5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

幽霊は本当にいるのか40(いないのか)

1 :幽霊の存在を科学的考察(笑:2008/03/24(月) 18:06:28 ID:bYbPjLml0
幽霊の存在を科学的考察するスレ
(スレタイの「いるのか」は「科学的に存在するか」という意味です)

独我論(「実在するものは自分の自我だけであって、他我およびいっさいのものは、
自分の自我の意識内容として存在するにすぎぬという立場」哲学事典(平凡社)より)
の立場から議論したい人は、哲学的考察を扱うスレに行くか、そのようなスレを立てて
議論してください

だそうです

幽霊は本当にいるのか39(いないのか)
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1204257568/

2 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 18:07:12 ID:bYbPjLml0
テンプレらしきものは↓に誰かお願いします

3 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 18:14:41 ID:JF1koPsf0
日時 4月5日(土)14時くらい〜
場所 上野恩賜公園
内容 花見
予算 未定
集合 JR上野駅・公園口改札外
連絡先
lounge_moco@hotmail.com
sweepingshow@docomo.ne.jp

※飲酒運転禁止、傷害事件禁止

4 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 18:15:07 ID:JF1koPsf0
■参加者
○名無しさん3号(>>109
○名無しさん7号(>>347
○リスミー
△でつ
○くるっぱ
△三毛嵐ジュナ
○ヘイボーン
△秋葉原からきたプロニート(スポンサー募集中)
△(*o・_・o)<ふぃあ!
○マスクマン
○芦
○ばみゅ
○モコ


5 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 18:15:48 ID:JF1koPsf0
削除対策連絡先
0q016080870


6 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 18:18:45 ID:9onYba7H0
少し見ない間にテンプレかわったんだね

7 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 18:24:46 ID:n8F2RWRN0
■花見オフ■2008
誤爆みたいじゃのう

8 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 18:45:16 ID:m/jn8JnCO
わざとだろ

9 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 19:03:34 ID:VWbfbTLQ0
なんだかなー

10 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 19:23:16 ID:sE6k3KwG0
GODスポットがGスポットなのは理解した

11 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 19:28:28 ID:MyfcoQ760
【「幽霊と考えられるもの」についての仮説分類】

A.内因性
 1)恐怖や暗示等の心理的要因による幻覚
 2)神経ネットワークの伝達誤り
 3)記憶の書き換え
 4)認識の再構成

B.外因性
 1)既存科学の範疇と考えられるもの
  ・電気信号(発信源との接触を前提)への反応
  ・電磁波信号(発信源との非接触を前提)への反応
  ・空気振動波(音波等を含む、発信源との非接触を前提)への反応
  ・薬物&化学物質の影響
  ・自然現象の誤認
 2)既存科学の埒外と考えられるもの
  ・異次元からの干渉
  ・死者の魂
  ・残留思念が焼きついたもの
  ・生者の超能力による
  ・人間以外の高等知性の干渉
   (以下略)

12 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 19:28:55 ID:MyfcoQ760
>>2の補足

・「幽霊の正体みたり枯れ尾花」はA.1)に分類
・薬物の影響や神経回路のノイズ、相矛盾する信号同士のデッドロック等はA.2)に分類
・目撃者同士で情報交換を行うことで、各々の記憶が整合性を持つよう事後に
 改変されるという例をA.3)に分類。これは「複数で同じものを目撃とした」
 という体験談を 説明する仮説として過去のスレで議論された
・「願望」等により「幽霊はいる。幽霊はいるに違いない。だから見えるはず。
 ほら見えた!」(実際は何かの誤認)となるケースはA.4)に分類
・静電気説はB.1)の「電気信号への反応」に分類
・パーシンガー仮説はB.1)の「電磁波信号への反応」に分類
・岐阜ポルターガイスト現象の原因とする者もいる「低周波振動の影響」は
 B.1)の「空気振動波への反応」に分類
・幻覚剤やアルコール等によって幻覚を見たケースはB,1)「薬物の影響」に分類
・プラズマやリン燃焼等の発光現象や蜃気楼を誤認するような例は
 B.1)の「自然現象の誤認」に分類
・「俺の怨念が闇の力…」はB.2)の「生者の超能力による」に分類
・「宇宙人(略)ホログラム映像」はB.2)の「人間以外の高等知性の干渉」に分類
・B.2)は他にもバリエーションががあるが、きりがないので「以下略」とした

前スレで追加あったかもしれないから、心優しい人、追加よろしく。

狢さんごきゅろうさん

そういうわけで、過去スレを見やすうした
ttp://nanasi.mujina.info/mujinabunko/2chirunokasure.html

くれぐれも、心臓の弱い奴とか、健全な心の持ち主は逝かんように  きっしっしっ

13 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 19:29:37 ID:MyfcoQ760
このスレでは、>>11-12で挙げられた「幽霊と考えられるもの」の総称を「UO」と呼ぶ

「UO」は「Unidentified Object(未確認対象)」の略
読みは「ユー・オー」とも「ユー・レイ」とも読む

らしい

14 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 19:29:59 ID:MyfcoQ760
幽霊が幻覚かどうかはさておき…


幻覚の種類
@聴覚 A視覚 B嗅覚 C味覚 D触覚

幻覚の原因
@脳の器質性
A薬物性
B精神疾患
C心因性
D全身疾患
E継続的感覚遮断状況


(考えた人:獣の人)



新説を持ち出したい人へ…


このスレで相手にされるには、別に解明されている必要はない
次のうちいずれかがあれば良い

・その仮説を採用すると、すくなくともがいしゅつの仮説よりも
 幽霊現象を説明するときにつじつまが合う部分が多い(論理的根拠)
・もしその仮説が真であれば、○○という現象が観測されるはずであり
 それは実際に観測されている(自然の観察結果)

(考えた人:29スレの709)

15 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 19:30:55 ID:MyfcoQ760
こうでいいのかな、コピペなんだけど。

16 :悪魔 ◆M6R0eWkIpk :2008/03/24(月) 19:37:42 ID:Qdys/07J0
幽霊の根源ってこんな感じだったんじゃね?


科学ではまだ解明されていない自然現象

「何これ?不思議w」

「死んだ先祖の力じゃね?」

「死んだ先祖の魂だなこりゃw」

「幽霊って名づけよう」

「よし広めるぜ」

幽霊の完成


この位単純な出来方だと思う
んで周りの人たちも
まだ科学では解明されていない自然現象を体験して
「やべぇw誰かが人の魂とか言ってたぜw」
的なノリで広まっていった気がする....〆(・ω・` )カキカキ

17 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 19:46:52 ID:sE6k3KwG0
>>13
ウルティマオンラインなのは理解した

18 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 20:56:18 ID:Hl9sUc2A0
幽霊ねぇ。よく亡くなった家族とかがそっくり同じ姿で
出てきたとかいうけどこれはおかしいよな。
もっと若いときの姿で出てきても不思議じゃない。
じゃあなぜその姿で現れないか。
それはもちろん見たことがないからだ。
見たことがないものは出てこないよねぇ。
ガキの頃、心霊番組とかで見た「幽霊」というのが記憶されてて
それに似た幽霊とかしか現れないじゃん。
「幽霊」とはこういう姿形が常識だ これにとらわれすぎているから。

19 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 20:56:52 ID:MyfcoQ760
>>17心の片隅で思ってたことを言っちゃだめぇ!

20 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 21:18:10 ID:xHXfFoNB0
>>18
丹波先生も霊界では好きな姿(年齢とか)で
生きていけるって言ってたしね。

21 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 21:39:40 ID:GoOHnaB60
日曜夜の「ガキの使い」のヘイポーを見ていて、
幽霊がいるって信じているのはこういうヘタレな人なんだろうなーって思いました。

22 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 21:52:13 ID:4fzyT3Y4O
幽霊じゃないけど人魂考いいか?

これは母から聞いた話だけど彼女の性格から考えるに信憑性はかなりあると俺は思っている。
またそれを目撃したのが十人以上いたらしい事もその話に信を置く理由だ。
しかし他の目撃者に実際会って話を聞いたわけではないことがこの話の弱いところであることは素直に白状する。

23 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:05:03 ID:OoRLUXtZ0
>>22
人魂なら西丸震哉が実際に木曽御岳で目撃してかなり詳しい考察をしているな
この人、理系なもんだから人魂を飯盒で捕まえて調べようとしたら底からすり抜けたとか

捕獲に失敗したもんだから腹立ちまぎれに殴ったら弾かれて飛んでいったので、
よくよく観察してみたら、岩はすり抜けるが草に当たると反発して跳ね返っている

なるほど、有機物はすり抜けられぬのかと思い
今度来るときは飯盒の内側に麹(カビ)を塗って捕まえてやろうと思ったそうだ

24 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:10:55 ID:dF+Ec9FT0
幽霊を信じている人は客観的な証拠を出せばいい。
客観的な証拠以外の発言は全て無意味。

25 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:13:33 ID:4fzyT3Y4O
それは母が小学生(尋常小学校?)の高学年の時だから昭和十年代の後半だ。
東京山手にある学校の校庭での出来事。
その日母は友達と校庭で縄跳び等をして遊んでいたそうだ。
それが昼休みなのか放課後なのかわからないが校庭には他にも多くの児童、教師が遊んでいた。
そのオレンジ色の物体は野球ボールくらいの大きさで、母の頭の少し上を飛んでいたそうだ。

最初に気付いたのは誰だったのか。
校庭にいる児童の一人が、アッと声を上げて頭上を指さしたそう。
皆が指の先を見るとその物体が空中にあった。
その時校庭にいる皆が、児童の相手をしていた教師も見たそうだ。

26 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:15:18 ID:4fzyT3Y4O
ゴメン風呂入ってくる。

27 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:21:40 ID:GoOHnaB60
>25
その話って前にも読んだ希ガス

28 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:39:47 ID:sE6k3KwG0
>>19
うお!すまぬ


オレンジ色でジグザグというか
ムチャクチャな飛び方の飛行物体なら見たことあるけど
UFOじゃなくて人魂だったのかも
でも距離感からするとかなり上空だったような・・・

29 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:43:10 ID:dF+Ec9FT0
>UFOじゃなくて人魂だったのかも
2択かよ。
何故、最も可能性が低いものを選ぶ?


30 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:43:22 ID:mmCEFIdNO
ヘイポーわろたww

31 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 22:52:48 ID:sE6k3KwG0
>>29
未確認の飛行物体はUFOだよ

宇宙人の乗物ですとか判明した時点でUFOではなくなる

32 :チン・カース:2008/03/24(月) 22:53:46 ID:Q66gXj9/O
俺はここのテンプレでいう内因が真実だと思っている。
たしかに未知の自然現象等の外因も考えられなくはないが、
幽霊と言われているモノについては、まず無いだろう。
科学の未熟さを突くのもイイが、それにしてもおかしいだろう。

前にも書いたが実在するのであれば、

・死に関わる事であり、研究の対象として申し分ないハズである
・長きに渡り騒がれている
・視覚で捉えられないモノも確かに存在は確認されているが、
幽霊は少なくとも視覚で捉えられる人がいる
・かなりの数の報告例がある

にも関わらず幽霊の存在を示す確かなモノの片鱗さえ見当たらない。
肯定したい人は、片鱗はあるじゃないかと言うかも知れないが、
実際のところ無いに等しいんだよ。

科学が解明できてない事、気付きもしてない事は確かに腐る程あるだろうが、
そういうモノと幽霊は上記の点からも既に違うんだよ。

33 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 23:01:50 ID:dF+Ec9FT0
肯定派は幽霊の客観的な証拠が1つも無い事の胡散臭さに気付けよ。
普通におかしいだろって。おかしいと思わないのはマスコミに洗脳されているから。

34 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 23:05:48 ID:dF+Ec9FT0
>UFOじゃなくて人魂だったのかも
君自体がUFOをエイリアンクラフトの意味で使っているよね。
人魂と確認されていない以上は人魂らしきモノもUFOだよ。

35 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 23:10:04 ID:sE6k3KwG0
人魂は生き物っぽいじゃん
物体っていうと非生命体というニュアンスというか・・・
宇宙人が乗ってなくてもNASAの機密兵器とかいろいろありそうじゃん
未来人の乗物とか

36 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 23:17:21 ID:GoOHnaB60
「人魂=UFO(宇宙人の乗り物)説」を展開したいのなら
幽霊肯定派からも否定派からも支持は得られないんじゃないかな。
UFOスレへ行った方が良くないか。

37 :本当にあった怖い名無し:2008/03/24(月) 23:35:45 ID:4fzyT3Y4O
正直それが人魂あってもなくてもどちらでもいい。
それまで俺は人魂というと映画に出てくるようなフラフラと飛ぶものだと思っていた。
俺が興味を持ったのはその飛び方だ。
まさしく>>28が言うとおりそんな飛び方だった。
スッスツと直線的に角度を変えながら上下して飛んでいたそうだ。

その話を聞いたとき正直小型のUFOじゃねぇのと思った。
MIBに出てくるチッコイ宇宙人が乗ってる方がまだしも現実的だ。

鳥で言うならヒヨドリやカラの飛び方に似ているかもしれない。
ただ燃えながら飛ぶ鳥などなおさら非現実的だ。

人魂を考えるとき燐とかプラズマとかが上げられるけどそこに第三の可能性はないだろうか。

誰かこんな自然現象やこんな飛び方をする生物を知っている人いる?

先に飯盒にで人魂を捕まえようとした人の話、その同じ本の中に似たような飛び方をする人魂話もあったような気がする。
俺の話はこれでおしまいです。

38 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 00:09:31 ID:PPU2/Kc9O
>>33だから現在の科学では実証は出来ないんだって
よって客観的に語る事も出来ない


と言うと
「だから居ないんだ」と否定派

「じゃあ否定派が心霊スポット突撃すればいいじゃん」
と肯定派

「不審者が怖いからやだ」と否定派

「じゃあひとりかくれんぼしてくれ。なんか爪とか血とか皮膚入れたら出やすいらしいから」と肯定派

「だまれ荒らし。」と否定派

最近はこの流れだなー

39 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 00:17:54 ID:s5Oap/At0
>>38
「現在の科学では実証できない」って誰が決めたの?
実証したくても現象自体が無い状態なんだよ。
科学で実証出来ないのではなくて、実証する現象すら無いの。
そこ間違えちゃダメ。

40 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 00:22:34 ID:fMRF6GIQO
無駄な議論だとは思わないのか?

41 ::2008/03/25(火) 00:55:06 ID:Rem8nPr80
特に思いません

42 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 01:46:10 ID:6nozAsMjO
そもそも否定派からすれば、いないのが前提なんだから
幽霊がいるかいないかの議論自体無意味

>>39
じゃあ実証するには何をどうするか教えてくれ
それは肯定派が考える事、みたいな残念な答え以外で

43 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 02:07:37 ID:PPU2/Kc9O
>>39
否定派が嫌がるが現時点での実証方法

@否定派数人で心霊スポット突撃取材 不審者対策の為に武器もちゃんと装備で

ケータイで撮影すること。

実証の基本は何回か繰り返してやる事だ

A否定派何人かでひとりかくれんぼ(髪、血、皮膚を入れて)を実況。 家族と同居の人は家族にも影響が出るかもしれないと言われているからそのへんも検証。

これはケータイの撮影をやる場面が決まってる、というかちゃんと行っているかという意味での動画UPをして三十分に一回写メ、動画UP

これも何回か繰り返す。

44 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 02:24:21 ID:z+x5ADs70
別にそれ否定派じゃなくてもいいだろ

45 ::2008/03/25(火) 02:25:25 ID:Rem8nPr80
ばかだなあ。

たとえば「裏金は存在しない」と言ってる官僚に裏金の調査をさせて
「やっぱり裏金はなかった」と言わせて意味があるか?

そんなもん、何かあっても「ありませんでした」と言われればそれまでだろ。
金縛りにあっても「金縛りにはなりませんでした」と言えばいいし、
ケータイで撮影した画像に何か写っていても「光の反射だな」と言うだけだ。

46 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 02:37:22 ID:CBgg67Ad0
っていうかVIPの乗りだけで楽しんでる実況スレだろ?
実況スレってオカ板で立ててもよかったっけ?

47 ::2008/03/25(火) 02:38:56 ID:Rem8nPr80
「おまえ怖がってたじゃん」「腰が引けてた」と言われれば「野犬の鳴き声が聞こえた」とか
「俺は蛾がなにより嫌いなんだよ」とか「足下が凸凹だからだ」と言うだけである。

48 ::2008/03/25(火) 02:40:10 ID:Rem8nPr80
スレそのものは実況に立てればいいんじゃない?

49 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 02:51:16 ID:F/vcHO4Z0
寝る前にちょっと寄ってみた。
怖がらせることと、存在を実証することって、なんか関係あんの?
以下↓持論

幽霊の存在を、現代科学で実証する方法はまだわかっていない。
しかし幽霊のひとつは、実は枯れ尾花だったことが既に実証されている。
つまり存在を実証できないものこそが幽霊の正体なわけさ。
実証された時点で、それは幽霊でなくなる。
すなわち、幽霊は存在しない。

50 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 02:54:11 ID:4oDxQjSW0
後に言われるトートロトトロの時間の発見である

51 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 02:57:25 ID:kTONgYFz0
正直言葉遊びなんてどうでもいい
なんつーか
科学的には存在しないんだろ
要するに人間の科学の程度にはひっかからないから、証明できないてこった

なんかさ、幽霊が絶対存在するって言い切るのも痛いが
科学で証明されて無いから、俺が見た事が無いから、
絶対居ないんだってのも、かなり幼稚な発想だ
科学がなんぼのもんで、お前は何様のつもりだって、思っちまうよ

そういうおいらは、いくつか不思議な経験してるんで
なんかはあるんだろうと思ってる輩ですが、何か?

52 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:00:09 ID:XSIgz8CCO
10スレ前くらいに提案した気がするんだがw
スレタイ変えた方がよくないか?
幽霊と言うとかなり限定された言い方になってる気がする。
別の解釈のしようもあるのだろうが、一般的に死んだ人が化けて出るもののことを指してるよな
そうなると流石に胡散臭いし否定的にもなる
でも心霊現象はあるのか?の問いには可能性も高いと思うし検証する気も出る

53 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:02:10 ID:6nozAsMjO
実験するなら否定派のみ、肯定派のみ、否定派肯定派混合の3チームぐらい作って、
気象条件とか分からんが1年通して、同じ場所に数度行く
それぐらいやらんと、否定派も肯定派も言い逃れは幾らでも出来る
ただ、こんな実験やれるのはよっぽど暇なやつだけだなw

>>52
そんな変わらなくね?

54 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:03:32 ID:F/vcHO4Z0
言葉遊びと言われてしまったw
長い歴史を鑑みても、幽霊の本質を非常に良く表現していると思ったんだけどな。

55 ::2008/03/25(火) 03:03:52 ID:Rem8nPr80
>>49
> 幽霊の存在を、現代科学で実証する方法はまだわかっていない。
> しかし幽霊のひとつは、実は枯れ尾花だったことが既に実証されている。

「幽霊のひとつは枯れ尾花であることが実証されている」ではなく
「幽霊と勘違いされたもののひとつは枯れ尾花であることが実証されている」が正しい。

> つまり存在を実証できないものこそが幽霊の正体なわけさ。

「幽霊の正体のひとつは枯れ尾花であることが実証されている」という
2行目と矛盾しています。

> 実証された時点で、それは幽霊でなくなる。

枯れ尾花と実証された幽霊は幽霊ではなくなる。その通り。

> すなわち、幽霊は存在しない。

「枯れ尾花と実証された幽霊は存在しない」が正しい。
枯れ尾花であると実証されていない幽霊はその限りではない。

56 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:06:52 ID:F/vcHO4Z0
「枯れ尾花」は、ただの例えだよ
もうすこし行間を読んでくれ

57 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:08:01 ID:F/vcHO4Z0
理論的に存在を証明したわけではないんだよ

58 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:09:32 ID:XSIgz8CCO
>>53
心霊現象って言い換えることで、少しは歩み寄れてギスギスしなくなると思うんだがな
心霊現象=不可思議な現象であって、幽霊とイコールではないんだし
飽くまで個人的な感覚だが

59 ::2008/03/25(火) 03:11:46 ID:Rem8nPr80
「未確認飛行物体」というのは確認されれば未確認飛行物体ではなくなる。
よって、科学的に存在が実証された未確認飛行物体は存在しない。

しかし、霊にはこのロジックは通用しない。
なぜならいまのところ、霊には「未確認であることこそがアイデンティティ」という
性質は必須ではないからである。

「未確認飛行物体」と「エイリアンクラフト」は違うというところからはじめよう。

60 ::2008/03/25(火) 03:15:17 ID:Rem8nPr80
前々スレあたりで提案したのだが、用語の曖昧さをどうにかしたいんだよね。

心霊が原因で起こる現象→心霊現象
心霊以外の未知の何かが原因で起こる現象→心霊外超常現象
偶然や錯誤が原因なのだが、心霊現象だと勘違いされている現象→錯誤心霊現象
嘘やトリックが原因で、心霊現象だと思い込まされている現象→虚偽心霊現象

こんなふうに定義すればもうちょっとすっきりした議論になると思うんだが。

61 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:15:49 ID:PPU2/Kc9O
>>53肯定派は幽霊怖いから行きたくないだろ
だから否定派で行ってもらうべきかと。

やっぱそのへんを考えると一人かくれんぼがベストっぽいな。 交通費もいらないし

62 ::2008/03/25(火) 03:17:04 ID:Rem8nPr80
だから否定派が行っても「何もなかったよ」と言うだけに決まってんだろw

63 ::2008/03/25(火) 03:17:50 ID:Rem8nPr80
「ライオンが恐いからライオンのいるところには行かない」なんていう
ライオンの研究者はいないだろw

64 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:18:39 ID:PPU2/Kc9O
>>56もっかい自分のレス読んでみ

65 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:22:29 ID:PPU2/Kc9O
>>62だからひとりかくれんぼなんだよ。 交通費いらないし参加者居る時に入ったらいいし。


66 ::2008/03/25(火) 03:24:06 ID:Rem8nPr80
それで何が起ころうとも「なんかの勘違いだろ」って言うだけだっつのw

67 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:31:10 ID:CBgg67Ad0
なんでそんなに一人かくれんぼにこだわるか解らない。

68 ::2008/03/25(火) 03:32:43 ID:Rem8nPr80
だいたいひとりかくれんぼして死んだ奴とか発狂したやつとか身の回りにいるか?
心霊スポットに行って死んだ奴とか発狂した知り合いはいるか?

69 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:34:31 ID:F/vcHO4Z0
>59
>「未確認であることこそがアイデンティティ」という性質は必須ではない
あんま難しいこと言うなよ、悩んじまったよw
俺が言いたかったのは、

霊だと思ってたら実は○○だったっていう歴史を繰り返していることから考えても、
霊ってのは「未確認であることこそがアイデンティティ」なんだろうな。

ってことなのですよ。
わかってくれてるとは思うけど。

70 ::2008/03/25(火) 03:37:34 ID:Rem8nPr80
そんなことはない。
もしかしたら人が死ぬと未知の素粒子が脳から放出されて、何らかの意識体に
なるのかもしれない。

それを科学的に検出できるようになったとしても、やはりそれは霊であろう。
「科学的に実証されていない霊」から「科学的に実証された霊」になるだけの話だ。

71 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:48:07 ID:6nozAsMjO
>>69が言いたい事は分かるが、意見とすればにが正しいな

72 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:48:29 ID:F/vcHO4Z0
>>70
納得した。
が俺の考えでは、それは実証された時点で霊ではなくなってる。

73 ::2008/03/25(火) 03:49:05 ID:Rem8nPr80
>肯定派は幽霊怖いから行きたくないだろ

俺の身の回りにもオカルト好きは多いが、心霊スポットに行って原因不明の不幸に見舞われた
奴はひとりもいない。
しかし、繁華街で歩行中に車にひかれた奴は2人いる。

実害がほとんどない幽霊を怖がるくらいだから、それ以に実害がある自動車なんて
恐ろしくてたまらん存在だろ。

肯定派は横断歩道を渡らんのだろうか。

74 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 03:56:41 ID:6nozAsMjO
>>72
じゃあ確認された幽霊は何になるんだ?

>>73
何にだって実害はあるし、怖がりでなくたって心の奥底では実害を知っている
問題は実害を利益と計りにかけて、どちらが重いか
「怖いから行きたくない」て理由とは違うが、
心霊スポットにいっても、怖がり損のくたびれもうけ

75 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 04:00:20 ID:F/vcHO4Z0
>>74
枯れ尾花に決まってんだろ、どあほ

76 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 04:03:38 ID:6nozAsMjO
クッ……バカだと思ってたやつにどあほと言われるとはっ……!

77 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 04:07:41 ID:F/vcHO4Z0
まあただの突っ込みだよ
とりあえず考えの相違が>>72に集約されてよかったw

78 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 05:18:09 ID:ES4FjHXC0
http://imepita.jp/20080325/182730

79 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 05:52:00 ID:3rG8XQWXO
幽霊さんはいません。


80 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 06:19:25 ID:fRkJuXCz0
>>77うーん・・・・・・実証された時点で霊ではないってことは、何になるんでしょうか?
あなたは人の魂と信じられている幽霊とまた別に「霊」のカテゴリーを作ってるんでしょうか。
>>77で考えの相違が>>72に集約されていると言っていますけど、私にはよく分かりません。
私の頭が悪いのもあるでしょうが、少しまだ言葉が足りないように思います。
あなたの考えを、もう一度丁寧に説明してもらえないでしょうか?

81 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 07:20:48 ID:F/vcHO4Z0
>>80
>あなたは人の魂と信じられている幽霊とまた別に「霊」のカテゴリーを作ってるんでしょうか
ギクッ。実は「金星人に決まってんだろ、どあほ」にするかどうかちょっと迷ったんだよねw

まとめると普通で面白くないかも。
「に」が言うように、人の魂が体から離れて存在することが、実証される可能性はゼロとは言い切れない。
しかし幽霊とはなにかと考えたとき、それは科学の進歩や思想の変化によって、次々と違う枯れ尾花の
発見を繰り返すような、そんな実体のない物事なのではないか、と私は考えている。

82 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 07:48:39 ID:fRkJuXCz0
>>81いえいえ、面白くないことはありませんよ。自分と違う意見はそれだけでも面白いです。
そして不覚にも、金星人で吹きそうになりましたww火星人でなく金星人を選ぶとは。
でも確かに、幽霊が人の魂という確証もまたありませんからね。

ただ、実証した時点で幽霊じゃない、というところが引っかかってしまって。
私自身幽霊を見たことがないので、時代によってイメージの違う幽霊に、半信半疑な部分もありますけど。

それにしても、次々と違う枯れ尾花ですか。
私は、幽霊をきちんと観測できる技術があれば何らかの形を得られるだろうと思っていたので、こういう考えは面白いです。
具体的にどういう技術が必要なのか、私には全くわからないのが恥ずかしいところですが・・・・・

83 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 08:29:53 ID:PDXPvc90O
>>60
それいいと思うんだが
幻覚、精神疾患とかは錯誤でいいのかな?

84 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 09:20:33 ID:kdgvAGNl0
>>58
それ俺も分かるわ
つまり幽霊ではなく上で言うウルティマオンラインにするんだろ?
だけどそれをしてしまうと酷くつまらなくなる気がするんだよな

85 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 09:35:34 ID:PPU2/Kc9O
>>68じゃあそれも検証してくれw

>>73お前はもし俺が「俺、東大文1なんだよね」って言ったら信じるか?

86 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 09:45:59 ID:kdgvAGNl0
>>85
例えば一人かくれんぼやって普段見ないものを見たとしてそれが何になるの?
否定派は「それは幻覚だろ」肯定派は「幽霊見たんだって!」
とありきたりな返事を頂くのは目に見えている。
それじゃあ一体験談として終わってしまうだろ。
それを体験した本人も幻覚が幽霊か明確な判断もできないしな

87 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 09:49:59 ID:PPU2/Kc9O
>>82今と昔の幽霊に対するイメージの違いって何[ 雨月物語とか見ても今と大して変わらんと思う

88 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 09:58:11 ID:PPU2/Kc9O
>>86否定派必死w さっさと御祓いいけw ってレスが大量に書き込まれると思うぞw


それじゃあ否定派肯定派で心霊スポット行っても一緒じゃん 幽霊出たら「集団ヒステリーだ」とか言うだろ

大槻とか見て思うんだが、否定派は何でそこまで幽霊を必死に否定するんだ?


89 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:00:23 ID:8v5BzvvSO
心霊スポット云々の話が出てるけど、
なんで肯定派と否定派が別々にやることになってるの?
見えるという肯定派と、幽霊の真実を知りたい調べたいと思っている懐疑派が組めば最強だと思うんだが。


90 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:04:44 ID:6qFOWPyU0
江戸時代くらいには鎌倉武士や室町武士の幽霊を見たという話が盛んにある。
鎌倉時代には原始人、そのときは知られてないが今で言う原始人や恐竜の幽霊が
盛んに見られている。
時代時代に固定観念がある。もう少し色々な霊を見ても良いはずなのに。
幽霊が居るか居ないかで言うと、居た方が救いはあるだろうね。自分が死んだ後にも
全てが終わるわけではないと。ただうちでは最近人が死んだが、火葬前の顔合わせを
して、物の一時間後に遺骨になった姿を見たとき、死んだら終わりだと感じた。幽霊も
へったくれもなく全てが無になると。大切にしていた物も焼けて肉体も焼けて骨となる。
その後しばらく立つが、幽霊的な存在もみない。死んだ後に夢に出たり幽霊になったりして
姿を現すかと思ったが現れない。仲が良かった親族なのに。
結局は無なんだろうな。全てが停止して完全な無になるのが死だ。あの世の定義だって
国や宗教によって違うし、誰一人あの世を見た人は居ない。普通に考えるとないんだろう。
有るとしたら釈迦や仏陀やキリストやアラーがあの世で勢力争いしていて、結局は現世と変わらぬ
戦乱の天国なんだろうね。死なない配下を使い永遠の戦いを繰り返すような。
幽霊は存在しない。江原だって居ない事を証明しただろ。女優さんを見て、死んだお父さんが・・・と
言ってたら後日お父さんは生きていたことが判明したって。インチキなんだよ全部。

91 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:11:24 ID:PPU2/Kc9O
>>89否定派が存在する限りその組合せで行ったところで…だな。

俺的に否定派の一人かくれんぼ検証がベストなんだよなぁ 何か起きて否定派が「幻覚だ」って言っても何か起こるって言う事実は残るし

心霊スポット突撃は交通費かかるし肯定派は嫌だろうしな。



92 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:21:31 ID:8v5BzvvSO
>>91
「否定派ひとりかくれんぼ」は、実は肯定派の偽装という可能性が捨てきれないからなあ。
心霊体験談と全く一緒で、作り話でも検証できない。
その点、複数人でやるオフはまだマシだ。
肯定派が嫌がるってのはよくわからんなあ。
怖いから?

93 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:21:45 ID:PPU2/Kc9O
>>90恐竜の幽霊ってどうやって幽霊って判断するんだよw まず恐竜って判断出来るのか?


江原や細木を信じるのは肯定派じゃ無くてそのへんのババァだろw 2ch見てたら解るだろw

94 :脳無しボケ顔野郎:2008/03/25(火) 10:24:39 ID:Rnc/Fy3y0
人魂系でお悩みの方は、前スレの700位を読んでみるといいぉ。
自分も見たです。 自分はちっちゃいUFOと硬く信じていたけど、
周りからは「人魂だ。」と言われ続けてきますた。
実際なんなのアレ?っとず〜っとモヤモヤしてたけど、前スレで救世主現る。

「人魂の正体見たり ”球電(きゅうでん)”」

球電でググって見ると、動画も見れますぜい。

この球電の例もあるように、”珍しい自然現象”を幽霊と思う事もあるんジャマイカ?
それに ”珍しい自然現象”って〜のは、どうやったらそうなるのか・・・なんて事も
まだ解っていないのですよ。

実際 自分が球電見たときは、雷なんて鳴ってなかったし・・・
だけど 夏場だったから否定しきれないし・・・
自分が見たものだと、めちゃくちゃ高エネルギーらしいし・・・

まぁ。確認済み未解明自然現象ってとこなんでしょうかねぇ。
っと言う事で 行ってきまふ。ノシ


95 ::2008/03/25(火) 10:26:57 ID:Rem8nPr80
>>91
> 俺的に否定派の一人かくれんぼ検証がベストなんだよなぁ 何か起きて否定派が「幻覚だ」って言っても何か起こるって言う事実は残るし

ひとりかくれんぼをすると、やっている間は聞き耳を立てている状態になるので、普段なら
気づかないorスルーしてしまうような自然音や建造物のたてる音が気になってくる。

という事実が残るだろうな。


96 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:27:04 ID:PDXPvc90O
>>88
肯定派は〜だ、否定派は〜だ調のレスは大抵逆も言える
君のレスだって、肯定派は否定派が出した幻覚等の可能性を必死に認めようとしない、のように言い換えられる

97 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:29:02 ID:PPU2/Kc9O
>>92そこまで言うんならそれでいんじゃね?

否定派懐疑派肯定派で心霊スポットオフ

でも一応検証なんだから何回か通わないとな。

場所とかどうするんだ?



98 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:36:16 ID:PPU2/Kc9O
>>95否定派はそもそも幽霊を否定してるんだから何聞こえようがいいんじゃね?


99 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:37:11 ID:igs0PJU/0
http://youtube.com/watch?v=07yzKYS3L2U

100 ::2008/03/25(火) 10:42:32 ID:Rem8nPr80
ひとりかくれんぼに近い現象は、登山家などはみな経験している。

ひとりでテントで寝ていると、どんな高地にいても外に人がいるような足音や声を
感じることがあるそうだ。

入れ歯の人が入れ歯を外して会話するとフガフガするので聞き取りづらいが、
それでも何を言っているのかを聴き取ることが可能です。
これは、脳が、聴いた事の無い音であっても、その音が、いままでに聴いたどのような
音に近いかを判断して脳内補正をかけるからなんですね。

しかしこの機能には問題があって、判断力に問題のある場合(睡眠不足、体力低下、
暗示や先入観にとらわれているなど)には、自然音などに対しても脳が補正をかけてしまい、
「偶然に枯れ葉がリズムよく、風でカサッ、カサッ、カサッと鳴る」というような音を聴いても
脳が「靴音である」という判断を下してしまったり、偶然に「シュークリーム」と同じ
イントネーションやリズムで「ひゅーううーう」と風音が聴こえると、外で誰かが
「シュークリーム」と言ったように聴こえてしまうのである。

101 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:42:57 ID:ZUoecmui0
心霊スポット探検で何も出なかった場合はどうなるの?出るまでやるのか?
あるいは参加者に霊感がある人がいれば見えたけど、霊感がない人ばかりなので
見えなかった場合もあるかもしれない。
肯定派で俺には霊感があるっていう人に参加してもらわないと意味ないんじゃないかな。

102 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:44:44 ID:6qFOWPyU0
>>93
恐竜の幽霊=酒呑童子などに代表される化け物的な存在です。
あれ実はトリケラトプスの幽霊と言われてます。または当時まだ生息していた
トリケラトプスと言われている。
幽霊は存在しないとは考えてる。ただし幽霊とかではなく、人は死んだら無になるが、
まだ人の知らない何かがあるような気がする。幽霊と言う言い方でも良いが、そんな
単調な物ではなく、人の想像の届かないものではないかと。
生命体だって実際には宇宙には無数にいると思う。でも宇宙人の幽霊を見たという人は
オレの知る限り数人しか見たことない。江原さんは東京の一角に魔界への入り口があり
そこで地獄の鬼や怪物を見たことがあると語っていたが、宇宙人はないらしい。
あの世の証明が出来ないと幽霊の証明は難しい。
オレとしては幽霊とかそんなつまんないものではなく、なにかもっと凄い何かがあると
思うんだよ。無にこそ真実の存在が隠されていると思う。

103 ::2008/03/25(火) 10:48:52 ID:Rem8nPr80
(σ゚∀゚)σ ムニ

104 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 10:51:55 ID:9P4RECrPO
なぜ例がシュークリームw

105 ::2008/03/25(火) 11:00:15 ID:Rem8nPr80
登山中に聴こえる事はほぼ絶対ない言葉を選んでみたw

106 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 11:13:04 ID:iGaXUBYG0
否定派の新参です。ちと質問。
肯定派の意見で結構論理的に筋が通ってると思えるようなカキコってどっかある?

あったら教えてほしい。読んでみたい。

107 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 11:26:15 ID:6nozAsMjO
>>101
それはそれで数度実験しないとな
自称幽霊見えるやつがいたからといって、
毎回見えると勘違いする否定派がいないとも限らん

108 ::2008/03/25(火) 11:26:19 ID:Rem8nPr80
えーと


ない

109 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 11:29:41 ID:C6wFXRe70
>>106
つ ttp://nanasi.mujina.info/mujinabunko/2chirunokasure.html

110 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 11:55:24 ID:8v5BzvvSO
>>101
その通り。
見えると言う人に、いる場所を指示してもらって調査するのがベスト。


111 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 12:00:17 ID:kdgvAGNl0
>>88
必死というか多分構っての一種だな
「霊感持ってる」とか言うやつと同じ

>>109
それは自夜のことを言っているのかそれとも
そこから探せといっているのか
自夜自体は肯定派としても異質な意見だからな

112 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 12:01:30 ID:iGaXUBYG0
>109
うーん。そこなぜか開けない・・・ブラウザが固まる。

113 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 12:09:05 ID:587taeL5O
【社会】 「心霊スポットに遊びに行こう」
19〜24歳の男女4人、恐怖のトンネルへ→5人組強盗に金奪われる…大阪

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1206411986/


↑ま、これに限らんが、せいぜい気を付けなw
行く馬鹿どもは犯されても文句言うなよw


114 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 12:15:15 ID:3uZhAAu90
シュープリーム・・・


>>94
なるほど「球電」ですか
私が見た時は台風で停電になった時ですが雷は・・・
停電で家にいてもつまらないので
裏の畑や田んぼのあるところへ夕涼みがてら歩いて行って
夜空を見上げたらオレンジ色の光りがジグザグに飛んでました
19××年10月19日です

115 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 12:15:30 ID:8v5BzvvSO
>>113
そうなんだよな。
心霊スポットの怖いところは、幽霊なんかじゃなくて生きたDQNなんだよ。
肯定派は、「本当は幽霊が怖いんだろ」みたいなことを言うけど、
これが現実。

なので、オフするならこういう危険がない場所がいいな。
人が多い普通の場所で、かつ幽霊が出るってのはないもんかね?

116 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 13:29:35 ID:C6wFXRe70
見えないのはしょーがないよね、見える人は渋谷の駅前の雑踏でも
普通に見えるらしいし「おまえ見えてるだろ」て話しかけられたりとか

117 ::2008/03/25(火) 13:34:04 ID:Rem8nPr80
ああ、確かに。
おれもかつて、渋谷のハチ公前で

「おまえ、俺のこと見えてるだろ」って、見知らぬ人に話しかけてみたことがあるよ。

118 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 13:42:21 ID:PPU2/Kc9O
>>115あのトンネル心霊スポットよりプレステ場としての方が有名だぞw

大阪で行くなら廃旅館「うぐいす」だな

119 ::2008/03/25(火) 13:47:26 ID:Rem8nPr80
ああ、夜中に忍び込むと、どこからともなく

ほーほけきょ!!!!!

というのりおの叫びが聴こえてくるという…

120 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 14:48:47 ID:PPU2/Kc9O
あ〜あ… シケた…

121 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 15:32:16 ID:587taeL5O
否定派の人に頼みたい
将門の首塚をブチ壊してみてくれ

あれだけ祟られると言われてるアレを壊してみてくれよw
霊なんて居ないなら何も起こらないだろうし
例の話も嘘かただの偶然ってことになる

心霊スポットオフなんてヘタレなことしないで
いっそ有名な首塚でやらかしてくれw


122 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 15:42:49 ID:bUN5hiNEO
>>121
あんな超有名な歴史的建造物を壊してしまう事で発生する諸々の刑罰や責任を全てお前が取ってくれるのか?

123 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 15:43:01 ID:kdgvAGNl0
>>121
じゃあ俺と全く同じ格好してして近くにいてね
ぶっ壊した後俺は全力で逃げるから代わりに出頭して
罪も賠償金も全部負ってくれるならやる
まぁこれを書き込んだ時点で足がつくけどな

124 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 15:51:29 ID:8v5BzvvSO
>>121
幽霊はちっとも怖くないが、国家権力は怖いし人生を棒に振るのも怖い。

もう、そういうバカ丸出しの煽りはやめなよ。

125 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/03/25(火) 16:41:27 ID:NC2jX5cb0
爆笑太田のドロップキックw

126 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 16:52:56 ID:F/vcHO4Z0
ひょっとしたら既出かも知れんけど面白い統計見かけたので貼っとく
http://125.207.177.163/20080325930442/omote/img200701/2007010141_1248938176.gif

日本人、わからないが多すぎw、どんだけ合理主義なんだよ。
肯定派、否定派、わからないが拮抗してるのも面白いね。

それから、やっぱ世界じゃ否定派はマイノリティなんだなww
そうだろうとは思ってたけどな

127 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 17:22:29 ID:6nozAsMjO
日本人の「分からない」は「どうでも良い」と同義

128 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 17:57:12 ID:587taeL5O
>>122-124

幼稚な反応だな…
ガッカリだ

所詮はその程度の切り返ししかできんのだな


129 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 17:59:02 ID:CBgg67Ad0
幼稚な煽りをしておいてそれはないだろ〜

130 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 18:00:22 ID:kdgvAGNl0
>>128
マジレスして糞スレ化させるのか
スルーして本来の糞みたいな流れのままにするか

どっちにしようか悩む

131 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 18:06:27 ID:PPU2/Kc9O
>>122-124んじゃあションベンぶっかけるってのはどうだ?

132 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 18:10:52 ID:CBgg67Ad0
な、携帯だろ?

133 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 18:17:46 ID:PPU2/Kc9O
>>132なんだ?オチンチンが腫れるのが怖いのか?wとか言ってみる

134 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 18:24:29 ID:j0it3fVr0
心霊現象を完全否定することと実証することは、結局どっちもできんのかな。
祟りだって必然だという人もいれば、偶然で済ませる人もいるでしょう。
なんだろうな。ある程度再現性がいるのかな。それでも因果を説明できるかって
いわれるとなー。

135 ::2008/03/25(火) 18:41:45 ID:Rem8nPr80
たとえば、俺とお前が近所に住んでいて、お前が「おれんちの先祖代々の墓を壊していいぞ。
親類や、寺の住職にも俺からちゃんと話をつけておくから」と言われれば、問題なく壊して
あげる事はできるけどな。


136 ::2008/03/25(火) 18:43:13 ID:Rem8nPr80
>>128
> 所詮はその程度の切り返ししかできんのだな

へなちょこパンチをよけるには、へなちょこスウェーで充分だからな。

137 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 18:51:04 ID:bUN5hiNEO
>>128
お前ん家の墓や仏壇、神棚なら幾らでも壊してやるけど?w

138 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 19:03:00 ID:PDXPvc90O
>>137
そういった旨の凸であれば少々交通費等がかかろうと参加したいです(>_<)

139 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 19:08:46 ID:8v5BzvvSO
いくら過疎ってるとは言え、こんなシケた燃料しかないのかねぇ

でも>>128の家の墓を破壊するオフならぜひ行きたい。

140 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 19:09:37 ID:PPU2/Kc9O
だから壊すとかしないでいいからションベンぶっかけでいいじゃんw

問題は女も来た場合だな

141 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 19:13:14 ID:j0it3fVr0
>>128にションベンかけるoffなのか?

142 ::2008/03/25(火) 19:25:15 ID:Rem8nPr80
史跡にしょんべんぶっかけるのはどう考えても違法だろがw

だから、そのような違法性のない、お前の家の仏壇や先祖代々の墓に
ぶっかけさせろと言っておるのだ。

143 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 19:27:30 ID:kdgvAGNl0
糞スレ化の方向ですねわかります

144 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 19:27:59 ID:+1NDT/ic0
このレスを見たあなたは明日確実に交通事故にあいます

逃れる方法はただひとつ、
↓このスレに行き

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/female/1204410504/

(゚-゚)

と書き込んでください。書き込まなければ明日確実に交通事故にあいますよ。

145 ::2008/03/25(火) 19:30:02 ID:Rem8nPr80
まさか「自分の家の墓稜にはしょうべんをかけられたくない」にも関わらず、
「他人の墓稜にしょうべんをかけてこい」と煽ってるわけじゃないだろうな。

「自分がやられて嫌な事は、他人にもやってはいけない」ということを
パパやママからまだ教わっていないのかな。

146 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 19:34:31 ID:7V7yf1cd0
>>145
いじめてあげないで・・・

147 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 19:36:57 ID:j0it3fVr0
世の中には教わっても覚えられない人もいるんだよ。


148 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 20:24:42 ID:xDJt/urdO
相変わらずループしているようですね
霊を信じていないなら墓壊せ、葬式やるななどという厨はいい加減湧かなくなったと
思っていましたが、春のせいでしょうか
墓を蹴るぐらいのことは厨房時代に若気の至りでやっていますが、
別に何事もなく日々を過ごしております

お伺いしたいのですが、なぜ墓に害を加えると祟りがあるとお考えになるのでしょうか
現在の日本の墓というのは火葬した後の骨を入れた壷を置いておく石碑ですね
幽霊とはその石碑に憑いている存在なのでしょうか
骨に憑いているのでしょうか
それとも普段はそこら辺をうろついていて、自分の墓石に危害が加えられると聞いて飛んできますた
なのでしょうか
千の風になっているのでしょうか
いずれにしろ他人の墓を壊したら犯罪ですが、法律も解らない肯定派の中でも
特に頭の悪い部類にいる墓を壊せと煽る人は、その辺りを一度深く考えたほうがいいかと思います

149 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 20:31:13 ID:WoCCuhmV0
ここまでに墓壊せ、小便かけろ発言に対して、
肯定派からの批判が全くないことに驚きだ。

150 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 20:42:50 ID:j0it3fVr0
一応、日本的には先祖代々の墓というのがあって、そこに霊がいるということになってるのかな。
それとは別に、あの世にいく、三途の川を渡るというのがあって、それらはお盆で帰ってくるようだね。
川に船や灯篭を流したりしてお見送りすんだよね。
あとは家の仏壇とかかねえ。

151 ::2008/03/25(火) 20:43:02 ID:Rem8nPr80
俺にも小便かけてくれ!
という肯定派がいないことにも驚かざるを得ない。

152 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 20:55:00 ID:6nozAsMjO
否定派は他人の墓を掃除して良いことがあるか調べればいいんじゃね?
法には振れてないし、倫理的にも良い

>>149
お前に理由を説明するのが面倒なぐらい、ああいった類いのレスには秋田
関わりたくもない
反論したって、考え方は人それぞれ
肯定派の反論に対する否定派の受け止め方も人それぞれ
何より、ほぼ荒らし確定のレスだから、肯定派はスルー

153 ::2008/03/25(火) 21:00:52 ID:Rem8nPr80
それで良い事があったとして、墓を洗ったことが原因で起こった良い事か、それとは無関係に
起こった良い事かをどうやって確定するんだよ。

それ以前に、他人の墓を洗うと良い事があるのなら、「良い事を起こす為に
他人の墓を洗いまくる肯定派」がいないのはなぜだ?

肯定派ですら「他人の墓を洗うと良い事が起こる」とは思っていないってことだろ。

154 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 21:05:27 ID:j0it3fVr0
他人の墓いじるのも良くないって昔、怪談ものの本で読んだなあ。

155 ::2008/03/25(火) 21:09:21 ID:Rem8nPr80
ある者は「他人の墓を洗えばいいことが起こるから確かめてこい」と言うし、
ある物は「他人の墓に関わる事は良くない」と言うし。

どうせいっちゅうねん

156 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 21:16:10 ID:j0it3fVr0
一定の条件で、一定の結果がでるものでないといかんよな。
少なくとも現象を測る基準が必要とされる。

つーわけでそろそろ墓から離れたほうが良いのでは。

157 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 21:27:38 ID:PPU2/Kc9O
ションベンぶっかけは違法だがバレないんじゃね?

158 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 21:28:16 ID:V7Jw9xqd0
>>148
そういうのの代表的な例なら、福沢諭吉先生の「お札を踏む」話があるね。
中身のない権威や空威張りの権力を嫌ったエピソードだが、迷信を牽制し
合理的な思考や判断の重要性を説くには役に立つ話だ。
文明が遅れていた当時の環境ではそういう主張が大事だった。
しかし、この話には功罪があって、その後の信仰や宗教を軽んずる風潮が
出来てしまったのだ。
合理的判断も神秘的知識も、両方を重視すべき思想が今は必要だろうね...。

159 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 21:37:20 ID:fvj2QXv+0
爆笑問題の太田光が将門の首塚にイタズラしたのは有名な話だが、
あの通りピンピンしてるけどな。3年間干されたそうだが。

160 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 21:49:35 ID:j0it3fVr0
実証する以前に、モノがどういうものなのかわからないな。
幽霊ってなんだよってとこから話してかないと。

161 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 21:50:19 ID:PPU2/Kc9O
>>159三年はなかなかキツいだろ

162 ::2008/03/25(火) 21:51:43 ID:Rem8nPr80
おまえはいつの時代の人間だよ。

今の世の中、そんなことをやってるところを写メや携帯動画で第三者に撮影されたら
TV局に売られたり、ようつべに流されて個人特定されて社会的あぼんされる。

163 ::2008/03/25(火) 21:52:15 ID:Rem8nPr80
>>161
> >>159三年はなかなかキツいだろ

首塚キックしていない太平シローはいまだに干され続けてますが

164 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 22:17:53 ID:j0it3fVr0
幽霊は死んだ人間の魂ということになってるが、生きている状態や死んでる状態とか
そういう辺りから考察を進めてはどうだろう。
例えば心臓が止まっても生きてる細胞というのはあるわけだが、じゃ死んだ細胞の分だけしか
幽霊というのは構成されないのかとか。


165 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 22:24:36 ID:PPU2/Kc9O
>>162お前は見張りという考えも無いのか?
>>163俺、干されてる全ての芸人が祟られてるなんて言ったか?

166 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 22:30:35 ID:XSIgz8CCO
祟り(笑)

167 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 22:32:04 ID:fvj2QXv+0
肯定派が墓にイタズラして霊障が起こることを実証して見せてくれればいいだけだよね。

168 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 22:34:58 ID:6nozAsMjO
わざと、霊障起きたふうに話すから止めとけ

169 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 22:40:45 ID:fvj2QXv+0
では、イタズラしたけど何も起きなかったと言えば肯定派は幽霊が存在しないことを
認めるのかな。

170 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 22:48:15 ID:j0it3fVr0
太田光に電話してきけよ。

171 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 22:49:45 ID:dFGLQmZi0
それぐらいやれば話を聞いてやってもいい

なんて傲慢なことを言い出すに3000UO

172 ::2008/03/25(火) 23:03:03 ID:Rem8nPr80
>>165
> >>162お前は見張りという考えも無いのか?

見張りさえおいておけば、全ての違法行為は必ずバレずに成功するのか?
もしそうなら、見張りさえおいておけば、銀行強盗なんてやり放題だな。
お前には「見張りだって完全ではない」という考えはないのか?

> >>163俺、干されてる全ての芸人が祟られてるなんて言ったか?

干されているかどうかが祟られたか否かの判断であるとするなら、
「太田より太平シローの方がより強く祟られているハズ」となる。

逆に、祟られていないシローが干されているのであれば、
太田が干されたのも、同様に祟りとは無関係の可能性が高い。

173 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 23:05:57 ID:fvj2QXv+0
金持ちだった岸辺シローが干上がってしまったのは

174 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 23:06:01 ID:z+x5ADs70
そういや、雑誌のブブカも首塚に何かやらかさなかったか?
雑誌読んでないから、その後どうなったかは知らんが

175 :本当にあった怖い名無し:2008/03/25(火) 23:57:48 ID:6nozAsMjO
>>172
よくある怪談話だと、誰かに押されて車で事故ったとかあるじゃん?
問題は事故ったて結果じゃなく、誰に押されたか
干されたのも、どうして干されたかまで考えないと
と、多分そういう事を言ってるんだと思うよ

176 ::2008/03/26(水) 00:03:55 ID:Rem8nPr80
>>175
> 干されたのも、どうして干されたかまで考えないと

事務所から独立したからだろ

177 :悪魔 ◆M6R0eWkIpk :2008/03/26(水) 00:21:39 ID:t7u5oNU50
>>144

自宅警備員の俺がどう事故にあうんだろう…

178 ::2008/03/26(水) 00:23:26 ID:SL8/B9320
空輸中の自動車が落ちて来るんじゃね?

179 :脳無しボケ顔野郎:2008/03/26(水) 00:35:07 ID:nrAprs6y0
子供の頃 墓地で”高鬼(たかおに)”を した事のある勇者様がきましたよ。
σ(^ω^)
その後何が有ったかと言うと・・・
和尚に見つかりこっぴどく怒られて、親にもバレて またまた怒られて
一ヶ月分のお小遣いを没収された挙句に、塾通いが決定。

墓等をないがしろにすると その後が怖いから 止めた方がいいよ。
幽霊の存在とかは、生暖かく見守っているのが一番いい。

180 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 00:40:10 ID:nZ3MRsc70
バチとか祟りとかは、
人間の精神が体調に影響したり、前後の不運に関連付けたりするから検証難しい
こゆのは、公然の場、科学検証中に心霊現象が起きて、それを観測しないとむりぽ
まあ、それでも否定派の人は、信じないんだろうけど。最終的に、集団催眠とか片付けたりね
結局、否定しようと思えば、なんでも否定できるし
逆も同じ

まあそれでも、実験したいんなら、不思議な現象が起こるって家を見つけ出して、そこで共同生活。こんくらいじゃね?
異様に安い家借りるってのもいいかもな

そこまで、やろうと思うやつがいるか知らんがw

181 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 00:40:35 ID:4BdAGtB5O
>>172 お前何か小学生みたいだなw

>>見張りさえ置いておけば銀行強盗〜

マジレスすると銀行強盗や殺人等の場合はその場で逃げきったとしてもその後の捜査とかあるだろw
お前はションベンぶっかけの後に警察官が黄色いテープ貼ってすげぇ細かいとこまで捜査して誰かの陰毛見つけて尿に入ってる僅かな血液と一緒にDNA鑑定にかけたりするとでも言いたいのか?w アホかとw


>>干されているかどうかが祟られたか否か

だから何でお前はいつも抽象的な発言するんだ?

じゃあ聞くが、オタクっぽい服着てるからオタクって言えると思うか?

182 ::2008/03/26(水) 00:42:47 ID:SL8/B9320
俺、墓地では何もしなかったけど、スーパーでビックリマンチョコを万引きしたときには
店長に見つかりこっぴどく怒られて、親にもバレてまたまた怒られて
一ヶ月分のお小遣いを没収された挙句に、戸塚ヨットスクール入校が決定。

183 :脳無しボケ顔野郎:2008/03/26(水) 00:47:17 ID:nrAprs6y0
>>182
無事に帰ってきて良かったね。
もう 二度とビックリマンチョコを万引きしたらダメだぉ。

184 ::2008/03/26(水) 00:55:25 ID:SL8/B9320
>>181
> マジレスすると銀行強盗や殺人等の場合はその場で逃げきったとしてもその後の捜査とかあるだろw

首塚にいたずらして捕まるのはおそらく現行犯逮捕くらいだから「現行犯逮捕」について話しているに
決まってるだろw

見張りを置いた銀行強盗や殺人は、絶対に現行犯逮捕されないのかよ?
絶対に現行犯逮捕されなければ検挙される率は圧倒的に低くなるからやり放題になる。

185 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:03:53 ID:4BdAGtB5O
>>184 じゃあお前は見張りから警官来たと言う情報が入っても銀行強盗そのままするか?w
何でそんなタイミングでするんだよw

銀行強盗はタイミング計っても捕まるかもだがションベンぶっかけは余程の事が無い限り大丈夫だろw ってかあそこって巡回してるのか?

186 ::2008/03/26(水) 01:06:08 ID:SL8/B9320
>>181
> じゃあ聞くが、オタクっぽい服着てるからオタクって言えると思うか?

オタクっぽい服ってなんだよw
いまの世の中、ホストみたいなオタクだって腐るほどいるし、例えばサーフィンに
詳しい人間を「サーフィンオタク」と呼ぶような場合もある。

「電車男」みたいな格好のことを言っているのか?
オタクというのは、アニメやゲームオタクのことを指しているのか?

もしその意味で言っているのであれば、答えはNOだろうな。
アニメやゲームに詳しいか否かがオタクか否かの分岐点だろうからな。

しかし「秋葉原に行ってアニメオタクを探し出せ」というようなゲームであれば、
オタクっぽい服を着ている奴を捕まえたほうが、オタク発見率は圧倒的に高いだろう。

だから俺はオタクっぽい服を着ている奴をオタクと判断する。
というのが最も「効率の良い判断方法」

187 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:13:52 ID:2IYa1+DrO
現在進行形で書き込む。
今ある旅館に泊まっているんだが、ドアを叩かれたりいきなりテレビがついたり足音が響いたりしている。
さっきはドアが開くような音がして確認したが誰もいなかった。
まだドンドン音がしてるけどおかしいんだ。
頭の中で響くような感じ。
どうしよう怖くて眠れない。
周りは皆眠っていて相談しようにも出来ない。
幽霊なんていないよな…?
スレチだったらすんません。

188 ::2008/03/26(水) 01:15:55 ID:SL8/B9320
>>185
> >>184 じゃあお前は見張りから警官来たと言う情報が入っても銀行強盗そのままするか?w
> 何でそんなタイミングでするんだよw

銀行強盗なんてやらねえから知らねえよw
あのさ、いま何の話をしているかわかってるか?

「見張りを置けば、通報されない」というお前の主張に対して
「見張りを置いたって、通報される場合がある」と主張しているわけだ。

逮捕されるかされないかなんて運によっても左右されるから知ったこっちゃない。
「通報されるかされないか」「目撃されるかされないか」の話だろ。

「見張りを置けば絶対に通報されないからやれ」と言い切れるのかときいてるんだ。

189 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:17:35 ID:4BdAGtB5O
>>186 お前の周りではサーファー系のファッションはサーファーオタの服って言ってお兄系のファッションはホストオタの服って言うんだなw

ってかオタな服着てる奴のレスと被ってワロタw


あと秋葉原でオタク探しのゲームてw 一瞬で終わりそうなゲームだなw

190 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:18:30 ID:vgcDWBGl0
>>187
うん。幽霊じゃないよ^^

191 ::2008/03/26(水) 01:21:26 ID:SL8/B9320
> じゃあ聞くが、オタクっぽい服着てるからオタクって言えると思うか?

「じゃあ」の意味がまったくないな。
何が目的の設問だったんだw

192 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:22:03 ID:4BdAGtB5O
>>188まさかここまでとはw
お前は警察官や誰かがくるタイミングでションベンぶっかけを実行するのか?w

通報?騒ぎに行くのか?w

まさかそこまで教えてやらないといけないとはw

193 ::2008/03/26(水) 01:24:10 ID:SL8/B9320
「銀行強盗するときに見張りをおけば、確実に第三者の目撃者ゼロ、通報者ゼロにできるのかよ?」

ってたずねてるんだけど

194 ::2008/03/26(水) 01:24:53 ID:SL8/B9320
騒がなければ通報されないのかよw

じゃあ、静かに行なえばどのような犯罪も通報されずに済むなw

195 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:25:16 ID:4BdAGtB5O
>>191いかに抽象的な発言をしているのかという具体例だが?
まさか設問と考えるとはw

196 ::2008/03/26(水) 01:27:15 ID:SL8/B9320
誰かが来るタイミングがわかるわけないだろw
逆に言えば誰も来ないタイミングだってわかるわけない。

首塚の隣のビルの全ての窓から誰も顔を出さないタイミングを
どうやって調べるんだよw

これ、見張りを置けば確実に防げるのか?

197 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:28:38 ID:puMX7jjOO
>>187
おばけなんてう〜そさ♪

198 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:29:19 ID:Ec1KVwYP0
喪前ら、不毛なレスしすぎ。ちょっと落ち着け。
自分の意見が通らないと我慢が出来ない可哀相な人みたいだぞ。

199 ::2008/03/26(水) 01:31:24 ID:SL8/B9320
俺がこういうレス合戦をいちばん面白いと思う人間であるという事をそろそろ学習してよ。

200 ::2008/03/26(水) 01:33:04 ID:SL8/B9320
>いかに抽象的な発言をしているのかという具体例だが?

どこが?

201 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:33:28 ID:4BdAGtB5O
>>193 えっ お前銀行強盗しに行くの?w

>>194お前ホントバカだなw 抽象的な考えしか出来ないのか?w

202 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:35:18 ID:4BdAGtB5O
>>200抽象の意味解ってる?

203 ::2008/03/26(水) 01:35:34 ID:SL8/B9320
そっちこそ

204 ::2008/03/26(水) 01:37:32 ID:SL8/B9320
>>194が抽象的?w

抽象的って言うのは「空気を震わせることなき司法への挑戦状は自由への飛翔たりえるのか?」
みたいなことを言うんだけどw

205 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:37:38 ID:4BdAGtB5O
>>203ヒント:抽

206 ::2008/03/26(水) 01:41:02 ID:SL8/B9320
(1)概念的で一般的なさま。
「現象を―にとらえる」

(2)事物を観念によって一面的にとらえ、実際の有り様から遠ざかっているさま。
「―な説明に終始する」

>>194のどこが「概念的」あるいは「観念的」なのか説明よろ

207 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:44:51 ID:4BdAGtB5O
抽象的:物@から性質@を引き出して、その性質@がある物A=ある物@とする事



208 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:45:11 ID:1Hci94CO0
「みんなは死んでからも、この世に残っていたいとおもう!?
 誰かのそばをふわふわ漂っていたいとおもう!?」
ってセリフをなんかで聞いて、妙に納得して、
幽霊はいないんだって思うようになった。

209 ::2008/03/26(水) 01:45:41 ID:SL8/B9320
>>914のどこに「性質」を見いだしたのか説明よろ

210 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:46:45 ID:Ec1KVwYP0
>>207そんな意味あったか?

211 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:48:58 ID:+iRaeI3OP
>>208
幽霊ってのは、希望制でなるものなのか?

212 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:49:26 ID:4BdAGtB5O
因みにケータイ辞書

ちゅうしょうてき【抽象的】
[意]別々のものから共通の属性を抜きだして全体に共通するとするようす。ばくぜんとしているようす。[対]具体的。


213 ::2008/03/26(水) 01:52:04 ID:SL8/B9320
で、>>194のどこがそれに当てはまるんだよw

214 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:52:59 ID:4BdAGtB5O
>>209俺、未来見えねぇからわかんね




215 ::2008/03/26(水) 01:53:30 ID:SL8/B9320
話をそらすのはもういいから、最初の質問に答えてくれないかな。いいかげんに。

首塚に反社会的な行為を行なうとき、静かに、そして見張りをおけば通報されたり
目撃されたりするリスクは絶対にゼロになるのか?

216 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:54:04 ID:6rRjxU6T0
>>208
サウスパーク乙

217 ::2008/03/26(水) 01:54:15 ID:SL8/B9320
>>214
> >>209俺、未来見えねぇからわかんね

プ

218 ::2008/03/26(水) 01:55:04 ID:SL8/B9320
俺もケニーが毎週死ぬのを見てから霊なんていないと確信した

219 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:57:22 ID:4BdAGtB5O
>>215お前ホント自己中だなw

次男かw

百パーセントが無いのと同じ様に零パーセントはあり得ないよ
ただ限り無く低い 時間的に考えてもな

昼間〜24時なら危ないだろうな


220 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 01:58:47 ID:vgcDWBGl0
でも、中村みうが「幽霊いるもん!」って言ったら信じるだろな。

221 ::2008/03/26(水) 02:00:20 ID:SL8/B9320
限りなく低くてもリスクがあるわけだろ。
否定派がそれを行なって得るリターンは何なんだよ。

リターンがゼロなら、どんなに低いリスクでも費用対効果がゼロだろw

222 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:00:54 ID:4BdAGtB5O
>>213 意味教えてやったんだからそろそろ自分で考えてくれや

223 ::2008/03/26(水) 02:01:07 ID:SL8/B9320
イ中木寸みう

224 ::2008/03/26(水) 02:02:17 ID:SL8/B9320
>>222
> >>213 意味教えてやったんだからそろそろ自分で考えてくれや

自分で考えた結果「>>194が抽象的であるとは全くいえない」という答えが出ただけに終わりました

225 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:02:42 ID:4BdAGtB5O
>>221お前、何しに行くか解ってるのか?w

226 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:03:32 ID:vgcDWBGl0
携帯の人はかなり無理があるのに頑張ってるから素敵^^

227 ::2008/03/26(水) 02:03:42 ID:SL8/B9320
祟りなど何もないということを確かめに行くんだろ。

否 定 派 に と っ て そ ん な こ と は す で に わ か り き っ て る こ と だ

228 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:03:55 ID:A5xFdGZO0
>>208
そうでいたくないと思っていても童貞はいくらでもいる。
そうなりたくないと思っているからといって、そうならないとは限らないぞ。

229 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:07:06 ID:4BdAGtB5O
>>224 通報されない犯罪=静かに行われた犯罪

にしてるなw

230 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:07:57 ID:1SRUXXa8O
ID:4BdAGtB5Oが安全を保証してくれんなら、否定派サイドは自信を持って祟り等がないことを保証するので
自分でいってくらはい

231 ::2008/03/26(水) 02:08:47 ID:SL8/B9320
科学のテストで「祟りというものがあることが科学的に証明されている。○か×か」という問題があれば
答えは×になるわけだろ。

「祟りの存在は科学的には認められていない」という否定派の主張は、既に
科学界において認められているわけだ。

認められていないことをリスクを負って確認することには意味があるが、
既に認められていることをリスクを負ってまで再確認するのはバカのすることだろ。

232 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:09:07 ID:vgcDWBGl0
なんだと?

233 ::2008/03/26(水) 02:09:31 ID:SL8/B9320
>>229
> >>224 通報されない犯罪=静かに行われた犯罪
>
> にしてるなw

お前が「騒がなきゃ通報されないだろ」と言ってるからそれで正しいだろw

234 ::2008/03/26(水) 02:10:43 ID:SL8/B9320
>通報?騒ぎに行くのか?w

235 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:20:22 ID:4BdAGtB5O
>>230なんか嘘つくかもだからダメなんだと

>>233お前の中での犯罪はションベンぶっかけだけか?w

またまた抽象的に考えてるなw

いいか? 夜中にビルの窓から(お前が言うには)その場所に人が居るのを見つけるなんて可能性はほぼ0だぞw 騒がない限りなw

236 ::2008/03/26(水) 02:22:18 ID:SL8/B9320
部屋の空気を入れ替える為に窓を開けたら偶然、首塚にいたずらしている奴を目撃する

なんてことはいくらでも起こりうる。

237 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:23:00 ID:C3DqeWfc0
お前らは、なんでそんなに尿が好きなんだ。

238 ::2008/03/26(水) 02:23:54 ID:SL8/B9320
>>235
> >>233お前の中での犯罪はションベンぶっかけだけか?w

抽象的で意味不明。
しょんべんぶっかけだけだとしたら何なんだよ。
もっと具体的に書けないものかな。

239 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:23:54 ID:vgcDWBGl0
「いつまで」っていう妖怪はいるらしいな。

240 ::2008/03/26(水) 02:27:05 ID:SL8/B9320
世界中の犯罪者のほとんどは、基本的に「目撃者が生じないように行なう」わけだ。
しかし、多くの犯罪には目撃者が存在する。

これはなぜだ?
「これなら目撃されないだろうという見込みはあてにならない」からだろ。

>見つけるなんて可能性はほぼ0だぞw 騒がない限りなw

この見積もりで犯罪したやつがどれだけ目撃されて捕まってる事かw

241 ::2008/03/26(水) 02:28:20 ID:SL8/B9320
>>237
> お前らは、なんでそんなに尿が好きなんだ。

否定派は「尿なんてしない」と言い続けているから無関係。
「尿をしろ」と言ってるのは肯定派だけだ。

242 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:30:48 ID:A5xFdGZO0
>>235
可能性がほぼ0だと思って犯した犯罪行為が、やっぱり目撃されてて
捕まる例などいくらでもあるわけだが、ご存じない?

それでも見つからない自信があるなら、まずは自分でやってみてくれ。
うそでない証拠として写真を撮ったりすればいいだろ。

243 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:31:59 ID:4BdAGtB5O
>>238 >>抽象的で意味不明

よく解ってるじゃないかW

俺はションベンぶっかけの場合にのみ「騒がない限り〜」と言ったんだ

だがお前は「じゃあ静かに行えばどのような犯罪〜」と言ったんだよ


244 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:32:29 ID:vgcDWBGl0
見積もりは無料だからな^^

245 ::2008/03/26(水) 02:33:57 ID:SL8/B9320
タダより怖いものはない、と

246 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:36:30 ID:A5xFdGZO0
で、原点に戻りたいんだが、
便器以外の他人の物に、こそこそ隠れてしょんべんぶっかけるという下劣極まりない行為が、
呪いと一体どんな関係が?

247 ::2008/03/26(水) 02:36:35 ID:SL8/B9320
「しょんべんぶっかけ時に騒がない限り目撃者はゼロである」のならば
「殺人時に騒がない場合も目撃者はゼロ」になるだろw

なんで殺人のときは無音でも突然目撃者が出てくるんだよw

248 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:39:36 ID:vgcDWBGl0
つーか、首塚にしょんべんぶっかけたやつなんて、いっぱいいるんだけど・・・^^

249 ::2008/03/26(水) 02:41:23 ID:SL8/B9320
いるだろうな、バカな大学生とか。

250 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:42:56 ID:A5xFdGZO0
首塚にしょんべんぶっかけするのが怖いという肯定派に聞きたいんだが、
具体的にはどういう状況になったら「呪われた」と判定すればいいんだ?
まさか、それもわからずに検証しろなどと寝ぼけたことは言ってないよな?

まずは、その行為によってどういうことが起こると想定しているのかを、言いだしっぺの
肯定派がはっきりさせろよ。

251 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:47:17 ID:vgcDWBGl0
てか、そろそろ誰か肯定派役になれよ。

252 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:47:54 ID:deN9ZVE0O
ちんちんが腫れる

253 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:48:01 ID:Ec1KVwYP0
>>250俺はどっちかというと否定派なんだけど、将門さんくらいのヤツなら一家皆殺しになるんじゃね?みたいな?
ただ、やっぱり本当に呪いで死んだ、運が良くて大怪我した。っていうのをどう判断したらいいのかがねぇ。

254 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:48:48 ID:oy03P6WF0
もげる、たたなくなる、でかくなり過ぎてズボンに入らなくなる、小便が止まらなくなる、

さあー選ぶがいい


255 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:49:43 ID:4BdAGtB5O
>>247俺ゼロって言ってないよw

静かに行うと言っても場所や時間によって目撃者の有無はかなり変わるだろw

なのに殺人と結び付けるのが謎

というか







お前はションベンぶっかけしてからいつまでそこにいるつもりなんだ?w

256 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:50:12 ID:vgcDWBGl0
で、でかくなりすぎて…ってやつで^^;

257 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:52:36 ID:Ec1KVwYP0
>>254じゃ、もげるで。あ、いやたたなくなるが一番呪いっぽいか?

>>255何が言いたいのか、一回要点まとめて。

258 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:55:14 ID:oy03P6WF0
却下!!!
陰毛が無くなるにケッテー

259 ::2008/03/26(水) 02:56:00 ID:SL8/B9320
二重盲検査法を使ったらどうかな?

1:150人の被験者を50人ずつの3グループにわける(グループA、グループB、とする)。

2:グループA、グループB、ともに全員の尿を採取する。

3:実験者Aが、グループAの尿だけを首塚にかける(被験者には、どちらの尿が首塚にかけたかは教えない。
  あるいは、首塚に尿をかけたことを教えない)。

4:一週間後、実験者B(どちらのグループの尿が首塚にかけられたかを知らされていない)が、被験者全員に
  「この一週間の間に、何か不幸が起こったか」をアンケートし、アンケート結果を検証する。

問題点:実験者Aが死んでしまったらどうするか

260 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:56:12 ID:A5xFdGZO0
>>254
ちんこしか呪わないのかよ w
阿部さんの霊か?

>>255
お前、まるっきり論点がずれててアホ丸出しだから。

そんなことより、そもそもの問題である呪いってのは一体なんなのかをはっきりさせろよ。

261 ::2008/03/26(水) 02:56:59 ID:SL8/B9320
×1:150人の〜
○1:100人の〜

262 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:57:14 ID:Ec1KVwYP0
え、なに?乳首が肥大化だって?

263 ::2008/03/26(水) 02:57:25 ID:SL8/B9320
×3つのグループ
○2つのグループ

264 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 02:58:47 ID:vgcDWBGl0
>>259
却下。
もっと手軽なやつに。

265 ::2008/03/26(水) 03:00:21 ID:SL8/B9320
いま思ったんだけど、知り合いの尿をペットボトルに入れて俺が首塚にぶっかけたら、
俺が呪われるのかな?それとも知り合いが呪われるのかな?

266 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:00:36 ID:5SBiDB0UO
いない
心の産物

267 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:02:00 ID:vgcDWBGl0
だから呪われるってなんだよwww

268 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:02:22 ID:Ec1KVwYP0
>>265じゃないか?普通の通行人だってかけられたら怒るだろうし、誰の尿かなんて関係ないだろう。

269 ::2008/03/26(水) 03:04:50 ID:SL8/B9320
ということは、二重盲検査法は使えないな。
尿をかけに行った実験者Aが呪われてしまうw

いや、待てよ!
グループAの全員に目隠しをさせて首塚まで連れて行き、所定の位置に立たせて
放尿させればいいんだ!

トレビヤーン!!

270 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:05:15 ID:A5xFdGZO0
>>259
いい加減尿から離れろ w

二重盲検にするなら、

1. 首塚と首塚そっくりの偽首塚を用意する。
2. 被験者を20人用意し、10人のグループに分けてそれぞれ首塚と偽首塚に尿をかける
  ただし、被験者を分ける係と被験者はどちらが本物かを知らされていない。

と、こうしないと。

ただ、幽霊に尿の成分から持ち主を判別するような能力があったとすると、
こんなことを考えた首謀者まで全部追いかけて皆殺しだろうけど w

271 ::2008/03/26(水) 03:07:05 ID:SL8/B9320
おれもおまえも大バカだよw

272 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:08:03 ID:vgcDWBGl0
こんなところで尿検査をやってもらえるとは^^

273 ::2008/03/26(水) 03:08:36 ID:SL8/B9320
でも、実現可能か不可能かは別として、このような科学的検証を模索するというのは
「科学的検証」の第一歩としては正解だよな。

274 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:11:51 ID:A5xFdGZO0
>>273
そういうことだな。
そして、こういう話を始めるとほぼ例外なく肯定派は沈黙してしまうのが興味深いな。

275 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:12:30 ID:4BdAGtB5O
とりあえず否定派の国語力の無さに疲れるw

論点がずれてる?
フってきたのはそっちだろカスw


呪いの定義? ホント自分で何もしないんだな ググるなりwikiれよ

276 ::2008/03/26(水) 03:13:07 ID:SL8/B9320
そうかんがえると「しょんべんかけてこい」という肯定派の煽りも無意味じゃなかったってことかw

今後はこういう方向性で書き込もうかな。
今日は寝ます。おあすみ。

277 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:13:11 ID:Ec1KVwYP0
考えてみると、首塚になんかしたら祟られんのかねwwのなんかが尿で決定しているというこの事態がオカルト。

でも>>273の言う通り、検証を模索にはなっているというこの不思議。

278 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:14:35 ID:Ec1KVwYP0
>>275だから、なにが言いたいか要点を纏めてこいって。それまでくんなよ。

279 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:16:04 ID:A5xFdGZO0
>>275
ああ、自分で調べろとか言うのも肯定派のよくある逃げ口上ってことは周知の事実だから。

で、お前は自分では説明できないんだろ?
お前は首塚にしょんべんぶっかけたら具体的になにが起こると思っているんだ?

280 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:20:42 ID:4BdAGtB5O
>>278 何が言いたいか?
まぁまずはこの検証と殺人を結び付けた事の間違いと
もう一つは何故警官がくるまでその場に居るのかだなw






お前ちゃんと学校出てる?

281 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:26:11 ID:Ec1KVwYP0
>>280おk。つまり、280がしょんべんかけてくればいいじゃんてことだな。

282 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:26:24 ID:A5xFdGZO0
>>280
だから、そんな呪いとなんの関係もないことはもうどーでもいいから、

お前が考える呪いの定義を述べろ。
それができるまでくんなよ。

283 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:28:05 ID:eUsMoTr8O
いる、いないは別にして、
いわくつきの場所には行きたくない。

284 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:31:38 ID:4BdAGtB5O
否定派って厨二病のマザコンばっかなのか?
現実世界でもそうなの?

Wikiで呪いなり祟りなりを調べればいいだろw



285 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:35:07 ID:4BdAGtB5O
んじゃあ俺寝るわ。

>>281>>282お前らはとりあえず国語力をつけるまでROMってろ

286 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:35:44 ID:C3DqeWfc0
人格批判に逃げた

287 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:36:11 ID:Ec1KVwYP0
>>284厨二病は認めてやってもいいぞ。
んなもんとっくに調べとるわい。お前の意見を聞いてるんだろうが。
ていうか、Wiki(笑)

288 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:36:24 ID:A5xFdGZO0
>>284
おまえの知識はWikiにあるものだけなのか?

世の中の「呪い」の解釈は様々で、「呪われて死ぬ」といったものもあれば、
「単なる偶然を悪い方に受けとめただけ」という解釈もできる。

だから、おまえ自身の考えはどうなんだ、と聞いているんだ。
答えられないなら、正直にそう言って退散しろよ。

289 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:37:12 ID:Ec1KVwYP0
と思ったら寝るのか。あーあ、こいつもそこら辺の厨と一緒か。
結構粘り強いと思ったのに。

290 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:37:30 ID:A5xFdGZO0
ありゃ、書いてる間に馬鹿丸出しの捨て台詞こいて逃げちまいやがった。

291 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:39:12 ID:C3DqeWfc0
尿男はこれだから困る。

292 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:50:07 ID:4BdAGtB5O
お前らはなんなんだw さっさと寝ろよw

>>288恨みをもつ人、または霊がその人に呪術等で影響を与えることでいんじゃね

293 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 03:51:55 ID:Ec1KVwYP0
これはひどいテンプレ回答

294 ::2008/03/26(水) 03:54:43 ID:SL8/B9320
>恨みをもつ人、または霊がその人に呪術等で影響を与えることでいんじゃね

なんだこの抽象的な答えはw

これでは蚊にさされただけでも
「この蚊は恨みを持つ霊がコントロールした蚊なので、この蚊に刺されて
不快な気分が生じたのであれば呪術の影響となる」ってことになるだろw

295 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 04:00:59 ID:4BdAGtB5O
>>294じゃあ影響を害に変える。

この検証についての事なら未来の事は解らないから解らない。

296 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 04:02:31 ID:vgcDWBGl0
おまえらどっちも寝てねーじゃねーかバカwww

297 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 04:04:15 ID:Ec1KVwYP0
同意ww

298 ::2008/03/26(水) 04:05:54 ID:SL8/B9320
>>295
同じだバカ。
「蚊がうるさくて眠れないという害があった」でも祟り認定かよ。

否定派がきいているのは、「どれくらいのことが起こったら呪いや祟りと認定されるのか」ってことだろが。

たとえば、首塚に放尿をして1週間以内に

1;全治3か月以上と診断された病気や怪我
2:100万円以上の偶発的な金銭的損害
3:それぞれ別の死亡原因による2人以上の身内の死去
4:自分に責任のない理由による失職

上記のうちの2つが起こったなら祟りと認定する、とかそういうことだ。


299 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 04:09:12 ID:A5xFdGZO0
>>292
だから、その「影響」ら「害」とやらは具体的にどういうものなんだと聞いてるんだよ。
それがわからにゃ、いくらしょんべんぶっかけたってなんの意味もないだろうが。
理解できないならもう寝ろよ。

300 :自夜:2008/03/26(水) 04:11:46 ID:km7uSY4A0
いつから、そこらで小便垂れることが、唾棄すべき行為に分類されるようになったんだろう???

は、いいとして、

>112さん
固まっちゃいましたぁ?
すんませんねぇ、そこは妖怪さんの方がやっているサイトなんで、
何が起こっても仕方ないかな・・・・・・    いやいや、
gif動画をブロックしてたりしません?

まぁ、ソースコード見れば、飛び先はすぐにわかりますんで、よろしくです
また、info/まででとめといて、正規の「狢屋敷」から、なんたら漫遊記に入っても
見れるはずですんで、PC潰す覚悟でどうぞです(妖怪にとりつかれるよりは、ましでしょう)

301 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 04:12:47 ID:A5xFdGZO0
とりあえず ID:4BdAGtB5O は心底馬鹿だということがよく理解できたから、
俺は本当に寝る。
おやすみ。

302 ::2008/03/26(水) 04:13:14 ID:SL8/B9320
首塚に放尿したあとで10円玉をマンホールに落としたとか、カップラーメンをこぼしたとか
深爪したとか、好きな女に告白したが断られたとか、その程度の害で「ほら祟られた」とか
言われても困るんだよこっちは。

303 :自夜:2008/03/26(水) 04:18:00 ID:km7uSY4A0
>>111さん
そんなに、異質ですかねぇ
本質を突いてるからこそ異端に見える・・・・・・なんて意見はでないんでしょうね
別にいいけど

それはともかく、昨夜来から、一番おいしい「蕎麦湯」の濃度は・・・
ってな壮大な実験を旦那巻き込んでやってるんですが

やっぱ、実際にやってみないとわかんないってこと・・・あるんですねぇ

#ちなみに幽霊さんは「蕎麦湯」ではありませんよ  「お浸し」です

304 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 06:31:39 ID:C3DqeWfc0
しかし指定旧跡壊すとか小便かけるとか、バレなきゃそういう反社会的なことを
していいとでもいうような話はまさに厨二病だなあと思った。
そういうのがカッコイイって価値観は、厨房で卒業しとこうぜ。

305 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 06:55:40 ID:nZ3MRsc70
この手の話は、否定する方が楽チンだわな
なんつーか
未だ既知外の存在である心霊現象を、現代科学や常識を用いて証明を求める否定派みてると
CPU相手に俺つええwやっている、ゲーマー思い出しまふw

そいや、先月俺の友人の女が幽霊に取り付かれて、おいらに助けもとめて来てたんだが。彼、かなりの否定派だったよ
仕事先で彼が連れて来たお化けさん?だったんだが、取り付いたお化けさんから、彼について来た理由を聞かされて愕然としたって言ってた
会社受けた電話中に、通話先の知り合いに向けて
ウチにくればいいじゃん
と言った言葉を、お化けさんは自分にいったと思ってついて来たと言ったんだそうな
そんな事があって彼、その会社辞めました
まあ、全部彼の妄想ですよww

て言うのが、おいらの妄想で

このスレも、おまいらの妄想ですよ

306 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 07:41:45 ID:1SRUXXa8O
>>305
肯定派は楽だの
心霊現象を既知外の存在だと決め付けて、現代科学では証明できない現象と思考停止すればいいんだからな

307 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 08:02:47 ID:elSQGuWc0
肯定否定で罵りあうだけってのが楽なんだろう。

308 :脳無しボケ顔野郎:2008/03/26(水) 08:26:19 ID:nrAprs6y0
>>303
今まで蕎麦湯がおいしいと思った事が無いんだけど・・・
蕎麦粉100%じゃ無いと おいしく無いのかなぁ。


祟りの検証で、放尿はねぇ・・・^^;
今直ぐ白黒付けなきゃいけない事でもないし・・・
雷や球電のように ず〜〜っと後に解明される事もあるんだから 気長に待ってみればぁ。

309 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 09:37:33 ID:ZxuhDoij0
>>303
霊側からしか干渉できないなんていう
幽霊さんの気まぐれでもない限り科学的検証不可能
かつ霊能力があるとか言う一部の肯定派の意見全否定な意見だからな

例えそれが事実だとしても結局俺たちには事実はわからないし
ネタが減るのは困るから信じるわけにもいかん

>>306
否定派も肯定派が基地外だと決め付けて思考停止すると楽だよ

310 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 09:42:59 ID:BufX/OmuO
みんな思考停止してるんだよ

311 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 11:17:20 ID:irAz6vtc0
科学的検証に協力的な幽霊さんが一人もいないことに憤りを感じる

312 :自夜:2008/03/26(水) 11:35:23 ID:km7uSY4A0
>>308の、脳無しボケ顔野郎さん
たしかに、十割蕎麦の蕎麦湯は独特のまろやかさがありますが、二八以上なら充分美味しいと思います
昨夜来の実験結果、やはり適度な濃度というのはありますね、濃ければ美味いってもんでもない
普通に売ってる乾麺の蕎麦なら、一束(100g)に湯一gくらいがいいようです
打ち粉した蕎麦なら湯はもっと多めの方がいいかも

まぁ、味覚は人によりけりですけどね

313 :自夜:2008/03/26(水) 11:58:54 ID:km7uSY4A0
>>309さん
霊感の有無は否定していませんけどね
だから、霊能力者というのも、いるのかも知れない

ただ、メディアで知られた人達の「あれ」は芸でしょ、芸能力者
そう思えば、腹も立たないですから

あと、所謂幽霊目撃談、これもまぁ、ほとんどが誤認や内因性のものなんでしょうねぇ、
嘘というか、創作も多いんでしょうねぇ
それが、目撃談の九割か、九割九分かは検証したことがないので知りませんが

だからと言って、枯れ尾花の事例があった、脳内に起因する幻覚が起こりえる、てなことがあるからといって
「だから目撃は全てそうなんだよ」なんて結論する短絡思考に同意する気は
さらさらありませんけどね

314 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 12:01:45 ID:4BdAGtB5O
もう否定派が糞馬鹿なのは十分解ったなw

自分で話フっといて話そらすなとかw

抽象的の意味解って無いし教えてやったら使いまくりw

挙句の果てには「じゃあ、蚊のせいで眠れないのも呪いに入るだろ」 アホかとw

蚊取り線香でも置いたら解決じゃね〜かw

まぁそういう考えすら浮かばなくなってしまうなら呪いと言えるかもなw

否定派の身の回りで起きた不幸にも入らない障害を呪いのせいだと考えるこのオカルトっぷりw

なんか肯定派=バカ 否定派=インテリ ってイメージだったけど一瞬にしてそのイメージが崩れ去ったw

肯定派はいなかったっぽいから解らんが否定派は自称インテリのバカだったw

呪いはどの程度の物をいうか?
そんなの人の主観だろw
客観的に言うと人生を左右するレベルの不幸や長い治療が必要となる怪我位じゃね?
この場合、別の理由が存在すると考えるが、認識学では誰かの恨みをかっているのが原因では?と考えると「呪い」と言える。

315 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 12:16:21 ID:ZxuhDoij0
>>313
否定したのは「霊側からしか干渉できない」
っていう意見から妄想した俺だな勝手に押し付けてスマソ

もしもヒトの中にユーレイが入っているなら
幽霊が見える生きたヒトがいてもおかしくないだろうしね
あなたは肯定派にしても自体験以外は懐疑的だからいいよねぇ

316 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 12:22:59 ID:Sb5S13/b0
幽霊にも寿命があると考えないと幽霊だらけになってしまうよな

317 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 12:33:43 ID:7amPz4+k0
生命や神秘の起源から考察しないと話にならなさそうだな。
いるいないの二元論でガタガタいっても意味がない。

318 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 12:37:25 ID:FhMntIMP0
肯定派は青猫と赤猫の双璧だったじゃん
失笑レスばっかだったぞw

319 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 12:58:27 ID:By4f4iOoO
幽霊なんて常識的に考えて、いるわけないだろうw
肯定派はどんだけ小さな可能性にこだわってるんだw

いないいない

320 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 13:33:59 ID:7zs/gRoI0
幽霊が恨み言等、何かを訴えたくて出るなら
東京大空襲や原爆での犠牲者の数万人単位の幽霊が現れてもいいはずだけど
そんな話も聞かない。
幽霊も物質だから高熱で焼かれて消滅したのだという理屈付けもできなくもないけど、
大量死のケースはそれだけじゃないからね。

321 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 13:35:50 ID:oncnsOfzO
>>314
恥の上塗りとはこういうことを言うんだという見本のようなレスだな。

322 :青い猫:2008/03/26(水) 14:00:27 ID:FYSPafk+0
>>316
あなたが寿命をどのように考えた上での発言であるのか分かりませんが、
この空間にはエネルギーが充ち満ちているのです。
そのエネルギーが光や何かの振動という状態をとっているのです。
たとえば、この空間はあらゆる光で充ち満ちているのです。
ただそれをわれわれが検出しないだけです。
幽霊をエネルギーの一形態であるとするならば、
幽霊がいくら増えても幽霊だらけにはなりません。
ただエネルギーの状態が変わるだけでしょう。

>>319
あなたの常識とやらを披露していただきたいものです。
幽霊に関する”常識”があるとは意外です。

>>320
あなたの主張の前提があまりにも恣意的です。
あなたが”そんなお話”を訊かないことがすべてである理由は何でしょうか。
ちなみにあなたの論理が正しければ、
幽霊は恨み言や何かを訴えたくて出るわけではないことになる。


323 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 14:13:19 ID:KolFO2Qr0
青……
赤よりましか

324 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 14:25:33 ID:4BdAGtB5O
>>322否定派は意味も解らず言葉を使ってるからそういう質問はするなよ

幽霊に意識ってもんはあるの?

幽霊は死んだ後の意識の形の一つっていう考え方の学者もいるみたいだが



325 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 14:29:49 ID:7zs/gRoI0
人間心理の複雑さ。
このマンションのこの部屋で殺人事件があったと言われれば俺もいい気はしないし
そんな物件は借りたいとは思わない。
しかし広島のこの土地で大量死があったと知っていても土地を買い家を建てることに躊躇はしない。
大多数の人間がそうだろう。タレント霊能者だって。
落ち武者の幽霊は現れても大量死があった合戦現場ではけっして幽霊は現れない。
すなわちそれは心の綾が見せる幻影。
(合戦場面を再現している「幽霊」ともつかぬ集団の目撃例も存在するようだが
いわゆる幽霊の範疇とは違うようのので除外)

326 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 14:41:31 ID:4BdAGtB5O
>>325〜合戦場跡地で武士の霊が〜 って話は結構あるんじゃ?

火傷だらけの霊を見て翌日調べたら被爆者だったことが〜 とかもあるんじゃね?

327 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 14:47:02 ID:By4f4iOoO
>>322

じょうしき【常識】
[意]一般の社会人が共通に・持っている(持つべき)知識あるいは判断力。


あ、ごめん。
『一般の社会人』が対象みたいw

328 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 14:59:33 ID:KQiAkTd60
事件重大性と幽霊の出現率は反比例するんじゃないかな。
話題になった事件ほど幽霊は出ない。
近年の事件事故、阪神大震災、地下鉄サリン事件等オウム関連事件
池田小児童殺傷事件なんか
どれもそれにまつわる幽霊が出た話もない。
サリン犠牲者の幽霊が地下鉄内を徘徊しているわけでもない。
手厚く供養された上、麻原の死刑判決が確定したから満足して成仏したのか。

329 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 14:59:41 ID:4BdAGtB5O
ちょw

お前auだなw

一般の社会人が対象だったらアンケートで一番多かったのはどっち付かずだったんじゃ?
んで二番目が信じる


330 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 15:03:23 ID:4BdAGtB5O
>>328電車の駅とか学校はどんな経緯の霊かわからないんじゃ?

331 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 15:12:40 ID:0deA9Pjx0
霊現象に適当な事件を結び付けてるだけかもしれん。
該当するものがなかったら、浮遊霊。

332 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 15:39:17 ID:bmtWl7kFO
なんでもいいけど
幽霊ってどうやったら見れんだよ
いくらスポット回ってもかすりもしねーぞ詐欺かゴルァ

333 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 15:50:34 ID:KQiAkTd60
話題性が低い事件ほど幽霊が出やすいとしたら
幽霊は自分そのものよりも事件をアピールするため出ると思われる。
最近は人が死ぬ事件はほとんど報道されるから
もう幽霊が出る余地はない。
心霊スポットも場所として有名になったわけだから出る可能性は低い。
全国的に報道されなかったような、昔の事件を探って現場に行ってみれば
出会えるかも知れない。

334 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 15:54:16 ID:/zuwrfRd0
スカイフィッシュもいる人はいまだにいるって信じてるし
オーブだって同じ

信じたいんだよ
信じさせることでメシ食ってる人もいるし

335 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:06:22 ID:4BdAGtB5O
>>334その逆もまた然りw

336 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:17:46 ID:oncnsOfzO
>>324
肯定派が意味がわかってるとは思えんがな。
自分で思い込んだ勝手な意味で使ってるだけで。
だから否定派に突っ込まれるんだよ。


337 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:21:41 ID:ZxuhDoij0
>>333
それを当てはめると幽霊は現在の事件の知名度をタイムリーに知ることができるわけか
「やっと世間で知名度うpしたか… そんじゃ消える」みたいな

338 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:23:11 ID:4BdAGtB5O
>>336昨日レスったのは否定派だけだったからな。

少なくとも昨日の否定派は国語力、理解力ともにこれぞゆとりって感じだった。

もし昨日の様な否定派が肯定派に突っ込んでるんだとしたら悲惨極まりないな。


339 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:31:14 ID:oncnsOfzO
>>338
見苦しいな w
で、首塚にしょんべんぶっかけて、なにが起きたら祟られたと判定するのか答えれないうちは、
おとなしく隠れてろ。

340 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:34:01 ID:4Yepshq50
>>338
あれ?自分のこと言ってはるんですか?
いやー静観しとりましたが、あなたのレスは終始失笑ものでしたなあ

341 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:36:27 ID:4BdAGtB5O
自演するなら時間差考えろよw

342 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:38:37 ID:4Yepshq50
都合悪いとすぐ自演とか言うんですねw

343 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:39:25 ID:4BdAGtB5O
>>339お前はとうとう文字を読む事も出来なくなったんだなw

344 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:40:01 ID:ZxuhDoij0
俺は懐疑派だが突っ込むより突っ込まれる方がいいです

345 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 16:50:23 ID:oncnsOfzO
>>341
自演て w
本当に負け犬だな。
自分がそういうセコいことしてるから、他人もそうすると思ったら大間違いだ。

で、首塚の祟りの定義を早く書けよ。

346 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:01:24 ID:4BdAGtB5O
>>350お前は何で俺の言ったことからいちいち学習するんだよw 昨日の「抽象的」といい今の「時間差」といいw


347 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:02:42 ID:4BdAGtB5O
>>345な。 スマソ

348 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:04:08 ID:ZxuhDoij0
携帯かつ記憶力がない奴みたいだから仕方がないが>>350に期待するか

349 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:05:21 ID:ZxuhDoij0
たまの煽りも先に謝られたら何も効果がないですねむしろ俺が

350 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:06:01 ID:Xq03Vhp+0
>で、首塚の祟りの定義を早く書けよ。

つっても霊能者も目撃談も信じるか信じないかでしかないんなら
当事者が当日もしくは翌日くらいに原因不明の変死くらいのこと起きないと
だからって関連づける材料はないかもしれないし…

351 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:11:34 ID:G7eg5Hwp0
幽霊ってつまり魂だろうが、水子があるからには胎児の魂はあるわけだ。
精子や卵子はないのかね

352 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:15:04 ID:4BdAGtB5O
>>351だとしたら男は相当の呪いを背負って生きてるな

353 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:18:23 ID:FwlsZLfY0
胎児は妊娠3ヶ月目くらいから、音も聞こえるし指しゃぶりもするから普通に魂はあるだろう。

354 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:20:26 ID:7zs/gRoI0
蚯蚓に小便かけるとチンポが曲がるという話があってガキの頃やってみたが曲がりはしなかった。
首塚以前の話としてなぜ肉食をしても動物に祟られないのだろうか?
また幽霊が見えたとか祟られたとか感じている人の心の中ではそれは事実であり
他人の主観を否定することは絶対に不可能である。
あるラーメンを美味いという人もいればそうでないという人もいる、同じこと。

355 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:22:44 ID:/zuwrfRd0
ワカメ食べてもフサフサにならないので信じない

356 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:23:57 ID:k1teJyRT0
幽霊同士で子供できないのかとか、気になる。


357 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:24:48 ID:4Yepshq50
存在物を不必要に増やすのはよくない
魂ってのを仮定する必要性ってなにかあるかな?それを仮定しないと説明がつかない、みたいな

358 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:27:37 ID:zSNVeM2x0
>>351
今まで何度も出てきた質問だね。
俺もすごく気になる。

でも、へたなレスして矛盾をつかれる可能性が高いから
肯定派は答えないと思う。


359 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:33:07 ID:/n/qLLxn0
私の最大の疑問は
1、蚊などの小さな生き物の霊がいない
2、恐竜の霊がいない
3、原始人や古代の人間の霊がいない

これはどうなんだろと思う



360 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:36:35 ID:ZxuhDoij0
>>357
俺の親父が目の前に黒い虫が沢山見えて、ふと目を離して下の場所見たらいなくなってた。
とかいう話を聞いたから、俺は幻覚だろっていったら、
「お父さんが病気だっていうの?!」つって非難轟々だった。
「いやマジで目の病気だったらどうするんだっつの?」って反論しておいたが、
「それはきっと死んだおじいちゃんが…」などと糞みたいな話を展開された。

そういう類いのものはオカルトにしておいた方が
世間的には都合のいい部分もあるんだろう。

>>358
年齢不相応に精子が大量に見えたら、あの人絶倫だわって分かっちまうな

361 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:37:12 ID:GVhYqlUK0
発生の経緯はどうなってんのかって話だね

362 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:41:12 ID:FhMntIMP0
脳死状態の人には魂がある?ない?

363 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:41:45 ID:ZxuhDoij0
>>361
霊能者(笑)に聞くしかないな
なんなら俺が霊能者役にでもなろうか?
どいつが何を言ったとしても信じようと信じまいとじゃろ

364 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:42:49 ID:zSNVeM2x0
>>361
そう。
それと細胞の分裂。
どの程度細胞の分化が起こるとひとつの生命とするか。
最近では単為発生マウスなんてのも誕生してるし。
あるいは細胞一つでも立派な生命?

365 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:45:51 ID:4BdAGtB5O
>>359恐竜となったら幽霊って思わないんじゃね? 俺だったら化け物って考えると思う。

366 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:47:47 ID:7zs/gRoI0
心、意識、精神、魂、霊魂、幽霊、全てイコールでは結べないものなんだが。

367 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:49:57 ID:Xq03Vhp+0
ちなみに原因不明の変死じたいは年間17万人もいるってね約半数は自殺であろうてことらしーけど

>>126>それから、やっぱ世界じゃ否定派はマイノリティなんだなww
これは敗戦後植民地時代からのGHQの親切心で二度と自縛テロ的な聖戦まがいの
戦争を起こさない様にメディア統制検閲、共産をつかって情報操作してきたことの証だよね

その結果、常識、メディア、教育などで霊、神、あの世などがタブーとなり
積極的にないという常識を作り出して来た特殊な国、それこそ80年代に
オウム事件さえなければ常識の流れが変わりつつあったかもしれないけど



368 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:53:21 ID:/n/qLLxn0
>>365
たしかにそうですねw
ただ霊などで一般的に騒がれる時代背景があまりにも狭いので
気になったんです。
猿人・原人も霊にはなってませんよね

369 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 17:58:14 ID:ZxuhDoij0
>>366
そう発言したなら全てを説明するべきでしょう
俺的には幽霊=死んだ人の魂と思っているがこれも違うんでしょ?

>>362
脳死状態から復活したおばはんが以前テレビでやってたんだが、
以後脳死状態と意識を取り戻す状態が交互に現れるようになったそうで。
脳死状態?の時にも機械的に目を動かしたり、
物を食ったりしてたから、厳密には脳死じゃないんだろうけどね。

もしもその人が本当に脳死状態で魂が抜けてるのだったら、
その間の幽霊の記憶がないのはおかしいってことになるし、脳死状態でも魂あるんじゃね?

370 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:00:39 ID:ZxuhDoij0
>>368
古代人の霊について
肯定派が言うにはには波長が合わないから見えないとか消えたとか
そういう言い訳なら聞いたことあるよ

371 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:04:04 ID:4BdAGtB5O
>>368
まず原人の幽霊を見て幽霊と思うんかな?

俺だったら真っ先にビッグフットとか雪男が出てくる


372 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:07:27 ID:Xq03Vhp+0
>>370
その霊たちが現在に転生してきた姿が今の自分たちかもしれないじゃん

373 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:10:37 ID:zSNVeM2x0
「古代人はその時代の地層あたりをさ迷ってるから現在の地表上では
お目にかかれない」とかいう言い訳を思いついた。




374 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/03/26(水) 18:19:44 ID:bwgsv4c90
ああ言えば上祐

375 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:27:11 ID:V1gzbJ5y0
幽霊はどこからきてどこへゆくのか。
前後はやはりはっきりしないものなのかな。

376 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:27:17 ID:By4f4iOoO
つまり、幽霊がいると仮定すれば矛盾だらけで説明がつかなるってことだw

いないいない

377 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:38:36 ID:Xq03Vhp+0
>>375
>>11の 2)既存科学の埒外と考えられるもの
  ・異次元からの干渉
  ・死者の魂
の仮説がありだとしたらあの世の人間社会、霊世界精神世界そのものがありなわけでしょ




378 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:39:46 ID:w5yJ9MXtO
ここで幽霊なんていないって言ってる人は
心霊写真鑑定スレをどう思ってるわけ?


379 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:45:20 ID:V1gzbJ5y0
ま、矛盾をどうにかするために、色んな宗教が
地獄なり天国なりの次の世界や、転生を設定してるわけだな。

380 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:46:28 ID:/n/qLLxn0
>>371
たしかにw
>>370
江戸時代の霊とか平安の時代とかは
あるのに資料のない時代の霊はないないって・・・・
どうなの?ってなりますよね・・・

あとミジンコの霊とかウサギの霊いないよなぁ・・・
ぬこはあるのに

381 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:49:01 ID:KQiAkTd60
話題性反比例説とは逆になるけど、少々不謹慎だけど先日起きた
土浦駅殺人事件の現場に行ける人は行ってみてずっと監視し
ビデオも撮影すれば、ひょっとしたらみれるかも知れないし
写ってるかも知れないよ。
あんな理不尽な殺され方をしたらすんなり成仏できないだろう。
場所じゃなく犯人につきまとうというなら無駄だろうけど。

382 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:49:44 ID:Xq03Vhp+0
>>376
なければ矛盾がいきじるて考え方も潜在的には日本国内でも多数派かもよ
現在的な常識判断で口をつぐんでるだけで

383 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:52:37 ID:xMpGiFfv0
幽霊がいたら、その活動エネルギはどこから生まれるのか?
普通、幽霊って夜に出没するので太陽エネルギじゃないことは明らか。


384 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:53:58 ID:XKPzP6Ji0
>>378
例えば植物人間になった人間は考える機能も行動する機能も
著しく低下し、ほとんどできなくなる。
そこまでいかなくても体の機能が失われれば生き物は行動できない。
なのになんで死んで全ての身体機能を失ってから例として
存在し、考えたり行動したりできると思えるわけ?

385 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:54:23 ID:BufX/OmuO
>>381
墓場で死んでなくても、墓場で幽霊の目撃があるように、
死んだ場所と、幽霊の出現場所は必ずしも同一じゃない

386 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:56:25 ID:4Yepshq50
>>382
なければしょうじる矛盾って例えば何?

387 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:57:40 ID:Xq03Vhp+0
>>384
身体的に表現できないだけで意識はあるともないとも言えないじゃん

388 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 18:58:39 ID:V1gzbJ5y0
エネルギーも、拡散するわ、なにかに吸収されるわ、
そのうち宇宙に放出されたりするわで、大変だからな。
人間だって四六時中、自家燃焼自家発電してるわけだし。

389 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:01:37 ID:Xq03Vhp+0
>>386
生まれて来た状況がみんなちがうことや、様々な生き方をしたひとたちが
死ぬことで結果は皆同じ無だとか

390 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:02:03 ID:KQiAkTd60
幽霊は分裂するのかも知れないな。そうすると、
現場、犯人周囲、そして墓とそれぞれ現れてもおかしくはない。

391 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:05:06 ID:4Yepshq50
>>389
それのどこが「なければ生じる矛盾」なの?むしろその方が自然じゃね?

392 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:05:31 ID:XKPzP6Ji0
>>388
ならなんで我々は飢え死にしないために物を食べようとするのか?
健康なときは意識があるのに、大量に出血すると意識を失ってしまうのか?
そうならないように医療で直すんだし。
死んだとたんに肉体を維持する活動をしなくても良いって都合よすぎ。
あと声帯がないのに声とかは出せないでしょ?
生きてる人は声帯を失うと声が出ない。霊の声なんて発生しない。

393 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:06:57 ID:xMpGiFfv0
生きてる状態が異常で、死んで単なる物体になった状態がデフォなんだが

394 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:07:12 ID:XKPzP6Ji0
間違い
>>388×
>>387

395 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:07:53 ID:Xq03Vhp+0
>>384
肉体が動いてること自体も不思議だけど、手や足が動くのも人間に出来るのは
したいと思うことだけだし

396 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:13:44 ID:XKPzP6Ji0
>>395
半身麻痺とかの人は手や足を動かしたいと思っても動かせないよ。
神経とか脳の構造に異常がでた理由によって。
まして神経も骨も筋肉も無い霊体?がなぜ動けるの?

397 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:16:08 ID:Xq03Vhp+0
>>392
> ならなんで我々は飢え死にしないために物を食べようとするのか?
野生動物と同じ様に本能が組み込まれてるからじゃない

>あと声帯がないのに声とかは出せないでしょ?
生きてる人は声帯を失うと声が出ない。霊の声なんて発生しない。

霊能者は霊と対話してるようだけど

398 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:17:34 ID:Xq03Vhp+0
>>396
健康に感謝

399 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:19:14 ID:ZxuhDoij0
今日から離脱の訓練するわ
もしも離脱できたらお前等のところに行くからよろしく頼む

400 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:20:26 ID:V1gzbJ5y0
内臓移植すると記憶の一部が移るって話あるよね。
魂がある、とするなら魂も混じるんだろうか。

俺は人間について、細胞からできた内臓や筋肉っていう
ものをさらに束ねた、群体みたいなイメージがあるんだよね。
魂も分解すると細かい構成要素とかあんだろか。

401 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:22:42 ID:ZxuhDoij0
>>400
人間の体はどんだけかで入れ替わるとか言うから
俺のフケやクソにも魂や意識があるのかもしれんね

402 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:23:47 ID:XKPzP6Ji0
>>397
>野生動物と同じ様に本能が組み込まれてるからじゃない
野生動物も死にたくないから本能で食べるんでしょ?
おなかいっぱい食べることができているときは元気に動き回るけど、
食料がとれず飢えてきたら弱弱しくなり、やがて動けなくなり死んでしまう。
ところが死んだとたん霊になって動き回れるようになるっておかしくない?

>霊能者は霊と対話してるようだけど
テレパシーってやつですか?
それはもうついていけんw

403 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:26:27 ID:zSNVeM2x0
>>401
フケやクソには菌の霊が恐ろしく沢山いるかも

404 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:29:20 ID:XKPzP6Ji0
>>400
それは私も可能性はあると思うよ。
記憶をつかさどる器官が脳だと初めてわかったとき、
脳が記憶の全てを行っている。
と思いこんだだけで実は体のほかの部署にも記憶を司る器官が
あっても生物学的・医学的にもおかしいことではない。

405 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:33:38 ID:Xq03Vhp+0
>>402
野生動物のほうが文明国の人間よりも死と常にとなりあわせだし死をおそれているかもね

>>400
万象万物に魂が宿るとする仏教にてらせばそういうものにもまた精密なロボット
にも魂宿る可能性ありと思う


406 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:39:55 ID:XKPzP6Ji0
ところで皆さんは幽霊と魂の違いは何だと考えているのですか?

407 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:44:29 ID:Xq03Vhp+0
>>406
魂は幽霊の中核、肉体の脳や心臓にあたるんじゃね

408 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:46:40 ID:Xq03Vhp+0
流れ的にはりつきたいけど、ちょっとおでかけ。

409 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 19:55:35 ID:V1gzbJ5y0
幽霊は死んだ人の魂だったもの、生きてるのにでてきたら生霊だね。
魂なら生きてる体の中にありそうだなーと思う。

410 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 20:05:54 ID:XKPzP6Ji0
生体の中に魂がある→死ぬ→霊体の中に魂がある

という順番で認識してるってことでおk?

なら何のために生体があるの?

411 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 20:08:10 ID:4BdAGtB5O
>>410偶然に発生して現在に至る。

412 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 20:25:46 ID:V1gzbJ5y0
霊の構造としては、魂や魄とかがあるとされてるようだ。
道教の三魂七魄とか、神道は四魂みたい。

道教のほうで面白いのが、死ぬと三つの魂は天に向かう、地に向かう、墓場に残る
という分化する性質をもってることだね。(wiki参照)

413 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 20:44:54 ID:V1gzbJ5y0
あー、三身合体してー。

414 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 20:44:56 ID:XKPzP6Ji0
幽霊はいない。-完-











415 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 21:25:18 ID:Ec1KVwYP0
そうだな。終わりにした方が楽かも試練

416 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 21:45:16 ID:4BdAGtB5O
幽霊はいるか?

死んだら解んじゃね?
―Fin―

417 :本当にあった怖い名無し:2008/03/26(水) 22:21:37 ID:Xq03Vhp+0









                             ひゅるるるる〜










死んだらおどろいたてか

418 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 00:26:51 ID:QV/qC9ws0
幽霊のイメージの転換が起こっているのは興味深い。
昔(明治時代頃までか)の幽霊はいわゆる死に装束で現れていた。
しかし火葬が普及したためかストレートに死に装束という幽霊の目撃談は
現代ではもはや皆無だろう。
死に装束でなくても火葬の際着用していた衣服で出るというわけでもない。
幽霊=肉体を反映した魂ならば全裸で出るのが当たり前だがそんなものは
なおさら目撃されていない。
すなわち、人は見たいものを見るということに他ならない。
幽霊の目撃はドラッグによる幻覚体験に近い。

419 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 02:00:24 ID:H30btwXHO
>>418とりあえずさ、ソースをちゃんと貼らないと

420 ::2008/03/27(木) 02:05:06 ID:+/DSSajn0
>>418にソース?w

421 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 02:07:52 ID:8krJxpUx0
俺は抹茶塩かな

422 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 02:18:49 ID:QV/qC9ws0
ここで人というのは個人というよりユング的な集合無意識よりはもう少し有意識的な個体の集合で
幽霊とはこういうもの、という合意が広く形成されれば「敏感」な人にはそれが見えてしまう。
経帷子で三角布、足ははっきりしないという幽霊のイメージは芝居の創作だが
現実にそういう幽霊を見てしまう人が出る。
幽霊に限らず、UFO、UMA、等尋常でなものを見たの類はまずはそれだろう。
(UFO関係のイメージ変遷もなかなか興味深い)
心の中のものが現実に投影されただけ。しかし見えている本人にはとっては現実である。

423 ::2008/03/27(木) 02:20:11 ID:+/DSSajn0
ミームだよな。

424 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 03:34:58 ID:fG+odyqd0
ムーミンだろ。

425 :俺が神だ:2008/03/27(木) 05:33:40 ID:AWQOlXWh0
2チャンネルのオカルト板で無視されたので家出した
殺すのは誰でもよかった

とかやめてくれ

426 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 06:08:21 ID:p8jO7PKh0
一つの認識として提示されると、人間の意識はそこに
向かおうとする部分があるよね。

ちょっと古い話で例えると、キレる17歳とか騒がれると、
今まで「キレた」と認識されてなかったものが
「キレた」という枠組みに入り、さらにそういうものがあるとなった途端、
類似の行為を誘発したりする。

確立させて、結びつける、広げる。オカルト話にはそういう働きが
関連してる気がする。

427 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 06:21:15 ID:uz5ycdgtO
ぬるぽ

428 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 08:33:19 ID:qIQU/pvc0
>>427
ガッ

429 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 09:34:54 ID:Ha/VVhqdO
>>426
ゲーム脳の事か

430 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 09:55:44 ID:e/K7mYqS0
>>429懐かしいなゲーム脳
ちょっと共通点はあるようなないような

431 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 11:19:19 ID:H30btwXHO
>>430ゲーム脳って結局存在しなかったんだよな

432 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 11:51:15 ID:e/K7mYqS0
>>431ゲーム脳は極論過ぎるしな。そりゃ一日の半分近くをゲームしてりゃダメになるわwwって感じ。
そういう意味でならゲーム脳はあることになるねー。

433 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 12:02:01 ID:fn47wVuN0
なるほど、俺の脳みそ腐ってるかもしれん

434 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 12:23:31 ID:RF1c1MCS0
最近じゃゲーム機で勉強して、TV番組でも勉強しちゃう。
賢い人は増えてなさそうだけど。

435 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 13:04:39 ID:Ha/VVhqdO
脳トレしてる間に公式か単語の一つでも覚えた方が良いわな

436 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 14:24:27 ID:H30btwXHO
>>432俺が知ってるのはゲームをしてる時はβ波が出てなく、これは痴呆症と同じだ っていうやつ。

でも他の学者が調べたらあらゆる分野(将棋から格闘技まで)の競技者がその競技を行う時はβ波が出ていない。 つまりは慣れである。って話だった。


437 :考え中:2008/03/27(木) 14:25:56 ID:AWQOlXWh0
 日本人の教育水準はこの十年間で暴落している。つかもうだめだこの国。


438 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 14:30:47 ID:AWQOlXWh0
 今40歳前後の世代が馬鹿の走りだとすれば、すでに馬鹿二世の世代が成人
し始めている。子供にさとそうとすると、まず親をさとさなくてはならない。馬鹿が
常識化した国。それが今の日本さ〜。

439 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 15:13:59 ID:1bwVIqHM0
そもそも詰め込んで学力を上げる=賢いみたいなのは勘違いなんだと思う。
それならネットで検索かけときゃいい。

440 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 15:18:56 ID:CaDz6AsC0
スレチだけど、ゲーム脳が犯罪を誘発するとか少年の異常犯罪とか
マスコミがこぞって報道するけどさ、本質的に一番変わってるのは
社会だと思うんだよな
連日連夜官政不正が報じられ、景気も不振、国会も捩れて先行き
不透明、責任の所在も明らかではない
明るいニュースは本当に少なくなって、国自体の活力が無くなって
来てる
国や社会が乱れてるから人が乱れるんだと思う
だけどそれを言っても詮無いし、境遇はみんな同じだから、少年の
異常さを強調して報道する
本質は別にあるが瑣末な箇所を抽出して修正しても意味がない

部下は上司の顔を見て行動する、ならば国民は首相の顔を見て
行動してるのかもね、無自覚かもしれないけど

あ、あと幽霊はいないYO
幽霊は生きてる人の情念が作り出すもので、生きてる人が全くいなく
なったら幽霊もまったく現れなくなるよ
人は二度死ぬ、一度目は肉体的に死んだとき、二度目は自分のことを
覚えていてくれる人がいなくなった時、みたいな感じ

441 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 15:20:33 ID:fn47wVuN0
>>439
ゆとりの俺から言わせてもらうと
知識よりも応用力の方が大切な気がするわ
知識も大切ッちゃ大切だが、その都度覚えればいい話であって
その知識をどう扱えるかが問題
無知はバカじゃないと言いたい俺に対する言い訳

442 :考え中:2008/03/27(木) 15:26:16 ID:AWQOlXWh0
 自称インテリの端くれの意見だが、詰め込むことは

          重要だと思う。

詰め込んでも辞書をインストールしたPCのようには人はならない。
それらの知識が、じょじょに意味づけされ、リンクされ、本質的な知恵に
熟成されていく。詰め込みは正しい。そのほかの手段などない。
ネット上の情報が熟成されて個人の知恵になることはない。


443 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 15:27:39 ID:ciBU0cS70
キリストや仏陀が幽霊として現れないのは分かるが、
マリア様の目撃例が多数あるのは何なんだろう?
キリスト教神学は知らないけどそれは幽霊なのか。

444 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 15:30:25 ID:k0pin/moO
>>443
そりゃ、おっさんが出て来るより、女の方がよかろう。
しかも処女だ。

要は「人は見たいものを見る」ということの証左だな。

445 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 15:31:37 ID:AWQOlXWh0
でも新垣結衣の裸踊りはまだ見れてない俺…

446 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 15:34:27 ID:fn47wVuN0
>>442
それもそうだな知識あっての応用力か

>>445
お前も離脱覚えて離脱世界で呼び出せ

447 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 15:41:49 ID:k0pin/moO
>>442
それは正しいとは思うんだが、
どうもその脳内リンクがとんでもないことになってる奴も多い気がする。


448 :考え中:2008/03/27(木) 15:47:04 ID:AWQOlXWh0
>>447
 確かにねえ…
建築資材は建物建てるのに必須だけど
ちゃんと建つかどうかはさらに先の別の問題だもんね

449 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 16:09:22 ID:MSgsCM9MO
この幽霊は本物
http://i.pic.to/tcdfa


450 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 16:19:05 ID:PcjV2ECN0
PC許可しろカス

451 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 17:11:39 ID:dRyPdEjS0
応用っつーか、考える力と、知識、人格がそれぞれ発達しなきゃならんのよね。
昔なら宗教が人格を正常に作ってたわけだ。無宗教や科学主義の社会では、人間の内面についてもっと考える必要があるんだろうね。

452 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 17:21:41 ID:k0pin/moO
>>451
宗教が人格を正常に作ってたってのは、悪いけど同意できないな。

まず「正常な人格」とはなんぞや、と言う問題があるし、
根拠のない宗教的教義を無批判に信じるのが正しいとは思えない。
宗教の教義は、どっかの誰かが勝手に作った考え方の一つに過ぎないわけで、
それが人間として正しいかどうかとはなんの関係もない。

453 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 17:28:23 ID:AIZWRoGs0
人間の能力と人格って、相関があって色々難しい。
多重人格のビリーミリガンは、人格を統合するほど天才的な能力を失ったらしいしね。
健全な人格が必ずしも優れた能力を発現させないわけだ。

無知がいいとは言わんが、多分無駄な部分が知能を鈍らせることがあると俺は考えてる。


454 :451:2008/03/27(木) 18:18:38 ID:bZRq7b4c0
>>452
まー、正常っていうのは、当時の社会通念上、まともな人格のことのつもりかな。
恐らく宗教なかったら、人がまとまらないし、殺しや盗みをどうにもできなかったろうから、
現在ではpgrな教義とかでも宗教が発達してた時代には馬鹿にできなかったと思うんだよね。


455 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 18:32:56 ID:h27NhoKG0
創価学会のことか

456 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 18:41:57 ID:k0pin/moO
>>454
残念ながら、宗教によってまとまった奴がとんでもないことをしでかすことも多いんだけどな。
宗教戦争、魔女狩り、僧兵などなど。
宗教があるから犯罪をしないというのは大間違い。
迷信に凝り固まった古代の人間の方が、今の基準で言えば犯罪を犯すことは多かっただろうな。
しかしどうにもできなかった訳ではなく、私刑による抑止力があった。
悪いことをする自由は、報復する自由でもある。

現代では、宗教者の勝手な教義による統制の代わりに法がある。
今更、弊害の方が多い宗教を持ち出す必要性はないよ。


457 :451:2008/03/27(木) 19:00:39 ID:bZRq7b4c0
別に現代に宗教が必要とか言ってるわけじゃないんだがなあ…。

458 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 20:03:42 ID:PcjV2ECN0
>>456
> 宗教があるから犯罪をしないというのは大間違い。
その通り

> 迷信に凝り固まった古代の人間の方が、
> 今の基準で言えば犯罪を犯すことは多かっただろうな。
根拠がない

さすがに古代の犯罪記録は残っていないが、
今より迷信の強かったと思える江戸時代の方が犯罪率(人口当たり)は
少なかったという研究もある
(ただし当時と今では犯罪の要件が異なるので、それを補正すると今の犯罪率と
そう変わらなかったという研究もある。いずれにせよ、近代以前の方が犯罪は
多かったという証拠はない)

459 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 20:13:14 ID:ciBU0cS70
江戸時代じゃ(武士階級は知らんが)多少の喧嘩や女を犯すのは犯罪のうちに入ってないと思うよ。

460 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 20:17:59 ID:PcjV2ECN0
>>459
> 多少の喧嘩や女を犯すのは犯罪のうちに入ってないと思うよ。
入っている
町民に対しては今より厳しかったらしい

むしろ統計を歪めているのは武士階級の犯罪がほとんど認知されいないと思えること
江戸期を通じて、武士の犯罪は「ほとんどなかった」ことになっているらしい

それを補正した結果が(推計ではあるが)
>>458の( )内で書いている部分


461 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 20:21:32 ID:e/K7mYqS0
>>458の言うとおり、宗教があるから犯罪をしないっていうのは間違いだね。
基督教の宗教腐敗なんて酷いもんじゃない?

宗教といえば、基本的に有名どころの宗教はこの世に魂が残ることを認めてないんだよね?

462 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 20:34:25 ID:bZRq7b4c0
全ての政治形態や、文化、宗教ってのはある一時代では、
恐らく合理的で妥当だったんだからそれが一般化し根付いた。
そのときには科学や思想、法も未熟だったりしただろうし、
自然の危機なんかも大きかったろう。
その状況が変遷するに従って、人間のほうはどんどん変化するけど、
社会システムは固化しやすい。
だから後の時代になれば有用だったものが次第に弊害を伴ったり、
私欲で使われることもある。

というのが俺の考えで、宗教っていうものも最初から最後まで
全ての機能において間違ってるとは思わない。科学的には間違いや矛盾だらけ
なのはわかってる。ま、それは現在、科学が発達して、教育や情報伝達技術が
進んだから、誰もがそういう認識をもって判断できるわけだよ。

463 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:10:08 ID:PcjV2ECN0
>>461
> >>458の言うとおり、宗教があるから犯罪をしないっていうのは間違いだね。
逆に宗教が犯罪を助長するとも考えてないんだ
どの宗教も教義を素直に読めば犯罪を禁じているからね
でも、カトリック圏には泥棒をしたその足で教会に懺悔に行って
また泥棒に出かけるなんて国もある

ようは、当人の宗教に向き合う態度次第ということ
で、それは宗教だけでなくイデオロギーや道徳観念にも当てはまる

> 宗教といえば、基本的に有名どころの宗教はこの世に魂が残ることを認めてないんだよね?
そうでもない
キリスト教:死後の魂は最後の審判まで神の幕屋で待機
イスラム教:キリスト教と同様。ただし、生前の行いによって待機中の待遇に差
仏教:死後の魂があるともないとも言っていない
こんなところか

でもまあ、死んだ後に生者の身のまわりをうろつく
いわゆる「幽霊」を認めてる有力宗教はないかな


464 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:13:10 ID:e/K7mYqS0
>>462まぁね。起こった当初は宗教は人の救いだったろうし。
それが変になったのはやっぱり、時間が経って私欲に利用することに気付く人が現れたからだと思う。


>>463あ、言い方が悪かったか。下二行の意味でした。分かりづらくてスマソ……

465 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:19:52 ID:GTnM6xrW0
お題
死にたてホヤホヤの健康で外傷のない死体と、生きてる人の違いについて

466 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:23:24 ID:l0MdbhxY0
キリスト教もイスラム教も仏教も成立するずーっと前から幽霊譚はあったと思うのだが
どの宗教もそれについて何も言及していないのはなぜなんだろう。
宗教としては自殺や他殺を戒める理由にできたろうし、あるいは神と敵対する
悪魔・悪霊だとすることもできたろうに。

467 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 21:41:18 ID:k0pin/moO
>>466
神や仏が死後に救ってくれるはずなのに、
幽霊がそんなにさまよってるんじゃ都合が悪いんじゃね?

ただ、他の土着宗教では霊がさまよい出ないように手足を縛って埋葬したりもするから、
必ずしも幽霊を認めない宗教ばかりじゃないよ。

468 :451:2008/03/27(木) 21:48:39 ID:bZRq7b4c0
なんか宗教の話になっちゃったが、社会適応した人格形成において、
善悪を規定して、悪に流れちゃいけない根拠を指し示すものが、
現代で弱くなっちゃってるよなー、そういう部分を補強する方法論がいるんじゃないか
ということを>>451では言ってた(つもり)。

>>465
呼吸と心拍、脳波や血流なんかの生命パターンはないとして…。
細胞分裂なんかは割と長いことしてる部分はあるけど、
常に栄養補給しないと死ぬ脳や神経なんかの弱いとこは
ダメになりつつあるよね。

469 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:01:15 ID:bZRq7b4c0
エジプトの街とかって死んだ人の魂が戻ってきて、
暮らしてるんじゃなかったっけ。
あとはスラブ系の民間信仰だと、死体が生き返るてんで、
死体の首を切りおとしてたようだ。肉体が生き返るって意味じゃなく、
死体から魂がでて悪さするらしい。

470 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:08:18 ID:l0MdbhxY0
>467
>幽霊がそんなにさまよってるんじゃ都合が悪いんじゃね?
うん、だから「幽霊が出現するのは悪魔の仕業であり、それを見るのは信心が
足りないせいだ」と言って都合よく勧誘することもできたわけでしょ。
もちろんグッズを買わせるためではなく信仰を深めるためにだけど。

>霊がさまよい出ないように手足を縛って埋葬したりもするから、
昔は完全に死んでいない状態で埋葬されることがあって何日か経ってから息を
吹き返して出てくることがあったらしい。ただし、生き返ったのではなく死者が戻って
きた、という認識だったらしい。これを防ぐために手足を縛る、棺桶に入れる、
火葬にするなどの埋葬方法が考え出されたんだとか。
日本の墓石は死者が出てこないための重石なんですな。

471 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:11:40 ID:e/K7mYqS0
>>465外傷がないのか……突然の心臓発作か?(こっちが気になる)
死にたての時点では明確な区別はつかんのじゃないだろうか。仮死の可能性も有ると考えたら、だけど。
呼びかけても反応がない、とかどうだろうか?


>>468宗教は科学に圧倒されてきてるしなー。道徳、倫理の点では宗教はよくできてた。
科学はそこら辺不完全だね

472 ::2008/03/27(木) 22:16:21 ID:+/DSSajn0
宗教による道徳や倫理というのは、自由意志の否定がベースになってるんだよな。
善も悪も選べる中で、善を選択するというのが本当の善だと思うが。

473 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:19:55 ID:l0MdbhxY0
>471
科学は道具(知識)だから道徳や倫理は付帯していないでしょ。
使う人によるよね。

474 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:24:02 ID:NCC8RR3G0
>>471
> 道徳、倫理の点では宗教はよくできてた。
さて、それはどうだろう?

宗教というのは、無批判に信じることから始まるのだし、
道徳、倫理というのはその時の人の考え方に拠るものが大きいから
宗教の教義そのものが道徳と同義だった。
だから、我々のそれとはかけ離れたものがそこの道徳である場合もある。
例えば、未婚の女がセクースしたら殺されても文句言えないなんてのが当たり前の道徳だったりする。
そんなものも、宗教なんだよ。

475 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:25:35 ID:e/K7mYqS0
>>472うん。がちがちに固められたレールみたいで、よくできてはいると思うけど俺は苦手だなぁ。

>>473スマソ、また言葉が足りんかった。
でも473のほうが俺が言おうとしたことより上をいってて、悔しい・・・・・・!

476 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:25:50 ID:zz2JxbkL0
>>465
死体は語る だかって本では、生きてる状態と死んでる状態ていうのは
明確に線引きすることは出来ない物なんだ。みたいな事がかいてあるぞ。

477 :四つ葉のクローバー:2008/03/27(木) 22:27:52 ID:ETzzHKJz0
最近興味があるのは「魂の世界」の存在かなーwww
霊的世界、アストラル界なんて呼ばれてる世界だろうか?
魂の世界に入る入り口はどうやらいくつもあるらしいwww
魂の世界を探索することwwww
肉体の死とは別物の魂の死とは?
よくわからないけどね〜ww
誰か教えて欲しいよ(笑)
でもどうやらこの魂の世界に詳しい人たちでも
この魂の世界についてはわかってないことが多いみたいだけどねw
物質世界とは違う世界それが魂の世界みたいww
ちなみに幽霊、天使、悪魔、守護霊なんかはその世界の住人であり
本来そもそも「見えないもの」らしい
幽霊が見える見えないなんて言ってるけど基本的にまず
そもそも幽霊は見えないものなんだよwww
でもそれを僕たちが視認できる形にしてるだけみたいだけどねww
でも正直そんな霊の存在なんて最近まで信じてなかったんだけどね〜・・・www

478 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:27:57 ID:PcjV2ECN0
>>466
> キリスト教もイスラム教も仏教も成立するずーっと前から幽霊譚はあったと思うのだが
> どの宗教もそれについて何も言及していないのはなぜなんだろう。
巨大宗教はどれも、土着のシャーマン信仰と勢力を争って勝ち残ってきたという
出自を持つから

シャーマン信仰といえば、
世界中どこでも霊媒による先祖霊の口寄せと相場が決まってるからね

だから、先祖霊や、それに対する教義上の敵勢力である悪霊もろもろも
シャーマン自身といっしょに社会の中から抹殺してしまったのさ

479 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:30:03 ID:bZRq7b4c0
ようするに自由意志を否定するのが、効率良かったんだろね。
色んな知識や選択を与えた上で、ほとんど全ての人間に
善なる選択ばかりさせるってのは実際難しいんじゃないかな。

全く、善悪について無知なところから始めたら、多分善人はかなりの少数派に
なってしまうと思う。

480 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:32:48 ID:pEj5m0Nx0
>>477
また珍しいコテが出現・・・みたいなwwww

481 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:34:03 ID:e/K7mYqS0
>>475お?ふむ、それはやっぱり今を生きている人間だから思うことだと思うね。
俺だって基督教的な思想は苦手だよ。昔にもそういう考えが嫌いな人間もいただろうけど。

それに、無批判に信じると言うけど、それだけではないと思うね。
盲目的な人間もいるけど、悩みながら神の存在を信じる人間だっているさ。
決して無批判な人だけじゃないと思うよ。今はどうか、わからないが。

482 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:42:17 ID:PcjV2ECN0
>>481
> それに、無批判に信じると言うけど、それだけではないと思うね。
> 盲目的な人間もいるけど、悩みながら神の存在を信じる人間だっているさ。
> 決して無批判な人だけじゃないと思うよ。今はどうか、わからないが。
今も昔も実はそうだよ

よくものの例えで「神学論争」なんて言ったりするが、
モノホンの神学系大学では結構タブーなしで議論したりしてる

ちょっと前にローマカトリックがガリレオの破門を解いたけど、
あれって時代の流れという「外圧」を容認したものだと誤解されてることが多い
でも実は、カトリック内部で破門解除派が継続派を論破したという「内圧」によるものだったりする
逆に言うと、「外圧」ぐらいで連中は考えを変えたりしない
例え1000年でも1万年でもw

ただ、僧侶やインテリの世界ではタブー無しだけども
一般大衆向けには言論弾圧に近い思想統制をしいたのも事実

483 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:48:33 ID:l0MdbhxY0
えーとたしかキリスト教では人類が誕生したのは6千年前だったっけ。

484 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 22:51:24 ID:e/K7mYqS0
基督教は外圧には強いよな。
彼らがもっとも恐れるのは自らの信心が揺らいでしまうことだし。

>>483え、そうなん?

485 ::2008/03/27(木) 22:57:43 ID:+/DSSajn0
原理主義的な創造論では6千年前。

486 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 23:00:36 ID:NCC8RR3G0
>>481
もちろん、どんなものにも例外ってものはある。
ただ、無批判に信じる愚か者が、宗教を操る者達にいいように利用されて来たのも
また事実なんだよね。

487 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 23:08:13 ID:e/K7mYqS0
まぁな、そういう人は自分が利用されてることにも気付いてないんだろうし、世界のためになってると思ってるんだろうから。

488 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 23:28:25 ID:GTnM6xrW0
>>471
まあ、窒息でも心臓麻痺でもなんでも
この際植物人間でもいいかも

>>476
おk、今度読んでみる
ちょっと脱線すると、生きている証明は
「自分で自分を再生できるかどうか」というのを昔に聞いたことがあるな

なんというか、宗教の話はちょっとついて行き難くてな

489 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 23:40:49 ID:e/K7mYqS0
>>488あ、付いてき難いか、スマソ・・・・・・

そうだな、無傷で死んだ直後では区別しづらいんじゃないだろうか。
これは助からない、みたいな致命傷や、腐っていくのを見てようやく死んだと実感するような気がする。俺の感覚だけど。

そう考えると、傷のない幽霊は、ぼやけてたり足がなかったりでもしないと幽霊なのかわからないな。
それとも見える人達には明確な区別がつくのだろうか。

490 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 23:53:32 ID:NCC8RR3G0
心臓が止まっても、電気ショックでまた動き出すことがあるし、
「死んだ」人間から取り出した臓器を移植すれば臓器だけは生き続けるし、
生と死の境界は本当に難しいよな。

生物としての死は、すごく曖昧で、厳密に言えばその生物を構成するすべての細胞が動かなくなった時
なのかもしれない。
ただ、それを突き詰めると、地球に生まれた最初の細胞はこれまでずっと生き続けているという
ことになる。
最初に生まれた細胞が、生殖によって再生しながら途切れることなく連綿と続いているのだから、
生物全体で見れば、一度も死んでなどいないわけだ。

491 :本当にあった怖い名無し:2008/03/27(木) 23:58:34 ID:GTnM6xrW0
>>489
すまない
>>1を読み返したが、どうやら俺がスレを間違えたみたいだ

ただ幽霊とは何か、となると人に宿ってるものだし
幽霊より人を調べたほうが早そうかな、と思って

492 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:03:56 ID:8uDhxg5q0
>>491うん、でも面白い話題だったよ。そんなに気にしないでくれ

493 :脳無しボケ顔野郎:2008/03/28(金) 00:21:48 ID:LVlHDRhs0
>>465
昔さぁ〜「過労死」って言葉が流行ったじゃん。
あっ。今もあるのかな?

それ 初めに聞いた時ってインパクトあったよねぇ〜
疲れ過ぎて死ぬのかぁ?( ゚д゚ )?・・・みたいなぁ〜

生きてる時と死んでる時との狭間に、何かが加わっていたり 何かが不足していたり・・・
ストレスで、胃や腸に穴が開いたり 精神的におかしくなったり・・・
まぁ。ホルモンバランス云々なんだろうけど、不思議だよねぇ。
生きている状態と死んでる状態の狭間にあるもの・・・気になるよねぇ〜

494 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:29:02 ID:5u+eQHYV0
>>493
> 疲れ過ぎて死ぬのかぁ?( ゚д゚ )?・・・みたいなぁ〜
直接の死因は、脳溢血や心不全、自殺等ですよ

「過労死」という名称は医学とは無関係です
脳溢血や心不全、自殺の原因に過労があるや否やという
社会制度上の分類であります

495 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:32:05 ID:IuBCPbEc0
>>492
そう優しくするな、泣く
需要があれば魂の有無スレでも立ててみるかな

>>493
働いて死ぬとか「生きる為に死ぬ」を地で行ってるよなw
腹切とか神風とか日本人は外国と比べてちょっと変なのかもしれない

496 ::2008/03/28(金) 00:34:48 ID:D21KT3V80
かつて某大学病院で、死後まもない新鮮な遺体を使った実験が計画された。

遺体の脳を体温程度にあたため、生理食塩水を注入し、微弱な電流を流して
「生きているときと同じような状態の脳の働き」を調べようとしたのである。

ところが、研究者の一人が「もしこれを行なって脳波が検出されたら」と
言い出した。

生きているときと同じような状態で実験中に脳波が検出されれば、それは
「意識が戻っている」ということにほかならない。

結局、結論がでないまま実験は中止になったそうだ。

497 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:40:24 ID:7pD4RgPVP
>>495
> 働いて死ぬとか「生きる為に死ぬ」を地で行ってるよなw

かつて過労死しかねないほどの激務だった俺が来ました。

普通の判断力を持った人なら、たかが月給取りの勤め人がする仕事ごときで
命を張るなんてのはバカバカしいとわかりますよね。
ヤクザの足抜けじゃないんだから、命とられるぐらいなら、サッサと会社を
やめればいいだけの話。命がけでやらねばならない責任などないはず。

俺もそういう事は充分理解していたつもりなんだけど、仕事が忙しくなると
そのあたりの冷静な判断ができなくなってしまうんだよね。
水に蛙を入れて徐々に熱すると、蛙は茹だって死ぬまで熱さに気付かないとか
聞いた事があるけど、そんな感じかな?

ブッ倒れて救急車で運ばれて、3日ほど意識不明で集中治療室から帰ってきて
やっと「こりゃいかんわ」と気がついたって感じ。

決して大和魂とかサムライ精神みたいなもんじゃなかったよ、あれは。

498 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:41:05 ID:ELpP51580
>>496
その状況を、取り出された脳の側に立って考えるとすごく怖いな。

まず、自分がなんらかの原因で死ぬ。
ふと目覚めると、真っ暗で音もなく、それどころか全身の感触すら完全にない、
完璧な無感覚の世界にいることに気づく。
脳そのものには感覚はないからな。
なんの入力もない状態で、意識というものは存続できるものなんだろうか?

これは死ぬより恐ろしい運命だなぁ。

499 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:44:15 ID:7pD4RgPVP
>>498
> ふと目覚めると、真っ暗で音もなく、それどころか全身の感触すら完全にない、
> 完璧な無感覚の世界にいることに気づく。

つ 幻肢

500 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:50:32 ID:ELpP51580
>>499
幻肢で全身の痛みを感じたとしても、なんの慰めにもならんだろ・・・・

501 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/03/28(金) 00:54:36 ID:ZqfwL1e4O
じつはあなたがたの見ている現実(と思っているもの)はすべてゲンシ。
つまりあなたがたは脳味噌だけの状態でさる研究施設に陳列。

502 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:54:46 ID:8uDhxg5q0
>>500それは幻肢「痛」じゃないか?いや、そんなに変わらないんだけど。


そういえば、人間は生きるだけなら脳だけでもできる。って誰か言ってなかったっけ?

503 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:56:04 ID:gCLko9Ky0
>>500
そういう意味じゃなく、「完璧な無感覚の世界にいることに気づく」が間違ってるとry

504 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 00:56:34 ID:7pD4RgPVP
>>501
それならそれでいいさ。
我思う故に我あり。

505 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:00:27 ID:IuBCPbEc0
>>497
>>495の最後の行は深い意味はないから気にしないでくれw

まぁそれにしても無意識に自殺だなんて生き物が解らなくなる話だな

506 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:03:13 ID:gCLko9Ky0
気になるのは>>496の実験目的だな。
サイモンライトでも作るつもりだったのかな。

507 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:06:54 ID:8uDhxg5q0
>>506ああ、気になる。なんでわざわざ死体を使おうとしたんだろう。
それに、中止したってことは意識が戻っていてはいけないわけだよね。脳を解剖でもしようとしたのかね?

508 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:09:50 ID:7pD4RgPVP
>>507
> なんでわざわざ死体を使おうとしたんだろう。

おいおい、生体でする方がよっぽどコワいわw


509 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:13:25 ID:8uDhxg5q0
いやいやww言葉の綾というやつでww
でも、脳の働きを調べるのに死体を使うってのがさ。
生きてる人間じゃ倫理に反するようなことしようとしたのかねって(だけど死体でもなぁ)

510 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:24:17 ID:tsHgp2eP0
世の中には医学の発展のために、死後自分の死体を提供する人がいるらしい。

511 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 01:34:24 ID:ELpP51580
>>502
無感覚になると気が狂うって言うけどね。
やわらかい包帯で全身ぐるぐる巻きにして触覚を断ち、目隠し、耳栓、
そして恒温槽に入れて不感温度に保つとその状況に精神が耐えられないとかなんとか。

512 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 03:33:58 ID:+QE+HannO
esて映画でもそういう懲罰器具があったな
金庫みたいな狭い箱の中にいれられて、
その中は真っ暗、音も遮断されてる、みたいなの

513 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 04:54:54 ID:T/LKQN0h0
「人間の」死体に意識が生じたら法的にも倫理的にも問題が出てくるのはわかるけど
じゃあマウスやらサルやらを使えばいいんじゃないかという気がする
「死体に」意識が生じることが問題だったんだろうか

514 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 04:57:38 ID:piyPId3R0
死体の脳なんてまともに機能しないだろうけどね。
10分や20分呼吸しないだけで深刻なダメージ受ける
デリケートな部分だ。


515 :脳無しボケ顔野郎:2008/03/28(金) 09:05:33 ID:LVlHDRhs0
>>494
それそれ。心不全。
働き盛りの男性が、疲れすぎて心臓が上手く機能しなくなるって
不思議だよねぇ。
どんなに疲れて 泥のように眠っていたって、内臓ったらしっかり動いているじゃん。
不規則であっても 食事をしていれば、体を維持するだけのエネルギーは、あるわけじゃん。
もともと心臓疾患とかあれば 話は別だけど、大抵は「体だけは丈夫だったのに・・・」
ってな話だったし・・・


516 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 11:23:31 ID:vLcHRFqBO
>>515
人体のシステムの想定外の使い方だから、
対応しきれなくなってしまうんだろうな。
動物は決してそんなムチャな活動はしない。

517 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 11:26:22 ID:8uDhxg5q0
一週間眠らないと気が狂うというし(ちょっとずれてるぞ)。
人間過酷な労働はするもんじゃないよ・・・・・・

518 ::2008/03/28(金) 11:50:43 ID:D21KT3V80
>>506
実験目的は、単純に「生きているときと同じ状態の脳に各種刺激を与えて、脳が
どのような反応を示すかを研究する」だよ。

例えば、言語野に電気刺激を与えた場合、脳の他のどの部位に信号が伝わって
いくのか、とか。

いくら動物の脳で実験しても、それで人間の脳の機能まで解明できるわけではない。
(ネズミの脳でいくら実験しても、人間の脳の言語に関する機能は解明できない)
製薬実験でも、最初は動物で実験するが、最終的には人間相手に実験する。

「人間の脳については10%ほどしか解明されていない」などといわれるけど、その理由は
「生きている人間の脳で実験する事が倫理上困難」だからなんだよね。


>>507
意識が戻るということをよく考えてみましょう。
その遺体があなただったとしましょう。実験中に意識が戻るという事は
「んあんあなんだなんだ俺いったいどうなってるんだこれはどういう状況なんだろう
だれかおしえてくれ何も見えない」と意識している可能性があるってことなんだよね。
そしてその意識は実験の終了ととものブチっと切られてしまう。

いったん死んだ者の意識を蘇らせ、ふたたび死なせるということにほかならない。

519 :考え中:2008/03/28(金) 12:12:49 ID:7StX7yxW0
俺の中のダークサイドがニヤニヤしてますが

520 ::2008/03/28(金) 12:18:35 ID:D21KT3V80
> いったん死んだ者の意識を蘇らせ、ふたたび死なせるということにほかならない。

もちろん、実験によって必ずこれが起こると予想したわけではないよ。

「思ったよりも脳の損傷が少なければ、こういうことが起こらないとは断言できない
のではないか。もしこのようなことが起こった場合、倫理問題や責任問題が生じる
可能性がある」ということになって実験が中止された。

521 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 12:20:05 ID:RuyzYanA0
>>518
神経も細胞、細胞が生きるためのコンディションが整ってないと
死んだやつのに電気を流しても生きてるときに電気を流すような効果はないだろう

脳は酸欠に弱いし

酸素が欠乏すると不可逆的な変化が起こるんだよ

522 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 12:21:34 ID:8uDhxg5q0
>>520同時に、それぐらい新鮮でなければ実験にならなかったんだろうなー。
科学は倫理との戦いだな。

523 :考え中:2008/03/28(金) 12:23:08 ID:7StX7yxW0
 机の上の金魚蜂で、人脳を生かし続ける夢を見た。いつまでも、いつまでも。
たまに旅行にいったりしているうちに忘れて数年本棚の奥に。気がついて眺めるも
ブーム去り。また奥へ。 え?意識があるって? 


    もうとっくに気が狂ってるだろうね、そりゃあ

524 :考え中:2008/03/28(金) 12:32:16 ID:7StX7yxW0
 机の上の金魚蜂で人脳を生かし続ける夢を見た。いつまでもいつまでも。
電気刺激を与えて返ってくるパルスをCG化するととても美しい。クラブの
証明器具として最適。今年で10年目。

 いや、特に痛み刺激とか、嬉しさ悲しさの高速スイッチとかいいんですよね。



          え?意識あるの?

525 :考え中:2008/03/28(金) 12:36:24 ID:7StX7yxW0
 ダークサイドより愛をこめて、娘の生き脳20年保有のお父様へ


       実は意識あるそうです



            Fin

526 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 12:42:00 ID:8uDhxg5q0
カエレ(・∀・)!

527 ::2008/03/28(金) 12:42:14 ID:D21KT3V80
>>521
それはもちろんそう。
生きているときと同じような脳波は検出されないことは当然だが、限定的に
ごくわずかな脳波が生じる可能性(例えば、視覚野に0.1秒だけ脳波が生じた、とか)
までは否定できない。

たとえ「0.1秒間の意識」であっても、その意識内容がどのようなものであったのかは
その脳自身にしかわからない(0.1秒の間に走馬灯のように人生を振り返ることも
あり得るわけだから)ので、「実験者の都合で死んだ脳に意識を蘇らせたり停止させたり
してしまうというのはどうよ」という倫理問題が生じたのであるよ。

528 :考え中:2008/03/28(金) 12:49:39 ID:7StX7yxW0



    |_・) ジー

529 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 13:06:28 ID:IRDOhLsf0
友達とうぇbカメラでチャットしてたら白い手がニョキニョキでてきて
まじビビッタ
ほんとにいるとしか言えないわ

530 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 14:57:15 ID:KEhdeNj9O
いたずらな脳だな

531 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 15:30:02 ID:mVTWNd7A0
死んだらただの肉だし人権もないし献体された物ならどう扱おうと自由だと思うがね
意識が戻る?
それが証明できたら逆にすごいぞ

532 ::2008/03/28(金) 15:50:11 ID:D21KT3V80
>>531
> 死んだらただの肉だし人権もないし献体された物ならどう扱おうと自由だと思うがね

それはあくまでも法律上の問題なんだよね。
科学の問題ではない。

問題は「法律上正しい事が、必ずしも科学上正しいわけではない。逆もまたしかり」ということ。

> 意識が戻る?
> それが証明できたら逆にすごいぞ

意識が戻るというのをどのように定義していますか?
生前のままの脳細胞が限定的に残っていれば、そこに電流を流した時に
生前と同じような脳内活動が生じてしまう可能性があるということですよ。

電流を流せば、生前と同じような脳に戻るということではありません。

533 ::2008/03/28(金) 16:03:06 ID:D21KT3V80
>>532
> > 意識が戻る?
> > それが証明できたら逆にすごいぞ

更に言うと、これは証明する事ができないんですよ。
正確に言うと、証明する為の実験が、倫理的な問題で無理なんです。
ていうかいろいろな矛盾が生じてしまうわけです。

死んだ直後の新鮮な遺体を献体として手に入れるところまでは可能でしょうけど、
それで前期の実験を行なったとき、脳波が確認されたとしましょう。

この場合、果たしてその人が「本当に死んでいたと言えるのか」という問題が生じるわけです。
「人間は、一度死んでも、処置によっては意識を取り戻す」ということになれば、はたして
どの時点を「死」として扱うかがわからなくなってしまうわけです。

仮に「なにをしても脳波が出なくなったら死」というように規定した場合、実験で
脳波が出た時点で、その人は「生きている」ということになり「生きた人間で実験をした」ということになります。

逆に「脳波が出ても、医者が死亡を宣告した時点が死」であるということになれば、脳波の有無と死亡宣告には
関連がないということになり、現在の脳死判定とは矛盾した結論がでるということになるわけです。

534 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 16:19:26 ID:hXkIgkMrO
なんか怖いです。
幽霊より怖い。

535 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 16:35:41 ID:V1zk4Rm00
かつて生命活動をしていた肉体に再び生命を宿せるか
よしんば自我を蘇らせることは出来るのか
ならば一から作り出した肉体に魂は宿るのだろうか
今後ES細胞の研究が進み、肉体のパーツの複製が作り出せるようになった時、
それらを集めて一つの肉体にした場合、そこに魂はあるのだろうか

536 ::2008/03/28(金) 16:38:01 ID:D21KT3V80
前記の実験をオカルト的に演繹するとそうなるだろうね。

537 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 16:59:08 ID:/6ZOHoLD0
倫理的な問題ってのは要するにやっちゃうと、研究打ち切りや献体の減少を
伴うってことであってだね……。

やるならこっそりやらないと不味いよ。
と言えば納得するかね。

538 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 17:10:50 ID:pjsU1KuE0
>>535
>かつて生命活動をしていた肉体に再び生命を宿せるか

凍結保存って技術があるよね。
まあ、凍結中の生物が死んでいるとみなすか生きているとみなすかは
賛否両論あるかもしれないが、生命活動が一旦途切れることは確か。
細胞の凍結保存は実験室じゃ普通のことだし、金魚ぐらいの体積の生物
なら液体窒素での凍結→解凍で生き返るよ。
人間ぐらいの大きさになると、いろいろ技術的な問題があって現状では
実現困難だけど。


539 :538:2008/03/28(金) 17:22:38 ID:pjsU1KuE0
金魚は体の表面が凍るだけだから厳密には凍結保存とは言えない。

と、自分でツッコミ入れておく。


540 ::2008/03/28(金) 17:44:48 ID:D21KT3V80
>>537
> 倫理的な問題ってのは要するにやっちゃうと、研究打ち切りや献体の減少を
> 伴うってことであってだね……。

もちろんその通り。
だから、前記の実験は「脳波が検出されてしまって倫理問題となったとき、誰が責任をとるのか」
という問題が生じてしまうので中止になったということです。

>
> やるならこっそりやらないと不味いよ。
> と言えば納得するかね。

脳波を検出することが実験の目的ではないですから、そんなリスクを負う意味がありません。

単純に「いつもは古い献体の傷んだ脳を用いて実験をしていたけど、今日は新鮮な脳が手に入ったから
いつもより正確なデータがとれるぞ」→「でももし脳波が出ちゃったらやばくない?」→「そうだな、
ヤバいな」→「中止」

という話ですよ。

541 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 18:51:04 ID:9USmKRi60
ところで幽霊って居たら何かの形で利用できるんだろうか。

542 ::2008/03/28(金) 18:54:24 ID:D21KT3V80
畑の肥料になるよ

543 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 20:51:08 ID:mVTWNd7A0
脳波が出てようがなんだろうが外的要因により発生する電気信号なだけで
それが「生きてる」とはどう考えてもならん
色々矛盾はあるが常識で考えればそうなる
法がどうこうは関係なく
もし「擬似的に脳が生きているように見える状態(でも信号を発生させる装置を止めれば脳波も止まる)」
そんな状態でも生きていると認定されるなら不死の出来上がりだね


544 ::2008/03/28(金) 21:07:33 ID:D21KT3V80
外的要因による脳内の電気信号によって、死んだ脳内で何らかの意識活動が生じないとは限らないってこと。
死んだ人の脳内に意識活動を生じさせること、そして意識活動を停止させる事を実験者の都合で行なうことは
倫理的に大きな問題がある。

重要なのは「擬似的に脳が生きているように見える状態にすることで、脳内に情報処理活動(意識)が生じる
可能性が否定できない」ってこと。

死んだ脳の上で擬似的な「生」をシミュレートすると、擬似的ではない「断片的意識」が生じてしまう可能性が
あるってことね。

545 :チン・カース:2008/03/28(金) 21:10:50 ID:4rahoRVTO
どの時点で死と判断するかは、ここではあまり重要では無い。
焼かれた後でも現れるのだから。

546 ::2008/03/28(金) 21:17:36 ID:D21KT3V80
つまり、脳の上で電気信号がいったりきたりすることが人間の意識活動なわけでしょ。

ということは、死後、損傷が最小限にとどまる脳の上に電気を流せば、意識活動が生じてしまう
可能性があるわけ。そして、これで生じる意識活動は擬似的なものではないんだよ。

たとえば、この実験中に指に針を刺せば、神経系統が死にきっていなければ、脳内に痛みを感じる
意識活動が生じてしまう可能性がある。

そしてその痛みは、生前と同じ質のものなんだよね。

547 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 21:19:07 ID:mVTWNd7A0
>>544
そう言う実験だと望んで被験者となった人の脳なら問題ないんでしょ?

548 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 21:21:15 ID:mVTWNd7A0
もし擬似生命活動を起すと意識がよみがえり
あたかも「マモー」のように存在できるとなるなら望む人は出てきそうだが

549 ::2008/03/28(金) 21:24:28 ID:D21KT3V80
わかりやすくするために「指に針を刺した痛み」を例えに出したけど、もちろんこれはそうなるための条件が
奇跡的に揃った場合、ですよ。

生前に「500円玉をマンホールに落としてしまって悔しかった」という感情の記憶があったとします。
死後、その記憶を司る脳の部位が、ほとんど損傷せずに残っていたとします。

この部位に電気信号を与えると、死んだ脳の中で「500円玉をマンホールに落として悔しかった」という
意識活動(感情)が生じてしまう可能性があるわけです。

この場合、生前の「悔しかった」という感情と、死後に生じた「悔しかった」という意識活動には
なんら違いがありません。

550 ::2008/03/28(金) 21:31:13 ID:D21KT3V80
>>547
> >>544
> そう言う実験だと望んで被験者となった人の脳なら問題ないんでしょ?

ちゃんと説明すれば、望む人はほとんどいないと思いますよ。
前にも書いたけど、人間は、ほんの数秒感ですら、自分の人生を走馬灯のように意識することができます。
仮に1秒間だけ意識が蘇ったとしても、その間に人生の嫌な部分や、激痛にかかわる記憶だけが蘇るかもしれません。

「実験の間じゅう、ものすごく苦しい意識だけが蘇る可能性がありますが、それでもいいですか?」と確認して
「はい」と答える人はそうそういないでしょう。

551 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 21:32:51 ID:8gbpVrD+O
俺、理論より結果しか信じれんから今までのレスも幽霊と同じ様に信頼できん

552 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 21:34:53 ID:8uDhxg5q0
>>551実際、かもしれない話だから。
かもしれないでも、本当に起こってしまうとまずいという動くに動けない状態で、証明されていないのだね。

553 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 21:35:03 ID:mVTWNd7A0
>>549
それが機械的に一部分のみ(ビデオを再生したような)発生したものか、
生きてるときのように意識するのか
そもそも本当に発生するのか

これがわからんとなんとも言えん
「あれ?俺ここで何やってんだっけ?」という自我が現れるからダメ、というのは理解できる

554 ::2008/03/28(金) 21:35:31 ID:D21KT3V80
また繰り返しになりますが、「脳は死んでいるが、擬似的に生きている状態を維持し、脳の上で情報処理(意識活動)を
可能とする」ということが、「死」に相当するのか否かが焦点となります。

「脳波がある→意識がある→でも死んでいる」という判断は現在の死亡判定とは矛盾するので、それは
「強制的に生かされている状態」であると判断される可能性があります。

その場合、献体者が望んでいたとしても「生前の人体実験」ということになり、大きな問題が生じます。

555 ::2008/03/28(金) 21:38:38 ID:D21KT3V80
>>553
> これがわからんとなんとも言えん

まさにその通りなんですよ。
研究者は「問題がない」ということが保証されていないと実験できません。

実際に行なえば、脳波など検出されずに終わるだけかもしれないし、具体的な感情など再生できないかもしれない。
でも、「あれ?俺ここで何やってんだっけ?」という自我が現れる可能性もゼロではない。

「やってみたら自我が生じてしまいました」では許されないから。

556 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 21:59:34 ID:9USmKRi60
献体なんか死んだら、何も感じないからやることでしょ。

557 ::2008/03/28(金) 22:15:04 ID:D21KT3V80
何も感じないと一般的に信じられているから、でしょ。
しかし「献体から脳波が検出されるかもしれない実験」において、献体が何も感じないという保証はない。

558 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 22:25:52 ID:AiH8j3sE0
http://kabup.tank.jp/img/1205856574590.jpg

559 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 22:27:48 ID:2ntXg0uQ0
脳だけで培養液の中に入れられてて
むき出しの神経が激痛を感じて
でもそれを伝えるすべがなくて
「理論的には何十年でも何百年でも(脳だけで生きられる)」という
医者の言葉がリフレイン・・・という小説があったなあ

560 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 22:34:41 ID:+QE+HannO
>>557
脳死しても神経が反応して筋肉が動くんだっけ?
そう考えれば、痛みがあってもおかしくないような

561 :本当にあった怖い名無し:2008/03/28(金) 22:45:24 ID:r3CBXsZtO
霊が見えるってのは脳の共感覚だろ。

テレビとかでもやってたけどさ、何かの条件で脳が視覚、臭覚、聴覚のいずれかで表現してしまうってやつ。

つまり例えば色を見ると味が感じたり、匂いを嗅ぐと映像が見えたり何かが聞こえたりなどある条件で脳の各感覚が同時に作用するそうだ…子供には普通にあるけど大人になるにつれて各感覚が分離していくけどそのままの人も多い。
2〜30人に1人という割合みたい、幽霊見たという人が多いのもわかるし子供の頃は良く見るというのも辻褄があうね。。

脳科学界ではそのような解釈のようです。

562 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 00:12:17 ID:sYt8KUQWO
新たに幽霊という概念を取り入れた人間が、看板を幽霊と勘違いするように
新たに共感覚という概念を取り入れたがら、そう思ってしまう

563 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 04:33:32 ID:/m+1QNz1O
共感覚は概念とは違う。

564 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 04:42:16 ID:vmCB9IDvO
霊がいるとすれば、宗教的に霊は感情の塊みたいなもの。
いないとすれば、心霊現象は幻。
一番確かなのはどちらにしても霊は心理的なものってことだな。


565 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 05:17:15 ID:pG6KjssCO
だから結局、三位一体。脳=肉体(物質での現象)だけではないのだよ。意識、霊=魂=真我、が物質のいわゆるこの世に現象として現れてるのが今の我々。自分が今意識に置いて、ここに居るのに早く気づきなさいな。

566 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 05:44:47 ID:dJYnJ/Ma0
>>565
なぜ真我が物質に宿ると細分化されるんでしょうね?
最小単位の真我(霊)に合った容器(肉体)に宿れないからでしょうか?

567 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 05:46:34 ID:dJYnJ/Ma0
「しか宿れないからでしょうか?」・・・でした。スマソ

568 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 06:01:51 ID:aBFBIjgs0
明らかに幽霊であるものが少なくとも100人以上に同時に目撃され
かつ映像記録としても残される、くらいのことがなければ、
幽霊が万人に見える物質的実体であるという可能性はまずあり得ないな。
今のところ、見える人は覚醒状態で夢を見たようなものだろう、としかいえない。

569 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 06:09:21 ID:G8x+S/xD0
結局生きている人間同士でも意識そのものを確認しあえることも何なのかさえわからず
ましてや脳死が「死」かどうかの概念さえ曖昧、意識が肉体をはなれて存在するのかどうかも

ちなみに上のほうで「宗教は人間がかってにつくりだしたもの」ってあったけど
敗戦後の日本以外の地域では宗教は大なり小なりすべてあの世の者との対話が源流や基本
と唱えられたり信じられたりしてると思う

570 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 06:21:30 ID:G8x+S/xD0
現実に起こったことが呪いの賜物なのか神頼みの賜物なのかさえ当人の捉え方しだいで
客観的な判断材料はないって、これって赤猫?

571 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 06:40:54 ID:OU/QgPqmO
ふと思ったんだけど、否定派って墓参りするの?
ちなみに俺はしない

572 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 06:59:20 ID:aCnxwPpL0
ある程度まとまった細胞のネットワークの結果として、
現れたのが意識かなーというイメージで考えてる。
ネットワークの形が意識であって、それを構成する個々には
少なくとも同じ意味での意識はない。
だから社会やネットに人間の総和というべき
大きなレベルの意識ってのがあるのかもしれない。
宗教的なところに似たような概念があるね。

573 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 07:13:27 ID:G8x+S/xD0
>>572
それって宗教より進化論から派生したミームてやつ?

574 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 07:24:33 ID:inmrJ+oB0
意識というものについて考えると、個(我)とは何かということに思いを巡らせる
ことになる。
自己と非自己を認識する根拠は何か?
免疫学的に見ると、体の非自己認識は、分子レベルにおいて極めてメカニカル
なシステムによって行われている。

575 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 07:29:36 ID:aCnxwPpL0
>>573
ミームはよく知らんけど情報の単位じゃなくて、個々の細胞の間で情報が流れる形と過程
っていう感じで、動いてる間はあるけど、止まっちゃうとなくなるものだよな、と。

>>571
俺は懐疑派くらいなもんだけど、たまにするね。
人間の中には対立する概念を両立したまま育てたり、それが問題になってきたら
考えるのをやめたりして維持したりできる能力があると思う。

576 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 07:57:51 ID:inmrJ+oB0
ミームといえばドーキンス。
ドーキンスといえば進化論。
ということで、霊の世界を進化論的視点から考察するのも面白いかも。

577 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 08:20:30 ID:bSm8ZRHN0
>>571俺はするよ。墓参りの時期は時間があるからね。
忙しかったらどうかわからないな。小さい頃から親と一緒に墓参りしてたから、自然としてる。

578 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 08:20:53 ID:aBFBIjgs0
ドーキンス的ミームなら、ミームとしての種々の幽霊(の概念)が生存競争と勢力拡大競争、
それによる進化を常に続けているはずだが幽霊ミームは近現代になって心霊写真などの
画像系の分野には進出した程度で、何だか分からないけど気味の悪い「幽霊」の
イメージはずっと不変なようでもある。
幽霊ミームは進化がひどく遅いのかも知れない。

579 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 08:21:37 ID:40DbJSG90
墓参りとか供養というのは生きてる側の精神安定剤

580 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 09:04:04 ID:G8x+S/xD0
進化論自体はたしか物証としてつながっておらず仮説にとどまっているのよね
数年前のNHKの海外番組で(米か英だったか)むこうでは日本に比べて信仰心がマジなせいか
唯物の進化論はすたれはじめているらしい、番組の最後に今でも進化論を信じている人の集いが
全員白髪頭だったのが作為的で面白かった

581 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 09:34:24 ID:G8x+S/xD0
まぁ米英あたりでは今でも中東で数万人以上の若い兵隊さんが死んでるわけで
死んだら終わりじゃドライすぎるけどね

582 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 09:36:19 ID:inmrJ+oB0
>>580
現在、進化が起こったかどうかということについては否定する科学者はいない。
ただし、1980年のシカゴ会議でも議論されているように、進化のディテールに
ついてはいくつかの説があり、意見が分かれるところである。

ちなみにアメリカの一部のクリスチャンが支持している創造論は、科学的には
トンデモ。

583 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 09:49:33 ID:40DbJSG90
神話なんてそんなもんだ。日本神話もかなりキてて面白いが

あれらをそのまま起源だと主張する科学者はおるまいて

584 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 10:10:20 ID:aCnxwPpL0
三魂は天魂(死後、天に向かう)、地魂(死後、地に向かう)、人魂(死後、墓場に残る)であり、
七魄は喜び、怒り、哀しみ、懼れ、愛、惡しみ、欲望からなる
荒魂には勇、和魂には親、幸魂には愛、奇魂には智。

ここらへんが道教と神道の思想で、もしかしたら昔の人々の
自己の内面にアプローチしようとした部分なのかもしれんなー。
古い心理学やカウンセリングの一部というか。

それが、魂は残って、また繰り返すという死生観と混じって
意識・魂が幽霊になるという感性を育んだのかも。

585 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 10:23:38 ID:Cl2ksW0NO
アメリカの州によっては進化論教えてなかったりとかはやっぱ宗教の弊害の一つだよなあ
米英ともに一般人対象の「神は存在すると思うか」みたいなアンケートに対して八割以上がYESで
一方、科学者対象だと95%以上がNOとか
ギャップありすぎだろ…
かといって一般人の95%以上が神がいないと思う社会なんてローマ法王の顔並みに怖い気もするが

586 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 10:27:19 ID:aCnxwPpL0
残り5%によく訊いて見ると、きっと「ロックの神」とか
そういうのなんだぜ。

587 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 10:43:17 ID:K+YBem3j0
はたから見ればバカげているとしか思えないオウム真理教ですら多くの信者がいたし、
その後継も結構な信者を抱えている。ライフスペースなんておっかしな宗教団体も
あった。
数日前も高島なんとかという霊感商法団体が摘発された。

これらを見ていると、幽霊の存在を信じて疑わない人たちがたくさんいるのは
納得できるとは思うんだ。

588 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 11:03:25 ID:G8x+S/xD0
まぁ共産主義にしてもオウムにしても良い悪いは別にしてそれなりに需要があって
必然性のあった流れなんだと思うけど

589 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 11:05:20 ID:Cl2ksW0NO
霊感商法は客観的に能力があると認められたもののみ、の資格制にすりゃいいのに
もっとも全員廃業かもしれんがw

590 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 11:13:31 ID:G8x+S/xD0
>>585
> 一方、科学者対象だと95%以上がNOとか
当然科学者の立場からすれば説明も出来ないことYESとは言えないよね
ただ一般人八割とは予想以上ね

591 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 11:24:39 ID:G8x+S/xD0
>>589
KKのORさんは教団活動に必要な直近の弟子数名には半強制的に霊道を開かせたて言っていたけど
影山民雄さんとかもそうだったのかな、小川知子ならまだ生きてるな

592 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 11:29:30 ID:aCnxwPpL0
宗教が流行るのは社会不安じゃないかな。
宗教の中の理屈は科学と矛盾するけど、人に生きる目的や安心感を
与えて集団をまとめたりする機能がある。


593 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 11:42:05 ID:G8x+S/xD0
>>592
WHOの算出で日本の年間自殺者10万人以上、米英のここ最近の戦死者より多いかも
いったいどういった社会情勢なんだろ

594 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 11:46:17 ID:SZEPnOKpP
>>593
> >>592
> 米英のここ最近の戦死者より多いかも
> いったいどういった社会情勢なんだろ

戦争が無い平和な情勢ってことだな。


595 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 11:49:17 ID:ppKFgxxv0
だがしかし毎日のように一家心中や自殺、異常犯罪のニュースが報道されてるしな
上辺だけ平和でその実ぽろぽろ零れ落ちてる人がいる弱者切捨て型社会だな
弱肉強食とはちょっと違う、弱者は肉にもならない

596 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 11:55:12 ID:evvbtkm40
それは今に始まった事じゃなくね?昔っからそうだろ

597 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 11:58:27 ID:ppKFgxxv0
そうでもない、昔はもうちょっとましだった
だんだん現状に鈍感になってるだけだよ
現状に当たり前って思うようになってるでしょ

598 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 12:00:25 ID:aCnxwPpL0
まあ、人間の機能は元々脆弱なんだと思う。強弱を取り払おうっていう
平等主義みたいなのが人を強くすることを怠っていて、
そこに生活環境や人間関係の悪化って外因が重なったのかなあ、とおもう。

599 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 12:07:02 ID:G8x+S/xD0
死んだら終わりていう勝ち逃げがきくという社会通念つうか表面的な常識も
いくらか影響してるきもする、強者も弱者も死ねば原因結果の連鎖や
全ての責任から逃れられるという幻想… 真実なのかな?

600 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 12:16:45 ID:yzbxBLS+0
「死んだら終わり」はキリスト教全盛の中世時代からあったよ
その昔 Danse Macabre というのがあってだね…

601 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 12:30:37 ID:evvbtkm40
>>597
そうか?数字で言えば犯罪件数は右肩下がりだし
諸外国と比べると日本はかなり治安いいといえるし
マスコミが異常だと騒いでるだけでしょ

602 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 12:51:31 ID:aCnxwPpL0
凶悪犯罪でいうと、戦後とかベビーブームで教育が行き渡らなかった
あたりのとこが随分ひどくて、昭和50年代とかでは少なかったんじゃなかったかな。
犯罪が増えたってのは犯罪の少ない50年代と比べてたり、
年々増える万引きや自転車の盗難なんかのことだって場合もある。

個人的には競争競争で来てた世代と、ゆとりだなんだっていう世代との
転換期だから、そういうのいっしょくたに生活させるのが摩擦を生んでるんじゃないかとか
感じるなー。

603 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 13:00:39 ID:G8x+S/xD0
ゆとり世代て団塊ジュニアの人たちかしら

604 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 13:02:48 ID:SZEPnOKpP
>>603
ちがう。
そんなことも知らないのがゆとり世代なんじゃないの?

605 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 13:09:55 ID:yzbxBLS+0
「団塊ジュニア」という単語を知ってるのに
「ゆとり」の該当世代知らないってのは
釣りじゃないかと思うんだが…

606 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 13:10:48 ID:aCnxwPpL0
同じ世代でも全くタイプの違う人たちはいるし、
正確にどの世代ってことじゃないんだけどね。
明らかにコミュニケーションの仕方が違う人がいて、
年齢差のある相手が多いかな、という、まあ雑感です。

607 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 13:21:39 ID:unzwZpei0
「アプレゲール」「太陽族」「団塊の世代」「新人類」「団塊ジュニア」「ゆとり世代」等
すべて太古からいわれている「近ごろの若い者は〜」で指す対象の違った呼び方に過ぎない。
要するに記号だからその言葉にはさほどの意味はない。

608 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 13:27:59 ID:G8x+S/xD0
ウイキ見るとゆとりの親は概ね40代か

609 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 14:15:03 ID:w/mcwCzO0
脳みそ話題が終わってるけど疑問ができたので聞く。

脊髄反射ってあるじゃん。脳じゃなくて身体が反応するやつ。
例えばギロチンで首を切断されたばかりの死体の手に、焼けた火箸を当てたとするじゃん?
したら反射が起きて死体は手を引いたりするのかな?

610 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 15:02:57 ID:aBFBIjgs0
中国武侠談みたいなのに、首を落とされた豪傑が己が首を抱えて走り去ったみたいなのがあるけど。

611 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 15:13:56 ID:inmrJ+oB0
脳死患者から臓器を摘出する際、メスの刺激により体動や血圧上昇が認められる
場合があるようだ。
また、両側の大脳半球を除去して自発行動を示さなくなった動物に対し、強い刺激
を加えると覚醒することも確認されている。

脳死患者からの臓器摘出時に起こる体動が脊髄反射によるものならば問題ないが、
患者が痛みを感じたためのものであれば「死体」ではないということになり、問題で
ある。
脊髄反射かそうでないかを知るには、筋電図による反射応答時間を見ればよいの
だが、実際にはすべて脊髄反射として処理されるらしい。

通常、脳死患者からの臓器摘出時、邪魔になる体動を抑えるには筋弛緩剤を使え
ば事足りるが、アメリカではモルヒネも使うようだ。

612 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 15:20:36 ID:aBFBIjgs0
なら、脳と脊椎あるいは身体から脳に来る神経を切断したらどうだろう。
脳が痛みを感じることはなくなる。
どのみち脳死者が「生き返る」事はあり得ないのだからかまわないだろう。

613 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 15:31:49 ID:inmrJ+oB0
>>612
そう言われてみると、魚をさばく時にまず頭を切り落とすのは、せめてもの思いやり
かもしれないと思った。


614 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 15:33:51 ID:w/mcwCzO0
ttp://news.livedoor.com/article/detail/3571835/
これは病院が間違った診断をしたってことだろか?

615 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 15:40:02 ID:G8x+S/xD0
>メスの刺激により体動や血圧上昇が認められる 場合があるようだ。

デンパな話だけど死体が死後硬直しているのは本来抜け出ていく当人の霊が
肉体にしがみついている状態だとか、つまり生きているのと同じ感覚てことか
焼く前の体とか硬直してたら…

因に近所の桜並木どこも人だらけですご


616 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 15:54:18 ID:aCnxwPpL0
脳みその話でふと思い出したけど、深夜の海外ドラマかなんかで救急病院のがあってさ。
「昨日妻と喧嘩して…、朝起きたら」とか言って見てみたら、男の頭に釘かなんか刺さってるの。
みんなむっちゃ驚いてたら、「大丈夫ですよほら」とか言って刺さってるものクルクル回してて、
周りは「わあああ! ダメダメ!」ってやってたんだよ。

なんにつけ脳の話はグロいよね…。

617 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 16:05:48 ID:aBFBIjgs0
脳自体には痛覚はないらしいね。
「ハンニバル」でレクター博士が生きてる人間の頭蓋を外して剥き出しの脳を
掬って食う場面があった。

618 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 16:11:32 ID:G8x+S/xD0
交通事故とかですごい怪我してるのに脳が混乱していたせいか脳内麻薬のせいか
痛みを感じなかったことはあった

619 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 18:04:34 ID:aCnxwPpL0
昔、人工骨が買えないとかで、頭蓋骨なしでヘルメットつけて生活
しながら、お金貯めてるって中国人のニュースが流れててさ。
中国人ってチャレンジャーだなって思った。

620 :チン・カース:2008/03/29(土) 19:51:58 ID:jKSonvTkO
これを最後にしばらく見守る事にするわ。

残念ながら今の所、科学の未熟さを指摘するしか幽霊の存在を匂わす事が出来ないからだ。

しかも、ひと昔の人達とは違って、科学が万全では無い事を十分に認識した上でも、
幽霊の存在は薄いからだ。

ってより、万全では無いハズの科学が充実を見せるに従って、ますます幽霊って薄い存在になって来たな。

621 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 20:03:00 ID:sYt8KUQWO
可能性が薄くたって、いないとは言い切れないのは事実だろ?
いないと証明されるまではいる可能性がある
まぁ、バカみたいにいないともいるとも断定する気にはならんがな

622 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 20:10:39 ID:G8x+S/xD0
>>620
幽霊はもともと存在が極めて薄いもんだとおもうけど最後に
>科学が充実を見せるに従って
この部分についてもう二言三言たのむ

623 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/03/29(土) 20:21:25 ID:1V1TAI390
チンカスだけあってやっぱくせぇーな

624 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 20:36:34 ID:aCnxwPpL0
幽霊か…>>11からなら電磁波みたいなものの放射を支持するかなー。

どこかに人間の脳の情報パターンがたまたま記録されるようなものがあるとして。
自然界には、例えば地震が起こる前兆で、微弱な電磁波がでるとか、
そういった現象があるみたいだから、それが記録されたパターンででてくる、みたいな。

625 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 20:58:09 ID:yzbxBLS+0
>>624
難しいね

1)電磁波を電磁波のまま記録するには継続的な電源の供給が必須
2)電磁波を電磁波以外の形(磁性体等)で記録するなら物質的媒体が必須

1)の場合、かなり莫大な供給源が必要になる
2)の場合、物質的媒体ならかなり見つけやすいはずだが見つかっていない

626 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 21:34:31 ID:aCnxwPpL0
そのへんはあるとして、ありえるとして、と区切るしかないなあ。
質量0の霊体を設定するよりはいいだろうってことで。

そんで、電磁波が脳に影響を与えて、足りない部分は脳の元々あった情報を
使ってると。受け答えなんかをする霊は、ありえないはずだけど、もししたら
それは観測者の脳を勝手に使って思考して、観測者の意識に割り込んでるんだろう。
多重人格者なんかは複数の意識が、情報を共有しながら共存してるわけだから、
そういう無理もきくとおもう。そういう使い方をするから、脳が疲労して体がだるくなったり
する…という感じ。

627 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 21:57:09 ID:w/mcwCzO0
>>626
多重人格者は情報の共有はしてないんじゃないっけ?
主人格は、違う人格の時の記憶は持ってないし、ましてや脳内で会話などできやしない。
他にも、違う人格の時に何らかの技能(裁縫など)を覚えても、主人格に戻ったときにはそれができなくなってるって話。
つまりエピソード記憶だけでなく、肉体的技能すらも人格によって異なる。

と、多重人格に対して関心のある俺が本題と関係ない部分にツッコミを入れる。

628 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 23:19:15 ID:3IwLlRKl0
>>627つか多重人格自体胡散臭いよ。ホントにあるの?


629 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 23:39:20 ID:aCnxwPpL0
俺の覚えてる話では多重人格は上位だの下位だの、体の使用権を管理してる人格だのと
結構多彩だったと思う。症状もいろいろあると思うし、断言はしないけど。

630 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 23:44:41 ID:bSm8ZRHN0
>>628そんなこと言ったら、多重人格で刑が軽くなった外国の彼は凄い演技派ということに。

631 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 23:53:17 ID:hkAD/WOv0
自己は単一ではない・・・って説なかったっけ?
人格は複数の意識の集合体で微妙なパワーバランスの上で成立する。
しかし、時間の経過や何らかのきっかけでそのバランスも変化する。
「人が変わった」「魔がさした」「酔っ払うとDV」ってのはそれが原因。

いい加減スレ違いだなw

632 :本当にあった怖い名無し:2008/03/29(土) 23:55:51 ID:3IwLlRKl0
>>630解離性多重人格の事言ってんだよね。それはあるかもしれないけど、
ビリーミリガンで有名になった24人の人格とかはないでしょ。
せいぜい二重人格までだと思う。


633 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:00:22 ID:bSm8ZRHN0
ああそういうことね。
そもそも、二重人格や多重人格は人に気付かれることが少ないから。
病院の先生でもしないと、そう出会えないでしょ。

634 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:11:36 ID:tEeI+A8E0
多重人格て幽霊肯定的には不浄仏霊の憑依とか若しくは自身の守護霊をふくむグループ霊が出てきちゃってるて見方も…

635 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:19:03 ID:stKlP4Gt0
憑依と多重人格は違うような気もするがね。
ただし、幽霊を信じられない医者からしたら(医者だから信じるわけにはいかない)同じものだろうけど。

636 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:20:35 ID:eaaRCzQcO
いやいや、宇宙人に連れてかれて実験されたのかもしれない

637 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:22:11 ID:PfkY3BqLO
幽霊って何種類くらいあるっけなぁ
カラー、白黒、動く、喋る、見えない、音が聞こえる、間接的に見える
まだまだあるか
うーん
幽霊って一つなのかな

638 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:29:23 ID:wVU3F2UO0
自分で自分が多重人格だと気づかない場合すら
あるし、安定してたり不安定だったりで、統合と分裂を繰り返す
っていう…。複雑でよくわかんないもんだからね。

悪魔祓いなんかがある場所だと、悪魔人格なんかが潜在的に
形成される文化なのかもしれない。

639 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 00:56:17 ID:tEeI+A8E0
>幽霊って一つなのかな
幽霊=精神の産物としたら想像できるだけ無限にだったりして

自分的には或る地下室の中の机だかの幽霊が興味深かった、誰が見てもそこにあるのに
触ると何も無いてやつあれ幽霊なのかね机の

640 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 01:09:27 ID:EIpb8e9u0
>>638
心の病気には文化依存症候群と呼ばれるものがあるみたいだね。

 イヌイットの悪魔憑き(ピブロクト)
   http://allabout.co.jp/health/mentalillness/closeup/CU20060726A/index.htm
 日本のコックリさん(狐憑き)
   http://black.ap.teacup.com/maniacs/89.html

641 :チン・カース:2008/03/30(日) 02:22:14 ID:NSJxqBu8O
>>621
>可能性が薄くたって、いないとは言い切れないのは事実だろ?
>いないと証明されるまではいる可能性がある


まさにこのロジックしか無いと言う事。

642 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 02:39:14 ID:EDXWVrJj0
>>641
いや論理学的にはそうだが現実的・実務的にはいないと言い切って問題ないんだよ。
そのロジックだとあらゆるものが居ないと言いきれないじゃん。あほくさ。

643 :チン・カース:2008/03/30(日) 02:50:29 ID:NSJxqBu8O
更に言えばオレもそう思ってきたが、イイ加減チンカス以上に臭いという事だ。
オカルト好きではあるが、本質は何なのかを知りたい者にとって面白いスレであり、
話しのレベルもイイ所まで行っていたが、下降線気味だしな。
これって素人の集まりだからって事では無く、結局そんなもんだと言う事なのだろう。

一番つまらんのは科学の未熟さに終止してしまう事だ。
よく例に上がるのが「地球は円かった」だが、当時の人達のように常識外の可能性を考えられない人は、グッと減ったハズだ。

それでも更に想定外の事はいくらでもあるだろう。当たり前だ。
人間が理解してる事は多分まだまだ味噌っカス程度だからな。

それにしても過去の失敗例を取り出して、その可能性だけを主張してるようにしか見えないのが痛い。
だって有りそうにしてるだけで、実際に有効なモノってマジで何も無いじゃん。

644 :チン・カース:2008/03/30(日) 02:59:20 ID:NSJxqBu8O
>>642
今レスに気付いたわ。
勘違いしてるようだが、オレもそれを言ってるんだよ。

645 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 03:30:48 ID:uCzKRooz0
インターネット時代なんだからそれに即した幽霊も出なきゃね。
死者からのメールとか、送信時刻以前に差出人は事故・病気等で死んでいたはずなのに、とか
幽霊サイト、ネットサーフィンをしているうちにたどり着いた見かけぬサイト、
妙に不気味な作りで内容も意味不明、しかし見た者は×日以内に不幸・死に見舞われると。
あちこちのサーバー内を徘徊するように常にURLが変わり、探して見ようと思ってもまず見られない。
偶然に頼るしかない。

646 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 03:34:36 ID:eaaRCzQcO
>>642
あらゆるものがいないと言い切る必要もないんじゃね

647 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 03:43:42 ID:eaaRCzQcO
>>643
つまりさ、「いないと証明出来ない限り、いる可能性がある」てのを、
肯定派の苦し紛れの答えだと考えるからいけないんじゃね?
あくまで、幽霊がいるかもしれない、って考え方の根底と想定すれば普通の意見
否定派が「多分いない」と思うのと同程度

648 :チン・カース:2008/03/30(日) 03:55:56 ID:NSJxqBu8O
>>647
>つまりさ、「いないと証明出来ない限り、いる可能性がある」てのを、 >肯定派の苦し紛れの答えだと考えるからいけないんじゃね?


いやいや、オレもそう考えてきたって事。
そんでもって、今があるって事。

649 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 04:10:56 ID:tEeI+A8E0
いるもいないも証明できないの承知なうえで肯否の可能性を提示しあって
矛盾点を排除していくことでそれぞれの中で浮かび上がってくるものてあるんじゃない

650 :チン・カース:2008/03/30(日) 04:22:01 ID:NSJxqBu8O
その通りだな。
しかしだな、昨日今日、興味を持った人とは違ってさー、ネット世界は別だが、
オレってオカルト歴長いからさー、ワザと黙って乗っかてたけど、ここの話しって20年位前にたどり着いた所当たりから始まってるワケよ。
んで、そろそろ言ってもイイのかなって思いましてねー。

651 :チン・カース:2008/03/30(日) 04:26:00 ID:NSJxqBu8O
時代は繰り返すかー

そんでもって少しずつ発展するんだろな

652 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 04:29:44 ID:eaaRCzQcO
てか内容は、スレタイの数字が今の半分の辺りぐらいから大して変わっとらん
劇的な変化がないから歴史が繰り返されてる

653 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 04:46:19 ID:tEeI+A8E0
>>650
あと20年位たってもたいして変わらんかもよもともと

654 :チン・カース:2008/03/30(日) 04:54:06 ID:NSJxqBu8O
非常に曖昧で申し訳無いんだが、オレがたまに持ち出す新しい「何か」ってあるんだけど、
時代が変わり、出現の仕方や証拠とやらになりそうな写真や映像、目撃例とか段々それらしくなってきてはいるが、
依然として具体的な「何か」は出て来ない。

確定できない所で止まってると言うより、そこで止まってるからこそ、存在を匂わせる事が出来るんだと思うよ。

存在証明の意味で、科学の発展を望む肯定派もいるようだが、
それは幽霊をますます否定する結果になると思うよ。正直な話し。

655 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 04:59:32 ID:GxNpm6Sm0
>>645
> 幽霊サイト
「赤い部屋」はちょうどそんな感じだったよね

656 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 06:43:58 ID:eaaRCzQcO
>>654
お前は「幽霊がいない」と確定してほしくないのか?

657 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 06:53:29 ID:tEeI+A8E0
>存在証明の意味で、科学の発展を望む肯定派もいるようだが、
> それは幽霊をますます否定する結果になると思うよ。正直な話し。

そんなこと幽霊と同じくらい根拠のないみとうしにすぎない
総論じみた言い方しているけど、偏った主観にしかきこえないぞ

658 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 07:02:24 ID:wVU3F2UO0
>>640
多重人格は虐待の苦痛を切り離そうとする働きだと思うんだけど、
悪魔憑きは恐らく悪心を切り離そうとする働きだと思う。
イヌイットのは、登山者が服を脱ぎ捨てて凍死するのに似てるから、
極度の低温状態に体感覚が狂ってしまう症状かもしれない。

659 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 07:23:02 ID:tEeI+A8E0
>>654
まだあなたみたいな科学がこの世界を解き明かしきれると思っている否定派がいるのかもしれないが
そんなことは一万年かけてもたぶん無理だ、ただ今から50年もたてばかなり現状で見えない世界に
踏み込んでいると思う必然性として、つい最近の最先端科学でも神がいるとしか思えないといっていた
科学者もいたはずだ(ソースなし)

飽きたのならとりあえずずらかったらどう

660 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 07:59:40 ID:D5Ch0jxjO
全く見た事がないっていう人の方が
漏れ的にはオカルトなんだけど…。
(・∀・ )マァ、イッカ

661 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 11:16:58 ID:cTODy/4D0
>>659
> 踏み込んでいると思う必然性として、つい最近の最先端科学でも神がいるとしか
> 思えないといっていた科学者もいたはずだ(ソースなし)
たぶんインテリジェント・デザインとかのことだろうな

それにしても、実証という観点からは
デザーナーが「いる」「いない」の両義的な解釈が可能な
なんとも心もとない状況証拠があるだけ

662 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 13:25:14 ID:y78psny10
>>632
百年ほど前、多重人格がまだ発見された当初は、二重人格が普通だった。
でもそのうち三重人格とかが出てきて、現在では解離性同一障害の患者は平均して十数個の人格を持っている。

さて、多重人格がいわゆる虚病ではないかという意見もある。
・「イブの三つの顔」という多重人格に関する本が出版されて、多重人格という言葉が世間に認知された途端、多重人格の患者が増えた。
・ビリーミリガンが有名になってから、多重人格患者の人格数が増加した。
このように多重人格の症状は、流行した本に影響された。

こういうのって微妙に超常現象とかにもある。
・映画「未知との遭遇」放映後にUFO目撃情報が爆発的に増加。

幽霊もさ、根本的なところは上記二つと同じなんじゃないかと思うんだよね。
幽霊という文化が広がって、その文化に影響を受けた多感な人間が幽霊を見てしまう。
その目撃情報が幽霊という文化を強化(あるいは進化、変化)するって感じでさ。

663 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 17:29:45 ID:+eQC/kli0

http://www.nicovideo.jp/watch/sm20821
 

664 :チン・カース:2008/03/30(日) 19:59:19 ID:NSJxqBu8O
ホントに最後にするわ。
なかなか止められないもんだな。

まとめてだが、当たってるだろ?多分。
無理矢理可能性探してんでしょ?

それも悪くは無いし、正直面白いんだけど、マジメに話してる中でそれやられるとつまんないよ。

665 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 20:45:38 ID:eaaRCzQcO
>>662
つまり、多重人格者は存在しないと

>>664
何も分からない肯定派が独断と偏見で幽霊像作成

否定派「その理屈は科学的に考えておかしい」

肯定派「別に科学的に考えてくれなくても結構です」

懐疑派「そんな事より、科学的に幽霊がいる可能性考えようぜ!」

否定派「いません」
肯定派「います」

懐疑派「どっちなんだぜ?」

以下ループ
この繰り返しの中でチンカスが飽きるのは勝手だが、何がしたいのか分からん
いなくなるならさっさといなくなれば

666 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 21:18:56 ID:stKlP4Gt0
>>665多重人格者はいない、ということはないだろうが、多重人格はこうでなくてはという刷り込みが多くの人になされているかも。
多重人格に関する情報を一切知らない多重人格者でもいないと、明確な答えが出せない。

影響されやすい、思い込みしやすい人を信用するのが難しい。
確かに、オカルトや幽霊に共通するな。


>>664
ループが嫌いなら新しい流れを作るといい。

667 :本当にあった怖い名無し:2008/03/30(日) 22:56:43 ID:wVU3F2UO0
・多重人格像の形成が、三重以上の人格を錯覚させる。嘘病
・多重人格像の形成が、三重以上の人格の形成を促す
・三重以上の人格がありえる、というのが分かったため、
 見つけようとしなかったものが見つかるようになった。
・ともとは人格がなくても、精神医が三重以上の人格を探そうとすることで、
 誘導催眠のようにその形成を促すことがある。

可能性だけならなんぼでもでるな…。

668 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 03:09:43 ID:Y/zCi9R90
>>646-647>つまりさ、「いないと証明出来ない限り、いる可能性がある」てのを、
肯定派の苦し紛れの答えだと考えるからいけないんじゃね?

いや、実際苦し紛れの詭弁に近いと思うよ。
人の言葉を喋るダチョウがいると思うかい?絶対いないでしょ。
でも居ない証明はされていないよ。幽霊を信じている連中は喋るダチョウを信じているのと同じくらい滑稽だと言っているの。


669 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 03:54:48 ID:xZX48RQw0
このスレもかなり滑稽だがな。

670 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 03:58:57 ID:KEaWjFm7O
居るって思うと面白い

671 :赤い猫:2008/03/31(月) 04:47:26 ID:3tG8ySDyO
随分と低レベルなスレになってきたじゃないか(失笑)
科学やら物理やらくだらない遊びはいい加減やめて、私とは何か、
<この>世界とは何か、眼を綴じて考えてみたまえ阿呆共(笑)

672 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 04:48:33 ID:7+bEbnaIO
難しい議論なんていらないでしょ
幽霊なんていません
本当に見えた人は精神科で診てもらってね
脳に器質的障害があるかもね

673 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 09:50:50 ID:/NQZl76J0
二者択一的な答えなどこのスレでは始めから出るわけないのは承知なはずなんだけど

674 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 10:11:23 ID:AhqYM9gK0
科学とオカルトの違いとはなんだろうな。

675 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 10:28:20 ID:nc2SxmFM0
>>674
最近の映画を見ると、幽霊はオカルトのジャンルだと思うけど、吸血鬼やゾンビは
むしろサイエンスフィクションの部類に入ってきてるよな。
原因が遺伝病だったり、ウィルス感染だったり。

676 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 10:38:02 ID:DQpG+WFt0
幽霊って、

「いないいないバカじゃねーの幽霊なんて信じてんの?(笑)科学的に幽霊なんていないって言ってんじゃん。
科学的にいない=オカルト(笑)まじで研究しようとしてるヤツってキティだろ(笑)」

って感じで、科学者も否定のために調べることはあっても、本気では手を出したがらないよね。
オカルトの意味である「隠されたもの」とはちょっと違う意味でオカルトに分類されてる気がする。


>>675宗教的な存在よりは「有りそう」なんだろうね。

677 ::2008/03/31(月) 10:54:23 ID:7BxXJXXR0
そりゃそうだよ。
例えば、科学者がダークマターについて研究するのは、「ダークマターが存在しないと仮定すると
説明できない事象が存在する」からなんだよね。

肯定派は「霊が存在しないと説明できない事象だってある」と言うかもしれないが、
ダークマターと霊の最大の違いは

ダークマター→その存在は、錯誤、トリック、虚偽などでは説明できない。
霊→その存在は錯誤、トリック、虚偽などで説明できてしまう。

というところにある。

678 ::2008/03/31(月) 10:57:52 ID:7BxXJXXR0
錯誤、トリック、虚偽などでは説明できないということは、つまり
「調べれば何かが存在する可能性が高い」ということであり、研究が
無駄にならない可能性も高い。

錯誤、トリック、虚偽などで説明できるということは、つまり
「調べても何かが存在する可能性が低い」ということであり、研究が
無駄にならない可能性は低い。

679 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 11:05:18 ID:xIQYxPCtO
取りあえず、科学者が可能性の低いものまで調べ出すのを待とうか

680 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 11:06:06 ID:DQpG+WFt0
実際、幽霊が見つかったからなに?って思うしな。詐欺師は歓喜かもしれん。

漫画なんかだと、これはトリック(or錯覚)なんかじゃない!
っていうようなトンデモが起きるんだけどなー。だからこそ漫画という感じだが。
ゴーストバスターの職ができたら笑えそうだがww

681 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 11:07:21 ID:DQpG+WFt0
>>679研究もお金かかるからなー。誰かパトロンを・・・・・・

682 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 12:22:54 ID:xIQYxPCtO
>>680
幽霊が霊丸の一発や二発ぶっ放してくれれば話しも早いんだがwww

683 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 12:31:34 ID:rrmd2o+9O
>>674
あるものが実在すると信じるところまでは同じ。
しかし科学は実在の証拠を集めて他人が認めざるを得ないように努力するのに対し、
オカルトは信じるところまでで思考停止して、自分が信じることを他人も信じると勘違いしている。

たとえばダークマターなら、今はその存在が様々な間接的な証拠から示唆されている段階だから、
直接的な証拠を探している。

幽霊は、心霊写真や体験談といった非常に疑わしい間接的証拠しかないのだから、その先に進むには直接的証拠をつかむか、間接的証拠の信頼性を上げるしかない。
だけど、肯定派は、それを全くしようとはしないんだよな。

684 ::2008/03/31(月) 12:35:30 ID:7BxXJXXR0
自演と思われちゃう(TT)

685 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 12:57:11 ID:DQpG+WFt0
>>683ダークマターはいいとして、最近の科学もどうかと思うぞ。地球温暖化と二酸化炭素の関連性とか。

686 ::2008/03/31(月) 13:06:31 ID:7BxXJXXR0
それだって科学者同士が議論してるだろ。学会まで開いて。
霊とは何かについて肯定派同士が「霊とは○○だ」「いやそれは絶対に違う」とか
公に議論してるか?

687 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:09:57 ID:JwWOQGyi0
幽霊、UFO、UMA等どれも調べられることを自ら拒否してるような所がある。
個人〜少人数の前で消極的にアピールはするけど写真撮ろうとしたら消えたとか
観測を続けてる時に限って現れなかったりとか。
存在をアピールしたきゃ群衆で賑わう都会の真ん中にでも出てくれば効果的なのに。
調べられたくないという存在をわざわざ調べてやる意味もない。
それよりかは既存生物を調べる方が意味がある。
たとえば生態がよく分かってない昆虫その他小動物は多数いるから。
それが地球の生態系にどう位置づけられるかとか。

688 ::2008/03/31(月) 13:19:25 ID:7BxXJXXR0
>>687
> 調べられたくないという存在をわざわざ調べてやる意味もない。
> それよりかは既存生物を調べる方が意味がある。
> たとえば生態がよく分かってない昆虫その他小動物は多数いるから。
> それが地球の生態系にどう位置づけられるかとか。

動物だって人間にとっつかまって調べてほしがってるわけはないだろ。
あいつらだって可能なら人間の手の届かないところに逃げたがってるはずだぞw

689 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:20:07 ID:DQpG+WFt0
>>686しょうがあんめぇ。今まで議論しなくてもよかったものだし、現在は議論に値しないとされている。
それに、肯定派の一部は、幽霊だと思うものが調べられて否定されるのを恐れている節もあるのかな?


関係ないが、肯定派同士の議論って自称霊能者の会合になりそう。

690 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:23:09 ID:xIQYxPCtO
>>686
今の幽霊は、言わば温室効果ガスの検出方法が分からないけど地球温暖化してるようなもん
農家の人は育成の仕方とかで温暖化は感じられるが、言われなきゃ普通は分からん
それを頭ごなしに、温室効果ガスとかの証拠が調べられないから温暖化もないと言うようなもん

問題は、本当に幽霊のいる証拠を調べる方法があるかだなwwwww

691 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:23:23 ID:WSot7d73O
いない、いるどうでも良くね?
見えない奴は生活に支障ないし、見えても気にしなきゃいい

692 ::2008/03/31(月) 13:25:58 ID:7BxXJXXR0
>>689
> >>686しょうがあんめぇ。今まで議論しなくてもよかったものだし、現在は議論に値しないとされている。

逆。
ちゃんとした議論や考証などをしないから「くだらないこと→議論の必要なし」とされている。

新入社員の企画書だって、細部を詰めた企画書なら会議にあげてもらえるが、
単なる思いつきであれば、議論に値しないとされる。

「議論に値されないのならば、細部を詰めても無駄」などと考えるのは話が逆だろう。
「細部を詰めて議論に値するものにしていこう」というのがまっとうな考え。

地動説だって、もともとは「天動説が正しいに決まってるから議論に値しない」とされていたわけだ。
それでも投獄されたりなんだりする危険を冒してまで、調べて議論して科学は今日に至っている。

693 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:26:22 ID:DQpG+WFt0
>>691じゃぁあなたはここに来なくていいんじゃないかな

694 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:33:24 ID:JwWOQGyi0
動物の場合は逃げるのは本能だけど、幽霊、UFO、UMAの類は、
調べられたり明晰な存在根拠を残すことを拒むのを、
確固たる意識・意思を持って積極的にやっているとしか思えない。
もちろん存在するという前提に立ってみればね。

695 ::2008/03/31(月) 13:34:01 ID:7BxXJXXR0
>>691
> いない、いるどうでも良くね?
> 見えない奴は生活に支障ないし、見えても気にしなきゃいい

仮に霊が存在して霊障などを起こすのであれば「見えなくても害をこうむっている」という
可能性がある(例えば、霊障がなければ起こらなかったはずの事故に巻き込まれる、など)。
霊を科学的に研究することでその害をなくす事ができるかもしれない。

中世の人は細菌やウィルスを見る事はできなかったが、細菌やウィルスによる害を
受けていたわけだ。それと同じ。

696 ::2008/03/31(月) 13:35:24 ID:7BxXJXXR0
>>694
> 確固たる意識・意思を持って積極的にやっているとしか思えない。

それならむしろ調査、研究しないとだめでしょ。
人間になんらかの害をもたらそうとして、人間に捕まらないように
暗躍しているのかもしれないわけだし。

697 ::2008/03/31(月) 13:39:22 ID:7BxXJXXR0
×中世の人は細菌やウィルスを見る事はできなかったが、細菌やウィルスによる害を
受けていたわけだ。それと同じ。

○中世の人は細菌やウィルスを見る事はできなかったが、細菌やウィルスによる害を
受けていた。しかし、細菌やウィルスがその害の原因である事に気づいていなかった。
それと同じ。

だな。

698 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:39:51 ID:rrmd2o+9O
>>685
だから、二酸化炭素説も有力ではあるがまだ確実とは考えられてないし、そもそも温暖化の原因は一つじゃなかろう。
だから、今でも活発に研究が続けられている。

地球の温度変化と二酸化炭素濃度がある程度符合するとか、そういう間接的な証拠があるから
調べる価値があるわけで、幽霊にはそれが果たしてあるのか? って話だ。

699 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:42:57 ID:DQpG+WFt0
>>692
その細部を詰める段階を科学が邪魔している部分はあるんじゃないかな。
……あー、ごめん、かなり考えたんだけど上手い文章にならんかった。
オカルトの泥沼に嵌る自分の図。

700 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:43:47 ID:v2Oql3nVO
ゆとり同士がいつまでも^^


701 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:44:58 ID:DQpG+WFt0
>>698そういうことじゃなくて、今の日本は温暖化=二酸化炭素のせい、と断定してアピールしてるでしょ?

702 ::2008/03/31(月) 13:45:30 ID:7BxXJXXR0
>>699
> >>692
> その細部を詰める段階を科学が邪魔している部分はあるんじゃないかな。

でもそれは、細部を詰める作業をしない(できない)ゆとり新入社員が
「俺のインスピレーションあふれる企画を誰も取り上げないのは上司が馬鹿なせい」などと
言ってるのと同じじゃないかな?

703 ::2008/03/31(月) 13:46:59 ID:7BxXJXXR0
>>701
> >>698そういうことじゃなくて、今の日本は温暖化=二酸化炭素のせい、と断定してアピールしてるでしょ?

それは科学ではなく政治の問題。
大量破壊兵器がなくても大量破壊兵器があるといって戦争を開始した件と同じ。

704 ::2008/03/31(月) 13:51:29 ID:7BxXJXXR0
例えば「二酸化炭素増加→温暖化→いますぐ石油消費量を減そう」という世論が作られれば
火力発電所を減らして原子力発電所を増やすという政策をおこないやすくなる。
それによってどこかの誰かが利益を得るという政治ゲームの材料にされている節があるわけだ。

ちなみに、温暖化の一因として二酸化炭素が挙げられることは間違いではない。

問題は、その温暖化が「一刻も早く解決しないと地球があぶない」というものなのか、
それとも「もっと長期的に展望するべき」というものなのかというあたり。



705 ::2008/03/31(月) 13:57:07 ID:7BxXJXXR0
「マイナスイオンというものが存在することを科学は断定している」
「マイナスイオンがいっぱいなら健康になると断定している人がいる」

このふたつを混同してはいけない。


706 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:57:33 ID:slRrmGR00
幽霊はおらん。目撃者談もあいまいなものばかりだから・・・

707 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 13:58:25 ID:slRrmGR00
虫の知らせというのはどう?

708 ::2008/03/31(月) 14:00:24 ID:7BxXJXXR0
虫の知らせというのも偶然の範囲内から脱せないんだよね。

「知り合いのAさんが夢に出て来た→その直後にAさんが死んだ」というのは、確率的には
「地球上で1日に5人くらいの人に起きる可能性がある」できごとだそうだ。

709 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:03:22 ID:DQpG+WFt0
>>702そうは言ってないさ。少なくとも、オカルトのトンデモ理論を持ち出して受け入れられるわけがないのは分かってる。


あと、ゆとりとかあんまり話題に関係ないから。できる人はできる。俺みたいに、できない人はできない。

>>703-705
うーん、だから、可能性はあるし現在調査中、を

710 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:04:22 ID:DQpG+WFt0
ぐが、途中送信。失敗忘れて。

711 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:04:54 ID:slRrmGR00
この世は因果応報。つまり何事にも原因があって結果がうまれる。偶然というのはありえずすべてが必然なのだ!!

712 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:06:04 ID:DQpG+WFt0
>>711これはいけない

713 ::2008/03/31(月) 14:09:37 ID:7BxXJXXR0
>>709
> >>702そうは言ってないさ。少なくとも、オカルトのトンデモ理論を持ち出して受け入れられるわけがないのは分かってる。

トンデモっていうのは科学界から見たオカルトでしょ。
どうしてオカルト界の中で肯定派が揃って「霊とは何かを突き止める会議」をやらないんですか?
オカルト界でそういうことをやるのに、科学界なんて関係ないでしょ。

さっき地動説と天動説の話を例えに出しましたが、科学は「宗教が邪魔するからちゃんとした科学理論など
組み立てられないし、人々に認知させられない」なんて言いませんよ。

> >>703-705
> うーん、だから、可能性はあるし現在調査中、を

だから、それを断定しているのは科学者じゃなくて政治家。
「マイナスイオンで健康になって彼女ができてバスケ部のレギュラーになれる」と言っているのは
科学者ではなく商売人。

714 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:12:16 ID:/NQZl76J0
>>708
>「地球上で1日に5人くらいの人に起きる可能性がある」

それは「虫の知らせ」と「現実」が高い確率で符合性があるてことではないの

715 ::2008/03/31(月) 14:17:33 ID:7BxXJXXR0
ちなみに言うと「二酸化炭素を一因とする地球温暖化が起こっている」というのは科学的な事実。
しかし「だからどうすべきか」という部分は、科学者によって意見が分かれている。
科学は「一刻も早く温暖化を止めるべきだ」などとは言っておらず、断定もしていない。
(言っている科学者もいるが、そう言っていない科学者もいるので議論中である)

そういった科学知識の中から「自分に都合のいい部分だけを拡大解釈」しているのが
経済や政治。「一刻も早く温暖化を止めるために原子力発電所を作ろう」などと言う。

そういった経済や政治のカラクリを目にして「だから科学は信用できない」と言うのは間違い。

「科学を人を騙す道具として使う、商売人や政治家は信用できない」というのが正しい。

716 ::2008/03/31(月) 14:20:13 ID:7BxXJXXR0
>>714
> >>708
> >「地球上で1日に5人くらいの人に起きる可能性がある」
>
> それは「虫の知らせ」と「現実」が高い確率で符合性があるてことではないの

ちがうよ。

6人にサイコロを振らせれば、
「1の目が出ると思ってサイコロを振ったら1が出た」という人が1人でてくる
可能性がある。

というのと同じだよ。

これは予知ではないよね。

717 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:22:25 ID:DQpG+WFt0
>>713俺は科学的に幽霊が解明されるのを望んでいるから、トンデモは見ることはあってもそのまま持ち出したくないって意味だよ。
あ、あと俺は完全肯定派ではないからね。懐疑派より。

>どうしてオカルト界の中で肯定派が揃って「霊とは何かを突き止める会議」をやらないんですか?

さぁ、ここは肯定派に出てきてもらわないと。
俺が考えるのでは、肯定派は幽霊とは何か?と聞いても人の魂で固まってるわけだから、何か?と聞かれても?ということじゃないかと。
突き止めるといわれても肯定派的には霊魂だから。話題的には、どうやって証明するかのほうが。

718 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:29:39 ID:DQpG+WFt0
>>715そんなに懇切丁寧に解説をくれなくてもそこらへんはわかってるんだよ。
科学を政治家に言い直すよ、ごめん。

719 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:38:18 ID:DQpG+WFt0
>>714関連性があるように思えるけど、夢でお別れを言われたとか、Aさんのお葬式をする夢を見た。
あるいは、Aさんの死ぬシーンを見たとか。とかでもないと偶然の範囲内だと思う。


>>716関係ないんだけど、

>1の目が出ると思ってサイコロを振ったら1が出た

超能力の分野にあったよね。動いてるものの結果に影響を与えるだかなんだか。

720 ::2008/03/31(月) 14:42:02 ID:7BxXJXXR0
でも、超能力がなくても6人に1人はあてる事ができるよ?

721 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:46:39 ID:DQpG+WFt0
>>720だから関係ないんだってば

722 ::2008/03/31(月) 14:48:08 ID:7BxXJXXR0
でも、虫の知らせで1の目が出る事をあてたのかもしれないじゃん

723 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 14:53:56 ID:DQpG+WFt0
>>722はいはいワロスワロス

724 ::2008/03/31(月) 14:57:56 ID:7BxXJXXR0
??

725 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 15:06:38 ID:/NQZl76J0
実際僕が当事者から直に聞いた幽霊目撃談では遠くに居るはずの友人親類の
姿(幽霊?)を見たあとに死の知らせを聞いたというのが多い

ある知人などは死亡推定時刻直後位に付き合っていた彼女の家のドアを叩いて現れたそうだ
すでに死の知らせを聞いていたのでいそいでドアを閉めたそうだが

726 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 15:12:33 ID:5MsvpeFrO
はいはい、幽霊幽霊w

727 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 15:19:10 ID:etxwMstU0
もっとお前等オカルティックに取り組もうぜ
まず観測できていなことが議論できない第一の原因だと思うわけよ
だからまずは主観的でもいいから幽霊見えたり話したりできるようになろうぜ
幽霊との対話が一番の近道だと思うわけよ
もしかしたら協力してくれる幽霊もいるかもしれない

728 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 15:22:36 ID:Mr3EChTf0
>>725
知人の体験談なんてどうでもいいんだよ

霊が見える、もしくは会話が出来る人マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

729 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 15:42:43 ID:rrmd2o+9O
>>701
で、そのことと幽霊にまつわる話に何の関係が?


730 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 15:49:41 ID:rrmd2o+9O
>>725
なんで、推定時刻の直後に既に知らせを聞いていたんだ?
しかも推定という曖昧な時間の直後って?

ここから導き出されることは、
その彼女が人に依頼して知人を殺したのだ!

なんてね。

731 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 15:56:01 ID:DQpG+WFt0
>>729都合よく可能性を断定にして=で結ぶのが肯定派の話に似てるだろって。
ごめんよ、科学じゃなくて政治の話で。

732 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 15:58:58 ID:/NQZl76J0
>>730
交通事故で即死だったので警察からの連絡や仲間同士の連絡が早かったから

733 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 16:00:06 ID:d3vpdjkgO
>>728ちっさい時の話なんだが、俺とお婆ちゃんとおばちゃんが話てる時、俺がお婆ちゃんの後ろを指さして「お婆ちゃん、お客さんだよ」って言ったそうだ

そしたらお婆ちゃんが「貴生川さんや!貴生川さんや! リユ子さん(俺のおばちゃん)貴生川さんや!」って騒ぎだしたんだと。 でもおばちゃんには見えて無いわけだ。

おばちゃんも貴生川なんて名前始めた聞いたんだと。

それから二、三週間経ってお婆ちゃんが死んだ。

おばちゃんは気になって貴生川という人物を探したら、お婆ちゃんが小学校の時の友達で、戦争で死んでたんだと。 だが小学校の時と言っても一年生の時の友達で、冬に死んだからお婆ちゃんもあの時まで覚えて無かったっぽい

後日談だが、俺が小学生になってから(たぶん)卒業するまでたまに視界の端に子汚ない女の子が映ることがあった 特に災難にあったりはしなかった。



734 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 16:04:19 ID:5MsvpeFrO
はいはい、幽霊幽霊w

735 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 16:04:24 ID:0yWKxGeH0
>>733
検証スレでなければ、結構好きな雰囲気もった話なんだがな…

お婆ちゃん亡くなってるからこれ以上の検証できないわな
掲示板ではこの話自体の事実認定もできない
(いや嘘ついてるとかそういうことではなくて)

736 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 16:10:55 ID:5MsvpeFrO
>>732

>遠くに居るはずの友人親類の
姿(幽霊?)を『見たあと』に死の知らせを聞いたというのが多い


はい!嘘w

737 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 16:42:15 ID:rrmd2o+9O
>>731
しかし、二酸化炭素説はかなり有力な証拠もあるけどな?
少なくとも幽霊なんかよりはるかにマシな相関関係のデータが得られてる。
むしろ、影響がないなんて考える方がよほど政治的な色が強いよ。

幽霊は、そういう証拠になりうる可能性すら低すぎるものしかないのが問題なわけで。
そして、幽霊を見えると喧伝する奴は、誰一人としてその能力を使って幽霊の証拠を探そうとはしない。
これはなぜだろうね?

二酸化炭素説を唱える学者は、ちゃんとデータを開示して他の研究者の検証に委ねているよ。

738 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 16:52:20 ID:WCHEpRHY0
端的にこのスレを議論内容を分かりやすい対象に例えるとするならば
お前ら江原のスピリテュアルトーク信じてんの?まじで

739 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 16:56:50 ID:Mr3EChTf0
>そして、幽霊を見えると喧伝する奴は、誰一人としてその能力を使って幽霊の証拠を探そうとはしない。
>これはなぜだろうね?

そこなんだよなぁ。今まで霊が見える、会話が出来ると言う人に質問したりしたことあるが
都合のいい所は気分よく答える癖に、証拠として成り立つような部分に質問が及ぶと
「信じない人は信じなくていい」とかいきなり設定を変更をして答えられないことが多い

>>738
あの人は話がうまいだけでしょ?そういったスキルに関しては認めるけどね
上のほうでもあがってたけど生きてる人をあたかも死んでいる様に話してしまった例もあるけどw



740 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:01:48 ID:/NQZl76J0
検証て、仮に常に見える人好きなときに見れる人ていうのがいるとして見ているときの脳波調べたりして
見えない人との違いを探してみたりするのかな

741 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:14:13 ID:d3vpdjkgO
>>734キチガイか?

>>735このスレよく見るけど、それこそなんのソースもない憶測が飛び交ってると思うんだが…(否定派肯定派問わず)


それに幽霊見える奴が話をしろって言っといて今更事実認定出来ないっていわれてもなぁ…

もう一つ印象に残ってるのあるんだが話ても意味なさげだな

742 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:21:22 ID:WCHEpRHY0
スピリチュアルだった・・・orz
幽霊のいるいない以前に、幽霊を信じるか信じないかがあるんだよな
いることが明確になれば信じる信じない議論は収束するんだが
少なくとも今現状は不明確で、この状況で信じるっていうのは一種信仰に
近いんだよ、自分の信仰する神や思想を否定されたらそりゃ引き下がらないさ
疑うことはいわば不信仰に繋がるわけだから、自ら進んで存在の解明に
助力する訳もない
否定派は逆に科学偏重信仰者って言われるけど、その実ほとんどが懐疑派で
いたらいたで受け入れると思う

議論が進まないのは、要はこの信仰が問題なんだと思う

743 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:23:34 ID:rrmd2o+9O
>>741
過去の体験談なんか幽霊の証拠としてはなんの役にも立たないのは、
このスレじゃ共通認識だと思うが。

調べようのない話なんかどうでもいいから、実際に見える時にいろいろ調べてみればいいのに、という話だよ。
街中でもうじゃうじゃいると言ってる奴も多いんだから、研究対象には事欠かないはずなのに、
誰一人協力しないだろ?

744 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:24:47 ID:etxwMstU0
>>742
いるかいないか分からないから信仰が出来るんだろ

745 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:29:05 ID:0yWKxGeH0
>>741
> それに幽霊見える奴が話をしろって言っといて今更事実認定出来ないっていわれてもなぁ…
事実認定できない、ってのは嘘や間違いだと言ってるのとは全然違うことはわかってね
むしろ体験談だけだと否定することも絶対に不可能

で、「話をしろ」ってのは(言ったのは俺じゃないけど)
「体験談を話してくれ」じゃなくて
見え方やUOの特徴について質疑応答に応じてくれ
ってことだと思うよ

746 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:31:40 ID:WCHEpRHY0
>>744
そう書いたじゃん、なんで復唱?

747 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:37:10 ID:etxwMstU0
>>746
>幽霊のいるいない以前に、幽霊を信じるか信じないかがあるんだよな
ってのと
>議論が進まないのは、要はこの信仰が問題なんだと思う
ってのがあったからそう書いていないように読めた
そう書いたつもりだったのなら俺の行間読解能力がなかったってことでスマン

748 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 17:56:20 ID:Mr3EChTf0
>>745
そうそう俺が求めたのはそういうこと。別に見たり体験したことを否定するわけじゃないが
体験談、聞いた話しじゃなんの証拠にもならんし、そんな話をいくら並べたところで否定派は
悪い例だがID:5MsvpeFrOの様な切り替えしで話は終わってしまって意味がないってこと

ちなみに俺は今までの実体験やらで否定派。でも実際いたらいいと思ってるし、
しっかりした証拠を出してくれればいつでも肯定派になると思う

749 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:05:08 ID:KYVYMG6vi
自分は幽霊が見えてしまうんだが
幽霊云々の話は一切せずに大学病院で先日脳の検査を受けてきた
自分の頭がおかしいのかと常に自分を疑っていたし疲れてもきていたので

結果は脳に気質的異常は見られなかったが、脳波に異常が見つかった
眠っている状態なのに脳が眠らないというようなことを医師が言っていたが
医学に詳しくない自分にはよく意味がわからない

何らかの形で検証をしようという専門家が居れば協力するのはやぶさかではない

だが興味本位で根掘り葉掘り聞かれるのは疲れるし不快だから勘弁してほしい

750 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:25:11 ID:YSHghDyk0
予知能力があるとかって、このあいだTVに出てた人は
普通の人と睡眠パターンが違ったはずだが。

欝とか疲れの諸症状で寝ても安眠できないってのもあるからな。
脳波どうなってんのかしらんけど。

751 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:50:26 ID:Z4UMLFBY0
>>749
幻覚ということはおそらく統合失調症だろう。
脳の検査では精神の異変までは分からない。
普通に精神科に行き症状を話すのがいい。

752 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:52:43 ID:rrmd2o+9O
>>349
眠れないとなると、白昼夢の可能性が高いんじゃ?



753 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:54:15 ID:YSHghDyk0
幽霊が幽霊である要件はなんだろうな。
実体がないけど見えるなら幻覚と同じわけだ。
まあ、いろんな幽霊がいるわけだけど。

754 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 18:59:12 ID:KYVYMG6vi
>750
脳波の検査では睡眠剤を使用し強制的に眠らされた
にも拘らず脳が眠らないらしい

因みに精神科はとうに受診しているがウツや統合失調症ではないと逆のお墨付きを
貰ってしまい、自分でもどうしていいのか困惑している

自分には「存在しないはずのもの」が見えるだけで会話もできないし予知予言お祓いの類とも無縁だから
霊能力というものとは異なるのかもしれない

755 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 19:06:08 ID:YSHghDyk0
特殊な例でいうと、ひと月眠らなかった人は幻覚みたって話だ。
TV番組では起きてる状態で、夢を見るとかなんとか解説がついてたかな。
なんか蛇かなんかがうじゃうじゃーとでたらしいが。

756 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 19:11:44 ID:/NQZl76J0
>>743>>745の待望の協力的な見える人登場だけど



757 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 19:15:12 ID:KYVYMG6vi
蛇だとかそういう幻覚だとわかりやすいものならまだ良かったんだが
日常の風景が人と異なって視覚されているようなので
慣れるまでに時間もかかったし自分は頭がおかしいとずっと疑っているしで
余計に疲れているのかもな

定期的に今後も睡眠に関する医療と精神科は受診していこうと思う
ここで吐き出せて少し気が軽くなった

スレ違いだったらスマン

758 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 19:23:03 ID:/NQZl76J0
>>757
あなたはこのスレで待望されてる人のはず、でなきゃ検証てさわいでた否定派はうそつき

759 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 19:29:07 ID:Mr3EChTf0
>だが興味本位で根掘り葉掘り聞かれるのは疲れるし不快だから勘弁してほしい

この時点で実際会える人で尚且つ専門的な人しか受け付けてなさそうです

760 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 19:29:18 ID:xIQYxPCtO
否定派は検証したいなんて一言も言いません
肯定派に、なんで検証させないんだ、と言うだけです

761 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 19:31:26 ID:JwWOQGyi0
自分だけが見えるじゃ主観に過ぎないわけで、他人の主観は否定も肯定もできない性質のもの。
知りようがないんだから。
幽霊に限らず超現実的なもの全てに当てはまるね。

762 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 19:37:22 ID:KYVYMG6vi
>759
自分の視覚している感覚を不特定多数の人間に晒すことで
悪意の第三者にその感覚を利用されたくないんだ

上手く説明できないんだが…

後に自分の感覚を改めて医療機関で相談した際に、「〜症候群」なんて診断名が
勝手についていて、それで片付けられては困るし
悪いがそこは自己防衛させてほしい

763 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 19:44:17 ID:5MsvpeFrO
>>762
> 後に自分の感覚を改めて医療機関で相談した際に、「〜症候群」なんて診断名が
> 勝手についていて、それで片付けられては困るし


勝手にってw
あんたが望んで診てもらって、専門医が医学的に降した診断結果だろ。
それを勝手とは身勝手過ぎやしないか?

764 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 20:02:36 ID:ME+yN2sa0
>>749>>757

>日常の風景が人と異なって視覚されているようなので

もうちょと幻覚について詳細に言ってくれないと何とも判断できない。
その幻覚は不特定多数の人物なのか特定の一人なのか。
四六時中見えるのか、不意に時々見えるのか。
会話は出来ないにしても、幻覚の人物はどんな振る舞いをするのか
とか...。せめてそれくらいは説明するべきでは?

765 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 20:03:40 ID:YSHghDyk0
ここまできて思ったのは、
霊と幻覚を区別するには二人以上の霊感持ちが、
事前情報のやりとりなしに、同じ場所で同じ霊を別々に
みないといけないなってことだな。

それを証明する第三者も必要になりそうだ。


766 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 20:58:30 ID:KYVYMG6vi
自分の見え方は、

不特定多数が四六時中視界に入る
意識して視覚したり遮断することはできない

なぜ幽霊(幻覚)だと思うかは、

明らかにそこに存在してはおかしい場合があるから
つまり、自分の部屋に見知らぬ人がいたり
足場のないところに人がいたりする

因みに、写真などに奇異なものが写っているかどうかの判定はできない
そういうのとは別物のようだ

767 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 21:16:18 ID:nc2SxmFM0
>>766

>脳波の検査では睡眠剤を使用し強制的に眠らされた
>にも拘らず脳が眠らないらしい

先生からは具体的にどのような説明を受けましたか?
入眠とともにレム睡眠に入ってしまうということでしょうか?
入眠時あるいは起床時に幻覚を見るのであればナルコレプシー
ではないかと思ったのですが、四六時中視界に入るとなると
違うようですね。

768 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 21:16:33 ID:j8BBL9vq0
>>766
ラマチャンドランの「脳のなかの幽霊」って本に、似たような症状を持つ患者の話が載っていたな。
その人は部屋の中でオランウータンが見えたりするらしい。
部屋の中にオランウータンがいるはずないから幻覚だとわかるんだけど、本物と間違えるくらいリアルに見えるらしい。
他にも漫画のキャラクターが視界に現れる患者の話もあった。

その人達は脳や眼球に障害があったらしいんで、あなたのケースとは違うと思うけれど。
興味があるんなら図書館ででも借りて読んでみてください。

769 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 21:36:29 ID:KYVYMG6vi
>767
医師からの説明は、病気は見当たらないこと、脳波に異常はあるが病気ではないこと、
前述の通り眠っているのに脳が眠っていないという言い方で説明を受けた
あくまでも脳の検査という形だったためかわからないが
病気がないというだけで他に具体的な説明らしきものはなかった

>768
「脳のなかの幽霊」か
確かに自分の見え方と似てるかもしれない
さすがに漫画のキャラクターを見たことはないが
読んでみるよ
ありがとう

770 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 21:50:22 ID:j8BBL9vq0
>>769
ttp://members.jcom.home.ne.jp/matumoto-t/yuurei14.html
本の内容を一部抜粋しているページを見つけた。

771 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 22:24:47 ID:KYVYMG6vi
>770
非常に興味深く読んだ
やはり今週中にでもまた精神科を受診してみようと思う
正直なところ統合失調症と診断された方が余程気が楽なんだ
自分の場合は幻覚と現実の区別が明確についているから統合失調症ではないと
お墨付きを貰ってしまうのかもしれない

とにかく医師に相談してみることにした
随分と肩の荷が降りた思いだ
ありがとう

身の上相談のようになってしまい、スレ消費が無駄になっていないといいが…

772 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/03/31(月) 22:33:45 ID:mMtPjdPj0
>>771
もっと色んなあなたの見える不思議な風景を詳しく教えて下さい
例えばあなたの部屋にいた見知らぬ人はどんな人だったか、部屋どこに居たのか
足場のない場所とはどこなのか・・・とか

773 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 22:49:54 ID:Mr3EChTf0
>>771
無駄ではないよ。ここ数スレからの新参だが、無意味な煽り合いみたいな流れよりは
よっぽど有意義に使えてると思う。文面から察するにお疲れの様だし、質問攻めみたいなのは
嫌だと言っていたのでROMりながらみてました。

774 :本当にあった怖い名無し:2008/03/31(月) 23:44:24 ID:KYVYMG6vi
>772
部屋の中ではこれまで数限りなく見知らぬ人を見てきたが明らかな幻覚とわかる印象的な例をあげるなら

部屋の角、天井付近に60代位の白髪混じりのパーマ頭の女性が数日間いたこと
服装は昭和50年代後半くらい

ベッドと机の間およそ15センチに高校生くらいのジャージ姿の少年が
二週間くらい挟まっていたこと

これらのことは現実的にはありえないのでやはり幾千と出会う光景の中でも印象に残った

見え方も場合によって異なる
静止画のように目を閉じ佇むだけの場合と
周囲に馴染んで活発に動いている場合と
時間の長短も様々で、
これらが何を意味するのか検討してみたこともあるが答えが出るとも思えないので
今はあまり考えないようにしている

775 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 00:50:35 ID:lb8/ePgb0
よく言われるアル中の幻覚、ピンクの象だの小人の大名行列だのの類だよ。
ドラッグでも同様のことは起きる。
つまり素面なら脳内麻薬物質の作用。だから本来幽霊を見るのは好ましい状態で
怖いという感情は起きようもないはずだが、同様のメカニズムで神仏の類
が見えるなら信心深い者には好ましい。
だから神仏が見えると幽霊が見えるは表裏一体であり前者の負の代償が後者とも言える。
神仏を実体としての存在(仏陀やキリストは実在の人物だがその他の神格化された存在)
と捉えられなくなった近代のいくらかでも教育を受けた人間にとっては
仮想の神仏はもはや見てしまうことはなくなり身近な幽霊のみが見える
そういう精神構造になっているわけだ。

776 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 07:45:37 ID:ZBc+GmfA0
KY

777 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 08:16:17 ID:OhIZno0HO
>>774
幻覚と分かってる限りはなんだか楽しそうだけどな。
いや、本人は苦しいのも分かるのだけど。

ちなみに、幻覚を触ってみたことは?
そこまではっきり見えるなら触覚はどうなるのかな、と思って。

778 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 09:23:48 ID:syGnkENF0
前まで否定派だったけどこの前幽霊を見て肯定派になりました
幽霊は存在するよ

779 ::2008/04/01(火) 09:35:36 ID:xewosfao0
おまえは存在しないけどな

780 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 09:36:10 ID:jmWvdSWq0
リアルな幽霊が出てくるとかの妄想が昂進すると
幽霊がが常につきまとってるとか、センズリしようとしたら幽霊が現れて嗤ったとか
幽霊が俺の頭の中に電波を伝えてくるとか
俺の脳内データを読み出して世間(ネット)に吹聴するとか
そういう妄想にたどり着くまであと一歩だ。
それは重度の統合失調症だから取り返しがつかなくもなり、
幽霊がやれといったから人を刺したなんてことにまでなったら笑い事じゃない。
上の方の人はとにかく精神科受診しろ。ヤブ医だと分からないかもしれないから
ネットなどで調べてよい病院探して行け。急務だ。薬で治す・抑える事は可能だから。


781 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 09:39:24 ID:syGnkENF0
>>779
何を言っているのか分からないがまともな反論しろよ

>>780
何でも病気と決め付けるなよ
俺は本当に見たんだって

782 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 09:42:21 ID:Ius29mdV0
>>781用心、というか、可能性の一つとしてまずは病院に行ったほうがいいのさ。
それで何事もなかったら別の可能性を探すんだよ。

783 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 09:44:28 ID:syGnkENF0
>>782
別に実生活に支障が出ているわけでもないのに
無駄に金をかけるのもなぁ

784 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 09:47:59 ID:Ius29mdV0
>>783ここで信じてもらいたいなら、一回だけでも病院に行ったほうがいい。
行かない限り、病気の可能性をいつまでも指摘されるよ。
信じてもらうつもりがない(病人呼ばわりされて文句を言わない)なら、いいけどね。

785 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 09:53:29 ID:syGnkENF0
>>784
いやいや、行ったとしても
現に>>780みたいに言われてるじゃん

それに行ったとしても病気でないことが分かるだけで
信じるとはまた別の話なんじゃねぇの?ここを読む限りさ

786 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 09:55:10 ID:7WnTbviaO
>>778
いつ、どこで、どんな幽霊を見たの?

787 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 10:10:29 ID:u6iSaA840
肯定派の考える意味の霊感も、今は症例にしかならない。
能力にするには幽霊が実証されないと。

788 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 11:40:51 ID:mJXCwr6y0
怖くて不思議な目に遭えば存在も信じたくなるわな
だがな、俺は断固として否定させてもらう
幽霊なんぞこの世にいないと断言させてもらう
幽霊?いねーよw
ばーかばーか

さて、明るい気持ちでお風呂入って頭洗おう

789 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 11:43:32 ID:1eaMYIQY0
>>788
( ´∀`)つ「だるまさんがころんだ」

790 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 11:58:12 ID:syGnkENF0
>>786
お前は否定派の風上にも置けないウンタラカンタラ
とか突っ込んで欲しかったんだぜ?

あぁそば食いてぇ

791 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 12:22:46 ID:15PRhibd0
>>780
> 幽霊がやれといったから人を刺したなんてことにまでなったら笑い事じゃない。

覚醒剤中毒で錯乱した人がよくそーいう事件おこしたよね、それといっしょてこと?

792 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 13:03:02 ID:d+67vphxO
居ることを前提に議論しようよ

793 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 13:31:02 ID:Tn/Zby7v0
妄想スレになるだけ。

794 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 14:10:28 ID:0zqfDQAqO
>774だが、大学病院の精神科を受診したところ、投薬治療と精神分析療法を試みることになった。
処方された薬はリスパダールとルボックスとパキシルとレボトミン。
前三種が精神病の薬で後は睡眠剤だそうだ。

>777
触覚に関してはあるにはあるが、こちらから触れようとしても物質感は伴わない。
むしろ、幻視対象のいる空間にある自分の感覚器官(手足など)は現実感覚を奪われるような感じがする。
医師の話では、離人感?というらしい。

逆に相手方から触れられる場合は温度まで体感するが、これは完全な錯覚のようだ。
火傷をするほどの高温であっても、実際に皮膚が火傷を負っていた経験はない。

795 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 19:05:41 ID:NDPpFVNG0
>>794
どういう病名に診断されたの?

796 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 20:53:10 ID:0zqfDQAqO
>795
診断名はまだついていない

幻視についての話やここで教えてもらったオランウータンが見える例も話たが、
まずはどの薬が実際に効くかという側からアプローチしていくらしい

どんな方法だろうと今の面倒な視界を変えてくれるのなら有難いよ

797 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 21:10:08 ID:15PRhibd0
見える人がいないと話にならないて言ってた人たちどーして静かなの?

798 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 21:12:52 ID:c7qwK6GW0
共感覚の人もいないな。

799 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 22:24:08 ID:Ew/vJOJE0
>>797
初めの時点で質問を拒絶されちゃ、このスレで聞くに聞けないだろ
何故かちょこちょこ答えてくれてるが・・・

800 :本当にあった怖い名無し:2008/04/01(火) 23:53:26 ID:d+67vphxO
>>796
ちょっと自殺の名所や心霊スポットや墓行ってみて

801 :青い猫:2008/04/02(水) 00:26:59 ID:Hym5bDT60
>>796
書き込みを興味深く拝読しました。
治療により効果が現れるならば、それは投薬によるものと判断できるのでしょうか。
私にはあなたが特殊な能力を有する方のように思えてなりません。
その能力が薬物により抑えられるか否かという観点から注目しています。
興味本位の書き込みで申し訳ありません。
ちなみに生活をする上でその幻視は妨げになっているということでしょうか。


802 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 08:58:55 ID:oOZUt+UpO
>>794
答えてくれてありがとう。
大変に冷静に自己分析しているので助かるよ。

なるほど、触覚は視覚ほど明確な幻覚にはならないのか。
でも向こうから来る場合にははっきりするのは興味深いな。
幻視を触ろうとした場合は、物理的になにかがあるわけじゃないから、それを補償しようとして逆に離人感になる。
最初から幻触の場合は、普通に幻覚を感じる。
ということだろうか。

できれば投薬治療の経過も折々に報告してもらえるとありがたいな。
まあ、俺は医学の専門家でもなんでもないから、興味本位でしかないので、無理にとは言わないが。

803 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 11:17:18 ID:zXcgtNLy0
いろいろ質問したいんだが、所詮は興味本位なので訊きづらい…
興味本位とはいってもオバちゃんが芸能人の下半身ネタに食いつくのとは違う
と思っているんだが、訊かれる当人にとっては同じことかな?

804 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 12:30:24 ID:If336SJpO
この薬は効果があった。あの薬は効果がなかった。
っていう経過報告をできれば聞きたい。
さらにできれば、医師の診断内容も聞きたい。まあ嫌じゃなければでいいので。

805 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 12:50:52 ID:egGwZOXu0
北京五輪採火式、中国国営テレビ局の生放送に幽霊?

 http://jp.epochtimes.com/jp/2008/03/html/d23863.html

806 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 12:57:11 ID:tGP+sLG/P
これ、どう見ても顔色の悪いただの見物人でしょ。

807 :774:2008/04/02(水) 13:24:56 ID:WqVZIzU6O
>799
このスレの人がこのように真面目に話をしてくれると最初は思っていなかったので
予防線を張ってしまった
申し訳ありません
ここの人が真面目に対応してくれているので自分も差し支えない範囲で答えさせてもらっている

>800
心霊スポットには行ったことがないが、病院では街中の視界と何ら変わりない
自殺の名所と言われるところでは逆に幻視は少なかったように記憶している
危険な目にも遭っていない
>801-804
精神病の薬の効果が現れるとしたら二週間程度かかると説明された
何らかの変化があれば報告をするし薬種を変えた際にもこのスレで知らせようと思う
精神療法では過去に遡って生い立ちを話している段階のため、実際の治療はまだ先になるとのことだ
あなた達を興味本位とは思わないし、疑問があれば答えられる範囲で話をしようと考えている

808 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/02(水) 13:27:54 ID:bQ9e4A6K0
>>774
お前本読んでねーな、なんだよそのしょぼい幻覚は
発想が貧困過ぎるだろ、病院なんて行かなくて良いから本屋行けよ

809 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 13:51:03 ID:mivEel97O
>>808

810 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 14:58:36 ID:oOZUt+UpO
>>808
お前、痛すぎる。

811 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 15:17:11 ID:pF4FhDmcO
>>808
確かに、前の「電柱の上におっさん」程のインパクトや独創性はないな

812 :本当にあった怖い名無し:2008/04/02(水) 15:44:04 ID:+OW/jGsU0
>>808
余程のサディストか余程のマゾヒストだな
まぁ何にせよお前は否定派の鑑だ

813 :赤い猫:2008/04/03(木) 08:58:38 ID:NKRhUOypO
君達の目の前のPCと幽霊に何の違いがあると思う?
PCは実在するのかね?

誰か答えたまえ(失笑)

814 :赤い猫:2008/04/03(木) 08:59:05 ID:NKRhUOypO
あげとくか

815 ::2008/04/03(木) 09:39:10 ID:HdMtbVHt0
カレーにスルー

816 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 09:55:29 ID:OjhprNeW0
宣言スルーはスルーといえるのか

817 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 10:59:21 ID:+UilCCWqO
せっかく、半日ぐらい相手にされないのを見て笑おうと思ってたのに…

818 ::2008/04/03(木) 11:18:39 ID:HdMtbVHt0
俺だって華麗にスルーが10人連続するのを見て笑おうと思ったのに…

819 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 11:37:37 ID:dsJtA+mw0
カレーにするかハヤシにするか悩むなぁ昼食

820 :赤い猫:2008/04/03(木) 12:59:59 ID:NKRhUOypO
最も重要な事をスルーしている時点で君達の脳のレベルがみてとれる(爆笑)

821 ::2008/04/03(木) 13:01:47 ID:HdMtbVHt0
かれいにスルー

822 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 15:09:54 ID:RLrnJoBC0
カレーにする?

823 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 15:25:04 ID:+UilCCWqO
ハヤシもあるでよ

824 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 16:27:56 ID:DsDUOjnqO
カレー食った

825 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 16:36:17 ID:MQmknPDg0
ぬるぽ(´・ω・`)

826 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 17:18:40 ID:h9ksT0xJ0
>825
ガッ
ふう・・・今晩はカレーにするか

827 ::2008/04/03(木) 17:26:49 ID:HdMtbVHt0
それとも あ・た・し?

828 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/03(木) 18:11:31 ID:bBVg3Wpv0
カレーとハヤシって実は勝負にならなくね?
完全にカレーの圧勝だべ
カレイかヒラメかっての方が良い勝負

829 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 18:13:26 ID:/R6XZz9j0
カレーにスルメ


830 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/03(木) 18:15:26 ID:bBVg3Wpv0
誰にする?
彼にする

831 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 18:20:46 ID:/R6XZz9j0
なんか病院で診療済み糖質の疑い無しの見える人ていう現実から逃避してる?かまわないけどさ

832 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 18:54:53 ID:+UilCCWqO
>>831
一体何を言ってるのかわからない。
誰がどう逃避してるのかな?

833 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/03(木) 20:09:03 ID:bBVg3Wpv0
第40話 オカ板の中心で現実を叫ぶ

絶対見てくれよな!

834 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 22:56:38 ID:7+aawqV3O
瞳を閉じて〜
幽霊描くよ〜
見たと言えば良い〜

835 ::2008/04/03(木) 23:01:48 ID:HdMtbVHt0
消臭プラグ〜

836 :本当にあった怖い名無し:2008/04/03(木) 23:57:18 ID:RLrnJoBC0
そういや幽霊にはファブリーズが効く(出なくなる)って誰か言ってなかったっけ

837 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 01:14:05 ID:X6HdW3hy0
カレーシチュウだろ

838 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 01:17:09 ID:eAYmWRM/0
>>836
 >>807に試してもらおーよ、ID:WqVZIzU6Oおながいしますファブ。



839 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/04/04(金) 01:29:01 ID:Vh2HVxtqO
>>836
あったあった。そんな話あった。

840 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2008/04/04(金) 01:30:43 ID:Vh2HVxtqO
このまえ霊に取り憑かれたときは気合いで追い払った。
ようはなにごとも気合いなんだと思う。

841 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 01:33:41 ID:T6IoXVh60
>>836
カンタヴィルの幽霊ですか

842 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 01:38:54 ID:gDJGhlv70
聖書の時代では神の奇跡が頻繁に起きていたのに、さらに罪深い現代では神の奇跡は全く起きない。
UMA、UFO、妖怪、どれも未だかつてホンモノが確認/捕獲されたことは一度も無い。
自損事故で死んだ人の幽霊が事故現場を通る人を次々巻き込む!なんて事があるくらいなら
強盗殺人された人の幽霊が犯人を殺す、のなんて日常茶飯事のハズ。
ニート全盛の日本で己の子孫のふがいなさに説教に現れる先祖の霊とかも聞いた事無い。

843 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 07:52:42 ID:jnyL8fkQ0
マジレスすっとUMAはどっかにいるだろう。

844 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 08:04:48 ID:brNV2vMOO
幽霊も同じ
問題はどこにいるか

845 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 08:05:45 ID:iGxwvhgOO
いないいないw

846 :807 ◆lr.SvCnhCc :2008/04/04(金) 08:08:28 ID:MmzuRf2cO
>838
>807だが、ファブリーズは日常的に使用しているものの、幻視が消えたことはない

香やお経は効果があった、つまり、幻視が消えたことがある
しかし、「香やお経を使用した」という自己暗示による影響でないとは言いきれない

とにかくファブリーズでは変化がない

便宜上トリップをつけさせてもらった
鬱陶しければ外すので言ってくれ

847 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 08:36:16 ID:wRch3mYF0
>>846
ちゃんと幻視に対してファブリーズしたの?

848 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 08:54:53 ID:TJlOP5SUO
さすがにファブリーズはネタだろ常考…

849 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 10:02:58 ID:exHMVsOF0
.>>846
その幻視をデジカメやハンディーカムで撮影したものでも
普段見てるように見えるものなの?

850 :846 ◆lr.SvCnhCc :2008/04/04(金) 12:15:28 ID:MmzuRf2cO
>847
幻視越しにコートにファブリーズを掛けたことがある
位置的に幻視を薬剤が素通りしたとは考え難い

>849
自分が肉眼で見ているものは記録媒体には再現されない
レンズやモニターを通しては視覚されているものが写真やビデオに写らないため
自分の頭を疑っている次第だ

肉眼であれば、幻視はガラス窓にも鏡にも映り込んで見える

851 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 12:33:47 ID:wRch3mYF0
ファブリーズはどうでもいいとして、
>>774であって周囲に馴染んでいるとかいうので思ったんだ、
周囲に馴染んでいるそれを幻視と識別できるのはなんでなの?

852 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 12:54:37 ID:BQhsXcgT0
>>850
>肉眼であれば、幻視はガラス窓にも鏡にも映り込んで見える

何気に興味深い情報。
定番で、見えるけど鏡に写らないっていうのがオカルト話がよくあるけど
それって俺は見てるのが幻覚だから、鏡までは再現できないって
思ってたから。

853 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 13:03:59 ID:TJlOP5SUO
>>850
鏡に写るってのはすごいな。
幻視だとすると、脳内でレイトレースしてるってことだからなあ。
やってみればわかると思うけど、鏡に写った像を絵に描くのは難しいぞ。

854 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 13:22:01 ID:+hAO9cdW0
こうなるとホントに状況が異常ってぐらいしか幻覚を見分ける方法がないな
あ、ファブリーズなんてネタ的なものをやってるなら確実にやってそうな気がするけど
幻覚に対して小石か何かを投げるとどうなるんだろう
通り抜けるのか跳ね返って見えるのか
そういったモノが見えるのもさることながら、本人がとても冷静なのがすごい

855 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 13:41:32 ID:TJlOP5SUO
幻が見えたときに、意志の力で変化させることはできるのかな?
例えば老婆が出てきたら裸の美女にしちゃうとか。
脳内映像ならば、そこまで極端じゃないにしてもある程度コントロールできたりしないかな。


856 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 15:21:12 ID:iGxwvhgOO
俺には幻自体がネタとしか思えんがw

857 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 15:26:14 ID:D7ka5Mbe0
脳の補完能力って結構すごいんじゃ?
無生物の人形に人格を与えて会話したり、犬猫に語りかけたり
話さないって分かっちゃいるけど、なんとなくこういってる気がする
ううん、きっとそう みたいなやりとり成立させるでしょ、脳みそ

858 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 18:02:00 ID:tjraieki0
>>853
鏡に鏡像が写ってんじゃなくて、脳が鏡の向こうに空間を
錯覚してるんじゃないか?

859 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 18:28:39 ID:TJlOP5SUO
>>858
直接見えてる一次像と鏡像を自然に同期させなきゃならない訳だから、かなり難しそうだぞ。


860 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/04(金) 19:24:22 ID:a6ClFaFZ0
「鏡にも写っていた」という記憶を作っただけの簡単システムでしょ

861 :846 ◆lr.SvCnhCc :2008/04/04(金) 19:38:05 ID:MmzuRf2cO
>860
そうだよな。記憶のすり替えは1番疑わしいと思う
「見た」と自覚した瞬間に既に脳内ではすり替えが起きている可能性もあるし

記憶すり替えのメカニズムについても調べてみるよ

862 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 21:41:37 ID:brNV2vMOO
否定派が使う可能性は肯定派の使う可能性と同じ

863 ::2008/04/04(金) 21:42:43 ID:TeHMa7Hg0
「錯誤が起きる可能性」と「霊が存在する可能性」は同じかよw

864 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 21:46:08 ID:NeO/an7IO
ま、少なくとも
オカ板見るかぎり、どっちもどっちだな

可能性ではなく視野の狭さが


865 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 22:00:28 ID:iGxwvhgOO
>>864
視野が狭いのは明らかに肯定派だろw
そういうお前はどっちなんだよ。
あー懐疑派とか訳のわからん事言うなよw

866 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 22:05:56 ID:NeO/an7IO
>>865
懐疑派の何が訳が分からないのか分からんが
少なくともオマエほどファビョってねぇよ

肯定や否定を前提にしかしないオナニー議論の
視野が広いとでも言うのか?
居ない理由、居る理由を双方がループで言ってるだけじゃんか



867 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 22:09:15 ID:20Ail22A0
壮絶な相打ち戦略だなw

868 :本当にあった怖い名無し:2008/04/04(金) 22:09:58 ID:NeO/an7IO
>>865
また覗きに来てやるから、せいぜいオナニー議論やってろw

あまり熱くなってファビョるなよww


869 :考え中:2008/04/04(金) 23:49:56 ID:tffIa5r20
 >>846さんに

 あなたが見る「幻視」において、他者がそれに対しての何らかの反応
をしめすことはありますか?
 例えば、何も見えていないまでも、幻視の見えているあたりを、気配でも
感じたかのように振り向いたり、あるいは音、声レベルで同時に聞いたり
といったことはあるりますか?

 つまり、あなたに見えているものがそのまま他の人に感じられているわけでは
ないまでも、その存在の影響ではと思われるリアクションを自分以外の人が
示す傾向があるかどうか、というところが知りたいです。

 
 俺自身子供のころ幽霊を体験したことがあり、そのときには気配、音レベルでは
複数の人間で同時体験していたので、あなたの場合にはどうなのか教えてください。

 


870 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 01:40:34 ID:1Fckq/ZhO
>>869
アハハッ!うける〜www

871 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 03:19:27 ID:5necqOgX0
科学的見地と科学的偏見は違うもの。

872 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 10:17:24 ID:+HKhyVEF0
幻影と鏡像同時に脳が作り出して見せているのだとしたら、人の脳自体がそーとーなオカルトだよね


873 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 18:51:44 ID:MrA6Eqv90
>>869
自分以外の他者全員が見たり反応を示したりするのなら、
それは幻視じゃないじゃん。もはや現実だよ。

874 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 19:21:57 ID:fic3cOyl0
実は他人も幻視

なんつって

875 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 20:01:02 ID:O7uTTtK90
幻影と鏡像の同時映像が脳内補完の賜物でないとしたら幽霊が何かは別にして
幽霊て現象自体は実存てことか

876 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 21:12:24 ID:5necqOgX0
実存だとしたら、幽霊は光のようななにかを反射したり発生させて、
それを鏡が反射してるということになるんかいのう。

877 :本当にあった怖い名無し:2008/04/05(土) 23:37:06 ID:e2QS0whO0
幽霊じゃないけど、よく視界の端っこでゴキブリがうごめいたかと思ってビクッとすることがあるんだが
でもそれは影や木の葉の見間違え・・・どころか、そこには何もなかったのにそう見えただけだっつたりもするんだよ

幽霊が見えるってのはこういうのが、視界の中央でゴキブリがうごめいているように見える現象なんじゃないのか?

878 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 07:58:53 ID:tpYZ54SAO
心霊写真に写り込む幽霊は、その性質毎にスペクトル変移の如く変色して写る。という説があるらしい

879 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 12:42:28 ID:5G53L0Eo0
幽霊の正体見たり枯れ尾花
昔の人はちゃんと分かっていた。
なまじ科学が発達した現代の人の方が幽霊の実在を疑似科学(似非科学)で理屈づけようとする。

880 ::2008/04/06(日) 13:55:12 ID:mxcEWosi0
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」というのは、ようするに「あるある川柳」なんだよな。
そういうことって、あるよね〜という。

「暗い部屋に入ったら黒い物体が床にいたので「ゴキブリだっ」とめちゃくちゃ焦ったが、
よくみたら黒いコンセントプラグだった」なんてことと同じ。

しかし「暗い部屋に入ったら黒い物体が床にいたので「ゴキブリだっ」とめちゃくちゃ焦ったが、
よくみたらやっぱりゴキブリだった」ということだって実際にはあるわけでさ。

881 ::2008/04/06(日) 13:57:28 ID:mxcEWosi0
つまり「そういうことって、あるよね〜」という話と
「絶対そうだよね〜」という話を混同してはならないんだよ。

882 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 15:25:37 ID:2+Ne7t+DO
違うと思うけど…

883 ::2008/04/06(日) 16:03:16 ID:mxcEWosi0
違わないよ

884 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 16:09:38 ID:PXJn3XPs0
脳科学や、観測技術が向上すれば幽霊に関する科学理論もできるだろうよ。
その理論はどんなだろうってスレだと思ってるが。

885 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 17:10:51 ID:9xAq+Sjl0
>>881
だから846 ◆lr.SvCnhCcみたいな場合もあるよね〜なんだけど、そのへんどうなわけ?
おそらく明るい部屋で見て鏡にも同時に映りこんで医者にも行ったけど異常がみられないて場合。

886 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 18:29:00 ID:9xAq+Sjl0
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」のばやいはもともと暗がりを恐れるおっちょこちょいな人が
白日のもとあらためて見たら現に枯れ尾花やいやらしく揺れる柳の枝でもあったのでしょう
しかし◆lr.SvCnhCcの場合その喩えはちっともあてはまらんと思うけど

887 :タンタン1/2:2008/04/06(日) 18:42:21 ID:VNeNiXD60
スキャンして上げるより打っちゃった方が早いので、長文ゴメン。
新聞販売店が出してるミニコミ紙から。(静岡の人、今日の「タンタン」ね)
以下、改行以外原文ママ
 先日、夫が散歩がてら近所の床屋に散髪の予約をしに行った時のこと。店
の隅におばあさんが座っていたそうで、予約をして、おばあさんとひと言ふ
た言会話をして帰宅しました。散髪の日、夫は床屋のご主人に、「おばあさ
んが、腰に気をつけるように言っていた」と伝えたら、ご主人に「おばあさ
んの顧客はいない」と言われました。そこで、容姿を説明したら、ご主人が
写真を持ってきました。

888 :タンタン2/2:2008/04/06(日) 18:48:21 ID:VNeNiXD60
 おばあさんはご主人のお母さんで、夫が予約をした翌日に亡くなられた
そうです。寝ぼけた顔をしている夫ですが、霊感は人一倍強いようです。
(市内・鬼嫁)

 っていうよくある話なんだけど、これ読んで考えさせられた。
一番合理的な理解は、「鬼嫁氏の自己顕示欲による作り話」なんだろうけ
ど、それにしちゃぁメディアがマイナー過ぎる。
 このように、書き手にも登場人物にもウソ付くメリットがあまりない地
味〜な話の方がシミる。

889 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 20:25:41 ID:djfNxtnfO
100の話の内、99が間違いだとしても、
1の話が本当ならそれでいいのだが

否定派は99の間違いだけを言い、
肯定派は99の話を間違いだと認めない輩が多い

1の話は肯定派も否定派も真実が分からない話だったりする
そんなもんだろ

890 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/06(日) 20:26:35 ID:G8XH/+AD0
さては鬼嫁「霊感」の意味分かってねーな

891 ::2008/04/06(日) 21:20:52 ID:mxcEWosi0
>>889
> 否定派は99の間違いだけを言い、

これはちょっと違うんだよな。
「99%ダメなものは、残り1%もダメな可能性が高い」と言っているのである。

たとえば、誰かに足し算ドリルを100問させたとき、99問まで不正解だったとしたら
「こいつは足し算のやりかたを知らないようだから、最後の1問も不正解の可能性が高い」と
思うわけだ。

もし最後の1問だけ正解していたとしたら、どうして1〜99問目を全て間違えたのかがわからない。

892 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 21:31:37 ID:zwtvIBoI0
100の話のうち、100が間違いだったとしても、
肯定派は101話目を持ち出してくる

といった感じだと思う

893 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/06(日) 21:36:15 ID:G8XH/+AD0
ダルメシアンか武田鉄矢か

894 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 21:37:42 ID:9xAq+Sjl0
>>889
つまり人間は何一つ本当の真相を見出すことが出来ないてことね
「神」を想定すればそれでも納得できるけど
でないとしたら人間てただ生まれて来てわけもわからず死んでいく
ていう偶然をただ繰り返しているのみの存在てことか

>>892
なんの可能性もないてこと?


895 ::2008/04/06(日) 21:41:00 ID:mxcEWosi0
「俺は足し算ドリルを99問連続で間違えたが、俺が足し算のやりかたを理解していないとはいえない。
なぜなら100問目を正解するかもしれないからだ」

100問目も不正解

「世の中の全ての足し算問題にトライすれば、その中には正解できるものがあるかもしれない。だから
俺は足し算ができないとは断言できない。俺が足し算をできないと断言するのであれば、世界中の全ての
足し算問題を俺にやらせろ。それができないなら、俺が算数をできないと判断するな」

みたいなことだな。

896 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/06(日) 21:48:43 ID:G8XH/+AD0
そのドリルは学研とベネッセだとどっちが良いの?

897 ::2008/04/06(日) 21:50:40 ID:mxcEWosi0
日能研に決まってんだろバカ

898 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 21:50:50 ID:9xAq+Sjl0
>>895
てことじゃないの、でないと「文明が栄える=夢も希望も消滅」みたいだ。

899 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/06(日) 21:55:45 ID:G8XH/+AD0
やっぱ公文式かぁ〜

900 ::2008/04/06(日) 21:59:56 ID:mxcEWosi0
数学だって完全ではない。
だから、お前が「数学的に間違っている」という俺の答えこそが実は正解なのかもしれない。

みたいなことも言うよね

901 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/06(日) 22:02:13 ID:G8XH/+AD0
糞喰らえっ!ってね

902 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 22:09:57 ID:9xAq+Sjl0
まぁ所詮宇宙の果てがどこだかわからない人類になにが100%かは見出せないよね。大袈裟だけど

903 ::2008/04/06(日) 22:16:51 ID:mxcEWosi0
そうね。

だから肯定派のように「99%しかわからないことを断定してはいけない」と言ってしまうと
「森羅万象すべてのことは何も断定してはいけない」ということになる。

904 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 22:17:05 ID:x8nVzi6NO
宇宙の果てがどこまでかわかる生物がこの宇宙に存在するのだろうか?

905 ::2008/04/06(日) 22:19:14 ID:mxcEWosi0
ていうか宇宙の果てが地球からどれくらい遠くにあるかは科学的にはわかってるよ

906 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/06(日) 22:22:46 ID:G8XH/+AD0
果てねーよ

907 :本当にあった怖い名無し:2008/04/06(日) 22:28:42 ID:9xAq+Sjl0
そのときどきの予測や想定としての結論(仮)は不可欠とおもうけど
確定的に信仰していいものかどうか、否定派には何割かいるよね

908 ::2008/04/06(日) 22:30:36 ID:mxcEWosi0
否定派っていうのも「科学的否定派」と「信念的否定派」がいるからな。

909 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/07(月) 00:12:48 ID:lwayI2jm0
はぁ〜〜〜〜

910 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 01:28:04 ID:LLKZC4oNO
物理的に実在する脳またはそれにかわるもの(中枢機構)が無いものが
意志・意思・意識・目的等を持って行動する事など不可能ではないか?
俺自身この世の物ではないものの存在は否定しきれない
しかし幽霊なるものがあるとしてその行動を決定する中枢機構は何であるか?
肯定派のどえらい頭のいい知識と教養のあるおかた仮説でもいいからなんか言ってちょんまげ
決して肯定派への煽りではありませんよ
エネルギーの塊で終了?

911 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 01:34:38 ID:rKyNGf8RO
>>891
その例えが適性だと思ってんなら
アンタはただのゆとりだと証明したようなもんだな


912 ::2008/04/07(月) 01:37:16 ID:uRXftNmU0
に がゆとりwwww

913 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 01:49:11 ID:wg8or0H2O
いるかいないかって言うよりだな、見てしまったんだからもう「いる」と言うしかないだろう………orz

914 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 01:50:05 ID:Az3Saasg0
「に」だけでなく「淫」も雑スレから出ててきた。

915 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 01:54:52 ID:uRXftNmU0
あ、ごめん。外すの忘れた。

916 ::2008/04/07(月) 02:02:19 ID:vxCE6H+i0
さいきんは小学生でもゆとりゆとり言ってるから
ゆとりと言ってる奴がいちばんゆとりであるとかんがえて
ほぼ間違いないという結論に達した

917 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 02:02:32 ID:LLKZC4oNO
眉間にダイヤモンドの弾丸を撃ち込まれたが如くひらめきました
幽霊とは人間の道徳心が創りだした物です神さまも同じ
おやすみなさい

918 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 02:08:48 ID:uRXftNmU0
よくぞ眉間にダイヤモンドの弾丸を撃ち込まれたが如くひらめいたな。
ゆっくり休め。

919 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/07(月) 02:15:30 ID:lwayI2jm0
暖かくして寝ろよ

920 :あたまわりーけど:2008/04/07(月) 08:40:16 ID:gnFUllBx0
>>910
中枢機構もなにも10%位しか解明されていないとされている脳が人間の意識や主体かどうかなんて
誰も結論づけることは不可能じゃない、科学信仰の方便を盲信して脳が主体と思いこんでるだけだ

921 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 08:42:54 ID:dh2fLmF40
あうあうあー

922 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 09:06:01 ID:13jm7jzxO
>>920
1%もわかってない幽霊よりマシだろ。

923 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 09:58:54 ID:rKyNGf8RO
>>916
あー、それってゆとりの精一杯の反論ってのが判明してるよw


924 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 11:11:08 ID:dh2fLmF40
ゆるして
とうちゃん
りトマス試験紙をそんなところにつけちゃダメェ・・・

925 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 12:00:16 ID:kBaIZT9t0
ネットがこれだけ発達しているにもかかわらず
再現性のある情報が皆無。
こんな状況で幽霊いるってのは無理がある。

926 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 12:46:41 ID:cf8OHzXi0
側頭葉のシルビウス裂に電気刺激与えると、トンネル体験、幽体離脱、神が見える
といった臨死体験に似たイメージが現れるというね。
幽霊目撃も側頭葉が作り出したイメージってことは?

現代医学なら頭蓋切開しなくても側頭葉に電気刺激与えるくらい簡単だろうから、
詳しく弄り回してみたら何か判明しそうな気がするけど。誰か体提供しろよw

927 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 12:48:50 ID:dh2fLmF40
>>926
そこまでは分かるんだが
自然界でそんな電気刺激が脳に発生する場所があるのかっつう問題がだな

928 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 12:56:24 ID:cf8OHzXi0
未知の物質が分泌(脳内麻薬の一種?)されて電気の代わりになってるんじゃないの?

929 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 13:56:32 ID:2m4uMy560
あったかくして寝たら腐るのが早くなんだろ。
万年雪の中にねればもしかして1万年後に見つけられるかもしれない。

930 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 15:53:50 ID:RmiY2+1e0
肯定的に考える理屈が弱いな

931 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 16:26:03 ID:gnFUllBx0
否定的な見解も説得力のあるものは特にない

932 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 16:28:53 ID:9Bsx0/Sy0
>>928
パーシンガーのような電磁波影響説より
そっちの方がよっぽど説得力があるな

933 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 17:47:45 ID:w8pvQfseO
霊は信じたいけど、見たことないです。
一昨日、母と新宿の某駅ビルに行きました。
家に帰ってから母が
「そういえば、エレベーターに黒い服着たすごく小さいオバさんが三人乗ってたね」って言うのです。
でも私は全く覚えがない。何だったんだろう。

934 :本当にあった怖い名無し:2008/04/07(月) 20:08:10 ID:SV+dXTs1O
>>933
それは多分、黒い服着たすごく小さい三人のオバさん

935 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/08(火) 07:34:29 ID:WtJwSYd80
>>933
危なかったな、お前それジェットストリームアタックだぞ

936 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 08:23:07 ID:kplKYXhLO
>>931
>否定的な見解も説得力のあるものは特にない

いやーその通りなんだよね。
今更、証明責任云々言うつもりは全く無いけど、
問題の性質上仕方無いかな。
科学の未達を指摘するならば、誰もが納得できるようにズバッと否定できない所かな。
お前の主観だ独断だと言われてもいいが、
人類の長年に渡るこの問題を素人ながら色んな面から中立的に見た場合、
自ずと答えらしきものは見えてくる。
それが間違い無く正しい事を明確には示せないが、まず間違いは無いだろうね。

937 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 08:24:59 ID:kplKYXhLO
幽霊とやらはいない

938 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 08:27:04 ID:2F4tHNV40
>>936
> それが間違い無く正しい事を明確には示せないが

誰もが納得できるようにズバッと肯定できないなら、おまえも科学の未達云々と言えないだろ。

939 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 08:34:26 ID:kplKYXhLO
>>938
書き方がまぎらわしかったな。
俺はの立場は否定的だよ。
つーか熱く言い合う気は無いんで、いきなりお前呼ばわりは無いんじゃないかな?

ボクちゃん?

940 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 08:48:39 ID:kplKYXhLO
前から見てて思ってたけど、書き込み時間や、携帯からって事で人物像を決め過ぎてないかな?
すでにその判断基準にはズレがある事に気付かないとなー。古い。
なんだかんだ今やパソコンもガキんちょだらけじゃん。
ま、休みなんかの時期的なものも考慮は必要だがな。

941 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 09:34:27 ID:73fcaIMbO
ありゃ
漏れ今携帯だから決めつけられんのか?

これちょっと興味あるな〜
何か出てくんのかな〜


http://i21.4cast.co.jp/news/html/pickup/106739.jhtml?uid=NULLGWDOCOMO&sid=MYNI


942 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 09:47:38 ID:4dUJkhJc0
>>940
どうした、誰も携帯だPCだなんて言ってないし
人物像なんて妄想していないと思うよ
被害妄想強すぎじゃね?

943 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 10:12:19 ID:/y6mMKo8O
霊がいたとして、別に困ることないんじゃなあ?
姿は見えない、空気みたいな存在
故意に接触しなければ害はなし
明るく、前向きに生きてりゃ関係ないみたいだし

944 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 11:05:41 ID:7ocsq/RWO
幽霊よりグレイのほうが恐い

945 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 14:23:22 ID:42JlVqi0O
>>940
2chでおまえと呼ばれたぐらいでいちいち怒るなよ。ガキか?

で、誰が携帯というだけで人物像を決めつけたのかな?
このスレではそんな発言はとんと見ないが。

946 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 17:42:45 ID:3f0hGNkPO
ま、
否定派→大人
肯定派→ガキ
ぐらいなら容易に想像つくw

947 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 20:30:14 ID:fHDBn0+tO
ここで>>946をスルー出来るかが本当の年齢テスト


俺?
俺幽霊だから年齢とか関係ないしwwwwww

948 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 20:37:19 ID:BVqgL02t0
>>947
幽霊のくせに生意気

949 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 20:40:25 ID:wLy4iBToO
否定派
俺の部屋のラップ音が霊的なものではない説明をしてくれ



950 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 20:51:03 ID:/y6mMKo8O
>>949
ネズミかゴキブリの仕業

951 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 21:09:59 ID:wLy4iBToO
>>950
釣られたほうがいい?

952 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 21:11:28 ID:iXjtsrvy0
どっちが釣りだよw

953 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/08(火) 21:57:32 ID:WtJwSYd80
まぁキャッチ&リリースだけどな

954 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 21:58:16 ID:2F4tHNV40
>>949
今時ラップ音かよ。
まずはなんでおまえがそれを「霊的なもの」と思うのかを説明してくれ。

955 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 22:21:39 ID:wLy4iBToO
>>954
ラップ音に今時なんてものがあるのか?



956 ::2008/04/08(火) 22:24:34 ID:LuiuWq6y0
どんな音がどこから鳴っている(鳴っているようだ、ではなく、音源の位置を確定すること)とか、
どのような建造物なのかとか、そういった説明も無しに肯定も否定もあるかボケ

957 ::2008/04/08(火) 22:26:34 ID:LuiuWq6y0
その音が「超常現象以外にはあり得ない音」であるなら、音響科学研究所の所長にでも
きいてもらえばいいだろ。

それがほんとうに「超常現象以外にはあり得ない音」であると証明されれば、超常現象が
存在する物理的証拠になるだろが。

958 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 22:30:18 ID:wLy4iBToO
>>957
あ、ゆとりさんはいいです^^


959 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/08(火) 22:37:00 ID:WtJwSYd80
まぁ大方親父がボイパの練習してたとかいう落ちだろう

960 ::2008/04/08(火) 22:42:44 ID:LuiuWq6y0
>>958
お断りします。

その音が本当に「超常現象に間違いない」のであるなら、自信をもってしかるべき機関に
調査を依頼すればいい。

自分でも自信がないからそういうことができないわけだろ。

961 ::2008/04/08(火) 22:43:56 ID:LuiuWq6y0
「科学的に超常現象であることが証明されたラップ音がする家」となれば
いくらでも金になるから、「調査費用がない」などという言い訳はできないよ。

962 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 22:46:45 ID:wLy4iBToO
屁理屈言ってるが、結局ラップ音なんていうのは
こういう現象だと説明できる人はいないってことか



963 ::2008/04/08(火) 22:50:13 ID:LuiuWq6y0
建造物なんて風だのなんだので常に傾いたりなんだりしてるし、
昼と夜の温度差で鉄骨が伸び縮みしてたわんだりもしている。
水道管に水を流せば、これまた冷やされて音がすることもある。
何も音がしないほうがおかしな話。

964 ::2008/04/08(火) 22:55:25 ID:LuiuWq6y0
でもって、ラップ音など気にしない人は、そういう音がしても気づかずスルーするが、
ラップ音が気になる人は、常に聞き耳を立ててる状態になるから、そういう音に
敏感に反応してしまう。

普通の人なら気にならないノイズでも、オーディオマニアにとっては
気になってしょうがない雑音にきこえるのと同じだな。

965 ::2008/04/08(火) 22:58:06 ID:Pttj9+rJ0
しかし、おまえのライムは童子-T並に鬱陶しいな。

966 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/08(火) 23:11:42 ID:WtJwSYd80
お前なにディスってんの?

967 ::2008/04/08(火) 23:14:08 ID:LuiuWq6y0
ですとろーい

968 ::2008/04/08(火) 23:15:45 ID:Pttj9+rJ0
ウェッサイうっさい。

969 ::2008/04/08(火) 23:17:30 ID:LuiuWq6y0
やっぱウータンクランはいいよな

970 ::2008/04/08(火) 23:19:20 ID:Pttj9+rJ0
森の人?^^

971 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 23:30:45 ID:u7cfMuxz0
にも淫も巣に帰ってください。

972 ::2008/04/08(火) 23:32:04 ID:LuiuWq6y0
いやです

973 ::2008/04/08(火) 23:35:32 ID:Pttj9+rJ0
>>971
胸を揉ませてください。

974 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 23:48:55 ID:2F4tHNV40
>>962
おまえの部屋でどんな音が起きてるかなんて、一体誰が説明できると言うんだ?

じゃあ、今俺の部屋でファンの回る音がしてるんだが、これがどういう現象か、説明してみろよ。

975 :本当にあった怖い名無し:2008/04/08(火) 23:53:03 ID:u7cfMuxz0
>>973
オイラの貧乳でよければ〜w

976 ::2008/04/08(火) 23:56:09 ID:Pttj9+rJ0
こんなところで貧乳ゲットです!!【><】

977 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:15:13 ID:9fYGvTRvO
幽霊は居ます。だって見たもん。
それが全てです。

978 ::2008/04/09(水) 00:22:55 ID:4bQuQ/uA0
>>977
お尻をうpしてください。
そうすれば信じます。
それが全てです^^

979 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:24:54 ID:uk52U8tg0
>>978
俺の貧乳では満足できないのか?
この浮気者!!

980 ::2008/04/09(水) 00:31:57 ID:4bQuQ/uA0
ごめん。
反省してるけど、またきっと浮気しちゃう【><】

981 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:33:28 ID:UgBfXbYy0
乳に関するエネルギーについて科学的に検証するスレッドはここですね。

982 ::2008/04/09(水) 00:37:00 ID:4bQuQ/uA0
違います。

尻も含まれております。

983 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/09(水) 00:39:14 ID:EQWEoZ8W0
最近気付いたんだけど
女の体で一番エロい所って背中だぞ

984 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:39:41 ID:P2BN5e6O0
幽霊とか全く信じない友人がいるんだよ。
それが否定派というか、いるなら出てこいや!と色々試すやつでさ、
地元で有名ないわくつきの地蔵や墓を蹴り倒して「呪ってみろや!」
とか言ったり、心霊スポットで寝泊りしたり、写真を撮ったり、
あげくの果てには、そういう人形や何やらを引き取って部屋にかざっているんだわ。

「こんだけやってて何にもないんだし、やっぱ幽霊とかいないだろ?」
って言ってます。
本人も興味はあるみたいなんだけど、いるなら出てこいや!的な彼は霊体験などできないのでしょうか。


985 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:49:38 ID:9fYGvTRvO
>>984
その友人の異常な行動こそが霊によってもたらされている
ものです。そしてそれを目の当たりにしてるあなたも
霊現状の目撃者なんです
人に説明する道理は全くなく感じたことが全てです。

986 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:56:27 ID:P2BN5e6O0
俺の仮説なんだけどさ、
夢って色々と出てくるだろ?
あれを起きてる間にも見てしまう人がいて、
それが現実世界にいないものを見せてしまう・・これが霊の正体。
だから霊はいるんだとしたら、個人の中にいるんだと思うんだが。

987 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:58:13 ID:UgBfXbYy0
いつになったらおっぱいエネルギーで月にいけるんだ。

988 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 00:59:34 ID:YIGwgurS0
>>986
散々手垢のついた仮説。
当たり前過ぎてつまらん。

989 ::2008/04/09(水) 01:07:16 ID:4bQuQ/uA0
>>983
おまえもわかってねーな。
背中だけじゃ、ダメなんだよ。
おっぱいとかお尻があってこそ、あの背中のラインがでるんじゃねーか。

>>986
長々書いてるけど、「白昼夢」でおk

>>987
とっくにおっぱいエネルギーで月にいってるけど?

990 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 01:10:46 ID:P2BN5e6O0
>>989
白昼夢とは現実感の割合が違うかなと。
現実99%の中に1%の夢が混じるって感じかな。

991 ::2008/04/09(水) 01:13:38 ID:4bQuQ/uA0
その細かい割合は誰が計算してるわけ?
総体的に白昼夢でいいんじゃないかしら?^^

992 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 01:18:43 ID:P2BN5e6O0
計算というか例えるなら、って意味で言ったんだけど・・考えたのは俺だ!
よし、ならそれでいい。
霊は現実に稀に混じる白昼夢だったんだよ!

出やすい心霊スポットと言われるところは、先入観や、磁場、その他様々な要因があって、
白昼夢を見やすい条件が整ってるってこと・・ってのでどうだ!?

993 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 01:20:32 ID:uk52U8tg0
白昼夢  一度でいいから見てみたい

994 ::2008/04/09(水) 01:25:45 ID:4bQuQ/uA0
>>992
うん。いいよ^^

てかさ、例えっつーのはわかるけど、割合とか言ってちゃだめってことよ。
「俺のは95%だからちがう!」とか「いや、69%だから夢精しちゃった!」とか、
話にならなくなるよってこと^^

995 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2008/04/09(水) 01:27:42 ID:EQWEoZ8W0
>>989
背中とはおっぱいと、腰のくびれと、ケツが織り成す奇跡のラインだってのは常識でしょ
つまり、背中を見れば全裸を見たのと一緒なのよ
もうおっぱい、くびれ、ケツを見る必要が無くなっちゃうのよ、背中さえ見れば
俺はもう背中は正面、バックが正常位だと最近は考えてるよね

996 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 01:28:37 ID:M1VKO4BQP
白日夢はだいぶ前に見たよ。なかなか良かった。
佐藤慶がうらやましかったな。

997 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 01:31:58 ID:uk52U8tg0
白昼夢か〜なんかいいな〜

998 ::2008/04/09(水) 01:34:03 ID:4bQuQ/uA0
>>995
常識とか言ってるけど、最初の書き込みだけじゃ、それは伝わってこないな。
しかも個人的な趣向だしな^^

999 :本当にあった怖い名無し:2008/04/09(水) 01:40:51 ID:D2hJJg4v0
スレが伸びてると思ったらこれか
まったくおまいらときたら

1000 :停止しました。。。:2008/04/09(水) 01:40:59 ID:uk52U8tg0
贋・スレッドストッパー。。。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ 

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

289 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)