5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世にも奇妙な物語を創作するスレ

1 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 20:19:28 ID:Drr++r6d0
娯楽としてのオカルトも楽しめると思い立ててみた。
荒らしはスルーで

2 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 20:23:43 ID:DQF+oCslO
2世にも

3 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 20:44:52 ID:n6cfnrQqO
3世にも

4 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 21:17:25 ID:JN4n7r2s0
>>1
まず今思いついたネタなんだけど、アラジンみたいに3つけ願いがかなえられるんだけど、
主人公が3つ以上願いを願ってしまったため最後は暗い、大きな地下のような所に落とされる・・ってどう?

5 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 21:24:23 ID:n6cfnrQqO
>>4
きまり 破ったな

6 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 21:26:30 ID:v3mI4izLO
世にも奇妙なスレを創作する物語

7 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 21:28:05 ID:aoHTC0bV0
参加します


8 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 21:31:36 ID:aoHTC0bV0
マネキン
洋服屋のマネキンは、いつも北向きに揃えて店を閉めるらしい。
たまに動いてるやつがいて、出口の近くに行って外を睨み付けているらしい

9 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 21:51:47 ID:EDukUmTKO
>>4
・願い事をしてから、それが叶うまでにタイムラグがある
・そのタイムラグは願い事の難度、範囲がデカい程長い
・願い事のキャンセルは不可

以上を踏まえて、
最初は半信半疑で、ささやかな願い事をする→それが叶って味をしめ、デカい願い事→それも叶い、さらにデカい願い事

タイムラグ中に大ピンチ

窮地脱出を(故意にではなく)願う→叶い、事無きを得る
んで、『さらにデカい願い事』が叶うと同時に……

というネタが浮かんだ。

10 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 23:10:35 ID:FsdunekZO
どぅるるるるっ↑、どぅるるるる〜↓、どぅるるるるっとぅ→、どぅるるるるー↓

11 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 07:44:05 ID:j0RuxWOlO
ありきたりっぽいけど
 
 
朝起きて普段通り出社
何事もなく仕事をこなし帰宅する。
 
翌日
いつものように起きて普段通り出社
実は今日ではなく昨日にいるんだけど
本人は気付かない。
文字通り、永遠に繰り返される日常。
無限ループ。

12 :4:2008/04/08(火) 11:16:09 ID:NcRfrWZV0
>>9
いいねぇ

13 :追加レス:2008/04/08(火) 11:16:53 ID:NcRfrWZV0
>>9
じゃあタイトルは>>5の「きまり 破ったな」でどう?

14 :4:2008/04/08(火) 11:48:19 ID:NcRfrWZV0
連続スマソ
タイトルやっぱり「願いすぎた男」に変えたよ。あとあらすじとか主人公の設定とか思いついたから
レスしとく
なんか要望があればドゾ
主人公設定
・名前はなく“私”
・年齢は35歳
・平のサラリーマン
・家族は妻と中学3年生の息子が一人
あらすじ
“私”はそれといつもの仕事帰りの家までの岐路で出会った。
“私はどこにでもいるようなごく普通のサラリーマン。
年齢は35歳で、未だに平。日課といえば毎日のように上司から仕事の処理力等を叱られるのと、
行きたくもない飲み会に誘われる毎日。
家族は1週間後に34歳になる妻と中学3年生の息子がいて、妻は昔は出世のことを何度も云って
きたが、今は半分諦めかけている。
そんな何事にもさえない“私”は願いがかなう石というものと出会い、以来その石に願いを願うと実際に
叶って夢にまでみた豪華な高級な金持ちの暮らしも手に入れた。
だが最後は願い過ぎたのと欲が強すぎたため地獄の穴倉のようなところに落とされる。
穴倉からは落とされた“私”の叫び声が・・。

みたいなのどう?

15 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 12:33:47 ID:Ev8hGGZeO
この前放送した「日の出商店街イキイキデー」みたいな話が書けたら良いなぁ

16 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 17:11:39 ID:Dy8zJHGcO
あげ

17 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:48:45 ID:92h7nsZp0
>>14
35で中三(14、5才)の子供となると、20、1で作ったことになるよな。
妻にいたっては、18、9才で産んだことになるのか。

ごく普通のサラリーマンの家庭では無いと思う。

18 :1/3:2008/04/10(木) 01:00:49 ID:PCVCnn9f0
Aはその日夢を見た。妙に鮮明な夢だった。

どこにでもあるような喫茶店でAと見知らぬ女が話している。
夢なのではっきりとはわからないのだがその女はAにとっては理想的な女だった。

夢の最後にAはその女と携帯電話の番号を交換する。女はマユコと名乗った。

そこでAは目が覚めた。夢とは言え好みのタイプの女性と話ができた事で
気分はすっかり高揚していた。そしてスグに電話番号を交換した事を思い出す。

不思議な事に番号は明確に記憶に残っており

「まさか・・・。」とおもいつつメモを残しておいた。

数日たったある日、どうしてもマユコの事を忘れられないAは
「もう一度会いたい」わずかな可能性にかけ、マユコに電話をしようと決心する。

数回のコール後に「もしもし・・・」

「突然すいません・・・。つかぬ事をお聞きしますがマユコ様でしょうか?」

「・・・ひょっとして、Aさん?」

こんな事が本当にあるのだろうか?しかし話は通じている。

ある意味Aにとってはどうでも良い事だった。
それ以上に夢であったマユコと現実世界で繋がった事が嬉しかった。

最後にメールアドレスを交換してその電話を切る。


19 :2/3:2008/04/10(木) 01:01:22 ID:PCVCnn9f0
その後メールでの交流は続いた。そして徐々に2人の距離は縮まっていく。
そんな中お互い、さほど遠くないエリアで生活している事もわかった。

「今度食事でもどうですか?」

一度会ってみたい。そう思うのは自然な流れだった。
2人は待ち合わせの時間、場所をできるだけ細かく設定する必要があった。

夢の中で面識があるとは言え、当然お互い顔を知らない。
写メールがあるので知る事もできるが何となく気恥ずかしい。
それに当日まで楽しみを取っておきたい気持ちもありあえてそれはしない事にした。

結局、ある駅近くの大通りに面した小さな店の前で待ち合わせる事になった。

「時間ピッタリにそこにいて下さいね。遅刻厳禁ですよ!」

マユコがメールで念を押す。先の理由からそれは至極当然とAは納得した。

そして当日。

待ち合わせ時間の30分前。
はやる気持ちを押さえられずAは既に待ち合わせ場所にいた。
車の往来が激しい大通りではあるが人通りはさほど多くない。
初めての待ち合わせには絶好の場所だった。マユコが来ればスグにわかるだろう。


20 :3/3:2008/04/10(木) 01:01:58 ID:PCVCnn9f0
いよいよ残り約5分のところ、マユコらしき人影はまだ見えない。
本当に時間ぴったりにくるつもりなのだろう。

その時Aは不意に腹痛に襲われた。「よりによってこんな時に・・・。」
あと5分なら我慢しようか?迷っている間に腹痛はますます激しくなる。

「仕方ない。よく考えればお互い連絡は携帯でとれる。あとで謝れば済む事だ。」

駅のトイレから出た時には既に約束の時間は過ぎていた。

言い訳を考えながら、待ち合わせ場所に向かう途中、妙な光景を目にした。
待ち合わせ場所周辺が何やら騒がしい。人だかりができているようだ。

近づいて状況が理解できた。

さっきまで自分がいた場所に大型のトラックが突っ込んでいた。

Aは先ほどまで恨んだ腹痛に逆に感謝した。が次の瞬間マユコの事を思い出した。
現場へ急ぐ。人が1人倒れているのが見える。

・・・どうやら男性のようだった。

不憫に思いながらも、Aはホッと胸をなでおろした。しかし、まだ不安は消えない。
一刻も早く、マユコの身の安全を確認したい。携帯電話をとり、連絡する。

電話はつながった。「無事か?無事なんだな?」

しばらくの沈黙。やはり何らかの形で巻き込まれてしまったのか?
その時、電話の向こうから返事があった。


「コ ノ ヒ ト ア ナ タ ジ ャ ナ カ ッ タ ノ ネ」

21 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 21:42:52 ID:QitRAOTLO
>>18-20
乙でした(´・∀・`)
なんかゾクってきました。
疑問なのはなぜに殺そうとしたのか。
おにゃのこは霊?
まぁ奇妙な物語だから細かいとこは良いかもですが(´∀`)

22 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 21:53:19 ID:nQoEQFdd0
>>21
自分もぞっとしたw
女の子は霊で、つい波長が合ってしまい(=夢にみる)、寂しかった女の子は彼を道連れに・・
と、勝手に脳内補完

23 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 22:30:11 ID:QitRAOTLO
>>22
結末をはっきりせず、謎を残した終わり方も良いですな(´∀`)
>>22さんの真相?!は切ないような良い話しですね(´・ω・`)

24 :本当にあった怖い名無し:2008/04/12(土) 00:06:56 ID:wHb1yoQX0
>>20
うまいな

最近の厨房レベルの世にもより、よっぽど面白いネタ

25 :本当にあった怖い名無し:2008/04/12(土) 01:09:29 ID:4EOe1KVhO
>>18
お前のせいで寝れなくなった、お詫びに次回作よこせ

26 :18:2008/04/12(土) 01:28:50 ID:704CQHgC0
おぉぉぉぉぉ!レスついてる!!!!
皆さん本当にありがとうございます。

表現力が拙いので、ちょっと恥ずかしいからコメント無しで勢いで投下したので、
まじで嬉しいです。

さすがオカ板。心の広い方が多い。

ちなみに蛇足かもしれませんが
設定は>>22さんの書き込みの通りです。

最後のセリフを「約束と違うじゃない!!」にした方がわかりやすいかなと悩んだのですが
ちょっとわかりにくい方が面白いと思いこの形にしました

ちょっと、調子に乗って長々とすいません。
調子乗りついでに>>9の設定でも書かせてもらおうと思っています。

構想はほぼできてるので、近々投下させて頂きます。

27 :14:2008/04/12(土) 11:05:53 ID:DIPlnaML0
>>17
年齢適当に設定してた;;何歳くらいがいいかねー?

28 :本当にあった怖い名無し:2008/04/12(土) 11:34:16 ID:Z9xroQcZO
>>20
おもしろっかた!
明晰夢……だっけ…?なんか読んだことのある話に似てたwww

確かその話の女性はもう旦那も子もいてorz って結末だったかな…
『携帯で読める本当にあった怖い話』って更新が途絶えて
確か、今じゃ潰れたサイトで読んだ気がする…この板でなら有名か…

29 :本当にあった怖い名無し:2008/04/12(土) 12:10:54 ID:jJ347N7RO
ト ラ ッ ク ベ ン シ ョ ウ シ テ

30 :本当にあった怖い名無し:2008/04/12(土) 15:27:02 ID:f8NtlEF+O
>>29
不覚にもワラタwww

31 :本当にあった怖い名無し:2008/04/12(土) 18:19:06 ID:LxJ9T1VT0
wktk

32 :願いすぎた男 1:2008/04/12(土) 18:31:16 ID:DIPlnaML0
もし、何でも願いが叶う“何か”があったら皆さんはどうしますか?

私は全く冴えない35歳のサラリーマンだ。
とはいっても未だに平で、私の日常といえば本音と建前を使いまくる厭な上司に怒られるのが日常茶飯事だ。
何故怒られるのかというと、それは大抵私の責任。
仕事力のさな。これにつきる。
ああ、今日も厭な一日だったといつもの帰り道を帰っていると、なにやら怪しいものを売る老女とであった。
老女は黒いフードの着いたマントを着ていて、しかもそのフードは頭から被っていてどこか一見すると魔女のようだ。
「そこの旦那さん、これ、いかがですか?」旦那というのはどうやら私の事を呼んでいるようだ。
「そんな怪しいものは私には用はない」「これ、何でも願いが叶うんですよ」老女が差し出したまま怪しい笑顔を浮かべ云う。
「なんでも・・?」「ええ、なんでもイッヒッヒッ・・・・・」「か・・買います!」私は何かに惹かれたように“それ”を買った。
家に変えると、妻が出迎えてくれた。
妻は私より一つ下の34歳。昔は出世を気にしていたが今は諦めたのか出世に関して何も云わない。
居間では中学三年生の一人息子が漫画を読んでいた。
私は夕食の席で帰り際に買ってきた“あれ”に関して何も云わないでおいた。


33 :願いすぎた男 2:2008/04/12(土) 18:42:43 ID:DIPlnaML0
私は妻と子供が寝静まった後、あの何でも願いが叶うと云われた例のものの付いていた
説明書を読むことにした。
説明書によると、“これは何でも願ったことが叶えられるランプです。願う時にはランプを1回
手で擦って願い事をしてください”とある。
私はそんな馬鹿な、と思いつつそのランプの説明書どおり、1回手で擦ると願い事をした。
勿論、最初は試しなので小さな願い事。
宝くじが当りますように、とかそんな事だ。そして。一週間後、私が願った通りに宝くじが当った。勿論一等。
これは凄い、と確信した私は次に出世できますように、しかも社長に。と願った。
するとまたその通りになった。
だがしかし社長になっただけではなにか物足りない。そうだ。あれだ。金だ。金がなくては社長とは云えない。
そう思った私はまたあのランプに願いをかけた。
するとまたそれが実現した。
ところが一人だけ芽が出ると自分も追いつきたいのが人の性だ。
後輩の岩瀬が何故そんなに夢みたいな生活ができるのか聞いてきた。勿論私は教えてやらないし、あのランプだって
やらないつもりだ。
あれは私のランプなんだ、誰の物でもない。
私だけがいい夢を見れればいい。そう思った。
ところが――。数週間後、岩瀬もあのランプを買ったのか以前とは全然違う。
何か無性に腹が立った私は大金持ちになれますようにと願った。これでいい、これでいいんだ。


34 :願いすぎた男 3:2008/04/12(土) 18:56:30 ID:DIPlnaML0
私はもはや何が何だが分らなくなってきた。
それと同時にもっと金持ちになりたいという欲も出てきた。だがしかし、私が今こんなに
大金持ちであるとう事実は変わらない。
いい車だって手に入れたし、家もハリウッドの俳優に負けない位の豪邸を手に入れた。
勿論、本音を云えば不安もある。
こんなにいい生活は何時まで続くのだろうかという気持ちがある。
だが。はやり貧乏にはなりたくない。
さて、今日も願うかと私は好きなワインを飲みながらあのランプに願いをかけてみた。
ここまで来たのだから多少の浮気もいいだろうと思い、美人にもてますように願った。
ところが。一週間経ってもその願いが叶わない。おかしいな、と思いつつもう一度願ってみる。
すると、どうだろう。
急に足元から黒い穴のようなものが出現した。
「や・・止めろ!助けてくれ!」穴は引きずり込むのを止めない。
私は思った。これが本物の地獄だと。

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!」穴からは、男の叫び声と
あの老女の「イッヒッヒッ」という不気味な笑い声だけが聞こえていた。


35 :願いすぎた男追記:2008/04/12(土) 19:06:43 ID:DIPlnaML0
男は説明書の注意書きを読んでいなかったのだ。
そこにはこう書いてある。
“願いが叶えられるのは三回まで。それ以上願うと罰があります”と

36 :本当にあった怖い名無し:2008/04/12(土) 19:17:25 ID:8OABv/2pO
なんか残念な仕上がりだな

37 :作者:2008/04/12(土) 19:18:32 ID:DIPlnaML0
>>36
タイトル参考

38 :本当にあった怖い名無し:2008/04/12(土) 19:32:17 ID:wHb1yoQX0
ストーリーランドでも没になりそうなレベル…

39 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 18:47:05 ID:7IdZRg8XO
↓お、お前はモハメド・アブドゥル!!

40 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 18:53:34 ID:lvYiS5JF0
(^ิ౪^ิ)

41 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:15:15 ID:XojeoL7mO
自分文章力ないから書けないけど
ネタ思いついたので書いてもいいですか?


42 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:16:45 ID:lvYiS5JF0
いちいち聞かないでね。

43 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:20:47 ID:XojeoL7mO
>>42
書いても誰もいなかったら悲しいじゃん

44 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:21:34 ID:lvYiS5JF0
>>43
俺がいるだろ?

45 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:23:26 ID:h7dWGDV90
>>41早く書け

46 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:27:48 ID:XojeoL7mO
修学旅行でおもらしをして証拠隠滅しようとするが
どんどんどつぼにはまっていって殺人事件にまで発展していく話

47 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:30:02 ID:7IdZRg8XO
あらすじ買いちゃってどうすんだよ…

48 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:30:16 ID:lvYiS5JF0
>>46
面白そうじゃないか・・・。もちろん主役はガッキー似美少女だよな?

49 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:30:44 ID:K/NU+iN1O
>>46
面白そう!読みたい!

50 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:34:34 ID:XojeoL7mO
オレのイメージとしては一つの過ちを隠す為にどんどん罪を上塗りしていくって感じなんだけど
ありがちっちゃありがちだけどありがちな分組み立てやすいかと思って

それに殺人の理由がおもらしってのもおもしろいかもと思って

51 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:46:14 ID:XojeoL7mO
そして過疎ったとさ

じゃんじゃん

52 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:48:21 ID:lvYiS5JF0
本文を貼ってもらわんとなんとも言えん。

53 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 19:53:07 ID:XojeoL7mO
だからそれは無理だって書いたじゃん
オレはネタしか提供できない
一つの物語に仕上げる気力も能力もないってさぁ

54 :18:2008/04/13(日) 19:57:20 ID:BQSLzkAj0
>>46

おもしろそうなので、書かせてもらいたいですけど良いですか?

ただ、まだ願い事の奴が途中なのでそれが終わったらまた書きます。

55 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 20:00:51 ID:XojeoL7mO
>>54
ご自由にお使いください
その為にここに書いたのですから

56 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 20:01:01 ID:h7dWGDV90
>>54書け書けそのためのネタ提供だからな

57 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 20:02:01 ID:I1w3tVi5O
>>4
マジおまえ氏ね

58 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 20:17:14 ID:S3PdXKo30
>>32-34のを読んで思ったんだけど、
>>4にある
>最後は暗い、大きな地下のような所に落とされる
というのは今度は自分の番、つまりランプの中ってことなのかなって思った
次に誰かがランプを使うまでずっとそこにいなければならないみたいな
違うか・・・

59 :18:2008/04/13(日) 20:20:37 ID:BQSLzkAj0
ではとりあえず、3つの願いの話できたので投下させて頂きます。

表現力が乏しいので、拙い表現&無駄に文章長くなってしまいました。

60 :18:2008/04/13(日) 20:21:00 ID:BQSLzkAj0
同じことの繰り返し。変化の無い日々。平凡な日常。

去年大学を卒業し、
それを機にマンションでの一人暮らしを始め社会人2年目の春。
こんな生活があと40年近くも続く事を考えると気が狂いそうになる。

容姿は普通。学校での成績も並。仕事は可もなく不可もなく。
友人もほどほど。女にはモテない。これといった趣味も無い。

平凡を絵に書いたようなこんな人生に何の意味があるのだろうか?

しかし、そんなつまらない日常とは今日でおさらばだ。

こいつがあれば、きっと・・・。

仕事で疲れた体をベッドに横たえ
昨日、部屋の前で偶然拾った奇妙な石を眺めていた。


61 :18:2008/04/13(日) 20:21:28 ID:BQSLzkAj0
使い方

この石を額にあてて、強く願いを込めれば願いが叶います。但し3つまでです。
願いが大きければ大きいほど実現までに時間がかかります。
逆に小さければ小さいほどすぐに叶います。
願いの大きさについては説明が難しいのですが、
願いの結果が周囲に与える影響の範囲と考えてください。
一度願ったものはキャンセルできません。
くれぐれもこの決まりをお忘れなく。

こんな紙と一緒に小さな箱に入っていた石。

もちろん、こんな胡散臭い話を鵜呑みにした訳ではない。

しかし、ダメでもともと。試さない理由が見当たらない。

願いは3つまで。
大切に使いたい気持ちとこの石が本物かすぐにでも確かめたい気持ちが葛藤する。

「腹が減ったので、うまいラーメンが喰いたい・・・」

後者の気持ちが勝った。1つを無駄遣いしてしまっても残り2つもある。
まず本物かどうか試してから大切に使えば良い。


62 :18:2008/04/13(日) 20:22:10 ID:BQSLzkAj0
願ってから1時間後の22:00、不意にインターフォンがなる
こんな時間にいったい誰だろう?


「はい・・・。」

「来来軒です。ご注文のラーメンをお持ちしました。」

「え?出前をたのんだ覚えは・・・・」そこまで言いかけて言葉を飲み込む。

なるほど願いが叶った訳か。

「800円になります。」

金はかかるのかよ!確かに願いは叶ったが、なるほどそういう事か・・・。
何にしろ、この石が本物であるとわかっただけでも収穫だ。

ラーメンを食べていると、隣が騒がしい。
安いマンションなので、大きな声はよく聞こえる。

「さっき頼んだ出前まだ届かねーんだけど!!」

そんなどうでも良いやり取りを聞きながら、俺は次の願いを考えた。

「理想の女性と結婚して、幸せな家庭を築きたい」


63 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 20:23:27 ID:XojeoL7mO
>>58
それは無理があるけど深田恭子のやつに似てるな

友達を紹介してくれる携帯サイトのやつ

知らないかな?

64 :18:2008/04/13(日) 20:24:26 ID:BQSLzkAj0
― 2年後 −

理想の相手との結婚。
俺は最高の気分だった。石に願いをかけた1年後妻と出会い
先月式を挙げ、幸せな結婚生活を送っている。

ひとつだけ、決して苦しくも無いが裕福でないことが不満だった。

しかし、それも時間の問題だ。

結婚前に石に最後の願いをかけたからだ。

一生遊んで暮らせる金が欲しいと。

「何考えてるの?」

妻の声で現実に引き戻された。考え事はいつでもできる。
せっかく2人でスキーに来ているこの時間を大切にしよう。

「いや、別に・・・。さぁ、休憩は終わり。もう一滑りいくぞ」


65 :18:2008/04/13(日) 20:25:37 ID:BQSLzkAj0
・・・激痛と寒さとともに目が覚めた。

かろうじて体は動くが足が動かない。どうやら折れているようだ。
何があったかを必死で思い出す。

・・・そうだった。俺は雪崩に巻き込まれたんだ。

俺はこのまま死ぬのだろうか?

嫌だ!死にたくない!これから薔薇色の暮らしがまっているというのに・・・。


無意識のうちに俺は右手を額にあて、願った。ただ願った。

「死にたくない、死にたく・・・な・・・い・・・・」


どれだけ眠っていたのだろうか?
暖かい。激痛もない。ここは天国か?それとも地獄か?

「目が覚めましたか?」

目をあけると殺風景な部屋。

「ここは?」

「病院ですよ。あなたは雪崩に巻き込まれて5年も行方不明だったんですよ。
本当なら絶対に助かるはずがないんです。
おそらく後遺症の心配も一切ないでしょう。奇跡としか言い様が無いですね。」


66 :18:2008/04/13(日) 20:26:25 ID:BQSLzkAj0
淡々と医者が話しているなか、視界に妻の姿が飛び込んできた。

「良かった。きっと生きてるって信じてた。でもごめんなさい。」

話がつかめない。おそらく気が動転しているのだろう。
ようやく落ち着いた妻がゆっくり口を開いた。

妻の話はこうだ。

俺が雪崩に巻き込まれ行方不明になった。生きていると信じて待ち続けていた。
しかし、5年不明の時点で俺の保険金を受け取ってしまった。
つまり結果的に死を認めてしまった事を悔いていると言う事だった。


それを聞いた俺は腹の中で笑った。
「そうか、あの時の願いが叶ったんだな・・・。」

安心したせいか、また俺は深い眠りについていた。


67 :18:2008/04/13(日) 20:28:07 ID:BQSLzkAj0
「困りましたね・・・。」 初老の男が俺に向かっていう。

「あなたはルールを破ってしまいました。」 何の話だろう?

「願いは3つですが、あなたは4つの願いをしてしまいました。
そして、実現までのタイムラグのせいでその全てが叶ってしまったわけです。」

俺は3つしか願ってないはずだが・・・いや、確かにそうだ。俺は死にたくないと願ってしまった・・・。

「本当ならあの時、わざわざ願わなくてもあなたは助かる事になっていました。しかし、あなたは願ってしまった。
そして、全て叶ってしまったわけです。しかも3つ目に願った願いはこれからもしばらく続きます。」

どうすればいい?

「代償を払って頂きます。」代償?

「はい、最後に実現した願い"一生遊んで暮らせるお金が欲しい"この代償として、お金は得られますが一生遊べなくなります。」

どういうことだ?強制労働でもさせられるのか?死ぬのか?

「いえいえ、あなたは普通に生活して頂いて結構です。特に何をして頂く必要もありません。」

これは夢なのか?現実なのか?それはわからない。
ただ、この男の言う通りの事が起こるであろう事はきっと確かなのだろう。


68 :18:2008/04/13(日) 20:28:37 ID:BQSLzkAj0
30年後・・・

ただ、忙しい日々だった。
仕事をしているか、寝ているか
ただ、それだけの生活だった。

しかしそれは仕方のない事だった。
願いすぎた代償だったのだから。

裕福で幸せな暮らし。それを手に入れただけで満足だ。


そして今日私は定年を迎える。
これはあくまで予想だが、おそらく私の命も同時に尽きることだろう。

しかし、悔いはない。私が願った事なのだから・・・。

69 :18:2008/04/13(日) 20:30:30 ID:BQSLzkAj0
数年後

今、私は何歳だろうか?そんなことはわからない。
もう、体も思うようには動かない。何をやってもつまらない。心が動かない。

私は願いすぎた代償として楽しいと感じることを奪われてしまったのだから。

そして、私はある事を願ってしまったため、
これからも何一つ楽しいと感じることなく永遠に生き続けなければならないだろう・・・。

あの日願わなければ良かった。「死にたくない」と。


彼は人生200回目の誕生日を迎えた。


70 :18:2008/04/13(日) 20:31:47 ID:BQSLzkAj0
以上です。

もっとシャープに文章をまとめたかったのですが力尽きてしまいました。

長文連投大変失礼しました。

71 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 20:34:09 ID:h7dWGDV90
>>63空気嫁粕話の途中でレスするなよきもいぞ

72 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 20:38:09 ID:XojeoL7mO
>>71
そんなの知りません
レスした後に知ったことですから
こんなことできもいって感情が湧くあなたはよっぽど卑屈な心の持ち主なのでしょうね

73 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 20:39:56 ID:XojeoL7mO
それはともかくスレ主さんはスレを立てる板を間違えたようですね
誰もまともに仕上げられない


74 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 20:53:25 ID:h7dWGDV90
>>73死ね
レスした後に知ったことですから で?言い訳?きも杉死ね何開き直ってんだ
死ね

75 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 20:54:21 ID:h7dWGDV90
安価ミスった>>74>>72-73でよろ

76 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:00:57 ID:fHvyooZ90
ずっとこんなつまんないこと話し合うつもり?
ん〜なんかな〜・・・
どんなストーリー考えようが
これは実現しないんだよ?
べつに俺はそれでもいいんだけどさ
ろんりてきに考えて時間の無駄じゃない?
ん〜なんて言えばいいかな〜
ちょ、まぁいいわ・・・


77 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:04:02 ID:h7dWGDV90
ID:XojeoL7mOは無視の方向で

78 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:04:49 ID:XojeoL7mO
>>76

>1にある通り荒らしはスルーの方向で

79 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:06:48 ID:BQSLzkAj0
>>76

くだらないこと言ってないで
さっさと考えろよ!
かんたんだろ?
りくつじゃないんだよ。まずは実行だよ!

まぁ、俺がこんなこと言っても仕方ないんだけど
さすがに、ちょっと気になったもんでつい言ってしまった。
お前らはどう思う?


80 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:08:41 ID:h7dWGDV90
>>76それお前だからきずけよ知恵遅れ

81 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:09:26 ID:h7dWGDV90
>>80安価またミスりますた>>78

82 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:14:11 ID:lvYiS5JF0
どうでもいいけど
俺が>>1もといスレ主なわけだが

テンプレに書いた通り、娯楽の為のスレなのにストレス溜めるなんて馬鹿らしいだろ
他にも面白いスレはたくさんあるんだしな。

あと、>>76>>79は縦読みな。念のため。

83 :『はい2人組み』:2008/04/13(日) 21:19:22 ID:e2FZmOC60
政府が日本人のモラル向上の為に週に一回
一時間だけ2人で行動しないといけない時間を作る。
それは突然全国放送で知らされ
監視委員が街中で監視。破ったら重い罰が。

主人公はいじめっこグループの女子高生。
最初は制度を面白がるものの
徐々にエスカレートする法案に驚く。
というのは、組んだ相手が変な行動をしようとしても
一緒にやらないと監視委員に
自分勝手と見られ注意を受けるから。

ある日、たまたま駅のトイレで暗く落ち込んだ女性と組んでさあ大変。
変な薬を飲む、自傷行為、衝動買い、異常行動のオンパレード。
で、なんとか切り抜けるが、
父が同僚と一緒に退職や母が近所の人と一緒に宗教に入ったり
真面目な弟がDQNと一緒に捕まったりと大変な事に。

不幸のさ中、大人になって組んだ女が男性二人組みの片方にひとめぼれ
いきなり結婚を申し出て、自分も同様の行動をという事で
もう片方のキモオタと強制結婚。

失意の中、隣に住んでる勝ち組の奥さんと組んで旦那を殺し
相手も同じ行動で2人とも捕まって、皆不幸という奇妙な法案の話

84 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:22:10 ID:h7dWGDV90
>>81主人公テラカワソス

85 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:23:02 ID:h7dWGDV90
安価またまみすりますた>>84>>83

86 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:23:40 ID:XojeoL7mO
>>83
めちゃんこ意味わからん

87 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:26:08 ID:4eZ2qIJtO
>>83
面白いが、モラルは関係無いかも

88 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:27:10 ID:h7dWGDV90
>>86日本語も書けないか在日乙

89 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:34:43 ID:XojeoL7mO
>>83
わからん
意味わからないことにおもしろさを求めようとしているのか知らんが

視聴者を置いてきぼりにするだけだと思うよ

本当に意味わからんし
主人公がいじめっこって設定も無意味だし
君がどんな世界を伝えたいのかまるで理解できない

90 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:38:25 ID:fbqQrLzW0
ローゼンファービー

91 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 21:45:49 ID:h7dWGDV90
>>89日本語でおk本国に帰れ

92 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 22:07:02 ID:jxUZwxKbO
>>83
俺は面白いと思う。変な流れだけどまた頼むぜ

93 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 22:11:59 ID:7IdZRg8XO
ホラーがウケるのかミステリーがウケるのか…

94 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 22:26:02 ID:h7dWGDV90
>>83でもこれ逆に使ったら最強じゃね?

95 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 23:01:26 ID:V0DM80/tO
>83
自分も面白いと思った
いじめっ子のリーダーが新法案に由って酷い目に遭うのがザマーミロだが
結末はかなり可哀相な事になっててちょい同情
後味悪い部分が「世にも奇妙な物語」っぽくて良いとオモた

96 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 23:04:41 ID:SazrH93QO
>>90ア゙ァーーーイ゙ィーイ゙ィーヒギィィィーワァァァオーーー!!

97 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 23:09:30 ID:XojeoL7mO
へぇ、オカ板ではこういうのがおもしろいとされるのか…

いじめっこだけを退治する法案でもないし
そもそもこんな法案が通るわけもないし
第一みんな不幸になるんなら誰が何の為に決めた法律かわかんないし

不可解すぎてリアリティ0なんだが


それともこれは大掛りな釣りですか?

98 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 23:38:36 ID:fj4fF1C9O
>>70
オチが世にもっぽくていいねー
にやにやしちゃった

99 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 23:56:14 ID:DnaAQ7UiO
>>97
世にも奇妙な物語は、リアリティーな作品だけではありませんよ。
それにリアリティー溢れる作品だから面白いと言うわけでもありません。

先日放送された中のいきいきデーと言う物語も、小説では皆なかなか興味がわく死に方をしていましたがテレビでは死んでいなかった気がします。
録画してほとんど飛ばしてしまったので曖昧ですが;

殺さないことの方が現実的には有り得ることかもしれませんが、私的には小説の方が好きです。

長々となりましたが、まあ人それぞれ面白くもつまらなくも思えると言うことで、オカ板住民をちょっと見下したような言い方は控えて頂きたいです。

もちろん、誰かが考えた作品に対して意見を言うのは良いと思いますよ。

多くのこと求めすぎて
出来るだけそばにいたくて
そんなことしてる間に
息が詰まる

大抵人はこんな感じで
大事なものを失うんだろう

そして懲りもせず君を欲しがってる


100 :本当にあった怖い名無し:2008/04/13(日) 23:58:02 ID:DnaAQ7UiO
ああ○| ̄|_
最後ミスって歌詞を貼り付けてしまい申し訳ないです。

逝ってきます。

101 :1/3『四つの建前』:2008/04/14(月) 01:29:03 ID:gKCN4SC10
主人公は田舎の純朴な女子高生。
学校や家庭の雰囲気も良く、皆良い人で平穏に暮らしている。

ある日、家にネットが開通。
ふと自分の学校や街の掲示板を見ると
ありとあらゆる悪意や人間の負の本音が書いてありビックリ。
よく見ると明らかに家族や友人と思われる書き込みもあり。

次の日、学校で友人にその話をするものの返事は
「そうなのー?ネットって怖いねー」程度の
何も知らないようなものだった。
家族も同じ。

毎日、学校や家ではみんな良い人で普通の会話をするけど、
ネットで学校や街の掲示板を見ると
180度違った悪人になってて、そのギャップに悩む。

リアルでネットの事を話すと
「ネットの書き込みなんて全部嘘だから信じない方が良いよ」と言われ、
ネットで性格の違いを聞くと
「ハァ?おまえリアルの建前そのまま信じてんの?ワロスw」と言われるし
果たしてどっちが本当の性格なのか悩む。

102 :2/3『四つの建前』:2008/04/14(月) 01:30:08 ID:gKCN4SC10
一ヶ月経つと、逆にリアルでの皆が悪人になってて
悪意や負の本音を平気で言ってる。
逆に、ネットでは皆穏やかな人になってて、
平和な落ち着いた雰囲気で語る。

主人公は皆の突然の変化に混乱し、
ネット・リアルの性格の違いやひと月前との180度の変化を聞くが、
リアルでは
「ネットでの性格?そんな閉鎖的な顔の見えない相手の
 優しい嘘に騙されるなんて可愛そうな頭だねーwwwww」と言われるし
ネットでは
「リアルでの言葉?そういうのは空気や
 その場のノリだけなんだから信じない方が良いですよ」
と言われる。

但し、ひと月前との性格の違いについては、ネット・リアルどちらも
「空気嫁。性格の変化?会話の流れとめて萎える事いってんじゃねーよ」とか
「さあ…性格なんて少しづつ変わったりすると思いますが…気にしすぎでは?」
と主人公に否定的な意見が来る。

更にひと月経つと、リアルでは良い人、ネットでは悪意ばかりに戻ってて
またひと月経つと、リアルでは悪意ばかり、ネットでは良い人になってる。

103 :3/3『四つの建前』:2008/04/14(月) 01:32:45 ID:gKCN4SC10
主人公はこのリアル・ネットのギャップと一ヶ月ごとの変化に悩むが
どの月でも、リアル・ネット両方で聞いても
果たしてどれが建前で本音なのか、
なぜひと月で変化するのか分らない。

ネットの悪人での書き込みは全部嘘?リアルの良い人での言葉は建前?
ネットの優しい嘘に騙されてる?リアルでの言葉は空気やノリ?
主人公のこの悩みに対し誰も答えぬまま一年が経った。

今、主人公は一つの考えにたどり着き生活している。
それは単純なものだった。


『みんな、リアル・ネットのキャラを用意してて、
 一ヶ月ごとにみんなと同じように180度変化させてるんだ。
 そして、リアルでもネットでもどの月でも、
 四つの建前を持って生活しているとは絶対に言わない。
 これがみんなの共通の本音だ』

104 :本当にあった怖い名無し:2008/04/14(月) 02:19:20 ID:4VC5owTmO

タイムマシンを発明した科学者Aが特許の申請をしに行くが
一分の差で同じ発明をした科学者Bに先を越されてしまう
相手は全世界の英雄,かたや自分はなんの富も名声もないまま
怒った科学者Aは自分のタイムマシンで時間をさかのぼり、タイムマシンを開発中の科学者Bのもとへ行き、殺害。
現代に戻ってくると自分がタイムマシンを開発した英雄となっていた。

しかし数ヶ月後、タイムマシン使用によるタイムパラドックスなどの問題点から科学者Aは全否定され、またタイムマシン使用による科学者Bの殺害の容疑も掛けられ始めた。
あせった科学者Aは科学者Bを殺害しようとしている過去の自分のもとへタイムマシンで行き、過去の自分を殺害する。
しかしその瞬間タイムパラドックスにより自分も消滅してしまう。
その後科学者Bは研究を発表し、有名になるが、かつてのAのように全否定され、過去にさかのぼり研究中の自分を…と無限ループとなる世にも奇妙な話。

105 :本当にあった怖い名無し:2008/04/14(月) 02:30:43 ID:8xFht9ek0
今んとこ面白かったのは>>18-20だけ

あとは糞だぜ!イヤッホゥ!

106 :本当にあった怖い名無し:2008/04/14(月) 03:02:58 ID:seCuxTsWO
ストーリーテラーは

土建屋よしゆき

107 :本当にあった怖い名無し:2008/04/14(月) 03:20:14 ID:NYU3JLbTO
>>18-20 の前半は明晰夢のスレで読んだ事ある。
でも嫌いじゃないな。

108 :本当にあった怖い名無し:2008/04/14(月) 11:18:34 ID:cIKvnTEA0
>>18-20は確かに前半は聞いた事ある話だけど、
オチのつけ方も良いし、文章もシンプルで読みやすいから面白いね。

>>60‐69は若干途中の文章に贅肉が多い感じなのが惜しい。オチは割と好き。

>>83は良くわからない感が「世にも・・・」っぽくて面白いと思う。

>>101-103は題材は面白いと思うけど、オチの意外性が欲しかったかな。

>>104は表現次第で面白くなるかも。


以上、偉そうに感想を述べてみた。
俺自身が投稿できるだけの文章が書けないのを棚にあげてすまん^^;

何にしろ、考えて文章を書き込んでくれるだけでみんな凄いと思うので
職人さん達(,,゚Д゚) ガンガレ!面白いの楽しみにしてますわ!



109 :本当にあった怖い名無し:2008/04/14(月) 11:40:25 ID:r5BpJQ0yO
高層マンションの一室。目覚ましと共に起床
50階建の最上階。
窓から下を見下ろす。車も人混みも豆粒にしか見えない。
簡単な朝食を済ませ高速エレベーターに乗る。高速とはいえ時間はかかる。ぼんやりとしている。
間も無く到着。
地上に出ると辺りが騒がしい。救急隊員やらパトカー、野次馬…。
騒ぎの元を確認すると、異臭テロがあったらしい。
男は慌てて、その場を離れようとするが
渋滞や人混みにもまれ身動き出来ない。
仕方なくマンションに戻る。



110 :本当にあった怖い名無し:2008/04/14(月) 11:42:18 ID:r5BpJQ0yO
自宅に帰れば異臭は届かないだろうと安堵する。
エレベーターのボタンを押す。
表示は50階。
なかなか降りてこない。
焦る男。
ようやく動いた。49…48…47…何故か一階一階止まる。

異臭により半狂乱になる男ボタンを連打し続ける。
相変わらず39…38…37と停止する。
意識が遠退く。
マンションの入り口にはハンカチで口を押さえ中へ入れてくれと叫びドアを叩く人たち。
ようやくエレベーターの扉が開く。
中には完全防備した男が異臭薬品の瓶を持って立っている。
犯人はマンション50階住人。
最初ベランダから薬品を撒き散らし、さらに各階にも撒いてきたのだった


111 :本当にあった怖い名無し:2008/04/14(月) 14:29:10 ID:oelDuCqt0
>>104
これは確かかなり初期の世にも奇妙に似た話があったよ。
タイムマシンの完成時期を巡って科学者らが無限ループになる話。

112 :本当にあった怖い名無し:2008/04/14(月) 19:27:04 ID:8xFht9ek0
>>109-110
わざとらしい不思議世界を作らず、日常に起こりうる恐怖と意外性が
シャープに組み立てられていて良い


113 :本当にあった怖い名無し:2008/04/14(月) 20:52:12 ID:r5BpJQ0yO
>>112
ヾ(´∀`)ありがとうございます!
携帯からなので読みにくい上に文がめちゃめちゃだったのに
嬉しいです
また挑戦しちゃおうかな


114 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 05:15:09 ID:zF/9v3c10
書き手さんがんばって!
どれも映像を思い浮かべながら読ませてもらったよ〜。

115 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 12:37:31 ID:ja626MhaO
あげ

116 :1:2008/04/15(火) 14:24:26 ID:YkFxmNQ60
親友の武志(仮名)の父親は焼却場の職員、ゴミではなく遺体の焼き場。
田舎なので仕事もたまにしかなく殆どが待機、それゆえ
そこは武志の家族だけで運営しており、武志も休みの日は手伝いをする。

興味本位で焼き場って怖い事ないの?と聞いた事がある
「焼いてる時覗き穴から確認するんだけど、棺おけの中から叩く様な音がする事がある。それが一番怖い」と
話してくれた。

ある日武志が顔にアザを作って学校に来た、
「昨日おやじに殴られた、普段酒なんか飲まないの珍しく酔って帰ってきて、母親に絡むから止めたら殴られた」
その日以来武志のアザは増えていく、訳を聞くと
「あの日以来父親が毎日飲んで帰って来るようになった、どうやら仕事で嫌な物をみたらしくそれを忘れる為に飲んでいるみたい
母親にも絡んで暴力も振るようになった」
その嫌な物ってなに?
「気になって父が毎日つけてる作業日報を読んだ、すると始めて飲んで帰って来た日のページだけ破ってあって良く解らない」
夏休みになり武志から電話
「健太(俺)たすけて一緒に来て、家に来て」

117 :2:2008/04/15(火) 14:26:52 ID:YkFxmNQ60
訳も分からず家に行くと武志も誰もいない、玄関に「焼き場にいます。」と貼り紙
焼き場に着くが誰もいない、机の上に作業日報と夏休みの日記が置いてある

日記をめくると破れた紙切れが落ちてきた。
7月15日 9時   搬入 参列者、妻
      9時05分 覗き穴から見ると棺おけが動いている、急いで火を止める棺おけを出す
           全身大やけどで手遅れだった、最後によく聞き取れなかったが
           ”妻だ復讐してくれ”と腕を掴まれた。
           まずい事になった、事故とはいえ責任問題になる。

      11時  消火、参列者 骨引き取りに現れず。

震える声で武志を呼んだが返事がない。
夏休みの日記をめくる
7月21日(晴れ)母がいない、何処を探してもいない。おやじに聞いても解らない。夜まだ帰ってこない
夜中におやじが酔って帰ってきて殴られた。

7月22日(晴れ)母の居所が解った。
ここで日記は終わっていた。

武志と叫ぶが返事がない。
今度は日報を読む
7月21日 10時 搬入 参列者、夫
      12時 消火

7月23日 9時  搬入 参列者、子
      11時 消火

7月24日     搬入 参列者、親友

そのとき背後から  
「おい」

118 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 15:04:46 ID:KfjxvmD9O
>>116
世にも奇妙っぽい
GJ!!

119 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 15:20:12 ID:/EIXjLvvO
>>99
頭大丈夫かオモタ

120 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 15:27:02 ID:XTRxLwin0
>>116

シンプルだし、最後もちょっと含み持たせてていいと思う

121 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 16:43:12 ID:mR62cly/O
>>116なんか意味わかんない
説明して



122 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 16:53:31 ID:UbO9fv8KO
>>121
もうスレに来るなよ、な?

123 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 17:00:03 ID:4I47uMY50
25 名前:既にその名前は使われています 本日のレス 投稿日:2008/04/15(火) 16:05:40.75 sdyz+YOE
名探偵、この謎を解いてくれよ


ttp://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa1380.html


124 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 18:27:07 ID:YkFxmNQ60
連投すまんの かるいのを1つ

念願の超大企業の本社に就職が決定した。
大学の先輩から「会社で出世したければ、誰よりも早く出社しろ」と教えられた。
初日から気合を入れて9時始業のところを8時に出社した
甘かった既に何人も居た。
翌日、7時に出社 甘かった既に2人来ていた。出世の道は厳しい。

翌日、6時半出社 流石にまだ誰も居ない     と思っていたら既に一人居た。
この男性どっかで見た事があるような記がするが思い出せない。

翌日、6時に出社 始発に乗ったしまだ誰も居ないはず   と思ったらやはり一人居た。
昨日と同じ人、年配の男性が一人黙々と皆のゴミを集めていた。

思い切って声をかけてみた
「お早いですね、僕始発で来たのに僕より早いなんて何で出社されてるのですか?」
男性は豊田と名乗り
「寮から自転車で来てる、君はなんでこんなに早く出社してるんだ?」

「大学の先輩から”会社で出世したければ、誰よりも早く出社しろ”と言われて」

「よい心掛けだ、でも早く出社するだけではダメだ、早く来て誰も見ていない間に
机を拭いたりゴミを集めたり人の気が付かない事をする、それが自分の徳となって
出世するかも知れないぞ」

125 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 18:28:36 ID:YkFxmNQ60
翌日から始発に乗り、豊田さんと一緒に机を拭いたりゴミを集めたりした。
しかし、次第に朝の早さが祟って寝不足になり大事な会議で居眠りしたり、
単純なミスをして上司に怒られるようになった。
それでも、豊田さんの言葉を信じ始発に乗り出社してがんばった。

数年後、同僚は課長に自分は後輩の係長にも居眠りを注意されていた。

ある日、同僚の課長呼ばれ
「いつも眠そうだが、いったい何時に寝てるんだ?」とこっぴどく叱られた
言うまいと思っていたが我慢が出来ずに
「朝始発で来て豊田さんとゴミ集めたりしてます、人が見ていない所でがんばっています。」
とつい言ってしまった。
「豊田さんて、あの豊田さんか?」
「はい」
「おまえあの人しってるのか?」
「はい」
「じゃあ、あの人が我が社で一番高齢の平社員だって事も知ってるな」
「・・・・・・・・え?」
「居眠りばっかりして仕事しないから、平社員のまま定年退職のはずだ」



終わり

126 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 19:20:54 ID:qYm/rkMfO
>>124-125
上手いな、いいね
豊田さんはぜひ阿藤快におながいしたいww

127 :本当にあった怖い名無し:2008/04/15(火) 20:42:32 ID:VZTGy4DY0
>>124
これと酷似した話をかなり前に見た気がする
世にもではなかったかも

128 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 00:08:15 ID:AvNFIKtzO
いつもの様に目が醒めた、見えるのは見慣れた天井。
…のはず、だが今目の前に広がっているのは、一面に広がる水色の空。

「何だ…?」
自分でも意外な程、冷静に起き上がる。
周りを見渡す。ただひたすら地平線が広がっている。

こんな状況でもパニックにならない自分を不思議に思いつつ、更に周りを良く見てみる。遠くに薄ぼんやりと何かが見える。
『ここに居てもどうしようも無いな。』
思い立った俺は取り敢えずその方向に歩く事にした。

歩き始めたはいいが酷く足音が響く。まるでホールの中でも歩いている様だ。

まぁ暫く歩くとそんな事も気にならなくなった。


129 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 00:13:45 ID:AvNFIKtzO
段々とぼんやり見えていた影がはっきりしてきた。

「ダブリュウ?」
見えてきたそれはまるでアルファベットの『W』の様だった。と言うか『W』その物だ。
その瞬間『W』が頭上を通り、何処かに消えて行った。
流石にパニックになる。

「な、な、何だ!?」
そう叫んだ瞬間。頭を『何か』に掴まれ引っ張り上げられた。そして掴まれたままもの凄いスピードで何処かへ引っ張られて行く。

「※☆▲#Ω×%!?」
理解できないまま掴まれた『何か』に身を預ける。

流れる景色の中で、一瞬地上に何かが見える。
「I…E…?EX…L?」


130 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 00:19:44 ID:AvNFIKtzO
目が醒めた、しかし寝た覚えは無い。

目の前が妙にチラツク、身体の動きもかなり鈍い。
一瞬目の前が真っ暗にブラックアウトし、次の瞬間に目も身体も調子が良くなった気がする。

「あなたぁ、もう時間よぉ。」1階からの妻の声で我に還った。
「早くしないと電車の時間に遅れちゃうわよ〜。」
「そうか、出掛ける準備をしてたんだっけか…」

『…疲れてるんだな、きっと』と自分に言い聞かせ、さっきの事を忘れようとした。

ネクタイを結びながら、ふとPCに目を落とした。

『WORD』『IE』『EXCEL』

「バグ?まさか…ね」

俺はPCを落とし姪の結婚式に出掛けた。


<ログオフする>

131 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 01:16:01 ID:BKPXnqOg0
>>124
面白い。
けど、世にも奇妙な物語って言うよりショートショートに近いような。

132 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 01:44:23 ID:122RLyk/O
>>121
IQ32の俺もわからん。意味がわかったら教えて。

133 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 08:37:13 ID:yV9z8F+20
>>132
世にも奇妙的な話は解説するようなものではないので
訳解らん奇妙な話で結論づけてください。



解りにくく書いてしまったのは俺の修行が足りないみたいですね。
父の一周忌がある7月15日までROMります。

134 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 08:59:28 ID:Q1JT0vSlO
>>116最後に声かけてきたのは誰?

主人公は自殺したんでしょ?


135 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 09:12:31 ID:+YEWS2h50
>>116-117
ネタとしてブラックで味わい深くもあり面白い
間接的に死を仄めかす演出が、虚を突いていて良い
最後の締め方など、改良の余地がありそう

>>128-130
これも一瞬のスパイスが効いていて面白い
特に不幸になるでもなく、人生が変わるでもないが、さりがけなく
通り過ぎる非現実の体験が、逆に鮮烈な印象を持たせている

136 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 09:21:25 ID:Q1JT0vSlO
妻の浮気を知って荒れた父が浮気相手を焼いた

それを知った妻が夫と口論になり
夫は妻を焼いた


夫は息子に焼かれた

息子は自殺
その直前に親友を呼んだ


でいいの?


137 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 09:23:01 ID:Q1JT0vSlO
あ、でもそれなら最後の「おい」は誰なんだろ

やっぱりわからない

138 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 09:39:39 ID:122RLyk/O
>>136
妻の浮気を知って荒れた父が浮気相手を焼いた

焼かれた男の参列者が自分の妻?…これはおかしいでしょ。

139 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 09:53:47 ID:14OXftrk0
>>117を俺も説明しようと見てたらわからなくなったw


7月21日 10時 搬入(武志母) 参列者、夫(武志父)
      12時 消火

7月23日 9時  搬入(武志父) 参列者、子(武志)
      11時 消火

7月24日     搬入 参列者、親友 (自分)

そのとき背後から  
「おい」 ←いきたまま焼かれた男の妻?今度は自分が焼かれる?証拠隠滅の為?


って思ってたけどなんとなく違うような気がしてきた

140 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 10:29:07 ID:yV9z8F+20
ネタバレするわ

7月15日 9時   搬入 参列者、妻
で妻の記述がわかりにくかったかと思い
>>133で焼かれた男の子供を出し、別家族としての視点を加えた。

>>139の認識でおk
加えるなら>7月24日     搬入 参列者、親友 (自分)or
(武志)

>「健太(俺)たすけて一緒に来て、家に来て」の一緒に来て
と7月24日の時間が空白より健太道連れの可能性

141 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 10:39:05 ID:14OXftrk0
>>140

ネタバレありがとう。

1つ言っておくと、こうやって結末に関していろんな解釈や憶測、
わからないという意見が出る時点で
このスレ的には優秀な作品だと思う。乙でした!

142 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 13:41:11 ID:KpxNZnVk0
はじめまして僕も少し書かせてもらいます。

男はイライラしていた。自分の会社がうまく行ってないからだ。いつもの食卓は相変わらず暗い。昔はもっと明るかったはずだ
イライラした様子で家族を見る、娘は暗い顔をしている、妻は笑顔だが人の顔色を伺うような造り笑顔だ。
「飯のときぐらいもっと楽しそうにできないのか!!」男は思わず怒鳴る、娘は下を向くと
「ご馳走様」と部屋を出て行く、妻は謝りながら食器をかたす。
「・・・・・もういい」男はそう言うと部屋に戻りベットに入る

ー人の形ー

朝、目を覚ますと家族の笑い声と話し声が聞こえる、男は階段を降りリビングへと向かうと
妻と娘が楽しそうに会話をしている、さらに、いつも自分が座っている席に一つの人形が置かれていた
「でねパパ、あっきーったら・・・」娘が人形に話しかけている。
「もうその辺にしなさい、早くしないと学校に遅れるわよ」「は〜い、じゃぁいってくるねパパ、ママ」
娘が出て行こうとした瞬間
「何してるんだお前ら!!!」男が怒鳴る、しかしだれも男を見ない。
「?なんだってんだ?」そんな光景にあっけにとられながら男が気がつくと
娘も妻もどこかに消えている。
狐につままれたような気持ちで、仕事場に行くとそこには

143 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 14:18:06 ID:KpxNZnVk0
やはり人形が自分の席に座っている、さらに、その人形に対して
「社長、この件なんですが・・・・」「社長」「社長」
自分の部下たちが話しかけている。
初め男は怒りを覚えるが、ふと従業員たちを見て、ここ数年こんな笑顔を自分は見てないことを思い出す。
「俺は今まで全部自分ひとりでやってきたと思ってた、だが本当は最初はこうやって皆と頑張って来たんじゃないか」
心の中でそうつぶやくと 「これはきっと、神様だかなんだかが俺とあいつを入れ替えちまったんだな」
と、気づき、元自分の部屋にもどる。 「神様、俺、人間に戻ったら、きっとまた最初のころみたいな俺に戻るよ」
そうつぶやく男の様子を、隠しカメラで妻や娘、そして部下たち見ている。
「ほんとにこれでうまくいくんすかね?」「・・・大丈夫、パパ根は単純だから」
そう言って皆が男の部屋に行き男を起こそうとすると


部屋には人形が落ちていた。

終わり

144 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 15:00:41 ID:14OXftrk0
>>142-143

乙でした!

俺は結構この話好きだわ。
オチに意外性がないけど、逆に変に捻ってないのが良いと思う。



145 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 15:01:34 ID:122RLyk/O
いかがでした?
世にも奇妙な>>142-143


え!?つまんなかった?

てめえは二度と読むなーーーーーッ

死ねーーーーーーッ!!!!

146 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 20:55:28 ID:+YEWS2h50
>>142-143
いかにも世にも奇妙らしい題材で、世にも奇妙らしい展開が上手い。
切なさを含む結末で、一筋縄にハッピーエンドといかないところも秀逸。

147 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 20:58:01 ID:qsN9Sgi70
ID:KpxNZnVk0 GJ



148 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 21:08:47 ID:xdAj3Uvp0
ある農家では、畑に忍び込んでスイカを食べてしまう奴がいるのに手を焼いていた。
いい対策はないかと知恵を絞った末、最高のアイデアを思いつき、看板を作って畑に貼り出した。

翌日スイカ泥棒が畑に来てみると、看板は次のように書いてあった。
「!!警告!! この畑に、青酸カリ入りのスイカ 1 個あり」
その翌日、農夫が畑に出てスイカを確認すると、はたして1つも盗られていなかった。
ただし、看板には次の文句が書き加えられていた。

「今は2個」

149 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 21:16:19 ID:OF9A2G36O
あかん
オチの意味がよくわからん
所々言葉がおかしい事を抜きにしても・・・

結局その男の思いは届いたって事?
会社に戻ればそこにいるって事?

150 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 21:17:27 ID:L19qozghO
うーわ出荷できねw

151 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 21:19:30 ID:kXY+BnzE0
>>142-143
GJ!捻くれてるのが「らしくて」いい!

152 :本当にあった怖い名無し:2008/04/16(水) 23:23:26 ID:CsvZZfVD0
>>142-143
>>148

GJ!!

>>149って142-143のこと?
要するに、会社家族みんなでグルになって、わざと(男を無視し)人形に笑顔を向けて応対し、
その情景を見た男が己の態度を反省するよう促して成功した?という話、だと思う。

153 :本当にあった怖い名無し:2008/04/17(木) 00:07:11 ID:+5MCw0pd0
>>148
この話ブラックジョークスレとかでよく見るな。


59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)