5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

同軸 VS 光 part2

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 12:46:24 ID:ZT3m9cFD

                   (光) 光信号に変換→光ケーブル→デジタル信号に変換
デジタル信号(出力) →<                                            >→ デジタル信号(入力)
                   (同軸) デジタル信号をそのまま同軸に乗せる事が出来る



   上の図の様に光は同軸と違い出力と入力段階で2度のデータ変換作業をしなくてはならない。
   このデータの変換作業で0.2%のビット脱落が起こり音質が低下する。
   劣化の症状として音にメリハリがない等がある


   同軸の場合はビットの劣化は無いがアースにノイズが乗りやすい。
   だが音質に影響するものではなくDAC側でノイズは除去される。
   安物のピンコードでも石英並みの高音質で楽しめるなど同軸派は多い。

   前スレ
   同軸 VS  光
   http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/pav/1192324978/l50

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 12:49:02 ID:Snl/kdVL
>>1


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 12:49:38 ID:fM4Q3ymW
同軸のが音が良い

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 13:23:15 ID:COI+xSRA
何度コピーしても変らないのがデジタル

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 19:44:03 ID:y0/un+VR
そして時間軸はアナログ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/18(金) 23:00:46 ID:KTENkbyH
CDトラポには同軸、PCトラポには光を使っている。

Optilink-5、試しに買ってみた。
確かに違う、次元が違う、大満足。

次はVDM-5買うぞ!

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 02:33:24 ID:9pYOdNAR
>このデータの変換作業で0.2%のビット脱落が起こり音質が低下する。

なにこの根拠のないいいかげんな感じ。0.2%って…

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 09:23:38 ID:TQoUUSQb
DAC以降がバランス回路になっててラインノイズに強いなら
高域のジッターがより少ないとされる同軸を使う
そうでなければ
ラインノイズフィルターなどでラインをできるだけ遠ざけておいて光を使う

自分ならこうするかな

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 19:08:56 ID:dvt/ub6k
>>7
事実らしいよ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 20:39:19 ID:kxE/pcIV
>>1
事実ではないよ。

光で出力してもバイナリ一致するから、
たったの1bitも脱落してしていない。
実験すればスグ解ることだよ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 20:42:28 ID:h0xoj7df
このスレ立てたのは前スレのコピペ廚だから、>>1 の本文の内容は無視しろよ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 21:43:34 ID:TQoUUSQb
高々3mの光ケーブルで0.2%も脱落してたら
インターネットで送られているパケットにまともなものがほとんど無いことになる

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 21:53:13 ID:kxE/pcIV
>>12
おお!そのとおり。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 22:07:06 ID:Tkj9HyOK
パケットを送るケーブルは クラッド径125μm、コア径50μm。

http://blog.livedoor.jp/klimax/archives/50812889.html
これ読んでみろ。Optilink-5が何故良いか分かる。

つーか同軸で繋げよ。オメーラ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/19(土) 23:46:44 ID:kxE/pcIV
つーか、同軸も光も使うだろう。
DACの同軸入力は1系統しか無いし。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 01:32:56 ID:y1dU1zDd
HDDレコーダー等から光で繋げるのは幸せね
音声フォーマットに対応仕切れないけどw

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 02:05:48 ID:21+WpuvQ
>>14
Optilink-5、ポチッタ。

>>6
Eagle EyeやHawk Eyeはどうなの?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 02:23:53 ID:LTdpqUfG
>Optilink-5、ポチッタ。

6万5千もするケーブル、良く買う気になるな・・・・
俺なら素直に同軸に乗り換えるわ・・・

19 :それはまず:2008/01/20(日) 04:03:12 ID:fWNZUDwf
角のTOSリンクの光は、コネクターに問題が在りそうです。
変に緩むとビット落ちどころかノイズが出ます。緩むと振動に弱いようです。
また、光は3m単位で無いと反射が問題になると言うような話も聞きますが
どうなのでしょうか。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 10:17:52 ID:21+WpuvQ
>>18
普段聴いている音がなんとなく詰まらなく思えてきたので、
半額になっていたオーディオクエストのPantherを買ってみた。

すると不満点がことごとく解決され、とても満足な音になった。
ケーブルでここまで変わるとは全くの予想外だった。
それまではmogami2803を使っていました。

そこで同じメーカーのOptilink-5をポチってみた訳です。
Optilink-5が良かったら、同軸のHawk Eyeもいってみます。
3本合わせると15万程ですが、トラポやDACよりは安いし・・・



21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 11:46:44 ID:YLZgQn2s
>>20
>3本合わせると15万程ですが、トラポやDACよりは安いし・・・
対費用効果が比較にもならないと思うが

…個人の好き好きだけどね

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 12:00:36 ID:LTdpqUfG
いや、DACを新調するほどの効果があるって事だよ。
ただまぁ・・・同軸ならもっと安くたどり着けるんだよな。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 12:49:04 ID:21+WpuvQ
いや、光ならOptilink-5でハイエンドだけれど、
同軸でハイエンドとなると、とても6万では買えない。                          

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 12:58:37 ID:LTdpqUfG
低インピーダンスで、細いケーブルを最短で使えば、限りなく劣化の少ない音が聞ける。
>>23の中では、音=値段かね? そりゃ探せば、いくらでも高いケーブルはあるさ。
デジケーはSPケーとは違う。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 13:36:52 ID:21+WpuvQ
>>24
音=値段という考え方は好きでないので、
長い間、mogami2803を使ってきた。
しかし、音の良いケーブルは結果的に高い。
悔しいが・・・

>デジケーはSPケーとは違う。
>低インピーダンスで、細いケーブルを最短で使えば、限りなく劣化の少ない音が聞ける。

具体的に線材とプラグを教えて下さい。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 13:42:32 ID:r9wHTkBd
━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 13:55:12 ID:LTdpqUfG
>>25
http://www.47labs.co.jp/4708.html


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 15:17:28 ID:21+WpuvQ
>>27
ありがとう。

最短という考え方に賛成です。
2803を使っていたのも、モガミに35cmでオーダー出来たからです。

同じ理由で4708もピンケーブルとして使ったことがあります。
もしかしたら、まだ部屋のどこかに有るかもしれません。

ただし、デジケーとして使った場合、
インピーダンスの整合性やノイズの問題は無いのでしょうか?
またインプレを希望します。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 16:35:04 ID:sm4SVCr5
やっぱり電線でデジタルデーターをバランス伝送だよ(RS-232C のように)

って言う奴は居ないのか?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 18:58:27 ID:21+WpuvQ
光にも良いところがあるよ。
http://www.stereophile.com/digitalsourcereviews/299/index5.html
RME 96/8PST Proに外部DACを使って、光と同軸出力のjitterを比較したデータです。

同軸の方が光よりも2倍以上jitterがありますね。
いくらパルストランスを使ってもPCはノイズから逃げられないのかな。

だからPCトラポには光がお薦めです。
カードはもちろんRME。
そしてCDトラポには同軸を使います。

31 :それはまず:2008/01/20(日) 21:29:20 ID:fWNZUDwf
>>30
私もRME96/8を使ったシステムを持っておりますが
光の方が音が良いと感じます。

32 :松本大木朝臣主水 ◆p9gJWXtYKQ :2008/01/20(日) 22:17:53 ID:PRg6c5Kj
jitterなんてDAC側でリクロックすれば関係ないから
光のほうが優れている。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 22:40:24 ID:LTdpqUfG
>>28
>同じ理由で4708もピンケーブルとして使ったことがあります。
>もしかしたら、まだ部屋のどこかに有るかもしれません。

アンタ本気の人だねw
>ただし、デジケーとして使った場合、
いや、デジケーとしてしか使えない。細すぎて低音を損なうというか潰れるから。
>インピーダンスの整合性やノイズの問題は無いのでしょうか?
それはもう機器によってさまざま。ワードシンクでなら不整合の反射波が盛大に出てロック出来ないこともあるそうだけど
spdifではひたすら低インピーダンスの方が良い結果がでるようだ。
ノイズは出た時に随時対処。編組の目が細かい同軸を剥いて編組シールドを抜き出し、被せてトラポ側のみ結線。

無駄に散財しないでね。中身のないメーカーを肥やしたくない。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/20(日) 23:52:15 ID:21+WpuvQ
>>30
良い耳というか、正直な耳をお持ちですね。
私もRME 96/8PSTを使っていて同感です。

今日ググっていて、このjitter比較のデータを知りました。
これで光が有利な場合もあると言うことが出来ます。

>>33
詳しい説明を、ありがとう。
眠っている4708を探し出して、是非とも試してみます。

高価なケーブルはオーディオクエストPanther(0.5m)が初めてです。
予想以上に良い音がして驚きました。
高いという理由で否定してはいけないと反省しました。
だからと言って、高ければ良いとは思っていません。

Optilink-5はPantherと同じオーディオクエスト製だし、
このスレでも使用者の評価が高いので、届くのが楽しみです。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/21(月) 00:36:10 ID:SRyy/gsF
>>30
fig2.とfig3のケーブルは どんなのだろうね。Meridian 518 digital processorとか機器名が書いてあるけどこれもどんなものか分からない。
英語達者な人、解説お願いします〜

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/22(火) 16:33:28 ID:gYHNXWpx
光はOptilink-5が断トツすぎて他が話にならないけど、
だからといってAudioquestが全て最高というわけではない。
同軸線は同軸に強いメーカーがいいよ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 00:36:22 ID:dWl7rEle
>>36
そうですか!
同軸に強いメーカー教えてください。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 01:46:52 ID:cZNiJGvZ
DXアンテナ

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 01:50:05 ID:c5ovIvIM
最高峰の同軸ケーブルなら
NBSのStatement3だろうが、それ以外のNBSの同軸は微妙だしなぁ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 07:32:35 ID:m8iRe4Oi
BLACK LABELじゃ駄目なのか?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 08:37:31 ID:zXE6NVN8
JORMAだろ・・・

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 13:32:37 ID:QJU24P8J
君ら構造を考えずに話しすぎw

>>37
ちょっとは考えてみなよ。
ケーブルの構造と音の傾向を関連づけておくことは非常に有意義だよ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 20:20:24 ID:sX4+17ln
同軸?ケッ、RCAピンプラグなんか使ってる時点で終了。
黄色いビデオケーブルで十分じゃ!
男ならBNCコネクタぐらい使え、インピーダンス75Ωのやつで測定器用の50Ωなんか使うなよ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/23(水) 21:52:55 ID:k7KiHgsU
なんで測定器用って書くんだろう?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 17:18:55 ID:ilmEw+eL
俺はBNCにスピーカー用の平行ケーブル繋いで使ってる
まさに神の音だよ

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 20:50:19 ID:odBTI9OF
dc1.0のように強力なバッファがあるDACならケーブルの質は関係ない。漏れは
OPTILINK5を6万出してがっくしきた。こいつ自体は倍以上の価格のより音はよい。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 20:57:23 ID:9i/ZUtOA
>>46
そそ

dc1.0ユーザーにとって、このスレは高みの見物なんだよね

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 21:43:22 ID:MIwzQBsn
>dc1.0のように強力なバッファがあるDACなら

そこんとこもう少し教えて?


49 :松本大木朝臣主水 ◆p9gJWXtYKQ :2008/01/26(土) 22:32:32 ID:Ow2htWh2
バッファなんて関係ないじゃん。遅延が増えるだけでw

綺麗な別クロックで叩きなおせば必要十分。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 22:44:20 ID:3z3FG0hd
テータ蓄積して別クロック駆動だから完璧だな

必要充分とか言ってPLLで妥協してもねぇ

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 22:50:00 ID:9i/ZUtOA
ただ遅延があるのは確かなのでAVで使うわけにはいかない
失うものがあってのことで他の方式のDACが否定されるわけじゃないからね

この板的に理想的な方法のひとつだとはいえると思うけど

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 23:03:55 ID:jC4et7G/
>>51
あんたおかしい。ここ、ピュア版。AV関係ないあるよ。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/26(土) 23:51:44 ID:9i/ZUtOA
>>52
dc1.0ユーザーが他のDACユーザーに気を遣っての発言と思ってほしいあるよ

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 09:14:54 ID:bZ/lsX6M
光ケーブルも配線したては音が悪くなる傾向があるね。一定時間放置することによりガラス分子の構造の
ひずみが安定化するんだろうけど、音がどっしり安定した感じになる。
さすがにここまで分かるのは相当に耳がよくないと難しいだろうね。
ジッターの影響さえわからない奴ではほぼムリかな(w

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 09:23:04 ID:0dd+8C2L
ラックの後ろに俺が隠れて光ケーブルを曲げたら、分かっちゃうの?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 10:09:36 ID:4dFyYYXM
>>54
「いい音」「悪い音」という表現するやつを一切信用するな。
主観的評価であることは明らかだ。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 10:26:59 ID:nspN3Q2q
「いい音」「悪い音」と書いてなくても、主観的評価であることは明らかだけどなww

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 15:31:57 ID:fB6nA9f7
>>56
主観的評価乙

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 17:05:43 ID:LLUJyx/1
>14読んで、光はOptilink-5が良いのは判ったけど、
http://joshinweb.jp/audio/5427/4951035022467.html
なんて書かれてると、オーダーできん。
で、次点は何になるのよ。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 18:58:17 ID:R9DTnxxK
AT-EDP1000/0.7
買えば?
損失デカイけどね

ま、ケーブルで発生する分散なんか屁でもねえけどな。
低損失な方がロージッターになりそうだ。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 20:19:42 ID:p2A9RuKm
ケ−ブルにあまり詳しくないんですけど
同軸の方が結論としてはいんですよねぇ?
本などにも載ってるけど。
オ−テクの1万円位のを、DVDプレイヤ−からサラウンドプロジェクタ−に繋げようと
考えています。


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 20:33:16 ID:/2+Na2dC
結論が出てるなら2スレ目に突入なんてしないと思うがな

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 20:43:31 ID:/QeekArV
>>61
こういうかたがオカルト産業を支えている。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 20:47:13 ID:R9DTnxxK
>>61
DVDプレイヤーに金掛けた方がいい

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 21:06:39 ID:p2A9RuKm
>>64
そこまで、環境設備を整えてるわけでもないし
高級なDVDプレイヤ−は購入する予定はないです。
だから、少しでもケ−ブルをいいのを使おうと検討しています。
同軸で間違いないのは事実ですか?
まぁ人それぞれだとは思うんですけど。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 21:15:07 ID:R9DTnxxK
そこまで設備が整ってないんなら、ケーブルに拘る意味無し。

>同軸で間違いないのは事実ですか?
何が?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 21:30:45 ID:/QeekArV
>>65
こういうかたがオーディオアクセサリー産業を支えている。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 21:39:42 ID:HNXVDVAq
>>65
同軸もTOSもピンキリだからなんともいえない、というのが結論。
気分的に気になるだけなら同軸75Ωのかって、このスレに二度と来るなよ?
本体のインピーダンスが75Ωで調整されてるかはしらんけどねwww

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 22:00:38 ID:p2A9RuKm
正直ケ−ブルの知識はほとんど、ないけど
同軸か光どちらを繋いでも音質が良くなるのには間違いないですよね?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 22:30:51 ID:R9DTnxxK
>同軸か光どちらを繋いでも音質が良くなるのには
さっぱり意味が分からない。
そもそも繋がないと音が出ないだろうが。
使ってるモノくらい書いてから質問しろや。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 22:56:07 ID:nmuChCct
DACにdc1.0使えばケーブルは何でもオーケー 最高音質保証。ケーブルに起因
する要素dc1.0が解決してくれてるから。店に行って聞いてみな。倍以上の価格
のよりいい音してるよ。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 23:33:12 ID:p2A9RuKm
>>70
すみません。
パイオニア600AV
YAMAHA YSP-1100

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 00:00:21 ID:R9DTnxxK
>>72
サラウンド使うならディジタル入力じゃないと意味ねえぞ。
アナログはただのステレオじゃねえか。
ま、音質は良くなるとは限らないが。
そんなことより映像ケーブルとディスプレイは何だ?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 01:20:43 ID:PFzUEEBX
>>73
今は、パイオニア600AVから50型フルHDプラズマ(HITACHIのWooo)に
HDMIで接続していて、600AVの同軸出力からYSPの同軸入力に繋ごうと
考えています。
ホント初心者で申し訳ないです。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 01:46:35 ID:qdCME/a8
映像はHDMIで良いかと
同軸か光かはどっちでも変わらん。
ディジタルにしたらサラウンドソースが再生されるようになるだけ。
音質が良くなるかどうかは分からないが、擬似サラウンドがサラウンドになる。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 01:59:12 ID:PFzUEEBX
>>75
やはりそうですか。
ありがとうございます。
今の環境だとDVDのサラウンドソ−スが出ていないと思うので
同軸を繋いでみようと思います。
今よりはupする事は違いないと思うので。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 02:06:44 ID:qdCME/a8
映像用の黄色ケーブルでもOKだぞ。
音声用でも一応音は出ると思うが。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 07:25:53 ID:UTSviTTB
アナログラインならアースラインを工夫してノイズを切ると
音質が向上するけど、デジタルラインのアースのノイズ
を切ると信号そのものも出て来なくなるだろう。
インプットトランス使ってリャアース切れば関係ないだろうけど。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 18:20:20 ID:qdCME/a8
ループグルグルならフェラいとコアでも付けたら良いんでねーの?
オーディオオタは嫌がるだろうけど。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 22:08:03 ID:0B2xV1h9
Optilink-5着いた。
やっぱ光でダントツと言うのは本当だわ。

6万のデジケーとしてコスパ高い。
これで不満ならNBSでもなんでも買ってくれ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 23:37:33 ID:aMYu+hhO
デジケーとかコスパとか、なんか底知れぬインテリジェンスを感じさせる書き込みだな。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 00:13:16 ID:Mvdzoq41
6万の超デジ系ってコスパ高い系!

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 00:25:35 ID:jxEkHY/o
初めて聞くような省略形なのに一瞬で意味が伝わる

天才というのは居るものなんだね

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 00:31:03 ID:+JlJ5PvK
DQN系

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 19:26:14 ID:UeeF0u/p
Optilink-5インプレ

光ケーは普通、抜けは良くても音が緩いよね。
ところがOptilink-5は違うね。
ビッシッーと音の芯が出る。
低音のリズムも迫力満点。
高級デジケーお約束の解像度、透明感、音像も不満なし。

ぜひ聞いてみれ!

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 20:06:15 ID:eF62jLrc
宣伝も大変なんだな

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 20:41:34 ID:UeeF0u/p
君は宣伝するものが無いのか?

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 20:46:01 ID:kob4s2F5
Optilink-5の宣伝うざい
技術的に欠陥のある光がケーブル変えたところで同軸に適うわけないから

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 20:49:28 ID:oLuDC3bU
じゃあ理論的・技術的に最高の同軸ケーブルをおしえてくれ!

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 20:56:31 ID:UeeF0u/p
もしくは、6万まででOptilink-5より優れた同軸ケーをおしえてくれ!

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 21:23:58 ID:Qa4BNgzX
いや、自分で探すから教えないでくれ!

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/29(火) 21:27:39 ID:C/nPmr6T
技術的な欠陥なのか?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 09:44:52 ID:NUVVz0Ab
なんでデジタルデータ送ってるのにLANとかUSBで送って
エラー訂正やらないんだろう?


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 13:54:33 ID:s4VRs/02
そんなことしたら高いケーブルが売れなくなっちゃうじゃないかw。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 14:29:19 ID:QUKBnnG6
>>94
HDMI ケーブルは高いよ。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 22:14:39 ID:6DyPB9m6
そんなことになっても高いケーブルは売れそうw

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 22:50:31 ID:F2DQKWxP
>>93
わかLAN。
USBではUSOになるからかな?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 23:36:35 ID:NUVVz0Ab
お酒は控えたほうがいいと思うよ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 23:42:23 ID:u+1KuioB
正月の酒が残ってたのを思い出してしまったジャマイカ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/30(水) 23:48:45 ID:EPOmeZOW
ここで俺のクソ耳での結論だが、

「光も同軸もケーブルでは音は変わらん」

比較した機器:DC−P(同軸・光)出力 >2つケーブル接続 > アンプ(同軸・光)同時受け
       アンプのリモコンで、同軸・光を選択して視聴
ケーブル:光  > ビクターの安物 3000円/m
     同軸 > モンスター製  8000円/m

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 00:42:20 ID:bE3HrUby
うん、いいんじゃないか
お前の心がそう思ったのなら



102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/31(木) 11:59:52 ID:7W2waTqg
>>100
お互いのブラシーボを褒めあうスレだから何言っても無駄

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 09:26:23 ID:Ee/gh2oC
現状これ以外にないTOS最高峰のOptilink-5買って満足するか
どれが最高峰か決まっていない同軸に手を出すか

私はPCからデータ出力しているのでノイズ遮断の意味を込めて
Optilink-5使ってます

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 10:16:52 ID:ced/LrEt
安い光ケーブルだとPCのノイズを貰っちゃうのか?
んなわけねえだろ原理的に

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 11:31:32 ID:htCW0LZH
光ケーブルのデータ損失率ってどこかにデータがないのかね。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 11:52:04 ID:zB4IzTtW
距離が長くなれば減衰はするが損失はしない
従ってそんなデータなどあるはずもない

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 12:31:36 ID:NloP/WK7
まだやってんだ?
変わるような設計がまずいんだろ

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 13:31:02 ID:htCW0LZH
>>106
それなら高いケーブル買っても意味無いね。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 18:42:05 ID:htCW0LZH
S/PDIFって同軸にしろ光にしろプレーヤーとレシーバー(アンプやDAC)のできによって音が変わるようだから、ケーブルはあまり関係なさそう。
どっちがいいかは両方聞いてみていい方を選ぶのが正解では?
機器のできはユーザーからは分からないから音を聞いてみるしかない。

いい加減S/PDIFやめてジッターを考慮しなくていいの伝送方式に変えるべき。
既存のもので幾らでもできるものがあるのに。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 22:12:47 ID:qkUjyB13
>>109
ワードシンクつかえば?
デジタルデータそのものはS/PDIFだけど、クロックはDAC側もしくは外部クロックを使える

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 22:57:12 ID:HU9Biic8
クロックのズレはどう解決するんだ?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 13:48:44 ID:vqtsCInW
だからLANとかUSBとかIEEE1394とかのエラー訂正する転送方式にすればいいんだよ
なんでいつまでも投げっぱなしのデータ転送方法使ってるんだ?


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 13:51:57 ID:lHt7nzT+
PCの世界が純粋に性能向上を目指したのに対し
オーディオの世界は純粋に自分たちの利益確保を目指したからだろう

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 14:42:54 ID:qqyJhDar
地デジを見れば、投げっぱなしでもOK.

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 17:38:25 ID:0NwmmDrq
同軸のお奨めはNBSとかJORMAとか、
10万以上出さないといかないの?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 17:47:38 ID:lHt7nzT+
そんな金をケーブルにつぎ込むくらいなら
福祉施設へ寄付した方がよっぽど有益だぞ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 18:39:23 ID:0NwmmDrq
お金を出して有益な同軸ケーブルはないの?

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 18:46:50 ID:Kcv/ZMtZ
>>114
地デジ、というか放送局が無問題なのは、設備が民生品とは比較にならないぐらい
クロック精度が高いことと、周波数の低い電磁波は光受光素子じゃなくてアンテナ
+同軸という構成で受信出来るから。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 20:22:05 ID:flzdy1m6
放送局の送信設備にはルビジウムクロックが使われてます
家庭でもルビジウムクロック使えばかなり良くなるかと

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 20:26:24 ID:lHt7nzT+
でも実際はセラロック(笑)

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 20:36:43 ID:xIDCwpR6
放送局はルビジウム+GPSだよ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 20:52:30 ID:qqyJhDar
>>118
>周波数の低い電磁波は光受光素子じゃなくてアンテナ
>+同軸という構成で受信出来るから。

へー、SPDIFの周波数って、そんなに高いのか〜


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 21:42:12 ID:XTxlf+8v
クロック精度じゃないでしょ?
詳しい理由は知らないけど、データの送受信回路でなんでか音楽信号やら
電源由来のゆらぎが混入してるらしいじゃんか

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 21:47:18 ID:qqyJhDar
>>123
>データの送受信回路でなんでか音楽信号やら
>電源由来のゆらぎが混入してるらしいじゃんか

地デジもまったく同じだだがな。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 09:19:58 ID:PUmJQnDr
1万前後で、お奨めの同軸教えてちょ!

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 09:27:58 ID:dWE55mkY
1万でいいのを買おうと思ったら自作しかないだろ
市販品なら数万はかけないといいのが買えない

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 12:44:25 ID:WH1xzFyw
>>126
何かお薦めの線材・プラグはある?良かったら教えて

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 14:00:19 ID:Qqr9UU4M
126じゃないけど、線材はフジクラの一番細いやつがいいらしいね。
私のオススメは1.5C-2Vでクロスケーブル。
1.5C-2Vは、http://www.oyaide.com/catalog/products/p-534.html
クロスケーブルの作り方は、 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/pav/1186629050/
プラグは短くて軽い方が、プラグの重量で機器や結合部に余計なストレスが掛からないから良いと思う。
そういうプラグはチープでフラッシュ金メッキばかりだけど、頻繁に抜き差ししないなら無問題。



129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 14:21:51 ID:LfPuKcVM
藤倉の一番細いの使ってる。導入したばっかだからレポはしないけど
47研のプラグを参考に芯線(ホット)を直に受け機器メス側端子ホットに押し込んで
コールド線はメス端子コールドに挟んで固定で
半田レス、プラグの導体レスをやってみようと思ってる。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 22:19:20 ID:xMWZtPK4
>>112
USBオーディオってアイソクロナス転送だから、エラー訂正なしの投げっぱなし。
LANを使っても、オーディオストリームやビデオストリームはUDPでエラー訂正なしの投げっぱなし。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 00:01:06 ID:W+muO6/n
>>59
Optilink-5、どこにも売ってないな。オーダーできんから仕方ないのと、
値段が半額になるということから、Optilink-3をアメリカから直接買ってみた。
同じシングルモード・マルチコアで、石英65本に対してポリマー217本との事だけど、
誰かOptilink-3持ってる人、この2つの傾向や差解説できる人いてる??
やはり相当な差があって5が上なのか、それとも音の方向性が違うのか…

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 00:05:52 ID:C0VBgUXI
光ケーブルで音の方向性を付けられるとしたら物凄い技術だな
理論すら想像もつかない

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 01:04:39 ID:z1l5ZDqh
>>131
相当な差かどうかは解らないが、
方向性よりもグレードの違いが出ると思われ。

Optilink-3が着いたら、ぜひインプレたのむ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 01:54:02 ID:1858q2Vo
もちろん理論なんかないしなここの奴らには

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 05:19:11 ID:0n79b3CV
Optilink-3、わたくすも前々から気にはなっていたのですが、
たしか日本では正規未発売なので、情報が少ないですね。
外観はOptilink-5をちょうど赤くしたみたいでカッコイイですね。
届いたら是非、感想聞かせて下さい。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 09:42:20 ID:hq8z5xu8
>>130
USBもIEEE 1394もアイソクロナス転送か
じゃあSATAで送るとかLANでもTCP/IPでおながいします

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 10:08:05 ID:YgtTRzw2
>>136
>>130の内容をみると釣りじゃないのw

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 10:26:36 ID:ZVBtmDIp
少なくともOS標準ドライバで使えるUSBオーディオに関しては投げっぱなしですよ
べつにエラー訂正がはいるわけじゃない

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 11:07:18 ID:1858q2Vo
USBケーブルにも適当な理屈こねてOFCかなんか使って
5000円とかで出したらバカが喜んで買いそうだな

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 11:50:37 ID:/2PxwNDn
>>139
調べてはいないが、もうとっくにあるんじゃないかな?

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 11:54:04 ID:/2PxwNDn
>>140
EDIROL(エディロール)ってとこから出してるな。
http://www.ishibashi.co.jp/webshop/accessories/cable/edirol/usb-firewire.htm
良心的な値段だ。w

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 11:54:42 ID:/2PxwNDn
ローランドだった。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 12:16:51 ID:1858q2Vo
ホントAV関連商品は商魂のたくましさに恐れ入るわw
それにしても「しょぼい転送路を高価なケーブルで補う」みたいな後ろ向きのアプローチばかりだな。
こういうのが後を絶たないのは釣られる奴が多いからに他ならないんだろうが。

DLNAまたはそれに類する規格に則ってDAC箱を作ればそれで済む話じゃん。
なんでどこもそれをやらないかね?
CDはただ一度だけ高精度にリッピングして、なにがしかのロスレスオーディオファイルで保存すればいい。
あんな不安定な円盤を高価なトラポで毎回律義に回す必要なんかまったくないし
バカげた高級デジタルケーブルなぞ一本たりとも要らない。


そしたら今度はLANケーブルにOFCとか使いそうだけどw

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 15:10:13 ID:hq8z5xu8
>>143
確かにファイル化してデータ訂正有りで転送すればいいと思うんだけど
絶対にオーディオ系はそれをやりたがらないな
100万もするようなCDトランスポートからデータ読み込むより
PCのBDドライブのほうが100倍ぐらい正確にデータ読み込むと思うし

最近はipod世代な人たちがオーディオに興味を持ち始めたようだから
徐々に変わっていくんじゃないかな
そろそろCDの時代も終わりっぽいし



145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 16:06:31 ID:Y/DVpwXW
そもそも、CDの読み取りでほとんどエラーなんかでないだろう
PCの安物ドライブが、50倍速でエラー無しで読み取るんだぞ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 17:55:36 ID:Vl4bp35m
LANケーブルにOFCは柔らかくなって良いんじゃないの?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 18:04:11 ID:tTD2oRTL
どんなCDプレイヤも読み取りの精度が高くてデジタルケーブルも音が変わらなければ
やっすいパイのユニバ、75Ωのやっすい同軸で済ませられるんだけどな。でも違う。
もうあっしはめんどくさいのでHDDトラポへ移行する

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 18:35:54 ID:YgtTRzw2
エラー訂正付き転送は作るの簡単なんだろうけど、作ると価格があっという間に下がるから作らないんだろうね。
台湾のPC系のメーカーに期待したいけど、いいアンプが作れないのかな。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 21:44:30 ID:z1l5ZDqh
HDDトラポとDACを繋ぐデジタルケーブルこそ、
Optilink-5がお奨め。

あとオーディオインターフェイスは、
RMEかLynxがお約束だね。

150 :通行人:2008/02/04(月) 23:46:10 ID:mgYp4D39
お約束の展開なので、意味はよくわからないけれど、
「時間の揺らぎ」って書き込んでみますね。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 23:51:47 ID:C0VBgUXI
よくわからないけど、
「バッファで吸収」って書き込んでみますね。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 00:14:03 ID:eDXrzAsN
じゃあバイナリが一致しててもジッタは混入する、って書けばいいのかな。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 00:19:05 ID:A8Kk+doW
全然わからないけれど、
「演算処理とデジタルノイズの増加、シールドに必要なコストの大きさ」って書き込んでみますね。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 00:23:17 ID:Fn4ehtS2
USBは知らないが、有線のLANならエラー訂正なんか要らない。
100Mbpsのフルレートで24時間流しっぱなしとかしても、普通の環境ならエラーは1回も起きない。
必要なのはエラー訂正じゃなくて、フロー制御だ

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 00:53:08 ID:tDmjK3gw
大事なのは実際に出てくる音だる。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 09:12:43 ID:iDRU54fE
エラー訂正付き転送を作る
    ↓
「時間の揺らぎ」
    ↓
「バッファで吸収」
    ↓
「バイナリが一致しててもジッタは混入する」
    ↓
「演算処理とデジタルノイズの増加、シールドに必要なコストの大きさ」
    ↓
必要なのはエラー訂正じゃなくて、フロー制御
    ↓
光と同軸?そんなの関係ねぇ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 09:30:27 ID:pxiAIESC
       ↓
ピュアAUなんてばからしい。メーカーに騙されてる。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 10:35:34 ID:C1OlVpf/
ちなみに誤り訂正があるのはLANではなくて、TCP/IPね。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 10:38:01 ID:C1OlVpf/
>154

LANのプロトコルのTCP/IPでエラー訂正されている仕様なのですが?



160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 20:02:19 ID:tDmjK3gw
DACのバッファでは、ジッターの問題を解消できない。
しかし、トラポの影響を少し軽減できる。
でも、トラポが重要であることは変わらない。
バッファ付のDACを使ってみれば解る。


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 21:53:26 ID:oG/bcXQy
バッファ付きのDACにディスクチェンジャーから光出力で聴いてる

オペラを一度のCDセットで最後まで聴きとおせるメリットに比べれば
少々音が変わろうと変わるまいと些細なこと
実際変わるとは思っていないから
たとえ変わっていても脳が感知しないだろうしね

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 16:33:24 ID:Nze49+ps
>>159
で??
通常使用で、エラー訂正なんぞ発生していない。




163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 18:08:42 ID:dGEDJhXz
TCPがやっているのは「エラー検出と再送」であって、「エラー訂正」ではない。



164 :580:2008/02/06(水) 18:32:52 ID:mssUIR5X
>>163
くだらない煽りはやめたら。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 22:42:09 ID:9zEUoV8L
>162

パケットロストは普通に発生することもあると思うが。
プロトコルの仕様で再送しているから見えないだけでしょ。


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/06(水) 23:27:01 ID:dGEDJhXz
>>165
パケットロスが発生するのは、輻輳するから。
Etherだと、途中経路で100Mbpsの帯域を越えないようにしてる限り、12時間流してもエラーなしが普通。
まあ、パソコン用のNICだと、wire rate で流せないようなデバイスも普通にあったりするけど。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/07(木) 09:01:37 ID:DMEJbXHR
LANていやデノンLINKってあれLANなんじゃねえの?
DVDからSACDまでなんでも送ってるみたいだけど

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/07(木) 11:26:44 ID:bAOj95fW
パケットロスとはコリージョンが起きるからでしょ。
EthernetはCSMA/CD方式。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/07(木) 11:41:33 ID:NMWBUGJg
要はLANのエラー訂正がL2かL3かって話でしょ?
どっちでも音質には一切影響ないのにいつまでクドクドやってるんだか。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/07(木) 12:45:17 ID:gmh3iHhP
たまに掲示板で、
「エラー訂正するとチップの処理に負荷がかかるから電源が汚れ音が悪くなる可能性がある」、
のような書き込みを見る。
何を言っても無駄。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/07(木) 23:20:07 ID:gzb49EER
DACのバッファでは、ジッターの問題を解消できない。
DATのバッファでは、ジッターの問題を解消できるので、
無限クローニングマシン。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/08(金) 00:05:20 ID:/cj7RmQf
>>168
10年以上前の10メガの馬鹿ハブを大事に使ってるならともかく、
スイッチングハブを使ってるなら、原理的にコリジョンは発生しない。


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/08(金) 02:25:02 ID:QGEvPlFw
バカハブなんて使ってるヤツ居ねーだろw

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/08(金) 23:26:26 ID:qNdjD+pg
電話線をツイストケーブルにするだけで、
ADSLのスピードが上がってたあの頃が
なんだかやけに懐かしいぜ。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 00:59:04 ID:9Q3hLpS9
MTU調整するだけのソフトが6千円ぐらいで売ってたしな

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 02:17:56 ID:bkbqmGBt
なんだそりゃぁ
馬鹿げてるな…。詐欺みたいなもんだ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 05:42:20 ID:4IvZqnc/
>>171
どうしてDATのバッファで、ジッターを解消できるの?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 07:38:00 ID:iNZkc6eZ
>>177
CDの音が悪(ジッター多)すぎるから。
メディアを変える事で吸収する。もっと良いのはHDDにコピーすること。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 11:40:04 ID:TH2aacyL
dc1.0のように1秒間もバッファリングしてたら
別メディア(シリコンメモリ)へコピーしてから再生してるようなものだけど

それでもジッタが残るのけ?

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 11:48:00 ID:iNZkc6eZ
問題はバッファの秒数ではない。
同期しているか、非同期なのかの違い。
dc1.0を喩えるなら「自動車のサスペンションストロークを10cmから1mにしました」程度。
ブロック図を見ても、これでは揺れを吸収する事は出来ても、無くす事は出来ない。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 11:54:11 ID:TH2aacyL
なんだ、FIFOバッファの仕組みを知らずに書いてるのか…

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 12:04:32 ID:iNZkc6eZ
クロックマスタ/スレーブの違いが分らん厨に言われてもなぁ。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 12:46:58 ID:iNZkc6eZ
ちなみにFIFOはなんて呼んでる?
俺はファイフォ派だ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 15:03:53 ID:eDKOZBbm
HDDにコピーするほうがDATよりいいなら
はじめからDATマンセーなんてすんなよw
HDDにリッピングする方がよっぽど楽だしメジャーだろ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 15:08:04 ID:OLIva87J
>>183
フィーフォー

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 16:09:49 ID:9KiEHGi1
地デジも受信機側からクロックマスタ送っていないのに
ちゃんと絵が出るぜ。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 16:27:06 ID:A829iE2x
ヤフオクにフリーオ出品したから欲しい奴買っていいよ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 19:27:04 ID:k3JTvgRf
同期非同期とジッタは関係なくね?

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 21:50:02 ID:7tvlhYwo
幾らバッファを取ろうがエラー訂正しようが結局は止まった状態のデジタル「データ」が完璧になるだけでしょ?
最後に送り出す時に動的なデジタルの音声信号が盛大にビット欠落したりジッタで揺らいだりして、
しかもそれが寛容性のせいでハッキリしたプチノイズではなくベールのような音の曇りとなって現れるから質が悪い、話を混乱させると。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 21:52:01 ID:bkbqmGBt
>盛大にビット欠落したり
音が出ません。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 21:57:36 ID:7tvlhYwo
盛大にってのは皮肉だよ・・・

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 22:50:29 ID:eDKOZBbm
bitが欠落したら音声にならないぞ。
ジッタでゆらぐなら音にはなる。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 23:13:16 ID:TH2aacyL
非同期FIFOバッファを使ったDACは
1.再生に遅延が生じる
2.長時間の連続再生ではバッファ溢れまたは枯渇が生じる
というデメリットがある代わりに
原理的にジッタを自己が持つ発振子固有のものだけに限定できるようになっている

高性能なトランスポートや高級なケーブルを必要としないというメリットはあるが
その代償はしっかり支払っている

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/09(土) 23:20:44 ID:bkbqmGBt
>>191
ノイズになります。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/10(日) 08:38:44 ID:pqiERUe8
>>193
>長時間の連続再生ではバッファ溢れまたは枯渇が生じる

CD1枚分位なら、1982年当時の量産レベルのクオーツでもNo Problem。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/10(日) 09:34:36 ID:g2vaYH8U
流れ読まずに散財結果age
CDP KENWOOD L-D1  DAC ESOTERIC D-2  
ACROLINK 6N-D5050U>自作カナレ3C-2V>KIMBER KABLE OPT-1>van den hul 102MKV
>L-D1アナログ出力≧TEACの安物光ケーブル>ORTOFON 7N SDL 001≧AUDIO QUEST VSD−GR

まああくまでも自分の音の好みだけなんだけど。
ほとんどが中古購入とは言え改めて考えると無駄使い以外の何者でも無かったorz


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/10(日) 11:47:17 ID:mE1Qk8Ff
>>195
昔のはOK

ピュアオーディオ製品にまでセラロックが使われだしてから状況が悪化

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/10(日) 13:49:27 ID:tMU97x7H
セラロックとかどんな不良品?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/10(日) 22:16:17 ID:Ewr/PO6N
>>180
デマ書き込むな氏ね

200 :131:2008/02/11(月) 21:43:28 ID:gHn8vy3P
個人輸入していたOptilink-3が昨日届いたので、ちょいレポートなどを。
まずは価格。200ドル+送料40ドル+関税消費税1100円。合計26000円程度?
到着までは、1週間ちょい。
視聴環境はPS3>>OL3>>SA-XR70>>>>KEFiQ7。XR70でiQ7をバイアンプ駆動。
感想は、まずは、解像度が非常に高いと思った。今まで聞こえてないような音が
聞こえてきた。あとは音が非常に立体的になった。特に低域。
今回はDVDプレーヤーをPS3に置き換え、同軸が使えなくなった為の変更なので
前回までの同軸(AQ VDM-1)接続と比較になるが、ほぼ遜色はないと思う。立体感は
明らかに勝っている。
Optilink-5との比較は出来ないので何とも言えないが、OL5のようにハイエンド同軸
に並ぶのは無理だが、そこそこの同軸には匹敵するのではないかと思う。
映像に例えると、OL5を1080PとするならOL3は1080iか720P程度じゃなかろうか?
(あくまで予測の例えだが)
結論:25000円と考えると、コストパフォーマンスはなかなかだと思う。

201 :200:2008/02/11(月) 21:47:44 ID:gHn8vy3P
なおPS3は、176.4kにアップサンプリング、ビットマップは「切」で使用。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/11(月) 21:58:55 ID:ky69jZhk
XR70に対してCP悪過ぎ
冬オナ白ベルデンとか使えよ

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/11(月) 22:13:34 ID:O+5+oVB1
>>199
デマではない、こんなブロック図のCDじゃ全然ダメ。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/11(月) 22:14:48 ID:z46z7T7/
>>200
レポートありがとん。

メインは同軸でも、光が必要な場面も出てくる。
そんな時に、Optilink-5やOptilink-3を使ってみたいね。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/12(火) 00:20:06 ID:fM87J5wS
>>203
同期型のバッファと非同期型のバッファを混同してない?
あの大雑把なブロック図だけで同期か非同期か分かるわけないでしょ
dc1.0は非同期と明記しているし実際にバッファ溢れが起こる

それとdc1.0はそれなりの代償を払っているんだから
高級トランスポートや高級ケーブルの意味がないからといって
あまり眼の敵にしないようにね

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/12(火) 12:25:16 ID:lv8Naswz
dc1.0のメモリーインジケーター見る限りバッファ溢れが起きてるようには
思えないんだが・・・ずーっと真ん中だし・・・トラポによるのかな?
あとケーブル変更でも変化はあったよ。DSIXだから変わって当然のような
気もするが。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/12(火) 20:08:37 ID:Xbnjao+P
dc1.0・・・なんで20年近く昔の発明(既にテクニクス権利が失効しているからパクったのだろう)を有り
難がっているのか。欠陥システムという事が判っているのに。
http://www.pluto.dti.ne.jp/~lusye/odio/tecni/sh_rp/sh_x1000.html
テクニクスのシステムはフェイルセーフも考慮して設計されているのに。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/12(火) 20:16:13 ID:5A1CYcC0
そんな旧式とは精度が違うのだよ

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/12(火) 20:53:57 ID:lv8Naswz
そういえばDAC64もメモリに貯めてるね。

ってそんな話はどうでもいいとして、e-squareのLUNE Pureteデジケ買ってみた。
サイトの説明によると同軸構造ではないみたいだけど・・・プラグ付近にコンデンサと
思われる突起があるな。音は取り合えず低域寄り。銀っぽくない音だなぁ・・・

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/12(火) 21:36:04 ID:XXwAjHCm
メモリに貯めるのはいいが音の延滞が起きるから好きじゃない

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 00:59:15 ID:rDXFXptc
>>210
CDもDVDもSACDもクロスインターリーブされているから、
それだけ延滞していますね。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 01:41:16 ID:bONsE1UD
そもそも標本化してるんだから時間は連続じゃねーだろが
アホンダラしかいねえのか
アナログレコードでも聴いてろ

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 01:51:27 ID:zjQyYRfh
DACなんてパーツだけみりゃ1万程度なのに需要が無いから10万もする

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 04:58:01 ID:YKdz9tjb
>>200

レポありがとうございました。
銭に余裕が出来たら、Opti3 も試してみたくなりました!



215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/14(木) 04:00:41 ID:yGgdToaM
>>200
131さん、差し支えなければ何処のお店で購入したのか教えて貰えませんか?

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 02:07:14 ID:WQKPA0S8
しばらく同軸で接続してたけどなんか音がつまったような印象だったので光に戻してみた

ほっとした、というのが第1印象
中国製のCDプレーヤーだったから電源が汚染されてたのかも知れんねw

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 15:06:18 ID:ZEATXh5c
?


218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/16(土) 21:57:23 ID:joZMjDx4
夏は2日に1回は必ず風呂はいるが、冬場は2週間ぐらい入らないよね

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/18(月) 10:51:08 ID:eU+X5+vY
ワイヤーワールドの同軸ケーブル、
ゴールドスターライトって良いの?

220 :200:2008/02/19(火) 22:08:36 ID:z5RO1DQm
>>215
遅くなりました。購入したのは、ググって出た「Acoustic Sounds」という店です。
私が購入した時は"In Stock"だったのですが、この前見たら"Back Order"に
なってましたので、在庫切れかもです。ググって出る他の店もみな同じ値段だった
ので、他で買ってもいいと思います。多くの店で海外発送してくれるようです。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/21(木) 18:44:48 ID:MTLWQExZ
>>220
おお!有り難うございます
早速ググって検討してみまッス

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/23(土) 00:17:09 ID:egol/0u9
>>207
>欠陥システムという事が判っているのに。

どのような欠陥なんでしょうか?

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/23(土) 03:56:50 ID:m2N1l5aD
同期型バッファと非同期型バッファを混同してる人がいたから
その人が書いたのかも知れんね

dc1.0のは非同期型で
入力データのクロックとは全く無関係にデータを取り出してるはず

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/23(土) 09:12:47 ID:BlhZQjJz
いや、勘違いなんかしてないよ。
そんな物は前世紀の技術(しかもテクニクスオリジナルより劣化したシステム)だし。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/23(土) 12:08:51 ID:iaG6liNB




226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/23(土) 12:27:31 ID:puQSD2e6
バッファからDACのクロックでPCM



227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/23(土) 12:31:46 ID:6LqkXXeD
バッファからDACのクロックでPCM信号を作り直す技術ということは、
搭載されたクロックの精度と、リクロックの精度で、ジッタの大小が変わるということですね。
クロックの質が良くならないと、生きてこない技術のようですが。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/23(土) 16:55:03 ID:YTi+GpVy
テクニクス出品者乙

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/23(土) 17:44:53 ID:WaqcMzzq
>クロックの質が良くならないと、生きてこない技術
そんなモン当たり前。だけど、クロックを使うのは最終的にDACそのものだから、
DAC近傍にクロックを置かないとノイズでジッタが悪化する。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 09:23:21 ID:lNFa6GiA
http://www.ednjapan.com/issue/2007/09/u3eqp30000014srb.html
> 上で示した結果から、光接続時のクロックの質は、同軸接続時のそれに比べて
> 明らかに劣ることが分かる。この結果は、光伝送路(電気‐光/光‐電気の変換器を含む)
> において、大きなジッターが付加されることを示している。

この差をケーブルでリカバリできるとは考えにくい。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 11:19:07 ID:DCXghH0T
科学的にプラシーボ効果が確認されている以上、お布施を10万円以上すると
フラシーボによる補正で同軸よりも優れた光ケーブルになります。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 11:26:25 ID:GMLFYP9Q
個人宅でセシウムクロックとかルビジウムクロックを用意するのは流石に難しい。
解決案としては
・電波時計用の電波をマスタにする
・NTPサーバをマスタにする
・放送局(NHK) とかの電波をマスタにする
・GPSの電波をマスタにする
が考えられるが、これに挑戦しようというオーディオメーカは無いものだろうか・・・
自作でもいいんだけど。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 15:47:42 ID:5cpjzwOz
>>232
クロックには、絶対精度と相対精度があって、オーディオ用には絶対精度より相対精度のほうが重要
まあ一般的には絶対精度が優れているのは相対精度も優れている場合が多いけど

電波時計用のクロックを使うのはどこかのガレージメーカーが作ってたが使ったこと無いからしらん
NTPは、内蔵クロックを校正するだけなので、結局クリスタル等の機器内蔵クロックなのでオーディオ用には無関係
放送局の電波をマスタにするのは、通常の地デジチューナーや衛星チューナーでやってるな

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 19:25:19 ID:cXwDSiuf
光は音に力強さが無いから嫌い

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 21:04:09 ID:YRe7OBkt
>>233
>オーディオ用には絶対精度より相対精度のほうが重要

セラロックを採用したセット屋さん乙!


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 22:14:12 ID:TzKHD31/
セラロックには迷惑してるだよ
dc1.0で最後まで再生できないCDがあるってどんな周波数偏差だよorz

AMEは十分に使えるというのに…

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 22:15:40 ID:LjINaWHK
>>230
何だこの記事wwwwwwwwww
信号自体に差があるのは当たり前じゃねえか。無いわけが無い。
で、誰かが開発した9なんたらかんたらっていう
インタフェースだとアナログには差が出ないんだろ?

結局差は出ないんじゃねーかwwwwwwwwwwwwww
A社のが欠陥なんだろーがクソwwwwwwww

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 22:40:15 ID:bYbpZu5u
ケーブルで、しかもデジタルで音が変わるとは思われませんが、
物は試し的にオーディオクエストのVDM-1を買ってみました。
今まで使っていたのは、ベルデンの1506Aです。

聴きなれた曲を聴いてみました。ん・んー?
このギターはユニゾンだったのか・・・
ここにコーラスが入っていたのか!
ボーカルの表情が良く判るなー。
なんか聴いていて楽しいぞ。

ケーブルで、しかもデジタルで全然違うじゃないか!
なんてこったー!

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 00:34:22 ID:0q8t0piW
>>233 >>234
これ。
http://www.ippinkan.com/infranoise_CRV-555_ABS-7777_ABS-9999.htm

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 06:57:51 ID:Tz3K1ck9
>>237
DIR9001は2006年12月の製品だし、どうしてA社のような製品が広く出回っているせいで
「同軸の方が音がいい」というのが定評になっているとは思えないんだろう…

光ケーブルが売れないと困る人か、光ケーブルに高い金を出しちゃったんで
無理にでもいい方に解釈して安心したい、という人かな。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 11:06:44 ID:3yiNpnNe
>>239
をを、既に電波時計を利用したクロックシステムはあるんだねぇ。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 12:10:11 ID:ApkMO/Ka
>>240
プラファイバの光で使ってるけど、某記事のようにSNRとか一切悪化しませんから
ご心配なくw

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 14:06:21 ID:m6Bl9hCE
理解できてない人がここに一人。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 14:45:22 ID:ApkMO/Ka
理解するも何も記事の信憑性が問題だっての
伝送波形は出すのにDA後の波形が出てこねえし

今までは欠陥商品が当たり前だったから光伝送で音が悪い
っていう定説を上手く使ってるだけだろうがw
アホじゃねーの

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 14:46:29 ID:/j+jQAY4
やっぱりわかってない。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 14:53:04 ID:ApkMO/Ka
そりゃ残念でした
メタルケーブルは音がいい ということにしないと商売が続かない人ですねw

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 15:50:57 ID:7FlyIGmH
DA後の波形を出されてもなぁ。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 16:01:38 ID:pvYC5JvD
>>244
伝送波形なんか、どこにも出てない。
「競合他社の製品よりも我が社の新製品の方が、クロック品質が良い」という主張だから、
再生されたクロックのスペクトラムしか出てこなくても当然。

「ジッタを測れ」という批判もあるだろうけど、計測限界以下の差しかないから言っても無駄。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 21:34:55 ID:ApkMO/Ka
伝送信号のスペクトルね。
突っ込まれると思ったけど面倒だから書かなかったw

A社のDA後の測定値をネタにして記事を書くなら、そのデータについても詳しく書いておけということ。
書けないデータなら文章にするなっての。ま、所詮広告だし。つーか、A社のジッタ酷すぎw


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 13:29:03 ID:nLIlgLTW
素人には何を言い合ってるのかよくわからん。誰か解説してくれ。

>A社のDA後の測定値をネタにして記事を書くなら、そのデータについても詳しく書いておけということ。
アナログ出力に関してはAudio Precision社の測定器だかなんだかを信頼してるということで、これでいいんじゃないの?
「詳しく」というのは、具体的にはどういうデータがあれば良いわけ?

A社のDIRがどういう素性のものかよく分からないということなのかもしれないが、
この記事は、DIRの性能がオーディオ性能に影響を与えることがあるのを示して、
その原因をクロックのジッタに関連付けようとしているだけだから、別にいいんじゃないの?
消費者としてはA社みたいな製品が世の中でどれ位使われているかを知りたいというのはあるけど。

「周波数領域ではその差が見てとれる」といいつつ定量評価に結びついていないとか、
そもそもサンプルが少なすぎるとか、DIR9001の開発中にこの測定環境にあわせて調整したりしてないのかとか、
いろいろ問題はあるのかもしれないが、
>wwwwwwwwwwwwww
>アホじゃねーの
とかいうようなものでもないように見えるが…?

世の中には粗悪なDIRがあること、
きちんと作れば(DIR的には)光と同軸で大きな差は無いこと、
でもその場合でもどちらか選べるなら同軸使っといたほうがいいかもしれないこと、
などは読み取れるから、消費者的に言っても全然役に立たないわけではないと思う。

あと、
>伝送信号のスペクトルね。
信号から復元されたクロックのスペクトルだよね?まあ別にいいけど、わざわざ訂正するくらいならちゃんと書こうよ。
それとも
>信号自体に差があるのは当たり前じゃねえか
と言っているということはほんとに誤解していたのかな?
それなら確かに「アホ」に見えるけど。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 19:26:25 ID:cUvrph4r
http://www.phileweb.com/news/audio/200803/07/7817.html

“従来の光デジタル伝送の音質と一線を画す、
鋭い切れ込みのアタック感、立体的な音像、
フォーカスの合ったサウンドが得られる”という。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 19:30:52 ID:jhIKdKET
”鋭い切れ込みのアタック感、立体的な音像、フォーカスの合ったサウンドが得られる”
って適当だなぁ。そう言えば買うと思ってやがる。
でも精神衛生状いいかも。買うかも。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 12:33:44 ID:9/582hdS
線材に何を使っているのか記載していないのが気になる
価格や細いケーブル外径という点からプラファイバーかと予想

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 01:28:36 ID:zXSEsohv
正解!

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 02:34:59 ID:3zXu1QtO
どこで訊けばいいのか分からないんでここで訊いてみます
PCをトランスポートにするときに音が好いのはどこのハードディスクなんでしょうか?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 02:41:21 ID:3zXu1QtO
あ、もうひとつ
SATAとPATAのどちらの方が音が好いのかも知りたいです

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 09:33:32 ID:HcB8uQ3X
同軸は知らんですが、光は1bitの欠けも無く伝送します。距離によって光は減衰しても、
光量で計ってるわけじゃなからね。光の点滅を0と1の信号に使ってるだけです。
スレッショルレベルを下回らなければいいだけです。これ以上ないほどに完璧です。
それを「光は音が軽くて力が無い」と・・・・。それは「光」そのものに対するイメージじゃないですか?
言わずもがなですが、デジタル伝送で音が変わることはないですからね。
もちろん物によって音が違うなんてことも当然ないです。逆にどうしたら変わるのか知りたいです。
電気->光、光->電気変換でも情報の欠落は基本的に一切ないのでご安心を。ほんと笑っちゃうほど完璧です。
そこらのポータブルプレーヤーレベルでこの仕事です。これ以上の伝送手段はないです、はい。
おまけに導線じゃないので機器間での電気的なノイズも遮断できて一石二鳥じゃないですか。
だから間違いなく光ですね。というか、光が完璧でこれ以上が無いってだけですが。
同軸も光のように完全無欠であるんなら、どっちでも変わらないってことになりますね。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 10:56:57 ID:OR9yF9AT
>>256
変わらんと思うが。むしろ変わる理由が知りたい。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 11:05:43 ID:uC+tlbOW
デジタルはデジタルだろう。
欠損が無い限りどんなに工程が増えても同じだと思う。
距離が際限なく伸びるなら光の方が有利だろうな。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 11:35:46 ID:pl3ac7PN
>>257
ところがそれでもジッタが起こるとか言い出すバカが後を絶たない

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 11:50:20 ID:8IHy3eZ4
デジタルをアナログ的に評価するのは基礎知識の欠如による。
デジタルは「有無」さえ判別できれば十分なのに
配線が長いと情報が減るとか意味不明。


262 :親切なお兄さん:2008/03/11(火) 12:33:32 ID:yqMiS7Xh
>257と260

あのぉ....

掲示板は匿名とはいえ、みんながみてるからさぁ、データ伝送とクロック抽出の仕組みを知らないのにバカとか言わない方がいいと思いまつヨ(笑)

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 13:15:04 ID:pl3ac7PN
>>262
何より未だにまつとか言ってるバカに用はない

264 :バカに用はない親切なお兄さん:2008/03/11(火) 13:52:53 ID:yqMiS7Xh
S/PDIFのクロック抽出をデータ欠落的?に評価するのは基礎知識の欠如によるのでつヨ(笑)

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 14:46:16 ID:pl3ac7PN
>>264
さてその生成されたクロックが素材や経路長によって揺らぐのならその理屈は

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 16:14:22 ID:HcB8uQ3X
ここ最近ジッタージッターとよく言いますけど、「デジタルでも音が変わるんだ!」という理論的根拠に
基づかないトンデモ理論を正当化するためにジッターを祭り上げているように思えてしかたないですね。
1bitの欠けもなく機器間で伝送できているというのは、決してデジタルケーブルの入り口と出口で
計測した結果ではなく、プレーヤーが出力したオリジナルのデータと、ケーブル伝送後の機器が出力した
データを比較してのことです。つまりジッターは確かに存在はしているけども、隣接しあう信号に干渉して
元データを書き換えてしまうほどの変化やノイズは発生していないということです。
レコードのワウフラッターの方が時間軸的には数倍歪んでますよ。それでもジッターを感じることができますか?

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 17:09:26 ID:sn3/OOsC
思い込みスレで聞いてしまった、マルチポストごめん。
>文系の駄耳自慢ではないが光と同軸の違いなら俺でも分かる。
>SBのデジタル端子のあるカードに安い光と同軸を買って試した>ら
>光は打楽器のエッジがなまってフニャけるが同軸はクッキリと力強く鳴る。
>それで同軸専門にしていたが最近この音も濁ってきた。
>原因を探すと光端子の四角いキャップが無くなっていたので
>まさかと思ったがガムテープを張ってみたら復活した。錯覚ではない。
>ブラインドで女房に貼ったり外したりさせても1分も聞けば当てられる。
理由は分からないが光端子って外部ノイズを拾うのか?

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 17:32:38 ID:bJqPWOpn
>>267
端子のキャップはゴミ防止用ででなく外部光防止用。
敏感な人なら外部光のノイズを感じるかもしれない。
音の悪さはPCの裏から安物ケーブルをぐにゃぐにゃ曲げて引き出すから。
光は曲げるな、折るな、コア端子のピカピカ鏡面の高級品を使え。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 17:37:13 ID:47qeM5JV
ヒント:SB >>267

昔 5/8チップっていうのがあったよなー

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 17:44:26 ID:JZmE5UPw
振幅はデジタルでも、時間軸がアナログ、なのがSPDIFなんだからジッタは音に多大な影響がある。
上の勘違いカキコは、振幅しか頭に無いからおきてしまう。


271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 18:08:28 ID:OR9yF9AT
全然関係ないかもでゴメン。先に謝っておくw

ウチに光回線入れたとき、光ファイバーを繋ぐとき、メチャメチャ丹念に
断面を拭いて繋いでた。これはなんなんだろうか?むー。

ちなみに光だとジッターとか同軸だと力強いとか、そんな事は思ってない。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 18:09:17 ID:EuL50bVY
ケーブルの種類によって、ジッタが変わっちゃう訳?


273 :親切なお兄さん:2008/03/11(火) 21:21:28 ID:yqMiS7Xh
まず、基礎を学んでね。

伝送ケーブル一本のS/PDIFでは、データと共にクロック信号を送っていまつ。

データは量子化語長24bit迄の音楽符号のほか、コピーが云々とかの付帯的な情報も送ってまつ。

んでね。
上記の音楽データを貰ったり、その音楽データを44.1kHzとか48kHz間隔で並べるための「同期用信号」も送られてまつ。

だから、ばかなあんちゃんは、振幅情報のための24bit符号さえ欠落.改竄されずに受信しさえすれば元のアナログ波形になると思い込んでいるところが哀れでつ。
アナログ波形なんでしゅから、振幅データがキチンとした等間隔で並べば補間によってゆがみのないアナログ波形に戻るんでつ。

さて、ここ迄が復習。

ここが判れば、同期用信号が音楽データの直後に送られていることによる同期用信号波形が変調されて、PLLで抽出したクロック裾野に音楽成分が重畳してしまう現象を説明してあげまつね。

ね。ばかなお兄さんは、伝送ケーブル一本でデジタルデータとクロック抽出用波形が送られている、という仕組みは解ったでつか?

274 :むーぱぱ:2008/03/11(火) 21:36:49 ID:h/fwLbv6
てちゃーぬしゃんおひさしぶりだっしゅ(^^)。

275 :むーぱぱ:2008/03/11(火) 21:37:17 ID:h/fwLbv6
いつのまに退院したんだしゅか?(^^)。

276 :むーぱぱ:2008/03/11(火) 21:39:05 ID:h/fwLbv6
てゆっかあったかくなるとてちゃーぬが沸いて来るんだったぴょん<(^^)。

277 :むーぱぱ:2008/03/11(火) 21:39:26 ID:h/fwLbv6
でぁでぁ〜〜(^^)/~~~。

278 :むーぱぱ(本名むーばか) :2008/03/11(火) 22:11:21 ID:0lCGyLky
僕はイツマデ経っても精神病院から退院できないだっしゅ

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 22:12:53 ID:QUGf5bSP
>>271
通信業界じゃ普通のこと。気にしないでいいよ。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 22:49:39 ID:JjxYg2Uo
デノンのてちゃーんか?
低脳で有名な。。。。。。

281 :むーぱぱ:2008/03/11(火) 22:54:21 ID:h/fwLbv6
そのとおりだっしゅ(^^)。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 23:27:23 ID:qE9FrQcd
>>273
>伝送ケーブル一本でデジタルデータとクロック抽出用波形が送られている、という仕組みは解ったでつか?

はい、ケーブルゼロ本の地デジで絵が出るはずが無いことも理解できました。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 02:00:37 ID:dhgWgh+B
予告。>>273は最後まで「ではなぜジッタが発生しうるか」について理論的説明ができない

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 02:16:28 ID:Jkkhh9jq
そもそも、「同期用信号が音楽データの直後に送られている」と書いている時点ですでに間違ってるし。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 02:30:31 ID:dQvg5GsD
>>283
そんなの技術者でも説明できるやつなんて一握りだろ。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 03:19:03 ID:Jkkhh9jq
SPDIFで送られる信号がどういうものであるかは、これを読めば解る。
ttp://www.cirrus.com/jp/pubs/appNote/an22.pdf

ジッターが生じる原因については、これが解りやすい。
ttp://www.ne.jp/asahi/shiga/home/MyRoom/Jitter.pdf

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 12:36:15 ID:T1k7EM0K
光ケーブルによって差は絶対出るんだけどさ、それはよっぽど出来が悪くて
光が乱反射するとかでしょ
日本でそんなもん売ってるのかね。もしかしたら、技術的にはそれが限界で
乱反射しまくりが普通で高いケーブルはそれを押さえてあるってならわかるが

でも、それじゃぁアメリカから日本まで光で通信できないよなぁ…

受け側のクロック精度は大事だけどね。送り側が44.1kで送ってて受け側が44.0k
で再生してたらバッファは溢れる(あれば)し、音程は変わるし

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 13:36:28 ID:PWIAdzhJ
迷走光が信号光に干渉してジッタが発生するんだってさ


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 23:29:10 ID:I8xnVzNT
>>286
はいはい、SPDIF経由で無制限クローニングが可能なのが現実だからね。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 01:26:08 ID:CVy2UcSH
♪ジッタ、ジッタ、シュッポ、シュッポ

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 01:43:49 ID:Xec8Ycbh
乱反射でジッタって…
光が最大限に乱反射したと仮定して、それでジッタが揺らぐとしてだ、
その振幅が可聴域内に収まると思ってるのかね?
めでたい。めでたすぎる。どんだけ遅いんだ光。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 01:49:42 ID:YyJuq0jA
定性的な面だけで語っちゃうからオーディオ界は

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 02:36:01 ID:Ln3Bk7Ss
定性的に語れるのは、一部の(良質な)オーディオ・オタ。
思い込みだけで語るのが、大部分のオーディオ・オタ。
セット・メーカは、それに迎合した製品を作って、裏付けのない宣伝文句で売ってる。

デバイス・ベンダは、ちゃんと定量的なデータを元にして宣伝している。
(これは、宣伝する対象がセットメーカの技術者だからこそ有効なんだろう)

製品のカタログは意味不明だけど、デバイスのデータシートは明確だというの良くある話。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 04:56:35 ID:r5kDRGD8
今時は技術者も広報とつるんでるんだぜ?w

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 06:35:07 ID:QVr0NsiW
いっそのことSPDIFからアナログクロック情報は流さない仕様にアップグレードしたらいい。
デコードタイミングは受けた側で勝手にやってくれで良いはず。
安物プレーヤでもCD一枚丸ごとブァッファリングするぐらい簡単だろうから。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 08:17:41 ID:CVy2UcSH
別に技術者だからまともとも限らないしな。
むしろ工学博士とかにトンデモ理論な人が多い印象がある。
理系のなかで本当のエリートになりきれなかった人が行く掃き溜めみたいなところがあるからね。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 09:07:02 ID:TftPmrMU
SPDIFからアナログクロック情報が無くなる仕様になれば、高級トラポメーカが困るだろな。
昨日の高級品は今日のジャンク。
このスレもアボーン。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 15:08:19 ID:CVy2UcSH
別に新しい屁理屈をくっつけて売り続けるだけの話でしょ。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 15:28:09 ID:Xec8Ycbh
屁理屈さえあれば買うバカは必ずいるからな

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 16:47:24 ID:/FJKXUmB
光が乱反射するたってその乱反射すら光速なわけだからね。ちゃんと届きますわ。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 18:05:01 ID:FxFR5jPL
そんなことより、俺のハゲ乱反射が問題なんだよ。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 18:19:54 ID:gLD6uy0k
>>301
俺たちの旅の 中村某に相談してみな 解決するかも?


303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 18:44:40 ID:FxFR5jPL
>>302
ポスカで緑か黒に塗ってくれるのか?
プレイヤーに頭近づけるとすぐ読み取りエラーになって困るんだ。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 23:06:33 ID:mW38wcO+
>>295, >>297

既にDACはSPDIFのアナログクロックを無視していますが何か?

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/14(金) 00:05:19 ID:yiEN0MmB
俺もアナログクロックはぜんぜん見ないな。
壁掛け時計はデカ文字のデジタルに限る。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/14(金) 01:05:05 ID:MleBixD8
>>295
>>297
クロック情報をデータに重畳しておかないと、ビットの区切りがわからないので、そもそもデータを取り出せない。


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/14(金) 02:42:00 ID:X/KXwf2w
IEEE1394の仕様書を読め

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/14(金) 19:10:17 ID:YVDvL/fZ
IEEE1394による双方向通信のほかにも、ワードシンクとかもあるし
S/PDIFオンリーの高級トラポなんて少ないんじゃねえか?

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/14(金) 19:29:49 ID:5KcoiLpQ
・iPodとのデジタル接続に注目
ttp://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080313/avt022.htm
両社とも最大160GBという大容量ストレージを内蔵するiPodにロスレス圧縮あるいはWAV形式
でCDデータを録音し、高品質の音楽サーバーとして使おうというコンセプトだ。

実際にLX90の最終試作で自宅試聴をしたのだが、第5世代iPod(80GB)にApple Losslessで録音
した場合よりも、高品質のCDプレーヤーから同軸ケーブルでデジタル入力した音の方が優勢と
は感じた。しかし、決して大きく劣るものではない。

さらに試しに……と、16GBフラッシュメモリのiPod touchで同じ曲を再生してみると、CDプレー
ヤーの音と甲乙付けがたい音が出てきた。音場の豊かさや陰影の深さはCDプレーヤー時よりも後
退するものの、見通しの良さや情報量、中高域のクリアな質感はむしろiPod touchの方が上回っ
ていると感じるほど。

自宅試聴の間、何人かのオーディオ好きに聴かせてみたが、皆、一様に驚いた様子だった。もっ
とも、我が家で試聴した人が一番驚いていたのは、iPodの種類による音質差が存外に大きいこと
だった。常にサーボを効かせながら信号を読んでいるCDとの比較で良くなる可能あるというのは
想像していたが、HDDとフラッシュメモリで、おそらくノイズの問題だろうが、差がここまであ
るとは想像していなかった。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/14(金) 23:24:27 ID:H6NpsEPn
>>307
誤差が大きいセラロックを使用しているトラポを救済する仕様書だな。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 00:28:03 ID:9JKwNbPO
>>309
> 我が家で試聴した人が一番驚いていたのは、iPodの種類による音質差が存外に大きいこと
> だった。常にサーボを効かせながら信号を読んでいるCDとの比較で良くなる可能あるというのは
> 想像していたが、HDDとフラッシュメモリで、おそらくノイズの問題だろうが、差がここまであ
> るとは想像していなかった。
ブラインドテストでもないし、なんかうさんくせえな、相変わらず。

312 :親切なお兄さん:2008/03/16(日) 07:12:50 ID:w4xI935a
21世紀になってもS/PDIFのタイミング信号の仕組みを知らない、ばかなお兄さんたちへ。

お兄さんたちには、1992年頃、何してましたか?
当時、小学校6年生だった親切なお兄さんであるぼくは、ケンブリッジのクリス・ダンさんとマルコム・オマー・フォークスフォードさんが書いたAESのプリプリント(3360)を読んで、ファンレターを出したんでしゅ。

いろいろヤリトリがあって、小学生の僕はクロックをSTリンクで送り返すデータ伝送システムを発案したぴょん。

これはワードシンクぢゃなくて、水晶発振回路から16.93440MHzを光ファイバーケーブルで送ったの。

ところで・・・・・・

約2.8MHzのアナログ信号波形を、いろいろな同軸ケーブルで伝送してオシロスコープで見ると、どんな同軸ケーブルでも波形は同じだと思い込んでるんぢゃないの?

いくらばかなお兄さんでも、そんなバカな人は居ないでしゅか?

でも、あれほど説明してもらったのに、いまだにプリアンブルというクロック抽出用波形の存在を知らないで、データ伝送と近藤勇しゃんも居るでしょ?

そんでもって究極のおばかさんは、プリアンブルが送られているのはデータ直後ではない、と言ってる(笑)

313 :親切なお兄さん:2008/03/16(日) 07:23:30 ID:w4xI935a
306のお兄さんへ

データに「重畳」してるの?
プリアンブルって知ってまつか?

314 :むーぱぱ:2008/03/16(日) 07:35:02 ID:G4Qm3Mwk
てちゃーぬしゃんおはようだっしゅ(^^)。

315 :むーぱぱ:2008/03/16(日) 07:36:07 ID:G4Qm3Mwk
まだデノンの子会社にいるんだしゅか?(^^)。

316 :むーぱぱ:2008/03/16(日) 07:36:42 ID:G4Qm3Mwk
すごい発明したと自称するわりにはしょぼい末路だぴょん(^^)。

317 :むーぱぱ:2008/03/16(日) 07:37:42 ID:G4Qm3Mwk
でぁでぁ〜〜(^^)/~~~。

318 :306:2008/03/16(日) 08:10:49 ID:bja8JGPN
>>313
バイフェーズ・エンコーディングだから、すべてのビットにクロック情報が載っている。
プリアンブルは、ワード同期(SPDIF用語ではフレーム同期か)を取るためのしるし。


319 :親切なお兄さん:2008/03/16(日) 09:39:51 ID:w4xI935a
318のばかなお兄さんへ

プリアンブルは、同期を取るためのしるし、と言っておきながら、書いてあることが解っていないところが痛々しいでつね。

プリアンブル部もバイフェーズマーク変調されていると思い込んでいるところが赤っ恥。

2ちゃんねるは匿名で良かったでつね(笑)

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 09:40:47 ID:HKGg7QJ2
このスレ的にはoptilink-Aはどうなの?
やっすいけど

321 :親切なお兄さん:2008/03/16(日) 09:48:06 ID:w4xI935a
てちゃーぬしゃんって誰?だから、その人の現在の勤務先は知らないでつ。

でも、STでクロックを送信するのを発案した人は、デノンの親会社に居ますね。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 10:59:29 ID:UhGf+XcD
>>312>>319
>S/PDIFのタイミング信号
はい、D/Aコンバージョンのクロックは、S/PDIFのタイミング信号
を使わずに、D/Aコンバータ自身のクロックを使います。

323 : :2008/03/16(日) 11:16:03 ID:SxREI6/+
D/Aコンバータ自身のクロックBCKは、何処から引いてきたの?
デジフィル? だとすると、そのBCKは何処から引いてきたの?
DIR−ICの近くにある水晶? だとすると、そのDIRは何?

YM3623B? DIR9001? CS8412(6)?

324 : :2008/03/16(日) 11:17:28 ID:SxREI6/+
これ。意味不明です。

>バイフェーズ・エンコーディングだから、すべてのビットにクロック情報が載っている。

325 : :2008/03/16(日) 11:27:57 ID:SxREI6/+
>319 親切なお兄さん
 
 ケーブル一本であるS/PDIFでは、サブフレームは32bitのCellが一塊になって送られて来る訳ですが、SYNCの4bitは先頭で、その後に24bitAUDIODATA、そして最後に
VUCPの付帯情報が4bit伝送されるんじゃありませんか?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 12:04:51 ID:UhGf+XcD
実際はケーブル一本であるS/PDIFでも、無制限にクローニングが可能なんだがな。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 07:31:10 ID:LFs4WbyT
そりは振幅データだけだろ。
アナログクロック情報までクローニングは無理ではないか。
アナログの無制限クローニング出来るならデジタルなんんか要らないってww

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 10:51:38 ID:3KwW6ILm
キチガイか?コイツは

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 15:14:59 ID:cdi+q8Gl
振幅と時間の両方そろって音になるのになあww
その内、時間軸は現状アナログデータ。
これがSPDIF最大の欠点ww

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 15:47:16 ID:YkS6qFYk
時間軸はデータじゃないよ
プロトコルに従ってるだけ

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 16:22:22 ID:3KwW6ILm
時間軸はアナログデータとか意味不明なことを書いてるヤツは
いったん氏ねば理解出来るかもしれないよ。
デジタルに連続した時間など無い。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 16:40:25 ID:cdi+q8Gl
それならなんで高級トラポなんかあるんだよ。
デジタルだけなら千円のCDPでも完璧にOK。
このスレも不要ww

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 16:56:29 ID:/nIz3+y1
少なくとも高額な光ケーブルの科学的存在意義は一度たりとも立証されてないんだが

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 17:13:35 ID:ejwlIccK
>>332
> それならなんで高級トラポなんかあるんだよ。

製品があるから、必要性がある証拠になる、なんて考えるじょうじゃ、オーディオオカルト道の
深さが分かってない証拠だろ。馬鹿。


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 17:35:59 ID:YkS6qFYk
売れるから作るんだろ

時速200km出る車が売ってるのと一緒

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 17:39:31 ID:+3NpNISY
じゃ千円CDPのデジタル出力と、ン十マソのトラポのデータは全くの一緒とでもww

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 17:40:28 ID:/nIz3+y1
その車で200km/hは実際に出るが
そのケーブルで、トラポで良い音が実際に出るかどうかは永遠の謎

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 17:54:05 ID:UwVD5qEm
千円CDPからのデジタル出力と高級トラポのデジタルデータは全く同じ。
元のCDが同じなんだから。
CD円板に回転ムラがあっても出てくるデータは一緒www
出力タイミングを合わすクリスタル発振器がぶれてもデータは一緒www
ケーブルにノイズが乗ってもデータは一緒www

素晴らしいじゃないの。そんなトンでもな夢が醒めたらオカルトだったwww


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 18:20:47 ID:4Lu82w5Z
>デジタルに連続した時間など無い。
デジタルと次のデジタルの時間が無限の数値で表せるからアナログ量ねwww

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 18:26:46 ID:wGbUhp/T
データそのものはデジタルなので
PC用の安いドライブでも高級トランスポートでも同じ
時間軸はアナログなので
送られてくる信号に差は生じるかもしれない

でも「一定間隔」ということが分かっているのだから
DAC側で一定間隔にしてしまえば全く差はないことになる

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 18:27:28 ID:4Lu82w5Z
そのアナログ量が”音そのもの”なんだから。
規格を変えれば良いんだが、古い規格なんだからしょうがない。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 18:30:26 ID:4Lu82w5Z
>「一定間隔」ということが分かっているのだから
それを逝っちゃお終いだよ。
エソが潰れるwww

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 18:32:04 ID:ejwlIccK
そういう変な製品作るヨーロッパとかの「高級機メーカー」って、ものづくりではもう勝てないから、極端に単価の高い
ヘンな製品作って半分詐欺みたいな商売するしか生き残る道ないんでしょ。
マスプロダクトとしては日本製には絶対勝てないし。
まあ、だまされている奴は気の毒だよな。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 18:41:09 ID:SRFjt55A
まあ、みんな騙されているんだけどな。
それはそうと、デジタルケーブル変えるより受けのDACのクリスタルの制振を
したほうが音が良くなるよ。
DAC基板にのったクリスタルを放ったらかしていては、頭かくして尻隠さず。
コードのようにソリッドアルミのくり抜き筐体ってのも見識だね。


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 19:55:50 ID:A+C5CkK8
クリスタルなんか振動にとっても弱く、影響される。
基板は音を拾うし、その上にあるクリスタルも振動を拾う。
このクリスタルの振動での揺らぎもアナログだからたちが悪い。
クロックは厳密に規定出来ても、何処からそのクロックをもって来てもやっぱりアナログなんだな。
標準時電波からもって来る馬鹿もいるけど。
これは神様にお願いするしかない。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 21:11:52 ID:3KwW6ILm
>>339
何回コピーしても恐らくデータは変わらんぞ。
お前、コピーしたらジッターがそのままコピーされるとでも思ってんのか。
トンだボケネタだな。寒すぎて全く笑えない。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 22:08:32 ID:ToqqoDz2
>>332
ムンドを見れば分かる

詐欺

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 22:45:28 ID:yPlq9xkZ
>>312
>約2.8MHzのアナログ信号波形を、いろいろな同軸ケーブルで伝送してオシロスコープで見ると、どんな同軸ケーブルでも波形は同じだと思い込んでるんぢゃないの?

そういうお前はSPDIFとして売られている数メータの同軸ケーブルの
約2.8MHzのアナログ信号波形を見たことがあるのか?

答えは聞くだけ無駄だから先に書いておこう。
>ケンブリッジのクリス・ダンさんとマルコム・オマー・フォークスフォード
>さんが書いたAESのプリプリント(3360)

で見たというのだろう。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 22:50:22 ID:yPlq9xkZ
だが、その波形はSPDIFとして売られている数メータの同軸ケーブルを実測したものではなく、
同軸ケーブルを長く伸ばした場合の等価回路とやらで測定したものだ。
しかもその等価回路は同軸ケーブルのものではなく、シールド線のものでしかない。
つまり、同軸ケーブルの等価回路さえ知らないレベルの人間だということである。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 22:58:19 ID:yPlq9xkZ
>ところで・・・・・・
>約2.8MHzのアナログ信号波形を、。。。
家庭用同軸ビデオケーブルとまったく同じSPDIFケーブルで
オシロで目に見えて波形が違ったら、3.58MHzのカラー信号の波形が異なり、
色ずれとかのクレームの山になっているだろう。

351 :むーぱぱ:2008/03/17(月) 23:01:35 ID:R9rnUiCv
ヤパーリてちゃーぬはアホだっしゅ(^^)。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 23:14:20 ID:yPlq9xkZ
何か似ているな。

@相対論は間違っている。アインシュタイン一人の妄想に過ぎない。
ASPDIFは糞規格。SとPが押し付けただけ。

実際は、
@相対論はそれまでの光学(電磁気学)観測事実を基に、この世はリーマンの
非ユークリッド幾何が成り立つ空間であることを、アインシュタインが真っ先に
に見抜いただけ、

ASPDIFはそれまでにカラーホームビデオで実用化されていた部品や手法を基に、
SとPが信号フォーマットを決めただけ。

SPDIFをけなすことは、SやPをけなすことではなく、カラーホームビデオ用
同軸ケーブルのメーカをけなすことである。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 23:19:17 ID:WPKRGf3I
理屈なんてどうでもいいじゃないか
いい音に「聴こえた」奴はそれを信じればいい。
音に影響するはずがないと思ってるならそれを信じればいい。

オレは圧倒的に後者の意見に賛成だが
無駄な投資と思えるものも、そこから新しい何かが生まれる事もある。
ジッタにうるさい人が増えれば半導体会社はジッタに強いICを作る。
あらゆる研究がなされ、新たな伝送方式が生まれるきっかけにもなる。
それはむしろ歓迎できることだ。

ピュアオーディオなんて限りないオーバースペックをむさぼる趣味だろ?

354 :むーぱぱ:2008/03/17(月) 23:29:21 ID:R9rnUiCv
そうでもないだっしゅ(^^)。

355 :むーぱぱ:2008/03/17(月) 23:30:06 ID:R9rnUiCv
限りないアンダースペックをマターリ楽しむ人もいるんだぴょん(^^)。

356 :むーぱぱ:2008/03/17(月) 23:31:19 ID:R9rnUiCv
真(ry とか長(ry とかバ(ry とかタ(ry とか(^^)。(ry

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 23:31:58 ID:iX39Tu7Q
>>344
DAC基板のクリスタルって、DAIレシーバに供給するクロックのことか?
あればSPDIF入力がない(PLLがロックできない)場合に使うものなんで、
ちゃんと信号を再生している時には何の役にも立ってないんだが。

唯一の例外はDIR1703だと思うが、アレはSpact回路なんで、水晶の精度は最終的なジッタに関係ない。



358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 23:39:33 ID:yPlq9xkZ
>>353
>理屈なんてどうでもいいじゃないか

でもジッタという理屈にこだわっているのだろう。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 23:45:11 ID:wGbUhp/T
>>357
「PLLを完全に排除した」というDACもあるよ

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 02:48:47 ID:x7EiVO8G
デジタルは音かわらん。そこいらのポータブルプレーヤーでもデジタル出力さえありゃ
完璧な仕事をする。ってなことを入ったら「ネタ?」「キチガイ?」と言われたもんだが、
時代もかわったもんだ。ようやくアナログ思考から抜け出し、デジタルたるをわかってきたね、
コアなオーヲタたちも。。。。なんつーか、寂しいもんだね、現実ってのは。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 06:28:44 ID:2PwPmnsj
>PLLを完全に排除した」というDACもあるよ
それの、ロックをON/OFF出来るやつで、切り替えて聞いてみるとSPDIFの酷さが直ぐ
分かるよ。 一聴瞭然ってこと。

音は、ジッタと振幅精度の両方で語られるべきで、両方満足させることが出来ればOK。
振幅は不必要に精度が良いけど、ジッタはマダマダwww


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 06:56:28 ID:9ltj8QS1
>>360
そんな優秀なDACは何処にある?
売ってる機種を逝ってくれ。
藻前は現実と願望を一緒にしてないかww

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 12:18:19 ID:hA861ZIB
>>360
いやいや現実をよく見ろよ。
このバカどもまだ全然わかってないぞw

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 12:30:27 ID:cQuG87HO
現実はジッタに汚されて正確なデコードが出来ない。
神や仏のくれたクロックでしか救いがない。


365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 12:35:49 ID:x7EiVO8G
ジッターって言葉に踊らされすぎ。もちろんより精度を高めようとする向上心は
オーディオ機器の発展に繋がるだろうが、もはや人間の耳で判断できるような差異ではない。
ブラインドテストしたらだれにもわからないんだよ。何使ってもね。
安物でも音に差が無いデジタル全盛期となった今日、オーディオに付加価値を与えるために
オーディオ業界がジッターって言葉を祭り上げて、「デジタルでも音は違う」ということの根拠としてるに過ぎない。
そうでもしなければ"高級品"の意味がなくなっちゃうからね。これは苦し紛れの宣伝文句なのさ。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 13:40:56 ID:F0PdMZgh
>>364
現実にはそんな酷いジッタはまず発生していない

デコードできないとは、エラーが起こるという意味だろうか?
エラーなんて滅多に起きていない。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 14:25:46 ID:ddG8jw7P
>>361
>  一聴瞭然ってこと。
バカってすぐ実験してみるまでもなく明らか、とか言いたがるよね。
ちゃんとしたブラインドテストしたこともないくせに。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 15:05:29 ID:Bd6Png+h
ジッタは存在しないと言いながらこのスレに張り付くキモさかな。

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 15:30:42 ID:GVLrJlvd
最終的にはスピーカーで「空気の振動」になる以上ノイズのジッタも糞も無いと思ってた俺が通りますよ

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 15:49:16 ID:hA861ZIB
>>368
オカルトなんだから好きにやらせろ口は挟むなってこと?

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 16:53:45 ID:tPUerA/M
デジタルデータそのものは間違いがないが、同期のタイミングが微妙にズレル恐れがある。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 17:12:19 ID:SzieIpAT
>>365
お前はトランスポートの差も判らないのか

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 17:25:26 ID:V23W36Mc
さすがに釣りでしょ
デジタルだから・・・とかケーブルで・・・は煽りやすいじゃん

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 17:44:56 ID:Agdiru3L
だから同期タイミングアナログそのものだって。
オカルトでもなんでもない。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 17:49:57 ID:hA861ZIB
ジッタが光ケーブルで起こる原理は?
まあ先回りするけど、光の屈折なんでしょ?
光の屈折によってエッジのなまりが起きるから音が変わるんだっけ?
光どんだけ遅いと思ってんの?

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 17:58:48 ID:wIsyuyc1
あの、よく知らんのですが、ジッタってバッファとりゃ解消出来るんじゃないですか?
常識的に考えて。

なんでダメなの?誰か説明しておくれ。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 18:08:58 ID:vj4/1Tve
光がファイバ中心を通った場合と屈折しながら進んだ場合だと明らかに伝送距離が違う
光の速さは一定だから同じ信号でも到着するまでの時間は違うからケーブルを通った後では
波形が変わっている、同じ波形ならともかく違う波形が出ているのに復元できるなんておかしいじゃないか

ちなみに市販されているケーブルは屈折率は一定だから屈折率は関係ないよ

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 18:23:39 ID:cPIOmKFS
速度じゃなくてコア径の問題。
屈折と速度にどんな関係があると思ってんの?

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 18:39:15 ID:vj4/1Tve
長さ/速さ=時間

上の式からして明らか。長さはケーブル長じゃなくて光が通る道のりの長さね
入射する光の方向によって通る道筋が変わるんだから信号がひずむのは当然
ファイバ中の屈折率は一定だからファイバ中の光の速さも一定で屈折と速度は関係ない
実際にガラス光ファイバの伝送速度の限界もこれに起因する。
コア径の議論は本質ではないよ、光が直進することがそもそもの原因

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 19:10:02 ID:x7EiVO8G
光の速度は一定です。屈折しても、しなくても、同時に到着します。
驚くべきことですが、これが物理法則です。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 19:24:55 ID:V23W36Mc
まあ有意差を感じないなら適当な安トラポと
納得のいく作りと価格のデジケー使ってりゃ良いじゃんか。人それぞれよ。
俺は自作で極安に済ませてるけどデジケーで音が変わるのは不思議だわよ。

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 19:44:44 ID:x7EiVO8G
光の性質についてのお話です。発光体Aが光を発し、Bが光を受け止めたとします。
AB間の距離は1メートルとしておきます。光は秒速30万キロの速度で進むので、
観測者Cさんには光がAからBまでを3億分の1秒で到達したように見えました。

    B―
●C  ↑1m
    A―

次にこの装置ABを電車に載せたとします。電車は左から右へ、時速100キロで走行しているとします。
観測者Cさんは電車に同乗しました。観測者Cさんには、先ほどと同じく、光はab間1メートルの距離を
3億分の1秒の速さで移動したように見えました。

    b―                 b'―
●C       100km/h→  ●C'
    a―                 a'―

           ●D

しかしここで、電車の外にいる観測者Dさんがいたとします。観測者Dさんには、
光がab'間を移動したように見えました。明らかにCさんが観測した光よりも長い距離を移動しています。

では、Dさんには光がab'間を何秒で到達したように見えたのでしょうか・・・・・?

答えはCさんと同じ、3億分の1秒です。光の速度は一定だからです。
これが相対性理論です。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 19:45:47 ID:vj4/1Tve
>>375がかわいいもんだからいじってしまった、今は反省している。

光が直進するために信号が歪むというのは本当だがそれが問題になって現れるのは
情報通信で高ビットレートの単パルス信号で通信するときで、音声信号のデータ
レートごときじゃ信号の波形の歪なんてほぼないに等しい。同軸ケーブルにも同じ事が
言えて、同軸ケーブルは構造上、ローパスフィルター回路を形成しているけどこれも
データ転送に支障がない様にできている。

どうしてもどちらが優れているのか気になってしょうがないオカルトユーザーのために
真剣に考えてみると光ファイバの方が周波数特性は同軸ケーブルより優れているし
電気的なノイズにも影響されないので有利という話はあるが正直なところどちらもかわらん。
音がいいと思う方を使って幸せならそれでいいと思う。

余談だけど信号伝送に最強な光ファイバとして屈折率分布型のプラスチック光ファイバ
というのがあってこれは信号が歪まない。どこにも売ってないだろうけど。

384 :むーぱぱ:2008/03/18(火) 19:46:49 ID:tv8XvP0r
相対性理論を誤解しているひとがいるだっしゅ(^^)。

385 :親切なお兄さん:2008/03/18(火) 19:48:11 ID:C4OQUcrV
>348
あのAESプリプリントは読んでまつか?
読んでいれば、とんちんかんな根拠希薄な憶測によって、プリアンブル部のゼロクロスが変化するさまを見たか見なかったかなんて言わない筈でつ。
ばかなお兄さんの憶測発言そのものが、ばかを証明していまつヨ(笑)
お兄さんは、顕微鏡で半導体のパターンを見たことありまつか?雑誌や論文には写真が掲載されてまつが、自分の目でみないとパターン引いてあるのを信じない、というのも哀れだっしゅ

386 :むーぱぱ:2008/03/18(火) 19:48:52 ID:tv8XvP0r
ID:x7EiVO8Gしゃんのことだぴょん(^^)。

387 :むーぱぱ:2008/03/18(火) 19:50:50 ID:tv8XvP0r
てっちゃんうざいよ氏ね>ながえでぐぐってみると尾も白いだっしゅ(^^)。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 19:53:41 ID:pkLEeX6J
>>380
文系のオレの素朴な疑問なんだが・・・

直進にくらべて屈折したぶん長い距離を進むから、
速度が一定なら遅れて到着するような気がするんだが?
光は特別なの?

教えて!

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 20:08:51 ID:vj4/1Tve
ついでに書くと信号伝送に光を使ってるのは速いからとか相対性理論が云々
とかは関係ないぞ・・・、それを言うなら電気信号も光に近い速さで伝わってるし。

光を使っているのは電気に比べて高い周波数も扱えるから、同軸ケーブルとかは
ローパスフィルターを形成して高い周波数が扱えないのでその分通信では不利になる。

>>388
遅れて到着します、光の速度が一定だと矛盾が生じるじゃんとかと思われるかもしれませんが
特殊相対性理論ではスピードを出すと物が縮むだとか、時間が遅れるだとかで
現実との整合性を取っています。

390 :むーぱぱ:2008/03/18(火) 20:11:26 ID:tv8XvP0r
屈折率が高いと遅くなるんだっしゅ(^^)。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 20:12:53 ID:cPIOmKFS
君が正解w>>388

>>388は恥ずかしい勘違いでFA
多分 「おk、誰も釣れなかった」 とか言ってくるww

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 20:14:57 ID:cPIOmKFS
あぁ、違ぇ・・・ >>380も書いてるってことは 壮大な釣りでFA

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 20:20:13 ID:vj4/1Tve
>>390
それ書き忘れてたorz

屈折率が高いと光は遅くなるけど普通の光ファイバとかは
屈折率が一様にできているから信号が歪むのと屈折率は関係ない。

単純に光が入射する方向によって光が通る道筋の長さが違うから
信号が歪むという話。

屈折率分布型は長い道のりを行く光は速く進ませ、短い道のり(中心)を行く
光は遅く進ませることによって信号が歪まないようにしている。

394 :むーぱぱ:2008/03/18(火) 20:21:22 ID:tv8XvP0r
なかなかできましたぴょん(^^)。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 21:48:35 ID:4oZu/faL
光ケーブルの中の伝送の問題じゃなくて、
そもそも電気→光→電気の変換によるノイズ要因については考慮の必要はないのか?

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 21:52:30 ID:ddG8jw7P
>>395
同軸だって「変換」はあるんだよ。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 22:06:11 ID:4oZu/faL
>>396
kwsk語ってほしい。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 22:39:38 ID:jLCiOh1c
光が情報載せてるわけじゃないしな

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 04:03:12 ID:WwYtEjw2
あんな太い光ファイバーじゃエッジがなまって当然だろ

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 12:57:48 ID:KBGRiflD
エッジがなまる・・・・・・・・w ないよそんなの。どこまで馬鹿なの。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 13:56:45 ID:kVgCudTz
太平洋を横断してくる光ファイバーで音って劣化してるか?
国際電話でアメ公と話す限りじゃ国内電話と区別がつかないクオリティだけど
ていうかネットのデータなんか全然劣化しないじゃん

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 14:09:58 ID:GOdIVmDT
映像音声業界が素材を納入するのに、ネット経由のデータ転送だと
ケーブル品質と転送長の問題で音が劣化するから郵便で送る、と思ってるのかしら。
バカってめでたいな。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 14:13:49 ID:Fhk9D1ca
>>399のバカさ加減は、オーオタの平均かな?

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 17:01:25 ID:uoM/xQKU
光ケーブルも波形がなまっていくが
なまり過ぎて01の判定が不可能になる前に中継すればいいだけ。

そもそも、波形なまりやクロックの揺れに強いのがデジタルじゃん。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 19:19:09 ID:EE74CFvP
伝送路のうんちくって必要あるの?
送る前と後でデータが一致するんだから、
仮に伝送路で波形が変化しようが何しようが、正しく訂正される範囲なんでしょ。

熱く語ってる意味がわからん。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 19:36:12 ID:JapjtCU3
送られてくるノイズ混じりの信号から再生クロックを作らなきゃならないんだよ
ここにPLLを使う馬鹿が多いからみんな楽しめる

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 23:04:46 ID:A6ZRxC7n
>>385
>あのAESプリプリントは読んでまつか?
読んだよ。同軸ケーブルの等価回路さえ書けない池沼が書いたプリプリントだな。

408 :親切なお兄さん:2008/03/19(水) 23:09:34 ID:yWm+q8Xo
厨房のお兄さぁ〜ん
それから悩梅毒の症状が悪化して末期症状の むーぱぱ しやん江

親切な僕が教えてあげたAESのプリプリントは読んだ筈なのに、自己同期式デジタル符号伝送の課題が何故解らないの?

ひょっとして、ばか だから?

409 :親切なお兄さん:2008/03/19(水) 23:22:56 ID:yWm+q8Xo
http://www.stereophile.com/reference/1093jitter/index.html



AESの論文も読むに値すると思いまつが、等価回路云々と逝っているおバカしゃんには、こういう雑誌も参考にならないと思いまつ。

きみは、永遠にばかのままで居てくだしゃいね(笑)

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 23:37:10 ID:GOdIVmDT
この気持ち悪い文体のおっさんどうにかならんの?w

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 23:43:45 ID:EMfLLsg0
キチガイはスルーするしかないかと。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 23:48:57 ID:BAKwvPJg
すぐ入院するからそれまでの我慢。しばらくあぼーんでしのげ。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 00:10:44 ID:+lmOuKlG
>>409
>こういう雑誌も参考にならないと思いまつ。

雑誌そのものだな。専門誌ではないことが明白だな。
実際のSPDIFには無いフィルターを介して波形を捻じ曲げたものだからな。


414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 00:23:02 ID:Ctu/I891
http://rating2.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/rating?userID=ebisuke2000&filter=-1&u=%3bebisuke2000

必死で笑うw


415 :親切なお兄さん:2008/03/20(木) 13:41:20 ID:JtLvknyO


あのフィルターはね、PLLのループフィルターなんでつけど、お兄さんのDACにあるDIR内のPLLはフィルターレスなんでつか?

DIR−ICに、抵抗とコンデンサがぶら下がってる端子があるんだけどなもし。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 13:44:36 ID:GXvnKY53
ウチも無酸素道の高級DVIケーブルに換えたけどさ
ディスプレイの発色が全然違うから吃驚した
なんというか上品な色というか解像度が高いというか
ポートレートに艶があるんだよね
やっぱり安物のケーブルは駄目だな

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 14:13:25 ID:kf3g24EU
どうすれば色情報が変わるんだ???そんなこと起こり得るの?

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 15:38:50 ID:GXvnKY53
ごめん冗談でつ

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 16:36:36 ID:3bb2rxfh
CRTだと明らかに違うぞ

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 18:24:18 ID:IRuj7LVE
CRTはビデオカードのコネクタに接点No.1塗っても変わるしFoQ貼っても変わるしアナログって恐ろしいと思った

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 10:03:36 ID:9SHUwAwo
さて、議論が出尽くしたので、ここで先生である私が厨房諸君に「自己同期式デジタル伝送方式でPLLで抽出したクロックの純度」に関してポイントを述べる。
チャチャを入れたがる輩は、他の受講生の邪魔になるので、先生が解説し終わった後で願いたい。



422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 10:05:49 ID:9SHUwAwo

さて、これからS/PDIFというEIAJで規格化された自己同期式デジタル伝送方式で
CDトランスポートとDACユニット間を結んだ一本の公称75Ω同軸ケーブルや発光波長660nmステップインデックス光ファイバーケーブルを取り替えると、
何故、音質が変化するのか?、その仕組みについて説明する。

なお、この場合のジッターは、自己同期式の波形伝送→PLLによるクロック抽出に於けるものだけを説明する。


423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 10:17:43 ID:ZIFsfw23
連カキコしたいならsageを覚えなさいね

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 10:35:25 ID:3KGQnEqh
自分もID:9SHUwAwoにはsageの習得激しくきぼん

ID:9SHUwAwoを透明あぼーんしても勝手にスレが上がるのは避けられないからなあ

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 13:34:34 ID:9SHUwAwo
さてさて。まづCDトラポとDACを接続したデジタルケーブルを交換した際の音質変化を体験する場合の注意点を述べる。
試聴装置は、お手軽なセットではなく、ハイエンドなシステムを用いたい。
これは単に高価格というのではなく、PLLで抽出したクロック純度の良し悪しによって、正確な位相情報が描写でき、かつ悪化した際の音像のボヤケを体験する必要がある為である。
また、PLLの伝達特性上、ジッターが抑圧されるのは1kHz以上の帯域なので、低域周波数で気付きやすい。このため、試聴装置は、なるべく超低域まで再現できるものが好ましいのである。



426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/21(金) 17:11:49 ID:DdSl8PUA
こういう奴らってなんで人の意見を聞こうとしないかね
知識さえありゃあとはどうでもいいみたいな
こういう人間にだけはなりたくない

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 15:33:13 ID:Cut95J4e
光は音にメリハリがないから嫌い

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 16:43:37 ID:qSkZXzwi
安物光はエッジがなまる、春霞だなー

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/22(土) 16:46:24 ID:8lcEtcC7
クロック純度ってマヌケな項目だな
ノイズそのものじゃねぇか

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 07:13:25 ID:4la4/twG
光は機器間の電気的影響を完全に排除でき、外部ノイズの影響も受けないので理論上音質的に有利。
デジタルデータを正確に伝送するという観点から見ると光に圧倒的な軍配が上がる。
光と同軸どちらかを選べと言われれば間違いなく光を選ぶ。同軸は光端子がない場合の苦し紛れの最終手段。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 07:49:27 ID:JUR7wLuW
一長一短だってww

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 07:52:32 ID:6Hl59Qvt
>>430
>理論上音質的に有利
これが典型的なプラシーボの発生源。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 08:20:47 ID:4la4/twG
理論とプラシーボは間逆。プラシーボは先入観や擬似科学に基づいた思い込み効果のこと。
光はメリハリがない、エッジがなまる、音がスカスカ・・・こういった「光」に対する印象をそのまま
音質に当てはめて考えてしまうことをプラシーボと言う。確かに金属の線とプラスチックの線では、
どうも前者の方が高級で、後者の方は不安がありそうな気がしてしまうものだ。
そう、これが典型的なプラシーボの発生源。おわかり?

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 08:34:08 ID:4Qn6tMV+
>>430
>外部ノイズの影響も受けないので理論上音質的に有利

デジタル回線での外乱をそのまま音質に結びつけるところが痛い

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 09:25:59 ID:uMjJId7c
>>430
実測データとして、光のほうがジッターが多く音が悪い。
光は中心線を通る光に対して、ファイバ内部を屈折しながら通る光が
伝送遅延を生じたり、内部反射の影響で信号がなまり、ジッターとなる。

http://www.ednjapan.com/issue/2007/09/u3eqp30000014srb.html

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 09:42:30 ID:Qsf2hsvu
「光の方がジッターが多い」けど「音が悪い」
に結びついているかは検証してないんだよな。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 09:54:32 ID:eaMVefoD
光と同軸、イパーンに売られてるDACの限界性能を見れば一目瞭然だろ。
光:96k、同軸192kまでというのが普通。部品の性能が保証されてるのが其処まで。
勿論、光でももっと良いパーツを使えば別だが高価だ。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 10:05:02 ID:uMjJId7c
>>436
そのHP,最初から読めば分るけど、ジッターが多いとサンプリング定理
が崩れて、音が歪むと書いてある。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 10:13:06 ID:hsjMofMK
一般的な光の位置付けは、お手軽接続法だよ

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 12:09:04 ID:Qsf2hsvu
>>438
うん、前にも読んだけど、理論ではそうだろうという話で。
著者の体験も書いてあるが科学的検証ではない。
だからこの記事だけで ジッター=音質低下原因 とは言えない。
細かく言えば。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 13:20:15 ID:kHM6ub3m
>>436
そうそう、肝心のDA後の検証データが無いんだよね。
ウソ臭さ全開だな。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 13:51:01 ID:1VsOrD8v
理想的なクロック安定性からの乖離がジッタである以上は、ジッタが多い方が再生の忠実性で不利なのは自明じゃないの?
良い音と言う主観の面でジッタ多い方を好む人が居る可能性は否定しないけど。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 13:55:28 ID:Vy7sq7+q
無知な俺に教えてくれ。
SPDIFとかの光デジタル信号ってタイミングは等間隔じゃないの?
そのジッタとやらで信号1つ1つの間隔が多少いい加減になったとしても
たとえば受信側で10秒間バッファしてそれを等間隔に整列すれば
ジッタなんかいくら入っても構わないんじゃないのか?

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 14:08:02 ID:cUPTyxJA
>>443
そういうことをするDACもある。
送り出し側の「等間隔」と受け側の「等間隔」が厳密には一致しないので、
その誤差の累積<CD1枚の再生時間、にできるだけのバッファ容量が必要だ。

PLAYボタンを押してから音がなるまでに時間がかかるのを、ユーザが受け入れられるかどうかが問題。


445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 14:43:12 ID:1VsOrD8v
>>443
そう言う設計のDACはケーブルやトランスポートによる差が非常に出にくいね

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 14:59:37 ID:uMjJId7c
>>445
水晶を使ったクロックよりさらに精度を高めるため、ルビジウムを使った
クロックジェネレータからトランスポートやDACにクロック供給できる
ものも売られています。またセシウムのほうが精度がさらに高いが、放射能
で危険なため、電波時計用の電波(セシウム使用)からクロック生成する
ものも売られています。


447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 15:08:12 ID:dsHGd45P
>>444

> 送り出し側の「等間隔」と受け側の「等間隔」が厳密には一致しないので、
> その誤差の累積<CD1枚の再生時間、にできるだけのバッファ容量が必要だ。
すごい安物でもCD1枚分の再生時間の誤差の累積を数秒以内にはなってるだろ。
ならない機種なら故障レベル。

>PLAYボタンを押してから音がなるまでに時間がかかるのを、ユーザが受け入れられるかどうかが問題。
こんなのが問題になるわけがない。

448 :443:2008/03/23(日) 15:27:10 ID:Vy7sq7+q
そしたらDACに金かけろでFAじゃないの?
要するに正確かつ等間隔な信号再生ができればいいのだったら
伝送路やトランスポートに金をかけて正確な信号伝達を期するなんて本末転倒だと思うんだけど。
自律的に正確で揺らぎの少ない信号再生をしてくれるDACさえあればいいんじゃないの?

それならトラポはポータブルCDとかPS2、ケーブルは1000円の光でも何ら問題にならないはず。
こういう理解で合ってる?

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 15:41:09 ID:cUPTyxJA
>>446
その手のクロック源は、短期間ジッターに関しては通常の水晶と同等です。
長期安定性と周波数精度には優れていますが、音楽再生に際して、どんなメリットがあるのでしょうか?

>>447
送り側と受け側で逆方向の偏差があった場合のことを考慮すると、1〜2秒のバッファが必要です。
で、ユーザの操作に対して反応がそれだけ遅れることになるので、操作感としては大問題です。
特に困るのが、PAUSEとスキップ操作ですね。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 16:20:03 ID:+SidUe8Z
>>448
その通りだ、正確な信号再生ができればそれでOK
後は注入するクロック次第でいかようにも

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 16:21:19 ID:1VsOrD8v
CHORDのDAC64はクロック叩き直し機能を最強モードにすると4秒待ちなわけだが・・・

トランスポートに対して転送待てとか急げとか指示出せないSP/DIF規格に従いつつDAC側クロックを使うには
バイナリ不一致を覚悟で適当に誤魔化すか遅延を覚悟で大容量バッファを使うしかない。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 16:50:45 ID:opyWpxgb
>>447
ピュアオーディオでは問題にしないだろうが、AV系では映像と音がずれる。

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 22:38:34 ID:R2fMONwb
遅延を問題にしない人はそういうDACを買って
トランスポートやケーブルの問題からは抜け出している

遅延を問題にする人はトランスポートやクロックジェネレータやケーブルに
自分で満足できるものを選ばばいい

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 03:20:25 ID:cimk2S5Z
遅延をブラインドで聴き分けることが出来る香具師って居るのだろうか。



455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 03:33:13 ID:R03mxJsR
目隠ししてても操作したらわかるだろ

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 06:03:45 ID:cimk2S5Z
部屋の向こう側で操作したら分からんだろ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 06:26:16 ID:E528BcJS
1秒間隔くらいのパケット転送にすればほとんどの問題は解決するはずなんだけど、なんでそうしないんだろうね?

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 06:31:37 ID:RlhRByjx
>>457
パケットにするメリットて何?


459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 06:38:21 ID:E528BcJS
物理層規格はLANを使えばすぐにでも安価に実現できるし、良いことづくめ…あれ、どっかにそんななんとかリンクがあった気がするwww

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 06:38:55 ID:E528BcJS
>>458
再生時間分のバッファを用意しなくても良くなる

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 06:45:38 ID:RlhRByjx
・送り側のクロックに同期するという選択肢がなくなる。
・最低でも1パケット+αのバッファが必要になる。
・SKIPやSTOP等の操作に対して、最低でも1パケット+αの遅延が発生する。

つまり、SPDIF+バッファと同じデメリットがあるだけで、メリットは何もないと思うんだが?
Etherを使えばSPDIFより長距離引っ張れるが、それを必要とするユーザはめったにいない。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 06:53:48 ID:E528BcJS
>>461
SPDIFは再生速度でデータを送り出すから、再生側のクロックが遅ければ、その延滞をバッファでは完全には吸収しきれないでしょ。
パケット転送なら、パケットが間に合うように送れば良いだけだから、データがとぎれる心配がない。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 07:00:57 ID:E528BcJS
>>461
ちなみに、STOPに関しては、STOP信号を決めておけば即反応させることは出来ると思う。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 07:02:01 ID:RlhRByjx
>>462
つまりメリットは、「バッファが空の状態でPLAYボタンを押した際の遅延がない」ということだけ?


465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 07:05:17 ID:nlgoj6AP
> ・SKIPやSTOP等の操作に対して、最低でも1パケット+αの遅延が発生する。

転送スピードを176.4 kbytes/secに制限する必要などない。ここがS/PDIF+バッファ
と違う。

転送スピードをあげれば1パケット+αの遅延は人間の感覚上無視できるようになる。


466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 07:12:35 ID:E528BcJS
>>464
一番大きなメリットは、
・再生側の機器を非常に安価に出来る(高価なトランスポートや仰々しい振動対策、電源対策が不要になる)ことだよ。


467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 07:31:53 ID:RlhRByjx
伝送遅延じゃなくて、バッファに貯まっているデータを再生するだけの時間遅延が発生する、ということだよ。
それを避けたければ、そう、STOPやSKIPの際に「バッファに貯まっているデータを捨てろ」という命令を送るしかない。

そんなことをするよりは、送り側と受け側の間でフロー制御をしてやって、バッファ容量を数ミリ秒〜数10ミリ秒程度に
抑えた方が簡単だと思うが。
たとえば、
USBのアイソクロナス転送で音声データを送る(ここは、現状のUSBオーディオと同じ)
+インタラプト転送で受け側のバッファ残量を監視して、送り側のレートを調節する。
とか。


468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 08:04:12 ID:E528BcJS
>>467
短距離の線でつなぐだけだったらそれでも問題なさそうだけど、
パケットなら無線なんかの伝送延滞の激しい経路を通ってもびくともしないはずだし、
複数機器のスイッチングも簡単にできそう。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 08:16:58 ID:RX9/NW5f
>>467
> 伝送遅延じゃなくて、バッファに貯まっているデータを再生するだけの時間遅延が発生する、ということだよ。

イマイチわかってないな。

> それを避けたければ、そう、STOPやSKIPの際に「バッファに貯まっているデータを捨てろ」という命令を送るしかない。

捨てればいいんだよ。


470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 08:19:22 ID:E528BcJS
DACチップ自体がパケット処理するようになれば、HDMIの音質問題も解決するよね。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 11:16:40 ID:p/e3r2hk
オーバーサンプリングで出力値を加工しまくってるんだから
受信クロックとの位相差もついでに加えてやればいいのに

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 16:52:20 ID:/8X7FijI
176.4 kbytes/sec

素人文系の俺が勘違いしてるのかもしれんが、これどっからでてきた数字なの??
CD音源のWAVでも1411kbps
実際は192k"Hz"24bitのWAVやマルチでも受けられたと思うし

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 16:58:06 ID:te+XbMiM
1411/8=176.375

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 18:53:06 ID:R03mxJsR
i.Linkでフロー制御してるやつあるじゃん

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/25(火) 18:38:48 ID:UM0/ReXS
>>472
Bytes/secとBits/secだな
バイトってのは8Bitを表す意では無いからカンチガイしないように。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/25(火) 20:46:23 ID:RZWuH2PQ
びっつ?

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/25(火) 21:11:01 ID:FzxF76lz
1024と10^3の違いにこだわるオトコってださっ
Bytesとbytesの違いにこだわるオトコは禿げださっww


478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/25(火) 21:15:52 ID:FzxF76lz
そのうち8ビットはオクテットだろと言い始める悪寒ww

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/25(火) 21:21:15 ID:rJIx1aGE
ヤバイト

ヤバイけど確かに金になる
金になるけど確かにヤバイ

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/25(火) 21:50:04 ID:yuTTykSs
:

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 01:02:34 ID:c2+o36et
1024だって ププ
2^10って書けよ
今時大文字で区別するなんて旧い

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 01:30:33 ID:C1DecAs8
春休みか

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 01:57:29 ID:c2+o36et
今更春休みだなんて厨房でしょうか

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 02:16:21 ID:EEHIES2X
2**10

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 17:37:13 ID:HISmK8vR
さて、自己同期式デジタル伝送方式のS/PDIFの仕組みを学習しよう。
伝送ケーブルを交換した時に、何故音質が変化するのか、その理由を理解する前に、その変化を体験することも重要なので、前回は音響装置に関して述べた。

さて、諸君の装置で変化は体験できたか?

486 :むーぱぱ:2008/03/26(水) 17:41:19 ID:vvd7VTt4
てちゃーぬうざいだっしゅ(^^)。

487 :むーぱぱ:2008/03/26(水) 17:41:44 ID:vvd7VTt4
氏ねぴょん>ながえ(^^)。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 17:42:57 ID:6x/MFgiC
DACがクロックを打ち直せばケーブルは何だっていいでFAなのでもういいです

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 17:55:47 ID:t0w6pRVL
>諸君の装置で変化は体験できたか?

体験できないのは、オーディオじゃネーョ、馬鹿


490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 18:01:35 ID:HISmK8vR
今までの代表的な誤解は下記である。
1)音質変化は、伝送データが変化する事で生じる。
2)D/A変換のタイミングを司るクロック周波数が偏差を生じるために音質差が変化する。
3)クロックの純度を語る時に、「揺れている量」ばかりに注目している。
4)伝送時に生じたジッターやCDトランスポート内部で生じたジッターも、一旦メモリーに入れさえすれば消えて失くなる(GNDが共通だった際や、スプリアスによるGNDノイズには気付いていない)

今回はデジタルインターフェースレシーバーIC内に搭載されているPLLの動作を復習しよう。


491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 18:04:34 ID:t0w6pRVL
能書きはいいけど、デノンの音質をなんとかしろ。
おまえはアホだな

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 18:36:47 ID:HISmK8vR
ここで送信ジッターを理解するためのキーワードだ。

パチーン パチーン パチーン がPLLでピーーーになる。



493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 21:10:51 ID:bhbI06pY
ながえは相変わらず馬鹿だな

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/27(木) 06:15:13 ID:3prfhuHc
フラッシュプレイヤーにリニアで記録して、高純度クロックを供給して再生するのが最強ということでFA?

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 14:39:23 ID:TxVCmAlJ
さて、ここでこんなことを考えてみよう。

CDトラポから送られてくる2.8224MHzのクロック抽出用信号はデューティ50%の矩形波だと思っている諸君は手を挙げてくれ。



496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 16:56:02 ID:NiDbAUO+
カレー食べたい

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 18:26:50 ID:CAT+o1ir
だれか495をかまってやれよ。
俺は嫌だが。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 21:11:56 ID:xwJuvZmk
(´・ω・`)ノ >>495

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 21:41:26 ID:2jtCxBVv
( ゚д゚)、ペッ >>495

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 09:58:45 ID:qehNJBHM
光の場合、石英ガラスケーブルと、プラスチックケーブルの音の差はかなりあるね。
ブラインドテストをするまでもないほど、はっきりとした違いがある。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 10:00:25 ID:CtBA0LGJ
現在も発売されている石英光ケーブルでお奨めのモノはありますか?
廃盤が多くて困っています。。。。。。よろしく

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 12:14:20 ID:C4F9F3qk
するまでもないと言いながら実際第三者立会いではできないんだろw

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 16:53:24 ID:BsRu71YU
S/PDIFのクロック抽出用信号波形は、PLL回路のトリガとなる為の波形なのだ。
だからゼロクロスを跨ぐ際の間隔が一定であることが大切。
波形の理想を言えば、キャリア2.8224MHzの、
パチーン パチーン パチーンという波形は時間軸ゼロで急峻に立ち上がるような波形だが、回路やケーブルの高周波特性,群遅延特性によって
実際の波形は送信信号の基本波の第十高調波まで減衰せず位相回転も無しの完全な波形ではない。
ケーブルを変えるとオシロスコープでみる波形も違って見える。


504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 20:25:13 ID:9NRAoEoV
>>503
大変詳しい方ですね。
そこで、質問なのですが、S/PDIFから甘いクロック信号を抜き取って、
電波時計用信号からの正確なクロックを注入する機器が売られていますが、
効果はあるものなのでしょうか?


505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 20:32:26 ID:eaJLJgLH
おお、ながえがまた自演やっとるな

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 21:23:55 ID:BsRu71YU
甘いクロック?


なんだ? そりゃ?

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 22:18:05 ID:BsRu71YU
波形が寝ているということを甘いと言っているのか?

それとも規定の周波数からズレているということか?

どちらにしても、ワードシンクではなく、S/PDIFのような自己同期式の伝送系に
ルビジウム10MHzユニットを挿入した時に音質改善が認められる要素は、
波形をDタイプフリツプフロップで打ち直したことによって波形に重畳していた音楽成分由来のノイズが低減された効果と、
電源ユニットが独立したためにアースがアイソレーションしたことが近傍ノイズが減衰したからに過ぎない。

ルビジウムだと周波数偏差が〇〇dBで等間隔になったから等と思い込んでいるやつは早く騙されている事に気付くべきだ。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 23:10:36 ID:UTw1Vnap
フリツフ

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 23:13:42 ID:Nm8fSLmG
フロツフ

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 10:17:42 ID:Pw6fUIee
>>507
両方のことを言っています。
ということは、ルビジウムやセシウムの正確なクロックは、何の影響も及ぼしていないということですね。
これは、CDトランスポートとDAコンバータに対して同じクロックを供給していないからでしょうか?
なぜそうなるのか、もう少し説明していただけるとありがたいです。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 13:23:16 ID:EO4Sf/ic
その通り!

ルビジウム・セシューム源振など、なんの意味もない。
クロックの周波数偏差が極小なことなど、なんの意味がない。
ただ、それらを使うと必然的にクロック抽出用トリガー信号が伝送データ中の音響エネルギーで汚されないので音は改善される。
だから、ルビジウムなど使わずに超低位相雑音の水晶発振器を、データ伝送元の機器と電源・GNDをアイソレートして駆動することがポイントだ。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 13:29:51 ID:EO4Sf/ic
CDトラポとDACに水晶発振器からの波形を分配しさえすれば良い訳ではない。
GNDが共通ならば、音楽由来成分が含まれているサーボノイズがクロック駆動用電源に流れて、クロック波形に音楽由来成分が重畳してしまう。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 13:38:59 ID:EO4Sf/ic
サーボノイズがGNDに流れる様子をチェック体験する方法がある。

オシロスコープを持っていれば、プローブをCDPのGNDに接続し、オシロスのGNDは指でつまんで波形を見ると良い。
CDPを再生すると、電源ハムや音楽波形を含むサーボノイズが見える。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 14:15:55 ID:88Q9PT1v
連続カキコでいちいちあげんなやこのクソヴォケが

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 20:44:21 ID:EO4Sf/ic
君にはチョット難しかったか?
(チョットどころかサパーリ解らなかったか?)


516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 20:46:47 ID:88Q9PT1v
http://ebi.2ch.net/pav/kako/1003/10033/1003393633.html

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 23:38:56 ID:Pw6fUIee
>>513
i-Podで可逆圧縮の音楽ファイルを再生するのは、電池駆動のためもあり、
意外と音が良い可能性があるのでしょうか?

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 09:04:33 ID:r0YO/Ia6
i-podの音を評価する場合、様々な要素を別けて試聴・測定しなければならない。
[要素]


519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 13:15:24 ID:r0YO/Ia6
[比較を行う前提]
i-pod本体のアナログ回路は使わないこと。


520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 13:53:15 ID:r0YO/Ia6
[比較を行う前提]
i-podに収録した比較試聴用音楽ファイルには、非可逆・可逆ともに使わずにWAVEファイルをそのまま記録・再生すること。


521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 15:28:25 ID:j2wPrui5
偉そうな講釈垂れる前にiPodぐらい正確に書けよ
ハイフンどっから持ってきてんだよ

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 15:31:30 ID:pNSsajP8
アナログ回路を使わないってことは改造前提っつーことでよろしいか?

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 16:33:39 ID:2B0GJDzN
>>522
最近のはDockコネクタからデジタル出力を取り出せるらしいよ。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 18:16:18 ID:N9+OgMos
>>523
kwsk

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 21:15:43 ID:3GnZYXJb
>>524
ttp://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070629/open.htm
これじゃね?

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 22:53:29 ID:r0YO/Ia6
[比較を行う前提]
S/PDIFつきDocステーションを用いる場合やUSBインターフェースつきDocステーションを用いる場合も、
まず最初に「伝送データの改変が生じていないこと」を確認すること。
WAVEコンペアソフトを用いるのも良いが、
音源にHDCDエンコーデッドソースを用い、再生用DACにはHDCDデコード対応機を用いると簡単だ。
バイナリー一致していない場合は、当然HDCDインジケーターは点灯しない。
また、ファイル形式はリニアPCMのWAVEとしなければならないと言ったのは
「非可逆圧縮−伸長」を標榜していながら、可逆であるからだ。

この試聴実験の主たる目的は、CDTransPortを用いる場合に比較して、
電池駆動であるi-podを用いると、Transmit-jitterの成分やレベルに関して
有異な差が生じているのか?を検証することである。


527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 23:08:08 ID:r0YO/Ia6
なお、あたりまえのことだが、この比較は、サーボノイズの影響を被ったCDイメージデータの再生ー伝送と、電池駆動クロック&メカレス方式によるWAVEファイル再生なのだから、機器内部で生じる、いわゆる「Intrinsic-jitter」も差異がある(というか、内部ジッターの差が大きいのだが)

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 23:38:24 ID:Y8/xKrla
当然のことだが、比較はこのケーブルで行なうこと。

エゴシステムズ、高純度ガラス繊維の光音声ケーブル
−53μm径の素材を280本使用。1.5mで直販6,980円
ttp://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080401/egosys.htm

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/02(水) 01:56:13 ID:BKjkM55k
で、改造前提なわけ?

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/02(水) 21:54:59 ID:BhRlHTmW
>529
iPodのデジタル接続の話、どっかで読んだなと思ったらこれだ
ttp://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080313/avt022.htm
の中ごろからWadiaの話。
ttp://www.wadia.com/library/press_releases/170i%20Press%20Release.pdf
DRMフリーのコンテンツが多数派になったら解禁されるんじゃないのかな

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/02(水) 21:59:18 ID:BhRlHTmW
>530
パイオニアのスサノヲでもできるんだな

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/02(水) 22:01:40 ID:BKjkM55k
なるほど。詳細thx
でも、バッテリー駆動云々て話からはそれちゃうんだよなあ。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/03(木) 02:25:06 ID:BjRGAN4X
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/pav/1206457861/

http://www8.atwiki.jp/acousticrevive/pages/1.html

http://www8.atwiki.jp/acousticrevive/pages/17.html

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 17:49:30 ID:+hcQ39im
ケーブルによる波形変化は理解できたか??

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 20:06:10 ID:xXhS181w
光ケーブルって、機器に付属してくる薄細いのと、店で売ってる太いビクターのとは、やっぱ違う?

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 22:44:38 ID:sWN8gSlU
>>534
SPDIFケーブルでは実測していないことが良くわかったよ。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 06:24:37 ID:zMFoPwUp
光ケーブルを使わないで、機器を背面どおしでくっつけるように置いて、光の送信部から受信部に
直接光が当たるようにすると、驚くほど音が良くなるよ。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 09:49:20 ID:Cns8Mb0K
カバーがあるんだけど(外付けではなく、内側に引っ込むやつ)それはどうすればいいかな??
切っちゃうとか??

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 19:01:28 ID:6v2+Q0mP
良くなるわけねーだろアホか

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 20:17:04 ID:Cns8Mb0K
>>539
良くなるよ・・・試したけど・・・
まぁ試してみ・・・プラセボかもしれないけどw


541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 21:34:56 ID:AD65mogM
それだけ大掛かりな作業をすれば
良くなったかどうかを客観的に判断できるとはとても思えないけどw

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 22:07:48 ID:bg9TnqQ5
まぁ、自分でやってみて確かめるしかあるまい。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 23:44:17 ID:zMFoPwUp
結局プラスチックにしろ、石英にしろ、光ファイバーって光を屈折させて伝送するやり方だし、
いくらレーザーでも干渉などによってジッターが発生するんだよね。

本当は537みたいに直結がいいんだろうけど、さすがに操作が不便になるので、俺の場合は
アルミ蒸着させた鏡(通常の鏡はガラス部分を通さなければいけないので適していない)
を自作して、それを2枚経由させて発光部から受光部に光が当たるようにしている。
2枚の鏡それぞれがちょっとでも歪むと信号が送られないし、調整はかなり手間取るが。
なんかマイケルソン・モーリーの実験をしているよな感じだよ。機器の後ろ側が。

ただ、これで得られる音質の向上効果は劇的で、最高級の石英ケーブルなんて問題になら
ないくらい空気感を感じられる音場が再現できる。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 23:47:15 ID:zMFoPwUp
一応補足しておくと、537に書いたような直結と、鏡経由での音の差はほとんどわからなかった。
どうも光ファイバーを通すことに音質劣化の鍵があるんじゃないかという気がしている。
まず手軽にできるのは直結なので、機会があったら試してみるといいんじゃないかな?

ま、メーカーの保証するやり方じゃないし、レーザーは危険なものでもあるので、自己責任で。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 23:58:45 ID:Zgj2ONU4
うーん、この人の機器からは、レーザーでもないのに恐ろしく収束性の高い光が出力されているに違いない。
ただのLEDなのに。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 00:25:30 ID:YEy+Ycvj
>>545
いや、レーザーだと思い込めばプラセボ効果で光が収束するんだよw

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 00:26:55 ID:fx/uj3F4
ネタに突っ込むとは無粋な。
本当に試す奴がいた方が面白いのに。
ところで光伝送でレーザー使うメリットってないのかね?
コヒーレンス性とかで。
レーザーと通常のLEDで音が違う、とか言い出す奴がいそうで面白そうなんだが。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 00:29:25 ID:wpKGnanS
青色レーザーは波長が短いから精度が高いとかねw

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 00:37:03 ID:CY5a4QI+
レーザーなら光ファイバーにシングルモードのやつ使えるからファイバー起因のジッタは抑えられるかもね
レーザーの励起・発振そのものを低ジッタで実装可能かどうかは知らんけどw

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 02:18:38 ID:YEy+Ycvj
>>549
おいおい、ジッターの原因はファイバーじゃなくて、受光素子の反応速度だろ。
1000BaseLXなんか、マルチモードのファイバでも1000Mbpsのデータを通せるんだぜ。
それとも、それもネタだから、突っ込んだら無粋なのか?

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 05:19:02 ID:fx/uj3F4
無粋です。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 05:25:33 ID:J3Q79uZV
初心者以外はネタだと理解した上で楽しんでますw

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 06:14:55 ID:6P3+O1XM
レーザーの勃起って何?

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 22:59:48 ID:qllvXRu4
光アイソレータ入れたらスッキリしますた

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/13(日) 13:45:06 ID:BtIV1L2H
konnekt8付属のIEEE1394ケーブルからモンスターケーブルのやつに変えてみたら驚いた。
明らかに情報量が違う。

たかがケーブルとか思ってナメてました。
何が原因でこんなに変わるんだろう?

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/13(日) 21:07:07 ID:osFPQ613
それがわかればこのスレッドは

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/13(日) 21:18:21 ID:HSrDYi6O
業者のコピペに(ry

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/13(日) 21:20:30 ID:QLUQYdxg
その件はバスパワーの電源ケーブルとしての質の差でFAじゃなかったのか?

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/13(日) 21:58:14 ID:UtBNmp48
デジタルケーブル(同軸)ってcoldないのかな。
プラグ付け替えようと思ってるんだけど。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 17:11:52 ID:+6hMRxyx
精度の高い24ビットオーディオコンバージョンは、Lowジッタークロックを必要とします。
ジッターは、24ビット信号を簡単に16ビット以下に落としてしまいます。
クロックジッター処理が不十分であれば、24ビットコンバーターを導入する意味はありません。
ジッターはすべてのデジタルオーディオインターフェイスで検知できます。
このタイプのジッターは「インターフェイスジッター」と呼ばれ、最も精巧なオーディオシステムでも確認することができます。
インターフェイスジッターは、デジタル信号が1つのデジタル機器から次の機器に伝送される度に、ケーブルを経由して蓄積していきます。
典型的なシステムに内在するインターフェイスジッターは、正確な24ビットコンバージョンに必要なレベルの10倍から1万倍近くに及ぶと報告されています。
幸いにもインターフェイスジッターは、オーディオ自体には影響を及ぼすことはありませんが、アナログ=デジタル(またはデジタル=アナログ)変換の際に
コンバージョンクロックに悪影響を与えます。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 17:23:28 ID:mFgtur91
>ジッターは、24ビット信号を簡単に16ビット以下に落としてしまいます

んなアホな

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 18:43:24 ID:cmBiFLbG
>>560
毎度毎度コピペ乙
訳も解らずに、よく頑張ってるね

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 22:46:58 ID:+6hMRxyx
市販の多くのコンバーターは、フェイズロックグループ(PLL)回路を採用しています。
これは、AES/EBU、ワードクロック、またはスーパークロックのリファレンス信号からコンバージョンクロックを得る仕組みになっています。
単層基盤のPLL回路では、5kHzより上の帯域ではジッター制御を行いますが、5kHz以下では皆無です。
通常、デジタルオーディオ信号では最も強いジッターが2kHz近辺で確認できます。
従って、これらのコンバーターでは、低レベルのジッターソースから、比較的短めのケーブルを使用したときにのみ、
スペックに記されたパフォーマンスを約束できるということになります。
つまり、単層基盤を採用したPLL回路では16ビット以上のパフォーマンスを実現する可能性は非常に稀だと考えてよいでしょう。
通常のインストレーションでは、スペックに記載されたパフォーマンスを著しく下回るということが多いのです。
よいコンバーターは、このインターフェイスジッターをフィルター制御するための2層基盤PLL回路を採用しています。
理論的にはジッターを十分に除去し、性格な24ビットコンバージョンを実現できます。
しかしながら、2層PLL回路にも個体差があり、低周波帯域のジッターを十分に除去できていない場合も多々あります。
さらに、2層PLL回路は、入力される信号にロックするまで数秒を要します。
また、2層PLL回路はジッターが多すぎる場合やリファレンスロックが揺れる場合など、ロックできないこともあります。


564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 23:50:31 ID:tIVzwFv/
>>560
>インターフェイスジッターは、デジタル信号が1つのデジタル機器から
>次の機器に伝送される度に、ケーブルを経由して蓄積していきます。

実際は、SPDIF経由で何世代でもジッターフリーのクローニングが
可能なので、著作権団体がコピー制限を要求しております。

ID:+6hMRxyx より、著作権団体の言い分が正しい。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/14(月) 23:54:20 ID:cmBiFLbG
>>563乙。早く全文コピペした方がいいよ

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/15(火) 02:04:54 ID:kzjBRIsa
>>565
お前もいちいち相手するな。ほんとヒマだな。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 01:11:15 ID:tvcLbuCO
なんかあれだな、中国語っぽく喋る中国語のマネみたいだな

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 02:24:11 ID:ip3vI8/S
わたしチュゴクはヒロシマの生まれアルよ

142 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)