5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界初のCDが作られて25年、売り上げは2000億枚に

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 03:23:40 ID:yUCWAzr+
25周年を迎えたCD、売り上げは2000億枚に 
1982年8月17日、Philipsの工場で世界初のCDが作られた。収録されていたのはABBAの「The Visitors」だった。 

8月17日は、世界初のCDが作られてからちょうど25年になる。世界初のCDは1982年のこの日、ドイツにある蘭Philipsの工場で製造された。 
当時同社の傘下にあったレコード会社Polygramに所属していたABBAの「The Visitors」のCDだったという。 
CDの一般販売は1982年11月に日本で開始され、クラシック音楽を中心に約150タイトルが提供された。翌年3月には米国と欧州市場にも拡大。 
それから25年の間に、全世界で2000億枚を超えるCDが販売されたとPhilipsは報告している。 
これまでに販売されたCDを全部積み上げると、地球を6周する長さになるという。 
CD規格はPhilipsとソニーが1979年、新しいデジタルオーディオディスクを目指して開発を開始した。当初は1時間分のオーディオコンテンツが収まる容量を目指していたが、 
ベートーベンの「交響曲第9番」を収録できるよう、74分に拡大した。 
「音質が優れ、傷に強いCDの発明は音楽業界の技術革命の先駆けとなり、アナログからデジタル音楽技術への転換の始まりとなった」とPhilipsは発表文で述べている。 
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/17/news023.html
http://origin.newscenter.philips.com/about/news/press/20070816_25th_anniversary_cd.page

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 03:34:29 ID:yUCWAzr+
これが世界で初めて 「製造」 されたCDだ!! (注:試作品ですので市場には流通しておりません。ご了承ください。)

http://origin.newscenter.philips.com/shared/assets/2007_pressreleases/first_disc.jpg
http://www.raffem.com/images/Abba3/goldengramophone5a.jpg
http://www.raffem.com/ABBA1982New.htm

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 03:39:57 ID:CYOOzwEr
ステレオLPレコードの発売は1955年。
1982年にCDが発売され、LPレコードが終焉したとすると、その歴史は28年。
CDもそろそろ終焉のときか。
次のメディアは、シリコンチップ?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 12:52:58 ID:Up++oE7q
今でもこのCD売っているらしい
http://www.geocities.co.jp/MusicStar/2505/visitors.html

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 13:34:23 ID:RtxothOE
そのABBAのCD持ってます。そんな歴史的なCDとは知らなかった。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 14:59:55 ID:ZuMZVmJA
>>3 次のメディアは、シリコンチップ?
1GBで\20なら可能性あるけど無理。



7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 16:22:03 ID:ogC7QK8b
>>3
ダウンロード販売が主流になってメディア自体なくなりそうだな。
レコードショップは軒並み廃業。名盤という言葉も死語に。

8 :(=゚ω゚)ノP:2007/08/19(日) 16:25:18 ID:eE5sbnSw
名電波という言葉に変わる。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 19:42:33 ID:M1tXX7Qy
「レコード」屋って今でもいうから名盤もそのままジャマイカ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 22:20:06 ID:UefuOYTa
どうして名曲という言葉がでてこないのだ?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 02:00:48 ID:A3V4dp+l
世界の人口は60億人なので、一人平均34枚持ってることになる。
とすると、俺は50人分所有しているので、一枚も持ってない奴が少なくとも49人はいるということか。

12 :お嬢師匠の本弟子一番:2007/08/20(月) 06:00:11 ID:aUanDafL
世界で初めて発売されたCDは
ビリー.ジョエルの「NEWYORK〜」じゃないの?。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 19:13:34 ID:xl6wgVn1
フィリップスグループ内のCDと言うのがおち。
そんだポリグラムやドイツグラモフォンにフィリップスレーベルはデカイのさ、
今じゃユニバーサルの一レーベルだけど。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 21:13:42 ID:kXSBMS4l
随分経つなぁ〜!

ワシが初めて買ったCDわ、堀ちえみの「生まれた時から」ってゆ〜、2枚組のアルバムだった!

5000円したゾ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 21:29:00 ID:/LgRnqhB
私は2002年8月に初めて音楽CDを買いました。もう5年になりますか。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 00:39:42 ID:QjXxR1es
はじめて買ったのはマイアミサウンドマシーンのPRIMITIVE LOVE
だったとおもう。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 04:41:59 ID:jTDmy2kY
名演という言葉は残りそうだな。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 21:45:05 ID:/TINmFPx
世界初の市販純金CD持ってまつ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/22(水) 00:29:55 ID:rR5Lc8zH
ガラスのCDはどうなった?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 10:12:34 ID:PA71/SfN
フィリップスとソニーの利権は莫大。
LD digital souond、CDV、AHDやSACD、DVD Audio、BD HD-Audioなんて目じゃないね。


それを考えればDVDに東芝が拘るのは無理はない。

今度出たマランツのCDプレーヤはどうなん?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 10:24:42 ID:Fa+/tZmF
>>7
また出た短絡思考厨

メディアがなくなるわけないだろ。
ラジオが登場して新聞が無くなりましたか?
テレビが登場してラジオがなくなりましたか?
PCが発達してペーパーレスになりましたか?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 16:18:42 ID:ZfaKCxsB
レコード盤は実質的になくなったようなもんだよね。
8センチシングルCDも見ないねえ。
オープンリールはもちろんカセットテープもほとんど
見なくなった。

DVD等の光ディスクドライブ音楽CDの再生はできるので、
音楽CD(の新譜)が無くなってもおかしくはない、のでは

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 21:02:59 ID:UW2L2MHr
問題
世界でもっとも販売枚数の多いCDはなんでしょう。




マイクロソフト ウィンドウズ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 01:34:12 ID:CmBCXn4i
>>23
なるほど。
音楽聴くより、ウィンドウズPCで2ちゃん見る方が多いということか。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 01:50:56 ID:hCGqDfUP
>>22
お前が知らないだけでレコードは結構ある。
リイシューじゃんじゃん出てる。

みなくなったと無くなったは全然違う。



26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 16:15:02 ID:IO5Ui89t
CDは、完全勝利! 完全勝利メディアと名づけよう。
これほど圧倒的に世界を支配したメディアがあっただろうか?

このままネットを介してのダウンロードが主流になるから、
CDは現物メディア最後の帝王として永久に歴史にその存在を刻むのだ。
SACDなど滅ぼしてくれるわ わっはっは 片隅に埋もれて忘れ去られる運命よ!

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 17:09:24 ID:JZ2R/Iww
>>22
8cmCDは日本発(?)の新規格だったが、治安の悪い国での万引きの標的にされ普及しなかったんだよなw
日本でも不要になったCDジャケットの紙・プラ分離が厄介で敬遠され始め、1曲の新譜にリミックス数曲を付けるマキシシングルが流行し、8cmCDは廃れてしまった…

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 18:58:35 ID:7NJI/38E
帝王→覇王 に変更します。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 23:50:03 ID:CmBCXn4i
>>26
総販売枚数は、アナログレコードに負けている?
アナログレコードは4,000億枚だったように記憶しているが、ソースが見付からないので、記憶違いかも。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 23:58:31 ID:hCGqDfUP
>>27
違うだろ。カーオーディオでかけれねーからだろ。
アダプターつけてもダメなやつもあるし、アダプターつけるのが
そもそも普通の人には面倒。
8cmにする必然性がなかったというのもあるな。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 00:04:40 ID:7+OocE6H
>>28
低王に変更しました



32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 00:15:56 ID:CZN1jXQA
            ゞゝソ<ゞゝヽ ソ ソゞ〆/丿ノ
          ゞ 、               ν
          ヾヽゝゞ〃γゞγゞγゞγゞλ ν
         ゞ 〃  ミ  ミ ミ  ミミ   ν..ν
         ヾ ι  ミ  ミ  /彡    ζ ν
         ゞ ζ  ミ  ミ ../     ζヽ.τ
         ..ヾ / ミ..ミ ミ|ミ..ミJ ミ ソ  νミ..ν
         ..ゞ|ヾ::≧=:;=ヽν.ゞ==:;=≦`゛ゞζ         /
          N ´ 彡7 ̄ミλ ミ´ ̄ミ`´ ヾτ..        |  おれに後退はない
         λ/ヽ   彡  ミ       ..|丿τ       <  あるのは前進勝利のみ!!
          |ミ| Z   ´ミ ミ⌒   / .||ν.         |
          |ミ|     ^ゞつ   ヽ. 彡..|/          \
          |ミゝ   ヾ.ー..―./ ミ  /ミτ
      _ ー |ミミ| ´  `ヾー―´ .. /ミミミゞ
   / / / |ミミ|   巛  彡   〃ミミ ヽ_
 /!!!/!!!/〃 | ミミヽ   ヾ、    〃彡彡  /\_
 /jjjj/jjjj/ 〃 |   ミゞ___  / ミ ミ ミ 《 /  ) ̄ ̄ヾ\
   !!! /  〃|  ヾミミミミヾ 彡  |   ミ 《 〈《  巛〃゛巛 \
__/‖   ゞ |     ミミ  彡 /    ミ《  〔   |  〃‖  \


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 00:16:47 ID:ElBXaULw
>1982年8月17日、世界初のCDが作られた。収録されていたのはABBAの「The Visitors」だった

この25年前の一番最初のCDは今でも劣化しないままに再生できるのだろうか

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 00:25:45 ID:IU64+89O
>>33
普通のCDプレーヤーで再生すると、ピットが劣化するので、
専用のレーザーターンテーブルで再生しないといけません。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 00:56:22 ID:CZN1jXQA
>>34
嘘ばっか書くな ターンテーブルてLPじゃあるまいし
劣化してもエラー訂正の範内であれば再生は可能
理論も知らないのであれば書くんじゃねーよ

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 09:37:20 ID:besaOH0n
物理的接触がないのになぜ劣化するんだ。
CDの溝は物理的な溝。
だめになるときは記録面と保護用の樹脂層に空気が
入って酸化するときだな。やすものCD−Rじゃ
あるまいしあまりそういうことはないだろう。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 11:39:09 ID:h18uYNf/
wikipedia英語版で CD rotを調べるとよい。

アルミ表面が酸化
アルミとポリ・カーボネートをくっつける接着剤の劣化
カビ

などの要因で読めなくなる

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 11:43:46 ID:YT08MZRZ
ポリカーボネイトは自然吸湿する素材だが、アルミ面の酸化に影響はあるのだろうか?。
仕事でポリカーボネイト扱うが、120度で4時間くらいは熱風乾燥しないと
使えない素材だ。 乾燥してもそのまま時間が経つと、また自然吸湿してしまうのだ。
簡単に言えば、せんべい、とおなじなのだが。。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:59:42 ID:rAvCuee1
>アルミ表面が酸化
>アルミとポリ・カーボネートをくっつける接着剤の劣化 カビ
それ36に書いてあるじゃん。
アルミ層とポリカ層の間から空気入って酸化
劣化して空気入って酸化、カビ

空気が入らないと酸化したりカビはえたりしない。

それと、ウィキペディアをソースにするのはアホだけ。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 16:12:24 ID:aP4eBd2H
>>35 >>36
CD発売当時買ったCDが5枚ほどあるが、2枚に目視で確認できるサビ?が出ている。
1枚は再生可能だが、もう1枚は音飛びする。
もちろん買ったときとそれから10年ほどは問題なかった。
工業製品なのだから、おそらく、製造上のばらつきが原因と思われる。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:15:36 ID:rAvCuee1
湿気が多い、じめじめした部屋に住んでるんじゃないのか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 18:20:16 ID:5Y9hHTz0
ワゴンセールのブードレッグで、一年ほどでダメになったのが
いくつかあったなあ。


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 15:26:01 ID:lPlgDg4G
輸入盤でたまにCDのエッジを持ったとき、ネトッとした感触のやつあるよな?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 16:48:07 ID:NeztcuDy
>>40
錆?アルミ蒸着剥離だと思う

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 05:24:47 ID:+GOuPLOF
>>1の話は世界で初めて「製造」されたCD。


>>12が言ってたビリージョエルは世界初の「発売」されたCD(のうち洋楽ポピュラーで規格番号が一番若いCD)。

ここに世界初の「発売」されたCD全50タイトル一覧があるよ。
http://www.80s.ne.jp/chrono/1982/cd50.html


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 05:29:19 ID:+GOuPLOF
1982年10月1日に日本より最初に発売された。そのときに出たCDが日本国内で50タイトル。
世界中に広まったのは1983年より。>>1>>2のCDは市販されていない試作品。

吉田工場の入り口にあるCD発売記念のモニュメントには、1982年に発売された世界初のCDタイトル「ビリー・ジョエル/ニューヨーク52番街」が飾られている。

ちなみに、ここの工場は1982年当時、世界でたった2個しかなかったCDプレス工場のうちの1個で、1個は日本のソニー、もう1個は西ドイツ(当時)のフィリップスの工場。
http://arena.nikkeibp.co.jp/article/col/20061211/120131/
http://www.stevehoffman.tv/forums/archive/index.php/t-85625-p-9.html


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 05:42:40 ID:4+jfzIeA
>>13
初期のポリグラム製ヨーロッパプレスのCDは劣悪な品質だったよね。

いま盤面を透かして見ると、蒸着幕が変質してるのか、穴だらけ。
でも、俺のCDプレーヤーでは音飛びは出てないし、演奏にはあまり差し障りは無い。
CDプレイヤー内部でいろいろ修正されているんだろう。
これが音質にどのように影響しているのか興味あるのだが、あいにく俺にはオーディオ的な音の違いはわからない。

オランダの工場を見学した某オーディオ評論家は、このフィリップス製CDを賞賛していた。フ社の接待のせいだろう。
日本盤より品質が良いと断言していた。ちなみに友人の古めのプレイヤーでは、俺の劣化穴あきCDは音飛び出まくり。
日本盤ではこういう経験はいまだにない。評論家とは当てにならないものだとつくづく思った。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 06:36:55 ID:y14V6D/1
>>45
第一回の発売には、グールドのゴールトベルクがないんだ へえ

>>47
>フ社の接待のせいだろう。
フ社がフを接待したってかw

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 06:39:17 ID:ZVIGiDvo
CDの品質は日本製が最高

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 17:07:50 ID:a8YSRe4z
>>49
ソニーとフィリップスではCDの製造のやり方が全然違う。

当時の>>1にあるフィリップス(ハノーファー方式)のCDはビスケット大の樹脂からレコードみたいにプレスしていた。
ソニー(日本方式)のCDは金型に溶けた樹脂を瞬間的に流す射出成型で、いまではこの方式が主流。
光学的にはハノーファー方式が光学歪みが少なくて音が良かったらしい。
だが、最後にセンターを抜くので、そこからアルミ反射膜が経年劣化で腐食していくというとんでもない欠陥があった。

フィリップスが開発したハノーファー方式は量産スピードが遅いので廃れてしまった。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 18:34:17 ID:NLoPIlwP
あらゆる分野のプレス技術と成型技術は
日本がダントツで世界一だね

52 :お嬢師匠の本弟子一番:2007/08/27(月) 19:38:07 ID:m5x5QMpA
>>45
やっぱ、そ〜だろ。
聞いた話では先週末の朝日新聞に
世界初のCDの記事が記載されていたらすいんだけど...

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 00:14:14 ID:jG20WfvT
ドイツ・グラモフォン

ドイツ・グラモフォン (Deutsche Grammophon Gesellschaft) は、1898年12月にドイツ・ハノーファーで創設された、世界でもっとも長い歴史を持つクラシック音楽のレーベルである。
「イエロー・レーベル」と呼ばれて親しまれ、これまでに数々の名演、名盤を生み出している。

歴史:
創設者は、円盤レコードの発明者でもあるエミール・ベルリナーで、同年イギリスで興した英グラモフォンの子会社として彼の生まれ故郷で設立。SP盤時代にはカルーソーやシャリアピン、
メルバといった20世紀前半の代表的な歌手を擁してレパートリーを広げた。1941年、英グラモフォンの資本をシーメンス (Siemens & Halske)が取得してドイツ資本の会社となる。
1962年、オランダのフィリップスの音楽部門と業務提携しDGG/PPIグループを形成。1971年に米コロムビア・英EMIなどの競合会社に対抗するため、シーメンス・フィリップス両者合弁の
ポリグラムを持ち株会社としてフィリップス・レコード(フォノグラム)とともに同社の傘下に入る。ポリグラムの1980年代の事業拡張の失敗によって苦境に陥るが、フィリップスがソニーとともに開発した
コンパクトディスク (CD) の市場拡大とともに業績を回復する。ハノーファーのCD工場は当時世界最大で、その製品の高い品質でも評価された。
1987年、シーメンスは事業再構築の一環としてポリグラムへの出資をフィリップスに売却して手を引く。1999年にグラモフォンはポリグラムともどもカナダのシーグラム社に買われ、
ユニヴァーサル・ミュージックの一部門として再編されるが、2000年にはさらにフランスのヴィヴェンディに売却され、同社の傘下にある。

保有レーベル:
グラモフォンが擁するレーベルはドイツ・グラモフォン (DGG) のほか、英デッカ(「ロンドン」)、オワゾリール、アルヒーフ(バロック音楽を中心とする古楽の専門レーベル)など。
ポリグラム傘下にあったフィリップス・クラシックスとECMも同じくユニヴァーサル内で活動している。日本では、ポリドール(株)が販売会社であったが、ビクターエンタテインメントを経て
1999年以後はフィリップス(フォノグラム)レコードとともに、ユニバーサルミュージック(株)が販売している。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 02:07:41 ID:4o4tRdhM
EACで読み取れればおk。プレス技術とかどうでもいい。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 12:01:03 ID:yoyuLC5N
最近劣化が怖くてEACでcueシートともにflacで圧縮してる…
誘電のDVD大量に買ってきて焼きこむ作業の繰り返し

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 22:09:19 ID:DIyhA9cq
Rの方が信頼性低いんじゃないのか。
先にDVD−Rがダメになるほうに1万点。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 00:02:48 ID:sBBioGmk
世界で初めて「製造」されたCDを作るときの裏話

http://www.abbaplaza.com/pages-english/album-audiophile.asp?IdAlbum=8

・全てのパートがデジタル録音されているおり、機材は当時最新鋭の3M社製*のデジタル録音システムを使用しており、
 ABBAのアルバムで最も良い音質が期待できる状態だった
・レーベルはCDを製造したPolyGramになっていて1983年ごろから出回り始めた。
・3Mのマスターテープは問題が多いが、ドロップアウトは無い。

1983年ごろに出回り始めたCDの裏ジャケット(このCDのために作り変えられている)
http://www.raffem.com/images/Abba2/cdvisitors1.jpg
*=BBCと共同で3Mが開発した世界初のデジタルMTRで愛称はDMS(Digital Matering System)という。トラック数は32トラックあり、2chか4chにミックスダウンできる。
フォーマットは16bit/50kHzでのオープンリールテープが記憶媒体。エラー訂正能力にとんでもない欠陥があるためPD (ProDigi)とDASHに置き換えられて消滅した。
そのため日本ではアルファ・レコードしか導入していない。
↓によれば現在、 このマスターテープを再生する機械をStevieという人物が探しているという。
http://steveaudio.blogspot.com/2007/08/music-knows-it-is-and-always-will-be.html


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 02:00:24 ID:oZpgxI8p
ポリカーボネート

利点

透明性・耐衝撃性・耐熱性・難燃性等において、高い物性を示す。エンジニアリングプラスチックスの中でも平均して高い物性を示す樹脂であり、
かつ透明性をもつために光学用途に使用することもでき、その物性に比べて安価であり、自動車など輸送車両、電気電子、光学、医療機器などに広く用いられている。

欠点

・薬品耐久性はあまり良いとは言えない。特にアルカリ剤、溶剤では劣化する。接着剤などの使用ができない。
・エステル結合を持つ為、高温高湿度の環境下では加水分解する。
・引張強度を超える力をかけると、白化して透明度が著しく低下する。

強度についてのエピソードとして映画『ターミネーター』でアーノルド・シュワルツェネッガーがかけていたサングラスのメーカー、ガーゴイル社では、同製品は散弾銃や.22程度の小口径拳銃であれば
撃たれても貫通しない、というのが謳い文句であった。もっとも、散弾銃を使用した場合、12ゲージ00バックショット弾や12ゲージスラッグ弾ではサングラスごと吹き飛ぶ可能性があるので、
その銃の口径や装弾の種類に大きく依拠する。また、22口径の拳銃に関しても、殊に".22ショート弾"を使用する拳銃にほぼ限られると考えられる。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 03:21:17 ID:0GYlnCwD
おけつ・・・迄詠んだ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 04:05:27 ID:oZpgxI8p

初期のポリグラム製ヨーロッパプレスのCDは確かに透かして 
みると穴が星のようにあいていた。今の一部のイタリアプレス 
もそうだね。 
しかし、音はこれらのCDのほうが日本盤より遥かに良い。

>>54
>EACで読み取れればおk。プレス技術とかどうでもいい。 

その筈なんだけど、違うんだよ、マジで。 
たとえば、DGのドイツプレス盤と国内盤を、それなりのシステムで 
結構大きな音で再生すれば、ニュアンスの違いは誰でも分かるはず。

誤解を恐れずに言えば、国内版は音が平面的で奥行きが浅くなる感じ。 
かつてLPレコードの時代にあったような差が、なぜが今でも無くなっていない。 
日本にはとにかくマスターテープのコピーが送られてきていて、それを もとに製盤しているのは事実。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 05:53:52 ID:D+JLVMll
>>60
マスターはディジタルだからコピーしても同じものだろうよ

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 06:47:34 ID:97PLN9S0
外国びいきのプラシーボだろ

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 06:52:53 ID:WE0sn9Hv
>>60
そうなんだけど、それだけじゃ
海外でなぜ国内盤が高い評価をされてるかが説明できない

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 18:55:29 ID:R4E8rmaA
プレス国が違ってもデジタルデータが一致するのも多いです。無音部の長さは違えど。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 02:26:49 ID:7/tUjoMA
CDは、完全勝利! 完全勝利メディアと名づけよう。
これほど圧倒的に世界を支配したメディアがあっただろうか?

このままネットを介してのダウンロードが主流になるから、
CDは現物メディア最後の覇王として永久に歴史にその存在を刻むのだ。
SACDなど滅ぼしてくれるわ わっはっは 片隅に埋もれて忘れ去られる運命よ!

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 12:45:39 ID:UuwciSnu
>>61
違うんです。マスターテープもデジタルだし、コピーもデジタル 
なんですよ。「原理的には」0と1の信号のトランスファーなので 
音質劣化などあり得ないはずなのですが、とにかく違いが出る。 
原因はまだ解明されていないはず。 

たとえば、CD-Rでコピーするとニュアンスが違ってきたり、酷い場合は 
明らかにナローになったりするでしょ。これもきちんと説明できないんじゃないかな。

 
原因は説明できませんが、デジタルデータのコピーでも音は変わるそうです。 
HDDレコーディングの現場でバックアップをとるとマスターとコピーで音が変わると言ってました。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 12:56:20 ID:ewP3LCaS
これから音質の異なるソースをかけます感想を聞かせてくださいと言って
実は同じソースを続けて再生しても、何かしら違って聞こえたと錯覚するのが人間。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 13:04:30 ID:7dJskBiU
>>66
プラシーボ

そんなことになったら、コンピュータは動かないよ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 13:07:17 ID:hI9jr1NT
>そんなことになったら、コンピュータは動かないよ
ヒント:エラーが出てもガンガンとばして読む。

CDとCD−Rは構造が全然違う。
CD−Rの精度はかなり低い。品質差もデカイ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 13:17:40 ID:7dJskBiU
>>69
通常の状態でC2エラーはでない

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 13:34:41 ID:UuwciSnu
>>63 
データを比較したら輸入版と国内版でデータそのものがちがっていたと言うのは、以前ラジオ技術に記事があったね。 
日本向けとメーカーが信じている方向でEQかけてるのは常識のようだね。 

超低域をカットして圧迫感(風圧感)をなくし、100Hzあたりを持ち上げて低音が豊かな感じを出し、中高域をやや抑えておとなしくしてあるものが多い気がする。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 17:15:10 ID:BtBVciAn
>>66
なんかそんな話ビクターのサイトに載ってた気がする

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 18:28:19 ID:wysUEqkQ
xrcdを差別化したかったのだろう

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 07:03:58 ID:UnZxRRQe
>>71
>日本向けとメーカーが信じている方向でEQかけてるのは常識のようだね。

クラの日本盤はEQかけまくりだけど
ロックの日本盤は逆にEQかけてないのも多いんだよね

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 00:19:30 ID:sVwuN1DD

15年位前に買ったCDの蒸着面に小さな穴が開きまくりOTL 
直射日光に当たらんようにしてたのにひどすぎる 
特に、PHILIPSのクラッシック物がひどい 
インポートCDは安いけど質も低いですね。 


なぜか音質は良いんだけど。 


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/03(月) 01:32:56 ID:5kv/ln2+
保存状態が悪いんでないの。
家のは大丈夫だよ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 02:09:54 ID:/rmO2tsC
国内盤はEQかけてるとか言ってる椰子は、
波形編集ソフトのスペアナか何かで確認したんだろうな。
今までの経験では一致するほうがはるかに多い。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 05:44:36 ID:1wHOYiqk
なんでクラシックをクラッシックって書く人多いの?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/04(火) 17:54:13 ID:RcrJjq8B
>>78
メンマをシナチクって言うようなもん

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 02:15:49 ID:PAABpwhH
>>1
大昔なので何号かは忘れましたが、
当時のアバファンクラブ会報(英字国際版)にも
その辺のいきさつは詳細に書いてありました。
図をつかった詳しいCDなるものの解説と、
B&BがThe Visitorsの小さなCD用ジャケットを
手に持っている写真が掲載されていました。
(今となってはごく普通に見るCDのサイズジャケットだけど、
当時は世の中にLP盤しかなかったので、
このCDジャケットはとても小さく見えました。
もちろんB&Bが持っていたのは
世界最初のCD(コンパクトディスク)でのジャケットです。)


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/05(水) 12:28:44 ID:jjOtLd5m
>>77
言いたいことは分かるが
問題なのは、EQかけまくりとしか聞こえないようなのが多いことなんじゃね
最近のリトルフィートとかライクーダーとか

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/06(木) 12:08:26 ID:hXob6Kag
CDの表面に、白い模様ができちゃったんだけど、これがカビですか?
台所で、中性洗剤で洗ってみたんですが、全然取れませんでした。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/06(木) 22:15:21 ID:scGIaDFk
>>82
表面じゃなくて、中のアルミが錆びてるんじゃまいか

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/07(金) 18:07:58 ID:VgjDCvbi
ポリカとアルミの剥離

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 22:00:23 ID:eDeG5LDr
>>82
CDの表面とはどっちの面?
10円玉の表と裏も分からない。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 21:53:18 ID:mm0WeAwi
関連スレ
ttp://music8.2ch.net/test/read.cgi/classical/1189263597/l50

経年劣化したCDの交換に応じてくれる良心的なレーベルもあるのな。
ttp://www.hyperion-records.co.uk/bronzed.asp


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 10:50:29 ID:E0pqgxuU
オーディオマニアはこれ買いましょう。200,000円!
EXTREME HARD GLASS CD《高品位ハード・ガラス製音楽CD》による「HERITAGE OF CLASSICS」シリーズ第一弾
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1689962&GOODS_SORT_CD=102



88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 19:03:52 ID:xqg+LoiU
それ買うならアナログのオリジナル盤を買いたいと思うのはおれだけか。w

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 00:07:17 ID:wHVC424S
lots of subtle distinction in claiming 'first'

1st cd pressed ever: Herbert von Karajan conducting the Alpine Symphony by Richard Straus (one-off type production)
1st cd manufactured: ABBA - The Visitor
1st cd released in the USA: Billy Joel - 52nd Street
1st cd manufactured in the USA: Bruce Springsteen - Born in the USA
1st cd single: Dire Straits

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/13(土) 22:02:03 ID:wuS5hBWH
ディープパープルのライブインジャパンなんか、
ポリカそのものが水飴のように変形している。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/28(水) 17:19:53 ID:XbpYg6SL
ぬるぽ

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 18:00:11 ID:Pr7s9Zmn
>>60
>初期のポリグラム製ヨーロッパプレスのCDは確かに透かして
>みると穴が星のようにあいていた。今の一部のイタリアプレス
>もそうだね。
>しかし、音はこれらのCDのほうが日本盤より遥かに良い。

これはオーヲタでも意外に知らない奴が多いんだが、モトになる音源が国内と海外のCDでまるっきり別物にすり替わっている事がある。


何でこんな事があるかといえばレコードやCD製造の最終工程として「マスタリング」という音を立ち上げてできたデータをCD工場に渡すのだが、
担当するエンジニアによって音質についてばらつきがある。下手したらレコード会社の都合で発売している国や地域によってエンジニアが違う事がある。
初期のポリグラム製ヨーロッパプレスのCDについてはヨーロッパのほうがアーティストによってマスタリング現場に介入しやすい環境だったのだろうと推定できる。
iPod全盛の今でもなお「レコード収集」「CD収集」という趣味が成立しているのはそのため。


要するに元になる音が根本的に違うから聞いて違う結果になって当たり前


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 18:14:51 ID:q4AkjGgf
アニソンがSACDででないから、まだSACDは3枚しか持って無い

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)