5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?191

1 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 20:02:21 ID:gmxYc9Bm0
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
 ・ジャンルや、事実の有無は問いません。
 ・創作も歓迎です。
 ・要は最高にこわけりゃいいんです

【重要ルール】
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・感想はOK。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

 まとめサイト・投票所       (モバイル版)         まとめミラーサイト
http://syarecowa.moo.jp   http://090ver.jp/~usoriro/  http://mirror.bake-neko.net/

○余り怖くない話と思うなら「ほんのりと怖い話」スレへお願いします。
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/

※スレ違いな投稿・雑談はこちらへ
【荒らし】洒落怖第十壱別館【禁止!】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1191780262/

前スレ
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204887056/

2 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 20:29:08 ID:y8fDkQwP0
2げとー!!!

3 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 20:53:23 ID:MyfcoQ760
3げと。>>1

4 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 21:37:38 ID:xR/cHzGN0
前スレ>>986気になるって言ったお前が悪いんだからな!
ごめん文才ないからどっか矛盾するかもしれない

5年位前に馬鹿野郎達20人ぐらいで樹海でサバイバルゲームやったのよ
青春時代だった俺達は怖いもの知らずで「死体みつけたら撃とうぜ」とかふざけ半分で言ったりなんかしてた
ちなみに全員サバイバルゲーム経験済み、念のために携帯電話のほかに無線機(ch式の免許要らない奴)
で、サバイバルゲームを開始した
雰囲気を出すためにバトルロワイアル形式で
といってもズルはしてた、数人とその無線機で連絡とって挟み撃ちにしたりとか
いつでも連絡取れるようにイヤホンつけた状態で常に受信できる状態にしてた
3人でチーム組んでたんだけれど敵が数人で来たから俺はとりあえず隠れた
強気の二人は突っ込んでいったんだけれどまもなく殉職
結局俺一人で移動することになった
少しして電話が来た、友達からだったんだけど
「テレビの人にみつかって俺らのエアガンとか見たら怒られたからとりあえず車止めた場所まで来て」
とか言ってた
樹海ってのは怖いね、元の場所に帰りたいのに場所がわからない
なんとなく歩いた(と思われる)場所を戻った
コーラの開いていない缶が落ちていたのは覚えているんだけどその先辺りで急に無線機に変な声が入った
狂ったように高い笑い声がノイズに混じって聞こえた
最初は車に戻る仲間がふざけていると思って俺も「今どの辺?」って聞いたんだ
そしたら女性の声で「うん」って聞こえた、サバイバルゲーム仲間に女性はいなかった
TV局の人かと思ったがすぐに違うと思ったまた狂ったように笑い始めた
怖くなってイヤホンを外して走りながら車に戻ろうとしたが途中で首吊り用のロープ?があった、人は引っかかっていなかったけど
驚いて立ち止まったけれどまた恐怖心が蘇って走った
見たわけじゃなくて感じただけなんだけど、ずっと何かが併走してた気がした
迷って10分ぐらい走ったらソーセージ食いながら車に戻る仲間を発見
一緒に車に戻った、もうテレビ局の人はいなかった
車の中で迷彩服を脱いだときに友達が迷彩服の中の肩に長い髪の毛を見つけて取ってくれた
その毛は30cmはあった、母親は10cm位だし彼女はその頃いなかったし勿論野郎にそんな長い奴はいないしさ

5 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 21:38:21 ID:xR/cHzGN0
文字数オーバーした

車4台あったんだけどさ俺前から二台目に乗ってたのよ
まだ免許持ってなかったし後部座席に乗ってた
時間余ったしドライブと観光しようとかって話で樹海の隣の道走ってた
後ろが急に凄いブレーキ音?してびっくりして後ろ見たら3台目止まってた
4台目とスレスレで止まってたみたい
4台目の運転手めっちゃ怒っててさ
3台目の運転手が青い顔で人ひいたとか言ってんの
でも人もいないし車も凹んでないしさ
危ないから運転手変わって走った
運転手は確かに人と人ひいた衝撃と感じたらしい
面影は黄色い服着ててそれ以外に特徴は覚えてなかったらしい

これ以降変な出来事はなかった

後日日本テレビかTBSかどっちかで迷彩服を着て中腰で歩く仲間の姿が放送された

6 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 21:40:54 ID:6gyW3UV90
書かないほうがよかったなw
人のせいにして下らない話書くのはやめよう。

7 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:04:31 ID:+DSF8Hq+O
中学時の話
部活終わって片付けて、部室へ行く途中。
みんなで少し離れたところから先輩達の後を歩いてた。
私は歩いている時、何故か先輩達の姿に違和感を感じていた。
すると急に一人が言った。『何か、多くない?』
ゾクッとした。その場にいた、みんな思っていたらしく怖くなった。

薄暗く見えにくい中数えてみると20人くらいいる。先輩達は八人だし。
でも、先輩の後ろにまぎれて黒い人達がいる。
みんな走って違う廊下を通って部室にいった。
まじ怖かった(:_;)

他にも中学時代は変な体験した。



8 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:08:12 ID:qRGFyetA0
パッ    パッ    パッ    パッ    パッ   パッ
[1乙]  [1乙]   [1乙]   [1乙]  [1乙]  [焼き豚]
 ‖∧∧  ‖∧∧ ‖∧,,∧ ‖∧,,∧ ‖∧∧ ‖∧∧
 ∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)∩・ω・`)
  (    ). (    ). (    ). (    ). (    ) (    )
  `u-u´  `u-u´   `u-u´  `u-u´  `u-u´  `u-u´


9 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 00:40:57 ID:fqgZDoWjO
>>1

10 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 01:57:18 ID:Dy6C7COIO
スレ違いかもしれんがまとめにある禁断のビデオって話

ものすごい直感なんだが・・・鮫島?


11 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 02:29:56 ID:Am5jHa5h0
>>10
おまいの直感はそんなモンだ

12 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 05:45:12 ID:drFHDAOPO
>>5

乙 なかなかよかった お

13 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 06:42:35 ID:uFf/hp3M0
最近怖い体験しました
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1206381104/

14 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 08:07:43 ID:17cswzVf0
ある男がガソリンスタンドに行き給油してもらうと店員が凄い形相で車内を睨んでいる。

会計をクレジットカードで済ませようとすると「このカードは不正だからすぐに降りろ!」と言われ男は事務所へと連れて行かれた。

「不正ってどういうことですか?身に覚えが無いのですが…」






するとさっきまで怖い顔をしていた店員の表情が変わり、心配そうな様子で「あなたの車のバックシートの下にいる包丁を持った男性はお知り合いですか?」

15 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 08:15:41 ID:pqMjIpSX0
>>14
シャレコワってか店員の手際のよさに感心してしまったw

16 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 08:20:42 ID:fRkJuXCz0
>>14改変じゃない、これ?

17 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 08:46:29 ID:oLQO5syr0
前スレの/78の45〜55辺りを下さいです。

18 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 09:06:36 ID:g1n1TvJk0
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1206402326/
此処に移動しようぜ、武蔵水路について語ろうよ!!!

19 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 09:08:29 ID:g1n1TvJk0
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1206402326/
此処に移動しようぜ、武蔵水路について語ろうよ!!!

20 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:28:36 ID:QSUdeVJ+0
>>14
懐かしいなその都市伝説

21 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:35:56 ID:QSUdeVJ+0
>>17
よく分からんが前スレhttp://www.csync.net/service/file/view.cgi?id=1206408927

22 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:42:37 ID:CkEti9Ev0
リアルな人形って怖いよな。
口の中に歯までちゃんと作り込んでいて異常に生々しい。
その時、ふと思い出したんだ、もっと凄い歯をもって動きまわるやつを。
たぶん知っている人も多いだろうと思う。
http://www.amanone.com/diary/archives/w_and_g.jpg

23 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:52:01 ID:pYQekGFI0
>>22
君にとっては死ぬほど洒落にならないの?コレ

24 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 11:05:58 ID:S/2GNN4rO
>>23
あんま冷静に責めたらかわいそうだろ…

25 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 11:35:05 ID:JUclrYtxO
>>5 よく意味がわからんのだけど「実はホントに人ひいてた仲間が後日タイーホされた」って事?

26 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 12:39:23 ID:QSUdeVJ+0
>>22
なんだよこれ・・・まるで生きてるみたい・・・

27 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 12:46:53 ID:eazveIhw0
>>25あたり

28 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 14:19:41 ID:VIyF2AoJO
まとめサイトで
皆が一番怖いと思ったものや
おすすめを教えてください

29 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 14:34:40 ID:bgbE+R5b0
重複本スレあげ

30 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 16:37:34 ID:QSUdeVJ+0
>>28
殿堂入り読んどけばいんじゃね

31 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 16:57:17 ID:WVRT/FWKO
>>28
管理人オススメに入って無い奴なら
「ぐにゃぐにゃおばさん」
「臨時放送」
が不気味で結構好き。

32 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 17:00:11 ID:zYdD3RHIO
死にたいです…死にたいです…死にたいです…死にたいです…死にたいです…死にたいです…死にたいです…死にたいです…死にたいです…死にたいです…死にたいです…死にたいです…

33 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 17:43:22 ID:LtRcsaob0
死ねよ

34 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 19:41:46 ID:u1pGuord0
久しぶりなんだけど、最近師匠シリーズ上がってない?

35 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 23:43:07 ID:vnBIZWT30
>>22
俺の部屋には紅茶をよく飲む赤いドレスを着た人形がいつもいるんだぜ。
しかも自分の意思で動く!!

36 :恐怖の広末涼子:2008/03/25(火) 23:47:59 ID:wjKtQM3J0
7年くらい前の話なんだが・・・
地元の友達5人で正月休みに旅行する事になった。俺等が住んでるとこは風俗もないようなド田舎でどうせなら昼間は観光地でもまわって
夜はムフフなお店に行こうじゃないかということになった。
そして当日。昼間は観光地やら地元にはないような巨大なデパートやらを見てまわりそれなりに感動みたいなものを覚えていたが、この後
のメインイベントの事を考えるといても勃ってもいられず、ちょっと早いが行ってみますかという事になった。まぁその後はソープでみんな
魅惑のお風呂を満喫し、その日は満足。という事になるはずだったのだが、1人だけ凄く不満そうな奴がいた。ソイツ(以後R)はソープは初めてで
緊張していたせいか、イケなかった。というかあんまり勃たなかったというか・・・・・。
それでデリヘルでも呼べばよかったんだけど、なぜか俺たちは出会い系に手を出してしまった。普段出会い系とか見ても地元で出会える
可能性0みたいなトコに住んでたせいもあったと思う。
んで早速適当なサイト見つけて投稿。最初はろくな返事なんて来ないだろうと思っていた俺たちだが予想に反して何通かメールが送られてきた。
その中でも画像付きのメールにRが食いついた。相手の年は18歳。顔は広末涼子似(っていうか今考えたらそのまんまの画像だったのかも)
それでいてDカップという文句なしのメスだった。早速返事を打ちわずか15分くらいで逢う約束を取り付ける。
現物はどれほど可愛いんだっぺか?と気になった俺等はとりあえず待ち合わせ場所の近くで監視。 

37 :恐怖の広末涼子 完結:2008/03/25(火) 23:48:28 ID:wjKtQM3J0
そして待ち合わせ場所に到着して5分くらいした頃。緊張しているのか下を向いていたRの前に女神が現れた。
俺等の地元では拝めないルーズソックス。風になびくロングヘアー。明らかに学校指定じゃねーだろうって感じのピンク色したセーラー服。
ミニスカから伸びる毛深い足。どこまでが額ですか?と聞きたくなるような生え際を伴った8万年前のヒゲの生えた広末涼子。
俺等( ゚д゚)ポカーン。Rも( ゚д゚)ポカーン。オッサン(゚∀゚)ニコーン。 
次の瞬間本能で都会の恐怖を悟ったRが俺等に向かってダッシュで逃げてきた。オッサンを後ろに引き連れて。
俺等も逃げた。友達を見捨てて。このオッサンはなんなのか?とか、どうやってここまで来たのか?とか警察は何をやっているんだ?とか
そんな事はもうどーでもよかった。初めて味わうこの恐怖から一秒でも早く逃げたかった。
とりあえず俺たちはタクシーを拾ってホテルまで辿りついたのだが、Rは散々笑顔のオッサンに追い掛け回されたあげく
交番に駆け込みなんとか助かったと言っていた。
幽霊とか妖怪とか宇宙人とかよりね、オッサンが怖い。オッサンていうか都会が怖い。もう二度と都会行きたくないと思ったそんな旅行だった。

38 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 00:09:38 ID:QVCCUY8Q0
厨房のころに見た小柄な野良猫を狩るカラスが怖かった。あいつら知能高すぎ
群れで囲んですばやい猫を翻弄し隙ができたら数羽が攻撃、上に乗って爪をつきたて嘴での猛攻
悲鳴を上げて苦しむ猫にさらに他のやつらが波のように押し寄せて猫自体が見えなくなる
その時一匹のカラスがこっちを見てんだよね。なんか変な泣き声立ててるし。
俺はびびって逃げた。あそこにいたら俺もああなりそうな気がした
次の日いくと雑巾のようになったネコの姿があった。カラスは流石にいたことにはいたけど2羽ぐらいだった
変なカブトムシのメスみたいなのも沸いててまじで臭くて辺り中に色々なものが飛び散ってるし蝿もすごいわで俺はここでも足早に退散した
図鑑とかでカラスに食われて首が千切れた猫の写真は見たことが在るがあそこまでぐちゃぐちゃにやるとは
あいつらは群れるとマジで人間も殺しかねんぞ

39 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 00:21:41 ID:+BsdDMdR0
>>37
面白いけどスレ違いにも程があるw

40 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 00:41:33 ID:yznORDTA0


41 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:55:07 ID:GYycGvNg0
今から10年前、日本中が大不況に苦しめられていた頃の話。

ある会社がリストラを行うことになった。上司から遠まわしに
早期退職に応募することを促された中年の男性社員は、絶望して
発作的に3階の窓から飛び降りた。だが彼は死ななかった。
3階程度の高さでは死ねないこともあるのだ。彼は病院に
担ぎ込まれた。意識を取り戻した彼は家族から叱責され、
自分のしたことの愚かさに気付き、何とか新しい仕事を
見つけられるように頑張ろうと決心した。

だが次の日、彼は容態が急変して亡くなった。悲劇はここ
からである。病院に担ぎ込まれて一度意識を取り戻して
いるために、彼は「自殺」ではなく「事故死」とされた。
それも彼自身に大きな過失がある事故である。その結果、
遺族への労災保険からの給付金が大幅に減額された。
彼自身が死亡しているので、会社側から退職金が
支給されることもなかった。

一方、会社側は社員全員に生命保険をかけていた。
社員が死亡した際に、その損害を埋め合わせるために
会社に対して保険金が支払われるのである。会社は
彼の死を理由として規定通りの保険金を受け取った。
もうすぐ辞めてもらうことになっていた彼の死を理由と
してである。

42 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:57:24 ID:GY7T4X1v0
まっちゃん後ろ禿てね?
http://img397.imageshack.us/img397/8428/drunkdriver31ot.jpg

43 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:03:28 ID:58AwH+Y80
勘弁してよ

44 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:04:25 ID:5BanwHUvO
>>42
グロ注意

45 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:13:18 ID:5MgUVXSUO
自分の住んでいる所は田舎で街中から帰るときは結構時間がかかる。だから早い車は80キロ以上でてることがある。うちの親も70キロはだす
街中から家に帰る途中、火葬場がある。火葬場でデルっていう話は有名ではなかったかし、死んだ人に失礼と思ってたから怖いと思ったことはない
小さい頃、母に「お母さんて幽霊みたことある?」って聞いたことがある
すると「夜中に火葬場の近くのトンネルのとこで三輪車に乗った子供を見た。でも車と同じぐらいの早さだったから怖くて顔が見れなかった」って言ってた
火葬場の周り数キロは何もない

過去の四足の子供っていうのを見て思い出した話

46 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:46:38 ID:GY7T4X1v0
?????????  ????????

47 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 07:32:53 ID:hack0EvX0
>>45
自分の住んでいる所も田舎で、街から帰る時は火葬場の横を通ります
数年前に火葬場の近くのトンネルを原付で通った時に
1分位で出られるトンネルなのに出口が無くなって、止まるわけにもいかず10分位ひたすら走り続けてた
そのうちトンネル内の歩道を歩く
真っ白い着物、頭に三角の布をつけたおじいさんとすれ違った。

その後すぐにトンネルから出られたが、トンネル出口の信号待ちで知り合いと会った
前は誰も走っていなかったのに信号待ちの車は数台いた

似たような状況での話だったから書いてみたけれど
あんまり怖くはないですね

48 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 07:44:08 ID:JGGXDDRNO
周り数キロになにもないのにトンネルを走っていたというのがすごく怖い。

49 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 08:15:55 ID:exKd5x3W0
過去ログの話見て思い出したって奴が多いけど、「思いついた」の間違いじゃね?

50 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 09:56:53 ID:+2XPrD+O0
駅前に新築の高層マンションが建ったが、半年経過した今も一戸の入居者がない。
このマンション完成直前に、一人の作業員が、最上階から謎の転落死事件があり、
警察はいまだに事故死か自殺か他殺か結論に至ってないようだ。

完成後はモデルルームでそのマンションの販売会社の社員が首吊り自殺していた。
売れなくなった原因は、そのモデルルームに案内された客(4人家族)が
その自殺現場をモロに見てしまい、たちまちその噂は広まっていってしまったからだ。
その自殺した社員は「ここは何か気持ち悪いからやりたくない」と言ってたらしい。

その上、このマンションのエレベーターは、防犯上かデザイン上か知らないが、
後面ガラス張りで、外から中が見えるようになっていて、3基ある一番右端の
エレベータが(誰も乗ってない)夜中に動いてるのを見た人は何人かいるらしい。
勿論、出入り口はオートロックになっているが、それ以前に入居者がいないので、
電気はすべて止めてあるにもかかわらず・・・

51 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 11:05:41 ID:/zuwrfRd0
入居するから住所教えてくれ

52 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 11:07:59 ID:R7HIrfkn0
>>50
東京の金町駅前ですな。

53 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 11:10:55 ID:SQBDMZYd0
もちろんw

54 :霊感2:2008/03/26(水) 11:49:13 ID:Uvbd7NA50
先に断っておきます。長文ニガテな方はスルーして下ちい。

TVに出るような、スゲー霊能者が、霊感100あるとしたら、ワタシは多分
2ぐらいの霊感しかないと思う。(適当な考えだがw)

ワタシの周りには、ワタシより幾分、霊感の強い友達が数名居るんですよ。
で、オカ板の方達なら解って頂けると思うんですけど、霊感の強い人の側に居ると、
普段より霊感ってアガりません?

ワタシは普段2くらいなんで、霊の姿も視えないんですが、その霊感強い系友達と一緒に居ると、
視えたりすることがあるんです。そんなワタシの霊体験を記しますね。

当時、ワタシは彼氏と別れたばっかりで、その後すぐ「ちょっとつきあってもイイかな?」みたいな
男の人とであったんですけど、その人『視える』人で(私の周り結構そうういう系が集まる。w)
まぁ、当時頻繁にウチ(実家)に遊びに来てたんですよ。

その頃、ワタシ、その人(以下T)には言ってなかったんですけど、『台所』が
異常に気になってしかたなかったんです。
帰宅、あるいは出掛ける時、玄関から自室へ行くには、必ず台所前の廊下を通るんです。
すると、絶対何か台所に『人の気配』がするんですよ。
正確に言うと『背中を向けたロングヘアーの女の後姿の黒い影』が、台所の入り口に掛けてある
のれんの向こう、入り口に直線的に立ってるのが、チラッとだけ目に入るんです。

でも、ちゃんと視ようとして見ると居ないんです。


55 :霊感2:2008/03/26(水) 11:50:19 ID:Uvbd7NA50
気になってはいたんですけど、所詮ワタシは霊感2(wの人間ですから「気の所為だろう〜」
ある日またTがウチに遊びに来たんです。
で、Tが家も遠いし明日も仕事だしで、帰るだんになったんです。
じゃあウチの前まで見送るかなって、2人で玄関まで行く途中
バッ!て2人共、同時に台所を見たんです。

居ましたよ。『黒い影』が。

って言うか、何の打ち合わせも無いのに、2人同時に台所を『見た』コトの方が、ワタシには怖かった。
「ねぇ…?」ってTに話しかけたら「ココじゃマズいから。」とか言ってTはワタシを促して外に出した。

外に出て「やっぱ何か居んの?」って訊いてみたんです。ココからTの話。

最初に遊びに来た時には『アレ』は既にキミ(ワタシ)のウチに居た。
オレ(T)が車をキミのウチの横に路駐してる時、必ず2階の廊下の窓からオレの様子を見ている。
(2階の廊下の窓は、高い位置にある小窓で、身長180cm以上あるか、台でも無ければ外は見れない。)
そして玄関の方へ回ると、既に塀の入り口の、向かって左側に立って、様子を伺っている。
オレはいつも無視してる。けど、どうやら『定位置』は台所らしく、ウチに入るとソコに居る。

「何で今まで言ってくれなかったの〜!?」ワタシ半泣き。
「…気付いてないと思ってたから。変に怖がらせてもアレだし。」Tは2階の廊下の窓を気にしてる。
「…何か『居る』って思ってたんだよ。…もしかして今もこっち見てる?」
「…うん…でもあんまり気にしない方がイイよ。」Tは2階の廊下の窓から目を逸らした。
「ところでさ…『アレ』は何?」ワタシは怖々訊きましたよ。
「『生霊』…だと思う。」
「ガクガク((((((;゚Д゚))))))ブルブル 何でそんなのがウチに!?」
「解らない…でも、多分…キミを訪ねて来る人が気になって『見てる』んだと思う。」


56 :霊感2:2008/03/26(水) 11:51:06 ID:Uvbd7NA50
ブッチャけ、心当たりが若干2名ほどあったんですよ。
1人は仲違いして連絡を取らなくなった16年来の親友。(霊感アリアリ)
もう1人は、先日までつきあっていた彼氏の奥さん。w
しかし、台所に立つ姿形は、親友だったコより、はるかに背が高いんです。
そして、話にしか聞いたコトのない、元彼の奥さんは、髪が長く、身長170cm近いらしいんです。
明らかに後者かな〜って思いましたね。もう別れたのに。
でも、別れたとか言いながら、ちょいちょいワタシのウチに遊びにきてましたからね。
ソレが原因で、Tにはフラれましたが、何故かTが来なくなってからは『アレ』が居なくなったんです。

…Tのお蔭でアガッてた霊感が2に戻って判らなくなっただけなのか、はたまたTが原因だったのか
(Tも×1でしたから。)今となっては解りません。w


57 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 11:57:30 ID:/zuwrfRd0
要約するとなんだ?

ビッチってこと?

58 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 12:12:23 ID:75mf/C5L0
>>57
そうゆうことじゃね

59 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 12:15:00 ID:FlFqgPCiO
泥棒猫の妄想

60 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 12:35:25 ID:xl6zK2Av0
>>57
何だ3文字で十分伝わるじゃないか

61 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 12:36:45 ID:AQO2Y9EuO
内容より書き方の下手さが気になる。

62 :霊感2:2008/03/26(水) 12:53:59 ID:Uvbd7NA50
また長文投下。苦手な方はヌルーして下ちい。

ワタシの友達にKちゃん(男)って人がいるんです。彼は霊感アリアリなんです。
そのKちゃんが、初めて霊を視た時の話です。

Kちゃんが小学校2年生の頃、やんちゃカマしまくりで、墓場で友達と遊んでたらしいです。
そして本人も「オレ、何であんなコトしようと思ったのかなぁ?w」と今になって言っても…
って感じのとんでもないコトをやったんです。

「オレ、他人の墓アバいて『骨』盗んできたんだよね。」ナンデスッテ━━(゚Д゚;)━━ッッ!
当時のKちゃん的には宝物でも盗ってきた〜ぐらいの感覚だったんだと思います。
Kちゃんは墓から取り出した『人骨』を、ウチに持って帰ったそうです。

そして、いつものように晩御飯を食べて、いつものように布団を敷いて寝たそうです。
それから夏だった所為もあるのか、何だか寝苦しくなって、夜中、急にパッ!と目が覚めた。
でも夏なのに妙に肌寒い。更に突然、キーンと体が動かなくなった。
「金縛りだ!!」Kちゃんは、その初めての感覚にも関わらず、直感的に思った。

目だけが動く中、Kちゃんは寝ている頭の上に気配を感じた。ソーッと視線を動かす。
Kちゃんの枕元には、知らないオジさんがKちゃんを見下ろすように立っていた。
「コレはあのお墓の人だ!!」Kちゃんは、またも直感的に気付いた。


63 :霊感2:2008/03/26(水) 12:54:44 ID:Uvbd7NA50
お墓のオジさんは、白い着物で、何も言わずKちゃんを見つめていた。
「ゴメンなさい!ゴメンなさい!ゴメンなさい!ゴメンなさい!」
Kちゃんは、泣きそうになりながら、目をギュッと瞑って謝り続けた。
何分かそうしている内に、気配が薄れ、金縛りが解けた。

Kちゃんはベソかきながら、腰が抜けていたので、四つん這いで走りながら祖父の元へ行った。
起こられるのは承知だったが怖くて怖くて、泣きながら祖父を起こし、事の顛末を語った。
「バカが!!」案の定怒られてゲンコツを喰らった。
しかし祖父はKちゃんを宥め「明日の朝、返しに行こう。」と言って、その晩は一緒に寝てくれた。

朝1番で祖父と墓に行き、Kちゃんは謝りながら墓に骨を返したそうです。
以来、許して貰えたのか『お墓のオジさん』は現れなかったらしいです。
でもKちゃんはそれ以降霊感に目覚めたとか。
けど、ワタシが「洒落にならん!」と思ったのは、Kちゃんのこの言葉でした。

「『幽霊視たいー!』とか言って、心霊スポット行くなんて、バカのするコトだね!
墓から骨盗んでくりゃ〜1発さあ!」皆さんマネしないでね。w


64 :霊感2:2008/03/26(水) 13:00:28 ID:Uvbd7NA50
>>57-60
アハハ、そうかもね。w
>>61
ゴメンよ、カキコ慣れてなくてヘタで。|ω・`)スマソ

65 :霊感2:2008/03/26(水) 13:22:58 ID:Uvbd7NA50
連投&また駄文投下。

でね、ワタシの友達のKちゃん(男)は、一卵性の双子のアニキが居たんですよ。
過去形なのは、残念ながらワタシがKちゃんと知り合った時には既に他界してたんです。

Kちゃん曰く「アニキをケツに乗っけてバイク走らしてる時、フッ…と思ったんだよなあ
『ああコイツもいつか死ぬんだよなあ〜。』って。…そしたら次の日、事故で死んだ。」と。
仲良かったらしいです。

でもKちゃんは「ホントにまいる。」と言ってました。
たまに枕元に死んだ双子のアニキが座っている、と。

「何か言いたいコトがあるなら言えばイイのにさあ〜、黙って座ってるんだよ。
最近、死んだジーちゃんもたまに座ってる。何か言えばイイのに、やっぱ黙って座ってる。
よくさ〜、TVとかで、死んだ身内が出てきて『ああ!よく来てくれた!』なんて言ってるけど
あんなの絶対ウソだよ!いくら身内でも、死んだ人間が出てきたら、やっぱり怖いよ!」

すごく生々しい話で、ワタシは怖かった。


66 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 13:47:24 ID:QZjdh5J3O
いい加減うざい

67 :霊感2:2008/03/26(水) 13:53:24 ID:Uvbd7NA50
更にヒマなので駄文投下。
コレ、霊とかじゃないけど、洒落にならんな〜と思った話。

ワタシの友達Kちゃんには、亡くなった双子の兄の上にもう1人兄が居るそうです。
その方は、ヒッキーで、ほとんどウチから出ない、ってか自室からも出ないらしいです。

ある日Kちゃんの彼女がウチに遊びに来たときのコト。
彼女が「ちょっとトイレ借りるね〜。」と、Kちゃんの部屋のドアを開けた。
たまたま向かいの自室に居た兄が、廊下に出ようとドアを開けたトコロだった。
彼女が笑顔で「こんにちは。」と言うか、言い終わらないかぐらいで
バーン!!とドアを閉めて自室に戻ってしまった。

直後ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン!!
兄は自室のドアを叩きまくってたそうです。
彼女ガクガク((((((;゚Д゚))))))ブルブル「何???アレ???」
Kちゃん「気にすんな、いつものコトだ。」

どうやらKちゃんの兄者は『アレ』な人らしい。

Kちゃん曰く「1回な〜、包丁持って追っかけ回されたコトあるぜ。」ナンデスッテ━━(゚Д゚;)━━ュ!
Kちゃんは体毛が薄い方で、兄者はとても体毛が濃い方らしい。
「ソレで『何でオレばっかりーっ!!』とか言いながら追っかけて来た。
ンなモン知るかよって感じ。遺伝じゃん?オレカンケーね〜し!」
全くもってその通りなのだが、相手がキティでは、そんな理屈は通らなかったんですって。
「マジ、殺されっかと思った。」霊も怖いが、人間も怖いよね。


68 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 13:54:32 ID:PqBqEypiO
》50
この話はいつか世間に知れ渡ると思ってましたが、
こんなとこに出てるとは。
私はそのマンションの販売会社の社員だったんですが、
2ヶ月前に退職しました。
その会社はマンションが全然売れないので、資金繰りに困ってて、
倒産寸前になっています。
もう、従業員は辞めてしまって、ほとんどいません。
ちなみに、そのモデルルームに4人家族を案内した社員も
あとから同じ部屋で自殺しています。

69 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 13:59:33 ID:/zuwrfRd0
>>64
話の内容自体は面白かったよ

70 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 14:10:49 ID:nkeYAcuU0
Kちゃんの話は面白かったw

71 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 14:14:55 ID:/zuwrfRd0
>>68
たとえば、俺に1室無料で譲渡して
問題ないことをアピールするなんてのはどうだ?
無料なら住むよ
このオカルト否定派の俺が。うわさを打ち消すほど普通に生活してやる

って元社員に言ってもしょうがないが

72 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 14:56:42 ID:WWPYx8180
>>50のマンションて近隣の相場を全然考慮してないから
霊なんぞ出なくても、入居者いないと思う。
億の金出すんなら、何もあんな所に住まなくても
都心でいくらでもいい物件あるからねぇ。

73 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:18:34 ID:dX97yB/V0
重複本スレあげ

74 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:23:58 ID:/OS6l5bAO
数年前知人の親戚の男性が家族みんなで車に乗って男性は高速道路を運転していた が途中で車の調子がわるくなり止めて男性は車の下に回り車を点検して→出るとき頭だけ出した状態になったら後ろから来た車に轢かれ頭だけ飛んだらしい。実話((゚Д゚ll))

75 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:26:17 ID:W2KFa3MD0
>頭だけ飛んだらしい。実話
>らしい。実話

76 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:28:31 ID:G80hpclL0
>知人の親戚

77 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:36:09 ID:e6Hx+Kvt0
>>74
ハリウッドのヴァンプ女優、ジェーン・マンスフィールドもそんな死に方だったね。
首がボンネットに乗っていたとかなんとか

ジェーン・マンスフィールド
  アメリカのグラマー女優として騒がれた彼女は、1967年6月28日午後11時、ミシシッピーのディナークラブでのショーを終えたあと、
友人とマネージャーと3人の彼女の子を乗せてニューオルリンズに向かった。
午前2時25分、ハイウェーはトラックが撒いた殺虫剤のため見通しが悪かった。
運転手は前を徐行するトレーラに気づくのが遅く、彼女の乗る車はその後ろに突っ込んだ。
車の屋根は切り取られ前座席に座っていた3人は即死。マンスフィールドの首は飛んだ。34才。




78 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:41:54 ID:dX97yB/V0
実話だけど伝聞なので「らしい」じゃないの?

ペシャンコにならずに頭だけはじき飛ばされたってこと?

79 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:44:34 ID:dX97yB/V0
りろってなかった。
>>77
首だけ飛ぶことがあるんですね。

80 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:45:09 ID:/zuwrfRd0
普通つぶされるよね
っていうか、はねた側の運転手
停止車両と首一個分の距離を通過する度胸を買いたい

81 :霊感2:2008/03/26(水) 16:46:01 ID:Uvbd7NA50
多分、超長文&駄文になるかもだけど、ワタシが聞いた中で1番怖い話。
子供の頃、ママンに聞いたんだけど、もしかすると現在も進行中。

ある日ワタシの祖母が朝から畑仕事をしていると、隣家の倉庫から
「お母さーーんっつ!!」って、ソコの家の長男Aが叫び声が聞こえた。
祖母は「何事か?」と、その倉庫へ行ってみると、隣家のオバアさんBが首を吊っていて
Aが呆然としていた。「コレは大変だ。」と思った祖母は
「ウチの息子(ワタシの伯父)呼んで来るわ。」とAに言い残して呼びに行った。
伯父が駆け付けると、Aは既に必死になって自分の母であるBを下ろそうとしていたので手伝った。

ママンは「Bさん『今年の農作物のデキが悪い』ってノイローゼだったみたい…。」と言って
「でも、あそこのウチはオカシいのよ。」と付け足した。

コトの発端は『白い蛇』だった。

まだママンが子供の頃、実家に住んで居た時、隣家の軒下に白い蛇が住み着いた。
蛇を気味悪がった、隣家の当主Cが捕まえて畑に捨ててきた。
しかし翌日、蛇はまた隣家の軒下に戻ってきた。
余計に気味が悪くなったCは、蛇を更に遠くに捨てに行った。
でも翌日になるとまた戻ってくる。何日かそんなコトを繰り返したという。
その中には、朝に捨てに行って、Cが畑仕事を終えて帰宅すると、Cより先に蛇が戻ってたこともあったらしい。

さすがに腹が立ったCは、蛇を捕まえ、蚊まで首を切って殺してしまった。
それから数日もしない内に、Cは原因不明の病に侵された。
高熱を出して、のた打ち回りながら、あげく亡くなってしまった。


82 :霊感2:2008/03/26(水) 16:46:35 ID:Uvbd7NA50
さすがにC家では「コレはタダ事ならぬ。」と、祈祷師を呼んで視て貰った。
結果、やはり「蛇に祟られています。これから四足の動物の肉を食べてはなりません。」と言われた。

実際に祈祷師の言う通りにしていたのかは、ママンも知らなかった。
そしてしばらく経った後、ママンの2つ上くらいの長女Dが、受験の事で悩み始めた。
Dは高校に進学したかったが、当時は田舎で女子が高校にまで行くのは稀な上に
Cが亡くなって働き手が薄く、C家は無理してDを進学させる余裕が無かった。
Dは結局進学を断念しなければならなかった。
Dは塞ぎがちになり、当時のママンの目にもDがどんどんオカシくなっていったのが判ったという。
Dは「進学したいのう〜、進学したいよう〜。」と、泣きながらママンに言ってたって。
そしてとうとうノイローゼになったDは、自宅の屋根裏の軒で首を吊った。

またしばらく時が過ぎ、次女のEがお嫁にいった。
嫁いだ先でなにがあったのかは、ママンは知らないと言う。
でも嫁いで1年もしない内に、Eは飛び降り自殺したと、ママンは聞かされた。
だけどママンは言った。「本当は『首吊り自殺』だったのよ。同じ家の者が同じ死に方したんじゃ
田舎では体裁が悪かったのよ。だから『飛び降り』ってコトにしたって。」


83 :霊感2:2008/03/26(水) 16:47:07 ID:Uvbd7NA50
それから更に三女のFが嫁いでいった先で子供を産んだ。
しかしFは育児ノイローゼになり、赤ん坊を抱いて入水自殺を図った。
幸い、近くの者に発見され、未遂に終わった。
だが、目を離せない状態だったので、一旦実家に引き取られた。ソレが運悪く、田植えの時期だった。
田植えは短期間に植えられるだけの苗を植えてしまわねばならず、親戚総出の作業だった。
なので、C家は人薄となり、Fから皆、目が離れ、昼の休み時に母であるBが様子を見に行った時には
Fは自宅で首を吊って亡くなっていた。
不幸中の幸いだったのは、今度は子供を道連れにしなかったコトだった。

そしていつしか末っ子のAも嫁をもらった。
だけど、A夫婦の間には長く子供が授からず、何年かしてやっと生まれた子供は奇形児だった。
その子も奇形の為か、幼くして亡くなってしまった。
Bはそのコトを全部Aの嫁の所為にして、かなり責めたそうだ。
A夫婦はほどなく離婚、C家にはBとAだけが残された。

その後くらいだろうか、ワタシはよくママンの実家に遊びに行っていた。
C家には犬が1匹かわれており、ママンの実家の敷地からも見える所に繋がれていた。
当時小学生だったワタシの目にも、その犬は『狂ってる』と判るほどオカシかった。
犬の視界に入ると、鎖を千切らんばかりにヨダレを垂らしながらコッチに向かって吠え立てていた。
目付きも血走っていて、尋常でなかった。子供に2回噛み付いた、とかで、保健所行きになった。

ワタシは中学生の時、この話をママンから聞いた。
その時にはもうC家にはAしか居なくなってしまったってコトだ。
話を聞いた後のお正月、ママンの実家に行ったワタシは、不思議な感じのする光景を見た。
正月なのでC家には分家の者達も集まっているのだろう、宴会をしていた。
それはもう、かなりのドンチャン騒ぎであろう様子が、ママンの実家の窓から見えた。
イイ大人が立って踊って歌っているのが、大きく開かれた障子付きの大きな窓から見えた。
何人も自殺者を出している風に全然見えなくて、
夜なのに障子も閉めず、まるで何かに見せ付けるように踊っているのが薄ら寒かった。


84 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:52:41 ID:5sm/wavjO
怖いなら長文も歓迎だけど…

85 :霊感2:2008/03/26(水) 16:58:39 ID:Uvbd7NA50
ワタシは高校生になった。その高校がまた『出る』と評判の高校だった。
ワタシは何回か霊障に悩まされた。突然、腕が上がらなくなったりしていた。
たまたまクラスメイトの部活友達のお父さんという方が、寺で修行までした霊能者だと知った。
ワタシは藁にもすがる思いで、そもお父さん霊能者の方に話を聞いてもらうコトにした。
霊障に関しては、対処法を教えてもらい、すんなり解決した。(今でも重宝してます。)
時間が余っていたので、ワタシは他所様の家のコトながら、ずっと気になっていたC家の話をしてみた。
お父さん霊能者はしばらく黙り込んだ。(『霊視』ってのをしてたのかな?)
「…ああ、ソレはその祈祷師の言う通り祟られちゃってるね。動物の中にはね、海で千年、山で千年
里で十日修行すると『神様』に成れるモノがあるんだよ。その『白い蛇』は、海で千年、山で千年
修行して、あと里で十日修行すれば神様に成れるってトコで殺されちゃったんだ。そりゃ祟るよね。」
海で千年、山で千年て…。気が遠くなるよ。確かに祟るよ。ガクガク((((((;゚Д゚))))))ブルブル 
お父さん霊能者は更に言った。
「だから、ソコのウチで祀ってあげればイイんだよね。神様にしてあげればイイんだよ。」
ワタシはC家の祟りが解ける方法を知った。
しかし悲しいかな、私はC家とは何の関わりも無く、伝えることは出来ない。


86 :霊感2:2008/03/26(水) 17:00:25 ID:Uvbd7NA50
>>84
あんま怖くなかったか〜…。(´・ω・`)ショボーン

87 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:02:11 ID:e6Hx+Kvt0
とりあえずコテハンとママンはやめたほうがいいと思うよ

88 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:07:24 ID:9iiIjbLY0
むかしこのスレで見たんだけど
親子3人のブログのうrl貼って貰えませんか?

89 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:11:29 ID:pBfVwUUHO
白い蛇って縁起物って言わないか?座敷童子的な。

90 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:13:35 ID:e6Hx+Kvt0
神の使いで再生の象徴っていうね

91 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:21:18 ID:/zuwrfRd0
ペットショップに売ってた

92 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:24:13 ID:Uvbd7NA50
>>87
や、続き物だと判り易くしたくてコテ付けたんだ。もう名無しに戻るよ〜。

つか、読み返したら誤字多い…。or2
逝ってきまつ。

93 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:26:56 ID:meyiFT0G0
>>92
なかなか面白い体験してますね。
霊障の対処法を教えて下さい〜orz

94 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:31:07 ID:Uvbd7NA50
>>93
文章で説明し辛いんですよ。印を結んで気合で払う…みたいな感じ。
でもその印が難しいの。(´・ω・`)

95 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:33:32 ID:dX97yB/V0
霊感2さん、長編乙です。
面白かった。また読ませて下さい。
or2←ケツでかいっすねw
>>88
娘が壊れていく話?

96 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:34:41 ID:pm93gI5dO
今の話
独り暮らしをしてはや二年、訳あって別なアパートに引っ越さなければならなくなった。引っ越し先のアパートは築二十五年の鉄筋造りで一階部分だった。
引っ越して程なく、夜休んでいると、窓からジャリッジャリッと砂利を踏みつける音が耳についた。
窓の先には砂利はなく、また、人影も無かった。気のせいだろうと思っていた。しかし、数週間すると、子供の声と階段を勢いよく昇る音が壁から聞こえてきた。
しかし、時刻は深夜二時、子供が起きてる時間ではない。変だと思いつつも気のせいだろうと思って休んでいた。それからずっとジャリッジャリッと言う音、階段の音が定期的に聞こえてきた。
二ヶ月過ぎたある熱帯夜、シャワーを浴びていたら排水口の中から一つ目が見えた。驚いてじっくり見るもやはり目だった。
直ぐに上がって懐中電灯で照らすとその目は消えていた。恐る恐る割箸で排水口の中を掻き混ぜると、自分のものでないと分かる長い髪が出てきた。
前の住人は独身男性だと大家が言っていたし、この部屋自体、彼女なんかを連れ込めるほど綺麗とは言いにくいボロアパートだ。私は不気味な感覚を覚えた。
そして、その夜、私は何かにのしかかられている感覚で目を覚ました。何かいる。私の上に。目をつむり、気にせず寝ようとしたが重い。重い重いと動けずにいたら、朝になっていた。
それからずっと定期的に音と重さがやってくる。最近では、オーブって言うものまで見え出した。今度は何が起こるのだろう。

97 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:37:38 ID:cAwyMnV+0
文がおかしいのはとりあえず我慢するが、妙なカタカナはやめれ

98 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:45:45 ID:meyiFT0G0
>>94
九字ですか?それなら出来ます。

99 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:46:21 ID:SQBDMZYd0
ていうか、一日にそんな量投下したら信憑性も薄くなるわな・・・
自重すればいいのに

100 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:57:48 ID:9Rkx/ips0
うちの近所にもいるな、白い蛇。野生のやつ。

101 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:01:42 ID:SQBDMZYd0
白い蛇を異常に怖がってるのもおかしいし、田舎もんのくせに
無闇にひどい扱いしてるのも不自然だよな
「人が作った話」みたいだ。

102 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:40:45 ID:PHwxcL+E0
てか、このままでも気持ち悪いので最後まで書いてくれ

103 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:44:06 ID:/FiXKVZNO
すっげー今更なんだけどさ…
>>54-56のTさんって、寺生まれのあの人じゃね?

104 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:49:30 ID:yEHfqvQi0
これ霊感キャラを散して書いてるだけでシリーズ物と全く同じじゃないか。

105 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:54:02 ID:JWGo4PmCO
霊感2は長文投下するなら推敲してからな
春厨でもそのくらいの事はできるだろ

106 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:59:35 ID:Fu5mNt48O
霊感2のC家の障子に写った踊る影たちとは、アヤカシじゃないかな?

107 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:09:34 ID:9Rkx/ips0
アヤカシ、つーか祟ってる白蛇の眷属が呪いの成就を祝って騒いでるよーにしか受けとれんが。

108 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:24:04 ID:Rt3dRplw0
>>77
ジェーン・マンスフィールドの首チョンパはマスコミの虚飾で
彼女が付けていたカツラがボンネットに乗っていたのが本当らしい。
その様子がまるで切断された首が乗っているように見えたようだ。

切断された首が乗っている方がショッキングだし
ゴシップ誌あたりがそう書いたんじゃないかな?

109 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:51:10 ID:e6Hx+Kvt0
>>108 そうだったんだ。どうもありがとう。
いくらセンセーショナルな女優だからといって
死まで煽情的に書き立てるとは・・・
マスコミってやつは今も昔も

110 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 20:00:08 ID:jh4GxOzMO
セントメァリーとか有名なオカルトネタにはマスコミがデタラメ書いて煽った物が多いらしいな。

111 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 20:27:20 ID:VQJiuRnM0
>>霊感2
酷いわ。怖くないし、ひねりもない体験談なんて思いっきりスレ違い。
最近「自分の知ってる怖い話」なら何でもいいと勘違いしてる子供が
多いのは春休みだからか。

>「お母さーーんっつ!!」
叫びづらくて笑った。

112 :1/3:2008/03/26(水) 20:28:35 ID:srWaz6Bh0
上京してきた友人に聞いた話です。
友人は山奥の集落みたいな村に住んでたそうです
その村ではいわゆる大地主一家が権力者で、一部の人は「様」付けで呼ぶほどの崇拝染みた扱いを受けてました
当時友人は、その一家を異常だと思っていたそうです、その理由はあまりにも完璧だったから。
少し興味があったので「何故?」と私が聞くと、友人は自分が体験した、聞いた事を話してくれました。

友人は集落の中の上ぐらいの立場だった、村の年寄りは皆地主の事を崇めるらしい
当時は「気に食わない、でもあいつ等は皆かなりの実力を持っている
テストは大体満点、成績もトップ、運動神経も良くてマラソン大会では常にも一位だった
でも異常なんだ、少なくても30年以上完璧な奴しかいないんだ、地主一家は多産で兄弟が多い、
その中には一人くらい駄目な奴がいてもいいじゃないか」と思ってたと言う

私は「実はいろんなとこから連れて来てるとか、優秀そうな子を」と言った

友人は「いや、地主の所に子供が生まれると必ず小さな祭りが行われる、確かに二十歳ぐらいで都会に行く人もいるが
彼らも年末年始に帰ってきて皆の前に現れるんだ。
むしろ家に留まってる奴らの方が怪しかった、殆ど顔出さないんだ、年末年始にもちょっと襖の隙間から顔見せるくらいで…
家の中で村をまとめる重要な仕事してるらしいんだけど、どうも怪しかったし出てった人より能無しっぽいんだ、
まあ…と言うか、見ちまったんだけどな…」
ここで友人は顔を暗くしてため息を漏らした、あれは思い出したくない物を思い出した時の顔だった


113 :2/3:2008/03/26(水) 20:29:36 ID:srWaz6Bh0
友人はゆっくり語り始めた
「地主一家の一人が亡くなり葬式をした日の事なんだけど…、
俺はまだ未成年だったけど目を付けられて、日本酒を飲まされたんだ、当然酔い潰れた、
そして地主の家に一晩泊まる事になって、夜中に目が覚め、起きてトイレに向かった」

地主家は広く薄暗い、友人は慣れて無かったので(若干酔ってたせいもあると思うが)案の定迷ったらしい
トイレの場所が分からなくなり、とり合えず元来た道を引き返そうとしたら、後ろの方から

ペたっ…ペたっ…ペたっ…

と足音?が聞こえた、いや足音でも歩いてる音とは少し違った
どちらかと言うと弾んでるような音、それが近づいてくる。

ぺたっ…シュリ…ぺたっ…シュリ…ぺたん…

近づくに連れ何かを擦るような音も聞こえ始め、怖くなって近くの物入れの中に隠れて様子を見た
…物音の正体は人だった、安心してトイレの場所を聞こうと思ったが、飛び込んできた恐怖で体が止まった。
その人は黒装束を着ていて、顔には能面みたいな物を付けており
足が片方付いて無い、しかし手には足が一本握られていた。
余りのショックで息もできなかった、それが幸いしたのか黒装束に見つかる事も無く、
そいつは片足で …ペタンッ…ペタンッ… とケンケンしながら奥に消えていった。
その夜は一睡も出来ず布団の中で震えた。
早朝、昨晩の出来事は地主一家に話すか話さないか迷ったが、好奇心に負け
地主一家で一番信頼できる人に話した。

その人は「本当か!?ちょっと待っててくれ」と言って奥の方に走って行き5分くらいで戻ってきた
「すまなかった、見てしまったんだな…出来れば忘れて欲しいが直にアレを見てしまったのでは無理だろう
今日はもう帰りなさい、後で話すがトラウマは少ないほうがいいから」
と言って帰された


114 :長すぎた3/4:2008/03/26(水) 20:33:31 ID:srWaz6Bh0
2日後、その人と話したが信じ難い内容だった
あの黒装束は、代々地主一家に取り憑く幽霊の類だそうだ。
そいつが単体で何かをするわけでは無いが、ある条件の人に取り憑き
ある条件の人に、ある事をするらしい、その条件は聞けなかったが、想像に難くなった。
幽霊は、『脱落者』に取り憑くのだ。そして『脱落者』の候補に『脱落者の烙印』を押すのだと。
脱落の条件は成績等が芳しくない一族の者だろう、烙印は黒装束が持っていた物だろう

これで地主一家の優秀さが分かった、彼らは必死になって努力したのだろう
報われた者は秀才として家を出て行き、報われない者は家に留まる
言い換えれば、家から逃げ出せた者と、烙印を押されたが為に逃げ出せない者
脱落者は家の中に隠され存在する事だけ、他人と話すことが無いから
周りの人は優秀な人しかいないと感じる


115 :4/4:2008/03/26(水) 20:35:13 ID:srWaz6Bh0
友人は「村の年寄りは全部知ってるらしい」と付け加える
私は「その事他人に話しても大丈夫なの?」と聞いた
友人は「話してもアレを見て無い人は信じないだろ?それに地主一家はいろんなとこにパイプを持ってる
選挙なんて地主が入れた人が確実に当選するらしいしな」と言う

友人「ちなみに俺が見た時『脱落』した奴がこの前死んだよ、若かったし多分発狂したんじゃないかな
話してくれた人も顔が傷だらけだったし、俺でもエリートから脱落して引きこもりを強いられたら狂っちまうよ
それにあの家の東側は誰も行けないようになってるんだが偶に小さな悲鳴が聞こえるからな
あれの存在で全てが繋がったよ、俺のクラスに3男がいたんだがマラソン大会でゴールした後ぶっ倒れて
救急車に運ばれてったんだよ、俺はそこまで必死になるのが理解出来なかったんだけど、今なら分かる」

…友人はその後もその一族の武勇伝のようなものを次々と語りました
本人は気に食わないと言ってましたが、その口調は一族を称えてるようにしか聞こえません
知らず知らずの内に崇拝されるようなカリスマがその一族にはあるのかまたは霊的なもので洗脳されるのか…
私は後者に感じました、実際今でも友人は地主一族と交流があり「彼らにはお世話になりっぱなし」
と言います、何より脱落した人として無い人では話し方が全く違うのです
「アレを見た時から彼らを見る目が変わったよ」と笑顔で話す友人を見て
その時友人が霊に中てられたのではないか、と言う考えが浮かび、恐怖を覚えました。

終わり

116 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 20:48:01 ID:Rympsl0U0
怖くて面白い

117 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 21:20:09 ID:5sm/wavjO
>>86
完全に悪気があって言ったことだから気にしないで下さい
楽しんでる人もいるみたいだし
怖い話も書かないで文句だけ言ってる俺が悪いんだから
無視していいですよ
そんなに気にすると思わなかったのでなんかごめんなさい

118 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 21:35:07 ID:Fu5mNt48O
>>107
ふむ、眷属か!そこまで…頭が回らなかったよ!ありがとう

119 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 21:51:21 ID:y1iHB5v+O
桜岳寮の709号室の人間がオカルトだった

120 :(´;ω;`):2008/03/26(水) 22:01:09 ID:sGXIl5NV0
俺の怖い話を聞いてくれ(´;ω;`)眠れない

今一人暮らししてるんだが最近引っ越しして安いアパートの3階に住んでるんだ

俺の部屋は普通の部屋でベランダは隣の部屋のベランダと少し透明なガラスで区切られてて

人がいると不透明な感じだけどわかるようになってるんだけど

俺田舎出身だから隣の人に挨拶しないといけないと思ってたんだけど

隣の部屋はどうやら誰も住んでないみたいで少しは安心してたんだ

でその次の日が大雨で仕事から帰って

洗濯物をベランダに出て取り込もうとベランダに出たんだが

裸足で出たせいで雨でベランダ濡れてて気持ち悪かったんだけど

さっさと入れて中に入ろうと思ったら

足になんか当たってるんだ

121 :(´;ω;`):2008/03/26(水) 22:09:41 ID:sGXIl5NV0
続き

で最初は暗くてゴミかなんかが当たってるのかなぁと思ったんだけど

よく見たら黒いのが足にたくさん付いてて

気持ち悪くてさっさと洗濯物入れてベランダから出てもう一度見たら

女の人のような長い髪がいっぱい付いてた

すげぇ怖くなってもう一度ベランダ出て誰もいない横の部屋の方見たら

不透明なガラスの横に誰か立って外を眺めてるような感じで立ってて

俺怖くて目をそらせなくてゆっくり部屋に入ったんだけど

あれはなんだったんだろう

次の日横の部屋の方を見たら人影みたいなものはなかった

122 :(´;ω;`):2008/03/26(水) 22:15:33 ID:sGXIl5NV0
続き

次の日の夜も大雨でいやだったんだけど

ベランダには怖くて出れなくて

酒のんで眠ろうと思ってテレビを見てたんだけど

隣の部屋から小さい物音がして気になって壁に耳当ててみたんだけど

よくわかんないけどドア?かなにかをあける音が何回もしてて

「バタンッ、キィ、バタン、キィ」

誰もいないと思ってたんだけどいるのかな

その部屋に今日もいます(´;ω;`)

123 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:18:30 ID:Rympsl0U0
>>122
ほんのりだと思ったのに(´;ω;`)ウッ…

124 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:22:25 ID:QSNq4rAsO
>>122 なんで隣りまで確かめにいかねぇんだよ? 簡単だろ? 気合い 入れろ! ノックだ!ノブを回せ! レポヨロ

125 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:25:12 ID:y1iHB5v+O
>>122
管理人さんに言った?

126 :(´;ω;`):2008/03/26(水) 22:27:12 ID:sGXIl5NV0
(((( ;゚д゚)))俺チキンだもん!!

デモ気になるから行ってみるε==(´;ω;`)


127 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:33:35 ID:aaQgHHmN0
髪の毛はいやだな


128 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:34:25 ID:IDWanA7J0
>>126 これが彼の最後の言葉になるという事をこの時みんな気づいていたが誰一人として口にするものはいなかったのである・・・

129 :(´;ω;`):2008/03/26(水) 22:34:28 ID:sGXIl5NV0
やばい気がするんだ

開けてみたらやっぱり電気通ってないかして真っ暗だった

管理人に聞ければいいんだけど

うちのマンション業者が直接やってるみたいで管理人はいないみたい

さっき懐中電灯もってもう一度見たんだけど

タンスが1個あっただけだった

今怖くて手が震えてるんだけど

横から聞こえたのはドアじゃない?
なんかこれ以上は危ない気がする

130 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:36:46 ID:QZjdh5J3O
紹介してくれた不動産屋に聞いたら?

131 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:36:51 ID:tS2qVvTCO
考えすぎかもしれないが幽霊じゃなくて本物の人間だった場合、
122に危険があるかもしれないからまず管理人に言った方がいいよ

132 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:40:05 ID:y1iHB5v+O
携帯で何枚か写真とって、イメピタにあけ゛て鑑定してもらえば?

133 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:45:47 ID:IXnDEc9u0
深夜、仕事を終えた男がマンションに帰ってきたときのこと。
エレベーターが一階に止まり、乗り込もうとすると、中から深々と帽子をかぶった男が急いだ様子で降りてきて肩がぶつかった。
詫びの言葉もなく不快に思ったが、疲れていたので大して気にも留めず、その夜は眠りについた。
翌朝、ニュースを見て男は驚いた。
なんと、自分の住んでいるマンションで殺人事件が起こったというのだ。
ふと昨日の男が脳裏をよぎる。
その時、チャイムが鳴った。
「すみません。警察ですが。」
覗き穴から見ると、警官が一人立っている。
「何でしょう?」
「昨日このマンションで殺人事件が起こったのはご存知ですか?」
「ええ。今しがたニュースで。」
「昨日の夜、不審な人物を目撃されませんでしたか?」
「・・いえ、何も。」
「そうですか、何か思い出しましたら署までご連絡ください。」
「わかりました。」
男は面倒だったので、昨日のエレベーターでのことは言わなかった。
その夜、帰宅した男の目に飛び込んできたニュースは、男を驚愕させた。
このマンションで起こった殺人事件の容疑者として逮捕された男の顔は、今朝訪ねてきた警官だったのだ。

134 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:46:04 ID:lnn2oo3c0
マジレスしていいんだろうか(汗

・取りあえず粗塩用意しろ

・これPCで開いて音源mp3リピートで流せ
http://www.ksky.ne.jp/~chozenji/shingyou/shinkyou.htm

・怯えんな、ハッキリ言うぞ。
よっぽどの神クラスの霊体意外
生 き て い る 人 間 の 方 が 強 い

・お前とは関係無いだろうが!隣に誰が住んでようと関係無いだろうが!
霊だって同じだ 怯えんな!

・不動産屋は明日の9時とか10時じゃないと人居ないよ。
今夜一晩乗り切れ 落ち着け お前は一人じゃ無い

135 :(´;ω;`):2008/03/26(水) 22:56:53 ID:sGXIl5NV0
すまん、写真取ろうと思ってもっかい行ったら開かない

なんか霊的にも人間的にもこれは嫌な予感する

今から走って明るくて人がいる場所に行くつもり

ちょといて来る


136 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 23:00:03 ID:yznORDTA0
>>129
リアルタイムなら
実況スレのほうがいいんじゃないか?

137 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 23:12:04 ID:W2KFa3MD0
身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ152
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1206264681/
ほい

138 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 23:25:19 ID:Ec1KVwYP0
>>89遅レスになるけど、確かに白蛇は憑くと家に福を呼ぶよ。
ただし、傷つけたり、最悪殺すと・・・・・・。

139 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 23:29:26 ID:r3bd78BpO
隣が空き部屋で思い出した話し
怖い話でもないし、落ちもないけど、>>122にこんなこともあるんだよと言うささやかなエール

小学生の頃、よく分からん2人がいて、ある日そいつらが
「ねぇ!○○ちゃんにも特別に楽しいところ連れてってあげる!今から行こ!」
胡散臭いと思いながらも余りにしつこいので着いていくと、そこは割とデカいボロアパート

静かにするように釘をさされ階段を上り(確か2階)一つの部屋の前で止まると
ヤツはポケットから鍵を取り出し部屋を開けた
こいつの家かと思って入ると中に家具などは見あたらない
え?なにここ?不法侵入じゃないの?
と、問うと
「前に住んでた家だから平気!」
おまけにヤツら室内に野良猫集めて放し飼い(?)部屋の畳は猫の糞尿だらけ
その時、もう一人が足下においてあった猫用の牛乳入れた器を足で倒してしまった
しかし、何もこぼれない
「あれー、この間来たときにあげた牛乳ヨーグルトになってるぅーww」
話を聞くとこの2人、よくこの部屋に勝手に入っては好き放題遊んでたらしい

何も知らない隣の住人が怪奇現象じゃないかとビビってたかもと思うといたたまれない

ここまで常識も何もない人間がいるのが恐ろしい

140 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 23:34:49 ID:SQBDMZYd0
ネコがかわいそうすぎ

141 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 00:19:49 ID:j5AwDswJ0
(´;ω;`) ぬこチュン

142 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 00:34:22 ID:h27NhoKG0
>>139
自然と蟲毒作れそうだな

143 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 01:20:27 ID:QTJSXRSp0
>>135が、気になって寝れなくなった・・・
明日ももちろん仕事だ。
でも>>135が心配だ
もし彼に何かあったら・・・?
その時は俺にも責任があるんでは・・・?
彼の無事を願う俺
彼のレスを待つ・・・・しかし一向に気配はない
時間だけが流れる・・・
・・・・・・・・
いつの間にか眠ってしまったのだろうか、
気がついたらもう夜が明けていた
仕事はクビになった


144 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 01:23:07 ID:g0lc8cFE0
首になるのはえーよw

145 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 02:02:51 ID:bxUeuavM0
>>139
トレインスポッティングって映画を思い出した。
主人公の友達がエイズになって、ぬこの糞まみれの部屋で死ぬの。

146 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 03:40:33 ID:BTzpHhN+0
>>94
九字じゃないの。
あの、マンガの、NARUTOに出てくる忍術使う時みたいな、
凄く文章では説明し辛い印なの。
あと、真言も教えて貰ったけど、霊能者の方が、守護神を霊視してくれて
(守護神は人によって違うらしい)私に合った真言でしかなくて、
同じ守護神なら良いんだろうけど、皆同じな訳ないし、
私は霊感無いもんで、分からないから…。
力になれず|ω・`)スマソ

147 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 06:49:31 ID:TeRVWFX80
俺も思い出したから書いとくか
俺が団地に住んでた頃、晴天の休日ベランダの手すりに布団を干してたんだ
しばらくしてふとベランダを見たら干した布団に上から液体が降ってきてる
ベランダに出て布団を見たら液体で茶ばんでてむっさなまくっせーーーー!!!
こんな布団で安眠できるわけねーーー!
上にDQNが住んでやがるのかと上を見上げると、婆さんが慌てて顔を引っ込めやがった
その婆さんはいつも近所の公園でだらしない格好で一人たそがれてるノイローゼ婆な訳だ
俺はベランダ手すり内側数十cmにぶらさがり健康器を置いてそこに布団を干すようになった
やばいノイローゼ婆さんと関わりあうとろくな目にあいそーもないんで完全ヌルーった日々
あの頃をもう一度・・・・なわきゃねーだろw

148 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 08:50:09 ID:al4Zosh5O
大阪の新御堂筋に関わる話し。過去ログ含めコピペ。

よくある霊障スポット凸系の実話。俺の姉から聞いた話。

10年くらい前に姉と姉の友人3人が肝試しに行った。
場所は大阪にある「新御堂筋」という大阪府の北部を南北に貫く幹線道路。
そこの鉄橋の脇にある非常階段が、その時の目的地だった。
非常階段とは言ったけど、人一人がやっと通れる
ほどの幅で、粗末な赤錆色の鉄製手すりと
タラップが地上に向かって伸びてるだけで、とても階段とは言い難い建具だった。
真夜中に現地近くへと到着した一行は車を停め、怖気付きながらも興味と酒の勢いで鉄橋へ歩き出した。
川の土手は街灯などあるはずもなく、「街中の道路だから明るいだろう」とタカをくくって出発した
姉一行は、予想外の暗さと言うが早いか霊感女の叫びが早いか。
「あかんっ!みんな降りて来てーっ早く早くはやk(ry」
狂気じみた声に、階段組みは混乱しながらも只事でない事を感じ、転げ落ちそうになりながら一気に駆け下りた。
土手を遁走している最中も霊感女の叫びは続く。
「ぎえぇぇ、女っ!女っ!あったっまっバリでかいで!超でかいでっ!女っ」
「うっえっかっら!頭っバリでかいっ」                         (関西弁ゴメン)
「急に出たっ!急に降りてきたっ!足の動きバリ早いっ」
要約すると、頭部だけが以上に大きい女が、上の方から降りて来てたらしい。
息も切れ切れ、なんとか車にもどった一行は、一目散に逃げ帰った。
帰路途中、車のドアロックがガタタタタタタタと高速で施錠開錠(当時の
軽自動車には集中ロックは無かった)を繰り返したらしいが
そんな現象は全く気にならなかったと言う。

後日談になるけど、頭女の詳しいスペックをどうぞ。俺はコレ聞いて鳥肌立った。
「あんな、顔の大きさは普通やねん。でもな、こめかみの辺りから急にグワーっと・・・スイカぐらい。
 髪の毛は毛束がぼそ、ぼそ、と付いてる感じ。



149 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 08:54:16 ID:al4Zosh5O
すんません。間が飛んだ。以下修正コピペ。

よくある霊障スポット凸系の実話。俺の姉から聞いた話。

10年くらい前に姉と姉の友人3人が肝試しに行った。
場所は大阪にある「新御堂筋」という大阪府の北部を南北に貫く幹線道路。
そこの鉄橋の脇にある非常階段が、その時の目的地だった。
非常階段とは言ったけど、人一人がやっと通れる
ほどの幅で、粗末な赤錆色の鉄製手すりと
タラップが地上に向かって伸びてるだけで、とても階段とは言い難い建具だった。
真夜中に現地近くへと到着した一行は車を停め、怖気付きながらも興味と酒の勢いで鉄橋へ歩き出した。
川の土手は街灯などあるはずもなく、「街中の道路だから明るいだろう」とタカをくくって出発した
姉一行は、予想外の暗さにそれだけで一人また一人と口数が減っていった。
そして目的地の非常階段(地上側)に到着した。橋脚の辺りは風が強い。時折吹く横風にギィ、ギィ
と軋む階段を見てるだけで足がすくむ思いだったそうな。階段を見上げる姉一行。
「ちょっとみんなで上ってみーひん?」
と友人が言ったけど、姉は何かを感じたらしく首を横に振った。
姉は霊感が少しある方だったけど、一緒にいた友人の内の一人が凄く霊感が強かったらしい。
「ホンマにあかん、ここはやばい」
と霊感女。結局姉と霊感女が下に残ることになり、二人が階段を上がる事になった。
そそろと上がっていく二人、それを見守る二人。

突然、鼻に痛みを感じた姉はとっさに鼻を押さえた。
「イテテ」
続く


150 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 09:48:21 ID:8HPbOyaxO
コピペぐらいもっと早く書き込めるだろ、カスが。

151 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 09:57:01 ID:h27NhoKG0
ぬらりひょんの女版は初耳だ
現行鬼太郎に萌えキャラとして出てきそうだな
ぬらりひょんじいさんの孫で幼女とか言う設定で

ってかあの鬼太郎つくっれる連中は全員水木先生の墓に土下座しろ


152 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 10:15:06 ID:E2B43H6t0
水木先生は御健在です。

153 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 10:44:43 ID:QglYgLve0
>>151
お前が土下座しろよ。

154 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 10:54:04 ID:5XhjIb4kO
わろたwwwwww

155 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 11:15:07 ID:al4Zosh5O
で、おそらく同じ橋だと思う、俺の身内の体験談。他サイトからコピペ。

梅田に住む先輩から聞いた話です。
大阪の御堂筋は万年渋滞で有名です。しかし、夜中は高速道路並に車が飛ばして行きます。ちょうど十三と中津の間。淀川を渡る橋(十三大橋だったかな?)があります。その付近を車で通ると、女の子の姿を橋の欄干の上に見る事があるらしい。
先輩の体験では、夜中に車で友人とドライブに出た時、その子を見たそうです。
あれ、今変なとこに女の子がいたなぁ、と助手席でボーッとしていたら、運転手の様子がおかしい事に気付きました。
ひどく緊張した様子だったので、『どうした?』と声をかけてみました。すると、小さな声で、『女の子が後ろから飛んできてんねん!』と言いました。
(んなアホな)と振り向こうとしましたが、『振り向くな!気が付いてないフリをしろ!』
先輩は友人に止められた為、ミラーを横目で見ました。すると、白いワンピースを着た女の子が、リアガラスから首を突っ込んで車内を見渡している姿が写っていました。
二人とも、『早くいなくなってくれ』と、固まりながら黙って走り続けました。女の子はしばらく車内を覗いた後、天井から空へ消えていったそうです。
女の子が、リアガラスから首を突っ込んで車内を見渡している姿が写っていました。二人とも、『早くいなくなってくれ』と、固まりながら黙って走り続け、女の子はしばらく車内を覗いた後、天井から空へ消えていったそうです。
後で確認できたのは、何年か前に事故に巻き込まれて亡くなった女の子が、自分が死ぬ原因となった車と持ち主を探し続けているらしく、その犯人もまだ捕まっていないらしい。
もし、また遭遇しても絶対に目を合わせてはダメだ、と霊感の強い先輩からも言われたそうです。

終り

156 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 11:23:33 ID:al4Zosh5O
すんません。慣れないもんで。新御堂筋関連、誰も知らないのか、と思ったら、コピペ。

某芸能人の話

大阪の高速で友人(だったかな?)と二人で大阪に帰るとこだったらしい。
前のミラー(座席の真中の上についてあるミラー)に白いワンピースを着た女のコが足をぶらんぶらん後部座席でさせてたのが見えたらしい
しょうへい「あれ?今うしろに女のコおらんかった??」
(消えたのかよくわからんけど前のミラーを見て言った)
友人ミラー見て
「うわああ!来る!来る!来る!しょうへい後ろ見たらあかんで!」
といって車のスピードをあげて大阪に帰りました。
しょうへいさんが友人に後ろを見たらあかんと言った理由を聞くと白いワンピースの女のコが車へものすごいスピードで前のミラーめがけて追いかけてきたらしい。
それで車のとこに首だけ出して中を見てス―っと消えていったという。

終り



157 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 11:28:05 ID:XBDAvTGIO
昨日と言い今日と言い…
早く春休み終わらないかな

158 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 11:33:20 ID:aJHf2h9R0
>>68
50ですが、あのマンション販売会社もとんだ災難ですね?
このマンションで合計3人も亡くなってるので不思議としか思えません。
でも一番気になるのが、最初に亡くなった作業員の方ですが、
いまだに死因がハッキリしないのが不気味です。
問題のエレベーターも一回見てみましたが、確かに右端のエレベーター
だけがなんとなくボヤけて見えます。
今後、あのマンションはどうなるか、恐らく周りの人は気になってるでしょうけど。


159 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 11:41:57 ID:h27NhoKG0
春休み終わらないかな
マジ突っ込みされて悲しくなった

160 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 11:58:39 ID:XBDAvTGIO
>>159に言ったんじゃないから気にしないでくれ

161 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 13:04:19 ID:begxG/4WO
携帯からスマソ

十数年前、小六の夏休み頃の話

地元はかなりの田舎で滅多に観光客なんか来るような所じゃなかった。
そのせいか、年寄りはヨソモノを毛嫌いし、昔ながらの風習だとか何とか意味の分からない事を言っていた。

夏休みになり俺は近所に住むAとよく二人で遊んでいた。近くに川が流れていて、釣りをしたり泳いだり毎日のように朝から晩まで飽きずに遊んだ。
七月も終わる頃、いつものようにAと川に遊びに行った。朝の8時頃だったと思う。俺達が秘密のポイントと呼んでいた釣りの穴場に誰かがいるのが分かった。
対岸からその誰かを見ると麦わら帽子を被っていて同い年ぐらいのように見えた。

Aが、
「お前誰じゃ!何組の奴じゃ!」
その子はただ俯いて竿を垂らしているだけ。
俺とAは川の向こう側に周り、その子に話かけた。

「あれ?見かけん顔じゃのう?転校生か?まぁええ。俺はA。こいつは〇〇(俺の名)って言うんじゃ!よろしくな」

その子は小さな声で、

「〇〇(仮にBとする)です。よろしく」

肌は白く第一印象は線の細い奴と思いながらも、すぐに友達になり一緒に遊びだした。
次の日、母と祖母に新しい友達が出来たとニコニコしながら話した

162 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 13:04:44 ID:/hkf0lF80
SHOW HEY HEY!!>>156

163 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 13:18:56 ID:EGJt3mE8O
>>158
そんだけ色々有ると地鎮祭ちゃんとやったのか気になるね。

164 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 13:23:23 ID:begxG/4WO
いつものようにAとBと俺で川で遊んでいると、
「おぉ〜い」
と原付にまたがった父がこっちに向かって手を振りながら、
「もうすぐ暗くなるけぇ、二人共早よぉ帰れよぉ」
そう言ってそそくさと帰っていった。
AかBが見えなかったんだろうと深く考えていなかった。

空が夕陽に染まりだし、三人で帰る事にした。
ふとBが、
「僕、もっと遊びたいなA君、〇〇君もう少しだけ遊ばない?」
俺は父に怒られるのが怖くて誘いを断り、AとBを残して走って家に帰った。
家に着くと中が騒がしかった。ただいまと言うと父が驚いた顔をして泣きながらビンタをしてきた。頭の中が??だらけで、母と祖母も駆け寄って来て泣きながら俺を抱き締めた。
近所の人も口々に良かった良かったと泣いていた。話を聞くと夜になっても帰って来ない俺達に捜索願いが出ていて三日経っていて諦めかけた頃に俺が帰ってきたらしい。
俺は父と話してから、まっすぐ家に帰って来たと一生懸命説明した。AとBも少し遊んでから帰ってきてるはず!と。

165 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 13:41:18 ID:begxG/4WO
父はハッとした顔をして、
「B!?誰にそんな事聞いてきたんぞ!」

父は血相を変え、俺を連れていつも遊んでいた場所まで行った。Aの両親も来ていて、指をさしながら説明していた時、
ドッボーンッと暗い川の中で大きな音がした。ライトを向けると波紋だけが広がっていた。
すると、
「A〜!!」と叫ぶ声がした。川の対岸を見るとAがこっちに向かって手を振っていた。
Aの両親が川に飛び込み対岸に届く寸前、Aは川に飛び込みそれっきり浮かんでこなかった。

それから数日後、祖母にBとは誰かを聞いた。
「Bは忌み嫌われた子」としか教えてくれなかった。
ただこの世の者ではないと言って、もうこの話はするなと言った。

未だにAは帰って来ていない。もしかしたら、まだBと遊んでいるのかもしれない。

166 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 14:16:01 ID:aJHf2h9R0
>>163
その辺はよくわからないんですが、そういえば、このマンションの現場監督が
2回変わってるんです。私も以前、建築関係の仕事をしてたことがあるんですが、
こんなことは初めて聞きました。
このマンションは、いろいろと話題になってましたから、いろんな噂がありました。
元はパチンコ屋だったんですが、駅前の割りに客が少なく、つぶれたんです。

167 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 14:50:03 ID:MyxDG+DF0
長文失礼

3年前まで住んでいたアパートでの出来事

付き合っていた彼女の実家から3件隣に出来た新築アパート
2階建1フロア5部屋で1階真ん中部屋。
おれは5年程住んでいたが両隣は1・2年で入れ替わっていた。
まぁ、住人とは殆ど顔をあわす事もなくどんな人が居るのか気にもした事がなかった。
もちろん霊的な物とも無縁で何もなく一人暮しを楽しんでおりました。

3年前に彼女と結婚し新居に越した、とりあえず引越しが済むまで部屋は借りっぱなしにして新居の方で暮した。
休日にはアパートに戻り引越し準備、ベランダの整理をしていると左隣の住人が作業着とタオルを干していた。
いまさら挨拶もないだろうと何も言わず気にもせずにいた、3日後引越し業者を呼んで引越しをすることになっていた。
当日業者と俺が両隣に作業の挨拶をしに行くが、左隣は人の気配はするがチャイムを押しても返事なし
暫くして業者の人から左の部屋人居ましたよ、扉が少し開いていて目があったので”ご迷惑おかけします”
と言っておきました。と報告された。
引越しも順調に進み最後に大物をベランダから出す時にこないだと同じ作業着とタオルが干してあるのをみた。

引越しも終わり、翌日妻の実家にいくと俺の左隣の住人が変死していて夜パトカーが来て大騒ぎだったと聞いた。
死因は不明、自殺の可能性もあり2日前には亡くなっていたらしい、運ばれるのを見たら作業着を着ていたとの事。
驚いて外に出て隣のベランダを見ると昨日干してあった作業着とタオルはなかった。
釈然としなかったがそれ以上気にしなかった。

168 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 14:50:47 ID:MyxDG+DF0
続き

それから1週間位した頃警察から電話がありアパートに住んでいた右隣の住人を見たことあるか?
左隣の住人と何かトラブルはなかったか?等と聞かれた。
正直接触がまったくなかったので知らないけどなんで?と聞くと
事件性があるかも知れないので念のためと言われた。

実家でその事を話すと変死事件があった2日後、またパトカーが来て
今度は右隣の部屋で自殺があった、そして首を吊っていたのは左隣の住人の会社名が入ったタオルだったそうだ。
もう1つ気になる事を義母は言った、自殺があったその日だと思うけど元の俺の部屋の電気が一晩中点いて
おかしいな〜と思ったと。

その時にはまだ不動産屋に部屋の引渡しは済んでいない、何かあって俺のせいになったらたまったもんじゃない
急いで部屋に行き鍵を開けて中に入ると、何故か空のペットボトルと俺のものではないラジカセが置いてあり
なにも録音されていないカセットが入っていた、それとユニットバスに靴の跡と天井の蓋がズレていた。
気持ち悪いのでそのままにして不動産屋に鍵を渡した。
後日不動産屋で退去手続きを済ませラジカセの事を聞いたが、そういった忘れ物はなかったそうだ。


169 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 15:37:21 ID:d0WyAPZH0
クズ創作屋の臭いがプンプンする

170 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 16:04:27 ID:0yQn5QwP0
ハエがうざい

171 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 16:21:28 ID:jxEYJDw4O
>>133
まっちゃん


172 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 17:42:01 ID:pv+aWL0h0
>>167->>168
で?続きと真相は?
思わせぶりなストーリーにするなら興味深い真相(オチ)がないと
「だから何?」って話でしかないよ。

173 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 18:38:44 ID:n8FElhJn0
>>171
もともとは室井滋のメイクさんの話を室井滋から今田が聞いて、
今田がまっちゃんに話したんだよ

最初にまっちゃんがDTの番組で話した時も室井滋の話っていってるはず

174 :1/3:2008/03/27(木) 19:25:24 ID:vylUGGdR0
私が小学生の頃の話です。
仲間内では、近所の河川敷で『警泥』と言う遊びをするのが流行ってました。
その時は、私 A B の三人が警察役(鬼ごっこで言う鬼役)、泥棒役(逃げる役)がC〜Fの4人でした。
季節は秋、時刻は暗くなりかけた夕方。舞台の河川敷には葦のような背の高い草が群生しており
泥棒はそこに隠れるのがセオリーとなっていました

いつも通り警察3人で葦の群生地帯に入り泥棒を探します、小学生程度なら立っていても
頭まで隠れてしまいます、何とか2人まで見つける事が出来ました、その後1人を見つけ「まて〜」と言いながら追いかけます
(仲間内のローカルルールで、警察が追いかけてる最中は「まて〜」と言わなくてはいけない)
5分ほどの取り物劇で何とか捕まえ、最後の一人を探していた時です

「マテェ〜〜」「マテェ〜〜」

群生地帯の奥の方から声が聞こえました
しかし、おかしいのです。私の隣にはA君、そしてB君は泥棒の見張りをしていました
誰が「マテー」と言ってるのか、A君は「多分待ちくたびれてんだよ、捕まえに行こう」と言います

「マテェ〜」「マテェ〜」「マテェ〜」「マテェ〜」

ちょっと近づいてきた、何か変だ…、ヘリウムを吸った時見たいな声で
左右からも聞こえてくる…、A君もおかしいと感じてるみたい

「マテェ〜〜〜」

近くでガサガサ音がする、私とA君は「うわッ!」と言いながら逃げようとしたが、
「マテェ〜」は私たちを囲むように聞こえる
助けて助けてと念じながらA君を見たら、その向こうに何とも形容し難いモノがいました

175 :2/3:2008/03/27(木) 19:26:54 ID:vylUGGdR0
それは全身真っ白で、ロウソクを無理やり人型にしたようなモノ、顔の真ん中に窪みがあり
そこから「マテェ〜」と声を発していました、私と目?が合った瞬間、全身をブルブル震わせ

「アァァアアァアァァァ!?!」

と叫びながら飛び込んで来ました、私とA君は死にもの狂いになりながら逃げました
「何だよアレ!」「ふざけんな!」「助けて!」「ごめんなさいごめんなさい!」
もう自分で何言ってるかわかんないぐらい滅茶苦茶叫びながら逃げました
群生地帯を抜け出し、皆の居る所へ半狂乱になりながら走ります。
他の皆は「どうしたん!?何かあったん!?」と驚きながら聞いてきます
私たちは「変な奴出た!、白くて変な奴!、マテェーって変な声聞こえてたろ!?」
他の皆「いや、誰の声も聞こえなかったよ、何も見えなかったし、突然A君達の叫び声が聞こえて
草むらから飛び出してきた」 と言います。

『変な奴』の説明が終わったころ「あれ?C君は?」B君が言います。
「見てない…もしかして変な奴に…」私は泣きそうになりながら言いました
全員顔が青くなって来ました日も落ちて辺りは暗くなってます
B君「…探しに行く?」
A君「俺は絶対嫌だ…」
皆も行きたくないって顔してます、私も当然嫌でした。
沈黙は、B君の「あ、あいつもう帰ってるかもよ!飽きっぽいし」で解けました
皆で「そうだよな」とか言いながら自転車置き場に行きました。
C君の自転車はありませんでした、皆「やっぱり」と言う顔して笑顔になりました
「変な奴もCだったんじゃない?」「そうかも、良く見た訳じゃないし布被って暴れてただけかも」
結局、変な奴の正体はC君で、悪戯が過ぎたと感じたC君はバツが悪くなって帰ったんだろう
と言う結論になりました

176 :3/3:2008/03/27(木) 19:28:14 ID:vylUGGdR0
翌日何事も無かったように登校してきたC君は、私達に会ったとたん
「おい昨日何で先に帰ったんだよ、あの後大変だったんだぞ、警察に捕まるし、つうか俺の自転車知らない?」
と言って来ました、私達はびっくりして、
「え?!自転車無かったから帰ったと思った、って言うか警察って何やったの?!」「昨日草むらで変な奴見た?」
と聞きます

C君は「変な奴?見て無いけどAとかの声は聞こえた、警察には帰れって言われただけ、
A達の声が聞こえた後しばらくして草むら出たら誰もいなくて、帰っちゃったのかな?って思った、んで俺も帰ろうとしたら
自転車が無くてさ、隠されたと思って探してたら警察がいっぱい来た。

…あとオヤジに聞いたんだけど、あの河原で 子供の死体 が見つかったってよ…
2年前に殺されて草むらの中に隠したんだって、犯人が見つかって自供したらしいぜ」
C君は、もうあそこで遊ぶのは怖いな、でも肝だめしにはいいかw などと言いながら笑ってました
他の皆は顔を青くしながら半笑いでした、なぜなら

私達はその子供に心当たりがあったからです、その件があってから河川敷には近づいてません。

終わり

177 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 19:31:51 ID:0GMkb7UoO
>>50
ワーオ!ワラマンション!

178 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 20:40:40 ID:yE183lW60
マンションじゃないが!

179 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:01:07 ID:lI5O2i4xO
人の名前をAとかBって表記するのは感情移入できないから止めてほしいと思うのは俺だけなのか?

このスレの伝統なの?

挙げ句の果てにCとかDとかまで出て来る作品はわけわからなくなっちゃうから読む気無くす。

180 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:04:53 ID:e/K7mYqS0
>>179個人の勝手だろう・・・・・・

181 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:13:19 ID:wEzq9Wl50
A夫とかB美みたいにした方が見分けつくかもな
そんだったらもう夢子とか剣吉みたいに仮名つけてくれる方がありがたいが

182 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:34:32 ID:LFEC40ub0
>>179
ごめん、もっと精進します

183 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:38:26 ID:uxCZpbAZO
すべらんなぁ

184 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:39:46 ID:DmmmtI9V0
たかし とか まさる にしたらいいのか?

185 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:41:16 ID:lI5O2i4xO
>>182
いやスマソお前だけに言ってるわけじゃない
まとめサイト見ててAB表記があまりにも多いから読みにくいなと思っただけなんだ


186 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:51:10 ID:U42dN/i0O
>>184
それなら女の子は きよこ にしなきゃね

187 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:07:28 ID:n8FElhJn0
そうだね、適当に名前付けてもらったほうが読み手としては感情移入しやすいよね♪

188 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:13:59 ID:IkCmv4qu0
男はチンポ 女はマンコにすれば凄くわかりやすいと思うんだけど

189 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:16:00 ID:e/K7mYqS0
>>188それじゃあ複数登場したら分かりにくいよ!

190 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:29:39 ID:IkCmv4qu0
じゃぁもっと細かくわけて竿とか玉とか豆ちゃんとかビラちゃんとか

191 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:35:26 ID:e/K7mYqS0
それだと今度は他の文字に埋もれちゃいそうだよ!

192 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:36:35 ID:DmmmtI9V0
竿田珍くんとか玉川豆子ちゃんとか

193 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:37:12 ID:e/K7mYqS0
それならなんとか。

194 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:39:34 ID:lM65Zd3O0
>>173
室井滋と言ったかどうか分からんよ。「ピー」って入ってただろ?
しかし、この話実話なんだろうか?すげえ良くできた都市伝説と思ってた。

195 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:44:11 ID:4Hg5G6dY0
マンヨン

196 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:45:43 ID:wEzq9Wl50
メイク→室井→今田→松本で一気に広まったんだよな
それを嬉々として自分の話として語ったある不届き者もいたが

197 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:59:31 ID:XBDAvTGIO
室井滋がいいともか何かで話してたのは覚えてる

198 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 23:03:01 ID:k4B6EnGbQ
室井が文春の連載で書いたのを読んだ記憶が…?

199 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 23:09:06 ID:jWvLuEPl0
>>120
しかし、あの(´;ω;`)はあれからどうした(なった)んだろうか?
気になってしょうがないが…



やっぱり釣られたのか…orz

200 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 23:57:51 ID:b95iV9Ug0
>>189
マンコA、チンコBにすればいいんじゃね?

201 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:11:34 ID:j7NrIYEd0
お前等トイレ行けなくなるから怖い話やめれ

202 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:13:28 ID:8uDhxg5q0
>>200それじゃあA、Bと変わらんだろう

203 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:16:26 ID:Zrr9feClO

http://www.uploda.org/uporg1333075.jpg
松井の嫁さんキレイだな・・うらやましす

204 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:37:00 ID:c2oQgkLM0
実際、名前どうしよう…
被るといやな気持ちになる人いるから(話が話しだけに)ありえん漢字使った方がいいかな。
査戸師 くんとか 鬼余魅 さんとか… 

205 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:47:33 ID:gv7bx9eRO
>>204
そんなん気にして書き込み自体出来なくなるのも本末転倒だろう…。
人物A,Bだろうが、山田(仮名)だろうが書く人次第で良いと思う。

206 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:10:35 ID:aXgmvJlXO
>>204
エヌ氏

207 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:23:51 ID:mVTWNd7A0
キムとかパクとかでいいんじゃね

208 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:37:13 ID:cfQ9Kfmp0
だから、デスノって変な苗字ばっかでてくんのか

209 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:39:04 ID:2CQYR7ld0
変な苗字ばっか出て来るのは、作者がDQNの証拠

210 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:39:20 ID:oPnEkdQ9O
流れを読まずに投下

最近の話し


大阪に住んでるAが


「誰でもよかった」

と言ってホームから人を突き落とした



洒落にならない…

211 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:43:20 ID:60fATPZQO
>>209
田中とか鈴木じゃ萎えるだろ

212 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:50:27 ID:mVTWNd7A0
エロゲほどカオスな名前の世界も無いと思うが?

「こなた」とか

213 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 02:01:56 ID:fr791ZFL0
(´・ω・`)つ http://img1.eyefetch.com/p/u0/511280-fb1d505f-eeb0-4756-8df2-fd255c6511dd.jpg

214 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 02:12:10 ID:gv7bx9eRO
>>212
それエロゲ違う。

215 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 08:27:12 ID:dswzumFdO
そういえば師匠シリーズは名前とかあだ名で書いてるね。
確かに感情移入しやすい。

ていうかそろそろウニたん投下ないかな。

216 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 08:53:11 ID:2ZLDdMuG0
>>172
すまん、実話でオチなどないんだ

217 :モルダー:2008/03/28(金) 08:58:17 ID:7V0EoDtO0
グレイテストうんこぉおぉおぉおぉおぉおぉおぉお!!!!!!!

218 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 10:41:46 ID:lZXRa4ms0
朝風呂朝酒の流れかと思ったよ。

219 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 10:45:39 ID:lZXRa4ms0
まだ朝ですよ。

220 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 11:02:50 ID:NKp6VC9X0
≫158
68です。
あのマンションで亡くなった方は3人だけじゃないんです。
その問題になっている右端のエレベーターだけが、屋上まで到達できるように
なっているんですが、試運転の時にエレベーターを止めて点検してたら、
突然動き出して作業員の方が挟まれて亡くなっています。
あと、工事車両を誘導してた警備員さんも車両に撥ねられて亡くなっています。
このマンションは結構長く地元の反対にあって工事できませんでしたから
何かその辺に問題があると思うんですが。


221 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 12:19:27 ID:uHpl8ojf0
>>209
「ジャイ子」と一緒だ馬鹿野郎

222 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 12:26:05 ID:KKcLxH400
>>217>>221
死んでおわびをするテレビゲームでもやれ。

223 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 13:59:34 ID:0VdVQujnO
》220
158です。
やっぱりあのマンションはただ事ではないですね?
あのマンションについて、いろいろ調べてみたのですが、
記事にしてたブログをみつけました。マンションの写真も載ってましたが、
奇妙なことがあって、毎日のように記事を更新してたのに、
ある日、突然更新が途絶えてしまってるんです。
もう3ヶ月以上経ちますが、何かあったのかすごぐ不気味な感じです。

224 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 14:02:47 ID:mVTWNd7A0
URLURL

225 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 14:22:11 ID:DndTb2vaO
>>220>>223
とりあえず君らはアンカーの付け方を覚えようね

つか、二人揃って同じような間違いってどういう事?

226 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 14:23:24 ID:qSZpqXsy0
自演乙

227 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 14:46:33 ID:/oSLidrX0
>>223
 》 ← この記号って、アンカーじゃないからね。

228 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 18:26:10 ID:rY4w0qPD0
>>

229 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 19:46:37 ID:fTwdvTFK0
>>228
あとちょっと!

230 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 19:48:19 ID:K9Tkkbhc0
}}

231 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 19:51:13 ID:gzwxw66iO
\\
//


232 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 19:56:05 ID:I1XJ1SxL0
ゝゝ

233 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 20:26:59 ID:uHpl8ojf0
><

234 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 20:30:32 ID:GC34VDAo0
つまんね

235 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 20:31:17 ID:so7Pyy8kO
いかにも自演がバレた後って流れに。

236 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 20:42:31 ID:H1w2fQKb0
   /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
  i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
  |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
  i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
   iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
   .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、   /    /   /  | _|_ ― // ̄7l l _|_
   丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. _/|  _/|    /   |  |  ― / \/    |  ―――
  /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ     |    |  /    |   丿 _/  /     丿
  'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
 ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
      ノヽ、       ノノ  _/   i     \
     /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ

237 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 21:40:10 ID:yoR6ksfnO
>>666

238 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 23:04:42 ID:0HT7PDoA0
(_*●●●

239 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 23:09:18 ID:fTwdvTFK0
やめろやめろ、
お前ら全員やめちまえ!

240 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 23:28:38 ID:nbgwA2RNO
すごい自演を見た…

241 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 23:39:50 ID:yC48CBdV0
>223
そのブログは私も知ってますが、もう削除されています。
何か不吉な事があったんでしょう。流れを見てたら閉鎖するような感じ
じゃなかったですから。
でもひとつ気になることがあって、書き込みの中に匿名で
「もう、このマンションには絶対関わらない方がいいですよ」とありましたが、
それがすごく不気味な印象がありました。

242 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 01:18:02 ID:mLKhj+ES0
俺小さい頃母親に軽い虐待っぽいものを受けてたのね。
でも当時小さくておまけに母子家庭で一人っ子だった俺は他の家の家庭環境なんて分からないし
同い年の子がどういう風に親と接してるかも分からなかったからきっと他所の家族もこんなもんなんだろうなぁ
位にしか思わなかったから誰かに言ったりもせずに普通に幼稚園とかも行ってたの。
で、たぶん6歳くらいの時に母さんが仕事を辞めたから二人で母方の実家に住むことになった。
その爺ちゃんちってのが親戚の中で分家本家とかあるうちの本家の方で、家に大きな神棚みたいなのがあって
そこに神様が居たの。神様って言ってもお化けとか普通の人には見えないとかそういうのじゃなくて、なんていうか神様の本体みたいな。分家にはそれをかたどった偽者みたいなのがあるらしいんだけど、
爺ちゃんちは黒塗りでちっちゃい観音開きの縦置きにした棺みたいなのにその神様が入ってるのね。
でもその神様は女の人がお世話をしちゃいけないみたいで、毎年決まった日にその家の男の人が中から出して世話をするのがしきたり。
俺には父さんが居なかったから自動的に次に世話をする役目につくのは俺って言う事になる訳で、爺ちゃんはそれが嬉しかったんだかノリノリで神様のことを小さい俺に説明してくれたりしてた。
俺は神様が(女の子でいうとぬいぐるみみたいな感じ)可愛くて小さい家族みたいなイメージで大好きになって、幼稚園から帰ってきては神様に向かって話をして庭で花を摘んでは家の裏にあるお稲荷さんとその神様にお供えしたりしてた。
ある日、爺さん婆さんが居ないうちに母さんが俺にプチ虐待をしてくるような事があって(喜ばれる話じゃないから具体例割愛するね)でも俺は虐待って認識はなかったから、凄く怒られたくらいの捉え方で家の裏のお稲荷さんの祠まで逃げてそこで泣いてたんだ。で
俺はいい事を思いついた。母さんのことを神様たちに相談することにしたの。
俺は泥で作った団子と花とお金とをお稲荷さんと神様に供えて「母さんが許してくれますように、俺の事もっと好きになって優しくなってくれますように」ってお願いした。
でも当然そんな事をしたぐらいで事態が良くなる事はなくて、むしろ仕事を始めたばかりでストレスが溜まってたのか母さんのプチ虐待は頻度を増してった。


243 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 01:23:55 ID:mLKhj+ES0
次第に爺さん達も俺の痣とかを怪しみ始めてて、子供心にもこれはやばいと思った俺は毎朝毎晩お供え物を持って何度も何度もお願いした。
そしたら2週間くらいたった頃、明け方早くに目が覚めることが多くなって来たんだ。物音がしたような気がしてはっとして起きるけど音なんて全然鳴ってない。そんなことが何日も続いた。
そしてある日の朝、3時か4時位にいつものように目が覚めてしまった俺はおしっこがしたくなって、便所に行くついでに神様に挨拶をしに行くことにしたんだ。
それで縁側の廊下を歩いてたら、庭に誰か居ることに気づいた。
障子を開けてみると、見た事ない白緑の着物を着たおじいさんが庭にある焼却炉の上から俺をじっと見ていた。
おじいさんは俺と目があった事に気づくと、にこっと笑って頷き俺に向かって何かゆっくり喋った(ガラスが閉まってたから声は聞こえない)
俺はきっと近所の神主さんか何かなんだろうと思って、お辞儀をしてそのまま便所に行って寝たんだけど、
それから何日も経たないうちに母さんが倒れた。原因は職場のストレスらしかったけど、胃がおかしくなったみたいで2週間かそのくらい入院していた(たぶん精神科とかにも行ってたんだと思う)

244 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 01:25:01 ID:mLKhj+ES0
2週間後、退院して帰ってきた母さんはそれこそ人が違ったかのように俺に優しくなっていた。というか、母さんじゃなくなってた。
もう明らかに違う。見た目とか声とかは変わってないんだけど、俺に対する態度とかはまるきり別人だった。
まず呼び方が変わっていた。以前は下の名前でそのまま読んでいたのに帰ってきた母さんは俺をゆーちゃん(本名がゆうすけなんです)なんて呼びはじめて、
おまけにいきなり料理が作れるようになったり手を繋ぎたがるようになったり昔はありえなかったのに一緒に買い物に連れて行ってくれたりオムライスの字とかまで書いてくれたりするようになった。
でも、その代わりに俺の好きな物とか好きな色とかは忘れてる。もともと知ってる方ではなかったけれど、きれいさっぱり。
母さんがくれた押し花を見て「ゆーちゃん押し花が好きなの?お母さんも押し花やってみたいな^^」とか(俺が知ってる母さんの唯一の趣味が押し花なのに)
そしてそれから13年間、今に至るまで母さんはそのままだ。虐待の事はそもそも俺と母さんしか知らなかったんだけど
そのことに関してもまるきり忘れたみたいな感じだった。もちろんそれから殴られたり蹴られたりもしなくなった。
これは俺の勝手な想像だけど神様は別の誰かを母さんの中に入れたんじゃないかと俺は思ってる。
だとしたら最初に母さんの中に入ってた本物の母さんはどこに行ったんだろう。
俺ももうそろそろ20歳。神様のお世話をする年齢が間近に迫った今、それが毎日気になって仕方がない。

245 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 01:46:43 ID:I0+PQvxn0
イイハナシダナー

246 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 01:48:16 ID:9EHh2cjzO
すごいね。自分もそろそろ20だ。経過報告よろしく!

247 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 01:55:59 ID:FTJgP4ysO
面白かった

ってか可愛い子供だったんだな

248 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 02:19:25 ID:F3b9VrqU0
うちの母親も倒れた後に中身が入れ替わったようになったっけなぁ

むしろ悪くなったw

249 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 02:26:18 ID:nn3sXNzZ0
http://jp.youtube.com/watch?v=-oi7cDsK1L4&NR=1

この車の行く末は・・・

250 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 03:32:58 ID:Ec2H2Pny0
>>244

それは逆じゃない?
お母さんに悪いものが憑いてて神様が祓ってくれたんだと思った。
倒れて入院してる時に魂を洗濯されたんだよ。

251 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 03:37:45 ID:atWGUpDg0
なんか怖いけどいい話だなぁ

252 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 03:45:57 ID:YhuKvCavO
まとめの「夢の不思議」
俺が以前経験したのと全く同じ

253 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 03:52:50 ID:i7c5Lu9OO
夢なんてそんなもんだ

254 :かくのたくぞう:2008/03/29(土) 03:57:25 ID:dpYfvShD0
先日某自殺サイトのオフ参加したんだけど、結構可愛い女の子とかいてびっくりした。
オフ会でみんなでなんで自殺したいのかとか不幸自慢大会みたいになってて
俺もたまたま隣に座った結構可愛い女の子に
「なんで自殺考えてるんですか?」って聞かれたから
「実は、まったく女の子にもてなくていまだに童貞なんですよ・・・」って言ったら
「そんなことで自殺を考えるなんて馬鹿みたい」って言われて
オフ会二人で抜け出してそのままホテル行って、生でヤラせてくれた。
初体験終えた後は、こんなことで悩んでたなんて馬鹿らしいって思った。
それを気づかせてくれた彼女にも本当に感謝した。
それで彼女に
「本当にありがとう。ところで○○さんはなんで自殺しようと思ったの?」って聞いたら、涙ぐみながら話してくれた。
「実は私、エイズなんだ」だって!!!・・・

255 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 04:03:07 ID:kIi/mRO20
合理的なところに感心してしまった

256 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 04:03:50 ID:DQfNuuAOO
>>254
∧ ∧
(゜(Д)゜)コワイヨ

257 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 04:19:12 ID:88cjEtQp0
まあ何つーかあれだ。
前スレに自分の実体験の話貼ったのに、
まとめサイト見たら乗ってないんだよな。
多分誰の目にも映ってなかったんだよこれ正にオカルト。

258 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 05:58:40 ID:Yep1TxcE0
怖くもないだろうし夢なのかはっきり覚えてないんだけど、
まだ4、5歳ぐらいの時、親と一緒に某ショッピングモールに買い物に出かけたんだ。
それで買い物をしてる最中急に腹が痛くなったからトイレに入ったんだが、
急に個室の壁側の床が燃えだしてケツも拭かずに慌てて出てきたんだけど
その後は特に騒ぎにもなってなかったみたいだし不思議だった。
記憶では結構熱を感じてたような気がするんだが…

259 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 07:31:52 ID:a+n//oxwO
>>258
まさにヤケクソだな

260 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 10:20:48 ID:DQfNuuAOO
しょうぅがないねぇ
山田くん>>259に座布団1枚やってくれぃ


261 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 13:04:29 ID:Hq2AL1ei0
俺昔、怖い話のテレビ見るの本当に嫌でさ
家族に必死で他の番組に変えて、とかテレビ消してって頼んだんだけど
俺があんまり怖がるから面白がって変えてくんないの
で、かといって他の部屋行くと一人になっちゃって怖いからそれも却下
だから半泣き状態で一緒にテレビ見るしかないのよ
あれは本当に怖かったなー
だってあの頃、目つむってても何故か怖いテレビだけは見えるんだもん
なんかそうーいうもんだと子供の頃は思ってたんだけどさ、
後からよく考えたらそんなはずないんだよな
でも、確かに見えてたんだよね、ハッキリと
なんだったんだろうなーアレ

262 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 13:35:43 ID:9FcdHhiE0
子供ってのは想像力豊かだから聞こえてきたモノを頭の中で描いて
あたかも見えていたような錯覚を覚えてるんじゃないかね

263 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 14:02:04 ID:5wcGbva60
>>254
がいしゅつ なぜか(ry

264 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 14:13:52 ID:lQYCsoEx0
>>249
誰かこの動画の内容教えてくれ。
頭だけ見たんだが、なんか後半見ちゃいけない気がして急いで消した。

なんだったか思い出せないんだけど、前に見た事あって嫌な思いした気がするんだよなあ。

265 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 14:32:10 ID:GG0SCxIsO
最後お化けみたいの出てびっくりさすやつだろ
むかしみたわ

266 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 14:32:25 ID:KL4BCUDK0
>>264
マジレスするとオカ板でヌルーされてる動画の殆どはクソ動画

267 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 14:36:43 ID:lQYCsoEx0
>>265
ソレダ!!!!!
すっきりしたよwありがとう

>>266
わかった。今度からは黙ってヌルーしとく。ありがとう!

268 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 14:53:55 ID:1d/5GUMBO
全然怖くないし貼る意味がわからん

269 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 16:01:57 ID:drHuZY4yO
今、仕事終わって人混み嫌いだから近くの展望台(山の頂上)でこれ読んでるんだけど

さっきから誰かに車叩かれてるんだけど
どうしよ

270 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 16:03:48 ID:fOOyd+0n0
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080328/crm0803281054014-n1.htm
東京・文京区 一家惨殺の家

ここってこれから恐怖スポットになるのかねw

271 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 16:05:43 ID:drHuZY4yO
車のキー抜いた奴誰だよ!

どうしよ…
怖くてミラー見れない


272 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 16:07:03 ID:ewh02rKfO
とりあえず実況スレに行ってみたらどうかね?

273 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 16:16:59 ID:fOOyd+0n0
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080216/crm0802161202010-n1.htm
エグ過ぎるww

274 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 17:03:16 ID:kTAm9HjYO
たすけて
しゃるぬってなかったたすけて

275 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 17:05:21 ID:dpYfvShD0
それおっぱいじゃね?

276 :1/3:2008/03/29(土) 17:07:39 ID:2SkiB3tP0
友人の住むマンションでの出来事。

友人の住むマンションは見た目は小奇麗なマンションだし、窓からの見晴らしもいい。
しかしお墓を取り壊してマンションを建てたことと、飛び降り自殺が何度かあったので
周囲では“出る”マンションとして噂されていた。
俺の友人はそのマンションの最上階に住んでいて、幽霊らしきものを見たことが何度か
あるようだった。

でも「目の錯覚だったかもしれない。」と何となく気味悪く感じながらも、気にしていない
ようなそぶりだった。

ある日の事、俺は友人が見た錯覚だったかも…と話した幽霊話を突っ込んで聞いてみたことがあった。
友人いわく

「別に怖い思いをしたわけじゃないんだよ。テレビを見ているとき、ふと後ろを振り返ってみたら
白っぽい影があったような気がしたり、窓ガラスに人影っぽいのが映っているような気がしたり…、
なんていうか、あれ?いまの何?っていう体験を何度がしたんだよ。それだけw」

「そういうのってたまにあるよな。」と俺も話をあわせた。

「でもさ、このマンションって入居者の出入りが激しいんだよな…最低でも1ヶ月に1人は引越ししてくんだよ。
おかしくねぇーか?」

「じゃあ、今度引越しする人みかけたら、アンケートすりゃいいじゃん。」

「できるわけねーだろw」
そんな他愛もない会話でその話は終わった。

その後も友人のマンションには何度か遊びに行っていたが、去年の冬、俺はついに幽霊を目撃してしまった。


277 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 17:09:35 ID:vSFwFJiXO
>>274
もちけつ!取り敢えず気を確かに。弱気になっちゃ駄目だ。強気な心で。

取り敢えず此処に行ってみたらどうだろう?
http://c.2ch.net/test/-/occult/1206264681/i

278 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 17:11:56 ID:vSFwFJiXO
なんという早とちり
頭沸いてるわ上のレス気にしないで下さい
逝ってきますorz

279 :1/3:2008/03/29(土) 17:23:47 ID:2SkiB3tP0
深夜2時頃、友人の部屋をでた俺は友人の住むマンションのエレベータホールで一瞬、白っぽい影のようなものを見た。
あれ?っと思ったけど、そこはいつもの見慣れたエレベータホール。
変わった様子はない。
エレベータがきて、俺は乗り込み1階のボタンを押す。
「シタニマイリマス」
エレベーターの扉が閉まる。
その刹那、うっすらと人が見えた。

うっすらというのも変な表現だけど、ちょうどガラスに映った自分や物が半分すけて見えるような感じで女の人がたっていた。
俺の目とその女の目が合う。
俺は怖いという感情より先に、どうしてこの女の人は透き通って見えるんだろう?と考えていた。
次に俺の目が病気か何かではっきりと見えなくなっているんじゃないか?とも考えた。
「あゥ」
声にならないような声を出し女が歩み寄ってきた。
その時、扉が閉まり、エレベータは下に降りていく。

いま見たのって何だったんだろう?
俺は目が合ったうっすらと見えた女の顔を思い出していた。
驚いたように口をぽっかりと開けて何かを言いたげな様子、寂しそうで、
それでいて怒気も含んでいる複雑な目。

・・・幽霊という単語は頭に浮かんだ時、全身に鳥肌がたつくらい恐怖感がでてきた。
早く1階に着け、1階に着け。俺はエレベータの箱の中でそれだけを考えていた。
エレベータが1階に着き、ゆっくりと扉が開く。
するとさっき見た女が目の前にたっていた。
先ほどより、はっきりと見える。

280 :3/3:2008/03/29(土) 17:38:01 ID:2SkiB3tP0
その女は扉のすぐ前に立っていて、箱からでるにはどうしても自分の体と接触してしまう
位置にたっていた。
俺はエレベータの中で身動きがとれずにいた。
女と睨み合いが続く。
というより蛇に睨まれた蛙状態。

俺は勇気をだして、すり抜けてしまおうと思った。
その瞬間、女が言った。
「私のこと、見えるの?」
はっきりと聞こえた。
耳で聞こえるというより、頭の中に響く感じといったほうが感覚的には近い。
俺は何も見えない、聞こえないといった様子で、エレベータから出た。

女は俺の周りを動き回り、「ねぇ、見えるの?聞こえる?」と何度も何度も言った。
俺は耳元に話しかける女の顔あたりを手で払いのけた。

一瞬、反り返るように体をよじると、すぐにまた耳元で何かを言う女。
何度も何度も俺は女の額あたりを押した。
そのたびに女は何かを言いながら、反動を利用し舞い戻って来る。
女は俺が額を押し、戻ってくるたびにこう言っていた。









「ラッタラッタピーヤ ラスタピーヤ」
怖かった。

281 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 17:44:51 ID:89Vu7hzZ0
1/3が二回…
こわすぐる。

282 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 17:59:35 ID:DQfNuuAOO
はいはいおっぱっぴー

283 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 18:06:24 ID:dpYfvShD0
しね

284 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 19:38:12 ID:uMlFQ+kw0
>>249
こわい(´;ω;`)
それより>>122
どうなったの・・・気になる。

285 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 19:47:06 ID:dpYfvShD0
>>284
ごめんなさい
これで堪忍なぁ・・・
http://imepita.jp/20080329/668200
http://imepita.jp/20080329/668400

286 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 20:22:05 ID:a+n//oxwO
アイムスキャットマーン♪

287 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 22:05:54 ID:R/dDx5rI0
友達の家にいったらジュース出されて
飲んだらなんか寝ちゃって
気付いたらソファーで寝てて
友達は「おい、おまえずーっと寝てたんだぜ」と言っていて
それから切れ痔

288 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 22:16:27 ID:ewh02rKfO
アッー!

289 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:10:23 ID:Q/eyjpUBO
>>287は男?相手の性別はどっち?

290 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:10:52 ID:stKlP4Gt0
切れ「痔」なんだぞ・・・・・・

291 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:36:25 ID:pMpSeAqp0
洒落にならないボンクラがいますね。

292 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:50:33 ID:sWtqSWsPO
Sの♀とか

293 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 01:00:06 ID:FxFPPNjn0
私は18歳の女です。
昨日、母を殺しました。首をしめて。
やってしまったという罪悪感よりも処理をどうするかで頭を悩ませました。
今冷凍室に隠して、みんなが寝たら一人でどこかにうめに行こうと思っていました。

でも、様子がおかしい。彼女は生きてるんです。
私は確かに殺したんです。
この手に残っているあの感触…彼女の顔は思い出せませんが…。
でも、確かに殺害したんです。

最近 夢なのか現実なのか区別がつきません。
さっきまで一緒に寝ていた弟はあんなもの最初から存在してなかった。
布団から話しかけて来る妖精も本を閉じたらって言っています。
頭がくらくらして字もよくみえません。

今、クマが私を呼んだので外にいかなきゃいけません。
私が見ているものはなんですか。
弟は存在しませんがクマはわたしの友達です。

母が生きていたのは、私が殺したと「思い込み」をしていたわけですか。
ベッドの中にいるあの人が怖くて眠れないんです。
彼が幻覚だったらとても楽になるんですけれど。
私は異常ですか。どこか連れて行かれますか。

294 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 01:04:27 ID:eZFMF5dD0
これ通報できるっけ

295 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 01:05:18 ID:Ka404I3n0
>>294

ただのコピペ

スルー奨励

296 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 01:13:18 ID:x/LNLeHu0
いや通報したほうがいいよ

297 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 01:30:54 ID:bbqxj1daO
くだらないコピペ貼る奴も貼る奴だよ
どんな神経してんだ

298 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 01:32:46 ID:VQaqzlCF0
>>88
亀だが
http://garbage.web.infoseek.co.jp/pcp/honbun/blog/top_flameset_top.html

299 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 01:55:22 ID:8CTRCAF5O
学校or自宅から出て暫くした時の腹痛は本気で死ぬ程洒落にならない

300 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 02:33:54 ID:Y5ZrWuW/O
>>299
田舎乙

301 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 02:36:17 ID:VQaqzlCF0
>>299とかのほうがまじでしゃれにならんよな
中途半端に怖いのより

302 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 06:02:29 ID:QnEPUMDsO
通報しました

303 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 08:56:35 ID:0VS5Kb6K0



304 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 09:30:01 ID:VWVIGUyfO
>>299
俺はこんなに頭が良かったのかと自分でも驚くほどいろんな事を考える。
歴史上の偉大な発明・発見は、きっとみんな
うんこ我慢してるときに思いついたんだ。

305 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 09:33:58 ID:8AQqhZjZ0
ウンコとともに知識を出す

306 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 12:01:33 ID:5qch/qPY0
それこそホントの身から出たサビうんco

307 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 13:13:00 ID:x/LNLeHu0
http://jp.youtube.com/watch?v=eNmgXgVz6Wo

308 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 13:16:55 ID:28eXOipK0
>>304
実際、トイレ入ってる時に閃いたアイディアとか多いと聞いた事がある。
漫画家の誰かはトイレに執筆に必要な道具やら資料やらを常備していて、結構長い時間入ってるそうだ。

309 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 16:49:21 ID:Vz3iauUgO
>>307
涙出た

310 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 18:02:06 ID:Ln8VtVJC0
医療器械の納入業者をしています。ある日夜9時過ぎに病院から
「臨時の治療で物品を大量に使ったので、すぐ補充して」
という連絡が入ったので、帰宅ついでに病院へ行った。
そんなのは割とよくある話で、連絡の来た部署(仮に25番検査室としておく)に物品を持って行ったのが10時ごろ。
ちなみにその部屋は循環器で使う心臓カテーテル室という検査室。
連絡が入ったと言っても、担当職員はみんなその場からは引き上げていて誰も居ない。
検査室は真っ暗だったので電気を点け、さっさと納品しようと検査室内の機材庫に入った。
その時だった。いきなりスピーカーから「ビーッビーッ」という大きな音が聞こえてきて
続いて「コードブルー発生!コードブルー発生!25番検査室です!」という院内放送が入った。
(コードブルーというのは、緊急で蘇生の必要な患者が発生した、という意味の放送)
「こんな時間にコードブルーかよ。大変だな。25番検査ってどの部屋だろう」
と、音にビックリしたもののあまり気にすることなく、納品を続けた。気づいたのは、同じ放送がもう一度繰り返された時だった。
「・・・25番検査室ってここじゃない?」(普段25番とは呼ばないため、気づかなかった)
再度検査室内を見回すも、当たり前のように人っ子一人いない。
それなにのなぜこの部屋でコードブルー??

311 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 18:05:12 ID:FR748w7A0
wktk

312 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 18:06:15 ID:Ln8VtVJC0
続き

それっきりその放送は無かったが、非常に気味が悪くなったため超適当に納品して、そのまま逃げるように検査室の外へ出た。
そうしたらちょうどその時に、よく知っている循環器の医者がこっちに向かって歩いてくるのが見えた。
今のコードブルー聞いてきたのかな?と思い、その先生に
「臨時もあったのにこんな時間にコードブルーって大変ですね。でもカテ室(25番のこと)誰も居ませんよ」
と声をかけると、医者はきょとんとした顔で
「何言ってんの?コードブルーなんて無いよ。臨時はあったけど、もう終わってるし」
「えええ?今、聞いたんですけど」
自分の耳を疑いながら申し立てる俺に、先生は
「夜だから全館放送に制限かかってんのかな?気づかなかった」
と、その場でPHSにて事務へ電話確認をしてくれた。(放送をする部署に)
しかし結果としては「そんな放送はどっからも依頼されていない」とのこと。要するにコードブルーなどない、と。
「聞き間違えたんじゃないの?」
と笑って、先生はくだんの検査室へ入っていった。もともとそこに用があったらしい。
普段の営業としての俺なら追って入って話の一つでもするところだけど、それはもうカンベンな気持ちだったので、そのまま帰宅した。


書いてみると全然怖くないけど、本当に洒落にならんくらい怖かったんだよ・・・

313 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 19:03:39 ID:YnVkA6a80
リアルな感じがでててイイ!

314 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 19:07:30 ID:5qch/qPY0
放送室に特定フロアや部屋だけに放送が流れるコンパネあるんじゃね?

315 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 19:34:41 ID:o9UdylxcO
VIPの皆さんの悪巧みです。
http://same.u.la/test/r.so/yutori.2ch.net/news4vip/1206866392/l10n

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/30(日) 19:39:46 ID:p77c3WtJ0
>>315
ああ

317 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 19:51:12 ID:vn08qrAwO
あした きょう きのう

318 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 19:55:20 ID:Ln8VtVJC0
>>314
そうだといいんだけど。聞いた放送なんだったかガクブルだよ

>>315
違うw

319 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 20:47:39 ID:pMpSeAqp0
>>312
コードブルーならぬコードガクブルーだったな。

320 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 21:33:42 ID:W7M5JKFm0
>>319
コンビ組んでくれ

321 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 21:52:36 ID:x/LNLeHu0
おっぱい

322 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 21:59:14 ID:xhwcgFsUO
怖いな〜

323 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:06:46 ID:vn08qrAwO
聞いたら死ぬ話しを聞かされた











最後になんでお前は死んで無いのっ聞いた

324 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:10:05 ID:x/LNLeHu0
ちんぽ

325 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:13:59 ID:+tnP0f+S0
小学の頃なんか選択性障害?とかいう奴で人との会話がほぼ全く出来ない女の子がいた
で、担任の先生(高齢、女性)はそいつの事凄く気にかけてて、クラス全体としても弱い立場にあるそいつをからかうなんてのは許されないって感じが強くあった
そのクラスに在籍しておらずKYで有名な俺でもそういう空気は強く感じられた。

んで一時期上靴に画鋲入れるっていう陰湿な遊びがはやって、俺は入れられなかったし今でも犯人が誰なのかは分らないんだが
結構被害者が出て、どうもその子の靴にもやったらしい

でもなんか、その子をからかうと決まって良くない事が起こるから、皆嫌がってその画鋲のいたずらは止めてしまった
そのよくない事ってのが何かってことなんだけど、

326 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:14:36 ID:+tnP0f+S0
学年集会

327 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:20:00 ID:9PhIG7e50
さっさと続き書け

328 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:21:58 ID:KCrb+dgy0
早くしてくれよ
おしっこもれちゃう

329 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:23:47 ID:mgmBCn5MO
私が去年体験した今までで1番怖かった?話です。



付き合っている彼の家族は、彼以外霊感もちでそのせいもあってか全く霊感がなかった私も、見える事が増えてきました。

季節は秋で涼しくなり始めた頃、彼と同じベッドで寝ていました。
急にじわじわ暑くなってきて汗もかき、何度か寝苦しくて目が覚めてはまた寝て…と繰り返していました。

そしてまた目が覚め、暑いと思い目をあけると私の顔の本当にくっつくかくっつかないくらいの真正面に怒ったような表情の見知らぬ男の人が見えました。髪がないように見えたので和尚さんのように思いました。

私はえ?と思い隣りをみると彼はぐっすり寝ていたので彼ではありません。また正面を見るとじーっと私を見つめてます。そして気付いたら寝ていたのか、次に目が覚めたのは朝でした。
夢だったのかな?と疑問に思いながらも、あれは夢だったんだと自分に言い聞かせていました。
それから何週間か後、彼のおじいさんが亡くなりました。
お線香をあげてほしいと言われ、一度もお会いした事はありませんでしたが向かいました。

仏壇の写真をみるとはっとしました。あの時の方だったんです。厳しそうな…でも優しそうな表情をしていました。それで怒っ

330 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:26:44 ID:mgmBCn5MO
>>329続きです。




仏壇の写真をみるとはっとしました。あの時の方でした。厳しそうな…でも優しそうな表情をしていました。それで怒ったように見えたんだとその時思いました。
帰り道彼の母から、「前からあなたに会いたいと言っていたんだよ。あんた(彼)の事も色々心配していたんだからね…」
と伝えられました。

彼の自宅の居間にはおじいさんの写真が飾られています。私が見る度、なぜか額が傾いていて私はそれを毎回直しています。いつも見ていてくださってるのでしょうか…。

331 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:29:25 ID:+tnP0f+S0
>>327-328
いやだからよくない事ってのは学年集会なんだよ
○ちゃんの下駄箱にも〜とか愚痴られて時間の無駄だった

332 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:30:17 ID:eZFMF5dD0
霊感があるとか言う人の話はなんで決まって怖くないんだろう

333 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:32:00 ID:bdMrxwhX0
学生の頃、バイト先の店長から聞いた体験談です。

ある日、店長が友人数人と居酒屋で飲んでいた時のこと。
みんな程よく酔いが回ってきた頃、一人だけ酔い潰れていた人がいました。
もともと強くないクセに一気とかして潰れる人だったそうで、
毎回のことだからと店長も友人達もあまり気にしていなかったそうです。

それから更に時間が経ち、友人の一人がある異変に気づきました。
例の酔い潰れた人の周りを、赤ちゃんがハイハイでグルグルと囲うように回っていたのです。
後から考えると、ありえない光景なんですが、酔っ払っていたせいか、店長と友人は他のお客さんの子供だと思ったそうです。
そこで、近づいて赤ちゃんを覗き込んだ友人が悲鳴をあげました。

友人「ひっ!」
店長「どうした!?」
友人「あ、あ、赤ちゃんの顔が!」
店長「顔がどうしたんだよ…うっ!」

不審に思った店長が赤ちゃんの顔を覗くと、そこには赤ん坊とは思えない醜悪な笑みを浮かべた真っ青な顔がありました。
その赤ちゃんは、唖然とする店長達の前でそれから少しの間ハイハイを続け、
最後は不気味な笑い声を上げてスーッ…と消えていったそうです。
そこの場にいた全員がその光景を目の当たりにして血の気が引き、一気に酔いが醒めたとのこと。
そのあとすぐに酔い潰れた友人を叩き起こし、逃げるように居酒屋を出たそうです。

翌日、例の友人に酔い潰れたときの事を聞いてみた(勿論、赤ちゃんの話は伏せて)そうですが、
何か体中が重かったのは覚えているけど、その時の記憶はあまり無いとの事でした。

それから数日経って、その方は事故でお亡くなりになったそうです。


う〜ん、文章に書き起こしてみると何かイマイチ怖くないですね。
聞いたときは軽くトラウマになるくらい怖かったのに…(´・ω・`)
長文駄文ですみませ(ノД`)

334 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:42:21 ID:FJsckKZX0
居酒屋だったら、他にも客がいたはずだが…
結果:☆☆

335 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:45:16 ID:D0Dlr7aSO
>う〜ん、文章に書き起こしてみると何かイマイチ怖くないですね。

これって今流行りなの?しょっちゅう見る。

336 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:47:03 ID:bdMrxwhX0
>>334
他に客がいたら・・・?
すみません、仰る事の意味が掴めませんです(´・ω・`)

337 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:49:00 ID:stKlP4Gt0
>>335言い訳とも取れるが、実際聞いたときには怖かったんだよ〜というニュアンスは伝わってくる。
しかし、どちらにせよ、怖くないならほん怖とかにイケ。

338 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 23:13:13 ID:V+JD5sL30
今から投下していいですか?

339 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 23:19:19 ID:V+JD5sL30
いないみたいなんで勝手に書いていきますね。

子どもの頃の話。
大して遊べる施設がない田舎町だったので、遊ぶといえば
誰かの家でゲームをするか、山とか集落を歩いて探検するとか、の2択
くらいしかする事がなかった。
小学校が休みの日、最初は友だちとゲームしたりして遊んでたんだが
どうにも飽きてしまってどっか面白いところは無いか、て話になった。
俺は近所にうちの爺さんがよく山菜を取りに入っている山があるのを思い出した。
よくふきのとうやきのこをザルいっぱいに取ってうちにもってきてくれていたんだ。
で、その山にいって山菜とかを取りにいくか、て事になった。

340 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 23:19:28 ID:FJsckKZX0
>336
いや、その店長さん達以外にも、その店にはお客さんや店員がいただろうしってこと。
他にも目撃した人がいるだろうに…ってことだよ。

341 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 23:19:59 ID:V+JD5sL30

一旦みんな家に帰って山歩き道具を自転車に詰め込んでその山に向かった。
途中まではアスファルトの道路があるんだが、その先は何もない。
あとはうすら位杉の森が広がっているだけだ。
どこから入ろうか、と思案にくれていると友だちの一人が草むらの先にけもの道
を見つけた。3時くらいなのに日があまり差しこまなくて暗い。
用意がいい俺たちは懐中電灯をつけて進むことにした。
その山は入って見ると思いのほか鬱蒼としていて山菜取り、なんて雰囲気ではなかった。
懐中電灯片手に草むらをかきわけて進む。
ちょっとした探検みたいで小学生の俺たちは目的を忘れて奥へ、奥へと入っていった。

342 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 23:20:21 ID:V+JD5sL30

で、暫くいくと唐突に草むらがない空間で出た。
俺たちは山の奥に自分たちしか知らない空間を見つけた、という喜びで舞い上がった。
ここをしばらく探索の拠点にしようよ、と言ってそこで普段禁じられてるサバイバルゲームみたいなこと
や花火やらでしばらく盛り上がった。
そんな折友だちの一人が不意に声をあげた。やっていなかった夏休みの宿題の再提出の期限が
明日だった、と言い出したのだ。もういいじゃん、一日くらい変わらないよ、とみんな言ったが、
そいつは先生が怖いから、と言って先に抜けることになった。


343 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 23:21:01 ID:V+JD5sL30

そんな事をしている内に暗くなってきて、その日は帰ることになった。当然この日の事は
友だちだけの秘密って事になった。山を出る頃には真っ暗になっていたが、こういう山歩きには
慣れていたので特に問題なく山を抜けることが出来た。
ちょっと不気味な雰囲気になってきてはいたがみんなバカ話に夢中でそんなこと気にもしなかった。
でも、自転車を泊めたところについたとき、話は止まった。

あいつの自転車まだおいてあるじゃん。

344 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 23:22:49 ID:V+JD5sL30

携帯なんてなかった時代だ。一回外で離れてしまえば家に着くまで連絡の取りようがない。
小学生の俺たちは声をあげてそいつの名前を呼んだ。
一人が山に入って探そうって言い出したが、それは別の友だちに止められた。
もしかしたら自転車を置いて車で近くまで迎えに来てもらったかもしれないという話も出た。
なにせ、広場からここまではさっき通ったけもの道をまっすぐ来るだけなんだから、迷うわけがない。
落ちて迷い込むような淵も窪みも無い。だからそうに違いない、という事だったのだ。
で俺たちはとにかくそいつの家に確かめに行くことにした。
だけど、そこに友だちはいなかった。
自分たちの遊びを隠すこともできず友だちの親父さんに事情を話した。

345 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 23:24:02 ID:V+JD5sL30

親父さんは顔色を変え、寄り合いまで車で行ってしまった。俺たちはどうしていいかわからず
とにかく帰ることにした。家で事情を話すと普段じゃ考えられないくらいこっぴどく怒られた。
他の友だちもそうだった。そのときはただ友だちと危険な遊びをしたこととか、友達を見捨てて
帰ったことを責められたんだ、と思っていたが、
爺さんが事情はまるっきり違う事を教えてくれた。
あの山には昔、この地方を治めていた城の出城があり、この地方が近くの有力な大名に呑み込まれる
際に、まっさきに焼かれ落ちたところで、その跡地は今でも草木が生えないのだ、
と伝わっているという事。うちの爺さんはその供養でその山に時折入っては神酒をまいたりしている
そうだ。そんなところで花火やら戦の真似事をしていたら連れて行かれる者が出ても仕方が無い、
と静かに言ったのだ。

果たして友だちはまだ見つかっていない。
俺たちはあの時山に入って探しにいくべきだったのだろうか?


以上です。スレ汚し失礼しました。

346 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 23:31:36 ID:L71Z8h2O0
チベット大虐殺での反戦団体・人権団体の動き

9条ピースウォーク → 無視
ピースウォーク → 無視
不戦のネットワーク → 無視
ピースウォーク金沢 → 無視
平和を望む東大生の会 → 無視
ストップ!「報復」戦争・市民の会 → 無視
あじさい → 閉鎖
反戦な家づくり → 無視
反戦共同行動 → 無視
反戦・平和アクション → 無視
反戦と生活のための表現解放行動 → 無視
反戦塾 → 無視
とめよう戦争への道!百万人署名運動 → 無視
レイバーネット日本 → 無視
WORLD PEACE NOW News → 無視
VAWW-NETジャパン → 無視
平和を望む東大生の会 → 無視
反戦な家づくり → 無視
反戦共同行動 → 無視
反戦・平和アクション → 無視
反戦塾 → 無視
9条の会 → 無視
無防備地域宣言運動全国ネットワーク → 無視
アグネス・チャン → 無視
女たちの戦争と平和人権基金 → 無視
YWCA → 無視
YMCA → 無視
社民党東京 → アフガンの子供は救ってやってもチベットのガキは死ね


347 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 23:39:00 ID:9PhIG7e50
>>346
ものすごく腹が立った

348 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 00:09:06 ID:ptEgXs1KO
>>345
面白かったよ
できればその後のことも詳しく知りたい

349 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 00:43:03 ID:hCw5JSwp0
[寺尾]
相撲部屋ってさ、結構出るんだよね
だから、お相撲かるたが発売停止になったわけだ
という訳で今日は、そのお相撲カルタに呪われた一人の少年の話をしよう。

「マガジンとサンデーが何かやるらしいぞ」
と少年は初めて出来た友達寺尾君に話しかけた。
しかし、お相撲かるたに夢中でそんな事は聞いちゃいなかった、その時かるたの絵柄が突然
消えてしまった。翌日のテレビのニュースで消えたかるたに描かれていた力士が、
何らかの毒物によって死亡したことが報道された。
寺尾はサンデーとマガジンの少年にこのことを話しにいった
「なん…だと…?」
少年は少し驚いたがすぐに冷静をとりもどし
「偶然だろ」と流した


寺尾は今日もお相撲カルタに手を伸ばす


「流してしまった・・・」

350 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 00:46:04 ID:vDocNB2M0
架空の怖い話作ってオカ板の奴ら釣ろうぜ
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1206888421/

351 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 00:50:36 ID:qf0XoPPc0
つまんね

352 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 01:13:23 ID:vyQKFGkz0
>>348
いなくなった友達は警察にも届けられましたが今も見つかっていません。
自分たちは子どもだということ、またこういう事情を伝えていなかったことも
いけないのだということで、家以外ではむしろかわいそうな子、のように扱われました。
とくに他の友だちがどうかなった、という話は聞きません。

後日談という話でもないですが、その山はうちの集落の中の誰かで
そういう供養が行われてきたようなのですが、ここ何代かはうちの家系でやっている
そうで、「お前は昔目をつけられているからな・・・」と爺さんは渋っていますが、
いずれ自分がやるだろう、という事になっています。
そのような事件があったところで守り役を変わってくれる人はいないですから。

今度こそ自分が連れて行かれるかもしれませんが、それは覚悟の上です。

353 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 01:50:54 ID:iyPc/EQt0
幼女とかさらって祟りのせいにしたらダメだよ?

354 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 02:10:32 ID:Ty4CJh1h0
タクシー運転手の謎

Fさん、女性(29歳)が深夜勤務の帰り、タクシーをひろった。
ドアが開き、Fさんはタクシーに乗り込んだが、その運転手は何も言わず、ただだまって
Fさんの顔をじっと見ていたので、ちょっと不気味な感じだったが疲れていたのであまり気にせず
自分の自宅の住所を告げた。

暫くして自宅に着き、料金を払う時に何か気持ち悪かったのでおつりをもらわずさっさと外に出た。
その運転手は結局最後まで何もしゃべることはなかった。

とりあえずお風呂に入り、その日は寝たが、朝になって携帯電話がないことに気付いた。
Fさんは忘れ物をすることが多いので、タクシーに乗った時は必ず会社名、運転手の名前、顔などを
覚えるクセがあった。そのタクシー会社はいつもよく利用してるので、電話番号を覚えていて、
早速家の電話から問い合わせてみた。
乗車した日時、場所、運転手の名前、失くしたものを告げると、なんと向こうからは
「そのような乗務員はこちらには在籍しておりませんが」と言われた。
自分の勘違いかも知れないし、もし該当することがあれば連絡下さいと言って電話を切った。

すると、10分ぐらいしたらそのタクシー会社から連絡があり、
なんとその乗務員は1年前の同日・同時刻にFさんを乗せた場所で勤務中に事故死したとのこと・・・

355 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 02:43:41 ID:2dQMgzIQ0
うん

356 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 04:27:23 ID:CcZd8od30
で、携帯電話はどこへ?

357 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 05:02:46 ID:qf0XoPPc0
だよな

358 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 05:56:14 ID:yQQGIVYW0
うむ

359 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 06:50:22 ID:Npv8hfUYO
その運転手から電話がかかってくるんだろ。

360 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 07:32:45 ID:X1EcHKVi0
つじつまが合わない話は他所でやれよというはなし。
ドラマやアニメじゃねーんだから、そこで終わりじゃねーだろ。

361 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 10:53:38 ID:59zAUPye0
物憶えが良くて物忘れが激しい人ですね

362 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 12:07:48 ID:9NFbBrlQO
>>352
理不尽だな。友達は宿題をやるために先に一人で帰ったんだろ。
そういう場合普通残って遊んでるほうが連れてかれると思うんだが。
友達かわいそうだ。

363 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 12:45:14 ID:iyPc/EQt0
戦場で勝手に戦線離脱する奴の運命は決まっている。

364 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:34:25 ID:upQxdcNN0
>>352
城跡というが、城には落城のさい人目につかん脱出口があるもので、
その横穴に縦穴状に地盤沈下してまわりの土砂ごと埋まってしまったのではないか??

>>354
幽霊が服着て小道具もってるのは百歩ゆずるが、タクシーごと化けるなよw
脱ゼー目的で会社が非登録車両で営業して幽霊沙汰を演出してんじゃね?

365 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:59:26 ID:25+Q+HIo0
そういえばようつべでカーチェイス中にフェンスすり抜ける車があったな
車に化けれるもんなのか

366 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 15:19:01 ID:imnJy1+EO
>>365
TVで観たことあるー。

367 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 16:17:16 ID:yQQGIVYW0
>>366
俺もテレビで見た見た
ただ、あの番組作り物もかなり放送してたよな

368 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 16:20:25 ID:25+Q+HIo0
パトカーの車載カメラだったから作り物とは思えないけどなぁ

369 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:00:07 ID:yQQGIVYW0
車載カメラだったから・・・あんま関係なくないか?

370 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:50:23 ID:up1N9tHgi
友達の友達の車載カメラだから間違いないよ

371 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:24:07 ID:tKIo+jmx0
>>364
話を読んだ限りではかなり小規模な出城という印象を受けたんだが、
そんな城にも脱出口なんて設けるもんなん?

372 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:25:58 ID:sarPIJNc0
>>367
第一位の映像が思いっきり作りだったのは笑えたな
番組終了時のテロップ中に「途中で紹介した○○の映像は、その後作りである事が判明しました」の注意書きが入ったけど
その言葉は最後のあれにこそ使うべきだろと思ってしまった

373 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:29:30 ID:wNYfb80w0
これか?

世界の恐怖映像2008をまったりと実況
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204368409/

374 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:34:46 ID:lEDD/i1t0
急に思い出した。

いわゆる「霊感のある人」のオバケ話は霊感のない俺には全く怖くないんだけど、
作家の遠藤周作が体験したっていうのはリアリティがあって(というか嘘つく筈がない)
すごい怖かった。
あんまり覚えてないんだけど、まず午前0時きっかりに時計が止まる部屋。
吉原の廃止された娼館で娼婦が殺された部屋なんだけど、その部屋の時計は0時きっかりに
止まってしまう。殺されたのが0時か?
そんで、遠藤はそんなもん信用してないし、霊感もないので意気揚々とその部屋に
泊まりに行った。
自分の使ってる時計、偶然にでも止まる可能性がないように電池(ゼンマイ?)とかも
チェックして持ち込んだんだけど、果たして0時きっかりに止まってしまった。
そのあともラップ音や人の気配(廃館なのでもちろん人はいない)に遠藤は怖くなって
とんずらした。
それだけならオカルティックな事を恐れたりしなかったんだけど、今度は取材も兼ねて
自殺があって必ず出るという小屋に同じく作家の吉行淳之介と泊まりに行った。
そこでは酒を飲んだりガヤガヤ話したりで全く出る気配がなかったんだが、夜中
寝てるときにふと吉行と自分の間に背を向けて座ってる人影をばっちり見てしまう。
そんなわけない、と目を瞑るが、「ここで、死んだんです」っていう若い男の声を
聞いてしまう。恐ろしくてなおも寝たふりをしてると、こんどは耳にべったりと口をつけて
「私は、ここで死んだんです」
あまりに生々しい感触に飛び上がって起きると、なぜか吉行も顔面蒼白で起きてきて
「逃げよう!ここはやばい!」って一目散に逃げ出した。
外に出ると遠藤は木陰で嘔吐し、吉行はやはり同じような体験をしたことを明かした。
それに懲りて遠藤は二度とそういう突撃をしないようになった。

信頼してる作家にそんな事を言われると、やっぱり俺は霊感ないけど心霊スポットとか
には絶対行かないようにしよう!と思う。
少なくとも、死者に対するリスペクトと鈍感を持ち合わせてる限り、そんな体験には
遭遇しない筈だから。

375 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:38:21 ID:X+J2a7+b0
>>373
あーそれ見たかったわ
結局何も解明しないでUFOやらUMAやら心霊やら垂れ流すだけのくだらない番組(笑)

376 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:57:06 ID:25+Q+HIo0
>>369
警察関係の映像で捏造できんでしょ

377 :1/3:2008/03/31(月) 19:55:55 ID:INVFNrUO0
高校の修学旅行で沖縄に行った生徒の話です。
体験したのは黒澤くん(仮名)です。彼ら一行は学業の一環として『ヒメユリの塔』や『ガマ』に見学していました。
学業と言っても殆ど旅行みたいなものなので、多数の生徒は遊び半分で見学していました。
特にはしゃいでいたのは河野くん(仮名)と林くん(仮名)でした、『ヒメユリの塔』では
他の見学者であるおばあちゃんに 「不謹慎だよ、静かにしてね」 と注意されましたが、
彼らは全く反省してない様子でした。

次に一行は『ガマ』へ向かいます、相変わらずはしゃいでいる河野くんと林くんに
嫌悪感を抱いている人がいました、小倉くん(仮名)です、彼はよく色んな生徒にからかわれている
いじめられっこの立場にいました、ですがこの時は、まるで親の敵を見るような目で河野、林を睨んでいました。
彼は何時も無気力で厄介事は避けようとしていたので、明らかに気分を悪くしてる様な顔見た事ありません、
気になったので黒澤は 「どうしたの?気分悪そうだけど…」 と聞きました。

小倉は 「いや…あいつ等がさ…結構やばい事してるから…」 といいます
黒澤 「河野くんと林くんの事?確かに不謹慎だよね、さっきも起こられてたし」
小倉 「うん、黒澤くんもあいつ等から離れてた方がいいよ、巻き込まれるかもしれないから」
黒澤 「ん??あぁ、また怒られそうだからね、とばっちりは嫌だから離れてるよ」
小倉 「いや、怒られるだけならいいんだけどね…」
黒澤は含んだ言い方をする小倉に 「どういう事?何かあるの?」 と聞こうとしましたが、
先生の 「ハイつきましたー、これから洞窟になるので足元に気を付けて下さいねー、
     あとくれぐれも騒がないこと!特にそこの二人!」 で遮られました。
そこの二人!と指された河野と林を見て、絶対また何かやりそうだなと言う表情のまま、先生の説明は続きます、
 「ここ『ガマ』では、戦時中民間の隠れ家、または兵隊の駐屯所としても使われており〜・・・人は地獄の様だと・・・」
先生は説明しながら洞窟内へ入っていきます。

378 :2/3:2008/03/31(月) 19:57:14 ID:INVFNrUO0
黒澤と小倉も先生に続いて入っていきます、そして大空洞に入ろうとした時でした。
小倉は 「ひっ!」 と小さく悲鳴を上げ立ち止まりました、そのあと 「ごめん黒澤くん、俺もう無理」
と言い残して殿を務めていた先生の元に行き、付き添われながら洞窟を出て行ってしまいました。
黒澤は 「やっぱり何かあるのか、後で聞いてみよう」 と思いながら、小倉がヤバイと言っていた二人を見ました。
相変わらずはしゃいでいます、 「骨出るんじゃね?」 とか言いながら地面を蹴っています、
先生は、もう気にしないで 「はい、では明かりを消しますよ〜本当に真っ暗になるんで気をつけてね〜」
と言い明かりを消しました。

明かりが全くない、夜に目を瞑ってた方が明るいのではないか、と言えるほどの暗さでした、
黒澤が 「本当に真っ暗だな」 などと思っていた時です

突然 「うわあぁぁぁぁ!!」 と言う叫び声が上がりました、声の主は河野と林でした
先生が 「林!河野!いい加減にしろ!」 と言っています、
しかし河野と林は 「ああっあぁぁ!」 「いやだぁっぁぁ」 と叫びながら走り回っている様でした
先生も流石に変と思ったのか明かりを付けました、河野と林がいません

…いや、立ち入り禁止のロープの奥にいました、二人は、
 「いやだぁぁぁ!やめてくれぇぇぇ!」 「それは俺のだぁぁ!とらないでぇぇ!」
 「やめろ!やめろぉ!そんなのたべたくない!そんなのたべたくない!」
と泣き叫びながら地面を素手で堀返しています。
先生は 「なぁ!…なにやってんだ!」 と駆け寄り、抱きかかえようとしたが、二人は振り払い

 「だめだぁぁ!あんたは何も知らない!!何も知らない!」
 「いやだ…こんなこと…たべるのはだめだ…あぁぁぁ…」
と叫びながら一心不乱に地面を掘ります

 「やめてくれぇぇ…人でなしぃぃ…」と言いながら
河野と林は先生二人と生徒三人がかりで取り押さえられ、洞窟から連れ出されました

379 :3/3:2008/03/31(月) 19:58:15 ID:INVFNrUO0
他の生徒も続いて出て行きます、外のベンチには俯いた小倉が座っていました
小倉は 「あいつ等おかしくなったんでしょ?自業自得だな…」 と言ってきました
黒澤は 「小倉くん、何か見えたんだよね、何が見えたの?」 と聞きました。

小倉 「頭だよ…人の…笑顔だったり怒ってたり、泣き顔だったり…青白い人の頭が…
    俺達が入ったとたん、地面からニョキ〜って生えてきて…ゆらゆらと動き出したんだ…」
黒澤 「頭!? 体は無かったの?」
小倉 「無い、首の長さが2mくらいで…首から下がない20人以上の頭が…ゆらゆらと揺れてた…」

 「俺昔から良く見るんだよね、そう言うの。でも今までに見たのとは比べ物にならない、ここは恐ろしすぎる…」
小倉はそう付け加えました。

河野と林はその後まる一日病院で寝込み、『ガマ』に入った時の記憶が無くなっていました
黒澤は後で河野と林から、神社にお払いに行って3日間しごかれたと聞いたそうです

終わり

380 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 20:51:22 ID:p+fcRc58O
天井裏と赤口って知ってる?

381 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 21:57:33 ID:ptEgXs1KO
>>352
ありがとう
>>348

382 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 22:04:12 ID:7g4AJ4mZO
>>376
警察信用してんの?(笑)

383 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 22:09:09 ID:up1N9tHgi
>>380
ああ、あれだろ
あれ
忘れた

384 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 23:37:22 ID:FwxP5dNRO
なんか昔よんだ話で
首都高のトンネルから
旧帝国陸軍の施設に入れて
そこにヤクザが人間をすてる話が
また読みたい(´Д`)。どこかにないかな

385 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 23:50:24 ID:U74MTCp60
>>379
> 神社にお払いに行って3日間しごかれたと聞いたそうです
ユルボッキした

386 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 23:51:27 ID:W6EUd9U50
>>384から聞いた話なんだけど、
首都高のトンネルから旧帝国陸軍の施設に入れて、
そこにヤクザが人間を棄ててるらしい。

さぁ読むがいい

387 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 00:09:58 ID:+erzZIIq0
>>384
まとめサイトのPart186「地下の井戸」だな
最近読んだから覚えてた

388 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 00:13:29 ID:pbg9QQZm0
>>384
昔あった「本当に危ない場所を見つけてしまった」ってスレがそれっぽかったよな

389 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 00:18:40 ID:FSv0enW8O
さっき、ようつべでサファリパークで飼育員がライオンに食べられてるショッキング映像を見てしまった。
なんか「ああぁあ」とか「痛い」とか声がはいってて鳥肌がたった…

スレチかな?すみませんでした

390 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 00:26:04 ID:YUNqTNsBi
>>384
つ 洒落怖の過去ログ 186《地下の井戸》

391 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 00:46:02 ID:IUMcgt3JI
昨日怖い人にフルボッコされてきた。
返済日を日延べしてもらった。
今度返せなかったら…。

392 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 01:17:48 ID:lA/L7gZnI
>>391
次はフルボッキだな
性的な意味で

393 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 01:29:46 ID:q9+iGSB8i
まとめサイト見たけど、バスの話が怖すぎた

394 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 01:36:23 ID:MoM2gQk20
まぁ、みんな死んだんですけど

395 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 01:57:13 ID:q9+iGSB8i
ヒーッ…(/_;)

396 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 02:05:13 ID:CvgJIOBN0
まとめサイトのPart186「地下の井戸」ってオリジナルか二次かは知らないが、創作だよな?

諸星大二郎のマンガとか、クライヴ・バーカーのミッドナイト・ミートトレインとか、
映画「ネクロノミコン」のオムニバスの一つにインスパイアされたネタ・・・だと、信じたい。

リアルでラブクラフトの小説に出てくる「怪物が人肉を食う地下世界」がある・・・ってのは勘弁(><。。。

397 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 02:37:47 ID:ApqcMpYb0
去年の夏休み、よう君(7歳)は親子3人でキャンプに出かけた。
しかし、夕方から一人でどこかへ行ったきり、帰らない。心配した両親はいろいろ探し
てみたが見つからず、夜中に警察に捜査を依頼した。
翌朝、川で溺れ死んでいるよう君が発見された。両親はすごいショックで呆然としていた。
警察で検死されたがお通夜は明日の夜に行う予定になった。
翌日、両親は同じマンションに住む人たちに、よう君のお通夜の連絡の掲示板を貼った。
その掲示板を見た近所の奥さんが、「えっ!?よう君死んだの?深夜3時ごろ夜勤から帰ってきたら、よう君エレベーターに乗ってたよ!全身ずぶ濡れになってじっとしてたけど・・・」


398 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 07:21:06 ID:KQppsnlEi
>>397

深夜にずぶ濡れになってた七歳を疑問に思わない近所の無関心さが一番怖い。

399 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 08:49:05 ID:zOlm4NvpO
世の中には不思議な事もあるから、あの井戸の底にいた得体の知れない化け物も実在するかもなw創作だと思うけど、実際に東京の地底には旧日帝軍の地下施設がまだ残されてるわけだから、長い年月に渡り誰の目にも触れなかった空間に何かがいても不思議じゃないw

400 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 11:38:10 ID:0OVDMK2G0
k。

401 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 11:44:36 ID:IEjpVJhkO
よう、お前ら。
春休みの俺はついさっき起きたところだわ。
記憶が新しい内にちょいと夢の話でもしようと思って書き込む。
っていうか最近、やたら同じ夢見るような気がするんだよなー。毎日見る訳ではないんだが。
まぁその夢がひどく滑稽で。真っ暗な中、何かに助けを求めて走るってストーリーなんだわ。
不思議なのはオカルトによくありがちな、強迫観念とか恐ろしいものに追われてるって訳じゃないのに必死こいて走ってるってこと。
特に目的とかも何もないのにね。
ついでに言うとリアルではいつも煙草吹かしてるからそんな走れないwだけど夢だからか、その中じゃ終始走り続けてる。
あと息切れとか全然してなくて・・・と言うより息すらしてないような感じ。兎に角、走るってこんな気持ちいいもんなのかって思うくらい。
まぁそれでずっと走り続けてると、ある時を境に、前の方に気配が現れる。
それでその気配というものは俺から遠ざかっていく感じがある。
何で逃げるんや!?俺がヲタだからかッ!?
生憎、俺は匂いで引かれるようなディープなところまでは行ってない。(煙草の匂いは別として)
まぁそれで今度は気配を捕まえるために手を前に出して追いかけるのよ。

402 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 11:46:22 ID:IEjpVJhkO
それがおもしれー。
こっちは誤解を解いてやんよって感じで、鬼ごっこ感覚で追いかけるわけだが向こうは全力疾走。
そりゃもう絶対手前にだけは捕まりたくない!って勢い。
そんなことされたら否が応でも捕まえてやるしかないじゃないか!
捕まえる、って思いが足をどんどん速くする。
んで、気配にはぐいぐいと追いつく。さっきも言ったがこっちは息切れしてない。追われる側は息絶え絶えだけど。
で、終わりにはふさふさした糸束?みたいなもんを掴んで、そこでいつも夢は終了する。
これで夢の話は全部。

春休みの最初の一日目に酔っぱらった勢いで肝試し行ったことと関係してるんかな?

403 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 11:48:37 ID:T0GfN+Pf0
次の方どうぞ

404 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 11:51:06 ID:IJjbobH20
はいはい、春休み春休み

405 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 11:57:34 ID:0OVDMK2G0

ほんのりからコピペ


150 名前: 霊感餅 [sage] 投稿日: 2008/03/11(火) 18:52:22 ID:8LCX8yOj0
去年の夏。上司であるM課長と2泊3日で出張した時の話。
普通に仕事して、少し遅めの食事を済ませてホテルへ戻る。(M課長と部屋は別々。)
特にこれと言った特色もない普通の部屋。当たり前のビジネスホテル。
ヤな感じもないし、お札もどこにもない。
(テレビなんかで言ってるけど本当の話なのかな。
そんなもの貼ってある部屋に当たったことはないんだけど。)
シャワー浴びたらちょっとだけ、と思って大好きなエビスビールを買って冷蔵庫に入れておいた。

仕事も順調だし、鼻唄混じりにシャワーを浴びて、冷蔵庫から取り出したビールを
ベッドサイドに置いたらゴロンと横になってみる。
一人だし、当然素っ裸のままだ。

さてさて、テレビでも見ながらビールなぞ、と起き上がろうと思ったら、体が固まった。
何これ?
あ…もしかして金縛り?
素っ裸なのに?

406 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 11:58:53 ID:0OVDMK2G0

151 名前: 霊感餅 [sage] 投稿日: 2008/03/11(火) 18:52:53 ID:8LCX8yOj0
…シャワーの音がする。
止めたはずなのに?と思っていると音が止んだ。
ほどなく扉の開く音とともに誰かが出てくる気配がする。

んなわけないじゃん。
オレしかいないんだぞ。
おかしい。
絶対変だ。
つうか、この人誰よ?


角刈りくらいの短いくり色の髪に口髭、薄く生えた胸毛もくり色の、
かなり恰幅の良い男の人が、腰にバスタオルを巻いただけで立っている。

ウホッ!な人じゃねぇよな。
素っ裸なんだぞオレ。

407 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 12:01:34 ID:0OVDMK2G0

153 名前: 霊感餅 [sage] 投稿日: 2008/03/11(火) 18:56:22 ID:8LCX8yOj0
向かいがM課長の部屋だったんで中に入れてもらって事情を話した。
うまく伝わってないようだったけど、もうあの部屋にはいられない、
とりあえず朝までここにいる、申し訳ないけど隣で寝てくれ、一人じゃ絶対眠れない、
とゴリ押し。
大の大人が情けない話なんだが、その夜はM課長の腕にしがみついて震えながら寝たらしい。


翌朝、渋るフロントの人に粘ること数分、部屋を代えてもらうのは当然として、さらに曰くも聞き出した。
やはり宿泊客が亡くなっていたらしい。
風貌はオレが見たままのようだ。
シャワーを浴びたあとで倒れたと思われるのだと。
ビールは?って聞いてみたら、どうやらベッドサイドに置いてあったらしい。
そのフロントの人が直接対応したわけではないらしく、それ以上は分からなかったけど、
たぶん、ビールは開いてなかったんだろうと思う。
飲みたかったんだろうな。

408 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 12:03:08 ID:0OVDMK2G0
失敗した

152 名前: 霊感餅 [sage] 投稿日: 2008/03/11(火) 18:54:29 ID:8LCX8yOj0
彼はビールに手を伸ばすと、右手を腰に当てて飲み始めた。
左利きかよ。

理解の範疇を越えているからなのか、この辺りまでは怖いという感情はなかったのだと思う。
口元を溢れて喉から胸へと流れるビールの筋を見ながら、
飲まれちまってチクショーとか考えてた。
やがて、飲み終えると誰もがやる例のブハーぁ…までやってくれちゃって、
空き缶を置いた時の乾いた音が響いた。

え。こっち向いた。

満面の笑みを浮かべながら、オレに向かって左の親指を立てた。

ただ見てしまった、という経験ばかりで、人ではない人とこんな風に対峙した経験は
今までなかったからか、猛烈に怖くなってきた。
経験がないからか、この先の展開も想像できない。


左手が延びてくる?
何?
何?
何?
何?
何?


彼はオレの頬に2、3度触れ、英語でありがとうと言うと、スーッと消えてしまった。
体も動くようになったけど、今度は震えが止まらない。
何とかバスローブを身にまとい、カギだけ持って部屋を出た。

409 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 12:09:31 ID:Kti4Subei
次の方どうぞ

410 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 12:31:29 ID:EhNX3lwEi
なんだ、あっー!はナシかw

411 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 12:33:11 ID:tnRZeXakO
>>411 ゲット!!!!!
>>418は悪霊に取り付かれてる

412 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 12:50:08 ID:IDjDYu9Ui
418カワイソス

413 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 13:12:44 ID:rWVrCZRYi
>>410
後日談でその上司に言い寄られるようになった

414 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 14:58:13 ID:l3cSqu/p0
層化怖いよ。
洒落になんないよ。

415 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 15:03:10 ID:cR8NR1gyO
>>414
なんかあったのか?

416 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 15:54:36 ID:QpoFjq7a0
街で

417 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 16:08:44 ID:GS8i40+AO
↓おはらい行け

418 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 16:17:02 ID:Mj5gsj8e0
ずっとまとめやらスレやらを見てたけど初投稿します。

2005年の夏に当時の彼氏と千葉の海に程近い普通のホテルに宿泊しました。
彼氏が友達に聞いたりネットで調べて予約してくれたホテルなんですが、夏休みシーズンということでどこも混んでいました。
やっと2人1部屋だけ空いてるホテルがあり決めたらしいのですが、合宿の大学生やら家族連れやらサーファーやらでロビーも廊下も人だらけでした。
泊まったのはそのホテルの4階なのですが、その階は静かで廊下に誰もいないんですよ。
昼間だし皆海に行ってるんだなーと思ってました。

ホテルは横長で少しピラミッド型というか…1階が10部屋なら2階は9部屋って感じで上の階に行くほど部屋数が少なくなっていくんですが、4階だけ3階と部屋数が同じなんです。
しかも端の部屋だけ新しく作り足したような。
変なの!って思ってたら自分たちがその部屋でした。

でもあんまり気にせず部屋に入ろうと鍵を開けました。
ガチャン
…カチャン
は?
1回鍵開けたのに中から閉められました。
誰かいるのかなwwって彼氏と笑いながらもう1回鍵挿したかったけどささら無かった。
鍵、合わなくなったんです。
ものの数秒で。

とりあえず彼氏がフロントに戻って事情説明したら偉い人が来て開けてくれた。
私『鍵間違えてたんですか?』
偉い人『いえ…あのー…』
でなんか偉い人に業務連絡が入って偉い人去っていったんです。

そのことは気にせず海に行って夕方頃にまたホテルに帰って来ました。

部屋に入ったら窓が開いてて、なぜか机が窓際に移動してました。
従業員がなんかしたんだろうと思ってまた気にせず…
お風呂に入りにまた部屋をでました。


419 :418です:2008/04/01(火) 16:18:09 ID:Mj5gsj8e0
あ…もうやめとけって暗示??

やめとこ…

420 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 16:28:47 ID:/tJFK/D90
いや、誰も何も言ってないだろw

続き書いてくれよ。

421 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 16:29:23 ID:N7dOA/3v0
おぉーい!

続き続き・・・・・

422 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 16:29:50 ID:pIx7J5D0O
続きまだ

423 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 16:34:01 ID:zl3wA9bd0
どの変が暗示なんだ??


424 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 16:34:05 ID:dEbf1bp7P
スレで言われたとかじゃなくて
書いてる時に何かあったんでしょ
『書くな』って言うような出来事が

ラップ音とか・・・まあそんな感じ

そういう事ってあるからね

425 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 16:49:18 ID:EbJC21Dv0
あるあるwww

426 :1/2:2008/04/01(火) 17:07:37 ID:c12ZunXNO
じゃあ代わりに。

こないだ幼馴染みもといヲタ友達にコスプレさせられて、それがゴスロリというか何というか…そんなキャラのコスプレだったものだから、ノリで洋館の廃墟に行ったんだ。

そして二人で撮影会。
「いいよいいよー」「かわいい、萌える!」って言われまくって、俺も段々「乳酸菌ry」とかキャラになりきってきたんだよ。

男二人(うち一人女装)がキモい事を言いまくるだけでもアレなのに、
ノってきたヲタも女装しだしてもはや変質者以外の何者でもない感じになってきた。

百合シチュで交じり合う赤と黒。冷静に見れば気持ち悪い。
だがあくまでも撮影なので、所詮抱き合う程度。ちなみに俺はノンケでもゲイでもない。

427 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:07:46 ID:Rab0puqL0
まだ?

428 :2/2:2008/04/01(火) 17:13:12 ID:c12ZunXNO
数時間後、ゼェハァしながら廃墟を後にした。
キャラになりきることがあんなに体力を消耗させるなんて知らなかった(俺は今回が初めてのコスプレであり女装)。

で、さっき幼馴染みがうちに来たんだ。現像した写真持って。
よく撮れてたよ。顔さえ見なければ色白美少女二人組。
俺達の絡みもばっちり。

ここからはありがちな話なんだが、
例の廃墟は心霊スポット
二人で抱き合ってる写真が多数
というわけで。
後者は「誰が撮ってたんだ?」ってこと。あのムサい抱擁を上から横から遠くから近くから…色んなアングルで撮ってくれたのは。
なりきるのに夢中になって全然気付かなかった。

今思えば怖いんだが、憑かれなかっただけマシだよね。
というか霊より俺達の方がアレか。

今もヲタはそこにいる(2ちゃんねる見てる。多分VIP)。そういえば、彼が来てからラップ音が止まない。
憑かれてんのかな

429 :418です:2008/04/01(火) 17:14:48 ID:8QsPq/la0
私は今8ヶ月の子供がいるんですが、さっきTVのリモコンで遊んでて…
ニュースのチャンネルを連続で変えたみたいなんですが
変えたチャンネル全部でちょうど『死亡しました』って言ってたんでなんかの暗示かとおもっちゃって。

今から続き書きます。


430 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:17:34 ID:W0AYJFq40
>>428
女装って、おまえ女だろ?単なる仮装だ

431 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:20:21 ID:c12ZunXNO
>>430
信じてくれなくてもいいです…

432 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:21:40 ID:dEbf1bp7P
そうだね、書き込みの文章内容が女っぽいよね
オカマか女性かどっちかだよね

433 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:21:53 ID:/tJFK/D90
>>429
そんなのただの偶然だよ。
子供がリモコンいじってて、チャンネル変わるたびに
「パパ」
「やめなよ」
「死ぬよ」
とかなったらかなりやばいけど。

434 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:22:47 ID:W0AYJFq40
いや、チャチャ入れて悪かった
オカルト話おもしろかったよ

435 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:32:16 ID:c12ZunXNO
>>432
オカマかも試練

>>434
気にしてない(・∀・)
ちょっと今後の方向性考えてみる

436 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:33:09 ID:c12ZunXNO
ああああ なんで皆sageてんのにageてんだろ

スマソ

437 :418です:2008/04/01(火) 17:37:47 ID:8QsPq/la0
お風呂から出たら彼氏が待っててくれて一緒に部屋まで行ったんです。
普通に鍵開けて部屋に入ったら
ざぁぁぁぁぁぁぁ…
私はポットのお湯が沸いたんだと思ってポットに近づいたら、コンセントが刺さってないんです。
あれ?って思ったら彼氏が『トイレ…?』トイレを見たら水が流れてました。
タンク式で脇に流すレバーが付いてたんですが、今さっき下がったって感じに揺れてて…
『故障かな?』って思ったら目の前でレバーが上がってまた水が流れました。
これ故障じゃない。おかしい。思ったけど口に出しませんでした。元に戻した机はまた窓の近くにありました。
『もう寝よう』いちゃいちゃする気も無くなり寝ました。

ウトウトしたかなー…くらいのときに髪を引っ張られる感じがして起きました。
時計を見ると朝方4時。 『朝方の方がおばけ出るよ』と母に言われたのを思い出して怖くなりました。
また机が窓の近くにあったから…何より髪を引っ張られてるのが怖くて早く寝なきゃ寝なきゃってばかり考えて余計に眠れなくなり、とりあえず髪どうにかしようと引っ張られてる原因を探しました。
私は右を下にして寝ていたので、目だけ振り向く形で見てみました。

彼氏の手でした。

なんだバカヤロー!!!!!と思ったけどおかしいです。彼氏反対側向いて寝てるんです。
左を下にして。手を見たら左手だったから。
彼氏は軟体人間じゃないし、何よりベッド別だからこんなに手伸びるわけない。
じゃあ、私の背中にくっついて寝てるのは誰?
起きた時には病院でした。
私、窓際で首つったらしいんです。全然覚えてないんですが…無事に生きてて良かったと思ってます。
ちなみに引っ張られてた髪は窓際に落ちてて、未だにそこハゲてます…
駄文、長文、あんまり怖くなかったらごめんなさい。


438 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:45:15 ID:/tJFK/D90
すげえ。
髪の毛引っ張られてるのに飛び起きないのも凄いけど、
怪奇現象が起きてるその部屋でよく寝ようと思ったね。

439 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:46:41 ID:dEbf1bp7P
>>437

怖いね;
彼氏さんはどうなったの?
無事なの?

440 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:53:43 ID:BDNAo0K70
これアタシが20代の頃、今から10年以上前の話なんですけどね…
洒落怖スレに書こうか稲川淳二みたいな口調のスレですよ に書こうか迷ったんだなぁ、幽霊なんかは出てこないんだ。
人によっては、「羨ましいなこの野郎!」なんてね、そんな意見も出るかも知れないんですが、
アタシにとっては洒落にならない話で、尚且つ屈辱的だった、そんなお話なんですけどねぇ……
長文なんでコッチにしようかなぁ

アタシ、当時の友人に何気な〜く誘われたんだ、
「淳二、俺の知り合いが六本木で飲み屋やってるんだ、今度一緒に飲みに行かない?穴場で芸能人なんかもよく来るんだよ」って
アタシも嫌いじゃないもんですから、あー、いいよ、いいよってなもんですよねぇ
そのお店ってのが、マスターがホモだかオカマだかで面白い店なんだなぁ、こじ〜んまりとした作りなんですけど常連の人が多く集まるいい店だったんですよねぇ
そんなんでアタシと友人でカウンター席に座りましてね、マスターも交えて、あーでもねー、こーでもねーなんて話しながら飲んでたんだ。

いい具合にお酒が進んでた頃に、店に男3人と女1人の4人組が入って来たんだ。
何軒かハシゴでもしてきたんでしょうね、その4人組みの人達もかなり酔ってる。

…ん〜?この女性どっかで見た事がある、誰だったけなぁ〜?
これ名前は本気で言えないんですけどね、最近はあんまりTVで見かける事もないんですが、一応著名な女優さん
もっとも、その当時は女優というよりはアイドル色が濃かった、そんな人なんですけどねぇ、えぇ、仮にAさんとしてきましょうか?
…ベロベロに酔ってるんだなぁ、これが
マズイのは、一緒に入ってきた3人の男性、これがどう見ても堅気じゃないんだ
店の扉に「暴力団お断り」なんてシールが貼ってあったの憶えてるんだけども、そんなの何の効力もないんだなぁ…

441 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 17:58:07 ID:BDNAo0K70
狭い店でしたからね、向こうの人達の話も聞こえてきちゃう
その内、そのAさんがアタシと友人に絡んできましてね、えぇ
長くなるから省いちゃいますけど、とにかくAさんがアタシの事を気入ったらしくて、それだけなら光栄だったんですけど、自分のアソコを舐めろなんて言うんだ!

…アタシ、断りましたよ、だってそうでしょう?アタシ、AV男優じゃないんですから
そのAさんはアイドルやってたぐらいですからね、そりゃ可愛いんですが…時と場所ってもんがありますよねぇ、えぇ
特にそのシト、Aさんのファンって訳でもなかったんですけど、ショックもあったなー、こんな可愛いシトがこんなエロいなんてって。

断ったんですけど、そのままでは治まらないんだ、Aさんも893の人も「テメー、アイドルに恥をかかす気か!」なんて言い出しましてね
怖いやら恥ずかしいやらで、もうアタシ何が何だかよく分からない!
オカマのマスターと友人に助けを求めたんですけど、なんだか2人とも「減るもんじゃなし舐めちゃえば?」みたいな雰囲気で…
葛藤がありましたよね、「舐めちゃいけない!舐めるもんか!」

…結局、えぇ〜い、アタシも男だ、舐めてやる!舐めてやるとも!
そんなんでアタシ、クンニってんですか?それさせられちゃったんだなぁ…
ぴっちゃ…ぴっちゃ…ぴっちゃ…、ぴっちゃ…ア〜ン、なんてそんなですよねぇ、えぇ
Aさん満足気にイっちゃったら、よくやった小僧!みたい雰囲気になって、みんな大喜び、札束渡されたんだ。
受け取るのも憚ったんですが、断るとまた何されるか分かったもんじゃないんで受け取りましたよ、アタシ…後で勘定したら20万程ありましたけどねぇー
友人は喜んじゃって、最新のゲーム機買ってくれだの何だのって、的外れな事言ってたの憶えてるなぁ〜

…アタシ、この話リアルでは誰にも話した事ないんですよね
Aさんたま〜にTVなんかで観ると、コイツ…なんて思うんだなぁ…不思議と嫌いでもないんですけどねー

442 :418です:2008/04/01(火) 18:01:22 ID:bqXGYRYEO
>>438
実際怖い目にあうと動け無くなります。
まさかあんな事になるなんて思ってなかったし…私楽観的なんで;


>>439
彼氏はむかつくくらい何も無く何も知らずでした;
左手が痛いくらいしか言ってなかったです

443 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 18:02:37 ID:iJqWWmks0
>>426
>ちなみに俺はノンケでもゲイでもない。

ユニセクシャルかバイってこと?

444 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 18:12:18 ID:K1rqaJ+70
>>441
オチは?

445 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 18:31:45 ID:mTg27zxBO
なぜオカルトとトイレは密接な関係にあるのか

446 :418:2008/04/01(火) 18:43:23 ID:bqXGYRYEO
>>445
水のある場所に集まるとか聞きます

447 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 18:47:14 ID:xBKoY8lc0
暗いところと水のあるところには霊が集まりやすい

って小説版リングに書いてあったキガス

448 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 19:05:58 ID:6oQsOd+J0
それ確かジンクスの話だったような

449 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 19:13:35 ID:Ius29mdV0
お彼岸の頃は水辺に近付いちゃいけないって言われる。
事故が多いからだそうな。引っ張られちゃうのかね?

450 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 19:48:41 ID:+afEuVvs0
加えてトイレは閉塞した場所であるため、
精神的に圧迫されやすいしな。

451 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 22:44:22 ID:bayU3jIW0
先日、金縛りにあった。
夢の中の、夢の中の、夢で。

まず、最初。
眠っていると、金縛りにあう。
稀に金縛りにあうので、「うわー、体動かないのキツッ!」とか楽観的な考えで金縛りが解けるのを待った。
すると徐々に体が動くようになったので、目を瞑ったまま就寝した。
と、思った。その目を瞑るシーンだけを俺が空から見てる。金縛りにあった感覚だけある。

次に目を覚ますと、夢の中。足元に妹が寝てるのだが、俺が起き上がらないと見えない足あたりまで見えてる。
で、最初と同じ状況になる。
大分、頭が冴えてきてるのか、洒落コワで読んだ話を思い出して、怖くなる。
今思うと、自業自得。
そして、やっぱり再び目を瞑るシーンだけを俺が空から見てる。

次。
三度目の正直。
金縛り状態で両脇を何者かに、掴まれる。
そこは、俺は上から見てない。
うわー。と思ってると、目が覚める。
一応体を見て見たけど、何も無い。妹も何ともなってなかった。
所詮夢。といわれれば、それで終わりなんだけど、本当になんだったんだろう。


452 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 23:16:25 ID:ZNzAC3wqO
妹が非常に気になる‥

453 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 23:32:29 ID:T0GfN+Pf0
>>451
所詮夢。

つーか、金縛りって大抵金縛りにあってる夢だから始末が悪い
起きて仕事行く準備してる夢とかもあるなw

454 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 23:42:59 ID:0SKnC/n70
妹kwsk

455 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 23:44:48 ID:EhNX3lwEO
>>453
おまい気が休まる時ないんじゃね?
アテクシも毎晩毎晩仕事の夢見て、
神経性胃炎から拒食症になったよ。
気を付けろよ。

456 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 00:26:45 ID:o9kDGCI00
義妹さんのプロフィールおながいします

457 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 01:04:46 ID:7El3odUh0
>>451
それを幽体離脱って言うんじゃないのか…

458 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 01:17:59 ID:1Hh4vCYF0
時々コピペすら満足に出来ずしくじる奴がいるけどアレはホント萎える
馬鹿なのはしょうがないが人に迷惑を掛けるなよ

459 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 01:39:31 ID:rsjaRChx0
春ってなんであぶない香具師が増えるんだ?
夜道で向こうから来たおっさん社会の窓からちんちん出して堂々と歩いてたorz

460 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 01:48:44 ID:+Lr1D6m30
ごめんそれ俺だわw

461 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 02:03:25 ID:xTETGbDi0
>>459
夜道はおっさんも怖いから威嚇しながら歩いてたんだろ

お勤めご苦労様くらい言ってやれw

462 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 02:08:25 ID:V13N3rBv0
>459
酔っ払ってんじゃないか?w
小便行って、本人はしまったつもりがしまってなかったとか

463 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 02:38:19 ID:5A4OH3wEO
幽霊は汚い物を嫌うって言うし、魔除けだったんじゃね?

464 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 02:51:38 ID:tOix7iAl0
じゃあ幽霊が出たら俺もチンコ見せればいいんですね

465 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 02:59:30 ID:nWukTTEZO
使った事ない綺麗なのはダメだよ

466 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 03:08:32 ID:SPRpX3yg0
大丈夫だよ、みんなオナニーしても風呂も入らず汚くてくさーくなってるから

467 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 03:51:56 ID:Kz7tTt/p0
そう言えば、洒落怖のどの話か忘れたが、生贄に出した少年か少女が、
神社で山の奥地に住む鬼?サンカ?妖怪?(数匹)に喰われてしまうのを見て、
その地域から逃げ出して都会に出てきたって話。

あれが俺の中では怖かった。

事実なら凸してみたいんだが、タイトル忘れてしまった・・・orz
まあ、創作だろうとは思うけれど。




468 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 04:18:36 ID:Kz7tTt/p0
自己解決。

神社で洒落怖サイトぐぐったら発見。No.28のテンジンキ(天神鬼?)って話だった。
改めて見たら、そう怖くも無いが、ラブクラフト的な恐怖がある様な気がして、初見時はかなり怖かった。

469 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 06:18:42 ID:39CGPlUp0
ぶっちゃけた話、社会に出たら幽霊なんぞ怖がってる暇がねぇ。

470 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 06:26:19 ID:aKtSuhduO
今、サウナの仮眠室から出てきたんだが…。
隣で寝てた、っつーか、寝たフリしてた奴やべぇ…。
ふと目が覚めたらケツを何かが触る感触(´Д`)
身体を動かすと引っ込んだ。

まさか霊!?(((( ;゚д゚)))

しばらく様子見たが回りの寝息しか聞こえない。気のせいか、と思ったら足を触る何かがある。
どうやら隣の奴の足。邪魔くせぇ、と放置してたらずっとツンツンしてきやがる。ウゼェ。
どうやら寝てるかどうかをチェックしてるようだった。したら布団をめくって手が股間に延びてきやがったΣ( ̄□ ̄;)
息子に手が届きかけた時、何も言わず跳び起きて仮眠室を出てきたわけ。

それまでに、ひょっとしたら気がつかないうちに息子いじられてたかも…。
顔見えなかったし、見る気も無かったが、マジ洒落ならんよ。
こっちは30越えたオサーンだぞ?


471 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 09:53:46 ID:p6I9fdJpO
ここに書くのは初めてだけど、千葉にある臼井城趾公園に行った時の話なんだが、本丸跡に近づくにつれてなんか腐った臭いがするんだわ

周りを見回しても残飯とか動物の死骸とかなくて不思議だった

でも臭いはずっと続いていた

472 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:33:45 ID:j0Ws3EdH0
ガクブルの話だったので転載

−−−−−−−−−− キリトリ −−−−−−−−−−−

俺男:都内大学生(18)
山田菜美:都内大学生(18)
吉村和夫:フリーター(27)

大学に入ってしばらくした頃、
今までバイトってものをやったことがなかった俺は
人生経験のためにバイトを始めた。

そのバイト先の先輩に吉村という男がいた。
小太りで、服や髪は秋葉系の人だった。
無口で冗談などはほとんど言わず
自分の興味のあることだけを延々と話すような人で
かなりとっつきにくい人だった。

俺とシフトが重なったとき、吉村はよく俺に彼女の話をしてた。

「もうすぐ俺、結婚するんだよ
彼女、ストレートの黒髪で、すごくかわいい子なんだ」

吉村はそんな話を延々と続けてた。
一応バイトの先輩だし、他にこの人と盛り上がれそうな話題もなかったので
俺はいつも聞き役に徹し、適当に相槌打ったりして時間が過ぎるのを待った。


473 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:34:45 ID:j0Ws3EdH0
ある日、バイト先近くのファミレスで友達と待ち合わせをした。
ファミレスに入って店内を見渡してみたけど、まだ友達は来てなかった。
しかし、ファミレスの一番奥の席には意外な人物がいた。
吉村だ。
こちらからでは後姿しか見えないが、吉村の前には女性が座っており
二人で話し込んでるようだった。

正直、吉村のプライベートに踏み込む気は全くなかったけど
ガラ空きの店内でバイト先の先輩がいるのに
あいさつしないのも不自然だと思って、吉村に声を掛けた。

俺「こんにちは。吉村さん。今日はデートですか?」
吉村「ああ。今ちょっと彼女と難しい話してるんだよ」
吉村は素っ気無くぶっきらぼうに答えた。
しかし、俺の声に反応して振り返った女性は、涙を流しながら首を振って
「違うんです。付き合ってないんです」と言った。
俺「え?…」

意味が分からない。
俺がしばらく固まってたら
「お願いです。助けて下さい」
と女性から泣きながらお願いされた。
この女性が菜美だ。

「おい、あんちゃん。おまえこいつの友達か?」


474 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:35:23 ID:j0Ws3EdH0
呆然としてる俺に、吉村たちの隣に座ってた男が話掛けて来た。
隣に座ってたのは、二人とも30代半ばぐらいのおじさんたちだった。
ガラの悪いシャツにパンチパーマ、オールバックといったファッションで
どう見ても健全な商売の人間には見えなかった。
どうも、吉村は彼女と二人だけじゃなくて
その横のテーブルに座る柄の悪い二人組とも連れだったみたいだ。

菜美は清楚で大人しそうな感じ。吉村はいつも通りの秋葉系。
吉村たち真面目組とこの柄の悪い二人組とは全く接点無さそうだったんで、
連れだとは思いもしなかった。

手前側に座ってたやくざ風の男は立ち上がると
「あんちゃん、悪いことは言わねえよ。
そんなに仲良くないなら、こいつらとは関わらない方がいいよ」
と言って、俺の肩をポンと叩いた。

吉村は無言だった。
菜美の方は、涙をポロポロ流しながら、目から助けて光線を俺に発している

俺「あの、とりあえずトイレ行って来ますね」
そう言って、俺はトイレに向かった。

トイレに向かうまでに、状況を整理して考えた。
吉村&菜美組と、やくざ風の男×2組は、どう見ても友人関係ではない。
また、菜美が泣いているところからすると、
何らかの理由で彼らはやくざ組に脅されてるんだろう。
そうだ。きっと二人は、チンピラに絡まれてるんだ。
俺はそういう結論に達した。


475 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:35:45 ID:j0Ws3EdH0
俺はトイレの大きい方に入って、小声で警察に電話し
友達がヤクザに脅されてるから来て欲しいと伝えた。
電話を掛け終えた後、数分トイレで待機してから吉村たちの方へ向かった。
数分待ったのは、少しでもあの居心地の悪そうな場所にいる時間を減らすためだ。
吉村たちの席に向かったのは、
人数が増えれば、やくざ風の男たちも絡みにくいだろうと思ったからだ。
ぶっちゃけ、絡まれてるのを見捨てて
バイト先での人間関係を悪くしたくないという打算もあったけど。

もうすぐ警察も来るし、しばらく我慢すればいいだけだ。
そう自分に言い聞かせて、俺はトイレから出た。

俺「あの、俺も話聞きます」
ヤクザ男「いや、こっちはそれでもいいけどさ。
あんた、ホントにいいの?
こいつらの借金の話してるんだよ?」
俺「え?借金?この二人のですか?」
菜美「違うんです。お願いです。助けてください」
菜美は涙で化粧は落ちてまくりで、脂汗タラタラで顔は真っ青だった。

ヤクザたちは借金だと言い、菜美は違うと言う
とりあえず俺は、一番信用できそうな菜美を信用することにして
吉村たちの席に座った。

座ってから、俺は一言もしゃべらず吉村と菜美の話を聞いてるだけだった。
話を聞く限りでは、どうも吉村は、菜美に風俗で働くようお願いしてるようだった。
菜美は「無理です」とか「お願いです。もう帰してください」
とか、涙を流しながら平身低頭な懇願を繰り返すばかりだった。

476 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:36:11 ID:j0Ws3EdH0
俺が席についてから5分もしないうちに警官が到着して
俺たちは全員警察署に連れて行かれた。
ヤクザ風の男たちは
「俺たち何もしてねえよ?何でだよ?」
と抵抗してたけど、警察は問答無用だった。



警察署で事情聴取を受けて取り調べ用の部屋を出ると
別の部屋から菜美が出てきて、俺に話しかけてきた。

菜美「ありがとうございました。助かりました。
ぜひお礼をさせてください。連絡先教えてもらえませんか」

俺が携帯の番号を聞くと、菜美はまた部屋へと戻って行った。
別にお礼なんかいらなかったけど、それぞれ話が食い違ってた理由と
「付き合ってない」と言った意味が知りたくて、俺は番号を教えた。

その日の夜、菜美から電話があった。
お礼の品物を渡したいので自宅を教えてほしいと言われた。
俺は、お礼はいらないと言い、
代わりに少し話がしたいから喫茶店で会わないかと提案した。
菜美は承諾してくれ、俺の最寄り駅近くの喫茶店まで出てくると言った。

だが、待ち合わせ時間が夜になるし、
今日のこともあるので、菜美の自宅から遠いところでは危ないと思った。
結局、菜美の最寄り駅の一つ隣の駅の近くの喫茶店で会うことになった。

一つ駅をずらしたのは、
菜美の自宅の最寄り駅が、やくざ風の男たちに絡まれた駅、
つまりバイト先の最寄駅だったからだ。

477 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:36:36 ID:j0Ws3EdH0
喫茶店で見た菜美は
前日の泣き崩れた菜美とは別人のようで、吉村がよく話してるように、
きれいな黒髪のストレートがよく似合う、清楚な雰囲気の美人だった。

自己紹介を一通り終え
その後、お礼と謙遜を言い合ったりとか
菓子折りを渡そうとするので「結構です」と押し返したりなどの定例の社交辞令の後、
菜美から昨日の顛末を聞いた。

驚いたことに、菜美は吉村とは知り合いでもないと言う。
菜美が言うには、事件のあった日、路上で吉村に唐突に
「借金のことで話がある」と話しかけられたらしい。

菜美の家は母子家庭で、あまり裕福ではないそうだ。
このため、東京の大学に娘を進学させるために借金をし
菜美は、てっきりその話なのかと思って、
吉村の誘いに乗って喫茶店に着いて行ってしまったらしい。

本題に入らないままファミレスで茶飲み話をしていると
吉村に呼び出しに応じて後からヤクザ風の男たちがやって来て
吉村を含めた三人に囲まれてしまったらしい。

ヤクザ風の男たちは
「俺らここで待ってるからよ。二人で話をつけろや」
と言い、菜美たちの横のテーブルに陣取ったらしい。


478 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:36:56 ID:j0Ws3EdH0
やくざ風の男たちが来てから、初めて吉原は借金の話を始めた。
実は、吉原は街金から借金しており
返済資金に困っているので返済に力を貸して欲しいと、
泣きながらお願いされたとのことだった。
力を貸すってのは、つまり風俗で働くってことだ。

理不尽な話なので最初は
「何で私が…」とか「関係ありませんから」などと反論して
席を立って帰ろうとしたらしい。
だが、席を立とうとすると、吉村に腕を掴まれて無理やり引き戻され
また、やくざ風の男たちからも
「話のケリもつけずに帰ろうってのか?
なめてんのか?てめえは?」
と凄まれたりしたので、怖くて帰ることが出来なくなってしまったらしい。

あまりに意外なストーリーを俺は呆然と聞いてた。
だが、そのとき俺は、菜美の話をあまり信じてなかった。
見ず知らずの女に「自分の借金返済のために風俗で働いてくれ」と頼むやつなんて、
現実にいるわけないだろ、と思ってた。


479 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:37:23 ID:j0Ws3EdH0
俺「山田さん、もしかして○○駅近くの○○と
××駅近くの△△でバイトしてるんじゃないの?」
菜美「え?……何でご存知なんですか?」
俺「吉村さんから聞いてるからだけど。

山田さんは見ず知らずだって言ってるけど、
どうして吉村さんは、そのこと知ってるのかな?

それから、もしかして自宅近くにファミマあるんじゃない?
吉村さん、よくそこで山田さんが何買ったとか話してたよ。
本当に、見ず知らずの人なの?

吉村さん、山田さんとの結婚考えてるって言ってたよ。
トラブルに巻き込まれたくない気持ちはよく分かるけど
でも、見ず知らずの他人なんて言い方したら、吉村さん可哀想だよ」

菜美はきっと、トラブルから逃げたくて、吉村と赤の他人のふりしてるんだろう。
そう考えた俺は、菜美に不快感を感じて、つい意地悪なことを言ってしまった。
意地悪な問いかけによって
菜美は開き直って、少しは本当のことでも話すのかと思った。

だが菜美は、この話を聞いてガタガタ震え出し、泣き出してしまった。
涙も拭きもせずにうつむいたまま脂汗流しており、顔は真っ青だった。
とても演技とは思えない狼狽ぶりだった。

俺「………………
もしかして、本当に見ず知らずの他人なの?」

480 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:37:54 ID:j0Ws3EdH0
菜美は声も出さず、真っ青な顔を何度もたてに強く振るだけだった。
たてに振る顔は、いつの間にか、
初めて会ったときのようなグシャグシャの泣き顔だった。
あまりにも取り乱したので、
この話は中止して、俺は菜美を励まして少し落ち着かせた。

菜美は、まだ東京に来たばかりで、
頼れる友達もいないのにこんな事件に巻き込まれ
どうしたらいいか分からないと泣くばかりだった。

仕方なく俺は「俺でよければ、出来ることならするよ」
「力になるから」「大丈夫。少しは頼りにしてよ」
というようなことを言って、菜美を励ました。

だけど内心では「街金は、さすがに手に負えないなあ」と思ってた。
そんなわけで、俺は成り行き上、菜美とよく連絡をとるようになった。
ほぼ初対面の俺に頼らざるを得ないぐらい、菜美は困ってたんだろう。


その後すぐ分かったことだけど、
街金も吉村も「借金の返済方法について相談しただけ」
ということで、すぐに釈放された。


481 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:38:28 ID:j0Ws3EdH0
数日後、バイトで吉村と一緒になった
早速、吉村に菜美とのことを聞いてみた。

俺「吉村さん、山田さんとホントに付き合ってるんですか?」
吉村「そうだよ」
俺「でも、山田さん、吉村さんと話したこともないって言ってましたよ」
吉村「話さなくても、俺たちは心が通じ合ってるんだよ」
俺「……( ゚Д゚)」

俺「でも、まだ話したことない人とどうやって仲良くなるつもりなんですか」
吉村「それを考えるのは、相談に乗ってるおまえの仕事だろ」
俺「……( ;゚Д゚)」

吉村「おまえ、赤い糸って信じるか?」
俺「はあ」
吉村「俺と菜美は、一つになるってことが運命で決まってるんだよ」
俺「……(;;゚Д゚)」
吉村「まだ、おまえには分かんないかもな。
お前も運命の人にめぐり合えば、きっと分かるよ
強く引かれ合う力ってのがさ」
俺「……(;;;゚Д゚)」

俺「山田さんとデートって、したことあります?」
吉村「あるよ。いつも帰り道、一緒に歩いてるよ」
俺「え?並んで歩いて、手なんか繋いだりするんですか?
じゃあ、おしゃべりしなくても十分ラブラブじゃないですか」
吉村「いや、手は繋いでない。まだ少し距離をおいて歩いてるよ
でも、俺たちには十分なぐらいの近い距離だよ。
その距離なら、俺たちは心が深く通じ合うんだよ」
俺「……で、どれぐらいの距離で歩いてるんですか?」
吉村「50メートルぐらいまで近づけば通じ合うよ」
俺「……(;;;゚Д゚;)」

482 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:38:48 ID:j0Ws3EdH0
俺「そんな大切な人を、どうして風俗に沈めようなんて思うんですか?」
吉村「これは俺たちの試練なんだよ。
だけど、俺たちは二人の力で、必ずこの試練を越えてみせるよ。
彼女も辛いだろうけど、俺だって辛いんだよ。
俺たちはこの試練を必ず乗り越える」
俺「……( ;;;゚Д゚;;)」

吉村「俺たち二人のことを邪魔するやつらは、必ず俺が叩き潰すから
俺が、必ず菜美を守るから」
俺「……((((;;;゚Д゚;;)))ガクガクブルブル)」


吉村から話を聞くまで半信半疑だったけど、
菜美の言ってることは本当だった。
こんな危険なやつがいたんだ。
実際にこんな人がいるなんて思ってなかったから、手が震えるぐらい驚いた。

菜美に守ってやるといってしまった手前
俺は、有事に備えて飛び出し警棒を買った。

483 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:39:10 ID:j0Ws3EdH0
俺は店長に事件の顛末を話して
菜美の身の安全のために吉村の両親と話したいから
吉村の実家の住所を教えて欲しいと頼み込んだ。

店長は、吉村のおかしいところに心当たりがあるらしく
俺の話をすんなり信じてくれて
「いやー。予想以上にとんでもねえやつだなw」と笑ってた。
だが、個人情報の提供については、しばらく考えた後、
やはりバイトの個人情報を教えることはできないと言った

俺はしつこく食い下がった。
店長「うーん。大変なのは分かるけど、
やっぱり個人情報を教えることはできないよ」
俺「そこを何とかお願いします。
今はそんなことを言ってる場合じゃないんです
全く無関係の罪もない女の子が、犯罪に巻き込まれるかもしれないんですよ」
などと俺が延々と力説してたら

店長「話は変わるけどさ、この事務所の書類整理の仕事を頼むよ。
その棚にある履歴書なんかを、整理してファイリングしておいてくれないかな。
俺はこれから1時間ぐらい出かけるけど、その間にお願いね」
と言ってくれた。
店長に深くお礼を言って、俺は仕事に取り掛かった。

吉村はバイト仲間内でも屈指の働かないやつで、
ほとんどバイト収入なんてないくせに、都内一人暮らしだった。
自宅と実家がすぐ近くであるので、
菜美のように地理的理由で一人暮らしをしているのではない。
意外にも、吉原はいいご身分だった。

484 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:39:32 ID:j0Ws3EdH0
たぶん、俺が店長に話したからだと思うが
話した後すぐ、吉村はバイトをクビになった。
実際、ほとんど仕事しないし、よく休むし、
バイト仲間からも嫌われてるやつだったので
クビにする理由はいくらでもあった。

俺は、菜美にさっそくgetした吉村の個人情報を伝え
親御さんに話して、
もう近づかないよう吉村の親に警告してもらうことを提案した。

しかし、菜美は複雑な顔をして、親には話したくないと言った。
菜美を大学に通わせるために、菜美のお母さんはかなり無理をしてるようで
毎晩、体力的に限界近くまで働いているらしい。
疲れてるお母さんに余分な心配掛けたくないと菜美は言った。

菜美からの相談に乗ってるうちに、
俺たちは、次第に事件以外のことも色々と話すようになった。
菜美は母子家庭であまり裕福ではなく
仕送りが少ないために、生活費は自分のバイトで捻出していた。
また卒業のためには奨学金獲得が必須であるため、
大学の勉強で手を抜くわけにもいかず
家に帰ってからも自習をせざるを得ず
このため、普通の大学生のように楽しく遊ぶ時間なんて
ほとんどない生活だった。

東京でなかなか親しい友達ができないのは、
まだ来たばかりという理由以外に、
ほとんど遊ぶ時間がないというのも
関係してるんだろうと思った。
友達の少なさとは裏腹に、菜美はすごくいい子だった。

485 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:40:01 ID:j0Ws3EdH0
色々話すようになって分かったんだが
菜美は、とても同じ年とは思えないほどすごく大人で、
しっかり芯を持った人だった。
苦労してるだけあって、周りの人にも優しかった。
俺は、急速に菜美に惹かれていった。

バイト先でのヒアリングで吉村が危なすぎるやつだと分かったので、
俺は可能な限り菜美の送り迎えをするようになった。



菜美を自宅まで送った後、
一人で夜道を歩いているとき、目の前に吉村が現れた。

吉村「おまえ、どういうつもりだよ?
俺の女に手出すんじゃねえよ?」

超びびッた。
菜美がおまえを怖がってるとか
おまえから危害を加えられないために送り迎えしてるんだとか
いろいろ説明したけど、全く無駄だった。
「俺と菜美は心でつながってる」とか「菜美はおまえを迷惑がってる」とか
吉村は根拠のない反論し繰り返した。
もう「菜美と俺は相思相愛」てのを固く信じちゃってて
全く聞く耳持ってくれなかった。


486 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:40:28 ID:j0Ws3EdH0
話してるうちに
「殺すぞこの野郎!」
と吉村は俺に殴りかかってきた。
でも、俺と吉村では体格も全然違うし
吉村はかなり運動神経が鈍い方だったから、問題なくさばけた。

みぞおちを一発殴ったら、吉村はうずくまって動かなくなった。
うずくまる吉村に俺が、もう一度、
菜美は吉村を怖がってて、出来れば会いたくないと思ってると話したら
「おまえが、おまえがあああ、嘘を吹き込んでるんだろうううう!!!!」
と怒鳴って、その後
「ウウウウウウウウウウウ」とうなった。
うずくまってうなり声を上げる姿は、本当に獣みたいだった。
背筋に冷たいものを感じて、思わず走って逃げてしまった。

安全なところまで逃げてから、すぐ菜美に電話した。
吉村に会って喧嘩になったこと、
何やら物凄い執念だったから、戸締りはしっかりして、
今日はもう家から出ないようにということ
何かあったら、何時でもいいから、すぐに俺に電話するように
ということを言った。


487 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:40:54 ID:j0Ws3EdH0
菜美からの連絡はその日の夜にあった。
電話ではなくメールだった。

メールには
玄関前で音がしたので、菜美がドアの覗き穴から外を覗いたら
ちょうど吉村もその穴から部屋の中の様子をうかがってる最中で
うっかり目が合ってしまったとのことだった。
すぐ近くにいると思うと怖くて声が出せないから、
電話ではなくメールで連絡したらしい。

俺は、すぐに警察に連絡するように返信したら
警察に電話なんかしたら、通報する声が吉村に聞かれてしまって
それで逆上されて、とんでもないことになるかもしれないって返信が返って来た。

俺は、警察への通報は俺がするということ、
すぐ行くから部屋から出るなということをメールで伝えた。
俺は、昔、野球やってたときに使ってた金属バットをバットケースに入れ
そのまま菜美の家に向かった。

警察は、俺が着くより前に見回りに来てくれたらしいけど
周囲をざっと見て、菜美の部屋のベルを鳴らして
菜美の顔を見て無事を確認したらすぐ帰ってしまったらしい。


その日、俺は菜美の部屋に入れてもらった。
翌日、菜美は朝早くに出発する予定だったので
俺が寝ないで見張ってるから、とりあえず菜美は寝るように言った。

488 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:41:17 ID:j0Ws3EdH0
その日が、菜美の部屋に入った初めての日だった。
普通なら、俺たちの関係に少しぐらい進展があってもいいんだろうけど
結局、何事もなく終わった。

怯える菜美がなんとか寝付いたのは深夜2時過ぎ。
すやすやと寝る菜美を見てさすがにムラムラしたけど
今襲ったら、それこそ菜美を深く傷つける気がして
最後の一歩は踏み出せなかった。



その3日後ぐらいから、菜美のところにも街金が来るようになった。
そのため、俺と菜美は半同棲のような形になった。

だけど俺は、相変わらず菜美には手を出さなかった。
菜美が風呂上りにノーブラパジャマでいたりとか
パジャマのボタンとボタンの隙間から胸が見えそうだったりとか
かなり危ない状況はあった。
だけど俺は、菜美のいないときに狂ったようにオナニーして
精を搾り出したりすることで、なんとか理性を保つことができた。

吉村の一件以降、菜美は知らない男に対して強い警戒感を示すようになった。
これだけ無理して我慢してたのは
もし俺が襲ったら、菜美の男性恐怖症はさらに酷くなると思ったからだ。

489 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:41:41 ID:j0Ws3EdH0
俺が菜美の家に通い始めてから1週間ぐらいした頃
菜美の家に俺の歯ブラシを置いた。

歯を磨いた後、菜美は俺の歯ブラシを見ながら
「私たちって、変な関係だよねー
普通、家に男の人の歯ブラシ置くのって、
普通に付き合ってるってだけじゃなくて、
相当深く付き合ってる場合だけだよね?
でも、俺男君の歯ブラシはここにあるのに、
私たち付き合ってもいないんだよ?」
と言った。

返す言葉がなく無言でいる俺に、菜美は言葉を続けた。

菜美「ごめんね。俺男君。
私がもっと魅力的で、変なトラブルに巻き込まれるような女じゃなかったら
俺男君も、もう少し楽しかったんだろうね」

空元気に笑う菜美が無性に可愛く見えた。

本当は、この件が全部片付いた後、
俺から菜美に告るはずだった。
だけど俺は予定を繰り上げて、
その日に菜美に告って、その日に菜美を抱いた。

俺としては、菜美を傷つけないために我慢してたのにな。
だけど、俺が菜美を抱かないことが逆に
菜美を傷つけてるとは思わなかった。
女って、難しいな。

490 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:42:08 ID:j0Ws3EdH0
行為が終わって、俺がすぐに服を着ようとしたら菜美に止められた
菜美「もう少し、このままこうしてよう?」
何も着ていない菜美は、何も着ていない俺に抱きついてきた。
俺「ちょっとだけだぞ。襲撃に備えて服は着ておかなきゃだから」
菜美「もういいよ今日は。
今日だったら、このまま死んじゃってもいいや」
俺「何でだよ?今日が俺たちのスタートの日なんだぞ
スタート直後にゲームオーバーって、ださくない?」
菜美「ああ、そっか。
今日が始まりの日なんだ。
俺「そう。今日がミッション・コンプリートじゃない。今日が始まりだ」
菜美「うん。そだね。これからよろしくね」
そう言いながら菜美は俺にキスをしてきて、二回戦が始まった。



菜美の家に来る街金とドア越しに話すのは俺がやった。
警察にも相談したけど、
民事不介入ってことで取り合ってくれなかった。

491 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:42:32 ID:j0Ws3EdH0
街金とのやり取りは大体こんな感じ。

街金「山田さん、あなた吉村君の金使っていい思いしたんでしょ?
いい思いしたんだったら、その分のお金は払わないと。
それが世の中ってもんだよ。
世の中なめてると、怪我じゃすまねえよ(ここだけドスの効いた怒鳴り声)」

俺「山田が吉村と付き合った事実はありません」

街金「でも、債務整理の相談したとき乗ってきたんでしょ?
まるで無関係の女が、どうしてそんな相談の場に来るの?
そんなやついねえだろ?」

俺「あれは、大学進学の借金と勘違いしたからです」

街金「吉村君も、山田さんが払うべきだって言ってるよ
一度は、山田さんの涙に騙されて自分が払うって言ったんだけどね
やっぱり、山田さん。相当、吉村君のこと泣かせたんだろうね。
最近になって、やっぱり山田さんと二人で払うって言い出したよ。
まあ、自業自得だと思って、まずはこのドア開けてくれないかなあ」

俺「そもそも二人は付き合ってませんし、ドアは開けることはできません。
お帰りください」

街金「てめえに言ってんじゃねえんだよ(いきなり怒鳴り声)。
俺は山田さんに言ってんだよ。オイコラ。山田さん出せや」

俺「山田の代わりに僕が伺います」

街金「てめえは日本語わかんねえのか?コラ(怒鳴り声)
早く出せや。いい加減にせんかいコラ」
(ドーンというすごい音。たぶんドア蹴っ飛ばしたんだと思う)

492 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:43:03 ID:j0Ws3EdH0
街金が来ると、こういう冷や汗ものの会話が最低20分ぐらい
長いときは2時間以上も続きます。


街金の追い込みはさすがにきつかった。
さすがにもう、嵐が過ぎるのをただ耐えるだけなんて不可能だ。
何とか打開策を見つけなくてはならない。
だが、肝心の吉村とは、まるで話にならない。
それどころか、会えば命の危険さえある。

俺は吉村の実家に行って親と交渉することを考えた。
ゲットした吉村の実家の住所に行き、吉村の両親を訪ねた。
ちょうど両親ともに在宅で、俺は吉村の実家に招き入れれた

家に入って驚いた。
廊下の壁のあちこちが穴だらけだった。
ちょうど壁パンチをしたような跡がたくさんあった。
リビングに通されたが、リビングの電気の傘も割れたままで交換されていない。
壁も穴だらけだ。


493 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:43:26 ID:j0Ws3EdH0
ちょうど吉村の両親が二人ともいたので二人に話を聞いてもらった。
俺の要求は
・無関係の菜美に借金を払わせないでほしい。
・菜美が怖がっているので、もう吉村を近づけないようにしてほしい。
・吉村を一日も早く精神科に通わせてほしい。
というものだった。

借金について
「吉村はもう成人しているので、親の関知するところではない」

菜美に近づかないようにという依頼に対しては
「一応言ってみるが、最終的には本人が決めること。
保証はできない」

精神科に通わせてほしいとお願いしたんだが、
これがまずかった。母親は突然
「ふざけんじゃねえよ。うちの子は精神病か?はあ?てめえが精神病だろうが?」
と急にスイッチが入ったかのように下品な口調で怒鳴り散らし始めた。

さっきまでは普通のオバサンだったのに、急にこの口調ですよ( ゚Д゚)
母親は、リビングの壁などを蹴りまくり、
俺の顔に湯のみを投げつけた。

「俺男君、もう今日は帰りなさい」
呆然とする俺に、父親は静かな声で助け舟を出した。

簡単に一礼して、俺は玄関に向かった。
玄関で靴を履いていると、母親は俺に塩を投げつけ、
そのままブツブツ独り言を言いながら奥に消えていった。

494 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:43:48 ID:j0Ws3EdH0
父親は玄関の外まで俺を見送ってくれ
「すまなかった」
と最後に一言、深く頭を下げて謝った

帰る道すがら、俺は絶望で心が真っ暗だった。
唯一の希望だった吉村親もおかしな人で、まるで話にならない。
吉村はダメ、吉村親もダメなら、もう交渉相手がいないじゃないか。

それでも俺は希望を捨ててはダメだと思い、
一度家に帰って、その日のうちに病院に行った。
湯飲みをぶつけられたときに口を切ったんだが
病院で診断書をとれば、後で何かの役に立つかもと思って。



この頃になると、俺も菜美もさすがに精神的に限界近かった。
特に菜美は酷かった。
街金が来たとき家にいたりすると過呼吸になったりしてた。
俺も菜美も、夜中に悲鳴を上げて飛び起きることが増えた。
その頃の俺は、歩道橋などからふと下を見ると、いつの間にか
「飛び降りたらどうなるか」なんてことを考えていたりした。
自分の危険な思考に気付くと、慌ててその考えを否定した。
そんな感じの状態だった。

仕方なく俺は、父に全てを話して助力を要請した。
父「なんだ。最近、家にいないと思ったら、そんなことしてたのか?
まあ、いい勉強だ」
切迫してる俺とは対照的に、話を聞いた父親の態度はのん気なものだった。

父は、のん気な口調とは裏腹にしっかりした対処をしてくれた。
父の経営する会社の顧問弁護士を俺に紹介してくれた。

495 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:44:44 ID:e7bL13vP0
臭い。何かあったな・・・
何だったか…悪魔が通った痕には腐肉の臭いが漂うとか、、
なんだっけな…

496 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:47:22 ID:j0Ws3EdH0
弁護士に相談してからは、話が早かった。
街金の取り立ては、相談してから3日後ぐらいにピタリと止んだ。
弁護士は、菜美の債務不存在確認と債務を片代わりする気がない旨
これ以上取り立てるなら、恐喝で告訴する用意がある旨などを書いた手紙を
弁護士名義の内容証明郵便で送った。

たったこれだけで、あれほどしつこかった街金は全く現れなくなった。
あまりに簡単に片付きすぎたので、俺は、
実は父が俺に隠れて、裏で人に言えないようなことをしたんじゃないか
と疑ったぐらいだ。

街金の取り立てがピタリと止んだことを電話で弁護士に伝え、お礼を言った。
「吉村和夫のストーカーの件は、来週ぐらいから始めます」
と弁護士は言った。


497 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:47:58 ID:j0Ws3EdH0
だが、弁護士の手続開始を待たずして事件が起こった。
夕方、俺と菜美が菜美の家の近くのスーパーで買い物をして帰る途中
突然、目の前に吉村が現れた。
突然、俺たちの前に立ちふさがった吉村は、俺を無言のまま睨み続けた。
菜美は怯えてしまい、ガタガタ震えながら俺の腕に抱きついてきた。
俺も足の震えが止まらなかった。
俺たちは、その場から動けなくなってしまった。

吉村「おまええがあああ、菜美を騙したんだあああ」
吉村はうなるような大声でそう言いながら、バックから包丁を取り出した。
目は完全に、人の目じゃなかった。
情けない話だが、俺はビビッて声も出なかった。

「ちょっと落ち着いて。話をしよう?ね?」
吉村に話しかけたのは、意外にも俺にしがみ付いて震えてる菜美だった。
吉村「菜美。俺のこと覚えてるか?俺だよ、俺」
菜美「あ、うん。吉村君だよね。憶えてるよ」
吉原「ありがとう。うれしいよ。やっぱりお前は、俺を見捨てられないんだな」
菜美「見捨てるとか、見捨てないとか、そんな話した憶えないよ」

吉原、しばらく号泣


498 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:48:22 ID:j0Ws3EdH0
吉村「菜美。お前はその男に騙されてるんだよ。
今俺が助けてやるからな」
菜美「ちょっと待ってね。二人で話そうか」

そう言うと菜美は俺の耳元に口を近づけて小声で
「逃げて。お願い。私なら大丈夫だから」と言った。
俺「出来るわけないだろ」
菜美「お願い。二人無事にすむのはこれしかないの。
私は大丈夫。今度は、私が俺男守るから。」
俺「……じゃあ俺は、2mほど後ろに下がる。
いいか。吉原との、この距離を保て。
この距離なら、万が一にも俺が対処できる。」
菜美「分かった」

俺は少し後ろに下がった。
驚くほど冷静な菜美の言葉を聞いて、体の震えが止まった。
今、自分が何をしなければならないかが、はっきり分かった。
「私が俺男守るから」と言う言葉を聞いて
刃物の前に飛び出す決心が固まった。
最悪の場合、俺は全力で菜美を守る。

菜美と吉原が話している最中、
騒ぎを見に来た40代ぐらいの男性と目が合った。
俺は声を出さずに「けいさつ」と口だけを動かした。
見物人の中年男性は、うなずいて渦中の場所から小走りに離れて行き
50mほど先で電話してくれた。


499 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:48:53 ID:j0Ws3EdH0
その間も吉原は「俺たちは結ばれるんだよ」とか
「お前は俺を酷い男だと思ってると思うけど、それは違う。
おまえはこの男に騙されてるんだよ。
こいつが、あることないこと吹き込んでるだけだから」とか
「結婚しよう。将来は生活保護もらって、お前を幸せにするよ」とか
聞くに耐えない話を延々と続けていた。
菜美は適当に話を合わせて、吉原の会話に付き合っていた。

それにしても、何なんだ吉原は。
以前も訳が分からないやつだったけど、今は前以上だ。
支離滅裂で会話にさえなってない。

それにここは、確かに商店街ほど人通りは多くないが
人通りが少ない場所じゃない。
俺たちは、なるべく人通りの多いところを歩くようにしてたけど
それにしても、よく使う道でもっと人気のない場所なんていくらでもある。
一体、何考えてんだ?

子供連れのお母さんなどは、刃物を持って大声出してる吉原に気付いて
大慌てて逃げて行く。

吉原が菜美に近づこうとしたときは少しあせったが
菜美が「まだそこで待ってて。まだ二人が近づくには早いの」
と言ったら、吉原は近づくのを止めた。
すごいと思った。
この短時間で、菜美は支離滅裂な吉原の話に上手く合わせていた。


500 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:49:44 ID:j0Ws3EdH0
しばらくして、8人ぐらいの警官が来た。
パトカーから降りると、警官たちは手際よく吉原を包囲した。
「刃物を捨てなさい」
警官の一人が穏やかで、しかし厳しい声で言った。

吉原は、警官は認識できるようで、
オロオロ周り警官を見渡しながら八方の警官に順に刃物を向けた。

菜美「吉原君、まずは包丁地面に置こうか。
吉原君、何か悪いことした?
もし、しちゃってたらもうダメだけど、してないなら捕まらないよ」

菜美は元気よく明るい声でそう言った。
吉原の注意がまた菜美だけに向かう。

菜美「吉原君、死にたくないでしょ。
早く置かないと、鉄砲で撃たれちゃうよ」

吉原は笑顔で包丁を捨てた。
不気味な、人間とは思えない笑顔だった。

吉原が包丁を捨てると、警官がドバっと吉原に襲い掛かって
吉原は地面に組み伏された。
俺と菜美は、泣きながら抱き合って喜んだ。

501 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:50:19 ID:j0Ws3EdH0
その後、吉村の父親がうちに謝罪に来た。
うちの両親は、二度と俺や俺の家に近づかせないようにと
それだけを固く約束させた。
母親は、一度も謝罪には来ていない。

予想通り、精神鑑定で見事に病気判定されたので刑事上、吉原は無罪だった。
俺たちは、損害賠償が請求できるだけだった。
民事の席で吉原の父親と会ったとき
父親に吉原の入院先と主治医を聞いた。



俺は予約を取って、その主治医に会って来た。
主治医に、吉原の言動が前からおかしく
事件になる前からのおかしかった言動があったことなどについて説明した。

吉原も、なりたくてああなったんじゃないと思ったから
吉原の治療の助けになればと思ったからだ。

主治医は一通り俺の話を聞いてくれ
「貴重な情報ありがとうございます。治療の参考になります」と言った。
吉原の病名について聞いたが、それは教えてくれなかった。


502 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:51:00 ID:j0Ws3EdH0
しかし主治医は「もちろん、吉原さんが統合失調症とは申し上げませんが」
と前置きした上で、
一般論として統合失調症という病気は
相手の思考が読めるとか、自分の思考が相手に通じるなどという妄想を生むことがあり
また前世や赤い糸などの妄想を強く信じたりすることもあり、
妄想を否定されると怒ったりするらしい。
統合失調症を発症すると支離滅裂になるのかと聞いたら、
そういう症状が出ることもあるとのことだった。

親がおかしいと子どもが統合失調症になるのかと聞いたら
はっきり分かっていないが
遺伝と環境の両方の要因が作用して発症するとのことだった。
つまり、遺伝だけではなく、そういう素質を持った人が
ストレスの強い環境におかれると発症しやすいらしい

その話を聞いて、吉原の母親がすぐに思い当たった。
結局、吉原も、病的にヒステリーな母親という
ストレスの強い環境におかれて発症してしまった被害者の一人なのかと思った。



今はもう、菜美との同棲は止めている。
婚前に一緒に住むことに対して、うちの母親が難色を示したからだ。
みんなに祝福されるような付き合いをして、
みんなに祝福される結婚をしようというのが、俺と菜美の出した結論だ。

503 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:51:24 ID:j0Ws3EdH0
ふう。天災終了

504 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:51:46 ID:+yy0EdZz0
三行で要約してくれ

505 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:53:14 ID:x8YONFm10
この長文コピペだろ?
長すぎるよ

506 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:57:09 ID:8HeUS9gx0
メンヘラ男の規定路線


3行どころか1行だなw

507 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 12:03:06 ID:e7bL13vP0
実は菜美と吉原はホントに付き合ってて
菜美が吉原を狂わせたのだ、,そして今度は自分も、
…とかそういうオチを期待して、最後まで読んでしまった・・・orz

508 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 12:04:40 ID:Ux+dpGPm0
乙。読ませてもらったよ。

509 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 12:11:21 ID:2H/0ueJSO
吉村と吉原どっちの話なの?訳が分からん。

510 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 12:57:44 ID:PemmFYSTO
>>509
吉村が名字で吉原が名前だろ。

511 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 13:03:19 ID:+pWRyKQM0
納得した。

512 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 13:12:35 ID:HmPQ/NoI0
真面目に読んでたのにあまりのつまらなさにワロスwww










513 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 13:13:58 ID:M+4EwqwL0
長いし生々しいけど普通の話だなあ。
当事者は怖かっただろうし同情もするけど、まるっきりパターンだった。
女があっちの人とかやくざ風に見えて普通の人とか
ネタがあるのかと思った……

514 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 13:24:11 ID:CONrNnuL0
>>451を書いた者です。
妹人気杉てワロタw
ってレスを見てたら、ふと妹について思い当たることがあった。いや、たぶん金縛りとは関係無いと思うけど。

俺と妹は同じ部屋で寝てるんだが(やらしい意味は無しでだぞ)、よく妹が部屋に本棚に人形を置いてるんだ。市販の赤ちゃんみたいな人形。それが、俺が一人で居るときに限ってやたら落ちてくる。
この前、妹が修学旅行で俺一人で寝てると、いつの間にか俺の横に人形がいて、添い寝してる形になっていたからビビッたことがあった。
なんなんだよ、もう。
オチがなくてスマン。

515 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 13:51:47 ID:fHoBQG4l0
バイト先に精神病の男がいた。
そいつが狙ってた女をうまいこと俺が頂いた。
吉村GJ!

って感じ?

516 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 13:53:57 ID:SPRpX3yg0
きっとその女の顔は三浦なんだね

517 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 13:55:13 ID:m0Mr99B10
>>509
オレもそう思ったw いつの間にか吉原に。

久しぶりに吉原に行きたくなったじゃないか。

518 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 14:08:24 ID:ntW080tzO
吉原プレイガールに行くといい。

519 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 14:31:10 ID:m0Mr99B10
>>518
今調べて見た。良い情報ありがとう。

520 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 14:39:53 ID:Iz+GD4xl0
長いので不評みたいだが俺は普通に面白かったぞ。
ていうか隣に糖質のオバハン住んでるからあんま他人事じゃねえけどな

521 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 14:46:01 ID:OcA4y/En0
今から30年前にテレビで斬首された首の掛け軸をレポートした番組があった。
放送では最初その首は目を閉じていたが、レポーターが話してる後ろで
その掛け軸の目はいつの間にか見開いていた。
番組終了後、視聴者から問い合わせや苦情が殺到した。
次の放送時にその場面を検証していたが、確かにしっかりと目が開いていた!!
その掛け軸を鑑定したら、描かれていた血は本物だったらしい。

522 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 14:48:06 ID:Mz6yetzG0
社会に出れば普通にありそうな確執を、怖い話として嬉々と書き込むのは如何なものか。

523 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 14:56:39 ID:tOix7iAl0
如何なものか。(キリッ

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/04/02(水) 14:56:51 ID:Yv4Y0dPJ0
PK(パンツ食い込む)

525 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 15:07:28 ID:2fXRId86O
TKB(タイのオカマがけつでバナナの皮をむきます)

526 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 15:19:19 ID:qmX9GkSZO
2〜3年前に会社の先輩から聞いた話。
テレビか何かで見たらしいが、俺のまわりは誰も知らなかったし、まとめにも無い様なので先輩の創作かもしれない。
では投下。
一人暮らしのOLのA。ある夜、寝ていると金縛りにあった。
(もう、またぁ・・)今までも、何度か金縛りになった事のある彼女にはそれほど特別な体験ではなかった。
ため息をついた後、爪先から力を入れ、精神を集中させる。彼女なりの抜け方である。
しかし今回は金縛りは解けず、しかも枕元には人の気配までする。
パニックになるも身体は動かせないので、自然と頭ばかりがまわる。
恐怖を抑える為、まったく関係のない事を考えていたりしたが、あることに気が付いた。
(枕元の人からは怖い感じがしない)、(あれっ?この人女性かも?)、(どんな人なんだろう・・・)。思案できる程落ち着いてきた。
(嫌な感じは漂ってないし・・・)、Aはその霊とコミュニケーションをとってみようと思い、思い切って話しかけてみた。


527 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 15:20:05 ID:qmX9GkSZO
「あの・・・、ちょっとお話しませんか?」「Yesなら1回、Noなら2回手を叩いてみて下さい」
・・・『パン』。(通じた!やっぱり悪い人じゃないみたい)。
「あなたは何故ここに現れたのですか?」・・・沈黙。
(質問が悪かったかな〜)「え〜っと、あなたは女性ですか?」『パン』(やっぱり!)「あなたはこの部屋に住んでいたのですか?」『パン、パン』。
いくつかの会話(?)からその霊は、20代の独身女性でお酒とドラマが好きな、自分とは縁もゆかりもないという事が分かった。
段々と調子に乗ってきたAは、(彼氏の有無も聞いてやれ)すっとぼけた口調で「いつも一人でいるのですか?」と聞いた。
すると部屋中から
『パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン』
10人以上の拍手が聞こえてきた。
それ以来Aは金縛りになると、寝たふりをするようになったそうだ。

528 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 16:11:58 ID:KDX5PwgT0
>>521
それ蠅って事が判明してる。
>>526-527
有名ネタの改変ですよw

529 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 16:22:07 ID:x2u1XPp90
まとめにも無いどころか、まとめの1にあるんじゃね?
ほぼ同じ話しが

530 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 17:10:23 ID:2esvvWl30
>>521
これね
http://jp.youtube.com/watch?v=QwY2y6JXsqA

ところでスレ違いかもしれないが、俺はこの動画が死ぬ程洒落にならないくらい怖い。
http://jp.youtube.com/watch?v=xpXvSoJKhPQ

531 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 17:14:10 ID:rBI2KL3Q0
こりゃ確かにこええ

二重どっきりなんだろうけど、
冗談キツすぎるな

532 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 17:17:35 ID:+yy0EdZz0
>>530
うわー、これは怖いというより洒落にならんね。
よく放送したな。
ていうかこれも仕込み?

533 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 17:22:28 ID:Iz+GD4xl0
また懐かしい動画出てきたな
半端なとこで切れてるが、俺が見たときはちゃんと続きがあった気がする

534 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 17:24:52 ID:+yy0EdZz0
>>533
どうなるの?

535 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 17:29:14 ID:Q10V4cGI0
>>533
http://jp.youtube.com/watch?v=S20E7lwR7eA
これとの勘違いじゃない?

536 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 19:22:49 ID:Iz+GD4xl0
>>535
同じとこで切れてるんですけど

537 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 00:16:04 ID:ECeYTM9XP
>>438
遅レスだけど

怖くない、逃げ出さない
多分その時点で呼ばれてた(魅入られてた)って事でしょ?

何にせよ無事生還できてよかった
今は幸せそうで何よりだと思うよ

538 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 00:43:16 ID:6LjaIZO3O
身動きできない恐怖。死人の気持ちがわかる体験。
埋没体験。冬山で雪に埋められるあの感触。
雪面に縦穴を掘り、仲間に埋めてもらう。そのまま数分。永遠に続くかと思う数分。身動きできないまま、息苦しさだけが加速していく。
雪というのは不思議なもので、埋められている人間がどんなに叫んでも雪面には届かない。代わりに外の音は驚く程伝わってくる。
狂いたくなる程の無力感。雪崩に埋まりながら、息のある人間は、その最期にどれだけの絶望が心を満たしていくのだろう。
暗く冷たく重い牢獄。それが雪に埋まるということなんだ。
僕は駒ヶ岳でそれをやっていた。仲間が僕を埋め、雪の獄舎に身を委ねていた。
仲間の声が遠くから響く。闇の中で数だけを数える僕の耳に聞きなれない声が届く。
下から。
あり得ない方向。届くはずのない声。僕はもがく。雪の牢獄は僕を離さない。仲間に届くはずのない悲鳴をあげる。仲間の雑談が聞こえる。
そして下から少しずつ掘るぎこちない音。上下左右が僕の中で失われていく。
細く聞こえてくるかすれたうめき声。
「くるね。くるよね。くるね。くるよね。くるね。くるよね。くるね。」
気がついたら、僕は晴天の雪山で介抱されていた。


539 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 01:01:03 ID:6LjaIZO3O
恥ずかしい話僕は失禁していた。仲間は時間通りに僕を掘り返し、気絶している僕にたまげた。
僕は仲間に体験を話したが、とりあってもらえなかった。
仲間は、その後数度埋没体験をしたが、変化は無かった。何時もの無力感だけが麻薬のように僕らを包んでいた。
初夏、雪が溶けてそこへ行った。正確な場所はわからなかったが、そばに小さな祠があった。かすれた古い文字は僕には読めなかった。
中には狂ったような笑顔の素朴で小さな地蔵様と、気絶して小便を垂れ流している僕の写真があった。
写真には赤い小さな字で、くるよね。って書いてあった。
僕はお参りをして、帰った。写真は燃やした。
初夏でも山は凄く寒かった。

540 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 02:30:55 ID:V4FRKtf+O
自分が社会人になる前バイト先にも狂ってる人はいた…
自分はそいつと口論したんよ、そしたら余計に狂いだした

541 :きむたんく:2008/04/03(木) 03:43:01 ID:deyHgk3wO
>>538>>539
米映画「フラットライナーズ」のパクリ。単なるスレ汚し。
創作すんなら、もちっとマシなものを書けよ猿真似野郎。

542 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 04:17:44 ID:YdP1A+mR0
言いすぎだが、確かに引用なら出典も書くべきだな

543 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 07:08:34 ID:6LjaIZO3O
>>541
埋没体験は雪崩に埋まった時、手を前に組んで呼吸確保をする効果を体験したり、擬似的にそういった体験をし、他者にゾンデなどの感触を体験して行うものです。
文部省の山岳講習やリーダー研修などでも、昔はよくやりました。
決して、臨死体験をするために行うわけではありませんが、実際に埋まってみると、本当にこんな感じがします。
フラットライナーズとかいうのは本当に知らなかった。今度見てみます。今調べてみましたが、似ている部分がどこなのかよくわからなかったので。
まぁ、へたくそな文章申し訳ありませんでした。

544 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 08:02:43 ID:xGhGd9zU0
>>530
これ何だったの?
もう消えてる

545 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 08:28:06 ID:npKioqRY0
>>544ログインすれば見れるよ
最初の冗談ぽいところとのギャップが怖い

546 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 09:27:30 ID:Ex0PjYtk0
>>528
そんな確かな証拠がないだろ?いい加減な書き込みで勝手に決め付けんなよ!

547 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 13:08:23 ID:STVXiH+40
「目がしっかりと開いていた」「血で描かれていた」などの情報は鵜呑みにするくせに
否定的な意見には激高しながら確かな証拠を求める思考回路

548 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 13:55:47 ID:oXl3O8NX0
オカルト板だし、放置でいいよ。

549 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 14:55:47 ID:tOmxJIfvO
>>540
俺もいたよ
いつもブツブツなにかをつぶやいててヤバい感じだったんだがある日長期休暇取らされて辞めさせられた
頭がおかしくなってるのになんで会社には来れるのか不思議

550 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 15:14:15 ID:mYjIPOGI0
>>522
もう社会に出て何年にもなりますが
いまだに包丁突きつけられたことはありません><

あなた言う社会って、脳内社会ですか?

551 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 15:26:38 ID:pCnoVChh0
付き合ってたオンナからならありますが?w

552 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 15:30:14 ID:n5+TtssC0
俺はふった女にさされた
突きつけられたじゃなくてさされた


553 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 15:58:08 ID:+xt73bNuO
親父の話(1)

俺と弟は心霊スポットが好きで、曰く付きの廃墟とか夜中に侵入してた悪ガキだった。
残念ながら二人とも霊感はないから、ほとんど廃墟探険なんだけど、何もない田舎じゃそれだけでも楽しかった。

ある夜、親父が「お前らもホント好きだなw」って笑いながら、これから夜遊びしに行こうとする俺らを嗜めてきた。
この親にしてこの子あり。って言うし、親父も昔はこういう事やってたんだろうなぁ、と悟った俺は「今度親父も行かねぇか?」って誘った。
そうしたら親父もまんざらでも無さそうに「仕方ねぇなw」と了承したので、心霊スポット探索に近いうち連れていく事になった。

俺と弟はアホな悪ガキだったから、「親父をドッキリにはめてやろうぜ」ってことになり、心霊スポットへ行く直前、弟の車の後ろに絵の具でベタベタと赤い手形を付けていくことにした。

準備は万端、晩酌で完全にデキあがった親父を車に乗せるのは容易かった。
「全然怖くねぇよ!俺がお前らの頃には…」と意気がる親父を尻目にほくそ笑む俺と弟。

その日に向かった場所は、3〜40年ほど前、村八分に合って暮らしていけなくなり、一家心中をはかったという町外れにある木造の廃墟だ。

地元では結構有名なスポットであり、近場でもあったため俺と弟の巡回コースだった。
国道から外れ、ゴミ処理場へ続く町道を車で走る。
運転席は弟、助手席には俺、後部座席には先程までふんぞり返っていた親父が、言葉少なになっていた。


554 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 16:06:28 ID:+xt73bNuO
親父の話。(2)

舗装されていない砂利道をヘッドランプの明かりだけで車はひた走る。周りには民家の明かりはもちろん街灯すらない。ピシッピシッとフロントガラスに当たる枝も多くなってきた。
いつも通り馬鹿話で盛り上がる俺と弟。それに対して、雰囲気に圧されたのか完璧に黙りこくる親父。
目的地の廃墟まで数百メートルというところでだ、いきなり

「おめぇら!やめれ!」

と親父が叫んだ。

突然のことで、俺もさすがに心臓が止まるかと思った。弟もこれには急ブレーキ。
後部座席を覗くと、怒り心頭っていうか、何故か尋常じゃないくらいビビってる親父がいた。
「あんまビビルことないってw」「すぐそこだからw」 と宥めすかす俺と弟。
それでも「うるせぇ!ダメだ!この先に絶対行くな!帰るぞ!」と利かない親父。
一悶着あったが家長である親父の命令には逆らえず、結局バックしてそのまま帰ることになった。
帰り道、肩透かしを食らい白けたムードの車内で「わりぃな。ビビっちまってよ…」と親父がぽつりと洩らした。その後は「仕方ねぇなw」「親父、案外チキンじゃん」「うるせぇ、バカヤロー」となんとか行きと同じムードに戻ったので俺は一安心した。

まぁ、本当のお楽しみはこれからだったしね。

家に到着し車のエンジンを切る。
何食わぬ顔で車を降りた俺と弟だったが、横目でしっかりと車の後ろへ回り込む親父の姿を捉えていた。
親父が後ろの手形を見つけた瞬間、「ヒィッ!」って叫び声を飲み込んだような声をあげた。
作戦は大成功だった。当然、俺と弟は吹き出しそうになった。
それでも堪えて、「親父どうしたんだ?」って聞いたんだよね。
しょうもないことすんな。って親父からゲンコツ一発はもらうつもりでいたけど、当の本人の様子は俺たちの予想とは大きくかけ離れていた。
真っ青になりながら、「いや、なんでもない…」って言って俺と弟の背中を強引に押し家に入った。
「なぁ親父…」と食い下がっても、「うるせぇ!」と一喝される。
過剰ないたずらに怒ったのかなと思ったが、やはりどちらかと言えば、心の奥底から怯えていると言ったほうが正しいだろう。


555 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 16:10:36 ID:+xt73bNuO
親父の話。(3)

「早く寝ろ。」と有無を言わせない命令をされた俺たちは、ネタばらしすることもできず、しかたなくそれぞれの部屋に戻った。
明らかにおかしい親父の態度のことを考えると、俺は眠れることはできそうになかった。
2時か3時ごろだったと思う。案の定眠れなかった俺はぼんやり外を見てた。すると庭の車に何か影が見えることに気付いた。
車の陰で動いているソレはここからではちゃんと確認できない。

妙な胸騒ぎがしたので、裏口からこっそり、足音を立てないように車が見える所まで行った。
車の後ろの影は明らかに人のものだった。
ぎりぎりまで近づいてようやく影が何かわかった。正体は親父だった。
親父がこんな真夜中にバケツと雑巾を持って、あの手形を洗い落としていたのだ。

しかもあろうことに号泣しながら。

遠くからだったので多少脳内保管が入ってるかもしれないが、こんな風に聞こえてきた。

「許してくれ…ウッ…頼むからゆるしてけれ、な…ゆっ(ゆう?)ちゃん…あの子らだけは…後生…恨むなら……」

何かに詫び続けながら車を磨く親父を見て、なんだか恐ろしくなり、俺は急いで家に帰り布団に潜った。
翌朝、何事もなかったかのようにおはよう、と起きてきた親父。それでも目には明らかに泣き腫らしたと見られる跡があった。
弟も昨日のことで釈然としないのか俺を問い詰めてきたが、深夜の奇妙な行動を話すとさすがに顔を強ばらせた。

結局、あれから一度も親父にはこのことを話していない。車の手形も綺麗さっぱり最初から無かったことになった。
そして例の心霊スポットには行くことはおろか、話すことも俺と弟の間ではタブーになっている。

556 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 16:26:12 ID:7QJBcmLS0
何が怖いのやら

557 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 16:40:14 ID:npKioqRY0
けっこうおもしろかったよ
携帯から乙

558 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 16:41:51 ID:nbNHVr0N0
幽霊とかそういうオカルティック話じゃないけど初一人暮らしで怖かった体験
大学の入学式が来週なので地方から東京に引っ越してきて二日目
部屋の片付けを終えアパート周りの地理を覚えようとコンビニやスーパーを見て回り夜9時ごろに家の近くに着いた
部屋は二階にあり少し離れても扉が見える位置にあるのですが、扉の前に女が居て、
「死ね、殺してやる」「出てこい」「帰ってきたんだろ、お前が居るのはわかってる」等と叫びながら俺の部屋の扉をガンガンと叩いていました
引っ越したばかりで知り合いもいるはずがないし、覚えもないし何よりも怖いので近くの交番に行き、警官に事情を説明して一緒にアパートの階段を上ってその女の人と話してみました
20才ぐらいの美乳な美人の女性で、警官がなだめてここは彼の部屋ですが何の用ですかと訪ねると、
「先月逃げた彼氏が住んでいた部屋の電気が付いていたので郵便受けを見てみると、元カレの名字(俺と同じ名字、ぶっちゃけると渡辺。管理人が前の住人の字体の難しい渡辺の郵便受けの表札を使い回したのが原因)だったので戻ってきたのだと思った」
「謝らせようと思った、殺す気はなかった」
俺に向かって優しい顔で「ゴメンね迷惑かけて」等と言い交番に連れて行かれた
その後その女の子で抜いた

今日扉の前にフルネームの表札を掲げたときに気づいたんだが少し扉がヘコんでる
出るときに修繕費取られるのかな…

559 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 16:43:11 ID:nc0RCud00
一家心中の村八分に親父も加担してたんだろ

560 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 16:59:31 ID:5GquOtv50
>>547
「目がしっかりと開いていた」というのはみんな見てるやろ?
それを否定する裏付けの方がないやろ?

561 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 17:06:36 ID:TFr0cS0L0
目がしっかり開いてたっていうけど、見た感じ何かがくっついてるだけっぽいけどな・・・

562 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 17:09:01 ID:nc0RCud00
>>560
×「目がしっかりと開いていた」
○「目が開いているように見えた」

563 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 17:18:32 ID:tmYwVntOO
>>553面白かった
親父さん、大事にしてやって欲しいな

564 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 18:54:47 ID:5u+5wlg70
>>560
状況証拠で否定できますがw

565 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 19:01:14 ID:VMGf4iSnO
まずは
http://hp16.0zero.jp/277/Fear3/御覧あれ

566 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 19:24:23 ID:xGhGd9zU0
>>530
見れた。こええええええええええええええええ
マジか!!!!????

567 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 20:05:54 ID:6i7WIZ5dO
昔うちの母に聞いた話です。
母は高校生の頃、学生寮に入っていました。
その寮では建物が古いせいか、幽霊が出るという噂があって、実際に見たという目撃談も結構あったそうです。
母は特にそういう幽霊話に興味はなかったみたいなんですが…。

そんな母が唯一その寮で体験した不思議な話。

ある日母は風邪を引いて、部屋で寝込んでしまいました。
まぁその日はゆっくりそのまま部屋で養生したわけですが。
真夜中、フッと目が覚めたかと思うと、母は唐突に強烈な尿意に襲われたそうです。
トイレに行きたい。
しかし辺りは当然のごとく真っ暗。
風邪をひいているせいで、頭はクラクラし、足元も何だかおぼつかない。
そこで母は友達を起こし、トイレに付いてきてもらおうと思いますが、熟睡しているせいか誰も起きてくれません。

仕方なく母は一人で一階の廊下にある(母が寝ていた部屋は二階)共同トイレに向かいました。(続く)

568 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 20:08:52 ID:6i7WIZ5dO
(続き)
ギシギシと古い建物特有の音を立てながら階段を降り、トイレへと続く一階の廊下をおぼつかない足取りで歩きます。
真っ暗な廊下はとても気味が悪く、やはり無理矢理にでも友達を起こし、付いてきてもらおうかと思いましたが、強烈な尿意には勝てず、そろそろとそのまま廊下を歩いていったそうです。

ゆっくりとした足取りで歩き、もうすぐトイレだというところで
(あ、やっぱり風邪のせいで頭がクラクラするな…)
と母は目を瞑りました。
と、その瞬間。
ブワッと景色が変わったかと思うと、母は見知らぬ土地に立っていました。
(え?!何これ?)
と思ったのも束の間。
母の目の前に、馬に乗り武装した人間が突っ込んできました。

いきなりのことに混乱した母は
(えっ、嫌や、怖いっ!)
と、とっさにその場にしゃがみ込みました。
しばらくして、それっきり何も起こらないようなので恐る恐る目を上けて見ると、そこにはいつもの寮の廊下が広がっていました。(続く)

569 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 20:17:13 ID:pCnoVChh0
で、オシッコを漏らしたと。

570 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 20:18:49 ID:6i7WIZ5dO
(続き)
ホッとした母は、夢でも見たのか、それとも風邪でボーっとしていたのか…まぁ何にせよ寝ぼけていたんだなと思い、そっと立ち上がりました。

すると次の瞬間。

またブワッと周りの景色が変わり、今度は刀のようなものを持った人達が、互いに互いを斬り合っていたそうです。
そこはまるで昔の戦国時代の戦場のようで、あまりの気迫とそのリアルティさに恐怖し、またその場にしゃがみ込むと、そこはいつもの寮の廊下に戻っていました。

熱が見せた幻覚か、何なのかは未だにわかりませんが、その後再びその場に立ち上がることはできず、急いで二階に戻って友達を起こし、廊下を這いながらトイレに行ったそうです。


話としてはここまで。
今ではその寮はもう使われてないようで(多分)
取り壊されたのかどうなったかは知りませんが、以上、あまり怖くありませんが、母の体験談でした。

571 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 21:01:50 ID:xGhGd9zU0
リアルティ

572 :1/2:2008/04/03(木) 21:16:43 ID:zBUEXMSI0
ある夫婦が体験した話です。
 「近いうちに引越しする」 残暑の厳しい9月頃、知人の佐藤さんから電話がありました
 「まだ一ヶ月も経ってないじゃん、どうして?」 私は聞きました
佐藤は「部屋に 出た、悪いもんじゃないらしいけど、気味が悪くて…」と言います
私は 「またかいw あんたの嫁さんは?結構見えるんでしょ?彼女、
    まあ、話聞きたいから飲み行こうよ、いつ開いてる?」と、いつもの調子で飲みに誘います
佐藤 「う、うん。明後日でいいか?手続きとか部屋探しとかあってさ、いやー久しぶりに見ちまったよ」

佐藤(ビビリ)と私は小学校からの友達で、今でもよくオカ話をツマミに飲む仲です
佐藤の嫁(ツンロリ)も無類のオカ好きで、「この手の話なら3日3晩語れるわ」と豪語するほどでした。

飲み当日、佐藤は嫁と一緒に来ました。軽く挨拶した後、彼らは語り始めます

佐藤 「いや、長い話じゃないんだ、お前も家に来たことあるよな、6畳の寝室で…ああ、その前に…
    10日前に兄貴と甥っ子が来て、甥が『絵』を描いてたんだ、何かいてるの?って聞いたら
    『あじゅちゃんかいてるの』 って言うんだ、俺は あじゅちゃん?おともだち?って聞くと
    甥っ子は 『そうーさっき友達になったの』と。 俺はそっかー、よかったねーで流したんだけどさ
    よく考えたら甥っ子はその日家から出てないんだよな、友達ってのは家にいないとおかしいんだよ」
佐 嫁「そんな事すぐ気づけって感じよね」
佐藤 「ご、ごめん、でさ、甥っ子達が帰った晩に金縛りにあったんだ…、
    どうしたモンかと思ってたら、押入れの方から『スススッ』て音がしてそっち見たら
    引き戸が50cmぐらい開いてるんだよ、閉めてたはずなのに…でその隙間を2,3分見つめてたの
    と言うより目をそらす事が出来なかったんだけどね、そしたら ぬっ って覗いてきたんだよ 
    顔が人間の3倍くらいのでかさで、無表情のキューピー人形みたいな奴が…」

573 :2/2:2008/04/03(木) 21:17:44 ID:zBUEXMSI0
佐 嫁「不気味だけど悪い感じしなかったから平気よ」
佐藤 「そうかな…俺めっちゃ怖かった」
私  「その後どうしたの?」
佐藤 「ずっとにらめっこしてた、朝日が差し込んだら消えたよ」
私  「ずっとか、佐藤にしては頑張ったな」 
佐 嫁「ほんとよね」
佐藤 「いや、目を離した瞬間襲って来そうだったから…。
    で、次の日は反対向いて寝てたんだけど、どんどんこっちに近づいてる気がするんだ」
佐 嫁「そうだね、近づいて来てたかも」 
佐藤 「んで、引越ししたの」
佐 嫁「まったく…」
私  「そいつの正体分かった?」
佐 嫁「子供でしょうね、沢山くっ付いてたみたいだけど大きな害はないと思う」
私  「そう、お疲れさん、たしかに寝てる周りをでかいキューピーが動き回ってたら怖いね」

私はその日から暫く、寝てると押入れの方から何者かに見られてるような錯覚に襲われました。
。錯覚ですよね…

終わり   

574 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 22:08:09 ID:1as+a89A0
どれもほんのりスレ向けだな

575 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 22:13:14 ID:pCnoVChh0
生きてる人間の方がシャレにならんことの方が多いからな

576 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 23:07:06 ID:2Qne3OUhO
>>558
美乳という目の付け所が…

577 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 23:25:00 ID:q9U3ncdB0
HIV検査で妖精反応 OTL


578 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 01:35:35 ID:77w5c9Sw0
世界初の道程患者ktkr

579 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 02:55:28 ID:esCVQNYy0
>>578
頭悪いなー

580 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 05:07:15 ID:qY9p3DnH0
他のところにも何度か貼った話しですが一応創作です。
感想お願いします。


ある中学校に仲良し五人組の女生徒がいた。
五人は休み時間も、お昼休みも、帰宅後もいつも一緒に遊んでいた。
皆で友情を誓い合ったりもした。

しかし、いつもリーダーシップを取っている生徒が、自己中だとか自分勝手だと
他の四人に陰口を叩かれるようになった。
しだいにそれはエスカレートしていき、彼女を自殺に追い込んだ。

四人もそんなことになるとは思っておらず、動揺しだした。
暗い気持ちになったのか一人の生徒が、今度の休みに四人でどこか静かな所でも
行こうよ、と言い出した。誰も反対はしなかった。

四人は山に出かけた。周囲には人が全くいない、壮大な景色だけが広がっていた。
四人は来る途中のコンビニで買ったインスタントカメラで、写真を思い出として残した。

数日後、一人の生徒が現像した写真を持ってやってきた。
よく取れている写真に四人はわきあいあいと盛り上がっていた。
一人の生徒が「この写真よく撮れてるね」と一枚の写真を手に取った。

そこには山の景色をバックに四人が楽しそうに笑っている写真があった。


581 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 07:54:12 ID:uyNBQBNt0
>>580
頭の悪い俺には話の内容が理解できないようだ・・・

582 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 08:11:21 ID:80QfoGHE0
4人とも全員写ってて、誰が撮ったんだって話だろ

583 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 09:35:08 ID:LzCv5SzS0
じゃ、その時撮った奴に聞けば良いじゃん。

584 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 10:03:30 ID:tTGWwlIS0
心霊体験なんてした事もないんだけど、前に変な事があったので(大した事じゃないけど)書き込みます。

2005年の11月だから、もう2年以上の前の話なんだけど、
バトルフィールド2ってパソコンゲーム、知ってる人いるかな?
パソコンを新調したついでに凄く綺麗なゲームを買おうと思って、店員さんのお奨めで買ったんだけど、
凄くハマって夏休みからキチガイみたいにプレイしまくってた。
ゲームの内容はいわゆるFPSという一人称視点で、銃を持って敵(オンラインで中の人がいる)陣と戦うミリタリー系のゲーム。
結構難しいゲームで、プレイヤーはほとんど外人(皆ほんと巧い)で殺されまくりだったのが悔しくて、ある日独りで修行をする事を決意したのね。
普段は第三者(運営じゃなくて個人)が立てたサーバーで遊んでたんだけど、プライベートサーバーを立てて独りでそこで射撃の練習や戦闘機の操縦なんかをしてたんだ。

修行をはじめて一週間くらい経ったある日、いつもの様に自分のサーバーで射撃の練習をしてたら、
MAPの自分を示すマークの近くに、赤いマークがあったんだ。
その赤いマークっていうのは、通常敵のマークを示しているもので、俺はそのマークの方向を向いた。

585 :584続き:2008/04/04(金) 10:04:19 ID:tTGWwlIS0
するとそこには敵陣のキャラクターがぽつんと立ってたんだ。名前は全部は覚えてないけど、6文字くらいでFで始まる英語。
オンラインゲームだし、自分以外のキャラクターがいるのは全くおかしいわけないんだけど、それには明らかな違和感をおぼえた。
何故ならプライベートサーバーっていうのは、サーバー検索では引っかからなくて、(確か)招待がなければ第三者は入れなかったはずなのに。
なんでだ??と思いつつ、俺はチャットウィンドウを出して「hi」と声を掛けてみた。
するとそいつは、いきなりジャンプをしだした。何回も何回も。
で、突然「aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa」と発言し、その後文字化けみたいな記号の羅列の様な発言をして、
ジャンプしながら俺に向かって発砲してきた。俺はあっけにとられて何もできず、ヒットポイントが0になり死亡。
リスポーン(復活)まで10秒くらい待ち時間があって、その間は死体の視点で、上からそいつが俺を覗き込むようにしてみてきた。
そいつが覗き込んできた直後、空が真っ赤になって(グラフィックの処理落ちの際によくなってた現象なんだけど)になって「接続に問題があります」と出て、
サーバーからシャットダウン。同時にゲームからも落とされた。俺はなにがなんだかわからず、もう一度ログインをし、
プライベートサーバーに接続してみたんだけど、そいつはもういなかった。それからもそいつはこなかった。
あれは一体なんだったんだろう。


586 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 12:04:56 ID:V/8/V5xQO
>>541

>>538だけど、フラットライナーズ見てみたら全然違う話じゃないすか・・・
ちょっと期待してたのに・・・

587 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 12:05:49 ID:Yr98yzx/O
>>555
親父は死んだゆっちゃんに何をしたのか…

588 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 12:08:59 ID:bjFZpSOL0
>>585
不気味だな・・・

589 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 12:56:59 ID:Z8+P/NS2O
変態だな…常考

590 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 13:18:45 ID:pi720YJb0
>>585
ちょっと面白いな

591 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 13:22:35 ID:/wovXyqqO
>>585
プライベート鯖に入る前にどこかに接続して遊ばなかった?

接続が残ってて不要な通信拾っただけだと思う

592 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 13:25:45 ID:/wovXyqqO
ごめ

593 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 13:26:28 ID:weTqeZ2OO
以前に10階建てのマンションの5階に住んでた時の話
夏の涼しい夜、仕事も終わり夕食も食べ、いつも通りに寝室に入る。
 その日は特に暑ぐるしい訳でもなかったので、部屋の窓を開けっ放しにして床に入った。窓のすぐ脇にはベッドがあり、外からは涼しい風が入り心地が良かった。
 目を閉じていると、街のいろいろな音が聞こえてくる。時間は23時頃。
何か男性の叫ぶ声が聞こえた気がして、耳を澄ましていると…
俺が住んでいるマンションの上の方から…叫び声が近付いて来た

「…ぁ…ぁぁぁ…ぅアアアアアああ゛あ゛あああああアアアアア!!!!!!ぁぁぁぁ………ぁぁ……ゴッ………」

まるで救急車が近付いてきて離れていくサイレンかの様に叫び、寝てるすぐ脇を人が落ちて行った


594 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 13:34:29 ID:3myNZNzG0
ドップラー現象だっけか

595 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 14:10:14 ID:3KPa3R3W0
>>558
さっき菓子折もって謝りに来た
電車男みたいな事にはならないな…

596 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 14:13:12 ID:gSelbJ1d0
>>595
これからまた一発抜くか?

597 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 14:23:59 ID:r7fxR3K60
>>585
>>591

ディアブロ2で似たような経験ある。

パスワード入れなきゃ入れない
プライベートルーム(身内専用部屋)
に知らない外人が入ってきた事あった

何らかの不具合だろうと思っても
ちょっと気味悪くなってしまうよな

ゲーム好きの霊が?とかw

598 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 14:24:57 ID:3KPa3R3W0
>>596
もう抜いた

599 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 15:45:32 ID:35MCgKob0
>>598
糞ワロタ

600 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 16:00:08 ID:apaJ13OS0
>>586
フラットライナーズって、ケビン・ベーコンやら
キーファ・サザランドやら出て来るやつ?
>>538とはまあ、関係なさげだな。
シャレになんない幻覚や幻聴起こすとこは、ちょっと似てるけど。
でも映画は面白かったろ?w


601 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 16:05:32 ID:M2r1o7G70
>>600
ストーリーが同じってことじゃなくてコンセプトが似てるってことじゃない?
擬似臨死体験で奇怪な事が起こる、みたいなさ。
そもそもフラットラインって脳波停止状態のことだろ。

602 :585:2008/04/04(金) 16:12:03 ID:tTGWwlIS0
>>591
正直覚えてないや
でも確か、違う鯖に入ってたとは思うけど…
ただの不具合にしては変だったなぁ。あのゲーム、チーター(不正ツール利用者)が多くて有名だから
その類だったのかもしれない

>>597
ゲーム好きの霊かw
霊体が本当に電気物質なら、パソコンの中に入ってNPCとして動く事もありうる・・・ねーか

603 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 17:44:49 ID:r7fxR3K60
病で弱りながらも、
「よくなって退院したらバトルフィールド徹夜で
やってやるぜ!」

とか思いながらもこの世を去ったんだろ。
君が遊んであげたので成仏したから大丈夫だ

まあ、ねーが。

604 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 18:19:00 ID:pi720YJb0
>>602
まあその件に関してはサーバーの不具合も疑えるけど、
>霊体が本当に電気物質なら、パソコンの中に入ってNPCとして動く事もありうる・・・ねーか
オカルト的にはあながちありえなくもないかもね。
どっかで聞いた受け売りで申し訳ないんだけど、人間の脳は電気流れて(電波発して?)るから
もし人が死んだ場所で妙なモノを見たり感じたりしたとしたら、それは亡くなった人の脳に
あった電気の情報がそこに焼きついたものを察知した状態が考えられるとか何とか。
だから霊が良く出るとされてる場所には水や湿気のある場所が多く関係してくるとも。
だとしたらそれは電気製品や電波に乗ってもおかしくないかもしれないとかね。

605 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 18:47:29 ID:6WRc1p1Y0
2142やれ

606 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 18:49:11 ID:XYHvV4eR0
ゲームのNPCに幽霊が乗り移ったとか、そんな妄言いいから怖い話してよ。

607 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 18:49:57 ID:Bdm7kuVg0
大学に入学した年にFF11を始めた

今廃人

608 :本当にあった怖い名無し :2008/04/04(金) 19:04:23 ID:MFHjU8SG0
>>513
確かに俺男が書き込んだ事の大半が嘘で
俺男と菜美(他)がグルで
吉原を精神病院送りにするのに成功して
勝ち誇って書き込んでるんだとしらオカルトだな

もちろんここで俺男が語った吉原の
「会話した事はないけど俺と菜美は心で繋がってるんだ 俺達は赤い糸で結ばれてる」
って発言もデマ
後から俺男が主治医に語った話なんて主治医から吉原に語られる事もないだろうし
吉原は何も知らないままこれから長い時間を精神病院で過ごす事になる
吉原が他の友人とかを交えずにに菜美とだけ親密に付き合ってたってんなら可能な話だな

>>472-502の話だけだとただの美談じゃん
何気にバイト先の店長とかカッコイイしw


609 :荒木:2008/04/04(金) 20:18:51 ID:63UqrRIGO
このスレに二回以上書き込んでる人は地獄に堕ちます

610 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 21:28:45 ID:apaJ13OS0
>>601
そ。キーファ扮する主人公が、
自分が子供の頃、イジメて死に追いやった子供の幻影を見て
彼に許しを乞う為に、自ら臨死体験するわけだが、
>>538は、別に悪い事してないし、
似た感じはするけど、まあ、パクリと言われるほどでは無いなと。

611 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 03:50:28 ID:PuD6UATj0
>>608
それよりも、人を殺したような統合失調症患者が
改正された障害者自立支援法によって
半年ちょっとで病院から出て来られるようになったというのが
死ぬほど洒落にならないオカルト

いや、死ぬほど洒落にならないっていうか
実際出会ったらリアルに死ぬかもしれない

612 :本当にあった怖い名無し :2008/04/05(土) 05:32:01 ID:Il6Rkb8g0
>>半年ちょっとで病院から出て来られるようになったというのが
要出典
ただの基地外でも身内がごねただけで病院に足止めしとけるらしいじゃん

改正される前なんかまわりが口裏合わせれば
ただの一般人を死ぬまで病院送りに出来たんだぜw

それ以前なんか本人の意思を無視して
脳への外科的手術その他の非人道的治療行為(電気ショックや冷水をぶっ掛けるとか)が行えたし
もっと前なんか鎖に繋がれて死ぬまで囚人と一緒に牢獄生活(環境劣悪)だったらしいじゃんw

ひとおもいに殺されるのとこっちとどっちがいい?

基地害なんて所詮は一人
でもこっちは相手が体制

こっちの方が死ぬほど洒落にならない怖い話だろ


613 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 07:48:20 ID:zNV0e3PeO
>>50
誰も住んでいないマンションのエレベーターが夜中に動くのを「何人か見た」んか?(笑)
すぐバレる嘘をつくな!
宿題やったんか?!

614 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 08:32:37 ID:ZbJ9cs7M0
>>613
よく読もうなw

615 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 08:39:58 ID:8pzILme1O
丘ネタじゃないが実体験

去年の秋頃、夜勤を終えた俺は家に向かってマターリと車を走らせていた。
久し振りに残業も無く、翌日からは2連休という事もあってそこそこのテンション。
時間が時間なので俺以外に走ってる車はほとんど無し。
また俺の帰宅ルートは深夜の場合、信号の切り替わりが上手いこと青で繋がる。
基本的にほぼノンストップで会社から家に着けるわけだ。
それがテンションの上昇に拍車をかける。
意味不明な独り言をつぶやいて一人納得し、
そんな自分を客観的に見てまた一人ツッコむ。
そんな状態のまま最後の交差点に差し掛かった。
当然既にここも青なのだが、俺の進行方向からは見通しは決して良くはない。
相変わらず一人芝居中の俺は
「深夜といえどもこういう場所は注意して進入しなきゃねえw」
などとほざきながら30kmに減速。
まさにその時だった。
無灯火の乗用車が猛スピードで俺の目の前を横切っていったのは。
「……は?えっと…え?」
俺は何が起きたのか理解できないまま30kmで交差点を通過していた。
どこのバカだか知らんが早急に免許取消になってくれ。

616 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 08:42:37 ID:8pzILme1O
あとこれは昨日体験した事
特に関連はないのだが、今回の話を思い出すきっかけになったので追記

やはり夜勤からの帰りだったのだが、この日は疲れから
いつもよりゆったり運転した為に途中の信号に引っ掛かってしまった。
まあ疲れてんだから逆にいいか、とぼんやり青を待っていると…
どこからかヒップホップが聞こえてくる。
雑音が皆無に等しい早朝に突然のヒップホップ。
驚いてルームミラーに目をやると、いつの間にか後続車。
ああ、こいつか…と納得した瞬間、いきなりドアが開き車から降りる男2人…!
「な!?なん…?」
予想外の事態に困惑しつつも、発進準備と共に2人の動向を観察。

……………………踊っている。
すっげー笑顔で踊っている。
10秒程踊った後、何事も無かったかのように車に戻る2人。
唖然とする俺をよそに、車線変更してどこかへ走り去っていった…。

ここでよく「文章だとあまり怖さが伝えられない」
というレスを見るが本当だな。
2人が車から降りてきた瞬間の恐怖がどうしても上手く伝えられん…。

連レス失礼
あと怖くなかったらスマソ

617 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 09:20:43 ID:Qsl8AeVO0
>>613
お前、こんなとこで必死になるなよ!単細胞なんだからwww

618 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 09:51:23 ID:D3Zzof/F0
4年程前にとあるネットゲームで遊んでいたんだが、
そこで一人の女性と知り合った。
であった時点では女性ではなく女性キャラとした方がいいだろうか。

凄く気さくで可愛らしい性格で、自分とかなり気が合ってたので凄く仲良くなっていった。
知り合って数ヶ月経つと、彼女に淡い恋心(汗)みたいなのを抱き始めて、彼女の中の人の性別が気になりだした。
彼女に性別を聞くと、一応「女だよ」と言う。でもネカマ率高いゲームだったし俄かに信じられず、電話をしようという話になって
お互いの電話番号を交換。そして電話をかけた。
掛けても中々出ず、どうしたんだろうと思った時にやっと電話に出てくれた。彼女は、やっぱり彼女だった。
凄くおしとかやそうな声で、とても23歳には思えないくらい落ち着いていた感じだった。ゲームでイメージしていた通りだと思った。


619 :618:2008/04/05(土) 10:01:24 ID:D3Zzof/F0
電話をしてから、二人はあまりゲームにINしなくなった。
そろそろ飽きてきたというのもあるし、二人で電話で話している方が全然楽しかったからだ。
それから毎晩の様に、電話代も気に掛けずアホの様に話しまくった。
出身地や学歴、好きな異性のタイプや、男性遍歴女性遍歴(笑)などお互いのありとあらゆる事を教えあった。
俺は彼女の顔が知りたくなり、彼女携帯に送ってみる様頼んでみた。すると彼女は、ためらいながらもOKをくれた。
そして携帯に、彼女から写真添付のメールが届いた。
そのメールを開いて、ゾっとした。
メールに添付されていた画像は、彼女の眼だった。視点は少し上を向いていて、白目は赤く血で濁るように充血していた。
目の下にはクマが濃く浮き出ていて、涙の流れた痕?の様な物があった。
内心、とても不気味だった。
すると彼女は電話で、顔はやっぱり恥ずかしいから目だけ送ったとの事だった。
俺はあの写真の事はすぐに忘れようとし、それからもずっと電話で話していた。


620 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 10:06:33 ID:x9anpq+50
それで?それで?

621 :618:2008/04/05(土) 10:07:29 ID:D3Zzof/F0
ある日を境に、彼女はどこか様子がおかしくなっていった。
会話の内容はとても重く、声のトーンもまるで泣いているかの様な。
「私ってダメ、何やっても皆に嫌われる、普通の人を見ると私が否定される」
そんなような事を繰り返し、俺に言って来た。俺はただただ、そんな彼女の話を聞き止めていただけだった。
ある日彼女からメールが届いた。画像が添付されている。
その画像を開くと、俺はまたしても身が震えた。それは手首の写真だった。
ただの手首ではない。幾重もの切り傷があり、その一番上にはまだ血の気のある真新しい傷跡があった。
俺は急いで彼女に電話をかけた。彼女は電話には出たが、何かブツブツ聞き取れない音量で何かを話していた。
「何?聞こえないよ」俺がそう言うと彼女は「死ぬの」と言う。俺は何も言えず、彼女はもう一度「私死ぬの」


622 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 10:08:54 ID:HtQurJe20
メンヘラ〜

623 :618:2008/04/05(土) 10:23:04 ID:D3Zzof/F0
「何、言っているん?」
俺は彼女の言葉を理解しようとしなかった。
すると彼女はまたかすれた小声で何かを言った。よく聞き取れなかったけど恐らく「ありがとう」と言ったのだと思う。
彼女はその直後電話を切った。俺はすぐさま電話をかけなおそうとしたが出てはくれない。
メールを送ろうとすると、あっちからメールがきた。何通も、何通も。
それは彼女の目、顔、手首、裸体、彼女の体の写真が沢山送られてきた。彼女の目はまるで焦点があっておらず、
目のクマは酷く、髪もボサボサで、目がとても腫れている。泣いていたのだろうか。そんな時に思うのもなんだったが、とても綺麗な人だった。

624 :618:2008/04/05(土) 10:24:09 ID:D3Zzof/F0
俺は彼女に、「今日はもう寝て落ち着きな」と一通だけメールを送信した。
翌日、彼女に電話をかけたが出ない。メールを送っても返ってこない。
しばらく、彼女はほっといたほうがいいかなと思い、一週間ほど電話やメールはしないようにした。
一週間後、俺は電話を掛けた。
「その電話番号は使われておりません」
解約されていた。勿論、メールも届かず。
俺は急いで彼女が昔書いていたブログにアクセスした。すると、四日前に記事が書かれていた。
そこには、遺書とも取れる重たいポエムの様な事が書かれていた。
俺は直感で、彼女は死んだのだと思った。そう思うと俺は寝られず、携帯にあった彼女に関連した物全てを削除した。
本当なら彼女の為に泣いてやるのが一番なのだが、俺は泣けなかった。ただただ、冷たい不安に、四六時中襲われていた。
回線一本の関係…身内ともいえない、でも他人とは思えない。そんな関係の人が、こういう形で死ぬというのは、悲しさのより先を行く事がわかった。
怖い体験ではなくてごめん。

625 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 10:33:33 ID:rr0QJLK9O
知り合いの話。
彼は親戚所有のアパートの2階、一番奥に一人暮らし。
夜中、酔った友達が突然来たりするし、田舎だからってのもあって、鍵は開けていたんだって。
で、ある日の深夜。ドアを開ける音がして。あ〜また誰か来たよ、と目を開けたら、
暗闇のすぐ横に、包丁もった痩せ男が立ってる。
そいつ、「天?えん?からお告げで〜だから、殺しに来た」とか、意味不明な事言いながら、馬乗りしようとしてきたんだって。
彼、テンパりながらも乗られたら死ぬ!と思い、必死に身体をかわし、
、幸いな事に体格もよかったので逆馬乗り→タコ殴りで事なきを得たんだけど、
警察来るまでの間もずーっと、「天?から上のやつを殺せと、ダメだったから牛の番?は〜でお前だ」
とか、焦点のあわない目をしてぶつぶつ言ってたらしい。
でこの痩せ男、なんと同じアパートの下に住んでいて、最初は痩せ男の真上(知り合いの隣)
の部屋を襲うつもりだったようで、その部屋のドアには、傷が沢山付けられてたらしい。

なんか、痩せ男の発言聞いてゾッとしてしまった…

626 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 10:40:12 ID:dOtiaWmqO
「そっちがその気ならこっちも黙っとらんぞ」

俺はツレの名前をうたってしまった。
そして追われるようになった。
俺が悩んでいると先輩が上に書いてある通り言ってくれた。
しかし俺は怖くて彼女以外の誰とも連絡をとらなかった。
親に車に乗せてもらわないといつあいつらに会うか分からない。
そんな理由で俺は全然彼女と会う事もなくなり別れた。

俺は引きこもって負け組になるのは嫌だった。
だからやつらに電話をした。
俺に戻ってきてほしい、もう一度暴走しよう、お前のコール久しぶりに聞きたい。
思ったより優しかった。

俺は会いにいった。
人間なんて醜い生き物だ。すぐに裏切る。
結局倉庫でぼこられた。
頭も切れて鎖骨、肘、指、が折れた。
右のふとももはケロイドみたいになった。
死んだ親父にいつもお参りした。
助けてくれるんじゃねぇかと思った。
結局意味がなかった。
毎日毎日あの頃に戻りたいと後悔しては死にたくなる

627 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 14:10:52 ID:9LEpK7TE0
>>626
イミフ誰か解説してくれ

628 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 15:12:00 ID:5crPnFD60
今朝、僕が体験したことが、以前ここで見た猿夢という話に似ていたので
書きたいと思います。(初投稿なので読みづらかったらすいません)

今朝僕は7時に起きました。今日は休みだったので「まだこんな時間か…」
と思い二度寝することにしました。しばらくして僕は起きました。時計を見ると
五時。僕はこんなにも寝たことがなかったので、びっくりして自分に後悔しました。

僕は、とりあえず腹がへっていたので、1階に降りました。すると、誰も居ません。
僕は今は珍しい3世帯家族の7人家族なので、誰か家には居るはずです。
「妹は部活で親は買い物だとしても、ばぁちゃんやじいちゃんは…」
僕は不思議に思いながらパンを1つ持って自分の部屋に戻りました。

ドアを開けると、誰かが立っています。よくみると女の子。学校の同級生でした。
「どうして…?」
そう思ったのもつかの間、僕は嫌な雰囲気を感じました。
「こいつは人間じゃない」
僕はとっさにそう思いました。
「逃げなきゃ!」
僕はそう思い、階段を急いで降りました。
「うわーっ!」
階段から降りると、玄関のほうから大声で叫び声が聞こえました。
恐る恐る玄関のほうへ行ってみると、「ダダダッ」と僕の横を中年の男が通り過ぎて
行きました。しかもそのすぐ後ろから髪の長い30代くらいの女が追いかけて行きました。
女は無表情だったのでとても怖かったです。(この女も人間じゃない気がした)

629 :628:2008/04/05(土) 15:12:39 ID:5crPnFD60
「ここはやばい。僕の家じゃない」
僕は逃げようと思い、玄関の戸を開けました。
僕は思わず「うわぁぁーっ!」と情けない声を出してしまいました。
女の子が立っていました。よくみるとその子も僕の同級生で、自分の部屋にいたのと
同じ雰囲気を出していました。
「裏口から出よう」
そう思い僕は裏口を目指しましたが、体が重い。尋常じゃないくらい
体が重いのです。僕は必死に走りました。
「早く出たい」
しかし、またもや玄関の前(家の中)に誰か立っています。同級生の女子でした。
家中、外見が同級生の女子の『何か』に囲まれているありえない光景です。

窓から逃げようとも思いましたが、体が重く、もう体力は尽きていました。
「ガシッ」
僕は裏口に居た女子につかまれました。
「捕まえた」

僕はとっさに殺されると思いました。すると、
「タラララララーン♪」
僕の携帯のメールの着メロがポケットから鳴りました。(なぜ携帯を持っていたのかわからない)

『あと2回』

メールにはそれだけが書いてありました。
それを見た瞬間、僕は起きました。リアルすぎていたので、夢だと全然気づきませんでした。
時計を見ると、8時。寝てから1時間しかたっていませんでした。家族もちゃんといました。
でも、体が重い…。ものすごい重かったです。
今まで筋肉痛で起きてもこんな重たいことは1度もありませんでした。

僕は夢を見ても、起きればすぐ忘れてしまうほうなのですが、この夢はいまでもはっきり覚えています。
内容がありえないシチュエーションだったので、「ただの夢だろ」と言われればそこまでですが…。
ただ、とてもリアルだったのでとても怖いです。もう見たくありません。

630 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 15:23:13 ID:QQ8oCYwhO
>>629 全然猿夢の話と似てへんやんw っていうか文章がヒドいw

631 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 15:30:30 ID:mniHC7ii0
前スレの974のソフト名 シンフォニックレインか?

632 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 16:22:14 ID:btSSZjV60
このスレに夢の話書く奴は例外なくバカだと思ふ。

633 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 16:58:52 ID:OU9IXnhi0
>>629
俺もこんな書き込み見たくないよw

他人の夢の話ってさ、本人は怖かったり、
リアルに感じたりして、インパクト
大きいんだろうけど

聞かされる側の立場からすると
はあ?なんだよね。

634 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 17:03:24 ID:hZrXajdo0
>>630>>632-633
激しく同意。

635 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 17:27:21 ID:+opCnWNU0
>>612
知識なさ杉
基地外家族の人たちに話を聞いて来い
それから、電気ショックは立派な治療法だ

[精障本人]家庭に精神障害者がいる人 11[出入厳禁]
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/live/1203600770/

【0160】拘束して今度は電気ショックなんて、乱暴な気がするのですが
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa0144.html

636 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 17:45:54 ID:YptCO6YI0
>>628-629
二度と書き込むなよボケが 糞つまんねーんだわ

637 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 18:26:50 ID:h6PSQlbPO
オカ板よりもこのスレのほうが怖かった…
http://food8.2ch.net/test/read.cgi/candy/1188938749/

638 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 18:31:57 ID:wTgvsNgh0
うつの友達が電気ショック受けてちょっと明るくなって帰ってきたよ。
ええ電気ショック!?とか思ったけど、本人が希望して受けたらしい

639 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 18:47:55 ID:7MJr4siN0
主成分がリチウムっていう抗欝剤とかもあるんだよね。
実際、欝には電流が有効なんだって。なんで効くのかは分かってないらしいけど。

640 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 18:48:37 ID:wCqtLjNv0
>>615
こないだ免許とったばっかりの俺からしたら、ホント洒落にならない怖さがある

641 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 19:08:21 ID:aVXFBUY0O
>>637
読んでたら気持ち悪くなって吐いた

642 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 22:24:53 ID:hrpBxe1+0
>>310でも書いた者です。仕事つながりで今日あった変な出来事。

今日とある病院の病棟で使っている心電計が調子悪い、という事で病棟まで呼び出しをくらって行った。
6階建の5階にある病棟で、あれこれ様子を見てさぁ帰ろうという事になった時、普段は大体階段使うんだけど
今日は休日出勤だしは荷物もあったからエレベーターで一階まで降りる事にした。
エレベーターホールに行くと、ちょうどエレベーターが4階から上がってくる所で、ちょうどいいやと下ボタンを押してまっていた。
エレベーターが5階に到着しドアが開くと、中にオバサンが一人乗っていた。
降りる気配ないし、表示を見たらまだ上矢印が光っていたため、6階まで上がるのだろうと
「あ、下なんで」
と声をかけた。おばさんも了解とばかりに頷いて「閉」ボタンを押したらしく、すぐにドアは閉まった。
・・・と思ったらまたすぐにドアが開いた。

エレベーターって途中階で止まった後、進行方向が変わるときって一度閉まってもまたすぐ開くじゃない。そんな感じだったと思う。
階のボタン押し忘れたのか?と思ったんだけど、開いてみたら中に人が乗っていない。
絶対に降りたわけじゃない。明らかに上までなんて行っていない。行ったとしたらどんだけ高速なのかと、そんな勢い。
「??あれ?」
とワケわからん俺だったが、一緒にエレベーター待っていた患者さんは普通に乗り込む。
俺「乗るんですか?」
患者「?当たり前じゃないですか」
俺「さっき人乗ってましたよね?」
患者「乗ってませんでしたよ。っていうか今乗ってないじゃないですか」
患者さん、めっちゃ不審そう。
ええええええええ今俺、中のオバチャンと話までしたけど??
もはやビビリの俺はエレベーターを使う気をなくして、そのまま階段で一階まで降りた。
あんなに普通の人っぽいオバケっているもんなの?

643 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 22:45:20 ID:9EYJLFlA0
批判するのは良いけど、テンプレの
>日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。

ぐらい守ろうや。空気悪くなるのだけは勘弁。

644 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 22:53:16 ID:G1o1ORj40
あ?自治厨はすっこんでろよ

645 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 22:55:05 ID:TJTunyoP0
エレベーターならぬ、ええええええええベーターだったな。

646 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 22:59:35 ID:U2IdHb870
何も上手くなくて驚いた

647 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 23:00:43 ID:zoICFopqO
>644
お前がきえろ。

お前のようなのがいるから自治厨が出てくんだろ?

解っても解んなくてもさっさと消えろよ?

648 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 23:05:21 ID:Vh1wmkuj0
昔々、とある村のそばには小さな沼がありました
ある日、村の若者の吾作が、沼にちょっとした濁りを見つけました
きれい好きの吾作は、濁りを取るため沼に入り、一生懸命に濁った水を掻き出しました
ところが、そんなふうに水をかき回されたので、沼は一面じゅうが濁ってしまいました
沼の水を暮らしで使っていた村人はカンカンになり、口々に吾作を叱りました
よいことをしたつもりだった吾作は怒りました「沼が汚れていてもいいと言うのか それなら俺が汚してやる」  ← 今ここ
それからの吾作は沼に肥えを撒いたり小便を垂れたり大変でした
沼は汚れ、村人達はたいそう困りましたとさ

649 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 23:26:21 ID:TJTunyoP0
沼ってなんだか知ってる?
元々生活用水には使えんだろ。

650 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 00:21:09 ID:+AxkEJAB0
終了

651 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 00:28:00 ID:tfCdqUcuQ
池沼だったんだな

652 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 00:41:00 ID:2HnpnO7DO
誰(ry

653 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 01:05:55 ID:mk9boCAq0
小学生の頃の話です。オカじゃないけど。

俺が小学2年のころ、弟が病気で死に掛けたことがあって夜中まで病院にいた事がある。
なんとか持ち直して、もう大丈夫だろうから俺と父親は一度家に帰ろうとなったのが夜中。
病室を出て一階まで降りたとき、俺は猛烈に尿意を感じた。というのも、病棟のトイレが怖くて弟の見舞いで来ても絶対に病棟のトイレには入らなかったから。(それまでもトイレは絶対一階まで降りてやっていた)
父親に待ってもらって一階にある広めで新しいトイレに行ったはいいが、時間も時間なんでもちろん電気が消えていた。
電気のスイッチがトイレの入り口を少し入った所にあるのは知っていたので普通に中に入った時、真っ暗なトイレの中の方から人のうめき声が聞こえてきた。ウーみたいな感じで、本当に一瞬。
ちょっと驚いたけど空耳かとも思って(何より尿意に勝てなくて)速攻電気をつけて用を足した。豪快にパンツ下ろして。
すっきりして一息ついた時、突然背中側の個室のドアが開いた。電気真っ暗だったんで人が居るとは思わず、めちゃめちゃびびった。
思わず振り返ったら、男の人が二人出てきたのよ。そして一人はチンコ出してんの。
二人はじっと俺を見ていたが、やがて「ちゃんとパンツ履きなさい」とわけの分からない事を言ってトイレから出ていった。
消防の俺は、やつらは幽霊だと思ってもう号泣。トイレから転がり出て父親のところまで走って、今見た光景をありのままに話して、幽霊見た祟られる!と大騒ぎ。
俺の話を聞いた父親は渋い顔をして、帰りがけに警備員と話をしていた。
(当時はお祓いを頼んでいたと思っていた)

今思うと、たぶんアッーの人だったんだろうね。
何もされなくてよかった。

654 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 02:46:35 ID:Z+tG9rig0
最近はボダの話をするのがはやってるんですか?


655 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 03:00:29 ID:+4fZVnfB0
「偶然ハッテン場に入った」ってだけで怖くもなんともねぇや。



656 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 06:00:57 ID:JJG7POnBO
職場の先輩と俺あんま詳しく知らないんだけど、フィリピンパブ?みたいな所に飲みに行ったのね。
んでフィリピンの女の子と喋って一応仲良くなって電話番号教えてその日は終わったんだけど、正直そうゆう店いくならやっぱ日本人の方がいいし金もかかるから、もうその店行く気はさらさらなかったんだ。
でも電話番号教えちゃったもんだから営業電話がめちゃめちゃかかって来るんだよ異常なほど
普通キャバクラとかの営業電話だったら3週間も行かなかったらもう諦めてかかってこないのに、フィリパブの女は一ヶ月立ってもしつこく電話してきた
仮にそのフィリパブの女をHちゃんとしとく
Hちゃんがあまりにしつこく毎日かけてくるからもう行く気ないから二度とかけて来ないでくれってキレ気味に答たら「ハイゴメンナサイ」って聞きづらい日本語で行ってくれたんで俺ホッと一安心。
でもやっぱり甘くなかった
またしばらくしたらかかって来るようになったんだ、今度はワンギリ気味で俺の方からかけてくれみたいな感じで
もう俺うんざりして一切無視
でもそのワンギリが三ヶ月経った今でもかかってくるからフィリパブ行った先輩に相談したら

657 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 06:22:09 ID:JJG7POnBO
続き
「分かった!お前を無理矢理連れてった俺の責任だから俺が文句言って二度と電話しないようにHちゃんに言っておく」
って
これが一昨日の事
んで昨日先輩から連絡会って
先輩「お前さ、ほんとに今でもHちゃんの携帯から電話あんの?」って聞いてくるから

俺「ありますよ!
最近は深夜ばっかりワンギリしてくんですよ!昨日もありましたよ!」

先輩「・・・」
俺「先輩?どうしたんスか?」

先輩「Hちゃん一ヶ月くらい前に事故で死んだってよ・・」

俺「え!?じゃぁ今もHちゃんの携帯からワンギリしてくるの誰なんすか?」
先輩「しらん」

俺「違うフィリパブ女が使ってるって事ですかね?」

先輩「聞いて見たけど誰も使ってないみたいよ。マジ気味悪いなwまぁかけてみろよ?そうすりゃはっきりするしな」

658 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 06:25:09 ID:JJG7POnBO
続き

いったい誰なんでしょうか?
今でもワンギリで深夜にかかってきます
勇気がなくてかけられません

659 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 06:53:46 ID:IVDDEymaO
そこは電話かけろよwww

660 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 09:18:51 ID:Z+Kr6mJR0
これってフィクションだろ?文章が嘘くせぇ

661 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 11:28:26 ID:JkCztt4G0
>>1
創作も歓迎です。

( ´,_ゝ`)

662 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 11:28:36 ID:KHJfo1TT0
>>660
テンプレも読めないならもう書き込まない方が良いよ

663 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 12:05:21 ID:JVx/mTD6O
何年か前の夏に家族とキャンプ行ったときの話

富士山の近くにキャンプ場みたいなのがあったんだけど、そこでテント広げてバーベキューなり魚釣りなりまぁ楽しんでたわけよ
そんで夜になって家族が寝付いたときに、俺ションベンしたくなって起きたんだけど、一人で行くの恐かったからたまたま起きてた兄ちゃんについてきてもらったんだ
で、トイレ済ませてテントに戻ろうとしたら、兄ちゃんが「ここ樹海の近くなんだぜ」とか言いだして、好奇心旺盛だった俺と兄ちゃんはこっそりキャンプ場を抜け出して樹海に行こうとした
キャンプ場を抜けたところで、道路はさんで森みたいなところがあったんだけど(たぶん兄ちゃんその森を樹海と勘違いしてたっぽい)辺りは真っ暗だし、懐中電灯も持ってなかったからさすがに恐くなって、森の近くまで来て引き替えそうとしたんだ


664 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 12:06:46 ID:JVx/mTD6O
そしたら、奥の方からガサガサって音がして、俺も兄ちゃんもびびって咄嗟にデカイ木の影に隠れたんだけど
視力の良い兄ちゃんがめざとく何かに気付いたようで、「あれ見ろ」つって指差した方を見てみたら、どうも人間っぽい二つの影が寝転がって何かごそごそやってる感じだった
なんていうか、一人は寝転がって手や足をぶんぶん振り回して「ウー、ウー」って呻き声あげてて、もう一人はその寝転がってる奴にまたがって手っぽいのを左右に動かしてて・・・
俺にはセクロスしてる様にしか思えなかったから、もっとよく見ようとしてじーっと目懲らしてたら、急に兄ちゃんが血相変えて俺の手引っ張って走り出した


665 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 12:07:52 ID:JVx/mTD6O
わけわかんないままキャンプ場について、兄ちゃんに事情聞いたら「よくわかんないけど、なんか人殺してたっぽい」とか言いだした
でも暗かったから本当に人殺してたかどうかはわからなかったらしいけど、視力良い兄ちゃんがそう言うんだからたぶん本当なんだと思った。

それから何日かして、俺らが泊まったキャンプ場の近くのあの森でバラバラ死体の一部が発見されたってニュースがやってたときは本気でちびりますた

666 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 15:34:47 ID:1WR/12Hc0
大声出して助けを呼んでたらバラバラ事件はなかったのにな。

667 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 16:10:23 ID:5qPSCFBXO
バラバラ死体にならない代わりに、死体が三体増えてた可能性もあるな。

668 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 16:54:52 ID:mvLIY5dcO
>>658
マジレスするとああいう人達は営業用の番号を共有してることがある。
つーか相手確かめないでお化け扱いって頭悪いですよ。

669 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 23:23:13 ID:nmsjUI7S0
何でも煽ればカッコいいって思ってるのは
流行なのか?

670 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 23:26:03 ID:dZkTUrgf0
工事現場での怖い話。

とある現場を請負って仕事をしたんだけれど、年度末だったもんで作業員の手配がうまくいかなかった。
仕様が無いんで一人でどうにか終わらせようと、毎日、毎日夜中まで残業してたんだけど。

ある日、夜中の2時くらいに一人で作業してるとふっと影が横切るんだ
八階建てのでっかい工場、今いるのは多分俺だけ(みじめだよね、、、)、最初は気のせいだろう?って
思ったんだけど、2回、3回って横切る。

ちなみに、竣工前の工事現場は仮設照明しか明かりは無いんでものすごい暗い、
そのときも100mはある廊下の所々に裸電球が吊り下げてあるだけでとっても暗い。

そのときの俺は部屋の中で空調機の電源を配線しようと図面を確認してた、懐中電灯を片手に、通路にせを向けて。
3回目影が横切ったとき、もう我慢の限界が来て懐中電灯を片手に廊下に出たんだけど、誰もいない。
俺のいた部屋の隣の部屋の出入り口までは30mほどある、走って隠れた?いやいや音がまったく無かった。

そういえば先月事故で人が死んだんだよな、、、、って、ふっと思い出した。
怖い!けど仕事も大事!
結局仕事を優先させたけどその後もたびたび、夜中になると同じことがあった。
無理はいかんと思ったよ。

怖くねーか。


671 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 23:32:46 ID:dN5XAQ350
残業お疲れ様です。
恐怖に打ち勝つプロ根性、恐れ入ります。

672 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 23:36:33 ID:lMK3QqHmO
>>667
もう一体は誰なんだよww

673 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 23:57:48 ID:P1p61OBAO
怖い話しを夜中にしてたら、四人乗ってるベッドが下から、殴られたような衝撃を受けた。

怖い話しする前に肝試しに行った、有名な怖い場所から引っ張ってきたのか、丑の刻参りが行われてた場所を見てしまったのが問題だったのか・・・

674 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 00:03:56 ID:moMoZ/z0O
>>672
三体『に』増えてたの間違いだわw

殺されてた人、超兄貴、弟の三人って事ね。

675 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 00:33:38 ID:HajydTPG0
これ突っ込んだほうがいいの?

676 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 01:23:51 ID:iAGTWGBoO
数年前に亡くなった大阪に住んでた叔父の話
叔父は八百屋なんだが豪放磊落って言葉通りの人でやたら羽振りがよかった
で、どう考えてもカタギの人じゃないんだよね
道歩いててその筋の方に出会ったら向こうが頭下げて道を譲った、893絡みの事件があるとK察が叔父のとこに情報収集に来る
なんつー逸話が幾つもある
で、叔父さんの奥さん、つまり俺の叔母さんであり父親の姉に当たる人が去年亡くなったのよ
この間、その叔母さんの一周忌があって、それに行った父親からメールが来た
名前は伏せさせてもらうが原文ママ

昨日、今日と○○おばさんの一周忌で、大阪に行って来ました。
そこで、おもしろい話を
聞きました。
昔、大阪のおじさんは
やくざの親分に頼まれ拳銃を隠したそうです。
その銃が未だに有るそうです。

ガクガク(((゚д゚;)))ブルブル
やっぱ只の八百屋じゃなかったんだ
以上、自分的には洒落怖な話
お目汚し失礼

677 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 03:00:01 ID:qp+FEagh0
恐ろしかった民宿の一番奥の部屋

高校時代の夏休みに友人5人で沖縄へ旅行へ行った時の話。

ある民宿へ泊まった。そこは全部で6部屋あり、自分たちは奥から2番目の部屋に泊まった。
3日目に一番奥の部屋がずっと空いてることに気付き、なんで空いてるのか理由を聞いた。
すると民宿の人は、「ここはずっと空けてあるんです」としか言わない。

元々4人部屋に無理を言って5人泊まってるので狭く、誰も予約がないんだったら隣の部屋を
使わせて欲しいとみんなで頼んだ。
すると、民宿の人はどんなことがあっても決して騒ぐことなく、他のお客さんに迷惑かけないことを約束
してくれたら使ったらいいよと言ってくれた。

何か変なことあるな?と思っていたが、その部屋は料金はいらないとの事で友人2人がその日の夜から
使うことになった。

夜中の1時ごろ、その友人2人は大声を張り上げてこっちの部屋に入ってきた!!
その2人に話を聞くと、全然寝れる雰囲気じゃなかったので2人でしゃべってたら
突然窓から大勢の兵隊さんが押し寄せてきて、「水をくれ!水をくれ!」といって迫ってきたらしい。

5人は次の日の朝、民宿を出た。あと3日いる予定だったが・・・


678 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 03:00:54 ID:V9xchHheO
>>614
今日からか?明日からか?学校はwww

679 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 03:03:09 ID:wg8or0H2O
「お前はもう、お洒落じゃない」

…………そして、破裂する、顔面。

680 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 03:05:16 ID:uRXftNmU0
>>676
うーん。
ここに書くことじゃないね。ありえる話。

681 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 03:05:32 ID:V9xchHheO
>>617
ごめん…青瓢箪くんww

682 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 03:07:00 ID:uzFPFFt20
>>678
> その上、このマンションのエレベーターは、防犯上かデザイン上か知らないが、
> 後面ガラス張りで、外から中が見えるようになっていて、
 つまりマンションの外にいる人が、エレベーターが動いているのを見た、っていう話な。

683 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 04:30:36 ID:dzXr25xf0
今めちゃイケSP見てたんだけど東の回答で〜だど!!の時
後ろの浜口の絵が瞬きしたんだけど…仕様なのか??

684 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 04:32:44 ID:5/7OJB2r0
俺の学校にタヌキって呼ばれてる奴いたんだけどさ
デブで不細工で臭くて…俺も自分の外見に自信がある訳じゃないが、本当にキモい奴だったのね。

そんなナリしてるせいかクラスのやんちゃな奴らに目つけられたんだ。

気弱いから何も言ってこないのをいいことに結構いじめられてたんだよ。

最初はからかわれたりされるだけだったんだけど、だんだんエスカレートして、サンドバック代わりに殴ったりするようになった。

今思えば顔紫色になるくらい殴られてたから誰が見てもやりすぎだろってくらい酷かったな。

まぁでも誰も止められなかったし、タヌキも何もやりかえしてこないから一方的だったんだ。

でもある日の昼休み、またいつものようにヤンキーがサンドバックしようとしたらついにタヌキがキレた。

大声で叫びながらヤンキーに椅子を振り回すタヌキ。
しかもなぜかタヌキ失禁してたからますますやばいと思った。

マジ大騒ぎだったよ。
警察が来るくらいの騒ぎになって、午後から生徒は帰らせられて家庭学習になったし。

結局次の日の朝会で話されたんだけど、ヤンキーは肩の打撲くらいの軽傷だったみたい。

でもタヌキは心療内科行き。

なんか過度のストレスで頭いっちゃったみたい。

しばらくは隔離病棟暮らしだったんだけど一向に治る兆しがなかったから自宅療養する事になった。

俺はまだ遭遇した事ないが、タヌキは今も時々失禁しながら奇声を上げて町を徘徊してるらしい。

685 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 05:43:35 ID:qp+FEagh0
岩崎宏美の歌「万華鏡」のレコードに「私にも聞かせて・・・」という声が入ってたのが
3000枚だけプレスされていた。その後、新しいものと代えられている。

これはこの曲のバックコーラスを希望していた女の人がオーディション
で落ちてしまい、ショックで衝動的に自殺した人の声であるらしい。

686 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 06:17:32 ID:V9xchHheO
>>685
はい!誰かツッコミヨロシクwww

687 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 06:40:03 ID:KKYfGCgyO
>>629は捕まれたとこで目が覚めて、起きて携帯見たら「あと二回」ってオチならまだ怖かったと思う。

688 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 07:20:43 ID:DW2fWeGFO
大学生になり一人暮しを始めた。
金に余裕は無くボロボロのマンションに住み事になったが一人暮しに憧れてたのでそんな事は気にしていなかった。

ある日掃除をしていると壁に小さな穴があいているのを見つけた。
気になって除いてみると真っ赤だった。
隣の人がポスターでも貼ってるのかなと思って気にしず生活していた。

冬になって大学のツレと鍋パーティしてた時に祐樹が「なにこれ?穴あいてんじゃん」と言うとみんな一斉に集まって「マジ?さすがボロマンションだな笑」とかなんとか言ってたな。

それで聡が「お前これ塞げよな、大家に言えば無料だし」と言ったが、別にいいやと思って数日が過ぎた。
ふと思ったが隣の部屋はどんな人が住んでるんだろう?と思って大家に聞いてみた。


「あなたの隣には病気で目が真っ赤な人が住んでますよ」

689 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 07:34:06 ID:RbgeV6UJ0
678 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: 投稿日: 2008/04/07(月) 03:00:54 ID: V9xchHheO
>>614
今日からか?明日からか?学校はwww
681 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: 投稿日: 2008/04/07(月) 03:05:32 ID: V9xchHheO
>>617
ごめん…青瓢箪くんww
686 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: 投稿日: 2008/04/07(月) 06:17:32 ID: V9xchHheO
>>685
はい!誰かツッコミヨロシクwww

690 ::2008/04/07(月) 07:36:19 ID:cRRrD0aaO
鏡の左うえに 10センチくらいの女のひとのかおがはっきりみえた

691 :あか:2008/04/07(月) 07:37:13 ID:cRRrD0aaO
鏡の左うえに10センチくらいの女のひとのかおがはっきりみえた

692 ::2008/04/07(月) 07:42:39 ID:cRRrD0aaO
天井につぶされ金縛りになった

693 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 08:33:01 ID:QRexTJJh0
未だ春休みの携帯厨が湧いてるなぁ

694 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 08:52:35 ID:V9xchHheO
>>689
青瓢箪?

695 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 09:28:39 ID:RbgeV6UJ0
678 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: 投稿日: 2008/04/07(月) 03:00:54 ID: V9xchHheO
>>614
今日からか?明日からか?学校はwww
681 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: 投稿日: 2008/04/07(月) 03:05:32 ID: V9xchHheO
>>617
ごめん…青瓢箪くんww
686 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: 投稿日: 2008/04/07(月) 06:17:32 ID: V9xchHheO
>>685
はい!誰かツッコミヨロシクwww
694 名前: 本当にあった怖い名無し Mail: 投稿日: 2008/04/07(月) 08:52:35 ID: V9xchHheO
>>689
青瓢箪?

696 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 09:35:35 ID:wCcpsB+wO
金縛りで思い出した。
数年前に住んでた家が見事な幽霊屋敷だった。
なので金縛りとかなりまくり。
大抵金縛り状態になった後、女の子が腹の上乗ってるか、壁から何本も手が生えて来て撫で回されるかだった。
でもその日は違った。
うっかり金縛りになった俺は一刻も早く眠ろうと足掻いていた。
夏なのに冷たく(寒くとは又違う)なっていく部屋。
このままでは又酷い目に遭ってしまう。
焦る俺を嘲笑うかの様に窓がカタカタと鳴る。
そして、ゆっくりと開かれる窓ガラス。
入って来たのは知らないおっさんだった。
ニューキャラクターの登場にドキドキの俺。
しかし体は指一本動かせない。
何とか眼球を必死に動かしおっさんを観察。
体、でかい。
髪、ボサボサ。キューティクル皆無。
目つき、何かおかしい。
印象、肉体派ホームレス。
何とかそこまで判断するとおっさんがこちらに近付いて来た。
どんな怖い目に遭うのかビクビクの俺。
せめて獲物を見ようと、近くなったおっさんの手元を凝視。
錆びて曲がった鋸
‥とピッキンググッズ。
おっさんは幽霊じゃなく強盗でした。
あの時ほど気絶してェー!!と思った時はない。
友人が持ち込んだ猫が居なかったらマジ死んでた。

697 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 09:37:09 ID:LBCDjUl80
ほんのり以上に怖くない話ばっかだな。

698 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 10:55:09 ID:yWB8CdBA0
うちの近所に動物嫌いのばあさんがいてさ、特に隣の家の犬が大嫌いだったらしい。

ある時ばあさんは、隣の家の犬に毒団子を食わせたんだって。
次の日犬はいなくなって、ばあさんは大喜び。
でも隣の家の人は犬を探してた、そのときはまだ毒団子のことを知らないから、、、

数週間後、犬は見つかった。
場所はばあさんの部屋の床下、しかも、ちょうどいつも布団を敷く所の真下。
あんまり臭うからって、畳と床板をはいだら犬が丸まってたんだって、、、

犬も、恨めしかったんだろうな。

699 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 11:10:16 ID:AcYCxCWb0
ここんとこボーダーやらメンヘラやら「人間が怖い」話ばっかだが、作家モドキがそっちにシフトした感じ?

700 :荒本:2008/04/07(月) 12:09:58 ID:xNuUgQ6w0
今日は大雨です

701 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 13:23:52 ID:u+nAwqw00
まとめサイトみてると時々寒気に襲われる
もしくは背中のあたりに変な感覚だか気配を感じた
そんなことがあったような気がしたと思ったような気がした

702 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 13:37:22 ID:TI0jR04D0
>>701
風邪のひきはじめには葛根湯がいいよ。

703 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 14:03:07 ID:W7pDnRUX0
これから降る大雨をシャワーがわりにすっぽんぽんでシャンプーするんだっ!!
「びっくりするほどユートピア!うれしはずかしパラダイス!」
と連呼しながらやったらおまえら心の山芋快方に向かうかも試練

704 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 15:12:58 ID:sSycf1QB0
心の山芋というのがなんとなくすがすがしいイメージ。

705 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 15:14:09 ID:SWSwKxeUO
山芋の試練か…

706 :荒本:2008/04/07(月) 15:31:46 ID:xNuUgQ6w0
加護ちゃん帰ってきたね

707 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 15:32:23 ID:H6f+MIad0
山芋かぁ 俺は昨日親父と筍取りに行ったぜ
と関係は無いけど、このスレ読み始めてからずっと右肩が小刻みに震え続けてる
この書き込みしてる間(今ね)少しだけど熱くて痛いって感覚があるよ

708 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 17:09:24 ID:ShRVDTob0
ワンナイの川田みたい

709 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 17:09:49 ID:ShRVDTob0
誤爆・・・失礼

710 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 17:31:06 ID:d7/MPMXm0
ことわざで「山芋 木から」ってのがあるだろ?
あれは木から山芋が生えるくらい死ぬ程洒落にならない怖(ry

出典/デマコーヴァ(森山塔)

711 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 18:24:53 ID:8WzUpj2T0
昨日、久々に、思い出したのでまとめサイト読んでみた。
すると今朝方の夢の中でもまとめサイト読んでた。
でも、知らない内容だった。
妙に詳細な感じだった。
ほとんど覚えてないけど・・・

712 :1/3:2008/04/07(月) 19:20:31 ID:9o3a4q5l0
あるアパートの話。
数年前、学生だった私はあるボロアパートに住んでました。
広い間取りの割りに家賃が安く、いい部屋なんだけど
一つ気に入らない事があった。

それは決まって夜の11時ぐらいになると上の階から
「ドンッドンッドンッドンッ」 
と、ノックの様な音がすることだった。
始めは猫かなんかだと思ってたが、何時も決まった時間に音がするので
上の階の住人の仕業だと思い、借り始めから3ヶ月経ったある日
上の住人に文句を言いに行った。しかし上の階の住人は
「家じゃありませんよ、前にあなたの部屋に住んでた人も
同じような事言ってきましたけど、猫や鼠じゃないんですか?」
更に 「こちらには音なんて聞こえませんし…家には関係ないと思いますよ」 
と少しうんざりした様子で付け加える。

713 :2/3:2008/04/07(月) 19:21:21 ID:9o3a4q5l0
私は腑に落ちなかった、しかし上の住人は本当に何も関係無いと言う
その態度は 「また下の階からイチャモン付けてきたよ、勘弁してくれ」 
と言った感じだった。
その日の夜も 「ドンッドンッ」 と音が鳴った、私は少しイライラしてたので
箒を持ち出し天井に向かって 「ドンッ!ドンッ!」 と突いた、すると…

「…ドン…ドンドン!ドンドンドン(カタカタ)ドンドンドン(カタカタ)ドンドンドン!!!」

狂ったように天井を叩く音が鳴り響く、しかもその音源は
天井内をカタカタ這いずり回るように移動している、怖い…!!
私は服の中で虫が蠢いている様な悪寒を感じた。

「カタカタ…カタ………」

その音源が部屋のある所で止まった、押入れの上の辺りだ…
押入れの中に天井裏に通じてる事は知っていた。
私は「危ない…来る…来る!!…逃げろ!!」
と言う脳の警告に従い部屋を飛び出し、その日は友人の家に泊まった。

714 :3/3:2008/04/07(月) 19:23:07 ID:9o3a4q5l0
翌日、大家さんに事情を話し部屋を出ると告げる、大家さんは
「えっ本当に?うーん…」 と唸った後に
「ちょっと待ってね、調べるから」 
と言って私の部屋に行く事に。
部屋に入り押入れの中から天井に入ろうとする大家さん
しかし、天井裏に上半身まで入った所で大屋さんは引き返した、
大家さんの顔は真っ青だ。
「ごめんなさい、ちょっと待ってて」「あ、あなたも外に出て」
大家さんはそう言って自宅へ一旦戻った。
その後警察が来て天井内を捜索、私は軽い事情聴取を受けただけで解散となった。
警察と大家さんは、私に天井裏にあったモノを伏せていたが、
私は大家さんが電話してる隙に天井裏を覗いていた。
そこにあったのは 白骨化した人間の手 だった。

終わり

715 :本当にあった怖い名無し :2008/04/07(月) 19:46:23 ID:oMHucS+J0
もうずっと人大杉
な上に春休み終わったのに
随分伸びるな
おまえらどんだけw

で人大杉はいつまで続くんだ?


716 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 20:13:33 ID:f0o4YqWi0
>>714こわこわ thx!

717 :荒本:2008/04/07(月) 21:03:23 ID:xNuUgQ6w0
ttp://gifu.cool.ne.jp/ayapon8427/20iko/20.html

718 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 21:11:33 ID:tVewP4ST0
937 :ひよこ名無しさん:2008/04/06(日) 09:30:53 ID:???
http://gifu.cool.ne.jp/ayapon8427/20iko/20.html
お願いします

940 :|A`)ヅウ ◆.vDUUxqvlE :2008/04/06(日) 12:48:28 ID:zvuHbrEn
>>937
無限アラート と表示されるアラートが無限アラートで表示されるページのようです
PC微有害

719 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 21:54:22 ID:xVEftmYo0
a?


720 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 22:05:27 ID:RKXS9KAM0
何がしたかったんだよぅ・・・

721 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 23:19:18 ID:OrM66pNr0
先週夜中にどうしてもおしっこ行きたくなってトイレに行ったら鍵かかってて、
ノックノックしたらノックかえってきて「じゃあ戻るか」と思い自分の部屋に戻る途中、
なんとなく父と母が寝てる部屋みたら二人とも寝てた。
じゃあ誰なんだろうと思った。我が家は三人家族です。

722 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 23:23:04 ID:oxLvvjKu0
チラシの裏にでも書いてナ。

723 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 23:51:37 ID:qS7Y+SyM0
文章力で膨らませれば、結構怖くなりそうなネタもあるんだけどねぇ

724 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 01:13:03 ID:SLhoc5ed0
うんこに変換してみた・・・ブリッ

725 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 09:29:52 ID:OpZhSzcN0
あげときますね

726 :3/3:2008/04/08(火) 10:04:32 ID:FJm4mSLV0
翌日、大家さんに事情を話し部屋を出ると告げる、大家さんは
「えっ本当に?うーん…」 と唸った後に
「ちょっと待ってね、調べるから」 
と言って私の部屋に行く事に。
部屋に入り押入れの中から天井に入ろうとする大家さん
しかし、天井裏に上半身まで入った所で大屋さんは引き返した、
大家さんの顔は真っ青だ。
「ごめんなさい、ちょっと待ってて」「あ、あなたも外に出て」
大家さんはそう言って自宅へ一旦戻った。
その後警察が来て天井内を捜索、私は軽い事情聴取を受けただけで解散となった。
警察と大家さんは、私に天井裏にあったモノを伏せていたが、
私は大家さんが電話してる隙に天井裏を覗いていた。
そこにあったのはイタチのたっち君だった。 キョキョ〜

終わり

727 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 10:47:32 ID:lbPCO5zf0
うちの天井は毎晩夜中にハクビシンがくるよ
煩くてかなわん

728 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 16:21:08 ID:XfIYXhPEO
春休み終わった??

729 :1/3:2008/04/08(火) 17:47:23 ID:LEiaA0fd0
転載
-----------------------------------------------
495 名前:恐い[sage] 投稿日:2008/04/08(火) 13:27:30 ID:Ub9K2+ZXO
自分、日本ホラー系ゲームの二次をやってる。
それで仲間内による仲間内のためのアンソロを作ることになった。
カプでイチャイチャではなく、ホラー現象に巻き込まれるカプ、というコンセプトでみんな書き始めた。つまりカプ要素はものっそい薄い。
で、みんな恐い話かけたよーって私の自宅(編集担当)に送ってくれたんだ。
そ し た ら 。
全員が全員同じホラーストーリーだった。私も含めて。
あれ?(・ω・)?
正直さぁ仲間(七人)全員が同じストーリーってありえないよね。エピソードはオリジナルって全員言っていたのに。
ちょwwwwww何www被らせてんのwww状態で連絡したら、わざとやった覚えはないとのこと。
うわー怖いなぁーって思いつつ発行したら
仲間内にそれぞれ不幸が。

仕方ないからアンソロを寺に持っていくことになってお祓いを受けたんだけど
寺の住職曰く
「あなた達が書いた話はすごく昔にこの地で実際にあった怪奇とそっくり同じなのです。いい子にならないように気を付けて」
って言ってた。おー怖い。

てか、住職にアンソロ読まれた自分たち涙目。


498 名前:495[sage] 投稿日:2008/04/08(火) 14:02:20 ID:Ub9K2+ZXO
いい子ry
はその実際にあった怪奇話です。

書いた覚えないのに書きこまれてら。

730 :2/3:2008/04/08(火) 17:47:44 ID:LEiaA0fd0
503 名前:495 ◆VFqFYJJ3e2 [sage] 投稿日:2008/04/08(火) 15:38:00 ID:Ub9K2+ZXO
いい子はいい子。が選ばれる。ムラの生き神さまの名前なんだ。
確認できる最古の記録が戦国時代のものらしいから、いい子はもっと昔からいるみたい。
つかね、そんな山奥のムラに字が普及してたことに驚いたけど。
で、いい子は祭事を司り、ムラ人を治めていた。飢饉とか天災を回避するとかも仕事。
だからムラに飢饉や天災は起きないはずなんだ。
それなのに飢饉と疫病が起きた。
いい子がいるのに。
そのいい子は回避できなかったなら本来の役割を、とムラ人たちに虐殺された。
目を潰され鼻を削り腸をry獣に食われる。いい子だから。


歴代のいい子はそんな感じ。
そしておそらく最後のいい子が選ばれた。それが戦国時代らしい。

731 :3/3:2008/04/08(火) 17:48:12 ID:LEiaA0fd0
505 名前:495 ◆VFqFYJJ3e2 [sage] 投稿日:2008/04/08(火) 15:40:15 ID:Ub9K2+ZXO

最後のいい子は流れ者で、餓死寸前だったのをムラ人の誰かが助けてくれた。
これは憶測だけど。そのいい子は戦災孤児だったんじゃね?時代が時代だし。
で、ムラ長にしばらく育てられたあといい子に。
天災がおきて殺されて。いい子にするために拾ったムラ長とムラのみんなを呪い、死んだ。
それからムラにまぁ色々あって。発狂したとか親を殺して食ったとか。
そんな感じにほとんどの村人が死に、いい子の怨霊を鎮めるために寺がたてられた。


以上。
もういい子のことを知る人(=ムラ人)は本当に少ないのに、知ってる(=知らなかったけど本にした)私たちを
ムラ人の生き残りだといい子は思ったんじゃないか、って住職が。
んで友達の一人がいい子の条件にあってたから忠告をもらったんだ。
テラ誤爆。いや、私はそうだけどね。だからいい子の存在を知った人が増えるのは嬉しい。
まあ、何かおきても自己責任でよろしく。

あ。
いい子は忌い子ね。


732 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 18:44:59 ID:0p+tMTJQ0
最初から”忌い子”で書いてたら面白かったんだがな。
最後の2行で台無し。

733 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 18:49:07 ID:lQeGzKiW0
>>729
けっこう好き

734 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 19:48:10 ID:8r5y+c4o0
嫌い?

735 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 20:39:04 ID:po2kLn2c0
>>732
そうか?最後に明かすから良かったけどな。

736 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 21:09:39 ID:x7PMGZPR0
>>735
そこは
嫌いじゃないけどせいr

なんでもない

737 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 21:17:35 ID:rYJxch830
重複の方に投稿しちゃったので、再投稿(´・ω・`)

私が高校受験を迎えて、受験勉強をしていた頃の話です。

20時を少し過ぎたくらいだったと思います。
いつものように、ちゃぶ台のような机に向かって勉強していた時
机の下の足になにかが触れたような感触を感じました。

「うわっ!!・・・ネズミでも出たかな・・・。」

と思い、机の下を覗いたら

電気スタンドのコードが

『ザザザザァァ−−−−−−−−−』

と、踊り狂うかのように波打っていました。

私は、呆けたかのように踊り続けるコードを見つめていましたが
ふと我に返り、急いで1階の居間まで駆け下り
その日はそのまま居間で寝ました。

翌朝、恐る恐る机の下を覗いたら
電気スタンドのコードはコンセントから抜けた状態で
ピクリとも動く気配はありませんでした。


738 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 21:19:08 ID:rYJxch830
もうひとつ

私が学生だった頃

ゲームなどで夜更かしし、深夜4時くらいに就寝後
昼頃起きて学校に行くという生活サイクルをしていました。

その頃、1:50〜2:10くらいの間に
玄関の扉が開く音が聞こえていたのです。

いつそれに気付いたのかはよく覚えていません。
毎晩その音がするわけでは無かったと思いますが
もしかしたらゲームに夢中になってるだけで
毎晩起こっていたのかもしれません。

「どうせ、家族の誰かがジュースでも買いに行ってるのだろう」
くらいにしか思わず、特に不審に感じなかったのですが
ある時ふと、扉を開け閉めする音は1回しか起こらない事に気付きました。

入ってくるのか出て行くのかは知りませんが
その後、暫く耳をすませても、出て行く音も入ってくる音もしないのです。



739 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 21:19:32 ID:rYJxch830
ある日、また玄関の扉が開け閉めされた音が聞こえた時
急いで自分の部屋の扉を開け、階段を駆け下りてみました。

下の部屋は、どの部屋の電気も消えており
どの部屋にも人は居ませんでした。

2階の部屋にも電気がついている気配は無く
家で起きているのは私だけでした。


それ以降、深夜まで起きている事が怖くなり
12時には布団に入るようになりました。
寝苦しくて2時くらいまで起きている時に
玄関が開け閉めする音が聞こえても
「気にしない、気にしない・・・・」と
布団の中で震えていました。


740 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 21:30:37 ID:rYJxch830
これが最後

眠りに付くのが遅く、布団に入り眼をつぶってから
1時間くらい経たないと眠ることが出来ません。

その日も電気を消し、布団に入ったはいいけど
なかなか眠りに付けない状態でした。

その時、枕元に

「コン、コン、コンコンコン、コロロロロ・・・・・」

とピンポン玉のようなものが高い所から落ちて
転がっていくような音が聞こえました。

布団の中で眼をつぶりながら
「あぁ・・・なんか落ちたな、なんだろう・・玉的なものってあったかな・・・」
と考えをめぐらせましたが、特に思い当たるものがありません。

というよりも、私の部屋は恥ずかしながら
雑誌や漫画で溢れかえり、足の踏み場にも苦労する状態なので
玉が転がる余地など無いのです。

私は上体を起こし、電気を付けてみましたが
やはり部屋はちらかったままで、一応ピンポン玉的なものを探してみましたが
そのようなものは見つかりませんでした。


それだけ。


741 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 22:18:51 ID:B/Hzppb50
うん、連投する必要もなかったと思うんだ。それだけ。

742 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 23:06:48 ID:RAzjDKBs0
>>737-740
糞ツマラン創作貼るなよボケ

743 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 23:26:23 ID:Jt1BqCqZO
うん、こっちに貼り直す必要なかったと思うんだ。それだけ。

744 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:12:00 ID:vrIgfX0o0
>>715
工作員が来なくなるまで

745 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:17:05 ID:hcn0rMqTO
これはあまり信じてもらえない話だけど…

20の時に中古のワゴンR買ったんだ。

その車、とにかく錆びるのが早い…錆が茶色く浮上って三か月くらいで運転席側のドアがズボッて音と共に外れた。

早速店に文句を言ったら「無料で修理ry」…言ってきたので、他で直すからその修理代金を払えばOKと纏めた。


746 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:22:38 ID:hcn0rMqTO
そこから散々だった。

修理屋のオジサンには「俺だったらこんな車恐くて乗れないよ〜初めて見たw此所まで酷い車www勇気あるね」等と言われたり、

会社の先輩の奥さんには、「あんた気をつけて帰りなよ?下半身だけ引きずって走ってるから…」等と、言われて俺はもうビクビクしながら運転してた訳さ。

で、数日後に仕事から帰宅した時、後頭部から背中にかけてだけ鳥肌が立ち、背後に異様な気配を感じた。

恐る恐る振り返ると、トランクの辺りが青白く光ってるんだ。マジかよ…と思いその光に近付くと下半身。

そう、女の下半身が青白く光ってるんだ。木の幹から枝が伸びる様に、トランクから女の下半身がニョキッと…勿論全裸で。


747 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:29:44 ID:i4qU2BRaO
霊とかじゃないんだけど
さっき仕事(国道の管理とか)で道路に猪の死体があるので
取って欲しいと電話があり現場に行ってきた
多分トラックで轢かれたであろう猪は50メートルは引きずられ
血がべっとりあちこちに散らばってた
で、腹に入ってた子猪が5匹も散乱してた
今までも犬や猫を取ってきたので死体には慣れてたが今回は…
仕事上、写真を撮らないといけないので嫌々ながらも数枚撮った
今までの中で一番のグロ写真だよ。
シャッター押した瞬間に今まで静かだったのに突風が吹いたのには
ちょっとチビりました


748 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:34:33 ID:fvvt39zi0
>>747
それさ、逆だよ
子供5匹の中にお母さんが入っていたの

749 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:34:50 ID:hcn0rMqTO
で、奥さんの言ってた下半身はこれかと思い、しばらく眺めてたんだ。

別に動かないし、ただ本当に観察してたんだけど、何を思ったか俺は指を突っ込んだんだよマンコに。

肉の感触がして我に返った途端恐くなって逃げ出したんだが、指の臭いを嗅いだら、猫のオシッコみたいな腐った肉みたいな異様な臭いがした。

不思議なのが嫁に嗅がせたら、何も臭いしないって。でも俺は手を洗っても洗っても臭いがする。ムカついて一晩寝たら消えたけど。

で、次の日の仕事の帰り道でタイヤがいきなりバースト。車横転。俺は無傷だったが車は廃車になった。

本当死ぬかと思ったよ。

750 :荒本:2008/04/09(水) 01:08:16 ID:7LrBoYMx0
ペリカンみたいな顔しやがってさ!

751 :荒本:2008/04/09(水) 01:08:46 ID:7LrBoYMx0
ペリカンみたいな顔しやがってさ!

752 :荒本:2008/04/09(水) 01:09:08 ID:7LrBoYMx0
ペリカンみたいな顔しやがってさ!

753 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 01:17:52 ID:h7RsnrKCO
>>739
隣接した家の扉の音じゃないの?
俺ん家も聞こえるよ、最初は自分の家の扉の音だと思ってた

754 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 02:05:53 ID:42hXKTTjO
死んだとおもたコーラサワーが生きてた

755 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 02:13:58 ID:LJlicQ6vO
携帯からアクセスしずらい

756 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 02:16:13 ID:xXLv+gW90
携帯厨は死ねってコトだろ

757 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 02:28:06 ID:3CX/d0mo0
高校生の頃、知らない男性に「手が不自由なのでお手洗いについてきてください」と言われ、
小便中、男性器を手で支えてあげたことがある。
さらに風呂場でリンスでヌルヌルしてもらわないと小便が出ないと言われ、その通りにしたこともある。
(ヌルヌルしてる最中におかしいと思い隣人を呼びに行ったら男は逃げた。手が不自由というのは嘘だった。)※6/14OAダウンタウンDXより

758 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 03:08:12 ID:mwh3yYVx0
>>757
誰の話?

759 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 07:23:15 ID:O/y8Mh0HO
遠戦したパチンコで閉店までいて儲かった俺は気分も良く、帰りにポップンがしたくなった
16の新曲を何曲かやって最後にクリア出来なかったフィーバーロボEXをリベンジに選んだ

早速プレイ開始したら・・・画面に反射して遠くの方でおばあさんが映っていた
「こんな時間になんで?」と思いながらも必死に叩く
しかしおばあさんがこっちに気付いて徐々に近づいてくるんだ!そして俺の耳元で一言

「もっと必死に叩かないと当たらないよ、がんばりな」

俺は怖くなって「うわぁぁぁぁああああああああ」と心の中で叫びながら必死に叩いたね
おかげでクリアすることが出来た。「ありがとうおばあちゃん」と振り向くと・・・
おばあさんはいなくなっていた、店員さんに聞いてもこの時間には俺以外誰も出入りしていないという

うちのゲーセンが出来る前はパチンコ屋さんだったんだ
噂では自殺か何かを揉み消すために閉店したらしい FEVER

760 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 08:15:26 ID:YDv5Uvyh0
おばちゃんがロボット?

761 :本当にあった怖い名無し :2008/04/09(水) 08:30:55 ID:aIpFSHjQ0
>>744
工作員?

762 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 11:41:33 ID:z40QZ7SA0
>>579
おばあちゃんがポップンをパチンコの一種だと思いこんでることにむしろ驚いた

763 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 12:48:14 ID:cKl0LOyJ0
ポップンって何??

764 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 13:17:39 ID:LXLj9hLu0
↑プンプンの新語だよ!あのさとう珠緒の。

765 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 13:52:26 ID:z4u5H90r0
↑さとう玉夫<なぜか変換で出てこない
って何??

766 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 14:42:23 ID:XhmgcILCO
マジレスだけしてみる

>>763
ポップンミュージックの事、KONAMIから出てる音ゲー。

>>765
「超力戦隊オーレンジャー」のオーピンクの事。

767 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 16:52:06 ID:3CX/d0mo0
>>758
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%8E%9F%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89
上原さくら

768 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 19:54:59 ID:7LrBoYMx0
ペリカンみたいな顔しやがってさ!

769 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 20:06:56 ID:f++qLWb80
でもそれがイイんだもん!

770 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 21:00:26 ID:ASceZ5BtO
一年くらい前の話。
仕事終わって夜の8時過ぎくらいに駅のホーム歩いてたら、見知らぬ婆さんに
いきなりガシッと腕をつかまれた。
なんだ!?と思って思わず振り払ったら、物凄い形相で「行ってはいかん!!」
って怒鳴られた。
行ってはいかんも何も今から帰るんだけど、と思って無視したら、「死相が出と
るから今日はどこかに泊まりなさい」とか言われた。
いきなり死相とか言われてビビったから、馬鹿馬鹿しいと思いつつ駅の側にある
カプセルホテルに泊まった。
今考えると次の日も仕事あるのに何やってんの?って感じ
で、次の日家(安アパート)に帰ったら、いつも通る道脇の土手に猫と犬の死体
が大量にあった。
どうみても人間が刃物でやった感じ。前日通勤中には絶対無かった。
普通に帰ってたら俺がああなってたって事?婆さん…

771 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 21:06:25 ID:7LrBoYMx0
偶然だろ
ワロスwwwwwww

772 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 21:11:01 ID:1jIx0cOw0
笑えねぇ・・・

773 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 21:55:50 ID:36b7dVsJ0
キチバーサンの言うこと素直に聞くのどこが怖いんだ?
死相でてたらどこいこうが行動に関係なく急疾患とかでオダブツなんじゃね??
それとも顔に文字で「私はこの電車に乗ったら氏ぬことになる」
って書いてあるとでもいうのか??ってとこの根拠をバーサンに質すのがデフォだろJK

774 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:11:12 ID:8Q6KZbAx0
日本語でお願いします

775 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:25:29 ID:gc3FYcGAO
>>773
もう春休み終わったんだから
巣へ帰りなよw

776 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:26:59 ID:5qY1qxdMO
携帯からなので読みにくかったらスマソ

私が小学生だった頃の話。
林間学校で肝試しをやった時の事だ。男女一人ずつのペアで決められたコースを進んで行くのだが、
必ず手を繋いで進まなければならないというルールだった。
それを守らない場合は見つけ次第最初からやり直し。しかも罰として一人でコースを行かなければならなかった。
私は運の悪い事に当時嫌いだった男子とペアになってしまい、そいつと肝試しに出た。
暫く行ったところでその男子が、「手繋ぐのとかかったるくねぇ?」と聞いてきた。
最初から手なんか繋ぎたくなかった私は彼の意見に同意し、手を繋がずに行くことにした。
私はまさか本当にやり直しさせられないだろうと軽く考えていたのだ。
しかしその考えは甘かった。先生に手を繋いでないことがバレ、最初からやり直しになってしまった。
渋々スタート地点に戻ると、他にも二組ぐらいが戻されており一人の女子は怖さで泣いていた。
私はあんまり怖いとは思っておらず、寧ろ堂々と手を繋がずに肝試し出来るしいいや…
ぐらいに考えていた。
(続く)

777 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:27:51 ID:5qY1qxdMO
泣いている女の子に、「どーせ先生が脅かしてくるだけだから大丈夫だよ!」
と励ましの言葉をかけて私はその子より先に出発した。
予想通り先生が脅かして来るのを笑いながら、順調に私は進んで行った。
暫く脅かす先生がいない道に差し掛かり、一瞬道を間違えたかと違う意味でびびった。
シンとした山道を一人で歩いているとやっと人影が見えた。
よかった、間違えてなかったと安堵しつつその人影に向かって歩いて行った。
しかし、横を通ってもその人影は私になんの反応もしなかった。
変に思った私は人影をじっと見てみると女性だということはわかった。
どの先生かは暗くてよくわからなかったがその女性はぼーっと暗闇の中に何かを抱えるようにして座っていた。
なかなか凝った演出するじゃん!って感じで大して深く考えずゴール目指したんだけど、
ゴール近くで巫女の格好をした女の先生に鈴鳴らされながらハッとしたんだよね。
脅かしてる女の先生の数が一人多いんだよ。でも男の先生を見間違えたかなんがだろって、
思って普通にゴールしたら何やら先にゴールした生徒達がざわついてる。
(続く)

778 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:28:02 ID:dpLZZY/p0
777げっと!!

779 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:28:22 ID:5qY1qxdMO
話を聞くと肝試しをした何十ペアのうち、数組だけが赤ん坊を抱いた女性に声をかけられたと言う。
その女性は先生じゃなく見たこともない人で、「私の赤ちゃん…」と呟いていたらしい。
先生に聞いたらそんなことは打ち合わせに入ってなかったと首を傾げており、
その女性を見た生徒の中には泣き出す子も出てきた。
私はあの暗闇でぼーっと何かを抱いて座っていた女性を思い出していた。
あの女性の抱いていた何かは赤ん坊だったのだろうか?
でも私は先生の演出だという疑いを捨てておらず、きっと宿の人とかに協力してもらったんだろう…
と勝手に納得して騒いでいる生徒の話を面白おかしく聞いていた。
しかし次の日の昼間に、昨晩肝試しをした道を通ってゾッとした。
私が女性を見た辺りは崖みたいになっていて人が座れるような場所ではなかった。


洒落にならないくらいではないけど、私には怖かった。
先生に何度聞いてもそんな演出してないって言うし…
オチもなくヘタレ長文な上、あんまり怖くなくて申し訳ない。

780 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:30:25 ID:5qY1qxdMO
>>778
ごめん…

781 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:33:27 ID:dpLZZY/p0
べつに・・・

782 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:40:01 ID:8Q6KZbAx0
>>779けっこうおもしろいよ thx!

783 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:40:31 ID:KTgeqBKo0
何でお前が偉そうなんだよw

784 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:41:23 ID:KTgeqBKo0
>783は>ID:dpLZZY/p0に。

785 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:47:39 ID:y16mSDre0
屁タレ携帯厨にレスする必要ねーから

786 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:49:46 ID:FoIXI9dx0
>>779
おもっきし姑獲鳥ですな。
でもこういう話、俺は好きだ。ストレートだけど。

787 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 22:55:48 ID:5qY1qxdMO
>>782>>786
ありがとう。
あれ実話なんだ。この前久々に飲み会でこの話出たから此処に書いてみた。


ヘタレでゴメン

788 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:02:17 ID:Ckuo47oNO
これから2ヶ月入院するんで普通に歩けるようになったら夜の病院を探検するわ


789 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:18:30 ID:8Q6KZbAx0
>>788おだいじにね

790 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:21:50 ID:lKYIXWEUO
>>788
頑張れよ
同じことやってインターンに幽霊と間違われたのは私だ

791 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:24:08 ID:KtbTQLaA0
暇つぶしに病室抜け出して深夜徘徊してたら
「あいつ何時死ぬか賭けようぜ」みたいな事やって盛り上がってるナース連中に出くわした事はある

792 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:29:19 ID:5bcW49PhO
>>791
やはり一番怖いのは人間かもな…

793 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:29:59 ID:onYt7Sa60
>>788
2ヶ月って長いね。
俺は痔ろう手術を朝受けて夜中に目が覚めた時に点滴をセットする棒というか柱を持ったまま
フラフラさまよってたら院長室とかがある場所に迷い込んで防犯カメラを見たガードマンに取り押さえられたことがある。
患者を装った侵入者だと言われて看護師が来るまで解放してくれなかった。
とりあえず探検するなら意識清明で様態が安定してからにしといた方がいいよ。

794 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:30:48 ID:5qY1qxdMO
>>791
(((゚Д゚;)))

795 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:39:43 ID:gc3FYcGAO
>>791
ネタだろ?
お願いだからネタだと言ってくれ(ノ_・。)

796 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:46:56 ID:lKYIXWEUO
>>791
あるあるある
長期入院してると普通に見られる光景だ
やっぱ少し麻痺してないとあんな仕事続けられないんじゃないかねぇ

797 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:49:04 ID:RRVDcggh0
>>791
そういう看護士さんてほんとに居るよね・・・
昔入院してたとき、同室に足が不自由な変わり者のおじさんがいたんだけど
夜中トイレ行くときにナースセンターの横を通ったら「○○(名前)ジジイを階段でこけさせようかw」とか聞いた・・・
日頃からストレスを感じてたかもとは思うけどさすがに怖かった

798 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:50:58 ID:7GnfkKojO
看護師なんてやってる奴らは底辺上がりばっかだからな
質なんて知れてるよな

799 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:51:31 ID:7LrBoYMx0
↓こいつ明日しにます

800 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 23:54:02 ID:8Q6KZbAx0


801 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:13:31 ID:Mgwuv8SGO
回りは誰も俺の話を信じてくれないけど、
オカ板なら信じてくれる人いるかも知れないんで書きます。

俺は昔からかなり霊が見えるほうで、
夜や昼間とかも関係なく見えてしまう。

時には生きてる人と区別がつかないくらいハッキリ見えることもあるんだ。


先日も駅のホームで電車を待ってる時に
真冬なのにノースリーブの女の子がいたんで
あれ?と思い見ていると、
通過列車がホームに近付いて来たらフラッと線路の方に歩いていって電車に吸い込まれて消えてしまった。
多分ここで自殺した子の霊だったんだと思う。

で、ここからが本題なんだが、この前近所の河川敷の公園でベンチに座ってボ〜っとしてたんだ。

ふと気付くといつの間にか目の前に小学校低学年くらいの女の子が立っていた。
普段なら気付いてないふりしてるんだが、なんとなく『こんにちは』って声をかけてしまった。
その子は周りを見回して近くに自分以外に誰もいないのを確認してビックリしたように自分を指差した。
俺は頷きながら、もう一度『こんにちは、何してるの?』って聞いてみた。
その子は驚きながらも、


802 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:16:09 ID:DPJbvqZP0
ワッフルワッフル

803 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:18:18 ID:tOH1JSN60
チンポコチンポコ

804 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:19:37 ID:fgK1J0Zp0
>>1
今年の2月ぐらいに、
最新ハイテク機であるB-777型大型旅客機が、
ロンドンにあるヒースロー空港に着陸する直前

  全てのエンジンがいきなり停止し、
  グライダー状態になり
  滑走路手前の草地に不時着した

この事件があっという間に無かったことにされたのはどうなったんだ??
原因究明とかがまったくなされたというニュースがまったくない。


           ・・・・いまもたくさんのB−777が空を飛んでいる。

805 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:20:44 ID:t33f2V3y0
ヤッテルヤッテル!ジミー大西

806 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:21:59 ID:EIb5ViuKO
キレテルキレテルゥ〜

807 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:25:34 ID:Mgwuv8SGO
『誰も遊んでくれないから一人で遊んでるんだ』
って寂しそうに言った。
確かに誰とも遊べないだろなぁと思い、可哀想なんで少し一緒に遊ぶことにした。
滑り台や鉄棒、ジャングルジムで遊んでたらいつの間にか日も暮れてかけて寒くなったんで、
『もうそろそろ帰るよ、またね』と言うとその子は
『もっと遊ぼう』と悲しそうに言った。
寒くなってきたので早く帰りたい。
けど、あまりに悲しそうにしてるからほって帰るのも可哀想。
その娘から何も嫌な気配を感じなかったのでつい、『いたずらしないなら家まで憑いてきていいよ』って言ってしまった。

今考えるとこれが最大の間違いだったわ。

俺の住んでるとこは築25年くらいの2階建てのボロアパートで、
1階に4部屋、2階に4部屋ある。
俺が引っ越して来た3年前は全ての部屋に住人がいたが、

808 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:26:18 ID:fgK1J0Zp0
>>804



ブリティッシュ・エアウェイズ38便事故(英語:British Airways Flight 38)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%BA38%E4%BE%BF%E4%BA%8B%E6%95%85#.E4.BA.8B.E6.95.85.E5.8E.9F.E5.9B.A0
2008年1月17日にイギリスで発生した航空事故である。ボーイング777としては
1995年に就航して以来初めての機体が大破・全損する事故となった。
死者は出なかったが、着陸直前に塔載エンジンの推進力が失われるという
原因不明の事象が発生したと見られている。



原因不明の事象が発生したと見られている。
原因不明の事象が発生したと見られている。
原因不明の事象が発生したと見られている。
原因不明の事象が発生したと見られている。

809 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:29:53 ID:Mgwuv8SGO
今では1階の一番手前道路よりの部屋と2階の一番奥の俺との二人だけになってしまった。
時々俺が憑いたまま帰ってくるので、その霊やそれに引き寄せられた霊が
他の部屋にまで霊障を起こすみたいで、怖がってみんな出ていった。
新たに引っ越して来てもすぐに何かがいるって出て行くので、
今はほとんどが空部屋だ。

1階の住人は水商売らしく、いつも夜中にいないから被害がないのかもしれない。


部屋に着いた俺はテレビを見たり、ゲームをしていた。
その間その子は部屋の中で上を見上げながらグルグル回ったり
、部屋から部屋へ移動したりと落ち着かない様子だった。

何かな?
と気になりつつ、夜も更けて来たので俺はもう寝ようと布団に入り電灯を消した。

部屋を暗くして眠りに落ちかけていたその時、


810 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:35:00 ID:Mgwuv8SGO
ミシリ…、ミシリ…
とゆっくり階段を登ってくるような足音

2階には俺しかすんでないから他の住人ではないし、
もちろんこんな時間にアポなしで訪ねてくる知り合いもいない。

この子に引寄せられてきたのかなぁと思ってたら、

次第に嗚咽する女の泣き声と
押し殺したような男の声が聞こえだした。

女の子を見ると枕元に座ったまま瞬きもせずに眼を見開いて
涙を流しながらジッと俺を見ている。

なんかヤバいの憑れて来てしまったかもと思った時
背中にゾクッと悪寒が走る。
誰かに見られているような感じがする。
視線を感じる先を見ると、いつの間にか少し開いた台所の窓から複数の眼が俺を見つめている。

俺は心臓を鷲掴みされたような恐怖で、布団の中で動けずにいた。

暫くすると カチャ…
カチャ…っとノブを回す音がして
玄関のドアがスーッと開いていった。



811 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:38:21 ID:lYiZunCJO
続き早く〜!

812 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:40:03 ID:EIb5ViuKO
wktk

813 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:44:20 ID:Miy9FDMjO
マダー?

814 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:46:03 ID:i1fbS/nE0
>>794-795
うちの嫁は看護婦なんだけど、友達と携帯で話してるのを盗み聞きすると、、、、


815 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:46:53 ID:DPJbvqZP0
焦らすなぁw

816 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:47:01 ID:Mgwuv8SGO
え?カギは?
と思いながら茫然とそれを眺めていたが、
危険を感じた俺は
『うわぁーっっ!』と恐怖を振り払うように叫び声をあげながら布団を跳ねのけ逃げようとベランダに走った。

その瞬間女の叫び声と男の怒号が入り乱れ、
俺は何かに弾かれ壁に激突し、物凄い力で床に押し付けられた。
身動きどころか息をするのも困難な状態。

恐怖でパニックになっている俺の耳に再び響き渡る女の叫び声と男の怒号!

『アスカちゃん!』

『ママー!』

『またお前かぁっ!』

俺は何がなんだかわからなかった。


817 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:49:21 ID:Mgwuv8SGO
なんということだ!
俺が幽霊だと思っていた女の子は、まだ生きている女の子だったんだ!

俺が危険をかえりみずに憑れて帰った子供は俺を陥れる罠だったんだ!!


って事の成り行きを、弁護士に必死に説明して
これは不可抗力であるってこと訴えたが全く信じてくれなかった。

俺が被害者だってことを信じない弁護士がこの世の中にいることが洒落にならん!

お前等なら俺を信じてくれるよな!?

818 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:50:49 ID:uCTWIV7M0
おもしろくねぇなぁ。

819 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:54:00 ID:e6162TQ+O
誘拐犯なの?

820 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:57:28 ID:MC/ipEb/0
洒落にならないキモイ人の話

821 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:57:49 ID:EIb5ViuKO
wktk返せ
スレタイ100万回読んでもう二度とくんな

822 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 00:58:56 ID:EzkxSLv/0
勘違いで幼女連れてっちゃうような人を世に放っちゃイカンだろう

823 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 01:28:41 ID:tcaLKWKRO
まとめサイトいつになったら更新するんだ?
さっさとしろ!!カスが!!

824 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 01:29:42 ID:tOH1JSN60
だったらおまえがやれよハゲッカス!!

825 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 01:38:33 ID:ISIp7gnNO
ノシ じゃあ俺が更新するよ

826 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 01:49:05 ID:qnT64ProO
>>825
ヨロシコ〜 ノシ


827 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 02:22:24 ID:tOH1JSN60
例えば、彼女と「会話」をしてみます。
もちろん最初は、貴方が「彼女のセリフ」を考えて、一人で二人分の会話をスムーズに頭の中に流さなければなりません。
もちろん、慣れたら細部にこだわります。
会話するとき、例え自分が考えたとしても、「彼女に喋らせる」事を忘れないでください。
彼女のセリフも、「彼女ならこう答えるに違いない」とか、
「彼女は頭がいいのだから、ここまで考えて喋るはずだ」とか、考えて下さい。
そのうち慣れて来ると自分が考えて喋っているのか、彼女が考えて喋っているのか判らなくなってきます・・・・
そのうち、完璧に彼女自身が喋り出してきます。

828 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 02:30:30 ID:MC/ipEb/0
だからキモイじゃなくて怖いスレだろ。

829 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 03:12:50 ID:Ks7QfJRp0
一年くらい前の話。
仕事終わって夜の8時過ぎくらいにペニしごいてたら、見知らぬ婆さんに
いきなりガシッとペニをつかまれた。
なんだ!?と思って思わず振り回したら、物凄い形相で「イッてはいかん!!」
って怒鳴られた。
イッてはいかんも何も今から出るんだけど、と思って無視したら、「恥垢が出と
るから今日は一緒にラブホに泊まりなさい」とか言われた。

830 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 03:16:56 ID:cZTN3I9K0
友人から聞いた話。面倒くさいんで一人称で書く。

その日のバンドの練習は夜遅くまでかかった。明日が文化祭だからだ。
誰ともなしに「腹が減った」ということになった。近くにコンビニがあるんで
そこにいくつもりらしい。
俺は夕飯は食ってきてしまっていたのであとの三人が買い物に行き俺は留守番している
ことにした。

楽器を置いて携帯をいじってると何か妙な音が聞こえてくる。どうやら横にあるアンプからみたいだ。
原理はよくわからないんだが他の部屋の音を何かが拾ってそれが
アンプから流れてくるというのはよくある。そういう時は自分らのことは高く棚にあげて
「なんだこの曲w」とか「ボーカルがイマイチw」とか茶化すもんだ。
そのときも「どれどれ」なんて思いながらアンプに耳を近付けた。
「………………………………ぁぁぁ…」小さくてよく聞こえない。だけど女の声だというのはわかる。
アンプのボリュームを調節してもあんまり変わらないし、聞き取ることを諦めて
椅子に座ろうとした時、何か違和感のあるものが視界に入った。



続く

831 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 03:44:52 ID:0htS1rg70
そのスタジオのドアには外から中が見えるように窓がついていたんだが
そこから若い女がこっちを見ていた。覗いてるなんていうもんじゃなくて
はっきりと俺のことを見ていた。「え?」と思ったが全く無表情のその顔からは
なんにも読み取れない。ただ、小さく口を開けているのだけはわかった。
目が合ってもちっとも動じる様子のないその態度に少しイラついた俺が注意しようと
席をたった瞬間、それまでぼんやりと俺を見ているだけだった目を裂けんばかりに大きく見開き、
小さく開いているだけだった口をこれもまた裂けんばかりに大きく開いた。

それと同時に隣にあるアンプからボリュームをMAXにしたってここまででるかというくらいの音量で

「あああああああああああああああぁぁぎぎぐぐぐぅぅぅ!!!!」

という叫び声が部屋中に響きわたった。
あれは隣の部屋なんかじゃない、あの女の声だ。防音になっているのになんで?
そんなことよりなんでアンプから?



続く

832 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 04:02:11 ID:/48j3hpdO
ヤバい似たような経験した事あるから鳥肌MAXだ
こんな時間にこんなスレ開けなきゃヨカタorz

833 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 04:21:11 ID:IbK5mLoIO
携帯からですいません。
零ってゲームありますよね?
一昨年の夏、なんとなくそのシリーズの「赤い蝶」を買ったんです。
最初はガクブルしながら弟や友達と一緒に少しずつやってたんですが、その内慣れてきて、深夜(丑三つ時)に一人でプレイするようになりました。
度々いなくなる姉にイライラしながら、立花家の二階に到達。
なんとなく、小さな納戸らしき扉を開けて中に入ると、壁一面に何か書いてある。
「?」と思いカメラモードに切り替えてみると、

たすけてたすけてたすけてたすけて

と周りの壁にびっしり書いてあり、びびって外に出ようとしても開かない。
若干涙目になりながら何度か試してみたら、すんなり開いた。
試しにもう一度入って見たが、もう「たすけて」の文字は綺麗さっぱりなくなっていた。

その後何回かクリアして、やり直してもこんなことは起こりませんでした。
不思議だ。
そしてもう一つ。


834 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 04:27:31 ID:5eyBHOhP0
ボリュームを下げても、全ての楽器のシールドを取っても、アンプのコンセントを引っこ抜いても声は止まない。
おろおろしながら窓を見ると女は更に凄い形相でドアにへばりついてる。
…中に入ろうとしている!!
「ぐぐぐぅぅぅぎぁあああああああああっっっ!!!」
いきなり周りが真っ暗になった。腰を抜かした俺は頭を抱えて床にうずくまってしまった。

「何してんの?」
という呼び掛けにハッと我にかえると、三人が俺を見下ろしていた。
窓に目をやるとあの女はいなくなっていた。

それだけのことだった。
その後祟られたということもなく普通に暮らしている。

一体なんだったんだろう。
よく市販のCDやレコードに入れた筈のない声や物音が入っているなんていう話を聞くが
あれは電気機器が出す電磁波みたいなものが霊の波長と合ってしまい
結果霊を呼び出してしまうかららしい。
あれもそういうたぐいだったのだろうか。

実話らしいんでオチはない。
怖くなくてすまなんだ。

835 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 04:32:47 ID:IbK5mLoIO
その何日か後、また深夜一人で進めていたら携帯が鳴ったので、ゲームをそのままにして、少し携帯をいじっていた。
メールを返し終わってから、ふとテレビ画面を見たら、なにか違和感があった。
よーくみると、画面右下に真っ白な女の顔がぼんやり浮かんでいた。
残像かな?と思ったが、記憶上こんな顔の幽霊いなかったし、しかも位置が中途半端だ。

え?じゃあなにコレ?などと考えていたら、その顔はすっと消えた。本当に残像のように。

その瞬間ゾッとして、直ぐにゲームをやめた。セーブしてなかったけど。

それからはプレイする度、毎回めんどくさがる弟に付き合ってもらいました。
弟よ、へたれな姉でスマン。

836 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 04:33:32 ID:/48j3hpdO
>>834
いや滅茶苦茶怖いから

読んでるだけでその状況がすんなり浮かんできた

837 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 04:49:05 ID:BadCKMVKO
>>835
零の紅い蝶は全米ホラーゲームランキングでも一位を記録したゲーム
それほどリアルに長けてるし、日本独自の静かなる怖さを的確に表してるからね。怪談と同じように誘ってしまったのかもね

ちなみにサイレントヒルも上位だった
あ、スレ違いすまん

838 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 04:53:56 ID:Rt6RuI2jO
>>834
部屋にあるアンプとギターが怖くなったじゃないか!
まぁ零感だから平気だろうけど…

しかしそんなによくあることなら、
今度知り合いのバンドマンに片っ端から
訊いてみようw

839 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 05:24:00 ID:J5V4d6Cw0
調べてみるか、聞いてみては?
【ProjectZero】零 総合攻略 Film8【FatalFrame】
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/goveract/1191154827/901-1000

演出の一部だったんじゃないの?

そうでなきゃ、怖さのあまり
想像から怖いモノを作り出して
見てしまったか

マジレスですまんが

840 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 05:42:13 ID:IbK5mLoIO
>>835
全米!?

>>839
thx(*゜∀゜)ノ
起きててヨカッタ。
聞いてみます!



841 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 05:47:07 ID:IbK5mLoIO
間違えた
>>837でした...

煎ってきます


842 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 05:51:23 ID:7neozsdb0
地方都市の総合病院で以前に実際にあった話。ある病院に週末になると必ず、
幽霊が出るとの噂が流れた。しかも手術室。

人がいないはずの手術室に人影がある。その人影が窓に映ってユラユラと揺れて
いるそうな。大勢の手と人影がユラユラとフラフラと映っていてまるで死者が
手招きしているようだと、大変な騒ぎになったらしい。

目撃者は近隣住人。その総合病院はかなりの規模で大きさがある。同じ敷地内
には看護師の寮などもあり立派な作り。外科、脳外科、内科、CTやMRIもあって
大学病院とまではいかないが、その土地では有名な病院だった。

大きな病院なので国道に隣接している。国道があって駐車場があって病院の
建物。手術室は1階にある。手術室の窓は防音、衛生のために二重サッシに
なっている例が多いがその頑丈で分厚い窓に時折、踊る死者の霊が映っている
と当時大変な噂になったんだ。

続く

843 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 06:00:09 ID:7neozsdb0
>>842 からの続き
最初に噂が広まったのはタクシーだった。入院施設もある大きな病院だったので
緊急医療もやっていた。緊急として救急車で運ばれた患者や家族、または駐車場
でUターンするタクシーが「夜中におかしなものをみた!」と言い出してその噂
は徐々に広まった。

その時間帯には手術はやっていない。麻酔医とかが常駐していないから。なのに
手術室で踊る影が映っているという。おかしな噂が広まったので、週末のある日、
看護婦長が残って手術室を覗いてみることになった。

その幽霊達はなぜか週末の深夜に限って現われている。その時間に婦長が訪れて
みると確かに人の気配がする。手術室のドアは閉まっているが、中には何やら
異様な雰囲気が・・・・。光が漏れていてそれが確かにユラユラと揺れている。

「こ、これはもしや・・・・」「ほ、本当に幽霊が?」

婦長はそう思って手術室のドアを一気に開けた!

続く

844 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 06:13:09 ID:7neozsdb0
>>843 ある意味本当に怖い実話 結び
中ではなんと!

ナースたちが盆踊りを踊っていた。

その病院には看護師寮がありました。お金がない上に仕事が忙しくて遊びに行けない
若手のナースたちが、術後の片づけをしている時にこう言い出したんだそうで。

「ねぇ、手術室のライトってディスコ(当時、今ならクラブ)のライトに似てるね」

で、踊ってみたんだそうな。それが意外に楽しかったと。夜勤の合間とか休憩時間に
遊びで踊ってみたりなんかしてw 最初は2,3人だったのが徐々に増えて5,6人
にまで増大。調子にのって手術ライトまでつけたりなんかしてw

手術室の強力なライトで影が強調されて、外にユラユラと映ったんでしょう。
婦長が見たのは無音の手術室(笑)で、一心不乱に踊り狂うナースたちの群れです。
音だけはさすがに遠慮して入れなかったそうな。

「あ、あなたたちは神聖な手術室でなんということを!」と絶句していたそうです。
昔、付き合っていたナースに聞かされた実話。当然、そいつも首謀者の一人です。

ある意味、本当に怖いw おしまい。


845 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 06:40:12 ID:FAHIS+pLO
(´・ω・`)ハァ

846 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 07:35:20 ID:onW4/eUd0
・・・・・・

847 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 08:25:06 ID:JzVB06rsO
このスレに書き込みをする連中は、ネタ側が「携帯からスマソ」「長文で・・・」「読み辛くて・・・」みたいに卑屈で、批評側が偉そうなのは何でだ?
下らない批評してる奴等がスマソって書けバ〜カ!
俺も批評だけでは何だからネタ側で、、、
ある日駅(西武池袋線)で電車を待っていたら、向かいのホームから女性が特急に飛び込んだ。
その音に気付いた一人の若い駅員が、すぐに外に飛び出して行った。
2〜3分で戻った彼は、花束を抱えていた。
電車の下から彼女を救助し、生死の確認をした後ならわかるが、事故の直後に現場に供える花を買ってくるのは如何なものかね。

偉そうな批評はいらないよ


848 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 08:58:44 ID:VfmbLfRa0
>>847
それのどこが怖い話なんですか?
>>1も読めない低脳ちゃんには困ります。

849 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 09:28:34 ID:ukpzzKZM0
↑激しく同意だ!そもそもこいつは傲慢だ!見ていてすごく不愉快なバカ。

850 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 09:31:32 ID:2FG8MGhD0
>>847

ふむう。では直々に朕が批評を下す。
…ツマンネ

851 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 09:51:16 ID:xvAj6h6a0
>>847
書き込んでいただいて恐縮です。
率直に申し上げて、つまらないです。

852 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 09:54:33 ID:k/lSYh0T0
>>844
そもそも大して怖くもないということはおいといて。

手術室って一般に窓はあんまりないんじゃないか?
外から手術の様子が見えるようじゃ色んな意味で問題がある。
それに手術用のライトって、手許を照らしていて、
しかも影ができないような構成になっている。
外から光が見えた可能性はあるとしても
(嵌め殺しで外から中が見えない窓ならありうる)
ゆらゆらは見えないと思うんだな。

無音の盆踊りとか、イメージは面白いけど、眉唾。

853 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 10:52:43 ID:+/eLiyuI0
>>847は昨日の入学式デビューで早速つまづいたんだろw
あまりにもかわいそうだから、やさしくほっといてあげようぜ。

854 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 10:59:30 ID:7neozsdb0
>>852
時代が違うんだよ。それと今でも手術室に窓のある病院は多い。
きちんと調べてから出直せよ。知ったか坊やw

初期設定で窓があった場合には削らない。建て替えするまで
そのままだ。当然だがその場合も中は見えないように工夫
されている。

855 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 11:09:22 ID:6hGihUouO
携帯から長文でスマソ




856 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 11:41:18 ID:nyCpavbWO
携帯から短文でスマソ

今まで一番怖かったのは
池のまん中付近に休憩出来る場所あって
池をぐるりと散歩して休憩所に戻ったら
母に「一緒に居た女の人達だれ?」
と真顔で言われた
前も後ろも誰も居なかったはずなのに〜

857 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 11:51:44 ID:2FG8MGhD0
ボケボケしてるから周りに人が居ても気づかないんだよ。ピリッとしろ。

858 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 11:59:47 ID:BoBsQdoY0
↑と、ニートが叫んでおります・・・

859 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 12:28:44 ID:bYn0pvPEO
856は雄蛇ヶ池か?

860 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 12:39:20 ID:+EFX4p4pO
昔、とんねるずでやってたやつ?

861 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 12:42:40 ID:Za8gwlAlO

俺さ、ガキの頃パノラマエクスプレスに乗ったんだ。
電車が二階建てで、一階部分は客席で前面ガラス張りなので、運転手気分が味わえる電車。
もうさー、小学校に入ったばかりの歳だから、嬉しくって、嬉しくって、かじりつきで景色見てたんだよ。

そしたら、踏切で横から女の人が電車に飛び込んできた。
俺の目の前で飛び込んできたんだよ。一瞬だったけど、目と目があった。
電車は急停止したけど、間に合わなかった。
その時、女の人は俺を見て「あんたも」と言った瞬間肉塊に変わった。
首がもげた。腕も飛んだ。
電車の前面の硝子は、血飛沫で赤黒く変わった。
電車はしばらく止まって、次の駅まで血飛沫で赤黒く染まったまま走った。俺は怖くなって、後ろの車両に移動した。
次の駅で別の車両に乗り換えさせられた。

今でも思い出すんだけど、「あんたも」と言う声は、聞こえないハズなんだよな。でも、今でもその時の声が鮮明に思い出す。
あの声は本当に聞こえたんだろうか?

862 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 12:48:34 ID:o/DU3iIxO
>>861

それなんてチューイングボーン?

863 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 12:50:41 ID:9sB1k4JJO
創作なら創作って言っても別にいいのに何で切れてんすかw854は。
手術室のライトがある部分、手術台まで光が当たる可能性があるとこに窓なんてないだろ普通は。
モニターで監視してたならともかく、外から察知されるような構造にしてるなんて考えられない。
あと、手術室のドアから実際の手術室までは通路があって、病院にもよるだろうが、そこから中の様子を伺うのはほぼ無理なんだぜ。
話は面白いと思うが、粗を突かれたときに煽るのはどうなのよ?


864 :856:2008/04/10(木) 13:03:44 ID:nyCpavbWO
>>859
中学の時なので覚えてないが
親が帰ったら聞いてみる
俺も気になるから
近いうちまた行ってみようかな〜

865 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 13:09:11 ID:+/eLiyuI0
>>864
やめとけ。次は助からないぞ。

866 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 13:56:00 ID:JzVB06rsO
バカ者
ネタ書かん人間が偉そうにするな
何か書いてから講釈たれろ
それにしてもいい釣り場だな

867 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 14:04:22 ID:KDwhLoog0
と池沼が申しております。

868 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 14:31:24 ID:VfmbLfRa0
>>866
低脳ちゃんは別館で好きなだけ講釈たれとけばイイと思うよ。

869 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 14:44:35 ID:s23ujsXM0
これを釣りだと思ってるなら相当恥ずかしいなw

870 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 15:09:43 ID:JzVB06rsO
>>867-869
君たちは本当に面白いな
ところで僕が池沼だって何処で知ったの?
字は往沼だけど、読みは同じイケヌマ
何処かで書いたかな

871 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 15:36:15 ID:7neozsdb0
>>863
アホだw 俺の話に突っ込むなら窓の有無じゃない。1Fに手術室を作ってる病院
は最近は少ないって所だな。手術室に窓は今でもあるよw 妄想垂れ流すなよw

病院名まで晒せと言い出す馬鹿ってこういう奴なんだろうな。なんで読んでるだけ
のお前が、そんなに偉そうなんだw

「ぼ、僕は評論家様です!」ってか?

何か書いてくれ。素晴らしい逸話、実話、創作話を。評論家様の実力を拝ませて。
お・ね・が・い。頼んだよ実力派様!



872 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 16:03:16 ID:P8T8KwJL0
荒れてんなぁ・・・ククク・・・・・・・・・・

873 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 16:05:15 ID:K+S+TFON0
http://www.thewhitespaces.com/

874 :1:2008/04/10(木) 16:39:55 ID:pLDsE27AO
手術話豚ギリ
実体験

小学生高学年の頃女子の間でこっくりさんが流行っていた。
私も流行りに漏れず休み時間や放課後などにキャーキャー騒ぎながらこっくりさんで遊んでて、
その日も放課後教室に残って数人の友達とこっくりさんをした。
色々質問してそろそろ帰ってもらおうかって話になり、「こっくりさんお帰り下さい」って
いつものように終わらせようとしたんだけど、10円玉は『いいえ』の方へ
この時はこういうのは結構あることだし、やっぱり内心は誰かが動かしてるだけって思ってた
から皆そんな怖がってなかった。
(続く)

875 :2:2008/04/10(木) 16:41:17 ID:pLDsE27AO
またいくつか適当に質問をし、帰ってもらおうとしたんだけど帰ってくれない。
何回もやってるうちに皆イライラしてきて友達の一人が「動かしてるのだれ?!」ってキレた
んだけど、皆自分はやってないって答えた。
これでは埒があかないので、10円玉が動いてる間に一人ずつ順番に手を離す事にした。
その時こっくりさんをやっていたのは4人
1人…2人…3人…と指を離す。
この最後1人の子が犯人か…と思いきや、その子の様子がおかしい。
その子怯えた表情で「わたし…やってない…」と呟き、半泣きで指を離した。
すると、信じられないことに10円玉がスーッと勝手に動き鳥居のマークで止まるではないか!
私達はパニックに陥った
(続)

876 :3:2008/04/10(木) 16:42:27 ID:pLDsE27AO
とにかくこっくりさんを終わらせようと皆再び10円玉に指をのせ、ひたすら帰って下さいを
言い続けた。しかし返ってくる返答は全て
い い え…
どうしたらいいのかわからなくて「どうしたら帰ってくれますか?!」
とこっくりさんに聞いてみた。返事は…
『ひ と り お い て か え れ』
この返答に私達はどうすることも出来なかった。
友達を残して帰るのは無理だし、自分が残るのも嫌。
皆10円玉に指を置いたまま沈黙…
(続く)

877 :4:2008/04/10(木) 16:43:28 ID:pLDsE27AO
嫌な空気が立ち込めていた。

その時…

ガラガラガラッ!

「アンタ達いつまで学校残ってんの!早く帰りなさい!」
入って来たのは先生だった。当然事の経緯を説明しても信じてもらえず、
私達は先生にこっくりさんの紙を取り上げられ、たたき出されるように学校から帰らされた。
帰り道が一緒のAちゃんと帰ってたけど一言も喋らず歩いていた。
「あやみ」
Aちゃんが唐突に呟いた。
「え?」
私は意味がわからず聞き返すと、Aちゃんは私にこう言った。
(続く)

878 :長くてゴメソこれで最後:2008/04/10(木) 16:45:15 ID:pLDsE27AO
こっくりさんの正体は女の子で名前は『あやみ』、ずっと一人ぼっちで淋しくて
私達の所に来た。楽しそうな私達を見て友達が欲しくなってあんなことを言ったらしい。
なんでそんなことがわかるのか聞いたら、
「皆が沈黙してた時に聞こえたよ…皆も聞こえてるから沈黙してるんだと思ってたー」
とのこと。怖くて泣きそうになっている私にAちゃんは笑顔でこう言った。
「あの紙と一緒に先生が連れてったから大丈夫☆」

あと後から10円玉はどうなったか聞いたら、自販機の釣銭出てくるとこに置いて来たと
笑顔でAちゃんは言ってました。


…怖くないね、ごめん
長々失礼しました

879 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 16:49:28 ID:weETGD700
学校の階段だったら読み飛ばしてる

880 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 16:49:51 ID:zlXC6z2I0
病院で思い出したんだけど、解剖実習中の医学生がふざけて
腸で縄跳びをしたり壁に耳を宛がって「壁に耳あり」とか言ったという有名な話には続きがあるらしい。

その学生は後に首を吊って死んでる所を発見されたんだけど、吊る為のロープ代わりに使われたのが
なんと自分の腸だったらしいんだ。もちろんそんな状態なので死因は窒息死ではなくて失血死。
んで、自分で腹を裂いて腸を引きずり出して首を吊るなんて事はまず不可能だろうって事で
他殺として捜査されたんだけど、未だに犯人は見つかっていないそうな。

881 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 16:54:24 ID:uDoev6UR0
>>ID:pLDsE27AO

882 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 16:54:32 ID:RoiLnH/YO
>>870>>871は同一?

883 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 16:54:44 ID:uDoev6UR0
>>ID:pLDsE27AO
なげーよ

産業で頼む。

884 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 16:57:37 ID:s23ujsXM0
>>883
学校でこっくりさんやってたら帰ってくれなくて涙目。
そこへ先生がやってきて強制解散。
こっくりさんは先生に憑いていった。

885 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 17:04:12 ID:vo3VMJK40
>>878 おれもコックリさんやったことがあるが
指離した瞬間に指が切れててビビったことがある

886 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 17:07:53 ID:uDoev6UR0
>>884
d

産業にすると怖くないなw

887 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 17:15:20 ID:5AMMTVDYO
あげ

888 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 17:25:37 ID:uyrSNklF0
>>876
>皆10円玉に指を置いたまま沈黙…
ここが一番怖い。みんな、誰を犠牲にするか考えていたんだろう。
>笑顔でAちゃんは言ってました。
スケープゴートが見つかった途端、自分は無関係に思ってしまう心根も怖い。
女は恐ろしいですね、というお話。

889 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 17:27:13 ID:2O4CweGy0
>>871
手術室に窓は無いな
術中に窓割られたらどうすんだ?
術室は空調管理しとかないといけない、窓なんて結露などカビの原因だ
衛生上好ましくない

壁全体が緑に塗られるのも、血液の赤の補色なんだ
だから余計なものを設置しない、光が入るなんてもってのほか!

窓にカーテン?ブラインド?
窓を設ける理由が無い。
突っ込む場所の1階だろって・・1階に手術室があっても何ら問題ない

100歩譲っても準備室の装備で遊んでたぐらいか…
準備室でも窓は設けないよな・・

890 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 17:44:07 ID:vhDu71u30
5年以上前に彼氏と同棲していた時のハナシです。

1階で道路に面した部屋で下着泥棒に合いました。
夜中ベランダに下着を干していたら、明け方ハンガーごとなくなっていて、
彼氏はもう出かけていたので、管理人のおばちゃんに一緒に探しに行ってもらったら
建物の影の水溜りにハンガーや靴下だけが捨てられていました。
めちゃくちゃ怖くなって、管理人に警察を呼んでもらったら、
何かアメフトの服着てるみたいながっしりしたおまわりさんたちが来て
「多分下着は戻りませんが、この近辺のパトロールを強化します。」
って言って帰りました。
寝ている頭のすぐそばに泥棒がいたと思うと、部屋にいるのが怖くて怖くて、
帰宅したらいつもFBIのように全部屋を確認してから入り、
部屋の中でも傘をそばにおいて生活していました。
数ヶ月たち恐怖も薄れてきたある晩、真っ暗な部屋でふと目がさめて、
カーテンの隙間から外を見ました。
(カーテンの真下で寝ていたのでほんとーに何気なく)
良く見えないので目を凝らしましたが、真っ暗で見えないので、
反射が入らないように両手で目を囲ってガラスにぴったりとくっつけて
目を凝らすと…人の目が目の前にありました。
向こうから誰かが同じようにカーテンの隙間からこっちを覗いていたのです。
全身の毛が総毛立ち、悲鳴も出ませんでした。
ものすごい勢いで飛びずさり、彼氏を起こしました。
起こそうにも、声も出ず、呼吸がはぁはぁはぁはぁなるだけで
手もガタガタ震え涙があふれてきました。
彼氏が「どうした!?」って飛び起きてくれたけど、ただ泣くばかりでした。
あとで、確かめてみたけど、もちろんもう誰もおらず逃げていました。
すぐに引越し、何百キロも離れてから5年以上経った今も
あの時の恐怖を思い出すと動悸がおさまらず、鳥肌が立ちます。

文章下手ですみません。

891 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 17:47:31 ID:12zuV2eR0
釣りでも創作でも投下者全員乙!

賢い人はつまらない話にいちいち茶々入れず
その中から面白い話を見つけ出して満足するスレなんだぜ。

892 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 17:51:59 ID:RoiLnH/YO
>>891うっせはげ

893 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 17:56:02 ID:s23ujsXM0
>>890
靴下を捨てるなんてもったいない。

894 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 18:13:12 ID:9+GILS83O
昨日の夜、どんな夢か思い出せないんだけど夢見てて、はっと真夜中に目が覚めました。
ぼーっとしながら視線を下に向けたら瞳が真っ黒で頭ぼさぼさの白髪の老婆?が私の上にいました。
あんま人間っぽくなかったんだけど、肌色で髪の毛生えてたし多分老婆。
びっくりしてとっさに目を閉じて横向こうしたら金縛りで動けず…
どうしようって思ってたら口元に吐息みたいな鼻息みたいなのが当たり出しました。
怖くてぎゅっと目瞑ってたら男の人の声で「おい」って言われました。
その時点で怖さはMAX、初めての体験にこれ以上声を聞いたらやばいと本能的に思って声出し両親に助けを求めようとしました。
そしたら声も出なくて、しばらく小さな声で唸っていることしかできませんでした。
声がちゃんと出るようになってたらいつの間にか金縛り解けてて…。
目を開けてみましたが誰もいませんでした。
怖くて横向いて寝たんだけど、多分夢じゃないと思います。
一応手首つねったら痛かったですw

私の部屋を高校生まで使っていた姉も、金縛りと白髪の老婆に悩まされていました。
姉の場合、上に乗られるんじゃなくて足元で座ってるだけだったらしいですが。
私自身この体験まで幽霊?を見たことなかったので、夢じゃない?って流してましたが…

ちなみに初めて金縛り体験したんですが、動けなくなるだけじゃなくて、上から押さえつけられたような感じなんですね。

今日も出たらどうしよう…。
看護学生なので病院に実習行くんですが、つれてきちゃったんじゃないの?と母には言われました。

長々とすみませんでした。
自分にとっては死ぬほど怖かったです。

895 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 18:24:35 ID:/tx6KgutO
携帯から失礼します。

この前起こった変な話。
俺の家の近くに、「幽霊橋」って呼ばれてる鉄製の古い橋がある。
その橋は別に幽霊が出るとかそういう噂がある訳じゃなくて、
7、8年前に広末涼子がその橋でホラー物のドラマを撮影したとか。
それでこの辺に住んでる人達が、「確かにそれっぽい」って言って、いつの間にか名前を付けちゃったらしい。
それで俺に起こった変な事ってのは、真昼間にテレビを見てる時に起こったんだ。
午後2時頃かな?何気ない感じでテレビをつけたら、その「幽霊橋」がテレビに映ってて、
俺はさっき言った広末のドラマの再放送だと思って見てみようと思った。
でもドラマにしては明らかにおかしい内容だった。
BGMは無いし、人が誰一人映って無い、景色だけをただ映してる番組。
でもカメラマンは少しずつ動いているらしく、ゆ〜っくりと橋を渡って俺の家の方に向かってきた。
それからも相変わらずゆっくりとしたペースで景色を映しながら、だんだん俺の住む住宅地の方へ向かって来るから気味が悪くなって、
リビングの窓から幽霊橋のある道の方を覗いて、遠目に橋を見てみたんだ。
その時は別に異変は無かったんだけど、戻ってソファーに座った直後にふと気付いた。
俺の家と幽霊橋の間には、つい数カ月前に大きな工場が出来てて、絶対に俺の家から橋は見えないはずなんだ。
それに気付いた途端全身に鳥肌が立って、怖くてテレビをそれ以上見る事はできなかった。
それからしばらく震えながらソファーで混乱してたんだけど、
気付いたらテレビは普通の韓流ドラマに変わってた。

以上。
結局今でも分からない事は、
あの番組は何だったのか。
なぜリビングから幽霊橋が見えたのか。
あと、家には別の部屋に家族が居たはずだし、すぐ横には工場があるのに何故無音だったのか。
霊を面白可笑しく取り上げるなっていう霊からの忠告だったのかな?

長文失礼しました。
読んでくれてありがとう。

896 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 18:32:25 ID:koxrMmb60
内緒で妻のパソコンでインターネットして
ヌードとかHな写真を見まくっていたのですが、なんと
なにかの表紙に見ていたエロ画像がパソコンの後ろに
表示されたままになって元に戻せません!
前はプーさんの画像だったのに、今はアソコにバイブを挿した豊丸の画像です・・・。。
再起動しても表示されたままなんです。
早く直さないと妻が夜勤から帰ってきてしまします!(看護婦なので・・・・)
至急助けてください!!!
OSはウィンドウズMEです。
よろしくお願いします。

897 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 18:41:14 ID:XzUOJX55O
OMORO〜

898 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 18:53:11 ID:9OysBJYcO
壁紙変更しろよw

899 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 18:57:55 ID:DdjxxUxHO
>>896 ワロタ〜 頑張れよ〜

900 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 19:04:57 ID:AQLNQKAjO
>>896
久々に糞ワロタ

901 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 19:10:10 ID:uCTWIV7M0
>>896
あるあるwwwwwwwwwwwww
ってスレ違いじゃボケェ!

902 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 19:13:03 ID:s23ujsXM0
こりゃまた懐かしいコピペですね。
確かに洒落にならない。

903 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 19:19:21 ID:lpdy3BGmO
>>242
>>244

私の中では、殿堂入り

904 :九呂:2008/04/10(木) 19:27:31 ID:xzdtqY0Q0
今日起きた出来事です。
ここ1週間で自分は都市伝説を始めオカルト的なものにハマってしまいました。
そして一番怖いと思ったのが「一人かくれんぼ」
それを知った瞬間、同時に恐怖の時にしか味わえない快感を得たような気がしました。
2、3日前に自分は会社の上司にその「一人かくれんぼ」の話をしました。
上司も怖い動画とかをよく見る人なのですが「あ、それ知ってるかも」と互いに興奮しあって話を盛り上げていきました。
「あーそうそう、人形を使うんだよな」とか「風呂場!そう風呂場なんだよ!こえー!!」とか上司も大体は知っているようでした。
ところが今日また「一人かくれんぼ」の話を切り出すと
「え?何それ」と今知ったような口ぶり。
「何いってんですか!ちょっと前に喋ったじゃないですか!!」とからかわれているんだと思い半分怒ってまくし立てあげると
「いや?本当に俺それ聞くの初めてだぜ?」と言うんです、んな馬鹿な。
まず用意するのは・・・そしてその塩水を・・・とあの時と同じように上司に話すのに「マジでしらねえよ」と笑われました。
「本当に俺に喋ったの?」とも言われる始末、確かに自分は上司に喋ったんだって!そう叫んでも上司は「はいはい」と優しい目で見てくるだけ。
[本当に俺に喋ったの?]じゃあ上司でないなら自分は[誰と喋っていたの?]
他の社員(うちは中小企業のかなり小規模な会社なので10人もいません)に「一人かくれんぼの話自分から聞きました?」と聞いても「知らないと」みんな横に首を振る人ばかり。
なんだか自分自身に化かされたような気がしました。

かくゆう自分も情緒不安定になってから3ヶ月目、そろそろ病院に行こうかと思いました。

905 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 20:18:35 ID:zyCehUw70
うん、とある病気の症状に似てるから病院へ。

906 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 20:44:19 ID:kE5iU1clO
オカルトと精神病は密接な関係にあるのだぬ。

907 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 21:02:29 ID:e8cAmN/Q0
超心理学か

908 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 21:08:56 ID:u7LgIDrKO
携帯から失礼します。
3年前、俺が大学生だった頃の話し。
普段洋楽しか聴かない俺は、その日に限って欲しいCDが売ってなくてレンタルで済ました。
家に帰って早速パソコンに取り込み開始。通常どおり再生できて、このとき不具合などは一切なかった。
夏休みにサークルの連中と車で旅行するので、取り込んでおいた音楽を片っ端からCD-Rに落とす。帰りの深夜の東名高速を東京方面に移動中、俺の持ってきたCD-Rが音飛びしだす。上記のレンタルしてきたやつ。
トンネルに差し掛かる直前に完全に音が途切れた。助手席のやつがCDの取り出しボタンを押そうとしたとき、ボイスチェンジャー使ったような男の声ではっきりと日本語で「死ね死ね死ね死ね……」と。
停止ボタンでも取り出しボタン押しても3分ぐらい延々と繰り返され、トンネルを抜けると普通の音楽に戻った。
怖すぎて即SAで停車。車を離れて数分して車を戻ると左のサイドミラーが割れてた。
後日CDを聴き返してもパソコンを聴いても例の声は確認できず。
周りに霊感などあるやつがいなく理解できないのだが、これは
・レンタルしたCD
・車
・東名高速
どれが霊的な影響を受けたかわからん。
長文失礼

909 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 21:13:47 ID:DdjxxUxHO
トンネルが問題とみた!

910 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 21:17:04 ID:EoV/J2QDO
アブラゼミの声って「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」聴こえない?

911 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 21:25:17 ID:u7LgIDrKO
>>909なるほど。トンネルっぽいすね。でも何故俺らの車に(´・ω・`)
霊は霊感持ってる人に寄ると聞いていたのに…

912 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 21:25:22 ID:Miy9FDMjO
ミンミン→みんみんゼミ
ワシワシ→くまゼミ
つくつくぼぅッし→つくつくぼうし

死ね死ね→

何ゼミ?



913 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 21:30:24 ID:3brQRT1Z0
だからアブラゼミじゃないの?

914 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 21:30:28 ID:yRq+vftD0
>>910で思い出した
セミがなく季節でもないのにリアルにセミの鳴き声が聞こえることが折れにはたまにあるぞ
もちろんセミがいるはずないから折れの脳内の幻聴なんだろーなorz
霊感って大半がそういものなんだろうな

915 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 21:35:17 ID:n4xEo+qGO
ミミズじゃないの?

916 :九呂:2008/04/10(木) 21:43:53 ID:zEF/ZrTZO
>>905
やはり精神科にかかるべきだろうか

917 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 21:50:12 ID:DdjxxUxHO
>>911 波長があったんぢゃないかな〜 霊感ないから絶対とは言い切れんからね〜。

918 :1/82:2008/04/10(木) 22:12:01 ID:/WOh7IQeO
ちょっと長くなりますがよろしいでしょうか?

919 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 22:14:48 ID:mK7GTcQ00
1/82ってw

920 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 22:15:05 ID:rzkSGUSX0
ダメ

921 :黄昏の犬:2008/04/10(木) 22:18:55 ID:3brQRT1Z0
いいぞ

922 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 22:20:33 ID:XVAxJXtKO
なんかデジャヴ〜

923 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 22:28:42 ID:fD7KS0gW0
アブラゼミは じーわじわじわじわじわじわ って鳴く
油で揚げてる音に似てるらしい
じっちゃんに聞いた

924 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 22:33:55 ID:kE5iU1clO
心が病んでる人は何でもネガティブワードに聞こえるのだぬ。

925 :1/82:2008/04/10(木) 22:37:36 ID:/WOh7IQeO
>>921
ありがとうございます。
では、早速ですが話を始めさせてもらいます。

これは俺が直接体験したことなんだが……ってあれ?、こんな時間に誰か来たようだ。
ちょっと待っててね。

926 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 22:48:46 ID:EoV/J2QDO
>>924
昔、なんかのテレビ番組で所ジョ○ジも
言ってたよ

まぁアテクシはうつ病で通院中だから十分病んでるけどw

927 :黄昏の犬:2008/04/10(木) 22:50:59 ID:3brQRT1Z0
>>925 生きて帰ってこいよ。話楽しみすぐる

928 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 22:55:15 ID:AYcxx633O
>>926 ○ジョージって誰だよ

929 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 23:11:27 ID:rzkSGUSX0
>>925
オレはダメと言ってるだろ?それに1000まで時間がないぞ!
それにしても演技くさいこと。


930 :本当にあった怖い名無し:2008/04/10(木) 23:25:59 ID:9nAc8xp80
>>928
○ジョージ の検索結果 約 9,060,000 件中 1 - 10 件目 (0.09 秒)

931 :2/82:2008/04/10(木) 23:26:56 ID:xQawAs9S0
ID:/WOh7IQeOが戻ってこないので、勝手に続きを書かせてもらいます。

3年ほど前に、友達と有名な心霊スポットに行ったんだけど……ってあれ?、いつの間にか部屋のドアが開いて市松人形が置いてある。
片付けてくるからちょっと待っててね。

932 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 00:00:10 ID:vquwv1US0
>>925のパターンは前にも見たぞ。

933 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 00:00:19 ID:w4h5e8SD0
高校時代の部の合宿での話。

練習やら遊びやらで疲れていた俺は速攻熟睡モード。
その時に夢を見た。


よくわからない夢だったが、概要はこんな感じ。
3人の女が出てきて、一人はペンチ、一人はハンマー、もう一人はドライバーを持ってた。
彼女等の目の前には縛られている男。俺もなんか縛られて動けない。
ペンチを持った人は、縛られている男の手の指をひねり上げている。指一本ずつ。
ハンマーを持った人は、男の頭を無表情で殴りつづけている。
ドライバーを持った人は、男の下半身をめった刺し。
はじめのうちは男は悲鳴をあげていたが徐々に声が消えていく。
その男の声が完全に途絶えると、3人の女がこちらに向かってきた。

ヤバイ、そう思った瞬間目が醒めた。
つーか飛び起きた。

「おはよう。よく眠れた?」

起きてすぐに声をかけてきたのが、先に起きてたと思われるOBの人。
(うちの部活はOBとの交流が活発で合宿にもOBがよく出入りしているから珍しいことではない)

ええまあ、等と言って布団から出ようとした。
その時、枕もとに何かが置いてあるのに気がついた。
並べられていたのは、ペンチ、ハンマー、そしてドライバー・・・。
俺が夢で使われた凶器を見て驚いていると、
「で、どれがいい?」
そう言って、その人はそれらを指差しながらニッコリと笑った。

大したこと無いかもしれないけど俺にはメチャクチャ怖かった体験・・・((;゚Д゚))。

934 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 00:04:02 ID:rw4X59Ds0
>>933 世にも奇妙な(ry のパクリかな?

935 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 00:11:10 ID:w4h5e8SD0
>>934
(;ω;)つーかマジッス。
その後OBには冗談だって言われましたけど俺には冗談に思えなかった。
今でも怖え。

936 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 00:16:17 ID:TrKN8H6a0
OBは激Sホモだったってことでおk?

937 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 00:41:25 ID:fGhTz3QKO
無論、個人的に洒落にならなかったんだが創価関連は板違い?


938 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 00:43:42 ID:niN1jaXe0


939 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 00:47:52 ID:EXKxnSRZ0
>>937
投下キボン

940 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 00:49:11 ID:rw4X59Ds0
層化ネタは荒れるぞ。まぁネタによるが

941 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 00:53:29 ID:vW13YaQDO
草加だろうが、福岡なんだが今揺れた…

地震板行ってくる。

942 :941:2008/04/11(金) 00:56:03 ID:vW13YaQDO
草加だろうが、怖かったのなら、投下汁。

943 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 01:00:43 ID:fGhTz3QKO
了解した。
暫く待ってくれ

944 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 01:03:30 ID:IH+LOGiZ0
             /  \―。
               (    /  \_
                /       /  ヽ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ...―/          _)  < ちんちん シュッ!シュッ!シュッ!
            ノ:::へ_ __    /      \_____
            |/-=o=-     \/_
           /::::::ヽ―ヽ -=o=-_(::::::::.ヽ
    (``7‐、 _ |○/ 。  /:::::::::  (:::::::::::::)    (``7‐、 _  
 __/´    ' ノ |::::人__人:::::○    ヽ/  __/´    ' ノ
 ン-o= ─ 、/_  ヽ   __ \      /  ン-o= ─ 、/_
!O7。 /‐o‐(::::)  \  | .::::/.|       /  !O7。 /‐o‐(::::)
'、'`二'ヽO  ン    \lヽ::::ノ丿      /  '、'`二'ヽO  ン
 ヽi_:ノ!  /       しww/ノ___-イ     ヽi_:ノ!  /


945 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 01:22:25 ID:fGhTz3QKO
今から3ヶ月程前に届いた1通のメールが俺を悩ます事になる。

無論、実話。


贈り主は親戚の叔父さん(32歳)から。
「親戚付き合いを改めようと思ってね、年齢の近いS君(俺)に連絡してみたよ(笑)」
ウチの家族は基本、母方の祖父としか交流がない。それ以外の親族は2年に一度逢うか逢わないか程度の縁。
その叔父さんとは4年振りぐらいな上に殆ど面識が無かった。

なんとなく不思議に思いながらも一応親族であるし名指しをされている為に無視をする訳にもいかず
「珍しい人からメールだな…」
そのくらいの安易な考えで俺はメールを返した



初めて&携帯からだから読みづらかったら言ってくれ

946 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 01:25:19 ID:B3083VydO
>>726今更ながら吹いた

947 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 01:30:25 ID:pCuCJCs3O
>>945
ねぇ…っ、早くぅ
早く続きを頂戴!

948 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 01:33:41 ID:niN1jaXe0
早く次スレたてろやハゲッカスども!!

949 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 01:43:59 ID:fGhTz3QKO
メールは3日したら返って来た。
「元気?今何してるの?」そんな感じのたわいの無い内容。
とりあえず俺はまたメールを返す。そんなやり取りを1ヶ月程続けた頃、
「じゃあ今度さ飯食いに行こうよ。俺がS君家まで向かえに行くからさ」
俺は逡巡した。何せ4年振りだし、歳も離れ過ぎていて何を話していいか分からない。
何より大人に対して不信感のある俺にはとても面倒なイベントだったが、
せっかくの縁だし何か得る物があるかもしれないと思い俺は行く事にした。


当日。
思いの他、普通に接する事が出来た。飯も美味かったし話が途切れる事もなかった。
会計を済ませ、叔父さんの車に乗ったら21時。
この後、どうするのかな〜と考えてたら叔父さんが言った。
「S君は2ちゃんとか見るの?」

予想外の質問だった。

950 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:03:59 ID:fGhTz3QKO
まさか親戚から「2ちゃん」の単語が出るとは思ってなかったが、
なんとなしに仲間を見付けた気分になって俺は即答した。
「バリバリ見ますよ!オタクですからwww」

一瞬、叔父さんは怪訝な顔をした様に思えた。だが直ぐに「ああいう所ってさ、何が本当で嘘か見極めるの難しいよね?」と何処かで聞いた様な台詞を返してきた。
だから俺は「まぁ、そうですね。でも最終的には自分を信じますから」と言った。
その瞬間、叔父さんの空気が柔らかくなった気がした。

そして聞いて来た。

「…S君は宗教とか興味ある?」
「いや、無いですよ」
1番面倒で嫌いな分野の話だったので俺は即答で否定した。
「そう…でもこの機会だから話とか聞いてみない?」
はぁ…と、どちらともない返事をしている時に気付いた。
今、車が走っている場所を俺は知っている。昔、通った様な来た様な…

そう、俺はいつの間にか叔父さんの家に向かっていたんだ。

951 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:07:55 ID:EXKxnSRZ0
>>945
話は期待していますが、長くなりそうだから一旦纏めてから投下して貰えると読み易くて助かります。

952 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:13:44 ID:coWQ8wC00
>>950
言っとくが軟禁状態で囲まれるのは常識だぜ?

953 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:15:02 ID:IH+LOGiZ0
結局は宗教の話をされてすごくうっとしかったっていう、よくあるパターン
じゃねーの?長引かせて期待させてる割につまんねーの・・・

954 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:16:32 ID:7jgwNh/Q0
茶々入れる奴は何しにこのスレに来てるんだろう
黙ってROMっとけや

955 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:18:29 ID:rjek8iE30
>>950
俺は古い友人からだったけど同じような目にあったよ
霊ほうがまだマシだよな

956 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:31:47 ID:fGhTz3QKO
午後21時半。叔父さん宅(叔父さんの両親もいる)に着。
もうなんとなくその辺りから軽い絶望感は抱いていた。
だが走って逃げる訳にもいかないし、逃げられないと思った俺は意を決して叔父さん宅にお邪魔する事にした。

待ってましたかの如く居間に通され、用意されていたビデオを見させられる。
その時になって、これが何なのか俺は漸く察した。何故ならビデオにはあの創価で有名な久本雅美が映っていたからだ。

とりあえず30分の前座が終了して叔父さんに感想を求められた。
「どお?彼女凄いと思わない?」
もうなんかそんな事よりとにかく早くウチに帰りたかった俺はとりあえず
「あぁ、はい。そうですね、頑張ってると思います」と適当に言っておいた。
その辺りで居間に来客が。親戚でもない知らないおっさんだった。
(誰だ?)と思っていると「いやぁ、S君が来るって聞いてね。おじさんも逢いたくて来ちゃったよ」


もうなんかその辺りから本格的に死にたくなってきてた。

957 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:32:17 ID:gkqOcnTSO
昨日、うちの田んぼに県外ナンバーでオッさんが乗ってたハイエースが脱輪していたから、牽引して出してやったんだ。

普段なら無視するんだけど、今日はなんとなく気分がよかったから。

クリーニング代にしてくれと3万くれたんだけど、その時クルマの中を見たら、オッさんの名前のプレートで名前が分かった。

ピンときた、オッさんの娘って俺が県外に住んでたときに遊んだ女。
別れた時に妊娠してたと後から聞いたけど、もしかしたら俺を調べて来たのかもと思って個人的に怖かっただけ。

958 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:37:41 ID:fGhTz3QKO
では、この手の話は間に合っているようなので止めたいと思います。
無駄にレス消化させてすみません。

最終的には4人+途中でお経(?)に強制参加と7時間半拘束されました。
本当、馬鹿な内容で申し訳ありませんでした。

959 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:46:19 ID:vGq88CF40
>>958
人数は違うものの同じような目に9時間ちかくあったよ
あの手の連中は話通じないのな・・・朝方チュンチュン聞こえ出してやっと解放されたもん。

960 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:46:47 ID:OfiQPJPO0
>>958
そこまでかいてw

今度からは纏めてかくといいよー

961 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:57:58 ID:obDXShv90
>>958
裸でゴムバンドの「ごめんなさい」の儀式はなかったの?
だとしたらあなたは序の口しか見てない。

962 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 02:59:18 ID:ShSZw6dZ0
エロカッコイイ尻にシリコン
http://tmp7.2ch.net/test/read.cgi/cat/1201048049/

963 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 03:01:02 ID:YOA38FChO
ファミレスで2時間の俺はまだマシなほうか

ブッポーとは仏の法であるとかなんとか

964 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 03:07:10 ID:coWQ8wC00
>>958
いや、お疲れ。
ここいらじゃ常識でも実体知らない人は多いだろうから、リアルで話のネタにして大いに広めるがいいさ。


965 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 03:07:11 ID:IH+LOGiZ0
>>958
間が空き過ぎるって。
だからいろいろ途中で突込みが入る。
話の内容も読めてくるし、期待するほどでもないと感じてくるから。


966 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 03:32:51 ID:WLMHsvWL0
>>958
そこではしょられる方ががっかりだわ

967 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 03:49:16 ID:zPqDyoYKO
>>958
埋めついでに書いチャイナYo!
フリーチベット!
チャイナフリー!

968 : ◆BxZntdZHxQ :2008/04/11(金) 04:03:33 ID:HLtOgiIW0
ありゃ…>>958さん待ちかな?
空気読まずにちょっとだけお邪魔しますね。

969 :辿り着かない 1/2 ◆BxZntdZHxQ :2008/04/11(金) 04:04:34 ID:HLtOgiIW0
従姉は俺が高校生の頃既に社会人だったから、今はもう30をとうに過ぎている筈だ。
特に若作りな印象も受けないのだが、おっとりしているせいか妙に子供っぽい。
彼女は、休日には自宅から坂を上がる片道30分程のコースを散歩して、
桜並木の続く山の上の住宅街のパン屋で朝食を仕入れて来るのが習慣だそうだ。

従姉の家でお彼岸の人寄せがあって、俺がそのまま泊まった年があった。
彼女の弟とはオタ友でもあるので、泊まり自体は珍しくはないのだが。
因みにどちらも「いとこ」で紛らわしいので名前を出すと、
姉の方が亜矢、弟の方が智宏だ。

前日の飲み会の席で、この姉弟の父親が俺のオヤジに言った。
「××の方に、変な家があるんだよねぇ。」
話によるとそこは畑の中の一軒家で、大分前から空家らしい。
事件があったとは聞かないが、住む者もなければ取り壊されもせずそこに在る。
そして、後からその家を囲む様に建て売り住宅が出来た。
売りに出されたその家を見に行ってみたところ、
四軒とも、中心のその家に面している側にだけ一切窓がないのだと言う。
俺が興味津々で聞き耳を立てていると、伯父さんは苦笑いを浮かべた。
「ナオは行くなよ。お前そう言う話好きだからなぁ。」
俺はぶんぶんとかぶりを振った。ありえない。
凸とかする様なタイプではないのだ、俺は。寧ろ避けて通るくらいだ。

朝目が覚めると、前夜飲んだくれていた智宏はまだ夢の中だった。
先に洗面所で顔を洗っている時に、亜矢ねえが現れた。
例の散歩に行くところらしい。
智宏はまだ起きないだろうし、俺は彼女について行く事にした。
その道すがら、こんな事があった。

970 :辿り着かない 2/2 ◆BxZntdZHxQ :2008/04/11(金) 04:05:12 ID:HLtOgiIW0
通りを逸れて脇道に入ると、そこは田畑の間に点々と真新しい家が建つ住宅地だった。
今来た道と交差する県道に向かって、斜めにショートカットするらしい。
俺は昨日の伯父の話を思い出して、亜矢ねえに場所を聞いてみた。
すると、目的地近くまで県道に出ないで住宅地の中を上がって行っても、
坂の上に出る筈だから行ってみようかと言う。
目の前まで行くのは嫌だが、遠くからどんな感じか確認したかった。
俺は怖いのと好奇心を秤に掛けて、朝で明るい事に背を押され、彼女に従った。

畑と住宅の間をぐるぐる回り、畑が途切れる辺りで向こうに団地が見えた。
あれぇ…?と亜矢ねえが呟く。
「何?」
「アレ、●が●団地。あそこまで行くと住所が●が●なんだよね…。」
従姉の視線につられ顧みるが、後方には五軒固まって建つ家は見えない。
しかし道はもう県道へ出る通りか、団地へ向かう急坂しかない。
「ごめん、方向音痴…。」
俺は「帰り道でいいよ。」と答えたが、彼女は何だか不安げだった。

結論から言うと、帰り道も全く同じ事が起こった。
県道から横道に入って、ぐるぐる歩くうちに気付けば大通りに出てしまっている。
何だかおかしいなぁとは思ったのだが…。
昼近くなって起きて来た智宏がパンを齧っているところで聞いてみたら。
「アネキのあれねぇ…何てか、“辿り着けない”っての?それなんだよね。」
本当に危ない所には、行きたくても何故か辿り着けない。
そんな人っているんだよね、と従弟はこともなげに言った。
後でオフクロに聞いたら、どうやらバアちゃんもそんな体質?らしい。
つまり窓のない壁に囲まれた家は、洒落にならない様な…。
俺は結局、その家の場所が未だに分からない。

971 :ほんの少し1/3 ◆BxZntdZHxQ :2008/04/11(金) 04:08:07 ID:HLtOgiIW0
美術系の専門学校に通っていた頃の話。
一年の前期は基礎学科で、専攻がどの分野でもデッサンや色彩学なんかをやる訳だが、
この時期は課題提出が死ぬ程多かった。
加えて、授業で使う水張りパネルなんかを事前に用意しないといけない。
片道一時間半の通学時間、朝から6コマ授業に出て、バイトして、夜中に課題と準備。

そんな生活をしていた俺が当時住んでいたマンションは、
駅からバス停2つ離れていて、帰りはコンビニに寄りがてら歩く事が多かった。
コンビニを出て、1つ目のバス停の手前辺りから住宅街になる。
車道を挟んで向かい側の川べりに造園業の事務所があって、
バス停の斜め後ろには重機の入った車庫と、石や植木が並んでいる。
歩きながら何とはなしに見ると、歩道寄りにある岩の前に男がいるのが分かった。
初夏の夜8時前、まだほんのりと闇は浅く、人通りもある。
バスを待っている間に煙草でも吸っているのだろう。
白っぽいポロシャツを着た、小柄でやや太めのおっさんの背中だ。
ちりりりりん!
ベルの音がして、俺は後ろから来た自転車に振り向き、少し避けた。
そのまま自転車の行く先を目で追うと…何だか、違和感があった。
よく見ると、ついさっきまで見えていたおっさんの背中がない。
目を離したのはほんの数十秒の事だ。
奥にも手前にもおっさんの姿はなく、車庫はシャッターがぴったりと下ろされている。
通り過ぎながら敷地の中を覗いてみたが、やっぱり誰もいない様だった。

その時点では、俺が知らないだけでどこかに入れるか、見間違いだろうと思った。
週の後半で、疲れも溜まっていたし。

972 :ほんの少し2/3 ◆BxZntdZHxQ :2008/04/11(金) 04:09:09 ID:HLtOgiIW0
夕食と風呂を済ませた後、俺はリビングで絵の具と格闘していた。
机では大きなパネルと画材は広げられないので、テーブルで作業する日が多い。
一度リビングを出て北側の廊下に面した2部屋が両親の部屋で、
俺の部屋はリビングと並びの和室だったから、
リビングと自室の往復をしても、先に寝ている親に迷惑をかける心配もなかった。

日付けが変わって大分経った頃。
テーブルに向かっていると、廊下に続くドアが右側の視界に入る。
格子にガラスの入ったドアで、親が寝ている時間、向こう側は真っ暗だ。
そこに、さっきからちらり、ちらりと動く物がある。
しかし、顔を向けるとそれはぱっと引っ込む。
気が散る。
何もない筈の廊下で、確かに何かが動いている。見ると引っ込む。
手は作業を進めながら、そっと視線をずらしてみる。


心臓が跳ね上がった。
ガラスの向こうの暗がりに、くすんだ肌色の手があった。
出ようか戻ろうか…逡巡して、レバー型のドアノブに乗る。
更に向こうには当然、手の持ち主の肩が見えている。
ポロシャツ。丸い肩。白い。襟からは首が覗く。
平静を装おって作業を続ける俺の視界の隅で、そいつは様子を窺う様に首を傾げた。
ぐうっと頭が下がって来て……

浮腫んだ顔のおっさんが、精気のない虚ろな目で部屋の中を見ていた。

973 :ほんの少し3/3 ◆BxZntdZHxQ :2008/04/11(金) 04:09:58 ID:HLtOgiIW0
「あああああああああああああ!」
俺は叫んで立ち上がった。
実際には、さほど声は出ていなかったかもしれない。
苦情も来なかったし、親も起きて来なかった。
我ながら馬鹿みたいだが、喉に張り付いた声を振り絞って、俺は宣言した。

「幻覚が見える!もう本気でやばい!俺は寝るっ!!!」

絵の具もパネルも放ったらかしにして、リビングもキッチンも明かりを点けたまま。
俺は自分の部屋に入ると、引き戸をぴしゃりと閉めた。
部屋の電灯も勿論点けっ放しで、ロフトベッドによじ登って毛布を被る。
俺の出す音が止むと、辺りはしんと静まり返った。
気のせいだ、徹夜続きで俺がどうかしてるんだ……。
そう思い込もうとしていた時。

「…駄目か。」

俺の部屋の戸の前で、はっきりと聞こえた。
無論父親の声ではない、知らない男の声だった。
それっきり、家の中は静かになった。

俺は結局、煌々と明るい部屋でまんじりともせず朝を迎え、
外が明るくなってからリビングをそっと覗いてみた。
勿論誰もいないし、廊下の正面の玄関は鍵が閉まっていて、チェーンも掛けてある。
ただ、リビングと廊下を仕切るドアだけが、ほんの少し開いていた。

974 :気がつかないのは1/2 ◆BxZntdZHxQ :2008/04/11(金) 04:11:47 ID:HLtOgiIW0
“辿り着けない”従姉がいる。
本当に危ない場所には、行きたくても行かれない体質みたいなものだ。
従姉…亜矢ねえの事で、彼女の弟の智宏が話してくれた事がある。

智宏が高校生の頃、つるんでいた友達が住んでいたマンションがある。
四方を居住区が囲み、中央にパティオがある煙突の様な構造。
エレベーターホールの横のドアから中庭に出られる、
当時としてはなかなか洒落た建物だった。
いわゆるニュータウンの中で、住人は他から来た家族ものばかり。
亜矢ねえの中高時代の同級生も何人かいたそうだ。

春先、夜の十時近くまで友達の家にいた智宏がエレベーターを降りると、
脇のドアの向こうに子供がいた。
ドアは真ん中くらいの高さで区切られて、上が透明なガラス、下が霜付きのガラスで、
街灯に照らされたパティオの中程にある、ハナミズキの木が見える。
その下の茂みの向こうで、小さな頭が行ったり来たりしていた。
ああ、こんな時間なのにまだ遊んでる子供がいるなぁ…。
そんな事をぼんやりと考えていたら、何もない場所で蹴躓いた。
体勢を立て直してもう一度見ると、さっきの子供がドアの間際まで来ていた。
仕切りの上、透明なガラスにぴったりと顔を寄せて、智宏を見て笑っている。
転んだ所を見ていたのだろう。
智宏はバツの悪い思いで膝の汚れを払い、苦笑いした。

975 :気がつかないのは2/2 ◆BxZntdZHxQ :2008/04/11(金) 04:13:34 ID:HLtOgiIW0
そこでふと気がついた。
ドアの上にある蛍光灯に照らされた、青白い子供の顔。
でも、仕切りの下、霜付きガラスには何も映っていないのだ。
映っていない!
そこにあるべき子供の首から下が映り込んでいない。
パティオの床の赤茶色の素焼きタイルと、茂みの緑しか見えない。
子供はべったりとガラスに顔をつけているのに。笑っているのに。

うわっ!と小さく悲鳴を上げて、智宏はエレ−ベータ−ホールから転げ出た。

帰宅して姉にその話をすると、亜矢ねえは首を傾げたと言う。
「…中庭に出るドアなんてあったっけ…?」
ドアは確かにあるそうだ。
後日智宏がそこに住んでいる友人に確認すると、
その中庭はいくつかのパターンの“出る”話があると聞かされた。
中庭だとか鯉のいる池だとか、そんな物が大好きな子供っぽい姉が、
パティオの存在に気がつかない訳がないと智宏は思った。
気がつかないのなら、やっぱりそこには…。

976 : ◆BxZntdZHxQ :2008/04/11(金) 04:14:23 ID:HLtOgiIW0
何か焦ってたみたいで、初めて連続投稿に引っ掛かった…カッコ悪orz
長々とスミマセン。
以上です、ありがとうございましたm(_ _)m

977 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 04:41:29 ID:7D826iqUO
乙です。
おもしろかった。
亜矢さんは守護霊か何かに守られてるのかもね

978 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 05:35:06 ID:/4iinN6/0
「死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?」というスレが洒落にならないと
お前らが本気で思ってるとしたら、それはしょうがない(呪いのセンスないけどね)
俺は俺の思った通りに丘板を変えていく

979 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 07:15:39 ID:PmFAJyPvO
何の話や

980 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 08:44:42 ID:MmfBJY420
◆BxZntdZHxQさん 面白かったー
おっさんの「…駄目か。」ってなんだったんだろうね。
その後何もなかった所を見ると、遠慮しがちにでも頼ってついて来てしまったけど
あきらめたって感じ?

981 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 12:20:26 ID:VrzRuHrmO
>>976
乙ですノシ
面白かったですよ〜。俺の知り合いにも辿り着けない人がいるよ。
あるんだよね、そういうのって

982 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 18:21:21 ID:YGGQColW0
知り合いのおっさんが小学生時代に絶対王者だったという本当に洒落にならない怖い遊びの話
だいたい8人ぐらいでやる遊びでいまでいうサバゲーみたいなの
怖いのは使う武器。なんとこれで使う武器とは毎年死者を大量に出しているスズメバチ
それも最も毒性の強いオオスズメバチでないといけないらしい
アシナガバチや普通のスズメバチでは羽を掴むと刺されるしアシナガじゃ刺してもあまり腫れない。
オオスズメバチは動きが他の連中より鈍く捕まえやすくて羽を掴んでも腹が重過ぎて後ろを刺せない
それでいてプクーと腫れるこれ以上ない理想的な武器なわけだ

あとは隠れながら後ろに回って相手の体を刺す。
ただ腕に刺しても面白くないから普通は背中や肩、ほっぺたを狙うとも言っていた。
背中や肩みたいにおしっこがかからない場所に刺すのが一番普通だったとさ
頬っぺたは腫れまくって面白いが反撃を食らうことも多かったらしい。

案外刺されても次の日には普通に登校してきて死者や入院したものは出なかったといっていた
昔は極端に自由だったようで特に問題になったこともなかったとそのおっさんは語った

しかし昔の遊びはマジ怖い

983 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 18:43:57 ID:SuoBsDWD0
新潟じゃ結構有名な坊さんの「良寛さん」も
鞠がどっかに行ったからその代わりに猫を袋につめて、ポンとつけばニャンと鳴くと楽しんでいたというド外道ぶりを披露

984 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 19:12:10 ID:xwgt5ign0
何言ってけつかるが。
良寛さんを悪く言うな。

985 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 19:15:15 ID:UP66pqDw0
次スレどうする?重複スレが残ってるけどそっちを使った方が良いかな?

986 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 20:29:33 ID:WLMHsvWL0
>>985
それで良いと思う。

次スレ
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1206363688/

987 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 21:52:02 ID:zTjjMPqc0
おまいら これ どお?
http://jp.youtube.com/watch?v=-b7xU9_dTzY

988 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 22:14:22 ID:tIOsGNlg0
>>987
それニュースでみたわw
毒抜きして牙抜いたかなんかで安全なコブラとじゃれつかせる健康祈願の儀式だな

989 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 22:22:31 ID:niN1jaXe0
>>986
そんな荒らしが立てた重複スレ使えるかボケ
はやく192たてろや!

990 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 22:26:29 ID:QMwizDl60
じゃあ自分で立てな

991 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 22:39:05 ID:T16teh1eO
埋めまか

992 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 22:51:00 ID:6DgJvRO00
http://jp.youtube.com/watch?v=s6Eg-rizHsg&feature=related

まだこっちの方がおもろい

993 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 23:00:12 ID:c2SAto5RO
うめぇ〜
めぇ〜
ぇ〜


994 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 23:12:51 ID:ffDfmDMo0
友達と遠出した時。わんこそば食おうって話になって行ったんだ
順調に20杯ほど食ったとき、口の中に「パリッ」という違和感
でもそばはどんどん追加される
合間をぬって違和感の元を確認したら…まぁ分かるよな。ヤツの破片がでてきたんだ

995 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 23:27:49 ID:CjDSi8TzO
いやぁぁぁ

996 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 23:28:45 ID:Xwl01WSCO
なにかおきる

997 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 23:33:16 ID:C3lrRqjMO
ザ ゴキブリ

998 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 23:36:50 ID:niN1jaXe0


999 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 23:37:11 ID:niN1jaXe0


1000 :本当にあった怖い名無し:2008/04/11(金) 23:37:32 ID:niN1jaXe0
激参上!!!

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

383 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)