live2ch 」のインストールをする。

130 :名無しさん@占い修業中:2008/03/23(日) 02:05:51 ID:1CaPviva
age

131 :数を当てる:2008/03/25(火) 05:18:57 ID:TjbtjPLB
140ぺーじ
産期  兌為沢の沢雷随、、

「兌変じて震となる。明日早朝に出産だろう。」 下卦の変化、兌から震を見て。

では本卦の兌為沢は?安産の喜び。女の子。
下卦が他の八卦だったら
乾−21時−難あり
兌−18時−安産
離−正午−胎児が大きすぎて悩む
震−6時−素早く出産
巽−9時−安産
坎−午前零時−難産
艮−3時 −問題あり
坤−15時ごろ −安産
二年生。





132 :名無しさん@占い修業中:2008/03/25(火) 08:13:58 ID:???
>>131
>巽−9時−安産
巽なら沢風大過で凶だよ。

133 :名無しさん@占い修業中:2008/03/25(火) 12:09:15 ID:???
生卦法は三変筮でも使えるそうだ。
上級用法になるがな。

134 :数を当てる:2008/03/25(火) 16:34:43 ID:TjbtjPLB
>>132
いつもながら書き方がまずくて申し訳ない。
上卦を兌とした成卦なら沢風大過ですが、八卦だけでの意匠をみたつもりでした。

沢風大過の凶も、どのような凶かということになると、いろいろで、そのベースは巽としてみられる
ことになるので、胎児の育ちすぎで産道の通過には問題があり難産の様子があるが、風がヒューッと吹き去って行くような産み方、母体に危害が加わるような凶ではなく、あるいは、
帝王切開などでスイスイと取り上げられるということの様子をみてもいいのでは ?
大過なんかは、結局たわんで変形はしてもつぶれないので、なんのなんにたいするどのような凶かも見て行かないと、こまっちゃう な ?
二年生

135 :十二カ月と六十四:2008/03/25(火) 21:19:36 ID:TjbtjPLB
142 p.
物事と事物が八で割り切れればうまくいくのだろうが、八卦の八では多すぎたり少なすぎたりすることがある。
一年十二カ月を消長卦に配分しているが、残りが五十二卦もあって、白蛾は強引すぎると言ったわりには全卦の配当を紹介している。
一年は365日五時間46分何秒か(?)で何を使ってももともと割り切れないのに、八卦だから八で、64卦だからそれを全部配分しようというのがそもそもおかしくないか ?
夏の真っ盛りの熱々の陽を思い浮かべるような火天大有が、二月に配分されたりしている。

いずれにしろあるものは配分しないことには使い物にならない。白蛾以来だれも文句を言わないし、だめとも聞かないので、それでいいのだろう。


136 :卦と数:2008/03/25(火) 21:56:43 ID:TjbtjPLB
144ページ
数値を卦に配当するのが、これがまた馬鹿みたいに簡単。
これこそが「 真の易の妙諦 」だというのだから、どうしても修めなくてはならない。
ただし、「これらの方法は学理ではなく、全く方術に属する」。
皆さんこの意味がわかりますか。むずかしいですね。

乾、、四九。 兌、、四九。
離、、二七。
震、、三八。 巽、、三八。
坎、、一六。
艮、、五十。 坤、、五十。 たったのこれだけです。

こういうものはいくら勉強しても、易の達人についてもだめな部類に属するもので、教えてもらえるものはあっても、習得はできないものでしょう。

137 :卦と数:2008/03/25(火) 22:15:45 ID:TjbtjPLB
144 ページ
入港する船の数 天山遯の天火同人へ
実際の占者(谷川)の解説はどうだったのか解らないが、本では大巽の船、巽の三八の八、三と八を足して11月入港として当たり。
之卦一切関係なし。

私などはすぐに之卦を見てしまうので、之卦関係なしで解されると面食らってしまう。
離の二七を取れない事情があったということか ?
九月に七艘入って、11月に一隻追加ということか ?。合計で八隻。

コレハ「 全く方術 」だ。

138 :卦と数:2008/03/25(火) 22:27:29 ID:TjbtjPLB
137の追加
いま天山遯初爻を見たら、逃げ後れた遯尾とあった。
最後尾の一艘だけ遅れたか、後から追加で出帆した船があったらしい。

二年生。


139 :名無しさん@占い修業中:2008/03/26(水) 00:13:12 ID:GmlBvitR
風水グッズとパワーストーンのお店が
できたけど 全然客おらん。
そのうち閉店だな。風水なのに不思議だ

140 :名無しさん@占い修業中:2008/03/26(水) 00:25:06 ID:KRjfBkOt
http://www.youtube.com/watch?v=nngquYgFh5M

141 :名無しさん@占い修業中:2008/03/29(土) 22:50:27 ID:???
がんばれー

142 :彼我判別、あなたとわたし:2008/03/30(日) 17:24:49 ID:Rv/TyQhC
148p
解説された判別法をもってすると、こっち側とあっち側の組み合わせが非常に少ない。ほとんどたったの一つしかないように見える。こんなことで本当に全面的に使用できるのだろうか。
事物は複雑錯綜としているのに、固定されたようなあっちとこっちだけでは心細い。

こんなことで戦争に勝てたのだろうか。

151pの例。三四五爻変じてとなっているが、相手の返事だけなら上卦が下に開くだけでいいのではないか。離が巽か艮になるだけでいい思う。
四五変じて巽となり拒んでいた心が開いて、承服し、少々問題があるが手紙を送るだろう。

143 :彼我判別、あなたとわたし:2008/03/30(日) 17:42:26 ID:Rv/TyQhC
155p 船荷
相手の態度をみて、破っているという判断があり、卦は向うの態度を示しているのに、それをまた向うから見るというのは、つまりこっち側の事ではないのか ?

山風蠱。巽の商売上の商品は出入りなく陸に山と積まれたままである。こちらは金を送って船を待っている。



144 :進退出処:2008/04/01(火) 02:09:18 ID:KpSHPeIu
158ページ 易位
進退出処、どうしましょう、どうしように対して、
「我より進んで事にあたる」「積極的に急進すれば」と条件がついて、
その上に下卦の八卦しか選択肢がないのでは、あまりにも貧弱すぎないか ?
あるいは神妙な御告げとして、最善のアドバイスということか ?

145 :名無しさん@占い修業中:2008/04/01(火) 22:07:31 ID:???
2月の終わりに
「今日受けた国家試験は受かるか」
二者択一で占ってもらい、受かるとレスしていただいた
でも落ちた
結局自分が甘かった

146 :進退出処:2008/04/02(水) 06:21:58 ID:3FS3Qos0
>>145 二者択一

易による二者択一問題の解決では、ハズレのニュースを聞くことが多い。
どんなものを使おうとも元々50%は当たるはずなのに、易だとハズレのほうが上回るようだ。
何故なのか占った結果。

二者択一の占いには、即今の結果が出るので、一週間後とか来月のとか間を置いた問いは正確にならないようだ。

占うときには予めいついつのという日時をはっきり指定することが必要らしい。

二者択一の必要に迫られてぎりぎりでやればよいが、まだ先にある物事に対する占い者の意識の固定化が不安定だとうまくいかないようだ。 。二年生。

追加。二者択一問題なら百発百中( 80%以上 ) くらいじゃないと、占いで当たったとは言えないと思う。



147 :名無しさん@占い修業中:2008/04/03(木) 00:30:40 ID:???
>>146
有難うございます
鵜呑みにして楽観視していただけに、もう死にたい程つらいですw

148 :名無しさん@占い修業中:2008/04/14(月) 19:17:53 ID:/Xvikj15
まっさんへ、
146をどう思う?

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)