5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part36∧∧

1 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 09:31:06 ID:a7YY96wj0
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part36∧∧

いつの時代もそこにある異界、山。
知られざる深山、身近な里山、神社仏閣の「お山」、あるいは昔山や丘だった場所…
山にまつわる怪談・奇談をマターリ語っていきましょう。

前スレ
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part35∧∧
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1188165789/

有志まとめサイト(”管理”人 ◆5TH.rvJzlM 様)
http://yamakowa.fc2web.com/frame.html
山怖まとめサイト2(Part19〜)
ttp://hp.kutikomi.net/yamakowa/
携帯用
http://mblst.jp/~yamakowa/

2 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 09:33:41 ID:a7YY96wj0
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part34∧∧
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180412998/
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part33∧∧
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1175434477/
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part32∧∧
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1170588039/
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part31∧∧
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1164769091/

3 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 09:43:05 ID:LUUvjQnD0
>>1
乙彼!俺のテンプレじゃ一レスに入りきらなかったか。スマソ

4 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 09:56:41 ID:a7YY96wj0
>>3
あ、いや 入れようと思えば入れられたんだけど
専ブラ以外で見るときロード重くなるかなと思って>>1は最小限にしてみた
まずかったら次から修正お願いします

5 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 09:59:35 ID:LUUvjQnD0
いや、大したことじゃないし別に構わないと思うよ。

・・・というかまとめスレあるんだから歴代スレはいらないんじゃないか?

6 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 10:23:21 ID:KulbW2OSO
>>1
おちかれー。
これで正月、実家で暇をもてあまさなくてすむよ。

7 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 10:25:04 ID:+jtsvv/b0
まあ、こいつらの這いっているのは丘だがねw

おまえら、本当にお前たちだけで、その山々を崩して
人工物作れるとでも思っているのか?w

だいたい、コンクリートは古代巨石文明のような石ではないぞw
べつの物が支えている。鉄骨なんて主たる物じゃないw

8 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 10:32:08 ID:kj5FFDeX0
>>1

携帯使いの>>6さんには申し訳ないがスレをブックマークしてもらって
しばらくはsage進行で行きませんか? と提案
前スレ最後の方ではちょっとアレでしたし。

9 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 10:32:52 ID:kj5FFDeX0
無駄ですか・・・orz

10 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 10:35:02 ID:LUUvjQnD0
>>9
リンク貼ってるし見つける気なら何やっても無駄さ。それよりこれからはNGに入れるか何かして完璧にスルーしたほうが得策だと思う。

11 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 10:43:19 ID:kj5FFDeX0
ですよね。
相手してた人、自演でもしてるのかと思ってしまった。

12 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 13:27:31 ID:b+TZ0qMx0
>>前スレ572
あの重さじゃ見れる人は少ないと思うよ
悪いけどあきらめた

13 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 14:15:30 ID:YQfzwxG80
211 名前:U-名無しさん[] 投稿日:2007/12/31(月) 09:36:55 ID:405Cm/HH0
雪がふったよ
http://up2.viploader.net/upphp/src/vlphp114266.jpg

14 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 15:19:40 ID:0qXtPz4o0
(゚Д゚)

15 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 16:10:18 ID:zqD1kLOE0
>>10
同意。この内容の書きこみをもうずいぶん続けてる統失患者さんですから。

16 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 16:56:25 ID:EfjrEa600
知り合いの話。

彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
派遣する業態の風俗のことだ。

「こんな仕事してると、そりゃ変な思いを色々とするんだぜ。
 風俗利用する輩ってのは、素直に自分の欲望吐き出すのに使ってる訳で、
 中にゃ 実に困ったチャンな客も多いんだよ」
 ちょっとでも風俗に関わると、世の中で一番怖いのはやっぱ人間だって思うね。
 表に出せないだけで、結構犯罪絡みの話も聞くし、体感したこともある」

そんな話を色々と聞き出していた中に、一寸毛色の変わった話があった。

「あ。そういや怖いマンションがあったわ。
 人が怖いんじゃなくて、オカルトっていうか、そっち方面で怖い思いをした。
 といっても、俺が見たのが霊かどうかは本当わからないけど」

「プレイ時間は基本六十分が多いからな。
 女の子送り届けて、また迎えに来るまで、一時間ほど時間を潰さにゃならん。
 でもそのマンションっていうのが山深い所にあってよ、街中まで帰るとどうにも
 時間が中途半端なんだ。
 だからもう帰るのは諦めて、少し離れた辺りに路駐して仮眠取ってたワケ」

「そしたらよ、誰かが窓を叩いて起こしやがる。
 でっきりお巡りかと思って大慌てで飛び起きりゃ、これが誰もいないんだ。
 おかしいなぁってんで外に出てみたんだが、猫一匹いやしない」


17 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 16:57:27 ID:EfjrEa600
(続き)
「首傾げながら車に戻ったんだが、しばらくしてまたダンッって窓叩かれた。
 今度は寝てなかったからよ、モロに見ちまった。
 いきなり空中に白い手が現れて、フロントガラスを叩いてったのを」

「もう頭が真っ白で、必死でエンジン掛けて車を出したんだ。
 峠半分下った辺りで冷静になったんだが、あかん、まだ三十分も残ってる。
 仕方なく時間が来るまで、峠をグルグル登ったり下りたりしてた。
 真っ暗闇であんなの見てしまうと、駄目だね。ビビるね」
しみじみと彼はそう述べた。

彼の言うマンションが、正に私の友人が住んでいる所と知ったのは、
その後しばらく経ってからだった。


18 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:01:28 ID:EfjrEa600
件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。

「やんなっちまうよ。前に話したマンション、あっただろ。
 あれからしょっちゅうお呼ばれしてるんだ。
 怖いから嫌だって抗議したんだが、駄目だとさ。
 まぁうちで送迎しているのは俺一人みたいなモンだから、仕方ないんだが」

「うん、止めてるとやっぱり窓叩かれる。
 それだけじゃなくて、車内が生臭くなるようにまでなった。
 だから同じように、峠を上り下りしてたんだけど」

「丁度峠の中程でな、白い女が立ってたんだ。
 いや立ってるだけで何する訳じゃないんだが。
 時間が時間だけにおかしいなって」

「気にしないようにして時間を潰し、女の子迎えにマンションに戻ったんだけど。
 帰る時もその白い女、同じ場所にずっと立ってるんだ。
 そこで女の子に『変な女が立ってるね』なんて話振っちまった。
 失敗だったなぁ」

「その子には、その白い女が見えていなかったんだ」

あそこから電話がある度、もぅ泣きそう。ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。


19 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:03:15 ID:EfjrEa600
件のマンションからの電話は、月に二回のペースで途切れることがなかった。
オーナーに直談判し、一時はその客は断ろうという流れになったのだが、結局断れな
かったのだという。
その客は常にダブル、つまり倍の時間で予約を入れ始めたのだ。
往復の経費が一回で済むことを考えると、これは美味しい。
そのせいかどうか、マンションの客は御得意様になってしまったそうだ。
「まぁダブルになったんで、街中まで帰っても時間がイイ感じになったんだけどな。
 でもやっぱり、あそこに行くのは嫌だよ」

「この前、俺が都合付かず休んだ夜があったんだ。
 だからその日は仕方なく、オーナー自ら送迎に走ってた。
 で、俺にとっては運良くその日に、あのマンションから電話があったのよ。
 オーナーも俺から話は聞いてたんで、ビクビクしながら出向いたって」

「窓は叩かれなかったそうだ。・・・窓はね。
 『何だあの野郎、怖がりすぎなんだよ』そんなこと思ったらしいな。
 で、マンションの前面道路に車止めて一服してたら、変なモノが見えたって。
 奥側の建物、その壁面を、何か大きな物が這ってたんだとさ」

「月もろくに出ないような暗い晩だったのに、何故かくっきりと見えたんだと。
 大トカゲか大ヤモリでも見たんスか?って尋ねたら、怖い顔してこう言ったさ」

「『ヤモリがフレアのロングスカートなんて履く訳ねぇだろ』って」

「そいつはスルスルと明かりの点いていない部屋のベランダに滑り込んだらしい。
 見えなくなってから、即座にそこを後にしたってよ。
 だから止めましょうよアソコ!ってしつこく抵抗したんだが、金には勝てなかった
 みたいで、それからもずっと、今に至るもお得意様。
 でもオーナーは、自分ではあそこに二度と行ってないけどな」

腹立たし気にそう言っていた。


20 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:08:48 ID:EfjrEa600
>>1さん乙にございますデス。
何とか本年中に復帰できて良かったッス。
このスレの皆様方、今後ともよろしくお願いいたします。

んでは。


21 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 18:21:07 ID:OMxT2vGO0
>>1乙
雷鳥さん、面白かったです。

みなさま、雷鳥さん、よいお年を。

22 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 19:19:17 ID:E4e2kkPl0
524 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2006/11/02(木) 21:30:29 ID:wmjxOYyF0
このスレで言うのもなんだが、大昔の大学時代に
飲み会で披露した「もっともらしいホラ話」

良い具合に酒が回ってきたところで、後輩や同期に
「山で食料が尽きたらどーするんだ?やっぱり釣りと狩りとか?」
「いや、こいつなら麓の畑に盗みに入るんじゃね?」



等々、ネタにされた漏れ
おもむろに「いや、OBの○○○先輩に教わったのは、山の中腹あたりの
一般人がテントを張る場所を昼間のうちに確認しておいて、夜中になったら
手製のお面を被って、黒く塗ったパンツ一丁でテントの周りを歩き回るとか
テントの前で無言で踊りまくるとかだな。
大抵、翌日に大急ぎで山を降るから食料とかを結構残していってくれる」

・・・・と、言ったら「それ本当か?」(複数)
「本当です!」と、漏れ。

みんな信じていたな。「うちの大学冒険部の伝統的な食料調達法だぞ」と言ったら。
とりあえず、○○○先輩や関係者はこのスレ見てないと思うので。

先輩を思い出したらバケットが喰いたくなったよ。
キャンパスでいつも昼飯があれだったなぁ・・・・

23 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 19:21:09 ID:KulbW2OSO
>>8
了解です。
sage進行でいきましょう。

24 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 19:59:00 ID:ks9sbnTI0
>>16-19>>15
確かにこんな幼稚なゴミレス、真剣に書いたり読んだりしてりゃあ統失患者だわw>>15


25 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:01:04 ID:ks9sbnTI0
>>8=>>16=>>23

すみません、このスレ全部漏れの自演でした…      ∧_∧
           ∧_∧                   (´<_` ;)
           ( ´_ゝ`)                  /   ⌒i
          />>23 \                 / ィ   | |
     / ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄/
__ _/  Prius  //  FMV  //  VAIO // Mebius // LaVie  /____
   \/_/ ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄/
   _ /ThinkPad //WinBook//DynaBook//Libretto // Presario/
   \/_/ ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄ ̄ ̄/
   _ / Inspiron //Endeavor//InterLink //  Evo  //Let'sNote/
   \/____//____//____//____//____/

           今までありがとうございました!!


26 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:14:09 ID:ks9sbnTI0
>>16-22
>雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ
>知り合いの話。

>彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
>デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
>派遣する業態の風俗のことだ。

>件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
>一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
>焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。
>ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。

社会の低辺ども、風俗店のボイどもやパシリどもと、知り合いどころか
酒奢るほどタメだなんてw
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQは、自分でアホリアルをカミングアウトするなんて、とんでもない知障のDQNだなw
このスレに来る人少ないが、通りすがり達は雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQに関わりにならないほうがいいぞw

27 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:21:39 ID:JTFGGVczO
>>1
一年の最後に、雷鳥さんの話しが読めて良かったです

28 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:33:58 ID:E4e2kkPl0
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。..||
 || ○重複スレには誘導リンクを貼って放置。ウザイと思ったらそのまま放置。||
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。     .||
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。              .||
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。          .||
 ||  荒らしにエサを与えないで下さい。        Λ_Λ シャキーン       ..||
 || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて  \<Ф♯Ф> 頭のおかしい人は相手しない。
 ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。      \⊂⊂ |  これキホン。     .||
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧____ | ̄ ̄ ̄ ̄|_______||
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧      ̄ ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は〜い、先生。
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ  

29 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:34:42 ID:GX+KjtQh0
>>1

>>16-20
雷鳥さんおかえり&おつかれさま。
とても興味深い話をありがとうございます。
またのお越しをお待ちしております<(_ _*)>
よいお年を〜



30 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:47:14 ID:dezXj4EH0
>>16-22=>>1-12=>>15=>>23=>>27-29
     /::::::::::::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;|::::::l::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::__::::::::ヽ
  __,ノ::ノ:::::l:::::::::::::::;リ;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::|::::l:::::::::::::::::::::::/    ヽ:::|
  `ーァ/:::::::|:::::::::l::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!::::::!::::{:::、::::::::::/        ヽ
   ノハ:::::::ノ::::::ノ:/====、_;;ゝ:::ヽ::ヽ:ヽ::::::|  見  バ   |
   ´  i::::/::::ハ::kィ-t=.=rミ_ `7!:ハ:::ヽヽ'、ヾ、|  え   カ   |
     }::/:λjト!ヾ.``,,, ̄,,,,` }fニニヽ:\゙、` |  る   に   .|
     ソハ::寸`'==.,,、..__ノ/ ;,  |{、``,,,,,,, |   ぞ       .|
        |:::ヽ!   ` ̄ ̄ ̄ ,;;,  `ー===|           |
       ソヘ::|、        ;;;,        |          /
         ノ::| '、       ;;;;,       ヽ      /
         {::::| ::゙、 ヽ,.._  ヽ_ '´       ,`ーァ_r― ´
         ヽN ::`、 ヽニ ー―――_.一'´/: | '´
        /,':| ::. ヽ  、_  ̄ ̄ ̄´ '´/.::: ト、
      __,/ //i|  ::. ゙、    ̄ ̄   /..:::  /ハ\
_.. -‐ ´/ /:/ {.|  :::.. ヽ、     /::::::::  //::|lヽ\
   /   /:::l | !  ::... ..:` ―― ´...::::::::  //:::::|l '、 `ヽ _
 /   /::::::! |    ::::::::::::::::::::::::::::::::::    //::::::::|l ヽ


31 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:48:15 ID:dezXj4EH0
糞スレ立てた雷鳥のヲナニ−阻止で、age進行な!

32 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:54:16 ID:vwaQ3MHo0
連日、雷鳥さんの話を拝読できて嬉しかったです。
良いお年を。

33 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:55:40 ID:IeCJZbIe0
>>32

必死だな、雷鳥・・・・

34 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 21:10:38 ID:ZMBEylzD0
>>16-20>>26
       m9
        ノ
プギャー!  (^Д^) 糞雷鳥自爆!w
      ( ( 9m
       < \


35 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 21:31:08 ID:E4e2kkPl0
大晦日のこんな時間に荒らしをやってる奴の
親御さんは可愛そうだ・・・・・

36 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 21:33:54 ID:bjnAuSRY0
荒らし=>>35=ライチョw

37 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 21:36:05 ID:bjnAuSRY0
                雷  鳥  叩  き  !! ま  つ   り
  |         |  |      ________________________________________________
  |         |  |_____ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ||ΦΦΦ
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|                    ||
  |         |  |   / /|TTTTTT   TTTTTTTTTT||TTTTT
  |        /\ |  /|/|/|^^^^^^ |三三| ^^^^^^^^^^^||^^^^^^^
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|
  |  /  /  |文|/ // /      祭りだ祭りだぁ!
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/         ∧_∧
/|\/  / /  |/ /           (___)
/|    / /  /ヽ            /〔 祭 〕〕つ
  |   | ̄|  | |ヽ/l   集まれっ!  `/二二ヽ
  |   |  |/| |__|/   ∧_∧     / /(_) 逝こまい!
  |   |/|  |/      ( ´∀`)   (_)    ∧_∧
  |   |  |/      // /  ^ ̄]゚        (`   )
  |   |/        ゚/ ̄ ̄_ヽ         ⊂〔〔 祭 〕
  |  /         /_ノ(_)          ┌|___|
  |/          (__)             (_ノ ヽ ヽ
/                                (_)


38 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 21:57:15 ID:ingcYiO40
雷鳥さま、おもしろかったです

39 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 22:02:06 ID:F4UJGSMG0
雷鳥はほんとうに、吉本芸人みたいに面白い人だよねえw

40 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 23:42:50 ID:ingcYiO40
ニートはこれから歳をとって、私たちの税金で生きていくのかと思うと
怖すぎ
荒らしは多分ニートばかりだろう

   はたらけ


41 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 01:37:39 ID:xtleNAA90
木霊  (Kodama)
 
妖怪  妖精・精霊
木霊は、年月を経た樹木に宿る精霊です。
木霊は長い年月を経た耳目に宿るとされる精霊の総称です。
人のような姿をしているとも、姿は見えないが、声だけはするともされています。
古来より、人の何倍もの時を生きる樹木には不思議な力が宿ると考えられていました。
また、こうした木霊の宿る木々を傷つけると祟られるともされており、1,000レス以上を生きた樹木を切ろうとした者が突然原因不明の腹痛に襲われたり、
切りつけた場所から血のような樹液が流れ出したりするとされています。

木霊が動く時、それは何者かが禁忌を犯し彼等の領域に足を踏み入れたか、山に害を成すと判断された時です。

山間部でよく聞こえるコダマの多くは、別の妖怪の仕業とされています。



42 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 02:14:32 ID:XO9e9Q8i0
1年くらいこのスレから離れてたんだけど最近まとめサイトを読んでまた帰ってきました
開いてすぐに雷鳥さんの話を読めて、なんか山怖に帰ってきたんだなと実感しましたよw

43 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 02:15:29 ID:0InEsm7/0
akom ktyr

44 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 02:18:17 ID:ykg7l5Ws0
26 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:14:09 ID:ks9sbnTI0
>>16-22
>雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ
>知り合いの話。

>彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
>デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
>派遣する業態の風俗のことだ。

>件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
>一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
>焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。
>ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。

社会の低辺ども、風俗店のボイどもやパシリどもと、知り合いどころか
酒奢るほどタメだなんてw
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQは、自分でアホリアルをカミングアウトするなんて、とんでもない知障のDQNだなw
このスレに来る人少ないが、通りすがり達は雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQに関わりにならないほうがいいぞw

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

45 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 02:39:43 ID:3sY0B9b+0
>>40=雷鳥一号
>>26

目糞鼻糞w

46 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 02:42:11 ID:3sY0B9b+0
>>42
雷鳥一号は、山怖住人みんなの「おもちゃ」ですからw


47 : 【豚】 :2008/01/01(火) 08:11:57 ID:P1YfS0ba0
あけおめ
山スレの皆様、今年もよろしくお願いします。

48 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 10:57:52 ID:dV9WdCz00
初春の
  お慶びを
   申し上げます



49 : 【大凶】 :2008/01/01(火) 11:49:21 ID:LdgMyIiP0
おめ

50 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 12:58:36 ID:YymOZl+r0
随分昔の話で恐縮だが、正月から思い出したので書いてみる。
俺の曾ばあさんの話。
俺がまだ小学生高学年のころ、矢追純一氏のUFO番組を俺と叔父と
その曾ばあさんと見ていると。曾ばあさんが突然「あんなのがUFOなら
山で見たことがある。」と言い出した。其の時すでに80歳を越えている人
であったが、全くボケているとかそんなことはないので、聞いてみると....
「それは自分が53歳のとき、夏の暑い盛りに山の畑に水やりに行ったときだ
なにやら空中でキーンキーンみたいな金属音がする。なんだ?と思って
空をみると、自分の10メートルぐらい上で、光る銀色の物が浮いている。
なんだか分からずにちょっとの間見ていたが、急にすごい速さで山の向こうに飛び去った。」
と言う。そこで叔父が「なんで、其の時言わなかった?」と聞くと、
「そんなこと言ったら、おかしくなったとか言われて脳病院とかに連れていかれると
思ったからずっと黙っていた。その後は一回も見てないし、ただ今日はUFOの
TVを見て、自分が見たのと似ている感じがしたのと、20年近く昔の話だから言ってもいいだろ
と考えてしたんだ。」と。

51 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 13:03:34 ID:P1YfS0ba0
脳病院てw

52 : 【豚】 【419円】 :2008/01/01(火) 13:09:49 ID:2c1OVlq70
あけおめ

53 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 13:19:40 ID:aOP3y9GG0
バカみたい

54 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 14:18:45 ID:5KFPTTso0
あけましておめでとう
今年も皆さんが怖い話を連発してくれてgkbrできますように

55 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 15:54:50 ID:ebVB8gvkO
人から聞いた話はつまらんからやめてくだされ!

56 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 16:19:32 ID:iD2f+ehbO
つまらん奴が言うなよ

57 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 16:45:06 ID:JbHJgL6gO
ヌルーだ、ヌルー。

58 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 16:49:38 ID:JbHJgL6gO
ヤベ。あげちゃった。
スマンm(__)m

59 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 20:17:52 ID:F1QH3XeS0
>>40ですが、 ニートってどうしてこんな思い込みをするのだろう
わたしが雷鳥さまと違う証拠を見せてあげよう

ある厚い夏の日、京都のあるお山をハイキング中に変なものを見た
プレデターのようなものだった
おわり

わかった?わたしには文章力がない

60 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 20:25:20 ID:4IwLgLYd0
>>59
その一文だけで異様に恐いんだが。。。

61 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 21:27:33 ID:P1YfS0ba0
ほっとけ
俺も>>21だが雷鳥さんにされてたよw


62 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 21:49:23 ID:EOO+tFpv0
>>56-61
一人っきりでオナヌーやってないで
デリヘルの雑用と親友の、風俗店バイトのドキュソ雷鳥は黙ってろ!

ハァ?風俗くびになって、今ニートで暇してるって?
早く別の風俗店に雇ってもらえよw

63 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 22:10:35 ID:XO9e9Q8i0
やれやれ・・・これはひどいな
NGリストが増える増える・・・
いつからこんな感じ?


64 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 22:25:21 ID:ye4KKAQY0
NGワードは「雷鳥」でw

65 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 22:31:20 ID:6op9KvDe0
>>63
昨日の朝ぐらい。


66 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 23:11:45 ID:lE8puoWi0

雷鳥本人以外は、NG増えないよなw
見てて、(^ω^)おもすれー だしw

67 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 01:11:24 ID:OwGV75MB0
26 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:14:09 ID:ks9sbnTI0
>>16-22
>雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ
>知り合いの話。

>彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
>デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
>派遣する業態の風俗のことだ。

>件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
>一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
>焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。
>ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。

社会の低辺ども、風俗店のボイどもやパシリどもと、知り合いどころか
酒奢るほどタメだなんてw
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQは、自分でアホリアルをカミングアウトするなんて、とんでもない知障のDQNだなw
このスレに来る人少ないが、通りすがり達は雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQに関わりにならないほうがいいぞw

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

68 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 01:23:36 ID:q4S7ByDN0
神奈川のデリヘルにヤンジャンのグラビアに出ていた娘がいると聞いて、
最寄のホテルから呼び出した。グラビアに出ていたのは十代の頃らしいが
(今は二十代前半らしい)それでもえらい綺麗な女だった。
なぜこんな仕事をしているのか なぞという野暮は聞かずに
早速生尺させていると結わいていた髪が解け、なにやら瘤のような
ものが現れた。女の髪を掻き分けるとそこには小さな皺だらけの
顔があった。
俺は女の唇から一物を引き抜き、皺だらけの口に無理やり押し込んでそして

69 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 01:26:22 ID:7PIusqjE0
そして、今俺には一物が無いというわけだ。

70 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 03:17:17 ID:kHMO/zvNO



71 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 11:09:03 ID:mpbLKcVm0
>>68
ぼっけぇぎょうてぇ乙

72 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 11:58:17 ID:y0fXoEWw0
>>50
ファーストコンタクトおめ

73 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 12:35:16 ID:LGaLILDS0
結婚する事になったので実家へ報告に帰省したけど、何故か家の雰囲気が重苦しくて父親も彼女もろくに喋らない。
ろくに喋らないなんておかしいだろと思っていたら彼女は気分が悪いと言って寝込んでしまう。
この重苦しい雰囲気はなんだろう…と考えるんだけど何もわからない。
そういえば高校で寮に入ってからこの家には一度も帰ったことがなかった。
当時からおかしな空気の家だったなと思い出す。
(覚えてるのはここまででオチ不明)

こういう風な話を見た覚えがあるんですが、ご存知ないですか?
まとめサイトを探しても見つからなくて…

74 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 13:41:04 ID:ngjqTSPD0
なんか、読んだような気がするが
どこで読んだかまでは、はっきりしない。
あやふやだけど、ありそうなのは洒落怖っぽい。
これは、185まであるけどたぶん初期〜中期の方じゃないかな。

75 :【大吉】【30000000000円】:2008/01/02(水) 14:11:23 ID:EsnvsNFP0
>>73
まとめサイト、パート5、帰省。
しかし鋸のスレッドとは何の関係もない。スレ違い。

76 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 23:50:43 ID:uLazEtq60
友達Mを誘い近くの山の野池へ夜釣りに出かけた。
夜に出かけたのはどうしてもMに釣らせたかったから,野池に着いたのは確か23:00くらいだったと思う。
オレは「ここだよ。多分、お前でも簡単につれるぜ。」と言うと「ああ、ここか…」と冴えない返事。
少し気になったけど釣りを始めた。とりあえずキャストの仕方を一通りMに教え、釣れるポイントへ向かった。
その野池は一周を徒歩で約5分ほどで、ポイントまでは2〜3分かかる。
「ほら、あそこ。うっすら流れ込みが見えるだろ?あそこだから。」
そう言って先に進もうとするオレに向かってMが叫んだ。
「行くな!そっち行っちゃダメだ!」
突然、後方から叫ばれたためオレは驚き、「何?何だ?どうした?」そう言ってMの顔を見た。
Mは顔面蒼白といった表情で「帰ろう!戻って来い!」と再び叫んだ。
続く

77 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 00:09:19 ID:dCosCm2g0
>>16
面白かったw

78 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 00:39:50 ID:qt8hNhxq0
>>77

26 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:14:09 ID:ks9sbnTI0
>>16-22
>雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ
>知り合いの話。

>彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
>デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
>派遣する業態の風俗のことだ。

>件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
>一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
>焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。
>ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。

社会の低辺ども、風俗店のボイどもやパシリどもと、知り合いどころか
酒奢るほどタメだなんてw
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQは、自分でアホリアルをカミングアウトするなんて、とんでもない知障のDQNだなw
このスレに来る人少ないが、通りすがり達は雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQに関わりにならないほうがいいぞw

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

79 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 00:50:10 ID:dCosCm2g0
>社会の低辺ども、風俗店のボイどもやパシリどもと、知り合いどころか

NGワード登録推進

80 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 00:58:41 ID:v/G67xsF0
大晦日や正月から荒らしをやってるお方に言われてもなぁ・・・・
書き手のお父さんとお母さんは気の毒だ

81 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 01:02:33 ID:fuoiqSmR0
相手してる奴も同罪

82 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 01:03:48 ID:dPArnk9a0
>>79-80
今日も、風俗店の前で客の呼び込みをやる雷鳥が申しておりますw

83 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 01:13:52 ID:nliUpgcA0
>>81
事情も分からない初心者がしゃしゃり出て来るな。
雷鳥1号ってDQNは、毎回、クソ面白くも無い自己満創作長文書き込んでスレ重くして
そればかりか、誰も頼んでもいないのに毎回新スレ立てやがって、山怖スレの癌だったんだからよ。

>>16-21は、あのDQNが書いた初めての面白いレスだよw

84 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 01:21:34 ID:TBYa9b350
(>>19からの続きです)
----------------------------------------------------------
他のデリヘル業者は、そのマンションに呼ばれんの?
私の質問に、彼はキョトンとした顔をした。
「そういやそうだな。今度聞いてみるわ」

それからしばらくして、また一緒に飲む機会があった。
今度は可愛い女の子が二人、彼にくっついてきていた。
合コンじゃないかと私が喜んでいると、釘を刺される。
「手ェ出すなよ。うちの売れっ子なんだから」
・・・そうですか。そういえば、何となく見覚えがあるような。
「あるのかよ。ところでお前、酒飲めなかったろ。今日は俺たちを送ってってな」
それで俺を誘ったのかよ。
「「お願いしま〜す!」」女の子はハモってるし。

それなりに楽しくはしゃいでいるうち、話があのマンションのことに飛んだ。
「そうそう。あれから余所の業者に聞いてみたんだが、すっぱり言われたよ。
 あそこから問い合わせがあっても、『今日はもう予約で一杯です』なんてことを
 言って断るんだと。またのご利用を〜ってな」

やっぱり何かあったのかな?
「うん、最初に請けた時に、ちょっとね。
 伝えられた部屋まで行って呼び鈴ならしても、誰も出て来なかったんだと。
 店に連絡して、客に電話してもらったんだが、これまた誰も出ない。
 部屋の中で電話が鳴っているのは、間違いなくドアの外でも聞こえるんだけど。
 悪戯かよって帰ろうとした時、管理人が来ちゃってさ」


85 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 01:22:21 ID:TBYa9b350
(続き)
あらら。不審者扱い?
「まぁ不審者っちゃ、不審者だわな。
 『何してるんですか』って聞かれたから、『いやこの家の人に呼ばれたんですけど』
 って、女の子も正直に答えたってんだ。
 そしたら管理人のオッサン、トンでもないこと言い出した。
 『ここの人、ついこの前死んじゃってるから、今ここは誰も住んでないよ』
 えーっ!?ってモンだよなぁ、そんなこと言われた日にゃあよ。
 無人の部屋の前に誰か知らない人がいるって同じ階の住民から報告があったとかで、
 それで管理人が渋々出て来たらしいんだ。『またかっ』って顔してたって。
 女の子もビビってたが、管理人も負けず劣らずビビってたってよ」

そりゃ管理人も夜は出張りたくないだろうなぁ。
「だよなぁ」
思わず溜息がハモっていた。


86 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 01:23:31 ID:TBYa9b350
「まったく、何でうちのオーナーはあそこを断らないんだろうなぁ。
 いくら金払いがいいって言ってもよ」
彼がそうボヤいていると、女の子の一人が口を挟んだ。
「だってあそこは特別だモン」
ん? 何か知ってるの。

「あそこに呼ばれてるの、○○ちゃんでしょ」
「そそ、うちで一番の売れっ子の。
 あ、いや、別に君たちが売れっ子じゃないって事じゃなくてね・・・」
焦って失言を訂正しようとする彼を無視して、女の子は続けた。

「○○ちゃん、あの御山のマンションに住んでるの。
 っていうかここだけの話、○○ちゃんを指名してるお客さんって、
 ○○ちゃんの実のお父さん」

爆弾発言を聞いて、彼は本当に顎が落ちそうな顔をした。
多分、自分も似たり寄ったりの顔をしていたのだと思う。
呆然自失な男どもを置いてけぼりにして、女の子たちの会話は続く。

「マンションを買ってしばらくしてから、お母さんが死んじゃったんだって。
 それから家の中のことが、段々とおかしくなっていったんだって。
 お父さんも奇妙なっていうか、怪しいこと口にし始めて、少し後に仕事も
 辞めちゃったって。っていうか、辞めさせられたのかな」
「だからあの子がこの仕事始めたのも、家計を助けるためだったらしいよ。
 妹さんが大学に受かったから、絶対卒業させてやるんだって言ってた。
 いや、妹さん上京してるらしいから、お姉ちゃんがこんな仕事してるって
 知らない筈だよ」


87 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 01:24:27 ID:TBYa9b350
(続き)
「何でお父さんがデリのこと知ったかって、それは私たちも知らないよ。
 呼ばれた時、どんなことしてるかって? とても聞ける訳無いジャン」
「でも仕事が終わると、ちゃんと真面目に家に帰るのよ彼女って。
 指名があった次の朝って、どんな顔して会話してるんだろうって思うよ」

男どもは絶句したまま。

「オーナーが、呼ばれる所と彼女の住所が一緒だってことに気が付いてね。
 しばらくは聞けないで困ってたみたい。
 でも私たちみたく店の子も勘付き始めたんで、とうとう尋ねることにした
 らしいのね」
「そしたら○○ちゃん、父の好きにさせてやって下さいって、お願いしたん
 だって。一生懸命働きますからって。
 だから、あの子が一番売れっ子って聞かされても、仕方ないやって思う。
 私たちとは頑張りが違うモン」

「・・・それでオーナー、あの客を断らないのか・・・」
彼はようよう、それだけ口に出した。

「○○ちゃん言ってた。妹の学費分稼いだら、あそこから出て行くって。
 お父さんは?って聞いたら、凄く寂しそうな顔して・・・
 だからそれ以上、誰も家族の話には触れられないの」
「自分たちはあそこに長く居ちゃいけない、そう言ってた。
 他の家はどうなのか知らないけど、自分の家族は、あそこに居れば居るほど
 おかしくなっていくのがリアルにわかるんだって。
 だから妹には出来るだけ帰ってくるなって、そう言い聞かせてるんだって」


88 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 01:25:31 ID:TBYa9b350
(続き)
とても合コンどころではなくなってしまった。
・・・送ろうか。私が言うと皆「うん」と素直に頷く。
二人の女の子を順に降ろして、最後に彼を送る途に着く。
女の子は下りる際、名刺を私の手に握らせてきた。
「次から指名してね。顔と名前覚えたからね!」
「携帯番号もゲットしてるしね!」
「「サービスしてあげるから!!」」

・・・ロックオンされたかな。いわゆるカモの。
「されちゃったかもな。まぁ嫌われるよりイイじゃねえか」
二人きりになった車内でたわいもない会話を交わす。
家近くになってから、ぼんやり外の夜景を眺めていた彼が、ポツリ呟く。
「俺、就活するわ。何故かしらんけど真面目に働かないとイカンって気になった。
 っていうか、長いこと風俗に関わっちゃいけんわ。
 やっぱ稼ぐ方じゃなくて、楽しむ方だけに止めとくべきだな」
頑張れ。俺にだって務まってるんだ。簡単なモンさ。
「そうは言うが、一度ドロップアウトするとコレが結構厳しくてな。
 まぁ伝手辿ってどうにかしてみるよ」

少し前、彼から連絡があった。
実家に戻って、家業の手伝いをすることになったのだという。
他県なので一緒に遊べなくはなったが、ちょっとだけ嬉しく思った。

件の彼女は、もうそのデリヘル店を辞めているようだ。
現在彼女が何処で何をしているのか、私の周りで知る者はいない。


89 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 01:34:03 ID:dCosCm2g0
>>84
面白いwwwwwww


90 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 01:35:06 ID:TBYa9b350
ども、明けましておめでとうございます。
地元の氏子世話廻りから帰ってきた雷鳥です。
今年は初日の出行事が雪のため中止になったんで、少しはまったり休めそうです。
・・・質の悪い風邪が長引いているんで、身体はキツイですけど・・・
(もう三週間目。トホホ)

新年早々、何か生臭い話でスイマセンです、ハイ。
(マンションネタ、もーちょっとだけ続くんです・・・)
これだけでは何ですので、追加で山の神社にまつわるお話をUPしときます。

このスレの皆様方、どうか今年もよろしくお願いいたします。
そりでは。


91 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 01:35:37 ID:TBYa9b350
友人の話。

彼は神社の氏子になっており、毎年年の瀬から新年に掛けて、社の世話をしている。
新年の儀を終えてからは、参拝客に御神酒を振る舞うという。
「山中の小さな神社なんだけどね。意外に参拝する人が多いんだ」のだそうだ。

参拝客の中には飲めない人も居るが、そういう人には「縁起物だから」と一口だけ
付けて貰ってから、猪口を返して頂くようにしている。
残った御神酒を足元のバケツに掃かして、洗いの担当に回すのが彼の受け持ちだ。

「それがね、時々おかしいんだ」と彼は言う。
「バケツの中身が明らかに減っているんだ。もうパッと見でわかるほどに。
 飲み残しなんて誰も手を付ける訳ないし。
 大体、バケツに触る者がいれば俺の目に留まらない訳ないし。
 山の神様が飲んでらっしゃるのかなぁ?」

神様には、別にちゃんとした御神酒を差し上げてる筈だろ。
「あぁそうだった。確かに年が明けると同時に献上してたわ。
 じゃぁ、何が残り酒に手ェ付けてるのかなぁ?」

ふむぅと悩ましい顔をした。
しかし別に害があるものでもないので、見て見ぬ振りを続けているのだという。


92 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 01:36:56 ID:TBYa9b350
友人の話。

彼は神社の氏子になっており、毎年年の瀬から新年に掛けて、社の世話をしている。
数年前、風が強くて石灯籠に火が点せない時があったのだという。
仕方ないやと諦めて、参拝の客を迎える準備に向かう。

年も明けた数時間後、参拝の人並みも一段落し、片付けに入った。
熾火に水を掛けて消し、社の外に出しに行った帰り道。
おや? 暗かった灯籠に、ちゃんと明りが点っている。
二つある内の片方にだけだったけど。

「あぁ、誰かが点け直してくれたんだな」
そう考え、少々バツが悪い思いをしていると。

いきなり、明りがフッと宙に浮かんで、フラフラと踊り始めた。
少しの間漂ってから、もう一つの暗い灯籠の方へ舞い降りる。
「・・・あれは普通の火じゃないな」
取りあえず手を合わせてから、仕事に戻ったという。

次の年からは、灯籠の穴を改良し、風が強くても火が消えないようにしたそうだ。
「思うんだけどね。
 あそこの社で見られる火の内幾つかは、普通の火じゃないかもしれん。
 まぁ御社に出る類のモノだから、悪いモノじゃないと信じてるけど」


93 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 01:37:52 ID:TBYa9b350
友人の話。

彼は神社の氏子になっており、毎年年の瀬から新年に掛けて、社の世話をしている。
代替わりして新しく氏子に加わった後輩があり、二人で組んで準備に掛かった。
忙しく動いていると、この後輩が奇妙なことを言う。

「へえ、ちゃんと管弦の音楽なんか流すんですね。
 雰囲気出てるなぁ。本格的だなぁ」
頻りにそう感心しているのだが、彼の耳には何も楽らしき調べは聞こえない。

「え、音量小さいけど聞こえるでしょ? 拝殿の隣の舞台から。
 あそこにスピーカーとか仕込んでるんじゃないんですか?」
そのような仕掛けなど記憶にない。
後で確認してみたが、管弦楽が聞こえている者は他にいなかった。
後輩は驚いて目を剥いていたが、その後それを口にすることはなくなった。

「あいつ、別に信仰深い訳じゃないんだけどなぁ。
 何であいつにだけ聞こえるんだろ?」

今年も、彼は後輩と二人組んで、年始の世話をしているそうだ。


94 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 02:09:24 ID:tOJ2S9kT0
>>93
雷鳥さん、新年おめでとうございます。
一年振りに此処へ来て、またお話が読めると思ってませんでしたから、とても嬉しいです。
マンションの話も面白かった。続き期待してます。

ところで、全裸隊さんは?

95 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 02:09:41 ID:4RBBaIbu0
>>84-93

ヘルス勤めのDQNは莫迦だから、おもしろいの意味を理解できないようで・・・・w

晒しagew

96 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 03:36:40 ID:vxZBCSYl0
>>93
雷鳥さん、明けましておめでとう御座います。
デリヘルの話、面白かったです。
私が元ピンサロ嬢から聞いた話では、そういった
風俗系のお店は出やすいみたいです。
尤もそれで家賃が安いとかあるのかもしれませんが。

97 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 06:01:48 ID:LISU7rL9O
雷鳥さん明けましておめでとう、面白い話ありがとね 雷鳥さんの話いつも楽しみにしてるよノシ

98 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 08:41:36 ID:rU4YnUu20
雷鳥さん、明けましておめでとうございます。
おもしろいお話をありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
お体お大事に。

99 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 09:38:44 ID:8om5Ilkn0
なんかヤな話だったな・・・ま、ここじゃそういうのも少なくないが。つか
>部屋の中で電話が鳴っている
もう誰も住んでないのに電話は置いてあるのか?まだ誰か住ませるつもりなのか

100 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 11:27:53 ID:6u0h826L0
怪しい話が、えぐい人間ドラマに成っている。
そっちのほうが、ずっと怖いけど。

101 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 13:44:51 ID:LiR/dDNY0
>>99
本当は電話の鳴る音も彼女ら以外には聞こえなかったのかもね。

人間が怖い話だけど、幽霊も元は人間だものな。

102 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 14:32:41 ID:2vuVDyo60
>>99
ついこの間亡くなったってことなら、まだ諸々の片づけが済んでないとか?
成人してだいぶ経ってて一人暮らしなら家族と疎遠でもおかしくないだろうし。
むしろ全くの身寄り無しならさっさと片付いてしまうんだろうけど
放置されてても親族がいると手を出せないからねぇ・・・

つーかこのレス書いててきょうだい揃って独身の自分は不安になってきた・・・
色々と怖い話だなw

103 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 14:55:33 ID:iHP9BGDc0
>>84
 これおかしくね?
普通デリヘルって
店員「ありがとうございます。○○です。」
客「指名で○○さんお願いします。」
店員「はい、今日は出勤してます。(この時点で『今日はもう予約で一杯です』とはいえないはず)
   住所はどこですか?」
客「○○丁目です。」
店員「あ、すいません、今日は予約でいっぱいで。」
客「さっき、いるって言っただろ?」

もう山の話じゃないしなw

104 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 16:32:23 ID:0zibnc/N0

オカ板で揚げ足取ってる奴ら器せめぇ〜

ニート? もてなそう

105 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 17:29:44 ID:TBYa9b350
仕事先で、顔見知りのお婆さんと再会した。
この人、つい先日まであのマンションに住んでいたのだ。
そんなに親しい訳でもなかったが、興味もあってちょっと話題を振ってみた。

「やっぱりみんな、怖い思いをしてたんだねぇ」
したり顔で頷いた。すると貴女も?

「私の部屋じゃ、声がよく聞こえてたよ。声の主は見えなかったけど。
 ほとんどが意味を成さないようなことばかりくっちゃべってた。
 “うー”とか“ありふりありぶり”とか、そんなのの羅列ばかり」
確かに意味不明ですね。

「それがさ、一回だけ明瞭に聞こえたんだよ。
 娘が初めて孫を連れて遊びに来た時のことなんだけど」
何て言ってたんです?

「“ご飯だ!ご飯だ!”って、狂ったようにそればかり繰り返してくれてね。
 何がご飯だい、こりゃ私の孫だってね。でも聞き入れりゃあしない。
 声が聞こえるのは私だけだし、まったくくたびれたよあの時は。
 それから直ぐにあそこを引き払ったんだ。負けたようで悔しかったけどね」

何と返したらいいのか、さっぱりわからなかった。


106 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 17:30:22 ID:TBYa9b350
住民から聞いた話。

夜遅くに、自分の部屋で雑誌を読んでいた。
BGMとしてお気に入りのCDを聞きながら。
最後まで聞き終わったら、別のCDに変えるつもりだったという。

ふと目を上げて時計を見、違和感を覚える。
おかしい。雑誌を手にしてから小一時間は優に過ぎていた。
だのに、全曲で五十分足らずのこのCD、演奏が全然終わっていないのだ。
曲順を確認すると、まだ半分ほどしか再生されていないことになる。
途中でリピートでも掛かったかと思いプレイヤーを確認したが、ノーマルのままで
何の設定もされていない。

聞き流していたけど、そういや、さっきからずっとこの曲を聴いている気がする。

不審と同時に興味を覚えた彼女は、そのままプレイヤーを眺めていた。
やがて曲が終わると、そのまま普通に次の曲へと移る。

と、プレイヤーの後ろ、壁との隙間から、白くて薄っぺらい物が滑り出てきた。
手だった。女のそれに見えたという。
指が器用にREWのボタンを探り当て、操作を行うと、またあの曲が頭から始まる。
手は満足したようにゆらりと一回揺れて、スルッと隙間に吸い込まれて消えた。

慌ててプレイヤーに駆け縋り、持ち上げてそこの一角を凝視した。
何もない。何の変哲もない床と壁の継ぎ目があるだけ。


107 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 17:30:54 ID:TBYa9b350
(続き)
ふと、これまでにあった奇妙な出来事を思い出す。
外出から帰ってくると、CDが掛かりっ放しになっていたことが、何度かあった。
自分が消し忘れたかどうかしたのだろうと考えて、あまり気にしていなかったが。
・・・ひょっとして!?

その夜の内に、白い手がお気に入りだと思われるCDを、全部棚の奥に仕舞い込む。
彼女自身のお気に入りもあったのだが、背に腹は代えられない。
加えて現在、使わない時にはCDプレイヤーのコンセントを抜いておくのだそうだ。
あの手がどれくらい知恵あるのかわからないけど、今のところは独りでに起動した
形跡はない、そう彼女は言っている。


108 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 17:31:23 ID:TBYa9b350
「あそこのマンションで、面白いっていうか興味深い話を聞いてきたよ」
知り合いがそう話し掛けてきた。
彼女は不動産関係に従事している者で、私と友人との共通の知り合いでもある。

「うちじゃあの物件扱っていないから、業界筋の話なんだけどね。
 あの子の上の部屋に問い合わせがあったらしいの。
 そうそう、少し前に飛び降りがあった部屋。
 担当は早いトコあの部屋を処分したかったみたいで、気合いを入れてたんだって」

不動産屋ってのも因果な商売だな。

「まあね。問い合わせてきたのは、私たちと同年代の女性だったらしいんだけど。
 この人、現地確認の時に猫を連れてきたんだってさ。
 『すいません、ここではペットは飼えないんです』って担当が断ったら、
 『ああ気にしないで下さい。私の猫じゃなくて友達の猫なんです。
  家を見る時には立ち会って貰ってるんです』ですって。
 奇妙に思ったんだけど、ならいいかって考えて、そのまま部屋に行ったのね」

「鍵を開けて中に招き入れた途端、フーッ!!って唸り声が上がったの。
 そう猫よ。腕の中に抱かれたまま、全身の毛を逆立てて唸ってたんだって。
 そうしたらその女性、それ以上部屋内に入らないままで言ったの。
 『御免なさい、私やっぱりこの部屋駄目です』
 で、そのまま帰っちゃって、この話は無かったことに」

猫、何か見えてたのかな?

「さぁ? 猫と話が出来る人じゃないとわからないわね。
 でもその時の担当も言ってたけど、その猫マジで欲しいなぁ。
 こっそり連れて行けるから、陰のアドバイザーとしては凄く優秀よ」

商売人の目になって、彼女はそう言った。


109 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 17:36:38 ID:RCsjQ+m30
猫、役に立つなあwwww

110 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 17:45:19 ID:3IaYUZh9O
人から聞いた話はつまらんからやめてくだされ!

111 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 18:10:49 ID:3hjBPlUZ0
統失!統失!さっさと入院!しばくぞ!AAry)

112 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 18:16:07 ID:TBYa9b350
どーも、雷鳥デス。

>>96
山中の話ではないのですが、街中のソープに出るって話を知っております。
知り合いの泡姫より聞きました。
そんな知り合いが多いンかいっ!って突っ込みは容赦してくだしぁい。
団体活動しながら年重ねると、色んな業界に顔見知りが出来るモンでして。
でも、彼らもいわゆる普通の人たちなんですよ、実際。職業が特殊ってだけで。
職業に貴賤はないと昔から言われますが、まったくその通りだと思います。
貴賤というものがあるとすれば、それはそういうレッテルを貼って良しとする人の意識の
根底にあるのでしょう。

で、その泡姫によると。
最後の上がり時間が近づくと、「リーン」って鈴の音が廊下から聞こえてくるそうで。
H市のソープには扉がないモンですので、モロに聞こえてしまうそうです。
(カーテンで仕切ってるだけ(汗))
その時にうっかり外見ちゃうと、黒いワンピースの女性が歩いているのが見えるとか。
無表情で。腰に下がってる鈴が「リーン」と、歩く度に音を立てて。
突き当たりまで達すると、そのまま壁の中へ消えちゃうんだそうで。
メッチャ怖かった、とは彼女の弁。
どこで聞いたのかは内緒(笑)。店舗じゃないッスよ。

>>99
電話止める前だったらしいッス。
・・・でも、止められてからも、時折は中から電話の鳴る音が聞こえたそうで・・・
どっちにせよ、不気味な物件だったとか。

>>100
まったく、エグイ話でした。ただ、確認する術もないですしねぇ。
あった所で、とても面と向かっては聞けないでしょうけど。
やはり、人の暗黒面って怖いです。


113 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/03(木) 18:23:33 ID:TBYa9b350
>>102
一人暮らししていた者が孤独死なんかしちゃうと、気付かれるのがズンと遅れるでしょうねぇ。
それにまつわる怖い話ってのも、偶に耳にします。
山と関係ないので、ここにはUPしておりませんが。
やはり、定期的に連絡を取る面子を作って、大切にしなければならないでしょう。
普通に人付き合いをしていれば、大変なことでもないですしね。

>>103
いやこのマンション、俗にいう周辺地域?に当たるんですよ。
「市内および旧市内は送迎無料。
 市周辺部は別途料金が発生します。
 また他の方の予約時間の都合から、ご利用できない場合もあります。
 ご了承下さい」
って感じの文句がHPなどにもちゃんと載せられているようで、それを口実にしているのだとか。
風俗業界も、色々と大変なようですね。
まぁ、楽にお金儲けできるような職種などないのでしょう。


114 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 19:21:21 ID:6+P0xr+Z0
雷鳥さん、名無しの語り部の方々、新年早々面白かったです。
>>105がかなりこわいんですけど…


115 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 19:23:01 ID:8om5Ilkn0
あれだ、きっと婆さんの孫がDBの悟飯にそっくりだったんだよw

116 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 19:30:39 ID:wLdJiyau0
>>115
それを伝えたかったのに誤解されてショボーンか

117 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 21:31:24 ID:vxZBCSYl0
>>103
補足になるけど、通常デリヘルは携帯一本で商売をしていて
悪戯防止の為に番号通知をお客にお願いしているのよ。
当然、一度利用するとメモリーに登録されて、次回からは
携帯の画面に情報が表示されるようになるから、鳴った瞬間に
どのお客か分かる。
実際、こっちが名乗らなくても「○○さんいつもありがとうござい
ます」とか言われるよ…って頻繁に利用してるわけでもないけどね。

事務所構えて固定電話ある業者でも、今時は電話とPCが接続
されていて、前回利用時のコースや派遣先などが表示される
そうだよ。
なんでもベルが鳴るより一瞬前に画面に表示されるらしいよ。
雷鳥さんの話がいつ頃の話なのか分からないけど、ここ数年は
そんな感じ。

118 :102:2008/01/03(木) 21:50:40 ID:2vuVDyo60
雷鳥さん乙です。

>>113
自分は病気になったり大変な時ほど人に言えない天邪鬼なので、我ながらちと心配っす。
天邪鬼は血筋らしく、親戚にそういう人を出してしまったもので・・・

ところで昨年出張帰りにH市をバイパスする某道路を東へ運転中
防音壁の隙間から件のマンションが左手に見えました。
本当に『山のマンション』ですね。
自分はH市や周辺に土地勘も無いし、霊などもそれほど見える人間ではないのですが
これだなと。
なんというか凄い雰囲気ですね。綺麗なのに、遠目だと人が住む建物に見えなかった。

でもまあ、普通に考えたら『緑に囲まれた良い環境』だと思うのですが
小さな子供さんのいる家庭はないのでしょうか、>>105の話が気になるんですが。

119 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 22:10:18 ID:iHP9BGDc0
>>113
>>117
 なるほど、利用するばっかでどんなシステムか知らなかった。
わざわざ解説ありがとうございます。

120 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 23:35:20 ID:wLdJiyau0
>>117
それ浮気確認で彼女にかけられたら一発だな・・・

121 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 01:26:40 ID:vUZSM1RU0
登山口の着くと顧問の先生が
「山にはトイレがないから大きいほうは今のうちに済ましとけ」
とのこと、見るとトイレの前は長蛇の列・・・
結局そんなにしたいわけではなかったのでそのまま出発することになりました

まだ露があけておらず空は曇りがちでした
定番の登山ルートと言うこともあり前後にはバスで一緒だったグループもちらほら見えます
私は中でも○○大学のワンダーフォーゲル部に注意が向いていました
私の学校は男子校で回りはむさい男ばかりですが
あちらにはちらほら女性の姿が・・・
まぁ年上のお姉さんにあこがれる年頃です許してください
大学名は制服って言うんでしょうか?同じ上着で胸に大きく刺繍がしてあったのでわかりました

最初の頃の行程はよく覚えておりませんが
唯一沢を渡った時結構上のほうに鎖が岩に打ち付けてあって
「ここ増水すると危険なんだと」と先生が言ったのは記憶に残っています
ただ荷物が重くて坂がきつくて息がすぐ切れて・・・

続く

122 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 01:27:43 ID:vUZSM1RU0
>>121の続き

1泊目か2泊目どっちだったかようやく回りの景色を見る余裕が出来てきた頃のことです
その日も山小屋の傍にある空き地でテントを張り寝る準備をしていました
山小屋のそばだと水場はあるし何かと便利なので多くのグループがテントを張っています
トイレ(大)の順番待ちをしていた時です私の後ろに並んだ女性から話しかけられました
「バスで一緒だったでしょ?どちらからででか?」
「あっはい、××県です高校の山岳部です」
山では割と知らない人同士でも気軽に話が出来るんですね
そのころ(今もですけど)女性と話すのが苦手だった私はそれでもたどたどしく答えていました

その後その女性とは行く先々の山小屋のトイレで出会いましたw
「いつも変なところで遭いますねw」
なんて軽口が言える位にはなっていました

最終日のミーティングの時です引率の顧問から
「初日に渡った沢で遭難者が出たそうだ、しかも我々が渡った1時間後ぐらいだそうだ」
「急な降雨で鉄砲水になったらしい」
と聞かされた時は別ぬ気にしなかったのだが次の言葉で凍りつきました
「遭難したのは○○大学ワンダーフォーゲル部で全員が絶望らしい」

私が挨拶していたのは誰だったんでしょうか?



123 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 05:34:41 ID:JRqTMTLH0
>>121
いいねえ。良かった

124 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 05:53:59 ID:xtRskyUI0
らしい 程度の話しw

つまり、情報がデタラメだったんだよおおおおおおおおうおうう!1!1!

125 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 07:05:52 ID:KcqlYf7s0
雷鳥さん乙です!

…でもデリヘルさんの話、前にも書かなかった?

126 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 09:18:46 ID:poL4QO7PO
>>125
デリヘルのエピソードが複数あるんじゃないのか

127 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 10:40:38 ID:YOMCkfft0
>>96-98>>100-102>>106-109>>112-126

また、風俗のバイトの莫迦が、延々と独り言かよw
そう言う人格破綻者だから、バイト首になって、今ニートなのかw
全部作り事だろw
本当は、あまりにもウザくてキモイもんで
バイト先で、風俗店の店員と風俗嬢とケツ持ちのヤクザ全員にリンチになって
命からがら逃げ出してきて
今現在、精神病院に入退院を繰り返してんじゃねえのかw
おい!儡腸よw
そう言えば、時々何ヶ月も、まったく書き込みが無くなるからなあw
山怖スレのつかのまの平和だが。

リアルで、こんなキティが友達いるわけねえじゃねえかw

128 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 11:01:40 ID:NEpDwOst0
>>127 風俗でいぢめられたの?w

129 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 11:08:00 ID:funPnoJu0
雷鳥氏、怖い話おねがいしまっせ!!

130 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 12:39:28 ID:CfMPAdIm0
16 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 16:56:25 ID:EfjrEa600
知り合いの話。

彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
派遣する業態の風俗のことだ。

「こんな仕事してると、そりゃ変な思いを色々とするんだぜ。
 風俗利用する輩ってのは、素直に自分の欲望吐き出すのに使ってる訳で、
 中にゃ 実に困ったチャンな客も多いんだよ」
 ちょっとでも風俗に関わると、世の中で一番怖いのはやっぱ人間だって思うね。
 表に出せないだけで、結構犯罪絡みの話も聞くし、体感したこともある」

そんな話を色々と聞き出していた中に、一寸毛色の変わった話があった。

「あ。そういや怖いマンションがあったわ。
 人が怖いんじゃなくて、オカルトっていうか、そっち方面で怖い思いをした。
 といっても、俺が見たのが霊かどうかは本当わからないけど」

「プレイ時間は基本六十分が多いからな。
 女の子送り届けて、また迎えに来るまで、一時間ほど時間を潰さにゃならん。
 でもそのマンションっていうのが山深い所にあってよ、街中まで帰るとどうにも
 時間が中途半端なんだ。
 だからもう帰るのは諦めて、少し離れた辺りに路駐して仮眠取ってたワケ」

「そしたらよ、誰かが窓を叩いて起こしやがる。
 でっきりお巡りかと思って大慌てで飛び起きりゃ、これが誰もいないんだ。
 おかしいなぁってんで外に出てみたんだが、猫一匹いやしない」

131 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 12:40:10 ID:CfMPAdIm0
17 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 16:57:27 ID:EfjrEa600
(続き)
「首傾げながら車に戻ったんだが、しばらくしてまたダンッって窓叩かれた。
 今度は寝てなかったからよ、モロに見ちまった。
 いきなり空中に白い手が現れて、フロントガラスを叩いてったのを」

「もう頭が真っ白で、必死でエンジン掛けて車を出したんだ。
 峠半分下った辺りで冷静になったんだが、あかん、まだ三十分も残ってる。
 仕方なく時間が来るまで、峠をグルグル登ったり下りたりしてた。
 真っ暗闇であんなの見てしまうと、駄目だね。ビビるね」
しみじみと彼はそう述べた。

彼の言うマンションが、正に私の友人が住んでいる所と知ったのは、
その後しばらく経ってからだった。

132 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 12:40:55 ID:CfMPAdIm0
18 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:01:28 ID:EfjrEa600
件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。

「やんなっちまうよ。前に話したマンション、あっただろ。
 あれからしょっちゅうお呼ばれしてるんだ。
 怖いから嫌だって抗議したんだが、駄目だとさ。
 まぁうちで送迎しているのは俺一人みたいなモンだから、仕方ないんだが」

「うん、止めてるとやっぱり窓叩かれる。
 それだけじゃなくて、車内が生臭くなるようにまでなった。
 だから同じように、峠を上り下りしてたんだけど」

「丁度峠の中程でな、白い女が立ってたんだ。
 いや立ってるだけで何する訳じゃないんだが。
 時間が時間だけにおかしいなって」

「気にしないようにして時間を潰し、女の子迎えにマンションに戻ったんだけど。
 帰る時もその白い女、同じ場所にずっと立ってるんだ。
 そこで女の子に『変な女が立ってるね』なんて話振っちまった。
 失敗だったなぁ」

「その子には、その白い女が見えていなかったんだ」

あそこから電話がある度、もぅ泣きそう。ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。

133 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 12:41:42 ID:CfMPAdIm0
19 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:03:15 ID:EfjrEa600
件のマンションからの電話は、月に二回のペースで途切れることがなかった。
オーナーに直談判し、一時はその客は断ろうという流れになったのだが、結局断れな
かったのだという。
その客は常にダブル、つまり倍の時間で予約を入れ始めたのだ。
往復の経費が一回で済むことを考えると、これは美味しい。
そのせいかどうか、マンションの客は御得意様になってしまったそうだ。
「まぁダブルになったんで、街中まで帰っても時間がイイ感じになったんだけどな。
 でもやっぱり、あそこに行くのは嫌だよ」

「この前、俺が都合付かず休んだ夜があったんだ。
 だからその日は仕方なく、オーナー自ら送迎に走ってた。
 で、俺にとっては運良くその日に、あのマンションから電話があったのよ。
 オーナーも俺から話は聞いてたんで、ビクビクしながら出向いたって」

「窓は叩かれなかったそうだ。・・・窓はね。
 『何だあの野郎、怖がりすぎなんだよ』そんなこと思ったらしいな。
 で、マンションの前面道路に車止めて一服してたら、変なモノが見えたって。
 奥側の建物、その壁面を、何か大きな物が這ってたんだとさ」

「月もろくに出ないような暗い晩だったのに、何故かくっきりと見えたんだと。
 大トカゲか大ヤモリでも見たんスか?って尋ねたら、怖い顔してこう言ったさ」

「『ヤモリがフレアのロングスカートなんて履く訳ねぇだろ』って」

「そいつはスルスルと明かりの点いていない部屋のベランダに滑り込んだらしい。
 見えなくなってから、即座にそこを後にしたってよ。
 だから止めましょうよアソコ!ってしつこく抵抗したんだが、金には勝てなかった
 みたいで、それからもずっと、今に至るもお得意様。
 でもオーナーは、自分ではあそこに二度と行ってないけどな」

腹立たし気にそう言っていた。

134 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 12:42:37 ID:CfMPAdIm0
26 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:14:09 ID:ks9sbnTI0
>>16-22
>雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ
>知り合いの話。

>彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
>デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
>派遣する業態の風俗のことだ。

>件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
>一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
>焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。
>ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。

社会の低辺ども、風俗店のボイどもやパシリどもと、知り合いどころか
酒奢るほどタメだなんてw
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQは、自分でアホリアルをカミングアウトするなんて、とんでもない知障のDQNだなw
このスレに来る人少ないが、通りすがり達は雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQに関わりにならないほうがいいぞw

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


135 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 12:46:34 ID:CfMPAdIm0
127 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 10:40:38 ID:YOMCkfft0
>>96-98>>100-102>>106-109>>112-126

また、風俗のバイトの莫迦が、延々と独り言かよw
そう言う人格破綻者だから、バイト首になって、今ニートなのかw
全部作り事だろw
本当は、あまりにもウザくてキモイもんで
バイト先で、風俗店の店員と風俗嬢とケツ持ちのヤクザ全員にリンチにあって
命からがら逃げ出してきて
今現在、精神病院に入退院を繰り返してんじゃねえのかw
おい!儡腸よw
そう言えば、時々何ヶ月も、まったく書き込みが無くなるからなあw
山怖スレのつかのまの平和だが。

リアルで、こんなキティが友達いるわけねえじゃねえかw


136 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 13:08:11 ID:NEpDwOst0
128 名前:本当にあった怖い名無し sage 投稿日:2008/01/04(金) 11:01:40 ID:NEpDwOst0
>>127 風俗でいぢめられたの?w

ここまでセットで貼らなきゃだめだろw

137 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 13:10:02 ID:nakTErl00
丘板住民すべてにいぢめられて、DQN雷鳥必死だなw

age!

138 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 16:23:30 ID:wwea/5ug0
クソコテ雷鳥age

139 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 17:34:28 ID:BQ9k/UgM0
早く冬休み終わらねえかな

140 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 20:19:23 ID:KcqlYf7s0
>>126
いや、内容も似た感じ。
別スレで昔読んだ話とごっちゃになったかな。

141 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 23:13:25 ID:dCD+b4gM0
俺の餓鬼の時の体験
俺の住んでいるとこは県庁所在地だったが。親父の実家が同じ県のド田舎で
山の中だったんだ。冬休みになると正月を過ごすためにそこに連れられて行くのだが、
其の当時はTVの入りも悪く正直行きたくなかった面もあったんだ。
其の年もいつものごとく連れて行かれたんだが、従兄弟らがまだ来ておらず
暇でしょうがなかった。ですることも無いので、裏の庭で一人遊んでいると
突然ガサガサと音がする。そちらを見ると、どう見ても「鬼」としか見えない
の者が、藪の向こうからこっちを見ている。背の高さはあまり高くないが
角が一本はえていて、筋骨逞しい様子はまさに絵本の中に居る鬼だった。
餓鬼だった俺は大声で悲鳴を上げると、爺さんが家の中から走って出てきた
それで爺さんの方に走って行ったが、其の時の爺さんの表情から考えるに
まず、爺さんも見ていたものと思われる。で其のあと直ぐに檀家だったお寺に相談に行き
和尚さんを連れてくると。現場を見てもらったが「これは自分の手に負えないので、
本山に頼むしかない」と言って本山から徳の高い僧を呼んでくれた。
其の日の内に来てくれた高僧は一生懸命祈祷をしてくれ、その後説明をしてくれた。
「どうした訳か分からないが、常世との境目が一部崩れ鬼がこっちに出てきてしまったようだ。
さっきの祈祷で恐らく穴はふさいだと思うが.....」と言うことであった。幸いその後
は「鬼」は出ていないが........。


142 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 23:19:28 ID:55+LjXQF0
鬼嫁に爺さんが虐げられていると。

143 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 23:20:59 ID:NEpDwOst0
創作乙

144 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:11:28 ID:yQ6ecsWeO
>>140
オマイサンが勘違いしてるんだろう。
サンダーバードが過去に書いた風俗ネタは、山中にある温泉街のソープ一本だけだと俺のサルベージデータは言っとる。

今の連続モノも悪くはないが、普通の短編ネタも読みたいなぁ。
併記してくれないものか。


145 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:26:37 ID:yQ6ecsWeO
ところで>>112で書かれてた『H市のソ●プには扉がない』ってくだり、本当なのかいな?
妙に気になる(笑)。
隣りの行為が、コレじゃ筒抜けじゃあるまいか。


146 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:51:48 ID:JEYnLJbH0
>>141
面白かった

147 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 01:14:20 ID:wSLHVYvt0
>>141 ゴメン、藪の向こうから見てたの俺だわ

お爺さんにゴメンと謝っといて!

148 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 01:16:09 ID:NP/4UF000
>>144
DQN雷鳥乙!

149 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/05(土) 02:35:34 ID:sMAuKL180
住民から聞いた話。

冬場、寝る前に窓を軽く拭いておこうとカーテンを開けた。
中で暖房器具を使っていると、結露が割と酷かったのだという。
特に鍋などをした時には、結構な水が窓に発生していたので、そんな日は拭き取って
いたのだそうだ。

雑巾片手に窓と向き合い、ギョッとする。

丁度肩くらいの高さに、手形が押されていた。
押されたばかりのようで、まだ形も崩れておらず、くっきりと浮かんだ五指の跡から
水が糸を引いて垂れている。
そこの家には幼い娘がいたが、手形は娘のものより随分と大きく、かと言って大人の
自分たちに比べれば小さいものだ。

見なかったことにして、サッと拭って消したのだそうだ。

「実は、その後も時々見るようになったの。
 夏場は結露しないから、気付かなかったのかな。
 何か居るのかしら。もぉ窓とか、戸締まり確認は本当に欠かせないよ」

戸締まり?
「そ。幽霊でも何でも、入ってくると思うと嫌じゃない」
ふむ。でも意味ないんじゃないかな。いや泥棒には有効だろうけど。
「何で?」
だって、手形から水が垂れてたってことは、窓の内側から押されたってコトでしょ。
入ってくるも何もない、もう中に居着いちゃってるんじゃないの?

彼女は目を剥いて絶句していた。


150 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/05(土) 02:37:09 ID:sMAuKL180
住民から聞いた話。

夜中寝ていると、突然“ボコッ!”という音で目が覚まされた。
窓のすぐ外から聞こえたが・・・泥棒か!?
ゴルフクラブを手に、恐る恐るベランダを覗いてみた。
誰も居ない。他にも変わった様子はない。
しかしどうにも不安だったので、クラブを横に置いて寝たのだという。

翌朝、洗濯物を干しに出た奥さんが、慌て声で彼を呼んだ。

そこのマンションは、ベランダの隣家との境に強化ボードが貼られている。
火事の時等にぶち破って逃げ出せるよう、そんな構造になっているのだが―

そのボードの下から上へかけて、子供のものらしき足跡が付いていたのだ。
指の後がくっきり残っているところからすると、裸足で歩いたものか。
一カ所だけ、ボコリと凹んで穴が開きかけている。
まるで、途中で足を踏み外したかのように見えた。

・・・昨晩、どこかの家の子供が、うちのベランダで垂直に歩いていた?・・・

頭を振って馬鹿げた想像を追い払い、管理人に連絡した。
彼の家に子供は居ない。また、ボードのあちら側は現在空き家だ。
以上のことから悪質な悪戯だと思ったのだ。

管理人は腑に落ちないような顔をしながらも、ボードを取り替える段取りを
してくれたという。


151 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/05(土) 02:38:17 ID:sMAuKL180
(続き)
間もなくリフォームの業者がやって来て、作業に入った。
空き室の方から交換を行ったのだが、交換中も頻りに首を捻っている。
何か不審な点でも? 作業に立ち会っていた彼が尋ねると、こう返された。

「いやね、こちらの部屋ってずっと空いてましたよね。
 以前の住人が出て行った時に、やはり自分が改修を担当したんですが。
 壁紙も天井クロスも貼り替えて、クリーニングも終えてる筈なんだけど・・・
 今回入ってみると、誰かが入り込んだ痕跡があるんですよ」

痕跡というと?

「床に埃が少し溜まってるんですけど、その上に幾つも残ってるんですよ。
 沢山の子供の足跡が。大人のものは一つもないんですが。
 一応掃除しときますね」

彼ら夫婦は今もそこで生活している。
夜中に歩く者はあれから出ていないが、どこか落ち着かないのだという。


152 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/05(土) 02:42:21 ID:sMAuKL180
住民から聞いた話。

「エレベーター乗っている時にですね、頭の上で音がしたんです。
 カツンッカツンッて、誰かが歩き回っているかのような、そんな音が。
 それまでにも、ここのエレベーターって変なコトかなり多かったんです。
 もう気になって気になって、すぐに管理人さんに連絡したんですけど。
 しばらくしてから、
 『駆動部の上に異物があったようで、取り除いたんでもう大丈夫です』
 って私に報告ありました。
 だから、あー、私の勘違いだったのかなぁって。
 まぁ確かに、普通あんな所歩いたり出来ませんよね?」

「その少し後に、丁度エレベーターのメンテの人と出会ったんです。
 それで、私の体験を話してみたんですよ、笑い話として。
 するとその人、こんなコトを言うんです。
 『あながち間違いじゃないかもしれませんよ。
  ここのエレベーター上に乗っていたのは、割れた位牌だったんです。
  何でそこに落ちていたのかとか、どなたの物だったかとかは、我々には
  わかりませんがね。
  誰かに見つけてほしくて、位牌も一生懸命だったんでしょう』
 そうして、エレベーターに向かって手を合わせちゃって」

「思わず私も手を合わせちゃいました。
 でもあれから、変なコトは起こってないような気がするんですよ」

彼女はそう言って朗らかに笑った。


153 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 02:44:25 ID:O73AOI4k0
夜更かしも程ほどにねー

154 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 02:49:35 ID:s3GlVtx5O
面白いです。

155 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 03:00:36 ID:gSDHT0eR0
>>14-154
           | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   _______
               |  |  |        . |  |  |自作自演小学校|
               |  |  |_______|  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/            |_|__________________________
..     _____  
..    /   ⌒ヽ
..   |  ノノ)ノレノ                            
..   |  | |  | .|' / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
./ ̄||  ) l7/< 自作自演小学校3年生の陽ノ下光です。  
| ̄ ̄|| /l_l l l  \____________     
|   ||/L____○   
|__|_/______\   
    /フ二イ |   
    じ'   |-|    
        L__~)

156 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 03:02:09 ID:gSDHT0eR0
>>149-154
           | ̄l\     .| ̄l\
      | ̄l`|  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  |  \
     TTTTT.|  | | (┘)   |  | TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTlヽ
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]\lヽ
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |   \l
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   |i-i-i-i-i、
    `l []l[]. |  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     |二二二]\
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[] .|  | | 日日日 |  | | 田田 田田 田田 田田 田田 田田 田田 |     l二二二]  |
    [二二二|  | |        |  | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二]   | 田田 |  |
    `l []l[]. |  | l| ̄| ̄|ニl .|  | | 田田| ̄| ̄| 田田 田田 田田 田田 田田 l     l二二二]  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |] _|_| [二二二|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |/         |  |   _______
               |  |  |        . |  |  |自作自演小学校|
               |  |  |_______|  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  |  |           |  |
 _______|_l/            |_|__________________________
..     _____  
..    /   ⌒ヽ
..   |  ノノ)ノレノ                            
..   |  | |  | .|' / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
./ ̄||  ) l7/< 自作自演小学校3年生の陽ノ下光です。  
| ̄ ̄|| /l_l l l  \____________     
|   ||/L____○   
|__|_/______\   
    /フ二イ |   
    じ'   |-|    
        L__~)

157 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/05(土) 03:05:49 ID:sMAuKL180
おばんであります。

>>121-122
>>私は中でも○○大学のワンダーフォーゲル部に注意が向いていました
>>私の学校は男子校で回りはむさい男ばかりですが
>>あちらにはちらほら女性の姿が・・・

私も男子校の登山部だったんで、その気持ちよくわかります(笑)。
山の中って、街中と雰囲気が違うのか、ごく普通に話しかけられるんですよね。
しかし、オチがなんとも・・・何かの勘違いであってほしい。
沢登りしている時に鉄砲水に襲われた日にゃあ、まず助からないだろうと思いはしますが。

>>141
鬼の登場する山話ってのは結構耳にしますが、実際に目にしたっていうのは珍しい気が
します。私が聞き集めた話では、大抵存在を匂わせるだけで、はっきりと姿を見せないっ
て類型が多いものですので。後で長老が「そりゃ鬼のせいだ」って宣うパターンッスね(笑)。
「峠の黒バット」って噂話がありまして、これは鬼らしきモノ?が目撃されていたかなぁ。
興味深いお話、ありがとうございました。

>>144
おー、確かにそうかもしれません。トイレでドッペルゲンガーが目撃されたって話ですね。
よく覚えておいでで。私も過去ログ引っ張り出して、やっと見当が付いたほどなのに。
いや風俗系の怖い話も何本かあるのですが、あれは大抵街中が舞台になりますので。

しかし、今のマンションシリーズも考えてみれば、どちらかというと幽霊モノの類話という
感じですので、確かにいわゆる山怖話と、少しノリが違うでしょうねぇ。
どちらも得体の知れない何かがそこにある・・・という点では似たようなものなのですが、
その何かが元ヒトであるかどうかってのは、結構大きい要因かもしれません。
まぁよろしければ、もう少しだけお付き合い下さいまし。

そりでは、また。オヤスミナサイ。


158 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 10:46:30 ID:F0AzXaSs0
>>149
言ってやるなよw

159 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 12:41:25 ID:4NZz24eN0
山の沼の話
自分が10歳の時の話。自分と従兄弟(9歳男)と叔父さんとで
家から少し山中に入った沼になまず釣に出かけたんだ。自分は
あんまり釣には興味はなかったが、従兄弟(これは釣好き)と
叔父さんが教えてくれるというので出かけたんだ。
沼まではそんなに遠くもなく、20分ほどで着き、直ぐに釣を始めて
素人の自分も2匹ほどつって「なんだ釣もおもしろいなぁ」などど
増長しながら続けていたが、なんだか自分の周りの草むらとかが不自然に
がさがさいいだした。なにか兎か子犬ぐらいの大きさの物が走って回って
いる感じだ。すると叔父が血相をかえて走ってきて「早く帰るぞ」と言う
自分はもっとやりたいと言ったが、叔父があたふたと帰り支度をするので
仕方なく帰った。帰る途中も来る時とは叔父の様子が全然ちがい。いつもは
冗談など言って陽気な人だが一言も喋らない。そうする内に家に着いた。
それで叔父に「釣も好調だったのに何で急に帰ってきたの?」と尋ねると
「おまえの周りをラグビーボールぐらいの黒い得体の知れない物がぐるぐる
回りだしたのが見えたんでそれで引き上げたんだ。お前は見ていないのか?」
と言われた。そして「もうあそこでは釣はしないほうがいいな」と言って
二度とその沼に行くことはなかった。

160 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 13:31:54 ID:TTKa8x1FO
雷鳥さんマンションの続き待ってたよ。久しぶりにオカ板来るの楽しみ。>>159気に入られちゃったのかな?情景を思い浮かべると怖いね

161 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 14:45:04 ID:rrsHrmsL0
>>159 新耳のぱくり乙

162 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 02:36:09 ID:X6jen5PKO
パクリって、おまwww

163 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 14:47:45 ID:UsMAVl2MO
新耳袋形式にしたら、ここの過去スレだけで何巻出せるかな?
個人的には出たら買うぞ。
ってか、そういう人多いんじゃね?


164 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/06(日) 20:47:19 ID:MSwVxYUX0
住民から聞いた話。

小さな子に夕飯を食べさせていた時のこと。
箸が滑って、芋の煮っ転がしが手元から落ちた。
そのままコロコロとテーブルの下に隠れる。
「あーもう。後で拾っとこ」そう考えて食べさせ続けた。

しばらく後、子供の食事もそろそろ終わる頃合い。
テーブルの下から何かが勢いよく転がり出た。
さっき落とした、煮っ転がしの芋が一つ。
誰かが勢いを付けて転がしたかのように、かなりの速度で床の上を転がってから
椅子の脚に当たって止まる。

思わずテーブルクロスを捲って下を確認した。
テーブルの下には何も居なかったという。


165 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/06(日) 20:48:07 ID:MSwVxYUX0
住民から聞いた話。

「そろそろ寝ようかと思っていたら、子供が呼びに来たんだよ。
 犬がいるって。黒くて大っきい犬が。
 へェ何処に?って聞いたら、すぐ外のベランダを指差してね。
 下の駐車場にいるのかなって何の気なしにチラッと見たんだけど」

「黄色く光る二つの点が、こちら室内をじっと覗いてた。割と大きかったな。
 ギョッとしていると、スゥッと溶けるように見えなくなったんだ。
 サッシに飛び付いて確認したけど、ベランダには何もいなかった。
 ・・・うち、五階なんだよね。
 アレどう考えても生き物の目だったけど、何処から来て何処へ行ったんだろ?」

現在ベランダには、近くの神社で貰ってきた御札を貼ってあるのだと。
効果があるのか、以来アレは現れていないという。


166 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/06(日) 20:49:17 ID:MSwVxYUX0
住民から聞いた話。

彼女の旦那さん、お風呂に入っている時に、必ず歌を唄っているのだという。
「それも加山雄三ばっかり。♪海よ〜俺の海よ〜♪って下手っぴぃな大声でね。
 一人で入ってる時に限って歌ってるから、この前ふと尋ねたの。
 何で一人の時は唄ってるのって」

旦那あっさり答えて曰く。
「いやぁ、一人で頭洗ってるとサ。時々誰かが上から押さえてくるんだわ。
 こうグッとね。ちょっと怖いけど、頭洗ってるから目開けられないだろ。
 だから押さえるのが来たら、鼻歌唄って誤魔化してるんだ。
 試した中では、若大将が最強。すぐに居なくなる」

「・・・ちょっと何よそれ!?」

思わず問い詰めたが、旦那さんは肝心の犯人の姿を見たことはないという。
「だって見えたりしたら怖いじゃん。
 見ない振りして歌ってたら、向こうもすぐにどっか行くし。
 大体今のうちの経済状態って、余所の物件買い直す余裕なんて無いだろ」

これまたあっさりとそう述べた。

そいつが出ているのは旦那の時だけに限るようなので、結局、彼女も気にしない
ようになったらしい。
「鼻歌が聞こえる度に、あぁまた頭押さえ付けられてるなぁって思うのよ。
 何なのかしらアレって?・・・まさか女の幽霊じゃないでしょうね」

妬いているように見えたのは、私の気のせいだと思いたい。


167 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 20:58:07 ID:ScLMUddK0
いつもいつもうまいな 感心するわ 

168 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 21:04:55 ID:xSMHTnQ10
こういう短編が好きだな

169 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 21:18:30 ID:2bHIqaRN0
うん、いいね

170 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 21:26:31 ID:ScLMUddK0
>>141 >>159 おまえらもがんばってこういうの書けよ

171 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 21:37:07 ID:n6fOzlHB0
なぜ若大将なんだwwそんなに嫌いなのかwwww
結構、住民はたくましく生きてるんですね。
お札貼ったり、やりすごしたり。
やっぱ生きてるのはそうでなくちゃ。

172 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 22:06:32 ID:5CNXu1wiO
雷鳥さん、乙です。
風俗ねた・・・自分としては、A○の青○ネタが未だに気になるw

173 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 22:42:00 ID:UsMAVl2MO
お風呂の若大将w


174 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 22:48:12 ID:PXJ0NBhz0
雷鳥氏の話が只の怪奇現象になってきた件・・ちょっと寂しい

175 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 22:48:13 ID:un4FliShO
ほんのりのスレ方でも巨乳の霊能姉さんが
山が近いと色々流れてくるってサラッと言ってたけど
そういうのってあるんだね

176 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 02:28:28 ID:BBXW6SFU0
実家山に囲まれてますが何もありません

177 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 02:29:37 ID:APfMRfbE0
大抵はそうです

178 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 03:54:09 ID:tPrOEbJc0
16 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 16:56:25 ID:EfjrEa600
知り合いの話。

彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
派遣する業態の風俗のことだ。

「こんな仕事してると、そりゃ変な思いを色々とするんだぜ。
 風俗利用する輩ってのは、素直に自分の欲望吐き出すのに使ってる訳で、
 中にゃ 実に困ったチャンな客も多いんだよ」
 ちょっとでも風俗に関わると、世の中で一番怖いのはやっぱ人間だって思うね。
 表に出せないだけで、結構犯罪絡みの話も聞くし、体感したこともある」

そんな話を色々と聞き出していた中に、一寸毛色の変わった話があった。

「あ。そういや怖いマンションがあったわ。
 人が怖いんじゃなくて、オカルトっていうか、そっち方面で怖い思いをした。
 といっても、俺が見たのが霊かどうかは本当わからないけど」

「プレイ時間は基本六十分が多いからな。
 女の子送り届けて、また迎えに来るまで、一時間ほど時間を潰さにゃならん。
 でもそのマンションっていうのが山深い所にあってよ、街中まで帰るとどうにも
 時間が中途半端なんだ。
 だからもう帰るのは諦めて、少し離れた辺りに路駐して仮眠取ってたワケ」

「そしたらよ、誰かが窓を叩いて起こしやがる。
 でっきりお巡りかと思って大慌てで飛び起きりゃ、これが誰もいないんだ。
 おかしいなぁってんで外に出てみたんだが、猫一匹いやしない」


179 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 03:55:01 ID:tPrOEbJc0
17 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 16:57:27 ID:EfjrEa600
(続き)
「首傾げながら車に戻ったんだが、しばらくしてまたダンッって窓叩かれた。
 今度は寝てなかったからよ、モロに見ちまった。
 いきなり空中に白い手が現れて、フロントガラスを叩いてったのを」

「もう頭が真っ白で、必死でエンジン掛けて車を出したんだ。
 峠半分下った辺りで冷静になったんだが、あかん、まだ三十分も残ってる。
 仕方なく時間が来るまで、峠をグルグル登ったり下りたりしてた。
 真っ暗闇であんなの見てしまうと、駄目だね。ビビるね」
しみじみと彼はそう述べた。

彼の言うマンションが、正に私の友人が住んでいる所と知ったのは、
その後しばらく経ってからだった。


180 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 03:55:39 ID:tPrOEbJc0
18 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:01:28 ID:EfjrEa600
件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。

「やんなっちまうよ。前に話したマンション、あっただろ。
 あれからしょっちゅうお呼ばれしてるんだ。
 怖いから嫌だって抗議したんだが、駄目だとさ。
 まぁうちで送迎しているのは俺一人みたいなモンだから、仕方ないんだが」

「うん、止めてるとやっぱり窓叩かれる。
 それだけじゃなくて、車内が生臭くなるようにまでなった。
 だから同じように、峠を上り下りしてたんだけど」

「丁度峠の中程でな、白い女が立ってたんだ。
 いや立ってるだけで何する訳じゃないんだが。
 時間が時間だけにおかしいなって」

「気にしないようにして時間を潰し、女の子迎えにマンションに戻ったんだけど。
 帰る時もその白い女、同じ場所にずっと立ってるんだ。
 そこで女の子に『変な女が立ってるね』なんて話振っちまった。
 失敗だったなぁ」

「その子には、その白い女が見えていなかったんだ」

あそこから電話がある度、もぅ泣きそう。ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。

181 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 03:56:34 ID:tPrOEbJc0
19 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:03:15 ID:EfjrEa600
件のマンションからの電話は、月に二回のペースで途切れることがなかった。
オーナーに直談判し、一時はその客は断ろうという流れになったのだが、結局断れな
かったのだという。
その客は常にダブル、つまり倍の時間で予約を入れ始めたのだ。
往復の経費が一回で済むことを考えると、これは美味しい。
そのせいかどうか、マンションの客は御得意様になってしまったそうだ。
「まぁダブルになったんで、街中まで帰っても時間がイイ感じになったんだけどな。
 でもやっぱり、あそこに行くのは嫌だよ」

「この前、俺が都合付かず休んだ夜があったんだ。
 だからその日は仕方なく、オーナー自ら送迎に走ってた。
 で、俺にとっては運良くその日に、あのマンションから電話があったのよ。
 オーナーも俺から話は聞いてたんで、ビクビクしながら出向いたって」

「窓は叩かれなかったそうだ。・・・窓はね。
 『何だあの野郎、怖がりすぎなんだよ』そんなこと思ったらしいな。
 で、マンションの前面道路に車止めて一服してたら、変なモノが見えたって。
 奥側の建物、その壁面を、何か大きな物が這ってたんだとさ」

「月もろくに出ないような暗い晩だったのに、何故かくっきりと見えたんだと。
 大トカゲか大ヤモリでも見たんスか?って尋ねたら、怖い顔してこう言ったさ」

「『ヤモリがフレアのロングスカートなんて履く訳ねぇだろ』って」

「そいつはスルスルと明かりの点いていない部屋のベランダに滑り込んだらしい。
 見えなくなってから、即座にそこを後にしたってよ。
 だから止めましょうよアソコ!ってしつこく抵抗したんだが、金には勝てなかった
 みたいで、それからもずっと、今に至るもお得意様。
 でもオーナーは、自分ではあそこに二度と行ってないけどな」
腹立たし気にそう言っていた。

182 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 03:58:23 ID:tPrOEbJc0
26 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:14:09 ID:ks9sbnTI0
>>16-22

>雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ
>知り合いの話。

>彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
>デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
>派遣する業態の風俗のことだ。

>件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
>一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
>焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。
>ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。

社会の低辺ども、風俗店のボイどもやパシリどもと、知り合いどころか
酒奢るほどタメだなんてw
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQは、自分でアホリアルをカミングアウトするなんて、とんでもない知障のDQNだなw
このスレに来る人少ないが、通りすがり達は雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQに関わりにならないほうがいいぞw

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


183 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 03:58:57 ID:tPrOEbJc0
127 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 10:40:38 ID:YOMCkfft0
>>96-98>>100-102>>106-109>>112-126

また、風俗のバイトの莫迦が、延々と独り言かよw
そう言う人格破綻者だから、バイト首になって、今ニートなのかw
全部作り事だろw
本当は、あまりにもウザくてキモイもんで
バイト先で、風俗店の店員と風俗嬢とケツ持ちのヤクザ全員にリンチにあって
命からがら逃げ出してきて
今現在、精神病院に入退院を繰り返してんじゃねえのかw
おい!儡腸よw
そう言えば、時々何ヶ月も、まったく書き込みが無くなるからなあw
山怖スレのつかのまの平和だが。

リアルで、こんなキティが友達いるわけねえじゃねえかw


184 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 04:58:39 ID:YcPOVjV+0
↑リアルで、こんなキティが友達いるわけねえじゃねえかw

185 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 10:59:34 ID:dDc0QuZ40

風俗でバイトしてる雷鳥って
ホント懲りないねえw

そんなに、たった一人の自慰行為が好きなんだw

186 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 12:45:57 ID:Ez37hgyv0
なんで『風俗でバイト』って一文にこんなにこだわるんだろうね。
トラウマスイッチでも押されたのかな。

187 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 15:23:33 ID:OWrCVjKt0
なんで山に関係ない話ばっかなんだ?
ここはタイトル偽装スレなのか

188 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 16:52:58 ID:2YSK0ARW0
もうなんでもいいから、怖い話だけしてりゃいいんだ
気に入らなけりゃ見るなよ

ついでに雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQってのはちょっと自重してよ
山とマンション全く関係ねえし、マジでスレ違いだわ。

189 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 17:36:08 ID:0x61OGpr0
雷鳥って要するに全部作り話なんでしょ?
創作ならせめてスレに合った内容にして欲しいし、
「実話では無い」という意味の注意書きを必ず入れて欲しい。
読む人がみんな事情を知ってる常連じゃないんだから。
最初の頃、本当の話なのか思ってwktkして読んでたから
相当ガッカリしたよ…ひどい。

190 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 17:43:20 ID:QCeWblW+0
雷鳥はいまいち作り話と確信を持てないところがいい。

すぐバレる作り話しはマジ萎える。つかここでバラスけどな。

191 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 17:45:49 ID:QCeWblW+0
>>188
つか 気に入らないなら雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQをNG登録すればいいだけの話しじゃん
確かに山での怖い話しではないけどな

192 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 18:16:53 ID:2YSK0ARW0
>>191
気に入らないんじゃなくてスレ違いだから言ってるんです。
これはNGとは別問題でしょ

193 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 19:24:58 ID:uz5AN2pd0
何で叩かれてるのかわからんかったが
言われてみれば殆ど山関係ないのね
でも雷鳥さん居ないと話の出るペースが半分以下に…

194 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 19:51:17 ID:APfMRfbE0
創作だって確定してたっけ?今ン所不明だろ。自己申告ではノンフィクションだろうけど

195 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 20:07:28 ID:B5DaGWwF0
>>188
すっかりシリーズモノ化してるのでもう前置きっつーか説明がないからな。
最近来たばかりで知らないのかもしれないので一応。

雷鳥氏の話に出てくるマンションは山の中腹の森を切り開いて建てられたもの。
深い森のなか、トトロの樹のように唐突に高層マンションが聳え立っている。
山荘や山の神社の話がOKなら、このマンションも充分山の話でいいと思うわな。

196 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 20:15:27 ID:xE//mcOS0
そもそもコテを叩いている人がスレ違い。
怖い話も不思議な話も書けないんだろ。なら書き込むな。
発言したいならなにか書き込んでからにしろ。
くだらん批評なんかこのスレには必要ない。その場でブツブツつぶやいてろ。

197 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 20:51:07 ID:6gqpDlDZ0
>>189
実話ではないという意味の注意書きを入れてくれってバカジャネーノ。

実話かもしれないが、そうじゃないかもしれない という微妙なあたりを
楽しめない人は、怖い話を聞くのには向いてないと思うけど。

198 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 21:40:45 ID:CxLt8VTv0

          l  \,ヽ /   \/ 
          l:   ,,| Y     /  ~ '' ‐ ,,_ 
        l / ',: i    /       ~''‐ 、, 
        l,/   ', i  /       ,. '"´',~''‐ ,,, 
        .l′   ',',/      ,"     ',   ~ '' ‐-  、 ,,,,,,,, 
        .i~''‐、,   ゙     ,."        .', 
        l  ). ゙''-、,  ,'"´  ,-ー――┐  ',    
       .l /',  <  ~Y、     く     ./   .',  
       l゙ / ',  \_,' ~/i\   ' - '~     ',    
      .,' /   ',     /:i:  \          , >,    認めたくないものだな
     .//   ヽ、___/ /    \_,,, - '' " ,,,j ',   これがゆとりというものか  
   .//      ',.   /              )  ', 
  ./ ''         ',  (、   、          ∠,,;;; '., 
 <'           ',    ~_____,        ---\      __ 
  \             '.,    \,,,,,,,"        ,=@ ./>'''r''i"""" 
    ~ '' - ,,       \            ," ,"/  \i 
        ~ " '' ――-\       ,"  ,"  く_,,_   )|,⌒ヽ- 

199 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 21:43:12 ID:0x61OGpr0
>>197
やっぱり、雷鳥自体がどうこうより、こういう下品な取り巻き連中がいやだ。
雷鳥が品性下劣だと煽る人がいるけど、周りも同じようなものか…。('A`)

200 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 22:13:25 ID:2YSK0ARW0
>>195
それは知ってる。
でもマンション取り巻く環境設定もバラバラで、住人も取り留めなくバラバラ出てきてるよね。
もう最近は前置きのマンション話全然関係ないし、ってか前置きあったほうが意味不明でしょ。

201 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 22:16:31 ID:APfMRfbE0
そういや何部屋ぐらいあるんだろうな?話別に住人が被ったりしてるのだろうか

202 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 22:40:03 ID:6hzv8yFQ0
別にいいじゃん、一応山の中のマンションなんだから。
自分は読みたいので、読みたくない人はNG設定しといてくれるとありがたい。
こういう話題でスレ消費するのもういいや、って感じ。

203 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 23:09:54 ID:6gqpDlDZ0
とにかく攻撃したいんだなあ。

オカ板で「実話だと思ってたのに騙された」と被害者っぽく語る奴は、
テレビの心霊特集を見ても信じ込むのかね。

ネタをネタと見抜けない奴は(ryとひろゆきだって言ってるだろww

204 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/07(月) 23:29:23 ID:XiMVgNU+0
私の同僚で、磯釣りに嵌っている者がいる。
釣具屋に入り浸り、ついにはそこの常連と有志で、釣り大会を開催することになった。
何故か釣りをしない私まで、手伝いとして駆り出される羽目になる。

常連客の中に大学の先生が居るのだが、その人が友人を一人連れてきた。
「こいつも釣りが好きでね。一番得意なのは坊主釣りだ」
「抜かせ。坊主はお前の方が多いだろうが」
中々に愉快な初老のコンビだ。気に入られたらしく、色々と四方山話をしてくれた。

聞けばこの友人の方、地元の郷土史家もやっているらしい。
「史家ってほどのものじゃないがね。
 早めに定年しちまったから、好きなことやらせて貰ってるよ」
私も好きな方なので、そちらの話で盛り上がった。
どういう流れだったのか覚えてはいないが、話の流れが地元の妖怪伝承になった。
いやまあ、そっちへ誘導してしまったのは、間違いなく私だろうと思うが。

「エンコってのを知ってるかい?」史家が問うてきた。
ここらでいうエンコウ(河童)のことですか?と返すと、
「まぁ似てるんだがちょっと違う。いや、出自は一緒なのかもしれん。
 エンコってのは幼子ほどの背丈でな。
 四本指で川の深い所に棲んでるってことで、元々はエンコウから連想されたんだろ」

詳しくはありませんが、それはエンコウと考えてもいいんじゃないですか。
ウの字が無いだけで、後はほぼ同一なんでしょう?

「いやエンコウは淵猿という別名があるほどで、古くから伝えられている妖怪だ。
 夏は水に潜って淵猿になり、冬は山に籠もって野猿となるって輩ども。
 儂の言ってるエンコってのはそんなに古くない。
 おまけに、こいつを産み出しちまったのは、実のところ人間なんだわ」


205 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/07(月) 23:30:15 ID:XiMVgNU+0
(続き)
「これは○○辺りの山奥の話らしいんだが、そこらはひどく貧しかったみたいでな。
 間引きなんかも珍しくなかったそうだ。
 良心の呵責があったせいかどうかわからんが、間引く際にけったい(奇妙)なことを
 していたらしい」

けったいなこと?

「赤ん坊の指を、一本欠いてから間引いてたって。
 で、その亡骸を集落近くの、一番深い淵に沈めてた。
 “これは人間じゃねえ、エンコなんだ”って、そう自分に言い聞かせてから、
 事に及んでたんだろう。
 どこからかエンコウの話を聞いてきた衆が、似たような物の怪をでっち上げて、
 間引きに利用してたって、詰まるところそういう話だ。
 だからここで言うエンコってのは、元々河童や淵猿なんかじゃない。
 紛うことなく人間だった存在なんだよ」

・・・何とも辛い話ですね。人を妖怪に仕立てて間引きしていたんですか。

「いや、内容がアレだから大きく喧伝されないってだけで、こういう類の伝承は各地に
 残されてる。間引き自体はそう珍しい話じゃないしね。
 ところがこの山村じゃ、話がここから更に変な方に転がっていくんだな。
 子供を沈めてた淵、その周りで、本当にエンコが出るって噂になったんだ。
 いや、エンコの所為にして間引きを始めてからどれほど後に、そんな目撃談がされる
 ようになったのかはわからんが」


206 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/07(月) 23:31:48 ID:XiMVgNU+0
(続き)
「集落の者たちは戦慄したことだろうよ。
 エンコなんてモノは元々いなかった筈なのに、実際に目撃されるようになった。
 怨霊の類だってすると、そりゃ他でもねえ自分たちが撒いた種だ。
 余所のエンコウや河童の昔話は、どことなくユーモラスなとこが見受けられるけど、
 ここのエンコ話は、えらく陰惨なイメージで語られてた。
 尻子玉抜いたりとか、悪さをしたってことは伝えられていないが、とにかく恐ろしい
 存在だってな。ま、やってたこと考えりゃ仕方のないことだけど」

一つお聞きしたいんですが、○○って地名、今の△△って辺りじゃないですか?

「何だ知ってたのか。それならそうと言えよ。バツが悪いじゃねえか。
 しかし、もう伝える者もほとんどいない話なのに、よく知ってたなぁ」

知らなかった。エンコなんて妖怪、それまでまったく知らなかった。
△△というのは、友人の住むマンションがある辺り一円の地名である。
まさかと思い適当に言ってみただけの話が、意図せず的中してしまった訳だ。
そうか。昔は山奥であったのだけど、今は開発されて、マンションが立てられるような
程良い山になってしまったということか。

沢山の黒い手形が、エレベーターの中に押されていたというエピソードを思い出した。
確か指が欠けたのも多いという話だったが・・・。
そして、仮設事務所の黒い手形や、結露した窓に押された手形の話も・・・。

エンコ、あの辺りにまだ居るのかもしれないな。
そんなことを考えている内、釣り大会は何事もなく終了する。
私と談笑した二人組は、残念ながら共に坊主であった。


207 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 23:41:26 ID:uz5AN2pd0
>>204-206
今までの話の幾つかが一気に怖くなったなあ…
この合わせ技っぽいのいいわあ

208 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 23:53:11 ID:6hzv8yFQ0
今では忘れ去られたいわくがあった場所だったんですね…
悲しい話だ…

209 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/07(月) 23:57:12 ID:XiMVgNU+0
こんばんはッス。新年早々お疲れモードの雷鳥です。
え〜ん、もう二三日休みたひ。

まぁ、それは置いといて。
ふぅ〜やっとこのエピソードまで辿り着きました。
このマンションに関わる話、最初ホントは友人姉妹の周りに起こる事象しか
捕えていなかったんです。
あの釣り大会でこのエピを聞き、他にも聞いていた話群と、シャナリって音を
立てて結びついたって瞬間でした。
それまで別々の話だとばかり思っていた話が、実は同じ場所で起こっていて、
体験する人を取っ替えているだけと思いついた時の戦慄。
慌てて確認できる話だけでも場所を確認すると、なんてこったい・・・という事に。
暑い海の上で、全身鳥肌が立ちました。

あの手形たちが、実際のところ本当にエンコかどうかなんて、誰にもわからない
訳ではありますが。
途中で挟まれたエピ群は、モザイクみたいな感じで適当に読み流して貰えれば
と思います。
あー何というか、書かずにはいられなかった体験&聞いた話群でしたので。

これより友人姉妹の話に戻ります。そしてすべてのエンドへ。
後少しだけ続きますんで、願わくばもうしばらく御付き合いを。
あ、特定を避けるために、微妙もしくは大胆に改変した部分もありますので、
「どーしても自分に相容れない!」って人もいるのは当然かと思います。
私のカキコはすべてコテを付けておりますので、そういう人は私の名を見掛けたら
スルーして後脚で砂でも掛けて忘れてやって下さいまし。

そりでは、また近々参ります。オヤスミナサイ。


210 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 00:21:36 ID:JlrBw6smO
>>189
昔そう言われて、『これは作り話』と全ての書き込みの頭につけて山怖話を書いてた人がいたよ。
結局、露骨に作り話書いてんじゃネエ!って叩かれて消えちゃった。
つまるところ、何をどう断ったとしても、文句つける香具師は文句垂れるし、叩く香具師は噛み付くのをやめないんだよ。
結局、投下された話とどう付き合うのかは読み手次第ってことなんだろうな〜。

211 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 00:34:22 ID:gPQTdbLi0
まあ読んでて楽しめれば細かいことはどうでもいい
そんなことより話の結末の方が気になるでね

212 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 02:08:43 ID:0asQrTZy0
ヤクザが指落す時、エンコとばすってゆ〜な、そう言えば。

213 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 02:36:26 ID:QlT4m4LG0
>>190
バカ?
すぐ分かるし、まったく怖くない。

怖いのは、統失ドキュソの雷鳥の頭。

214 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 02:38:13 ID:QlT4m4LG0
>>209
お前は風俗店くびになって、いま無職なんだろうがあw
すぐ分かる偽装しなさんなってw

215 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 04:22:08 ID:P7ZHUVEu0
やっぱし雷鳥さんの話て本にしたいよな・・・。
うちで作るとせいぜいがコミケ本にしかならないところがミソだが・・・。

216 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 07:49:08 ID:xZuF5Jd30
雷鳥は凄いクオリティだな


217 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 08:58:31 ID:lG15HFDu0
なんか、雷鳥さんその話に導かれてる感じだね。

そっちのほうが怖い。

  

218 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 09:57:07 ID:rMqsxqhO0
書籍化はねーよ・・・

219 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 11:11:02 ID:4ZM230Dp0
>>204-206
サンダーバード、乙。
山中という立地条件以外は「スレ違いな雰囲気」だったの短編たちが。。。
今回の話で、なんと言うか回り回って、結局やっぱり「山にまつわる怖い話」に戻ってきたような趣を感じられるな。
初っ端のエレベーターネタの頃から仕込んでいたんだろうか。
狙って構成していたなら確かに凄いお人かもしれん。

しかし、色々と想像してしまう話でもあるなー。
かつて山奥深くに隔離されていた忌み地が、開発が進むにつれて、いつの間にか人の住む地と隣接していたって言う感じで。
いや新興住宅地がある場所なら、どこにでも当てはまることか。

自分が昔住んでいた団地が、切り開かれる前はとんでもない山の中で、姥捨てにも使われてたと聞いて驚いた覚え有る。
いや別にそこ怪談とかはなかったけど、誰かがつい封じられた暗い記憶を解いてしまうこともあるかもな。


220 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 11:40:07 ID:PvNt0fj50
>>215-219
ここまで、あからさまな自作自演が出来るって・・・
DQNの池沼さが有ってのモノだなw>雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ

221 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 14:22:45 ID:lG15HFDu0
あからさまな自演なんて言うとあの人を思い出すなあ…

222 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 14:40:23 ID:xZuF5Jd30
おまいらゆとりの相手するなよ

223 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 16:21:00 ID:VwaCUH5o0
でも実際、雷鳥の話しは普通につまらんのに
信者か自演か知らんがアホみたいにべた褒めだもんな
ほんと山怖スレの住人もゴミになったもんだ

>>188
雷鳥自重はともかく
てめーの意見なんか聞いてねーんだよ自己中糞虫

224 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 22:17:46 ID:OGSNLhxz0
雷鳥って文章下手だよね。見た限りエロゲみたいな文章。
小説読んだ事ないんだろうか。
読み飛ばしてるけど、よくそんなにネタ思いつくよな。そこは素直に凄いと思う。おもしろいかどうかは別だけど。
俺は読んでないからどっちでもいいけど、連投は邪魔。続きを誰も要望してないんだから。

225 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 22:28:03 ID:ETOHepsSO
あれから友人姉妹や住民の人は無事に暮らしているのかな…
強力な感情や思念がその空間にとどまってて、それを感知した人に霊と認知されてしまうほかに
電脳コイルのイマーゴみたいな不思議な生き物がいるのかな…って
ちょっとこわいけどそういうのもありだなって思った

226 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 22:28:40 ID:OVBI9Fic0
>>223
おめーの意見も聞いてねーよ。

227 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 23:31:17 ID:nnwWOPfY0
>>226
声出してワロタ

>>224
この短い書き込みだけでも、よっぽどお前の文章の方が
下手だぞ。
小説どころか義務教育を受けたのかすら怪しい程にな。


228 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 00:14:30 ID:Gr/gm5OE0
まあ、ファンとアンチは人気者の証拠だわなw

どっちにしろこんなのでスレ荒らしてないで、ネタ書けよ!

229 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 01:20:33 ID:24G7V7lc0
だったらもう雷鳥専用スレでも立てれば?

230 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 05:50:56 ID:DDVrvYLF0
>>229
おいおい。それなら洒落怖シリーズ物総合スレだろ。
なんでもかんでもスレ分ければいいっていう考えはどうかと・・・
荒らすやつは荒らすんだしさ、
もし単独スレ立てても雷鳥さん粘着荒らしは絶対付いて来るって。
あの粘着振りはアイカゴより酷い。

231 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 07:17:35 ID:DqmXGamTO
224はツンデレ
あ…山から馬下り
てきたと思ったら鹿だった。


232 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 07:38:03 ID:6gkiud230
雷鳥さんがいなくなったら誰も書かないじゃんw
このスレつぶしたいだけのようだね。


233 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 10:09:46 ID:GAsukj4YO
荒れてるから書けないって人も多いと思うぞ。

234 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 10:33:11 ID:BhjBQNL60
>>233
いや、だから荒らしているのはどういう人達なんだと。

235 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 11:03:31 ID:LLJ1MIMh0
ん・なモン、人に評価される人間を嫉まんと、如何にもならん、可哀相なヤツだろ。

236 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 15:00:41 ID:p307nRkh0
>>232
いいんだよ。
みんなで保守るから。
時折入る名無しの実体験談の方のが、恐いし、この板らしくて面白い。

まあ、自分で、「風に顎でこき使われるアッシどもがツレ」なんて痛い事言うねらーって、どの板にも一人もいないんだよねえ。
自作自演のアフォ雷鳥だけが分からないだけでw
まあ、風如きを「女の子」って2chで言ってる事自体で、「ああwこいつヒッキ―のヲッサンだわっw」ってスグ分かる。
この糞オヤヂにはリアルが一切無いってねw

もう、ここを雷鳥オヤヂが、>>1になった後、延々とヲナニして独占するなら、呉れてやって、スルーし続けるのも手かもと思う。
俺は、「海」と「山」合同の「〇〇にまつわる怖い・不思議な話」スレッド作ってみたらどうか。と思うんだがどうだろう?
海の方が、すぐdat落ちするんだよなあ。

237 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 15:18:38 ID:/kEG/QLb0
>>236
>俺は、「海」と「山」合同の「〇〇にまつわる怖い・不思議な話」スレッド作ってみたらどうか。と思うんだがどうだろう?
自分のブログでやれ
KY&KiMo野郎はオカ板へは永久に帰って来なくていい

238 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 15:33:08 ID:lEKIDBpS0
>>236
お前さんがそのスレッド作ればいいだろ。
常駐するならそこに籠もって出てくんな。
差別主義者に山怖スレに居座ってくれなんて誰も頼みゃあしないから。

239 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 15:50:19 ID:p307nRkh0
>>237-238

また、ヲナニしてやがら、風俗オヤヂw
わからんだろw
お前だけなんよw分からんのはw
この板を見てる、お前以外全部の住民が、全て分かっててニヤニヤなんよw

ねら−って言うモノを、他の板ROMして勉強してから又来いやwアフォ雷鳥w

240 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 16:02:35 ID:/kEG/QLb0
>>239
病院へ帰れ!

241 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 16:23:13 ID:+X8jy2rFO
>>239
どうした、顔が真っ赤だぞwww


242 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 16:39:54 ID:JbpsfKnQ0
頭のおかしい人のガイドラインにばっちり該当しているなw

・「みんなの意見」「他の人もそう思ってる」など、自分の意見なのに他人もそう思ってると力説する人

・根拠もなく、他人を見下したり、差別したりする人、自分で自分を褒める人

243 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 16:52:48 ID:YfBHER430
-------ここまで山怖話なし-------

244 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 16:54:28 ID:XVkL+5sI0
>>240-243
また、童貞雷鳥がズリセンw

245 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 17:37:30 ID:DDVrvYLF0
このかわいそうな人はシリーズ物書く作者に凄く恨み、妬みがあるんだね。
洒落怖本館、シリーズ別館、山怖と荒らしてる。
作者に文才があり人気が高ければ高いほど粘着度も比例して上がってく。
きっとウニさんが登場したらものすごいファビョり方するんじゃないかな。

他人に嫉妬して荒らしても自分がみじめになるだけなのに哀れだねぇ・・・

246 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 17:38:35 ID:1bAeqMCt0
荒らしに相手する方も荒らし

247 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 17:45:35 ID:a0woOqUH0
まだ掻くのかいなw
ドキュ雷鳥w

248 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 17:51:25 ID:a0woOqUH0
プ 洒落怖本館、シリーズ別館にも、ドキュ雷鳥の別コテ(ウニ等)があるんかいw
「荒らし」と言う日本語が、自分だけに該当すると理解出来ないから、ドキュ雷鳥は朝鮮人だなw

249 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 17:59:53 ID:a0woOqUH0
>>246
こういうクズのヒキコモリは、叩けるうちに叩いて、二度と来させんようにせんとあかん!
ケツ丸出しのくせして、36スレも長々と続けてきた真性やからな。
おまえも協力しいや!

250 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 18:56:59 ID:gK8zrgkB0
なんかもめてるな
今なら言える

去年の9月近くの山に遊びに行ったとき立ちションしたんだ
終わってちんちん振って仕舞おうとした時
上からポタッと小さな毛虫がちんちんに直撃
蛍光カラー黄緑色の太くて短い変な毛虫

直後ちんちん切れたような痛みが襲ってきた
一人じゃ立って歩けんかった
友人に肩貸してもらって車までたどり着いた
マジちんちん死ぬと思って病院行ったよ
恥ずかしいなんて言ってられんかった
ちんちん弄繰り回されて薬塗られて痛みはマシになった
病院着いた時には火傷したみたいな水脹れが出来てたよ

今は全快ちんちんにも異常無し
病院で先生に23年医者してるけどちんちん毛虫に刺された人は
初めてだと言われたよorz

251 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 19:27:59 ID:1c6RhD5rO
>>250
怖ぇ〜!それきっとイラガの幼虫だよ。去年は大発生してたから。すぐに水で洗い流すといいらしいが、場所が場所だけに…

252 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 19:37:03 ID:FnMuvWns0
ちんちん

253 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 19:43:25 ID:tsNFZpNT0
マジにこえーな。
股間に灯油こぼして、放置していたら被れて皮の皮がむけた事ならあるが。

254 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 19:46:12 ID:CCQQOPwc0
山中で立ちション中いつの間にかパンツの中に侵入してた蟻に尿道を咬まれた
俺がきましたよ

255 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 19:48:12 ID:1bAeqMCt0
尿道とかどうやったら噛まれるんだ?

256 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 19:51:47 ID:3sHvqjVv0
砂糖風味だったのでは?


257 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 19:53:05 ID:1c6RhD5rO
糖尿?

258 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 20:25:34 ID:YfBHER430
蟻は別に甘くなくても自衛で噛む奴もいる
尿道で身の危険を感じて噛んだんだろ

259 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 20:43:21 ID:iGwsaoow0
>>250 

その毛虫を教えてくれ
ちんこがでかくなるなら痛いのと引き換えに
俺も喜んで刺されるぞ

260 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 22:17:35 ID:L6EJqVCl0
>>250
こえ〜!ムズムズしてきた。

>>239
で、スレ建てまだ?早くお願いしますよ兄貴

261 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 23:06:04 ID:ROepYDbg0
>>259
でかくなるのが皮だけだったらどうすんだ。
寒い日じゃなくてもドリルチンチンになっちゃうじゃないか。

262 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 23:19:14 ID:LLJ1MIMh0
俺が山で経験したお話。

ガキの頃、山に虫取りにいった時なんだが、道端に公衆便所があったんだ、
木造&トタン屋根のボロ〜な感じの、2人くらいしか入れない小さい便所。

なんとな〜く、探索気分で入って行ったんだが、天井付近から、ビーチボール
くらいの丸い物がぶら下がってて、「??」と思った。

ツカツカ寄って行って、確認したんだが・・・。


巨大なスズメバチのお家でした。


263 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 00:11:14 ID:KKa5e8/V0
>262

で、お前生きてたんだ。良かったな。

264 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 09:12:16 ID:etAePR6D0
>262
それはまじでやばかったな。生還おめでとう

265 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 12:36:08 ID:dUE75r4t0
怒りと恐怖を捨てれば虫は襲ってこないよ

266 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 12:39:29 ID:IIg2GhSJ0
クシャナ乙

267 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 13:42:29 ID:janJxaUG0
>>265
なるほど。。

268 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 16:01:36 ID:slFxR6D6O
一年以上ぶり?に山怖に戻ってきたさ
まとめ追っかけてやっと追い付いた…
色々ゴタゴタしてるのいるが、とりあえずその間に起きたことでも


冷たい風が頬に突き刺さる
夜、犬の散歩に出るのが毎日の日課だ

小さいながら、近くには木の茂る山がある
夜になり、街から離れるように巡回すると急に明かりがなくなる
それが個人的に好きなため、時折道を変えるものの、よくその山(もとい麓の森)の公園へと足を向けていた

その日もその公園で犬の散歩をしていた
公園につくと人がいないのを確認し、綱を外す
そうすると嬉々として駆けていき、自分は後ろからついていくのだが、その日は犬が乗り気でないのか、駆け出す事はなかった
どうしたんだ?犬に問い掛ける
無論返答はない
が、若干落ち着かないような、そんな雰囲気を出している
仕方がない、と綱をつけなおし、来た道を引き返した
その背中に、強い視線
正確には背筋を撫でられるような寒気なのだが、オカルト好きな性格と想像力が、それを視線と結びつけてしまった

犬の様子と、嫌な想像
すぐさま足を早めて街の方へと戻った
家に帰るまでその嫌な感じはついてまわり、犬も寝るまで落ち着く事はなかった


その

269 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 16:05:23 ID:slFxR6D6O
はっ、久々すぎて文字制限忘れてた

その公園では前に変な鳥を見たりと、奇妙な体験をしたりしている
ちなみにこれは去年の冬頃の話
その半年後にまた変なものを見るのだが、視線を感じたのはその日だけだった
あそこ、何かの通り道とかなんかねえ…?

270 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 17:08:35 ID:/rXdCmW/0
知るかボケ

271 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 17:42:48 ID:XBDpvcFi0
帰って来た「夜風」なんかなw
とりあえずヌルポワロス。

272 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 17:52:01 ID:IIg2GhSJ0
>>268
誰だ・・・?とりあえず格好つけた文は意識せず肩の力抜いて書けばいいと思うよ。読む方も楽になるだろうし。

273 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 18:59:47 ID:slFxR6D6O
>>270
身も蓋もないw

>>271
んー…?誰だ、それ?
とりあえず ガッ

>>272
昔一度書いたけど特に名乗ってはいないよ
コテつける人間でないし、誰と申されても名無しと言うしかない

後まぁ、この書き方が一番性に合うからこれで書いたんだ
そんな書き方絶対に許されざるよって人いるなら謝る

さてROMに戻ろう
またからけが落ち着いた頃にでも書き込みまー

274 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 20:08:11 ID:/46axPxmO
>>269
その変な鳥や変なものの特徴とか体験をKWSK聞いてみたい

275 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 20:52:41 ID:Fh4Y6W+H0
ここは文字制限より文体制の方が厳しい。

276 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 21:03:06 ID:Fh4Y6W+H0
間違えた
ここは文字制限より文体制限の方が厳しい。

277 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 00:53:56 ID:puSvLm820
変なものってなんだろう。気になりますね。

とても読みやすくておもしろかったです。
文章添削がお好きな人はお気になさらずに、
またよろしくお願いします。


278 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 01:47:50 ID:2LWOCiVs0
その変な鶏とやらを絵に描いてイメピタにでもうpってくれ。

279 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/11(金) 02:24:20 ID:IYRvpZC50
先輩の話。

一人で夏山を縦走していた時のこと。
踏み分け道を外れた辺りから、「おーい」と呼ぶ声がした。
誰か怪我でもしたのかと思い、「どうしましたー?」と返しながら声に近づく。
返事がないことを訝りながら進むうち、開けた場所に出た。

誰もいない。大きな灰色の石が一つ、広場の真ん中にポツンとあるだけだ。
奇妙なことに石の表面には、破れかけた御札が何枚も張られてある。
声はここらから聞こえた筈だけど。辺りを見回していると、突然大声が響いた。

「おーいっ!」

間違いなく、目の前の大石からその声は発せられていた。
くるりと踵を返すと、道まで一目散に駆け戻ったそうだ。


280 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/11(金) 02:26:04 ID:IYRvpZC50
先輩の話。

一人で山奥に籠もっていた時のこと。
そろそろ寝るかと、焚き火を落とす準備をしていると、突然声が掛けられた。
「おーい」樹上から誰かが呼んでいる。

こんな場所でこんな時間に、一体誰だ?
顔を上げたが、明かりの届く範囲には誰の姿も見当たらない。
と次の瞬間、気が付いてしまった。
かなり離れた場所の木々の影、それよりもっと高い位置で、緑に輝く二つの点。
非常に大きな何かが、ずうっと上の方から、彼を静かに見下ろしていた。

腰が抜けた。身動ぎ一つ出来ないまま、震える視線を足下に向ける。
どれくらい経っただろうか。再び顔を上げると、いつの間にか、緑光は見えなくなっていた。
その後はもう一睡も出来ず、夜が明けるや一目散に下山したのだそうだ。


281 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/11(金) 02:27:36 ID:IYRvpZC50
仕事仲間の話。

山奥の現場でポンプを調整していると、どこからか「おーい」と呼び掛けられた。
顔を上げて周囲を見たが、彼以外に誰もいない。
尚も繰り返す呼び掛けに「誰か呼んだかー?」と声を張り上げた。

次の瞬間、激痛が彼を襲った。手首が焼けるように熱い!
腕時計が白熱したのだと頭が理解する前に、それを剥ぎ取って投げ捨てていた。
地に落ちた腕時計はジュッ!と音を立て、微かに陽炎を発していたらしい。
気が付くと、傍らの工具箱が飴のように変形して柔らかくなっていた。
金気の工具類が、軒並み手で触れないほどの高温に達していたためだった。
気が付くと、声は聞こえなくなっていた。

「でもその日はずっとね、金属に手を触れるのが怖かったよ。
 いや、声と熱が関係あるのかはわからないけどな」
左手首に付いた腕時計大の火傷を見せてくれながら、彼はこの話をしてくれた。


282 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/11(金) 02:35:00 ID:IYRvpZC50
こんばんは。
マンションの話が続きましたので、少し気分転換を。
ま、インターミッションみたいな感じで。

そりでは、オヤスミナサイ。


283 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 02:41:22 ID:KAVCy/wF0
山で人外の者に呼ばれたら返事してはいけないってよく聞くな。
でも呼ぶ石は気になるなあwまさか妖怪でも封印されてるのかしらん

284 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 03:21:49 ID:fKuzIYIv0
>279-282
( ゚Д゚)カエレヨ!風俗鳥

285 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 03:23:06 ID:fKuzIYIv0
>>265
人間たちは、あらゆる地球上の生命から憎まれてるから無理!

286 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 08:36:33 ID:YJFCw8cSO
そんなこというなよ。

287 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 13:18:08 ID:wZrGIGV20
鎌倉の山を一人ハイキングしたんだけれども、その時は曇天プラス強風で人も見当たらず、
かなり怖かった。歩いても歩いてもガイドの看板が見つからなかったし。
すぐ近くに住宅街があるってのは、少しの気休めにもならないんだね。

288 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 13:37:50 ID:79QRv9ajO
深淵を覗くものは、と同じで
異界の声に耳を傾けると取り込まれるからなのかな

ネットのスレッドでも同じ、招かれざるものの声に耳を傾けてはならない
彼らの声もまた異界の声
どっとはらい

289 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 14:19:42 ID:d8cc9e39O
コテネタ話はツマラン

まとめのコテネタも削除で。神隠しにあえばいいのに

290 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 14:42:31 ID:wS3yDjLCO
誰か無知なオラに>>273の最後の一行解説よろ

291 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 15:58:31 ID:KAVCy/wF0
>>290
からけは漢字で漢気と読む。つまり漢気が落ち着いた頃=素直に怖がってくれる女子が増えた時にでも書きに来ます^^
って意味なんだよ

292 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 17:15:37 ID:M/MbRLh/0
Ω ΩΩ<ナ、ナンダッテー!

293 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 18:43:36 ID:4TEdUek60
昔の話ですが(江戸以前?)
妖怪が人の真似をして「もし」って話しかけて
答えた人はえらい目に遭うってのがあったらしいです
なので人間が話しかける時は区別が付くように「もしもし」と呼んでいたそうな
電話のもしもしもこれが起源という説があります
以上、呼ぶ声の怪についての油売りでした

294 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 19:00:13 ID:1GDRGY9a0
>>259
亀だけど、「イラガ 幼虫」で画像検索をかけると、
ステキな結果が出てくるぞ。
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%80%80%E5%B9%BC%E8%99%AB&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi
ただ、刺されるのはおすすめ出来ないなあ。
昔山に行った時スギの木の幹に手を付いたら、
ちょうどそこにイラガの幼虫がいて思いっきり刺されたんだけど、
むちゃくちゃ痛かったもの。


295 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 19:42:43 ID:wS3yDjLCO
>>291
おお、勉強になりましたサンクス
一応オラも♀なんだがなぁ

296 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 20:39:42 ID:aikdNHBv0
>>293
妖怪やあやかしは、「もしもし」「はいはい」みたいな感じに
言葉を重ねることが出来ないかららしいね。

回文や、しりとりなんかの「繋がる言葉」は
そういった意味で魔よけになるとかならないとか。

297 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 22:20:44 ID:6d22IGxJO
>>293
こういう話って山怖独特な感じで好き
>>296
そしてこのナイスな補足もナイス

山って不思議だよなー

298 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 01:05:54 ID:mXZDAyxJ0
何その妖怪ローカルルール

299 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 01:39:34 ID:qq7bPA1J0
>>294
そういえば、ガキのころ右腕の肘の内側の柔らかいところを
さされた覚えがある。

しばらく腕がしびれて動かんかった。

300 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 08:29:00 ID:BTzkiVm+0
>>282
面白かったです

>>279が山じゃなくてもありそうで怖いな

301 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 12:26:44 ID:WOA9/tJUO
ヤマビコとかヒダルガミとかタケノコとか大石とか、『おーい』シリーズってバリエーション豊かだなw


302 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 13:23:01 ID:dod6FHg3O
>>294
うちの家のそばにある木は、秋頃にソレが大量に出てきます(>_<)
秋が怖い

303 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 15:08:26 ID:he3E6ISt0
虫はオカルトじゃない

304 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 16:12:53 ID:GMMjbyPi0
>>259
>>294
イラガ幼虫の毒って、神経毒の一種だと聞いたことがある。
敏感な箇所とか刺されるとマジで洒落にならないかも。
どうか山行くときは気をつけてちょ。

>>303
確かにオカルトっぽくないかも。
でも人が来ないような山奥で、蚊柱が立っているの見たりすると、何か不思議。
こんな大量の虫が、こんな誰もいない所で、普段何食べてるんだろ、とか思う。
まぁ常識的に考えて、花蜜とか動物の血とか飲んでるんだろうけど。


305 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 22:01:33 ID:CdHOeph20
>>303
でもイラガがもし妖怪だったら・・・?

306 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 23:48:35 ID:RN+7cOWgO
ちょwその発想はなかったわ

307 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:10:15 ID:5K3o8WfZ0
イラガ幼虫に手の甲を刺された事があったけど
幼虫の形に腫れあがっただけですんだのは
手の甲が鈍感だからなのかな?
そのままチャリで買物にいったし。

ただ、刺された瞬間は焼けた金属の棒を「ジュッ!!」と
押し付けられたような痛みがして、しばらくジクジクと痛んだ。

308 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 01:52:58 ID:5FRrmmC10
>>307
そりゃちんこと手は丈夫さが全然違うだろ
ちんこはパンツの中で皮被ってんだし

309 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 04:00:41 ID:2QbOyNts0
そらそうだw
304読んで思い出しただけなんだよ。スマソ

310 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 04:01:17 ID:2QbOyNts0
あれ?>>307=309です。

311 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 04:07:08 ID:38CzEasO0
つまり>>250がちんこを常時皮で防備していればおのずと被害も抑えられたはず、と?
自然の状態を偽り無理に見栄を張ろうとする俺たちに山は警告しているのか…

312 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 04:31:56 ID:12c+bm3F0
お前は火星がデフォだからって他人も同じと思うなよ

313 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 07:47:04 ID:CZW1k24x0
>>283>>296
まあ、単純に統合失調症の幻聴を聞いている基地害どもだから
そりゃあすぐ、自傷多害で酷い目に遭う罠w

314 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 13:00:39 ID:Tv0ruVOa0
>>312
かわいい仮性包茎は正義。

315 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 15:08:22 ID:6ogV4d070
ちんこにまつわる不思議な話

316 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 21:47:47 ID:yeIfNcfc0
雷鳥さま、サイコー

317 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 21:55:41 ID:rCS58zZs0
>>316と風俗雷鳥のオサーンが申しておりますw

318 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 22:06:50 ID:fvpNdKGs0
雷鳥さま、サイコー

319 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/13(日) 22:13:25 ID:QXhTqPOj0
友人の話。

このマンションでのオカルト騒動が始まってから、しばらく経った夜のこと。
帰宅してきた彼女は、ホールの掲示板に貼り紙がされてあるのに気が付いた。

『屋上への非常ドアが開いていたら すぐ管理人に連絡して下さい
 絶対に屋上へは上らないようにして下さい』

確か屋上へのドアって、常に施錠されている筈だったけど。
そう思いながら部屋へ帰り、夕食の支度に掛かる。
やがて帰ってきた姉に、貼り紙の話題を振ってみた。

「うーん、まず閉まってるモンなんだけどね。
 聞いた話じゃ、最近、時折開いてるのが最上階の住民に見られてるらしいの。
 開いてるの見掛けたら、あんた上ってみる?」

まさかー。怖くて近よれないよ。

「でしょ。でもね見た人の話じゃ、一瞬フラフラッと上りたくなるんだって。
 で二、三歩近よってから、我に返って逃げ出したんだってさ」

屋上から飛び下りた人って、いないよねー?

「うん、まだいないねー」

姉の微妙な返答に、言葉を詰まらせた友人だった。


320 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/13(日) 22:13:56 ID:QXhTqPOj0
妹「この前ねぇ、変な悪戯があったよー。
  夜中に玄関の呼び鈴が鳴ったの。
  はーいって出てみたけど、誰もいないのね。
  でも、おかしいの。玄関のすぐ傍にいたから、間髪入れずに対応した筈なのに。
  うちの位置から言っても、逃げる暇なんかないと思うんだけどな。
  夏だっていうのに、ドア開けると肌寒い空気が流れ込んでくるしぃ。
  そんな風に、最近、疲れること多いんだー」

姉「ベランダで洗濯物取り込んでいると、時々下の駐車場に影が見えたのね。
  大体夕暮れ時が多かったからはっきりとは見えなかったけど。
  それがさ、この前見上げてきたから、ふっと目と目が合ったのよ。
  いや下の方だから、目なんて確認できなかったけど、アレは合ったね。
  間違いない。一瞬だけどはっきり実感したもん。
  でも、それから影を見なくなっちゃった。
  私がじろじろ見てたから、バツが悪くなって引き籠もっちゃったかな?
  あそこで散歩とかしてる人だったら、悪いことしちゃったかしら」

このような会話を、姉妹別々の場所で私は聞かされた。
以前、ホタル族の住民から聞いた話を思い出す。

・・・あー、開けちゃったんだ、ドア・・・

その話、姉妹に聞かせるべきか聞かせないべきか、たっぷり三日悩んだ私だった。


321 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/13(日) 22:15:27 ID:QXhTqPOj0
真夜中、息苦しさを覚えて目が覚めた。
何かが自分の上に覆い被さってきたかのような、そんな圧迫感。
ここ最近、こんな嫌な感覚を頻繁に覚えるようになっていた。
疲れてるのかなー、と思いながら首や肩を回していると、耳にブツブツと何か聞こえた。

ボソボソと囁く、誰かの声だ。
一瞬にして寝惚け眼が覚めた。身を固くして寝室を探る。
どこから聞こえてくるのー?

声の主はすぐに判明した。
姉だ。くーくーという軽い寝息の間間で、時々ブツブツと何か呟いていたのだった。
お姉ちゃん、変な寝言喋ってるなー。
何言ってるんだろうと耳を澄ましてみたが、どうも内容が理解できない。
しかし不思議なことに、何処かで聞いたことがある言葉の調子だった。
微かな声に神経を集中させるうち、やっとその正体に思い至った。

御経だ。ブツ切りなので中々わからなかったのだ。
聞いた覚えがあるのも当然である。
気持ち悪いなーと思ったが、寝起きの姉は凶暴だ。
気にしないことにして寝ることにした。

気持ち少しだけ、布団を離してから。


322 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/13(日) 22:16:20 ID:QXhTqPOj0
(続き)
翌朝、先に起きていた姉に、昨晩のことを話してみた。

「嘘っ!私は全然知らないよ。
 大方、あんた寝惚けて、変な夢でも思い違いしてるんじゃないの?」

「そうかなー・・・聞いたんだけどなー。
 でも確かに、お姉ちゃんが正確な御経なんか唱えられる訳無いモンね。
 やっぱり思い違いかなー?」

「いや、唱えられるけど」

「嘘っ!?」

「安芸門徒舐めないでよね」

姉は平然と言ってのけたそうだ。
「・・・私も一応、浄土真宗安芸門徒なんだけどなぁ」
彼女はそう言って、肩を竦めた。

それからも度々、夜中に目が覚めると、姉が御経を唱えていたという。
「何かねー、私が嫌な圧迫を感じると、決まってお姉ちゃんが念仏唱えてるの。
 私の息苦しさって、実はお姉ちゃんが原因だったりしてー」


323 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/13(日) 22:16:59 ID:QXhTqPOj0
(続き)
友人が冗談めかして笑って言うのに、思わず冷静に突っ込んでしまう。
いや、実際にそうだと思うぞ。多分それ、姉さんが原因だろ。

「何でよー?」

変なモノに好かれてたのは、どちらかと言えば姉さんだろ。
ほら、靴箱の中で握手されたりしてたじゃないか。

「あー、そう言えば確かに」

だから思うに今回の件も、その重苦しい気配だか何だかしらないが、まず姉さんの
上に乗っかるんじゃないか?
で、追い払おうと無意識に有り難い御経を唱えてるんじゃね?

「ふーん・・・って、アレ? それじゃもしかして」

うむ。姉の上から逃げ出したソレが、隣で寝てるお前さんの上に移動したってコト
じゃないのかな。

呆然とした顔で「・・・御経、学ぼうかなー」ようよう、それだけを口にした。

遅いんじゃないの。何も考えず、反射的にそう口にしてしまう。
彼女はその後しばらく、私からの電話に出てはくれなかった。


324 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/13(日) 22:30:41 ID:QXhTqPOj0
おこんばんはー、雷鳥です。
長らく続いてしまったマンションの話、そろそろ最終であります。

恐らく>>320のエピが引き金になってしまったんでしょうが、これ以降、友人姉妹は
エライ目に遭っちゃいました。といっても、主に妹の方ですが。
私も胃なんか痛かったッス。
まぁ現在ノンビリとカキコ出来る身分になってるというのは、もう憑かれてはいない
んだろうなぁ、と判断してもいいかと・・・。

まぁラストまでマイペースで行きますので、良かったら時間潰しにでも見てやって
下さいな。そりでは。


325 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 22:35:03 ID:hZH3byZH0
>>324
あいかわらず面白いです。
終盤までがんばってください。

326 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 22:38:01 ID:ganFnodb0
>>324
雷鳥さんいつも面白い話有り難う御座います
最後まで頑張ってくださいね

327 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 22:38:37 ID:gvNU7M3H0
>>324


328 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 23:32:10 ID:12c+bm3F0
>>324
乙。今回のはちょっと冗長だったかな?
それにしても怖話の宝庫だな。そのマンション話だけで一スレいけるんじゃなかろうかw

329 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 02:25:09 ID:6htO/EIl0
だからマンションと山関係ないだろーが

330 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:01:29 ID:75D5UZN00
今までのを総合すると、不穏な伝説のある山中の森を切り開いた中に建てられた
マンションの話で、山にまつわる因縁話と繋がりそうな出来事が
日々起こっている、という流れのようだから
関係ないわけじゃないでしょ。


331 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:05:56 ID:rqejCnqVO
こえー
真夜中に見に来るもんじゃないな

332 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:23:37 ID:tX0Tqz6c0
16 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 16:56:25 ID:EfjrEa600
知り合いの話。

彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
派遣する業態の風俗のことだ。

「こんな仕事してると、そりゃ変な思いを色々とするんだぜ。
 風俗利用する輩ってのは、素直に自分の欲望吐き出すのに使ってる訳で、
 中にゃ 実に困ったチャンな客も多いんだよ」
 ちょっとでも風俗に関わると、世の中で一番怖いのはやっぱ人間だって思うね。
 表に出せないだけで、結構犯罪絡みの話も聞くし、体感したこともある」

そんな話を色々と聞き出していた中に、一寸毛色の変わった話があった。

「あ。そういや怖いマンションがあったわ。
 人が怖いんじゃなくて、オカルトっていうか、そっち方面で怖い思いをした。
 といっても、俺が見たのが霊かどうかは本当わからないけど」

「プレイ時間は基本六十分が多いからな。
 女の子送り届けて、また迎えに来るまで、一時間ほど時間を潰さにゃならん。
 でもそのマンションっていうのが山深い所にあってよ、街中まで帰るとどうにも
 時間が中途半端なんだ。
 だからもう帰るのは諦めて、少し離れた辺りに路駐して仮眠取ってたワケ」

「そしたらよ、誰かが窓を叩いて起こしやがる。
 でっきりお巡りかと思って大慌てで飛び起きりゃ、これが誰もいないんだ。
 おかしいなぁってんで外に出てみたんだが、猫一匹いやしない」


333 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:25:17 ID:tX0Tqz6c0
17 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 16:57:27 ID:EfjrEa600
(続き)
「首傾げながら車に戻ったんだが、しばらくしてまたダンッって窓叩かれた。
 今度は寝てなかったからよ、モロに見ちまった。
 いきなり空中に白い手が現れて、フロントガラスを叩いてったのを」

「もう頭が真っ白で、必死でエンジン掛けて車を出したんだ。
 峠半分下った辺りで冷静になったんだが、あかん、まだ三十分も残ってる。
 仕方なく時間が来るまで、峠をグルグル登ったり下りたりしてた。
 真っ暗闇であんなの見てしまうと、駄目だね。ビビるね」
しみじみと彼はそう述べた。

彼の言うマンションが、正に私の友人が住んでいる所と知ったのは、
その後しばらく経ってからだった。


334 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:26:01 ID:tX0Tqz6c0
18 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:01:28 ID:EfjrEa600
件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。

「やんなっちまうよ。前に話したマンション、あっただろ。
 あれからしょっちゅうお呼ばれしてるんだ。
 怖いから嫌だって抗議したんだが、駄目だとさ。
 まぁうちで送迎しているのは俺一人みたいなモンだから、仕方ないんだが」

「うん、止めてるとやっぱり窓叩かれる。
 それだけじゃなくて、車内が生臭くなるようにまでなった。
 だから同じように、峠を上り下りしてたんだけど」

「丁度峠の中程でな、白い女が立ってたんだ。
 いや立ってるだけで何する訳じゃないんだが。
 時間が時間だけにおかしいなって」

「気にしないようにして時間を潰し、女の子迎えにマンションに戻ったんだけど。
 帰る時もその白い女、同じ場所にずっと立ってるんだ。
 そこで女の子に『変な女が立ってるね』なんて話振っちまった。
 失敗だったなぁ」

「その子には、その白い女が見えていなかったんだ」

あそこから電話がある度、もぅ泣きそう。ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。


335 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:27:41 ID:tX0Tqz6c0
19 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:03:15 ID:EfjrEa600
件のマンションからの電話は、月に二回のペースで途切れることがなかった。
オーナーに直談判し、一時はその客は断ろうという流れになったのだが、結局断れな
かったのだという。
その客は常にダブル、つまり倍の時間で予約を入れ始めたのだ。
往復の経費が一回で済むことを考えると、これは美味しい。
そのせいかどうか、マンションの客は御得意様になってしまったそうだ。
「まぁダブルになったんで、街中まで帰っても時間がイイ感じになったんだけどな。
 でもやっぱり、あそこに行くのは嫌だよ」

「この前、俺が都合付かず休んだ夜があったんだ。
 だからその日は仕方なく、オーナー自ら送迎に走ってた。
 で、俺にとっては運良くその日に、あのマンションから電話があったのよ。
 オーナーも俺から話は聞いてたんで、ビクビクしながら出向いたって」

「窓は叩かれなかったそうだ。・・・窓はね。
 『何だあの野郎、怖がりすぎなんだよ』そんなこと思ったらしいな。
 で、マンションの前面道路に車止めて一服してたら、変なモノが見えたって。
 奥側の建物、その壁面を、何か大きな物が這ってたんだとさ」

「月もろくに出ないような暗い晩だったのに、何故かくっきりと見えたんだと。
 大トカゲか大ヤモリでも見たんスか?って尋ねたら、怖い顔してこう言ったさ」

「『ヤモリがフレアのロングスカートなんて履く訳ねぇだろ』って」

「そいつはスルスルと明かりの点いていない部屋のベランダに滑り込んだらしい。
 見えなくなってから、即座にそこを後にしたってよ。
 だから止めましょうよアソコ!ってしつこく抵抗したんだが、金には勝てなかった
 みたいで、それからもずっと、今に至るもお得意様。
 でもオーナーは、自分ではあそこに二度と行ってないけどな」
腹立たし気にそう言っていた。


336 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:28:42 ID:tX0Tqz6c0
26 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:14:09 ID:ks9sbnTI0
>>16-22

>雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ
>知り合いの話。

>彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
>デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
>派遣する業態の風俗のことだ。

>件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
>一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
>焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。
>ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。

社会の低辺ども、風俗店のボイどもやパシリどもと、知り合いどころか
酒奢るほどタメだなんてw
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQは、自分でアホリアルをカミングアウトするなんて、とんでもない知障のDQNだなw
このスレに来る人少ないが、通りすがり達は雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQに関わりにならないほうがいいぞw

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

337 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:30:12 ID:75D5UZN00
夜中にコピペしまくるって(゚д゚)暇なんだねぇ…

338 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:32:21 ID:tX0Tqz6c0
127 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 10:40:38 ID:YOMCkfft0
>>96-98>>100-102>>106-109>>112-126

また、風俗のバイトの莫迦が、延々と独り言かよw
そう言う人格破綻者だから、バイト首になって、今ニートなのかw
全部作り事だろw
本当は、あまりにもウザくてキモイもんで
バイト先で、風俗店の店員と風俗嬢とケツ持ちのヤクザ全員にリンチになって
命からがら逃げ出してきて
今現在、精神病院に入退院を繰り返してんじゃねえのかw
おい!儡腸よw
そう言えば、時々何ヶ月も、まったく書き込みが無くなるからなあw
山怖スレのつかのまの平和だが。

リアルで、こんなキティが友達いるわけねえじゃねえかw

339 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 03:35:40 ID:sHJNXzhp0
>>tX0Tqz6c0は、デリヘルの話が出てこなくなって不満のようである。

340 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 08:35:55 ID:A/yxus4w0
ここだけの話










デリヘルって



デイリーヘルスだと10年近く信じてた
そんなに金よく持つなぁって



341 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 11:18:43 ID:u0fJv13i0
>>324
乙であります。

ところで>>320のホタル族って、前スレの移動する影の話でっか?
ひょえええ! 開けちゃったんだw
あの話じゃ住民の方は無事逃げおおせたけど、友人さんたちどーなったんでしょう?
続きが気になります。最後までどーかしっかりUP願います。


342 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 11:57:53 ID:puE1Wfb4O
正直、雷鳥とその粘着アンチの双方がウザくてこのスレ捨てた

343 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 12:42:33 ID:66/EHwnR0
捨てたんならそんなレス書く必要なくね?

344 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 12:44:15 ID:V/BS6rOp0
捨ててないwwwww気になって見に来てるwwwカワユスwwwww

345 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 13:44:53 ID:kxvKwzs30
クソコテ雷鳥とアンチ雷鳥age

346 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 14:11:52 ID:puE1Wfb4O
雷鳥が消えればアンチも消え
このスレも本来の意義をとりもどすことであろう

347 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 14:18:39 ID:66/EHwnR0
なんだ、ただの雷鳥アンチか

348 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 14:47:30 ID:LTKrD/6EO
ホタル族ってベランダでタバコを吸う人達って事でOK…?

349 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2008/01/14(月) 15:25:13 ID:VDyYuko00
学生の頃、初めて行った時から続く異変だ。
痛みも痒みも、感情の揺れも無く、突然涙が溢れ出し、
10分ほどの間、流れ続ける。
そんな場所が、俺にはある。

沢の途中から脇の斜面へルートを変え、30分ばかり
急斜面を直登すれば、尾根へ出る。
尾根まであと数分。
息は切れ、雪の直前という季節でさえ、汗まみれになる。

そんな斜面に、幅2メートル弱の石畳が現れる。
長さは10メートルも無い。
緑色の苔に覆われた、古い石畳。
大きさの揃った四角い石がきちんと並び、斜面を斜めに
横切るように敷き詰められている。
工事を途中で放り出したように見えるが、それもよく分からない。
何かの領域を示すために石畳を敷いたのだろうか。


350 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2008/01/14(月) 15:26:05 ID:VDyYuko00
ともかく、それを見た途端、涙が出てくるのだ。
にじむような気配も何も無く、突然に涙が溢れ出てくる。
初めて行った時から、ずっとそうだ。
地図を開くと、その場所がはっきり分かった。
沢のどこから斜面に入ったのか、目の前の石畳がどこに
敷かれているのか、それがはっきり分かった。
国土地理院発行、縮尺5万分の1の地図で。

同行者が居れば、一様に不思議な顔をする。
俺だけが涙を流すのだから、不思議には違いない。

アレルギーか何かだろうか。
理由が分からず、確かめたくて何度も行った。
道も何も無いのに、一度として迷うことはない。
正確に、石畳の脇へ出る。
その度に涙を流し、俺は帰ってくる。

351 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 15:44:00 ID:5pZQOMYT0
はいはい花粉症花粉症

352 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 17:53:06 ID:BxsptLFl0
コテ(主に雷鳥)と信者は別スレたてたら?
文章うまいのはわかったから
正直、純粋に実話の山怖話が聞きたいんで・・・
創作系のスレ他になかった?

353 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 17:57:31 ID:oF1WnVuT0
>>350
乙であります!全裸隊さん、雷鳥さんと続けて読めて幸せ者だ。
その石畳は何だったんでしょうね?
石畳じゃないが、山にある不思議な物には別に心当たりがある。
「舟繋ぎの石」と言われてるそうだけど、なんで山奥に舟が?
と、今でも不思議に思う。

354 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 18:19:41 ID:E19gJ6I90
うわー!全裸隊久々に見たわあwなんか懐かしいな

355 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 18:21:32 ID:FWtOVW3p0
>>352
創作と事実で分けたらオカルトなんて全く面白くないと思うよ
本当にあったかどうか分からないから面白いわけで
怪談話の真偽を考えるなんてのは粋じゃないぜ

356 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 18:40:36 ID:BxsptLFl0
>>355
それはわかるが雷鳥にしたって本人、周りの人間らだけで
怖い話がそんなにあるなんておかしい(しかも面白い)
全部でないにしろ、大半が創作だと思うと読む気もしない

コテのオンステージ会場みたいになってるこのスレが
なんか違うって感じる




357 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 18:43:23 ID:5pZQOMYT0
じゃお前が書け

358 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 18:55:55 ID:0vaLr9Ek0
>>356
まぁ同意だな

359 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 19:17:11 ID:66/EHwnR0
雷鳥の話と雷鳥アンチのあおり、雑談と思い出されるように投下される話
これが山怖の現状だじゃね?

コテも最近は減ってるしなあ
全裸隊も久々だし
これで雷鳥減るとこのスレ保てないかも

それとオカルトについては自分が体験しない限り、
どれだけ真に迫ってても人から聞いた話を本物かどうか見分けられないと思う

創作云々言うなら、結局のとこオカルト系はすべて創作と思うべきでは?
それを踏まえて楽しまなきゃ・・・と思ってみたり

360 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 20:02:58 ID:BxsptLFl0
>>359
前半は気持ちはわかる。
このスレにとって雷鳥のおかげな部分はあるだろう
でも本当か嘘かわからないから面白い。いやほぼ嘘でも
いいけど、同じ奴ばかりなのはさすがに有り得なくて楽しめない
このスレに「コテ」はいらないとおも

361 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 20:08:34 ID:EFbW74BJ0
>>360
そう思ったらスルーすればいいだけの話では

362 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 20:18:29 ID:6htO/EIl0
ぶっちゃけ創作でもかまわない
でも分かりやすい山の話がいいな。

山の中のマンションとか言っても全然山の中感ゼロだし
これがありなら山の中の○○、でなんでもありになっちゃうよ。

363 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 20:19:58 ID:BxsptLFl0
>>361
ちょっと違うと思ったから書いただけ。普段はそうしてる
空気悪くしてごめん

364 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 21:08:12 ID:/clyrvXN0
「実話」じゃないと楽しめないなら、
自分がそういうスレを立てて出て行けばいい話だと思うが。

「俺の好みじゃない語り手は出て行け」って何様だよw

365 :名無しさん┃】【┃Dolby:2008/01/14(月) 22:31:32 ID:sHJNXzhp0
>>正直、純粋に実話の山怖話が聞きたいんで・・・

あほか? 2chでんなことしらふで言う奴なんて
どんなけゆとりなんだか???

366 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:59:11 ID:jxqyUwXN0
>>338
取り敢えず早くお前専用のスレ建てろやカス

367 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:08:38 ID:E19gJ6I90
>>362
今までだってそんなもんじゃなかった?山の中の神社・・・山の近くの廃病院・・・山の中の作業小屋・・・
まあ「マンション」が山のイメージと結びつきにくいってのはあるが。

368 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:13:04 ID:5+MerfHU0
空気がよめずに、稚拙な潔癖論を展開するバカは、どの板にも沸いて出るな。
インテリ気取りなんだろうが、書き込みの真偽が気になる時点で、2ちゃん
そのものが向いてない。

369 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:46:27 ID:jw1NvnYh0
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。..||
 || ○重複スレには誘導リンクを貼って放置。ウザイと思ったらそのまま放置。||
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。     .||
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。              .||
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。          .||
 ||  荒らしにエサを与えないで下さい。        Λ_Λ シャキーン       ..||
 || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて  \<Ф♯Ф> 頭のおかしい人は相手しない。
 ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。      \⊂⊂ |  これキホン。     .||
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧____ | ̄ ̄ ̄ ̄|_______||
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧      ̄ ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は〜い、先生。
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

370 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 02:49:00 ID:KJnylDdn0
「荒らしは放置」はこのスレに限っては正しくないと思う。

このスレは妖精とか妖怪系の話が主。
霊系ならともかく、これらの類は現在ではリアルで人に語りづらい。
だから書き込むのにも勇気がいる。
なのに、いちいち文章添削したり批評する者がいるのはどうだろう。
書き込む気すらなくなるだけじゃなく、正直傷つくと思う。

荒らしを放置している=書き込みがなくなる、じゃないかな。
だからまったりしていたときには書き込みが多かった。

実際にNWさんもこなくなった。
怖い話や不思議な話が書ける人が追い出されるなんて本末転倒。

私もいくつか書き込みしたけど、書き込むのは非常に恥ずかしい。
添削されるのも酷評されるのも(無視されるのも)非常に不愉快なので、
書き込みした後はしばらくはこのスレにこないくらい。

BxsptLFl0みたいな人はいろいろ論点すりかえてくるけど、
このスレを楽しめないなら出てって。というか出てけ。
ここはわがままを聞いてあげるスレじゃない。

そんなにリアルな山怖が好きなら今から一人で山に行って体験してくればいい。
体験したら自分でスレたてして好きなだけ書き込んでね。私は見にいかないと思うけど。

371 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 03:41:06 ID:of9biSuhO
一番いらないのは荒らしとコテ煽り
こいつらに関しては基地外に日本語が通じない道理から無視が一番

その次にいらないのが俺ルールの押し付け
自己満足を満たしたけりゃ左手動かしてろ

そして同じくらいいらないのが
関係ない話題でギャーギャー騒ぐ人間
上の2つの人種にグチグチ言ったりする人間
つまり俺やお前


みんな一緒に自重の心を持ちましょう
           山怖スレッド促進委員会

372 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 09:53:44 ID:6/m9WSKn0
怖い話ではないが不可思議な山の話

山に囲まれた過疎が進行している小さな村。それが俺の田舎だ。
その村を囲んでいるうちの一つの山のお話。
その山はただの小さな山。地図には名前さえ記されていない小山。
がしかし、地元民はこの山にある名前をつけている。

その名を「入れずの山」。

山の前に立ち、いざ入らんとしても足が前に進まない。
この山の前に立った人は皆言う、
「山が何か形容し難い威圧感を発している。俺には無理だ、入る気分を打ち砕かれた。」と。

過去に意志の強い何人かが山に入っていったこともあったが、
中途で気分がすぐれずすぐに戻ってくる。
隣の山から望むことができるその何の変哲も無い頂上に立った者は、
いまだかつて誰一人としていない。

373 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 10:01:21 ID:6/m9WSKn0
ちなみにこの山には神社があるだの遺跡があるだのという話は無いです。
姥捨て山とか天狗伝説とかUFO、UMAなどといったような話も一切ありません。
ほんと見た目はただの小山。
だけど皆が口をそろえて言うことが一つある。

「この山には意思があり入山を拒んでいる。」と。


わたしの話は以上です。スレチ(。-人-。) ゴメンネ。

374 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 11:16:30 ID:s2/Hqw2Y0
>>373
どうでもいいけど全然スレチじゃないっすよ

375 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 11:50:07 ID:6EeLFecP0
>>356

上から目線でなに言ってんだか。
他でもない雷鳥自身の、上の方の書き込み呼んでないのかいな

>>209 名前:雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ [sage] 投稿日:2008/01/07(月) 23:57:12 ID:XiMVgNU+0
>>(中略)
>>あ、特定を避けるために、微妙もしくは大胆に改変した部分もありますので、
>>「どーしても自分に相容れない!」って人もいるのは当然かと思います。
>>私のカキコはすべてコテを付けておりますので、そういう人は私の名を見掛けたら
>>スルーして後脚で砂でも掛けて忘れてやって下さいまし。

読む気がしないってんなら、書き手さんが言ってるとおり読まずにスルーしとけや。
なにわざわざ自分で丁寧に読んでまでケチ付けてんだ。
己は頭の悪いマゾか?構ってチャンか?


376 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 12:27:45 ID:OPc61vi80
測定したら強力な磁場を発生させてたとか、理由が判ったら
あっさり納得するものだったりしてな

377 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 12:42:48 ID:6WzjG/hpO

>>323

雷鳥にしては文章にキレがないな

378 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 12:44:07 ID:6WzjG/hpO
>>323
まるで駄文書きのNWが乗り移ったみたいだ

379 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 15:01:09 ID:q0pVS7aV0
確かに>>320の書き方は読みにくいな。書き手と姉妹の視点がごっちゃになってるし

380 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 15:13:26 ID:L76Q5G74O
荒らしの次にいらない子は、評論家気取りの子




381 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 15:35:04 ID:LdzSILhn0
>>373
全裸隊さんにその山へ突してもらいたい!

382 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 16:32:45 ID:y1iR1nkb0
>>350
それは屠殺場だろ、牛や馬の。

383 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 17:44:08 ID:gr+H+uQ+0
>>371

お前だけが一番要らないよ。風俗莫迦雷鳥w

384 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 17:48:20 ID:qcz35XE6O
>>379
ごっちゃになってるかぁ?
視点も何も、ぜんぶ雷鳥の視点で書いてるじゃん。


385 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 18:04:48 ID:A7ktnDCAO
つーかやっと雷鳥氏以外の話が投下されたのに
雷鳥氏の話題しか出来ないおまえらに呆れる


386 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 18:18:21 ID:q0pVS7aV0
>>384
>>321から322の途中までは主語こそ入ってないものの妹視点だろう。流石に>>378までは言わないけども、
第三者視点を排して臨場感を出したかったのかもしれないがいつもと違い長台詞が多いし全体的にgdgdだと感じた。
まあ雷鳥氏は別に物書きでもなんでもないから書き方にそこまで拘る必要もないんだけど、俺はイマイチだったってだけ。

387 :名無しさん┃】【┃Dolby:2008/01/15(火) 18:20:04 ID:/rXsnaHr0
>>385
ま、安置が沸くほどの人気者、てことですな。

388 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 18:23:57 ID:3TLI9Zmh0
>>372乙!
興味深い山だな。写真とかないの?

389 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 19:04:06 ID:qcz35XE6O
>>386
たしかに321〜323の一連話だったら君の言うこともわかる。
イイ所で区切られてると思うから、俺は特に気にしなかったけど。
(321-322は妹の過去話で、後日雷鳥がそれに突っ込みいれたのが323って流れだろ常考)

しかしそういう意図だったんなら、320に安価付けないでよw


390 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 19:07:03 ID:q0pVS7aV0
>>389
>しかしそういう意図だったんなら、320に安価付けないでよw
確かにそうだな、スマソ

391 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 19:18:08 ID:0QeQFD/6O
去年の夏、小高い山に釣りをしようと登って行った
両脇には熊笹が茂って一人通れるくらいの獣道を歩いて行った。
周りは杉を中心とした木がまばらに生えていた。
木には蔦などがからみつき笹もあるし視界は悪い。
釣り場までまだ少しあるが疲れがでてきたので「気合いだー」と
坂道をうおーっとガサガサ走った。すると目前の木(3M
先)から
ドサッとなにかの落ちる音。その後ドドッドドッと笹の中を何かが走って行く音。
それは熊でした!こっちがすごい勢いで坂を登ったのでビックリしたみたいだ。

あの時走って登ってなかったら木の上の熊にやられてかもしれんと
思うとゾッとします。

392 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 22:36:36 ID:LdzSILhn0
>>391
乙、
ウチの方、熊とかの獣害が酷くて山に入るのは凄く
恐いんだけど、普段はラジオや鈴を装備してんの?

393 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 22:54:35 ID:NFGCc98c0
            ノ) 
       _, ,_  / ノ 
     ( ・ω・)' ./ 
     ( -、   ~⌒`つ 
 _,,..-―'"⌒"~⌒"~ ゙゙̄"'''ョ 
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ 
T  |   l,_,,/\ ,,/l  | 
,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/ 
,,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ / 
_V\ ,,/\,|  ,,∧,,|_/ 

394 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/15(火) 23:56:25 ID:nVGDREFi0
友人が呼び鈴に応じ、ドアを開けてしまってから三日後。
姉妹の部屋で異変が起こった。
置いてある物が、空に浮かび上がって飛び回り始めたのだ。

「うひゃぁ!」「ひぃ!」

などと悲鳴を上げながら、頭を庇って外廊下へ飛び出した。
驚いたことに、廊下に出て来たのは二人だけではなかった。
隣近所の住民が、皆外へ飛び出している。
聞けば、やはりどの家でも、ポルターガイストのような現象が起きたらしい。

「管理人呼びましょうか?」
「いや、どちらかと言えば御坊さん呼んだ方が」
「神主か牧師の方がいいのかしら」

怪現象が追ってこない外の廊下で顔を付き合わせ、そんな不毛な会話をしてしまう。
ま、部屋にはとても入れないしね。

皆でしばらく悩んでいると、部屋内の騒音がパタッと止んだ。

「あぁ、治まったみたいだ」
「明日早いっていうのに、とんだ迷惑だな」
「火、消してたかしら」
住民は口々にそんなことを言いながら、平然と自分の部屋に戻っていく。


395 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/15(火) 23:57:06 ID:nVGDREFi0
(続き)
「何というか、みんな慣れてきているなぁ」
「私らもだけどね」

姉妹も部屋に戻ることにする。
物が散乱した光景を見て、二人揃って溜息を吐く。

「誰が掃除するのー?」
「あたしら以外にいるっていうのか?」

嘆いていると、周りの空気の雰囲気が変わった。
また!? 慌てて外に出ようとした、その時。

「奥の壁にね、人型の影が浮き出したん。
 床から天井まで、ピッタリと頭から足が収まった細長い人影が。
 うーんとね、非常出口の表示灯があるじゃない。あの白と緑の。
 アレに書かれた人型、正にそのままの形してたよー」
「うんうん、ホントそうだったよね。
 頭の横に“非常口”って文字があったらピッタリな感じ。
 その影がね、そのままスゥーッと横滑りして、ベランダへ飛び出して行ったの。
 その後はもう騒霊騒動は起きてないから、アレが原因だったのねー」

・・・飯作ってやるから来いと呼ばれて、そんな話を聞かされてもなぁ・・・
二人の合作料理を食べながら、頭が痛くなった私だった。


396 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/15(火) 23:58:42 ID:nVGDREFi0
姉の話。

妹より一足先に帰ってき、玄関のドアを開けようと鍵を取り出した。
鍵を差し込むより早く、「カチンッ」とロックが解除される音がした。
あれ? 妹の奴、もう帰ってるのかな。
ドアを開けると、そこは真っ暗闇。空気も動いていない。
これは間違いなく、中には誰もいない。

手早くドアをそのまま閉めて、施錠する。
今夜は知り合いの家へ泊まりに行こう、うん、それが良い。
・・・あ、妹どうしよう・・・

ま、いっか。あの子、私と違って手握られたりしてないし、大丈夫でしょ、多分。

実際に被害に遭っていた姉としては、もうとても中に入る気がしなかったという。
サッサと駐車場に下りて原付に跨り、マンションを後にした。

その後も、先取りして鍵が開けられた日は、妹を置き去りにして外泊していたそうだ。


397 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2008/01/15(火) 23:59:49 ID:nVGDREFi0
姉の話。

休日、家に一人でいた時。
トイレに入ろうとして、ドアノブに手を掛けた。
掛けた瞬間、「ガチャリ」と中から錠が下りた。

 ふえっ!?

慌ててガチャガチャとやってみたが、どうやってもドアは開かない。
仕方なく、下の広場にある公園のトイレに向かったのだという。

何でトイレ(小)のためだけに、七階を上り下りしなくちゃいけないのー!?

ムカムカしながら部屋に帰ってくると、まるで彼女の到着を見計らったかのように、
トイレのドアが「ガチャリ」と鳴った。手を掛けて確認してみる。開いていた。

嫌がらせなのー!?

思わず知人友人に電話を掛けて八つ当たりしてしまう。
・・・される方の身にもなってほしい。

その後も、トイレ嫌がらせは時々あって、その度姉は自室と公園を往復していた。
ちなみに私への八つ当たりも、その都度行われていた。


398 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 00:01:12 ID:uuBLLt01O
みんな怪現象でも冷静だなぁ
台風か地震が来たぐらいの落ち着きようだね

399 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 00:16:12 ID:vC54zgsr0
>>391
クマカワイソス

400 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 00:37:17 ID:/WCUXKaH0
>>397
何だかもう、ここまで来ると....
嘘くささ通り越してあきれて....もう見る気失せた。

最初の送迎時間待ちの怪異は良かったのに
ここまで芋ずる式の知り合いだの、その後の話だの
いい加減、ブログでも何でもよそでやってくれと思う。

創作NGだとスレが廃れるって言っても
せめて別の話に仕切り直して書くとか
ポルターガイストに動じない女って何だよ???

創作でももうチョットアタマ使ってありそうな怪奇現象で御願いします




401 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 00:39:23 ID:vqInUORG0
>>391
案外木の上で寝てただけだったり

402 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 01:16:53 ID:ucRTJGbO0
>>394
管理人さん呼ばれたら困っただろーなーwww
不動産業者や管理会社まで呼んだって
『無いもの』であって対応できないからどーしよーもない。
せいぜい住人の気持ちに対する対処だけだしね。
中の人としては大ウケたw
それにしても姉ヒドス。妹に電話して注意してやれw


403 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 01:46:13 ID:9na1/4RO0
ま、普通にカギが勝手に開くような部屋には物騒で住めないだろ
特に女は
だが、何の対策もなく住み続けている設定には無理がある

404 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 03:55:37 ID:0LG5Gd580
田舎では勝手に隣近所の人が入り込んでることだって珍しくない
>>403は都会人
そして俺は田舎モン
※ 油断して良いという意味ではない

林の中と言う地名の文字通り山の中を切り開いた土地に住んでいるが
たまに犬がなんか見えないものにgkbrしてるよ

405 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 10:31:26 ID:AkwvxA3M0
>>396
ひどい姉さんだな。w

406 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 12:06:21 ID:r35mTnIuO
>>392
なにも装備してないよ。
ただ、すごく気配を出して歩いてる。音出したり声だしたり。

407 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 13:38:52 ID:GK0MwfuZ0
>>397
うちの実家もよく何かにトイレの鍵を内側からかけられてた。
しばらくすると、何故か知らないうちに鍵が開いてるんだよね…
親にお前らのいたずらだろうと決め付けられて外にいるのにどうやって内側から鍵をかけられるというんだ)
いやな目に何度も合ったなあ…

他にも霊っぽいっものにトイレに鍵をかけられた話を方々で聞いたけど
それらを総合してみると、トイレに鍵をかけられる霊はどうもあまりよくない霊らしいね。

408 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 13:56:02 ID:7L8UbDvC0
普通にうんこしてるのかもよ

409 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 14:00:39 ID:lSUt1V9H0
しゃがんで頑張ってる霊と、ドッキリ遭遇しない様、気遣ってくれてるんだよ。

ある意味、良識的さね。

410 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 14:48:23 ID:EjLg21/d0
いい話だなぁ

411 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 15:37:24 ID:FZzau8Am0
ひとりで山を歩いている男がいた。
夕闇が迫り、自然と足早になる。
木が風に揺れ、ざわざわと音をたてた。
びゅうっと風が通り抜けた。
男は奇妙な感覚に襲われた。
誰かが、自分を見つめている。
それも大勢の誰かが、息を殺して。
急に寒けを覚えて立ち止まる。
ふと後ろを振り返ると、女の子が立っていた。
「おめは死にびとか?」
女の子は不思議そうに訊く。
逃げ出したい気持ちを抑えて首を振った。
「こっち」
女の子に手を引かれ、けもの道を夢中で走った。

ハッと我に帰ると、山道の入り口で
一輪の花を持って立っていた。


412 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 16:44:03 ID:W4rwhJaDO
>>411
NWのカスめが帰って来やがったか。

413 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 16:49:29 ID:uuBLLt01O
>>407
トイレをいつもキレイに掃除してても出てくるのかな…?
良くないってどんな風に良くないんだろ…

414 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 17:25:26 ID:5Y9ptNsT0
>>400
ここで被害に遭っている人間じゃないけど、いざそういう環境にいると、
実際にはすぐさまお払いだ何だとはいかないよ。自分で神社に行くとか
お守りやお札いただいてくるのは簡単だけど、家に呼んだりするのは
かなりな手間。家族が理解がないタイプだと、なおのことおおごとになる。
いわんや引っ越しなんて、そうそう出来ない。ポルターガイストだって、悪質に
人間狙って物が飛ぶとか、外に逃げても追ってくるなら別だけど、しばらく
待っておさまるならそれで済ますよ。

実際、冷静に考えてどんなおかしな現象でも、納まってしまうと「気のせい?」と
思ってしまうんだよ。本当は自分が何かヘンな思いこみしてるだけなんじゃないかとか、
自分が知らないだけで、何かまともな説明が出来る現象なんじゃないかとか。
人間って、「これまでの生活」にしがみつく生き物だな、とつくづく思う。

415 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 18:06:47 ID:GK0MwfuZ0
>>413
掃除とかは全く関係なくて、綺麗にしてようが汚くしてようが鍵をかけられるよ。

一番やだなあと感じたのは、友人が一人暮らししてる家でトイレに内側から鍵をかけられたとき
そこに集まってた4人のうちの一人の母親が拝み屋みたいな商売をしてて、電話して事情を話すと
「ご先祖様が事故に気をつけろとおっしゃってる。バイクに乗ってるなら塩を持ち歩け」と言われた話。

そのトイレの人はてっきりご先祖様がトイレに鍵をかけたんだと思って言われたとおりにしたんだが
後日談があって、その拝み屋の夢に「よくも余計なことを言ったな」と目だけの「何か」が夢に出てきて
拝み屋さんはどんどん視力が弱くなって1週間でほぼ失明(原因不明)した。
(その後、その拝み屋を母に持つ人とは縁が切れたので直ったのかどうかは不明)
トイレに何がいたのかはわからないけど、ご先祖様じゃないのは確かだ。

山とは関係なくてスマソ。


416 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 18:07:18 ID:9na1/4RO0
実際幻覚幻聴だろ
薬止めろよwwwww

417 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 18:08:48 ID:9na1/4RO0
拝み屋は糖尿を霊の仕業にしたのかww

418 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 18:56:28 ID:uuBLLt01O
>>415
そうなんだ…教えてくれてありがd!
ちょっと怖いね
お塩で払えても、そのお母さんにとばっちりがきちゃうなんて
一体なんなんだろ


419 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 19:12:07 ID:BgHnijgIO
オカルトで嘘臭いとか言うの久々に見たぜ…
滑稽すぐる
逆に本物らしいのがどういうものか聴きたいなあ


420 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 19:40:09 ID:9KflCHVm0
524 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2006/11/02(木) 21:30:29 ID:wmjxOYyF0
このスレで言うのもなんだが、大昔の大学時代に
飲み会で披露した「もっともらしいホラ話」

良い具合に酒が回ってきたところで、後輩や同期に
「山で食料が尽きたらどーするんだ?やっぱり釣りと狩りとか?」
「いや、こいつなら麓の畑に盗みに入るんじゃね?」



等々、ネタにされた漏れ
おもむろに「いや、OBの○○○先輩に教わったのは、山の中腹あたりの
一般人がテントを張る場所を昼間のうちに確認しておいて、夜中になったら
手製のお面を被って、黒く塗ったパンツ一丁でテントの周りを歩き回るとか
テントの前で無言で踊りまくるとかだな。
大抵、翌日に大急ぎで山を降るから食料とかを結構残していってくれる」

・・・・と、言ったら「それ本当か?」(複数)
「本当です!」と、漏れ。

みんな信じていたな。「うちの大学冒険部の伝統的な食料調達法だぞ」と言ったら。
とりあえず、○○○先輩や関係者はこのスレ見てないと思うので。

先輩を思い出したらバケットが喰いたくなったよ。
キャンパスでいつも昼飯があれだったなぁ・・・・


421 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 00:27:50 ID:OAHMgPaUO
冒険部って、高知のか?

422 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 00:37:51 ID:YLvjPZQQ0
何だこのスレw素人小説家の発表会か?
気持ち悪いとこだな

423 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 07:42:14 ID:u6PeUOVn0
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ

この素人小説家な自演厨なあw

424 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 07:59:13 ID:fdENNlEj0
自分が自演してると他人もそうだと思い込むんだな。

425 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 08:52:01 ID:4bc+THLi0
>>424
まあ、風俗のバイトのDQNだけのみがそう考える罠w
IP洗い、もうイラネw
全ての板で、ちゃねらーどものDQN嫌いは徹底してるからなあ。
もう、風俗の雑用とダチのDQN雷鳥なんかを擁護する奴は
この掲示板には誰一人としていん。
DQN雷鳥の成済ましを除いては、全部全てだw

雷鳥、お前は2chに向いていないよ。
1ch逝け!人、誰もおらんけど。






普通はそれ誉め言葉なんだけど、リアルでは友達が誰もいないkittyの
お前では永久に理解出来ないだろうなあwwww

426 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 08:55:35 ID:4bc+THLi0
雷鳥は『風俗のバイト』のDQNだから、いつまでたっても、PCも初心者だなw

427 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 08:58:30 ID:l7PJFAMjO
だけのみ

428 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 10:02:43 ID:Wwzjrp/PO
ごめんね荒らしちゃん
君以外の書き込みは全部俺の自演だったんだ(棒読み)


今講義室の窓から小山を眺めてたんだが、電波塔?というか鉄塔の上から何か飛んだか落ちてったか、どっちかが見えた気がするんだが
鳥?人?
見間違えじゃなければ結構でかかった

ナマの人じゃないことを祈ろう(゚д゚;)


429 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 10:57:52 ID:Fs1qZzRA0
荒らしって雷鳥だけだけどな。
自己陶酔で無意味な長文大量に書いて、サーバー重くすんなよw

430 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 10:59:24 ID:Fs1qZzRA0





全員、どれもこれも全部、ほとんど縦読みしてるだけなんだからw











431 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 11:04:46 ID:b7jAMcuqO
うわあ…まだ粘着してんのか
お疲れさんだねW

雷鳥さん乙でした
雑音にめげず顔出して下さいね




って書くと雷鳥自演乙って言われるんだろうけどW

432 ::2008/01/17(木) 11:25:05 ID:Mi93p3Hk0
DQNは知障だから、いつまで経っても分からないw

433 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 15:19:16 ID:Wwzjrp/PO
今のところ近くで事件が合ったとかは聞かず…
ダイジョウブカ…?(゚д゚)

しかし荒らしちゃん、判りやすいな
毎回三分後に文つけたすくらいなら送信する前に頭使ってちゃんと纏めようね


434 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 15:36:48 ID:cgtVwCI00
久しぶりに来てみたけど、どうしたんだこれ
車板のPeugeotスレに粘着してるような、かわいそうな子に粘着されてるじゃない
きっかけはなんだ?

435 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 15:47:49 ID:fdENNlEj0
キチガイに理由なんてないって。
他人を攻撃してると自分が優位に立ってるみたいな錯覚起こしてひとりで喜んでるんだろ。
こういう性悪な子持ってる親も大変だろうな。


436 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 16:44:39 ID:Oez9atC60
こういうのに限ってネット弁慶なんだよな
きっと現実では辛い目にばかりあってるんだろうよ

・・・と思うと生暖かい目で見守れる

437 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 17:12:17 ID:5i3EDmtAO
しかしここのコテのスルーっぷりって凄いな。
自分なら堪らず反射的にレス付けそう。
っていうか我慢できずにやり返すだろうな〜。


438 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 18:47:15 ID:kAUtVAgD0
自分が小さいころ
山にある川に落ちて死にかけたんだけど
ランドセル背負った小学生に助けられたんだよね
けどその日は日曜夕方だったし
まず人が通らないとこだから
なんであの時通り掛かったのか不思議でならない
親に聞いてもこの辺にそのくらいの歳の子いるか?
てリアクションだったし


439 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 19:21:39 ID:bLCLRQlE0
>>433-437
また、雷虫がマス掻きしてるよw

一人上手と呼ばないでぇ、一人が好きなワケじゃないのよぉ〜♪
って歌ってみ!雷虫よw

440 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 19:26:01 ID:hONh+0lhO
>>437
むかしむかぁ〜し、それやって自爆したコテが此処に居たんじゃ。



二匹目のドジョウを捕まえようと必死なんじゃろうてw

441 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 19:42:38 ID:IsaAetD90
NWの話をするとNWがやってくるという諺がむかーーしあったー

442 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 20:23:36 ID:Svf2ey0d0
>>441
NWって今話題のナマハゲのこと?


443 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 20:44:47 ID:kid2bpEE0
>>442
違うよ
No Woman
彼女無し の話だろ

444 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 20:46:24 ID:ED3KsXjA0
なぁ
こんだけ粘着してるのって一人なのか?
IDたくさんあるから、アポーンも出来んのだが
どうすりゃいいんだ、、、orz

アポーン出来ない分、確実にうざい

445 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 20:58:46 ID:cgtVwCI00
粘着してる奴って
山スレに、なにかまずいことででも書かれたのかね
いつ頃から出没してんの、かわいそうな子

446 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 21:05:27 ID:bLCLRQlE0
>>440-445
面白いからお前と言うクズ独りを、住民全員でいびってる。


ただ そ れ だ け

ageてるから、祭り好きの通りすがりも寄って来るw

447 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 21:15:30 ID:l0Gq8QZX0
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。..||
 || ○重複スレには誘導リンクを貼って放置。ウザイと思ったらそのまま放置。||
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。     .||
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。              .||
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。          .||
 ||  荒らしにエサを与えないで下さい。        Λ_Λ シャキーン       ..||
 || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて  \<Ф♯Ф> 頭のおかしい人は相手しない。
 ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。      \⊂⊂ |  これキホン。     .||
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧____ | ̄ ̄ ̄ ̄|_______||
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧      ̄ ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は〜い、先生。
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

448 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 21:33:16 ID:IsaAetD90
>445
この前テレビで猿は目を合わせると襲ってくるといってたぞ

449 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 22:31:06 ID:lSIziLX90
                雷  鳥  頃  す  ぜ。 ま  つ   り
  |         |  |      ________________________________________________
  |         |  |_____ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ||ΦΦΦ
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|                    ||
  |         |  |   / /|TTTTTT   TTTTTTTTTT||TTTTT
  |        /\ |  /|/|/|^^^^^^ |三三| ^^^^^^^^^^^||^^^^^^^
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|
  |  /  /  |文|/ // /      祭りだ祭りだぁ!
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/         ∧_∧
/|\/  / /  |/ /           (___)
/|    / /  /ヽ            /〔 祭 〕〕つ
  |   | ̄|  | |ヽ/l   集まれっ!  `/二二ヽ
  |   |  |/| |__|/   ∧_∧     / /(_) 逝こまい!
  |   |/|  |/      ( ´∀`)   (_)    ∧_∧
  |   |  |/      // /  ^ ̄]゚        (`   )
  |   |/        ゚/ ̄ ̄_ヽ         ⊂〔〔 祭 〕
  |  /         /_ノ(_)          ┌|___|
  |/          (__)             (_ノ ヽ ヽ
/                                (_)


450 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 23:06:29 ID:YstN6/jp0
                _,,.. -─‐- .、.._.
           ,. ‐''"´         ``'‐.、
          ,.‐´               `‐.、
          /                      \.    クズ雷鳥の脳みそはお花畑でできていますね
       ,i´                       `:、  もうだめぽ
      /                          ヽ.
    ,i                  ,,,,;;::'''''        i、
    .i        ,,,,;;:::::::::::::::       __         i.       /:::::::::::::::::,.;ゝ.
   .i        "   __ ::::  '"ゞ'-'        l      /:::::::_,.-‐''~ ,、人
   |         - '"-ゞ'-' ::::::...              |    _ /:,.;‐''~ ,.ィ‐'~   |~`―-
    |                 :::::::        / \~~~``ー--ゥ'~ ,.;;-‐''~~ |, :-|   |
   |                ( ,-、 ,:‐、 ミ彡 /::::::::`>  ,.-''~.‐'~~-‐''~~.| .|  |    |
工___                       ミミ|彡ム-''~~ーv'~ ~:::::;;;::   i-‐i |~~|  |   |
\===|           __,-'ニニニ ミ-‐''~:::::_,.ィ''~~|~  ~~`|~   |T | |~I.|  |   |
  \==|======i__      ヾニ二ミ>,-|~~`i'~I |   |     |   | | |_,.+‐ !┴!―--'
   \=|======|==|┴‐┐┐从 ,-、v-'~ 十''' |-‐'''~~~|| ,..  -‐''~~ ̄ ,,.;'~`i~`~`‐-,
 ||`i'~~`'~~'~~ミ―┼(`)‐i ̄~i→;;;;;/ ノヽ|~l ミ|'~::::::::::::__.|l'~      ;'`'`゜  ;;;    `i  _
 |r'~     ミ |. |ゝ-'| |~l~`1;;;;;;;;;;;;;L!;;|,,,,.i'~''1~T~~   ̄|__,,,.....r-‐ミ ;; ;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;::| ̄
,;'~       ~~~`iー‐、二―--‐'~~コ:::::::::j.  | |     |エエエエ |:::::::ミ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|

451 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 23:32:24 ID:XujfFT6B0
形勢不利になると無意味なAA貼りまくる…
典型的なパターンだよな。

452 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 23:49:58 ID:l0Gq8QZX0
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。..||
 || ○重複スレには誘導リンクを貼って放置。ウザイと思ったらそのまま放置。||
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。     .||
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。              .||
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。          .||
 ||  荒らしにエサを与えないで下さい。        Λ_Λ シャキーン       ..||
 || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて  \<Ф♯Ф> 頭のおかしい人は相手しない。
 ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。      \⊂⊂ |  これキホン。     .||
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧____ | ̄ ̄ ̄ ̄|_______||
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧      ̄ ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は〜い、先生。
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ


453 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 23:54:12 ID:hLMU9PYM0
何がコワいかって、自分の意見に賛同しないレスは、全て自分が攻撃してる相手の
自演だと本気で思ってるっぽいとこだよね。こいつのアタマの中では、ここのスレに
いるのは、自作自演している自分と、自作自演している敵の二人だけ。どんな過疎スレだ。

自分の部屋の外、自分の家の外にも人間が居て社会があるって、ちゃんと理解してるんだろうか。

454 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 00:06:26 ID:Y7VCAP/q0
>>453
理解してたらこんな事しないw

455 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 00:10:00 ID:bLHv4utY0
>>451-454=雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ

プ

456 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 00:12:59 ID:INlfUAXT0
>>446
風俗店で働いているような社会の底辺どもなんか放置しとけや。

457 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 00:36:52 ID:ZGkQb/vK0
人格障害は治るとかそういうレベルのものじゃないから困る
山より恐い吉外だわさ

458 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 00:40:30 ID:M1yCvwnZ0
>>456
だから早く創作禁止で実話専用のスレ建てて、
そこで楽しくやりませんか?
スレ建て&誘導お願いしますよ、みんな待って
るんですから。

459 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 00:46:54 ID:KHIqIcRV0
この荒らし、重篤な統失患者みたいだな。

460 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 00:56:06 ID:QQCdIZjw0
その待ってるみんなはどこにいるのよ
スレ建っても私は行かないよ

461 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 01:00:37 ID:AabhZNs80
>>460
だから、実話に拘る人はここを出て、別スレ立てて出て行って下さいって事だと。
山怖は今まで通りでおk。

462 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 02:21:21 ID:dcyldRON0
こちらで議論されている間に、洒落怖版に物凄い話『邪視』が投下されているぞ。
本来ならば、あれこそ山怖版に相応しいものだったのに…。

463 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 04:38:28 ID:+h/KaRk30
雷鳥の連投をを荒らしと見ている奴もいるってことだろ
荒らしも信者も同レベルなんじゃね
あっ俺はもう最低だからほっといてw

464 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 05:06:37 ID:JRkFSqKt0
>>444
本文の雷鳥をNGワードにすればかなりマシになると思う。

465 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 07:41:35 ID:wNiOq/oU0
>>463
見るかぎり「信者」なんてレベルの人はいないように思う。
みんな普通に話しを楽しんでるじゃん。

466 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 09:11:32 ID:QWBUS9Jq0
板とスレの区別がつかない奴がまだいるのか・・・
と思ったら板どころか版だったw

467 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 10:49:45 ID:qUHYRNW40
>>464
雷鳥をNGワードに登録しても
お前の基地外レスは見ることになるだろうが
だからお前もコテつけろっての
まだアイカゴのほうがましだぞ。お前はヤツ以下だ

468 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 11:02:16 ID:JRkFSqKt0
>>467
は?俺は雷鳥アンチでもなんでもないが?
粘着のレスを出来るだけ見たくなければIDより雷鳥をNGにしたほうがいいって言っただけだぞ。
確かに雷鳥氏からすると気分はいいと言えないだろうが別に雷鳥氏の文が見れなくなるわけでもないし。

469 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 11:06:44 ID:/9AE2G020
16 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 16:56:25 ID:EfjrEa600
知り合いの話。

彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
派遣する業態の風俗のことだ。

「こんな仕事してると、そりゃ変な思いを色々とするんだぜ。
 風俗利用する輩ってのは、素直に自分の欲望吐き出すのに使ってる訳で、
 中にゃ 実に困ったチャンな客も多いんだよ」
 ちょっとでも風俗に関わると、世の中で一番怖いのはやっぱ人間だって思うね。
 表に出せないだけで、結構犯罪絡みの話も聞くし、体感したこともある」

そんな話を色々と聞き出していた中に、一寸毛色の変わった話があった。

「あ。そういや怖いマンションがあったわ。
 人が怖いんじゃなくて、オカルトっていうか、そっち方面で怖い思いをした。
 といっても、俺が見たのが霊かどうかは本当わからないけど」

「プレイ時間は基本六十分が多いからな。
 女の子送り届けて、また迎えに来るまで、一時間ほど時間を潰さにゃならん。
 でもそのマンションっていうのが山深い所にあってよ、街中まで帰るとどうにも
 時間が中途半端なんだ。
 だからもう帰るのは諦めて、少し離れた辺りに路駐して仮眠取ってたワケ」

「そしたらよ、誰かが窓を叩いて起こしやがる。
 でっきりお巡りかと思って大慌てで飛び起きりゃ、これが誰もいないんだ。
 おかしいなぁってんで外に出てみたんだが、猫一匹いやしない」


470 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 11:07:33 ID:/9AE2G020
17 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 16:57:27 ID:EfjrEa600
(続き)
「首傾げながら車に戻ったんだが、しばらくしてまたダンッって窓叩かれた。
 今度は寝てなかったからよ、モロに見ちまった。
 いきなり空中に白い手が現れて、フロントガラスを叩いてったのを」

「もう頭が真っ白で、必死でエンジン掛けて車を出したんだ。
 峠半分下った辺りで冷静になったんだが、あかん、まだ三十分も残ってる。
 仕方なく時間が来るまで、峠をグルグル登ったり下りたりしてた。
 真っ暗闇であんなの見てしまうと、駄目だね。ビビるね」
しみじみと彼はそう述べた。

彼の言うマンションが、正に私の友人が住んでいる所と知ったのは、
その後しばらく経ってからだった。


471 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 11:08:17 ID:/9AE2G020
18 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:01:28 ID:EfjrEa600
件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。

「やんなっちまうよ。前に話したマンション、あっただろ。
 あれからしょっちゅうお呼ばれしてるんだ。
 怖いから嫌だって抗議したんだが、駄目だとさ。
 まぁうちで送迎しているのは俺一人みたいなモンだから、仕方ないんだが」

「うん、止めてるとやっぱり窓叩かれる。
 それだけじゃなくて、車内が生臭くなるようにまでなった。
 だから同じように、峠を上り下りしてたんだけど」

「丁度峠の中程でな、白い女が立ってたんだ。
 いや立ってるだけで何する訳じゃないんだが。
 時間が時間だけにおかしいなって」

「気にしないようにして時間を潰し、女の子迎えにマンションに戻ったんだけど。
 帰る時もその白い女、同じ場所にずっと立ってるんだ。
 そこで女の子に『変な女が立ってるね』なんて話振っちまった。
 失敗だったなぁ」

「その子には、その白い女が見えていなかったんだ」

あそこから電話がある度、もぅ泣きそう。ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。


472 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 11:12:00 ID:/9AE2G020
19 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2007/12/31(月) 17:03:15 ID:EfjrEa600
件のマンションからの電話は、月に二回のペースで途切れることがなかった。
オーナーに直談判し、一時はその客は断ろうという流れになったのだが、結局断れな
かったのだという。
その客は常にダブル、つまり倍の時間で予約を入れ始めたのだ
往復の経費が一回で済むことを考えると、これは美味しい。
そのせいかどうか、マンションの客は御得意様になってしまったそうだ。
「まぁダブルになったんで、街中まで帰っても時間がイイ感じになったんだけどな。
 でもやっぱり、あそこに行くのは嫌だよ」

「この前、俺が都合付かず休んだ夜があったんだ。
 だからその日は仕方なく、オーナー自ら送迎に走ってた。
 で、俺にとっては運良くその日に、あのマンションから電話があったのよ。
 オーナーも俺から話は聞いてたんで、ビクビクしながら出向いたって」

「窓は叩かれなかったそうだ。・・・窓はね。
 『何だあの野郎、怖がりすぎなんだよ』そんなこと思ったらしいな。
 で、マンションの前面道路に車止めて一服してたら、変なモノが見えたって。
 奥側の建物、その壁面を、何か大きな物が這ってたんだとさ」

「月もろくに出ないような暗い晩だったのに、何故かくっきりと見えたんだと。
 大トカゲか大ヤモリでも見たんスか?って尋ねたら、怖い顔してこう言ったさ」

「『ヤモリがフレアのロングスカートなんて履く訳ねぇだろ』って」

「そいつはスルスルと明かりの点いていない部屋のベランダに滑り込んだらしい。
 見えなくなってから、即座にそこを後にしたってよ。
 だから止めましょうよアソコ!ってしつこく抵抗したんだが、金には勝てなかった
 みたいで、それからもずっと、今に至るもお得意様。
 でもオーナーは、自分ではあそこに二度と行ってないけどな」
腹立たし気にそう言っていた。

473 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 11:13:02 ID:/9AE2G020
26 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:14:09 ID:ks9sbnTI0
>>16-22
>雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ
>知り合いの話。

>彼はデリヘルの送迎を生業としていた。
>デリヘルとはデリバリーヘルスの略で、告げられた家やホテルの部屋まで女の子を
>派遣する業態の風俗のことだ。

>件のデリヘル送迎をしている彼から連絡があった。
>一杯奢ってくれたら、怖い話をしてやるぜという。
>焼鳥屋で落ち合い、話を聞いた。
>ボヤきながら奢りの酒を飲んでいた。

社会の低辺ども、風俗店のボイどもやパシリどもと、知り合いどころか
酒奢るほどタメだなんてw
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQは、自分でアホリアルをカミングアウトするなんて、とんでもない知障のDQNだなw
このスレに来る人少ないが、通りすがり達は雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQに関わりにならないほうがいいぞw

474 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 11:15:36 ID:/9AE2G020
127 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 10:40:38 ID:YOMCkfft0
>>96-98>>100-102>>106-109>>112-126

また、風俗のバイトの莫迦が、延々と独り言かよw
そう言う人格破綻者だから、バイト首になって、今ニートなのかw
全部作り事だろw
本当は、あまりにもウザくてキモイもんで
バイト先で、風俗店の店員と風俗嬢とケツ持ちのヤクザ全員にリンチになって
命からがら逃げ出してきて
今現在、精神病院に入退院を繰り返してんじゃねえのかw
おい!儡腸よw
そう言えば、時々何ヶ月も、まったく書き込みが無くなるからなあw
山怖スレのつかのまの平和だが。

リアルで、こんなキティが友達いるわけねえじゃねえかw


475 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 11:18:26 ID:/9AE2G020
>>468

もはや、雷鳥本人以外で、雷鳥『さん』などと寝言抜かすやつが、2ちゃんにいる筈がない!wwwwwwwwwwwwwwww


それが、2ちゃんで、雷鳥だけが知らない2ちゃんクオリティw

476 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 11:21:28 ID:/9AE2G020
雷鳥『さん』も雷鳥『氏』も両方ともww

何が悲しくて風俗勤めのドキュソ荒らしなんかに、俺達ねらーが敬称なんか付けなならんのやらw

477 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 11:50:18 ID:aSnuyysbO
ねらー・・・・WWW

478 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 12:17:52 ID:uYhGtLDq0

雷鳥オヤヂは、2チャソバカにしているのなら
このガキの糞板に来なけりゃいいのに。

というより、創作長文しこたま書いて、山にまつわる怖い話スレ荒らして
いつもおちょくって暴れているのか?あのクソオヤヂ。

479 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 13:07:39 ID:wNiOq/oU0
ここまでID変えて自演してる暇があるなら
別なことにその情熱をぶつければいいのに
不毛な人生だな

480 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 13:44:02 ID:miUoRqFC0
お猿と目を合わせちゃダメだよ〜

481 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 13:47:19 ID:0IJiQ5KdO
>>462
教えてくれてありがとう!
読み応えある話が読めて良かったよ

482 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 14:04:42 ID:Wq4GZL+A0
ブロークバック・マウンテンでググレ

483 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 14:05:50 ID:k7PYnR2pO
>>445
マズいこと…

実は荒らしーズは元は山の怪異だが雷メンの話で晒されたのを怒ってるんじゃないだろか
怪異達に失礼
トン


484 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 14:49:28 ID:+h/KaRk30
>>479
なんでID変えて自演なんだよw
もしかしておまえそんなことやってんの?

485 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 15:20:52 ID:wNiOq/oU0
>>484
身に覚えがあるから誰って指定してないレスに反応してんだよな、お前さあ、バカじゃねーの。

いい加減にしろ一人で実話スレでも立ててそこに篭ってろ。
雷鳥さんが嫌いならNGにすりゃ済むことだろ。
お前のスレじゃねーんだぞ、誰もお前にここを見ろなんて頼んでないし見たくないなら見るな。

お前のレスが一番見たくないんだよ。
スレも建てられない池沼ならNGするからコテつけろ。
コテのつけ方もわかんない?

486 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 15:38:50 ID:MXow9LpP0
>>485
ダメだよ、コテなんかつけたら、みんなwに無視されちゃうじゃん。どんな
みっともない文で誰もが読み飛ばしてるかも知れなくても、読んでもらえる
可能性すら激減しちゃうだろ。とにかく読んで欲しい、かまってほしいんだから。
意味もなくage続けてるのも、その証拠だろうし。

それに、コテだって個性というか個人を識別する記号の一つだもの、おっかなくて
使えないでしょ。匿名性の陰に隠れてしか、もの言えない(書き込みできない)んだからさ。


487 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 16:39:41 ID:if4mccx10
>>485-486

風俗勤務のDQNって、こーいうガラの悪いクズばかりだよなあ・・・

酒おごるとかなんて、まったくトンでもないw
普通の人間ならばすべて、寄るな!触るな!今すぐ氏ね!だw

だから、今すぐ回線切って首吊って氏んでねw
クソコテだけ汚したくなくて、必死にジエンしてて、みんなに嘲笑われている雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ w

488 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 17:09:13 ID:0VU5YR1P0
キチガイ警報

489 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 17:10:01 ID:gX5mo4EP0
俺用アンカー
>>428
>>438
>>462

490 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 17:26:28 ID:k7PYnR2pO
(駄目だコイツ… 早く何とかしないと……)


491 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 17:53:33 ID:RrT5IeTM0
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ >>488-490
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |                                             :|
 |   \__  --┬''" ―┼―┐||     /   苟攵  土冂    | |  :|
 |  ̄ ̄\__ ―┼―   |   |  _/|    ‐三‐  .lノ|-ヮ   | |  .:|
 |   ̄ ̄\    ノ     ノ  」      |     ;三、   干|乂  。 。  :|
 |                          _                  :|
 |________ /7_______ | )___________:|
        / ' ' / /            | ヽ―、 |
        |  / ノ             \_    |
       /   /                `、   ヽ
      /::    /        ___       ヽ   `、
.      |::    /   / ̄ ̄ ̄      ̄ ヽ、.   |::    i
      |::    |    l:::::::::  ,・'´     `・、  l  |::    |
      |::    |  |::::::::::      、___    |  |::    |
.      |:::::    |  l:::::::::::::::::    ̄ ̄    | /   ::::|
      |::::::    ヽ ヽ::;;;;;;:::::::::::................. _ノ_,/   ..;;:ノ
      `、::::::..   ヽ、__):::::::::::.  (__/    ..::/
       \:::::::..                   ...::/
         \::::::::::..               ...::::/
           \::::::::.           r...:::::/
             \::::::.           /

492 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 17:57:04 ID:RrT5IeTM0
雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ >>488-490
 早     /::::l:::l::、:::::、:::::ヽ::、::::::::::::\:::\::::::::ヽヽ::::::ヽ   駄
 .く      /:::!::::i:::!:::ヽ:::ヽ::::::ヽ::ヽ、::::::::::\:::ヽ:::::::ヽヽ::::::',   目 
 な.     /:l::::!::::ヽ!::ヽ:::::::ヽ:::::::\:::ヽ、::::::::ヽ:::ヽ::::::::!::i:::::::!  だ 
 ん   ハ:::l:::::、::::ヽ::::\:::::\:::::::\:::`ヽ、:::ヽ::ヽ:::::!:::!:::::l
 と   /:::::::l::::::!ヽ:ヽ::::、:::::ヽ:::、:\::::: \::::::\::::!::::ヽ:!:::i:::l:l  こ
 か  !:/!:::::!::::::!::ヽ:ヽ{:::\:::ヽ::::\:::\::ヽ:::::::ヽ!:::::::}!::::l::li|   い
 し  j/:::l:::::!:、:::!::ト、:、:ヽ:::::`ヽ{、::::::\::::\{、::::::::::::::::i::!::l:l !   つ
 な    l:i:l::::i::i:、:l::lテ=-、:ヽ、_、::\_,≧ェュ、_、\:::::::::i::li::!::リ     
 い   !ハト:{:!:i:トN{、ヒ_ラヘ、{ >、{ 'イ ヒ_ラ 》\::l::!:ト!!:l::l!     :
 と     ヽ i、ヽ:ト{、ヾ ̄"´ l!\   `" ̄"´  |::!:l::! j:ll:!
  :      !::、::::i      l             u |:::/lj/l:!リ
  :        ヾト、:!u                 j!/ j|:::リ
          ヾ!    ヽ  ‐       u /イ´lハ/
            }ト.、  -、ー-- 、__      /' !:://
             リl::l゛、  `二¨´    /  |/:/
         rー''"´ト!::i{\       /  / !:/
        / ^ヽ  ヾ!  ヽ _,,、'´    /  j/

493 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 18:27:52 ID:+h/KaRk30
>>485-486
いいすぎw
おまえらも頭おかしいじゃねーかよw

494 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 18:58:25 ID:y468a2eJ0



   おまえらいい加減、華麗にスルーでお願いしますよ




495 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 19:26:37 ID:M1yCvwnZ0
>>492
兄貴、早く実話専用スレ建てお願いしますよ。
そこで兄貴の素敵な実話聞かせて下さいませんか?
それとも単に荒らしだけが目的なのかな?
このままだと実生活だけじゃなく、ネット上でも負け犬
人生になっていまいますよ?

496 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 19:43:27 ID:+h/KaRk30
↑こんな奴多すぎ マジ下品すぎて愕然としたぜw

497 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 19:59:38 ID:OQyPZzP60
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。..||
 || ○重複スレには誘導リンクを貼って放置。ウザイと思ったらそのまま放置。||
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。     .||
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。              .||
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。          .||
 ||  荒らしにエサを与えないで下さい。        Λ_Λ シャキーン       ..||
 || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて  \<Ф♯Ф> 頭のおかしい人は相手しない。
 ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。      \⊂⊂ |  これキホン。     .||
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧____ | ̄ ̄ ̄ ̄|_______||
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧      ̄ ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は〜い、先生。
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

498 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 22:28:56 ID:cELnhkfV0
通報しました

499 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 23:36:07 ID:aSnuyysbO
コイツはいじっても面白くなさそうやね。



500 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 01:34:24 ID:DH8izBs00
確かに、本文中の雷鳥を迷惑レスフィルタにかけると
消せるみたいだな、、、、

501 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 03:20:54 ID:VH+CbnWoO
夜風はよ書け!何でもいいから書け!!

502 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 03:23:44 ID:LUOLPpev0
じゃあこれからは、「雷鳥」は「雷鳥」の成済まし以外は全員、『儡厨』と呼ぶ事!

これは、オカ板荒らしの儡虫を叩く、オカ板住民全ての義務だから!


     ∧,,∧
    ミ,゚∀゚;彡  いいね!
    (ミ   ミ)
     ミ   ミ
     ∪ ∪


503 :fussianasan:2008/01/19(土) 06:56:56 ID:MMqFeOLw0
>>502
おまえ
ほんとウザイ

504 :r113019.ppp.asahi-net.or.jp:2008/01/19(土) 06:59:26 ID:MMqFeOLw0
>>503
やべミスった

505 :softbank219037041207.bbtec.net:2008/01/19(土) 10:13:51 ID:DH8izBs00
あ、ふしあなさん良いね

506 :fushianasan:2008/01/19(土) 11:15:04 ID:Xb7qyhVm0
雷鳥さん続きたのんます

507 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 11:15:53 ID:Xb7qyhVm0
あれ?

508 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 18:18:59 ID:Exo56WiI0
誓うよ
煽り・騙り・荒らしはしない

糸色      文寸      しこ   !!
                _,、
             ,イヽ/ | ',
            ,!ノ,;,;';;'; い、_
          , -' ´,,;';'';;'; ´ヽ._\
         ,.r "__  ,.ィr'ヽ_   人 `ー- 、
       r'´‐'"´  ``'丶、ヽ    `ー、
  ,....._,.イ     _/_ ノ_}  ヘ     ヾ
/::::「  i! ,. -'"´   ̄`ヽヽ  ハ
:::::::::|     _,. -‐=''---‐'  `ーヘ
:::::::::|   、 ´      _ノ、ヽ、_,. ヘ
:::::::::ヽ__,.>、`` '' "  ̄ハ 丶   _ノヽ、__,..
:::::::::::::::/  `ー--―''' ´ ヽ `ー'´_)     ,.
:::::::::::::/           `ー‐'⌒ヽ、... -‐'´

509 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 00:16:17 ID:na4tBSCr0
ココ、全部と言ってもいいほど、その「雷鳥」の成済ましヴァッカだね。

タダの風俗店の親父の、知障ワンマンショーをずっと見ていてもしょうがないしねえw

510 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 01:28:23 ID:8902pA+40
豚かよ

511 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 10:12:03 ID:FEm85Tk50
荒しさん、コテつけて。
迷惑だ。

512 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 11:07:01 ID:wi9t9Rb00
>>511

雷鳥って荒らしは、自作自演のサクラの方のも、全部糞コテ付けて欲しいね。
雷鳥じゃなくて儡厨って呼ぶんだっけ?

513 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 11:08:26 ID:wi9t9Rb00
>>511

雷鳥って荒らしは、自作自演のサクラの方のも、全部糞コテ付けて欲しいね。
本当にこの人、なにやってても迷惑だよ。
雷鳥じゃなくて儡厨って呼ぶんだっけ?

514 :softbank219037041207.bbtec.net:2008/01/20(日) 11:19:23 ID:Nlg/+UWX0
ぎゃーぎゃー言うなら
あんたらあらしもfusianasanしてやってくれ

515 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 11:19:49 ID:dbxP0bjf0
死ねよ全員、ゴミどもが。

516 :t049079.ppp.asahi-net.or.jp:2008/01/20(日) 11:51:51 ID:3ZFKlk8S0
>>512-513
お前が荒らしだから。
消えろカス

雷鳥さんの書き込み面白い
ただ山のマンションの話は全部書きあがってるなら
全部貼って欲しい
不定期連載をワクテカして待つのはキツイ

517 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 12:41:37 ID:MllYa2W20
だから、雷鳥本人のジエンしかいない雷鳥信者も
全部アホコテ付けろって言ってるだろうが!害虫!いや儡虫!

518 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 13:47:12 ID:P0GOAJG7O
多少荒れても仕方ない気はするけど、洒落怖のようにはなってほしくないな。
崩壊するのを見てただけに尚更そう思う。


519 :雷鳥一号 ◇zE.wmw4nYQ :2008/01/20(日) 13:47:29 ID:sAotwQQd0
死ねよ全員、ゴミどもが。

520 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 13:49:17 ID:gX4JWeOzO
>>517
そんなことより早く専用スレ建てて
そこで楽しくやりませんか?
「実話限定」とかってローカルルールは
君が決めていいからさ。
スレ建て&誘導してくれりゃ、君に
賛同する者は来てくれるよ?


521 :softbank220023074216.bbtec.net:2008/01/20(日) 13:49:31 ID:z5JcVB6N0
>>517
フュージャネイサンの意味もわかってないんじゃね

コテの方にもがんばって欲しいし
もちろん名無しの人にもがんばって欲しい
文句たれんならコテつけろや
スルーしたいんだからさ

522 :nttkyo593177.tkyo.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp:2008/01/20(日) 14:37:17 ID:qrsvPrzW0
ホント何なんだろうな…
アホコテクソコテって、口汚く罵れれば何でも良いのだろうか。

523 :元登山者:2008/01/20(日) 14:43:32 ID:zH7+lnJl0
友人の話です。

友人から聞いた話です。
彼は走るのが好きで、社会人競技でも走ることがあります。
ある日、いつものようにMP3で音楽を聞きながら山道を走っていると
急にボリュームが小さくなり、そのうち全く聴こえなくなりました。
色々と操作してみましたが、電池切れでも故障でもなさそうです。
「なんだよこれ、どうなってんだ?」
と思わず愚痴ったとき、「ざーっ」とノイズが聴こえ
「音楽もいいが。たまには山の音をきいたらどうだ?」
ボソボソっとした声だったが、確かに聞こえたそうです。
怖くなり、全速力で帰りました。
今でも、その山道を走ることはあるそうですが、今はMP3を持たず
自然の音を聞くようにしているそうです。




524 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 15:38:30 ID:7UUSMVD/0
近所に防空壕みたいな巨大なトンネルがある。
当時中学生だった俺と友人2人(A、B)でよく探検に出かけた。
親もトンネルを知らないようで秘密基地みたいで楽しかった。

普段はトンネルの入り口付近で遊んでいたが、
友人Aが奥に行ってみようといいだした
俺も興味はあったが本当に暗いのであえて避けていたが。

探検当日みんなで装備を持ち寄ってトンネルに入った。
20mほど進むとトンネルが十字路のようになっている事に気づき
俺達は右に進んだ。弱い懐中電灯の光を頼りに進むと徐々に狭くなってくる
3mほどあった幅が徐々に2m、1m最後には50cm位になり1人通るのがやっととなった。
そこで一番前にいたAが立ち止まった。
俺「どうした?」
A「。。。。。」
俺は怖くなって一番後ろのBを振り返った、




525 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 16:37:35 ID:z3ckBN0x0
wktk

526 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 16:46:43 ID:G3Ptdpzw0
>>419
オカルトって言ってもさ、いろいろあるぜ
お前には判んないかもしれないけど、もっと考えて発言してね

あっ、やっぱもう発言しなくていいわw

527 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 18:33:04 ID:Q2X01GMz0
>>523
久々に・・

528 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 18:36:07 ID:HU4zphfi0
明らかに作り話の都市伝説もオカルトに含まれるし
ここでも誰かの体験談として語られてるのまで
「うそ臭い」なんて言ってたら、きりが無いって事でしょ。

ここは山にまつわる話を書く場所であって
完全に本人体験で、伝聞話でないのや実話
(これは証明しようもないから意味ないけどね)限定なら
↓のスレもあるからそっちに行けばいいよ。

実話恐怖体験談 九談目
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194353997/



529 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 18:44:36 ID:FEm85Tk50
>>524
マダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

530 :524続き:2008/01/20(日) 19:42:33 ID:7UUSMVD/0
Bも固まっていた。俺はBが天井を凝視してるのに気づき俺もとっさに上を見た。
そのとき俺は恐怖で腰が抜け「うぁ。。。」と声にならない声をあげて絶句した。
天井には人間がへばりつきこちらをじっと見ていた。
俺は、そいつを凝視した、そうしないとヤバイと、身の危険を感じたからだ。
体が恐怖で動かないままそいつを見上げていると、それがどこにでもあるマネキン出ることに気づいた。
マネキンが真っ暗なトンネルにしかも天井にへばりついてる事自体がリアルな恐怖を覚えた。
俺はBに「帰ろう。。怖いよ」というと
Bも「そうだな。。。ここは異常だよ。。」と答え、引き返すことにした。
一番前にいたAの肩を叩き「もう引き返すぞ。。」というがAは答えない、
しかもよく見ているとAは天井ではなく通路の先をみて固まっていた。




531 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 19:43:23 ID:G3Ptdpzw0
>>528
そんな当たり前の事言われてもw
419は頭弱そうだから教えてあげただけだよ

532 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 20:10:26 ID:t3F36Qc90
>>531
お前性格悪いっていわれるだろ? いわれたことないなら陰でいわれてるから気をつけろよ

533 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 20:11:09 ID:DLwa6b92O
豚切り!!!!

534 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 20:50:24 ID:FEm85Tk50
>>530
マダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

535 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 22:02:14 ID:5OtA+ERgO
久々に元登山者さんの話が読めた( ̄∀ ̄)


536 :524 530の続き:2008/01/20(日) 22:29:56 ID:7UUSMVD/0
Aは正面を見たまま動かない。
俺とBは普通じゃないAの雰囲気とマネキンの視線が怖くなり
ちょっとしたパニック状態になりかけていた。しかも通路が狭く恐怖は倍増した。
こらえきれなくなったBは思いっきりAの腕を引っ張り引き寄せた。
そこで俺たちはAが見ていたものがはっきりと見えた。
真っ暗な通路の先には光が続く限りがずらーーーっと人間が並んでいた。
「ん・・・あ。。。あ・・・ああ・・・」と何かの声が聞こえた気がした。
俺とBはAを引っ張り思いつきリ逃げた。半狂乱というかアドレナリンが出まくってたよ。
ようやく分岐点に着き出口の光が見えてきたがまだAはおかしくなってる。
外に出てもまだ恐怖は消えなかった、日は落ち始めかなり暗くなってたたから。
しかもそのトンネルの場所は山の奥にあり一番近い俺の家からも1時間はかかる。
その帰り道の途中で俺たちは見てはならないものを見てしまったことを恐怖とともに実感したんだ。


Bと俺は完全にパニックに陥りAを引っ張りながら狭い通路を

537 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 00:15:49 ID:PIChpQNT0
続きはまた来年。

538 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 00:39:16 ID:pFAVrdYV0
56億7千万年後でいいよ

539 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 00:47:52 ID:FUvbacKo0
弥勒菩薩がおいでになる時か・・

540 :524 530の続き:2008/01/21(月) 01:05:07 ID:00HcdoCf0
もう面倒だから続きお前ら適当に考えろよ


541 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 01:28:02 ID:Es5h2Lzf0
矛盾してる。

近所に防空壕みたいな巨大なトンネルがある。
 ↑

一番近い俺の家からも1時間はかかる。
                ↑

普通家から1時間掛かるところを近所とは言わない。

542 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 02:38:46 ID:wFRlq1xa0
>>541
http://homepage2.nifty.com/oozora/kanban.jpg

543 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 06:04:47 ID:32+iecGN0
いいもの、みせてもらった


544 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 08:13:05 ID:kookt9+wO
これは結構目にするなw

545 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 08:36:01 ID:PwLRLLLm0
根室方面ではジャスコ直進120キロメートルの看板もある

546 :524 530の続き:2008/01/21(月) 12:23:01 ID:00HcdoCf0
俺の人生は、マンコ300キロメートルってとこかな。
生きているうちにたどりつけるかどうか

547 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 14:11:26 ID:RroVV4ty0
              ___
           _ノ'" ̄`   `゙゙''ゝ、       __........-....__
          /   ..-ー―-.._   ヽ、   _-‐'´     "''ゝ、
         /′ /      `'ゝ  ゙ゝr'"   _,,..........__   "ゝ
       _,,../  _ ´         "ゝ/  /"    `゙ゝ、  ヾ 、
     _..r‐´   ,'           /′ _r'、        "ゝ   "┐..、
   /′   _ `ヘ、        ./   /’ ゙'lゝ、        ヽ、  |l _r゙ゝ_
   l′ 、--‐'""\ 1        /′ /"'、 ヾ〕ヘ、  _..v‐'' ̄‐ ..、,' /  广ゝ、
  │ l′     ゙fヽ       ,'   丿 ヘ ,'│ ゙1 r'´      了/ _/ _,,..┘
  ヽ       rソ    __....-ノ   丿  ト)    !        /  ./广 と  ィy ィy ュ 、
   `'ゞ     ..厂  ,..一''"´     丿   |〔     '、      」  _ソ _../  `|^ 脳
            / __..--一‐'' 、  "''、  ..ll      ' _..-   丿 jF'爻    卜 て'又
           亅/´       '、 丿  /’_..  _/ 、彳   丿 丿 "/    ` ゙゙'´゙−
           '1/         |ン′  ン′ '''´  丿   丿   ’-''^'ユ..、
           U        /   l千 _     レ′ j′     ´ /ゝ、      ___
                         」/     卜,, 、 イ|  、    ヾ_, '゙]!'゙lノ''ly‐'イ `
                _ノ'′ ..〃 uメ^ヽ、    ''l|/’卜 ゙ヘ/     _广 ゙ /'´  ′
                "   ェ广  "’ ノ ‐__、  |l′ '_ェ/ヽ   _、 丿 ./′
                   `′   _ィ/′  ' 、  "/ ┘  _/’ |′ ''"'、
                       ゙′   イ  _../    :ョ爪、  「 _....`ー、
                             ’ 〒        "ゝ、    ../
                  ′

548 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 14:36:54 ID:LBmdtETw0
>>546
車で行けば制限速守ってもたったの5時間だぜ!
一日10時間歩いてもたったの6日だぜ!
遠いようで、踏み出してみれば意外と近いもんなんだぜ!!

549 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 14:47:12 ID:UoJsGchbO
高校の頃、仲のよかった友人に色々な怪談話を聞かせてた
山あいの道を歩いて帰る時の話
気づくといつも、友人の向こうには少女がいた
いつの間にか、だ
まるで幽霊のように…


と、嫁にその事を告げたら目が笑ってませんでした

550 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 14:53:41 ID:2lti+hxGO
前働いていた会社の上司から聞いた話。
上司は五十代独身、とても穏和でまじめな人で山登りと写真が趣味。因みに嘘などつくタイプではない。

上司は日本中の山を殆ど制覇してる程の登山好きらしい。
山の名前や細かい事は一年位前に聞いた話なので忘れたけど(すみません)ある山に登った時の話。
冬の山の中腹?あたりで一人の女性が立っていた。冬の雪山なのに防寒着など着ていない。
あれ?おかしいなこんな場所で…と思った上司だが挨拶をした。でもシカトされた。
なんか怖くなって先に進むのは辞めて引き返した。振り返るとその女が付いてきたので、
後ろを振り返るのは辞めて一目散に下山したとの事。それからは山へは一人で登るのは辞めたって。
上司曰くタヌキが化けてたんじゃないかーと笑いながら言ってたけど、
俺なら怖くて失神するなーと思った。

551 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 16:17:31 ID:lXPtyTKk0
ほうほう、単純だが面白い。

552 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 17:26:38 ID:00HcdoCf0
俺のじいちゃんは、山登りが好きで正月はいつも山の上で初日の出をみるくらいな人だ
じいちゃんレベルになると富士山とかは雰囲気が俗っぽいからとか言ってマイナー山で見たいんだと。
その年も日の出に時間を合わせて暗いうちから登り始めたんだが、すれ違う人もいないくらい寂しい山。
8合目あたりに山小屋があるということでそこで3時間ほど休んでいけば日の出のころには頂上につける。
じいちゃんはその山小屋をめざして登っていた。6合目、7合目、すれ違う人もいまだゼロ。
8合目の標識をすぎて少し行くと山小屋が見えてきた。少し不気味な雰囲気だったと。
ドアはしっかり外から板で止めてあったので、じいちゃんはおかしいと思いながら裏に向かった。
裏口は少し開いていてじいちゃんはノックしないで入っていった、
中には6人ほどの人が川の字になって寝ていた。
じいちゃんはちょっと怖くなったがみんなを起こさないように空いてるスペースで横になっていた。
少し疲れが取れると、その場の雰囲気無性に怖くなりあたりを見回しはじめた。
そこで寝ている人たちのリュックやらの装備がどこにもないことに気づいた。
しかもしーーんと静まり返ってるのも異常すぎた。いびきも聞こえない。あまりにも静かだ。
怖くなったじいちゃんは時間を切り上げて頂上に向かう事にした。
すばやく身支度をすると裏口から急いで出て行った。


553 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 17:52:43 ID:00HcdoCf0
8合目をのぼりきり9合目の標識を通り過ぎたころから恐怖は薄れ始め、
ちょうしを取り戻し始めた。
そしてようやく頂上が見えてきてじいちゃんは胸が躍り始めた。
そして念願の頂上についた。
まだ日の出前なのであたりは真っ暗だが綺麗な星空が心を癒してくれた。
頂上を散策しているとリュックが置いてある事に気づき、一番乗りでなかったことを残念に思いながらも
人を探し始めた。だが狭い頂上でいくら探しても人は見つけられない。じいちゃんは不審に思ったらしい。
そのとき日が昇り始めた。綺麗な日の出に感動して写真をとったりして満喫したじいちゃん。
帰ろうと考えたときリュックを数えてみると数は6個。
じいちゃんは、人がいない事を事故か何かかと考え山岳救助隊に連絡をする事にしたらしいが
頂上は圏外なので下山してから問い合わせる事にした。


554 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 17:56:34 ID:kAmlpVRQ0
>>550
もう少し盛り上がるストーリーにしてほしかった
イマイチやな

555 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 18:07:19 ID:00HcdoCf0
下山の途中でリュックと山小屋で寝てた連中が関係あるかもと思い始めた。
帰りに山小屋に寄ってみることにしたが、山小屋がみつからない。
8合目の標識からすぐのところだがいくら探してもみつからない。
じいちゃんは不審に思いながらも迷いそうになったので登山道に戻り下山を開始。
7合目にきたあたりで別の山小屋を見つけた。この山小屋は綺麗で中から光も漏れてる。
その山小屋に向かい中に入ると、管理人が朝食の準備をしている事だった。
じいちゃんをみると管理人は親切にお茶を入れてくれ、世間話を始めた・
じいちゃん「登る途中で山小屋に入って少し仮眠したんですよ」
管理人「え?。。。この山にある山小屋はココだけですよ」
じいちゃん「おかしいですな、山小屋に人が寝て休んでましたよ」
管理人「。。。。もしかして6人じゃなかったですか。。。。。。」
じいちゃん「そういえば6人いましたよ。。。。」
管理人「他にも何か見ませんでしたか?」
じいちゃん「リュックがちょうど6つ山頂にありまして、事故かなんかかと。。」
管理人「2度とこの山には登らないほうが良いでしょう。2度目はもうないですから」



556 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 18:25:51 ID:3gznBZQQ0
認知症は来るなと 酷い話しだな
ま、捜索に狩り出されたら迷惑だろうしな
けど商売繁盛するだろ?

557 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 18:36:08 ID:PwLRLLLm0
>>555
リアルで面白いよ!
まだ続きある?

558 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 19:32:49 ID:zrEYYpvi0
七人ミサキか…?

559 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 19:35:07 ID:ozXfeai00
最後の一言の意味がわからないよー

560 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 19:41:43 ID:00HcdoCf0
じいちゃんはあまり話したがらないがもう少しその話しをしてくれた、
管理人との話しには続きがあった。

じいちゃん「ど、どういうことですか?」

管理人「8合目から頂上の間を何年も往復しているパーティがあるようなんですよ。
    私も登山者からの目撃談を聞いてるだけですが、8合目に山小屋があって
    その山小屋に入ると、人がいるらしいんですが、彼らと話した人はいませんよ
    かわった雰囲気の人たちでね。装備はもっていないことがおおいようで」

じいちゃん「幽霊かなんかですか・・・怖くなってきましたが・・・」

管理人「関係があるとすれば、7年前の事故が思い当たるんですが。
    それからそういう目撃例が増えまして、リュックだけが頂上にあるのも有名な話しで
    救助隊にその事を言っても、今は相手にしてくれないと思いますよ。
    帰りは一人で下山しないほうが良いでしょう、私の知り合いがくるころなので
    その人と下山したらどうですか?そのパーティに加わりたくないでしょう?」

管理人によれば、その6人は頂上から8合目を往復し続けてるらしい。
彼らは登山者についていく事が多く、じいちゃんにずっとついてきて来てる可能性があるとのこと。
目撃した人たちが下山すると事故にあうことが多く、
その山に慣れた人と一緒じゃない遭難する事が多いらしい。






561 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 20:03:40 ID:FUvbacKo0
程よく薄気味悪い話だな
面白かったよ

562 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 20:15:02 ID:zsTeBGR10
遭難するとパーティーの人数が増えたりして

563 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 20:17:56 ID:B6eSUHFd0
7人ミサキみたいな…
面白かった

564 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 20:33:21 ID:eMQlyIxS0
なんだろう。じわじわ怖い…

565 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 20:42:30 ID:0RBKzKrLO
こえ〜
じいちゃんの孫GJ!!!

566 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 20:57:08 ID:6Zkgp10cO
爺ちゃん運良くベテランさんと一緒に帰れて良かったな

567 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 21:14:35 ID:mIQhFQTs0
こういう怨念?っていつまで残るんだろうな。永遠に彷徨い続けるものだったらそのうち地球は怨霊だらけになりそうで怖い

568 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 21:59:10 ID:evYxpdjL0
山小屋の主人は大丈夫なのかな

569 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 22:52:14 ID:oDpOqIuT0
>>568
本物の山小屋が七合目で、ヤバイ山小屋が八合目だから
山小屋の主人は見たことがないので大丈夫なんだろうな。

570 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 23:07:23 ID:iGAO65/BO
その山小屋に六人がきたら管理人どうするんだろ。怖いな

571 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 00:16:12 ID:5GsJ6cOS0
初雪の山は登ってはいけない、
そういう話しを仲間内でよく聞いたが、滑りやすくなるからだろうと思い
バカにしてた知り合いは命の危険に晒された。

彼は登山歴3年くらいの経験の少ないアマだったが勝気な性格で人に頼ったりする事が嫌いだ、
なんでも1人でするタイプだった。そのときも一人で冬山を登っていたが
初雪が降り始めていた、積もったのは数センチだったので彼は当初の計画通り登り続けた。
雪のせいで登山道が分かりづらくなった彼は慎重に登り始めたが不安になりだした。
道を探しながら歩いていると、足跡があることに気づいた。
彼は喜んで胸をなでおろした、「この道で間違いないんだ」またいい調子で歩き始めた。
だが、その足跡に気になる点があった、
靴の足跡ではない気がする、少なくとも登山ブーツではない。明らかに細すぎるし小さい。
そのまま足跡を頼りに登り始めた、周りの景色が少し違うなと3年の経験で感づき始めた。
登山道というより獣道に近く、岩もごろごろして雑林も増えてきて歩きづらくなってきた。
彼は、その足跡の不気味さも気にかかっていたので、引き返すことにした。


572 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 00:28:13 ID:5GsJ6cOS0
かなり辺りも暗くなってきて、彼は焦りはじめた。
急いで自分の足跡を頼りに下山していると、異変に気づいた。
あの細い足跡が増えている。。。登っているときは1人だけの足跡だったが今は数人ある。
少なくとも今は3人の足跡が見える。しかも、よおく観察してみると裸足の足跡のように見えた。。
それに気づくと背筋がゾクゾクして恐怖に襲われた。
自分を裸足のなにかが後をつけて来てた。。。しかも登山道ではない。

その時、彼は知り合いのベテラン登山家の言葉を思い出していた
「初雪の日は登山してはいけないよ。見てはいけないものが見えちまう。
 普段は見えないものが、雪のおかげで見えることがあるんだ、それは命取りになるから。」

彼はパニックになりつつあった、暗くなり始め、得体の知れない裸足の足跡、確実に迷ってる。。
彼は足早に足跡を頼りに下山を始めた



573 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 00:40:53 ID:5GsJ6cOS0
いくら歩いても登山道には戻れなかった、もう完全に日は落ち足跡も見分けがつかなくなった。
遭難。。。頭にその言葉が浮かんだが、今日中の下山をあきらめ野宿すると決断した。
野宿の準備をしていなかったので装備の中で使えそうなのは、
アルミ箔のような保温カバーとマッチくらいしかなかった。
彼は風がしのげる大きな岩の下で野宿をする事にした。
かなり冷えるが雪の降った後で穏やかな夜だったので凍死の心配はなさそうだったが念のため眠らない事にした。
おちついたところで足跡の事がふと頭に浮かんできた。
「あの足跡はだれのものだろうか。。他のシカやウサギ、イノシシだろうきっと。。」
彼は自分の気をごまかすように、小動物の足跡だと解釈するようにしていたが。。


574 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 00:52:21 ID:5GsJ6cOS0
眠らないように頑張っていた彼はついうとうとして、眠ってしまった。
彼は物音で目がさめた、それは何かが雪の上を歩く音だった、ザクッ。。。ザクッ。。。ザクッ。。。
その音は岩の後ろから聞こえていた、
勝気な彼は小動物だと思い追い払おうと大声を出した「コラッ!!」
怒鳴っると足跡は遠くえ逃げていった。「やっぱり、イノシシか。。」
数十分後また足跡が遠くから聞こえてきた、
ザクッ・・・ザクッ。。。ザクッザクッ。。ザクッザクッザクッ。。
今度の足音は違った、1人の足音じゃない。。。仲間を連れてきたんだ。。。。
さすがの彼も恐怖を感じた。「コラッ!!」もう一度おもっきり怒鳴った。
足音は止まったが、少しするとまた進み始めた、こっちに向かってきてる。。
もうココまで来ると、奴らが人間だと思わずに入られなくなった。
数人の人間がこっちに向かってきてる。。


575 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 01:00:17 ID:A1YqyuhF0
つ C円

576 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 01:09:04 ID:5GsJ6cOS0
彼は今までにないほどの恐怖に襲われた。
体育座りをして目を瞑って祈り始めた、特に宗教には入っていなかったが
子供のころ祖父や祖母が念仏を唱えていたのをかすかに思い出しながら
保温カバーに顔も入れて外を見ないようにしながらひたすら、めちゃくちゃな念仏を唱えた。
足音はまだ聞こえてる。どんどん近くなってきてる。
ザクッザクッザクッ。ザクッ
夜中その足音は続き、まるで彼のまわりをグルグル回ってるかのようだった
彼は一睡もできず半狂乱で念仏をとなえていた、朝が近くなり徐々に明るくなってきたのが分かった。
足音は次第に遠くになってきていた、彼は安堵した。
日が昇ったのがわかった、
足音も完全に聞こえなくなり、彼はおそるおそる保温カバーから顔を出してあたりを見回すと愕然とした。
周りには何十もの足跡が残っていた、しかも裸足の足跡が、彼は疲労困憊でその足跡を眺めていた
あまりの恐怖に何も考えられなかったが、荷造りを初めて下山を始めた。
30分も歩くとその足跡は途中で消えたが、少し歩くと登山道の標識がすぐに見え無事に下山した。

精神ともに衰弱しきった彼はこれを最後に登山を止めた。
勝気な彼の性格が変り弱弱しく語るのを見て私は恐怖を覚えた。


577 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 01:17:06 ID:yBVOxBbF0
>>547
仙術をなめるなーっ

578 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 01:22:42 ID:x80RX7xP0
>>576
面白かった

579 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 02:19:48 ID:q6dquoJxO
>>576
不思議なお話ありがd!
こわかったけど特に何もされずに無事下山出来て良かったねぇ
彼等は一体何をしたかったのか謎だな
余所者が来たって見にきたのかな

580 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 03:30:11 ID:XDsq6tKi0
>>576
なかなか面白かったです。ジュラシックパークにで出てきたニワトリぐらいの大きさで
集団で自分よりずっと大きな獲物を襲う恐竜のことを思い出したよ。


581 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 03:36:53 ID:5GsJ6cOS0
俺の地元は山梨と長野の県境い。電車は1時間に一本しか通らない。
しかも無人駅が多く、俺の知り合いは金がないときキセルするために無人駅で下りて、
そこで発券して1時間くらい待って家に帰るというアホなことをする事があるらしい
その駅というのが、花の名前がつく駅で某プリンタ製造メーカーが
工場の従業員を効率よく通勤させるためにJRに作らせた駅で、利用者は少なく森の中にある寂しい駅だ。

友人はその駅でいつもどおり降りて電車を待っていたが時刻表を見ると19:45まで次の電車はこない事が分かった。
今の時間は18:30、あと1時間以上もまってるのは嫌になって散策に出かけた。
その駅の近くには鳥居がある山があって、その鳥居は電車からもよく目立っていたが
特に神社やお寺があるとは聞かないし、鳥居の先は森なの先が見えない。
友人は暇つぶしにその鳥居の先にあるであろう神社を見に歩き出した。

鳥居は近くいくとかなり大きく白い石で出来ていた。高さは5mはある立派なものだった。
鳥居のそばには石碑が立っていたが古い文字で読めなかった。
友人は鳥居をくぐり進み始めた、かなり広い道のようなものがずっと山の奥へ続いていた。
日は落ち始めていたのであたりは暗くなり始めていた。

582 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 03:51:18 ID:5GsJ6cOS0
その友人はアウトドア派でダチョウクラブのジモンのようにいつも何かしら装備を持ち歩いてる。
俺もアウトドア派なのでそれで仲が良かったんだが、そいつはなんか危険なことをしたがる。
その時もってた装備はsurefireと言って手のひらサイズのライトだが車のヘッドライトより明るいもので
米軍やSWATとかに正式採用されてるライトだった1個2、3万する基地外ライト。
こういうやからは、装備をもってるとそれを使うために無茶をする。

今回もそいつは、普段の生活では使わないその強力ライトを使うために、
暗くなるのにも怖がらずに喜んで進んでいった。奥に進むとその道は整備されていない事に気づいた。
道幅は車が1台ゆうに通れるほどあったが、雑林が生えていて歩くのに苦労した。
道の行き止まりまで来ても神社らしきものはない。
もう日は完全に落ちていたので、彼は基地外ライトを取り出しあたりを照らした。
右のほうに道が続いてるのに気づいた、その道はもっと上に向かっていた。
強い光に勇気をもらい、TVゲームのようなシチュエーションに奴は興奮して、進む事に決めた。


583 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 04:02:58 ID:5GsJ6cOS0
道はまだ広いままだった。
よく道路を作る計画で木を伐採してそのまま計画が頓挫して放置された場所があるが、
これもそうだと彼は思ったが、そう考えると、なぜ鳥居があるのだろうと考え始めた。
あの碑文も気がかりだった。
だいぶ進むと道が狭くなりだした、そして強力なライトに光るものが照らし出された。
それは前方30mほどに木の間から、かろうじて見え隠れしていた。
「ん?。。。」そいつはもう2本目のライトを取り出し両手で照射した。
その時それが勢いよく木の上に、登ったか?飛んでいった?かとりあえず凄いスピードで上のほうに消えた。
生き物である事は間違いないが、光を反射して異常な存在感を放っていた。
初めてそいつはビビリ出した。
あたりをそのライトで照らすと光を反射するものがそれだけではないことに気づいた。



584 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 04:20:42 ID:5GsJ6cOS0
その道の右側は谷のようになっていて、そちらを照らすと同じような反射するものが3体動いていた
「うヴぁぁ。。。」異様な雰囲気に、とっさに方向をかえ来た道を大急ぎで下り始めた。
道は整備されてないため彼は木につまずきなんども転びそうになったが
分かれ道に来たあたりで岩につまずき思いっきり顔から転んだ。
顔に激痛「。。。。痛っ。。。」
痛みを耐えながらじっとしてると、音が聞こえた。しかもかなり近くで
枝が折れる音と、木の皮が剥がれ落ちる音。何かが木を移動してる事が分かった。
ライトをそちらに向ければ何かがはっきりわかるだろうが、
怖くてそう簡単にはいくはずもなく、それが離れるのを待っていた。




585 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 04:26:15 ID:J7TI6NcDO
. △
(#゚ω゚)ドキドキ
(∪∪
.)ノ

586 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 04:31:37 ID:lLhf9c6/0
ほうほう。

587 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 04:31:58 ID:5GsJ6cOS0
少し立つと、音は離れていき、友人はライトをもってまた走り出した。
顔の痛みと恐怖で、もうろうとしてたがようやく鳥居までたどり着いた。
振り返らずにそのまま駅まで直行。時計を見ると時刻は19:30。
駅の蛍光灯がもの凄く頼もしく感じ、ほっとしたとたんに顔の痛みが酷くなってきた。
駅のトイレに行き鏡で見てみると傷はかなり酷く、血の気が引いたらしい。

そいつの顔には、ほほから鼻にかけて傷跡が残ってるほど。
それ以来、その駅でキセルをすることはやめたらしいが。
その鳥居と石碑の謎は解けないまま。
駅に降りなくても電車からも見えるので、山梨と長野の県境に電車で来たときは注意深く見てみて。


588 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 04:51:26 ID:J7TI6NcDO
>>587
乙ゆ こわいゆ。
.  △
 (#゚ω゚)ドキドキシタユ
 (∪∪
. )ノ


 。   。
. ヽ△/ポーン
 (# ω )
 (∪∪
. )ノ


.  △
 (# ω )メダマメダマ?
 (∪∪
. )ノ  。。


.  △
 (# ω )アッタユ
 (∪ つ゚゚
. )ノ


.  △
 (#3ω3)ソウチャク!!!
 (∪∪ アレ?
. )ノ

589 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 05:02:17 ID:AgQHr3Y2O
それ「すずらんの里駅」だろ。「すずらんの里 鳥居」でググるとレポみたいの出てくるぞ。

590 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 08:35:42 ID:ZRmmLEuR0
荒しは北海道の厨2だったな
昨日学校が始まってからぴたりとやんだ。

591 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 12:51:45 ID:939vDNuy0
>>589

http://uploda2ch.net/ex/src/ex0167.jpg
これでしょ

592 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 13:16:20 ID:AgQHr3Y2O
>>591違うドコだよそこww。もっと不気味で、鳥居が森の中に立ってるだけ。ホントに異常な雰囲気だから

593 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 13:22:04 ID:WtX9PfOg0
>>592
ああ、違った?
どこだろ・・・

594 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 14:14:11 ID:w4A2S1WuO
>>593
伏見稲荷じゃないか?

595 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 14:48:05 ID:+Re0lkha0
>>592
すずらんの里近くの鳥居って、コレのこと?
そう不気味って雰囲気でもない気ガス。
まあ奥の本殿って確かにここから遠いけど、ここ通らなくても行けるからなぁ。

ttp://www.geocities.jp/umi2001_2/singen/siseki-haramura.htm


596 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 16:33:25 ID:q6dquoJxO
夕方黄昏時からは近寄らない方がいいって事なのだろうね

597 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 19:03:24 ID:5GsJ6cOS0
>>595そうそこです。昼間は怖くないかもしれないけど
夜は街灯がが2、3個あるだけで本当に不気味。こんど通ったとき夜の写真とってくる。
まあ幽霊に合うより、変な武装したジモンみたいなサバイバーと山で出くわすほうが100倍怖いなw

http://www25.tok2.com/home/ukiha/07_suwa2%20(23)2.jpg
http://www25.tok2.com/home/ukiha/07_suwa2%20(29)1.jpg
http://www25.tok2.com/home/ukiha/07_suwa2%20(25)1.jpg

598 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 21:40:48 ID:oJFkR8vuO
ピンポイントの地名は止めれ!
昔、鳥居のかなり上の無舗装な道を、バイクで通った事があったりするが、
その道が見つからなくなってしまった(T_T)

599 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 00:03:15 ID:PCndGtF20
おれのじいちゃんは3ヶ月に1回は山に登る山好き。
それは11月、東北のほうの冬山、名山といわれる有名な山だ。
ベテランのじいちゃんも登り始めるときは強い緊張感に襲われる。
そのときもかなりの緊張とワクワクで気分が高揚していた。
朝の4時に登り始め、お昼に登頂する、そして午後4時には下山する日程を組んでいた。
朝4時の冬山はかなりひんやりとして静かで、じいちゃんは朝の山が一番好きだった。
その朝の冬山を満喫しながら登っていると、担架をもった山岳救助隊4人とすれ違った

 その救助隊は担架に何ものせていなかったが、
さも何かが乗っているかのように4人で担架を担いでいた。
じいちゃんは、訓練か何かかと思い、「ごくろうさん」と一言かけてすれ違った。
その救助隊たちも頭を下げてすれ違っていった。


600 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 00:04:18 ID:PCndGtF20
その後、なにごともなく無事に頂上についたが、
予定を2時間ほどオーバーしていることにあせりを感じ、
急いで下山を始めた。中腹辺りにさしかかったころ日は落ち始め暗くなりだした。
そのとき、だいぶ遠くからオレンジ色のものが登ってくるのが見えた。
「ん。。救助隊か?」なにか事故でもあったのか。。。

そいいえば朝も救助隊にすれ違ったな。
思い返してみると朝すれ違ったとき、雰囲気がおかしかったな。
たいてい救助隊は登山者と軽い会話をすることが習慣になっているが、
4人はただうなずくだけだった。

しかもその4人は朝すれ違った救助隊と同じように見えた。
少し無気味になったじいちゃんは近づいてくる救助隊に恐怖を感じ始めた。


601 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 00:06:34 ID:PCndGtF20
じいちゃんは救助隊に思い切って話し掛けてみる事にした。
徐々に近づいてくる救助隊、ふと不審な点に気づいた、担架に人が乗っている。。。。
ありえない。。担架に人を乗せて山を登ることなどどうか考えてもおかしい。
顔が派別できるところまで来ると、じいちゃんは歩みを止めた。。朝すれ違ったのと同じ救助隊。。。
担架には明らかに人間が乗っているが、毛布が巻いてあって直接は見えない。

じいちゃんは意を決して話し掛けようとしたが足が振るえ声も出なかった。
救助隊は、じいちゃんの横を平然と通り過ぎて頂上へ向かっていった。
そこでじいちゃんは直感的に感じた、次は俺か。。。
あの救助隊が頂上から降りてくるときにおれと鉢合わせたら大変な事になる。。。
いままでにないくらい急いで下山を始めた、
登山は登るよりも下山するほうが危険という基本も忘れてただただ急いだ。


602 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 00:15:01 ID:PCndGtF20
だがいくら登山好きとはいえ老いたからだでそんなに早く下山できるわけもなく
すぐにペースダウンし、じいちゃんも冷静に考え始めた、俺の思い込みだ。
そんあ話しがあるはずもない、訓練で山を上り下りしてるだけだ。
冷静にならないと取り返しのつかない事故になるぞ。自分にそう言い聞かせゆっくり下山を始めた。

順調に歩いていると、後ろに嫌な気配を感じ振り返った。救助隊だ。。
担架を担いで後ろを下山してきている。じいちゃんは意識しないようにして
平然とかれらをやり過ごす事にした。だが近づいてきてるのを考えると
足が振るえ今にもちびりそうだった。
救助隊は、前と同じように何もいわないで静かに異様な雰囲気を漂わせながら
、じいちゃんの横を通り過ぎていった。担架に何か乗っている。。。。
その時じいちゃんは、はっきりと担架に乗っているものを見た。
じいちゃんはそれが何なのかを最後まで教えてくれなかった。


603 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 00:49:39 ID:DMPM9GLO0
おじいさまがちびりそうになっているあたりで、私がちびったのはここだけの秘密だ。
テラオソロシス(((゜д゜;)))

良作乙でした(´∀`)


604 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 01:10:59 ID:XMhjB2/U0
面白かったよ。
担架に乗っているモノの正体が知りたかった。

605 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 02:05:38 ID:+CpLtF7V0
      ∩∩ ;
      ;|ノ||`      ┬-‖
   __,/●●| __    | | ‖ あばば、た、助かったクマー
   | ; |`(_●)/ ミ   . Y ‖
   | .彡|∪||、 , .|     |  ‖
  /:~ ̄ ̄ ̄ ̄:/.|    |  ‖
  ,|:::::.   .......::/>>    /  ‖
 /.:::::  .. ...::::::|'(/\_/  ‖
../:.:::    .. :.:::/.:/     /‖\
/.:::.   ....:::..:::/.:/
' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _/
|_| ̄ ̄ ̄ ̄|_|


606 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 10:57:50 ID:dunVejCY0
じいちゃん本人だったりしてな、死んだ後に魂を担架に乗せられちゃったり・・・クプ゚プw

607 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 12:23:33 ID:nMEVQvhd0
>>599-602
乙でした。面白かった。
じいちゃん、まだ良ネタ持っていませんか。
あったならば是非投下をお願いいたしますぞ。


608 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 15:49:14 ID:D/I8dzuaO
これは飯能(埼玉県)の山と言うより丘の上にあるアパート(木造モルタル2階建て)で十数年前に起った実話です

酒を飲んでいて帰りそびれ、仕方なく友人の家に泊めて貰うことにした日の事です。
友人のアパートはとても古いもので、と呼んだ方が良いような庭があり、そちらの面に縁側がある造りでした。
冷蔵庫にあったジンを飲みながら、ふと庭に目をやると、薮に埋もれた社にロウソクの炎のような物が見えたのです。
それとなく友人に「何だよあれ?」と問いかけると、「チッまたかよ!」との答です。


609 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 16:00:55 ID:D/I8dzuaO
608の続き

詳しく訊こうとしたのですが、はぐらかされてしまい、そうこうしているうちに私は寝入ってしまったようです。
ウヮーと言う悲鳴で起こされた私は、恐ろしい光景を目のあたりにすることになりました。
友人が床から15センチほど浮き上がって、足の方向(滑り台を想像して下さい)へ引きずられる格好で狭い部屋の中をグルグル回っているのです。
友人は5分ほど引きずられた後、敷いてあった布団にフワリと着地して、動かなくなりました。


610 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 16:18:09 ID:D/I8dzuaO
609の続き

私はあまりの恐ろしさに、友人に声を掛けることができず、布団を被り一睡もできず朝を迎えました。
起き出した友人に質問出来ずにいた私に、「あの社に火が見えた日は、必ず悪夢にうなされる」と言いました。
友人に訊いた訳ではありませんが、どうやら浮き上がって引きずり回された事は覚えていないらしいのです。

その後三ヶ月ほどで友人も引っ越しをしてしまい、そのアパートがどうなったのかは分かりません。


611 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 17:06:38 ID:R8RFz6zO0
>>608-610
乙!
しかし >>608 の3行目が気になる。いったい何と呼んだ方がいい庭だったのだろう。

612 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 18:58:53 ID:D/I8dzuaO
>>611
すみません「薮」でした

613 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 22:27:55 ID:LPY8wHm20
>>608
あほか、作るにしてももう少しましな話はできなっかったのか

614 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 22:32:32 ID:PCndGtF20
じいちゃんは山岳用無線機というものをとても重要なツールだと言い毎回持ち歩いている。
この無線機は250gくらいの小型なもので電池で動くようになっている。
アマチュア無線技師2級のライセンスを取得していたので山でも自由に使えた。
いくら携帯が発達したとはいえ、山ではほとんどが圏外で緊急時には頼りにならない。
しかも無線機は現地の救助隊などと情報を交換できるため、重要な判断要因になる。
もちろん緊急事態のときのSOSには非常に頼れる道具だ。。

その日もじいちゃんはハンディ無線機をもって登山をすることにした。
夏登山とあって2泊3日の野宿もする予定を立てていた。
第一日目、午後の3時からスタート、今日は野宿を楽しむのが目的なので
あまり歩かず5時ころには野宿の準備を始めた。
場所はよく登山仲間が野宿する場所で、危険もなく落ち着いた場所である。
火をたき夕飯を食べながら夏の夜を満喫していた。
そこでじいちゃんは、無線機を取り出し誰か周辺にいないか調べてみる事にした。
登山ではよく無線機を使って見ず知らずの登山者同士が情報を交換したり、世間話をしたりする事がよくあった。

615 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 22:33:49 ID:PCndGtF20
ハンディ無線機のスタンダードだと144と430Mhz二つのバンドを使えるが
じいちゃんは無線機に細工をしてバンドを広げたりしてたようで多くの電波を受信できた。
じいちゃんがいろんな周波数をためしていると、電波を受信した。
無線「・・・プッ・ズィーー・・プス・今は・・ここは・・・にる。・・・えますか ズィーーー・・」
じいちゃんは返答した。「こちらAポイントです。そちらの位置はわかりますか?」
無線「ブーーーズィーーーー・・にいる。まわりに・・・たくさ・・んズィーーー・・・」
じいちゃん「なにかありましたか?どこですか?」
無線「ズィーー・・・かお・い・・・かお・・・岩・・・プー・・」
かおいわ?もしかして顔岩のことか。ここから数時間歩くと顔岩と言われる名所がある。
じいちゃんも明日行く予定の場所だった。
じいちゃん「そこは顔岩ですか?救助隊に連絡しましょうか?」
無線「ズィーーーーーーー・・・・・プっ・・」

様子がおかしい。。何かトラブルに巻き込まれた可能性があるな、じいちゃんは
今日中にいけないので、とりあえず救助隊に連絡をすることにした。
だがいくらやっても救助隊と連絡を取る事が出来ない、電波の調子が悪いようだだった。
じいちゃんは、今日のところは寝て、明日自分で確かめる事にした。

616 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 23:02:56 ID:PCndGtF20
じいちゃんは無線の事が気になっていたので予定から2時間早めて朝の4時に出発した。
歩きながら無線機をいじり、また連絡を取ろうと試みた。
無線 「ズィーーーー・・・プス・・・いる・・」
じいちゃん 「良かった。今、顔岩に向かっています。あと1時間というところです。」
無線 「ズィーーーーッかこま・・・こ・・わ・・・・・プッ」
じいちゃん「大丈夫ですか?救助隊を呼びましょうか?」
無線「ズィーーーッだ・・めの・・・・どう・・・・る・・・プスッ」
じいちゃんは相手の声からただならぬ恐怖を感じ取った。
救助隊に連絡する事を決断した。昨日より高みにいたので救助隊とは簡単に連絡がついた。
救助隊は遭難届などは出ておらず、行方不明者の情報もないと返答してきた。
この時点での救助隊の出動は無理だが、ヘリの定期巡回で重点的に飛ぶと連絡してきた。
じいちゃんは自分で助けるしかないと考え足を速めた。


617 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 23:09:25 ID:D/I8dzuaO
>>613
作り話じゃありません
特に脚色してません
事実だけを書いたから、面白くはないかもしれませんね

618 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 23:12:28 ID:PCndGtF20
ようやく顔岩についた、さっそく無線で連絡を試みた。
無線 「ズィーーーーッ・・ど・・の・・・だめだ・・・・プスッ」
じいちゃん 「どこにいますか?」
無線 「ズィーーーッどこに・・・いる?・・・」
じいちゃん 「私はいま顔岩の東にいます」
無線 「ズィーーーッ駄目だ・・・引き・・いる・・・プスッ」
昨日より電波状況だ良くなった様だった。
じいちゃん 「事故ですか?」
無線「ズィーーーーッ助け・・・そわれて・・・プス」

じいちゃんは、はっきり「助けて」という意思表示を確認したので
正式に救助隊の出動要請を行なった。

じいちゃんは救助隊の到着まで探す事にした。
顔岩は谷間にあり、事故が起きてもおかしくない場所だった。
一通り、いけるところは探したが、結局何も見つからなかった。
じいちゃんは疲れたので岩に座りながら救助隊の到着を待つ事にした。

619 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 23:21:11 ID:VxCTHsEA0
放っておけ。
自分で書けないヤツに限って文句ばかりが多い。

620 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 23:45:08 ID:PCndGtF20
無線機でまた交信を試みた。
無線 「ズィーーーーれだ・・・・・プスッ」
じいちゃん 「聞こえますか?」
無線 「ズィーーーッ、き・・える。そばに・・る・・・プスッ」
じいちゃん 「声が聞こえるかもしれないので音を出しますよ」
登山用のスプレー式で大音量を発するもので音を出した
ファアーーーーーーーー!!!!!
無線 「ズィーーーーッ 聞こえた・・・プスッ」
じいちゃん 「良かった。どっちの方角から聞こえましたか」
無線 「ズィーーーッみな。み・・・プスッ」
南?おかしいぞ。南から聞こえたとするとじいちゃんの位置からは北ということになるが
ここから北方面となると谷が絶壁しかないはずだが。。。
そうこうしてるうちに、救助隊が到着し、じいちゃんは一部始終を伝え救助隊に引き継いだ。
ひどく疲れたので予定は全て変更し、もう下山し帰路につく事に決めた。
帰りの途中救助隊と連絡を取ったが、いまだに発見できずとのことだった。
じいちゃんはあのバンドでまた交信を試みた。
無線 「ズィーーーッ き・・た、たくさ・・ん、プス・・・・」
その通信を最後にもう交信をする事は出来なかった。

結局、救助隊は生存者を発見できなかった。
数年後、仲間内から聞いた話では、顔岩周辺で無数の切り傷のついた死体が発見された。

621 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 23:56:16 ID:eMFmfLT8O
>>620乙です!おじいちゃんGJ!
切り傷というと刀傷?
時空を超えて通信…?
ともあれ不思議なお話を聞けて良かったです!

622 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 00:04:48 ID:9VWBPfR80
>>620
どこの山?

623 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 00:25:44 ID:Q+fY2Mmn0
無数の切り傷・・・怖すぎる。

624 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 00:39:09 ID:tq6/ygprO
昨日は山で車中泊した
人里離れてるせいか静だったな
何もなかったが、静寂すぎて逆に恐かった

625 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 00:42:18 ID:pZZyGHnCO
山に建ってるアパート・マンションにまつわる怖い話しイラネ

626 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 00:43:58 ID:9VWBPfR80
>>624
山の麓に住んでる俺ン家に泊まりに来た友人と同じようなことを言うのなw
やっぱ都会に慣れてると明るく音のある夜のほうが落ち着くんだろうか。
俺はあの時の止まったような静けさがたまらなく好きなんだがな。むしろ山でおかしな音がした方が怖くね?

627 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 07:48:06 ID:I+9Lno/U0
>>625
俺は読みたいわ

628 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 11:00:06 ID:6bQsKoSx0
>>627
俺も読みたい。
一口に山って言っても、人がとても入れない深山幽谷もあれば、人と密接に繋がっている里山もあるし、新興住宅地にぽつんと残された小山だってあるわけだし。
どの山も、山には違いないと思うんだよね。
御山を御神体にしているところもあるくらいだし、やっぱり山って日本人の昔からの宗教観というか根っ子に絡んでくると思うんだ。
だからこのスレを覗いているわけなんだけど。

でもどうなのかな、でっかい街に住んでて、産まれてから一度も山を直接見たことも昇ったこともないって人は、やっぱ違う意見なのかな?


629 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 11:26:26 ID:9VWBPfR80
そんな人天然記念物だろw
もっとも山なんか登ったところで別に何も感じねえ俺の方が凄い
って奴ならいそうだけどw

630 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 13:33:48 ID:DQYWoRqO0
他殺されたと思われる切り刻まれた死体が出たらそれは大事件だろ
マスゴミに報道されるに決まってる

数年後に発見された死体なら白骨化してるに決まってる

リアリティが無さ過ぎるw

>>608
夜にカーテンしてないわけないだろw
頻繁にチェックでもしてないとそんなの見落とし悪夢を見る事もあるだろう
だが、必ずという
>、「あの社に火が見えた日は、必ず悪夢にうなされる」
これはおかしいwwwwwwww

631 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 14:35:17 ID:wqMzqs2D0
切り傷というと人のつけたものしか想像できないか。
>>628が最後に言ってる人に近いんじゃないのかな。

632 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 15:54:14 ID:TyqLZh/T0
>>630
ウチ、山の中の家だけどカーテン閉めて無いわ
つか二階にはカーテン無い
道路から見えないしm人家マバラだし
冬場は雨戸閉めるけど夏は網戸は閉めるけど窓はあけっぱよ

633 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 16:13:55 ID:EzwqOIsU0
ウチもカーテン引かないな。朝日で目が覚めるから。
覗けるような窓も家も近くにないし。

これだけではなんなので。不思議な風習?になるのかな。
俺の今住んでる地区の話。
ココは標高が600m越すような地区なんだが、この地区はなぜか雨戸ってものが付いた家が無いんだ。
新興住宅も旧家も同じように。事業所なんかでもシャッターがあるところはあっても雨戸の付いているところは無い。
誰に聞いても理由はワカンネ。昔から無いってことだった。
台風はめったに直撃しないらしいが結構雪も降る地区。周囲は山で囲まれてて木が無いわけでもないのにと疑問に思ったことがある。


634 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 17:32:14 ID:amFqI24B0
山の話から脱線するけど・・・
道産子の私は大学で内地に行った時に初めて雨戸っちゅーもんを見た。
あんなもん、サザエさんの世界でしかないと思っていたよ・・・。

635 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 17:41:37 ID:I+9Lno/U0
北海道だと雨戸閉めると凍っちゃうんだろうなあ…

636 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 18:39:00 ID:ktNsY8gh0
寒い地方は気密性重視の家づくりだから。
真空断熱二重サッシの断熱性能は上がっているとはいえ、開放部分は極力少なくするのが基本。

637 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 19:21:17 ID:I+9Lno/U0
雨戸は開放部分じゃないよ

638 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 19:48:17 ID:isXigXax0
山を長年登っていると、多くの人たちに出会うが、一風かわったひとたちに出会うこともある。
私は夏山が好きで、夏にまとめて有給休暇をとって山小屋などを利用しながら一週間ほど泊まるのが
恒例行事となっていた。その年も7合目にある山小屋に長期泊まることにして登山を始めた。
その山小屋はかなり大きく、林間学校などにもよく利用されるような立派なものだった。
さすがに、かなり老朽化してはいたが設備は問題なく使用できるはずだった。

早朝から登り始めお昼過ぎには山小屋につく予定だった。
天気はよく、順調に登山は進んでいったが、途中で10人ほどのグループと出くわした。
そのグループは大人2人で小学生の男女8人ほどであった。
夏休みなので、山ではよくある光景だが、雰囲気がおかしかったので強く印象に残った。
そのグループは異常に軽装だったので、まるで近所に散歩でも行くような格好だった。
2、3合目なら遠足できた小学生達がハイキングのような事をしていることはあるが
ここは6合目、大人でも厳しい場所だ。しかもグループには活気がなくどんよりとした雰囲気がさった。
俺は、そのグループを追い越し、山小屋へと急いだ。


639 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 20:03:06 ID:isXigXax0
山小屋に着くと、少しほっとしたが、さすがに古びてて悪い意味でいい雰囲気を出していた。
このような無人の山小屋は一ヶ月ほど使われなくなると、もう山のものになってしまう。
いろんな生き物が入っていた痕跡や、虫、落ち葉などが入り込んでいる。
野宿するよりはましだなと思い、設備のチェックをし始めた。ほとんどの設備は使える状態だったのでひとまず安堵した。
そこで夕飯はそとで焚き火を炊きながら飯ごうでご飯を炊き、簡単な男料理をすませた。
日はもう落ち始め、夕闇が広がりだし、きれいな星空が一面を覆った。
いい夜だな、と思いながら、明日の朝早くから釣りをする計画があったので
8時には寝袋で寝始めた。そこは2階の奥の部屋で、夜空がきれいに見えた。
少しうとうとしだすと物音が聞こえてきた。
ドアをあける音。。。そして何人かが山小屋に入って来る音だった。。。
時計を見ると夜10時。
こんな時間に。。入ってくるのはどんな連中だ?トラブルでもあったんか。と思いながら
音に耳を済ませた。どうやら一回を歩き回ってるようだった。
不思議な事に、会話は聞こえずただただ足音と、扉を開け閉めする音だけが聞こえてきた。


640 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 20:23:01 ID:isXigXax0
少し不気味に感じたが、疲れもあってうとうと寝てしまった。
俺は、はっと目がさめた。ギシッ。。ギシッ。。。。ギシッ。。足音だ。
その足音は階段を上ってる音のようだった。しかも1人ではなく数人いるのがわかる。
俺は冷や汗をかき始めた。半径10キロは俺しかいないはずの山奥の山小屋で
見ず知らずの人間たちが近づいてきてる。。。。
まあただの登山者だろうから、この部屋を開けてきたら一言あいさつしておけば問題ないだろう。。」
俺は自分に言い聞かせた。

そして、その足音はさっきと同じように2階をうろうろし始めた。
何かを探してるのか?寝る場所でもさがしてるのだろうか?
だがやはり、何も声は聞こえない、無言で何かをやっている。不気味だ。。。
すると足音が近づいてきた、俺の部屋の前にきたようだ、勇気を振り絞って話しかけた。
「どうも。。この山小屋で泊まってるものです。。よろしく。」
すると足音が一斉に止まった。
少し立つとまた足音が聞こえ出した、なんと俺の部屋の前に集まってきている。
(こいつらは、何が目的なんだ。。。気持ち悪りい)
「なんのようだ?」俺はすこし語気を強めて言った。
何の返答もない、なんの動きもない。
さすがに幽霊なんてのは信じない俺でも得体の知れない恐怖を感じ始めた。



641 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 20:42:11 ID:isXigXax0
その状態で10分が経過した、おれは寝袋からでて有事のときに備えていたが。。
何も動きはない。俺は扉に近づいていった、相手の何か音が聞こえるかと耳を澄ました。。
すると、かすかに聞こえる。。何かをささやいてる。何を言ってるのかはわからないが確かに話してる。
数分後、やつらは動き始めた、ギシッ。。。ギシッ。。。ギシッ。ギシッ
俺の部屋の前から離れていってるようだった。
そして階段を降りていくのも分かった。耳を済ませていると山小屋から出て行く様子もわかった。
俺は部屋の窓から、外を見て愕然とした、そこにみえたのは子供のようなシルエット。。
暗いのではっきりはみえないが、全員が大人の身長の半分くらいだった。
そいつらは夜の山へ消えていった。

俺は一晩中寝ずに朝を待っていた。寝たらまた奴らが来る気がしたからだ。
もちろんこんな山小屋で数日泊まる計画は完全に捨て去り。
俺は、日の出と共に下山した。このこと以来、無人の山小屋で泊まるのをやめた。


642 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 21:24:01 ID:toP+f3sV0
>>641
強気に出て良かった
でないと _____

643 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 23:06:12 ID:bbgxkLnk0
無言でいきなりドアを開けたら、一体どうなったのだろうか?

644 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 23:07:45 ID:lntE9hJN0
一日目
「夜になると人の声がする・・・
呼ぶ声がする・・・
こんな夜中に誰もいないところに・・・
だれもいないのに・・・」
二日目
「たすけて・・・
声がする。
夜になるとあいつがやってくる・・・
暗闇から呼んでいる・・・
昨日より近くなっている・・・
おそろしいよ・・・
おねがい、たすけて・・・
とてもこわい、とても・・・
だれかたすけて・・・」

某スレッドで見てここまでたどり着きましたが、まとめサイトのどの辺にあるかとか
教えていただけませんでしょうか??


645 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 00:57:06 ID:z074m28sO
そのつづきは
「かゆ……うま………」だ。


646 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 01:11:34 ID:he8HnZUG0
おかゆがうまくて 

そ れ が 何 か ?

647 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 01:19:21 ID:jMR7l+e3O
中学2年の夏、父の知りあいが所有する別荘(群馬と長野の県境にある有名な別荘地)に泊まった日の出来事です。
両親と妹が2階の寝室で寝入った頃、僕は半分眠りながら一人でF1のTV中継を見るとは無しに見ていました。
すると台所の方から、「ガサガサ」と言う音が聞こえてきたのです。
甲虫の羽音のように聞こえたものですから、クワガタなら持って帰りたいなどと考えて台所へ向いました。
台所の電気を点けて音のする場所を探ったのですが、何も見つかりません。
風呂場の方から音がするのかも知れないと思い、行ってみましたが、やはり台所から聞こえてきます。


648 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 01:22:14 ID:jMR7l+e3O
もう一度台所に戻った僕は、米櫃の前にしゃがむ老婆の姿を見てしまうのです。
コップのようなもので、左手に持った釜の中へお米を移しているようです。
彼女は何回かその作業を繰り返した後、右側にいた僕の方へゆっくりと顔を向けたのです。
彼女と目が合ってしまった僕がパニックに陥り、「ど、どうも・・・」と言った(間抜けな話ですが本当にそう言いました)途端、彼女はスッと消えてしまったのです。
何が何だか分からずに寝てしまいましたが、翌朝にも災難は続きます。
父親の怒鳴り声でとび起きた僕は、米櫃の前に散らばったお米(一升くらいあったと思います)を見て、急に恐くなった事を覚えています。
夜の出来事を真顔で説明するも、両親には信じて貰えず、ひどく叱られたと言う間抜けな話でした。



649 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 02:14:53 ID:7Rd+xDya0
古くから高山地帯は神聖な神の場所として、多くの国で尊敬を集め、恐れられてきた。
富士山を例にとると五合目付近にはまだ植物が生えているが、それをすぎると高山植物も
生えなくなる、不毛の地となる。昔からこういった生命を拒む高山は神の領域と言われてきた。

人間も高山に行くと、幻覚、幻聴、めまい、吐き気、頭痛などの多くの障害を人間に与える。
今は、高山病として一まとめにされてしまうが、昔は神の警告として受け入れる文化が多かった。

高山で幻覚を見て、そのまま現実の世界に戻れなくなってしまうケースも多々ある。
私もその一端を味わったのでその恐怖が痛いように分かる。

俺が海外の中級クラスの山を登ってる最中にそれは起こった。
突然回りに人影がちらほら見え始め、少し行くと完全な人になった。
俺と一緒に歩いているその人たちは、太陽の反射のような強い光を放っていた。
俺を取り囲むようにふわふわと歩き続けている。
そのときの俺は恐怖なんて感じなかった、ただ心地よかったふわふわと歩き続けた。

気づいたときにはおれは救急隊のテントに寝ていた。パーティのメンバーに言わせると
聞いた事のない国の言葉を話しながら、今までの倍の速さで歩き始め
仲間が見失うほどの速さだった、仲間が追いついたころには俺は倒れていた。
あの時覚えてるのは、このままいくか?ここにとどまるか?どっちかを選択したような感覚。
そのまま行ってたら、この世界に戻れてなかった気がする。

650 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 02:38:48 ID:U35lrGw7O
温暖化すると富士山も頂上まで植物が生えるようになるらしいわよ。
そしたら神聖さは失われるのかしら

651 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 03:22:34 ID:8Do6iELhO
>>300

652 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 14:07:08 ID:FsKbXu47O
聞いた話ですまない、静岡市内のある隠された山の心霊スポット(警察の人も知ってる、何故なら発見される場所)

その場所は市街地から、車で2、3時間。徒歩なら若い人なら半日、老人なら1、2日かかる場所で、山の中腹にある滝と小さな祠がある。
先に述べた警察も知ってる場所というのは、行方不明者が発見される場所で、見つかる人は大概、自殺したい人、痴呆、精神が病んでる人が多い(勿論、残念な形で発見される事も)
゙呼ばれる場所"、゙引き寄せられる場所"、゙理由解らずそこに居る"
っていう所。
地方に住んでる人は、警察に知り合いが居たら聞いてみるといいですよ、必ずとは言わないけど、似たような「溜まり場」があるかもしれませんよ…

653 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 14:31:14 ID:IcQ9VAsV0
>>630
リアリティとか言ってる奴は他のスレ行けよ
頭悪いのか?
このスレ読み直せや基地外が

654 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 14:37:43 ID:he8HnZUG0
出来の悪い作文書いて逆切れする厨房

655 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 14:46:52 ID:PFrqjU1J0
>>653
言ってる事は内容には同意しないでもないが
そんな遥か前の充分否定されまくったレスに今頃アンカーつけんなよ
それともせっかく煽ったのにさらっと流されすぎたんで
自演で仕切りなおしてまた>>630みたいなレスを書きたいのか?

656 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 15:07:32 ID:IcQ9VAsV0
>>654
>出来の悪い作文書いて
俺が書いたんじゃねえよw書いた奴に失礼だとおもわねえの?

>>655
自演じゃないけど何言ってもこんな奴には無駄か・・・

657 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 15:34:19 ID:V7WQEenJ0
>>652
静かにぞくっと来た。

658 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 16:20:07 ID:PFrqjU1J0
>>656
煽られた本人でもなく煽った馬鹿の自演でもないなら
他の人がうまく流してるのに今更厨房丸出しのレスつけて馬鹿を呼び出すなって事

659 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 19:41:10 ID:i+yWBTeS0
魂抜けしてみてえ。

660 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 23:49:52 ID:PVoxaMCN0
>>649

まぁ大した事じゃないんだけどさ、

呼称が 私 → 俺 → おれ → 俺 と変わるのはどうよ?
たかだか十数行程度の文章の中で。

661 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 00:10:04 ID:9T2AQKop0
>>660
後遺症なんだよ・・・

662 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 17:40:05 ID:ktqrmum3O
ttp://www6.plala.or.jp/ohzora-soul/md/text/007_01.html

マンションの話の黒い人 ってコレと同じ?



663 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 21:01:39 ID:5289DPLn0
イオリきめぇ

664 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 21:24:11 ID:0PU+oYFy0
黒いのと赤いのはヤバいって稲川さんも言ってたなぁ。

665 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 21:28:33 ID:WaZNyZWD0
山小屋のことをその山近辺に棲んでる山友達に話したら。
すこし怖い顔になってその山小屋のことを離してくれた。
そいつはその山小屋に俺と同じように1人で一泊したのだが
夜寝ていると、なんか気配を感じてめをさましたんだが
まわりにたくさんの子供が友人を取り囲んでた。
まるで宇宙人がベッドを囲むように。


666 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 22:10:11 ID:daPxHsZf0
∩( ・ω・)∩るー  


667 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 22:30:40 ID:W+uqpSZF0
>宇宙人がベッド囲むように
荒唐無稽な比喩で台無し。

668 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 22:48:57 ID:WaZNyZWD0
宇宙人がベッドを囲む絵だか写真見たことない?
俺の友人がそういったんだからそのまま書いただけだよ。
雰囲気的には宇宙人でもおかしくないと思ってるし。
そういう噂のある山だからね。
友人に宇宙人といわれてから、俺も考え直してみたら
よくあるステレオタイプなグレイ宇宙人に髪の毛つけた感じだったな。

669 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 23:20:38 ID:0hTrpQYM0
>>668
UFOが目撃されてる山ってこと?

670 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 23:26:55 ID:WaZNyZWD0
>>669
そうだよ。その山の噂であるのが
黒い目の人間が目撃されてる事。
登山道で白目がなくて全部黒い人が目撃されてる。


671 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 00:01:12 ID:MnSpuyAf0
想像して勝手にビビる俺・・orz

672 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 00:02:18 ID:+4clugFa0
細目のアジア人か

それ中国人あるね

673 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 02:43:47 ID:4lQRx1qd0
| ̄ 丁   `′         "ミ匸 ̄´
!  メ ' ',..;/xい‐ ├ u 、      "'、
| ..サ ..ノ''  ̄  ..<'''''''‐ ''ゝ、、 、丶 、 'ゝ
| ⊥丿  '' ''、        `' 、    ''丿
| 培′ .. ''           ヘ、   丿
! ナ,'!,, _  ` ` 、_,,..--..‐.._、  ヘ    '、
|〈リ ニユ 、   ―− ‐''''`丶 j! |メ
| t>‐‐- ニ_ _ .. -―‐‐‐-..、 ノ ∧ _⊥‐
|( 、 ''''‐‐'''〉厂''ゞ −ー' '' - ト'´  l∨
| ゝ 、___.. ''/     、  ,,.. ´  , |′
| 」 '' '' /     、      / ,'
|  ''ゝ、../=、.. _ _│ .._、 _ノ’ 丿
|   \、  "1 ゙'´、   ̄´   / 、
|    '' ミ'∨ '' ´ '''っ‐  _..r''′
|     ゙'丶,, ..../  /   、

| ..サ ..ノ''  ̄  ..<'''''''‐ ''ゝ、、 、丶 、 'ゝ
| ⊥丿  '' ''、        `' 、    ''丿
| 培′ .. ''           ヘ、   丿
! ナ,'!,, _  ` ` 、_,,..--..‐.._、  ヘ    '、
|〈リ ニユ 、   ―− ‐''''`丶 j! |メ
| t>‐‐- ニ_ _ .. -―‐‐‐-..、 ノ ∧ _⊥‐
|( 、 ''''‐‐'''〉厂''ゞ −ー' '' - ト'´  l∨
| ゝ 、___.. ''/     、  ,,.. ´  , |′
| 」 '' '' /     、      / ,'
|  ''ゝ、../=、.. _ _│ .._、 _ノ’ 丿
|   \、  "1 ゙'´、   ̄´   / 、
|    '' ミ'∨ '' ´ '''っ‐  _..r''′
|     ゙'丶,, ..../  /   、
|     ′ ゙-.... 、_,,../

674 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 03:20:40 ID:hs9Xa49JO
・・・・
(;^ω^)怖いお・・・

675 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 04:11:02 ID:NBmy+f5d0
じいちゃんが体験したことなんだけど書いていいかい?

676 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 04:33:04 ID:ErpuZgds0
どうぞ

677 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 04:50:00 ID:J3XhXwrP0
みんなじいちゃんの話が大好きだ

678 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 05:38:06 ID:Hd0+E0FT0
OKAY

679 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 06:30:46 ID:WkJ2HjAO0
ばあちゃんとはお見合いで知り合ってやっと結婚できた。
ばあちゃんはじいちゃんが夜になると異常な雰囲気なのを無気味に思った。
じいちゃん「やま、やまや、、ま、山、そのやま登らせろ」
夜になるとそう寝言を言うじいちゃん。
そして、結婚から1ヶ月、ついにSEXするときが来た。
じいちゃんは30歳童貞なのでどうせればいいのかわからない。
ばあちゃんい変なわざを仕掛け始める。
じいちゃん「うおっ、どこや、うおっ」
ばあちゃん「そこやない、そこやない!!」
じいちゃん「うおっう。。おっおっお」
そいてじいちゃんはばあちゃんおオッパオをなめてたくさん舐めた。
30年のうっぷんをはらすように

そしてじいちゃんは、まんぞくしたかのように言い放った

「おっお、や山や、やっ山登ったたや!!」

680 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 09:02:30 ID:cVaIP+qo0
宇宙人も山にいるんだな。くわばらくわばら

681 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 10:25:07 ID:NuD7R3FNO
私が子供の頃住んでいた田舎には、
麓に交番、中腹にプールがあり、道も整備されている小さな山があった。
昼の間はハイキングをする人が結構多いからか、不気味な雰囲気はなく
よくみんなで遊びに行っていた。
夜は野犬がでるので近寄る人はすくなかったが、それでも犬の散歩をする人も多かった。

ある日、麓にある交番に幽霊をみたと言って駆け込む人が一晩に何人もきたらしい。
目撃場所がそれぞれ同じなのはおかしい、とその場所を調べたら
そこには転落死したおじいさんの死体があったそうです。


まぁだからといって地元の誰も気にしてないんだけど。
長々と失礼。

682 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 10:42:17 ID:WkJ2HjAO0
せっかく、死人が出るようなことが起きたのに、なんでこんな間抜けな文章になるんかな。

問題点は
>>昼の間はハイキングをする人が結構多いからか、不気味な雰囲気はなく
と、もう怖い話しの前提を放棄してしまってるんだよね。
べつに嘘をつけとは言わないが、基本は怖がらせる事だからな。
夜には野犬がでて誰も近寄らないなら、十分怖いだろ?
それをピックアップして文章を組み立てればいいんだよ。

それと前置きが5行で、肝心な怖い話しが3行というのも内容を薄くしてる。

そして極めつけは、最後のこの文章。
>>まぁだからといって地元の誰も気にしてないんだけど。

こんな地元の人間も気にしないようなことを、なんで俺たちが怖がるんだ?
もう少し書き方があっただろ、むしろこんなものはカットしたほうがまし。



683 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 11:29:14 ID:+0cfUwGQ0
>>682
いや・・・文章添削スレじゃないんだからさ・・・な、落ち着こう。

>>681
乙。

684 :675:2008/01/27(日) 12:34:36 ID:NBmy+f5d0
おはよう

俺のじいちゃんが戦争中に山で体験した話

じいちゃんは戦時中に看護兵として旧日本軍にいた
その日は別のキャンプに山を越えて移動する予定だった

その途中、知り合いの鈴木(仮名)を山の途中で見かけたが、
鈴木は何かを探しているのか一心不乱に地面を掘っている様だった

元々変わり者だったらしく、その時は特に気にしなかったらしい
その日は無事にキャンプに着くことが出来て安心していたが、
そこのキャンプには全身火傷で変わり果てた鈴木が寝ていた

山の途中で見かけたのにこんなに早く到着しているわけはなく、
見間違うわけもない(鈴木の腕にはあまり見かけないお守りがっ縫ってあった)

不思議に思って尋ねようとしたが鈴木はとても喋れる状態では無かった

次の日敵軍の急襲にあった
看護兵なのでとりあえずある程度のところまで逃げなければならないらしく
山中を必死に走って逃げた
すると急に落とし穴に落ちてじいちゃんは意識を失った

銃弾を腹に2発程度撃たれてはいたが致命傷にはならず何とか敵軍が消えるのを待つことができた
静かになり外に出ると同じように数人が穴に落ちて助かったらしい

後から気づいたらしいがその穴には鈴木の私物(小物)が落ちていた・・・

戦時中のその山では、死んだ者や負傷した者の生前の元気な姿を遠くに見る人が多いらしい

685 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 12:48:43 ID:uOq+Db5Q0
>せっかく、死人が出るようなことが起きたのに、なんでこんな間抜けな文章になるんかな。
昼飯の茶漬けの米が鼻に入っただろ
なんとかしろよ

686 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 13:02:49 ID:hs9Xa49JO
添削厨はスルーの方向で。

687 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 13:56:30 ID:GZxvKt9o0
3人釣れた

688 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 14:08:24 ID:xcjmOcY30
ぴったん たんた もじぴったん♪

689 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 14:36:15 ID:x3gxnV6N0
>>685 茶漬けなんか喰うなバカ

690 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 18:59:00 ID:BZXgfQ/5O
というか、どこが間抜けなのか?
情報はならべくあった方がいいだろ。絵本でも読んでなさいな。

691 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 19:06:44 ID:g28HexYF0
>>581
多分お友達は猿に会ったんだろw
ところで君はマジで地元か?


692 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 19:09:32 ID:WkJ2HjAO0
>>691
地元だけど、諏訪近辺の高校だったから毎日通学してた。

693 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 19:11:36 ID:T5Lkp1gF0
>>681
一見のどかで安全な山でも人が死んで幽霊が出る
じゅうぶんこのスレ向きな話じゃないか
気にしてたらどんな土地だって利用できないしなぁ

>>684
その鈴木(仮名)さんの分身?が穴掘って助けてくれたのか
鈴木さん本体は…どうなっちゃったの?

694 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 21:52:24 ID:+WFKrsjh0
>>684
面白かった
戦時中のそういう「死にゆく人(まだ生きてても魂でも)が味方を助ける」
って話は切なくなる

しかしお早うって昼すぎてるwwいやでも平和ってことか。

695 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 22:00:05 ID:xY/UZ6I40
203高地で山田クンが赤いご飯食べてたのおもいだした

696 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 22:45:41 ID:FfldhwV4O
雷鳥さんの幽霊マンション気になる

697 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 23:01:59 ID:GZxvKt9o0
ならねーよ

698 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 23:12:34 ID:FfldhwV4O
オマエキライ

699 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 23:31:26 ID:WkJ2HjAO0
俺の妹も今日、「キライなんだからね!!」とかいって抱きついてきたぞ

700 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 23:44:59 ID:F7+mFSG30
妄想乙www




頼む、脳内妹だと言ってくれ・・・

701 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 23:56:01 ID:WkJ2HjAO0
え?まじで小学生2年と4年の妹がいるけど。
ハムスター飼いたいとかいうから飼ってるんだけど
世話はおれがして、奴らはハムスターにキスしたりしてるだけ、汚ねえこと平気でする。
2年のほうはよくオシッコもらすw
顔は美人なんだ、信じなくてもいいけどマジでいるから。

702 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 23:56:38 ID:xY/UZ6I40
おまえ厨房か?

703 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 00:00:59 ID:F7+mFSG30
>>701
(;^ω^)

704 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 00:08:09 ID:58XTpjVx0
俺20歳だけど血のつながらない妹がいる。
まあ信じようにも信じれない状況ではあるなw

705 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 01:11:50 ID:fad4MPpG0
山の話をしろ、山の話を。

706 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 02:00:42 ID:ZOuHMRND0
>>704の妹が山のような巨体を揺すって誘惑してくるんだろ

707 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 04:42:34 ID:pxlk1kofO
しょうがない、俺様が語ってやろう。
俺様が14歳くらいの頃、ヤマザキパンのチョコスティックパンに出会った。
うわっ美味しい…美味しい…うめぇよ。
社会人になってからは、コンビニに寄るたびに買っている。


俺は山の麓に住んでるんだよ。夜になると、猪がガサガサと音を立てながら近くまで下りてくる。ブーブー鳴くんだよ。ウルサいよ静かにしたまえ。
つまり何が言いたいというと、奴らは突っ込んでくる気をつけろよ怖いぞぉ〜。

708 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 05:23:55 ID:3OTIFIjy0
俺は電車の窓を開けて風を浴びるのが好きだった。特に山の間を走ってる時とか空気がうまいので最高だ。
ある時森の中を走る電車の窓から顔を出してみた。髪形が変わるほどの風が心地よかったが、次の瞬間
マタタビが目にぶち当たった。あまりの痛さに失明したんじゃないかと思った。これに懲りて窓から顔を出すのはやめた。
きっとあれは山の神様が俺に警告を発してくれたんだと思う。

709 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 07:11:46 ID:xJkCO5fW0
マタタビって食える?

710 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 09:16:55 ID:58XTpjVx0
それ実はオヤジのチンポだよ。
電車が来るたびにチンポを誇示するオヤジが目撃されてるんだよね
電車すれすれのスリルを味わってるらしい。
ご愁傷様。オヤジも痛かっただろうね

711 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 10:22:07 ID:iLskZ/zs0
>709
マタタビは細長い実とごつごつした実がなるんだけど、細長い実はオレンジっぽく熟して喰える
まずいけど。ごつごつした実は中に虫が居るから駄目。酒につけるらしい。
マタタビよりもサルナシのほうがおいしくてオススメ。小さいキウイと同じ。

712 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 12:38:50 ID:rGL/K5kF0
>>711
丸くごつごつしてるのは虫?(漢字が正しく表示されないかも。『ちゅうえい』と読みます)です。
虫が葉や茎、実など植物の一部に寄生して膨らんだものです。
他の植物でも見られることがあります。
マタタビの虫?ばかりを選んでマタタビ酒にしたものは薬効が高いんだそうです。

園芸店などで見かける一才サルナシ(実つきが早く、雌雄の区別が無いとか書いてあった)って
味のマシな個体を選んだマタタビじゃないの?と思ったり・・・

713 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 12:46:30 ID:rGL/K5kF0
スレ違いの話だけではなんなので

ある冬、出張先で休みができて近場の低山を歩いていた。
下山中、登山道から少し離れた藪に、しゃがみこむおじさん。
キジ打ちでも無さそうだし、何かごそごそ地表を探ってる。
時間も遅いし何か落としたのなら手伝ってあげようかとも思ったが
装備も慣れた感じで心配することも無さそうだっとこと、
そして雰囲気がどこか微妙で、こっちは(一応当時は)若めの女単独だったのでやめた。

とは言え少し気になったので、通り過ぎてからちらりと振り返ってみると
最初は手前の藪に隠れ見えなかった大きなスコップみたいなものが見えた。

あとで調べると、どうやらそこは採取禁止の植物の自生群落で
タチの悪い業者が繰り返し掘り返して問題になってたところらしかった。
地元の人の話では、登山者グループが注意したところ
スコップを振り回して追いかけてきたという話もあったらしい。
声かけなくてよかった・・・ 

オカ話じゃなくてすまん。結局今度は板違いでしょうかw

714 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 13:13:00 ID:ggVqGeq10
お前らどうしてスレと関係の無い話する訳?
そんなスレ違いの話わざわざ作るなのら、せっかくだからオカルトもに結びつけろよ
出来ないなら黙ってるか出て行けば?

715 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 13:13:28 ID:58XTpjVx0
お前も、追っかけられて2、3発くらえばよかったのに


716 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 13:18:17 ID:RjZ2rmj80
次スレはワテクシが立松
よろしく!

717 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 13:22:38 ID:58XTpjVx0
ぎゃーー妹がハムスターにキスした

718 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 14:10:28 ID:+NgyOURI0
今から7〜8年前、私は海釣りを趣味としていました。休みの日には、夜釣りをかねて前日から出かけていき、
車中で仮眠を取るということも珍しくありませんでした。
ある年のお盆に、嫁は実家へ里帰りしていきました。(毎年の恒例です)
私は、嫁もいないので、夜釣りに出かけていきました。いつも行きなれているポイントに午後9時頃に入って、
投げ釣りに興じていましたが、その日は、不思議なくらいにアタリ(魚信)がありません。
このまま続けても駄目っぽいので、ポイントを替えることにしました。
次のポイントに向かっているとき、国道に出るために曲がらなければならない三叉路を曲がり忘れてしまいました。
でも、国道は右手に平行して走っているので、次の角があればそこを曲がればいい、と安易に思っていました。
何箇所か、曲がり道はあったのですが、すごく細かったり、鋭角に曲がっているため、
車を切り返さなくてはならなかったりと、右折するタイミングを先送りしていました。


719 :718続き:2008/01/28(月) 14:39:18 ID:+NgyOURI0
そのうちに、右手に見えていた国道も、ちらほらと見えていた民家の明かりも見えなくなり、
いつの間にか山の中へ向かっていました。その状態になっても、
私としては道に迷っているという意識はなく、また、Uターンする気など全くありませんでした。
そのうち曲がり角があるだろう、いずれ国道に戻れるだろう。のんきにそう考えていましたが、
やがて道は完全に山道になり、Uターンするには厳しいくらいの道幅になっていました。
何気に車内の時計を見ると、午前1時過ぎ。全く見たことのない山中を走る道に、
さすがに私も内心不安な思いが見え隠れしてきました。
そのうちに、道の雰囲気が変わってきました。山肌がコンクリートで固められています。
何かの施設(工場のようなもの?)に近づいているような感じです。
不意に目の前に鉄製の門が現れました。いやな予感がしました。門の横には、やはり鉄製の看板が。
「OO町斎場」
私の頭の中は、「お盆」、「真夜中」、「焼き場」、うわーーー、連れてこられた。
パニックです。Uターンするために、車を何度も切り返し、その最中にも、
誰かに窓を叩かれそうな気がして、必死の思い出来た道を引き返しました。
後日、昼間にその道を探しても見つかりませんでした。Googleマップで検索しても出てきません。
不思議な体験でした。


720 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 14:46:28 ID:txOVAEugO
うちの山で山芋掘ってる時に頭蓋骨が出て来たことならある

721 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 15:16:17 ID:9Gh7cD1s0
>>719
良かった。おれも同じような体験をしたことがある。
瞬間、連れてこられた・・そう思ったよ

722 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 15:28:04 ID:58XTpjVx0
つれていかれればよかったのにな

723 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 15:49:13 ID:bXI/99PB0
俺も夜迷って行き着く先が墓場だったことがある。

724 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 16:14:36 ID:3OTIFIjy0
>>719
アホウーアホウー

725 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 16:32:07 ID:YJIHlCBGO
四国八十八霊場を模した祠が地元にある。
幾つかの山に渡り配置されてて本場の半分強の数ある。
50年以上前に四国の現地から持ち帰った土を祠の下に埋めてるんだって。
その内一つ、山頂の一つに休憩所。粗い造りの仏壇(石仏かなり風化) を東、南北を壁西は吹きさらし、んで北側に囲炉裏。
ちなみに木造瓦葺き。驚く程風入んない。
本題、其処から稜線を歩き一番高い山頂を目指す。山で隔てられた三つの集落への分岐路から更に登ったトコ。
まぁ路ゆっても山が険しくて獣道みたいな道幅しか無いけど。


726 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 16:38:01 ID:58XTpjVx0
日本語?

727 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 16:47:12 ID:YJIHlCBGO
んでその山頂には無人寺。真ん中通路、突き当たりに古い木造の仏壇。
風化して表情の無い仏様方も左右に纏められた緞帳(?)も、線香立てや蝋燭立ての針も真っ黒。
通路両側はうっすら埃の積もった板の間で
仏壇に対し横になって寝れば左は十人以上、右は八人くらい雑魚寝出来そう
右が少ないのは囲炉裏跡に赤錆まみれの薪ストーブあるから。
半ば朽ちたゴザが仏壇の右手隅に。剥き出しの梁には粗末な蝋燭立てが幾つか吊るされてる。


728 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 17:05:34 ID:YJIHlCBGO
入り口は木の引き戸で南向き、横長木製サッシのスリガラスの窓が西側に4つ
中学卒業前の冬、そこに友達連中5人と泊まって騒いでたんだ。薪ストーブ囲んで蝋燭のあかりの中で。
そとは月の綺麗な晩だたよ。蝋燭消すと窓ガラスが真っ青な位。
んで騒いでたら急に黙り込む奴ら。曰く、女の笑い声聞こえたんだって、俺は聞こえなかったが(笑
風もあんまり無い夜だった上、本気でビビってたし。本当に聞こえたのかもね〜


729 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 17:50:24 ID:l4S28dCm0
>>725,727,728
勝手に要約

中学卒業前の冬、四国八十八霊場を模した地元の祠に友達連中5人と泊まって騒いでた。
蝋燭のあかりの中、外は月の綺麗な晩だった。
ふいに友達連中が黙り込んだ。
曰く、女の笑い声聞こえたんだって。

俺は聞こえなかったが(笑

730 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 17:59:54 ID:fad4MPpG0
>>729


731 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 18:03:34 ID:3OTIFIjy0
>>729
乙。

732 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 18:05:15 ID:bXI/99PB0
>>729
超乙

733 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 18:18:29 ID:58XTpjVx0
どこの中学出ればこんな文章になるんだw

734 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 20:58:51 ID:ZoN3MKou0
>>711-712 マタタビの解説サンクス

735 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 21:26:46 ID:Ay/3+uIy0
>>733
大笑い♪

736 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 22:12:20 ID:F4jgapB30
じっと見つめる私のスカートの中

パンティー部がスルーじゃない真ん中に縫い目のあるパンストが見やすいの?
ちょっとだけM脚・・・・・フフッ!・・見てる見てる・・・


737 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 23:16:34 ID:AH7iEpYiO
よくある話だけど、今から20年くらい前の実体験。

小学校時代によくオカンに登山へつれていかれた。
すこぶる健脚…というより、落ち着きがないアホガキだった自分は、親や一緒に登山に来てた親の連れてきた同年代の子を置いて、突き進みまくっては分岐点で皆を待つのを繰り返していた。
どっかの山でもそうやって分岐点でボンヤリ待ってたら、なんかザクザク足元から音がする。
なんじゃろなってちょっとルートから段差のあった竹薮を覗いたら、知らないおじさんが地面を掘ってた。
アホガキだから当然竹薮に入って、掘ってる横から抉れた土を覗き込み、「おじさん、なんかあんの?」とか声をかけたら、優しそう顔でこっちを見て、「山芋。試しに掘ってみるか?」なんてスコップを渡してくれた。
よくわからんが、アホガキだから当然のように手伝う。知らないものは全部やりたがって喜ぶ性格は未だに進歩してない。
ほそっちょろい芋1本の半分も掘れてない頃に、親が分岐点についたのか自分の名前を呼び出した。
遊んでくれてありがとうとかなんか言ったら、でけぇ山芋2本握らせてくれて、もっかい頭撫でられて「持って帰れ」って言われた。
知らない大人に遊んで貰えた上に、頑張ったのが認めて貰えた事に大喜び(色々山の植物について聞きまくって、結局邪魔してるんだろうなって多少は自覚があって、まさか頂けるとは夢にも思ってなかった)で、頭上に両手で芋握りしめて振りまくって居場所アピール。
オカンがこっちに気付いてくれたから、おじさんにお礼を改まって言おうとしたら、掘った穴ごとおじさんが消えてた。
ポカンとする自分、手には山芋。

山芋持ち帰って子供ながらに不可解なあらましをオカンに説明したら、「神様の邪魔までしちゃダメやろ」と笑いながら怒られた。
皆で集まって、さっきまで自分がいた場所に全員で頭を下げて、自分は当時(自分にとって)メチャクチャ貴重だった板チョコ半分も土に埋めて帰った。
神様、アホガキの子守ありがとうございました。

738 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 23:37:32 ID:58XTpjVx0
山芋がチンポのメタファーかとおもって期待してたのに

739 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 23:48:51 ID:l4S28dCm0
>>737
感動した

740 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 23:56:36 ID:ggVqGeq10
>>737
実体験とかいちいち書かなくていいから
そういうスレじゃないし

741 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 00:04:53 ID:4hp1dFVr0
>>737 ひさびさにええ話や

742 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 00:13:11 ID:hPhLDMlf0
>>740 黙れ下郎

お前が何処か行けチンカス

743 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 00:20:12 ID:hiuRlD6YO
>>740
市ね

744 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 00:52:30 ID:JKsvvNI5O
ついでに思い出したの追加。

登山をしたらロッジに泊まる事が多々ある話。
ロッジに泊まれば大人は宴会もよくある話。
子供は寝床に放り込まれて寝かされる。

一旦寝てたのが、何かの音がして目が覚めたから時間は不明。
隣というか、扉を隔てた遠くの部屋から大人の声が聞こえたのと、周りに人が居なかったから多分そんなに遅くなかったのかもしれない。
何で目が覚めたのか、ぼんやりした頭で考えていたら、ロッジの窓ガラス側から音がするからと気付いた。
トン、…トンキュー、トン、…トンキュー…
風が窓にぶつかる音かと思ってたけど、やたら規則的に続く。
おかしいなと思って、窓の方をじーっと見てたら、白っぽい手がドアを叩いて
トン(握り手の手の小指側で軽く叩く)、…トン(同じ叩き方)キュー(人差し指で窓ガラスを上から下に撫でる)。
これをひたすら繰り返してるのが、風で妙にユラユラしてたカーテンの隙間からチラチラ見えた。
メチャクチャ怖くなって寝袋に頭までもぐってそのまま寝た。
単なる誰かのいたずらかも知れないし、夢を見ただけかもしれないけど、とにかく怖かった体験。

745 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 01:06:01 ID:i2hswmc/0
ついでの話のほうが怖いw
慌ててカーテン閉めた

746 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 01:16:05 ID:JKsvvNI5O
ついでのついで

ばぁちゃんが絶対にトイレの小窓から外を覗かない理由

ばぁちゃんは富山の山の方の生まれ。(自分が生まれた頃に他界。だから家は実際どこにあったか不明)
なんでも神社が近くて、立派な御神木とかもあるような場所の近くだった模様。
小さい頃からばぁちゃんの家じゃ、「絶対に夜中に便所に行くときは灯りは禁止。便所の小窓に人影が映っても覗くな。じっとしてろ」って習わしがあったらしい。
冬の夜中に便所行った時に、ふっと人の気配がして、好奇心に負けてそーっと外を見たら、五寸釘と藁人形持った目のいっちゃった女の人が雪の中無言で歩いてるのが見えたらしい。
つまりばぁちゃん家は、丑の刻参りのルートになりやすい立地条件だったらしく、今泣いたら死ぬって7歳(5歳だったかも)くらいにしてリアルに実感したらしい。

くだんのオカンがばぁちゃんの子供の頃の話だって教えてくれた。

747 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 01:26:48 ID:i2hswmc/0
今日、ペットボトルにしょんべんするわ

748 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 01:29:04 ID:JKsvvNI5O
レス頂いた方、ありがとうございます。
2つ目が自分でも夢かなぁ、夢かなぁとか思いながら思い出して書いてみました。
他にも一本足で駆け抜けてった肌色っぽい何か(早くてよくわからなかった)や、親子連れの熊が隣の谷に居たりや、花に触れようとしたら誰もいないのに「トルナ!」とか怒られたりもありました。
めちゃくちゃ地味ですorz

749 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 01:57:48 ID:2e3rb7D5O
>>748
全然地味じゃないぞw

750 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 02:01:00 ID:NFS4N8+20
>>737
神様面倒見いい人だな。
>>748
いやいやそっちのほうが怖い

751 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 02:06:38 ID:MfSqOjxY0

    (○) <トルナ!!
    ヽ|〃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

752 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 02:24:15 ID:i2hswmc/0
いま禿げてるおっさん達は、トルナ!!の声を無視した
子供のころの罰で、ああなってしまったんだからな

753 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 03:46:34 ID:1fTj1sncO
>>740
馬鹿か、創作だけが好きなら小説読んでろよw

754 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 05:36:52 ID:51kN/yLWO
テスト

755 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 06:22:07 ID:heiT4TbY0
>>737
よい話でした。
ありがとう。

756 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 07:17:45 ID:JKsvvNI5O
>>753
創作するならもっと厨二臭溢れるもの書くよ。

757 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 12:58:10 ID:kuVHnW6n0
>>756
余計なレスしなくていいから

758 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 13:12:50 ID:vTvgnsF30
そういえば、最近、都内のクラブ勤務の三十路 ◆MISOJIxNeg
さんが来てないなあ。

759 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 20:52:21 ID:GjN48FjV0
実話が聞きたい奴は実話限定スレつくれボケが

760 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 21:05:52 ID:JKsvvNI5O
>>746の話は富山じゃなくってヒラフク?なんか兵庫の方だった模様。
しかもオカンじゃなく、トーチャンの方のばぁちゃんだった模様。
富山濡れ衣だった。

761 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 21:45:44 ID:chQbbLtW0
>>760ってかなり若い?たまに日本語が変な時もあるけど、個性的で魅力のある文章だな

762 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 23:28:49 ID:onx3LKAtO
>>760
兵庫の南西部、佐用郡だね。近くに宮本武蔵ゆかりの史跡がある。わざわざ訂正するなんて、律儀なとこあるな。

763 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 23:38:16 ID:Qvze5Cf+0
>>760
ありがとう。おもしろかったよ。
他の話もまた書いてね。

764 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 03:54:59 ID:oaRjK44m0
>>759
そもそもここは創作スレでは無いのだがね。

765 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 12:51:29 ID:Ssm5oKP0O
山でみたなんか。

比較的広くて人が一人なら横たわれそうな開けた一本道。
左手には土壁、右手は傾斜のある森、標準的すぎるくらい標準的場所。
例によって最前列を突き進む自分、横にはオカンの友達の子供。
あんまり先に行くと危ないわよとか言われて、適当に危ない事なんかないよとか返してたら、頭上の方の茂み(左手側)から、一本足の肌色っぽいなんかが、下方の茂み(右手側)に突き抜けてった。
(転がり落ちてったのかも?)
早すぎてよくわからんかった。
オカン、オカンの友達、その子供との4人でポカーン。

よくわからんけど、これが一本足のなんかをみた話。

766 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 17:23:38 ID:CwRodJf90
知り合いの別荘を借りて、写真を撮っていたときの話。
動物写真家の卵である俺は、当時開発されたばかりのモーションセンサーで
動物が近づいてきたら自動でシャッターが押されるものを試験がてら使っていた。
仕掛けた場所は獣道のルートで動物達が集まりそう流れが弱い川で、ため池のような感じだった。
木の上にそれを仕掛け警戒心が強い珍しい動物を撮れるだろうと大きな期待をしていた。
翌日、写真が撮れてる事を願ってその場所まで歩いていった、山道を2時間ほどいった森のなかで
迷ったらでれないような雰囲気の場所だ。俺は機械が壊れていないことに安心した。
写真が撮れてなかったら場所を変えるかと考えながらチェックを始めた。
撮影枚数を見てみると40枚。期待以上の成果に胸を躍らせた。
写真の確認は別荘についてからじっくりする事にした。
再度撮影のためにバッテリーとメモリーを取り替えてセッティングが終わり、帰路に着いた。

別荘に着いたときは他の撮影しながらだったので、もう夜になっていた。
ノートPCで確認を始めた。1枚目はイノシシだった、イノシシの写真が5枚くらい続いた。
他にはシカなども映っていたが、たいして珍しい生物は映っていなかった。
だが、生き物の自然な動きが映っていたのでこのシステムに大きな可能性を感じた。
そして夜に撮られていた分をチェックし始めた。夜行性の動物は普通の撮影では困難なため期待していた。
初めの5枚はムササビが映し出されていた。ムササビは非常に警戒心が高く撮影は難しいため
大きな収穫に喜んだが、その次の写真は不可解だった。
何も写しだされていなかった。機械の故障か?と俺は思い次の写真を見た。
それも何も写っていなかった。


767 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 17:39:06 ID:CwRodJf90
なるで真っ黒なものでレンズが覆われたような感じだった。
夜間の撮影にはフラッシュがたかれるようになっていたので、フラッシュが切れたんだと俺は思った。
(しまった。。フラッシュをかえるの忘れてきたなあ、これでは今日の分の夜間撮影分はおじゃんだな)
と反省しながら次の画像を見てみるとしっかり夜の風景が映し出されていた。
フラッシュの故障は一時的なものだったようだ。しかしその写真にはおかしな点があった。
動物がなにも写っていなかったのだ。風で揺れた植物に反応したのかもしれないが、そこまで風の強い夜じゃなかったしな。
そして次の写真をみたが、それも同じだった。だがよおく確認してみると川からなにかが出てきているようにみえた。
水生生物の撮影は本職ではなかったが、珍しいものに興奮した。
そして次の写真を見て背筋が凍った。
人だ、川から出てきていたのは人間だった。その写真には頭の部分が水面から見えていた。
怖がりながら次の写真を見た、
女がこっちをみていた。恐ろしい目つきで俺をにらんでる。
もうこれ以上見れなくなった俺はPCの電源を落としもう怖さを紛らわそうとした。
誰もいない山の中でとんでもなく恐ろしいものの扉を開けてしまったきがした。


768 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 18:24:21 ID:8Z4VW7Gm0
>>765
ポカーン が逆にリアルで怖ワロス
あまりにも訳の分からないもの見るとそんなもんかもしれない

>>766-767
お・・・終わりでいい?
女の前の真っ黒はなんだったんだろうな、面白かった

・・・次からは全文を書き終えてからコピペして貼って下さるとありがたいな〜
一レス目と二レス目の間が開いてるので挟まっちゃうんじゃないかと
心配でなかなか感想レス書けなかったw

769 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 18:35:49 ID:CwRodJf90
俺は気を落ち着かせるためにビデオをみる事にした。
そこにあったのアクション物が多い、ブルース・ウィルスのファンらしく
アルマゲドンやダイハードシリーズなどが並んでいた、俺はダイハード1をみ始めた。
見てる途中も集中できなかったがウィルスも1人で悪と立ち向かってると考えると心強くなり
徐々に恐怖は薄れ始めた。。時間は11時近くなり寝室に移動した。
その寝室には大きな天窓があり、その日は綺麗な満月の光が照らされていた。
ひどく疲れていたおれはすぐにうとうとし始め5分もたたないうちに眠りに落ちた。
そして気づくとまだ夜だったが月は雲に隠れたようでさきほどのように明るくなかった。
俺は天窓にめをやった、陰がかかっていたが少しみていると恐怖が体中を襲った。
そこに女がいた、天窓の上からこちらを見下ろしていた。
あのときの女だ、恐ろしい目つきで見下ろしている。おれは背筋が凍り気を失った。


770 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 18:39:45 ID:mkOC0Zp70
>>766-767 実話でも創作でも、面白い。
動物写真家って、いつもどんな感じで撮ってるのか興味も
あったので、ちらっとでも雰囲気が掴めたし。
そしてゾクゾク怖い。夜の山には別の顔がある感じがいい。

771 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 18:41:16 ID:mkOC0Zp70
あう、終わりじゃなかったんかい。

772 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 18:54:32 ID:5um6R89p0
768で終わりのほうが面白いのにバカだな

773 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 18:57:52 ID:CwRodJf90
そして目がさめた、天窓に目をやる、明るい光がさしていた、そこには何もいなかった。
しかし恐怖は消えない。すぐに帰ることにし準備を始めた。
あの場所に機材を取りに行かなければ。。。俺は高額な機材を取りに戻る決意をした。
明るいうちに行けば怖さも消える。速いうちに出て昼過ぎには帰路につく予定で出発した。
あの事が頭にあるせいか、森がすごく不気味な雰囲気に包まれてる。
あの女は俺の後をつけてきたのか?あの別荘で1晩中おれを見張っていたのだろうか。
そして、あの場所についた、機材は壊れていなかったが撮影枚数を見て俺はギョッとした。
250枚。。。。メモリーがフルになっていた。。。。俺にはもうそれを見る勇気もなかった。
すぐに機材を片付け撤収を始めた、考えてみると俺が撮影に選んだ場所は雰囲気がおかしかった。
そこは時が止まったような静かなところだったのだ。川も流れがほとんどなくかなり深そうだった。
この川の底にあの女がいるのだろうか?そう考えると怖くなり走るように下山した。

その数週間後別荘を貸してくれた友人から電話があった。
友人「どうだった?」
俺 「良かったよ、自然がいっぱいでさ。。。いい仕事できたよ。」
友人「そうか。。それならいいんだけどさ。。。また使いたいとき言ってくれよ
   俺は、もうあの別荘使わないからさ」
俺 「え?なんでだよ。。。」


774 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 19:04:41 ID:CsJDkssK0
バカな…1時間半以上も書き続けるだとっ…!?

775 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 19:13:16 ID:CwRodJf90
友人の話しによるとあの別荘に俺の後行ったら、家族に怪現象がたくさん起きたらしい。
天窓には消えない手形と足形が残り、いつも誰かに覗かれてる様な嫌な雰囲気があり。
姪っ子が泣きやすくなり、物音が聞こえるようになってきた。
それは誰もいない部屋から聞こえたり、その友人はそれ以来だれかに見られていて
体がズシっと重くなるような感覚に襲われたのこと。
もう古くなってたこともあり友人の家族はその別荘に行かない事に決めたらしい。

俺のせいでその別荘になにかが住みついてしまったことに罪悪感を覚えたが。
どうしようもないので友人にはあの写真のことは黙っていた。

ちなみにあの250枚のデータは写真関連の仕事やってる友人に渡したが
PCがフリーズしてしまいデータが飛んだとのことで。
いっさい見れない状況になってしまった。

776 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 19:44:48 ID:11gpM7ab0
オン・サン・ザン・ザンサク・ソワカ

777 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 20:16:10 ID:7fplo3GO0
     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ 天狗じゃ、天狗の仕業じゃ! >
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー----−' |__////

778 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 22:40:33 ID:xTxgUGVh0
やっと見つけた
こんなとこにいたのね

779 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 23:11:24 ID:ebGGotpb0
山の女が、何十年も前の衣装を着ているのも怖いけど
新作アニメのヒロインの格好をしていたとしても恐ろしいよな・・・・
ちょっと旧いけど、コギャルスタイルのアヤカシが出現するのは
どれくらい後だろう・・・・

780 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 23:21:44 ID:CwRodJf90
ちなみにダイハードの話をだしたのは俺のおまじないになってるから。
森や山とかで怖い事があると「俺は、マクレーン。ジョン・マクレーンだ。」
と心の中で唱えたり口に出すと強くなった気がして、かなりいい。
他にも山で撮っちゃいけないものをとった経験とか
先輩の写真家の話しとかあるんで時間が出来たら書くわ。

781 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 23:44:13 ID:ayWHl6zo0
>>ID:CwRodJf90
もの凄く乙
面白かったです

先輩の話も楽しみにしてますよ

782 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 00:21:36 ID:TUInKYI70
オチがつく話の方がいいのかどうか、難しいよね。
俺もCwRodJf90さんの話は767で終わったほうが
余韻があってよかったかなあ・・・
「誰もいない山の中でとんでもなく恐ろしいものの扉を開けてしまった」
っていうフレーズがとてもいい!

783 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 01:36:44 ID:ESswBG5j0
>>780
これからも気の赴くままに書いてください

784 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 06:52:19 ID:IL5T5HaN0
>>780
面白かった
はやく読みたいけど忙しそうだから自重する

785 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 07:43:50 ID:QKZrupJAO
5〜6年前になるかな、母と二人で山に入る事があった。
臆病な私は母の後について進んでいた。
きのこが大嫌いな私はこんな鬱蒼とした環境であるから、
きのこの存在に怯えながら歩いていたら前方に
まさにマリオのパワーアップきのこの様なきのこが生えてた。
色があんな感じで大きさ20〜30センチくらいのきのこ。
おかんは「ほれ見てみ、人が入らんようになったらこんな大きいきのこも生え放題じゃ」
(それまでは祖父が定期的に山に入り山道の草を刈る等ある程度手入れがなされてたが、
祖父逝去後は放置されていた。)
とか言って棒できのこ突いてたが、私はそれを5メートルくらい目の前にして動けませんでした。


去年ふとこの話を母にふったら覚えてなかった。幻覚じゃ絶対ない!!

786 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 08:31:14 ID:XzyK8jgs0
妙高高原にある友達の別荘に遊びに行ったときのこと。

別荘までの道を真っ昼間歩いていた。
あの辺の森は、童話に出てくるような可愛い建物(別荘とか)が
結構あって、楽しく友達と歩いていたのだが、後ろから、「鼻歌」が
近づいてきた。
足音ではない、「鼻歌」だけが。
そして、私たちの間を通り抜けて、行ってしまった。

こうして書くと間抜けな話だし、たいして怖くもなかったんだけど、
霊でも鼻歌歌うほど楽しいときがあるのか。
或いは鼻歌の霊なのか。
いまでもよくは解らない。山での話。

787 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 12:28:07 ID:JGELs1ea0
>>785
ふつう

>>786
おもしろい

788 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 12:40:56 ID:9pdjyOJF0
>>785
認知症wwwwwww

>>780
面白い
早く続きキボンヌ


789 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 14:53:29 ID:OIBM4+L/O
プレデターも散歩してたのかな

790 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 15:21:44 ID:3PgXVDa70
エイリアン            プレデター
    ┌ァ          ,.-、 〜♪
  , -リ            厶ィヘ
. / ノ             L_ _>
 |u}               {u}
 | |                | |
 Lュ              r_」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

791 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 15:33:35 ID:kLl9qabs0
ぷれでたーって、鼻あったっけ?

792 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 19:14:26 ID:SZsRWoiB0
>>791
● ●

793 :786:2008/01/31(木) 20:40:40 ID:XzyK8jgs0
ああ、プレデターだったのか・・・
私たちは不味そうだったのかな、お腹いっぱいだったのかな・・・?

794 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 20:54:11 ID:61G1ZOaK0
俺をゾクゾクさせてくれるツワモノはまだいないのか
とびっきりゾクゾクきたエピソードにはミシュラン特製ファイブスターの称号を与える

795 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 21:42:47 ID:aHHnbF6DO
一山の体験

オカンが友達と山に行くからと色々な山に連(以下ry)
子供が珍しいののか、沢山の登山の人らに優しくしてもらえた。
お年寄りからは孫扱い、程ほどの人等には子供扱い、若い人らには弟や妹扱い。
だからか飴やらチョコレートをよく貰ったりしてた。

ここらへんなら、子供なら気のいい登山者さんらからならちょくちょく受ける話だと思う。
どこぞの山に登った時も、色んな人に可愛がって貰ってた。
ただし、その山に登ってる間に限って話しかけられた相手から、全員性別を取り違えられた。
ほぼ100%間違われた。
トイレもわざわざ違う方につれて行かれかけた。
(親切そうなおばちゃん、訂正するのが子供ながらに胸が痛んだよ)
最後の方はヤケになって、次に話しかけてくる人も間違うに全おやつかけたくらい間違われ続けた。
山からおりた途端、間違われるのがピタッと収まった。

山の神様に意地悪されたんだと未だに思ってる。

796 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 22:28:37 ID:2VfyyY2i0
俺の写真家の先輩はこういうことを言っていた、
「危険で嫌な雰囲気の山はそれだけいいものが撮れる。
  そういうものが集まってくるんだ。
   だからおれは毎年その危険な山に惹きつけられているから行くのかもな。」
写真家仲間の間で危険で嫌な山というのはそれだけ魅力のある山という意味だ。
そういう山は日本には数えるぐらいしかない。
これは、俺がはじめてそういう山で撮影をした時の話し。

動物写真家というのはスナイパーとたいして変らない事をしている。
「山猫は眠らない」という狙撃主が主人公の映画がまさしく俺たちの仕事そのものだ。
何日間も1人で山に野営して、迷彩柄のテント、迷彩服に身を包み、
木、枝、草、緑をまとい自然に溶け込む。
自分の存在を少しでも自然に近づける事がいい写真を撮る最大のポイントだ。
俺は忍耐と体力に自信があったので、この仕事は転職だとそのときまでは考えていた。

797 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 22:29:28 ID:2VfyyY2i0
俺がその山に行ったときは冬だった。
とても寒く植物も少なくなるその時期こそ動物達の力強い生き様を撮影できる。
野営場所に選んだのは山が見渡せる高台の茂みの中だった。
そこにテントを張り、望遠レンズで常に山を注視して動物の気配を感じなければいけない。
俺がもっていた最大のものは45.5 倍=3185mmの超望遠レンズというもので、動物に気づかれずに撮影できる。
観察を始めると日本カモシカがすぐに現れた、この山で一番個体数の多い生き物だ。
俺はシャッターを切った。そして、運良くフクロウの巣を発見した。いいネタになる。
1日目にしては、良い成果が出た俺は、キャンプ気分を楽しみながら寝る準備を始めた。

ランタンの電気を消しうとうとし始めたころ、声が聞こえ出した。
「ギャァーーーッ!!ギャアーーーーーッ!!」
俺は、はっと目を覚ましカメラを持ってテントの外にでた。
ムササビか?女の泣き叫ぶような鳴き声を聞いて
俺は夜の撮影機材をすぐに準備し声の主を探した。
声は東の方角から聞こえていた、その方向には川と谷があるはずだ。
暗闇のなかを暗視機能つきの望遠カメラで探した、30分ほどさがしたが声の主は見つからなかった。
http://www.zoeji.com/12skechs/musasabi.jpg


798 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 22:30:04 ID:2VfyyY2i0
そして俺はまた寝に入った。
数十分後また音が聞こえ出した、今度は北から聞こえてきた。
「うぁ〜〜〜〜・・・・・・うぁ〜〜〜〜・・・・・・・・・」
ぞくっとする声だった、
日本にいる野生動物の全ての声を聞き分ける事が出来る自信があった俺は、動物じゃないとわかった。
人間の声だ。。しかも女か男かも分からない。。。不気味な声だ。
俺は望遠レンズで確認するかどうか迷った。。。。また聞こえた。
「うぁ〜〜〜〜・・・・・・・うぁ〜〜〜〜・・・・・・・」
移動してる、今度は西から聞こえ出した。複数いるのか、1人が移動してるのかはわからなかった。
この山にいる人間は俺と、その声の主だけ、そう思うと異様な恐怖に襲われた。
しかし変だ、そいつはかなり遠くにいるのに、異常に声が響く。
声の異常な響きに、人間じゃないのでは?と考えるようにして自分を安心させた。
俺は意を決して超望遠カメラを夜用にセッティングし、声の主を探す事にした。

最後に声が聞こえた西にカメラを向けた。
暗い中で不気味な森が静かに風に揺れている。
声の主はもう移動したのだろうか、夜に声だけを頼りに獲物を探すのは非常に難しいことだ。

799 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 22:43:33 ID:2VfyyY2i0
20分ほど探しただろうか、まだ見つからない。あきらめかけていたが
その時の俺はプロの駆け出しとして、挑戦状を叩きつけられたような気がしていた。
なんとしてもそいつをフィルムにおさめてやる。プロ根性が芽生え始めていた。
その時、音が聞こえ出した。
カーーーーンッ!!カーーーーーンッ!!カーーーーーーーンッ!!
まるでカナヅチで金属を叩いているような音だった。
おれはとっさにその音の聞こえる方へカメラを向けた。
人影が画面いっぱいに映し出され、俺はハットしてカメラから目をそむけた。
人間だ、間違いない。またカメラを覗きズームアウトしていくと全体像が見え始めた。
異常に長い服のようなものを着た人間が石で地面を打ちつけているのだ。
そこまでしか分からなかったが雰囲気は人間ではない。獣のたぐいに思えた。
俺はシャッターを押し続けた、するとそいつの動きが止まった。
そして俺と目が合った、はっきりとはわからなかったが、そいつが顔をあげた瞬間いにそう感じた。
そいつは、こちらに向かってきた。距離は500mほど。。。
恐怖が全身を包みどうすればいいのか分からなくなった。

800 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 22:56:08 ID:eeh8Kavg0
支援ついでに>>797の妖怪図鑑の意味は


801 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 23:57:44 ID:oaRIcRJ8O
>>799
続きを…
消されたか…

802 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 00:35:31 ID:pSA//qPc0
構ってチャンブーム?

803 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 03:06:51 ID:CYj8nXaoO
NW乙

804 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 05:27:53 ID:C2Lv/jIW0
>>785
ヒント:ベニテングダケ

805 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 06:04:41 ID:FDMAaZgdO
→2007年12月09日 > ILjOn1UJ0
http://hissi.dyndns.ws/read.php/occult/20071209/SUxqT24xVUow.html
★01/31(木)のID【Ui/WSlOe0】
http://hissi.dyndns.ws/read.php/occult/20080131/VWkvV1NsT2Uw.html
・在日ニートの能無し長年粘着荒らし厨に注意!
☆31日:ID 【Ui/WSlOe0】
(PCと携帯、両方で気に入らない相手に纏わり付くストーカー、さらに串を外してまで荒らしに粘着してる模様)
この荒らし行為を繰り返す能無し在日ニート厨は、可哀相な事に各スレで自ら恥をかく荒らし行為を行っているので、単細胞の気持ち悪い波動が移らない様、気をつけましょう。
さらに掲示板しかやる事がない超暇人みたいなので、ちょっとした事でも気になってイライラし、仕返しという名の哀れな荒らし行為を繰り返す。
体だけが大人であり、子供側から見ると「典型的な反面教師」になるだろう。(笑笑笑笑
http://hissi.dyndns.ws/read.php/occult/20080131/VWkvV1NsT2Uw.html
直ぐに「ゆとり」という言葉を誰かに発する人間は自分の知能に全く自信が持てない可哀相な人。
ワンパターンな荒らししかできない能無し在日ニート厨の ID: Ui/WSlOe0 がまさにそう!
園児並の知能指数。笑笑
http://hissi.dyndns.ws/read.php/occult/20080131/VWkvV1NsT2Uw.html

ま、【ID: Ui/WSlOe0】は ニートで毎日が休日だから、死ぬまで荒らし行為に勤むようだけど。
脳みその腐り切った可哀相な荒らしには気を付けよう。

806 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 07:12:31 ID:PXWugV8h0
どう見てもNWの臭いがするWWW

807 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 07:45:07 ID:JvCPqwYl0
まあ自演で色々書き込まなければそれでいいじゃん。
彼も大人になったんだよ。

808 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 10:59:08 ID:n/fJLo270
45.5 倍=3185mmの超望遠レンズって…
もしかして、 FinePix700実験&工作室 を参考にした?

動物の生息研究用資料写真ならいざ知らず、画質も求められる動物写真用にはそういうレンズって使いません。
まともに写るレンズで焦点距離が3185mmもあるなら、そんなの重すぎて一人じゃもてません。
その前に買える価格じゃないけどね。
参考までに
600mmF4   100万前後
1200mmF5.6 1000万前後
600mmとか1200mmはレンズの焦点距離をあらわします。この値が大きいほど遠くのものを大きく写せますが、
近くのものにピントが合わなくなります。例えば、1200mmなら、だいたい12m以上はなれたものでないとピントがあいません。
F4 とか F5.6の値が、おおむねそのレンズの性能を決定します。 この値が小さいほど、一番前のレンズの径が
大きくなる=価格+重量UP 
望遠鏡をカメラに装着する方法もありますが、これは高画質の一眼レフカメラにつけるといろんな要因で
その望遠鏡がもつ焦点距離に達しませんし、暗いしオートフォーカスも効きませんから野生動物写真には?
です。

怖い話といえば、幽霊物の怪ではないですが、一段高くなったところによじ登った際、目の前にマムシが居たことが
ありました。とっさに払ったら手袋に攻撃して逃げていきました。
噛まれた事のある友人がしばらく入院したのを知っていたので、噛まれなくてよかったとぞっとしました。

809 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 12:20:07 ID:C2Lv/jIW0
「ベニテングダケを食べたら食中毒になった」まで読んだ

810 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 14:38:18 ID:4N2nUf5iO
>>808
そんな真面目に解説するようなスr・・・

811 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 15:05:15 ID:J2Hjb6kOO
>>809地味に怖いな

そういや山でアケビみつけて何も考えず食ったら、口ん中で大量の蟻がもぞもぞ…( 'Α`)そっから食えない。

812 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 15:09:32 ID:2TTYuPSF0
マムシはこわいな
すぐ下山できないと大変な事になるだろ

813 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 16:35:16 ID:qnrBj1mUO
>>811
ひぃぃぃぃぃぃぃぃいっ!!!!!

814 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 17:16:47 ID:3D37eyUJ0
蟻なら食ってもいいんじゃ?

815 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 17:18:39 ID:4TuCwYAw0
蟻はすごく酸っぱいよ。

816 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 17:30:44 ID:C2Lv/jIW0
ヒント:蟻酸(ぎさん) 「ありさん」ではない

817 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 18:14:24 ID:n/fJLo270
山に生ってる果実で、人が食べてもおいしいものは当然動物や虫にとってもおいしいので気を付け
無いといけませんね。おいしそうでも毒があったり、おいしくても毒だったり。
山葡萄とかも結構虫が多いかな。

818 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:16:27 ID:J2Hjb6kOO
マジあれ以来あのブツブツが全部虫に見える。

小学校の時のキャンプの思い出。
晩御飯のメニューが定番のカレーと飯盒で炊いたご飯。
班の誰かが飯盒をひっくり返してケツ叩きまくる前に蓋をあけた。
ド真ん中に茹で上げられた蛾がいて、一瞬にして阿鼻叫喚になった。
しょうがなく色んな班へ飯をもらいに歩いた。
蛾(On the 炊き立てご飯)を見せたら、どの班も嗤いながらご飯分けてくれた。

819 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 22:35:26 ID:yNQDhgdd0
>>808
自分もちょっと?と思う所があったけど、まぁまぁそう目くじら立てずに。
興味深い話が聞ければそれでいいじゃない。


820 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 01:30:47 ID:J11GgFl00
泉鏡花の短編にこのスレにピッタリなのがあった。
山間の城下町で、山から下りてきた精霊(?)が火事を起こすって話。
妙な緊張感とつかみがたい不可思議な雰囲気の伝奇小説だったな。
過去ログ読んでて何となく思い出した。

821 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 01:43:10 ID:fml9IVuY0
今市子の「百物語」嫁!

822 :1:2008/02/02(土) 01:52:19 ID:KoVVvSm30
オヤジから聞いた話。

ウチのオヤジは東北出身で高校時代の山岳部に所属していた。
秋の山で合宿だーってことでテント担いで、山に入った。
2日間の合宿を無事終えて、下山することになった。
順調に下山していたが、途中から雨がふりだし寒くなってきたので急いで降りていた。
なんせ当時のザックやテントは水に濡れるとものすごく水をすって重くなる幌布製で、
重さも寒さもひどかった。
みな無言で下山していると、前方に人影が見える。歩いている様子はなく、たたずんでいる。
どうしたんだろうと近付いていくと、山に似つかわしくない服装の女の人だった。
秋とはいえ東北の山は寒く、夕闇もせまっていたので、心配になり声をかけた。
「どうかしましたか?」
「いえ・・・大丈夫です」
「一緒におりますか?」
「いえ・・・大丈夫ですから」
無気味さを感じた一行は気にしつつもそのまま下山した。
・・続く

823 :2:2008/02/02(土) 01:53:09 ID:KoVVvSm30
ようやくトロッコ電車の駅に到着し、一行は目を疑った。
先ほどの女性がホームのベンチに座っている。気味が悪かったが、こちらは20数名のパーティー。
全員が見ているし、なによりも先ほどしっかりと会話もかわしている。足もしっかりついている。
少し距離をおいてあまり見ないようにしていた。最終電車が入ってきて、その女性も乗車した。
濡れて寒そうだったので、車掌が電車内のストーブにあたるよう促したが、やはり「大丈夫です」と言っている。
気味の悪い妙な雰囲気のまま、電車は町の駅に到着した。
一行は女性がその駅からタクシーに乗っていったのを確認した。

ここから先はオヤジも新聞で知ったらしいのだが、タクシーが告げられた行き先に到着すると、女性は座席からこつ然と消えたらしい。
到着した先の家ではお通夜の最中だった。その数日後、山の滝つぼから捜索隊が身投げした女性の遺体を発見した。
当時、山岳部と電車の車掌、タクシーの運転手総勢30名近くの人間がみたと言う事で、新聞や雑誌でかなり騒がれたらしい。

古い話ですまん。


824 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 02:32:54 ID:vqy+EvWh0
>>823
まだ捜索隊が探してるのに通夜ってこと?

825 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 02:48:44 ID:KoVVvSm30
>>824
オヤジから聞いたので詳しくはわからんが、遺書があったらしくて
何日か探したけど見つからなくて遺体がないまま通夜やったんじゃないかな。
その後見つかったのか、なんせ50年近く前の話、よくわからん。すまんね。


826 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 05:09:07 ID:yGCSPDAj0
779はガジェットの破綻を指摘されたからもう続きはかけないの?

827 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 07:23:50 ID:3tmTj27i0
>>825
霊体になってまで家に帰りたかった事だねえ・・
執念とはさも怖ろしい。

828 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 08:51:43 ID:qwQUxkGm0
今月号(2月)の月刊誌ムーに、他国の山で夜間撮影された異形の動物写真が
掲載されています。

見た目は 耳が無く手足の長い痩せた皮膚病で毛が抜けた熊みたい。
でも、他に似た動物がいない。
本屋で立ち読みしてごらん。

829 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 09:02:05 ID:geOYEAKc0
たぶん耳が無く手足の長い痩せた皮膚病で毛が抜けた熊だな

830 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 09:44:38 ID:3tmTj27i0
他国の山って日本以外かな?

831 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 10:44:29 ID:j4Yr+YrX0
>>799は創作に詰まったのでもう続きを書けない

832 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 13:51:14 ID:yIQ9u7NF0
ムーならどんなやらせも大真面目w

そういえば南米のなんだっけカチョカバロじゃない…
なんか宇宙から来た?w吸血こうもりのでかい奴みたいなのがいるって何度も報道されてたけど
実物は一度も報道されなかったな。

833 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 13:55:50 ID:ktDW8ChXO
>>832 チュパカブラ?現地ではチュパカブラの歌まである位メジャーなんだよな。
何年も前から騒いでるわりに実体は全然ハッキリしないけど。

834 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 13:56:46 ID:DxmMbZX70
>>832
チュパカブラだな
山崎ほーせーが10年くらい前に裸で突撃してたなぁ

835 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 14:01:06 ID:H/oTC5S00
そういやツチノコの歌があったような・・・

836 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 14:50:00 ID:17ex4iP90
15 名前:華南在住[] 投稿日:2005/08/28(日) 15:34:24 ID:WA+FcDi80
昔、夏場に1週間ほどキャンプに毛がはえた程度の山引きこもりやった
ことがある。
16 名前:華南在住[] 投稿日:2005/08/28(日) 15:55:45 ID:WA+FcDi80
(一週間の間にあったこと)
・あまりに暑かったので、地べたに直接寝たのだけど、次の日
 背中を変な虫に刺されてカイカイに。キンカンで何とか助かった。
・上記生活必需品の他に道着をもっていったけど、一番邪魔になった
 ような気がする。でもこれがないとねぇ・・・・
・練習とかいうよりほとんど食糧調達で一日が終わったような。
 でも全身運動だったので結果的にはよかったのかな?
・どんなにきれいな湧き水でもいっぺん煮沸してから飲むべし。
 これは予め聞いてあったので、徹底したけど。
・上記アイテムであんまり役に立たなかったのは、サバイバルナイフ。
 枝を払ったりするには力が入らないし、細かい作業するには
 大きすぎる。鉈と十徳ナイフで事足りるような。これは多分に
 銃剣以外の用途って期待できないのでは、って思った。
・蛇に注意。蛇は人間の体温が好きみたいで、わたしも股のところに
 絡み付いてるのをみて失神しそうになった(青ダイジョウって
 わかったのでそのまま放っておいたら、そのうちどっかに消えた。
 お礼なのかすずめの雛が置いてあった・・・・食わなかったけど)
・あと、山のなかには変な存在も多いので、魔よけかお経をしって
 おいたほうがいいね。


837 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 14:50:20 ID:17ex4iP90
23 名前:名無しさん@一本勝ち[] 投稿日:2005/08/28(日) 20:31:20 ID:WacSx4T80
山中の夜は凄いよな漆黒のやみとゆうか、
そういえば、真夜中白い塊のような物が漂っていたが、あれなんだったんだろう。


24 名前:名無しさん@一本勝ち[sage] 投稿日:2005/08/28(日) 21:06:20 ID:2toXeG0CO
>>23
俺もビビったが、霧じゃないかな?
ダムのそばも静かで異様な雰囲気で怖かった。
一人でやるもんじゃないと思いますた。

あと山ん中をオレンジ色の光が縦にゆっくりと蛇行しているのを見たときは涙が出ますた。
一瞬見ただけで速攻で目を逸らして二度とそっちを見なかった。

それと女のすすり泣き。俺だけに聞こえて連れには聞こえない。
夜中の三時半頃でしたが車で逃げました。

838 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 14:53:52 ID:17ex4iP90
25 名前:華南在住[] 投稿日:2005/08/28(日) 21:09:26 ID:Qe8jmQ7H0

>19、23
実際夜中のテントになんか変なの(夏場なのに
厚手のセーター着た眼がある部分が空洞の中年女性)が訪ねてきて、無理やり
入ろうとしてきた。九字をきったり塩撒いたり、不動明王の真言
唱えたりして難とか追い払った。

55 名前:華南在住[] 投稿日:2005/08/30(火) 00:32:47 ID:8Re2oMB10
>37,45
実際にいろんなもんが山にはいるようです。とくに霊場で有名
なところや自殺の名所では尚更。

修験道で毎年夏になると大峰山にいってた近所のじーさまの
はなしでは、幽霊のほかに狐や狸も化かしにくるそうです。
そういう意味で修行は命がけ。
おもいだしたけど、うえの方に書いた蛇ちゃんと目無し幽霊ですが
どちらもあれから何回かきたのですが、目無しがきたとき、蛇ちゃんが鎌首
あげて威嚇したら、消え去りました。蛇は神様の使いっていう昔からの
いいつたえを信じるようになりました。

58 名前:名無しさん@一本勝ち[] 投稿日:2005/08/30(火) 09:07:19 ID:UgmXW/w/0
山篭り経験者です。
5日目の夜にテントで寝ていると足音が聞こえてきて人生最大の恐怖を感じた。
ボソボソしゃべりながら近づいてくるのでテントから出たら遠くに電灯の灯り
が見えて私のテントを照らしてきた。私は地面に伏せて身構えていたが電灯の
灯りが一瞬その人物の顔を照らした。
中年の女性だったが灯りの当たり具合もあって幽鬼のような形相に見えた。
一人ごとで「…バカ…死ねば…○×○…あーー、死ね」とか聞こえてきて
基地外の方なんだな、と判断できたときは自分でも対応できると思いホッとした。
ちなみに次の日にヤマカカシに咬まれてなんともなかったが、心配になり下山した。

839 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 15:15:13 ID:UXMZM0R80
       /⌒ヽ 
      /  ゚ω゚ )   
   _, ‐'´  \  / `ー、_ 
  / ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ 
  { 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl 
  'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ 
    ヽ、   ー / ー  〉 
  |\ ̄ `ヽ-‐'´ ̄`冖ー-く 
 ./..\\            .\.,ハ,,ハ 
/※  \|=================| ゚ω゚ )
\ ※  /※ ※  ,ハ,,ハ ※ ※と ) 
  \ ノ※ ※ /( ゚ω゚ )ヽ  ※ \ 
     ̄ ̄ ̄   〇旦〇   ̄ ̄ ̄ 


840 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 15:51:12 ID:ihFVladE0
二年前、俺のガチ体験。俺は介護福祉士でその時は府と県の境界の某山の中の施設で働いていた
山頂近くの不便な所にあって設備も新しくはなく姥捨て山という感じがしないでもなかった
実際他の施設や老人病院から退所・転院して来た身寄りのない老人
暴力をふるうなど問題がある老人も多かった
 
職員が通うのも不便で施設の専用バスの定時に乗り遅れるとえらい目に会った

841 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 16:32:25 ID:ihFVladE0
だから当然ほとんどの職員は車で通勤していた
俺はその日は遅出で21時あがりの予定だったが施設のイベントの準備やらで深夜2時近くに施設を出た
山を降りてると中腹に初めての信号がある。信号は深夜の赤点滅だったが俺は念のため減速したと思う
何故そこを見たのか今も自分で解らないが俺は窓の外ガードレールの下を見た。遠目に人か何かが動いている気がしたからだった
 
車を止めて目を凝らすと明るいグリーンの服上下を着た人間が確かに見えた
月の光か何かはっきり覚えていないがこっちを見ていたけど顔は解らなかった
 
俺はそこで慌てて施設と警察に電話した。何故ならそこの施設の入所者はみんなレンタルの明るいグリーンのジャージを着ていたし
その時見えていた人はまさにそのジャージだった上下の白いラインもはっきり見えていた
俺は車を降りて「今誰か来まーすそこを動かないでーー!!」と何回も怒鳴った
雑木林とはいえガードレールの向こうはけっこう崖っぽく切り立った勾配で
俺ひとりで降りて行くのは無理だった

842 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 17:01:23 ID:ihFVladE0
こうやってオカ板に書いてることで解ると思うけど、俺が見た遭難らしき人物はけっきょくいなかった
俺が車止めて待ってる所に警察が来て、俺はいったん施設に戻った
しかし・・・施設の入所者は全員が確認されて無断外出者はいなかった
 
けっこうな大騒ぎになってしまった。入所者もかなり数で深夜に関わらず上の人が出てきたりした
結局は俺の見間違いということになったけど警察でも特に激しく怒られる
とか注意されるというのはなかった。警察官はとても事務的だった
その後施設では深夜の居残り残業が慣習になってるが自粛するようにと布告があった
 
 
俺がグリーンジャージの人物を見た場所は、俺がその施設に就職する一年ほど前に
死亡者が発見された地点付近だったらしい
亡くなったのは認知症が進んだ入所者で徘徊が激しいために入っていたそうだ
家に帰りたいと何度か脱走をしそうになっていたらしい
ある夜とうとう姿が見えなくなり捜索の何日目かでジャージ姿で凍死しているのが見つかった
その場所が俺が謎の人を見た付近だった
このことを俺は地元の利用者の家族から聞いて知った

843 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 17:12:32 ID:17ex4iP90
>>836
>>837
>>838

http://p2.chbox.jp/read.php?host=sports9.2ch.net&bbs=budou&key=1124874721&ls=all

844 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 17:13:23 ID:ihFVladE0
この出来事の二ヶ月後夜勤の職員がケガをして早退してしまった
俺はたまたま遅出だったが代わりの夜勤職員が出てくるまで、俺は上からの指示で延長勤務になった
 
そして!また見てしまった。はっきりとだ。それも深夜二時くらいで同じ場所だったし
信号の所で見るまいとしたのにカーブ手前で見えてしまった
「こんな暗いのに何故見えるんだあー!?」と頭が考えた瞬間、そいつがこっちを見ているのが解った
とにかくアクセルを踏みまくった

845 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 17:28:50 ID:ihFVladE0
俺は次の日に「急で申し訳ありませんが」と退職届を出した
あまりに突然で困ると言われたので、俺はありのまま全てを話した
 
結局は別の人が採用されて引き継ぎを完了するまで1ヶ月働いたが
日勤と早出以外は絶対引受けなかった、というか怖くて引受けられなかった
病院の専属バスしか乗らなかったし
バスに乗り遅れたら山の反対からタクシーを呼んで反対側に降りてから電車で帰った
タクシー代は1万円もかかったし家まで3時間かかった日もあった
 
周りの奴に何か問われても一切本当の事情は言わずにごまかしていた
上司からもおかしな噂はださないでと言われたし、口にするのも怖いと思った
今は夜に車で山を越さねばならない状況になった時は。高速料金を払ってでも有料のトンネルを通る



846 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 17:31:57 ID:17ex4iP90
見られてるのが解った瞬間は恐怖だっただろうな。。。

847 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 17:46:46 ID:RkubiFJr0
>>808
そこまで高くないよw
http://www.sigma-photo.co.jp/news/080201_200_500_28_ex_dg.htm

848 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 18:14:37 ID:ihFVladE0
>>846
怖すぎて怖いとう感覚もしなかった。無我夢中だった
二回目は信号にさしかかるまで何故か思い出していなかったのも不思議だった
 
俺を指定して何か訴えたかったのなら供養とかしてあげるべきかなとも考えたけど
今の時点では怖すぎてまだ無理だ
供養などさせて貰うならちゃんと調べてちゃんとしないといけない気がする
俺が見た方は誤報扱いだったが凍死事件の方は2、3日新聞に載ったらしい
思い返せば警察は何か知っていた態度だった気もする
真面目に事情を話せば施設で何か教えて貰うことも出来るかも知れないけど
無理な辞め方だったし施設には問い合わせにくいな
 
山には霊園もいくつかある
夜に車で山越え出来ないのは不便な時もあるがどうしても怖い
普段は思い出すことはないんだが、正直「何で俺だったんだよ!?」
と思う気持ちもある

849 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 18:27:09 ID:ihFVladE0
霊感はなかった。この時より以降に霊体験はない
俺は霊視を否定しないし今は否定出来ない微妙な気持ちだが
江原何とかさんとか三輪さんとか本当に霊が見えるなら怖くないのかと思う

850 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 18:49:54 ID:17ex4iP90
カキコ サンクスです。
恐怖がひしひしと読んでいるこちらにもあ伝わってきます。
自分だったら霊とアイコンタクト、というか霊がこちらを見ているなんて目にあったら
神経がもたないです。

ところでその人の霊魂は山を下りて家に戻ろうとして今だに迷っているんだろうか。。。
一度ならともかく二回見てしまったらなにかあるのかと思いたくなりますよね。
深夜にその付近に行かなければもうないと思うけど次回なにか観てしまったらなにかしてあげるしかないのかも。

江原さんも若い間は対処の仕方が分からなくてすごく困ったというかやばかったみたいです。
佐藤愛子との共著だったかで読みました。

851 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 19:32:26 ID:iQ7bzJGJ0
“エンコが寿司喰って皿残す、さっさ〜のよいやさのさ〜”

852 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 20:34:34 ID:KcePrtYx0
>>848
供養とか、どうなんでしょう・・・
下手に拝むと憑かれるとか言いますしね。

気になるならその道のプロに相談したほうがよいでしょうけど、
「その道」の連中のほうがよっぽど信用ならないことが多いですからねえ・・

853 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 21:41:14 ID:ShRnPZ360
ネタで無いのであればただの幻覚か施設収容者以外の
徘徊者だっただけですから、気にしないことですね。

854 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 21:44:35 ID:ZYrguVHo0
2度目はどうかな

855 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 21:46:22 ID:17ex4iP90
↑服装から施設の中の人と判断したんだよ!
それに二回も同じところで見たんだから幻覚はないだろう。

856 : ◆QpxPaTcrHQ :2008/02/02(土) 21:58:33 ID:WJxXhL/qO
>>854
じゃあ一度目は?すぐ施設にも電話してるみたいだし
それより漏れ的には府と県の境界がgkbrすぐる。地元っぽいし凍死事件聞いたことある
新聞の地方板にのってたらしい(でもさっきオカンに聞いたら三年よりも前らしい)

857 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 22:04:59 ID:ShRnPZ360
服装は夜だしそんなに間近で見た訳でも無いんだろうし、
服の色合いがちょっと似てたとかでも見間違えるんじゃ。
最初は徘徊者、2度目は自殺者の噂を聞いた事による幻覚、なんて事もあるかも。
てか2回みたから両方幻覚や徘徊者では無いという根拠もない。

858 : ◆QpxPaTcrHQ :2008/02/02(土) 22:12:03 ID:WJxXhL/qO
警察の人が何か知ってるっぽかったなら、他にも見たドライバーがいて通報あるのかも
この人を指名で出たわけじゃなく、霊が出やすい深夜に入ってた施設の人が通ったから霊のほうも引き寄せられたのかも知れない
オカンに聞いた漏れの地元の施設なら新聞沙汰になった事件の他にも脱走で死んだ老人がまだ二人あったそうだ
山に迷い込んで亡くなった老人達は赤信号の点滅を目印にしてたんじゃまいか?(((((゚Д゚; )))))))ガクガクブルブル

859 : ◆QpxPaTcrHQ :2008/02/02(土) 22:20:09 ID:WJxXhL/qO
>>857
漏れの地元のあの場所だったら(H奈道路)生きてる人間を夜中に肉眼では見えない
幽霊だったからこそ見えたのだと思う
もし凍死事件を知ってて釣りで書いたのならすごく上手いと思う
漏れ的には創作であって欲しい!
漏れはその信号を通過しないと何処にも行けない地元民だし
これほんまやったら終電までしか大阪で遊べへんやん><
釣りだったと書いて欲しい!

860 : ◆QpxPaTcrHQ :2008/02/02(土) 22:27:05 ID:WJxXhL/qO
>>840
ID:ihFVladE0氏は施設をやめる時、口にするのも怖くて避けてたこの体験を
なぜ今日このスレに書いたのですか?
最近この体験に関して何か新たに思うことがあったのでしょうか
レスして欲しいです
でもあまりに怖くなる理由だったらレスしないで下さい(;_;)

861 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 22:27:20 ID:jLYADWi60
>>849
あいつらは残念ながらインチキだ・・・

862 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 22:33:28 ID:17ex4iP90
車に和紙で包んだ大量の天然塩をストックしておきましょう。

863 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 22:43:08 ID:cycSfr890
俺の経験では目の届くところに裸のボインちゃんを張っとくのが効果的だ。
特に金髪のねえちゃんとか効果大。
エロは人の精神を高揚させ霊なんてものは吹き飛ぶ。
ほんとに怖いときはオナれば解決する。霊もびびって逃げるよ。
これまじ話し

864 : ◆QpxPaTcrHQ :2008/02/02(土) 22:52:00 ID:WJxXhL/qO
おまいらこの話が怖くないのか?
漏れが地元民(間違いない。白いラインの緑のジャージは山の上のあの施設)
だから怖すぐるだけなのか?

865 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 23:01:44 ID:g8dZJy3n0
肉体失ってようが元は入所者、名前も解ってる。
「○○さ〜んこっちにおいで!」って呼んであげて、車に乗せてやって、
家に送ってあげられたら・・・Good job!!

866 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 23:07:11 ID:ZYrguVHo0
駄目だよー
優しくした奴に憑いちゃううんだよーw

867 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 23:09:59 ID:UXMZM0R80
いや、スタンドだろ。スタンド使いになるんだろ。

868 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 23:10:35 ID:g8dZJy3n0
帰宅願望強そうだから、そこらへん大丈夫かと思ってねw

869 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 23:11:02 ID:jLYADWi60
車に乗せてやって、ドアにお札貼って地面に魔方陣書いて成仏させれば・・・

まで読んだ

870 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 23:32:41 ID:slj1P/5y0
その場所に括られていると思うから
どーだろ?
だから、妙な土地に家屋を建てるとヤバイんだよね

871 : ◆QpxPaTcrHQ :2008/02/02(土) 23:39:25 ID:WJxXhL/qO
このレスハケーン!
これ見たら良い人みたいだな。AAじゃなかったらIDまで気づかんかったが
じゃ実話かよ!?orz
 ↓ ↓ ↓ ↓
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1201212020/287

872 : ◆QpxPaTcrHQ :2008/02/02(土) 23:43:17 ID:WJxXhL/qO
>>870
だから漏れは先祖代々の生駒山の中腹の村(今は市)だから><

873 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 23:53:17 ID:g8dZJy3n0
家族を連れてきて憑かせるとかw

874 : ◆g/ZMVdytmo :2008/02/02(土) 23:59:05 ID:ihFVladE0
テスト

875 : ◆g/ZMVdytmo :2008/02/03(日) 00:01:12 ID:5sHiNFbB0
>>860
書けない。悪い
あんた見てないんだから気にし過ぎないほうがいいんじゃないか?悪かったな

876 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 00:04:22 ID:jLYADWi60
◆QpxPaTcrHQhは連レス連発してちょっと出しゃばり過ぎじゃないか?少しは落ち着けよ。

877 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 00:04:54 ID:boCGg/2MO
今、誕生日になった俺が来ましたよ

878 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 00:21:15 ID:zZrX4zms0
霊にとっては、山中では死の自覚が得にくいのかもしれん
ほぼ特定されているわけだし、家族に連絡した上で対応を任せるのが無難かなぁ


879 : ◆QpxPaTcrHQ :2008/02/03(日) 00:23:39 ID:71kx2L7FO
>>874>>875
レスありがとうございます。本当にありがとうございましたm(_ _)m
あなたの方が酷い思いしてるのにファビョッてすみませんでした
でも地元っぽいですね。尚更気にしないように頑張ってみます

>>876
すみませんファビョり過ぎでした。おやすみなさいm(_ _)m

>>877
おめでとうございます。幸せになられますように

880 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 00:35:52 ID:QGPs2xma0
>>875
もしよかったらだが、詳しい場所書いてくれないか?

881 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 00:43:48 ID:71kx2L7FO
>>880















>>841
>>山を降りてると中腹に初めての信号がある。


奈良側
陸橋は数えてないみたいだよ

882 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 00:44:55 ID:I7SRxfRs0
生駒と言えば、何年か前に見たオートバイの人が野犬に殺される話の舞台は
どこだかわかったの?

883 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 00:52:20 ID:HDaVXfvB0
>>881
書いた本人がこれ以上書きたくないと言ってるのにアホかお前は

884 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 01:06:25 ID:p9EC2RUP0
>>877 おめでとさん

885 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 01:07:53 ID:3P27IhBk0
なんか1人憑かれた奴がいるようだなw


886 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 05:49:05 ID:zwJDktTL0
>>ID:ihFVladE0

うわわわ、自分は10年ほど前に反対側(だよね?)の
○駒聖天側に住んでたけど怖ス ((((゚Д゚; )))))ガクガクブルブル

887 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 09:50:39 ID:zb5RKCxwO
>>879
>>884
ありがとう。自分の誕生日に毎年巻き寿司と鰯を食べてるぞ。なんだがなぁ
@関西在住

888 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 11:35:16 ID:1mNrmrbA0
>>845
あの新阪奈のトンネルがまたヤバイんだよねw
霊山に穴なんか開けちゃいかんのよ
生駒連峰自体が人の住めない異界なんだから。

889 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:15:28 ID:gGcCQaU60
オイオイ。両側に何万軒の家が建ち並んでることか。

890 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:36:51 ID:3P27IhBk0
大げさに言って怖がらせようと考えてる浅はかなバカがいるんだよ。
あんなところ1人で夜に歩いても怖くなかったぞ

891 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 14:11:51 ID:71kx2L7FO
>>890
漏れはヘタレだから生れ育った土地でも夜は怖い時あります
道路が出来る前はふもとまで距離あるしどんなだったろう?と思う
年寄りは山の上の方に住んでるのは誇りらしいけどさ

892 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 14:13:15 ID:71kx2L7FO
昨晩オカンに聞いた例の施設のエピソード書いてみますた。あまり怖くないです

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?187
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1200909111/694-

893 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 14:56:41 ID:MkPfa/wu0
春先から初夏にかけて、山歩きをしてるけど怖い思いとか
変な奴を見かけたことなんてないぞ!
それに、山を歩いていると良い事もあるし。

遠足コースとかになっているせいか、休日に小学校高学年から中学生くらいの
娘さんが数人で歩いているのだが、偶に「好みど真ん中」な、おにゃの娘がいたりするので
後ろを歩きながら容姿を観賞したりとか・・・・二時間くらい

ただ、最近、変質者が現れたとかいう噂が立って大変憤慨しております。
とんでもないのがうろついているな!
見かけたら通報しないと

894 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 15:00:28 ID:U+mR1hIp0
>>893
893でロリコン、通報しますた

895 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 17:35:24 ID:3P27IhBk0
小学生の姉妹と毎週遊んでる俺はそういうストーキングまがいのことしたことないな。

896 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 18:00:53 ID:ApenFgN40
12と10の姪に「おじさま〜」と呼ばせている俺もそういうストーキングまがいのことしたことないな

897 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 18:03:56 ID:6yDo6Q070
小学生の頃は周りの連中は男も女も嫌な奴ばっかで逆に大人に魅力を感じたけど
大人になると逆になる
今はないものに幻想抱いてるだけで本質はどっちもどっちって事

898 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 19:20:45 ID:3P27IhBk0
いや、大人を経験していないときの子供が抱く憧れは幻想といえるが。
子供時代を経験している大人が子供に魅力を感じるのは、質的に全然違うものだな。

899 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 21:09:45 ID:JCYajxLo0
>>898
後者の場合は、妄想といふ。
ありもしない理想像を子供にあてはめてるだけだからね。

900 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 23:49:45 ID:71kx2L7FO
▲△▲ 山 ▲▲△

901 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 23:51:11 ID:71kx2L7FO
>>840 ← やっぱり怖いgkbr

902 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 00:09:12 ID:Mypvdhbv0
>847
重さ15kg 普通の三脚だと潰れるから、テレビ用の重量級三脚が必要。それも100万くらい。
トータルで重さ30kg超え+それ以外の装備だけど、一人でお持ちできますでしょうか?
それと、そのレンズって焦点距離500mmなのよねぇ

903 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 00:16:27 ID:aX6Y8gcI0
>>901
あのさ、ホントのところ言うとおまえ>>840の自演にしか見えねぇんだよ

904 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 00:48:04 ID:c75v06/c0
↑やっぱあんたもそう感じる?

まあ、自演じゃなかっとしても
ちょっと鬱陶しいよね。

905 : ◆QpxPaTcrHQ :2008/02/04(月) 01:13:26 ID:cvZjd+DhO
自演じゃない。ただの厨だ!
でも今回の地元ネタ粘着はやめます。マジ怖いし
いつか生駒山オカルトが出たら名無しでまたカキコさせて頂くかもです
840さんと絡みたかったけどどう見ても無理っぽいしな・・・
さようなら〜
ノシ

906 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 02:59:01 ID:xujn2z9l0
>902
「45.5倍」でググったら一発目でFinePix700実験&工作室がひっかかってワロタ

内容見てみたら望遠鏡の利用例だったんだな でも天体望遠鏡だぜ?
でなんて70mm換算なんだ?と思ったら35mm×2 のデジタルズームでの話なのか
なんでそんなムリクリなセッティングで野生生物撮ってんだろうな

907 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 03:01:29 ID:qbqL5izV0
ネタにマジレス

908 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 04:35:02 ID:FX20QToN0
>>394-397
     , - 、_.'⌒ヽ.   | r‐┐r‐、ァァ r‐┐r‐┐ ┌‐u‐┐ー‐、 /1
   ., -       ノ   | |  | | ヽ. . | ||  |_ [  _  ] `ー'.ノ |
  (  、ー--j‐i'     | |_.ノ|..ノ  |_ノ |_.ノ└‐リ__ノ | ̄  .ノ @
   (   / Q Ql    | ._   _____ _n_  ̄ n    ̄ ̄
   .__ゝて __>    | |.|  └―, , ┘ニコ lニニ, lニニ .ニニl
  (   ( \ノノ    / .|.|  n  //   ^コ lニ^  (0 |
  `て ヽ. i'._     ̄|  、ー'ノ  ゙、`‐┐(o_,ヘ.〉  、ソ  ◎
   .'⌒i.、! ノ7lヽ   |   ̄     ̄
   l   l|ヽ'ヽ'|| l   r'て_
   |  |  ̄ ̄〉! /`r-='

909 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 08:35:38 ID:9w4/wyCR0
>>893
変質者w

910 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 15:02:52 ID:G3ndbfyF0
>>744
亀レスですまんが
モールス信号?
和文なら[・]ヘ [・-]い [・]へ [・-]い または、[・]へ [・-・]な [・-]い
ヘイヘイって呼んでたりして…

911 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:16:54 ID:D1NutjF40
どうでもいいがまとめサイト2のpart31からスレの流れが見辛いな。

912 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 18:27:43 ID:AA3Eg/S30
813 :本当にあった怖い名無し :2007/01/20(土) 03:30:16 ID:1a/CzCEk0
>>809
>山に女は入ってはならない

女山にはそういう忌み事があるみたいですね。
私の祖父の山々では男山か夫婦山なので女は入るなという事は
あまりありませんでした。もちろん1、9、17、20日だったでしょうか、
月事に変わる忌み日はありました。また、へそのごまをきれいに取る。
男山に入るときは下の毛を剃ったほうが良いというお話はありました

へそのゴマと下の毛はいつか書きたいと思います。

※この話の続きを聞きたいと思っているのだが、待ちくたびれた・・

913 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 19:38:57 ID:xAjDTL4x0
>>785
ヒント:マタンゴ

914 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 21:05:21 ID:5/f0qQs6O
生駒が地元なオラ参上

生駒は不思議なところだよ。
外環という道路があるんだけど、そこを夜中に白馬が走ってると噂がたった。
首無しライダーが走る有名道路が近いだけに、白馬の幽霊かと騒然となった。

石切神社から脱走したホンマモンな白馬が道路走ってるだけだった。
理由がわかるまではけっこう怖かった。

915 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 23:31:32 ID:QGezS80v0
まさに生駒ww

916 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 23:38:34 ID:cvZjd+DhO
>>914
石切さんか!乗馬クラブの方から脱走したんかおもたw

917 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 00:31:57 ID:uw+JlaJcO
胡散臭さ大爆発な生駒良いよ生駒。
石切さんなんか神様の大安売りだから。
馬も居なくなったらリストラされたとか噂流れたし、滅茶苦茶カオスっぷりが石切さんクオリティ。

ついでに地元の某駅近くの話。
今から20年以上前。
父の太郎(仮)がまだ比較的若かった頃。
当時はここらに駅なんて洒落たものもなく、あるのは蒲の生えたショボい川や田んぼばっかりだった。
そんな田んぼのあぜ道をトラックに揺られて夜中に帰宅してたら、蒲の隙間から薄ら白い炎が揺れてる。
父は興味本意で、どこに行くのか車の中から眺めていたらしい。
しばらくは今でいう某駅あたりをユラユラしてから、今の某路線に添うように東にある生駒に向かって流れていったそうな。

ちなみに町工場で働いてる今も、機械の裏側を火の玉みたいのが偶に流れてくのを見るらしい。
やっぱり西から東にある生駒に向かって流れてくとさ。

これでもトォチャン、幽霊信じてないっていいきるんだからオカルト。
火の玉と幽霊は別物だとさ。

918 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:40:58 ID:JaGk3HZf0
       彡川三三三ミ
       川川 ::::::⌒ ⌒ヽ
      川川::::::::ー◎-◎-)
      川(6|::::::::  ( 。。))   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ._川川;;;::∴ ノ  3  ノ  < >>893だがもっともっとだ、もっと抜けるガキのケツを・・・
  /;;;:::::::::::::::\_;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    \______________
 /::::  /::::::::::::    |::::|
(:::::::: (ξ:  ・ ノ:::・/:::|
 \::::: \:::::::   (::: |
 /:::\::::: \:::    ヽ|
/::::   \::::: \::: ヽ )
|:::      \::   ̄ ̄⊇)__  〜
|:::::::      \;;;;;;;;;;;(__(;;;・)  〜 モワー
\::::::::::   ξ(;;; );; )      〜
  \::::::::::::    ) )
    ):::::   //
   /::::::::: //
 /:::::  (_(_


919 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 02:22:58 ID:7ZqNNmQW0
石切さんで一番怖いのは「耳だれ人形」だろ、やっぱり。
あと、「かべつちを食べる」とか・・・・^^。

・・・生駒山といえばUFOの基地がある、という噂が立ったこともあったね、そういや。

920 :元登山者:2008/02/05(火) 11:59:28 ID:ZY2n/VtL0
聞いた話です。

祖父から聞いた話です。
私の祖父は昔の国鉄に勤めており、車掌をしていたこともあります。
ある年の冬、大雪が降り祖父の乗る汽車が雪崩で立ち往生した
ことがあります。
普段であれば乗客に遅延の理由を説明したり、遅延証明を書いたりと
忙しいのですが、そのときは夜汽車だったので乗客はおらず、祖父は
車掌室で暇を潰していたそうです。
それにも飽きたので「今のうちに掃除とかしとくか」と
思った祖父は客車に行き、忘れ物のチェックなどをしていました。
座席の下、網棚などを見て回っていると、網棚の隅に箱がありました。
紐で縛ってあり、開かないようになっています。
「ん、忘れ物かな?」と思い、箱を持って運転手の所へ行こうとしたとき
後ろから「あの・・・」と声をかけられました。

続きます。


921 :元登山者:2008/02/05(火) 12:28:48 ID:ZY2n/VtL0
続きです。

「はい?」と振り返ると30くらいの着物を着た男性がいました。
「それ、私の忘れ物なんです。すみません、ご迷惑をおかけしました。」
「ああ、いえ、どうぞ・・」と驚いていた祖父が渡すと
「ありがとうございます。」男性は箱を受け取ると降りて行きました。
「怪しいな・・・」と思った祖父も汽車を降りて男性を探しました。
駅員に「着物の男を見なかった?」と聞いても「見ていない」との
答えしか返って来ません。「変だな」と思ったそうですが、「地元の
人なんだろうか?」と思った祖父は探すのを止めて汽車に戻りました。
翌朝、線路が復旧するまで時間がかかるとの事だったので、祖父は
村へ食事に行きました。ある食堂に入ろうとしたら張り紙がありました。
「尋ね人」と書いてあり、その下には特徴と似顔絵がありました。
失踪したのは去年、山に埋蔵金を掘りに行くと言い行方不明。
その似顔絵は昨晩、汽車にいた男性、そのものだったそうです。
食堂に入り、女将さんにその事を言うと
「ああ、駅裏の山に入ったままでね。なんでも、山賊が金を埋めたとか
って話があってね。それを探しに行ったままなんだよ。地元の人間は
入ろうともしないけどさ。」
「なんで入らないんですか?お宝があるかもって話なのに?」
「あの山はね、神隠しに遭うんだよ。あの男は町から来たから知らなかった
のかも知れないけど、処刑された山賊の祟りとか、昔、合戦があったとか。
あまりいい話がないしねえ。」
「じゃあ、あの男性は一体?」
「神隠しにあっても、お宝を探してるんじゃないかい?欲は怖いねえ。」
女将さんはそう言うと、「厄払いだ」と言って祖父に熱燗を振舞った
そうです。






922 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 13:29:34 ID:y8qsXtn40
>>920
新潟の話ですかねー。

923 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 13:42:38 ID:EP9yvv5fO
石切さんといえば【地獄じじぃ】

924 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 14:49:01 ID:CwC8Bo/D0
生駒連山ってその山中に石切さんや竜神などの日本の神々や仏はもちろん、中国系や韓国系の神仏も
数多く祀られている全国でも特異なところなんだって。
そんなに高い山々ではないのに結構谷が複雑に入りくんでたりしていて、迷ったり事故にあったり
する人も多く、山中で自殺する人も絶えないらしい。一帯は南北朝時代の古戦場でもあるし…。
とにかく数多くの心霊スポットが散在する不気味さ極まりない山であるのは間違いない。

925 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 15:42:15 ID:q0x5O8hnO
かなり今更だけど>>16ー19koeeeeeeee
這う系は駄目だ...

926 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 16:57:46 ID:9WvJOrx00
中国・韓国の神仏など手に負えない気むずかしい
のも多いんじゃないかな。

927 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 21:50:57 ID:yZpeYALi0
>>926確か捜神記の最初にやたら知らない神様には近づいたり有難がってはいけないと書いてあるらしいよ

928 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 04:21:32 ID:GeAXtbjv0
つうか

神頼みする依頼心の強い甘ったれ他力本願寺の屑どもは
近づこうが遠ざかろうが、有難がっがろうが邪険にしようが
すぐにヒドイ目にあってくたばるよ。

まあ、全員、あと3年後にその身で痛いほどに分かるさ。

929 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 06:18:20 ID:jw36wIc10
石切の大仏はあちこちに「日本で3番目」って書いてあるけど、
何が3番目なのさー。

930 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 07:05:08 ID:qjbtbJMm0
>>928
石の上にも三年・・・かよw

931 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 08:32:05 ID:boGyOIg00
現代人が神に縋るなど余りに図々しい

932 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 09:10:45 ID:wn9bH5EI0
現代人にも先祖はいるぜ

933 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 12:16:02 ID:a6Lc1s2b0
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part37∧∧
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1202267701/

ここを使い切ってからご使用下さい。

934 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 12:38:21 ID:TpA1ifo10
もともと一個人のために何かしてくれるわけじゃないからね。神様は。

935 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 14:31:02 ID:AlBTZfWD0
>>933
hae-yo

936 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 16:18:17 ID:ApeUuA/40
>>933
早!だが乙。

937 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 23:12:02 ID:6aJUbfq40
>>929>>936
「だが、それは日本で二番目だ!」

938 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 00:04:29 ID:yv9MPo6S0
早川健乙

939 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 00:32:48 ID:KwxCga7v0
このあたりにさすらいのヒーローが現れたと聞いたのですが・・・

940 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 09:35:13 ID:n0fE0ZaU0
耐寒登山で風邪ひいた

941 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 14:34:19 ID:JWxSJKza0
キャンプしてたら 
夜中に山の上に向って走ってく白いランニングシャツ、半パン、坊主頭の古風な中学生風の後ろ姿を見た。



942 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 16:12:36 ID:ui7J+EXMO
>>941
白い下着のハイジが、まで読んだ。

943 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 17:02:30 ID:Yn55ck6K0
お自慰さんがロリペド、まで読んだ

944 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 00:25:17 ID:5HXZaraaO
人から聞いた怖い話なんて漠然としか覚えてないわ

945 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 00:29:40 ID:5RkVR5sPO
NW早く書け!!!!
何でもいいから早よ書け!!!!!

946 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 00:32:58 ID:aibcQDWi0
ああいう人の目がなくて、公権力による治安が維持されていない場所では
人間が一番怖い。
猟銃を持つわけにはいかないけど、鉈と隠し武器とスタンガンが必要とはね。
・・・・江戸・明治もそんなんだっただろうけどね

947 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 00:41:50 ID:ZIgqVSnH0
テン!ソウ!メツ!

948 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 12:37:46 ID:I4E/uN8c0
「よっつ、よみじはぬけだせぬ。ひがくれ、たそがれ、いのちくれ」

949 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 13:34:38 ID:cn7FlKn6O
ど、どどどどど童貞ちゃうわ!

950 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 16:27:39 ID:I4E/uN8c0
「あんた、死にましょかぁ〜。あんた、死にましょかぁ〜」

951 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 18:45:29 ID:mlzrD3sK0
じゃあ山の話。
学生時代、登山趣味の歴史の先生が体験した話だそうで。

一人で登山中、下山の予定時刻が狂い、山中でもう一泊するはめになってしまった。
そして、目の前にお堂のような建物発見。
テントはるのも面倒なので、「すみません、一晩おじゃまさせてください」と、中に入ったそうだ。
そこで、簡単なスナックを食べ、寝袋に入る。
一応教師だが坊主でもあるので、お経は唱えたそうです。

夜半、とおくから、ずどーーーーん、ずどーーーーーん、と、恐竜でも近づいてくるかのような
足音で目を覚ましたそう。
なんだ?と思いつつ、口で念仏を唱えながら恐怖のあまり目を閉じたそうだ。
その大きな足音は、しばらくお堂のまわりをぐるぐる回っていたが、あきらめたのか、遠のいていったそう。

翌朝、日が差し込んでからおそるおそる外を見ると・・・
狸か狐のような足跡が、お堂のまわりにぐるぐるといっぱいあったそうだ。
どうやら、化かされていたらしい。
その先生は卒業してからもう20年近くたつ今でも、「狸や狐には気をつけろよ」と生徒に言い続けている。

952 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 19:56:45 ID:jL9tWaBXO
思い出した話
昔の話しだから登山自体の記憶が曖昧。

登山中に、道に横一本に木が一枝置かれていた。
ルートが途切れてたり、なんかあったりしたら別の登山者が行けないようにするマーク。
しかたないから引き返して別のルートに行ってもしばらくしたら同じマーク。
もしかしたらクマでも出たかと一端ペンションまで引き返そうとしたら、自分達が元きた道にも同じ行き止まりマーク。
時間にしてほんの少しだから、誰かきたらわかった筈だった。

しょうがなく枝をまたいで、ペンションに行って一端休憩してもっかい最初のルートに戻ったら、綺麗さっぱり枝はなかった。
なんかに騙されてたのかな。

953 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 20:11:47 ID:nz4GmpnXO
山とは関係ないけど、
狸で思い出した。
日露戦争のぽんぽこ兵ってさ、なんか心あったまるよね!

954 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2008/02/09(土) 02:11:26 ID:Mpb0eRTD0
友人の背中には、小さな瘤があった。
皮膚科では粉瘤と診断され、皮脂腺や毛穴に脂肪や老廃物が
溜まったものだと説明された。
粉瘤なら、簡単な手術で取れる。
彼は手術を受け、背中の小さな瘤の中身は取り除かれたが、
粉瘤など見慣れているはずの医師が、不思議そうに見ている。
「普通、こんな色じゃないんですよ」
医師は、黒ずんだ梅干のような姿のものをピンセットで突付いた。
「もっと白っぽいのが普通なんだけどな」
医師はピンセットでつまみ、医療用の鋏で粉瘤を切り開いた。

中から出てきたのは、黒く小さな湿っぽい塊。
やたら臭かったらしい。
医師と共に、その黒い異物を見ている彼には、ふとそれが
虫の糞に見えた。
彼には心当たりがある。
虫の糞なら、俺にも心当たりがあった。

彼の服や髪の毛から、小さな青虫が這い出てくるのを
俺は何度も見ていた。

秋の山で彼は大きな蛾の毒にやられ、あちこちの皮膚が
ひどくかぶれたことがあった。
寝袋の中に蛾が入り込んだのに気付かず、背中で押し潰したのだ。

955 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2008/02/09(土) 02:12:51 ID:Mpb0eRTD0
蛾の死骸をテントの外へ捨てたが、彼が夜明け前に痛痒くて
寝ていられなくなり、朝にはテントをたたんで下山した。

帰ってから見ると、寝袋の中に、小さな卵が産みつけられていた。
数え切れず、信じられないほど多くの卵だった。

数週間かけて、彼は毒でただれた皮膚を治療した。
彼の身の回りに小さな青虫が出始めたのは、冬を越え、
春になってからだった。

服や靴、時にはバッグから。
鼻をかむと、鼻水の中に青虫がいたこともあったらしい。
まさか蛾の幼虫が人体に寄生などするまいと思ったが、
寝袋の卵と、その青虫が無縁だとも思えなかった。
医師が首をかしげるような、不思議な粉瘤も気がかりだった。

彼の肌近くに、青虫がいるのは間違いなさそうだったが、
しばらくして、彼の身辺から青虫は消えた。
ちょうど成虫になる頃だと思ったが、口にはしなかった。

粉瘤のなかの臭い物体が本当に糞だったのか、彼は知らない。
医師がそれをどう扱ったのか、それも知らないままだ。

956 :ひまつぶし:2008/02/09(土) 06:10:45 ID:GDgG8rlP0
この話にはいくつかの疑問があるな
まず山は冷え込むから厚着か暖かい寝袋で寝る
リュックの中の寝袋かテントの中の寝袋か
蛾が入り込むのは考えにくい、入っても気づくはずだ
そして蛾を潰した背中の件だが、裸で寝たのか厚着で寝たのか
裸で気づいてて放置したのか、厚着で気づかなかったのか
裸で気づいたのなら気持ち悪くて放置はしないだろう
厚着で寝たのなら自ら動けない卵が入り込む場所は顔の穴の部分しかないだろう
まさか裸で気づいてて放置したまま寝たわけではあるまいな


957 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 07:35:43 ID:P56EL5u10
無粋

958 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 08:27:51 ID:OIermvjQ0
>鼻をかむと、鼻水の中に青虫がいたこともあったらしい。

ちょっと筆がのりすぎwww

959 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 08:33:27 ID:vVSqfd8x0
だって、全裸隊さんの友達だから…
きっと寝るときも全裸だったんだ…

960 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 09:01:06 ID:P56EL5u10
遠藤周作の蜘蛛を思い出した

961 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 09:29:11 ID:3tCC80bYO
虫だけではないよ。
昔読んだ雑誌の中に、人の体内に卵を産みつけるドジョウの話を読んだよ。
やがてその稚魚は血管に入りある程度の大きさになると血管を食い破って出てくるとか。
宿主が水に近付いたのがわかるそうだ、その隙をねらってね。

その他国内ではまずないだろうが海外、
特に亜熱帯の地域の山に登った時はどんなにキレイに見えても絶対に川の水は飲まない方がいい。
海外で生水が御法度なのは誰もが知ってる常識だけど。

たとえ何時間沸かそうが死なないとんでもない寄生虫がいるそうだよ。

962 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 09:44:25 ID:+uhvBG0b0
>>961
で?そんな地域でも生きている動物がいるのは何故なんだ?

963 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 10:02:48 ID:3tCC80bYO
共生だろ。
長い年月を掛けて、宿主と寄生するもの
お互いが互いにを必要とする関係である事に気付いたんじゃないのか?

実際そういった地域は神が或いは悪魔が済む山として地元の人はあまり立ち入らないらしい。
その地域に棲む動物は同じ猿でも他とは違う行動をとるらしい。

聞きかじりでスマソ。

964 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 10:47:24 ID:HNyr9H7U0
>>961
そういう微笑ましいホラ話にダマされる、ゆるい脳みその人って
どれだけのどかな生活してんだろうなぁ。

965 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 10:47:34 ID:KDJR/ViV0
日本住血吸虫なんか皮膚食い破って体内に侵入寄生するからな。

966 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 10:53:35 ID:P56EL5u10
雷魚とか刺身で食うとがっこうちゅう?に寄生されるらしいけど
成虫になると血管の中を移動して瘤をつくるとか

967 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 14:27:41 ID:HzYJyUsO0
ミクロネシアに3年ほど滞在した時、皮膚の下で成長する
針の先の点くらいの虫いたよ。
山の中の沢近くにある泥沼とかに生息してるんだけど、
そこはタロイモの良い生産地なので現地の人達は水に浸かりながら
タロイモ堀りをするんだよね。すると皮膚に寄生されちゃう。
しばらくすると皮膚に白い糸状の模様が現れるんだけど、
これ、皮膚の下をその虫が這いまわった跡なんだ。
現地の人は糸状模様の先端部分を針で何度もつついて、
その虫を取り出していた。(0.5ミリくらいの黒い点にしか見えないモノ)

蝿とかも皮膚の傷口に寄生するのがいて、ケンカで背中をケガした仔犬の
背中の傷口に何十匹ものウジムシがたかって所狭しと蠢いてたのはゾッとした。
生きてる動物に寄生して、傷口から肉をむさぼって成長してんの。
アリも日本のアリみたくおとなしくなくて、家の中に巣を作って
人間の皮膚を刺したり傷口にたかったりするんで、閉口した。
うっかり脱いだ服とかほったらかしておくと2・3日のうちに
その中にものすごい数のアリがたかって巣を作ってたりするんだ。

綺麗な砂浜の南の島には、実はヤなモンがいっぱいいる、というお話。

968 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 14:42:29 ID:61eaK90z0
>>965-967
そうだな。
寄生虫ってのは、いろいろいる。
脳や肺、胆嚢、どんなとこでも寄生しない場所はないくらい。
だけど、体内寄生するのはどれもこれも線形動物とか扁形動物なんかの
無脊椎生物。
>>961みたいに魚類みたいな脊椎動物が血中に寄生するなんてのは
ホラ話もいいとこwww

969 ::2008/02/09(土) 14:43:50 ID:tEojiCgeO ?2BP(315)
>>955
青虫が人体に寄生したら日本の医学史に残るな
つーかもうちょっと平易な文章で書けんの?

>>966,967
寄生虫スレでお馴染み、顎口虫な
芽殖弧虫とかたまらん

970 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 14:52:52 ID:m5xM7hIi0
一番怖いのは親に寄生してるニートだよね

971 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 16:27:25 ID:UC/Najzt0
|ω・`)

972 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 17:07:09 ID:nL1msIbk0
DV繰り返して女を精神病に追い込むヒモも寄生虫だよな。
正統なヒモ道は、家事もきちんとやって女の愚痴も最後までつきあってやって・・・・と言う
今で言うところの「主夫」なんだが。

973 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 17:35:26 ID:1rp1UMpI0
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

974 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 17:35:33 ID:xAZ3je9IO
地球にずっと居座るのも寄生って事…なのか。

975 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 17:39:09 ID:eZJKi38L0
>>961,>>968
>>人の体内に卵を産みつけるドジョウの話を読んだよ。

コイツの話に何かが混じってごちゃまぜになったんじゃないか?

アマゾンの「カンジール(?)」という魚の情報ありませんか
ttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa3178.html?ans_count_asc=1

976 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 18:25:22 ID:xUloCk1n0
>>972
それ言ったら専業主婦は(ry


977 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 18:48:17 ID:HnJUCQy5O
>>975
カンディルですよ
ググれば出てくるよ

978 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 18:50:51 ID:ayzW2Mm5O
こんばんは

979 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 19:25:45 ID:FMmec87OO
はい
コンバンハ、雪はどうですか

980 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 19:45:20 ID:aY0jKt7M0
>>979
大阪は久しぶりに2cmくらい積もったので
真夜中にでっかい雪だるまを作ろうと
楽しみにしていたのに夕方から雨に代わって終

981 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 19:46:00 ID:fRxPQCJQO
こんばんわ、こちらは雨です。

982 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 20:47:57 ID:FMmec87OO
>>980
夜中に雪だるま?何かと間違われそうな…w
こちらはもう少し西ですが雪から雨に変わりました
お山の方はどうかな

983 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 23:07:13 ID:R29dCBg50
マンションの前を雪投げや、遊んでいる子供がいました。夜だけど。

984 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 23:31:46 ID:dUWJNVVN0
2時間くらい外で遊んでてとママにいわれたそうです

985 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 23:59:34 ID:GjP0fcKb0
寄生虫で思い出したが日本でもごく限られた水系に住むハナビルという生き物は
その沢で水を飲んだり顔を洗った際に目に見えない幼生が鼻から侵入し鼻腔内の奥に寄生するらしい。
初めのうちは気がつかないが吸血してじょじょに成長して
ある日突然息苦しくなるらしい・・

986 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 00:31:20 ID:ziQPseGeO
>>984
鈴香かよ。

987 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 00:48:36 ID:kJAIW8M90
地球温暖化で環境省のレッドデータブックに掲載される
妖怪とか、もののけがいたらそれはそれで悲しい。
怪談が残っているのだが、出現したらTVレポーターが
追いかけてスタジオでは「まだ絶滅してないんですね」
「国がきちんと保護するべきですよ!」とコメンテーターが。

988 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 08:12:55 ID:bpy4bVJK0
ママンは妖怪と、契っていたという・・・

989 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 10:03:41 ID:/GgmXf4h0
ママンが妖怪だったというオチ?

990 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 10:12:35 ID:ZcEZlOPV0
>>989
ちがうよ! ママンのアソコが妖怪だった・・

991 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 11:47:26 ID:zcSJsnL10
茨城には毎年2月の祭りで男と女のあそこの形をした餅が配られる神社があるぞ!
どうだ、オカルトすぎっぺ?

992 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 11:52:59 ID:386AsCoB0
>>991
餅で思い出したんだけど、正月の餅つき禁止って部落があるんだって。
餅をつくと餅が真っ赤になっちまうと言う。

993 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 11:58:40 ID:XzRHTJ82O
>>992
どこの地域ですか?

994 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 11:58:42 ID:zcSJsnL10
>>992まぢ、どこ?

995 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 12:00:34 ID:386AsCoB0
昔の古戦場の近く、とだけ言っておこう。。

996 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 12:03:26 ID:uJ2xSe9V0
聞いた事ある。落ち武者がらみのエピソードだよね?

997 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 12:05:19 ID:zcSJsnL10
>>995関が原か?

998 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 12:08:02 ID:lYmaA/Zp0
>>997 それが物尋ねる態度か?カス。死んで来い愚図。

999 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 12:10:00 ID:7RvwkpBWO
999

1000 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 12:10:01 ID:/s50IAT60
>>998
餅つけ。そんな目くじら立てるほどの事でもないだろう。。。

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

388 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)