5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?187

1 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 18:51:51 ID:hPoRfJKN0
貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
 ・ジャンルや、事実の有無は問いません。
 ・創作も歓迎です。
 ・要は最高にこわけりゃいいんです

【重要ルール】
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・感想はOK。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

まとめサイト・投票所       (モバイル版)         まとめミラーサイト
http://syarecowa.moo.jp   http://090ver.jp/~usoriro/  http://mirror.bake-neko.net/

○余り怖くない話と思うなら「ほんのりと怖い話」スレへお願いします。
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1198298725/

※スレ違いな投稿はこちらへ
【荒らし】洒落怖第十壱別館【禁止!】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1191780262/

前スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?186
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1199640948/

694 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 12:53:05 ID:71kx2L7FO
書かせて貰っていいかな?
きのう聞いた話しで、漏れ以外のやつにとって怖いかはまったく自信ないです

695 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 12:55:29 ID:8E2dz5rN0
今日中に完結するなら、ぜひ読ませてください

696 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 12:56:06 ID:0/+wrq7m0
早く書いてくれ。荒れるじゃないか。

697 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:04:40 ID:71kx2L7FO
今は酉は書きません。きのうはファビョッて酉出してたけど。何のことかと言うと
漏れは>>666です
それで、あのレスはどう考えても漏れのごく近所の話しなので、それで物凄く怖くて
きのうの晩レスに書かれてる事件のことや施設のことをオカンにいろいろ尋ねてみました
「府・県の境」とか緑のジャージとか間違いないと思うからです
で、うちの近所にその施設で働いてるひとがいてオカンとも顔馴染みで聞いた話しだそうです
でもオカンは「人には言わないほうがいい」と言いました
けどこれは大丈夫と思うから書いてみます

698 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:15:05 ID:tu7/JwGw0
私情を述べてもっともらしさを演出するなカス
大概どーっつこともねショッボィ駄話だろはげ

699 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:17:36 ID:71kx2L7FO
そこの老人施設でオカンの近所の知り合い(Aさんと書きます。50才くらいの主婦です)
が仕事中に、ある利用者さんの部屋に用事で入ったそうです
すると自分のベッドに腰掛けていたお婆さんが
「今、子供を連れて着物をきた人が入って来てちょっと覗いて出ていかはった。こっちにおじぎしはったけど初めて見る人やった
○○さん(このお婆さんの同室の人)の親戚ちゃうか
○○さんに教えたげえな」と言ったそうです
それでAさんが○○さんを探して教えたそうですが
「誰やろな?来るとか聞いてへんけどな」と言いながら部屋に戻ったそうです

700 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:21:12 ID:Rs+2MGFA0
>>156
なんだか呪われそうなので聴けません
人殺しの音楽と聞いたのですが

701 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:21:52 ID:Rs+2MGFA0
誤爆した・・・orz

702 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:23:41 ID:ZRpv/7g5O
>>691
怖いというより、懐かしい感じがした。
モノが違うけど自分も落ちたことがあるから。

おもしろかったよ

703 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:26:40 ID:71kx2L7FO
それでAさんは着物で子供連れの人を探したけど見つからない
他の職員に聞いても解らない。事務所で面会申し込みを確認しても解らない
結局見間違えだろうなとなったそうです。Aさんは
「××さんは車椅子だけど痴呆はなかったけど認知症も始まったかな?」と思ったそうです
ところがそれどころではないことが起こって、××さんはその日の夜に急に亡くなったそうです
それでAさんは着物の人の話しはすぐにすっかり忘れてしまったそうです
(も少し続きます)

704 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:35:19 ID:71kx2L7FO
××さんが亡くなった数日後(あとで数えたら初七日だったかも。だそうです
Aさんは施設のレクリエーションで職員二人と八名の入所者と共に散歩をしたそうです
散歩と言ってもリハビリみたいに施設の周りを一周するだけだったそうです
人手が足りないので○○さんの車椅子は歩ける利用者のひとが押してたそうです

(ちょ!文章下手過ぎすみません。書くのしんどいです)


705 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:46:43 ID:71kx2L7FO
その時Aさんの後ろの○○さんが
「ちょっとちょっとAさんあの人ちゃうか?」と言ったそうです
窓に着物の人がこちらを見てる子供さんも一緒にいる
と言うそうです。でも言われたAさんが言われた窓を見ても窓には誰もいなかったそうです
Aさんは「××さんが亡くなったから神経が幻覚を見せてるのかも知れないかな」と考えたそうです
わかったと思いますが、○○さんはその日の夜突然亡くなったそうです
××さんも○○さんも地元民利用者でしたから立て続けにお葬式があったのは漏れめぼんやり聞いたことがあります
認知症のための幻覚なのか何か霊なのかわからないそうです
ちなみに

706 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:50:55 ID:jLbdJ//Y0
マンガ喫茶とネットカフェ難民の出現を予言していた奴が居た。
俺たちが小学校高学年だった昭和62年から平成元年の間に、予言をした奴(仮にAとする)からそれを聞いたのを思い出した。
前後の会話や話した場所、一緒に居た奴の顔ぶれ等は記憶が不明瞭だが、Aのクラス内での立場やそんときの言葉は思い出せる。
Aは当時としては珍しくファミコンもせずアニメも観ず、マンガも人のを横から読ませてもらうだけという凄くストイックな奴だった。
それだけでも凄い。同じ生活制限でも、携帯電話やパソコンがあって街にも遊び場の多い今の連中とはワケが違う。
だから、今ふと思うまでは、あいつの言葉を気にも留めずに過ごしていた。
「マンガばっかり観てる奴は、家に帰れなくなる。望みどおり、いつまでも夜更かししてマンガばっかり読んでられるようになる」。
「ファミコンばっかりしてる奴は、ルンペンになる。でも神様がパソコンだけは遣り放題にしてくれる。ファミコンもできる」。
「ドラゴンクエストのカセットなんかインド人が作ってる。人間を駄目にする機械だ。カセットなんか大学に入ったら時代遅れになる」。
「登校拒否は保健所で処分するべき。あいつらを生かしておくから皆(学校では自分以外の児童の事)、大人になったら日雇いになる」。
「勉強をしておくと、大人になってから高い身分の金持ちになれる。大切なのは偏差値の皇帝(『高低』か?)」。
もう20年近くスルーしていた話の数々だが、いま思い出してゾワッとしている。
Aが今どうしているのかは確かめられないが、彼の発言の数々が予言だったのか何だったのかは気になる。

707 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:54:23 ID:71kx2L7FO
この施設は身寄りがなくよその病院や施設から流れてきた入所者(ある意味手に負えない人)が多いそうですが
地元民利用者は家族の面会もあってみんなが悲惨でもなかったらしい
漏れの村(今は市)も先祖から住んでる家が多く
地元民利用者は遠い親戚関係だったり幼馴染みだったりしたそうです
Aさんも××さん○○さんの亡くなり方は眠る感じで苦しまず穏やかだったと
発見した夜勤職員に聞いたので、多少は怖かったけど
大丈夫だったそうです
(おわり)
駄文すみませんm(_ _)m

708 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 14:22:11 ID:71kx2L7FO
そこの施設は病院が隣接してて、重い脳梗塞の後遺症で植物状態の患者が
600床ものベッドにずらっと寝ていてみんな流動食みたいなの流し込んでるそうです
その中には交通事故などの事故で若くして植物状態になり、何年も入院してる患者もいるそうで
そんな若い患者さんの病室は親御さんが出来るだけきれいに
自宅の自室風に飾っていて、80才や90才のお年寄りと同じ病室なのに
一角だけ華やかで明るくて、それが余計に哀しい風情なのだそうです

709 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 15:08:57 ID:jeqQpc5kO
>>706
家で親が言ってたんじゃないの?

ストイックな親をもつ子で、そういう俗っぽくない子よくいるよ。

710 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 15:10:49 ID:U+mR1hIp0
>>706
というか
ちょっと大人ぶった発言がしたい子
もしくは
親がそういう学歴とか、こり固まった思想をしてて洗脳されてる
としか思えない

711 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 15:24:51 ID:NQGMl2HQO
708 確かにこわいね… 地元ならなおさら。

712 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 15:36:52 ID:jWWR03A50
ルンペンにはなるけど神様が援助してくれるのか。

713 :1/3:2008/02/03(日) 15:56:39 ID://uox7y00
ぶった切り投下。
小学校二年生くらいのときの話。
授業が終わって、帰るときになってトイレに行きたくなった私は、
いつも一緒に下校している友達を「あとで追いつくから」といって先に帰した。
個室に入り、用を足していると、別の個室から水を流す音が聞こえた。
あれ、と思った。トイレに入ったときは誰もいなかったし、
タイル張りの床は砂とか掃除のときに使う粉洗剤とかでじゃりじゃりしていて、
誰かが入ってきたら必ず分かるはずなのに、何の音もしなかったから。
用が済んで、すこしビビリながら個室を出た。
丁度三番目の個室の上に、女の子の顔に見えるしみがあって、トイレの花子さんだという噂があったから。
その三番目の個室の扉が、半開きになっていた。水が流れ続けている。

714 :2/3:2008/02/03(日) 16:01:34 ID://uox7y00
誰かが私をからかおうとしているんだと思った。
同時に、そんなことして本物の花子さんに祟られたらどうするんだよ!とも考えて腹が立った。
怒りに任せて、その半開きの扉をけった。
扉は簡単に開いた。そこには誰もいなかった。
自分で扉をけったのに、その音がひどく大きく聞こえた。水が流れ続けている。
ようやく、本当におかしいことに気づいた。
水を流すための銀のレバーが、下がっていなかった。あれを下げないと水は流れないはずなのに。
怖くなった。誰かのいたずらだと思いたくて、掃除用具いれまでみたが、デッキブラシや汚い雑巾があるだけだった。
いやな噂を思い出した。「この学校には、今入っている一階の女子トイレにだけ鏡がない。それは、鏡を置くと必ず変なものがうつるから」。
カン、カン、カン、と換気扇が音を立ててゆっくりと回りはじめた。どこかがゆがんでいるのか、ここの換気扇はいつも変な音を立てていた。
風が強い日はスイッチを入れなくても回っているから、いつものことだと思おうとしたけれど、無理だった。
すりガラス越しに見える木の影は、少しも揺れていなかった。風はないのに、換気扇だけが回っている。ゆっくり。
水は止まらない。

715 :3/3:2008/02/03(日) 16:07:10 ID://uox7y00
がたん、と音がした。女子トイレの引き戸を閉めようとするときの音だった。立て付けが悪いみたいで、開け閉めするときいつも大きな音をだした。
「誰?!」
今度こそ誰かのいたずらだと思った。誰かが私を、いたずらで閉じ込めようとしてるんだって。
今までそんなことされたことなかったけど、怖かったから、誰かがいるんだと思うとかえってほっとした。
「やめてよ、もうっ!」
平気な声を出して、笑いながらトイレを出た。
誰もいなかった。まっすぐつづく廊下に隠れるところはない。しんとしている。
振り返った。水は止まっていない。換気扇も。
じゃり、と音をきいたような気がした。タイルの上を歩く音。誰もいないのに。
声はでなかった。トイレ前に放り出していたランドセルをつかみ、全速力で職員室まで走った。
職員室前で、担任が幽霊なんかいないといっていたのを思い出して、
結局トイレの水が止まらないと報告した。説明しても信じてもらえないと思ったから。
トイレは一年以上使用禁止になっていた。原因は知らない。
あれがトイレの花子さんだったとは思わないけど、あの学校にはたぶん何かいた、と思う。

豚切り失礼しました。

716 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 16:28:11 ID:ZTi18gPv0
>>651
ひさしぶりに洒落怖らしい作品だったな。

それ以降。。
続かないもんだな。671みたいなのは何がしたいのか・・・


717 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 16:59:45 ID:UlVGYpJz0
あのー、怖くないかもしれないんだけど
今リアルタイムで
2ショットチャットしてるんだけど、相手がちょっとおかしい。
最初は全く普通の話してたんだけど急に
鏡ある?鏡があるといいよ!鏡はいいよ!!とか言い出し始めてる
鏡は小さいのしかないんだけどって言ったら
友達と公園に来ることとかはありますか?とか全く支離滅裂なんだけど。
僕、その公園にいるんだよ鏡持ってるからすぐ解るよ
今鏡覗いてみてごらんよ僕いい人だよいい人だから大丈夫だよ
地下鉄で一番近い駅はどこなのさ繋がってるからいいけど
電気はダメ!水もダメ!でも鏡はいいだよ!いだ!!
って何言ってるか解らない・・・。
鏡がどうかしたの?って言っても
夜が来たら強くなるよ僕とか特にすごいよだからいいじゃんね?ね?
とか言い出してる
ちょっと頭がアレな人なのかな・・・。と思って
どんな感じの人なんですか?って聞いたら
大体が基本的に細胞で半分があとは基本的に粘土みたいな感じです
半分が滞ってるんだけど基本的には流れてるみたい。
って言ってる。
どうしよう。チャット落ちた方がいいかな・・・
IPばれてるし変な落ち方したらまずいかな
ちなみにまだ鏡は覗いてません

718 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 17:32:43 ID:DrvxfTPnO
>>717
テキトーに口裏あわせつつ、電話が来たからとか誰か来たからとか言って落ちたら?

719 :1/2:2008/02/03(日) 17:43:30 ID:91lKhBIT0
ちょっとアレな話ですが
かなり前かな
有名な心霊スポットに行ったんです
いわゆる霊感餅の彼女も一緒に行ったんですが、彼女は遠い地方の人間で
来るのはこれが初めてだったそうで

んであまりに有名だったんで先客がいるんですね
これは幽霊じゃなくて間違いなく人間
でもなんていうかオカルトとは別ベクトルに怖いんですよね
中学生くらいかな?なんていうかキモい
ガンダムとか好きそうないかにもキモオタみたいな感じの中学生?
直前まで車で行ってライトで照らしたらいきなり複数のそんな自転車の集団が痛んでビビったw
車を下りて歩いてスポットのトンネルに歩いて行ったです途中でその自転車軍団に抜かされた
後方を付いていくような形になってかなり欝
なんか気が削がれたなあ、とか彼女にぼやくと彼女は別の意味で欝になっていました
かなり顔色も悪い、ていうか顔面蒼白、まずいんじゃないかなこれってくらい
心配になって声かけたら、大丈夫って言うんだけどかなり不安になってきた
彼女が言うには、ここの謂れは解らないけど、かなり雑多で好ましくない霊の集合地になっているとの事
そう深刻な事にはならないが妙な物が帰りに付いてくるぐらいはあるかもしれないと
それを聞いて遊び気分だったのがいきなり怖くなって寒気までしてきた
じゃあそろそろ帰ろうかとか、自分でもビックリするくらいビビってしまって
彼女も無言で頷く

720 :2/2:2008/02/03(日) 17:44:07 ID:91lKhBIT0
そしたら前方から悲鳴が聞こえた
あのキモオタたちの豚のような声
これが一般人なら良かったんだけどあの緊張感皆無の声を聞いたら恐怖感は去り
再び嫌な感じのウンザリ感が漂ってきた
そしたらその中の誰かが
「幽霊の分際で敵うと思ってんのか俺の鬼に!この人間め!」
みたいな大声を上げた

なんていうか、勘弁してください。
外見だけじゃなくて脳内もアニメ並ですか?鬼とか使役してんすか?式神?守護霊?凄いすねスネスネスネ

んでその集団がこっちに引き返してきて俺たちとすれ違った
幾人かが俺たちを幽霊とでも勘違いしたのかギョっとしていたがそのまま通り過ぎた

そしたらそれまで黙っていた彼女が気味悪そうな声で言った
「あの大声上げてた男の子、思いっきりここの性質の悪い霊に憑かれてたよ・・・
2本足の上にそれぞれ2つの目玉が乗ってる霊があの子の背中にしっかり」
ボソリと呟いた

そのまま引き返したのは言うまでも無い

721 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 17:53:27 ID:a9ZIYULr0
霊感女を彼女にお持ちの方が中学生をキモヲタと罵る話か

722 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 17:57:05 ID:8E2dz5rN0
<なんていうか、勘弁してください。
<外見だけじゃなくて脳内もアニメ並ですか?鬼とか使役してんすか?式神?守護霊?凄いすねスネスネスネ

お前が言うな

723 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 17:58:44 ID:8dLkKdXhO
投下させてもらいます
【自衛隊】
私は以前、任期制隊員で自衛隊にいたんですが自衛隊関連施設のヤバさは下手な心霊スポット以上だと思います

陸上施設にしても大半が戦前からの転用で古い施設で当直するとよく心霊現象が起きたという話を先輩などから耳にしました

そして、それ以上にヤバそうなのが海自の保有している自衛艦です…

配管などが所狭しと通っていてどこで人が首を吊っていても不思議ではありませんし、停泊中の夜間の艦内は灯火管制のために艦内は赤い電球を灯しているため不気味な雰囲気に拍車をかけています

停泊中の夜間でも艦内を見回ったりするのですが、その時に自殺者の出た区画などに行くと物音を聞いたり気配を感じたという話をよく聞きます

そして、私の体験した話なんですが私が乗艦していた某艦が海外航海に行った折、太平洋戦争の戦場付近で供養祭を行なったのですがその日の供養祭の後、一部の機器などの誤作動(たいしたものではないどすが)起きたりしてビックリしたことをよく覚えています
先輩の話では供養祭の後はよくあることだから気にするなとのこと…

724 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 18:04:59 ID:OdsW8AB2O
今朝の話なんだけど、声みたいなのが聞こえて目が覚めた。
最初は眠かったから気にしなかったんだけど、その声が同じ言葉(よく聞き取れなかった)を
繰り返しながら近づいて来た。流石におかしいと思って声のする方を向いたけど何もない。
そしてまたそこから声が聞こえた。怖くなって逃げようとしたら金縛りにあった。人生初だ。
でも5秒くらいで解けたから急いで起き上がった。そしたらまた金縛りになった。
その時は電気椅子みたいな格好で止まった。いくら頑張っても進めなかったが、逆に、座ることはできた。
一度座り、再び立ち上がってみた。かなり体が重かったが、なんとか立ち上がれたので、
部屋から逃げて親のもとに行って話した。そのあと部屋に戻ったがなにもなかった。
バイトがあったので支度して家を出た。今のところ特に何もない。


てか最近悪夢をよく見る。このスレばっか見てっからかな。

725 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 18:12:39 ID:UlVGYpJz0
>>718
レスありがとう。さっきようやく落ちた
最後まで意味不明だった。
電話がきたからって落ちたんだけど
電話は駄目です水もよくないです鏡が一番いいんですとか
綺麗なところに自分だけってのは駄目なんです。
自分だけずるするな!!!とか言ってたけどシカトして落ちた・・・
ごめん。聞いてる方は怖くないかもしれないけど
怖かった・・・もう2ショットチャットしない。


726 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 18:20:55 ID:Bq/eQW740
>>719-720

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?186

352 本当にあった怖い名無し [] Date:2008/01/12(土) 19:17:14  ID:NhIb3wSPO Be:
    怖いというか凄いと思った話

    中学生の頃、友達の一人に「自分には鬼が憑いている」という奴がいた。憑いていると言っても呪われてる訳ではなく、守護霊のように守ってくれているらしい。
    弱い霊は近づかないし、強い霊も鬼が殺して食ってしまうのだとか。半信半疑で俺はその話を聞いてた。
    そしてある日、犬鳴峠という有名な心霊スポットにその友達と肝試しに行く事になった。もちろん車は出せないので自転車で行った。トンネルに入り、写真を撮ったり大声で叫んでみたりした。
    しかし何も出なかったので俺達は帰る事にした。その時、後ろから誰かの足音が聞こえた。他にも誰かいるのかと思い振り向いたけど、誰もいない。急に怖くなって自転車を早くこいだ。その速度に合わせ、足音のペースも早くなる。
    軽くチビりそうになった時友達が「てめぇ食われたいのかこの人間が!!」と叫んだ。
    足音は逃げるように俺達の反対方向に去っていった。
    高校に入ってからは彼とは疎遠になっている。

354 本当にあった怖い名無し [sage] Date:2008/01/12(土) 23:43:10  ID:AhNtd5BD0 Be:
    >>352
    奇遇にも俺にも鬼が棲んでる
    多重人格で、ある条件で鬼が覚醒する
    見た目は変わらないけど気迫とかオーラが凄いらしい
    あと身体のリミッターを外すから戻った時の負担が大きくて結構しんどい

355 本当にあった怖い名無し [sage] Date:2008/01/12(土) 23:56:47  ID:o5asebPe0 Be:
    犬鳴峠に自転車で行くなんてチャレンジャーだな


727 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 18:46:49 ID:MjcJpS890
チャンチャン

728 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 18:49:42 ID:+mnFvAjN0
>>720
彼女にもなんか突っ込んであげて!

729 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 19:03:32 ID:6+n5jtq40
8年くらい前のこと・・・・
俺は30前から非常に体調が悪く、会社を休みがちになっていた。
仕事面私生活面ともに特に問題があったわけではない。
しかし、どうしようもなく体がだるく、まず遊ぶ気力が無くなり、休日に
外出しなくなり、やがて、平日でも体力が続かなくなり仕事に影響が
ではじめた。重要な約束があっても、体がついていかない。ドタキャン
、遅刻、早退。有給休暇も使い果たしついに欠勤。会社の指定する産業医
の診断を受け治療するよう、会社から命じられた。(地元病院には懸かっていた)
そんなある日、朝から体調が悪く、例により会社を欠勤(連絡は入れていた)し
会社の措定する産業医のいる、某大きな病院に行くために電車に乗った。
電車の中でもとても具合が悪く(動悸・めまい・わけわからない焦燥感・息切れ
全身倦怠感。なんかとてもヤバイのではないだろうかと言う感じ)、地下鉄に
乗り換える頃には今にも倒れそうだった。朝9時はすぎでラッシュのピークを
超えていたため、ホームに人はまばらだった。俺は、人が少ないホームで列の
最前列に並ぶことになった。行き先掲示板が、次の電車が、前の駅を出たことを
表示していた。なんか耳が遠くなり、線路や看板、行き来する人が、現実でなく
映画かテレビの一シーンのようにしか思えなくなり、なんか「どうでもいいや」という
気分におそわれた。このまま線路に飛び込めば楽になれる・・・楽に・・・あっちに
行きたい・・行きたい・・・そんな考えが頭に浮かび、飛び込む衝動を押さえきれなく
なりそうになった。「ヤバイ。行くな」とかすかに残った理性が叫ぶ。俺はホームの
白線を超え、ホームの端ぎりぎりまで前進していたことに気づいた。


730 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 19:04:06 ID:6+n5jtq40
すんでのところで思いとどまった俺は、とっさに後ずさりし
ホームの後方の壁まで下がって、もたれかかった。
俺の後ろに並んでいた人が怪訝な顔をした。
アナウンスが、まもなくホームに電車が入ってくることを告げ、
地下鉄のトンネルの中で電車に押された空気が強風となって吹いてきた。
俺はぼんやり周りを見渡した。すると20代前半だろうか、少々ブスっぽい
ぽっちゃりした女性が、思い詰めた表情で立っていた。俺の斜め前方数メートル
くらいのところで、ホームの端(線路と)まではまだ3メートルくらいはあったと思う。
電車がホームに進入してくるのが視界の片隅に見えた。
その女性は、するすると前に歩き始めた。最初はためらいがちに・・次に意を決した
ように・・・
「ヤバイ」と俺は思った。しかし声は出ず、体も動かせなかった。ただただその女性を
めで追っただけだった。
ホームに電車が入ってきた。運転手の顔がはっきりわかる距離まで来た。
運転手は女性に気づいた。「うわあああああああああ」おそらくこういったのだろう。
運転手の口が開きゆがむのが見えた。運転手の目は、しっかり女性を見ていた。

731 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 19:04:40 ID:6+n5jtq40
死に神っているのかな・・・いるんじゃあないかな・・・俺はそう思った。

最初死に神は俺を見つけ、俺にとりついた。俺を自殺させようとした。
だが、死に神の力が弱かったのか、俺は思いとどまった。

俺が壁にもたれかかって飛び込みそうにないのを見て、おもしろくない死に神は、
すぐにターゲットを切り替えたのだろう。 俺にはそう思えてならない。

尚、後日談として、俺は若年性脳梗塞と腹膜炎で結構ヤバイ事になったが、幸い
まだ社会生活を送れている。

732 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 19:29:10 ID:QoOeZ7POO
思ってれば?(ハナホジホジ)

733 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 19:50:56 ID:GKjAzp+bO
どのスレに書き込めばいいかわからないからここに書く。

この前車に乗ってた時に指組んで座ってたんだけど、指組んでると感覚が無くなってきて、
右手と左手が一つになった気がするのね。そこまでは今まで何回もなってたんだけど、その時は違った。
なんか段々変な気分になってきて、走ってる車の外に出てしまおうかな…とか思ったり、口の中に異物感がでてきたりして気持ち悪かった。
指組むのやめたら治ったんだけど、なんなのかねこれ。

734 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 20:03:38 ID:a9ZIYULr0
まず組んだ時に左手と右手どちらの親指が上に来るかが重要。
事の次第によっては髪の毛を垂直に立てたシスコンのフランス人に馬鹿にされる。

735 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 20:50:40 ID:77rHBovy0
子供の頃、いつも通っていた通学路の途中にボロいアパートがあった。
毎日通っている道で、道からアパートを見上げると、小さな窓がいくつかあった。
俺は、雨の日には黄色い星の模様があるお気に入りの赤い合羽を着ていた。
そしてそのアパートの側を通るたびに、そのアパートの窓を見ていた。
雨の日にはいつも眼鏡をかけた冴えない男の顔が見えた。
男はこちらを見て、微笑みながら「おいでおいで」と手を動かしていた。
一度だけ、いたずら心で窓に向かって石を投げたことがあった。
男は「怒ってないよ、こっちへおいでよ、遊ぼうよ」って声をかけられた。
だから、走って逃げた。
「あのアパートには気が狂った学生が住んでいるから、見てはいけない」
よく両親から、そんな事を言われていたような気がする。
でも、雨の日はすることがないので退屈なのです。だから窓から外を眺める。
雨の日には、朝と夕方、黄色い星の模様がある赤い合羽を着た子供が通る。
いつもこちらを見ているようだ。子供は一度だけ石を投げてきたことがあったな。
「怒ってないよ、こっちへおいでよ、遊ぼうよ」って声をかけたのに、
あの子供は、走って逃げてしまった。あぁ、退屈だ。誰かこの部屋から出して下さい。


736 :事故現場:2008/02/03(日) 23:10:39 ID:7x/1KUFC0
俺が大学の頃の話 今から10数年程前のこと
当時付き合ってた彼女のマンション前で 薄暮時 人身事故が発生した
原因は 降雨を伴う運転手の前方不注視
飛び出した園児は 間も無く搬送された病院で息を引き取ったそうだ
普段 人車の通りもまばらな市道で起こった悲惨な事故
運転していたのは近隣の主婦であり 園児の両親とも顔見知りだったようだ
学食内でまくしたてる 現場レポーターさながらの彼女には閉口したが ・・・


737 :事故現場:2008/02/03(日) 23:11:36 ID:7x/1KUFC0
数日後 彼女のマンションを訪れると 道路端には花と菓子が供えられ 路面に残るチョークの跡が 事故の生々しさを直視させた
小さな終焉を綴った墓標
夕方になり 急速に天候が崩れる
煙草を切らした俺は 今にも泣き出さんばかりに覆われた空に背中を押され エントランスを駆け抜けた


738 :事故現場:2008/02/03(日) 23:13:12 ID:7x/1KUFC0
小さな墓標の前に 少女がしゃがみ込んでいた
4−5歳位なのだろう 近くに母親らしき姿はない
幼い手に白いチョークを握り締め 路面をなぞる
  消えないで
俯きながら 消えかかる事故の残滓(チョーク跡)を必死になぞる少女
  消えないで 消えないで 消えないで ・・・
刹那の祈りが 胸を締め上げると
消えない
しっかりとした視線が 佇む俺にそう呟いた


739 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 23:13:25 ID:cAErDQzQ0
FC版の「ドラゴンクエストW」を遊んでいた頃、不良に攻略方法を恵んで貰った事があるんだ。
当時の俺は小学生、世はファミコン全盛の時代。
攻略方法は1枚の白い紙の片面に本のページが8頁分載ってるタイプの情報媒体で、本のページを千切ったようなんでもないし、
コピーしたようでもないし、ワープロ用紙とも藁半紙とも違ったしで、勇者やトルネコの章より不良のくれた紙の紙質にも興味はあった。
だがそんなのは、不良との接触というインパクトやドラクエの面白さ(ドラクエWを媒介にして友達も出来た)に押されて、いつしか
忘れ去ってしまった。その攻略方法が印字された紙も、どこかにやってしまった。
そして先月。妹が社会福祉士の試験に行っている間に、俺が部屋(実家で3人共同)の片づけをやったのだが、そのときにPS版のドラクエ4の
攻略方法を見つけた。それは、攻略サイトの内容をメールにコピペして自分のアドレスに送り、プリント・アウトするという方法で作られた
紙面だった。インクの残量を長保ちさせるため(インクリボンは5万円ぐらいする)、レポートや請求論文等を除いては極力、小さく印刷するのが
俺たちの家風だ。その、四分割で2ページ分印刷されて1枚に8ページ分がレーザープリンターで片面印刷されているB5の普通紙は、
あの日の紙だと直感した。折り畳み方は雑な2回折りだったんだが、その状態に対しても、直感的にだが見覚えらしきものがあった。
紙面の隅にあった意味不明の数字(当時は軽くスルー)も、もしかすると日付け(2007年の11月20何日)だったのかも、と思えた。
件の紙はマンガ雑誌とかと一緒に積んでおいた。妹にはまだ何も言ってないけど・・・。
あのときの不良が何人連れだったか、顔はどんなだったかはよく思い出せないが、大変ひっかかるので念のためにここにでも記しておく。


740 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 23:14:31 ID:e3iBd3/Y0
すっごい詩的ですね(笑い)

741 :事故現場:2008/02/03(日) 23:17:56 ID:7x/1KUFC0
ちっと電話終わったら 最後書きますね
すんません

742 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 23:19:29 ID:6yDo6Q070
色んな意味で読みづらかった

743 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 23:46:08 ID:i22fz+z10
969 :つくりばなし :2006/08/29(火) 23:00:11 ID:usn0lsCk0
今日も粘着質ニートなMは、オカルト板に入り浸っている。
彼のお気には洒落怖、今は140までスレが伸びている。
しかし夏になって気に入らないこともある。
もちろん厨が沸くことだ。
「もことあいかご、気に入らないな」
Mは更新を押した。
つまらない書き込みが目に入る、
なんだか帰ってきたら、庭に穴が開いてる。
という、おちも下らなそうなつりネタ。
気になったのは、宇都宮という書き込み。
試しに釣られてみる、
「見に生きたいです、どこですか?」
「トンネル出て噴水公園をまっすぐ…塀がある…これ以上は言えません。餃子会館がすぐ近く」
くだらない、トンネルなんてねえよ
Mは書き込みをやめた。

744 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 23:46:40 ID:i22fz+z10
しばらくしてスレを開くと
穴の書き込みはあいかごだったと気付く。
すこし腹が立つ、そして考える、
「トンネルらしいものといえば、駅近くの高架、それをくぐって
 まっすぐで駅東公園、あそこの噴水はかなりでかい。
 さらにまっすぐで、工場地帯、塀があるな、」
なにげなくネットで地図を開く、
「餃子会館あるな」
そのあたりの地名を書き込む
「次レスが着いたら明かりのついてる家 ピンポン奪取しまつ」
反応が無い、どんなレスでも書き込んでたくせに
まるで無視だ。
あいちゃん ってコテも止めている。
「テキトーに知ってる土地を書くなら、
もう少し正確に書けば良いものを、わざとにごしたのは?」
少しロムる
「多分アイカゴも宇都宮はガチじゃね」
なぜかあいかごからの反応が今頃来る。
Mは確信する。

745 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 23:47:12 ID:i22fz+z10
971 :つくりばなし :2006/08/29(火) 23:01:34 ID:usn0lsCk0
今日大体の目安はついた。
夏休みもあと少し、べつにどうこうするつもりはない。
ただ
匿名だと思い込んでる、おろかな
あらしの顔を
見てみたいだけだ。
「続きは、携帯から見るか」
Mは家を出る

746 :quon:2008/02/04(月) 00:54:57 ID:bOdeRr8n0
実体験を綴らせていただきます。
自分が育った田舎には特に大きな施設もないのでが2つほど近づいちゃいけない、と言われている場所がありました。
今から書くのはそのうちの一つ、『水源地と砂あげ場』についてです。
ボクが住んでいる地域では毎年九月前になると『河ざらい』という行事が開かれています。
内容は田畑に水を運ぶための川を上流から一気に水を流しゴミを下流に流す事です。
その後に続いて上流から大人達が残ったゴミを拾いながら下ってくるんですが、この時近くの神社の神主さんがお祓い(?)をしながら一緒におりてくるんです。
当時子供だったボクはそれが何を意味しているのかわからなかったし、河ざらいの後は大きな魚が取れるので友達と一緒に遊んでいました。
高校に上がって初めての夏休みの時、父の体調が悪く河ざらいに出れなくなったので代わりにボクが駆り出された時の事です。
早朝、上流の水門のところに行くと神主さんと、同じ地区の大人が何人もいました。
なぜか神主さんは集まった人達に神酒をくばり、お祓い(?)をしてくれました。
4年たった今でもあまり思い出したく無い事なのですが、水門を開くと濁流のように押し寄せてくる水と、気持ち悪い何かの産声のような音。
その場に居合わせている大人達は皆手を合せながら何かブツブツ言っていました。
正直、走って逃げたかったのですが何故かその時は足が動かなかったのを覚えています。


747 :quon:2008/02/04(月) 00:55:39 ID:bOdeRr8n0
やがてその奇妙な音も水門を閉ざすと同時に聞こえなくなり、大人たちと一緒に川に降りて作業を開始しました。
途中なにかトラブルがあったわけでもなく、無事川の下流までつくと子供たちの間で『絶対近づいちゃいけない場所』に到着しました。
『砂あげ場』と『水源地』です。名の通り、砂あげ場は川上流から流れてきた石砂を陸地に上げるために大きな機械が川にかかっているんです。
ただ、その場所は川底がコンクリートでもなければ地肌でもなく、砂なので下手にはまれば大人でも出れなくなるんです。
大人達の指示で川からあがれ、と言われたのでもう解散なのかと思っていたのですが、皆の足は家路ではなく水源地に向かってました。
最後に流れ着いたゴミでも拾うのだろう、と適当に考え軽い気持ちでついていったんです。
結果からいうと、ゴミを回収したわけでもなくただ最後に各貯水池の前でお祓い(?)をして解散になりました。

748 :quon:2008/02/04(月) 00:56:06 ID:bOdeRr8n0
翌日、同じ地区の子(神社の子)と遊んでいた時、ふと川ざらいに参加した事を話したら青い顔をされ川ざらいが始められた理由を語ってくれました。
ボク達が生まれる前に、まだ水源地が完全に機能していない時一人の子供が川で溺れ、老婆がそれを助けようとした事があったそうです。
結果は二人ともお亡くなりになられたらしいのですが、二人遺体が大量のゴミと共に水源地の第1貯水池に流れてきたそうです。
今、その貯水池が機能していないのは知っているのですが、他の貯水池と違い大きな屋根に覆われ外からじゃまったく見えないのが納得いきました。
そして当時の砂あげ場には二人の衣服や体の一部があがったそうです。
その友達曰く、毎年行われている理由は『まだ見つかっていない部位がある』からだそうです。


749 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 12:28:21 ID:KJp83Nxb0
>>54
あ、うちも去年に限りゴキブリが大繁殖してた
それまでは家の中でゴキブリなんて見たことなかったのに
温暖化の影響かね

750 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 14:42:11 ID:qvN/iLGfO
俺ん家もゴキの大量発生した
気持ち悪いから引越したばっかだったけどすぐ引越した
またしらずに入居するひとがいるとおもうと可哀相になるな

751 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 14:52:07 ID:cvZjd+DhO
>>750
養鶏場の跡地に建った住宅だかマンションだかの住人がゴキ大量発生で
訴訟を起してたニュース読んだことある
ニワトリの祟りかね

752 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:44:43 ID:fvSonXtU0
他の板で貼られたのを転載

妹の話をする。
とりあえず自分は妹が怖いよ。

妹は私より2つ下で、でも小さい頃から妹のほうが体は大きかった。
昔はよく遊んだ。二人で一緒にお風呂にも入った。それなりに仲がよかったと思う。
でも時々お前誰だよって言いたくなるくらい目がやばくなる。

小さな事で口喧嘩してていきなり妹が立ち上がって台所に行く。
戻ってきた妹の手に包丁が握られてて、父親似の薄い目をカッって見開いてこっちを睨む。
ここで「謝れよ」とか何かしら反応があればそれがただの脅しだとわかった。
でもずっと無言でこっちを睨む。包丁握ったまま睨んでる。
今思い出しても怖い。


753 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:45:27 ID:fvSonXtU0
話は少しかわるけど自分は頭を2回、膝を1回縫ったことがある。
頭の傷は触らないとわからないけど、膝の傷はまだ残ってる。
でも少しずつ薄くなっていってる。
それでその3度にわたる縫い傷なんだが、その原因を作ったのが妹なんだ。

はじめての頭の傷は風呂場でだった。
先に妹と私が風呂に入って、その後に母親が入るのがいつもの事だった。
動作のはやい妹はさっさと服を脱いで浴槽に入った。
私はその後、続いて浴槽に入ろうと片足を上げた。
その時だった。妹が私の胸を思い切り押したのは。
片足立ちの私はバランスを崩し、固いタイルの上に頭をぶつけた。
視界がぐわんぐわん揺れていて、妹の顔がいびつに歪んでいたのを覚えている。

その後母親がきて私は病院に運ばれた。
処置をうけて落ち着いた私を母親が泣きそうな困ったような顔で覗き込んだ。
「あんたって子はどうしてそこまでそそっかしいの。
お風呂場で転ぶだなんて!」

意味がわからない。私は妹に押されて転んだのだ。
妹は「お風呂に入ろうとしたお姉ちゃんが転んじゃったんだよ」と母に言ったらしい。
私は母親に妹にやられた、ということもできずに、かと言って妹を問い詰めることもできなかった。


754 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:46:19 ID:fvSonXtU0
2回目の怪我はまた頭だ。
それはいつもの喧嘩だった。

多分原因はチャンネルの取り合いだとか、そんなくだらないことだったと思う。
前にも書いたが妹は私より体が大きく、力も強かった。
取っ組み合いの喧嘩になるとすぐに組み敷かれて私が泣いて喧嘩はおしまい。
喧嘩が終わると妹は完全に私に興味をなくし、違うことをはじめる。

けれどその日は異常だった。
組み敷かれた私は泣く暇もないくらいに妹に叩かれた。
ひぐひぐ鳴咽を零しながら必死にたえてた。
しばらくすると妹が立ち上がって体が自由になった私は近くにあった毛布に頭を突っ込んだ。
その瞬間何かかたいもので殴られた。
その後父親が帰ってきて即病院行き。
後から聞いたんだがドライヤーで殴られたらしい。

妹は今回はさすがに言い逃れ出来なかったらしく、「お姉ちゃんと喧嘩して叩いちゃったの」と。
ドライヤーで殴っておいて「叩いちゃった」だなんて可愛い表現使わないでほしい。

あの時毛布に頭突っ込まなかったら死んでたかもしれない。
死ななくても何か障害が残ったかもしれない。
そして妹はきっとあのイカレタ目をしていたに違いないよ。




755 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:47:01 ID:fvSonXtU0
3回目は未だに縫い傷が残る膝の怪我だな。
家の裏に私と同じ年の男の子と、その男の子の妹さんがいたんだ。
その二人と私と妹が公園で遊んでた。

妹がブランコに乗ろうといい出した。
私はそのブランコが苦手で、でも馬鹿にされるのも嫌で渋々ながら乗った。

そのブランコなんだが4人乗りで、こぐと四角いブランコが徐々に菱形になるようなタイプの奴だ。
足を下手に投げ出していたら挟まれてしまうから、気をつけないといけない。
私は少しビビりながらもブランコに乗って、妹はブランコを思い切りこいだ。

ガタンガタンッと壊れそうなくらい妹はブランコをこいだ。
私は涙目になりながら「やめて!」と叫んだ。
裏の男の子もその妹さんも同様だ。

でも妹はやめない。馬鹿みたいに体を左右に揺らしてブランコをこぐ。
その目は宙を睨んでいた。あの目だ。
これはやばいと思いブランコから飛び降りようとすると妹に腕を掴まれた。
ブランコに引き戻された私は足をばたん、と挟まれた。

756 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:48:03 ID:fvSonXtU0
ズボンが破けてそこから裂けた肉と白いものが見えた。骨かもしれない。
脂肪みたいな白くて黄ばんだものも見えた。
顔を青くした男の子と妹さんは「大人の人呼んでくる」と家のほうまでかけてった。

私と妹は公園に二人きりになった。

キィキィ、ブランコが軋む音と押し殺すような笑い声が聞こえた。
妹だ。妹が私を見下して笑っている。
あの笑みは本当に怖かった。
目は見開いているけど虚だし、でも顔全体の筋肉を使っていびつに笑う。

こいつと二人はやばい、と思って私は立ち上がって、痛む足を引きずり歩き出した。
亀よりもかたつむりよりも遅い歩みだった。
その後ろをのろのろと一定の間隔を保ちながら妹はついてくる。
とても楽しそうに、愉快そうに笑みをたたえながら。


757 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:49:10 ID:fvSonXtU0
妹に追いかけられながら私は家までたどり着いた。
もちろんすぐに病院に行き、処置を受けた。
ただ肉が裂けて骨がちと除いただけで、骨などに異常はなく、今でも不自由なく歩ける。

どうしてこうなったのかと聞かれた妹は無邪気に笑って、

「お姉ちゃんがブランコから落っこちたから引っ張ったの。助けてあげたの」

そう言ったそうだ。


私は着替える時、トイレに行く時、風呂に入る時、膝に残る傷をみていつも妹のことを思い出す。
そして今度はいつどんな方法で妹が私に恐怖を与えようと計画しているのか考える。
次は本当に殺されるんじゃないかと、本当に怖くてしかたがない。

しかし今は妹は東北、私は両親ともに都心のほうにいるので安心していたのだが、






今年の夏休み、こちらに遊びにくるそうだ。
オワタ\(^O^)/



758 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:50:01 ID:fvSonXtU0
家で飼ってた猫について



母親は猫好きで、捨て猫を見つけるたびに家で保護して里親を探してやるのが趣味みたいな人だった。
けれど中には里親が見つからず家で飼うことになって猫が何匹かいて、
でも家の前の通りが車の交通量が多く、何匹かは車にひかれて死んでしまった。

でも家にはまだたくさん猫がいた。今思い出すと異常なくらいに。
多分少なくとも8匹くらい子猫やら成人した猫やらがいた。
思い出してみるとあれは異常だと思う。

ある冬の日のことだ。
住んでいたのが東北の雪の多い地域だったので石油ストーブは必須だった。
石油ストーブは火の上に鉄板のような所があって、そこにヤカンを置いてお湯を沸かしたりする。
時々ホシイモとかスルメなんか焼いて妹と半分にしておやつにしてた。懐かしい。




759 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:50:34 ID:fvSonXtU0
スルメを食べてるとその匂いにつられて猫が集まってくる。
それで必死にスルメを奪おうと猫ぱんちを繰り出してくる。
妹のスルメがばちん、と猫ぱんちでたたき落とされた。
それをすかさずトラ猫が奪い取ってしまった。
妹は取られた体制のまま固まっていた。

私は「あーあ」と呟いて、それから立ち上がり「ホシイモ持ってくる」と廊下に出た。
ホシイモは母方の祖母が毎年箱で送って来てくれるので傷まないように寒い廊下に保管していた。

段ボールの中を漁ろうとしゃがむと、猫の鳴き声がした。
それは「ぎゃっ」という声に近いもので、何事かと部屋に戻った。

部屋では妹がストーブの前に立っていた。
少し離れたところでさっきのトラ猫が後ろ脚の肉球をそっと舐めていた。
カーペットに薄く血が滲んでいた。
近寄り見てみると肉球が焦げていた。皮膚がごそっりはげて、赤く血が滲んでいた。


760 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:52:16 ID:fvSonXtU0
「電話のところから落ちてきたよ」
妹ストーブから少し離れた場所にある、電話機を置いた棚を指差し言った。
「猫ってばかだね」

妹はにたりと笑ったが、私は心の中で「馬鹿はお前だ」と思った。ふたつの意味でだ。

猫は高い所から着地するとき前脚から着地する。
つまり後脚を先にストーブの上についたりはしない。
誰かが猫の脇に手を入れて、ストーブの上に置いたりしない限りは。
この部屋には妹しかいなかった。犯人は妹以外の誰でもない。
私は自分のおやつを取られたくらいで、そんなことをする妹を本当に馬鹿だと思った。

怒るべきだったのかもしれないが、どうせ喧嘩になれば勝てるはずがない。
私は詰問したりはせずに、ホシイモを焼かずに食べた。
しかし妹は焼いて食べていた。
猫の肉球を焼いた鉄板の上で、

猫でまた思い出したんだが、家で猫の変死体が2回程見つかったことがあった。

1匹目は玄関の靴箱の下。
そろそろ夏ってくらいに臭い出して覗いてみたら猫の腐乱したい発掘。
2匹目は2段ベッドの下。
小さい子猫で特に冷え込む日だったから凍えてしんだのかもしれん。
でも2段ベッドの1段目は妹が使ってました。

・・・まさか、な

761 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 17:04:10 ID:j9JC/1aMO
今日やばいことあった
仕事帰りの夜中4時ぐらいに家の近くのコンビニに寄ったんだ

中には店員の友達と知らない男がいたんだ

友達がバイト六時におわるから一緒に帰ろうって話ししたんだけど友達が小声で「立ち読みしてる男いるだろ…アイツなんかおかしいんだよっ」おれ「何が?」友達「アイツのズボン見てみろよ」と言われて見てみたら膝からしたが真っ赤でした
きもって思って見たら目があったんでそらしたらニタニタ笑ってました

友達に帰っていいって聞いたら怖いから一緒にいてくれと言われしょうがなくその男の横でプレイボーイのマキバオー読んでいたら男ががぶつぶつ言ってるので聞いてみたら

762 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 17:15:49 ID:j9JC/1aMO
男「あるうかお かくこ あなたと赤い友達」とまったく意味不明な事をしゃべっていました

キモチワルイのでシカトしてました

しばらくたつと男がいなくなってるのに気付き良かったと思ってジャンプを読み始めました

しばらくして友達のバイトが終わったので一緒に帰りました
帰る途中であの男を見掛けました 男がニタニタしながコッチを見てました

友達にキモイからシカトしようぜと言われシカトして横を通ったら何か食べてる事に気付きました

なんとカラスの頭を食べていたんです 袋の中身はぐちゃぐちゃにしたカラスだったんです
友達と焦って走って帰りました

家に帰って爆睡しました

昼ぐらいに起きたら友達から着信が36件電話したら家に帰ってポスト調べたらカラスがぐちゃぐちゃになってるのが入ってたみたいです

友達はバイトを辞めると言ってました

あははあははあははあははあははあははあははあははあははあははあはは

763 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 17:21:25 ID:Lv5mwpieO
>>760
妹の話に対するとあるレス

妹の人さ、飼い猫に対して可哀相とかいう感情が一切ない感じだな。
まっさきに「猫が可哀相」じゃなくて「妹バカだな」だもんな…
これからどんなに言い訳しようが今までの文面からは一切伝わってこなかったしもう遅いわ。
いくら妹が怖いからって親にも言わないなんてどうかしてるよ。
つまりお前もおかしいんだよ。お前も狂ってる。気付いてないのか?お前も狂ってんだよ。
つーかどう考えてもお前の親おかしい。
お前が何度大怪我しても飼い猫が妙な怪我や変死しても深く考えず事故で済ますなんて普通ありえないぞ。
自分の娘が大怪我してんのに「あんたって子はどうしてそこまでそそっかしいの!」とか信じられん。
人や他の生き物の痛みがわからない、命の大切さも重みもわからない、心がぶっ壊れてんだよ。
いい加減気づけ。妹は勿論、親もお前も。お前んちみんな狂ってるよ。


764 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 17:41:53 ID:mOx7KqPqO
狂ってるのは妹だと思ってました。
けれど私も狂ってたんですね。

妹が死んだ今となっては、どうでもいいことですけど。

765 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 17:43:56 ID:s8w3ikgz0
膣にペニスを挿入したことは?

まだ私も処女で恐怖感があるし、そこまでいったら後戻りが出来ないような気がするのです。

でもセックスはしたい?

したいです。毎日お風呂の中で彼の裸を思い出しながら手でしています。

彼はペッティングだけでそれ以上は求めてこない?

いつもコンドームを持っていて、私さえ良ければちゃんと使うからと言ってくれています。

でもまだ迷いがある?

姉のことが・・・。

お姉さんが中学生の時にレイプされた。

はい。

部活の男子生徒に?

先輩の男子4人に。姉はマネージャーでした。

766 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 17:45:38 ID:cvZjd+DhO
>>763
あんたは別のレス2つを混同してるけど、漏れは反省させて貰った
リアでそんなヌコの姿見たら漏れも可哀想(´・ω・`)感じる思うけど
このレス見ても可哀想とか感じてなかった
他板ではそんなことないだろうと思いたいが
自分の感覚怖い
でも一々可哀想じゃオカ板見れないし・・・

767 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 17:45:39 ID:DWAqCbqm0
>>764
>>752>>763の1行目を声に出して10回読み直せw

768 :763:2008/02/04(月) 17:54:57 ID:Lv5mwpieO
すまん>>752から>>760までは同じやつが書き込んだ話な。
連投しすぎて規制くらったから>>763だけ携帯から書いたんだ

本人は>>763のレス以降全く書き込んでこなくなって気味悪かったな…
ちなみにVIPからの転載

769 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 17:55:34 ID:cvZjd+DhO
>>761>>762
オーソドックスだけど、やっぱり身近に起こり得る話。怖す

770 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 19:02:03 ID:3EO8kca90
>>765
??

771 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 19:34:21 ID:+U+mfOfzO
>>766
日本語でおk

てか読み手か読みやすいように文を書こう
目が滑る滑る

772 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 19:36:20 ID:+U+mfOfzO
>>768
てかコピペするならヘッダもコピペしろよ
VIPってこんなやつしかいないの?

773 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 19:40:11 ID:2SbK1BCl0
>>772
そうっちゃそうだが「転載」ってちゃんと書いてるんだからいいだろうが
自分ルール乙

774 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 20:04:47 ID:j9JC/1aMO
いままで一番洒落にらない怖い話しってなに?

775 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 20:11:53 ID:0sBaIZfb0
もういい歳なのに俺無職

776 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 20:14:01 ID:v21SpLjZ0
一人かくれんぼに一票
体験してる人のレスが本気で怖かった>>775には劣るが


777 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 20:25:51 ID:Rhqk3Jsv0
去年の夏は思い出深かった・・・
部屋はもともと汚かったが何故去年になって急に・・・今でも不思議だ

とにかくゴキが大量に出没
夜家に帰ると壁にゴキが一匹、殺虫剤をかけるもダッシュで逃げられ服や物が散乱した床に逃げられた
とっさに床を漁るも発見できず・・・・夜寝てるとどこからかゴソゴソ物音がした
とても怖かった

夜中、目が覚めて台所にいくとシンクの中で黒いものが動き出す
俺の気配でゴキの子供がダッシュで逃げるのだ
俺も負けずに毎日4,5匹ペースで叩いて抹殺した、このペースなら徐々に数が減ってくと思った
奴らを甘くみすぎていた


778 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 20:32:29 ID:Rhqk3Jsv0
朝起きてふと肩を見るとゴキの子供が止まっていた
首がくすぐったかったので手で払うとゴキがポタリと落ちた

台所の食器棚にゴキがいた、追い込むと半開きの引き出しに逃げ込んだ
とっさに引き出しを閉めた
翌日恐る恐るあけると死んでいた
俺の勝利

残りのパスタを食べようと袋から出すとゴキの卵がついていた



全然数が減らない・・・仕方が無いので最終兵器コンバットを買って設置する事にした

779 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 20:40:22 ID:Rhqk3Jsv0
コンバットを買って来て設置しなければならない
シンクや台所を中心に設置していく・・・・シンク下も置かなければ、、扉を開けた

大量のゴキの糞、真っ黒な粒がいっぱい・・・更に実際2匹のゴキが逃げていく
俺はゾっとした

シンク下の排水パイプとキッチンの隙間を埋めるリングがあるのだがそれがズレていた
要するに床とシンク下に隙間ができゴキの通路ができていた



780 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 21:00:07 ID:Rhqk3Jsv0
更に色々調べてみた
食器棚の引き出しは数段ある
以前半開きの引き出しはしらべたが、下段はまだだ・・・これはぴったり閉まっていてしばらく開けてない
久しぶりにあけてみた
真っ黒だった・・・塗装したように黒い
最初はわからなかったが糞がこびりついて擦れたり解けたりしたのかもしれない

その下もその下の引き出しも・・・

泣きそうになり外に引き出しをもって行き、中の物を取り出し燃えるゴミと燃えないゴミに取り分けた
紙で包んだ皿などを入れておいたのだが、取り出す際に中からゴキが噴出した
当然卵も何個もあった

ずっと放置の玄関マットをめくった
ゴキが飛び出し、ここにも卵・・・
全て退治


それから、まだたまに見かけるものの数は激減した
部屋の散らかりは相変わらずでまだ潜んでいると思われる
この夏までには整理したいと思う今日このごろ

781 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 21:10:36 ID:hD2YMVQF0
>>763=768

妹の話の人(姉)なら昨夜からオカ板に来てるよー

妹がやばいんだが
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1202049030/

782 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 21:25:50 ID:fvSonXtU0
>>781
ほんとだwww

783 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 21:29:39 ID:R5A71ZZ/O
>>777-780
片付けるより引っ越した方がいい

784 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 21:37:36 ID:r50B24gf0
>>774
大家の息子にストーカー的な進入を何度もされたとき。
人のパンツに穴あけてんじゃねぇ!

785 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 21:45:19 ID:0sBaIZfb0
>>777-780
>>部屋はもともと汚かったが
>>ダッシュで逃げられ服や物が散乱した床に逃げられた
掃除しろ!

786 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 22:21:28 ID:AoIwfEOO0
>>777満場一致で掃除汁!建物の問題であった場合、引越しを推奨


>>784え、ちょ、マジ?

787 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 22:37:25 ID:hmeWljJYO
>>784
なんという勃起力

788 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 00:01:55 ID:6TFk05hf0
>>787
完全に吹いたw

789 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:00:28 ID:4zp9KgqF0
「よーし、ころせー」「怪我してしまった、助けてー」
ああ、やっぱりだ。深夜に帰宅した俺の耳に来年小学生になる息子の声だ。息子の部屋から聞こえてくる。
戦争ごっこをしているんだ。以前俺と妻がいる前でやっていた遊びだ。
小さなロボット人形やおもちゃの兵隊を兵士に見立てて、
戦争を再現する。ご飯の時間だったので注意したら、
それから俺たちの前ではやらなくなった。
だが妻から聞いていた。夜自分の部屋に入ると眠りにつくまでやっているらしい。
妻は心配していた。
「だって気味悪いじゃん。ずっと一人で部屋でぶつぶつ言ってんのよ。
変な子に育ったらどうすんの。たまに殺すとかいってるし・・」
けど俺は心配していない。俺も一人っ子だったから覚えはある。
一人っ子の男の子はちょっと変わった遊びをやるものだ。
それに親バカかもしれないけど、息子はその年齢にしては高度なことをやっている。
以前俺たちの前でやっていたとき、各「兵隊」に人格を持たせて、さらには小道具まで用意していた。
パンをちぎって「食料庫」を作ったり消しゴムを「手榴弾」に見立てたり。
これで精巧なモデルガンなんかをねだったらその時に注意すればいい。

そうだ、最近仕事が忙しくて息子の相手をしてやれなかった。
今夜は二人で「戦争ごっこ」をするのもいいかもしれない。

そう思って息子の部屋に近づこうとしたとき、足元でコン コロコロ と音がした。
反射的に身をかがめて音の所在を確かめた。
消しゴムだ。
ふと視線を感じて顔を上げる。
ドアの隙間に息子の顔。


790 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:02:40 ID:v2UsNMmc0
今、つきあってる霊感の強い女性から今日、初めて聞いた話。
「これまで、いろんな霊体験してきて洒落にならんくらい怖い目にあったこ
とってないの?」ってたずねたら教えてくれた。
俺が聞き伝えでここで書いても、その時の恐怖の状況がうまく伝わるかどうか
わからんが、これまで色んなとこで聞いた話の中ではダントツに怖かった。

舞台は今から18年前、Y県の山中にある、Nダムというダム湖のそばで起こった
実話です。

791 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:12:18 ID:v2UsNMmc0
彼女はある家電量販店で働いていて、その日、Y県T市内のとある町に注文を
受けたテレビを一人で配達に行ったんだそうだ。
たまたまその町には彼女の叔母が住んでいて、叔母さんの方にも私用があった
から、配達の前に叔母さんの家に寄り、ついでにテレビの配達先の家を知らな
いかと叔母さんに尋ねたんだそうだ。そしたらお客さんの家は叔母さんの家か
ら目と鼻の先で、テレビの配達も無事にすませて帰路についたらしい。
帰る前、叔母さんに隣接するK市内に寄って帰りたいから、ここから近道はな
いのかと再度、尋ねたら、Nダムのそばを通る裏道を教えてもらったそうで、
彼女はその道を通って車を走らせていた。
その日は昼間から曇天で薄暗かったらしいが、あまり気にせずに近道と教わっ
た山中の一本道をずっと走っていたのだが、そろそろ山を下ってK市内に出て
もいいはずなのに、一向に山道を抜けないし、それどころかアスファルトの
舗装もなくなり、車が一台通れる程度のすごく狭いデコボコ道になってきた。

彼女はさすがに道を間違えたのかな?と不安になっていたら、ちょうどそこに
農作業の帰り道とおぼしき一人のお婆さんが通りかかった。

792 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:30:11 ID:v2UsNMmc0
彼女がそのお婆さんに「すみません。この道はK市に抜ける道であってます
か?」と尋ねると「いや、この道は違うけえ。この先もうちょっと行った所
に民家があって、そこの家の前が広うなっとるけえ、そこでUターンしんさい」
と親切に教えてくれたそうだ。
彼女はお礼を言い、教えてもらった民家まで車を進めた。しばらく行くと
お婆さんの言った通りに民家が見えてきたのだが、それがこんな山中になん
で?っていうくらい大きな屋敷で、母屋の他に納屋と倉まで建っているような
昔の豪農のようなたたずまいだった。
ともかく彼女はその家の前を借りて、車をUターンさせようとした、その時に
先程、道を教えてもらったお婆さんがなぜか車の横に立っている。
車でかなり走ってきたのに、なんでさっき別れたばかりのお婆さんがこんな
ところに?彼女は気味が悪くなったのだが、一応、窓を開けて先程のお礼を
再度、述べたそうだ。するとお婆さんは「せっかくだから家でお茶でも飲んで
いきんさい」と彼女に強くすすめるので、導かれるままに、彼女は車を降りた
そうだ。
すると、お婆さんが家の中に向かって「おじいさーん、きょうこさんが帰って
きたよー」と意味不明のことを口走り、その声に応じて家の中からお爺さんが
出てきて、「ああ、きょうこさん、よう帰ってきたね〜」などと、彼女にと
って全く理解できない内容の声をかけてきたのだ。彼女の名前は「きょうこ」
ではないしその老夫婦もその日初めて会った見知らぬ他人だったのにもかかわ
らずだ。
その時、彼女は母屋の中から彼女をじっと見つめる明らかな視線を感じた。
ぎょっとして納屋の方を見るが、もちろん中の様子はわからない。
彼女は気味が悪いのをこらえて、お爺さんにすすめられるまま、縁側に腰をかけ
た。

793 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:34:30 ID:gb7CPXFjO
チンチンッ

794 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:42:16 ID:57Q/A4a8O
展開気になる

795 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:44:08 ID:v2UsNMmc0
縁側に彼女が腰をかけてもそのお爺さんは「きょうこさん、よう戻ってきた」
などと変わらず、意味不明のことを彼女に言うので、彼女はこのお爺さんは
きっと少し痴呆が入ってるのだ、と解釈し「いえ、私はただの通りすがりの
者で、きょうこさんじゃありませんよ」と言ってみたのだが、お爺さんは
全く聞く耳をもたない。
次の瞬間、彼女は意識を失ってしまい、ふと気がつくと母屋の中の仏間に
お爺さんと二人でなぜか座っていた。彼女は自分の意識がなぜ飛んだのか
わからなかったが、お爺さんはまた一方的に彼女に話しかけてきた。
「昼の間は他のもんは出払っとって、ワシ一人じゃけえのう」彼女は気味悪
さをこらえつつ「あ、そうなんですか?でも、納屋の方にひょっとしたら
どなたかいらっしゃるんじゃないですか?」と聞きかえした。すると、
「ああ、あれは家の孫の子なんじゃが、結核を患ろうて、ここに置いとるだけ
じゃ。数のうちには入りゃあせん」とお爺さんは言う。
「ああ、病気の療養されてるんですか。それは大変ですね」と彼女が言った
瞬間、何者かが彼女の腕をギュッと掴んだ。
びっくりして彼女が自分の腕を見ると、3歳くらいの女の子が腕を掴んでいた。
いつの間にその部屋に来たのか、まったくわからなかったのだが、その少女は
無表情な顔でじっと彼女を見つめている。

796 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:57:42 ID:v2UsNMmc0
彼女はもう、本能的にこの家がただごとではないことに気がつき、逃げようと
したのだが、体がまったくいうことをきかない。
するとお爺さんが「こりゃ!この人はおまえのお母さんじゃあないんで!」
と女の子を叱りつけたそうだ。
次の瞬間、彼女は目を疑った!
なんと女の子はいきなりお爺さんに飛びかかり、首筋に噛みついたのだ!
しかも、先程の無表情な顔とは一変し、獣のような牙をむき出しにし、赤く
光る不気味な目を輝かせながら!彼女の話では本当に身の毛もよだつような
恐ろしい顔だったそうだ。
とにかく彼女はもう、限界だった。逃げようと体を起こそうとしたのだが、
体がまったく言うことをきかない。ふと自分の体を見ると、畳の中から無数
の手が伸びてきて彼女を掴んでいたのだ!
そればかりではない。その無数の手は彼女を掴みながら、
「きょうこさん、やっと大旦那さんのとこに帰ってきてくれたんじゃねえ」
「もうどこにも逃げられんよ〜」
などと語りかけてくるではないか!
もう、彼女は気を失いそうになった。そしてふと横にいたお爺さんを見ると
先程まで首筋に噛み付いていた幼女は消え、そのお爺さんはお爺さんでは
なく40代の中年の男になっていたのだ!
その男も周りの手の声と同調するかのように、「きょうこさん、あんたは
もう戻れんのんじゃけえねえ」とニタニタ笑いながら語りかけてくる。
まさに、どうしようもない状況であったらしい。

797 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:08:31 ID:v2UsNMmc0
その悪夢のような状況が変わったのは、その男(元・爺)がいきなり立ち上が
り、彼女の手を掴んで、外に連れ出した時だった。
彼女は抵抗もできず、家の外に連れていかれ、倉の前に立たされた。
わけもわからず、彼女がおびえていると、男は倉の戸を開け、彼女に中の様子
を見せたのだ。倉の中に入っていたものは・・・
時代劇などに出てくる座敷牢がその中にはあり、牢の中には一人の女性が
横たわっていた。彼女は恐る恐る、「こ、これは誰ですか?!」と男に問い
かけた。すると、
「誰って、おまえの妹じゃろうがあ」と男はニタニタしながら答えた。
彼女はもう、パニック寸前でそこから一刻も早く逃げ出そうとした。
ふと、横を見ると自分の乗ってきた車はまだそのままの場所にある。
彼女は男を振り切り、車までなんとか駆け出した。すると突如車の前に、最初
出会ったお婆さんが現れ、フロントガラスの上にカラスの死骸を置きながら
「きょうこさん、あんたもうどこにも行かれんのんじゃけえねえ!」
と睨みつけてきたそうだ。
彼女は気が狂いそうになるのを必死でおさえながら、フロントガラスの上の
カラスの死骸をはねのけ、車に乗り込んで、必死にエンジンをかけようと
試みた。

798 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:17:35 ID:1MCWfA2gO
するとバンブルビーは


799 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:21:21 ID:v2UsNMmc0
この手の話の展開ではお約束のような感じだが、案の定、車のエンジンはなか
なか始動しなかった。それでもようやくエンジンがかかり、急いで車の向きを
変え、もと来た道をひたすら戻ったそうだ。後ろも振り返らず・・・
話はここで終わればよかったのだが、この時、彼女にとり憑こうとしていた
霊は、そんな生易しいものじゃなかったのだ。
彼女はやって来た一本道をひたすら走らせていたにもかかわらず、道はなぜか
どんどん狭まっていき、ついには車が走行不可能な幅にまでなってしまった。
彼女はその場で立ち往生してしまい、どうしようかと悩んでいると、道の
前方に、来た時にはなかったはずの赤い橋がぼんやり浮かんできたそうだ。
次の刹那、車の横にはあの老婆が立っており「戻れん言うたじゃろう?
あの橋はあんたのために作ったんじゃけえ、渡ってもらわんといけんのんよ」
と、車の窓越しに語りかけてきた。
彼女はもう、覚悟を決め、車を後退させ、逃げれるとこまで逃げようとした。
老婆を無視して車をバックさせていると、今度はその老婆が逆さまで車のフロ
ントガラスにはりつき、「逃がさんけえねえ〜逃がさんけえねえ〜」と
ずっと叫び続けていた。

800 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:22:03 ID:CWALNvv50
ついさっき、体験した事なんだが聞いてくれ。
洒落怖の保管サイトを見ながらマターリしていたら
いきなり「バカ、バカ、バカ・・・・」って声が聞こえてきた。しかもはっきりと
親父にしては声がちょっと高い。とにかく今でも胸がどきどきしてる。
怖い

801 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:29:23 ID:v2UsNMmc0
窓にはりつき叫び続ける老婆を無視して、ひたすら後退を続けたのだが、
今度はまたしても前方に、先程見た赤い橋が見えてきたそうだ。
もうその時は彼女も万策つきて、もうダメだ、と思ったらしい。
彼女は呼び寄せられるように、車を降りてしまい、その橋に向かって無意識に
歩いて行こうとした。
その時!
頭の中に直接語りかけるように、彼女が小さい頃、自分を育ててくれた
お婆さんの声で「○○ちゃん!そっちに行ったらいけんよ!」という声が
聞こえたそうだ。その瞬間、彼女はまたしても瞬間的に気を失ってしまった。

そして、気がつくと車を運転しており、そのまましばらく行くと、見慣れた
アスファルトの道路にようやくたどりついたのだ。
まさに九死に一生というか、なんとかあの世の一丁目ともいうべき場所から
解放された瞬間だった。

802 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:34:17 ID:PlxA3AnF0
18年前に家電量販店で働いていた彼女って一体今いくつなんだよ

803 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:40:07 ID:v2UsNMmc0
ここまで書き進めて、この話を読んでくれた方々は、「それはいかに言っても
ネタ話だろ?」と思うかもしれない。
しかし、紛れもない彼女の実体験なんです。
しかも!彼女の恐怖はこれだけじゃすまなかったんです。
なんというか、そのダムにまつわる因縁めいた後日談というか・・・

その晩、彼女はほうほうの体で帰宅し、何気なく自分の所持品を調べたそうで
す。すると大事なものが無くなっている。彼女はその日の朝まで持っていた
はずの運転免許証を紛失していることに気がつき、その日のうちに、再発行
の手続きをするために、警察署に行ったんだそうだ。
信じられないことがあったのはまさにこの後から。

804 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:48:29 ID:v2UsNMmc0
警察署に行くと、幸運にも紛失した彼女の免許証は落し物として届けられて
いた。彼女は安堵しつつ、引き取りの手続きをしようとした。
ところが、その運転免許の顔写真が彼女の写真ではなく、まったくの別人の
顔に変わっていたというのだ。
当然、警察では偽造とか犯罪の可能性もあるので、彼女の免許証をしばらく
あずかり検査したのだが、これが写真が本人と入れ替わっている事実は別に
して、まったく偽造した形跡がない正真正銘の免許証だったのだ。
後日、警察を通してわかった事実なのだが、その顔写真の主とは、彼女が
恐怖体験をした日にテレビを配達に行ったF家というお宅の娘さんで、名前
は「きょうこ」さんだったのだ!しかもその顔写真の主は、2年前に彼女が
怖い目に会った場所の近辺で交通事故死していたというのだ。


805 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:57:33 ID:v2UsNMmc0
ここからは、すごく因縁めいた話になるのだが、そのテレビを買われたF家の
お婆さんという人は、その近辺の豪農の娘で、若い頃、自分の実家と折り合い
が悪く、駆け落ち同然で、家を飛び出したんだそうだ。
駆け落ち後はずっと長い間、東京に住んでいたらしいのだが、偶然にもその
娘さんがY県のお婆さんの実家のある町の人と結婚し、年をとったからという
ので、娘さん夫婦に引き取られる形で、自分の生まれ故郷に戻ってきてたらし
い。そして、亡くなったきょうこさんとは、お婆さんの娘さんの子供、つまり
孫にあたる女性で、亡くなった時の年齢は、恐怖体験をした彼女と同じで
あったとのことだ。
なんでも、その方の実家である家(つまり彼女が導かれて迷い込んだ幽霊屋敷)
はとうの昔にダムの底に沈んでいるというのだ。

806 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:58:59 ID:EF2u+fyx0
工口木彡

807 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 03:04:58 ID:v2UsNMmc0
かなり因縁めいた後日談は、まだまだこの先に衝撃の事実があるらしいのだが
俺が今日、彼女から聞いたのはここまで。
続きはまた今度、会った時に話してくれるそうだ。

なので、もし需要があれば、彼女から結末まで聞いた後、またここにカキコ
します。とりあえず今日聞いたところまで、忘れないうちにまとめてみまし
た。
でも、本当に信じられないことだが、何気ない日常生活を送っている世界の
あちこちに、異世界への穴がぽっかりクチをあけて待ってるらしいです。
いやー、自分に霊感なんてなくてよかったとつくづく思います。

808 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 03:08:36 ID:7yc9RxFK0
座敷牢に入れられていたのはミカさんだとして
かみついた小さいコは誰だったんじゃろうね。

809 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 03:09:29 ID:uyNJXy1sO
すごい怖い

http://mbga.jp/AFmbb.FYvg5c69f8

810 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 04:33:44 ID:yHHEXiyH0
たった今の出来事なんだけど・・・

明日、ってか今日、ビンと缶を出す日なんだけど
こんな時間まで起きてたから、朝イチで出しにいく作業を残しておきたくなくて
寝る前にゴミ捨て場に持っていったんよ

こんな時間なだけに、住宅街はシーンとしてるわけです

住宅街っていっても、うちの界隈はそのはじっこに位置してて
すぐ裏は雑木林とゴルフ場しかないので、正直、普段から夜はかなり不気味
街灯もあんまりない

で、ゴミ捨て場でタバコに火をつけてプカーリしてたら
近くの家で突然、水が流れる音が・・・・
ジャバジャバジャバ・・・・と

ビクっとして見渡すと、隣の家の一室の明かりが消えた

「ああ、トイレか・・」

安心したんだけど、そこでちょっと怖くなって、意識しちゃったんだよね
シャレコワのまとめとか思い出しちゃってさ

でも、タバコつけたばっかりだし、もったいないから(一人暮らしだけど家の中は禁煙)
吸いながら、ちょっと遠回りしながら家に向かって歩いてたんよ


今思えば、絶対ルートを間違えた
無意識に通った道だけど、魔が差したとしか言いようがない


811 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 04:34:25 ID:yHHEXiyH0
「その」家の前を通るときに、ふと上に、二階のほうに目を上げてしまった

明かりはついてないのに、窓にだれかがいてこっち見てる
たぶん、男の子

うわぁ・・・・やっちまった、と思った

敵意なのかはわからないけど、すっごくねばっこい視線
怖くて怖くて、視野のはじっこで見るイメージ
ほんとに顔そっちに向けたら、絶対目が合っちゃう


その家、空き家なんだよ


近所付き合いないからよくは知らんが、DV一家が住んでて、
親が子供を蹴り殺しちゃったとかで去年の夏にどっか引越してったんだよ
警察よく来てたけど、パトカー邪魔だな、くらいにしか考えてなかった


とにかく、早く離れようとして前だけ見て歩き始めたら
向こうの視線がはっきりと強くなった
背中のすぐ後ろにいる

絶対振り返りたくなくてダッシュで家に帰って
電気全部つけて嫌がる猫を抱いて布団に入ってる

おれ、その子に怨まれるようなことはないし
どっちかというと、ついに見た、って感じでこのスレに書いてるけど
正直怖い

812 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:45:03 ID:+09tpwcH0
>>811
怨まれるようなことはなくても
憑いてる公算はかなり高いよ

813 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:48:12 ID:jfrSVvGA0
霊なんて存在しないんだから大丈夫だよ。

814 :ID:He+n/v090 ◆PITBox8Pc2 :2008/02/05(火) 05:48:26 ID:GNVKFko30 ?2BP(332)
    ザッザッザ・・・          ''';;';';;'';;;,.,
         ザッザッザ・・・     ''';;';'';';''';;'';;;,.,
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ,ハハハハハハハハハハハハ,
     千葉から来た        ハハハハハハハハハハ、   千葉から来た
                    / ̄ヘ  / ̄ヘ  / ̄ヘ / ̄ヘ
                  / ̄ ̄\/ ̄ ̄\/ ̄ ̄\/ ̄ ̄\
          / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\
      , --v‐‐- 、‖‖Y‖‖, --v‐‐- 、‖‖Y‖‖, --v‐‐- 、‖‖ゞ   千葉から来た
    /         ヽ,  ゞ/         ヽ,   ゞ /         ヽ, /
   /     .       ヽ /     .       ヽ /     .       ヽイ
  /   ,  /  ,  .j  ヽ  /   ,  /  ,  .j  ヽ  /   ,  /  ,  .j  ヽ   ヽ
  7  i| l  /.i /l .,ト、 l i 7  i| l  /.i /l .,ト、 l i 7  i| l  /.i /l .,ト、 l i ト、l
  ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N /ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ハ. `
   |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj
    l/| |.''ー'    'ー' ,l/l`  l/| |.''ー'    'ー' ,l/l   .l/| |.''ー'    'ー' ,l/l
     .l .ト、.  -  ,,イ./    .l .ト、.  -  ,,イ./    .l .ト、.  -  ,,イ./
    ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_   ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_   ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ

815 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:55:53 ID:EF2u+fyx0
てst

816 :ID:He+n/v090 ◆PITBox8Pc2 :2008/02/05(火) 06:03:37 ID:GNVKFko30 ?2BP(332)
    ザッザッザ・・・          ''';;';';;'';;;,.,
         ザッザッザ・・・     ''';;';'';';''';;'';;;,.,
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ,ハハハハハハハハハハハハ,
     千葉から来た        ハハハハハハハハハハ、   千葉から来た
                    / ̄ヘ  / ̄ヘ  / ̄ヘ / ̄ヘ
                  / ̄ ̄\/ ̄ ̄\/ ̄ ̄\/ ̄ ̄\
          / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\
      , --v‐‐- 、‖‖Y‖‖, --v‐‐- 、‖‖Y‖‖, --v‐‐- 、‖‖ゞ   千葉から来た
    /         ヽ,  ゞ/         ヽ,   ゞ /         ヽ, /
   /     .       ヽ /     .       ヽ /     .       ヽイ
  /   ,  /  ,  .j  ヽ  /   ,  /  ,  .j  ヽ  /   ,  /  ,  .j  ヽ   ヽ
  7  i| l  /.i /l .,ト、 l i 7  i| l  /.i /l .,ト、 l i 7  i| l  /.i /l .,ト、 l i ト、l
  ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N /ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ハ. `
   |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj
    l/| |.''ー'    'ー' ,l/l`  l/| |.''ー'    'ー' ,l/l   .l/| |.''ー'    'ー' ,l/l
     .l .ト、.  -  ,,イ./    .l .ト、.  -  ,,イ./    .l .ト、.  -  ,,イ./
    ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_   ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_   ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ

817 :ID:He+n/v090 ◆PITBox8Pc2 :2008/02/05(火) 06:05:41 ID:GNVKFko30 ?2BP(332)
    ザッザッザ・・・          ''';;';';;'';;;,.,
         ザッザッザ・・・     ''';;';'';';''';;'';;;,.,
                        ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ,ハハハハハハハハハハハハ,
     千葉から来た        ハハハハハハハハハハ、   千葉から来た
                    / ̄ヘ  / ̄ヘ  / ̄ヘ / ̄ヘ
                  / ̄ ̄\/ ̄ ̄\/ ̄ ̄\/ ̄ ̄\
          / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\ / ̄ ̄\
      , --v‐‐- 、‖‖Y‖‖, --v‐‐- 、‖‖Y‖‖, --v‐‐- 、‖‖ゞ   千葉から来た
    /         ヽ,  ゞ/         ヽ,   ゞ /         ヽ, /
   /     .       ヽ /     .       ヽ /     .       ヽイ
  /   ,  /  ,  .j  ヽ  /   ,  /  ,  .j  ヽ  /   ,  /  ,  .j  ヽ   ヽ
  7  i| l  /.i /l .,ト、 l i 7  i| l  /.i /l .,ト、 l i 7  i| l  /.i /l .,ト、 l i ト、l
  ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N /ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ハ. `
   |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj
    l/| |.''ー'    'ー' ,l/l`  l/| |.''ー'    'ー' ,l/l   .l/| |.''ー'    'ー' ,l/l
     .l .ト、.  -  ,,イ./    .l .ト、.  -  ,,イ./    .l .ト、.  -  ,,イ./
    ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_   ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_   ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ

818 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 06:09:29 ID:EF2u+fyx0
>50>51>52>53>54>55>56>57>58>59>60
>61>62>63>64>65>66>67>68>6
>50>51>52>53>54>55>56>57>58>59>60
>61>62>63>64>65>66>67>68>6

819 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 06:20:59 ID:4CnSIGrnO
私は生まれた
みんなが呪った

貴方が生まれた
みんなが祝福した


私は育った
みんなが怒った

貴方が育った
みんなが笑った


私は大人になった
みんなが蔑んだ

貴方が大人になった
みんなが褒めた


私は老人になった
みんなが捨てた

貴方が老人になった
みんなが世話をした




私は笑った

820 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 07:30:57 ID:CyyISe4KO
>>819
意味わかんない

821 :猫と排水管:2008/02/05(火) 07:34:16 ID:JDiI3Kb10
自分がまだ小さい頃のこと。
近所では沢山の猫を見かけたんだ。
町営の団地に住んでいて排水溝などの設備もあった。
高低差がある場所などはコンクリで覆ってあって、
地面から1メートル以上も高くなっている事もあった。
小さい自分はそのコンクリの壁をよく見上げたものだ。
ある時、近所の猫を後ろから追いかけていた。
そしてコンクリの壁に開いている配水管に
猫が入っていくのを自分はそのまま追いかけた。
排水管を覗き込むと猫がこちらを振り返って見ている。
目線を送り配水管の向こう側をみると地面があり、
草も生えていてまるで春のような感じの場所があった。
小さい自分はその光景を目にして心の中で
「ああ、いいなあ…ここをくぐれたら行きたい」と思った。

822 :猫と排水管:2008/02/05(火) 07:34:46 ID:JDiI3Kb10
ずっとその事が気になったまま、時だけが流れ…
最近になってふいっとその場所に通りかかる事があって
そうだ、あれはどうなっているのだろうかと確認すると…
排水管の先は真っ暗で何も無かった。
排水管は地中に埋まっていて覗き込んでもただ暗いだけなのだ。

しかし、未だにあの光景を忘れる事が出来ない。
ひょっとしたら、猫だけが行ける世界があるんじゃないかと。
今でも、心の中でひっそりと信じている。

823 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 07:35:27 ID:79fQr0D70
>>807
怖かったし後日談も気になる、がしかし、
長文ルールを守らない奴は呪われるかもしれないから気を付けて!

824 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 08:14:32 ID:T7y+VSZyO
>>823 長文ルールkwsk

825 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 08:16:05 ID:kAleZDqKO
>>822
素敵な話じゃん。
だがスレ違いのような気が…。

826 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 08:20:01 ID:HNq1dVfq0
>>824
>>1

827 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 08:27:22 ID:T0i6pI93O
女子高生コンクリート詰め殺人事件

828 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 09:26:40 ID:JDiI3Kb10
伝染系の話で自分が体験した事を。
バーニシャル…という話なんだが
内容は気になった人だけ調べてくれ。

その話を聞いた、あるいは読んだ者の元に
一週間以内にソレがやってくるという風の
伝染系ではよく聞くような類のものである。

話を聞いてから一週間が経とうとしていた頃。
ざあざあと雨が降る夜で家族と一緒にテレビを見ていた。
この話を聞いたのは自分だけで家族はその事を一つも知らない。

829 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 09:27:29 ID:JDiI3Kb10
自分も心の何処かでびくびくと怯えていたが
なるべく平静を装って過ごしていた。
もうすぐ終わる…今度も大丈夫。

実を言うと、前にもこの話を聞いた事があるのだ。
その時も布団にこもりながら怖がってはいたが、
結局一週間を過ぎても何も起こらなかった。
そういう事もあって、今回も何も起こらないだろう…と。

楽しそうにテレビを楽しんでいた。
外では激しく降り続く雨の音が聞こえる。

830 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 09:27:54 ID:JDiI3Kb10

コン コン

私の真後ろで、ノックの音が聞こえた。
正確に言うと私が背中を預けている後ろの壁から音がした。
屋内と屋外は壁一枚で隔てられているだけで、
屋外からノックをしたならば屋内にそれは届く…

この激しい雨の中、一体誰が?

あの音と感触は、誰のものなのだろう。
ノックの直後、今起きた出来事に私のすべてが凍りついた。
と、雨の音が聞こえている…と。

831 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 09:31:10 ID:JDiI3Kb10

コン コン

今度は反対側、母がいる方の壁からその音が聞こえた。

恐怖も何も無かった。
ただ、凍りついた、としか表現出来ない。
そして、何事も無かったかのように時が動き出す…

ふと、向かいに座る母が言った。
「あれ?今、何か音しなかった?」


連投&長くてすんません。
一度目の時はお祓い済みの本だったから
無事だったのかも知れません。
猫でスレチの話書いちゃってごめんなさい。

832 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 09:35:44 ID:788Go8K70
>>790
おもしろかったよ。後日談待ってるね。

>>822
いい話だな。ぬこの世界・・・

833 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 11:50:07 ID:oSsidN+k0
>>723
幹部の中でも頭脳派(大学院卒の尉官とか)に、そういうのを徹底検証させる手立ては無いのか?
あんなのでも列強の軍隊、あいつらが解明すればすぐだと思うぞ。
少なからぬ謎を解くためにも、幹部に薦めろ。そういうものに対する徹底分析。
巧くすれば、現代軍事巫術を編み出して世界最強になれるかもよ。
チャソコロ潜水艦戦士らの闘気航行術に対抗するには、それしか無い。
解明された後にヒューマンエラー系統の障害だと言う結論が出ても、それはそれで得るものは有る筈だ。
科学的管理法の限界とか、気候や潮とデジタル回線の関係とか、精密機器の誤作動に関する大数の法則の発動パターンとか
得られる発見も多かろう。

834 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 12:09:57 ID:5roMzOUt0
>>789
遅レスだけど最後怖かった・・

835 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 12:30:14 ID:TkMkjhU+O
何年か前付き合っていた彼女は霊感持ちでした
集合写真に写る白い煙の悪魔の姿の写真見せられてから霊感ある事を聞いた
(悪魔と言っても見た感じドラクエのベビーサタンなんだがww)
よみうりランドに遊びに行っておばけ屋敷に入った
私は超ビビりで暗くて狭い通路は嫌だった
私は先に進む彼女に手を引いてもらいながら、剣道の摺り足よろしく進んで行った
ビビる私を笑いながら歩く彼女
やっと出口について明るい日差しを受けた
彼女を見ると顔が真っ青だった
実は彼女もビビってたのか!?なんて思いどうしたかを聞いてみた
どうやら出口の壁に人が立っていたらしい
もちろん私には人は見えなく、そしてじーっとこっちを見ているとか言われた私と彼女は二人して青ざめながら帰りました


836 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 12:59:21 ID:EF2u+fyx0
>50>51>52>53>54>55>56>57>58>59>60
>61>62>63>64>65>66>67>68>6

837 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 13:38:57 ID:DK6mZH/q0
日曜日の深夜に聞きたいラジオ番組があって、でも翌日の仕事もあるのでテープにタイマー録音するのだけど
(正確な時間は月曜日の午前2時頃)
生々しい男の声で(ラジオの音声が聞えないほど)
「ぐおおおぉぉぉし、し、しねぇぇ!!」とか
「おおおおおおおおおっ!!」
が入っていることがあった、前まではたまにだけど
ここ最近は毎週のように声が入っていて怖くなってきた。

ちなみにその声が入る時決まってウチの前の道に
車がエンジンを掛けたまま止まっているのだけど関係あるのかな

838 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 14:10:32 ID:DK6mZH/qQ
>837
FMならトランスミッタで音楽とか飛ばせるので
混信も有り得るのでは?

839 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 14:22:32 ID:bbxAAivt0
>>822
洒落コワよりenigma向けっぽいが良い話だね。
この手の自分が行けない場所、地下世界っぽい話は大好きだ。

840 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 14:27:08 ID:NDTCvzno0
>>838
それかな…そうであって欲しい得体の知れないものの方が怖い

ちょっとレス見たらホッとした。ありがとう

841 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 15:14:41 ID:knptV+/90
>>839
ベンチがメロンパンを食べていたら、猫に「たべるニャー」と要求されたことがある。
残り5分の1ぐらいを差し出してやったら、もそもそと食べ始めた。
俺はパンをビニール袋ごしに持っていたんだが、その部分を猫は両方の前足で持ち始めた。
猫がベンチの下にもぐって寝始めたから、俺はビニール袋をゴミ箱に捨ててその場を去った。
本日はそのレスを読んで、ああいう猫がどこから涌いて出るのかわかった気がする。

842 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 15:16:00 ID:knptV+/90
×ベンチが→○ベンチで

ちなみに、その日はベンチ周辺に俺以外は人っ子ひとり居なかった。
講義終了の時間になると、何事もなかったように人が増え始めたけど。

843 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 16:04:02 ID:OZi0f+cw0
>>841
小さい頃はよくあったけど最近はないなぁ。
都市化が進んで、そういう住処の出入り口が無くなったからなんかなぁ。
寂しい気持ちになるわ。

844 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 16:29:22 ID:9DpWmCC80
野良ネコなんて滅多に見かけないな
どこに住めばネコ天国?

845 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 17:14:44 ID:788Go8K70
スレ違いだが>>844

千葉県○川市の一部地区には「野良猫餌場」まである公園があるぞ。
好きなときに餌を持っていってなついてる猫を好きなだけモフれ。
うちの近所もどこかの家が餌をやってるようで、飼い猫のうちの猫より
まるまるしたのばかりいる。
梨畑で●するので文句言うのは農家だけだが、農家は嫌われてるからw

連絡無しの農薬散布、朝の4時頃からのトラクターの騒音。
住宅街の中に畑を残すの、まじやめてほしい。
しかも、既に手放した土地を「そこはうちの土地だった」と自慢する。
在る意味オカルトじみた変な農家が多い。
そんな家の子供は皆DQN・・・


846 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 17:30:09 ID:9DpWmCC80
>>845
連絡なしの農薬散布が洒落にならんな
隣の家のおじさんが畑に撒いてた時思いっきり吸いこんじゃって
呼吸困難みたいになったことがある

847 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 17:50:43 ID:MiPfryUh0
>>837
愛知住みなら松本の放送室だろうな

848 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 18:02:24 ID:H0YHwHwqO
>>845は農家云々はおいといて、野良猫を増やすだけだろ、オカルト過ぎる
餌をやるなら里親捜してやれよ…

849 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 18:11:40 ID:mPhUZQe/0
数年前に聞いた話
霊感がとってもある女性
今住んでる部屋もポルターガイスト現象なのか、灰皿とかそこらへんにあるもの
が飛び交うらしい・
それで、まあ彼女にしたらよくある話なので我慢していたらしいが、
ついに新たな部屋を探すことにした。
不動産会社に行って無理難題注文つけてたら、「そんなの幽霊のでる部屋
しかないでしょう」って感じになって、本人的には特に気にしないので、
「そんな条件ならある?」って

不動産会社の人もでは、って感じかどうかしらないが、
まだ 築年数も新しいのにほとんど全部空いてる部屋っていうかアパートがあるって・
話になって、すごーく安くはないけど、お手ごろのお部屋案内された
そうです。


850 :849:2008/02/05(火) 18:20:59 ID:mPhUZQe/0
で、すでに夜になってたんだけど、
不動産の人が家主?に電話して確認したら 全部空いてるって言う
(怖いな・・)

じゃあ行きましょうってんで、車でつれて行ったそうです。
アパートにつくと、木造のサイディング貼り2階建て まあまあ新しいアパートで
玄関フードを開けると真っ暗・・
ちょっと長い廊下があり外の街頭の明かりで奥になぜか、
黒いソファーがあって、
玄関フードから一歩入ったら 「来るな〜!」と男の人のでかい声・・

すでにビビリ始めた不動産の人を尻目に、廊下の電気をつけて見ましたが、
誰もいません・・




851 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 18:25:48 ID:d+SbowX30
農家も農家だが
野良猫に無責任に餌やるのも何なもんだぜ?
ぱっと見いい話に聞こえるが、いざって時に全員無責任になるのは目に見えてるし。

852 :849:2008/02/05(火) 18:27:25 ID:mPhUZQe/0
ここまで来たんだからと、怖がる不動産会社の人をせかして
鍵をあけさせました・
「・・全部空いてるんで・・ 真ん中あたりのお部屋を・・」と不動産会社の人
鍵を 開けて 中に入って 真っ暗なお部屋のブレーカー
あげようとした時、両方の壁から 「バン!バン!バン!バン!」
いるはずのない両隣から無数の壁を叩く音が!


さすがにその女性と不動産会社の人はそっこう 逃げたそうです・

北海道のお話

853 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 18:46:21 ID:jvIxwu6MO
キンマンプクのテンションはオカルト

蛭子さんの怖い話、誰かしてくれよー

854 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 19:17:57 ID:moTiFqC80
怖いというのもわかるけどさ、
冷静に考えてみれば、幽霊だって元人間なんだぜ。
要するに、言葉がわかるし、俺たちと変わらない連中なんだ。
だから、深夜に部屋の中にでてきたとするだろ。
その時は平たく言えば不法侵入なわけ。部屋に勝手に入ってきてるわけだから。
幽霊があらわれるといつも言うね。
『人の部屋勝手に入ってくんな』ってね。
『言いたいことがあるなら、ちゃんと玄関から失礼しますって言って入って来い。
元人間のくせに、言葉がわかるくせに、そんなこともできないのか。
礼をつくしたほうがお前の言いたいことはよほど伝わるんだ。親切に言わせて貴様は
まだつまらぬことをするか。そんなつまらぬ人間なんかに話しをきいてやるいわれはない。
じゃあな』

だいだい幽霊は反省して去るよ。

855 :とっておきの恐ろしい話:2008/02/05(火) 19:23:50 ID:aBSeExdn0
ある夕方も暮れに差し掛かった中学校のとある教室に、
二人の少女がまだ居残ってた。仮に名前をAとBにしよう。
中学2年生で、バレー部だった二人は、外がもうそろそろ
暗くなってきたから帰宅することにした。

下校の途中で、Bが荷物を教室に忘れていたことに気づく。
「A!ごめん…一緒に取りに言ってくれない?」とAを
誘ったのだが、日はすでに沈んでいたため、Aは嫌がった。
それでもBがしつこいため、嫌々学校に戻っていった。

学校についた頃は、辺りはすでに真っ暗だった…。

教室にたどり着き、荷物も手にしたところで、
さあ帰ろうとなったときにBがAに提案した。
「そうだ、なんか凄く怖い雰囲気だし、怖い話しない!?」
Aはさすがに嫌だと即答したが、なぜかBがロウソク
なども準備して、火を灯して座り始めて語りだしたため、
しぶしぶと仕方なくホラー対談に付きあった。


856 :855:2008/02/05(火) 19:25:10 ID:aBSeExdn0
しばらく二人で怖い話をしあって、鳥肌が立ちまくり。
でも二人とも笑っていたので、まあまあ楽しめたらしい。
その時、廊下からズカズカ集団で歩いてくる音がした…。
しかもその集団は、自分達のいる教室へと向かってくる。

「何!?何?」とBは立ち上がった。Aもビクビクしていた。
とうとう集団の足音が教室のまえでとまり、ガラっと勢い
よく扉は開いた。「あ!二人ともなんでまだここにいるの?」
そこにいたのは、10人のバレー部員の中間たちだった。

AとBはホっとした。「な〜んだ、みんなだったんだ!」
今頃帰ってきたの?とB。実はバレー部で、合宿に行って
いたのだったが、AとBは風邪をひいていたためその
合宿にいけなかったという。そのほかのメンバー達が
帰ってきてたのだ。

「ちょwというか二人ともなにやってるの?」と部員たち。
ホラー話をしていることを伝えると、部員たちも楽しそう
だからとのことで話に加わった。人数も増えたため、
恐怖も激減するだろう。AとBは安心しきっていた。


しばらくたってからだった。
「私も仲間に入れて」と呼びかける声がした。


857 :855:2008/02/05(火) 19:26:19 ID:aBSeExdn0
みんなで振り向くと、教室の隅っこに見知らぬ女の子
が立って、仲間に入れてもらいたそうにこっちを見ている。
しかしいつの間にそこにいたのだろうか。ドアは閉まって
いたのだが、開いた音さえみんなには聞こえてなかった。

みんなちょっと不思議に思ったが、「あなた、誰なの?」
とみんなで聞いてみた。「私、転校生なの。明日からこの
クラスに入ることになってて…」ということで、みんな納得。
その13人目の女の子を話に加えることにした。

そしてまた、しばらく経ったころだった。
部員の一人が、「ねえねえ、怖い話してると幽霊が寄って
くるって聞いたことがあるんだけど…」と言い出したため、
みんなどうしよう、どうしようと一斉に怖がった。で、
もう怖いから帰ろう、帰ろうということに話は進んだ。

しかしここでBが、
「【とっておきの恐ろしい話】があるんだ!最後に話させて^^」
とみんなに言った。

まあ最後なら、ということで、しかもとっておきという
ことで、みんなはBの話を聞き始めた。
「あのね、この学校で、自殺した女の子がいるっていう
噂があるじゃん。でも先生達、誰が、どこで自殺したとか、
まったく教えてくれないじゃん。」みんな、うんうん頷く。
「あのね…どこで自殺したかっていうとね…」


858 :855:2008/02/05(火) 19:29:12 ID:aBSeExdn0
「ここよ」

とうえから声がした。
みんなゆっくり上を向いてみると、そこには恐ろしい
顔をした首吊りしたいが揺れていた。よくみると、
その子はさっき参加した13番目の女の子だった…。

「ギャァァァアァァアァアアアア!!!」」
みんなは一目散に教室を抜け出し、階段を駆け下り、
後ろを振り返らずにそれぞれの家へと走っていった。
たまたま、AとBは近所だったため、一緒に走っていった。
Bが先に家につき、Aは一人で泣きながら走っていく…。

そして、家につき、出迎えてくれた母に、帰りが遅く
なったことを叱られながらも、親の顔を見ていっきに
Aは安心して、ホッとした。

859 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 19:30:23 ID:tyvS9OqdO
丸四年 基地外の旦那両親と絶縁して完璧に逃げて平和に暮らしていたのに

ドアを開けた瞬間体中の血と神経と全ての時間が凍りついた

基地外両親と沖縄へ嫁いだハズの基地外義妹が仁王立ちで立っていた

とっさにドアと家中の鍵を閉めて
六時間鬼ピンポンと鬼電話の嵐

旦那と保育園に行っていた息子はホテルに避難
私と娘は一歩も外に出られず


860 :855:2008/02/05(火) 19:31:27 ID:aBSeExdn0
夕食の準備もして、Aは家族とテーブルについた。
いざ食べようとしたところで、電話が鳴って、母がでた。
「ねぇA?Bちゃんから電話よ。急いでるみたい」
Aはなんだろう…と思いながらも、電話にでた。
Bはヒステリックになっていた。

「ねえA!?テレビ見た?ニュース見た?今すぐ見て!」
とB。Aはテレビを付け、ニュースを見た。ナレーターが
緑の茂った山場の映像のニュースについて解説していた…。










「本日、お昼の12時半、山でバスが墜落し、乗客12名
の死者をだしました。乗客は、運転手1名、教師1名、
中学生10名………」

861 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 20:32:12 ID:e59n+pqO0
>>845
なんかひっかかるな

862 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 20:57:05 ID:j/FWo74Z0
久しぶりに実家に帰ったら知らないおっさんが家の中を徘徊してた。
俺怖くなってすぐに家を飛び出したよ。
それですぐに親父に電話をしたら「泥棒か?」と聞かれた。
俺は確かめるために再び家に戻り、家をソーッと覗くととおっさんはやっぱりいました。
早速警察に電話しました。
おっさんはそのままパトカーに乗せられて警察署に連れてゆかれました。


863 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 21:02:27 ID:776xa/1m0
やはり山狗だったのですか

864 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 21:12:25 ID:776xa/1m0
>>854
一番怖いのは生きている人間だと相場は決まっているので
幽霊が元人間だと考えると逆効果だと

865 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 21:21:16 ID:aDUkXNXTO
きのうびびることがあった
いきなりくろいかたまりがきてゆめかとおもったらげんじつだった
くろいのがねたらあたまらへんにいてやばいとおもったらべらんだからのぞかれてたあせったらへやがいきなりふるえるようにしんどうした

くろいのがのぞきこんだからきえろとおもったらまじではなじがでてきおうしなった

あさきづいたらまくらがんめんがちだらけだった なんで?

866 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 21:23:53 ID:u4ELDdpf0
まとめサイト用の検索エンジン(もどき)を作ったので、
よかったら使ってみてください
全文検索や、まとめサイト管理人さんがつけたタイトル名、スレ番号などで検索できます。

gikoさんがすでに作っていらっしゃったのは知っていましたが、
携帯用がなかったというのと、自分のプログラム技術向上のために作ってみました。

PC用は、検索して結果をクリックするとまとめサイトの対応したページに飛びます
携帯用は、検索して結果をクリックすると、サイト内にページを呼び出します(まとめサイトには飛びません)
これは、まとめサイトの携帯用のURLをまだデータベースに登録していないので、
PC用のページを使い、タグを除去したり、話を数ページに分割する必要があったためです
そのうち、まとめサイト用のURLを取得し、まとめサイトにジャンプするようにしたいと思っています

ちなみに、携帯でサイト閲覧は殆どしたことがないので、
どのように作れば見やすいのかということがわかりません
(ソフトバンクのビューアーで確認した程度です)
徐々に改良していきますのでよろしくお願いします

PC用
http://syarekowa.bex.jp/search.php
携帯用
http://syarekowa.bex.jp/mo/search.php

867 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 21:36:05 ID:OZi0f+cw0
>>866
GJ!

868 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 22:29:25 ID:EF2u+fyx0
http://bbs24.meiwasuisan.com/bbs/tv/img/12021177420001.jpg

869 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 22:50:09 ID:bhQsFJ7WO
>>866
おお、これは便利だ。
お陰で気になっていた邪視を見れた。

870 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 22:56:26 ID:HSl+jojs0
>>807
事実が一番恐ろしい。続きを期待してます。

ちょっと分からんのは、なぜ幽霊屋敷の主は孫のきょうこさんを待っていたのか?
本来はおばあさんが待たれるべき所を、孫が身代わりとなり、さらにカキコ主の彼女さんが偶然身代わりにされかかった?
Fさん一家が何らかの因縁に捕われているのか、単なる罠なのか?
男に噛み付いた女の子の霊も、被害者なのだろうか?

871 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 23:01:31 ID:mSuHw/p30
>>864
生きてる人間が怖いというけれど、怖がってる者自身とて、人間だろう。
エヴァンゲリオンじゃないけど、人間の敵は別の人間ってだけなんだな。
別段、だからといって幽霊等の怖さを軽減するものではないと思う。

872 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 23:06:46 ID:FYH4DwL30
>>855-858
それ怖い本に載ってた。パクリじゃん

873 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 23:41:23 ID:MiPfryUh0
>>866
あんたスゲー
お気に入りにいれとく

874 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 23:46:44 ID:SiELlO2f0
なくしたものがここにはみんな
あるのだから
寂しくなんかないよ
しいていうなら
いますぐ君がここにきてくれたらいいのに

くだんの森の草葉の陰でまっている

るあんるあん   ぐおんぐおん

875 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 00:05:42 ID:fIkOXLzJ0
なあ寂しい
くるしい

876 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 00:34:30 ID:jT3gCSrRO
ケータイからの書き込み失礼致します。

これは私の実家がある地域に纏わる伝承です。故に情報を隠しても無駄なので、表にして書き込もうかと思います。


私の実家は、福岡県宗像市という所にあります。この時点でピンと来る方もいらっしゃるでしょう。

《山田の六地蔵》と言われれば、分かる方も居るかと存じます。既出でしたらすみません。

今日はその話をさせていただこうかと思いますが、宜しいでしょうか?

877 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 00:37:29 ID:XYn1PPGT0
>>876
ドーゾ

878 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 00:42:31 ID:jT3gCSrRO
では、お話させていただきます。すみません、かなり長くなります。

1551年、当時、この地を納めていた宗像氏の主君である大内氏が逆臣のはたらいた謀反により討死。それに殉じた宗像氏男に代わり、その姪にあたる照葉の子、鍋寿丸を第八十代大宮司宗像氏貞としました。
しかし、照葉は氏男の側室であった為に、宗像氏一族は、謀反人である陶晴賢の命令に従おうと言う者と、正室である菊姫に養子か婿を取らせて跡継ぎにしようと言う者に別れました。
このことを受け、業を煮やした陶春賢は、菊姫の養子として名が上がっていた者とその父親を殺害し、菊姫とその母を島流しにせよと命を下しました。このことを知った宗像家の重臣は、養子とその実母を沼口に、菊姫とその母を山田の里(私の実家のある地域)に匿いました。
しかし、このままでは自らの地位が危ぶまれると踏んだ照葉は、家臣に菊姫を殺せと命を下しました。
翌年3月23日、山田の里で菊姫とその母親、並びに侍女4人を含めた計6人は惨殺され、照葉の地位は守られることになりました。


すみません、続きます。

879 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 00:43:47 ID:Tu/dfUAf0
1つ下の弟はいい子なんだけどボンクラすぎたので、ちょくちょくいじめられていた。
でも弟をいじめた子たちがことごとくひどい目に遭っている。

幼稚園→同じクラスのヤンチャ坊主に殴られたり蹴られたりしていたらしいが、
      卒園直前で彼がマンションの4階から落ちて死んだ。
小3→やっぱり乱暴されて泣きながら帰ってくることがしょっちゅうだったのだが、
    いじめていた子は遠足の日の朝、私を含む大勢の生徒の目の前で、曲がってきたダンプカーに頭を潰されて死んだ。
    みるみる広がる赤&その他の色の水たまりは未だにトラウマ('A`)
小6→情けないことに女の子にいじめられる。しかし彼女は夏休みに海水浴場で沖に流され溺死。
中学校→中1までは平穏に過ごすが、中2のクラス替えで超評判の悪いサヨク教師にあたる。
      彼にクズ呼ばわりされながら過ごすが、そいつが通勤中に事故死。噂によるとまた頭が潰れてたらしい。
高1→地元の名門公立進学校に進むが、家が比較的貧乏だったのをネタに、同じクラスにいた社長の息子にいじめられハブられる。
    ある日不審火で彼の立派な家が全焼。彼の父は逃げ遅れた自分の両親を助けようとして一緒に焼死。母親が直後にショックで自殺。


今通ってる大学は非常に楽しいらしいので、とりあえずは安心してますが…
偶然にしちゃ悲惨すぎる

880 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 00:55:21 ID:j8aSL3Ul0
弟は魔太郎

881 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 00:58:56 ID:Q5FQ6yRiO
>>879
頼むから俺の前に連れてこないでくれw
もしイジメてしまったら次は・・・
ヒ━━━(((;゚Д゚)))━━━ッ!!!

882 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 01:04:33 ID:DJl2Ro4JO
家にある瞬きする呪いの人形です…

この画像見て気分悪くなった方、スイマセン
http://imepita.jp/20080206/036250

883 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 01:06:57 ID:jT3gCSrRO
続きです。


いかに戦国乱世とは言え、婦女子6人を一度に惨殺するということは、当時からしても類を見ない惨事でした。
それ故に、その6人の怨念は凄まじく、怨霊となり惨殺に加担した者が次々と怪死を遂げ、そしてその一族までもが次々と死に絶えました。ついには呪いにより宗像大宮司家を滅亡させたと言います。
その後、その6人は地蔵尊として増福院に安置され、ようやく呪いはおさまりました。


ですが、私の実家の地位にはこんな言い伝えが今も語り継がれています。
菊姫が殺された3月23日の夜には首の無い菊姫の身体が、首を探し回っていると。そして、次の年には身体の無い菊姫の首が、身体を探し回ると。

今年はどっちでしたっけねぇ……。


私はこの話を実家に帰るタクシーの中で運転手に聞かされました。実家に帰るのが鬱になりました。

以上です。長文・乱文、大変失礼致しました。

884 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 01:07:10 ID:H/tKb5iz0
>>882
見れないよ

885 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 01:09:14 ID:tqacnGu00
>>881
いやいや
それ以前にいじめようと思うなョ

886 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 01:09:23 ID:XYn1PPGT0
そういえば、ミ糞の「勿体無いから貰ってください」とかいうコミュに
日本人形が出てたようだ
「諸事情により手放す事になった」とか書いてあったみたいだ。気になるなぁ

887 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 01:18:20 ID:aasqP9n/O
>>875

>>874
「なあ寂しい来る?」
「苦しい、まだ?」
「たのしい」
草葉の陰=あの世

888 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 01:23:18 ID:3ydjuhlWO
>>866
使わせてもらうよ、応援してるぜ
久しぶりに来たらリアルタイムで怖い話投下中だし良い時に来たな

889 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 01:48:02 ID:/E/zhOBkO
>>866
ここここわい!

890 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 04:17:46 ID:l/WV14AA0
怖いというか心霊系というか、気味が悪かったので書く
文を書くって言うのが苦手だから意味がわからなかったらスルーしてくれ。

さっきまでPS2の地球防衛軍2ってゲームやってたのさ
地下で蟻がいっぱい出てくるステージやってて
最後の残りの蟻を倒した瞬間に女性隊員の「ヒャーア!!」ってやられたときの声がいきなり出てビックリしたのよ
普段はそういう隊員の声は音量調整でかなり下げてるはずなんだけど、その時だけ最大音量になって大音量で流れたわけ

普通なら最後の一匹を倒すと「ステージクリア」って文字が出てきて終わるんだけど
その女性隊員の声が5回くらいかな?鳴り終わった後に「罠です!!」ってまた声が鳴った後に「糸に巻かれて死ぬんだよぉ!」って繰り返し鳴った
なんとなくヤバイ!って思って電源切るためにスイッチ長押ししたら「死ぬんだ死ぬんだ死ぬんだ死ぬんだ」ってループして消えたんだけど
その時は「せっかくレアな武器とかゲットできたのに!!」って思ってイラついてたんだけど
今こうやって書くと物凄く怖くなってきた・・・

ただのバグにしては出来すぎてると思って書きました
機会にお化けが出てくるなんて作り話かと思ってたけど本当だったんだなぁと思った
文章汚くてごめんなさい

891 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 11:11:00 ID:R429Gqib0
北欧神話では、ヨルムンガンドとウートガルザ(日本では『ロキ』としてお馴染み)のコンビなら凡そ何の姿にでもなれる。
特に神話の中でも取り上げられていたのが、猫への変化。
ヨルムンガンドの化けた猫はウートガルザ(巨人属)が持ち上げても持ち上げても、胴が床を離れる事はなかったという。
文化圏こそ違えど、このスレで挙がってるような異常猫は蛇もしくは大地に関係のある奴じゃないかとも思う。
人語を使って人様のメシをせびる奴はともかく、排水管の中にワームホールを作る化け猫なんて初耳だぞ。
または、その猫は普通の猫で、過去レスの人が見たのはその猫の関与していない原因で発生したワームホールだったのかもな。

892 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 12:03:54 ID:EvVF1Dyw0
>>891
持ち上げようとしたのはロキでは無くトールだよ。
後ヨルムンガンドが猫に化けたわけじゃなく、ロキがヨルムンガンドを猫に見せていた、つまり幻を見せていただけ。
持ち上げようとしたトールは、猫(に見えている)からすぐ持ち上がるはずなのに、実際は途方も無く巨大なヨルムンガンドだから持ち上げられなかった。

893 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 12:19:50 ID:PM/pFOJa0
19歳女性従業員、蒸し器の中にいるときに機械作動→翌日まで蒸され死亡(昨年)→天洋食品、表沙汰にせず

★中国製ギョーザ中毒事件 天洋食品で2007年、19歳の女性従業員が死亡する事故

・中国製ギョーザの中毒問題で、ギョーザが製造された「天洋食品」で2007年、蒸し器のある
 施設に閉じ込められた女性が蒸気をかけられ、死亡する事故があったことがわかった。
天洋食品をめぐり、FNNの取材で、衝撃的な証言があったことが発覚した。
 2007年、天洋食品で働いていた19歳の女性が、事故で亡くなったという。
 女性の母親は「(死亡事故はいつ起きた?)過ぎたことだから、もう言いたくない」、
 「(工場の対応は?)騒ぐのはもうやめて。もう終わったこと。過ぎたことだから」などと話した。
かたくなに口を閉ざす母親に代わり、友人の女性が証言した。
 事故死した女性の友人は「彼女は工場の設備の中に入った。現場に入っていったのよ。
 蒸すところに。生の肉よ。肉を入れて蒸すの」と話した。
 女性は、蒸し器のある施設に忘れた携帯電話を取りに入ったのだという。
 そして、中に女性がいたことに気づかず、蒸し器が稼動された。

 事故死した女性の友人は「彼女が中に閉じ込められて、出られなくなりました。そこに蒸気が
 かけられ、翌日ドアを開けてみたら、彼女はもう死んでいたんです」と話した。
 天洋食品側は遺族に賠償金を支払い、表ざたにはならなかったのだという。
 この件について、元従業員は「(死亡事故のことを知っている?)聞いたことある」と話した。
 天洋食品の社員は「すみません、その件については、わたしの責任では答えられませんので」
 と語った。
 http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00126668.html

※動画:http://www.fnn-news.com/windowsmedia/sn2008020507_300.asx

※前:http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1202213747/


koeeeeeeeeeeeeeeee
流石中華qうおりてぃ

894 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 12:24:34 ID:pvXfc0QW0
>>893蒸器の中に携帯忘れるとか・・・・・・
しかし、似たような事件どこにでもありそうだな

895 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 12:26:13 ID:pvXfc0QW0
>>894言葉が足りんかった。作業場である蒸し器の施設に、だ。


896 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 12:30:35 ID:KgxpQm1v0
>841
そのネコの名前は多分ナトル。
見た異世界は多分ネコの国。

897 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 14:49:57 ID:w0svNKuFO
怖かったけど既出かも

子供のころ夢で包丁を持った奴に追いかけられる夢を見た。
つかまりそうになったところで目が覚めた。
あまりの恐怖に汗びっしょりだった。
その時二段ベットの上で寝ている妹が

「逃げるなよ」

と寝言を言った。

http://horror-terror.com/c-real/entry_50.html

898 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 17:46:36 ID:Y/429DIoO
中国は日本に対して
核ミサイルの照準を常につけている

899 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 17:52:29 ID:jOfAtjOM0
>>866
おおおおすごい
テンプレに追加だなこれは

900 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 18:15:24 ID:qzRCx3sn0
ひとつ昔の話を書かせてもらいます。
今から10年位前の話

俺はその時26歳のサラリーマン
その日、母から連絡があって親父の調子が悪くて病院に入院したらしい
お見舞いもかねて久しぶりに実家に帰省する事にした。
家から実家まではだいたい2〜3時間で帰れる
適当に2〜3日分の着替えと荷物を持って車に乗った。
家を出たのが、だいたい夜の12時ぐらいだったはず

車を走らせて40分くらいたった時
俺は国道から道を抜けて田舎道を走っていた。
なんとなく、ぼーっと走っていると途中で車が捨てられていた。
たぶん廃車だろう、塗装は剥げて、あちこち錆びだらけだった。
何気なく見たら中に男がいた、「えっ?」と、思って道に車を停めて
道を歩いて戻って中を確かめたら確かに男がいたんだが

それは「男の人形」だった、俺は少し落ち着いてまじまじと男の人形を眺めていた。
その人形は本当に良くできていて、店頭に飾ったりしている、無機質な感じの人形じゃなくて
いうなれば、とてもうまくて生々しい「絵」を人形にした、見た時はそんな印象だった。
それで、俺は芸術には興味ないんだがその人形に惹かれてしまって、というか、魅了されていた。
世界中の美女よりこの人形が美しいそんな風に思っていた。
そして、君の悪いことに俺はそれを持ち帰ろうと思って車に乗せて実家に帰った。

実家も近くなって、そろそろ田舎道を抜けようとした時に
「すいません、×××××、、、」(よく聞き取れなかった)
という、言葉が聞こえた、「あ?え?」おれは、困惑して周りを見たが誰もいなかった。
弱々しい男の声だった。空耳だろうと思い、気にもしないで家に帰った。

901 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 18:16:35 ID:qzRCx3sn0
家に帰ったら母は寝ていて実家は静かだった。母には悪いが家に入って、起こした。
母はとてもびっくりしていた、「何もこんな夜中に帰ることは無いでしょ!」
「ごめん、休みが少ししか取れなかったから、急いで準備してきた。」
それで、俺は自分の部屋で寝る事にした。朝、俺は母と一緒に病院に行った。

親父は急に倒れたらしい、それで特に異常は無いが何故か体の調子が悪いらしい
親父は元々ネガティブな考えの持ち主でたぶん「病気は気から」という言葉があるように
本人がまだ本調子じゃないと、思い込んでいるんだろうって思った。
適当に励ましの言葉をいってやって、実家に戻った。
家に戻ると、廃車で見つけた人形のことを思い出して、俺の部屋に運んで飾っていた。
さすがに、裸のまんまの人形を置いていたらただ変態だから、俺の服を着せてやった。
それから、特にすることもなく夕方ごろにもう一度病院にいった。

病室で、母と親父が何か真面目に話をしていた、俺が入ってくると急に親父が
「大事な話がある」と言ってきたのでまた、何かネガティブな事考えてるのかな
と、思いつつ話を聞くことにした。
親父は「俺は、昔たくさんの動物たちを殺してきた、たぶん100はやっている」
俺「は?何いってんのいきなり?気が違ったのか親父?」俺の言葉を流して親父は続けた
親父「昔、俺は、動物とか弱いものを虐めるのが好きだった。」
「猫・犬・鶏を色んな方法で殺した。(ここから殺し方が入ったのではぶきます)・・・
とにかく、俺は最低な奴だった。」そこで、母が
「私は知っていたけど、その異常な行動以外は普通の人で・・それに、怖くて
横から口を出せなくて止めてあげることが出来なかったの・・・。」
俺「いつから、していたんだ?」
「俺が子供のときから大学に上がるまでの間だ、その後はやっと自分の行動に歯止めを
掛けることができた。それからは、やっていない」
俺「何でそんな事したんだよ?」親父「・・・・・。」(何度聞いてもだんまりだった)
俺「でも、何で今更そんな事いうんだ?わけわからん・・・。」

902 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 18:18:09 ID:qzRCx3sn0
親父「3年ぐらい前から殺した動物達が”迎えに来る”と夢に出てきた、それで頭痛で倒れた日の夢で
動物達に”今日連れて行くと”言われて頭を捕まれたとき、俺の親父つまりお前のおじいちゃんが
動物達をはらいのけ必死で説得してくれた”孫とこいつを最後にお別れをさせてあげて欲しい”
”いや、今連れて行く””頼む、最後の一言を孫に言わしてやってくれ”
”・・・もう一度来るその時はきかない”それで、目が覚めた
それから考えて母さんにお前を呼ぶように頼んだ、お別れを言いたくてな」
俺「いや、3年の間そんな夢見ていたのなら、坊主にお払いでもしてもらえよ!」
親父「俺は、ただ自分のために動物を殺していったから、これはしかたがない
悪いのは俺だからな地獄行きは確定だ、そんなので坊主に頼めるか?”昔殺した動物達に
呪い殺されそうです死にたくないので助けてください”それは、いかんだろ・・・。」
俺「・・・今日は帰るから、ちょっと頭を整理したい・・・。」
それで、俺は実家に帰っていった。

部屋に篭って考えていた。ふと、なんとなく部屋の人形を見ていたとき
気のせいかもしれない人形が「そろそろですね」と、言いながら微笑んだ。
俺は完全に混乱して頭がイっちゃったのかなと、そのまま眠った。

夜中、目が覚めた、とても嫌な予感がした。虫の知らせとなのかな
俺は、病院にいった、親父の部屋にいったのだが、特に異常は無かった。
まじで、ほっとした、涙がぼろぼろでた、本当に怖かった。
落ち着いて、親父の部屋から出ようとしたとき、全身の毛が総立った。
心臓の音もばくばくいっているのがわかる、部屋の左を曲がった廊下の奥のほうから
何かがくるのがわかった。霊感も無い俺だがこいつはマジでやばいと直感で感じた。

903 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 18:19:28 ID:qzRCx3sn0
人形だった・・・俺は人形が歩いて来る中で冷静に考えていた。
(え?なんでこいつがいるんだ!?親父は動物に恨まれているんじゃないのか!?)
こいつが、親父に何かしようとしていることはなんとなくわかったが
でも、そんなこと考えているうちに俺のそばまで人形が来ると無表情な顔で
「僕は”うじおや”なんです、だから”てんさつば”を与えにきました」
(”うじおや””てんさつば”たぶんそう言っていた何の事かわからないです。)
そいつは部屋に入って動物の鳴き声みたいな声を上げていた、俺は体をなんとか動かして
部屋を見たら人形はいなくて、親父は普通に寝ていた。起こしたら
親父「すまん、すまん、お前に本当にすまん・・・」

それから、次の日、親父は病院を散歩している時に車に轢かれて死んだ。
病院の散歩コースに車が突進して頭を潰した。車を運転していたのは母です。
この後、母も1年後に親父を追って自殺するのですが、遺書に
”私も××(親父の名前)に毒されていたのでしょうか、動物を殺したことがあります。
×××(俺の名前)本当にごめんね、次は私の所にきました、こんな親を許してください。”

親父の葬式の日の夜、家のどこかであの人形を見た、微笑んでいました。
10年経った今は俺は何ともありませんが、実家は捨てました。
俺には、もう、血縁はいないはずです、知っていたのが父方のおじいさんだけですので
それに、この”恨み”が俺に来ないようにしたかったからです。
100もの動物達の恨みはこんなもんじゃ治まらない気がしますので
あの日以来人形は見当たりません、どこかにいったんでしょう

最後に俺は動物に嫌われます。犬にも鳥にも猫にいつも、威嚇されます。
一度猫に指先の肉を噛み千切られたことがありました。本当にさきっちょですが
たまに、もう”恨み”は俺にも来ているんじゃないかと不安になります。

904 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 19:36:49 ID:8amfAbrX0
>>890
それはバグだろwww
でも防衛軍の殺される兵士とか恐怖で狂った兵士の声は怖いよな

905 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 20:20:35 ID:+/QRA9ys0
>>674
ニコニコ動画みたいなタグ検索&編集できるようなモノ作ってくれよ。

906 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 20:33:00 ID:7k0ieoIg0
>>866
あなたが神か?

907 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 21:44:33 ID:6k6cvdc80
>>903
うじおや=「氏親」かな?氏神様なのかな?
てんさつば=天を向いて唾を吐く=自分の顔に帰ってくる=悪事は身に返るということなんでしょうねぇ。

ご両親への恨みは貴方が図らずもうじおやである人形を身近に寄せたこと、
悲しい形でご両親との別れを迎えたことで、
ある意味業を晴らしたことになるんじゃないかと思えたり。
怒りや恨みが収まらなかったらもっと怖い思いをさせられたんじゃないかと。

気になるなら氏神様に御参りをしてみるのも良いかもしれないですね。

908 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 22:05:25 ID:+/QRA9ys0
>>866
あ、もう既に作っていたのか。すげえ。
できればまとめサイトに付けて欲しいんだけど、>>866さんはどうかな?ぜひ許可して欲しい

909 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 00:35:43 ID:K//MStLv0
読んだら危険。てやつ読んでしまった。大丈夫かな?不安です、、。


910 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 00:46:00 ID:U8ubOQO4O
>>909
なんの話を読んだのかえ?

911 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 00:52:57 ID:K//MStLv0
か()まさん。てやつです。でも書いた人がいるから安心。とか勝手にポジティブにかんがえたりしてるんですけど。ビびり
やのにあほなことしてしまい後悔です。



912 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 00:55:26 ID:JvBWMRcY0
>>907
ありがとうございます。
相談するのもいいですが、仕事が忙しくて中々どうですかね、、、。
あと、此処に書いてなかったのですが
俺も、動物が死ぬ映像を見るとほっとするのでしょうか
安心するときがあるんです。実行はしたこと無いです。
たぶん私自身、病んでるかもしれません
でも、代々こんな一族なら俺の代で子供を作らずに
終えるつもりです。

こんな気味の悪い書き込みすいませんでした。
でも、誰にもいえなかったので「オカルト」という枠で
不特定多数の方が聞いてくださって、少し心が穏やかになりました。
ではでは、長文失礼しました。

913 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 00:58:45 ID:TI852G5P0
>>911
インターネットって知ってる?wwwは?
読んだら死ぬとか呪われるって話をこれまでにどれだけの人が読んだと思う?

病は気から。呪いは思い込みから。

914 :866:2008/02/07(木) 01:00:53 ID:3xRAbFyT0
>>908
こっちも勝手にリンク貼っていますし、何よりまとめサイトからデータ引っ張っていますから、
まとめサイトの管理人さんさえよければお願いします

htmlを扱う方ならご存知でしょうが、下のコードは検索ボックスのコードです
これを設置するとサイトに検索ボックスができます
検索ボックス内に入れられた情報を保持し、http://syarekowa.bex.jp/search.php(もしくは携帯用のほう)に飛ばすというものです

size="50" maxlength="255" となっていたり、ボタンに表示される文字が 「検 索」となっていますが、
そこは好きなように改変してくださって結構です
-------------------------------------------------------------------------------------------
PC用↓
<form method="get" enctype="multipart/form-data" action="http://syarekowa.bex.jp/search.php">
<input name="search" type="text" value="" size="50" maxlength="255">
<input type="submit" value="検 索" name="ja"></form>


携帯用↓
<form method="get" enctype="multipart/form-data" action="http://syarekowa.bex.jp/mo/search.php">
<input name="search" type="text" value="" size="10" maxlength="255">
<input type="submit" value="検 索" name="ja">
-------------------------------------------------------------------------------------------

最後に
みなさんのレスを読んでいると、作ってよかったなと思います
ニコニコみたいなタグ編集機能も考えておきます

915 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 01:02:36 ID:K//MStLv0
ああ〜そう考えるとそうだ!913さん。ありがとうございます!!助かりました!!!でもこれからわ興味本位
でみたりしないよう気をつけます


916 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 01:13:56 ID:XUE9SA/pO
試演

917 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 01:44:54 ID:U8ubOQO4O
>>911
ああ、やっぱり…。

あれは「読んだ人の所に来ます」ってのが最後に書いてるのが汚いよね。

自己責任とかみたく冒頭で書いてくれれば絶対読まないのに…。

918 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 01:48:19 ID:Nugvf6mTO
読んだら呪われる系の話を本気で信じてるやつ、マジうらやましい
俺ももう少し若かったらなぁ・・・

919 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 02:01:57 ID:BNy56k1yO
ではも少し若くないオマエは呪いそのものは信じるかい?

920 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 03:53:47 ID:X0/ZnO700
902 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/02/06(水) 18:18:09 ID:qzRCx3sn0
親父「3年ぐらい前から殺した動物達が”迎えに来る”と夢に出てきた、それで頭痛で倒れた日の夢で
動物達に”今日連れて行くと”言われて頭を捕まれたとき、俺の親父つまりお前のおじいちゃんが
動物達をはらいのけ必死で説得してくれた”孫とこいつを最後にお別れをさせてあげて欲しい”
”いや、今連れて行く””頼む、最後の一言を孫に言わしてやってくれ”
”・・・もう一度来るその時はきかない”それで、目が覚めた
それから考えて母さんにお前を呼ぶように頼んだ、お別れを言いたくてな」
俺「いや、3年の間そんな夢見ていたのなら、坊主にお払いでもしてもらえよ!」
親父「俺は、ただ自分のために動物を殺していったから、これはしかたがない
悪いのは俺だからな地獄行きは確定だ、そんなので坊主に頼めるか?”昔殺した動物達に
呪い殺されそうです死にたくないので助けてください”それは、いかんだろ・・・。」
俺「・・・今日は帰るから、ちょっと頭を整理したい・・・。」
それで、俺は実家に帰っていった。

部屋に篭って考えていた。ふと、なんとなく部屋の人形を見ていたとき
気のせいかもしれない人形が「そろそろですね」と、言いながら微笑んだ。
俺は完全に混乱して頭がイっちゃったのかなと、そのまま眠った。

夜中、目が覚めた、とても嫌な予感がした。虫の知らせとなのかな
俺は、病院にいった、親父の部屋にいったのだが、特に異常は無かった。
まじで、ほっとした、涙がぼろぼろでた、本当に怖かった。
落ち着いて、親父の部屋から出ようとしたとき、全身の毛が総立った。
心臓の音もばくばくいっているのがわかる、部屋の左を曲がった廊下の奥のほうから
何かがくるのがわかった。霊感も無い俺だがこいつはマジでやばいと直感で感じた。

921 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 03:54:48 ID:X0/ZnO700
ごめんごめん。

922 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 08:54:46 ID:6o5uV28g0
>>912
実話なのか?
よくできた、作り話だと思ってたんだが。
しかし、100や200の命、誰でも普通に奪ってきているだろ?
犬猫はないにせよ、何もしてないムカデや毛虫を、キモイという理由だけで
殺す人は多いぞ。
農家の人は毎年数万単位で罪もない昆虫や蜘蛛、カエル、カヤネズミなどを
殺してるし。
熱帯魚や爬虫類なんか買ってるヤツは、殺しても殺しても買い足すバカも多い。
ましてや、人殺ししても時効になったからって、平気で普通に暮らしている鬼や
酔っぱらい運転で三人も子供を殺しておきながら、のうのうと生きてるヤツも
いるだろ。そういう呪いがあるなら、とっくにそいつら死んでるだろ。

もし、事実ならご両親を殺したのは、動物霊じゃなくて「自分自身の罪悪感」
じゃないかと思うんだけどな。
そうだとすると、ご両親もあんたも、罪悪感の欠片もないクズどもより100倍マシな
人間なんだろう。

923 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 13:50:55 ID:dOowCe9OO
30:名無しさんの次レスにご期待下さい :2008/02/07(木) 04:24:23 ID:UprH0l660
風邪ひいてて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。
で、あたまがぐわんぐわんと痛くて、目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。
そこで記憶が途絶えて、気がついたら夕方で、あたりは見知らぬ景色。
買ったことない服着てて、髪染めたこともなかったのに茶髪になってた。
パニクって近くのラーメン屋に入って、ここどこと聞いた。大阪市の福島駅の近くで、時間が一年近く経ってた。ケータイの種類が変わってた。アドレス帳には、「ま」とか「ひ」とか、一文字の名前で電話番号が10程度あったけど、知り合いや実家の電話番号がない。
俺はなぜだか知らないがその知らない電話番号が恐ろしくて、川に捨てた。警察から実家に連絡した。
向こうもパニクってた。俺に捜索願が出てた。
とにかく、帰って、今もまだ月一で精神病院に通ってる。
仕事は元の会社には帰れないみたいだったので、今は派遣やってる。

924 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 14:01:32 ID:FUXB9FMP0
>>923
何年も前の超既出。

925 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 14:28:49 ID:tu3yMueO0
>>861
845自身が近所の嫌われ者だろうな

926 :qq9:2008/02/07(木) 15:35:16 ID:9s7GzRYF0
流れ読まずに投下。


今から20年位も前の話だが、
車のドレスアップが盛んな時代、
俺もエアロパーツを組み毎日のように市内を流していた。

そんなある日、俺は友人を誘い、夜10時頃からナンパ目的で、
繁華街をいつものように自慢の車で走っていた。
この日は平日で雨もパラついていたせいか、
女の姿もなく、しらけた夜だったので帰る事にした。

助手席の友人の家は○町だったので、友人を送る際に観光名所の○○○の近くを通る。
ごく稀に深夜にもかかわらず、夏場は観光できた女性の二人組など何度か目撃していた事もあり、
○○○の前を通るのが習慣になっていた(一度も成功したことはない)。
諦めムードでその前を通ると、一人の女の人が歩いていた。

927 :qq9:2008/02/07(木) 15:37:57 ID:9s7GzRYF0
続き

観光客ではないのはわかったが、
友人が声をかけ、「観光?」と問いかけた。
すると可愛らしい笑みを浮かべ「違うよ」と答えた。すごく可愛い女の子(18才位だと思う)。
物騒だから家まで乗せていくよと言うと、車に乗って来た。

「まだ時間ある?」と聞くと大丈夫と言うので、
○○山や○○岬などお決まりコースをドライブし、
午前1時を回っていたので、彼女を送り届けるため、
家の場所を聞いたが、彼女は火葬場で「かくれんぼしよう」と言って来た。
(火葬場は○○山の麓にある。)とんでもない事を言うなと思ったが、
ツーショットになれるかも?と下心もあり火葬場へと向かった。

続きます。

928 :qq9:2008/02/07(木) 15:41:21 ID:9s7GzRYF0
続き

やがて火葬場に着くと、
この女の子は、いきなり後部ドアを開け車から降りた。
そして、「私が隠れるから、あなた達100数えたら私を捜しに来て」と言って、
一人で火葬場の方へと歩いて言った。
(今では新しい火葬場だが、当時は古くて、渡り廊下もあり不気味な建物だった。)

俺たちは、恐さより下心が優先し、余裕だったのが一転、
「随分度胸のある女だな」と友人と話し、一応100数え二人で捜し行った。
五・六分捜したが見つけられず、大声で「帰るから出て来い。」と何度も叫んだが出てこない。
俺たちはハメられたと思い、おそらく、少し離れた民家の娘なんだろうなと二人で解釈し車に乗った。

続きます。

929 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 15:42:26 ID:PxbSFNlhO
まとめサイトの173の毛玉の塊っていう話の死んで詫びろって何?

930 :qq9:2008/02/07(木) 15:43:30 ID:9s7GzRYF0
続き

エンジンを掛け、クラクションを鳴らしたが、
一向に出てくる気配がないので、車を動かした。
友人が、もしかしたら慌てて戻ってくるかもと、後ろを振り返ると、

「ワーッ!」と大声で叫んだ。

俺がルームミラーで見ると、渡り廊下の窓が円く炎に包まれ、
その炎の間から、その女の子がバイバイと手を振っていた。
俺たちは猛スピードで立ち去り、友人の家になんとか無事に着き、
朝まで友人の部屋で震えていた。
やがて友人の母親が起きたので、
この話をすると、ただ事ではないと思ったのか、
この日、仕事を休み霊能者の所へ連れていかれ供養してもらった。

931 :qq9:2008/02/07(木) 15:45:57 ID:9s7GzRYF0
続き

この霊能者はお祓いをしている最中、
俺に車の後部座席にあるジュースを持ってくるように言った。
そんな物はないと思いながら車に行くと、
夕べ○○山で彼女に買ってあげたジュースがホルダーにあった。
たしかこのジュースを彼女が飲んでいたのをルームミラーで確認をしていたが、
ジュースの蓋は開いてはいなかった。
恐ろしかったが手に取り霊能者に持っていき、
それを神棚に上げると、霊能者はこう言った。

「夕べは遊んでくれて有り難う。楽しかった。」と。

次で最後です。

932 :qq9:2008/02/07(木) 15:50:40 ID:9s7GzRYF0
続き

霊能者は俺たち二人を祓い終えると、
「悪い霊では全くないから安心しなさい」と言ってくれたが、
この霊は生き霊だと言ったのが気になった。

そして、信じられない事が起きたのである。

その日の夕刊に、夕べの女の子が交通事故で、しかもひき逃げで死んだと言う記事が紙面に載っていた。
不幸な話だが、このような掲示板があったので、かなり迷ったが書き込むことにしました。

長々書きましたが私が体験した実話です。
乱文失礼しました。

933 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 17:13:44 ID:Dq8uyaKt0
まとめサイトの時空のおばさんが読めん

934 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 17:17:11 ID:Dq8uyaKt0
というか時空のおっさんシリーズは半分ぐらいリンク先がない

935 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 17:57:25 ID:5IiBFP+r0
>>926

コワーーーーー((( ;゚Д゚)))

936 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 18:18:28 ID:qNQ+uk6G0
>>926
礼儀正しいナンパで済んで良かったねと。
926の意外な紳士っぷりが「遊んでくれてありがとう」に繋がったんだな。

何にせよご冥福をお祈りします。

937 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 19:02:08 ID:GOzP3Ts90
悪い霊じゃないって霊能者のお墨付きで、しかも可愛いときたら…。
ちょっと怖いけど、俺ならケーキ持ってまた遊びに行くかもしれん。

938 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 19:25:58 ID:BCJT22z20
>>937
あくまで「悪い霊ではない」だけで、「害の無い霊」とは限らないのでお気をつけて!

939 :まとめ”管理”人 ◆Yjb2BjO/qc :2008/02/07(木) 20:17:45 ID:LjR2wnn40
>>914
まとめサイトの管理人です。
さっそくの申し出ありがたくお受けします。ほんとありがたい!
早速設置にチャレンジしてみます。

>>933-934
すいません、今直しておきました。

それと、洒落コワ無双のページですが、このページだけ他の鯖屋に置いていたんですよ。
すでに五つも投票所置いてあるんで、これ以上投票所置いて鯖屋から警告きそうで怖い・・
ところが、突然消されたようで・・・しかも最悪なことにバックアップ取ってなかった・・・
というか、取ったには取ってたんだけど上書きしたようで真っさらになってました・・・
「洒落コワ無双」に関しては、待っておいてください。

940 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 20:21:39 ID:tU2PdkZ80
>>926-932
あれ?これいい話じゃね?

941 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 21:06:37 ID:mFka3FIA0
無双って師匠シリーズでしょ。
あれだけシリーズ物扱いで1票あたりの価値がおかしいんだからこの際新規集計でいいよ。
1話につき初期値10票で開始すればいいさ。
殿堂入りする話がひとつもないのに無双って矛盾してね?
つーかあんなのが並ぶものない怖い話だなんておかしいだろ常識的に考えて・・・

942 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 21:16:55 ID:qNQ8h0St0
初投下 乱文お許しを
不動産屋から聞いた話
千葉県富○市七○に実在する物件
20年程前 その木造二階建の借家に住んでいた男が薬物に狂い
隣人を包丁で刺したそうだ
幸いにも隣人は軽症だったが 男は自宅前で灯油をかぶり
業火に身もだえ 転がりながら息絶えたらしい
当時はメディアも騒いだとのことであるが 数年後母子家庭の一家が入居した
母と二人の子供(姉と弟)
事件が風化していた訳ではないだろうが 何分にも生活が苦しかったらしい
安価な家賃につられたのだろうが 後の悲劇を呼ぶこととなる

943 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 21:17:52 ID:qNQ8h0St0
続き
数年間は何事もなく過ごした様であったが
弟が中学に入ると 人が変わった様にトルエンに狂いだした
母親が地元の警察に相談し 何とか更正を望んだようだが 症状は悪化するばかり
幻覚に慄き 全裸で表を徘徊する様になる
両手に包丁を持って
毒劇法違反などで何度も検挙されたが 中学生でもあり その措置は甘い
地元では 件の男の祟りなどと噂されていたらしいが ・・・
中学を卒業する頃 彼は姉を人質に自宅に立て篭もった
迷惑な彼をたしなめた隣人に 手にした包丁で切りかかった末のことであった
警察が出動し 彼は押えられた
部屋から匂う異臭
そう彼は部屋に灯油を撒いていたらしい
連行する警察に 嫌な笑いを投げかけながら 彼が視ていたもの
それは自宅の屋根の上
何度もうなづきながら 屋根の上を見やる彼
その後一家は離散したらしい
今でもこの呪われた物件は存在する


944 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 21:40:40 ID:Dq8uyaKt0
>>939
ありがとう

945 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 22:41:39 ID:fgMlZ5Gi0
友達の父の友達の話です。文才無いのでわからなかったらすみません。


友達の父の友達(以下Aさん)はよく友達を連れて登山に行く、とても登山が好きな人でした
ある山に登ったとき、天気が悪くなってきたのでAさんたちは近くの山小屋に避難しました
Aさんの友達の一人がとても幽霊好きで、そこで
「幽霊さん、居ませんか?居たら返事をしてください」
と、遊び半分で聞いたのです。
床を手で軽く叩いて音を出してまた聞きました。
「返事が無理なら、音を出してください」
すると先ほど友達のやった床を叩く音のような音が聞こえたのです
皆吃驚してその友達に逃げようといいましたが、友達は聞かずに色々な質問をしていきました
たとえば、何歳ですかと聞いたり。
そうすると2回叩いて間をおき、3回叩くとやって23歳と答えてくれたりするのです
だんだん、他の人たちも面白くなってきて皆で沢山質問しました

そしてAさんも
「何人居ますか?」
と聞いたのです。
すると四方八方、色々なところから何人もが叩く音
電車が横を通ったときのようなガンガンという凄い音が響き渡りました
皆驚いて転がるように小屋を出て、一目散に下山をしたそうです。

946 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 22:56:49 ID:h1bPi7Mq0
>>939
管理人さん、一桁投票所はいらないと思うがどう?
逆に分散すると思うけど


947 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 23:14:12 ID:OPyvqdXv0
いや、いるでしょう。分散というけど、両方合わせて1000近くあるんじゃないの?
一桁の説明では「埋もれてる作品を救済〜」とあるし。確かにあんなにあったら読むだけでも
大変だよ。
分散されてるから、読みやすいけどな俺は。

948 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 23:24:35 ID:FUXB9FMP0
>>946
私は個人的にはあっても良いと思うがね。
理由は>>947と同じ。+厳選していく為の段階としても意味があるように思う。

ただ、「無双」には疑問を感じる。無双という最上級の段階はいいんだが、
シリーズものである「師匠シリーズ」が一位というのは少しおかしいのでは。
特殊な怖い話の読み物としては面白いかもしれないが、決して一話一話が
死ぬほど洒落にならない程の怖い話だとはどうしても思えない。
何か師匠シリーズはもっと特殊な扱いにした方がいいのではと思う。


ともあれ管理人氏には心から乙ではあるが。

949 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 23:45:02 ID:OPyvqdXv0
無双=隔離、という考え方もあるw
正直、殿堂時代の師匠シリーズはずっと一番上にいて、他の作品が出てこれなかった感があった。

950 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 23:47:01 ID:OPyvqdXv0
まあ、でも
>何か師匠シリーズはもっと特殊な扱いにした方がいいのではと思う。

には賛成だな。読み物としては面白いんだけど、怖い話の1位と見たら違和感ある。
実質1位はコトリバコだと思う。
おっと、ちょうど950か。次スレ立ててくるわ

951 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 23:53:03 ID:OPyvqdXv0
・・・と思ったらホスト規制だってさ・・・誰か頼まれてください・・・・↓テンプレ

貴方が聞いた・体験した怖い話や、2ちゃんの色んなスレから拾ってきた死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみませんか?
 ・ジャンルや、事実の有無は問いません。
 ・創作も歓迎です。
 ・要は最高にこわけりゃいいんです

【重要ルール】
 ・長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿しましょう。
 ・煽り・荒らしは徹底放置・完全無視が基本姿勢。反応するあなたも煽り・荒らしです。過剰な自治も荒らしです。
 ・コピペの際には転載元を提示。2ch以外からのサイトからは許可を取ること。
 ・感想はOK。ただし叩き、煽りと感想は違います。日頃気をつける程度に、言葉には気を遣いましょう。
 ・次スレは950レスを超えてから立ててください。

 まとめサイト・投票所       (モバイル版)         まとめミラーサイト
http://syarecowa.moo.jp   http://090ver.jp/~usoriro/  http://mirror.bake-neko.net/

○余り怖くない話と思うなら「ほんのりと怖い話」スレへお願いします。
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1202172930/

※スレ違いな投稿はこちらへ
【荒らし】洒落怖第十壱別館【禁止!】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1191780262/

前スレ
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?187
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1200909111/

952 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 23:57:19 ID:tpCWOTt60
>>951
やってみる

953 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 23:59:39 ID:82+CUnpZO
いい機会だから師匠シリーズ再集計したらどうでしょう。
勿論一話一話バラバラにね。

954 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 00:01:09 ID:tpCWOTt60
規制でだめだった。
次の人よろしく。

955 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 00:01:18 ID:tU2PdkZ80
おれいくわ

956 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 00:02:18 ID:tU2PdkZ80
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1202396512/
ほい

957 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 00:44:09 ID:bH+ssY3YO
お疲れさん

958 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 01:18:11 ID:Rw4HAUbs0
皆さん御苦労様です。

こうやって荒れもせず意見言い合える空気やっぱり気持ちいいなあ。

959 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 01:31:06 ID:XxjC2Tfk0
ざっと読んでたらなぜか思い出したので投下。

小さいころから、へんな人に絡まれやすかったんだけど、
思い返してみると3,4年ごとくらいに「おまえか」って聞かれてる。
すれ違いざまに突然。
同じ人かは分からないけど、似たようなかっこうしてる。でも会う場所はばらばらだからちがう人かなあ。

960 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 01:49:29 ID:u7HVsXYAO
へぇ

961 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 02:09:18 ID:Qogs5Wnm0
何年か前、中央線の最終電車で帰っていたとき
なーんか嫌な空気を感じて、ふと顔を上げたら
隣に青白い顔した青年が立っていた

目の焦点があってなくて、ヤバイ人かなーと思ってたら

なんか上体をぐるんぐるんまわし始めた

腰から上を、体操みたいに

目はカッと見開いて、前を見てるけど焦点あってないし
何を見てるのかもわからない

近くにいたおばさんが
「大丈夫ですか・・・・そこの席空いてますよ、座ってはどうですか」

って言っても反応せず


ぐるんぐるん ぐるんぐるん

おばさんが再び
「あの・・・」
て声かけようとした瞬間

その青年は


1mくらい飛ぶゲロを大量に吐いた
ちょうど前方にいた若い女性に直撃
酔っ払いって怖いと思った

962 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 02:40:32 ID:2DKW0pcu0
ある日部屋のドアから風が吹いて目が覚めた。
風?家の構造上まずそんな風吹くはずないのに。
ドアのほうを見ると体育座りした白い女がいた。
それだけ

963 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 02:43:40 ID:2DKW0pcu0
まだいるよ

964 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 03:54:16 ID:ap1jRlMeO
>>961
その女性も気の毒になあ…
俺が大学の時の女友達、学校帰りの電車で似たような悲劇にあったんだよ
隣に座ったリーマンが突然、彼女のパーカーのフードの中にゲロ吐いたのさ。

酔っぱらいはほんと怖い。

965 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 06:53:43 ID:rkmGcjqFO
う し ろ

966 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 07:12:06 ID:WvyehLen0
これは妹の体験
人の住むような所から少し離れて
ちょっと山に入った所にとある公園がある
近くには神社があるのだが
それらが山の中腹にある為か
普段は人なんてほとんどいない

ある時妹が友達とその公園で遊んでいて
そろそろ帰ろうかという時間になった
ふと神社へ向かう方の道を見ると足跡がある
黒くて大きい人ならぬモノが付けたかのような…

後日その場所へ行ってみたところ
そんな足跡などは何処にも無かったらしい

自分はそこの神社にある井戸の水を生で飲んだ
人にそれを言ったら腹壊すぞって言われた
今でもその神社と公園は健在

967 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 08:06:18 ID:u7HVsXYAO
>>966
妹の体験を
妹の性体験と読んだ俺はもう森には帰れない

968 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 08:36:40 ID:Pqr/8EUAO
>>967
土に還れ

969 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 09:24:58 ID:EXWe6hYEO
アハンアハン!アハンアハン!

970 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 09:32:26 ID:Tnf/MlHN0
師匠シリーズ再集計に一票。
好き嫌い別にして「怖い話」と思ってる人はそうはいるまい。

971 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 10:21:59 ID:siuHWS8E0
中高生限定な。

972 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 12:42:08 ID:GsU4ctxS0
人間の怖さで1つ。昭和60年代にうちの小学校に居た6年生女子の話。
結果から言うと、そいつは早朝に下記の姿で発見された。そして、事件は揉み消し。

・顔が赤紫や青紫に腫れている。鼻血の乾いた痕があった。両目も腫れてて開けづらそうにしている。
・シャツとパンツ。成分不明瞭な汚れが目立つ。頬にウンスジ説もあった。
・お腹をしこたまやられたらしく、こげ茶色と深緑を混ぜたような色合いのものを吐いた。
・二の腕と背中に何条もの蚯蚓腫れ。
・下腹部と尻に火傷が多数有り。
・ゲーの臭いがしてた。まばらに色々な光沢感(テカリ)があった。色々なくさい臭いがしていた。髪が雑巾臭はっしてた。
・脚が紺色系の痣だらけで、変な棒みたいになってる。ときたま面白い歩き方もする。どこか持たないと歩きづらそう。
・持ち物は裏庭の池に沈没(手提げとランドに石と一緒に詰めてドボン)。
・胸にペンチで切られたような傷が3箇所(5箇所説もあった)。
・背骨が微妙に湾曲、体中の関節も痛いのか悪くしたのかまっすぐ歩けない。
・すぐ肉離れをする体になってた。
・男性教諭の肩を借りている最中に突然叫び、教諭が見事な足払いで転倒させる。頭の傷はこのときの?
・指が変色したり動かなかったりした。前腕や手の甲は一面紫色で腕があがりにくく、壁に手を着いても痛そうにした。
・夏休みにプールに来るまでに回復した彼女の肩甲骨の位置が、微妙に左右対称じゃなくなってた。
・他にも事柄が1つあるのだが、敢えて伏せておく。

973 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 12:45:54 ID:GsU4ctxS0
>>892
じゃあ、そういう猫(に見える生物)は、ジャンプはできないわけだな。
人に持ち上げてもらったりもできない。
地に足が着いた状態じゃなきゃ、異変は普通の人間にでもわかるわけだ。

974 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 13:04:05 ID:TjO+ZR/7O
中学のとき、夏休みを利用して友人の祖母が住む田舎に泊まった。
夜、布団で寝ていると、足元のほうから畳がすれる音がする。
気になってそっちに目をやると、着物姿の老婆がお盆?の
ような物を両手に持ってゆっくり歩き回っていた。慌てて
体を起こそうとしたが、動かない。だが目だけはしっかりと
老婆の姿を捉えていた。しばらくして老婆はフッと消えた。
翌日、友人にその話をすると、
「それうちのひいばあちゃんだよ。いつも着物きてたし」
と言って、写真を持ってきた。その場にいた友人の祖母も、
「お盆が近いからきっと出てきたのねー、悪いひとじゃない
から怖がらないでね」
と、俺に話していた。
だが、そのときは言い出せなかったことがある。
写真で見た友人の曾祖母と、俺が見た老婆は、まったくの別人でした

975 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 13:25:50 ID:B/0/RZmxO
>>972
もう一つの事柄も書いてくれ

976 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 14:12:57 ID:nl3QQDxH0
そこは伏せとかなきゃ

977 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 14:49:27 ID:vV1b26y60
>>942-943
昔、富里に住んでた兄貴から聞いたところ、それガチだって言ってたよ
409号線沿いの、七栄小学校の近くじゃねぇかってw
ガクガクブルブルw

978 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 22:29:48 ID:u7HVsXYAO
埋め

979 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 22:50:41 ID:+HQMNSqx0
大した話ではないけれど、さっきあった事。

一人寂しくカセットコンロで鍋を食ってた。
そしたら、当然の様にガスが切れた。
ガスを交換して、火を点けようとしたら全然つかない。
何回レバー?(でいいのかな?あのカチカチやって火を点けるヤツ)を捻っても、
チャッカマン使っても火が点かない。
疑問に思って、コンロの火がつく所を横から覗き込んだら鍋の外側の一番
底の部分に凄く薄っぺらい顔があった。
んで、点火プラグ(でいいのか?)な部分をなめてた。
固まってたらこっち向いたんで必然的に目が合って気絶したらしい。

煮ていた鍋の具が可哀想な事になってる・・・

おまいらおはよう・・・





980 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 22:57:15 ID:5vmLIV49O
>>979

そんな所にピョン吉が……

981 :979:2008/02/08(金) 23:04:51 ID:+HQMNSqx0
>>980

霊ならまだしも、平面な上に人語まで解するカエルが自分の部屋に居るなんて耐えられません・・・

982 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:07:05 ID:/0PM7d9l0
火事とか一酸化炭素中毒にならなくてよかったね。

983 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:09:20 ID:siVAd+HwO
まてそいつは男か?

984 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:16:12 ID:8x6t06S5Q
>>979鍋奉行の霊だね

985 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:53:26 ID:wYLDqrBe0
「あったかくなって来たな。」
炭はみるみる赤くなる。
庭の方から、早馬の到着を告げる小使いが駆け寄って来た。
「急に開けるな!寒い、寒い。」
そう言って顔を上げた。
「!!!」
明らかに三頭身!もこである!

986 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:53:59 ID:wYLDqrBe0
37階に人の気配は無かった。電気も点いてない。
このフロアは今日は休み。
エレベーターのボタンを押そうとした時、後ろの部屋の奥から黒板消しクリーナーの作動音がした。
一ヶ所だけ開いているドアがある。
中を覗き込むと、そこは窓があるだけの何もない部屋。
中央にポツンと黒板消しクリーナー。
誰もいない。
スイッチを止めると、窓が開いて、上の階から外壁を伝ってモゾモゾ誰か降りて来る!
足場が無いので、苦労しているようだ。
一瞬見えた。明らかに三頭身!!!もこである!

987 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:54:27 ID:wYLDqrBe0
一軒家を新築しました。今日で一週間になります。
引っ越しの後片付けなどで忙しいですが、やっと落ち着いてきました。
夜になると家鳴りがします。ラップ現象ともいいます。
外気との温度差が原因らしいです。
でもこの前、見てしまいました。家の壁を押す人影。
明らかに三頭身!もこである!

988 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:55:39 ID:wYLDqrBe0
室町年間、大覚寺党の寺院にある僧兵があった。
相次ぐ相続争いで、人も物も皆、疲弊しきっていたが、この僧兵に於いては例外であった。
争乱の中、闇夜に紛れ一人領内の堂に出掛けて行った。
不審に思った僧の一人が、後を付けて行った。
僧兵は堂に入ると、おもむろに僧衣を取り始めた。
明らかに3頭身!!!
もこである!!

989 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:56:02 ID:wYLDqrBe0
左舷前方に小型不審船を発見。方向転換し急加速して行く。
かなり早い。
このままのスピードでは、追い付く前に制限海域を脱してしまう。
「押しましょうか?」
聴き慣れない声に振り向く。
明らかに三頭身!もこである!

990 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:56:37 ID:siVAd+HwO
>>985-987
恋をした。結婚してくれ。

991 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:57:34 ID:wYLDqrBe0
刄は容赦なく振り下ろされる。
「・・・もはやこれまで」
観念したのか、落涙していた。
そこへ突如、ある一団が乱入して来た。
「動くな。」
ドスッ
「あっ!」
首が転がり落ちた。
「何故この様な暴挙を!」
「いたしかたなし。」
一団は目を血走らせ襲いかかる。
その時、この世のものとは思えない一鬨の号が走った。
「もこだよー」
明らかに三頭身!!
もこである!!

992 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 23:58:39 ID:wYLDqrBe0
高校の頃の先輩とドライブを楽しんでいた時の話。

私達は先輩が買った新車で郊外の峠を走っていました。最初は峠の先にある山まで行って
飲み食いしながら景色を堪能する計画を立てていたのですが。途中通行止めのため
仕方なく引き返すことにしたのです。
「残念だったなぁ、なんで通行止めなんだよぉ。」先輩が愚痴をこぼすのを聞きながら
私は買いだめしたビールとおつまみに手をつけました。
「先輩もどうですか?」私が先輩にビールを勧めると先輩は「運転中だから。」と
誘いを断りました。そうこうしてる内に車はトンネルに入りました。すると突然車の
スピードが上がり私は座席に頭をぶつけてしまい、驚きながら「一体どうしたんですか!?」
先輩に話しかけると先輩は無表情のまま「後ろを見るな!!」と叫びます。
私がどうすればいいのかわからず戸惑っていると、ふとサイドミラーに目が止まりました。
そこに写っていたものは車にしがみつく無数の腕、私は気を失いそうになりました。
先輩は無表情のまま車をかっ飛ばします。そしてトンネルを勢いよく飛び出し、
そして道の脇にそおっと車を止め、後部座席を覗きこみ辺りを見まわしました。
「もう大丈夫だ。」この一声で私は安堵に包まれ一息つき、先輩に尋ねます。
「今のはいったいなんだったんですか!?」すると先輩は後方のトンネルの出口を
見つめながら呟きます。「この季節、たまに出るんだよ、あれは・・・」




明らかに三頭身!!
もこである!!

993 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 00:01:09 ID:wYLDqrBe0
俺が先週、実際に体験した事を書かせてもらいます。
俺は19歳の大学生、名前は仮にSとさせてもらいます。
俺はつい一月前に免許を取ったばかりだったんです。
で、オヤジの車を借りて、サークルの連中と隣の海岸まで花火をしに行こうって事になって
とりあえず部室で全員拾ったんで、高速に乗ったんです。
ちょうど県境のトンネル付近だったと思います。
高速が夜間の整備かなにかで速度規制されてて、70キロくらいで走ってたんです。
で、後部座席で煙草を吸ってた後輩が、急に素っ頓狂な声を上げて
「先輩、もっとスピード上げませんか?」
って言うんです。こっちは初心運転期間だし、オービスも、ネズミ捕りに引っかかるのも嫌なんで
曖昧な返事をして、適当に流してたんです。
そしたら、助手席の先輩が
「おいS、いいからスピード上げろ。振り切れ。それとな」
先輩も興奮していて、早口になっていたんですが、最後の部分は、自分に言い聞かせるように
ゆっくりと、ひと言づつにアクセントをつけてこういいました。
「何があっても前以外は見るな!」
でも、そう言われると、後ろが気になってしまうもの。
そして俺は、バックミラーで見てしまいました。
車の後ろには、髪を振り乱した女の人が、走って追いかけて来ていました。

明らかに三頭身!!
もこである!!

994 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 00:01:51 ID:TolCMddnO
よくわかんないけどモコたんにハァハァ

995 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 00:03:27 ID:wYLDqrBe0
山岡「このスレも終わりだな」
栗田「山岡さん、なんてこと言うの!みんな一生懸命…」
山岡「一生懸命やればいいってもんじゃない。怖い話には条件があるんだ」
厨1「な、なんだよ、漏れの話のどこがいけないっていうんだ」
山岡「まず長い。長ければいいってもんでもない」
厨2「ふん、どうせ読みもしないで文句言いたいだけだろ」
山岡「ネタもありきたりだ。カキたいだけならオナニーと一緒さ」
栗田「山岡さん!」
厨1「偉そうに言うけど、だったらネタの条件ってなんだよ」
山岡「夢と金縛りはタブーだ。読む側にとってはちっとも怖くない」
厨1「うっ…」
山岡「それとありきたりの状況も避ける。柳の下に幽霊がいてもハァ?だ。
   病院や墓地、廃墟などで怪異があってももはや誰も怖がらない」
栗田(たしかにそうだわ…侍や日本兵の幽霊なんて今さらポカーンだし、
   事故や事件で人が死んだ場所なんてあっちこっちにあるわ)
山岡「そういう工夫もしないで、長く読みにくい改行、誤字だらけじゃあな」
厨2「だけど実際漏れは友だちから聞いたんだ…」
山岡「その聞いた話も白ける原因だ。新聞に載りましたもソースキボンヌで…」
もこ「もこだよー」
山岡「キ、キボンヌで、スレがどんどん荒れ…」
もこ「怖い話をしていいですか。いや、します、止められてもします!」
山岡「…あ、あんたみたいなのがいるから益々スレが…」
雄山「士郎、どこまでも情けないやつめ。儂が仕込んだもこがそんなに怖いか」
山岡&栗田「海原雄山!!」

996 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 00:04:18 ID:wYLDqrBe0
道をたずねた。
「すみません。ドコモの鉄塔へはどう行けばいいでしょうか?」
「しってるよ。つれていってあげるね。」
親切な人でよかった。でもこの人、癒し系だがなんか変だ。
「はい、つきました。ここだよ。たのしくあそんでね。もこもこ。」
「あのー、ここ、ドコモの鉄塔ではないのでは・・・」
「もこもこもこーっ!!!」
とじこめられてしまった。
そう、ここは「もこの鉄塔」。人気料理はもこりタン。

997 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 00:11:11 ID:TolCMddnO
(*´Д`)モコたーん

998 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 00:11:19 ID:D2O+aKvMO
もこで埋めるのか?

999 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 00:12:22 ID:D2O+aKvMO
もこ結構好きだけど。

1000 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 00:12:58 ID:D2O+aKvMO
千?

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

399 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)