5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スピーカー自作・設計・計測などなど 20

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 21:19:23 ID:2vZDkX5O
>>33
例えば20Hzから1KHzまでを60秒でサイン波スィープする場合、1秒間に
サイン波の周波数は16.3Hz移動します。

サンプリング周波数44.1KHzで、FFTのサンプルデータ数を16384とすると
FFTの分解能は約2.69Hzで、16384個のデータが集まるまで約0.371秒か
かります。

また、サイン波の移動を考えれば、FFTされるデータは、
16.3Hz/s×0.371秒=6.06Hz  の周波数の幅を持ちます。

一方、某氏がARTAで観測したシステムは、500Hzから600Hzにかけて-15dB
以上のディップをもっていますから、ここを通過する時間は、
100Hz÷16.3Hz/s=6.13秒。

完全にディップ内を通過する時間として、余裕を見て両端を除いたとして
6.13秒−(0.371秒×2)=5.39秒

つまり、5秒以上にわたって、FFTにかける16384個の全データの振幅の絶対
値が基準値と比べて−15db以下になるはずです。(部屋の残響や雑音がなければ)
これに、更に窓関数をかけるわけだから、データの両端の数値の絶対値は、
更に小さくなります。

(WSがどのようにデータを扱っているかわかりませんがたぶんデータは
オーバーラップさせているでしょう。)

周波数の幅が約6Hzですべてのデータが振幅−15db以下の波形データをFFT
しピークホールドする状況が5秒以上続くのだから、この5秒間をピークホ
ールドし描画したときにはそれなりのディップがでてもおかしくないと思
いますが、いかなる「非線形性」があれば、この状況で振幅が0dbになるん
でしょうか。

283 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)