5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ほんのりと怖い話スレ その45

1 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 13:45:25 ID:7sEzkkWw0
実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり…
ガイシュツ・都市伝説、何でもOK!
ほんのりマターリヒヤーリと……

前スレ
ほんのりと怖い話スレ その44
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/

過去ログ倉庫
http://www.geocities.jp/g6thh
過去スレは >>2-

◆お願いです◆ 最重要事項
長文を何回かに分けて投稿する場合は、メモ帳などに全部書いてから一気に投稿して下さい。
携帯からの方もそれなりに配慮をお願いします。

それではあなたのお話を聞かせてくださいませ…

2 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 13:46:29 ID:S7pwSnC+O
人生初の>>2ゲッツ

3 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 13:48:40 ID:7sEzkkWw0
ほんのりと怖い話スレ
http://curry.2ch.net/occult/kako/987/987296535.html
ほんのりと怖い話スレ、その2〜〜
http://piza2.2ch.net/occult/kako/993/993172851.html
ほんのりと恐い話スレ、その3〜〜
http://piza2.2ch.net/occult/kako/997/997665026.html
ほんのりと怖い話スレ、その4〜〜
http://curry.2ch.net/occult/kako/1011/10117/1011757878.html
ほんのりと恐い話スレ、その5〜〜
http://curry.2ch.net/occult/kako/1016/10163/1016348927.html
ほんのりと怖い話スレ、その6〜〜
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1025561998/
ほんのりと怖い話スレ、その7〜〜
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1031831925/
ほんのりと怖い話スレ、その8〜〜
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1038/10389/1038937955.html
ほんのりと怖い話スレ、その9
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1043/10436/1043651685.html
ほんのりと怖い話スレ、その10
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1045420974/
ほんのりと怖い話スレ、その11
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047570631/
ほんのりと怖い話スレ、その12
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1050253293/
ほんのりと怖い話スレ その13
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053501524/
ほんのりと怖い話スレ その14
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1056957585/
ほんのりと怖い話スレ その15
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1057597762/

4 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 13:49:32 ID:7sEzkkWw0
ほんのり怖い話スレ その16
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1067324241/
ほんのり怖い話スレ その17
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1078677186/
ほんのりと怖い話スレ その18
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1085122310/
ほんのりと怖い話スレ その19
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1090583433/
ほんのりと怖い話スレ その20
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1094722465/
ほんのりと怖い話スレ その21
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1100413793/
ほんのりと怖い話スレ その22
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1107247698/
ほんのりと怖い話スレ その23
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1111581535/
ほんのりと怖い話スレ その24
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1117822828/
ほんのりと怖い話スレ その25
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1125652298/
ほんのりと怖い話スレ その26
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1131075160/
ほんのりと怖い話スレ その27
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1135250027/
ほんのりと怖い話スレ その28
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1140698477/
ほんのりと怖い話スレ その29
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1144409401/
ほんのりと怖い話スレ その30
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1147672160/

5 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 13:50:41 ID:7sEzkkWw0
ほんのりと怖い話スレ その31
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1151222761/
ほんのりと怖い話スレ その32
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154061843/
ほんのりと怖い話スレ その33
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1156415718/
ほんのりと怖い話スレ その34
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1159309298/
ほんのりと怖い話スレ その35
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1162909657/
ほんのりと怖い話スレ その36
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1166467834/
ほんのりと怖い話スレ その37
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1169589262/
ほんのりと怖い話スレ その38
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1172902607/
ほんのりと怖い話スレ その39
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1175260116/
ほんのりと怖い話スレ その40
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178987005/
ほんのりと怖い話スレ その41
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183472367/
ほんのりと怖い話スレ その42
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1186614946/
ほんのりと怖い話スレ その43
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1190288796/

6 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 13:56:30 ID:zSIHN0srO
ろくぅぅぅぉぉお

7 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 14:52:35 ID:udKufLbxO
数年前の出来事。季節は忘れた。日曜出勤して、一人で仕事してた。
んで、途中トイレに行きたくなって、ションベンしてたら、、

「キュッ、キュッ、キュッ〜〜」と言う音が手洗い場所から聞こえた瞬間、

蛇口から勢い良く水が流れだした。怖い、驚いたと言うより、不思議だったな。
蛇口を回すという行為には、力が作用しないと回らない。

それが、何故、トイレと言う場所で、この摩訶不思議な事象がおこったか?と考えながらションベンし終えて、
一時、以下のような事を、水が出ている蛇口の前で考えてた。

「何らかの力が作用して、蛇口を開けるが出来たなら、蛇口を閉める事も出来るハズ」それを、見届けたいと。

しかし、待てども暮らせど流れっぱなしだったので、ちゃんと、オイラがその蛇口で手洗いをし、閉めてあげたよ。

あれは、不思議だったなぁ。


8 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 15:01:20 ID:FAM+lA3PO
蛇口が揺るんでた?とか…

9 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 15:14:33 ID:udKufLbxO
>>8
現場でも、その可能性も考えたが、使用頻度が高いトイレなんで、
緩んでたら分かるしなぁ。


10 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 16:37:39 ID:R8twCGKX0
10年ほど前、団地で暮らしていた頃のこと。
家族5人の食事も終わり、親父は風呂に入りに行った。
居間と風呂との間には廊下が伸びており、その先に洗面所、さらに奥に風呂場があった。

俺を含む4人は皆居間のあたりでゴロゴロしたりしてのんびりしていた。
15分後、親父が風呂からあがってきて一言。
「誰か洗面所で大声で笑ってなかった?」

そんなハズはない。洗面所に行った人間はいなかったし、そもそも
居間にいる時も誰もそんなに響くような大声で笑っちゃいなかった。
親父曰く、子供の声だったらしい。今でも覚えてる、なんとなく怖い話。

11 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 20:28:28 ID:MME+DMeJ0
たった今あった話…まだちょっとドキドキしてるので文章おかしかったらごめん

トイレいって手を洗おうとした
蛇口ひねって、水で手をぬらしてこすり合わせようとしたら
手のひらになんか変な感触があった
ヌルッっていうかバサッていうか、すごい変な感触
右の手のひらが球状に盛り上がってるみたいな感じで…

何だろ、と思って見たら、右の手のひらに目が有った
妖怪手の目、みたいなそんな感じで
ちゃんと睫があって、ちょっと濁ってる感じの

ばっちり目が合っちゃって。もうびっくりして
「うわあ!」って叫んで右手振り回した。
恐る恐るもう一回見たらもうなかった…

何より左手でさわっちゃった感触がまだ残ってて気持ち悪い
とりあえず食器用洗剤で手洗っといた…

12 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 21:20:29 ID:UC9xBArK0
それは妖怪ナメクジの仕業だね

13 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 21:33:52 ID:OQbhT8P70
赤間さんの目かパイエの妖術だな。

14 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 21:49:02 ID:gmFZaWqx0
夏のこと。
毎年恒例のキャンプに行っていた。10人くらいの結構な大人数で。
この年は、河原にあるキャンプ場。広くて、清潔で、感じが良かった。

で、夜、ビール飲みながらまたーりしていたんだが、
突然、パトカー&消防車の大群が、対岸のがけの上の道を進んでいった。
しかも、キャンプ場にも、消防車が一台乱入。
11時くらいにもかかわらず、スピーカーで、
「先程通報して下さった方いますかっ!」なんて叫んでる。

何となく河原まで野次馬したけど、煙くらいしか見えず。
どうやら、対岸に火柱が2本上がっていて、通報したらしい。
「事故かな〜。崖下に落ちたとか?」
「っていうか、単なるキャンプファイヤーとか?」
なんて言っていたのよ。

翌日の新聞
『○○河川敷で、焼身自殺。遺体は車から這い出て、数メートル離れた
ところで見つかる』

気に入ったキャンプ場だけど、もう行けない。

15 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 01:58:53 ID:aeSaYE4dO
>>11
万引きしたんだろ

16 :1/2:2007/12/23(日) 04:35:24 ID:BHKFU+S60
焼身自殺で思い出した。

通っていた中学校と言うのが所謂、河の土手沿いに建っていた。
河川敷にはサイクリングロードなんかもあって、そこは川向こうから来る
生徒の通学路にもなってるんだが、ある日そのサイクリングロードで
焼け焦げた死体が見つかった事があった。自殺だったらしい。

しかも死体が見つかったのは朝の時間帯。川向こうから来る何人もの生徒が
それを目撃したらしい、中には死体を直接見たやヤツもいて、
曰く『真っ黒こげの丸い塊みたいなものが』曰く『辺りに焦げ臭い臭いが』等など
真偽の程はさて置き、学校中どこに行ってもその話題で持ちきりだった。
我が教室もそのご多聞に漏れず、川のこちら側に家のある俺は興奮しながらも
その話に耳を傾けていた。室内はいつも以上にざわめいていて
最早、取りとめもない状態だった。ところが――

「ついてきてるよ」
そんな一言が聞こえた。騒音と殆ど大差ないざわめきの中で、やたら小さなその声が
妙にはっきりと聞こえた。
まあ取りとめも無い会話の一部を偶然に拾ったんだろう――俺はそう思って気にしなかったが
ふと気付けば周りが酷く静かな事に気付いた。皆、固まったように停止している。
やがて男子生徒のひとりが、不意に声を張り上げた。
「気持ち悪いこと言ってんじゃねーよ、女子!」
そいつはそんな風に叫ぶと女子のグループの方をキッと睨み付ける。
「違うよ! あたしらそんな事言ってないって! 男子の方じゃないの!?」
女子のひとりが言い返す。

17 :2/2:2007/12/23(日) 04:36:05 ID:BHKFU+S60
そうなのだ。何とクラスの全員があの「ついてきてるよ」と言う呟きを聞いていたのだ。
しかもクラス内の誰もそんな言葉は言っていないと言う。教室はやがてパニックに陥り、
泣き出すヤツが続出。騒ぎを聞きつけて隣のクラスの奴等もやって来て騒然となったが
担任が素早く登場し、そんな騒ぎを力ずくで収拾した。
担任が言うには「誰かの声を聞き間違えただけだ!」との事。
確かにそれが一番理屈に合っている。

だが本当にそうだったのだろうか。
あの時皆が聞いた声は確かに女性のそれだった。
だけど決して子供のそれではなかったように思える。
そして、あの声は聞き間違いにしては余りにもはっきりと皆の耳に聞こえていた。
教室の端から端まで全員に。あんなに小さな呟き声にも関わらずだ。

後日、件の焼身自殺の記事が新聞に載っていた。
自殺者は市内に住む二十七歳の女性。異性関係のトラブルから自ら命を絶った、と
その小さな新聞記事には極簡素に書かれていた。

18 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 05:05:56 ID:xCP8LSVL0
おお〜い、ほんのりどころじゃねーよ

19 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 09:51:58 ID:pKkUSLhgO
>>16-17 こ、怖すぎる、涙出た(>_<)

20 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 10:41:50 ID:gyL7Yxai0
なんかkoeeee

21 :1/2:2007/12/23(日) 12:03:33 ID:gYXadS4l0
今年の熱帯夜が続く、夏の夜の7日間にだけ起こった話をします。

俺のアパートはワンルームで部屋は3階でした。
東側だけに窓が付いていて、開け放して寝ていました。

不意に違和感から目を覚ましました。
ほんの少しだけ霊感のある俺は、何か人以外の気配を感じたのです。
同時に金縛りになりました。
目を開けるのが怖くて鼓動だけが激しくなっていくのがわかりました。

「ワンワンワン!」近所の犬が吠えました。その次の瞬間!

「ぎゃあああああああああああああ!!!!!」

部屋の中で叫び声が響きました。
声の主は南側の壁から北側の壁に抜けて移動していったように思えました。
そして静寂。
汗びっしょりで金縛りも解けて恐る恐る目を開けましたが、何もいませんでした。
勿論、部屋の南側にも北側にも窓はありません。第一、ここは3階です。
夢か…?その日はそう思ってそのまま寝ました。


22 :2/2:2007/12/23(日) 12:04:50 ID:gYXadS4l0
だが、次の日も次の日も、同じことが起こりました。
俺はだんだん夜が怖くなってきました。

7日目の夜、俺は何が起きているのか見定めようと
布団には入らず、部屋の隅でうずくまっていました。
視線は、窓の外に向いていました。
月明かりは無いが、街頭の光は見えました。

午前2時を少し回った頃でした。
窓の外を白い影が横切った気がしました。
そして寒気。何かが近づいてくる気配を感じました。

「ワワンワン!」犬の鳴き声。来た!と思いました。
「ぎゃあああああああああああああ!!!!!」

叫びの主は壁の中から現れ、北側の壁に消えていきました。
後姿しか見えませんでしたが、そいつは明らかに人ではありませんでした。

全身、白装束に身を包み、明らかにバランスのおかしい巨大サイズの頭。
そしてハッキリと覚えています。
そいつの頭に3本の毛が生えていたことを…。

23 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 12:34:36 ID:GhmeG6650
うん、頑張ったね

24 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 14:37:16 ID:WNflrTji0
Qちゃんって今でも通じるのかwww

25 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 15:28:27 ID:NM96fgbz0
小池さん乙って言いたかったのに
なんでお前はラーメン食べてないんだ!

26 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 15:48:07 ID:LRCFPr7eO
ほんのり怖い話スレ その44
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1194433078/
毎度お馴染みの埋めにクソバロスwwwwwww
プッッッギャアアァーーーーッッッッ!!!!!
m9(^ω^)wwwwwwwwwwwwwwwwww

ってスレに合わせたレス言ってもまた必死チェッカーとか使って気持ち悪いほど粘着して追ってくる奴がいるんだろうなぁ
(ノД`)オエェ

27 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 15:53:36 ID:pKkUSLhgO
私信すまぬが>>25さん、あっちで困った挑発に乗っちゃってごめんね。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 16:06:51 ID:NM96fgbz0
>>27 お?別に困ってないよん。
ほんのり臭いのが混じってるけど、気にせず次スレを楽しみましょう。

というわけで今朝みたいなやつお待ちしてます。
スレ汚しすまぬ。

29 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 16:25:12 ID:psG9A4jx0
母親が知り合いに聞いた話。

Aさんには義理のおばさんがいた。
Aさんの旦那のおばにあたる人で、Aさん夫婦と旦那の両親とともに実家で一緒に暮らしていた。
おばさんの旦那さんは早くにアルツハイマーか何かを患い、看護に生活に、おばさんはひどい苦労をしたそうだ。
そのせいか、おばさんは少し心を病んでいて、たまに奇行をするようなことがあったらしい。

ある日、いつの間にかでかけていたおばさんがずぶぬれになってボロボロの体で帰ってきた。
その日は台風で雨も風も強くて、またおばさんが奇行をはたらいてどっかに行っちゃったんだとみんな思ってたらしい。
けど、おばさんは「おせんころがしの神社(?)に行ってきた」という。
おばさんいわく、
「鳥居の下で、着物の女がこっちにおいでって手を振っていた、声も聞こえた」
「あたしはあんな神社に行きたくなかった」
「怖かったので帰ってきた」
そうだ。
おばさんは、両親からもAさん夫婦からも、もう二度とそんな神社には行かないでくれとお願いされた。
みんな、これ以上おばさんがおかしくなったら大変だ、あるいは心の病気が悪化しているのかもしれないと思っていたから。
おばさんも、「もうあんな所へは行かないよ」としっかり約束したそうだ。

でも、おばさんは数日後におせんころがしの所で身投げして、自殺してしまった。
台風じゃなかったけど、その日もやっぱり雨だったそうだ。
水に霊は寄ってくるっていうけど、水で力を増す霊ってのもいるんだろうか。

Aさん夫婦はその後実家を出て引っ越しているからその神社に近くないんだけど、
旦那の両親はその近くに寄り付きもしない。
時々、おばあさんから「あっちが怖い」って電話がかかってくる。大抵雨の日だそうだ。

30 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 19:56:16 ID:HQKvpHFnO
ほんのりだと思って覗いたのに(´;ω;`)ウッ…

31 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 19:59:44 ID:28mF0eE6O
ビビリな私にはちょうどいい
と思いきやウッ…

32 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 20:27:18 ID:+FkRDDfpO
8年前、犬の散歩で無人の墓付き寺に行った。
ブランコ等の遊具もあって、犬をその辺に繋いでおいて遊んだり出来るからよく行ってた。
その日も夢中で穴堀してる犬を見ながらブランコに乗ってたんだけど
犬がいきなりピクっと動きを止めて振り向いた方を凝視したので
何?と思って私もそっちを見ると、白くて丸いものがフッと木の陰に消えて行った
動転して犬を連れて速攻家に帰った
結局あれがなんだったのかわからん
一瞬しか見れなかったし
ただど田舎の山の中なんで、風船なんか絶対とんでないし
石垣の上だから絶対人じゃないし、鳥でもない
大きさは直径40センチくらいで真っ白で、無音で真横に移動したように見えた
うちの犬はちょっと自閉症?気味で物音とか気配とか、周りを気にする性格じゃないのに
ピクリとも動かず凝視してて「帰るぞ!」と引っ張ってもなかなか動かなかった
マジなんだったのかわからないけど、なんとなく山岸涼子の宇宙人の漫画を
思い出してしまって余計怖かったんだよ
UFOだったんかなあ

33 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 20:45:37 ID:lFXD9SiA0
ほんのりにもならないかもしれないけど姉から聞いた話をひとつ。
姉目線で書いてます・・・

小学生の時、姉と二段ベット(俺が下、姉が上の段)で寝ていると
隣の部屋から両親の話し声が聞こえてきて目が覚めた。
ボーっとしていたら入り口の方から誰かがスーっと入って来た。
母親が寝ているのを確認しに来たのだろうと思い薄目で確認してみると
白いワンピースを着たストレートの長い髪の女性が二段ベットの横に立っていた。
その女性は、明らかに母親とは別人の女性だった。

その事に気づいた瞬間、声が出らず体も動かなくなっていた。(首から上は動かせた)
怖かったが好奇心の方が勝ち見ていると、その女性は下の段にいる弟を観察するようにじっくりと見ている。
しばらく見た後「・・・違う」と呟くように言った後ゆっくりと上の段にいる私を見るために顔を上げてきた。
私は怖くなってその女性の顔を見ないように必死に目を瞑っていた。
しばらく経ち弟と同様に私の事も観察していたのだろうか、「・・・違う」とまた呟く声が聞こえてきた。
怖かったが私の事はもう見ていないだろうと思い、うっすらと目を明け再び女性の方を見た。
するとその女性は再び弟の事を、凝視していた。
私は、その女性から目が離せず見ているとスカートの裾から下の足の部分がない事に気づいた。
その瞬間、弟の事を凝視しているはずの女性から「見た?」と言われ
私は、あまりの怖さに・・・気絶してしまった。

34 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 21:29:37 ID:+MtMlT1L0
11は変身超獣 ブロッケン


35 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 21:32:47 ID:gcClVQX6O
M-1のポイズンの審査結果前の唸り声が…気になる

36 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 21:39:49 ID:cexy9UnHO
ティッシュのCM見た人いますか?

37 :本当にあった怖い名無し:2007/12/23(日) 23:54:03 ID:9egaGrwb0



38 :1/3:2007/12/24(月) 03:36:02 ID:8H9eLDjB0
寝台車に乗ったときのことです。
朝4時前ぐらいに目が覚めた私は、
トイレに行って戻ってきたところで何となく外の景色が見たいと思い、
上下左右に並ぶ4つの寝台の足元にある大きな窓の前に腰掛けて
(壁から引っ張って倒す椅子のようなものがある)
車窓を眺め始めました。
明らかに空席とわかる寝台以外はすべてカーテンがしまっており、
私以外の旅客は皆寝ているようでした。

日の出前で外は真っ暗。
通路にかすかにともる灯かりのおかげで、
外を見ようと思えばかろうじて外が見え、
窓に映る後ろの景色に焦点を合わせれば寝台が見える状態でした。

私はしばらく外を見ていたのですが、
映り込む後ろの景色の中で何かが動いた気がして、
振り返らずに後ろの景色に焦点を合わせました。


39 :2/3:2007/12/24(月) 03:37:04 ID:8H9eLDjB0
そこには白い手が映っていました。
私がついさっきまで寝ていた寝台のカーテンのすき間から、
白い手がにゅっと出ていたのです。

振り返る勇気を持てないまま、
窓越しに何度も場所を確認しました。
やっぱり私が寝ていた寝台から手が出ています。
特に動くわけでもなく、カーテンを押さえるように
手の甲をこちら側に向けてじっとしています。
トイレに行くときに防犯のためカーテンを閉めてしまっていたので、
中の様子はうかがうことができません。

私が降りる駅まであと1時間以上あります。
荷物はカーテンの中です。
みんな寝ているようなので大きな声を出すわけにもいきません。
白い手に背中を向けている状態は怖いですが、
振り返ったり、ましてカーテンを開ける度胸はありません。



40 :3/3:2007/12/24(月) 03:37:44 ID:8H9eLDjB0
じっと腰掛けたまま、ひたすら次の駅に着くのを待ちました。
自分が降りる駅ではありませんが、
次の駅に着けば、降りる人や乗務員さん、駅員さんの
気配に驚いて手が消えてくれるのではないかと思ったのです。

この予想は当たりました。
駅に着き、ホームから視線を戻したときには手は消えていました。
まだ荷物という課題は残っていましたが、
降りる駅に着くまで窓際に張り付き、
ホームが見えたと同時にカーテンを開けて荷物を拾い上げ、
なりふり構わず列車を降りました。
ファスナーのあいた鞄から靴下などがはみ出していましたが、
何か見てしまったらどうしようという恐怖でいっぱいいっぱいでした。

もうひとりで寝台車に乗るのはやめます。
あと、荷物はいつもまとめておくようにします。


41 :『友人代表』1/3:2007/12/24(月) 05:00:41 ID:hf8Jvae90
奇妙な話をひとつ・・・怖いかどうかはさて置き。

中学生も終ろうかと言うある日の夜の事だ。
自室で漫画を読んでいた俺に階下の母親の声が響いた。
「○君(俺の家での呼び名)、友達来てるよー?」
俺は、はてと思い時計に眼を移す。午後の九時も半を過ぎようとしていた。
こんな時間に一体誰が来ていると言うのだろうか。
胡乱に思いながらも部屋を出る。階段を下りて玄関へ――
だがそこには誰もいなかった。玄関のドアは開いているのだが誰も居ない。
「おかーん! 誰も居ないぞー!?」
台所に呼びかけると、母親がひょっこりと顔出して、
「あれ? 今までいたのにねぇ」
との事。もうワケが分からずにとりあえず、外に出てみようと思い
靴を履こうとすると・・・

「何だこれ・・・煙草?」
何故か俺の靴の中に未開封の煙草が押し込まれていた。銘柄は『HOPE』だった。
でも何故それが靴の中に押し込まれているのかまったく分からない。
とりあえず煙草をポケットに押し込むと、靴を履いて外に出る。誰も居ない。
家の周りを見て回ったが『俺の友人』と思しきヤツはは愚か、人っ子ひとりいない。
仕方無いので家に入ろうと、玄関先に留めてある俺の自転車に、何だか見慣れない紙袋が
押し込めてあるのが目に付いた。その日は自転車など使っていなかったので
カゴに何か忘れ物をしたとも考えられない。
そうすると、これは『俺の友人』が残していったものなんだろうか?
と言うか、そもそも『友人』て誰の事だ? 疑問に思いながら俺は紙袋を手にとった。
割と重みがある。中に入っているであろう物のラインを指でなぞってみると
何やら硬い。大きさはBの5判程度・・・厚みとしは2、3センチと言った所だ。
恐らくは本だろう・・・しかし、本? 誰かに漫画を貸していた覚えは無い。
俺は恐る恐る紙袋の中を確認し――

42 :『友人代表』2/3:2007/12/24(月) 05:04:52 ID:hf8Jvae90
「うげ!?」
思わず声を上げる。そこに入っていたのは確かに漫画だった。
しかしその漫画に覚えは無い。当り前だ。
何故ならそれは表紙に筋肉質な男が絡み合っている――つまり、ボーイズラブどころか
薔薇薔薇したようなお方が愛読して止まないような本だったからだ。
当り前の話だが俺にそんな趣味は欠片もない。あってたまるか。
俺は嫌悪感と吐き気と、何故こんなものがここにあるのかと言う理不尽な怒りから
すぐさま家の傍に流れる水量豊富なドブ川に走って行くと、全身全霊の力を込めて
紙袋を投げ捨てた。
不穏な紙袋はそのまま川の流れに乗って、直ぐに見えなくなった。
俺は怖いんだか、不気味なんだか腹立たしいんだか・・・
傍にあった一斗缶(家のゴミを燃やすのに使っていたものだ)を蹴り上げると
家に戻ることにした。

43 :『友人代表』3/3:2007/12/24(月) 05:08:59 ID:hf8Jvae90
・・・と、ここまで読んだ人は「おいおい、そりゃただの悪質な悪戯だろ」と思うだろうが
この話にはちょっとしたオチがある。
家に戻った俺は母親に詰問するような声で訊ねた。
「おかん! 誰や、今来た言う俺の友達って!?」
「誰って・・・あんたの友達やんか。○○君(俺の名前)居ますかって言うから」
「だから誰や! ××(知り合いの一人)か!?」
すると母は首を横に振り、
「違うなあ」
「なら△△か! それとも◎◎か!?」
母は暫く考えた後・・・
「いや、それも違う・・・でも、何回かウチに来てた子だったと思うよ・・・それも、最近」
ウチに来てた? それならある程度察しがつく。俺は部屋に戻ると学校の集合写真やら
何やらを引っ張り出して来て母親に突きつけた。
「これか?」
「・・・違う」
「なら、こいつか?」
「いや、違う」
写真の中から何度も、そしてここ最近ウチに来ていた友人をピックアップして面通しをしてゆく。
だけどその答えはすべて『NO』だった・・・
他に候補として近所の連中も数人くらいいたが、そことは家ぐるみの付き合いをしているので
そもそも母親が名前を知らないわけがない。
「じゃあ、誰やねん! 俺の知り合いかホントに!?」
怒鳴り散らす俺に普段は温和そのものな母親もちょっとキレ気味で、
「でも、前に見たことあるんやって! 何回も!」
と、頑として譲らない。
結局、その『友人』はそれきり我が家を訪れることは無かったが、

果たして俺の知らない『俺の友人』って、一体誰だったんだろうか、今でも謎。

44 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 06:52:48 ID:JGF34PJf0
目が滑るわ

45 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 10:56:17 ID:mz91ahgAO
ちょっとうたた寝をしてハッと起きたら…、
ハンドルを持って高速を運転してました。



高速で居眠りしてたょ…っ!!

その瞬間、冷や汗がシュワ〜って吹き出したよぉっ!!
幸い深夜で周りに車がなかったのもあるけど、よく生きてたなぁと思った。
すぐにパーキングに入ったけど、ふと気付いた。…どうやら一つIC飛ばしてる…。約一区間も寝てたって事……!?

すみません何ともない話ですけど、本人からしたらガクブルもんでした(゚д゚;)

46 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 11:52:02 ID:ark0yy1X0
何ともないことあるかい!
何事もなくてよかったな〜。
自分はもちろん、他人にも迷惑かけるところだったよ。
お気をつけて。

自分は眠くなったらパーキングで仮眠を取るようにしてるけど、ふと目を覚ましたときに
目の前の駐車中の車を走行中と勘違いしてフルブレーキ踏むことがある。
板違いスマソ。

47 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 12:09:22 ID:yAt4RRwI0
>>45
普通にほんのりじゃない…

48 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 12:16:27 ID:YqUpOaDL0
>>45
いや、無事でよかったとは思うが、高速を使うものとしてはやはり((;゚Д゚)ガクガクブルブルもの。
そんなやつにぶつけられたらと思うだけで怖い。
実際長距離トラックの運ちゃんなんかそういうの多いらしいけどね。

運転するときには傍らに眠気覚ましのガムなんかを常備しておいてくれ。
俺はブラックブラックガムのボトルをいつも買い置きしてるぞ。
少々高いが命には変えられないからね。  

49 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 12:20:25 ID:niC5V86o0
高速の中央分離帯にぶつかりそうになって目を覚ましたことはあるなあ。
中央分離帯のガードレールが立ってる場所はアスファルト敷の車道より
ちょっと低くて車道との境目が段差になってたんで、
その数センチもない段差を踏み外した衝撃で目が覚めた。
もちろん最寄のPAで仮眠しましたとも。

50 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 13:26:00 ID:ISUoY4OG0
知り合いが高速道路関係で事故にあって、一家全員が大変な
事になったのを覚えている。>>45みたいな居眠り運転をした
車がパーキングエリアに突っ込んできたみたいで。それにぶつかった
車は大破。当たりどころが悪かったらしい。
おじさんは下半身不随、おばさんは首に重い障害。
息子にいたっては未だ意識が戻らない。

だからそういった軽々しい言動は慎んでもらいたい。
世の中はあなたの無責任のせいで、未だに苦しんでいる人も存在している



51 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 13:47:19 ID:V3HjedCoO
突然真夜中に「オ゙ゥエ゙ェ〜オゲェェ〜」と物凄い嘔吐が聞こえた。
おかんから「○○○?気持ち悪いの?」と娘の自分を呼び掛ける声。
自分「えぇ?違うよ?」
そもそも男性のように低い声だった。
しばらくして眠り、翌日管理人のおばあちゃんに言ったら「外に嘔吐物があるかも」と片付けに行ってくれた。
だけど、何もどこも汚れてない。

はっきり聞こえてたし隣からの可能性は低い。
なんだったんだろ…

52 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 16:26:23 ID:PveQdgwZ0
>>51
カラオケの練習だ
少し音痴だっただけだ

53 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 16:33:40 ID:7awr+xHGO
ジャイアンかよw

54 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 16:59:26 ID:SSnNhL6d0
>>45>>49
呪われて氏ね

>>51

>>43
写真と実物は多少違う
>>33

>>32
ゴミ袋
>>29
雨だと鬱
>>16
女子の悪戯

55 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 17:26:50 ID:fnNlMGab0
なんで遡ってるんだ?

56 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 17:32:34 ID:mz91ahgAO
>>50
すみませんでした。
別に居眠り運転してたとか軽々しく発言したのではなく、常識的に意識がないまま走れる距離ではなかったので、もし本当に居眠りしてたのならなぜ助かったのか(守護霊的な?)。
それとも何かしらで記憶が飛んだ可能性、自分の知らない内に別の自分が出ていた可能性などといった意味合いでこちらに書いたつもりでした。
不愉快な書き込みをしてしまい申し訳ありませんでした

57 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 17:44:42 ID:QP2B2/GT0
>>56
おれは不愉快ではなかったよ。
事故る可能性がありながら酒飲んで
運転してたという訳んじゃないんだろう?
ただ、ほんのりというよりゾーッとしたけどw

58 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 19:23:11 ID:zqScaI810
ほんのりじゃなくて、洒落にならない怖い話だな。
背筋が凍るよ。

59 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 20:47:32 ID:xeJ/lyPt0
俺が始めて体験した不思議な事話します。
建て替え前の家では、ちょくちょく足音が聞こえていたらしい…
らしいってのは俺じゃなく姉が聞いていたからで俺は聞いた事がない。
今から話すのは足音じゃないけど、音関連で俺も体験したはなしです。

就職してからだから、今から3年くらい前の夏の夜
建て替え前の家は狭かったので俺と姉で1部屋だった(と言っても、姉は寝るだけでしか使わないからカーテンで間仕切りしてベットが置いてあるだけ)
んで、寝る前に2人で話してたら玄関が開いた音がした(部屋が玄関の近くなんで)から誰か帰ってきたと思い「おかえりー」って言ったんだけど反応なし…
あれぇ?って思い玄関を見てみると誰もいないんだよね。
聞き間違いかと思いまた話してたら、今度は買い物袋を置く時とかにするドサッて感じの音が聞こえた。
今度は聞き間違いじゃないだろうと玄関を見たんだけど、やっぱり誰もいない…
チョット怖くなってきたからもう寝ようって事になって電気けして扇風機のタイマーをセットしようとしたら
床から干からびた手がニューっと出てきて手を掴もうとして消えた。

あの手は何がしたかったんだろうね…


60 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 21:08:02 ID:PdurIP+l0
手淫

61 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 21:11:59 ID:jB32ndql0
>>33
>姉目線で書いてます・・・

>小学生の時、姉と二段ベット(俺が下、姉が上の段)で寝ていると

おいおい

62 :本当にあった怖い名無し:2007/12/24(月) 22:40:39 ID:mWRV8pub0
>>61
ほんのりしただろう?

63 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 00:06:09 ID:iVMt4p380
俺の実家すごい田舎なんだよね、テレビレベルの。
田畑が広がってるって感じじゃなくて
険しい山の谷間にある小っこい集落みたいな感じ。
田んぼと畑は集落からちょっと離れた場所に纏まってある。
使える平地が小さいから色々疎らなんだ。
そんで今日クリスマスイブだからって実家に電話かけたんだけど、
知らない女が出てびっくりした…。
よく聞いたら親父の親戚の人?で、こないだからうちに住んでる
らしい。そんでこれから先もいつまでかはわからんが住み続ける
らしい。
年末実家に帰っても落ち着かないじゃんかよー

いきなり全然知らない人が家族になってたってほんのりかなーと思ったけど…
普通か


とりあえずメリークリスマス!
駄目なプレゼントですまん

64 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 01:24:30 ID:JqJ9NiOmO
本当にほんのり(あんまり?)で長めの話を一つ


去年の夏、友人と祭に行ったんだが、その時に財布を落としてしまったんだ。
「4万入ってる財布拾って届け出る奴なんていねぇよな…」
と、半ば諦めながら落とし物センターに行ってみると、なんとも運のいいことに俺の財布が届いていた。
しかも万札の一枚も抜かれていない!
「兄ちゃんツイてんなぁ!きちんとお礼しなよ」
そう笑いながら警察のおっさんは、拾ってくれた人の住所や名前、電話番号が書かれたメモをくれた。
家に帰り、俺はその人にお礼をするために電話をかけようとメモを読んでみた。
メモによると、拾ってくれたのはともみさんという女性のようだったが、彼女の名字を見て俺は少し戸惑った。
「 猪切 」…。なんとなく字面が怖いし、何と読むかがわからない。初めて見る名字だ。
(イノキリ、か?)と俺が考えている間に電話がつながったが、あいにく留守電だった。
俺は後日お礼に伺いたいので連絡をくださいというメッセージと自分の携帯の番号を残して電話を切った。

65 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 01:46:15 ID:JqJ9NiOmO
次の日、彼女から俺の家の留守電にメッセージが入っていた。
それにはハキハキとした感じの若い女性の声で、「イギリです。お礼して頂けるなら喜んで。次の日曜のお昼以降なんてどうですか?」と笑いが混じった返事が入っていた。
俺はすぐに電話をかけたがまた留守電だったので、「それじゃあ日曜の3時くらいに伺います」とメッセージを入れた。
そして日曜日。
俺はお礼のケーキを持って、イギリさんは美人なのだろうか…とwktkしながらメモのマンションに向かった。
あまり知らない街だったので道に少し迷ったが、タクシーの力を借りてなんとか彼女のマンションに着いた。
メモを見て部屋を確かめる。忘れもしない、304号室と書いてあった。
部屋番号を目で追っていく。「301、302、303…305。あれ?」
304号室がなかった。
管理人にも聞いてみたが、304号室はないし、イギリさんなど知らないと言う。
おいおい、こんなネタみたいな話…と困り果てていると、俺の携帯が鳴った。
画面を見ると、イギリさんの電話番号が出ていた。
どういうつもりなのか問い詰めるため、電話に出ようとした時
ハッと気付いた。

「なんで俺の携帯の番号がわかるんだ?
留守電に入れたのは家の番号だ」
携帯ぶん投げて家に帰った。

66 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 01:49:24 ID:JqJ9NiOmO
って何書いてんだ俺
>>64はもちろん携帯じゃなくて家の番号ね

67 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 01:54:56 ID:96Pw2YU9O
投げた携帯はどうなったんだよ
放置?

68 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 01:56:33 ID:JqJ9NiOmO
>>67
そのまま解約したw
今の携帯にもかかってこないかしばらく不安だったけど

69 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:00:20 ID:HUf5MQie0
サイフの中に携帯の電話番号書いてある物入ってたんじゃね?

70 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:02:20 ID:96Pw2YU9O
>>68
一瞬、携帯を捨てたのに、携帯で書き込んでる所が怖い話かと思ったじゃないか。
去年の話みたいだし、買い換えてるよな。

71 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:03:15 ID:PwjOcFCp0
>69
そう思う。財布に免許証とか、何かの注文の控え(ケータイ番号が書いてある)が
入っていて、写真を見た猪切さんは64にフォーリンラブ。
逆レイープ目的で財布はそのまま交番に届ける。ケータイの書いてある紙はこっそり破棄。
まんまとお礼電話が来たので、会う約束をする。
ところがその時猪切さんはDV男から逃れるため、友人宅に一時避難していたのだ!
友人はその日は休日出勤でいないその隙を狙った。
だが、部屋を4つめの部屋と間違えて覚えていたため、架空の部屋番号を64に
伝えてしまった!
その事に気づいた猪切さんは逃げられる!と思わずケータイにコールしてしまう。

なんてなー



72 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:07:25 ID:PwjOcFCp0
もしくは最初の電話をうっかりケータイからしてて向こうが
番号把握してたとか

73 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:09:27 ID:JqJ9NiOmO
なんかお前らの話聞いてたら怖い体験じゃなかったかもしれないと思ってきたw
ちくしょう!
あのまま猪切さんとフォーリンラブだったらクリスマスにオカ板になんか来なくてすんだかもしれなかったのに…

74 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:12:21 ID:HUf5MQie0
>>73
肝心なのは
財布の中身
最初に電話をかけた時は家か携帯か

75 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:13:42 ID:93ag7IUy0
(´;ω;`)ウッ…

76 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:14:40 ID:ry1aeaOL0
今ごろは猪切さんにいきり立つイチモツを突っ込んでたかもな。



ところで、携帯の留守電確かめてみた?意外とチャンスは続いてるかもよ?

77 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:15:58 ID:WEgLMACTO
あぁ、これがほんのり怖いってことか。

78 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:17:25 ID:JqJ9NiOmO
>>74
最初にかけたのも留守電にいれた番号も家の電話
これは間違いない
免許は財布に入れてないんだけど
正直携帯の番号の控えが入ってなかったという自信はない

…うわああああああんともみさあああああああん

79 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:26:26 ID:HUf5MQie0
>>78
来年は出会いがあるさ




多分

80 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:27:56 ID:112jkUqHO
へたれな>>78に惚れた

81 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:28:33 ID:96Pw2YU9O
財布を届ける(素直)
住所を間違えちゃう(天然)
ハキハキした声(若くて、明るい)
1人暮らし(だといいな)
財布も盗らないし、経済的に豊か(たぶん)
可愛い(希望)

猪切さん萌え

82 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:29:27 ID:JqJ9NiOmO
連レススマソ
あの後俺めちゃくちゃビビりまくって
さっき書いた通り携帯は変えたし、家電の番号も変えてもらって…
あの時携帯と一緒にメモも捨てちゃって電話番号ちゃんと思い出せないし…

いや、怖い体験だったんだ!
そうだよね…?

83 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:37:45 ID:aiAlZLZGO
猪切さんがほんのり悲しんだかもね

84 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:46:56 ID:TZ6nWIbtO
猪切さん(48・主婦)の話とは全然関係ないんだけど

>>50のちんけな身の上話に配慮する義務なんかねえよ
あんの?
怖かった話に説教垂れたがるウンチが今後また出てきたら
俺たちはどうすればいい?いちいちそいつに謝ったらいい?

85 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:49:11 ID:112jkUqHO
管理人も知らないとか言ってるんだから怖い話なんじゃねーの

86 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:56:27 ID:HUf5MQie0
管理人がミスタ並の4嫌いなだけかもしれんね

周りにマンションが2,3個あって間違えて入ったとかな

87 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 02:58:46 ID:JqJ9NiOmO
>>85
それもそうだ
でもお前らのおかげであんまり怖くなくなったぜw

結局謎が残ったけども、俺とともちゃんの一夏の恐怖体験でした
スレ汚しスマソ

88 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 03:08:16 ID:96Pw2YU9O
>>87が入るマンションを間違えたか、猪切ちゃんがうっかり住所を間違えたか。

の二択しかない。
いずれにしろ、些細な間違いが原因で、イヴの夜にオカルト版。

89 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 03:24:35 ID:a/XWwHXZ0
いや、ともちゃんはDV男から逃れるため、友人宅に一時避難していたから
管理人さんはともちゃんの事知らなかったんだよ

90 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 04:54:53 ID:112jkUqHO
おまえらどんだけ ともちゃんで盛り上がってんだよw


91 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 09:25:52 ID:su0LbY4dO
先日、友達と飲んでて「嫌いな人に“死んじゃえ〜!”と思ってたら
本当に死んじゃった」という話になった。
友達は大嫌いな上司に憎しみ込めて「死んじゃえ」と思ってたら
ぽっくり心不全で亡くなってしまい、自分には邪悪な能力があるのでは…と
しばらくブルってた、と笑った。
私の場合は隣家のメンヘラ奥さんが相手で、なにしろキ印さんなので
日頃からトラブル多くて困ってたんだけど、ある日何の気なしに
「あんなの2ヶ月位で死んじゃうし、気にしない」と言ったら
本当に2ヶ月しないうちに亡くなってしまった。
以来、言霊は本当にあるから不用意に不吉なことを口に出してはいけない
と思っている。

奥さんの死因は子宮外妊娠による大出血(失血)だった。
友達と話すうち、奥さんが亡くなった日の旦那さんの行動を思い出したんだけど、
多分、奥さんを救う気はなかったんだろうと思えてきて、今更ながらぞっとしてしまった。

92 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 09:45:09 ID:su0LbY4dO
旦那の行動、携帯で一回打ったの消してしまった…orz

しかも鬼女板の誤爆でした。m(_ _)m

93 :餓死する程洒落にならない話:2007/12/25(火) 10:00:15 ID:CKdS5QZS0
インチキスパイ衛星5022億円、維持運営費年間150億円!
この詐欺兵器1機だけで8万人の若者の高校・大学の全学費を無料にすることが出来る。
イージス艦「あたご」1475億円、維持費年間40億円!
このイージス艦というインチキ戦艦たった1隻で夕張市が3つも8つも丸ごと救える。
こういうインチキ兵器を6隻も買わされた低脳国民が世界中で物笑いの種になっている
ことを日本のマスコミは一切報じない。どうでもいい痴呆番組やどうでもいいスポーツ
番組を朝から夜中まで垂れ流すような愚民化教育が貫徹しているからだ!

94 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 10:27:52 ID:OpeTiGh6O
>>64
> 俺は後日お礼に伺いたいので連絡をくださいというメッセージと自分の携帯の番号を残して電話を切った。


95 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 11:42:33 ID:n1hukQulO
>>94
>>78

96 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 11:59:30 ID:Ac3FUtWnO
>>94
その2つ下のレスでも読もうか

97 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 12:24:31 ID:xl8b7j2o0
家でテレビ見ながら暇つぶししてたらテレビの画面が異常にブレて
故障か?と思ってたら突然首に冷たい感触
そんで「一緒に死んでくれない?」って耳元で囁かれた。
いいけど俺の変人さ知ってから判断してくれって何もない虚空に向かって喋ってたら
面白い人から見てるって憑かれた
時々誰に対してでもない虚空に向かって喋るため今の俺には友達一人もいないぜハハァーハハ

98 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 14:05:45 ID:+3lGPLifO
友達いないのは日本語不自由だからじゃ?

99 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 15:18:00 ID:xl8b7j2o0
やっぱ即席だとうまく書けんニダ

100 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 15:22:39 ID:ue5ltLMh0
携帯捨てたとかどうみてもネタじゃねーかよw

101 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 15:26:01 ID:aiAlZLZGO
>>100
丘板のスレで本当の事が何個あると思う?

102 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 18:25:11 ID:JqJ9NiOmO
>>100
え?捨てちゃダメか?

103 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 19:07:00 ID:z0drxLjoO
ID

104 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 19:29:50 ID:z0drxLjoO
ゴバクorz

105 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 20:54:41 ID:6FtHMTZ30
93の4行目は、何故3つの次が8つなんだろ ほんのり…?

106 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 22:49:55 ID:+UeIEhtc0
嘘のサンパチだから

107 :本当にあった怖い名無し:2007/12/25(火) 23:51:32 ID:JqJ9NiOmO
鬱陶しいかもしれんが、>>64>>65は本当の話だって
創るんならもっと怖くて面白いちゃんとしたオチがある話にするっつーのw

108 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 00:35:26 ID:qtR2LLKa0
創りじゃなさそうな話なんて >>21-22 くらいだよな。

109 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 00:37:38 ID:fPGPO1kq0
俺んちに飼ってないはずの猫がいる。
いつも台所にいるんだけど腹でも減ってんのかな。
黒っぽい猫だと思ってたけど濃いグレーの猫だった。
この前は炊飯器の横でご飯炊けるの待ってた。
初めて話しかけたら消えた。けど、出かけようとしたら鳴き声が聞こえた気がした。

110 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 02:11:46 ID:8jkfY+Hd0
猫も米食うのか

111 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 05:19:11 ID:Q8x4DxWC0
猫まんま

112 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 13:31:07 ID:/+gXFIft0
>>107
だったらあまりにお前の脳味噌はオカルトに毒されてるだろwww
連絡先を警察官が聞き取りながらメモしてくれたならメモミス率も跳ね上がるし、
自筆だったとしても住所だの電話番号だの素で書き損じるもんだぞw
携帯番号だってあまりに普段素で使ってる道具だし、記憶にも残らずにうっかり使ってたり、
自宅の番号教えるつもりが寸でのところで気が変わった…なんて珍妙なミスは人間、案外あるもんだ
なんで真っ先にオカルト判定なんだよwww
その場で「あるぇー?携帯の番号教えましたっけ?」って詰めろよww



要するに何が言いたいかというとだな、
イギリさんのマンマン逃して乙

113 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 15:31:35 ID:zvAqCmOl0
携帯の番号教えといて拒否&放棄されたら普通に不愉快だわ…
まぁ誰とも解らん男を家に上げるのが怖くなって
嘘の住所を教えた可能性はあるけどな
というかスレ違いだな

114 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 16:03:02 ID:iSJw/K02O
もういいでしょ。
ネタがないならひっそり過疎りましょう。

115 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 16:37:53 ID:/wS9SA2vO
うちの地元じゃ祭で落とし物拾ったときに住所とか書く紙って
カーボン紙?だったかで写すから間違うことはまずないな
64、65がそうだったかどうかもそもそもイギリさんが教える気があったかも知らんが

116 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 17:15:20 ID:rOu8msnw0
>>66のレスはわざと無視して遊んでるのだろうか。

117 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 19:45:23 ID:6cJAPpudO
そもそも拾った人の個人情報を警察が教えちゃうのがホラーだよなぁと思う
どうにかならないの?これ
お金抜いたでしょーとか言われることもあるらしいし

118 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 19:48:07 ID:ODLHPRfx0
>>116
馬鹿乙

119 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 20:34:16 ID:zry7d/b1O
>>113が何を言ってるのかさっぱりわからん
財布を拾う→住所を書く→留守電に家に来ていいと返事を入れる
の順なんだから怖くなってもクソもなくね?

120 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 21:33:39 ID:bGqP0lat0
>>109
猫缶買ってきて開けておいてやれ。

121 :本当にあった怖い名無し:2007/12/26(水) 22:20:25 ID:upAakm6UO
>>119の頭の悪さは天井知らずやぁ〜

122 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 04:58:11 ID:Vu10NO9I0
>>117
最近財布拾って交番に届けた時は、
落とし主からお礼の連絡必要ですかと聞かれた。
別にお礼とか必要なかったのでいらないと言っといた。
拾い主が連絡ほしい場合だけ連絡先教えるんじゃないの?

123 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 05:24:51 ID:2mhZvzWgO
>>122
そうとは限らない話を2ちゃんでよく目にしたんだよ
2ちゃん情報信じるなって感じか

124 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 09:29:05 ID:P0ZU4y+pO
>>122
俺も財布届けたとき名前も教えなかった。
知られないんだったら、札を抜けば良かった。

まさか書類も作らない警官が着服してないだろうな。

125 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 13:57:56 ID:jAgrXwzXO
その警察、警官によるんじゃない?
地元の交番は自転車盗まれたり、落とし物届けたりすると「書類作るの面倒臭い」
という態度が見え見えと評判だった。
自分も被害届け出そうとしたら他所の交番に行けと言われた。
こんな警察あるんだ、すげえと思った。

126 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 14:29:41 ID:p73prQ4d0
厳密な規定がどうなってるかは知らんけど、結局末端の警官やその署によるだろうね
知り合いが空き巣に入られたとき、家中の家具から指紋を取ってたらしいんだけど、
家族は指紋とられなかったんだってさww
捜査は形だけだったって事だ罠(´・ω・`)

127 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 15:09:16 ID:6XXBdUEQ0
モウイイヨー(´・ω・`)

128 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 02:31:05 ID:LHkyEGX+O
スレ始まっていきなり
コレモンの雑談だもんな
出足好調だな

129 :1/5:2007/12/28(金) 03:22:01 ID:/DfzRugU0
叔父の仕事場にお邪魔した時の話。(長いです)

新潟に母方の実家がある。長期休暇があるときには母方の親戚一同がその家に集まる。

実家に住んでいる叔父は一人身で、家から遠くはなれた山奥の養豚場に勤めている。
朝早くから仕事があり、さらに片道最低でも二時間はかかるので、
普段は仕事場に泊まりこんでいるらしかった。

七歳くらいの頃だろうか、夏休みのある日、いとこ四人+大人二人で仕事場にお邪魔することになった。
理由は良く覚えていないが、多分山菜を取りに行くとかそんな理由だったと思う。

海のそばにある実家から、車で長いこと揺られてやっと養豚場についた。
山奥だとは聞いていたが、想像していたよりももっと奥にあったので、少し驚いた。

養豚場は臭かった。慣れている人間にはそうでもないらしいが、
養豚場なんてきたことのない者にとって、そこに居るのは正直苦痛だった。
そのため、大人が山菜を取っている間、子供たちだけで遊んでいようということになった。

130 :2/5:2007/12/28(金) 03:22:55 ID:/DfzRugU0
養豚場から少し下ったところに結構な広さの空き地があったので、そこで鬼ごっこ等をしていた。
しかし、七歳やそこらの子供ばかりだったので、流石に長い間は持たなかった。
空き地でやることもなく、ただぼんやりとしていると、いとこのうちの誰かが「探検をしよう」と言い出した。
言うまでも無く、全員がその提案に賛成した。

親に許可を取って、探検に出かけた。
とりあえず空き地の周りを探索することになった。
そしてすぐに見つけたのが、
「立ち入り禁止」と書かれた札。札はロープにつるされており、ロープは林道をふさいでいた。
そんな札は子供にとって「入ってください」といって好奇心を煽っているようなもので、
四人は当然のことのようにロープを越えて林道を奥へと進んでいった。

林道は意外にも綺麗に整備されていた(舗道ではなかったが)。
何軒か、倉庫のような建物もあり、実家の近所にある林道と大した変わりがなかったので
少し残念に思いながらも、さらに歩を進めた。

131 :3/5:2007/12/28(金) 03:24:25 ID:/DfzRugU0
しばらく歩くと、前から人が歩いてくるのが見えた。
立ち入り禁止の場所から人が歩いてくるなんてのは今考えればおかしい事なんだけど、
特にその時は気にならなかった。

段々と近づいてくるその人は、麦藁帽子を深くかぶって鍬を持っていた。タオルを首から提げ、長靴も履いていたと思う。
典型的なお百姓さん、という感じの人だった。歳は七十から八十といったところだろうか。
その人は俺たちの前までやってくると、地元の言葉で「なんでこんな奥まで来たのか」と話しかけてきた。
(新潟の訛りが強い人は早口なので、生まれてから今まで標準語で育った自分には良く分からなかったため、
従兄に訳してもらった)
俺が答える前に「虫でも捕まえにきたのか」と聞かれ、面倒なので頷いた。
「あんまり奥に行ったらいかんぞ」。そう言って、お百姓さんは俺たちが歩いてきた方へ歩いていった。

「なんか怖いね」俺がそういうと、いとこも同じ様に怖がっていた。
それでもまだ好奇心が勝っていたため、俺たちはさらに歩いた。

変化はなかった。倉庫があって、たまに耕運機の様な機械が置いてあるだけだった。

それでも、俺たちは何かに(多分好奇心に)とり憑かれたように歩き続けた。

また、人影が見えた。麦藁帽子、鍬、タオル、土に汚れた長靴。
「なんでこんなに奥まで」「虫でも捕まえにきたのか」「あんまり奥に行ってはいかんぞ」。
いとこは先ほどと寸分違わぬ口調で翻訳した。
全く同じだ。リピートだ。

132 :3/5:2007/12/28(金) 03:25:08 ID:/DfzRugU0
それが分かっているのは恐らく俺だけだったと思う。
後の三人にこの現象を怪しんでいる様子は微塵も感じられなかったのだ。

「なんか怖いね」という言葉を、俺は発しなかった。
これを言うといよいよ俺までおかしくなるんじゃないかと思ったからだ。(幼いのによくそんなこと考えたな、と思う)

三人がまだ先に進もうとする。「そろそろ戻ろう」。俺はそう提案したが、
「何も見つけてないのに探検から帰れる訳ないだろ」と、三人のうちの一人が言うと、
他の二人も同じ様なことを言った。俺は渋々、三人についていった。

やはりそうだ。倉庫はさっきのものと同じだ。耕運機も。
三人はそのことに気付いていない。

「おかしくない? 迷ってるよね」。俺がそういうと、「道が一本なのにどうして迷うのさ」。
こっちがおかしくなりそうだった。そんな状況でも、何故か好奇心が恐怖に勝っていた。
怖いもの見たさという感情が、幼い頃から備わっていたのかもしれない。

まただ。麦藁帽子。
もう耐えられなかった。「ちょっときて!」。いとこの袖を引っ張り、俺は走っていた。
走っている最中に、いきなり走り出した理由を尋ねられたが、答えている余裕は、俺の心になかった。

しばらく必死に走って、気付いたらロープの前にいた。
スピードは緩めずに、ロープを飛び越えた。そのまま、親のいるところまで駆け抜けた。
もしかしたら泣いていたかもしれないが、そこは良く覚えていない。

133 :5/5:2007/12/28(金) 03:26:32 ID:/DfzRugU0
(前のレスは4/5でした)

落ち着いた後、怪訝そうな顔をしている俺以外の全員に、先ほど起こったことをありのまま話した。
それはもうポルナレフの如く。(冗談抜きでポルナレフのように)
話し終わると、叔父を除く全員が笑っていた。そんなことあるわけない、といった様子で。

叔父は俺に近づいて「立ち入り禁止のところに入ったのか。じゃあ、狐か何かにだまされたんだろうな」。
そう囁いた。

詳しく聞くと、どうやら立ち入り禁止の林道には結構危険な動物(熊か何かだった気がする)が出るらしく、
許可を取っている猟師や林業関係の人のみが、本当に稀に利用する程度だという。
綺麗になっていたのは少し前に木材調達に来た業者がついでに荒れた道を整備していったのが理由らしい。

「狐かなんかが化けたんじゃないかってのは、この辺りにそういった話があるから、
 きっとお前たちも化かされたんだろうなと思ってね。
 でもどっちかというと警告だったんじゃないかな。これ以上進むなっていう」

じゃあ何で俺しか気付かなかったんだという疑問が即座に沸いたが、
それを聞く気にはなれなかった。というよりも、わかってしまったのだ。

多分狐(或いはそれ以外のバケモノ)は俺たちをずっと迷わせるつもりだったのだ。
警告ならそのまま帰れといえばすむことだ。それをしないということは、そういうことである。
俺は誰にも話さないでおくことに決めた。

未だにこのことは話していない。聞きたいといわれれば話すけど、
聞かれもしないのにこんな話をして恐怖心を煽るのは気が引けるのだ(当事者たちには特に)。

実は後日談というか、中三の時に再び訪れた際に、またほんのりと怖い経験をしているんだけど、
コレはまた別の機会に。

論文の演習ばっかりしてるうえに眠いので文体がおかしいかもしれませんが許してください。
それと、自分で読んでもネタに思えるけど一応実体験です。

134 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 09:09:33 ID:5PbXqbC5O
>>129
乙。ほんのり怖かったです。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 09:13:44 ID:TlcXZxhT0
ほんのりってレベルじゃねーぞ!(;゚д゚)

136 :129:2007/12/28(金) 09:32:39 ID:Bn21QP8s0
洒落怖のまとめサイト読んでたらこの話を思い出して洒落怖で書こうと思ったけど、
体験した側にとっては洒落にならなくても聞く分にはそうでもないかなと。
だからこっちに書いたんですよ。

137 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 09:37:40 ID:TlcXZxhT0
いや、こっちでええよ
あっちは変なのに粘着されて荒れ放題だからね・・・・
俺のはただの合いの手とおもってくしあ・・・・・・

138 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 10:18:57 ID:7oI88Q0T0
>>129
面白かった。狐ネタは結構好きだな。
当事者にはたまったもんじゃないだろうけど。

139 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 13:50:13 ID:KH81bcJVO
どうでもいいが太宰府に稲荷さんってある?

俺前に呼ばれたように太宰府の稲荷さんまで行った
って書き込んだやつだけどなかったら怖いし…
知ってる人教えて

140 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 13:51:23 ID:navLAfeBO
金縛り。
といっても、普通の金縛りじゃなかった。ってか金縛りの類じゃないかも。

夜中にふと目が覚めたらさ、仰向けで寝てた胸の上に、なんか人間の『生首』くらいのサイズのものが乗ってたんですよ。
部屋は真っ暗だし、更にアイマスクして寝るタイプだから、それが何かは見てないんだけどさ…。
そこでその生首(仮)をどかしたいと思ったんだけど、ちょっと体を動かしたら生首がゴロンと床に転げ落ちそうで、気持ち悪くて動かせないのよ…。
別に手は動かせそうだけど、手で生首に触れるなんて怖すぎて無理。
何より生首の視線をずっと感じてたので、なぜか起きてるとバレないように狸寝入りに必死でした(バレバレでしょうけど)。

↑以上、動かせそうなのに動かしたくない金縛りでした。霊感もなく、こんな状態になったの初めてだけど、俗にいう金縛りとは別モンですよね、ナハ☆
でもアイマスクしててよかった…、もししてなかったらほんのりじゃ済まなかったかも…。

141 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 15:08:00 ID:2zJ7tdZa0

特に落ちもないし結局なんだったのかわからないんで怖くないかもだけど自分的に不気味だったんで書いてみる。

私は商業高校に通っているんですが資格を取るために休みの日にも学校に出向かなきゃいけなかったりで結構面倒くさい。
で、今日も学校にいってプログラムの授業を受けたんです。

一階の端にある教室で授業を受けるのですがそこの窓からはプールやら体育館やら別館(柔道等をするところ)やらがよく見えて、退屈になるといつもボーっとその景色を見ていたんですが、
さすがに冬休みだけあって人は少なく、(体育館にバレー部が数人いるくらい)別館やプールは使われていませんでした。
っていうか体育館意外は冬休み中全部封鎖されているんです。
入れるのは体育の先生ぐらい。

で、そこで気づいちゃったんだけど
別館の二階の窓に誰かいる。

遠めに見ただけだから詳しくは分からないけど小柄な女の子だった気がする。

窓に張り付くようにこちらを見ているのでこの教室に知り合いでもいるのかな?とも思ったけど明らかにうちの制服ではなかったから、おかしいなって思うのと同時に不気味だった。


142 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 15:10:25 ID:2zJ7tdZa0
(つづき)

なんだか怖かったので隣の友達に教えた。そこで「え?私には見えないけど?」とかなったらおばけ決定なので泣いちゃってたと思うけど。友人にも普通に見えたから安心した。
友「あ、本当だ。えーなんで??」
私「ね?変でしょ?」
友「変だわ。部屋明かりついてないしねぇ」
私「ねぇ。なにしてるんだろ…」

ここまではよかったんだけど。
その子について話しているうちにかみ合わない部分が出てきてしまって。

友「手になんか持ってない?」
私「ちょっと!あんま見てると目あっちゃうよ。」
友「会うわけないじゃんw」
私「えーでもなんかずっとこっち見てるし…」

友「は?」

私「え、なに」
友「こっちみてんの?」
私「え、見てるでしょ?こっち。」
友「…ずっと上みてるけど」

私「・・・・。」

結局なんだったのか分からなかったけど授業終わるまで怖くて窓見れなかったよ…。
幽霊だったのかな。もしかしたら普通の人かもしれないけど人によって見え方が違うってのがすごく不気味だったから投下しました。
乱文すみません。


143 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 16:16:41 ID:fFyN5Bb1O
遠かったから、どっちもはっきり見えなかったんじゃね?
思い込みかたで上にも下にも見えそう。
ナハ☆

144 :sage:2007/12/28(金) 16:21:49 ID:gmf0YeHOO
我が家の不思議話を書き込んでみます。
私には4歳離れた霊感があるっぽい姉がいます。その姉の話です
4年前、私が中2姉が高2の時。
その頃おじいちゃんが2年ほど寝たきりで入院していたのですが、体調を崩す事が多くなり病院からの電話で駆けつけるというのが多かったのです。
夕方、私と母が家にいると病院のおばあちゃんからの電話。
いつもよりも病状が危険だという知らせに焦りドタバタと準備をして車に乗り込みました。姉のいる高校へ向かう途中、母が私に携帯を渡して姉に連絡しておけと言いました。
携帯を開くと何故か姉からの不在着信が入ってました。ちょうどおばあちゃんからの電話でドタバタしている辺りにきていたらしく母も私も気づかなかったようでした。
今姉は部活中のはずなのにと不思議に思いつつ、電話に姉はすぐ出て、合流する事が出来ました。

145 :sage:2007/12/28(金) 16:28:52 ID:gmf0YeHOO
続きです。

車の中で姉の様子が変だったのと、何故電話していたかと疑問は色々ありましたが、病院まではやはりドタバタして話す事は出来ませんでした。
病院でおじいちゃんはすでに処置を終えていて、見たことない機械に繋がれていましたが、病状は落ち着いたという事だったのでおばあちゃんは残して3人で家へ帰りました。
姉の話はこうでした
『部活してたら耳元で「おねえちゃん」って聞こえて●●(私の名前)に何かあったと思って電話した』
そうした所に私達が来て驚いたそうです。
『けどあれはあんたの声じゃなかったもっとちっちゃい女の子の声だった』
不思議だねぇと話していると、母がそういえば、と話はじめました。
要約すると、姉と私の間にもう一人子供がいたそうです。数ヶ月で死産してしまったそうですが、今まで知らなかったのでかなり驚きました。
死産してしまったとはいえ、その子にとっても姉はお姉ちゃんなのでその子が話しかけたんじゃないかと。
不思議な事もあるねえと今でも家族で話しています。


説明長くてgdgdですみませんでしたー
どうやら霊感姉にはその子が憑いてるらしいです

146 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 16:38:06 ID:jLx/xuCV0
一人暮らしをしていた時、スイカを1玉買ってきて3食スイカで済ませた。




次の日、ウンコが緑色だった。

147 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 17:35:02 ID:Y93QrC010
スイカって赤いよね・・・?
そこがほんのり?

148 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 18:08:41 ID:jstUGzm70
>>147
よく見るんだ、中身を食べたとは書いてない。
そして出たのは緑のウンチ…

つまり…ほんのり。

149 :146:2007/12/28(金) 18:11:36 ID:jLx/xuCV0
>>147
食物繊維を含むものをたくさん食べるとなる場合があるらしい。<医師談

>>148
むろん、食べたのは赤い実の部分。



緑のウンコをして見たい奴は、来年の夏にでも試してくれw

150 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 18:40:51 ID:KH81bcJVO
緑ウンコならでたことある

夏バテで食欲なくて冷し中華ばっか食って腹壊した時

151 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 19:20:48 ID:sxZOkD9T0
>>144
>>145
不謹慎かも知れないけど怖いというよりむしろ良い話かも
憑いてるというより その子に守られてるんだよお姉さんは

152 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 20:02:30 ID:3B2/Zr2r0
江戸時代、つまり肉喰ってなくて野菜ばかりの時代の
ウンコは緑色だったって聞いたことあるけど

俺はほぼ水菜オンリーの鍋を二日続けて喰ったら緑色っぽいのが出るよ
まぁ、単に消化し切れなかった葉っぱが混ざってんじゃないかと思ってるが

153 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 20:53:39 ID:pJn7pIfA0
胃がとても痛いとき、置き薬の胃腸薬を数日飲んでいたら緑色のが出続けた
もうだめなのかもしれないと、ふさぎこんでいたが胃が治って薬を止めたら
最後に緑とベージュの、それは綺麗なツートンカラーのが出た


154 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 20:59:26 ID:aG+TlDwGO
いつから…ほんのりくさいスレに

155 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 21:21:51 ID:9EKaXLZF0
おまいらは寝ている時に天井に黒い影みたいなのが見えることあるかい?
あるとしたら、心当たりある話かもしれないな。

ある日(つっても昨日だけど)さぁ、寝るかーって電気消して布団に入ったのよね。

いつも仰向けで寝るからその日も例外じゃなく仰向けで寝たのよ。

何気なく天井を見つめてたら、ふと黒い塊?みたいなので天井にへばり付いてた。

何かなぁと思って電気をつけてみたんだけど、別に何もなかった。
触ってみたけれど、特に何もある感触もない。

まぁ、いっかーとまた電気消して布団に潜り込んで、もう一回上を見てみた。

そしたら、また黒い塊があるんだよな。正確には影みたいなものだった。とにかく真っ黒。
部屋の電気全部消してるのに、なお暗くみえるほどに真っ黒だった。

いい加減何かなぁと思ってしばらく見てると、布団に入ってるのに背筋が妙に冷えてきた。

なんか影がどことなく動いてるように見えるんだよな。
それが確信に変わったのはなんだかサイズが大きくなってきたときだった。

何かの形に見えるわけじゃないけれど、何かヤバイと、本気でそう思って、布団をひっかぶって
ブルブル思いっきり目をつぶってた。

それから寝ちまって、朝起きると、その黒い塊はきれいさっぱりなくなってた。

なんだったのか、どうなったのかはわからない。
それ以来その黒い塊は見たことがない。

あんまり怖くなくてすまん・・なんか同じような話で詳細まで見た奴教えてほしい

156 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 21:35:39 ID:RF51iPdN0
今は>155の身体の中に入って成長中です>黒い影

157 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 21:40:21 ID:1qXcU79X0
ゴキ

158 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 23:33:15 ID:fgnLEOPFO
>>141の話と似た出来事、去年の秋口の話。

うちの高校には北館と南館があって、ホームルームから北館にある美術室が見える。
ある日授業中暇になってそっちの方を見ると、窓の側に人が立ってた。
授業中だから人がいてもおかしくはないんだけど、その人は高速でうなずくような仕草をしてたので相当不気味だった。
何度も何度もずーーっと同じ速度でうなずいてるから、怖くなって目を反らした。
しばらくたってから美術室をチラ見すると、その人はいなくなってた。

159 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 01:25:24 ID:amFTuXpE0
>>155
天井なめじゃね?

160 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 01:54:43 ID:+PaBKbb+O
>>126
別に家族の指紋を取る必要はない。
署にあるデータベースと照合する訳だからな。
犯罪を起こしていない人間から指紋なんて滅多にとらない。取ると言われても任意だから断ったほうが良いし。

161 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 06:34:35 ID:+h4zBpmRO
家の中に残された指紋のうち
「家族」と「それ以外」を分ける為に家族の指紋サンプルが必要なんだw

162 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 06:44:03 ID:/Cl+6yLyO
>>160

論理的思考ができないタイプだな。
高校に進学するとレポート書くとき必ず求められるものだから
塾の先生か大学生以上の家庭教師に訓練してもらった方がいいよ。


進学先が三流以下なら無視してくれていい。

163 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 10:18:43 ID:rzKo17QIO
論理的思考はさほど必要ないな、インターネッツオカルト掲示板では

164 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 10:20:22 ID:Q0l+KavK0
>>162
君はすぐそういう嫌みな言い方するから
キンコン西野からかっこ悪いって言われるんだよ。

165 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 10:36:36 ID:VfZME5QjO
緑のうんこは栄養失調とか腸の働きが弱ってる時とかに出る。

166 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 12:50:21 ID:616CD6ff0
>>155
まっくろくろすけだと思う

167 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 15:26:54 ID:EhIpmtUI0
洒落怖、なんか見るも無残だね
久しぶりに見てみたんだが最近はあんな感じ?

168 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 15:58:41 ID:0WFFbg8+0
最近どころかズーっと

169 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 16:31:18 ID:EhIpmtUI0
そうか、ありがとう

久しぶりにというかほぼ初めてだったんだけどね
まとめサイトだけで事足りるからな

170 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 19:20:26 ID:KMrmJkLZO
最近よく金縛りにあうんです。
何かされたとかじゃないけど初めての経験のため怖くてしかたないんで相談させてください。(´・ω・`)

私は畳の部屋に家族全員川の字でねているのですが(めちゃ狭い)偶然かもだけど、必ず一番最後に眠りについた人だけが金縛りに会う。

その金縛りっていうのが自分的に異様で、よく聞く「体が動かなくなる」って感じじゃなくてなんていうか…
まず眠っていると急にサァーっと体が冷たくなる。次に体がふとんに沈んでいく感覚。
どんどん沈む訳じゃなくて誰かに踏まれてるような…。
うまく言えないんだけど…(´・ω・)

最近気付いたことは決まって夜中の3時ぐらいに金縛りに会うこと。

私以外の家族もまったく同じことをいうので怖いっす。
隣の部屋が丁度洗面所でお風呂場と合わせ鏡になっているから霊道(?)でもあるのかな…

どうしたらよいのか(゜Д゜)

怖くなくてごめん。

でもほんのりというか私にとっては現在進行形で怖い話。

171 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 22:10:56 ID:y3vWi8CM0
>>158
くねくねじゃね?

172 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 22:29:56 ID:BLGt2BqWO
>>170
合わせ鏡だけは本当に良くないから、必要時以外は可能な方に布とかかけてカバーしてみてはいかがですか?
私の家でも洗面所とお風呂場の鏡が多少合わせ鏡になるのでタオルで覆ってますよ。


それと今年の夏にサークルの合宿に行ったときのことをお話します。

私は軽音楽サークルに所属しており、そこは山中ということもあってか複数の練習スタジオや防音設備の整った広い部屋も用意されている稀な宿泊施設でした。
しかし売店の横に西洋の鎧があったり、食堂にツタンカーメンの置物があったりと、所々にある置物や絵画は正直、みんな趣味が悪いものばかりで、妙な不気味さを感じるところでした。

それでも一日目は何事もなく過ぎ、皆も段々とこの宿泊所にも慣れている様子でした。

173 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 22:30:32 ID:BLGt2BqWO
(続き)

しかし、私の泊まっている部屋ではありませんが、1年5人と3年1人の泊まる部屋で事件は起こりました。
私はそのとき丁度練習時間だったので実際に体験してはいないのですが友人から聞いた話に寄ると、確かその日はTVで、ほん怖スペシャルが放送していて部屋を暗くし、先輩を除く5人でその番組を見ていたそうです。
番組も中盤に差し掛かった頃でしょうか。
荷物を固めて置いておいた場所から突然、ピリリリリと携帯の初期設定の着信音が鳴り響きました。
でも皆、自分の携帯は手元にあり、ましてや今時の若い女の子(うちは女子大なので女の子しかいません)が初期設定のままにしておくとも、あまり考えられません。
『きっと先輩のウィルコムじゃない?』と、結論は出たのですが、その後、戻って来た先輩の首にウィルコムが下げられていたそうです。

そして好奇心旺盛の先輩方3人(3年1人、2年2人)が車で有名な心霊スポットに肝試しに行ったところ、いろいろ不可解なことが起こったそうです。
うろ覚えなので省略させていただきます。

174 :本当にあった怖い名無し:2007/12/29(土) 22:32:06 ID:BLGt2BqWO
(続き)

そして、二日目か三日目か忘れましたが、ある夜のことです。

同じバンドメンバーとお風呂に入る予定だったのですが行きそびれてしまい、12時半頃に同室だった先輩の一人とお風呂に入りに行きました。
入口は向かって右に男湯、左に女湯といたってシンプルな浴場で、いつ来てもほとんど誰もおらず、当時も閑散としていた為、現在私たちしか利用者がいないことが分かりました。
浴室に入り、私は男湯が向かいになる一番右端の洗い場で、一つ間を空けた左隣に座った先輩と他愛のない話をしながら髪を洗っていました。

『私、先に出るね。ロビーで待ってるよ。』と、先輩は浴場を後にしました。
先輩が出てしばらくすると急に静かになった浴場に多少、怖さを感じましたが、怖いと思うのは良くないと思い、気にせず髪や体を洗い流していました。

すると後ろからコンコンコンコンコンと、まるで浴室の床を桶で叩くような音が聞こえました。
私以外に人はいないし、例え男湯からだとしても後方から聞こえてくるなんて有り得ないと、空耳だと言い聞かせましたが、また後方から、今度はコンコン、コン、コンと不規則なリズムで音がしました。
いよいよ怖くなった私は心の中でお経を読み続け、髪も乾かさず、さっさと浴場を後にしました。
合宿最終日まで不可解な現象は起り続けていました。
来年からは違う宿泊施設にしてもらう予定です。
皆さんもお泊まりの際は充分に気を付けてくださいね。



これで私の話は終わりです。
長文&乱文失礼いたしました。

175 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 10:03:00 ID:icGrnAtvO
うざくて読み飛ばした奴のために、要約

なんか趣味の悪い宿に合宿に行ったら
誰のものでもない携帯の呼び出し音がしたり
風呂場でカンコンカンコン音がしたりして怖かった

176 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 11:29:18 ID:16jQpKovO
助かります。ありがとう!

177 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 14:55:46 ID:fIOipV5W0
携帯のメールを書くトコで今までに書いた文字等が予想されてでてくる機能があるじゃないですか?
あれで自分が書いた覚えの無い文が出てくるんですよね。
「茄子について考えてみた」とか「あの家の近所の家だ」
とかがいきなり出てくるんです。
最初見た時は笑ってたんですけど本当にこんな文面使わないし茄子について考えた事も別に無いので
変に謎なんですよね。

178 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 15:07:54 ID:cUeV9LFfO
え?普通ぢゃね?藁

179 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 15:24:17 ID:LE3ICZHXO
じんわりに投下する予定だったが、じんわりにならんかった。


妻は若くて可愛い。若い割には家庭的でしっかりしている、誰に会わせても恥ずかしくない妻だ。
後輩「おぁ、Aさん愛妻弁当ウマそうっすね!」
まあな。妻は料理も上手い。ただ一つだけ…。
(♪スカートひらりひるがえしぃ〜)
来た、メールだ。妻は今時の娘らしく、メールが大好きだ。しかも何やらビカビカしたデコメなるものを送ってくる。これがキツい…、とても同僚の前で見れるものじゃない。
私は弁当を平らげると、トイレへと向かった。社内で独りになれるといったら、トイレの個室くらいだ。個室に駆け込むと、便座に座り込んでケータイを開いた。
妻のメールはかわいいドクロで飾られ『ごめんなさぁ〜い(;_;)今日のお弁当は食べないでぇ〜(>_<)今日は社食で済ませてぇん★』と。
…いやもう食べてしまったぞ、完食だ。どうして昼食前に…いや、メールは食べる前に来てたか。だけどなんで?……ん、そういえば腹の調子が…!
しょうがない、何かおかしな物でも食べたのだろう。ついでに用を足していくか。そう思い、妻への返信をしながら用を足していると、ある感触に気付いた。

温かく湿ってゆく下腹部、そしてパンツに掛かる重量感…!
私はズボンを下ろしてない事に気付いた。

(♪スカートひらりひるがえしぃ〜)
妻からのメールが来た。

180 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 15:25:40 ID:iNvGp2XtO
これじっと見てからこの女みたいなのに付きまとわれるようになった…
http://k.pic.to/qtg3

181 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 16:16:50 ID:+gxlCAy80
>>179
可愛い奥さんがいるお前にShit

182 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 18:25:07 ID:5ffs80O40
偶然か気のせいかも知れないんだけど…。

夕方〜夜に自宅のマンションのエレベーターに乗ると
結構な確立で凄い強烈なバニラの匂いがする。
人と乗るとしないし、私が学校から帰ってきた時に嗅いで、
その5分後くらいに母が帰ってきた時に聞いてみるとそんな匂いしてないと言う。
5分やそこらじゃ消えないくらい強烈な匂いなんだけど…。

時間も時間でもしかしたらきっつい香水つけてる人が仕事終えて帰って来る時間に重なってるのかもだけど。

家に来た他の人も嗅いだことないって言うからちょっと怖い。


っていう作り話を正月に集まる友達同士での怖い話大会用に作ってみた。
そしたら、本当にエレベーターの中バニラの香りしてて泣きそうになった。

183 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 18:44:52 ID:G7kzCUHX0
そういやクソからバニラエッセンスを抽出するという研究があったな

184 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 19:05:21 ID:HHqSqBhS0
>>177
予測変換は自分で打ったものだけでなく
受信したものも反映されると何処かで聞いた。

185 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 23:39:19 ID:gHeVWy78O
私が高3のときのほんのり怖かった体験。
夜自室で寝ていたら金縛りにあった。
壁側に向いて横向きで寝ていたら、背後に人の気配がした。

「可愛い寝顔ね。本当に可愛い…」

(母かな…。普段こんなこと言わないのに…恥ずかしいけどなんか嬉しいな…)

15分くらい後ろにいたと思う。なんか幸せな気分だった。いつの間にか金縛りもとけてた。

気配が消えてしばらくした頃に気付いた。
どうやって寝顔を見たんだろう?
壁側を向い寝ていて頭の方も壁なのに。
でも気配は後ろにいた。あと声は母の声ではなかった。でもあのときは何故か母だと思った。
その後は何もなかったけど、不思議でほんのり怖かった。

186 :本当にあった怖い名無し:2007/12/30(日) 23:59:20 ID:fmsvUhMSO
死んだ夢を見た後に場面が切り替わって
四畳程の狭い和室に座っていた
目の前には5歳くらいの男児がいて
笑いながらこっちを見ていた
男児に「これ夢だよね?」と尋ねたら
「夢じゃないよ」と答えた
試しに頬をつねってみたら痛かったから
生きてて良かったとホッとした

男児はドーナツの乗った丸い皿を持っていて
「食べなよ」と勧められたが
トイレに行きたかったから
「後で食べる」と答え立ち上がって部屋をでようと襖に手をかけた
そうしたら突然腕をギュウっと掴まれて
なんでだ?と思い振り返って男児を見たら
顔の部分だけ真っ暗で見えなかった
血の気がひいて必死に腕を振り切って外に出たところで目が覚めた
ちなみに外は白い空間だった
起き上がった時腕に違和感を感じ見てみると
小さいな赤い痕がついていてぞっとした
3日くらい消えなかった

187 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 00:19:30 ID:tts3WB9P0
これは、私が恵子ちゃんから聞いた話です。

父は、物心ついたときにはもういませんでした
母は、女でひとつで私を育ててくれました。
そんな母が死ぬ間際、私にくれた物があった
それはお守り、母は、「本当に辛いときになったら、それをあけるんだよ」といって渡してくれた
私はそれをずっと肌身離さず持ちつづけました。
数年たって、友達にその話をしたらその場で開けようという話になりました。
私も最初は断ったんだけど、「母の死後からだいぶ経っているのでそろそろ良いかな…」
という気持ちもあったので結局開ける事になりました。
お守りの布袋を開けてみると
そこには、一枚の紙
母の震えた字で「恵子、死ね」という文字が書かれていました。

188 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 00:25:17 ID:lD2u3Z/pO
>>183
あったな。牛のだっけ?

189 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 00:28:35 ID:H/In87OwO
>>185
自分が可愛いのを自慢したいだけやん。

190 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 01:03:37 ID:Tt31fFRS0
>>158
肩こり運動

>>170
めちゃ狭い→寝返りうてなくて血流悪化の症状
>>.173
秘密な浮気用のサブ携帯
後方から聞こえてくるなんて有り得る

>>182
水商売女の出勤時刻

>>186
夢でも痛みを感じるって知らないだろ
包丁で刺されたら、本当にその痛みはリアルなのだ
赤い痕=ダニ

>>187
2ch脳

191 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 01:10:38 ID:zppUTAFZ0
>>191
う ざ い

192 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 01:24:55 ID:qhmIEF+P0
携帯に知らない番号からかかってきてとりあえず出た
女性の悲鳴だった
「あの!もしもし!!あなたが誰か分からないけど、助けて!!」
電波が悪いらしく声が途切れる
「・・・にいます!男の人が・・・で打ち破ろうとして・・・キャーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」
・・・・・・ッーッーッー
ちょうど友達と車のドライブ中で、尋常じゃないと思い慌てて路肩に車を止め、リダイヤル
そうしたら
「現在、お客様がおかけになった電話番号は使われておりません」
おかしい、もう一度リダイヤル
やはり機械の音声が流れるだけ
数日後、新聞を広げたら女性が変死体で山中から発見の記事を見かけた
読み飛ばそうとしたら気になる一文が
「携帯電話を握りしめた状態で亡くなっていた」
死後1週間経過しているらしいが、電話が掛かってきたのはつい先日
彼女が亡くなったのは俺の住んでいる街から峠一つ挟んだだけの場所だった
さすがに結びつけるのは考えすぎだろうと思い今に至っているわけだが、番号は一応登録しておいた


193 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 01:39:23 ID:tts3WB9P0
>>192
番号さらして

194 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 01:53:07 ID:UUUrNNm7O
>>191
登録するのも怖くないか?(((゚д゚;)))

195 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 02:34:37 ID:m4fPD3mX0
>>192
死亡時刻ってのは結構いい加減だからな、一応警察に通報しとけ。
アリバイ証明にも犯行時刻ってのは重要だし、犯人逮捕の成否が
お前のその情報に掛かってるかもよ。

196 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 13:21:48 ID:51sV3LszO
緊急時の電話なんてまず登録してある相手にかけるしね。
適当に番号押すなんてないから。

197 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 13:37:26 ID:Tt31fFRS0
そのリダイヤルして繋がるうんぬん以前に警察に届けるべきだろうな
単に番号通知のエラーだと考えても良いだろう
電話会社が調べれば本当の発信者が判明する

198 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 13:44:48 ID:noJrzHEa0
つーか被害者が最後に発信した番号だったら警察のほうから連絡あるだろふつう

199 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 15:25:14 ID:nPKR7Smp0
ゎぃ ゎ ヵッォ   ヵョゎぃ ヵッォ
ぁゃゃ ゎ ぉヵュ  ぉゃι゙ ゎ ぉι゙ゃ
ぁぁ… ぉヵァ ぃゃ ゃゎ…

「ヵッォ ぉゃっ ょ-」
…ぉゃっ ぃぃ…
「ぇぇ- ぉぃιぃ ぉヵヵ ょ?」
ぉヵヵ? …ぁゃιぃ ゎぁ…

ぃゃゃゎぁ… ぉヵヵ ぉぃιぃ…
ιょぅゅぁι゙ ぃぃゎぁ…
「ヵッォ ぉヵヵ ぉぃιぃ?」
ぉぃιぃ ょ-
「… ヵッォ ぁι ゎ?」
ぁι?  ぇ?  …ぅゎぁぁぁぁ! ゎぃ ぁι ヵ゙! ぁι ヵ゙ぁぁ!!
「ヶヶヶ… ぉぃιぃ ぉヵヵ ゎ ぉぃιぃ ヵッォ  ヶヶヶ」
ぃゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!


… … … ぁっ!? … … ぁぁ ゅx ヵ… ぃゃゃゎぁ…
「ヵッォ- ぉゃっ ょ-」
ぉヵァ ぉゃっ ゎ?
「ぉぃιぃ ぉぃιぃ   ぉヵヵ ょ!  ヶヶヶヶヶ」
ぃゃぁぁぁぁぁ!!!!!


200 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 16:48:31 ID:87UrkGo0O
>>199
前にニュー速+で、戦国時代の合戦のを見たんだけど
誰か保存してない?

201 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 20:03:47 ID:o9DP+lKf0
ガ板逝けよ

202 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 22:22:09 ID:4KbSRcOzO
192だけど、これ怪談本で読んだんだ
なんか誤解を生んでしまってすまん
ほんとスマン


203 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 22:31:38 ID:xLxze5Qq0
こんな日、こんな時間、誰も聞いてないと思うから
言うけど・・・
おれらって、観念的存在でしかありえないんだ。
だから、実在って確かめようもないんだよ。
そんな観念的存在でしかない俺らも、他者に対して同様の
観念的存在があるのかな?って程度までしか認識
できないんだよ。...怖いね、本当に。


204 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 22:44:33 ID:xLxze5Qq0
ちょい、まじで、誰もきいてないと思うから
言うんだけど...
超度迫力、観念的恐怖話
誰も聞いてないなら言わない。
聞きたい人いる?

205 :本当にあった怖い名無し:2007/12/31(月) 22:49:22 ID:7cGe+2I70
聞いてるけど、書きたきゃ書け

206 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 00:51:27 ID:R+5uzDcS0
なんなのこのレス乞食は。

207 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 01:27:01 ID:a52b+pEK0
>>204
書いてくれよ

208 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 08:50:01 ID:2OQKLmDoO
>>204
書いてください。


209 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 08:54:04 ID:2OQKLmDoO
洒落怖見てきたんだけど、そこの>>510がちょっとおもしろいぞ。
書いてたヤツ、スレチで追放されてたから答えわかんないけど。

210 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 09:52:16 ID:3YHIPm0Z0
551に来て答え書いてるぜ?

211 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 10:14:15 ID:2OQKLmDoO
>>210
ホント?
見落としてたよ、ありがとう。後で見てくる。
自分の答えは出たんだけど、正解の自信が

212 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 13:19:38 ID:mGU0z6EQO
このスレだったと思うんだけど、ネグレクトされた子供が自分の髪の毛とか布団の綿とか食べて死んでたとか言う話。
かなり前なんだけど覚えてる方いらっしゃいませんかね?

213 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 14:27:12 ID:jF9H36750
悪魔儀式
http://44.xmbs.jp/akuma494949/
↑↑サイトマジ怖い携帯で見るサイトでした。



214 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 21:58:26 ID:2OQKLmDoO
>>210

洒落怖の551見てきました。
もっと細かくネタバレしてくれているのかと思ったのに…

自分の答えはハズレみたいです。

今のあそこは凄いですね。なに書いても「死ね。ハゲ」って…
どうしちゃったんだろ…?

215 :お人形板からコピペ:2008/01/01(火) 23:08:18 ID:XLSLtX3QO
974: 2007/12/30 21:28:53 [sage]
オチのない話なんだが。
恐山で呪いとしか思えないものを見たことがある。

豆人形くらいのサイズの人形が、、
10体前後も首つり状態で木の枝にぶらさがってた。
人形も服も明らかに手作りで、そろって糸で首をくくられてた。
極めつけに怖かったのが、
1体だけそれらに向かって祈るような(?)人形がいたこと。
BASARAの全員心中した村を思い出した・・・・。

ものすごい邪悪さを感じたよ。
他にもすすけたぬいぐるみやら硫黄で変色した人形やらおもちゃやら
恐山にはいろいろあったけど、
あの首吊り人形ほど恐ろしかったものはない。
霊感がまったくない私でもぞっとしたよ。

976: 2007/12/30 21:46:05 [sage]>>974だけど、補足。
今思い出したんだけど、
一体だけいた祈るような(?)人形は、祈ってたんじゃなかった。
一人で酒を飲んでいたんだよ。サカヅキまであった。
酔っ払いっぽい赤ら顔のメイクもしてあった。
首吊りの方は赤い口に血のりまで書いてあったのにさ。

BASARAのじいさんは祈ってたけど、
豆人形は人の死を肴に飲んでた・・・・。
私が強烈に邪悪さを感じたのはそこだったのだと思う。

216 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 23:30:57 ID:2OQKLmDoO
なんか夢に見そうだな

217 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 23:56:28 ID:cPxsNsyMO
>>210 怖さのハードルが凄く高い人が見張ってるみたいだよ。
かなり怖くても、スレタイ読めないのかって門前払い。

218 :本当にあった怖い名無し:2008/01/01(火) 23:56:44 ID:PPoaV4tz0
>>216
なぜそういうことをいうんだ

219 :217:2008/01/01(火) 23:58:08 ID:cPxsNsyMO
安価間違えた>>214だった、ごめんorz

220 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 00:19:51 ID:vCst0Ri3O
>>219
え?
なにか気にさわること言った?


221 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 00:42:25 ID:vCst0Ri3O
>>217
なるほど。まさに「洒落にならない怖い話し」ですね。

222 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 04:49:32 ID:Jh776AhXO
この時期は特に自分の書く話が怖いかどうかを判断できない奴がいるからね
まあ、洒落怖スレの人間がそれに過剰反応しすぎってのもあるけど

223 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 14:01:00 ID:WUCbD4BG0
17歳の頃の話。
当時、居酒屋でバイトしてて帰って来たのが0時過ぎだった。
蛍光灯の豆電球だけつけて、その蛍光灯の下辺りでボーっとしてた。
ふと本当に何気なくだけど、目線を上にやったら

半年程前から癌で入院しててもう駄目だって言われてて
1週間前に亡くなったお客さんが、上半身だけの状態でいた。
一時帰宅を許された時にガリガリに痩せてどす黒い顔をして
店に顔を出した事があった「俺もう駄目だと思う」って
酒好きだったのにオレンジジュース1杯飲んで帰った事があった。
その時着てたのが、白いポロシャツに胸の所に太い水色のラインが横に
入ってたもの。

その格好で蛍光灯の下に上半身だけでいる、お客さんにビビリながらも
不思議と怖くなかったので「かっちゃん?どうしたの?なにかあったの?」
と問いかけた。返事はなく5分位してスーッと部屋の隅に移動し
背中を向けたまま暫くいて、壁の中に吸い込まれるように消えた。

そこには押入れがあったので開けてみたけどいなかった。
なんだったんだろう。別れの挨拶に来てくれたのかな。

224 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 14:05:38 ID:ZM9b+0np0
怖いけど、切ないね。

225 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 14:36:18 ID:6H/iNg840
全く怖くない
オレンジの光で白や水色が分かるか ボケが

226 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 14:55:19 ID:vCst0Ri3O
>>225
ヤボだねぇ、おまえさんてものわ。


227 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 15:52:59 ID:QgrvKP1Q0
>>225
「白」っぽいとか「水色」っぽいぐらいわかんだろ

228 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 16:10:56 ID:vCst0Ri3O
>>225
むしろ
「オレンジの光で白や水色がわかった!」→「怖い!」
と考えるべき!

229 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 17:09:02 ID:WUCbD4BG0
確かに水色でした。
見えたよ(笑)

230 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 17:11:34 ID:vCst0Ri3O
>>229の魂のステージが上がった!


231 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 17:18:31 ID:c08+lPyT0
>>225はデジカメでホワイトバランスを合わせる理由を知らないらしい

232 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 17:22:55 ID:LrONBSe2O
普通はわかるだろ?
オレンジの豆球で物を見るのが初めてでもない限りわからんってことはない

233 :本当にあった怖い名無し:2008/01/02(水) 17:30:04 ID:vCst0Ri3O
>>223
別れじゃなくて
「これからもよろしく」
だったら、光栄だけどちょっと迷惑(笑)

234 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 00:23:44 ID:GdgyuVwJO
>>233
お前ってやつは…ww

235 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 07:44:17 ID:NmAlkrVmO
さっき話し声が聞こえて起きたら、隣で寝てる弟と従兄弟が寝言で会話してた。
朝から怖かった。

236 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 08:16:15 ID:qrkQj4IIO
ゾクッとした。怖ぇぇ。

237 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 12:23:53 ID:EwXedgFrO
17才で居酒屋バイトっていいんだっけ

238 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 12:30:08 ID:qrkQj4IIO
>>237
カンボジアでならフツーです。




ま、ほんとはいくらでもいるよ。

239 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 12:48:34 ID:4a/erfnj0
20年以上前の話なので、そんなに煩く言われませんでしたよ@17で居酒屋

240 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 13:17:14 ID:qrkQj4IIO
ある男が横断歩道を渡ろうとしていると、向こう側に変わった女の子がいることに気付いた。
6才ぐらいの女の子だが、奇妙なことに雨でめないのに赤い雨合羽を着ているのだ。
そして女の子の周囲の人たちは、そんな奇妙な姿が見えないかのように無関心だった。
「あ、ヤバいもんみちゃったかな?」
そう思った男だが、いまさら目をそらしてどうなるものでもなく、仕方ないなと微笑んでみた。
やがて雨合羽の女の子は指差した。男の左数mぐらいのところを。
なぜそうしたのかはわからないが、男はその場所へと少し動いてみた。
ドン!
さっきまで男がいた場所に、背後に立っていた店の看板人形が倒れかかってきたのだ。
人形と言っても、自動で動くようにできているから中には機械が詰まっている。当たっていれば大ケガは間違いない。悪くすると死んでいたかもしれない。
恐怖でへたりこんだ彼は女の子を見た。雨合羽の少女はニッコリと微笑んでいた。

そういうことがその後も幾度かあった。男はその度に雨合羽の少女に救われた。
男はやがて少女を赤頭巾と呼んで、怖いながらも感謝するようになった。

クリスマスの夜。恋人との待ち合わせ場所に急いでいた男は、赤頭巾と最初に会った横断歩道にいた。
「まずい、遅刻だ」
慌てていた男は腕の時計ばかり見ていて、顔をあげたのは信号が変わってメロディが流れてからだった。
だから赤頭巾が横断歩道の向こう側にいて、最初と同じように指を差しているのに気づくのが遅れた。
キキーッッ!
と鼓膜に響くブレーキ音。冷えたアスファルトで滑ったバイクが突っ込んでくる。
アッ! と叫び男は目を閉じた。
再び目を開けた男が見たものは、赤頭巾が指差した、まさにその場所に突っ込んで大破しているバイクだった。
「…なんで?」
男は自分の味方のはずの赤頭巾を見た。
赤頭巾はとてもかわいらしい声で言った。
「失敗しちゃった」


今でも時折、赤頭巾は現れるそうだ。
死神はあきらめが悪いらしい。

241 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 13:51:53 ID:qrkQj4IIO
はりつく……サロンパスのようにかね?

242 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 15:08:44 ID:WR0aIkX30
もう洒落怖やだ…
夢の話をするなって言ったら猿夢否定してんじゃん…

243 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 15:13:17 ID:qrkQj4IIO
>>242
たいへんだったな。
ま、茶でも飲め。
あけましておめでとう。のんびり生きよう。

244 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 15:26:57 ID:NJ6bDqDy0
死に神だったのか。
失敗連続の死に神・・・なんかカワイイな。
240の知り合いよ、今後も気をつけてくれ。

245 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 16:45:35 ID:QjRMXjHeO
>>242 うは…お疲れ。
あれが総意ではないと思うが、声が大きい人は怖いね。
気に病むことないよ。

246 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 17:00:44 ID:uVZqKzI00
>>15をみてぞっとしたんだが、意味が漸くわかった
百百目鬼のことだったんだな
「ある女生れて手長くして、つねに人の銭をぬすむ。忽腕に百鳥の目を生ず」

とっさにそれが出てくるとは博識だなぁ

247 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 21:24:49 ID:dCosCm2g0
別に目玉のオヤジでいいじゃん

248 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 22:03:42 ID:qrkQj4IIO
ならば鬼太郎もセットでww

249 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 23:07:16 ID:2F9COUCgO
むかし身の回りスレで実況した後日談として夢の話を書いたことある。
叩かれるの覚悟だったけど、みんな優しかったな〜

250 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 23:19:12 ID:8iK5R4kZO
去年の夏の話。
職場の先輩から電話で、「ドライブ&肝試しに行かないか?」とお誘いが。
どっちも大好きな俺は喜んでテンションを上げながら迎えの車を待った。
先輩の車が俺のアパートに着き、助手席には先輩の彼女Sさんが。
後部座席のドアを開けると俺のテンションはMAXまで上がった。
そこにはSさんの友達、Mさんが足を組んで座っていた。

Mさんは俺より2才年上で、小柄で童顔ながら巨乳でお洒落な女性。
だが、話しをする時は何だか全てを見透かされているような、
常に人をからかうような笑顔を浮かべた(しかし不快ではない)
なんとも言えず魅力的で、俺がしきりにアプローチをかけている女だ。
Sさんが言うには、第六感が強く霊感はもとより予知夢も見るとか。
特別美人という訳ではないが、隣にいるだけで勃起しそうになるタイプ。
俺は喜び勇んで車に乗った。先輩いわく、そう遠くはない
山中の廃村に行くとの事。俺はそれよりMさんを口説くのに必死だった。

そうこうしてるうちに廃村の入口付近の荒れ果てた一軒家に着いた。
そこでMさんが、いつもの人を小馬鹿にしたような笑顔を浮かべたまま、
「私は車で待ってるから」と言った。それを聞いたSさんも
何かを感じ取ったのか車に残ると言い、結局男二人で一軒家へ向かった。

251 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 23:21:35 ID:8iK5R4kZO
玄関の引き戸はもちろん鍵なんか掛かっておらず、簡単に中へ入れた。
狭くて古い、二階建ての一軒家。玄関を入ると左壁面が台所。
そして間仕切りのない居間。台所の向かいの壁面中央あたりに階段。

しかしなんだか妙な感じがした。生活感があるのだ。
外観は今にも朽ち果てそうだが中は割りと綺麗で、ヌイグルミやカーペットなんかが、
ついさっきまで人がいた気配を漂わせている。空気の乱れとでも言うのか。
俺は初めてだったが、この廃村は割りと有名な心霊スポットだ。
そこに人が住んでる?室内は外よりもヒンヤリして心地良いし、
浮浪者なら住み着いていてもおかしくはないか。
先輩も同じ事を考えていたらしく、顔を合わせ白けたように、
「出ようか」と言って、玄関に向かった時、ギシッ!と階段から音がした。
反射的に振り向くと、階段に10才前後の女の子が立っていた。
女の子は無表情に俺達を見た。俺達は驚き、とにかく家から出ようとすると、
その子が大きな声で二階に向かって「お母さん!お母さ〜ん!!」
叫び始めた。焦った俺達は急いで外に出て、車に転がり込んだ。
通報されてタイーフォ!される!!
そんな感じで先輩も急いで車を発車させようとしてた。
だがそこでMさんが、「大丈夫よ、女の子がいたでしょ」と言った。
俺と先輩は顔を見合わせ、同時にMさんを見た。
そんな俺達を見てMさんはいかにも楽しそうにキャッキャと笑った後、
「大丈夫。あの女の子は生きてないから」

252 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 23:28:54 ID:8iK5R4kZO
確かに、女の子があれほど騒いだのに灯かりもつかず、物音もしない。
「もう一回見てきなよ」相変わらず楽しそうにMさんが言った。
Mさんに言われるとそうしなくてはいけないような気になる。
先輩と二人でもう一度見に行くと、先程とは全く見る影もない荒んだ家。
カーペットもヌイグルミもそこには無かった。

Mさんはいつもと変わらない。俺と先輩は無言で放心状態。
Sさんはそんな俺達をニラニラ眺め、先輩と運転を変わって帰路についた。

先輩いわく、MさんとSさんのコンビは色々と面白い話があるとの事。
確かにMさんと出会ってから、不思議な体験をいくつかしたような。
暇があれば書くが、俺は最近ようやくMさんの携帯アドをゲットし、
どうやって二人きりのデートに誘い出すか頭を悩ませている。
映画没、カラオケ没、夜景ドライブ没、ワインバー没、etc没。 なんかアドバイスくれ。

253 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 23:41:40 ID:Ofrm2P+20
>>252
ラブホテルにでも誘え

254 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 23:50:42 ID:EfibQds00
>>252、面白かった
他の話を期待してアドバイス
キャットカフェとか小動物の触れるところを薦める
彼女のアンテナが霊以外に向くような場所にさそうべきだなw

255 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 00:00:46 ID:5KQT/zHvO
ぬこと会話するかもしれんなw

256 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 00:03:33 ID:AktOMQ93O
ぬこと会話したら怖くなくても報告願う!

257 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 10:03:25 ID:0hlIzXWpO
小学校の修学旅行の宿泊先の話。
大きなホテルで本館と別館に分かれていて、別館の四階の403号室に五人で入った。
基本、食事や浴場等の各階への移動はエレベーターを使用するが、非常階段もあり、三階まで降りてみた。
すると、三階フロア入り口で防火扉が閉まってチェーンロックが掛かっており、「通り抜け厳禁」の貼り紙。
念の為、本館三階から回れるのか行ってみたら、有るべき廊下が無く、壁になっていた。
後日、どうやって分かったのか知らないが、数ヶ月前に一家心中があったとの事。
しかも、その部屋とは、自分達が泊まった部屋の真下の303号室だったと知らされ、氷ついた…
今は別館は取り壊され、新館となっている。

258 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 11:04:13 ID:AktOMQ93O
ホテル側の迷惑な努力に涙。
いっそ何もしなけりゃ怪しまれもしなかったろうに…

259 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 13:17:48 ID:aVA0hLSZ0
つか、火事になったら危ないだろ!
逃げ道が塞がれているじゃん
建築基準法違反だよ

260 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 13:58:13 ID:AktOMQ93O
そうだな。
幽霊が逃げ遅れたらたいへんだ!

261 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 14:05:59 ID:bxksvtoxO
逃げ遅れて死んだ人の霊だろ?
だったら、ドンドン叩いてたのは部屋の中だったんじゃない?

262 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 16:57:21 ID:jxRak+sbO
え?消防法じゃなくて?

263 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 17:16:35 ID:AktOMQ93O
とにかく法律的にみてもこの話しは怖いということだ。
>>257は続けて書くべき男!

264 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 19:43:31 ID:0hlIzXWpO
話を集約しすぎて、説明不足でした。
>>257に補足
別館三階全フロアーは完全に幽閉されているので全室使用されていないので、亡くなった一家の霊以外は宿泊客はない。
非常階段においては、三階フロアーに通じる入り口のみ閉鎖されており、一階まで降りて行ける。
また、各階にはその他外にもう一つ非常階段が設けられていたので、法的にも緊急脱出についてもなんら問題ないと思われるのだが。
遅レス恐縮です。

265 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 20:21:51 ID:AktOMQ93O
その丁寧さに頭がさがります。

266 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:03:49 ID:0IJqtj7MO
横入りスマソ。
>>254アドバイスかたじけない。
では俺が必死にアプローチかけているMさんとの出会いを。

事の起こりは俺が妹から受けた相談を、会社の先輩に話した事から始まる。
相談とは、妹の彼氏の身の回りにやたらと不幸が続いているという内容。
彼氏の職場での事故。彼氏兄の交通事故。彼氏母の病気。彼氏父の左遷。
内容的には関連は全くなく、不運な偶然だとしか言いようがないが、
妹が気にしているのは、彼氏の家で霊のようなものがよく目撃されている事。
彼氏は実家住まいだが、オープンな家庭で、彼氏の友達のたまり場に
なっているらしく、これまでに彼氏の友達二人と彼氏姉が目撃したらしい。

妹と彼氏は若干DQN気味だが彼氏はいい奴だし、真剣に結婚も考えていると
以前から聞いていたので、力になりたくオカルト好きな先輩に意見を求めた。

先輩は「俺はそういう話は好きだがなんの能力もねーよw」とかいって
その場は流されたんだが、夜に先輩から電話がかかってきて、
「週末夜空けとけ。会わせたい奴がいる。妹も連れて来い」とのこと。
先輩いわく、霊感の強い女友達がいて、アドバイスくれるかもしれん、と。
それがMさんだった。

267 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:04:33 ID:0IJqtj7MO
約束の夜、時間は19時過ぎだったと思う。季節は初夏。暖かい日だった。
妹と共に先輩の車に乗り、助手席にいた先輩の彼女Sさんを紹介された。
そしてMさんを迎えに行くとのこと。Sさんと高校からの親友らしい。
向かう途中でSさんがMさんの能力や今までのオカルティックな体験話をしてくれた。
Mさんは霊感が強いのと、軽い予知能力もあり、予知夢も見るらしい。
先輩が「仕事終わりのMを拾ってそのまま彼氏宅に行く」と言った。

しばらくして車はファッションビルが立ち並ぶ、〇日本最大都市のど真ん中。
その街を代表するファッションビルの前に、Mさんが立っていた。
漠然とTVで見る霊能者タイプをイメージしていた俺は拍子抜けした。
車に乗ってきたのは小柄で可愛らしい女の子だったからだ。
そのビルのアクセサリーショップで店長をしているというMさんは、センスも良く、
なにより薄着から覗く谷間に釘付けになってしまった。
(こんな人が霊能力を持っている?)疑いたくなる程意外なタイプだった。

268 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:05:14 ID:0IJqtj7MO
ここからようやく本題です。長くてスマソ。

全員が揃い、問題の彼氏宅に着いたのは21時近く。山側で暗い住宅街だ。
彼氏宅に着いてすぐ、Mさんが二階の窓を指差して言った。
「あそこ。女の子が立ってる。金髪っぽい長い髪。まだ10代の今風のコ」
そして妹を見て、「あんたみたいな系統の女の子。でももう少し若いかもね」
それを聞いて妹が軽い悲鳴を上げた。
実は彼氏宅で目撃された霊というのが、まさにMさんの言う通りの
若い今風な女の子で、彼氏姉が見た時は廊下の水槽の前に佇んでいて、
彼氏姉は俺の妹がそこに立っていると思ったらしい。

だがこの話は先輩にはしていない。Mさんが知る筈はなかった。
そしてMさんが指差した窓は、女の子を見かけた水槽のある廊下の窓だった。

車内はMさんSさん以外はみんな鳥肌MAXだったよ。しかしMさんは、その女の子が直接影響してるわけではないと言う。

269 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:06:00 ID:0IJqtj7MO
そう言った後、Mさんは暫く腕を組み無表情に黙り込んだ。
そして唐突に話出した。
「壁が板張りの部屋がある。床が見えないくらい乱雑で汚い。
ポスターが異常な程貼ってある。壁に赤い傷?か落書きがある」
そして妹に「彼の部屋?」と聞いた。妹「そうです」。
「だらしない生活を送っている人は、心の中もだらしなく隙だらけ。
霊はそういう心の隙につけ入ってくる。彼の部屋は居心地がいいみたい。
ポスターなんかも、霊ってヒトガタのものに近寄ってくるから」
妹すでに半ベソ。
「だけど、根本はお兄さんの車みたいよ。事故車なのかはわからないけど。
男の人が乗ってる。その車が好きみたい。
彼がリーダー格みたいだから車をお祓いすればいい」
そして、こう続けた。
「一連の不運は確かに霊の影響もある。霊が側にいると、知らず知らず
運気や生気が擦り減っていくから。だけど、この家の人達は
彼氏だけじゃなくみんながだらしない。
このあたりは山も近いし、色んなものが流れてくる。
だから、身の回りを常に整理し明るく保つ。
庭に明るいお花を植える。玄関回りを片付ける。
車の彼以外はそれだけでいなくなる程度のもの。
それだけで防げたものだから」
そう言うとMさん腕を上に上げては伸びをした。
巨乳が必然的に強調された。

270 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:20:22 ID:0IJqtj7MO
その後、彼兄と彼姉だけに事情を話し、車はお祓いしてもらい、
彼母が入院してる間に彼姉や妹も手伝い、彼宅を大掃除。
荒れ果てた庭を手入れしたのがきっかけで彼姉はガーデニングにハマったらしい。

Mさんが後日
「身の回りを綺麗にする事は変な者を寄せ付けない為に確かに大事な事。
だけど彼母の病気はたぶんノイローゼ的なもの。原因まではわからなけど。
退院してきて家が明るく綺麗だと良くなるのも早いと思って」
と言っていました。

>>254
確かに動物は好きみたいだが、彼女の実家は猫10匹飼っているらしい。。。

271 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:28:25 ID:Ta2m4Qjk0
師匠シリーズ並みになりそうなヨカーン

猫スキーならキャットカフェでFAだろwww
もしくは天保○アニパ

272 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:31:17 ID:XDDwDq3v0
最初からシリーズ化前提ですもの。

273 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:33:10 ID:mPpudPTTO
誰か1レスにまとめて下さい。
余分な描写を削るだけでいいです。

274 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:39:09 ID:XDDwDq3v0
>>273
言い方が気にいらないから却下

275 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 00:46:48 ID:0IJqtj7MO
いくつかの話はあるけど、シリーズ化できる程の関わりはありません。
相手にされてませんからw
実家に帰れば猫パラダイスなのに、わざわざ他所の猫を見には行かないだろ。
>>273
霊障起こる→彼女霊視→解決
携帯小説(笑)世代ですか。
自分で出来る事は自分でしましょう(笑)

276 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 01:10:26 ID:Ta2m4Qjk0
猫スキーはいっぱい猫みたいお( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー

277 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 01:19:42 ID:SwsVUUDh0
>>275
オマイさんは女心も猫スキーの心も全然分かってない奴だなw

278 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 01:27:20 ID:mq1PovedO
おっぱいだけじゃなくその奥の心も見なきゃ

279 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 02:05:17 ID:A9W0jLTrO
ほんのりも怖くないんだけど居座るんだろうな

280 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 02:06:21 ID:h36Cte8f0
印象に残ったのが
おっぱい>霊

281 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 02:51:39 ID:mPpudPTTO
>>275
分かったからコテトリつけて。
文章書けなくてもそれくらい出来るでしょ?

282 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 03:18:01 ID:Q8/HNJA/0
なんで洒落怖がああなったのか分かってほしい・・・

283 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 04:39:05 ID:A23bWpZm0
洒落怖にはおっぱいが無かったから

284 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 05:04:09 ID:8qgXgBTIO
洒落怖には洒落が無いからな。


しかしシリーズ化希望。
続けろ。続けろ。
そしてみんなが書きやすい環境を作ってくれい。

おっぱい>霊
あたりまえだそんなもん。健康な男子で逆だったらほんのり怖いわい。

スレに必要なのは楽しい雰囲気で、偏狭な批評家じゃないやい。


285 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 05:17:42 ID:8qgXgBTIO
だんだんみんなが「うまいコメントをつけるスレ」になってきましたなww

猫スキなめんなよ。なかなかお腹いっぱいになんねーぞ。猫は別腹だかんな。

286 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 08:43:35 ID:KtCqxW0e0
ありゃ、洒落怖が侵攻してきている?

他スレで誤爆(?)された書き込みを検索した結果が「洒落怖」だったけど、ここにお裾分けw
とは言え、現実の話なのでややスレ違い気味ではありますが・・・
ほんのり気分を一緒に味わって欲しい。

ttp://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/zatsu/bundan#10

アラル海。かつてはソ連国内にあったわけだが、ソ連解体で北はカザフスタン、南はウズベキスタンと2つの国に接する湖となった。
そして湖に浮かぶボズロジェーニエ島の上にも国境線が引かれて、南北に分断された状態。島に住んでる人はさぞ不便になったろうと思いきや、
ボズロジェーニエ島は無人島、というか人が住むなどトンでもないという状況だ。
ボズロジェーニエ島にはかつて住民がいた。1936年にソ連はこの島に生物兵器の実験施設を作り、軍隊や研究者が常駐していた。
島では炭疽菌やペスト菌、ボツリヌス菌、ブルセラ菌、ツラレミア(野兎病菌)、ベネズエラ馬脳炎ウィルス、天然痘ウイルス・・・などなどを使った
動物実験が続けられていたが、ソ連の解体に伴って、実験施設は91年に閉鎖。ロシア軍は残っていた菌やウィルスを殺菌処分して引き揚げた・・・はずだったが、
2000年にアメリカの調査チームが調べたところ、殺菌されて地下数メートルに遺棄された炭疽菌の胞子数十トンのうち一部がまだ生きている
ことが判明したらしい。

ところでアラル海は、かつては世界で4番目に大きな湖だったが、1950年代から周辺一帯で大規模な綿栽培が始まり、アラル海に流れ込む川の水が灌漑用水
に使われて減少したため、アラル海の面積は急激に減少。それに伴って雨も減り、周辺一帯は砂漠化が進んで、現在ではアラル海の広さは4分の1になって
しまった。一方で湖が干上がるにつれてボズロジェーニエ島の面積は広がり、もともと200平方km足らずだった島は10倍以上に拡大している。


287 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 08:43:56 ID:KtCqxW0e0
そこでいま懸念されているのは、いずれ島が本土と陸続きになり、島で生き残っているという炭疽菌が、ネズミなどの動物に感染して本土に撒き散らされること。
「2010年頃にボズロジェーニエ島は本土と陸続きになる」と予想して、アメリカの援助で炭疽菌の除去作戦が予定されていたが、最近の衛星写真 を見るとすでに
島の南部は本土と陸続きになり、「島」ではなくなってしまったようだ。

もともとソ連がここに生物兵器の実験施設を作ったのは、本土と隔絶された島なので病原菌が外部に広がる恐れはないだろうと考えたため。それでも86年には
周辺一帯でペストが流行し、88年には家畜50万頭が死んで周辺住民に避難命令が出る事件が起きた。最近、アラル海南岸では、乳幼児の死亡率が上昇して
いると言われており、住民への健康被害が深刻になりつつあるようだ。

288 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 09:03:14 ID:0gzKfiVw0
洒落怖に続き、ほんのりにまでシリーズ物の魔手が・・・

289 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 09:53:07 ID:8qgXgBTIO
魔の手…なんて言っちゃダメだよ。
とにかく書いてもらわなきゃ、いいのも出てこないんだからさ。
洒落怖なんて、
「書いてください」

「書いたらパゲッて言われるんでしょ?」

「怖けりゃ言わんよ」

「いいです。さよなら」

「批判ぐらいスルーしろよ」

「…」

もうなんだかね。言ってることはもっともらしいけど、いったいキミらはナニサマですかと思うよ。
これで書くヤツいるわけないじゃん。

「ほんのり怖い」なんてある意味すごい難しい縛りなんだから、せめて書きやすい環境にしてからにしようや。
書くヤツの努力も必要だけど、読む側にだって「面白がる努力」は必要だよ。

偉そうに言ってゴメン。洒落怖見て来て凄い不安になったんだ。

290 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 11:01:20 ID:0gzKfiVw0
>>289
でも、洒落怖のまとめサイトなんかを見ていると、明らかに初期の頃と現在は話の毛色が違いすぎる。
自分は、たまたま他スレで「マイナスドライバー」を読んで洒落怖を見るようになったから。

291 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 11:13:31 ID:8qgXgBTIO
>>290
まぁ、あっちはあっち。こっちは仲良くわいわいやりましょうよ。

292 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 11:46:37 ID:fzOU7OYo0
ここも自作小説を書く場所になったのかい

293 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 11:53:55 ID:8yqGqR9c0
洒落怖じゃないのでこちらへ。

幽霊がいるんじゃないかと噂されるうちの会社
節電の為、誰も居ないトイレの電気は必ず消すように
と通達された。

それで、小便を済ませてトイレの電気を消した途端に
大便側のドアがドンドンと
誰か居たんだと思ってあわてて電気を付け直してみると
ドアは開いていて、中を覗いても誰も居ない。

という体験をした人が自分を含め何人も出て
結局今は点けっぱなし。

今は誰も使わなくなった宿直室。
昔は使われていて
シャワーを浴びてる時に限って、部屋の方から話し声やら笑い声が聞こえたり
シャワーを済ませて戻るとテレビが勝手に付いてたりしたそうだ。

俺はトイレで体験してるので一概に嘘や冗談とも思えない。。。

後、残業してると、隣に誰かいるような気配を猛烈に感じたりする。
気配だけなので、それは気のせいかもしれない。

それでも会社内で死人が出たという話は聞かない。
故前社長は随分愉快な人だったらしく、
その人が面白がって脅してるんじゃないかという話になってるw

294 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 12:33:12 ID:1nOSs/LjO
>>269
これは具体的で実践し易いアドバス!
すごく勉強になりました
読めて良かったです
また不思議な話や注意すべき事などありましたら是非聞きたいです

295 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 13:16:56 ID:8qgXgBTIO
>>293
これから決算期で忙しくなると思う…
ぜひとも←(ココ強調)
一人で遅くまで残業して、怖い目にあいまくるのだ!

そして涙目でほんこわに書くのだ!書くのだ!
愉快な社長霊もそれを望んでいる。

296 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 13:24:25 ID:8qgXgBTIO
>>269
ポスターみたいな人型は霊が集まってくる。
巨乳霊媒師は全国17人のポスター屋のおっさんを怒らせたww


297 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 13:39:05 ID:21qL7d3n0
>ポスター
四面の部屋でぐぐるといいよ。

298 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 14:02:50 ID:Ctetk2jj0
>>296
ポスター貼りまくるのは危険なんだってさ
目が通り道になるとかテレビの心霊番組でやってたな

299 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 14:24:17 ID:8qgXgBTIO
>>298
オマイの話しもほんのり怖いじゃないかww

目か…目がヤバいのか…
おれんち漫画の単行本が山ほどあって、目がいっぱいこっち見てんだ……謝ったほうがいい?

300 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 14:30:39 ID:qUgQiuwF0
シラス干しもヤバいのか

301 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 14:32:38 ID:8yqGqR9c0
もう畳いわしと一緒の部屋で寝れません・・・

302 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 15:03:31 ID:8qgXgBTIO
畳イワシと同じ部屋で寝てる境遇がほんのり怖いです!

303 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 15:10:16 ID:8qgXgBTIO
>>300
ちょwwおまwwシラス干しヤベーよww
そんなん殺されても文句言えないじゃんww
すぐ逃げて!
超逃げて!

304 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 16:54:14 ID:8qgXgBTIO
2年前から、月に一度うちのポストに変なものが届く。
クリアパック。
100円ショップで売っている、チャック付のビニール袋だ。
袋の中はいつもいっぱいの爪。
メモが一枚そえられている。
「あと一人です」

どういう意味だろう?


洒落怖で書いたんだが、ここのみんなの方が好きなので書く。

305 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 17:13:02 ID:mq1PovedO
>>304

身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ146
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195663601/

306 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 17:17:46 ID:jNgt01y70
年始の買い物で車を運転している時に、赤信号で止まった
向こう側に止まっている車を見ると、古いムーブに若者が寿司詰めで乗っていた
「あんなにいっぱい乗って危ないよなー」と同意を求めると、返事が無い
まあいいやと思って、その場はそのまま発進した
着いてから、危ないと思わないのか聞くと
「あれって、一人しか乗ってなかったし。うちのも同じくらい古いし。新車買う気なの?」だとさ…

307 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 17:39:40 ID:S5ewZ5PF0
ポスターって怖いのか・・・

308 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 18:00:03 ID:8qgXgBTIO
>>305
…冷たいな…オマイ。(T^T)

309 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 18:14:29 ID:8qgXgBTIO
>>306を読んで気づいた。
初詣でひしめくカプールも霊に違いない。
あんなにたくさんのカプールがこの世にいるはずない!

310 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 18:25:46 ID:1nOSs/LjO
>>306行く先がおんなじな人達で
ちょっと相乗りさせてもらってたのかな
それとも守護の人達かな

311 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 18:34:40 ID:8yqGqR9c0
恐山に行くときの俺の車もそんな感じだったに違いない・・・

312 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 19:27:08 ID:/DNnHiF+0
どこの国だっけ、路面電車だったと思うけど
車内に入らなきゃ無料だからって、人が外に鈴なりになってるの

>>311
恐山の帰りはそんな感じだったかもね ( ´∀`)b

313 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 20:34:37 ID:8qgXgBTIO
>>312は笑いながら怖いことを言う。


314 :本当にあった怖い名無し:2008/01/05(土) 22:54:11 ID:DQouzaFRO
年末に全く片づけずに逃げ帰ったので、この玄関を開けるのが怖い。

315 :ゴキブリ:2008/01/06(日) 01:40:47 ID:6LduqSMd0
>>314
開けるの待ってるよん♪

316 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 02:32:00 ID:uGrtP07P0
楽しみだなw

317 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 06:04:00 ID:EXoMh+wG0
洒落怖ってほどじゃないからこっちに書きますね

大体半年くらい前の話
バイト終わってぐっすり就寝
で午前4時くらいに電話で起こされた
相手は前の前のバイト先の同僚で連絡は2年近く取ってない
そいつはそんな時間に電話するほど非常識な奴ではなかったはず
まあ電話なんか取らなきゃ良かったんだが寝ぼけて勢いで取っちゃったw
俺「あ、あぁ?もしもしぃ・・・」
相手「・・・」
俺「何ぃ?・・・切るよ?」
相手「ピープーピピピピピppp(電子音)」
俺「・・・!」
何が起きたか解からず固まってしまったw
どっちが切ったかは覚えてないが20秒以上は通話?してたと思う
奴はモールス信号でも打ってたのだろうか?
ちなみに俺はビビりなので追撃はしてませんw

318 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 07:26:09 ID:otb1BZRvO
2日の夜のことだ。
夜中に人の気配を感じて目を覚ますと、制服姿の警官がわたしを見下ろしていた。
怖いというよりビックリしてしまい、身動きがとれない。
生きた人間でないことだけはわかる。
「正太…」
優しい声だった。
「すまない。おとうさんはもうダメだ。母さんを頼む。仕事ばかりでいい父親じゃなかったが、母さんやお前のことをほんとうに愛していた。強い男になってくれ」
霊も涙を流すのか。
わたしも胸に熱いものが込み上げていた。


ただ問題なのは、

わたしは正太じゃないし、男でもないし、父はまだ生きてるってことだ。
どこからツッコめばいいやら。

319 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 10:17:10 ID:LTDVJgR60
>>317
faxじゃないの?

320 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 11:01:29 ID:63oaZ+k40
今日もこいつと一緒だ。
昨日はばか騒ぎをしすぎた。まだ眠い。
一昨日もこんな風に騒いだな。
明日も一緒だ。

一か月溜めたごみのせいか部屋は臭う。








321 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 11:40:27 ID:do/7DJnd0
>>317
>俺「あ、あぁ?もしもしぃ・・・」
>相手「・・・」
>俺「何ぃ?・・・切るよ?」
>相手「ピープーピピピピピppp(電子音)」
>俺「・・・!」

やりとりはこれだけ? だったら何故、元同僚だと分かったんだ?
そっちもほんのり怖いぞ。

322 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 11:41:50 ID:otb1BZRvO
>>320
よせよ…怖いじゃないか…

323 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 11:58:33 ID:DQvcr1HhO
高知の探険サークルの大学生が鍾乳洞の中の深さ30mの池で行方不明
てニュースが…
なんかオカルトっぽくね?

324 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 12:28:40 ID:EXoMh+wG0
>>321
携帯→携帯なんだから名前表示が出るんだぜ(´;ω;`)
まあfaxっぽいけどねw

325 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 12:48:39 ID:otb1BZRvO
>>323
発見された時にはデーモンに合体されてるなコレわww

326 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 12:49:32 ID:V+AZd26B0
>>323

確かに、そんな所で泳ごうと思った神経はオカルトだな・・・

327 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 18:01:42 ID:2gduHj270
>323
それ、ニュースの地元民インタビューで
おじいが「いつも来てた」「よう泳いでた」的な
呑気コメントしててちょっとなごんだ
日常茶飯事だったのかよw

328 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 19:37:49 ID:otb1BZRvO
とめなくていいのだろうか、ソレww


329 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 19:51:00 ID:39PfZgSE0
wowowで着信ありやってるぅ(´;ω;`)

330 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 20:01:26 ID:+ro3OuICO
四角い部屋上を向く彼女に挨拶こんにちは
四角い部屋下を覗く彼女に挨拶こんにちは
四角い部屋左を向く彼女に挨拶こんにちは
四角い部屋右を向く

331 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 20:01:40 ID:6wpekGvh0
317に似ているけど投下。

私が中2の時、夜中(多分2時位)に携帯が鳴った。317同様、ほっときゃいいのに私は
寝ぼけて通話ボタンを押してしまった。しかもそのまま会話スタート。
どんな会話をしていたかは全く覚えていないけど、相手は26歳くらいの男性だということ
何故か分かっていた。

そのうち、
私「もうねむいよー」
相手「そっか、じゃあね、おやすみ」(みたいなこと)
と言って会話終了。私は切った直後爆睡。

朝になって、そういえば…と思って着歴を見てみると、見たことない番号からの電話だと判明。
しかもきっかり20分話し込んだ形跡あり。
家族の誰に聞いても「そんな番号見覚えない」と言われ、最終的に寝ぼけて一人で話していたんだろうという


332 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 20:05:00 ID:6wpekGvh0
ごめんミスった。↓続き
家族の誰に聞いても「そんな番号見覚えない」と言われ、最終的に寝ぼけて一人で話していたんだろうという
結論に。
だけど寝ぼけていたのならなんで20分きっかりで電話が切れていたのかとか、なんで私は相手の年齢・性別が
分かったんだろうとか今でも疑問。

誰と話していたんだ自分…


333 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 20:17:20 ID:rO0+e+fF0
そりゃ酒でも飲んで人寂しくなって電話したなら
間違い電話だって相手が話してくれりゃ話し込むわな。

相手のことは、声で男か女かは判るだろうし、その覚えてない会話の中に
「年幾つ?」「○○歳〜あなたわぁ〜?」「26だよ」っつーのがあったんだろうw



334 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 20:55:23 ID:qCV/OI+W0
小学校の時の話

当時私は地元の女子ソフトボールクラブに所属していた
4年生から6年生だけであわせて14人という少ない人数ではあったけれど
地元の大会で優勝して全国大会へ出たり、それなりに強かった

その日は練習試合でバスを借り切って相手グランドへ行き、いつものようにキャッチボールを終え
いつものように保護者のもってきてくれたおにぎりをみんなで分け合った
そしてその時、一つ余ることに気付いた
「誰か食べてない人いない?」
不思議に思って人数を数えると…13人
「あれ?誰が足りないの?」とこのときになって大騒ぎ
足りなかったのはYちゃんという女の子だった
そして、彼女は私のキャッチボールのペアの相手だった(相手が決まっていた)
しかし、私はグランドについてすぐにちゃんとキャッチボールをした
その時、誰も余っていなかった
それはみんなも知っている
(余った場合は別のペアに混ぜてもらって三人でするので)
じゃあ私は誰とキャッチボールをしていたんだ?と改めて聞かれると…答えられなかった
私以外の皆も同じだった

Yちゃんはその日たまたま寝坊して、急いで集合場所へ行ったけれど既に時間を大幅に過ぎていてバスも出発した後だったらしい
今のように携帯電話もない時代でそのままあきらめて帰った後に判った

あの日、私は誰とキャッチボールをしたんだろう…?
未だに不思議でしょうがない

335 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 20:57:54 ID:9RnTpSHNO
>>331
20分も寝惚けていたのか…

336 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 22:47:39 ID:f/9HAgTNO
>>10
それは団地とかならよくあるよ
上下の階に子供いなかった?その子の声だと思う
俺もあるもん

337 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 23:12:53 ID:hXo6DUAUO
困った、巨乳しか印象に残ってないぞ。

338 :本当にあった怖い名無し:2008/01/06(日) 23:13:34 ID:f4Gxj+0S0
>>10 って…
2007/12/22(土) 16:37:39  か、

正月気分も抜けたいま、その頃に戻りたい。

339 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 00:43:01 ID:nVtDD39a0
>>338
嫌だ。年末年始やっと抜け出したのに。
正月どころか土日も無くなるのを繰り返したくはない。
やっと普通の日々に戻れたのに。

340 :たまにあること:2008/01/07(月) 01:28:34 ID:qHEF52Yu0
@自宅から会社までは電車・バスで片道1時間弱かかる。もちろん帰りも同じくらいかかる。
でもたまに、会社を出て、家について時計を見たら10分も経ってなかったりする。
退社時刻はタイムカード管理なので間違いない。
これが1回2回なら、時計の見間違えで済むんだが。

Aバスに乗ろうと思ってバス停に行き、待つこと数分で来たバスに乗ってふと時計を見ると
2時間くらい経ってたこともある。
バス停で2時間もバス待つほど暇じゃないし、10分〜20分間隔で運行してる路線なんだが。

341 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 02:19:13 ID:rzx78bmoO
>>340
周りの人にちゃんと話すことを薦める

342 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 02:24:16 ID:YqTo7AyAO
>>340
www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa.html

343 :1/2:2008/01/07(月) 03:08:59 ID:lVbf9i900
皆さん「形の無い幽霊」っていう話をご存知でしょうか?
昔、友人に聞いた怖い話なのですが。
一応注意して読んでください。

町の外れにある夫婦が住んでいました。
その夫婦にはまだ幼い子供がいました。
ある日の事です。
外で遊んでいた子供が泣きながら家に帰ってきました。
母親が心配して事情を聞くと、
「お化けに追いかけられたの。」
と子供は言いました。
母親は、不審者に追いかけられたのではと思い、どんなお化けかを聞きました。
しかし、子供は分からないというばかりです。
母親は何か見間違えたと思い、子供をあやしました。
それから何日か経った後、
子供がいつものように外に遊びに行きました。
しかし、いつになっても帰ってきません。
両親は子供を探しに行きましたが、見つけることはできませんでした。
翌日両親は警察に連絡し、子供の捜索をしましたが、結局手がかりは見つかりませんでした。
両親はもうこの世には居ないのものだと思い深く悲しみました。

344 :2/2:2008/01/07(月) 03:10:07 ID:lVbf9i900
そして、10年の月日が経ったある日の事です。
父親が仕事から戻ると、母親が落ち着きが無い様子で、言いました。
「あなた!!あの子が、あの子が帰ってきたの!!」
父親が、母親と一緒に子供の部屋に行くと、確かに居なくなった子供が居ました。
母親はひどく喜びましたが、父親は、おかしいなと思いました。
なぜなら、生きていれば高校生ぐらいのはずなのに、
子供の姿が10年前と全く変わっていなかったからです。
父親はただ事ではないと思い、翌日、近所の寺の住職に事情を話し、家に来てもらうことにしました。
母親が子供を住職のもとに連れてくると、住職はとても驚きました。
両親が子供といっていたものが、住職からみたら影のように黒いモヤモヤしたものだったからです。
そして住職は両親に言いました。
「あなたの子供は残念ですが、すでにこの世にはいません。そして、あの世にもいません。」
両親は事態が飲み込めず、どういうことか住職に聞くと、
「そこにいるのは、多数の死んだ人間の怨霊の塊です。子供さんの魂はそれに喰われてしまいました。」
住職は恐怖し、自分ではどうすることもできないことを両親に伝え、
結局そのまま帰ってしまいました。

その後、両親を見かけることはありませんでした。

この話を、読んだり、聞いたりした後、話の中の黒いモヤモヤが見えるようになるらしいです。
もし、この黒いモヤモヤを見かけても、決して関わらないようにしてください。


345 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 06:28:28 ID:f66j/7MT0
似たようなのがアフタヌーンに載ってたな。

346 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 08:41:35 ID:aqAjtkZg0
住職も自分が出来なかったら、もっと高尚な住職紹介してあげればいいのに(´・ω・`)

とネタにマジレスしてみる

347 :名無しさん@地下迷宮:2008/01/07(月) 12:04:38 ID:TxIvDcbP0
そんな物が見えるようになったら、なんとかそれをあいつ等の車に
押し込められないだろうかなどと思ってしまう俺にほんのり。

348 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 18:14:08 ID:VsEwcadV0
あいつ等とは・・・誰?
と気になってみる。

DQN等?

349 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 19:40:03 ID:Vk4TqtdUO
俺にはかなりかっこいい上司(Aさん)がいます。
噂では奥さんも可愛いくて、いわゆるお似合いカップルってやつみたいです。
そんなAさんがみんなが怖い話で盛り上がってるときにこんな話をしてくれました。

ある日、午前一時ごろ、Aさんはひどく疲れて会社から家に帰って来ました。
そしてご飯も食べず、風呂にも入らずふとんに潜って寝ようとしました。
すると、Aさんの耳に声が飛び込んできました。
「あなた…一緒に寝ましょっ」
疲れていたAさんは、ひとこと「やめてくれ…」とだけ言いました。
「どうして?」
布団を引っ張られたAさんは剥ぎ取られないように必死に布団を引っ張り返しました。
「どうしてよォー」
Aさんの根気に負けたのか、引っ張る力はなくなり、少ししてドアの閉まる音がしました。
そしてAさんは汗だくのまま眠りにつきました。

Aさんは話し終えた後こうつけたしました。

「だから単身赴任は嫌なんだよ」

350 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 20:07:48 ID:enTlZ5Ag0
どなたか解説を

351 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 20:25:37 ID:rzx78bmoO
美人3日で飽きる

352 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 21:47:53 ID:rCZv7PyHO
現地妻

353 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 22:20:02 ID:VdVQbFB/0
怖いはなしの文庫本
よくある1冊100話くらいのやつ

季節外れもいいとこだが、なんとなく購入
帰りの電車で読み始めて、バスに乗り換えて続きを読む

すぐ後ろから
ぱん!と手を叩く音がひとつ

他にも人は乗ってたし
気のせいだろうけど
もうすぐ読み終わるけど

なんとなく、続きは明日読むことにした

354 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 22:21:56 ID:8nm13Fj40
ぱん!

355 :本当にあった怖い名無し:2008/01/07(月) 23:41:16 ID:JYVawQAu0
>>349の解説
単身赴任中にたまに自宅に帰ってきたら、ご無沙汰の妻に求められた。
ということでは?

356 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 00:15:25 ID:QsmalTio0
>>354
おまえどんだけ小さいんだよ。

357 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 00:18:21 ID:QRwSPVvIO
でも13階建てナノ

358 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 00:57:59 ID:EaJqi4cL0
>>355
冗談だろ?

359 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 01:03:23 ID:1yblyJsfO
>>340
キチガイ発見

360 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 11:23:35 ID:kuATl57PO
怖いというか腑に落ちない話
5年位前だったかな
ちょっと説明しづらいんですけど
洗面所とかの天井に30センチ四方位の枠(?)の蓋があって
多分、配管とかが通ってるのかな?
開ける事が出来るんだ。
でも、普通に生活してればまず開ける事はない「その蓋」が、外出して帰って来たら開いてたんだ
四角い蓋が穴の向こう側に全部入っていて
それが斜めにズレて引っ掛かってる感じ
で、ちょうど家族全員いたから聞いてみたんだ
「洗面所の天井、誰か開けた?なんかあったの?」
そしたら全員が「知らない」との事…
母親が見に行って「本当に開いてるわね」って戻って来てさ
みんなで「あんな所、なんもない限りワザワザ開けないよねぇ」と、皆不思議がってたんだけど
結局その時は誰も閉めなかったんだよね。


361 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 12:02:39 ID:KFGBLUWT0
あぁ、うちもあるな。

風かなんかで開くんじゃないの?
つか、風呂の天井と、その上のコンクリの隙間って30cmも無いしな。
そんときは、来客も無かったし。

たぶん風か風圧だな。

362 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 12:45:52 ID:eO6TZuHmO
午前中の話。

俺は工事現場で働いているんだが、今日は今の現場が終わって次の現場に移る移動の日だ。
朝も早くから荷物をトラックに積み込んでいく。
そんな中
後輩「ドラム缶行きま〜す!」
機械を動かすための燃料が入ったドラム缶に後輩がワイヤーをかけて、クレーンで吊り上げる。
それをトラックの荷台に乗っかって受けようとしていた、その時

ズルッ、ガンッ!!

ドラム缶に掛かっていたワイヤーが滑ったのか緩んだのか知らんが外れて、燃料が満タン入ったドラム缶が俺の鼻先をかすめて荷台に落下した。
偶然にも真っ直ぐ立ったドラム缶の縁は足のつま先から約3cmくらいのところだ。
後一歩踏み出してたら頭ペチャンコだったな。

というか落ちた衝撃でドラム缶が破損し、何かの拍子に火花でも散ろうもんなら大変な騒ぎだった。

いやぁ、ほんのり怖かったが、怪我もないし何も起きなくて何よりだ。

363 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 12:46:00 ID:G66yZ/ewO
>>360
気密性の高いマンションとかだと気圧の差で開く時があるらしいよ

364 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 13:42:21 ID:N972GNS70
>>362
現場お疲れ様です。
いつでも死の危険あるよなー、現場って。

365 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 13:49:45 ID:A4pRYYhV0
>>362
ボッキしてなくてよかったね

366 :1/2:2008/01/08(火) 14:29:44 ID:4ScNptnC0
2chのどっかで見た話なんだけど
バイク乗りの爺さんが若い頃に山中に入り
妖怪に遭遇したって話は怖かったな。
どの板の書き込みだったかは忘れたんだが
かなりインパクト強い話だったんで書いておく。


爺さんが若い頃なんで何十年も前の話。
実家が金持ちなため、当時としては珍しかったバイクを買って貰い
喜んで乗り回してたある日のこと。
その日はバイクで遠出して山に入り一晩野宿して帰るつもりでいた。
山中で辺りは薄暗くなり、爺さんは焚き火に当たりながら
買ってきた晩飯を食べていた。
すると急に辺りが生臭くなり、木立の間から突然“妙なもの”が現れた。
人間の胴ほどの幅で細長く、高さは2mもあり、
どうやら天辺に口があるらしい。
ふいに“それ”が爺さんに語りかけた。

「すりゃあぬしんまけ?(それはお前の馬か?)」


367 :2/2:2008/01/08(火) 14:30:16 ID:4ScNptnC0
どうやらバイクのことらしい。
「そうだ」と答えると「ええのう、ええのう」と言う。
どうやら“それ”はバイクに興味を持っているらしい。
「飼い葉は食うか」と聞かれ、
「飼い葉は食わないが山ほどガソリンを食う」と答えると
“それ”は途端に残念そうな気配を見せた。
ふと、爺さんはあることに気づいた。
(この生臭い匂いは奴が喋る度にキツくなっている。
これは肉を食うものなのだ)と。
事実に気付いてゾッとし、とっさに
晩飯と一緒に食うつもりで買って来た菓子類が詰まった袋を
“それ”に向かって放ると、“それ”は満足そうに去って行ったそうだ。

後日爺さんは周囲にこのことを話したが、誰も信じてくれなかった。
ただ、爺さんの爺さんだけは
「とっさに菓子袋を放ったのは正解だった。
そうしなければお前は山の怪に食われていただろう。」
と信じてくれたそうだ。


この話の書き込み知ってる人居ないかな…
出来るだけ思い出しながら書いたけど
元の書き込みの方が迫ってくる静かな怖さがあったんだけど。

368 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 14:50:07 ID:tl8va2k90
>>362
玉掛けで事故なんか起こしたら、あっちこっちうるさくて大変だったっしょ。

369 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 15:43:49 ID:9I0fUjUuO
先日発覚した事実

たまに家の前に鳥や鼠の死骸が置かれてる事がある
噛まれた後があるから猫の仕業と思って片付けてた

んで先日深夜二時に起きてしまって寝付けなくてそのまま起きてた
空が白んできた頃に外から物音がした
換気の為に窓開けてたから聞こえたんだろうね

窓から見ると近所の団地で有名な基地外婆がいた
袋から何か取り出して口に持っていき数秒後に吐き捨てた

基地外婆が行った後に外にでたら鼠の死骸があった

引っ越すかなーと思った今日この頃

370 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 15:53:20 ID:jd7cIpls0
最初は鼠だったのが、猫や犬になり、そのうち猿とかになって、
最終的にh

371 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 16:18:04 ID:USQphWMmO
最終的に座頭鯨の死体とかあったらどうする?

372 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 16:23:00 ID:IX5sNL0S0
シロナガスになるまで待つ。

373 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 16:25:43 ID:VL5gHUyM0
>>366
憶えはある。
確認は出来ないが結構前の山怖スレじゃなかったかな?
たしか、以前の纏めサイトってなくなっちゃったんだよね。

>>370
猿は仕入れてくるのが大変そうだがw

374 :369:2008/01/08(火) 16:31:02 ID:9I0fUjUuO
>>370
あれか、最終的に俺か

鯨か…食ってみたいな

発覚して恐かったのは死骸が血で滲んだりしてた事
婆の血か生きてるまま噛み殺したのかはわからん

とりあえず2年間住んでて鼠と鳥以外は置かれてないからこれ以上食物連鎖のレベルを上げはしないと思う
大学、実家にも丁度いい距離感があって住みやすかったんだけどこれを機に引っ越すと思うわ

じゃあね

375 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 16:31:43 ID:nlyZOqWo0
最終的に婆本人

376 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 17:02:40 ID:TRrvEFPLO
夜中呪怨のあの独特の喉を鳴らす声で目が覚めたら自分だった

377 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 17:02:49 ID:K5GHj6m00
私的にちょっと怖かった事を思い出したのでつらつらと。
ここ2,3ヶ月前ぐらいの話で、床に就いていた時の話です。

営業日も終わり翌日が休みという事もあって、
会社の先輩と酒を飲んで気持ちよく話しをして、気分よく帰宅しました。
アルコールも入っていて、仕事の疲れも溜まっていたのですぐに布団にくるまって眠りにつきました。
すぐに眠りつく事はできました。

何かの気配がして、ふと意識が戻りました。
ですが、気配が何かも解らなくとても怖かったのでうっすらと細目を開けて気配のある方に視線を向けました。
視線の先にはカーテンの隙間から漏れてる光にシルエットが照らされて、ぬーっと人影が立ってる事に気づきました。
人影の傍にあった室内用洗濯物干しより首二つぐらいは出ていたのでそこそこ身長はあったのではないでしょうか。

とても恐ろしくなり、なるべく平静に平静にと心掛けながら寝た振りを続けました。
人影もしばらく部屋の中に気配があり徘徊しているようでした。
キッチンの方に気配が向かったのを感じたので、また薄目を開けてそちらの様子を伺いました。

キッチンの通路で人影はずーっと静止していました。
急に気づかれたんじゃないかと不安がよぎり、またすぐに寝た振りをしました。
その後、気配が一向に動かなかったのでずっと寝た振りをしていましたが、そこで本当に寝てしまいました。



結局、実害は無かったので良かったのですが、何だったのかよく解らず今でも思い出すと怖いです。

378 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 03:03:34 ID:RY2EjS8PO
360だけど、今見たら続きが書き込めてなかった…

続き
しばらく何日かして、ふとそこを見たらいつも通り蓋が閉まってたんだ、
その時も家族全員いたので
「誰か閉めたんだね?」って言ったら、全員閉めてないとの事
母親がまた見に行って「あら、本当に閉まってるわね」
と戻ってきたけど、まぁいいかってそのまま忘れたんだけど
また暫く経って
「そういえば前にこんな事があったよね〜」
って、上記の事を話たらその出来事があった事も
全員覚えてないんだ…

あれ〜?と思って夢だったのかな、って片付けたんだけど
こないだまた思い出したんだ
蓋が開いてた事、誰も閉めてないのに閉まってた事
その話をしても誰も覚えてなかった事を全部話たんだけど
また「はぁ?」ってなった…

イヤイヤ………全員ですか。
もう目の前にいるのが違う誰か達だと思い青くなった。。

379 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 05:52:08 ID:HkN3AqjpO
>>369
懐かしのヒサルキっぽいな

380 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 08:50:31 ID:aGPxHjw3O
>>378
松本人志が原宿でキムとジュニアを引き回したとの話に似てるね。
最後の部分だけ。

381 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 14:01:04 ID:/qhkc+kCO
そんな文章力ないけど。
5年くらい前の話だが当時オレは祖母の家に泊まりにいった。
その家の家族構成は
祖母
叔父(兄)リーマン
叔父(弟)深夜ビデオ屋で働いている
の3人暮らしだった。
その日の夜、二階の部屋でゴロゴロしているうちに寝てしまった。
ふっと目が覚めたとき部屋は真っ暗、外も真っ暗だった。
何時ぐらいなんだろうと思ったが暗くて時計が見えなかった。
寝ぼけた頭で横になったままボーっとしていた。
その時廊下から足音が聞こえた。
ヒタヒタヒタヒタ
裸足でフローリングを歩く音のような感じだったと思う。
あれ?叔父(弟)かなぁと思った。目が慣れていたので時計を見てみると3時40分を回ったとこだった気がする。
この時間を見たとき違和感があった。

382 :続き:2008/01/09(水) 14:15:30 ID:/qhkc+kCO
叔父(弟)が帰ってくるのは外が明るくなってからだったからだ。
その日だけ早かったとかも考えられるかもしれないけど違和感の意味がわかった。
電気をつけていないのだ。
真っ暗な中電気をつけるのは普通のことだろう。
つけないこともあるかもしれないけど階段から二階の部屋までは2、3歩しか歩かない。
足音はずっと聞こえていた。
ヒタヒタヒタヒタ
明らかにおかしいと思ったオレは立ち上がりドアに向かおうとした。
が、ドアの向こうに何かいたらどうするのかと考えたらいつの間にか横になって目を閉じていた。
ヒタヒタヒタヒタ…ヒタ…カチャッ

…っ!!ドアノブに何か触れた感じの音が聞こえた。
心臓の鼓動が速くなった。
ドアの方を見るべきか悩んでいると突然頭がぐわんぐわんした。
そしていつの間にか寝ていた。

朝起きてなんだったんだと考えて祖母に話したら叔父(弟)は残業で帰ってないとのことだった。
そして祖母から聞いたのは、
祖母の家は玄関から仏壇まで鬼門でつながっているらしく、玄関を開ける音や足音などは良く聞くそうだ。
祖母は宗教熱心な方で読経など毎日のようにしているそうで集まってくるとか笑いながら言われた。
人生で唯一の不思議な体験でした。
文章悪くてすまん

383 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 16:10:54 ID:jzoSqkNL0
>>382
婆さんの夜歩きか・・・

384 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 16:34:29 ID:weOHIjnI0
>>139
iタウンページに 稲荷 太宰府 でつっこんだら神社4件でてきたけど
もしかしてそういう問題じゃない?

385 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 08:20:53 ID:610fYdJG0
>>366-367 >>373
自分もむかーし山怖スレで読んだ
読みかえしたくなってぐぐったら
お笑い小咄板のまとめサイトでめっけ
http://jituwa.gozaru.jp/24/sonota.html
ここのレス番539(真ん中よりチョイ下)ね

386 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 13:23:29 ID:nj8jx2agO
まさか私が事件の第一発見者になるなんて。

あの日、道端に血まみれの男の人の生首が落ちていたのです。
その男の人の目はカッと見開かれていました。
私はそれに釘づけになり、恐怖のあまり固まってしまいました。
そうしたら、その生首と目が合って「みるな」と言われました。

387 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 15:57:53 ID:KRzmVLT50
生首「こっちみんな」

388 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 17:18:52 ID:g7DLeNOnO
もこが牛乳を飲もうと冷蔵庫を開けると誰かの生首が入ってました。
もこはビックリして思わず冷蔵庫のドアを閉めてしまいました。
きっと今のは何かの見間違いであろうと、思い直し再び冷蔵庫を開けると
なんとそこには誰かの生首が白目を向いていたのです。
もこは思わずドアを閉めましたが、きっと疲れていて見えもしないもの見てしまった のだと思い直し覚悟を決めて改めて冷蔵庫を開けました。
するとそこには何者かの生首が白目を向いてほのかにほくそ笑んでいるのです。
もこはビックリして冷蔵庫のドアを閉めましたが、きっと幻覚を見たに違いない、
最近あまり寝てないから見えもしないものが見えてしまったのだと思い直し、
冷蔵庫を開けました。
するとそこのには白目を向いた生首が入ってたのです。
驚いたもこは気がつけば冷蔵庫の扉を閉めていましたが、気のせいだと思い直し
再びドアを開けると、やっぱり白目を向いた生首がほのかに笑っているのです。
思わず扉を閉めてしまいましたがきっと幻覚に違いありません、最近寝てなかったから。
と、思い直し冷蔵庫を開けると、やっぱり誰かの生首が入ってるのです。
思わず冷蔵庫を閉めたもこでしたがこれは何かの間違いに違いない。
疲れているから見えもしない者が見えたのだと思い直し冷蔵庫を開けると
そこにはなんと白目を向いた生首が・・・、うわっと思い冷蔵庫を閉めましたが
きっと疲れのせいで幻覚を見たに違いない、と自分に言い聞かせ再び冷蔵庫を開けると
なんと誰かの生首が白目を向きながら笑っているのです。
思わず冷蔵庫の扉を閉めましたが きっと気のせいで、何かと見間違えをしたのだと自分に言い聞かせ、扉を開け直すと
なんとそこには何者かの生首が白目を向いて笑っていたのです。

389 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 17:21:48 ID:FunZG+XO0
>>388
あんまり開け閉めすると冷気が逃げて生首が腐りやすくなるぞ

390 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 17:48:35 ID:5er7VHtG0
>>388
最早ドリフだぞw

391 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 19:29:58 ID:plRSQJTsO
>>388
もこ 不意打ちで懐かし過ぎる
泣くかと思った

392 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 21:03:04 ID:g7DLeNOnO
生首で思い出しちゃったんだよw

つ ttp://66.xmbs.jp/mokomoko/

393 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 01:36:33 ID:d+RbwAIq0
生首は生ものだからちゃんと冷やさないといけない、という教訓だな。

394 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 01:45:29 ID:8VXBrqMN0
ドッペルゲンガーってのは、怖い話でいいのかな?

最近のことなんだが、M月が行方不明になったんだ。
で、まぁいなくなる直前に会ってた奴らが警察から色々聞かれたんだ。
俺の知っている限りでは、K助とJ平の2人が聞かれてる。
俺も、2人より少し送れて聞かれた。M月いなくなってから、メールが一通来てたから。
午前3時頃に。もちろん爆睡で、気づいた時には5時間も経ってた。
その日って午後6時頃に学校でM月に会ってはいたけど、直前じゃないから、その件は特に聞かれなかった。
まぁ、M月の事だから、家出だろうと皆考えてる。てか間違いなくそうだ。
で、J平、K助、俺の3人で、あいつ何処行ったんだろうなーとか話してたのよ。
そしたら、J平が、お前らは何か知らないのかと聞いてきたんだ。
J平は、午後8時頃からM月とデートしてて、午後10時頃にケンカして解散。
挙句携帯をぶっ壊されたとキレてた。それが原因かもなとJ平。俺たちも納得した。
俺は特に無し。メールが来たけど、件名が まふねめ、のつふね とか意味不明で、本文無し。
返信はできない。電気切れたんだろう。すぐに試せばよかったんだろうけど、そんとき寝てたしな。
K助は、午後5時から午後7時ちょっとまで、M月の家で適当に喋ってただけ。
その時は、J平にお前が原因だろwとか、自殺でもしてたら、お前責任取れよwとか笑ってたんだが、

考えてみると、俺がM月と会ってた時間って、午後6時頃なんだよね。

K助が会ってるわけないんだよなー・・・
俺が話していた相手、あるいはK助が会っていた相手って、ダレ?
ドッペルゲンガーに会うと、片方消えるとか言うしなぁ。
何かの間違いで、M月は消えちゃったのかな。
んなわけないとは思うが、しかしなぁ・・・

395 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 02:50:38 ID:5Q0x9ELLO
夢か現実かよくわかんない話(´・ω・`)
3年くらい前の話なんだけど、夜ぐーぐー寝てたらなんか物音が聞こえて目が覚めた。
半分寝てたんだけど、壁をずるずるはいずり回るような音がして気になってふと目を開けたんだ。
そしたら天井に真っ黒の髪の長い、白いボロボロの服来た女が張り付いてた。
髪がすごい長くて、垂れ下がって俺の顔面まで届きそうだった。
固まって冷や汗だらだらでそいつを凝視してたらゆっくり俺に向かって手を伸ばしてきた。
手を伸ばす時にパキパキ骨?の音がして、関節の動きとかも尋常じゃないくらい変な動きしてて・・・でそこで気失って朝起きたんだけど。
しばらく夜がすごく怖かった・・・。

396 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 03:07:58 ID:4+FBG13FO
無駄な仮称が読みづらいから誰かまとめて
ドッペルの話

397 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 03:35:05 ID:yxAGfHFk0
女が行方不明になった
>>394は女がいなくなった日?の午後6時に女に学校で会った
別の友達も同じ日のその時間にいなくなった女と女の家で会ってた
あれ?ドッペル?

って話。



398 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 06:12:55 ID:4+FBG13FO
ありがとう!
こいつぁガクブルだね〜!

399 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 08:58:07 ID:SYJP6IQP0
>>394
このメールの件名、
携帯で一つ上にずらして打ち込む(ま→た)と怖いんだが・・・
機種によって違うのかもしれないけどガクガク((;゚Д゚))ブルブル

400 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 09:58:02 ID:ERMmwNBgO
>>394
K助が犯人?

401 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 10:01:16 ID:u7WjmeHy0
>>399
「たすけて、こうすけ」か。

402 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 10:13:20 ID:xNRTrlbN0
>>399作者ネタバレ乙。

403 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 12:20:14 ID:HVLoiqCOO
なんで1、2、3の欄が打てなかったのかとほんのりと問い詰めてみるか

404 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 12:44:57 ID:l0mjDBUj0
>>399
こういうの好きだなw

405 :1:2008/01/11(金) 12:48:35 ID:T1F3sbpk0
地元でまた殺人事件が起こった。
年末年始と殺人多すぎ。

関連スレでは、地元の名前があげられて
「狂ってる」とか「まともじゃない」と書き込まれることが多いけれど
殺人が多いとかそんなんに関わらず、それは当たってるんだよね。

地元の、海辺の町。
妙に心霊スポットが多い場所で、精神が不自由な人達を
集めて療養という名の監禁をしている場所があるだとか、
そこには、週一でヘリが食料を投下にしに来るだとか
精神科系の心霊スポットが多い。

そんな話が生まれるだけあって、その海辺の町は
ちょっとイッちゃってる人が多い。

406 :2:2008/01/11(金) 12:49:39 ID:T1F3sbpk0
見た目はじいさんばあさんが多い平和で穏やかな町だけれど、
一皮剥くと、そのじいさんばあさんこそがアレなんだ。

何かしら、どこかおかしい人が多い。
ぼやかして書くしかないけれど、そういう人が多い。
しかも、その辺一帯に集まってる。
けれど、普段は何もない静かで穏やかな町。

そこから少し離れた辺りは、昔ある病気が蔓延していて、
その病にかかって死んだ人らを集めて埋めた土地でもある。
地名にもその名残が残ってたりする。
それが少なからず関係してるのかな。

地元が始まってきている今。
あの辺の血が蠢きそうで怖い。

407 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 14:11:47 ID:oAJSxCNX0
母子殺人のあった
青森?

408 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 15:58:43 ID:he3E6ISt0
>>242
猿夢は単なる夢の話じゃないよ
現実とリンクしている

409 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 16:03:53 ID:LXIbNeJp0
>>408
どこがだよwww全部夢の中だろwwwwww
一回くらい夢の続き見たからって現実とかwwwwwwww

410 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 17:46:41 ID:qI+lKJdv0
>>408
あれって夢の続きを見たら夢の中で殺されて、現実でも死ぬだろうから怖いんだろ
起きたら「また逃げるのか、次着たら最後だ」って聞こえたというし
リンクしているっていっていいと思うけどなあ

411 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 18:02:30 ID:oU+lgms10
夢の中の話だと「もっと薪を」があったね。

412 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 18:13:00 ID:LXIbNeJp0
そう判断したのは夢を見た人の主観だろ
「怖い夢を見た」結局ここは一緒

>>242は猿夢をけなしたわけじゃない
>>408がトロいレスの上にどう考えても理解できてないところにムカついただけ
そもそも>>242の指してる話を読んでるとも思えないし
俺はどっちの話も面白かったから余計腹が立った。すまん

413 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 19:45:17 ID:zMwlJ5Vv0
みんな好きだねぇ。
ほんのり和んだ。

414 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 22:00:06 ID:RqQPyCvS0
亀だけど。>>340 
いやそのなんだ。二つ目の方は、精神科にかかったほうが良いんだろうけど、一つ目のは、
現実に起こってることならまずくないか? 「そう思いこんでる」のならやっぱり精神科の
お世話だろうけど、いっぺんきちんと確認してみたら? 
帰宅したとき、家族が家にいる環境なら簡単なんだけだけどね。そうでないなら、
あらかじめビデオカメラでも用意して置いて、あ、今日十分で帰宅してる、と思ったら
時間が分かるようにTVの画面を背景に映ってみるとか。何回も繰り返してるようなら、
お払いか何かしたほうが良いんじゃないかと。神隠しにでも遭いそうで怖いよ。

415 :鬼嫁14歳モバイル ◆14/eye/YP2 :2008/01/12(土) 22:12:53 ID:J0pUHwS2O
夢!夢!夢!
寝ぼけ!寝ぼけ!寝ぼけ!
精神科!精神科!精神科!
気のせい!気のせい!気のせい!
勘違い!勘違い!勘違い!
女は話が長い!女は話が長い!女は話が長い!

はい、すっきりしたん?

416 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 22:55:02 ID:pWEQqFoeO
私はお化けが見えたりオーラとかは見えない。
ただ変な偶然は幾つかある
三年程前彼氏(現旦那)とその友人と三人で夜ドライブをした。
車を停めて少し休憩しながら「こんな山何人人が埋まってても不思議じゃないよね、例えばあそこw」なんて不謹慎にも指さしてふざけてたんだけど翌日そこの場所から遺体が発見された@関西

そんな彼氏と結婚した訳だけど、厨房時代からの友人達から「夢が叶ったね…。」と言われた。
当時とどんな人と結婚したいかを書いて、結婚する時見てみようと言うタイムカプセルみたいな事をしたんだけど、私は当時好きだった子のイニシャルを書いた。
偶然にも旦那が同じイニシャルだった。

417 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 22:58:32 ID:pWEQqFoeO
>>416
ごめん
日本語おかしい
「お化けもオーラも見えない。」
でよろ

418 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 02:30:24 ID:+9yajwL20
>>417
君の方が変
お化けとオーラを無理に同じ括りにしなくてもいいだろう
狭量な潔癖症かね

419 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 04:03:56 ID:jYg9E6yB0
>>417で正解。

420 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 04:19:53 ID:MQi27Itq0
>>418
>417=>416と分かってて言ってるんだよね?
別に無理に括ってる訳ではなくて、単に原文の言葉を整理しただけだろうから噛み付く
必要はないと思うけど。
>>419
出題もされてないのに何を『解』するのかな、かな?
『正しい』と『正解』は似て異なる言葉だよ。

421 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 06:49:10 ID:az8AIaTF0
今朝見た夢なんだがなかなかに都市伝説っぽい話になりそうな
展開だったものでちょっと投稿して見る。



422 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 07:45:20 ID:az8AIaTF0
都市伝説 「6ちゃんねる」
皆は6ちゃんねるをご存知だろうか?
そう、誰もが間違いなく知っているだろう
あの6ちゃんねるだ。この話を聞いた後
あなたは夜、6時の6ちゃんねるを見れなくなるかもしれない。

その青年は学校から帰ってきた。時間はちょうど夜の6時。
自室に戻りテレビをつけると次々とチャンネルを変えていく
今は6時・・・・どのチャンネルもニュースばかりだ。

6ちゃんねるに変えたときふと興味を抱かせるような
ニュースが飛び込んできた。

なんでもバックにヤクザの影も噂されている00高校の不良三人が
近所にある小学校、中学校、高校と襲いまくり次々と
生徒や職員などを惨殺して行ったそうだ。
そして三人はマンモス校である00高校で殺人を犯した後
どこかに潜伏したらしい。警察が全力を挙げて探索を開始している
姿が映し出されている。マンモス校ゆえとても広い校舎
隠れる場所などいくらでも存在する。

423 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 07:46:17 ID:az8AIaTF0
何十人という警官が学校内をくまなく探し回っている。

ふと突然、画面が切り替わり焼却場みたいな場所が映し出される
電波の受信が乱れて学校の監視カメラに繋がったらしい。
カメラは大量のゴミ袋を淡々と映し出しているだけだ・・・。
青年は早く直らないものかと思っていた・・・・しかし何かを発見してしまった。
焼却場奥にある一際大きなゴミ袋・・・・何かがいる・・・・。
人だ。髪の毛を金髪に染め服装も体格もどこから見ても不良そのもの
その三人が体育座りをしてゴミ袋の中に隠れているではないか!
青年は(不良が焼却場にいる!!おまわりさん そこを探すんだ!!)と思った。
しかし焼却場には人は来ない 不良たちもここには来ないだろうと踏んで隠れたのだろう。
そして見ていると不良の一人が監視カメラの存在に気がついたようだ。
たかが監視カメラ 誰も見ていないと考えたのか 不良たちはアピールを始めた。
舌を出しながら中指を次々と立てている。その傍若無人な態度に青年は怒り
テレビの画面越しに不良たちに向かって中指立て、首切り、親指を下にするなどの
ジェスチャーをして不良たちに見せ付けた。そんな行為を何度かした後 事態は起こった。
不良たちがカメラを指差し何か言っている 
よく聞いて見ると「なんだあいつ?俺たちを挑発してんの?」
何?馬鹿な・・・監視カメラと自分のテレビと電波が繋がっているとでも言うのか?
不良たちは自分のしたジェスチャーを見ていたのか?いや、そんなはずはないと
青年はもう一度 確認をするためにあのジェスチャーをした。とたんに!!
「お!!挑発してる 喧嘩売っている 行くぞ 行くぞ!!」不良の一人の声がして
三人がゴミ袋から飛び出してニヤニヤしながら監視カメラのほうに近づいてくる。
青年はとっさに両手で顔を覆い隠した。監視カメラは不良たちによって取り外されたらしい。

424 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 07:48:25 ID:az8AIaTF0
不良が自分を見ている、なんという極悪な顔だろうか。
「こいつ、顔隠してるぜ、これじゃ誰かわからんなー」「部屋は?」「いんや真っ暗」
「部屋映ってたら特攻して殺しにいけたんだがなぁ こいつ おちょくってるよ」
「お?震えてるぜ?汗も出てるし 怖いのかな?君ぃ?」
青年はたまらなくなってテレビの電源を消した。両手を隠したおかげで顔は特定されなかった。
しかし好奇心が突然、わきもう一度見てみたいという衝動にかられた。
電源をつける・・・・5ちゃんねる・・・どうやら恐怖でちゃんねるを切り替える 電源を消す
その二つの行動を同時にしてしまっていたらしい。6のボタンを押し切り替えてみる・・・。
なにやら車の中らしき風景が映し出されている。不良たちはまた何か映るかもしれないと
マンモス校から逃げ出した上に監視カメラも持ってきてしまったらしい。
「お!また映っている!」不良の声 カメラを持ち上げる音がした。
即座にテレビを消した・・・・・・。青年はここにいたら危ないと直感して家を飛び出し
友人宅へ訪問した。友人は汗だくの自分を見ると何も言わず家に入れてくれた。
青年はとりあえず心を落ち着かせると「なあ6ちゃんねるをみてくれないか?」といった。
友人は言われるがままに6ちゃんねるを表示させた。青年は部屋から飛び出し
陰で何が映っている?と聞いた。友人は「車の中・・・男が三人いるよ あ、こっちみた」
ひぃ! 青年は恐怖のあまり友人の家を飛び出してしまった。
そして青年は友人宅から少し離れた場所でなぜか持ち出してしまった小型テレビをつけ

425 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 07:49:13 ID:az8AIaTF0
これまたどうしてかわからないが6ちゃんねるを表示させていた。
テレビには相変わらず車の中が映し出されている。・・・・?何か変だ・・・。
車の外が見なれた風景だ・・・ほらあそこ曲がって・・そこ曲がって・・・。
青年は気づいてしまった このまま行くと車は友人宅のところへ向かうと・・・。
まさか!?あいつまだ見ているのか!?馬鹿、早く消せよ。
不良の声がした。「あ、あそこじゃね?」
「おうおうカメラに映っている部屋と家と家の周りの風景 間違いねっ!」
カメラには友人宅の家が近づいてくるのが見えた ふと顔をあげると
向こうの道から4〜5人は乗れるような大型な車がやってきて停車した。
中から例の不良たちが降りてきて友人宅のチャイムを鳴らす
ピンポーン・・・ピンポーン・・・ピンポーン・・・ピンポーン・・・
ピンポーン・・・ピンポーン 6回だ。
「おっじゃましまーす」 不良たちがそういいドアを乱暴にあけると中に飛び込んでいった。
数分の静寂の後 「オラァー!!てめぇーかー!この野郎!」人に暴行している音
「俺達はな 今日、5人もぶっ殺しているんだよ てめぇが6人目だ」
青年は恐怖のあまりすぐさま家に逃げ帰った。そして布団にもぐりこんで寝た。
次の日、朝のニュースを見ると友人宅が映っていて殺人のテロップが。
友人はあの不良三人に殺されてしまったようだ。これ以来 青年は二度と
夜6時の6ちゃんねるは見れなくなってしまったという。

あなたも夜18時 つまり6時の6ちゃんねるにはお気をつけを・・・・。

426 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 13:02:48 ID:Tw67WX6CO
夢 まで読んだ

427 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 13:23:51 ID:cdOVzf1tO
小学校低学年の時、父親と2人で屋外プールへ。
色々なプールでひとしきり遊び、夕方4時頃、父親が「もうそろそろ帰るか。」と言い出した。まだ遊びたかった私は、「ウォータースライダーあと1回滑ってから!!パパ下で見てて!!」と階段を上がった。
数人並んでいたが、案外早く滑れそうだった。
そして後ろから小学2年生位の女の子とその弟(たぶん)が、階段を上がってきた。
2人楽しそうに私の後ろでおしゃべりをしていた。
ちょっと寂しさを感じた頃、自分の番に。
滑り終えて父親の元に戻ったが、やっぱり帰りたくない私は、「次の人が滑ってくるの見てから。」とプールサイドに座り込んでウォータースライダーを凝視。
でも5分たっても、次の人が滑ってこない。
後ろに女の子が居たはずなのに…?怖くなって滑るのやめたのかな?とか考えてると、父親に「もう帰るぞ。」と言われてしまい、しぶしぶ手を引かれて更衣室に向かった。
着替えて父親と駐車場まで歩いていると、救急車の音が。そして女の人が「こっちです!!こっち!!」とパニック状態で救急車を誘導してた。

428 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 13:34:47 ID:cdOVzf1tO
続き

次の日、新聞で確認すると、そこのプールの記事がやっぱり出ていた。

ウォータースライダーで女の子が死亡。
心臓麻痺?かなんかを起こし、途中で引っかかってたらしい。
写真も後ろに並んでた女の子でした。

…しかも実は、父親に手を引かれて、更衣室に向かう時、ウォータースライダーから滑ってきた人影を見てて、父親に「やっと降りてきた!!」とか言ってた。あれが遺体だったのか…と子供心にぞっ…としたのが今でも忘れられません。


長文スマソ。

429 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 14:07:25 ID:UP6PlQnGO
>>425
やだ。ガンダム観れないじゃん。
「00高校」ってわざと?

430 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 15:06:24 ID:6ogV4d070
>>427-428
うあああこれはほんのり…じゃねーよぉガクガク

431 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 15:28:28 ID:SG06iBDY0
見方によっちゃ、ほのぼのなのかもしれないが、
個人的には怖かった事なんだが。

俺の家でネズミが出没しててさ、うるさいし食い物あらされるしで散々だったんだ。
ネズミ捕りとかも仕掛けてたんだが、いつしかそれもきかなくなった。
仕方が無い、これからはネズミと共存する道をえらぶぜと諦めて2ヶ月くらい経った頃。

隣の家でちょっとした集まりがあって、そこに出席してたんだが、
俺はそいつの事が心底嫌いでな。
ちょっと顔を出して帰るつもりだったんだが、何か帰りづらい雰囲気で、
しぶしぶその辺でいらいらしてたんだ。
そんな時、ふと見つけたゴキブリホイホイ(仮)。
捕獲系の奴。なんというか、魔がさしてな。ゴキを救出した。

その日を境に、家から段々とネズミの気配が消えていく。

432 :続き(嘘:2008/01/13(日) 16:38:11 ID:QdmSdKac0
するとある晩、女が訪ねてきたんだ。
ちょっとガングロ系で、長い黒髪がツヤツヤしてた。
網ストに包まれた細い脚が、黒い超ミニスカからスラっと伸びてるのについ目が
釘付けになっちまった。
親戚を訪ねてきたが場所が解らなくて途方に暮れている、と言う女をひとまず家
に上げた。
黒いエナメルコートを羽織っているとはいえ、外は勿論玄関先でも寒いからね。
結局親戚の家は解らず、女は帰っていったんだが、翌日またやってきたんだ。
お世話になったお礼だ、って菓子折り持ってね。
それ以来あれこれ理由をつけて度々俺の家にやってきては、何かと世話を焼いて
くれる。
いわゆるカレカノ状態になるまで一週間もかからなかったかな。
大家族の中で暮らしてて、あまりいい境遇にないらしい彼女とはそのまま同棲同
然の暮らしになったんだ。
ネズミもめっきり見かけなくなったし、邪魔なネズミ捕りとか諸々片付けた。

彼女はたまに仕事部屋と名づけた自室にこもるんだ。
絶対に覗かないで、と念を押した上でね。
俺にも見せちゃいけない書類の作成とか色々あるらしい。
俺も仕事の重要さってのは分かるから、邪魔しないようにしてた。

433 :嘘の続き:2008/01/13(日) 16:41:20 ID:QdmSdKac0
それからしばらくして、隣のいけ好かない奴が行方不明になったって話を聞いた
んだ。
俺は喜び半分、驚き半分で彼女にそれを知らせに行ったんだ。
約束を忘れて仕事部屋のドアを開け放った俺は我が目を疑った。
次の瞬間猛烈な吐き気に襲われた。

仕事部屋の中は肉の腐った臭いに溢れてて、壁中に茶褐色の染みが飛び散ってた。
床に転々としてるのは干からびたネズミの脚や、黄色くなった骨。
でもそれよりも俺の目に飛び込んできたのは、部屋の真ん中の、鮮烈な赤色と重
厚な黒色だった。
血を噴き出しながらグラグラと揺れているのは隣家の奴だ。
それにのしかかって蠢いているのは、巨大な、黒い・・・

揺れていた触角がピタリと止まった。
ソレはゆっくりと俺の方を見た。
隣家の奴は、ああ、こいつはもう駄目だと思った。
内臓があらかた無くなってて、赤黒い空洞がポッカリと口を開けてたからな。

ソレが蚊の鳴くような声でしゃべった。
「覗いてはいけないと言ったのに」
俺は尻餅をついて後退った。失禁してた。
ソレがこっちに近付いてくる。
俺の前に来た時には、愛しい彼女の姿になってた。
彼女は哀しそうに微笑んで言ったよ。
「これがせめてもの恩返し。これでもうあなたが嫌いなやつはいなくなったから」
彼女はそのまま俺の横を通って部屋から出て行った。
玄関ドアの閉まる音を聞きながら、俺は気を失った。

気がついた時、部屋の中は嘘みたいに綺麗になってた。
悪臭も染みも何一つ、そう・・・死体もなかった。
夢だったのか、と思ったが、隣家の奴は行方不明のまま、彼女も姿を消してた。

434 :嘘の完結:2008/01/13(日) 16:41:56 ID:QdmSdKac0
そして昨日、差出人不明の大きな荷物が届いたんだ。
恐る恐る開けてみると、そこには大きな木箱と一通の手紙が入ってた。
『家族の中にあっては食べられてしまうからあなたに預けます。』
とだけ書かれた手紙。
木箱の中には一抱えもある様な、茶褐色の塊が入っていた。
俺はそれをそっと取り出してクッションの上に乗せたよ。
そして思った。
また彼女に会える。きっと迎えにやってくる。だから早く生まれておいで、と。


435 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 17:19:40 ID:B5msJw4T0
イイハナシダナー

436 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 17:56:48 ID:SrlkGWDK0
>>431読んだあとの煽りもできない虚しさが解消された

437 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 18:35:50 ID:RPHLG9/h0
>>431がわからんのだが、どういう事?

438 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 18:37:32 ID:erZc9aNF0
鶴の恩返し スティーブン・キング版って感じ

439 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 19:05:47 ID:az8AIaTF0
>>429
いや、夢の中で00高校とあったから。
あくまでも怖い夢だったものを
都市伝説っぽくしたらもっと怖くなるかな?
と思ってちょっと内容を色々してみた。

やべぇな・・・夢の中の不良が
この>>422以降の投稿見てて
今日、夢にまた出てきたらどうしよう。
「見世物にしやがったな」とかいって。

440 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 19:41:09 ID:WchZBpMiO
3年前の年末、冬休みで実家に帰ってきたときの話。

俺の実家は線路に面しており、近くには記憶に残ってる範囲で4回も人身事故が起きてる踏切がある。
小学生の頃には2度も人身事故の現場を見たり。
とりあえずその踏切では昔から事故が多発している。

ここで本題に入るが、実家着く頃には夜中1時を過ぎてて、疲れたぁとか思いながら最寄り駅から線路添いを歩いてたら、その踏切から約20M先のフェンスの内側にオッサンを見かけた。
そのオッサンはレールを見つめたまま、俯いてつっ立ってた。

はじめは線路工事の方かなとか思ってたが、近づいてみると異様な事に気が付いた。

オッサンの気配が全く感じられない。

普通、誰かいるときは直感だけど何かしら気配を感じるはず。
俺が近づいてもそのオッサンは直立不動のままレールの一点だけを見続けていた。

さすがにヤバいと感じ、とりあえずその場から少し遠ざかった。
今も後悔しているが、遠くなら大丈夫だと思って振り返ったら、さっきまでレールに向いてたオッサンの体が俺の方向に向いてて、オッサンと目が合った気がした。

オッサンの目は白目の部分が黒くなってて、顔は裂傷やら血やらで人間の顔とは言えない有様だった。

それを見た俺は実家まで猛ダッシュ。幸い50メートルも離れてなかったので、なんとか無事に帰り、そのまま布団に直行。

次の日の朝、母親にこの事を話したら、一昨日(俺が帰ってきた日の前日)、人身事故があって、俺がオッサンと遭遇した場所近辺に男性の死体が転がっていたという話を聞いた。


話はここまで。幽霊かどうか確かではないけど、今でもあの時の顔を思い出す度に深夜のトイレ行けなくなるorz

一昨年、去年と実家に帰ったがオッサンに遭遇しなかった。オッサン成仏したのかな?(´・ω・`)

441 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 19:48:38 ID:Kjb0PWedO
>>440
後ろを見てごらん

442 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 20:07:32 ID:BaCNyNP8O
>>441
ぶぁっぶぁっかやろーーーーっ!!
ちょービビったじゃねぇか!

443 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 20:15:18 ID:dnqB4M7dO
>>442
洗面所で顔を洗って鏡を見ると…

444 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 21:05:11 ID:Mr5TrjdR0
>>443
うわあああああああああああバカあああああああああああああああ!!!!!

445 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 01:39:27 ID:ZWO2Ct8kO
あれはまだ昭和の時分の出来事だった
当時、俺はまだ小学一年だった。
家の電話が鳴ったから出てみた。男の声だった。
男「こんにちは。○○君だよね」
俺「そうです。」
男「君の落とし物を拾ったんだけど」
俺「落とし物って何ですか?僕何も亡くしてない」
男「今、君の家の近所の○○公園のあたりいるんだけど取りに来てほしいんだけど」
俺「誰ですか。無くしたものって何ですか」男「○○公園って場所判らないかな?待ってるんだけど」

会話が成立しない大人と始めて遭遇した俺は若干パニック状態になり言葉に詰まる
電話での俺の会話を不審がった母親が電話の側にくる
母「誰と話してるの?」
俺「お母さんと代わります」
ガチャ。ツーツー
母「電話切れたわよ」

母親に事情を説明し近所の公園までいったが待ってる男はどこにも居なかった
そして、何かを落としたんじゃないかと必死に両親とチェックをしたが、無くしたものは何もなかった

446 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 02:20:03 ID:1dOJ5GFJO
俺のタマタマ知らない?片方なくしたんだが‥

447 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 02:44:06 ID:Z+0hT9DiO
>>446
田中乙!

448 :442:2008/01/14(月) 03:23:03 ID:7WV8TWYeO
>>443
ばかーっ!!
>>441とコンボであっち行けっ!

449 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 11:54:41 ID:E63ceiVd0
442のおかげで大笑いしたw

450 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 12:24:37 ID:344l9z300
16 名前:名無しの心子知らず 投稿日:2007/12/06(木) 15:33:20 ID:BzEbiPym
もうだめだ。吐かせてください。男児2歳0ヶ月。
育児板で見た実話。

・夜中起きて、しまってあったメリーの芯を出してきて、
思いっきり私の頭を強打。頭割れて4針縫った。

・夜中(ry、首に思いっきりボディプレス。思いっきり吐いてしまった。

・硬い絵本のカドで目を殴る→すこし目が見えにくくなってしまった。

・プレステ2を持ってきて腹部にたたき付け、上からボディプレス。

ほかにも耳の穴にシャーペンガスガスしてきたり、マキロンたらしたり、
平手打ちは日常茶飯事。
壊されたものDVDデッキ・PC3台・洗濯機・ゲーム機4台・ベランダの網戸・ベランダのガラス

ぜーーーーんぶ手の届かないところにおいてるのに、
ものの5分ほどで台になるものをもってきて上ったり、ものすごい腕力でよじ登る。
貯金150万もこの子のせいですべて使い果たした。(病院代・修理費など)
少しいやなこと・おもちゃに飽きるとすぐ暴力。平手・グー何でもやってくる。
もちろんその度に叱るが、効果まったくなしでヘラヘラ笑ってる。

もう最近では殺されると思って寝られない。精神科にもいったし、児童相談所にもいった。
どこも何もしてくれない。何もできないのはわかってるけど辛いよ。もう無理だ。

顔も見れない、こわい。本当にこの子に殺される。こわい、本当こわいよ・・。


451 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 12:54:05 ID:4DvveSaL0
442かわいいよ442

452 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 13:42:24 ID:kxvKwzs30
「ともさかりえの顔の中心線が歪んでいる」まで読んだ

453 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 14:41:21 ID:G2je//ME0
>>450の「メリーの芯」って何だろう

454 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 15:10:15 ID:lDwfHsVc0
お菓子だと思ったけどあれマリーだった。

455 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 16:12:32 ID:OmCadXiL0
>>453
ベビーメリ−、赤子の上でくるくる回るやつ、
ベッドに取り付けるタイプの芯棒は鉄。

456 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 17:28:04 ID:lUAyZ9ZU0
>>450
何だかなぁ。まず、ここの家族に旦那というか父親はおらんのか。いるとしたら、
そっちには被害がないのか、まったく妻子には関心がないのか。
いないとして母子家庭だとすると、母親がこういう状態であちこち訴え出ているのに、
公的機関が何も動かないのは少々ヘン。実際に病院かかるほどのケガを母親がしてるなら、
それが子供のせいであれ、母親の自傷であれ、母と子を一緒にしといたらまずかろう。

なので、多分、二歳の男児そのものが存在しないんじゃないかなー、と。
さもなきゃ、二歳の男の子と思ってるのが旦那だったりして。

457 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 17:38:10 ID:pxJYHh9G0
世界まるみえの「ナニーにおまかせ」で似たような話あったよね
多動性障害とかなんだろうけど

458 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 17:47:05 ID:vx/Fpbw/0
>>456
元スレによると、ガキも弱い大人を見分けているって。
だからお父さんには普通に振舞うけど、お母さんにはやりたい放題だって。

459 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 18:25:32 ID:8M86R/ky0
既出してる話で内容が似てるのがあるかもしれんけど、

予備校時代の友達が話してくれたんだけど、そいつの妹が遭遇した話。
ある夏寝てたんだって夜。2階で。暑いから網戸だけにして寝てたんだって。
そんで、暫く寝てたところでふと目を覚ましたら、
知らないおっさんが、妹の顔から10〜20センチぐらいのところに顔近づけて
妹の顔凝視してたんだって。けど、おっさん、妹が起きたらビックリしたらしく
窓から逃げてったって。おっさんがいなくなってからやっと悲鳴あげて家族駆けつけたけど
もちろんオッサンいなかった。

ってか、その妹、すげー平安みてーな顔してるんだけど。岡本マヨがもっと平らになった顔。

460 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 18:48:34 ID:EFbW74BJ0
釣りか?釣りなのか??

461 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 19:14:44 ID:OdGhgVpt0
なんかチャッキー思い出した。
見たことないけど。

462 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 21:06:36 ID:uOuQJoNt0
名古屋人なんだが、先日星ヶ丘駅の近くの学校の前の道にて
遠くからボールかとおもって歩きながら蹴ろうとおもって近づいていったら
・・・・

人形のクビが落ちてた
久しぶりにゾクッとしたいい話

463 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 21:56:37 ID:OuxwSpNG0
子供と一緒に昼寝をすると、悪夢を見て金縛りに遭う。激しい耳鳴りもある。
昼間だから睡眠が浅いせいで金縛りに遭うんだ、気のせいか、疲れてるんだな、
と思って気にしないでいた。
そうしたらある時を境に、昼寝するときに「ママは来ちゃ駄目!」と子供が言うようになった。
「なんで?」と聞いたら、「ママ寝てるとき怖いこといっぱいあるから、ママは起きてないと駄目!」
と言われて、自分で毛布を用意し、部屋に閉じこもった。
そっと覗いたら、一人でちゃんと昼寝していた。
その後「怖いことって何?」と聞いたら、「とにかく、怖いの。」の一点張り。
とりあえず、昼寝に添い寝はいらないというので私も悪夢の事があって怖いのでやめておいた。

で、もともと不眠症で夜は深く眠れるように薬を飲んでいるので夢はあまり覚えてない。
そのせいかわからないが夜は息子は私にぴったりくっついて寝る。
「夜はいいの?」と聞いたら、「うん、あれは夜は来ないから」と。

あれって、なあに・・・?

三歳児の言うことは時々怖い。
それじゃあ皆さんお休みなさい。


464 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:19:44 ID:Rh2wmjhUO
>>456H先生、乙


465 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:42:26 ID:MoJlrXb20
子供ネタで思い出した話なんだけど、文才無いし怖くないので箸休め程度ですが・・・。
俺の友人が学生時代に、アパートを借りて押入れに荷物入れてたら押入れ中の壁に

「パパママ大好き」

って子供の落書きが残ってて、その時、あ〜微笑ましいねぇ〜って思ってたんだって
数ヵ月そこに住んでたんだけど、やっぱりアパートより学生寮の方が家賃安いって事で、引越しすることに決めたんだって
で、その準備で荷物を揃えたり部屋をあちこち掃除したりしてて、ふと押入れの落書きに目がいったんだって
そしたら、そこに書いてあった文字が

「ママたすけて」

ってなってたんだってさ。

466 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:43:01 ID:1lGWHbHU0
自分の体験を、このスレに絶対書き込もうと思って下山して無事一昨日の夕方帰って来たんだけど
体験したことに現実味がなさ過ぎて、どう書いたものか考えてた


登山好きの俺と高校からの同級生の二人で一緒に某山に登ってきたんだ。

金曜の夜から出発して、現地を登り始めた出発の朝は曇りで、
登り始めて3時間くらいたったころ、1メートルも見えないほどの吹雪に見舞われた。
普通なら「今回はちょっときついから戻るか」って事になるんだけど
今回はそいつが来年度から転勤ってことで、今回を逃すと当分お預けになるからって
強行軍したわけ。

5時間もたつと風もかなり緩やかになってきた代わりに、道を失ってた。
これはやばいな。って、でも、それほど道から離れてる感じではなかったので
周りを頼りに進んでったんだ。豪快に遭難するほどの山でもなかったからな。それほど焦っても無かった。

ちょっとすると、前方から人が歩いてきた。普通の登山の格好。
俺達は相手が気づいたときを見計らってお辞儀して、通り過ぎようとした。
(迷ってたから道を確認したりするんだろうけど、なんとなく、素通りしようとしちゃった)

で、そのまま過ぎ去ろうとしたらおじさんのはっきりした声で「この先は行かないほうがいい」って言われた。
は?何で?とクエスチョンマークが頭に浮かんで、俺と友達二人で顔を見合わせて
何かあったのかなあー。なんて思った矢先「あ、道を!」確認しなきゃ。
と振り返ったらまっしろな雪世界。足跡は俺らのだけ。

本当に不思議な事が起こると、なんとなくその現象を納得しちゃうんだよな。
よし、戻ろうか、って事で戻った。そのあと、飯屋で何者だったんだろう談義で盛り上がったと。

467 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:52:51 ID:1lGWHbHU0
俺らの考察ね。

現地の人。可能性高いけど、俺らの進んだ溝はかなりはっきり残ってたのにおじさんの足跡はまったく無かった。
(過ぎ去った場所あたりにも)この時点で人説はちょっと説明つかない。

神様。でも、普通の冬登山の格好してたし。顔は見えないから分からないけど。あまりにナウすぎるw

遭難した霊。ありえる。でも、そうしたら、引き込もうとするんじゃない?
それと、ここ数年、あの山で登山客が遭難死した話は聞いてない。

狸か狐にばかされた。テラありえるw
狸に助けられたって孫の代まで語っちゃうよw

いったい、誰が、何のために、俺らを先に進ませないようにしたのか。

今考えるとゾクゾクしてくる。

468 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 22:58:01 ID:UN8m347mO
小学校の時、塾で石灰水が二酸化炭素に反応して白く濁るのを確かめる実験で呼気をストローで石灰水に吹き込む実験をやった時、何故か俺だけ濁らなかった
たまに思い返して俺普通だよな?って不安になる

469 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:01:24 ID:f70/Gs0O0
石灰が少なかったんじゃね?

470 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:04:12 ID:UN8m347mO
>>469
友達が同じのでやった
白くなった

471 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:19:48 ID:uOuQJoNt0
>>468
は光合成してると思うよ

472 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:26:38 ID:W9ZzHXx60
>>470
自分のはいた息集めて正体調べてみれば良かったのに

473 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:41:35 ID:UN8m347mO
>>472
もう結果が怖くて出来ないって

474 :本当にあった怖い名無し:2008/01/14(月) 23:45:31 ID:OdGhgVpt0
>>465
気になるな

475 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 00:08:29 ID:J6ak/k/a0
>>467
マジレスするけど、
遭難した霊が必ず引き込もうとするとは限らないんじゃ?
助けてもらったって話もあるし。


476 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 00:23:48 ID:O2eoj7Ro0
>>467
その先に研究所を構えている科学者。
雪に足跡が付かない靴の実験中だった。

477 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 00:30:15 ID:jdyzcDpCO
おまえ天才だな

478 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 01:19:13 ID:lY52bIRC0
あんまり怖くないけど…

付き合ってる彼が週末にやってきて泊まっていくんだけど
2人とも時々寝付けなくて困るときがある
ただ、相手に話しかけると起こしてしまうので、
相手がおきているかどうかを確認する時
真っ暗な中、クチで「チュッ」とキスの音を出す
相手がおきていたら「チュッ」と返ってくる
寝ていたらそのまま何もかえってこない…というお約束があった

ある日、寝返りを打ったとき、隣で彼が「ううん・・」と軽くうなる声がした
「寝られないのかな?寝言かな?」と思い「チュッ」というとすぐに「チュッ」と帰ってきた
おきてたんだ〜と思い「チュッチュッ」というと、すぐに「チュッチュッ」とかえってくる
話しかけようと思って後ろを振り向いたら…そこには布団すらなかった
てか、今日、平日じゃん…彼氏来て無いし…
体半分起き上がったまま呆然としてたら、今度は私の私の真後ろ(壁)から
「チュッチュッ」とキスの音が聞こえてきた
当然、後に誰もいるわけもない…けど怖くて振り返れないのでそのまま布団を被って知らん顔してた
しばらく「チュッチュッ」としつこく聞こえてきたけど無視してたら、仕舞いに「チッ」と舌打ちが聞こえて音が止んだ
あれは何だったんだろう?

479 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 01:22:21 ID:ILI6W9VG0
創作くさ

480 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 01:55:31 ID:75u/nsau0
>>478
なんかほんのりどこじゃなく怖いよ。

481 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 02:02:38 ID:OE9UYBHK0
>>478
(´・3・`)

482 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 02:03:43 ID:KbxVo4pzO
>>
なんとゆうキス魔霊…

いずれキスだけじゃ気がすまねーって状況に

483 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 03:10:45 ID:JucIv4j30
450がまるっきり10年まえのうちの子供と同じだ…。

お察しの通りADHDです。

484 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 08:41:20 ID:jdyzcDpCO
( ´・3・`)

485 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 11:57:10 ID:jkRT0sMM0
>>475
ツンデ霊のはなしもあるしなw

486 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 12:30:15 ID:io2kh5L60
チュッチュッ、って聞くと希代のクソゲー、『ダークシード』を思い出してしまうのね。

487 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 13:36:06 ID:N6pMlqZe0
オレ昔から眠りが浅く明け方頃よく目が覚める。
その日もやはり目が覚めた、枕元の時計を見ると三時を少し過ぎたところ。
但し、その時はまだ寝ぼけ状態。
ふいに階下の玄関が開く音がした、まだ夢の中にいるのだろうかとも思う。
そしてトントンと玄関を上がり、上がってすぐにある階段を一段程上がる足音がする。
そのままじっと耳を澄ましていてもそれきり足音は途絶えたまま。
この頃になってようやく頭がハッキリしてくる。
するとまた不意にトントンと音がして再び玄関を開ける音がする。
階下に寝ている子供がコンビニへ夜食でも買いに行ったのだろうか。
そのまましばらく布団の中でじっとしているが一向に帰ってくる様子はない。
この段になってようやく起き出して階段の明かりをつける。
カギは閉まっているしチェーンも降りている。
或いは隣の家かとも思うが、両隣とも静まり返って人が起きている様子はない。
そんな事が今年の正月から週に二、三度あるようになった。
特に悪いことをするわけでもなく、ただジッと階段の下で階上の様子を伺ってる。
ただそれだけなので今のところは放っておいている。
大晦日の深夜、近所の心霊スポットに探索に行って以来かもしれない。


488 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 15:33:48 ID:Xb9cRB61O
実話だとしてよくそのままにして寝てられるな…

489 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 15:41:15 ID:KeLBR9d30
怖いというかいらっとした話
一日に3回違うおっさんに同じ台詞で殴られた
「ハゲてるくせにカツラで隠すなよ気持ち悪い」
大体こんな感じ
でも俺、ハゲじゃないんだよ
しかも殴った奴がハゲだったし・・・。

490 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 15:51:21 ID:Y81Jkj1T0
そういや俺も、殴られこそしないけど
それ地毛? ってよく聞かれるな

491 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 16:48:53 ID:MsUNBYnuO
あたしも地毛?ってよく聞かれる。
エクステです

492 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 19:48:20 ID:a4v7fS/30
普段住んでる所は海外(現在一時帰国中)。
学生でバス通学してるんだが、ふとバスから見えた集会所っぽい建物に、
変わったロゴマークが付いた看板があったわけよ。
ちょっと気になって看板の文字を記憶、帰宅して電子辞書を引いて調べて
みたわけね。

世界的にも、ネタ的にも有名な、フ○ーメ○ソンの建物でした。

気になるけど、潜入する勇気のないチキンですorz

493 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 19:58:59 ID:O2eoj7Ro0
フリーメーソンって、伏字にする理由なんかあるか?

494 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 21:18:24 ID:MsUNBYnuO
>>110
食わん。

495 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 21:25:06 ID:iNyoxCLv0
犬が妙に怯えているので抱きあげたら、振り払うように部屋の隅へ行ってしまった。
其処でもずっとクンクン鳴きながら震えていた。一点を見つめて。
放置しつつ、ふと、何かが気になって背後の鏡を見たら、目が合ってしまった。

部屋の隅で震える犬と。
何が恐いのかと思ったら。鏡の中の私ですか。いったい何

496 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 21:37:04 ID:ySbsP1gE0
>>492
京都にもあるよ。ビルにあのマークがペタッと貼ってある。
海外で悪戯で潜入したら、もの凄く危険そうだし
するなら日h(ry

497 :本当にあった怖い名無し:2008/01/15(火) 23:46:18 ID:D9kO7VrPO
ついさっき、バイト先のトイレでの話。

ビルの三階にある職員用トイレの個室に入って用をたしていた。
すると、左隣の個室に誰かが入って扉を閉める音がした。
またしばらくすると、右隣の個室にも誰かが入ってきた。
入ってすぐに水を流し始めて、用をたしているようだった。
鉢合わせるのウゼェと思ったので、すぐに出ようと立ち上がりかけたらまた水を流す音が聞こえた。
すぐに出ていくかと待ったがいつまで経っても出る気配がない。
時間も無いし仕方ないと思い、扉を開けたらトイレには俺しかいなかった。



498 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 00:07:25 ID:HVKPm1xO0
先日、母方の叔母のお通夜に参列した時
私と妹は、祭壇の向かって左側の席に座った(左右向かい合わせ)
お経が始まる少し前、祭壇の左側が気になって見てみると
その亡くなった叔母がベージュっぽい色のきれいな着物を着て
ニコニコしながら参列者席のほうを見ていて「えっ!」と目を疑った。
あまりキョロキョロするのもおかしいし、
お経も始まるので向かい側の席のほうを見て座っていたら妹が
「ねぇ、祭壇のさぁ、左側のロウソク(の炎)だけなんであんなに不自然に揺れてんの?」
と言い出して、やっぱり見間違いでなく
左側に叔母が立っているんだと思った。

お経が始まってしばらくすると今度は祭壇の右側に
10年前に亡くなった母方の祖母が黒っぽいジャケットに
スラックスを履いた姿で、どこを見るでもなく立っていた!
これは本当に見えたので妹に合図で教えようかと迷っていたら
また妹が小声で
「ねぇ、今度は右側のロウソクだけなんであんなに短いの?
左側のより10センチは短いよ?不自然じゃない?」と言ってきた。
祖母が迎えに来ていたのかと思った。

499 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 00:34:53 ID:NHdYIJneO
エレベーターホールにて。三歳の息子が「あそこでおばけが見てるよ」と言った。エレベーターが来たので乗り込むと「ぎゃー 入って来ちゃダメー!」と悲鳴をあげて私にしがみついて泣いた。

500 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 01:02:04 ID:g7Xbe/s1O
ほんのりだと思って覗いたのに(´;ω;`)ウッ…

501 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 01:52:27 ID:s2UkPwdw0
>>499
日本語でお願いします

502 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 02:00:56 ID:5dN7GiDvO
>>501
読解力身につけなされ。

503 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 02:09:13 ID:NHdYIJneO
>>501エレベーターホールで息子が「おばけが僕達をみてるよ」と言った直後、エレベーターが来たので息子と二人乗りこんだ。ドアが閉まる瞬間に息子は「入って来ちゃダメー!」ドアの方をみて怯えて泣き叫んだ。私たち二人しかいないというのに。

504 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 02:33:31 ID:FqkQcBtr0
それはきっとイケナイほうのオチョナンさんなのよ。

505 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 02:33:33 ID:U/bmkF1SO
ほん怖って趣旨変わったの?

506 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 02:34:14 ID:1bMIatQF0
最近日本語でおkの使い方を知らん奴が多い。
今、このような類の深く考えることができない馬鹿が増えてきている。
こんな脊髄反射しか出来ない奴ばかりの社会になったらと想像すると怖い。

507 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 03:57:57 ID:lqGC1I0PO
掲示板で一喜一憂すんなよ

508 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 05:23:53 ID:vlUjR56g0
昔と比べたら誰でもネットできる時代になったからねー。

509 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 05:48:10 ID:bNExUC900
洒落コワの、鏡に「おまえは誰だ」と問いかけつづけて自我崩壊する話を見て
思い出した話です。
ほんのり、というよりはあんまり怖くない話ですし、ちょっと長いので
面白くなければ飛ばしてもらって結構です。

小学一年生くらいの頃、うちのばあちゃんが良く連れて行ってくれた知り合いの
家があって
そこには寝たきりのおじいちゃんと、白髪の50代くらいのおばちゃんが住んで
いた。
家は古くて大きくて、おそらく大正時代とかに建てられたもので、造りが今の家
とは違っていた。
手押し式のポンプの井戸、青い模様の入った中国の焼き物のような和式便所、
30畳以上ある座敷、壁にかかる色あせた昔の人の写真・・・
子供だったけど古い家独特の匂いとか雰囲気にワクワクして用もないのにしょっ
ちゅう独りで遊びに行った。
つづく

510 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 05:52:50 ID:bNExUC900
ある日、私は自宅の鏡で自分の歯を眺めてた。
なんでそんなに口の中が見たかったのか良くわかんないんだけど、
そのときは面白くて結構長い時間歯とか舌とか、口の中を見ていた。
それを見ていたばあちゃんが
「そんな鏡ばっかりみてたら基地外になるよ!!」といきなり怒り出した。
(昔の話なので、不適切な言葉が出てきますがご容赦を・・・)
ばあちゃんの剣幕にびびってる私に
「あんた、鏡ばっかり見すぎたらあのおばちゃんみたいになるよ!」と真剣
な顔で言った。
「あのおばちゃんて?」
「あのおっきな古い家のおばちゃんよ。」
おばちゃんが基地外!?子供心に衝撃だった。
「あのおばちゃんは昔とっても美人やったんよ。
でもあんまり長いこと鏡で自分の顔を見過ぎて頭がおかしくなったんよ。
鏡は長い時間見るもんやない・・・・」
おばちゃんの話も衝撃だったけど、鏡が怖く感じたのを覚えている。

511 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 05:55:12 ID:bNExUC900
これで最後です
おばちゃんが基地外云々の話は今になって思い返すと思い当たる節があった。
ばあちゃんと一緒におばちゃんの家へ行った際に、おばちゃんが
年上のばあちゃんに対して「まんまんちゃ、まんまんちゃ・・・」
とかブツブツ言いながら小遣い(百円とか十円が混じった小銭)を無理やり渡そ
うとしたり、
うちのばあちゃんを土下座しそうなくらい拝んだり、そいえば寝たきりのおじい
ちゃんが
たまにおばちゃんに向かって激しく怒ってた。
あの頃は「怖いじいちゃんだな・・・」としか思わなかったけど
なにか事情があったのかもしれない。
うちのおばあちゃんとこのおばちゃんがどういう関係だったのか
今となっては良くわからないのだけど、おばちゃんの姿は今もよく覚えてる。
いつも同じボロボロに破けた青い服、ひとつに束ねた背中まである長い白髪、
どことなく焦点の合ってない目・・・大人には基地外だったかもしれないけど、
子供にはすごくやさしいおばちゃんだった。
家は取り壊されて今は学校のプールになってる。
おじいちゃんはずいぶん前に、おばちゃんは最近亡くなったらしい。

512 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 05:55:57 ID:bNExUC900
長々と駄文失礼しました・・・

513 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 09:49:46 ID:n/GLu5JS0
最近気が付いたんだが
同じ場所の神社?寺?に居る夢をよく見る
暖かくなったら探しに行って見よう

514 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 09:56:48 ID:uuBLLt01O
>>499
その後、大丈夫だった…?

515 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 11:36:33 ID:df3/HTPgO
>>513
やめた方がいい。
俺のツレも同じこと言って出かけ、2年たっても消息不明のままだ。

516 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 11:38:05 ID:VK12lPoc0
>>478
ネズミじゃね?

517 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 13:05:14 ID:n/GLu5JS0
>>515
mjk
人もいっぱい居るんだ 神主?とか巫女?とか
結構山の中腹っぽい場所なんだよなぁ
しかもかなりの規模の敷地
何かの暗示なのか、、、、気になるぜ

518 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 13:50:31 ID:dyLyJhW40
今もう回復したから言えるが
数ヶ月前突然妹がお兄に殺されるとか言って俺にすがってきた。
兄=俺じゃねーのかとも思ったけど様子からして俺じゃないみたいだし俺の兄貴もいない。
毎日収まらないからとうとう母親の手によって精神病棟に連れて行かれた。
んで俺が妹の言動を話したら超思い当たる節があったようでしどろもどろだったが何も言ってくれなかった
数日して両親の不審な行動の後妹も正常に戻ったんだが未だに真相が不明のままだ。

519 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 13:57:39 ID:gWg89MxS0
いつからじわじわ来る怖い話駄作選スレになったんだい?

520 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 14:00:52 ID:wm8yZG4f0
え、なぞなぞスレじゃないの?

521 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 14:34:36 ID:df3/HTPgO
>>517
交番や駅に貼ってる
「たずねびと」
をざっと見りゃ、顔ぐらい確認できるぜ。
次にそこに貼られるのがあんたじゃないって言い切れるなら、
不思議体験ツアーも乙なもんさ。

俺は取り調べを受けるのはもうゴメンだけどな。


522 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 14:42:51 ID:1bMIatQF0
>>518
実は水子の兄がいるんじゃないのか?

523 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 14:47:17 ID:EjLg21/d0
いやいや、>>518に兄は居ないけど弟が居て、より年下の妹にとっては兄だと

524 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 14:57:28 ID:O/hcPCJv0
>>518
まっ単純に考えれば、518とその妹には知らされていないもう1人の兄がいたんだろうな。
中絶か流産かで亡くなったんだろう。
両親とも言葉を濁すならあんまりいい亡くなり方じゃなかったんだろうなあ。
で、その目に見えぬ兄が妹に危害を加えようとしていたということかな。


525 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 15:48:55 ID:KbBEncew0
厨房だった頃の話。一応実話。
当時の俺は何故だか急にサッカーが好きになった。だけど帰宅部だったんで今更サッカー部に入部しても
ド初心者が厳しい練習に付いていけないのは目に見えてた。つーわけで家の周りでボール蹴りの毎日。
でも自宅前の道路は結構な人通りなんだ。人の目があって恥ずかしいwとキモオタの俺は萎縮。
そこで放課後の小学校へと忍び込んだ。夕方五時のグラウンドには誰も居ない。
だが職員室には明かりがあって、ビビリの俺一安心。一応先生に許可貰って(卒業生なんで直ぐおkして貰った)練習開始。

通いだして何週間か経った頃だ。「俺マジでプロになれそうw」と調子に乗って蹴り上げたボールがフェンスを越え、
プールへボチャン。冬だったんだが水が張ってあり、俺の黄色いボールはぷかぷか水面に漂ってた。
焦って中へ入ろうと試行錯誤したが駄目。
日々ボール蹴りしかやらなかった俺に体力なんて無く、自分の背丈より高いフェンスなんて上れなかった。鉄条網もあるし。
仕方なく職員室へ行く。おばちゃん先生に経緯を説明して脚立を借りようとしたんだが、「怪我があると責任がとれないから」
と取り付く島も無く断られた。そりゃそうだけど。
運動に興味持った俺に喜んで、高いボール買ってくれた親父の顔が浮かんだ。あーこりゃ締め出されるわ('A`)今更ガクブル
取れないのは分かってるが、諦めきれずプールへ引き返した。

金網越しに中を覗くと、浮かんでいる筈のボールが無い。「やべえ消えたw」と焦燥。
プールサイドに沿って一周し中を確認したがどこにもボールは無い。職員室へ立ち寄って戻るまで5分と経ってなかったのに。
ウワアもうだめぽ('A`)となりつつ元居たプール入り口へ戻ると、びちゃびちゃに濡れた俺のボールが。
辺りには誰も居ない。中に人が居るんでもなかった。
プール入り口前には薄暗いトイレがあるんで怖さ倍増。ウヒヒヒヒと引きつりながら俺は逃げ帰った。
あれは勘違いか幻覚であったと信じたい。
くだらん話で長くなってすまん。

526 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 16:24:52 ID:us53uXCQ0
>>525
いい話ジャマイカ…。

527 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 17:15:37 ID:lqGC1I0PO
鳥GJ

528 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 17:17:15 ID:NHdYIJneO
>>514エレベーターホールではそれっきりです。でも気になる事がひとつ。息子と二人で入浴中の事。風呂場のドアを開けて「もうすぐ出るから待っててね」という息子。はっと驚いていると「あれは怖くないよ」だって。ギャーーー

529 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 17:34:37 ID:gWg89MxS0
専ブラだからスレ中は問題ないんだけど、IDから過去を引っ張ると改行なしはきついな。

>>525
タイムラグがあるからその間に誰かが入って拾ってくれた可能性は無きにしも非ずだよなあ

530 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 17:53:03 ID:vlUjR56g0
>>509->>511
こういう昔の臭いがぷ〜んと香ってくるような話は好きだ。
普段はただの姿見に思っても、鏡って異界との接点とも言われるし
不思議な儀式のアイテムだったり、実はただならない物と思われるよね。
絵が頭に浮かぶような文、乙でした。

531 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 17:59:00 ID:EstBmWz40
>鳥GJ
鳥じゃボール持てないだろw

>>529
そうなんだよな。一周してる間、目を離した隙にボールが出てきたってんなら俺お化け信じるけど。
用務員さんか誰かが拾ってくれたか、俺が気付かないだけで中に誰か居たのかも、って今は思ってる。
まぁ忍びみたいな用務員さん(仮)が一番怖いということにしてつかぁさい。

532 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 18:23:32 ID:ICXUb23e0
イルカだ!イルカの仕業だ!

533 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 18:46:22 ID:uuBLLt01O
>>528そっか〜
ついてきちゃったんだね
でもわるいのじゃなくて良かったね
子供には友だちができたみたいな感じなんだろね

534 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 19:01:55 ID:VOwoyqCi0
>>532
流れ石だね流石だね〜w

535 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 19:08:16 ID:N1YBzKTf0
俺にとっては怖い話

再婚家族で若い義母がいる家庭で
ちょっと昔、友達にAVを数本無理やり押し付けられて家に持って帰ったんだが
運悪く義母に見つかった
その中の一本を見た途端ギョっとして俺に言い放ったよ
「これにあたし出てるんよ」

そのAVだけは見ずに壊して捨てた

536 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 19:18:40 ID:G3Dq0nLz0
>>518
ん〜?
その妹って、漫画が大好きとか?
なんだか、前世厨を思い出した。

前世での私には、兄がいたの!
兄弟で殺しあったのよ!
またあいつが来るの!
・・・とかさ。

脳内だけで済ませてくれればいいものを・・・。

537 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 20:08:46 ID:ZDic1eLx0
出張での出来事。
Aさん(男)Bさん(女)と私の三人で出張。
Aさんが車を出すとの事で、私が助手席(道案内込み)でBさんが後部座席だった。

東名を使ってたんだが、「窓少し開けるよ」と言ったら二人同時に「駄目だ!」と。
なんでだろと思ったけど、まあ高速で開けても五月蠅いだけだからかな?と思って何も聞かず。
そして、目的地付近で降りた。
目指す場所は山を越えた向こう側なのだが、山道で「空気が良いし、窓開けてもいいでしょ?」と
聞いたら運転のAさんは無言、背後のBが「やめとけ」と。(Bは常日頃からこういう言葉を使う)
「なんで?」と聞いたらBはにやりと笑って「聞きたいのかー?怖がりがw」と言ったので、
ああ、オカルト的な意味で怖いのかとその時やっと解った。
あとで聞いたところによると、窓を開けると色々乗車してくるらしい。(見えないのでワカランのよ私)

で、目的地について取り敢えず今夜は宿泊という時にホテルで、二部屋しか取れなかった。
「あー、じゃあ男性のAさんは一人で、私はBさんとでいい・・・」と言いかけたら、Aさんが
「Bさんは同性愛者だけどいいの?」と。
「はい?」
「ちなみに僕もだけど。・・・君次第。どっちがいい?」

お二人に同室いただいて、私は一人で部屋を占拠しました。
特に怖いことは無かったですが、カミングアウトできるこの会社がすげえやと思った。
三人で進めてたプロジェクトで以後仲良く出張が何度もあったわけだが、
温泉に行った後「なかなか天国w」と楽しく酒を飲むこの二人にほんのり・・・。



538 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 20:53:46 ID:SktJDC030
>>537
恐い

539 :本当にあった怖い名無し:2008/01/16(水) 22:18:58 ID:G37lf3n00
>>537
お前、騙されてるな。そのAさんとBさんはホモでもレズでもない。二人は付き合ってて
同じ部屋になりたかったからお前にそんなことを言って、部屋を分けたのさ、とエスパーしてみる。

540 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 00:43:34 ID:re0xFGND0
そんなことカミングアウトできる会社なら、
付き合ってることくらい周知できると思うよ。

それより>>537が両刀に目覚めないというKYっぷりがほんのり。

541 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 06:23:43 ID:P2psOQU30
>>537
は折角の両刀フラグをへし折った鈍感力マスター。おまいを包むフォースが見えるよ。

542 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 08:29:51 ID:1+QjoCslO
まあまて、落ち着け
>>537をこう考えるんだ
>出張での出来事。
>Aさん(男・59)Bさん(女・54)と私(60)の三人で出張。

543 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 08:38:00 ID:e2QRLjYxO
萎えた

544 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 08:47:05 ID:dV7lgoRdO
>>542
おまえ大物だろ

545 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 09:26:43 ID:vMSfERnR0
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/KY
KY・・・・・・・・

546 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 09:36:22 ID:+SU00wFp0
むしろシワくちゃものが大好物

547 :537:2008/01/17(木) 10:07:20 ID:EypCqwTG0
おまいら言いたいこと言ってくれるなw
私は既婚子持ちだし今さら宗旨替えする気もないw
KYはむしろ現場まで黙ってた奴らだw 一応補足。全員三十代です。

まあ、産休あけたらまたコイツらと事故物件担当だから、何か話あれば
投下するね。
でも、今まで聞いた話もここで出尽くしてるテンプレのような話ばかりだし、
事故物件にも慣れた今、そう面白い話も無さそうです。
話に聞くほどは怖くないです。が、AとBは凄い怖いらしい。


548 :初投稿してみます。1/3:2008/01/17(木) 10:28:31 ID:pkg+od0I0
霊的な物では無く私の中に眠る狂気の話です。

私は小学生のころ1匹の亀を飼っていました。
その亀は夏に私が近所のお祭りで取ってきた亀で、我が家に来た当初は
緊張していた為か水槽から出しても甲羅に引っ込んで
中々歩かない様な子でした。

そんな子も、時が経つにつれ少しづつ私に慣れてきました。
水槽から出しても甲羅に隠れず、私の手のひらを
歩き回るくらいにまで私に馴染みました。
そんな変化がとても楽しく、私は毎日学校から帰ってきても友達と遊びに行かず
亀とばかり遊ぶようになりました。

549 :初投稿してみます。2/3:2008/01/17(木) 10:29:24 ID:pkg+od0I0
しかし秋が過ぎ冬が来ると亀は動かなくなってしまいました。
亀は死んでしまったのです。
私はとても悲しくて1日中泣いていました。
でも、このままではダメだと思い、私は翌日亀を公園の木の根元に埋めに行きました。

何で死んじゃったんだろう・・・毎日触りまくってたから疲れちゃったのかな・・・

そんなことを考えながら土を掘っていました。
数分後、これで十分だろうと言うような穴が出来上がりました。

「ゆっくり休んでね」といいながら、私はそっと亀を穴の中に入れました。

550 :初投稿してみます。3/3:2008/01/17(木) 10:30:03 ID:pkg+od0I0
その時です。
私は、ふと亀の甲羅の中はどうなっているのだろうと思いました。
気がつくと、私は横に置いていたスコップを強く握り締め、大きく振りかぶっていました。
こんなことをしてはダメだと気づいていましたが。何故か何の躊躇もなくスコップを
亀の甲羅めがけて振り下ろしました。亀の甲羅は丈夫で一度叩いた位ではビクともしませんでした。
そして、妙な感覚が私の体を貫きました。
それは物を破壊する喜びと言えばいいのでしょうか。快感です。
小さな子供がブロックで作った物を簡単に壊してしまうような感覚です。
その時の私の顔は恐らく笑っていたでしょう。
その快感を覚えてしまってからは、無我夢中で グシャッ!グシャッ! と何度も何度も
スコップを亀の甲羅目がけて振り下ろしました。 気がつくと甲羅は割れ、うっすらと
緑色の液体がでていました。 「ごめんね」謝って済むことではありませんが
そういいながら、そっと土をかけました。

それからというもの、私は生き物が死ぬとその内部が見たくてドキドキしてしまいます。

犬が死んだときや、祖母が死んだときでさえも・・・・

                             終わり


551 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 10:50:14 ID:7y2rVQbS0
亀は冬眠してただけなのに・・・って
ほんのに怖がる話なのかな?

552 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 11:56:10 ID:q5svMtG10
ほんのり怖いって言うか、
胸糞悪くなる話だな。

553 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 12:17:32 ID:e2QRLjYxO
後味の悪い話の方だね

554 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 13:14:33 ID:hoVdUx8I0
そりゃ夢だ。
亀から緑の液体は出ない。

555 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:01:19 ID:wSFv8sak0
緑の液体wwww 創作でも詰めが甘いとこうなる。ダサッ

556 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:05:16 ID:IoVQczm8O
暇なんで一つ。

学生時代の話。
バイト先で知り合った別の大学の男の子とお付き合いをしていたが、
三ヶ月程経った頃、私と同じ大学の美少女が新人として入ってきて、
その娘に一目惚れした彼にあっさり捨てられ、私はバイトを辞めた。
男はちんこに支配された生き物。誰だって美少女のほうがいいに決まってる。
そう自分に言いきかせ、気持ちの整理をする日々が続いた。
しかし二ヶ月もすると新しいバイトも見付かり、悲しみも薄れつつあった。
ただ一つ、その美少女が大学でも有名なメンヘラ電波子だった事が
気掛かりだったが、もう関係ないし、心配しても大きなお世話だろう。

そんな事もすっかり忘れつつあったある日、部屋のチャイムが激しく鳴り
「(私の名)!!俺だ開けてくれ!!!」 元彼だ。
私は「?」と思いながら一応ドアスコープを覗くと、そこには汗まみれの彼が。
ただ事ではないと思いドアを開けようとしたが、ドアスコープの奥、
廊下の正面の階段から女が上ってくる。メンヘラ美少女だ。
私は再び鍵をかけ、チェーンを閉めた。廊下では女がなにやら喚いてる。
これから飲み会があり関わりたくなかった私はベランダから出かけた。

帰ってくると玄関の前に長い髪が散乱し、その中に見覚えのある
クロムハーツの指輪が落ちていた。なによりビビったのは、
郵便受けに爪が引っ掛かってた事。
どんな格闘があり、その後二人がどうなったのかは知らない。

557 :548:2008/01/17(木) 14:06:18 ID:pkg+od0I0
かなり、スレチみたいで正直すまんかったw
そうか亀さんは緑の血じゃないのか・・・・
それと冬眠の件も入れる予定だったんだが
なんか、書くの忘れてたorz

558 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:12:09 ID:hoVdUx8I0
ほんのり後味悪かったからおkww

559 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:24:04 ID:seW9mx5O0
>>548
乙w
冬眠の件は書かない方がいいな。
暗に示した方がほんのり怖い。

560 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:35:00 ID:Fle3iwOc0
自分の体験談を一つ。

去年の6月か7月くらいの話。
うちの母方の祖父が死にました。
通夜と葬式をやるということで、親の実家の北海道にいきました。
当日、祖父を神社(?)まで運び、その夜は従兄弟や、叔父、叔母とみんなでそこに泊まり、蝋燭と線香の番をすることにしました。
みんなで寝る支度をして、歯磨いたり、顔洗ったりとしていました。
そこは神社なので当然お風呂がなく、自分は髪にワックスをつけていたためどうしても流したくなり、いっそのこと風呂に入りたいと思っていました。
神社から祖母のやっている旅館が歩いて10〜20分くらいの所で、お客さんが泊まっているという事もあり、母と祖母と父は旅館に戻っていました。
なので、旅館に戻って風呂に入ろうと思い母に電話をしました。

自分は少し霊感が強いのか、子供の時とか幽霊を見たりしたことがあったので母に電話すると
『あんた危ないわよ!?確かに旅館は近いけど、お通夜の日に夜中歩くなんて普通の人でも危ないのにあんた大丈夫なの!?』
と言われました。
でもなぜかその時は、夜中の知らない道を歩くのが怖いとかは全くなく、とにかく風呂に入りたい!と思い道を聞き行く事にしました。
今考えればそれもおかしいのです。基本的にビビりなので、誰かいないとそんな日に夜中知らない田舎道を歩くなんてことはしません。
でもその時はなぜか全く気にせず行きました。

『神社を出て真っ直ぐ歩いたら川があるから、そこの橋を渡って『左』に真っ直ぐ行けばコンビニが見えるから、そこからは分かるでしょ?』
と教えてもらいました。
さほど遠くはなく、来る時は車で5分かかるか、かからないかくらいの距離でしたが一応心配だったので
『わかった。まあすぐ着くと思うけど、迷ったら電話するから携帯目の前に置いといて。』
と言い電話を切りました。

その後、そばにいた従兄弟二人と叔母にいってきま〜す!と言って部屋を出て、別の場所で飲んでいた叔父にもいってきますと言い神社を出ました。
この時はしっかりみんな『はいはい〜』と言っていました。

561 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:36:24 ID:Fle3iwOc0
そして、しっかり携帯を握り締め神社を出ました。
神社を出てすぐに暗くてなんの施設かはわからなかったんですが、大きい建物があり、不気味で引き返そうかなと思ったんですが、足は止まらず走っていました。
ちなみに、そこは大通りからちょっと入ったとこなので、街灯はあったんですが、薄暗く人通りもないような場所でした。
でも心の中で大丈夫大丈夫。と呟きながら真っ直ぐ走って行きました。
すると母の言っていた橋が見えたのでそこを『左』に曲がりました。
あとは真っ直ぐ行けばコンビニがあると思っていたので全速力で走りました。

ですがしばらく走っていても全くコンビニが見えません。
10分以上走ったと思います。
母から電話が来て『あんた今どこ?迷ってない?』と言われ
『橋曲がって真っ直ぐでしょ?今走ってる。』と言ったら
『そんな時間かからないはずよ?間違えたんじゃないの?』と言われ少し考えなぜか、
『んーもうちょい行ってみる。また電話する。』と言い切りました。

後から考えれば明らかにおかしかったのです。
なにせ車で5分かかるか、かかんないかくらいの場所なのでそこまで走るわけがないのです。
しかも橋からコンビニなんて走ってもせいぜい5分くらいの場所です。
ですがその時はなぜかこっちであってる。間違ってるはずがないと思っていました。

さらに走っていると歩道の右手に小さい祠みたいなものがありました。
そこをちょっと過ぎると車が全く通りません。
そこは北海道の田舎なので車の通りは確かに少ないのですが、一応二車線の大通りでしたし、そこの祠を通るまではちょっとは走っていました。
しかしそこの祠を過ぎて、しばらく走っても一台も通りません。
ほんとに不気味に思えてきました。
さらに走っているとでっかい橋がありました。
その下は川が通っているみたいでした。
川の音に混じり、笑い声が聞こえてきました。
子供がその橋の下の川で遊んでいるような笑い声です。
でも時間は深夜の0時過ぎ。
ありえません。
その時やばい!と思い全速力で来た道を戻りました。

562 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:37:15 ID:Fle3iwOc0
戻ってる時に気づいたのですが、軽く5kmくらい走っていたのです。
戻る前は、全く疲れず、自分の中では15分くらいしか走っていないと思ったのですが、実は相当走っていて、携帯を見ると時間もかなりたっていました。
とにかくやばい!と思って、誰かに電話と思い、従兄弟、兄、母、に電話しました。
誰も出てくれません。
母にもう一度かけると、出たと思ったら『あ・・・・・ぅ・・・・・・』と言ってすぐ切れました。
電波が悪いんだなと思い込み走りながら電話をかけまくりました。
するとさっき見た祠のとこを過ぎたあたりで、やっと電話が通じました。
『なんで出ないの!?つか超怖いから!?電話でようよ!?電波悪いならかけなおして!?』
と焦っていたので怒鳴るように言いました。すると母は
『電話?鳴ってないわよ?目の前にずっとあるけど。着信履歴もなんも。今かかってきたわよ?』
と言いました。

ぞっとしました。
さっき出たのは誰?てかなんでこっちでは何回も鳴ってるのにそっちの携帯着信履歴すら残ってないの?と色々な事が不安になり、母に
『とにかく!車!出して!お願い!大通りのとこまっすぐ!』
と言い必死に走りました。
30分ほど走ってやっと母と祖母を見つけました。
『あんたどっち行ったの?橋過ぎたら『右』って言ったでしょ?』
と言われました。
今思い返しても母は左と言っていたと思います。

そして母に事情を説明すると、
『あっち山の方よ?というか橋まで5kmはあるよ?途中で気づかなかったの?住宅減るのに。あんた呼ばれてたんじゃないの?』
と言われました。
ほんとに呼ばれたかもしれません。
というかそんな洒落にならない事を軽く言わないで欲しいものです。


563 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:42:47 ID:Fle3iwOc0
ちなみにその後ビビりつつも風呂に入り、車で送ってもらい神社に戻りました。
その後叔母に
『○○ちゃん(自分)いつでてったの?』と言われました。
従兄弟も、叔母も、叔父も、誰も俺が出て行ったのを知らなかったのです。
でも俺はちゃんと言ったんです。
返事もしっかり聞きました。
でもみんないつの間にかいなくなったといっていました。
ちなみに兄貴と、従兄弟の携帯も着信履歴に自分の名前はありませんでした。


そのまま引き返していなかったらどうなったかと思うと今でもぞっとします。
後日母が、神隠しって案外そういう風に消えたりするのかもね・・・と呟いてさらにぞっとしました。


別に幽霊を見たとかはありませんでしたが、自分は怖かったので書かせていただきました。
長文で、しかも読みづらくてすいません。
ほんのりかと思ったのでこっちに書きました。

564 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 14:48:05 ID:seW9mx5O0
>>559-562
乙。
怖いな。
ところで、葬式するのは普通お寺じゃない?
神社だったのかな?

565 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 15:00:10 ID:72ov619M0
>>564
神社でもやるところはあるらしい。(神道方式で)
ただ、560さんの神社と寺の区別がついてない点が、
オレはほんのり怖かったw

566 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 15:14:33 ID:pkg+od0I0
神隠しってやっぱりあるのかな・・・
かなりりゾッとしたよ

567 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 15:20:40 ID:Fle3iwOc0
>>564-565
すいません!
本気で区別ついてなかったです。
辞書で通夜調べたら、神社、仏閣に参籠して終夜祈願するって書いてあったので、神社かなと・・・w
常識なくてすいません!

568 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 15:24:32 ID:7y2rVQbS0
結婚式は教会で
初詣は神社で
葬式はお寺で
というのは日本では当たり前みたいになってるけど
特定の宗教を信仰してる人はその宗派に則った冠婚葬祭するのが普通でしょ

神社では線香焚かないよなw
お通夜があるかはしらないけど

569 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 16:26:43 ID:TkU6VNm10
神式/葬儀を行う
ttp://sougi.bestnet.ne.jp/manual/i_shinshiki.html


570 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 16:28:53 ID:vMSfERnR0
まぁ普通は葬儀場だな
神葬祭ってのもあるから地域・信仰によってはあるな

571 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 16:30:07 ID:vMSfERnR0
書込みしてリロードされたら言いたいことが上にいっぱいかかれててほんのり・・・・・w

572 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 18:58:33 ID:kid2bpEE0
そんなに怖い話じゃないんだが書き込んでみる

おいらはしがないタクドラなんだけど
いつものように流してると2人連れが手を上げてるのよ
片方泥酔状態に見えたんだけどその日は売り上げが悪いし
付き添い居るから良いかと(泥酔者は乗車お断りできる)
乗車してもらったの

結果ラッキーな事に2万超えそうな目的地なの
内心「GJ俺」とか思いながら運転してたのよ

しばらくして泥酔者のオッサンが変な事言い出してさ
オッサン「研修?大変だね〜」
俺「はぁ?」意味わからん
オッサン「研修だろ?助手席の若いの」
俺「いえ助手席には何方もお乗せしていませんが・・・」なにいってだ?この酔っ払い?
オッサン「ん?降ろしたのか?さっきは居たじゃないか」
いねーって大体深夜3時過ぎに研修もねぇだろ

不審に思ったがいきなり同乗者のほうがもうここで良いです降りますって
まだ2キロぐらいしか走ってないのに降りちゃった なんだったんだろうね


573 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 19:06:27 ID:MrrYmXuNO
このほんのりはよいほんのり

574 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 22:26:48 ID:lulghST20
とてもほんのりですが、とてもほんのりでとても良いですー

575 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 22:28:46 ID:lulghST20
>>569みて分かったけど
やっぱり神社(神道)は封印、祓いなんだよな。
弔うって感じではないよなー。

576 :本当にあった怖い名無し:2008/01/17(木) 23:12:54 ID:XCkTAFfJ0
他の人が怖いと思うか判らないけど、学生のとき襖や窓の隙間を
異常に嫌う友達がいて、絶対にきっちり閉めてた。
神経質だねwって程度の話だったんだけど、友達に彼女が出来てから
その彼女も友達と同じようにしっかり閉めるようになった。
感染してるwって笑ってたけど、あるとき、その彼女が
「隙間からね、誰かの手が見える。隙間があるとあれが来るから…」
って言った。その後その彼女の友達も同じく隙間を嫌うようになって
俺は君が悪くて距離を置いた。その後の話は知らんけど
自分には見えたことがない。なんだったんだろうと思う。

577 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 00:05:52 ID:Zw7KAyFQ0
712 名無しステーション New! 2008/01/14(月) 22:03:39.74 ID:1p9/m+yd
俺の友達が深夜の東名バスに乗っていたら、運転席から
「チクショウ!チクショウ!」という声が聞こえたんで、
気味悪くなって覗き込んだら、運転手がキリみたいなものを
太モモに何度も突き刺しながら運転していたってさ。

怖くなって終点の東京駅まで行かず、他のビビった客2人と一緒に、
東名荏田で降りたんだと

578 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 00:45:44 ID:9PdQji/YO
>>560
ほんのりじゃないよ。
マジで怖いよ…。

579 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 02:08:01 ID:9yA7oiz/O
襖をきっちり閉めなきゃ落ち着かない、なんてのは、お行儀の範疇だよな

580 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 02:42:21 ID:gmjg5wWO0
>>575
神道でも葬式はするよ 神主さんが来て、祝詞のようなのを上げる
お経と違って基本的に日本語なので、大体意味が判るから面白い
亡くなったのはこんな人、と説明して、その魂を根の国に送るって感じかな>内容

581 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 03:16:51 ID:9P3rtM1sO
>>580
京極夏彦読まなかった?

582 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 03:29:30 ID:nfiXgJPh0
自分は幽霊とかまったく信じない人間なんだけど
一回だけとても不可解な事があった。

夜にバイクで大きな池の外周を走ってたとき、
電柱の影からいきなり人がバイクの前に倒れこんできた。
びっくりしてバイク止めてそこらへん見たけど誰もいなかった。
飛び出してきた背丈からいって動物とかではなかったと思う。
あとからバイク仲間にその話をしたら
「あ、オレしょっちゅうだよ。つーか、首無しライダー見た事あるし。」
とか言う奴多数。
それほど怖くは感じなかったし、身間違えの可能性もあるが
夜同じ場所通るとほんのり怖くなるな。

583 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 03:30:51 ID:nfiXgJPh0
×身間違え→○見間違え 

変換ミスった
ちなみに見たのはその一回だけ。

584 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 03:54:26 ID:ffHSsPvH0
>>576
俺も襖やカーテンの隙間が大嫌い
霊的なものは信じないし、その手の経験もないけど
なんか何者かに覗かれるような気がするんだよ。家の中で覗かれる心配なんてないのにさ
きっちりしていないと落ち着かない!と言う神経質さとは別の何かがある気がする

ただそれが他人に伝染するというのは初耳だ

585 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 08:39:24 ID:4n0Qt2QZ0
>>582
お前の所為で思い出しちまったじゃねーか
首のないバイク乗りが目の前で転倒したのを。
幽霊だな、たちの悪いハハと思ってたらそいつが来た方に生首転がっててマジで悲鳴あげた

586 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 12:56:01 ID:m70AYZ2h0
>>576
ドアや窓の隙間って霊界に通じるってうわさの噂で聞いたことあるようなないような
まぁ普通ならきっちり閉じるわな

587 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 16:01:11 ID:b1qUFDM40
ドアや窓、戸の隙間からのぞくのは「おとないさん」って妖怪だよ

うっかり隙間を開けてておとないさんが来ちゃったときは
「あ〜今日はいい天気だね〜」とか「今日は曇りだね〜」とか
どことも無しに一言かければどっか行っちゃうよ

って昔母親に言われた

588 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 18:27:57 ID:vNgR5cfNO
|д゚)| チラリ

589 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 18:31:14 ID:y86eRiAnO
あ〜今日は金曜日だね〜

590 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 18:46:51 ID:4n0Qt2QZ0
|゚д゚ )

591 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 19:27:35 ID:6ltKmCBoO
…き、き今日は寒いねー

592 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 19:37:22 ID:maK1o5Iz0
すっかり夜だねー

593 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 19:48:47 ID:+U9RN1Mx0
|( ゚Д゚ )

594 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 20:07:04 ID:mhfjbqIHO
こっちみんなー

595 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 20:44:44 ID:dfCLveSH0
|д゚д゚ )

596 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 22:52:04 ID:nfiXgJPh0
>>585
そのあとどうなったのか気になる
それは生身だったと言う事か??

597 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 23:19:58 ID:9ImYuKkuO
│Д゚Д゚Д゚)

598 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 23:25:00 ID:XnQ5yjzI0
|д゚д゚д゚д゚ ) ...

599 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 23:27:06 ID:pl/rhQlc0
>>585
なかなか手の込んだ首なしライダーだな

600 :もしもし、わたし名無しよ:2008/01/18(金) 23:39:37 ID:aC7sIiQR0
首なしライダーと聞くと、スイーツ(霊)というネタスレにあった
「首なしライダージャケット(笑)」を思い出し、つい笑ってしまう。

601 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 03:21:48 ID:zaftdrxc0
先日実家のシェパード6ヶ月が訓練のため訓練所に預けられた。
その前日は残業で帰りが遅く会いにいけず・・・
仕方なく自宅で洗濯していたら、奇妙なことに洗濯機にいれた
はずの靴下が見つからない。
そういえばうちの犬がいちばんお気に入りでその靴下を履いて
いった日は必ず噛み付いてきたやつだ。
「あぁ、あいつも長い間訓練に出ないといけないことわかってて
 家(実家)を離れたくないことを訴えにきたのかな・・・」
と妙にしんみりしていた。

で翌日の夜、母に預けたときの様子どうだったか電話で聞いたら
「訓練士さんに尻尾振ってついてったよ」とのこと。
(゚д゚;)・・・・・
ちなみにその訓練所はうちの犬が生まれたとこであり、生みの
母と父、それと兄弟がいるという。そりゃ楽しいだろうよ。

前日の夜のはナンナンダヨ(´・ω・`)

602 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 05:14:25 ID:CIEk1oC10
2,3ヶ月できみの家に来たとして、3ヶ月生みの親達と離れての生活か。
きっとシェパード君は覚えてないんじゃないかな。
訓練師さんの事は覚えてそうだけど、犬猫って巣立ち後は元家族でもクールだよ。
きっと夜になったら、きみを思い出して隅で丸くなってたに違いない。
数日で変化にも慣れるが。
どんどん会いに行ってあげて訓練励ましてあげてね!

603 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 08:24:36 ID:OPoZQ8VzO
>>601の語り口に惚れてしまいそうだ。

604 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 12:17:42 ID:/NsAK2VEO
私が小2の頃の話だ
母「あんた、最近自分の下着洗濯に出してないでしょ!

汚いから出しなさい!」
私「ちゃんと出してるよ!」
母「じゃあ何であんたの下着が三つも四つも無くなるのよ!
嘘ついてるんじゃないでしょうね!」
私「し、知らないよ〜!(半泣き)」

十年以上経つが結局一つも出てこなかった
あれはなんだった(ry

605 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 13:31:31 ID:m97UwRVB0
>>604
兄弟を疑え!!!11

606 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 14:47:57 ID:yk81In0V0
去年、ニュースか何かで知った話なんだけど、
どこかの国の小学校くらいの幼い女の子がプールに入っていた時、
たまたまプールの中の排水口の上に座ってしまい、
そのまま腸が吸いだされてしまったそうだ。

怖い。

607 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 15:38:29 ID:bdnKznPg0
なんか筒井康隆みたいだw

608 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 16:07:15 ID:m97UwRVB0
>>606
スレ違。それはちょう怖い話だ

609 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 16:52:00 ID:fMPCtuha0
>>438
遅レス失礼。
キングスキーなので褒め言葉として取っておくのね(笑
あと、勝手に続きを創造してスマソなのよ。>>431

610 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 18:24:38 ID:pozczE3q0
>>556
後日談はないの?

611 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 19:44:24 ID:HWh/LSv30
>>608
誰がうま(ry

612 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 21:04:25 ID:742t4eOkO
高校生の時、帰宅して茶の間でくつろいでいたら冷蔵庫の前に子供が立っていた。

いつの間に?

どう見ても生身の子供。

「誰だお前?」

「…」

何も言わず冷蔵庫を開けて竹輪を食べだした。

口いっぱいに詰め込んで逃げて行った。

613 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 21:13:11 ID:742t4eOkO
続き。
その子供は一週間位前に引越してきたらしい。

で、レストランや他人の家に勝手に上がり冷蔵庫を荒らしていく。

母親はガリガリに痩せて鬼ババルックス

その子供失語症なのか、母親の前でしか口を開かない。

ある日チャイムが鳴って、行ってみたら母親が立ってた。

謝りに来たのかと思ったら驚愕の一言が…

614 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 21:19:54 ID:742t4eOkO
続き。
母親「どうして金銭の移動してくれないのですか?」
俺「?なんの話し?何か親が借金でも?」

母親「運命落ちますよ!とにかく移動してください」
そう言ってキレて帰って行った。

お袋に電話で確認したら知らないと言う。

訳が解らなくなりとりあえず通報した。

一ヶ月位でまた引越していった。

615 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 22:13:59 ID:UaM2hwEk0
玄関に鍵かけない地域?

616 :本当にあった怖い名無し:2008/01/19(土) 22:46:39 ID:742t4eOkO
>>615夜はかけていたけど、学校から帰った直後とかかけてなかった

617 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 00:56:35 ID:buXUrCWx0
自分、某県警で機動隊に所属してるんだけど
こないだ恐怖体験をした。
それは、

618 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 02:08:46 ID:nqqV7OsVO
猫のほんのり怖い話
去年の夏ごろ、僕が友人の家に泊まりに行った時のこと。

深夜零時過ぎに友人の家へ着き、友人の家に入ると、玄関に野良猫が一匹いた。僕らはちょっと驚いたが、古い家なのでどこかから忍び込んだのだろう、って推測しで外に出してあげた。
その後、友人と話なんかして盛り上がってると、猫の鳴き声がする。見に行くと、またあの猫がいる。もう一度猫を外に出し、家の中の抜け穴をくまなく探す事にした。それで僕らは勝手口の扉がデロンデロンなのを発見し、それを塞いだ。
30分程過ぎてくらい、また猫の鳴き声が。やっぱりあの猫がいる。塞ぎ方が悪かったと反省し、今度はガチガチ勝手口を塞ぎ、勝手口までの扉も閉めてやった。
また30分後、今度は僕らのいる居間まで来て、扉をあの猫が引っ掻ている。調べると勝手口のバリケードをブチ破り、扉も自力で開けて居間まで来たらしい。さすがに怖くなり、知恵をふり絞ったマジのバリケードを作り、扉に全てつっかえ棒をした。
それから5分後、窓にガンガンと何かがぶつかる音がする。障子を開けると、あの猫が窓に体当たりしたり、よじ登って、開けろ!と言わんばかりに窓を小突いていた。



619 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 02:10:12 ID:QCoWDryU0
>>618
お前そのネコは友人だぞ
きっとネコと友人が入れ替わったんだ

620 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 02:14:14 ID:nqqV7OsVO
時期がちょうどお盆だったので、亡くなった知人が訪ねて来たのかな、とか友人と考えた。
それだと色々辻褄が合うよね、って

621 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 02:31:44 ID:Bw3pRzdn0
>>618
俺んちは冬にそんな事あった
家の中までは入ってこなかったけど、扉ガリガリやってたから
窓開けて見たら入れろと言わんばかりに網戸に飛びついてきた。
あれはなんなんだろうね。飼ってた事も無いのに。

622 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 03:27:22 ID:3BmPJ2y/0
>>621
お前、自分のジーサンがせっかく帰ってきたのに
閉め出してどうする!

623 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 04:06:52 ID:6Zc/9w3yO
>>619はもっと評価されていいと思った

624 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 11:50:35 ID:G3oW/TFf0
>>618

(´;ω;`) ぬこチュン

625 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 13:09:41 ID:kq98Wc5s0
でも餌付けして居付かれても困るしねえ

626 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 14:03:25 ID:Pco3lndt0
猫の話つながりで、怖くない話だけど(何度も直したけど文才無い俺orz)

俺は昔、猫かってたことあるんだけど、なんて言うのかな〜俺のこと子供と思ってたようで
俺のことを心配したり寒がっていると一緒に寝てくれたりと、不思議な奴でした。

人間と猫だと寿命がぜんぜん違うから、猫のほうが先に年とって弱くなって、病気で死んでしまったんだわ
俺なんか初日は、涙止まらなくて大変だったんだけど一日寝たらぜんぜん悲しくなくてさ、俺って薄情な人間
なんだな〜と思っいながら普通の生活してたんだわ

そんなある日、夢で猫が俺の布団から出てくのを見たんだわ、なんか当たり前のように俺が猫に
「行くのか」
って言うと、猫が少しだけこっち気にするような素振りしたけど、すぐに白いとこに歩いて行ったんだわ

で、なんか不思議だったんで親にその話をしたら、ちょうど猫が死んでから49日だよって言われた
死んでから猫の奴俺の側にずっといたんだろうな〜これで本当にお別れなんだな〜って素直に受け入れられたんだ

ホントおせっかいというか、死んでも猫に子供扱いされてた俺に、なんか笑っちゃうけど
あの猫には今でも感謝してる。

627 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 14:49:29 ID:uGpOkZhX0
猫の死にも49日は存在するのかねぇ・・・・

628 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 17:27:28 ID:8OgujbjJ0
いい話だ。
でも、うちの猫は死なないけどね。

629 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 19:07:57 ID:sY7mCGJD0
いい話だな。うちの犬は未だに出てきてくれないよ。


動物まったく関係ないが、うちの母の体験を投下する。
読みにくかったらすまない。

母は日頃オカルトにはまるきり興味ないので、まさかそんな
体験するとは夢にも思ってなかったそうだ。

母が姉と出かけた帰りのことだった。
駅で適当な話をしながら地下ホームに向かう階段を下りていたら、
子供が2,3人線路に向かって駆けていくのが見えた。
「ああ、電車来てるんだ。」とあわてて階段を下りると、ホームには
電車が来た気配はまるでなく、普通に電車待ちの人が並んでいた。
しかも子供はひとりもいない。母は怖くなって姉に今見たものを話したが、
姉は何も見なかったと言う。

その日は平日で自分は仕事だったので帰宅してから聞いた話だが、この話を
したときの母は「お迎えが来るんじゃないか」とか、
「あのまま子供達と電車に乗ったら(ホーム落ちてたら)今頃ここにはいなかった」
とか、かなりガクブルしてた。

それから半年ほど経つがとりあえず母は元気にしてる。月日が経ったせいか
話題にすることもなくなったが、自分は正直その子供達が何だったのか
気になってる。まぁ確かめにも行けないチキンなのだが。

630 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 01:25:31 ID:9OvnhBXg0
友人と深酒をし終電を逃したので歩いて帰ったときの話。

途中、地元でいちばん大きな神社がある。
神社の裏の敷地に大きな公園。その公園の北側に競輪場、
東側にサッカー場がある。
家に帰るには神社を大きく迂回する必要があり遠回りに
なるので、神社の公園の西側入口から入り、競輪場のある
北側出口を抜けることにした。
公園を突っ切り見えてきたのはサッカー場。

(・ω・)?アレ?古くから知ってるとこなのに間違えた
とこにでてきてしまった。恥ずかしい・・・
ここからも一回競輪場に歩いていきなおせばいいだけと
次にたどり着いたのははじめの西側入口

(・ω・;)コレダカラヨッパライハ・・・
公園から競輪場は見えるのだが北側出口がみつからず
またサッカー場が見えてきた・・・
半ばヤケクソでテキトーに歩いていったらたどり着いた
ところは神社入口の鳥居。

(・д・;)あ、そういうことか。
きっと、夜中に勝手に人んちの敷地をつっきるなよ
挨拶していけよと神様が文句言っているんだな。
なので「夜中にお邪魔して失礼します」と鳥居の前で
礼をし再度北側出口へ向かったら無事出ることができた。

結論としては神社を迂回するより数倍歩いたんだがな。

631 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 10:32:15 ID:4SMHj8f10
ツンデレ神様か
べ、別にあんたの顔見たかったからじゃないんだからっ><

632 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 13:34:13 ID:v1qcLdlj0
ちょっと書きます。

ベッドで寝ていた。
夜中急に目が覚めて左を見たら
真っ黒い女がこちらに背を向けて
ベッドの縁に腰かけていた。
頭だけこちらに向けて
肩越しに俺を見下ろしている感じ。

こっちはその女に気づいた瞬間から
体が脱力して動けず息もできない。
なぐりつければどうにかなると思って
右腕に力を入れ続けたところ、
ふっと力が戻って右腕が持ち上がった途端、
女が消えた。

女が座っていたベッドの縁は
部屋の壁にぴったり押し付けていた方だったので
紙切れや壁にうつった影みたいに薄い女だったんだろうか?

ということがありました。

633 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 17:01:56 ID:bBiNJlyt0
>>632

>真っ黒い女がこちらに背を向けて
>ベッドの縁に腰かけていた。
>頭だけこちらに向けて
>肩越しに俺を見下ろしている感じ。

想像すると艶っぽいんだが…。

634 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 17:36:34 ID:qSwV9pwJ0
寝てる時に真っ黒の女がこっち向いてるってわかるのはオカルトならではだよねw

635 :本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月) 21:57:33 ID:ugUFsjw7O
>>632
>なぐりつければどうにかなると思って
じわじわ笑えるwwwww

636 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 01:07:50 ID:AQnpQwx70
791 :08/01/21 21:16:05.68 ID:0TcS1ZSk0
俺の親戚の友達の子が家に遊びに来たときの話。

「ねえねえ、電池」

当時小3のその子は初対面の俺にそう話かけてきた。
(電池がどうしたんだよ、ハッキリ言えよ。『察してね』みたいな尋ね方一番嫌いなんだよ。)
と心の中で思いつつ、「どうしたの?」と聞き返した。 すると、その子は

「これ動かなくなった」

と言いながらポケットからカブトムシの屍骸を取り出した。

637 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 01:10:16 ID:AQnpQwx70
間違えた

430 :08/01/21 00:21:30.86 ID:yZGelC+d0
現在も住んでいる自宅での話

今私が住んでいる場所は特に曰くも無く、昔から我が家系が住んでいる土地なので
この家に住んでいれば恐怖体験は自分には起こらないと思っていました。
ここ最近ですが、リビングにいると昼夜を問わず、
女性の低い声で鼻歌が聴こえてきます。
「ん〜…ん〜ん〜…」
最初はよ〜く耳をすまさなければ気づかないほどに遠くから聴こえてくるのですが、
放っておくとどんどん近づいてきます。
「ん〜…ん〜ん〜…」
それでも放っておくと、意識を集中しなくても聴こえるほどに近づいてきます
「ん〜…ん〜ん〜…」
なので私は、その声に気づいたらいつも般若心経の最後の部分を
繰り返し唱えるようにしています。(これしか知らないもので……)
とにかく般若心経の「ぎゃーていぎゃーてい」のくだりを唱え続けると、
声はだんだん遠ざかっていきます。
このリビングではテレビにも集中できません。
声が聴こえ始めるのは完全に不定期ですし、早く声に気づいて
般若心経を唱え始めなければ、時としてそれは部屋にまで入ってきます。
「ん〜…ん〜ん〜…」

そういえばこの前、大好きなバンドのニューアルバムが発売されました。
発売日を楽しみにしていたので、お店で買った時はもうテンション↑↑
さっそく家に帰ってヘッドフォンで聴いて、一通り聴き終え、
よかったな〜と余韻に浸りながらヘッドフォンを取ったら耳元で

「んーーーーーーーーーーーーーーー」

って。

638 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 01:20:28 ID:OgrHvOj40
>>636
分解した挙げ句に、あれ?電池入ってないよ?っていう話は聞いたことがあるな

639 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 01:23:35 ID:pdzvNZvS0
>>637
なぜ消した
別にVIPからでもいいじゃんよ

640 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 01:28:57 ID:SmUfa5G/O
>630
埼玉の方ですか?

641 :本当にあった怖い名無し:2008/01/22(火) 08:59:19 ID:pikPfwMo0
>>640
大宮だろw


642 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 08:31:20 ID:iPN99dhj0
>>641
どうりで地元の俺にはこんなにデジャヴュ

643 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 11:57:30 ID:2vV5PNuhO
甥っこの風邪がなかなか治らず、大事をとって一週間ほど入院していた時の話。
まだ3才になるかならないかぐらいだったので、甥っこのママ(義弟の奥さん)が付き添っていた。
ある日、いつものように消灯時間に病室の電気が消されて暫くすると、天井を指差して「ママ〜オバケ〜怖いよ〜」と泣き出したそうだ。

それまでも何度か入院していたが、そんな事を言ったのは後にも先にもこの日だけ。


「病院にはオバケが出るって教えた事なんてないし、オバケがどんなものかも知ってると思えないんだよね。だって、こいつが知ってるオバケって言ったらアンパンマンのホラーマンぐらいだよ」と甥っこのママが話してた。

甥っこは何を見てオバケと言ったんだろう?


644 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 12:10:47 ID:jbjgOIRe0
鬼顔の看護婦

645 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 13:11:03 ID:dTIHw7Fz0
>>613
亀だが、それは100%チョン

646 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 15:04:50 ID:MqUBRoAhO
亀頭がしゃべった

647 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 16:10:57 ID:w5m1yYxFO
これ、北海道でわりと有名な話し。
湧別にある廃墟の村、そこにまだある廃墟の病院。
その病院は他に何もない道路沿いの林の中に「ポツン」とある。

肝試しに行って最初に感じるのはその病院の立地条件の矛盾である。
先に述べたように、道路沿いと言っても林の中にその病院はあり、車では病院の前まで入る事はできない。
そう、林が切り開かれていないのである。

救急車が近寄る事も出来ない病院。

訪れれば分かるのだが
「この病院、どうやって建てたの?」そして「なんの為の病院だったの?」って話になる。


十数年前、俺の彼女の先輩にあたる人が、男女二人づつの四人(A男とA子、B男とB子)で肝試しにこの病院に訪れた。

手を繋ぎ二組のカップルで上の階から徘徊していた。
これといって特に何事もなく最後の地下の階へと四人は入っていった。

手を繋いだ二組のカップルで地下室を何部屋か徘徊してた時、B子が突然立ち止まり一言

B子「ねー‥、何があっても手を離さないよね?置いて行ったりしないよね?」
B男「ああ、大丈夫だよ。」
B子「・・・・・」
B男「どうした?」
B子「・・・誰かに足を掴まれて動けない」

その瞬間、それぞれの手を振りほどき、B子を置いていちもくさんに地下室を飛び出し、車へ三人で逃げてきてしまった。

この三人はビビりまくって一人のB子を置き去りのまま家へと帰ってしまう。

648 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 16:12:45 ID:w5m1yYxFO
つづき

翌日の朝、A子は両親に昨夜の事を話した。

B子の両親、担任の先生、A男とB男を呼び出し、警察と一緒に昨夜の病院へと向かった。
病院に着き昨夜の出来事を説明しながら地下室へ行こうとするが、階段が見つからない。

そうなんです、この病院に地下室は始めから無かったのです。

このお話しは、B子の事実上の失踪事件として当時は新聞に載ったらしいです。

649 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 16:23:51 ID:Umzs+YU+0
>>643
何って…アンパンマンのホラーマンだろ?

650 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 16:32:23 ID:eA1fRqtjO
信号待ちをしてるときに携帯をしてると視界の端を人影が横切って
「ああ、信号変わったのか」と思って歩こうとするとまだ赤だった。
ということが多々ある。

651 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 17:18:22 ID:Gc3IOQGQO
>>648
その後B子は、どうなった?


652 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 17:36:42 ID:GdabWUJa0
>>650
あるある

653 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 17:46:43 ID:w5m1yYxFO
>>651
その後B子は見つかっておらず、行方不明のままらしい

654 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 17:50:31 ID:KjS98jPa0
なぁ心霊写真てデジカメになってからほとんどないらしいじゃん
何かが映ってるように見えるってのはつまりカメラの性能って事なんじゃねぇのか?

655 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 18:40:54 ID:C4JQHvXmO
「画像には写ってませんが、私には見えます」ていう人は存在し続ける。

656 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 18:55:29 ID:5Yci5n6k0
>>647
怖いのはB子を置き去りにした三人。

じゃなくて、本当は三人でB子を殺し・・・
なんでもない。

657 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 19:11:51 ID:eMFmfLT8O
ちゃんと手をつないで引っ張っていたら無事だったのかな
なんにしても不気味な所に肝だめしに行くなら相手は選ばないといけないのね

658 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 20:40:00 ID:mhLPBs6b0
みんな釣られ(ry

659 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 20:51:02 ID:Pq/Zg8r/0
うんこの上に直座りした犬に追いかけられた。

660 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 21:04:22 ID:soeFFoXJ0
>>659
それは切実に恐いな

661 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 21:12:07 ID:QaqGS9JOO
俺の祖父は、戦前、陸軍に徴兵されて朝鮮に行っていたのだが、間もなく除隊という頃に廬溝橋事件が起こったため、そのまま中国本土に侵攻するはめになったらしい。当然、除隊は延期。
これは祖父が中国に攻め込んだときの話だが、ある日、祖父の部隊で、偵察に出ていた兵士数人が帰ってこないことがあった。
祖父達が捜索に出たところ、ある村の入口付近にあった柿の木に、いなくなった兵士達の皮が引っ掛けられていた。皮だけだったけど、それが誰なのか分かるほど綺麗に剥がされていたそうだ。
祖父達が村を捜索したところ、村人の話から、ヒ族の仕業と判明した。ヒ族とはまあ、ゲリラみたいな、盗賊みたいなものらしい。
村人もヒ族には食料や金を奪われて困っており、討伐に協力してくれることとなったので、村でヒ族を待ち伏せにして、最終的に数十人のヒ族を捕まえることに成功した。

662 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 21:28:32 ID:QaqGS9JOO
当時の司法制度などは知らないが、とにかく、捕まえたヒ族達は処刑することに決まった。
その処刑方法だが、目隠しして、一列に立たせたうえで、列の先頭の奴を銃で撃つ。銃弾は貫通して、数人を貫いたところで止まり、撃たれた奴は倒れる。
そして無事な奴を先頭にまた同じように撃つ。そうやって次々と、全員死ぬまで撃ったらしい。
これは、ヒ族などに大事な銃弾を何発も使うのがもったいないということで、処刑の時などはよく使った方法らしい。
ポイントは、人と人を密着させないこと。密着すれば、それだけ貫通力が弱まり、より多くの弾を必要とするので、適度な間隔を空ける必要があるそうだ。
ちなみに狙いは胸で、一撃で死ねなければ、かなり長い間苦しむことになるらしい。
数年前、祖父が亡くなって遺品を整理していたとき、黒ずんだ薬キョウが出てきて、この話思い出した。
怖くなって棄てたけど、供養したほうが良かったのかなぁ?
薬キョウ発見した時のことすごい鮮明に覚えてるので書いたが、オカルトじゃなくてすまん。

663 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 22:00:39 ID:zhtONSs40
>643
甥っこのママ(義弟の奥さん)?

664 :sage:2008/01/23(水) 22:43:14 ID:y1xVizcGO
>663
旦那の弟の奥さん

665 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 22:54:56 ID:eQ8b1IXdO
>>661-662
三十八式歩兵銃は、塹壕戦で敵騎兵の馬の大腿骨を砕く目的で造られた。
至近距離で人間を的にして使うと、最初の1人は頭部がブッ飛んだそうな。

666 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 23:00:11 ID:sFwi1sFn0
666

667 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 23:21:40 ID:S6u6WR7L0
>>645
同意。

668 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 00:04:08 ID:ZbSTsyNH0
>>667
うむ。確かに亀だ。

669 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 00:38:55 ID:7ubkyUou0
>>643
甥っ子のママ=義弟の奥さん
なら妹って事だろ?

義弟の奥さんが他人なら子供は甥っ子にならないし

670 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 01:39:56 ID:Vkl6WI/y0
>>669
嫁の弟の奥さんジャマイカ?

671 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 05:17:42 ID:NzAwUybaO
>>661
村上春樹の小説でそんな話あったな

生きたまま皮をはがれて
失神

でも苦痛で目が覚めて

やっぱ失神

この繰り返しだってな
皮は、それこそ乳首まで綺麗に切り取るらしい

672 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 12:26:48 ID:PMvLfyqR0
友達から聞いた話なんだが、中国にある天安門広場に北京市民は
めったに行かないらしい 単に見慣れてるという訳ではなくちゃんとした
理由がある。中国国内の非合法団体、法輪攻が時々政府に対する抗議として
天安門広場で焼身自殺をするのだが、その際、広場にいた人たちは問答無用で
政府に拘束され、新疆にある強制収容所に送られるらしい。つまり、北京市民は
とばっちりを受けて収容所送りになるのを恐れて広場に行かないということらしい。
でも何も知らない観光客はそんなことも知らずに広場に行き、そして運悪くその場に居合わせ
たら・・


673 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 12:47:05 ID:il7h/TXc0
>居合わせたら・・

記念写真とってきまつヽ(゚∀゚)ノ

674 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 12:56:12 ID:e4l+4cBl0
>>672
うちの母校、毎年修学旅行で中国へ行ってた。
多分天安門とか行ってると思う。
ちょうどその時期を狙ってやられたらと思うと・・・

675 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 14:24:35 ID:OgBI/3KzO
昔聞いた不気味な話し。

A、B、C、Dと、四つの角がある真四角の何もない部屋に、目隠しをした四人の女をを入れる。

そして部屋の四隅の角に一人ずつ立たせる。

目隠しをした角Aの女が、壁伝いに角Bへ行き、角Bの女の肩を叩く、角Aの女は角Bでそのまま待機、
というリレーを時計回りに進めていく。

同じくBはCへ行きCはDへと壁伝いに歩いて行き、肩を叩くんだ

最後の角Dの女が目隠しのまま誰も居ないはずの角Aに行くと



そこには誰かの肩があるそうな。


ベターでスマソ。

676 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 14:37:46 ID:wqMzqs2D0
Aが元の場所に戻らないといけないと勘違いしていた

677 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 14:41:55 ID:OgBI/3KzO
>>676
クイズじゃねええぇぇぇぇええ!!



俺涙目ww

678 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 16:24:56 ID:UL/pnxak0
4人とも女じゃないとだめなの?

679 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 16:28:37 ID:GMH/elqX0
遭難したときの山小屋の話の奴だな
一説によるよ神隠しの儀式なんてはなしもあるな@四つ角


680 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 16:46:48 ID:7suQaOcn0
      _、_
     ヽ( ,_ノ`)ノ 残念、それは私のおいなりさんだ
    へノ   /  
      ω ノ
       >

681 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 17:06:53 ID:OgBI/3KzO
>>678
四人の男にこんな事させて楽しいか?ww

682 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 17:57:08 ID:g2tNZZQa0
>>681
おとこのこだって楽しいコトしたいんだよw

つか>>677の反応気に入った。 楽しいことする?ww

683 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 19:23:44 ID:+BzDvU2V0
こうして、4人の女の子と悪ノリした先生の5人による
奇妙なかけっこは深夜まで続いていたが・・・

A子が走り、角の所でB子の肩にタッチしたが、
なぜかB子は走り出そうとしない。

「どうしたの、B子」

B子の肩は、小刻みに震えていた。

「B子の番だよ。何で走らないの?」


「・・・誰かに足をつかまれて動けない」



まあ掴んでいたのは、悪ノリした先生だったわけだが。

ベターでスマソ。

684 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 19:41:15 ID:g4pM9vz0O
も〜…先生やめてくださいよぉ!
女子達は安心して先生を踏み付けた

悪ノリした先生は興奮し、聖職者にあるまじき反乱を起こした愚息を愛しく感じつつ、ドギースタイルになった。



685 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 21:10:24 ID:/ByRKclMO
何だこの流れwww

話はかなり変わるんだが、2005年の秋頃に不可思議な体験をした。
といっても霊とかじゃなくて、まんま生きてる人の話で、ネット上でのいざこざが発展して…みたいな。
かのG県厨やS県月宮とかの話と系統は同じで、でも実際そこまで被害は無いっていうか…
結論としては、人って怖いなあ程度の話っていうか…二年近く経ってみてふと思い出して、「あ、あの頃の自分の周りちょっと異常だったかも」的な認識というか。
具体的な話をすると、ある日突然ネット上に現れた少女(?)の配信するメルマガを色々あって購読する俺と俺の知り合いその1と俺の知り合いその2。
やがて少女(?)はメルマガで奇妙な発言をするようになり、少女(?)と知り合いその1が何らかの関わりを持ってることが発覚する。
俺は俺で少女(?)が配信するメルマガの合間に知り合いその1と電話したり、知り合いその2とオフ会したりしつつ日常を過ごす。
最終的に他にも数人の人物が現れて云々…

たった2ヶ月のことだったが、全てを語ると本当に長くなる。しかも結構曖昧な所がある。
でもその当時の少女(?)の配信してたメルマガのログをリアルタイムにカラメで保存したものは残ってる。
どうしよう?

686 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 21:50:22 ID:BXUhasEyO
お聞きしたいと思います

687 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 22:14:59 ID:dC/UO6fW0
さっさと書けや

688 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 22:43:32 ID:/ByRKclMO
ありがとう。
今カラメのログの実名部分をイニシャルに置き換えたりとかしてるんだが、カラメの反映が凄まじいくらい遅い件について\(^O^)/
だから公開しても大丈夫になるまで、ちょっと待っててくれると嬉しい…

あと書き方なんだが、まず簡単に人物紹介してからそのログのURLを公開して、それからだらだらと細かい所を俺が解説していく…ってので、大丈夫かな?
あまりに色々あり過ぎて、書くのも思い出すのも大変なんだ(´・ω・`)

689 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 23:38:30 ID:ZbSTsyNH0
住人のスキルが試されている。
俺は失格だ。

690 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 23:45:17 ID:y8lHy0oX0
>>689
お前だけを行かせないぜ・・!
ということで俺も失格。

691 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 00:31:33 ID:ifA5ix5l0
俺も失格

>>688
もう書くの辞めちまえ

692 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 00:43:35 ID:UTvAtivPO
準備できたら適当にかいといて

693 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 00:49:11 ID:GEfN2+Nq0
>>688
「書くよ?書くよ?いい?書くよ?」みたいな前フリはいいから
まとめができたら、さくっと投下しちゃって。別に待たないから。

694 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 03:52:06 ID:u9k8ZL6DO
苛立つのは分かるけどさ、おまえらまったりせんかああああああああ

695 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 06:59:58 ID:hmZZzV/oO
前フリの段階から読みづらいんだが

696 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 07:59:28 ID:N4OQZUqHO
【A】
俺。2004年12月頃から某ジャンルで小説を書いてた。(ちなみに今は違うジャンルに居る)
それ関係でメルマガを配信していたが、色々あって(まあここは今回のことに全く関係が無いので省略するが)2005年9月の初め頃に廃刊。以降はROM専。
ちなみに埼玉在住。

【K】
俺がめちゃめちゃ憧れてた人。とてもミステリアスで穏やかな女性。大阪在住。
所謂レズビアンというやつで、Sさんと付き合ってた。
某ジャンルで小説や絵を書いていて、メルマガも配信していた。
何だかんだで俺が某ジャンルで小説を書き始めたキッカケになった人で、当時の俺の一番の仲良しさん。仲良しさん過ぎて、或る意味ネット家族のような関係にまでなっていた。
当時の俺はKさんにべったりで、まずKさんありき、って感じだった。とにかくKさん大好き(恋愛的な意味では無いけど…)。

697 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 08:01:08 ID:N4OQZUqHO
【S】
Kさんの彼女。哲学的というか理屈的というか、掴みどころは無いが意外と明るく楽しい人。Kさんを溺愛していたが、Sさん自体が結構我儘な人だったのでよくKさんと喧嘩していた。
俺はKさんからよくその喧嘩について聞いていたので、Sさんには悪いイメージしか持ってなくて「こんな奴にKさん任せてられるか!」とネット上では微妙に冷戦状態みたいになってた。
だがひょんな事から仲良しになり、Kさん(母)、Sさん(父)、俺(子供)でネット家族のような関係になる。
同じく某ジャンルで小説や絵を書いていて、メルマガも配信していた。神奈川在住。

【Nono】
2005年9月の最後頃に突然某ジャンルでメルマガの配信を始めた少女。
何となく読み始めたメルマガだったが、最初の配信で「尊敬する人…Kさん、Aさん、Sさん」と書いていて、ちょっと嬉しくなりながら配信されるメルマガを読み続けた。
しかし後にだんだんと言動がおかしくなってゆき、或る日を境に媚びたような初心者丸出しの態度が豹変する。
どうやらKさんと何らかの関わりがあるようだが…?

メルマガの全ログ→ttp://riamail.b.to/nono/
これだけ見ても意味不明だろうから、所々解説加えます。
とりあえず序盤の大前提の所だけ書き終わったので投下します。これで多少は分かるようになる…かも?

698 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 08:05:20 ID:N4OQZUqHO
【ttp://riamail.b.to/nono/1】
宇宙通信郵便局、第1回目の配信。ありきたりな自己紹介から始まる。
尊敬する人という項目に、KさんAさんSさんと書かれていて、「お!」となりながら購読続行することにした。
文章が多少電波っぽいが、気にしないことにした。
あと雰囲気がモロにKさんに似てて、それはちょっと微妙だと思った。

【ttp://riamail.b.to/nono/2】
↑を見る限り、どうやら「星」が「パクってんじゃねーよ」的な感じの警告をしたらしい。
「星」とは、Sさんの代名詞的な役割を持つ単語。
Sさんのメルマガ名に由来している。(ちなみにKさんは「花」。)
ちなみに後に確認した所、Sさんは実際にNonoにメールしたらしい。
何だかやる事が強引だなあと思いながら、俺はROM専を貫くことにした。チキン万歳。
ちなみにこの当時、前略の調子は別に悪くなく、やっぱりちょっとNonoは怪しかった。
気にしてなかったけど。

【ttp://riamail.b.to/nono/3】
発言の電波度が凄まじいって事以外は別に言う事無し。

【ttp://riamail.b.to/nono/4】
「師匠」は多分、Kさんに執拗に関わるNonoに嫉妬したSさんのこと。
「関わりたい人」は多分俺のこと。時期的にも丁度合うし。
Nonoは俺を尊敬してるのだと思うと、やっぱり悪い気はしなかった。
だからすぐNonoにメールしてやろうと思ったんだけど、
この日(2005年9/28)はたまたま友達とTDLで遊ぶ約束をしていたので、
朝頃に配信されたメルマガを流し読みした後は
ずっとカバンの中に携帯を放置して遊びまくってた。
TDLから帰ったら、Nonoに返信しよう。そう思ってた。

699 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 08:08:27 ID:N4OQZUqHO
【ttp://riamail.b.to/nono/5】
2005年9/28の夜頃、突然配信された廃刊メール。おいおい早過ぎやしないか?と思いつつメルマガを読むと、Nonoの態度の豹変に画面の前の俺( ゜д゜)ポカーン
それに加え、「ある人を知りたかった」「そのある人とは最初に配信した中の3人」という発言にさらに( ゜д゜)ポカーン
3人…?Nonoは、Kさん、Sさん、俺を知る為に、このメルマガを作って偽りの自分を演じていた…?
そう考えると、何故かゾクリとした。じゃあもし28日に俺がTDLに行かなかったら、もし俺がNonoにメールしていたら…俺は何された?
最後の「いろは で検索」という文。メルモには、何かの単語を打ち込んでメルマガを検索する機能が付いている。
急いで「いろは」と検索してみたが、それらしいメルマガは出て来ない。何なんだこいつ、と半ばふてくされながら、他にもいろいろ考えては打ち込んで検索してみる。
「いろは…168?違うな。伊呂波?違う。…イロハ?」
イロハ で検索したら、一件のメルマガがHITした。「イロハ遊ビ」というメルマガで、何とも抽象的な紹介文だった。
「これだ!」と思った俺は、イロハ遊ビを購読することにした。
宇宙通信郵便局は廃刊され、以降はイロハ遊ビでの配信をログとして残しています。

700 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 08:10:20 ID:N4OQZUqHO
【ttp://riamail.b.to/nono/6】
さっそく電波で今の僕には理解できない\(^O^)/おおええああええ(ry
新たに「偽り」「相次」「マスター」という単語が出て来る。どうやら誰かを差してるみたい…?
「ウサギを追う」という一文がありましたが、「ウサギ」とはKさんのもう1つの代名詞的なもの。「ウサギを追う=Kさんを追う」?
Nonoのあまりの態度の豹変にびっくりした俺は、とりあえずKさんに電話してみることにした。(もう既に何回も電話した仲)
最初は適度に世間話をしつつ、そのうちNonoの話題を出してみた。
俺「Kさん、Nonoのメルマガ見てました?」
K「…はい、見てましたよ。」
俺「Nonoって本当に何なんですかね?イロハ遊ビなんてメルマガも作っちゃって…Kさん、Nonoのこと知ってます?」
K「いえ、知りません。」

ウサギ=Kさんではない…?
結局、この日の電話では特に何の情報も得られず。イロハ遊ビに返信する気にもならず、俺はまたメルマガを待つだけの身になってしまったのでした。

とりあえずここまで。
字数制限に引っかかりまくってびっくりだった。

701 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 09:09:11 ID:4TLrEyJPO
>>710
要約お願いしときます。


702 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 09:37:14 ID:XFobBbDQ0
まとめサイトよろしく。

703 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 09:41:01 ID:hmZZzV/oO
次ネタ待ち

704 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 09:46:20 ID:ZSsqSZDP0
雪のある地域なんだが
信号が青になったので交差点を渡ってたら途中で滑ってころんだ。
顔上げたら乗用車が俺の目の前をスピンしながら吹っ飛んで畑があると思われる道下に落ちていった
これほど心臓が止まりかけたことはない

705 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 10:04:25 ID:7IFBXCc/0
>>704
ほんのりじゃない…全員無事だったのか?((((lil゚Д゚)))

706 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 11:04:56 ID:XFobBbDQ0
>>704
ちびりそう・・・ってか、トラウマになりそうだ。

707 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 11:06:44 ID:KZXSv6Xc0
それはすっ転んだから車に轢かれずに済んだってこと?

708 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 11:21:53 ID:sGn4GKnOO
704を避けるためにスピンした気がする

709 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 11:29:45 ID:DzPzw5sH0
スピンクレイドル!

710 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 11:34:59 ID:Tq6QsSh80
避けるためって、普通歩行者優先だろう
どうせ勢いよく曲がろうとしてハンドル取られてぶっとんでいったんじゃね?
んなことするの雪を知らん馬鹿くらいだけど

711 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 11:40:44 ID:bHRXdBenO
文章量とほんのり面白さは比例しないことを>>704が証明


712 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 11:56:26 ID:6bXzF3Rw0
まぁ色んな本読め
ラノベとかケータイ小説はダメだぞw

713 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 12:54:19 ID:f0laoyJkO
これ、北海道でナマラ有名な廃墟のお話し。

北海道の田舎には廃墟の村や建物等、割と多く目にする事ができる。
その中でも強烈なのが「文の村(ふみのむら)にある文の家。」

もう数十年前に廃墟になったふみの村、俺は15年程前に一度肝試しに行った事がある。

その廃墟に残る建造物は映画館、ガソリンスタンド、診療所、
そして村の入口に建つ、この村名物(心霊スポットとしての名物)の二階建ての住居「文の家」である。
その文の家の道路に面した二階の窓は年中開いたままで、その窓の奥には仏壇が外からも見える位置(高さ)に置いてある。

一つ言い伝えがあり。
文の村に立ち入る際、見えてしまう文の家の二階の仏壇、
これが開いている時は「村に立ち入るな」、仏壇が閉じていれば「何事もない。」
まぁよくあるネタである。
因みに俺が行った時、仏壇は開いていた。

714 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 13:01:14 ID:f0laoyJkO
つづき


まだそこが村として栄ていた頃、その文の家には独りっ子の少年と両親、祖母が住んで居た。
後にその独りっ子の少年は包丁で家族全員を惨殺してしまうという事件を起こす(原因詳細不明。)

それ以来、村には人が寄り付かずこの事件を境に、その村は廃墟を迎える。


事件以降放置状態のこの家の中の様子は悲惨なもので、事件当時の被害者の物と思われる血を噴き出した跡が床や壁、屋根にも残ったまま、
まるで時代劇や映画でみるような、首元の血管を切った時に噴き出す噴水のような出血の形跡。

当時の家財道具や布団、家族の写真やアルバム等も散乱状態、しかも血だらけ。

俺達にはかっこうの心霊スポットであった。


それから数年後、文の家は地元の悪ガキ(噂では俺の後輩にあたる奴ららしい)が文の家で花火で悪戯し、全焼させてしまう。
今から7〜8年前になる。
ふみの家がまだある頃は、そこでのレイプや未遂事件、少女置き去り等のメッカだった。

715 :99 197:2008/01/25(金) 13:42:54 ID:ilNxlHJtO
これは東南アジアのとある水族館であった出来事らしい。
従業員専用の通路へ繋がるドアがその時は施錠されておらず、一人の少年が、迷い込んで、餌を投下する飼育用の通路のフェンスの隙間を抜けて、水槽に転落した。
来館客に発見され、すぐに従業員から、引き揚げられたらしいのだが、少年が落ちたのは、ピラニアの水槽だった。
これは、知り合いの死霊魔術師から聞いた話だ。


716 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 14:41:17 ID:hmWG0oafO
ピラニアは臆病な魚
大きなものが落ちたらびっくりして物陰に隠れるぜ


717 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 14:55:27 ID:PFrqjU1J0
てか最後の一行。笑いのセンスあるな>>715

718 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 15:06:39 ID:zki/xCLXO
>>713
それって富美の家?
鴻ノ舞とごちゃまぜになってない?
富美は今でも人住んでるから廃墟の村にはなってないよ。
その辺にある集落となんら変わりないし、小学校もあったはず。

719 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 15:34:05 ID:f0laoyJkO
>>718
ちょwあそこに住んでる人って居るの?
俺ら地元じゃ無人の廃墟と認識してる人が多数w@北見

ところで鴻ノ舞ってどんな話しなの??

720 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 15:50:57 ID:+UtZ373m0
彼氏が家の掃除してて
高い位置にある押入れ(脚立に乗ってなんとか届くぐらいの位置)
に入れてる古いパソコン引っ張り出してたら
バランス崩れて落ちてきた。

私は下に座ってたんだけど
頬を掠めて真横に落っこちた。
ちょっとずれて頭に直撃してたらと思うと
いまでもゾクッとくる


721 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 16:13:59 ID:vMGTAajp0
>>720
脚立の上は慣れないと不安定なんだよ。
しかも頭より高い位置に重い物を持つのは至難の業なんだよ。
退避しておくかパソコン受け取ってやれよ。


722 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 16:17:49 ID:CavSK9vG0
>>720
彼氏が掃除してるのを手伝わない彼女…。

723 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 16:27:02 ID:+UtZ373m0
下を掃除してたんですよ
でも下から受け取ってやればよかったかも

けどそしたら顔面にきてたかも・・・

724 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 16:28:37 ID:/SA09wL50
>>720の話を見て思い出した。
全然関係ないけど、阪神大震災の時大きなタンスが父親に倒れ掛かった。
でもその向かいにあった別のタンスも倒れ、それぞれが拮抗する形で止まり、親父無傷。
狭い家で良かった、と当時は思ったのよ。
でも全然『助かった』とか思ってなくて呑気にしてる親父に、空気嫁と言ってやった。

725 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 16:28:51 ID:CavSK9vG0
>>723
あ、そうだったのね。ゴメン。

根本的な事を言えば、重量物を上に置くのが間違い。

726 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 16:47:18 ID:+UtZ373m0
>>722
いえいえ わかりづらくてすみませんでした

たしかに、重いものは上に置いてはいけないと
そのとき痛感しました

>>724
不幸中の幸い、というより奇跡ですね


727 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 18:06:59 ID:nBTJIcc9O
自分の体験談を投下していいですか?

728 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 18:11:45 ID:nrrh+fkN0
いいよー

729 : ◆xO5H6C8Z4M :2008/01/25(金) 18:16:33 ID:nBTJIcc9O
では、投下します。
文才は無いので見苦しいかもしれませんが、勘弁してください。


今考えるとおかしいと思う、昔家族で住んでいたアパートの話し。

物心ついたときから居て、俺が21歳までそこに両親と弟と妹2人で住んでいた。

おかしな事が始まったのは俺が4歳になった頃。
昼間トイレに1人でいって、ふと顔を上げて窓を見ると角が生えた鬼に似た人影を見かけて、あわてて母親に泣きながら言いに行ったことを覚えている。

たまたま誰かが通りかかったのではないのかと思われがちだが、そのトイレの窓の向こうはちょっとした物置になっており、物理的に誰かか通り過ぎる事は無い。

仮に人が居たとしても、それも怖い。

当然父親は仕事に行ってるし、母親は洗濯をしている最中。弟や妹はまだ小さい。
家族以外の知らない人が居たとしても、どんな理由で物置に居るのか考えただけでも怖い。

母親を呼んでトイレに戻るまで10秒もかからず、物音もしないにも関わらず、
その影は消えていた。

見間違えだったのかも知れない。今だに判らない。

それから月日が経ち、俺が7歳位になった頃またおかしな事が起きた。


730 : ◆xO5H6C8Z4M :2008/01/25(金) 18:18:42 ID:nBTJIcc9O
夜になって、寝ようとした時に何故かは判らないが、脳裏に20代の女性のイメージと共に深い悲しみが伝わり、涙が止まらなくなってしまった。

不思議なのは、その感情が沸き上がるのが特定の場所に居るとき(いつも寝ていた場所)だけで、別の所に移動すると途端に元通りに戻る事だ。

これには俺自身も参った。
全く自分の感情をコントロール出来なくて、兄弟の前で泣くのは格好悪いと認識しているのにも関わらず、
泣き止む事が出来なかったからだ。

結局、部屋を移動する事で解決した。

またそれから数年間は平穏だったが、高校生になった頃におかしな事が起こった。

前置きが長くなったが、ここからが本題である。

高校生になってから金縛りに合う回数が比較的多くなった。
大半は体が動かないだけなのでそれなりに怖かったが、あまり気にはしてなかった。

隣には弟が寝ていたし、横の部屋には妹2人が寝ていて、前の部屋では両親がリビング兼寝室として寝ているので

安心感も有ったのだろう。
(余談ですが、当時2LDKの四畳半部屋で俺と弟、六畳部屋で妹2人、リビングで両親が住む狭いアパートでした。)

731 : ◆xO5H6C8Z4M :2008/01/25(金) 18:20:42 ID:nBTJIcc9O
何十回と金縛りを体験したが、一度も目を開ける事は無かった。
例え脳が作り出した幻覚だったとしても、万が一目の前に変なのがいたらものすごく怖いから。

しかし、一年も同じ経験をすれば人間っていうのは余裕が生まれてくるわけで、
次、金縛りに会ったら目を開けてみようと気持ちが変化していった。

そして高校2年生の冬に『あれ』を見ることになってしまった。

何時も通り夜になって何時も通り布団の中で横になり、隣で寝ている弟の鼾に悩まされながらウトウトしていた時だった。

(…また金縛りにかよ、明日早いのに勘弁してくれよ。…そういや前に今度金縛りに会ったら目を開けるって
考えていたっけ、どうしようかな。変なの見えても嫌だし…)

と思っていたとき、急に目の前に何かが居る気配を感じてしまい、一気に心臓がバクバクいいだした!

(…マジか!なんだこの感じは?めっちゃ怖いけど、勇気を振り絞って見ちゃる!)

732 : ◆xO5H6C8Z4M :2008/01/25(金) 18:28:06 ID:nBTJIcc9O
ガッと!目を見開き、目の前に居たのはオレンジ色の生首だった。
(…なんじゃー!こいつは!何の恨みが有って俺の前に現われやがったんだ!
頼むから消えてくれ…俺は霊能者じゃないから何も出来ないよ…)
と、俺が思ったら空気を読んだのか知らないが、
生首はフワッと音もなく俺の足下へ移動し、天井付近まで上昇した後に窓の方へ移動して行き消えていった。
ここまでなら俺の脳が作り出した幻覚だと言えるのだが、生首が天井に移動した際に金縛りが解けて
襖の向こうに居る両親に助けを呼ぼうと襖を開けようと
俺が襖を開けようとしているときに、
ふと
生首が居た所に目を向けたら
…いやがった_| ̄|〇 そしてスッと消えていった。
これだけでも当時はガクブルもんだが、数日後にまた金縛りに逢い、
この前にあんな事が起こったのにも関わらず、また目を開けてみたら
首の無い武者みたいのが足元に居やがった。
まるでご自分の首を探しているかのような動きが見えたので、窓の方をチラ見して目をつぶって
またみたらもう居なくなっていた。
これが18歳までに起こった出来事です。マジ実話です。
まだ有りますけどまた今度で。

733 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 18:46:22 ID:axoOlvvf0
なんでトリ付けてんの?

734 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 19:50:14 ID:nBTJIcc9O
>>733
間違って付いちゃいました。すみません。

735 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 20:50:10 ID:zki/xCLXO
>>719
農家とかあるよ。
一応、簡易郵便局とかあるみたいだけど、場所が違ってたらごめん、謝る。
鴻ノ舞は、昔東洋一の金山と言われてかなり栄えてたところ。
数年前まで、廃屋が建ち並ぶ心霊スポットだったから、そっちと間違ってるのかな?と思って。

これじゃスレ違いだから、富美のほんのりを。
富美の家は、話し手によって犯人が様々で、父親だったり、祖父だったり、祖母だったり。
共通してるのは『気が狂った家族の一人が一家を惨殺した』ということ。
家で弟とこの話をしていて、なんとなく母に「母さん、知ってる?」と尋ねると、「あそこは絶対行っちゃダメ!」と怒られた。
脅そうとしてる口調でもなかったから、何か知ってるのかな?
でも怖くて聞けなかった。


736 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 22:45:57 ID:hmZZzV/oO
じゃあ全然怖い話じゃないね

737 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 23:28:52 ID:fkVNAmwr0
だから、短くほんのり行こう。ゆとりに優しい世の中になぁれ。

738 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 23:32:58 ID:7pRrbVVD0
そう言えばさ、ファミコンとかでセーブデータを復活の呪文とかじゃなくて
カセットにセーブできるようになった頃なんだけど

某有名RPGを、中古で買った俺はワクワクしながら家に帰って
さっそくゲームを始めたのよ、そしたら前の持ち主のデータが残っててさ
興味あったからちょっと見てみたんよ

名前は忘れたけど、先頭キャラがHP1他の仲間は全員死亡状態、LVは10〜ぐらいだったかな?
まぁ、その時の感想は「開始早々詰って売ったんかwwww」て感じだったんだけど
そのセーブデータを消さないで、そのままにしてました。

当時も今も、ゲームとアニメぐらいしか楽しみがない俺は、廃人ペースでゲームを進めてたんだけど
数日後・・・ゲームやろうとして電源入れたら、俺のセーブデータが消えてた
そして何故か生き残っている前の持ち主のデータ・・・

一回ぐらいならそれほど気にしなかったけど、3回ほど連続でおきたときは親を疑いました
けど、親はゲームのやり方というか電源の入れ方も知らないし、これはカセットに問題あるのかな〜と
思いながら、前の持ち主のデータで遊んでみるかと思い選択したら、なんかおかしい

最初に入れた時よりもLVがあがっててなおかつセーブポイントが別の場所だった、記憶違いだと思ったけど
なんか気持ち悪いので、神棚の上に一週間放置しておいてから、また電源入れてみた

やっぱり進んでる・・・LVもキチンと上がっているけど、やっぱりHP1ほかの仲間は全員死亡状態
気味悪いな〜ということで、また神棚に一週間放置、その後、電源入れて見てみると
もう少しでラスボスってとこまで来てた・・・

その日俺は、そのゲームを売った、その後そのカセットがどうなったかは分からない。

739 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 01:37:03 ID:KtQqYjoR0
昨日の明け方の話。
ふと目を覚ましたら、足首を掴まれてた。
彼氏かな…と思ったんだけど、自分の顔の真横に彼氏の顔がある。
そんなこと絶対できない。

あんまり怖くなくてごめん。

740 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 01:42:06 ID:DnocUF0l0
あんまりっつーか…全然?

741 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 01:44:34 ID:hwS6a463O
最近このスレおかしくないか?
投下されてるものぐらい黙って読んでやれよ。面白かったらレス付ければいいし、つまらなかったらヌルーすればおk

742 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 03:17:22 ID:i+ZLvGliO
こ、ここはほんのり生暖かく見守るスレでしょーっ!

743 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 05:02:06 ID:SXSlHkVKO
いきなりホモネタの>>739も良くないと思います

744 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 07:22:58 ID:bGUDNL800
>>743
なぜホモと言えるw

745 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 13:52:46 ID:51j7jd3LO
>>744
>>743がホモなんだろ

746 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 14:18:12 ID:sHlbNfEl0
やっぱりご当地恐怖話ってあるよね。
いま、山口に住んでるんだけど
・七つの家
・ダム(名前忘れた)
・21世紀の森
の話知ってる?

もし既出でなければ話すけど・・・。

747 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 14:29:16 ID:keiJfVUn0
有名な場所だね。

748 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 14:35:35 ID:5ndMpaUhO
>>746
俺は知らないからよかったら聞かせて。

749 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 14:36:56 ID:q1HQZf4kO
>>746
七つの家,聞きたいです

750 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 14:45:57 ID:sHlbNfEl0
わかった。
まとめるから、暫く時間くれ。

751 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 15:08:27 ID:9hCuc9HwO
わくてか

752 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 15:28:26 ID:mprt33kz0
仕事帰り、地元の駅前で母の乗った車を見つけた。
わー偶然!と乗り込んだら、後ろから同じく仕事帰りの父が乗り込んできた。
わー偶然!!と盛り上がってたら、なんとその後ろから学校帰りの弟が
「何の待ち合わせ?」とか言いながら乗り込んできた。
いや誰も待ち合わせてないから…

職場も学校も離れた所にあり、普段は帰宅時間帯バラバラなのに。
「全員揃ったし出発しようか」と言った母が、運転しながら腑に落ちない顔してたw

こういう「予定外の集合」みたいな事がよくある家族だったなー。


753 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 15:32:15 ID:sHlbNfEl0
・七つの家
山口県光市に実在する廃墟。
山口県を代表する心霊スポットとして全国的に有名になった。
名前の通り、廃墟と化した家が七つ存在している。

心霊スポットとして色々な憶測が飛び交い、
殺人事件がおきた、自殺したやつがいる、などの噂がひろまった。
時代をさかのぼってみれば、そこはもともと墓場だったという。
その土地を買い取った中●建設(既に倒産)がその墓石達の供養もせずに
そこを宅地にしたのがそもそもの始まりだった。
しかしある日を境に一軒を残して全て出て行った(理由は水問題とのこと)。
そして最後に残った一軒も出て行き、完全に廃墟と化した。

これだけ聞くとなんとも怖く感じないが、実際に行けばわかるという。
地元に住んでいれば、一度は行ったことがあるというほど
有名で、誰にでも行ける。雰囲気が半端なくヤバイらしい。
廃墟好きにはたまらない場所かもしれない。
2008年現在取り壊されたという話を聞いたが、定かではない。

情報が一部定かでなかったので軽くググってもかなり情報が出てくる。
探せば、写真付で紹介しているところもあるが、チキンにはお奨めしない。
2000年当時のスレもあった。
http://piza.2ch.net/occult/kako/961/961267723.html

続き・・・佐波川ダム。

754 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 15:42:01 ID:SXSlHkVKO
>>744
なぜも何もお前
隣で寝てるのが彼氏だって書いてあるだろ
よく読め!

755 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 15:43:56 ID:sHlbNfEl0
・佐波川ダム
山口県の実在のダム。もちろん誰にでも行ける。
言った事があるが、一人では行きたくない。夜に一人で行くのはやめとけ。

これが有名になったのは、ある心霊特集番組でだった。
これは嘘でもなんでもない、実際に起こったことだことだ。
なぜならテレビに映ってはいけないものが、映りこんでしまったから。

しかも生放送中に

生放送のさなか、レポーターの女性の後ろにさっきまでいなかった、
いるはずの無かった女がたっていた。
(残念ながら実際にその映像を見たわけではないので、詳細を伝えられないのが残念)

その後、その映像はネットで知れ渡るところとなった。
しかし、本当に「ヤバイ」映像であったのは紛れもない事実であり、
しばらくして放送禁止に指定された。

色々と探し回ったが、ようつべでも他の動画サイトでも当時の映像は抹消されてしまっている。
それだけ、この映画凄かったということを理解してもらえるといい。

756 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 15:46:56 ID:9hCuc9HwO
>>753
情報d!
興味あるから帰ったらググってみる

続きも待ってまーす

757 :一応言っとく:2008/01/26(土) 16:07:46 ID:/rtnL95hO
>>754の思考がオカルト。

758 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 16:30:01 ID:sHlbNfEl0
・21世紀の森
山口市から山を登ったところにある森林公園。

その駐車場にぽつんと駐車禁止のスペースがある。
左右には止められるのに、そこだけが中途半端な場所に関わらず黄色の斜線がひかれている。
そして駐車場のよこには古い電話ボックスが一台設置されている。
この話にはこんな一説があった。

昔、借金苦に一人の男が車で頭からガソリンをかぶり、焼身自殺を図ったが
死にきることが出来なかったといわれる。
男は大火傷をおったまま、虫の息で電話ボックスまで這った。
しかし電話ボックスに入り、受話器に手に取ったところで力尽きて死んでしまった。
それから暫くの後、その事件を知った若者が面白半分で男が
自殺を図ったのと同じ場所に駐車し、電話ボックスを使った帰途についた。
その若者は帰り道で死んだ。


759 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 16:31:18 ID:sHlbNfEl0
>>758続き

その後奇怪な事件が続き、地元のテレビでも紹介されるほどになる。
この際、取材中に不可解な音が入り込み、一時パニックになったという。
流石に管理者も見過ごせなくなり、そこに駐車しないようにと黄色の斜線を引いたという。
実際に行って見てきたが、本当に不自然な場所に駐車禁止スペースが設けられている。
そして不気味に佇む電話ボックス。
俺が見たときは、とにかくトイレが気持ち悪くて、とてもじゃないが使う気にならなかった。
夜に行ったが、↑電気すらついてない。

ググっても有名なんで出てくるが、駐車場を撮影した写真にスペースの隣に車がとまっていることがある。
俺が実際に行ったときも、スペースの隣に駐車して騒いでいる奴がいた。
しかし、この話には続きがある。もし行く機会があるのなら、この話しを聞いておくといい。
ひょっとしたら地元でも知らない人が多いかもしれない。











実際、男が焼身自殺した場所はスペースのところではない。
スペースの場所を駐車禁止にしたのは、その場所に駐車すると看板が見えなくなってしまうから。
実際は、スペースの「右隣」。
皆さん、21世紀の森に行ったときは、ご用心・・・。

760 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 16:32:56 ID:3DoglIQ8O
>>754
書いた奴が男という(ry

761 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 18:26:38 ID:djruxfb/0
ホモネタは2chのお約束だろ。
いちいち突っ込むなよ。スルーしる。

762 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 20:10:07 ID:axxL2V6fO
>>752の最後 過去形なのが気になる


763 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 20:20:26 ID:IcCid/oB0
>>755
>それだけ、この映画凄かったということを
映画なのかよっ!


・・・すまん、誤字だろうと思うんだがどうにも関西人の血が騒いでww

764 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 20:23:01 ID:IcCid/oB0
>>762
自分も思ったがちょっと突っ込んじゃいけないような気がした。

765 :本当にあった怖い名無し:2008/01/26(土) 21:56:23 ID:9oPxEIcS0
>>487
夜中に一人でコンビニに行ける年齢の子供が居る
いい歳したオッサンが心霊スポット探索なんかに行くなよ。
大人気ない。

766 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 01:53:06 ID:D8Nvaxx30
これホントの話です

以前同じ職場で仕事してた女性に聞いた話で
その女性(

767 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 01:56:48 ID:D8Nvaxx30
すみませんミスりました

その女性をAさんとしますが
Aさんが朝出勤途中に、とあるファッションビルの横を通ると
女の人が仰向けに寝転んで寝てたそうで
『変な人がいるな・・・』と思いつつ 横を通り抜けたそうです。
ところが仕事が終わって家に帰ってテレビを見たら
「本日○○ビルの屋上から女性が飛び降り自殺しました」との報道が・・・
Aさんが通ったのはその女性が飛び降りた直後だったそうで、
顔が綺麗なままだったので死んでるのに気づかなかったそうです。


768 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 07:42:07 ID:858rSVqXO
ひいぃ…(゚д゚゙)

769 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 08:12:35 ID:/0MJrqP9O
右目が痛い

770 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 14:34:15 ID:ZKYwqyqX0
ある晩、自宅でテレビを見てると、
突然ドアノブをガチャガチャされた。

ビックリして覗き穴から外を見ると、
そこには自分がいた。

771 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 14:43:34 ID:7cIsVXyf0
ヘンリー、君はまだ部屋から出られないのかい?
アイリーンを助けるんじゃなかったのかい

772 :1/2:2008/01/27(日) 16:46:00 ID:h6qXH9MA0
>>770
先日俺も家のドアノブ夜中にガチャガチャされてすげぇビビッタ。
マンションの上の住人が酔っ払って帰ってきて階数間違えたってオチだったんだけどな。


もう10年以上前。
怖くなかったらすまん。
俺は怖かったんだけど。

当時まだ学生で夏の間友人たちと車でいろんな場所に波乗りしに出かけてた。
大体車中で寝て早朝から波乗りしてたんだけど、
その日はうまくナンパが成功して女の子といい感じになったんだ。
で、外でするのはヤダっつーからそばの旅館に素泊まりで泊まる事にしたんだ。
風呂とかもコインシャワーとかだったからラッキーとか思ってた。

夜にやることやって久しぶりに布団で熟睡してたんだけど、
なんか違和感があって起きたんだ。
したら体が動かなくって、でも意識だけハッキリしてて
(すげwwww コレが金縛り?!)
とか人生初金縛りに興奮してたんだわ。

773 :2/2:2008/01/27(日) 16:46:39 ID:h6qXH9MA0
で、視界の端でなんか動いたのが見えたのね。
障子の向こうで荷物置いてあるところで誰かの影がガッサガッサ動いてた。


はぁぁぁぁ・・・ はぁぁぁぁぁ・・・

って息遣いが聞こえてきて、でも女は隣で寝てて

その影が障子の向こうでコッチ向いたのがわかったのね。
俺もう怖くなっちゃって、でもその影から目がそむけずにガン見してたのよ。

したら障子の影からなんだろ、
良くわかんないんだけどももやもやした黒いケムリッつーか影っつーか
そんなのが枕元まで近づいてきて。
それでも俺目が離せなくて睨みつけてたら煙の中からも目だけがコッチ睨んでた。
で眠ったのか気失ったのかわかんないけど朝になってた。

翌朝旅館のおじさんに話したら
海のそばだからよくあるんだよそういう話
とか軽く流された。

以上。

774 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 16:49:11 ID:DxCO2frG0
人間をイケニエにしてフィギュアに命入れる方法をおせぇてください

775 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 16:54:42 ID:pxDkKI8b0
暇だったら聞いてくれ。

俺さ、家庭内でいざこざあって、両親離婚
したんだよ。
で、今はおかんにつれられて普通のかりアパートに
住んでるんだが、よく考えたら離婚する前に住んでた
家でいろいろ奇妙な現象がおきてた。
今から話したいと思う。

776 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 17:08:01 ID:cyMeNWH6O
(゚Д゚)ゴクリ

777 ::2008/01/27(日) 17:08:48 ID:pxDkKI8b0
連チャンスマソ。

まずいちに、ポルターガイストがおきた。
前の家には二階の部屋に天井が外れるところが
あったんだ。
その日おかんはつかれとったらしく、その部屋で寝ようとしてた。
俺は集金があったのをわすれてて、おかんが寝る前に払って
もらおうとその部屋に行った。
俺がおかんに話しかけようとした瞬間、天井の外れるとこが
横にずれた。音もした。ひきずるような音が。
その当時親父がよく天井裏にいって屋根の修理をしていたから
親父が驚かそうと思ってやったのかと思ったがちがった。
呼びかけても反応が無かったし、念のため天井裏も見たが
そこには何もいなかった。
なんだったんだろう。

778 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 17:10:30 ID:yGwf+dMW0
コテ付ける必要無いよ。

779 ::2008/01/27(日) 17:21:46 ID:pxDkKI8b0
その次。

俺は風呂に入ろうとおもって、風呂の電気をつけた。
そしたら電気の調子が悪いのかちかちかしてるんだよ。
俺はびびりなもんで前のポルターガイスト(?)も
あったし親にいった。が、蛍光灯が切れかけてるだけ。
といわれて終わりだった。
風呂にはいらんわけにもいかんので、怖いの我慢して
風呂に入る準備してたら脱衣所の窓(外から見れんよう
すりガラスになってる)に白いぼやけたようなもんが
ちょっとだけ映ってきえた。びびったけど見間違いと
自分に言い聞かせて風呂はいった。
怖かった。

780 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 17:22:29 ID:yGwf+dMW0
やっぱ付けた方がいいよ。
応援するよ。

781 ::2008/01/27(日) 17:40:27 ID:pxDkKI8b0
>>778 わかりやすいようにと番号ふったのだが・・、いらんかね?

次。
夜中目が覚めた。今何時か知りたくて、時計を探してたら
いきなり部屋の戸が誰かがノックしてるみたいにドンドン!ドンドン!!
って鳴り出した。ビビッタ。
家族ならノックは必要ないし、何しろ夜中だったから。
そのとき相当パニクッてて、となりに寝てたおかんを起こそうと
ゆすった。おかん!って叫びながらもゆすった。
だけど一向に目が覚める気配が無く、戸の音もひどくなるばかりで、
半泣きになりながら戸を見つめてた。そのうちにカリカリ
ひっかくような音もしだして、本当に戸がこわれて入ってくるんじゃ
ないかと思ってたとき、親父の部屋の戸があいた。とたん、
ぴたっとノックする音もやんだ。怖くなったので寝なおした。
朝になって戸の向こう側を確認したが何も無かった。
夢だったかもしれない。夢だったらいいな。



782 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 17:52:17 ID:Zc0bPcuQ0
>>781
終わったのか?
わかりやすく番号付けたいなら1/?,2/?って感じにしたほうがいい
つか
>◆お願いです◆ 最重要事項
>長文を何回かに分けて投稿する場合は、メモ帳などに全部書いてから一気に投稿して下さい。
>携帯からの方もそれなりに配慮をお願いします
これちゃんと読んだか?あまりにも酷すぎる

783 :おまけ。:2008/01/27(日) 17:56:02 ID:pxDkKI8b0
後日談。
おかんから聞いたんだが、
やっぱり前の家はいわくつきだった。
どっかの他人が借金にまみれて自殺したそうだ。
おかんも姉も幽霊をみたと言ってた。本当かどうか知らんが。

俺の駄文に付き合ってくれてありがとう。
ずっと誰にも言えずにもやもやしていた。すっきりしたよ。
ちなみに雨漏りするはずが無い天井から水が滴り落ちてきたことも、
その水が落ちてきた天井の場所がくっきり人の顔のしみに
なっていたことも、ここだけの秘密。


784 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 17:56:15 ID:yGwf+dMW0
たいして怖くもないんだからほん怖に書けば違った結果になったろうに。

785 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 17:59:42 ID:VsIQuUd/0
>>784
このスレ以外に「ほん怖」って呼ばれてる
スレがあるのか?

786 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 18:00:27 ID:pxDkKI8b0
俺文章うつのおそいんだ。
文の脈絡がなく、意味不明なんだっていうのならごめん。
はんとしROMる。

787 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 18:07:43 ID:yGwf+dMW0
>>785
あぁ、ごめん。間違った。

788 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 19:03:17 ID:NSakHGT7O
四面の部屋を応用した呪詛を思い付いたんだ、もし既に誰かが考えたらごめん。

四角いコップにプリクラを四枚貼って四面のコップ、その中に水いれてそれを飲ませる
思い付いてすぐ四面コップ作って水入れたんだけど
呪いたい相手がいなかったから数日後
水は観葉植物にやってプリクラはがして普通のコップに戻したよ。
観葉植物は枯れたけど。

789 :752:2008/01/27(日) 19:44:06 ID:MqtYpkrL0
>>762 >>764

いや、その後不幸があったとかじゃないよw
自分も弟も独立して実家を出たから。両親は今も元気にしてるし。

別の日。
自宅最寄のバス停でまた申し合わせたように集合してしまい(母は家にいた)
「母さんびっくりするなー」とか言いながら家に帰ったのに母、笑顔でスルー。

父「みんな一緒に帰ってきたのに驚かないの?」
母「それがね、今日は何だかみんな一緒に帰ってくる気がしてたの」

なんだつまんねー、みたいな感じで何事もなく夕飯食ったとさ。


790 :99 197:2008/01/27(日) 20:54:24 ID:MU0gql6GO
今日の夕方、長い間、連絡を取っていない友人から電話がかかってきた。見覚えの無い電話番号に最初は取るのを躊躇った。
コタツの上でブルブルとなる携帯からは、何か焦燥感のような物を感じたからだった。
だが、電話が鳴ると、必ず、手に取り、確認しなければいけないという強迫観念に駆られる。
俺はこういった強迫観念が苦手で仕方なかった。
コタツに足を突っ込んで、テレビをつけながらのうたた寝は、だらしがないが、やめられない。
眠りに落ちるか落ちないかの、意識が朦朧としたまま、電話を取ると、液晶画面には、見知らぬ電話番号が表示されていて、眠気眼のまま、仕方ないという思いで、通話ボタンを押した。
「おう! 久しぶり。俺だよ俺。〇〇だよ。」
電話の相手は、高校時代の同級生で、卒業以来、連絡を取っていなかった。
やけに慌てた様子が、声からは感じられた。
彼の話はこうだった。

地元では、有名な夜景を望むスポットに通じるエコーラインで、彼は助手席に彼女を乗せて、スキーのゲレンデに向かい、車を走らせている最中だった。
なだらかな上り坂の圧雪の道をゆっくり走らせていると、上り坂の頂と空の境界線から、こちらに向かい猛スピードで飛んでくる楕円形の物体を目撃したそうなのだ。
色は灰色か銀色で、あっという間に車の上を掠めるようにして、真っ直ぐ、飛んでいったのだそうだ。
物体を確認してから、ブレーキをかけて、停めた頃には、既に物体は後方へ飛び去っていた。
彼女と口をあんぐり開けて、車外に出て後ろを確認したが、物体を見ることは無かった。
後続車がすぐにやってきて、クラクションを鳴らされ、二人は慌てて車内に戻ったそうだ。

「で? 何で俺なの。」
と聞くと、登録していた番号に片っ端から掛けているんだ。との事だった。
俺は電話を切ると、また、ごろ寝して、眠りについた。
「ごめん。それ、俺だよ。」
と無意識に、独り言を呟いていた。


791 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 21:26:44 ID:zxHgVyqp0
邪気眼かと

792 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 21:30:40 ID:/QXFUBbS0
また師匠シリーズに憧れてるやつが書いたのか?
文がうざくてしかたない。

793 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 21:56:08 ID:3hYEPxgn0
デパートの食品フロアでバイトしてる。
時々、資材を取りにバックヤードへ行く。食品用のパックとか調味料とか。
広いバックヤードは大抵無人で薄暗く、とても静か。この時期だと寒いしちょっと不気味。
段ボールの山に分け入って必要な物を探し出すわけだが、
お目当ての物品を見つけてさあ戻ろうとすると、戻り道が段ボールで塞がれてる時がある。
塞がれてるといっても箱が一つ二つ置いてあるだけで一寸どければ簡単に通れるんだけど。
ただそれだけで大して怖いわけでもない。
でも結構頻繁だし、夜なんかだとちょっとウヘァって感じになる。

794 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 22:07:10 ID:C8RIokef0
>793
充分怖いよ・・・。
バックヤードでPOP作るバイトしてたが、
食品フロアのバックは広くて暗くてなんかいそうなんだよな。

795 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 22:12:20 ID:axXPViQD0
ネズミじゃね?

796 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 22:19:41 ID:QYNTYDif0
以前自分含む3人で某道東の廃村に行った時の体験談。
入り口近くのセイコーマートでお菓子を買いに行き潜入。
有名な病院跡地があって俺とA・Bで意気揚々と出発。
A「すげー!! 落書きだらけだな!」
俺「暗くて怖いなこれは」
B ひたすら100円のビスケットを黙々と食う。

色々と回ってると奥の方から風かなんだか知らないけど
呻き声かお経かずーっと聞こえてくる。
が、Bから聞こえてくるビスケット食う音で肩震える俺。
A「B! おめビスケット食う音うるせえよ! 何か聞こえんだろ!?」
B「仕方ねーだろ! うめーんだよこれ!!」とキレ気味。
そうこうしてる内にその異音がどんどん大きくなり顔合わせて退散。

帰り道俺運転でBが助手席、Aが後部座席に。
意気揚々とBurning Hearts 〜炎のANGEL〜を聞いてると
後ろの方から『ガリッ…ガリガリ』という異音発生。
なーんか引っ掛けたかなとか思ってると今度は『バンッ!』と窓を叩く音。
サーっと血の気が引く俺、BはAに「南無!!w」とか言ってる。
A「冗談じゃねえ 洒落になんないってこれ」
と言いつつガサガサという音が後ろから聞こえ何してんだ?と思いミラー見ると
Aがメンズ何とかっていうセイコーマートで買ってたエロ本広げて後ろに振り返って
A「な! これ見せっから!! いいだろ!!? 許せって!!」と許せを連呼。
B爆笑、俺は冷静に「ジャンボの方が効果あるんじゃねえか!?」と発言。

しばらくその異音が続いたんですが無事収まり
エロ本ってすげーなと思った。

797 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 22:26:09 ID:/QXFUBbS0
B好きだ。
でもスレ違いだ。

798 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 22:45:22 ID:kIDdlvFX0
小学校の頃、自称霊感の強い奴がいた。
ある日、そいつが霊感0な俺に「見えるようにしてやる!」とかいって念を送るようなことをしてきた。本人曰くこれで一回だけ見えるようになるらしい。
半信半疑ながらも確かその日の放課後。小学校の校門から出てすぐの団地の駐車場を指差して、その友人が
「あの車の中に何か居る」
と言った。しかしながら俺にはさっぱり見えない。普通に誰も乗ってない駐車車両にしか見えない。
暫く中の様子の話を聞いた後、そいつと別れた。そいつはダッシュで家の方に走っていったんだが、その後姿からふと先程の車両に目を移すと、黒い人影が見えた。
吃驚して思わず友人に向かって「○○!見えた!見えた!」と叫んだ。
次に見たときにはもう影は無かった。

数年後にわかったんだが、そいつはどうも周りの気を引きたいが為に霊感のある振りをしていたらしい。
果たして俺は思い込みで影を見たのが、ガチで幽霊だったのか。
いずれにせよ、変なものを見たのはそれ一度きりで、以来霊のようなものを見たことはない。

799 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 23:01:05 ID:kIDdlvFX0
もうひとつ。
高1か中3の頃、学校の旧校舎の取り壊しが行われることになった。
12月の半ば過ぎ、旧校舎に入れる最後の日、友人3人が最後の思い出にと旧校舎に写真を撮りに行った。俺は同行しなかった。
教室に入り(このときドアは開けたままだったらしい)、携帯で3人で写真撮影。シャッターボタンを押した瞬間
バタン!
と勢い良くドアが閉まったそうだ。吃驚しつつ、撮れた写真を見ると、何かが写っていたらしい。
一度その写真をみせて貰ったんだが、晴れ空の下+画面に横から見れないようにガードするシール(柄付き)を貼っていた為
よく見えなかった。ちゃんと見とけばよかった。

うちの校舎は戦時中、病院として使われてたって噂があったが、それが関係しているかはわからない。
ところどころに病院のなごりのようなものはあるが(七不思議も病院関係のものが数点ある)、俺と同じ学校を卒業した祖母曰く「そんな事実はない」そうだ。


800 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 23:16:20 ID:v7rAITKu0
>>786
投下乙。引っ越したあとで知って良かったなぁ<自殺
知っててそんな経験したら、一人で家にいられないよ。

まあ今回はひとつのエピソードはひとつのレスで収まってるから、そんなに気にしないで。
でも今後もし一レスに納まらないときは>>782を参考にしてくれれば
皆気を使わなくていいから助かるよ。

801 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 23:54:11 ID:/0MJrqP9O
中学の時に、学校で『気絶ゲーム』ってのがやたら流行った時期があった。
詳しいやり方は書けんけど、ある方法で相手を簡単に気絶させる遊びだった。
気絶なんて滅多に陥るもんじゃないからみんな面白がってやってた。
実際、俺もやられた。
あっと言う間も無くおちたらしい。しかも痙攣しながら泡吹いてたとか。
その後、気絶した男子が机の角に頭ぶつけて手術沙汰になるまで流行り続けたこの遊び。
下手すりゃあの世に逝っちゃうコレが流行ってたのが今考えたら怖い。

802 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 00:19:47 ID:ZaRUcBlpO
5分前の出来事
隣の部屋で寝ている(実際は起きてると思う)妻からメールがきた
今までの恨みつらみが長々と書かれてた(鬱)


803 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 00:28:37 ID:PH7Jata40
そりゃ怖い

804 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 01:23:14 ID:QipY5Toj0
>>786
俺はわかりづらくはなかったし、面白かったよ。乙!

805 :ぴちょ ◆.8R.P8LfnQ :2008/01/28(月) 01:31:26 ID:qL/NWRgmO
>>801
流行りましたね(´・ω・`)
うちの学校では前歯が折れた男の子がいました。
先生が笑って見てたのがオカルトだったな

806 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 01:36:15 ID:+7OsB2TI0
>>802
プギャー

807 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 02:25:25 ID:43AXqxgA0
何で>>700スルーされてんだ?続き求む
カラメとか懐かしいわー

808 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 02:35:32 ID:DJw7HKi30
小学生くらいの頃のこと。
その日、夕飯を作ったのはおばあちゃんだった。
メニューは煮物、魚のフライ、キャベツの千切り、お味噌汁など。
家族でおしゃべりしながら食べてると、おばあちゃんが笑いながら
「ばあちゃん、さっきドジやってしまったよ。
キャベツ切るときに怪我をしてしまってねえ。

指先と爪のあたりを包丁でちょっとだけ切り落としてしまって
探したけど指の肉が見当たらんかったのよ」

みんなのキャベツを食べる手が止まった・・・





809 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 04:42:53 ID:Wz6RowXG0
>>808
きゃああああwwww

食べてる時に言うな よねw

810 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 04:44:05 ID:LfLlldDGO
>>802
他の男に送るつもりが夫本人に誤爆したんだよな

811 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 08:03:16 ID:5/J7PvbkO
>802
どっちにしろ怖ぇw

以前に、カミさんがやたらと何かカマかけるよな話し方をしてきた
変だなーと思い、やつの入浴中に携帯を見たら
俺の女から来たメールを自分の携帯に転送して保存してあった
内容は当然、激ヤバ つーか 命取り

いやぁ、あん時ゃ世界が歪みましたよ



812 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 10:18:46 ID:EENZNlcJ0
>>811
お前が怖いよ。

813 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 10:32:44 ID:dvJRmAwE0
以前、嫁に浮気の疑いをかけられたことがあった。
「ノリコ(仮名)」って誰よー!って俺も知らん名前を出して問い詰めてくる
しまいにゃヒス起こしたから電話の番号表示を見てその人に電話してみた。

嫁の母さんだった。
電話越しだからって母親の声間違えんなよ・・・

814 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 11:17:09 ID:KlH1WLED0
一週間前の話。山中の古井戸で自殺がありその井戸をふさぐ工事をした。工事の際は塩と酒を持参し工事は何事もなく終わった。
会社に帰ってきて先輩と何気なく話をしていた。
その時、先輩が冗談で
先輩「お前の後ろに自殺した霊がおるぞ!!!」
俺「そんなことないっすよ〜」
その瞬間、机の上に置いていた俺の携帯から電源が入る音が・・・・・
もちろん携帯の電源は切ってないし、誰も俺の携帯はさわってない。
勝手に電源が入ったのだ!!
二人とも凍りついた。そしてすぐにメールの着信音が・・・・
俺はおそるおそるメールを確認したが知らないメールアドレスから空メールがはいっていただけだった・・・・・
もちろんメールはすぐに消去したが。
その後何もないがあれはちょっと怖かったな〜


815 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 11:36:30 ID:VlqnID/60
>>813
でも、自分の娘に電話かけて第一声で「ノリコだけど」なんて言う
嫁母も嫁母だよな。普通は「お母さんだけど」とか言うだろーよな。

816 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 11:49:32 ID:Ft4OscgJ0
小学生のころ気に入ってでかいウサギのぬいぐるみ買った。
めちゃめちゃ気に入ってて人間みたいに扱ってた。
(挨拶当然、ぶつかったりしたら謝る、
 テレビ見てるときは隣に連れてくる)

小学卒業してからはしまいこんでたんだけど。
最近になってまた飾ってみたら、
飼ってる猫がえらい警戒するし
寝坊しそうになったり眠くて電話でなかったりすると
かすれた声が聞えたりするようになった。

好きだからこれからも大事にしてみる。

817 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 12:25:12 ID:9nvSN7KyO
北海道って心霊スポット多いのかね?
前に北海道出身の人から聞いた体験談なんだけど
>とある心霊スポットの公園に、友達と車で夜中に肝試しに行ったときの事。
公園の駐車場に車を停めて、懐中電灯片手に徘徊を始めた。

一通り肝試しを楽しんだ後、帰ろうと車の停めてある駐車場に向かった。
来た時は自分達以外の車は無かったが、帰る時には同じ列の4〜5台分スペースを空けた所に、カップルが乗った小型車が停まっていた。

「カップルでイチャつきに来るところじゃね〜だろw」等と
思いながら自分達が乗ってきた車に近づくと、車がとんでもない事に‥

なんとボディ全体に子供の手の平をペタペタと付けたような跡が無数にある。
窓にも屋根にも満遍なく。
まるで霜が降りて一度湿ったボディに子供が悪戯したような、手の跡が水垢の様にクッキリ残っていた。

時間は夜中、子供では屋根までは手が届かない事、悪戯にしては手が込んでいて悪質な事等から
「人の仕業じゃない」と言っていました。

818 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 12:56:18 ID:rGL/K5kF0
>>815
想像。単身赴任先の固定電話に、あるいは嫁が>>813の携帯を勝手に盗み見て
留守番電話のメッセージがあったので確認。

女の声で
『あ、○○さん(>>813のファーストネーム)?ノリコ(仮名)ですけど、電話ください』
ファーストネームで呼び合うなんて何者よ!と嫁激怒。

しかし勝手に人の携帯を見るような話は時々聞くが、覗く方の気が知れん。

819 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 13:07:43 ID:9nvSN7KyO
つづき

そして変わり果てた車を前に友達とやり場もなく唖然としてた時

もう一台の「イチャついたカップル」の乗った車に異変が起こる。

口論でもしてる様子で車から時々声が漏れ始める。
暫くすると車の助手席のドアが勢いよく開き、男が飛び出してきた、
男はそのまま逃げるように公園へと走って行く。

まるで金縛りにでもあったかのようにその様子を友達と静観していると、

今度は運転席から

「まてよ!!」

の声と共に男が降りてきた。



僕たちは変わり果てた車に乗り込み、アクセルを命一杯踏み込んだ。


ビターでスマソ

820 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 13:17:03 ID:5Gc/HB7T0
ビター?

821 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 13:55:36 ID:EVbZnZDWO
>>816=ねねちゃん

822 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 14:52:20 ID:WwXntTAJ0
>>16-17
なんか良いな・・・学校生活を思い出すわ

823 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 16:47:29 ID:X+IAhAWj0
ホモ?

824 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 18:22:22 ID:GowOvd3g0
十数年前に母方の叔父が病気で亡くなった。
部活で脚を故障してた俺は叔父の49日の法要には出席できなかった。
で、法要から帰ってきた母から聞いた話。

法要で集まったみんなの近況を聞いていると、
妙に怪我人が多いことに気がついた。
伯母1は仕事中の事故で右腕を骨折
イトコ(伯母2の息子)は学校でふざけてて右目に怪我
伯母3はやかんのお湯で右手にヤケド
イトコ(伯母4の娘)は右耳が難聴、など。
なぜか右側にばかり異常がおきている。
そういや俺の故障も右脚だった。

そうしたら、喪主の挨拶で義叔母(叔父の奥さん)が
「今日まで毎日泣き続けてました。幽霊でもいいから帰ってきて、って
ずっとお祈りしてたんです。でも49日で成仏してしまうんですよね。
これからもっと寂しくなります…。」などと言出した。
それを聞いたお坊さんがやんわりと義叔母をたしなめてくれて
なんとか法要は無事に済んだ。

後で母たちがお坊さんに聞いてみたところ、
「男性の霊の障りは右側に出る」とのことで、
最近の怪我人続出は、義叔母のことが心配で成仏できなかった叔父が
親戚のみんなにそのことをうったえていたからではないか、と
親戚一同はあらためて叔父の冥福を祈ったとのこと。

825 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 19:50:12 ID:v8zKQYxaO
>>807
ありがとう。
でもあんまよく思われてなかったっぽいからさ…自重した(´・ω・`)長いしな。
一応実話なんだけど、あんまり怖くないから他に何処に書けばいいのか分からなくて。

826 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 19:58:14 ID:xezg/Sey0
人の体験談だけど。
弟のバイト先の地下のショップでの出来事。
トイレ掃除をしようとした時に人が入ったから出るのを待っていてもいつまでも出てこない。
おかしいなと思って見に行くと無人だったり、閉めたはずのドアから目を離すと勝手に開いているのは日常茶飯事。

閉店を過ぎた時刻、その日の売り上げを鍵をかけたスタッフルームで確認していると、
突然店内へ通じるドアからドンドンと叩く音とガチャガチャノブを回す音が。
既に閉め切った店内に誰か居るわけない。
そもそもエアコンの風ですら反応してしまう防犯セキュリティのスイッチ入れている為、誰か居るなら作動するはず。

白い影がすっと通った気がしたのに誰も居ないとか、そういうことが当たり前に起こる場所。
幽霊とか信じてなかったけど、身近の人の体験談を聞くと信じざるを得ない。

827 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 23:16:34 ID:UwkBuFzJ0
私は子供のころからそういう話をたくさん兄から聞かされたので、とても信じる人に育ちました。
でもそれは全部うそだったとあっさり白状されました。

828 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 00:31:05 ID:vp3kVEbM0
兄は>>827がそんな子に育ってしまったのを後悔して
全部嘘だと今更ながら言ったのではないでしょうか?

ほんとは全部真実なのに・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ

829 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 01:16:13 ID:Kw7OcKJ60
>>828
ほんのりいい話ですね。

830 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 03:48:32 ID:+qoU2Fo8O
>>796
バーニングレンジャー面白いもんな
早く次世代機に移植されると良いよな。

831 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 04:31:08 ID:XBi//Ztb0
>>825
空気読み過ぎだって!最後までやりきってくれよ

じわ怖か後味スレ向きかなーとは思ったけどさ。

832 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 16:04:33 ID:gcJULLAc0
友達夫婦の体験談。

夜、山道を友達の運転で走っていた。
助手席のご主人は少しうつらうつらしてたそうだ。
そんな中、前方に女性が立っているのが見えたらしい。
「ねえ、こんな山の中に人がいるよ。声かけておく?」と聞いたら、顔を上げ、前方を見て、ぽつり。

「・・・骸骨を乗せる趣味は無い・・・止まるな・・・」

そう言って、また目を閉じて寝たそうだ。
友達のご主人、ほんと無口でしかも声が低い。
それで真夜中、街灯も無い道でこんな風に言われたら言われた方も怖いと思う。

このご主人、真三國無双の周泰みたいな声でその上あの程度しかしゃべりません。
無表情だし、一日、基本の挨拶と用件以外はしゃべらないそうだ。
「あの話し方で怖いことをざく・・・って言われるのは凄い怖いんだよ〜」とか。
解る人は想像してみてください。ちょっと寒いです。ご主人のオカルト度は高いと私は思っている。
「知り合った頃からああだよ。」とか。
ちなみに、仕事はK・・・

833 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 17:18:51 ID:Js5Ywmoq0
41 :08/01/29 10:18:02.09 ID:TBkuSbHB0
ま、メンヘラと付き合ってる奴、一度相手の目を見てみろ なんともいえない濁った目をしているから 俺はHの最中その目を見てしまって急激に醒めた。

46 :08/01/29 10:24:23.52 ID:3H35w7hI0
電話で自殺生中継されたよ/(^o^)\

54 :08/01/29 10:27:38.23 ID:5/nzrYyg0
朝起きたら痙攣して倒れてた。 救急車呼んだ。薬の大量服薬らしい。 実家だっただけに修羅場だった
しかも先々週の話。。 心配してたのに、1日後面会にいったら ベットに寝ながら 「ぃよー」とかいわれて殴りそうになった。

57 :08/01/29 10:29:17.98 ID:3H35w7hI0
ネットで書くと釣りだって必ずレスされる俺涙目wwww
電話→彼女駅のホーム→がやがやしててよく聞こえない 彼女なんか言ってる→「ばいばい・・・」→俺焦る →プアアアアアアアンンンンンンンンン!!!!!!!!!!!!!!

77 :08/01/29 10:35:42.33 ID:3H35w7hI0
>>64
彼女から電話がかかってきたんだよ 夜の11時?くらいに。
電話に出たらなんか煩くてガヤガヤしてたから感覚的に駅のホームだって分かったんだ
そんでなにも話さないの、彼女が
俺が「もしもーし、どうしたのー??」とか言っても返答が無かった。
それで一言「さよなら」らしき言葉が聞こえて 俺は彼女が電車に飛び込もうとしてるんだ
と分かったんだが止められなかった 「おいおい」みたいな、非現実的な気分でな。
そんで プワアアアアアアアンンンンンンン!!!!!!!!!!!!! ってお話 実話だよ(はぁと)

834 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 18:09:33 ID:8MEy/7QN0
ある日の夜に起きた話。
私と家族がそろって居間にいた。
しかしおかしなことに、私以外の家族は皆慌てている。
私がどうかしたのかと聞くと母は、「すぐに隣の部屋に行って
窓が閉まっているか確認して来い」と私に言う。

私は何故こんなに家族が慌てているのだろうと不思議に思いながらも
隣の部屋に行き、窓が閉められ鍵も施錠されていることを確認した。

そしてふと窓から外を覗いてみると、隣の家の玄関前にふわふわと
真っ赤な火の玉がいくつも浮かんでいるのが見えた。
その瞬間、「ああ、皆これを怖がっていたんだな」と悟った。
それと同時に私もそれが危険なものであると認識した。

私は急いで居間に戻り、灯りを全て消して家族と共に息を潜めて
その「危険なもの」をやり過ごしたのだった。



という夢を何年も前に見たことがある。

835 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 18:13:54 ID:Js5Ywmoq0
>>833
128 :08/01/29 11:01:35.96 ID:R2m0hjGoO
「今、家の前にいるんだけど 私に刺されるのと、自分で死ぬのどっちがいい?w」電話で笑いながら言われたのは恐怖だった

129 :08/01/29 11:01:59.45 ID:PM6/B4GFO
自分の部屋に帰ったら、別れた彼女の靴がある。 部屋にいない。 風呂場の鍵がかかってる。
でも、水の音はしない。ふとみると、部屋に唯一の包丁がない。

151 :08/01/29 11:15:28.46 ID:ifnRB+FZO
今メンヘラと付き合っている男は、問答無用に別れろと言いたい。 自分もメンヘラになるか、もしくはまともな社会生活できなくなる。
両親が健在な奴はなおさら。親が悲しむぞ。 一番大切なのは自分自身だぞ。自分を大切にしろ。

159 :08/01/29 11:18:45.22 ID:bltiELK+0
>>151に同意かな 最後は軟禁されそうになったりいろいろあったけど普通の生活が1番だよ

160 :08/01/29 11:19:38.96 ID:2oUujxuh0
メンヘラって言っても色々だからなぁ…
常に情緒不安定な子だったり 現実と理想のギャップに苦しんで鬱ってたり、トラウマを抱えてたり
大抵は夢見るお姫様だと俺は思うけどな(゚д゚)アホ…スキ
「私は世界で一番不幸なの」的発送をかもし出したら 「俺が恋人って時点でそれはないな」って否定してやってる

164 :08/01/29 11:21:10.13 ID:obnSqDxU0
気が滅入りそうだな・・・ でも現状だと俺と会ってる時は普通の子なんだよね。 「死にたい」とかも
俺の前では言わず、言うのは電話とかだし。 だからひょっとしたら一緒に暮らしだしたら 普通の子になってくれるのかなぁ

182 :08/01/29 11:27:36.34 ID:KQ1PTUEh0
ぎゃああああああああ!! ネトゲだけと言っていたのに、住所とか電話番号教えてとか何度も言われてて・・・
ゲームもメッセもいきなり雲隠れすると、↑の例からいくとヤヴァイかな? 自分の写真送ってしまったけど、それから探すとかは流石にしないよね?


836 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 18:22:58 ID:Js5Ywmoq0
>>835
186 :08/01/29 11:29:10.37 ID:UoB7to0L0
>>182 北海道から三重まで来たぜ?あなたが住んでる町を知りたかった、とか言って

218 :08/01/29 11:46:24.81 ID:2oUujxuh0
かなりの男嫌いで、男というものに復讐する為に男と付き合ったり抱かれてたりしたw
気づくと、その女に惚れた男とか付き合った男、関わった男の殆どが 病院に通ったり、不登校、失踪、自殺してた\(^o^)/

284 :08/01/29 12:19:06.13 ID:1KHnei890
だいたい三年くらい?毎日セクロス要求してくるわ。 予備軍なんかね?
「○○のことずっと考えて勉強に身入らなかったな〜(ハート)」 とかノロケメール一時間置きに送ってくる。
いや最近「○○の所有物になりたいな〜」「捨てたら死ぬからね?」とか普通に言い出すからびっくりしたんだよ。まだ大丈夫か。

309 :08/01/29 12:27:58.75 ID:KtZqZKynO
彼女の実家に泊まった
離れで一緒に寝たら、いつの間にかガスの元栓全開にされてたけど
彼女の母親が見つけてくれて助かった
セクロスは生中出しじゃなきゃ、嫌だと それ以外だと自傷されて滅入ったわ
まぁ、そのおかげで俺は無精子だと発覚したわけだが

326 :08/01/29 12:33:34.31 ID:SiQNFpWh0
セクロスの最中に「あん・気持ちいい・・・あん・・・あん・・・お前は誰だぁあああ!!」 EDになりますた

340 :08/01/29 12:37:01.65 ID:UoB7to0L06
朝起きたら知らない女が横で寝てて 「あ、おはよう(にっこり)」
は?前日に酒は飲んでなかったし、学校から直帰 同じ学校の女でストーカーでした
あとは包丁で迫られたとか、複数人でカラオケ行ったときに、 その女にキス迫られて本気で走って逃げたくらい。

401 :08/01/29 12:56:36.58 ID:7+yVmOjPO
高校の時にもらったバレンタインチョコに髪の毛刻んだようなのが入ってたことはあったけど
直接的な実体験ないからまだ興味>恐怖だな

837 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 18:26:26 ID:Js5Ywmoq0
以上。長くなったけど、すぐそばに迫っている実害あるのは生きた人間だなぁと

838 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 21:27:45 ID:RNmcsJXxO
夢を見るのは悪いこと?
有象無象の中に一人佇む君が言った。
約束を守るのは悪いこと?
不思議そうな顔をして、首を少し傾げていた。
人を手伝うのは悪いこと?
一点の曇りもない瞳で尋ねられた全ての質問に私はそうだよと答えていく。
その答えに、変なの、と君は唇を尖らせて私をじっと見つめていた。
「じゃあ、最後の質問」
君は悪戯っ子のように子供じみた顔をしてそう言った。
人を殺すのは悪いこと?
私はそうだよ、と口の中で小さく答えた。
君の手には小さなナイフがきらきらと赤く光っていた。

839 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 21:37:10 ID:LYqP3BZ60
>>838
いいなそれ。使わせてもらうわ

840 :邪悪な男:2008/01/29(火) 22:39:10 ID:T31uUkMx0
会社にこんな男がいたんだ。
やたらと、文句ばかりを言って、揚げ足取りをする。
特に自分より立場の弱い人間に対して。
それに、自分の事を非難されるとヒステリックになって怒るから、
上の人間も腫れ物を扱うような感じで接していた。
能力はそこそこあったから、仕事は回していた感じなのだけれど、
そこそこの能力なのに自分は特別優れた人間だと思い込んでる。
周囲はその人がヒステリックになると面倒だからって
「出来る人だ」みたいに褒めてたんだ。その方が無難だから。
でも、事実を知ってる人達からは冷笑されてた。

841 :邪悪な男:2008/01/29(火) 22:40:07 ID:T31uUkMx0
で、その人の下に若者をつけると、やめてしまうはノイローゼっぽくなるはで
会社側としてもどうにもこうにも困ってしまってた。
ある程度の年齢になったら、後続を育てたり、組織の管理をしたりってことが
求められるし、そうしないと会社としても利益があがらないから困ってしまう。
でも、彼は自分は特別に能力がある優秀な人間だから
自分は、ずっと同じ仕事でやっていくと考えてる。
ポイントは
自分は特別な優れた人間だ。周囲に迎合する事はない。
世の中は敵で自分は孤独に世間と闘い続ける人間だ。
って考えてることなんだよね。
自分に欠点があったとしても、周囲が悪いって言う。
部下が潰れてしまっても、そんな出来ない部下を持った自分が不幸だ。
あんな出来ない奴が悪いって主張する。
自分の欠点を周囲に転嫁してるのさ。
その欠点が人間性の部分だからたちが悪い。

だから、彼のためを思って意見を言ったり、
欠点を直した方が良いよってこともいっさい聞かない。
彼は、周囲の親切も、実は裏があって、自分を潰そうとしてるって
思い込んでるらしい。

842 :832:2008/01/29(火) 22:40:59 ID:gcJULLAc0
Kとか自衛官はけっこうほんのりな体験が多いらしい。
とはいえこのご主人には聞きにくいなあと思ったら、奥さんは
「聞かない方がいいでー。めっちゃ怖いよ」とか。

もし退職した後にでもまだ2ちゃんでこのスレが生きてたら自分で書くそうだ。
でもあの無口なご主人が話すのか?と思ったら。
「喧嘩するとね・・・ぽつり、と話し始めるんだよ。・・・話し終わる頃には仲直りせざるを得ない」
「なんで?」
「だって一人で風呂入れないくらい怖い話とかあるんだよー!もう、寝るまで私がストーカー状態で
くっつきまわってないと一人だと怖いよー」だそうで。興味津々だが、やっぱり「出所がばれやすい
話だから、いずれね。」と今は教えてくれなかった。

でも、やっぱこのご主人の気質がちょっと怖いとほんのり。



843 :邪悪な男:2008/01/29(火) 22:41:12 ID:T31uUkMx0
で、そんな彼が結婚する事になった。
彼の本性を知ってる者達は驚いたのなんの。
よくあんな男を選ぶ女がいるな
ま、口がうまいから騙されたんだろ、と噂し合った。
結婚式に会社の連中何人かと一緒に参加したんだけど
変な結婚式だった。
親族はほとんど出席しておらず、
参加者は結構いたのだが、新郎新婦の周囲は人がまばら
新婦の知り合いは2〜3人で、皆、無口。
後は、それぞれ仲の良いグループに分かれて談笑し合っている。
普通結婚式って言ったら幸せムードが溢れてるだろ。
昔からの知り合いとかもやってきてさ。
それが、どうにもこうにもよそよそしい雰囲気が漂っていた。
居心地が悪い。

あと、新婦はお人形さんのようで、
表情が良く掴めない。ニコニコしているようだが、
感情が動かないと言うか、ニコニコしながらにして無表情。
時々首を傾げるぐらいで、ほぼ無口。
可愛い顔立ちだが、ちょっと一緒にいると間が持たないって感じだった。
ブーケもやったんだが全然盛り上がらずに
わーパチパチパチって形式的な拍手と歓声で終ってしまった。
会社の奴と一緒に帰る時
今日の結婚式は一体なんだったんだろう?
ってみんなで話し合った。

844 :邪悪な男:2008/01/29(火) 22:42:00 ID:T31uUkMx0
それからしばらくして、彼が仕事を休んだ。
どうやら妻の家で不幸があったらしいって話だった。
周囲は大変だったね、お気の毒に、ま、気を落とさずに
みたいにねぎらいの言葉をかけた。
しかし、それから半年程して、また、会社を休んだ。
理由は同じだった。
その時も、ホント大変だね。辛い事が重なるけど気を落とさずに
奥さんに優しくしてあげなよ。
と同じくねぎらいの言葉をかけた
しかし、一年も過ぎないうちに、また、同じような理由で会社を休んだ。
でさ、そん時はさすがに何人かは変だなって思い出したんだ。
まさか休むために嘘ついてんじゃないのかって感じで。
しかし、いくら何でも良い大人が、そんな見え透いた嘘をつくか?

しばらくして、彼に子供が生まれたと話題になった、
で、おめでとう、良かったじゃないか。子供は可愛いだろ、
これでついに父親だな。とわいわいと盛り上がった。

845 :832:2008/01/29(火) 22:42:07 ID:gcJULLAc0
もしかして割り込んだ?
ゴメン・・・

846 :邪悪な男:2008/01/29(火) 22:42:59 ID:T31uUkMx0
しかし、それから半年程して、
彼は会社を休んだ。
理由は子供が亡くなったからだそうだ。
皆は言ったさ、気を落とすなよ。辛かったら無理するなよ。
大丈夫か。一緒に酒でも飲みに行くか。

それでさ、気がついたんだけど、
その時の彼は落ち込んでいるように見えるけど
なんて言うか、ケロっとしているようにも見えたんだ。
良く分からないけど、この不幸は他人事みたいな。
う〜ん、とは言っても思い込みかもしれんから断言できんのだけど。

それからしばらくして、彼は退職する事になった。
理由は、どうも自分の処遇に不満があるとかなんとか
そう言う感じだったと思う。

847 :邪悪な男:2008/01/29(火) 22:43:54 ID:T31uUkMx0
その後、彼の荷物を総務の人間が届けに行ったそうだ。
その人から聞いたんだが
彼は夫婦でマンションに住んでるんだけど、
そこは、ほとんどゴミ屋敷だったって話なんだ。
玄関から見ただけだそうだが、とにかくゴミで一杯、
TVで見るゴミ屋敷そのものだったそうだ。
で、変な匂いがして、部屋に上がるのは遠慮したとのこと。
その時、応対に出たのは妻の方で、妻は白いレースの服を着ていたそうだ。
その服には引っ掻いたような穴があいていたらしい。

ものすごく意外だった。
なんでかっていうと彼はいつも綺麗な服を着てたし、
仕事机も清潔でゴミ一つなかった。
靴もオシャレだったし、ゴミ屋敷は彼からは想像もできなかったのさ。

これでおしまい。
スマン落ちらしい落ちがなくて。

848 :邪悪な男をかいた男:2008/01/29(火) 22:45:36 ID:T31uUkMx0
>>845
良いって。気にすんな。どんまい。

849 :832:2008/01/29(火) 22:48:44 ID:gcJULLAc0
>>840>>847
ありがと。

なんか邪悪というよりおかしい男?
まさにほんのりだね。

850 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 22:54:04 ID:W3P2bZTY0
>>832
>「・・・骸骨を乗せる趣味は無い・・・止まるな・・・」
こんなこと言われたら怖いんだろうけど
なんか笑った

851 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 23:28:24 ID:gcJULLAc0
>>850
聞くだけなら私も実は笑った。腹抱えて笑った。
でも、彼女はガクガクブルブルで、バックミラーも見ることが出来なかったそう。



852 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 06:31:59 ID:mCHqIEgTO
女は居座る傾向にある

853 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 07:29:29 ID:Nsh5LFe5O
>>839
いつも思うけど、こう書く人って何処で使うつもりなんだろう。

854 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 10:30:02 ID:wV7lPtND0
>>853 そういえば、友人がバッグとか作ってて、以前、個展をやったときのこと。
見に来た人の中に、すっごいしげしげ見てて作品の写真ケータイでとってて、
製作のこととか突っ込んで聞いてくる人がいたんだって。最初は懇切丁寧に答えていた友人ですが、
いったい聞いてどうするんだろうと思い始めた。すると帰り際に客はこう言ったの。
「見てよかった。こんど使わせてもらっちゃいますねー」
アイディアをか? デザインをか? 友人は驚きのあまりフリーズしてしまったそうです。

855 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 11:18:03 ID:I7gfPjO4O
知り合いの趣味の宝飾するひとも、ブルガリとかのお店行ってデザインのインスパイアされるらしいし、
その手の業界ではアイデアいただきなんて珍しいことじゃないと思うが。なんかナイーヴな人だね。

856 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 11:26:06 ID:tHT4uHs+0
いやその理屈はおかしい

857 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 11:46:38 ID:v5HN5K63O
韓国人か中国人なんだろ

858 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 11:53:19 ID:yow+8Amg0
同じように趣味程度で鞄作ってる人かもしれないし、
漫画やイラスト…といっても同人誌程度からピンキリだろうけど、そうした小物デザインとか…

>>838のなんかなら、個人的には昔TRPGやってたせいもあって、
あ〜1行ずつ展開として分解すればいいシナリオ1本できるなぁと思ったけどね
まんまパクらずに構成要素としてだけ拝借すれば、ゲームなりなんなりシナリオネタとしては使えるかと

まぁ、コレダ!と思っても2chでなら「パクらせてもらうぜぐへへ」とか言うものの、
流石に本人に面と向かって「パクっちゃいますねー」とはいえんなぁw

859 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 12:18:36 ID:I7gfPjO4O
最初に「私も趣味で鞄作ってるんですけど〜スゴくステキ〜」
とか前振りがあれば印象違ったかもね。

860 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 12:30:38 ID:M+pawU220
ドライブ中
霊感がある友人と一緒
見るな、止まるな、振り向くな等
コンビニでネタばらし ← 今回これは無し?

そろそろジャンル名決めませんかw

861 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 12:56:37 ID:EJzY80xz0
そりゃいいかも。

と、昨日その手を書いた者だ。(無口ダンナと怖がり奥)
この夫婦の場合、その場でネタ晴らしするのでそれに入るのかなw
あと、こんな事は一度だけだったそう。

後日談おいていく。
その時に乗っていた車、廃車にしたって。それが原因かは不明。
まだ買って4年、充分下取りもできるのに(まあ安いだろうけど)
「・・・出て行く気が無いらしい・・・車ごと潰す・・・」だそうです。
何が車に乗ってたのか、詳細不明。

以上です。

862 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 13:38:44 ID:+g/Sf4rL0
あんまり話伸ばさんほうがいいぜ

863 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 13:56:14 ID:CsJDkssK0
旦那メンヘラなんじゃねーの

864 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 14:18:13 ID:v7ZSZYYz0
この間小学校の頃からの友達に会って来ました。
その子は今看護士をしているのですが、昔から”見た!”って話を聞いていたので
「よく病院みたいな出そうな所に就職したね、」
って話から始まって本当に病院は出るのかという話を聞きました。
「前の所(東京の方?)は結構すごいの出たけど今の所(地元)はないねー。」
と教えてくれました。
「あ、でも誰もいない部屋から呼び出しボタンとか、その部屋の患者は誰もいない場所を指して子供が居て寝れないから連れてってやってとか言うねぇ。」
とか、出るんじゃんって話をしてくれました。
一番最近怖かったことが、サイレンって映画を見たらしいんですが、
次の日呼び出しボタンで呼ばれて見に行ったら患者に
「サイレンが三回鳴らないんだよ。」
と、必死に言われて怖かったそうです。

865 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 14:46:28 ID:fCPuarnUO
オカルトじゃないけど友達の運転で深夜3時位に100キロ超で飛ばしてた
直線でまったく車が無い状態だった
友達がふいに路肩に車寄せて停車した
「どしたん?」と聞くと、友達はしばらく黙ってた後
「寝てしまってた」
「・・・」
よくある話しだけど本当に怖かった

866 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 16:52:31 ID:d2BS1o5y0
自分もオカルトじゃないけど・・・

よく家にあそびにくる近所のおじいちゃんがいた。
いつもうちのじいちゃんばあちゃんと何時間か話して帰ってたんだけど、
ある日、朝の4時ぐらいにいきなりやってきて
家の勝手口の戸をドンドン叩きながら
「すいませーん!!すいませんーん!!」って大声で呼ぶらしい。
母が驚いて起きてって「どうしたのおじいちゃん!?」って理由を聞いたら
「大変じゃ・・・大変じゃ・・・」とすごく慌てふためいた様子でひどく取り乱している。
「何が大変なの?どうしたの?」と聞くと
「大変じゃ・・・わしが死んだ!!!」
と言ったらしい。
そのあと、じいちゃんばあちゃんも起き出して来て
なんとかなだめておじいちゃんの家に送り返したらしいんだけど
その何ヶ月か後にそのおじいちゃんは亡くなってしまった。


867 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 17:38:26 ID:fIEYwVGL0
>865
それほんのりじゃないから((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

>866
それ認知sy(ry

868 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 17:42:53 ID:d2BS1o5y0
>>867
そうなんですよ、そのあとみるみるボケちゃって・・・
なんか今でも死んじゃったのが信じられない
「こんばんわー」って来そうなかんじ。

869 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 18:08:45 ID:TRl4s9sq0
随分昔に弟が生霊飛ばしてるwってネタを投下した者です。
また弟がほんのりやらかしたので投下します。

遠方に就職決まった弟が家を出て、無人の筈の弟の部屋でなぜか毎晩窓を開け
る音がする(ちなみにこの間、弟はいつもの習慣で自分の部屋で煙草を吸う
(そのために窓を開ける)夢を見ていたらしい)と言う奇怪な出来事は、
暫くなりを潜めてたんだが。

先日、親戚から超高い肉を貰ったので一家(除く弟)ですき焼きを楽しんだ
わけだが、後日弟から「この間ウチすき焼きじゃなかった?」とウチに電話が
あったそうだ。
肉の量確保のため、あえて弟抜きで肉を楽しんだので、家族は誰も弟に
すき焼きの事実を知らせていない。ましてや普段そんなに親交のない親戚と
弟が単独で話をするわけもなく、びびったオカンがすき焼きの事実を
隠しながらさりげなく弟に聞いてみると、なにやらにおいがしたのだと言う。
弟曰く

「風呂入ってたらなんかすき焼きのにおいが台所からぷ〜んとしてきて、
ああ、今日ウチすき焼きなんだなー、俺が居ないのに、と思った」

らしい。
ちなみにその匂いをかいだ日は、うちがすき焼きをやった日とドンピシャだった。

「次に帰るときはすき焼きしてくれよ」でその場は済んだのだが。
どうやら仕事もうまくいってないようだし、とりあえず兄らしく
「生霊飛ばすくらいならウチに帰って来いよw」
とでも言ってみるべきですかw

870 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 19:00:38 ID:8Z4VW7Gm0
ほんのりいい話だw

871 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 20:31:27 ID:/f5Oic/Q0
子供の頃、ばあちゃん家に行った時の体験談。
自分的に怖かったので書く。

俺のばあちゃん家の隣には神社があって、いつもそこで近所の子供たちと遊ぶんだけど、
その日は誰もいなくて、1人で境内で遊んでた。
その時、ふと何かの視線を感じて上を向いたら、電線の上に一羽のカラスがいたのよ。

そのカラスが俺の方をじっと見てカァーって鳴くからさ、
話しかけられたような気分になって、カァーって鳴き真似したのよ。
そしたらカラスは、またカァーと。
返事をするかのような感じで、こっちを見て鳴くわけ。

おもしれーって思って、俺とカラス、互いにカアカア言い続けてたの。
今から考えると本当にアホの子なんだけど、
「俺、今、カラス語しゃべれてるかも」なんて有頂天な気分だった。

872 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 20:31:47 ID:/f5Oic/Q0
しばらくやってたら、ずっと俺を見てたカラスが、
突然上を向いて、カァーーーって強く鳴いたんだ。
そしたら、すぐに遠くから別のカラスが一羽、飛んできたのね。
「お、仲間を呼びやがったな」って思って、
ますますカラスに向かってカァカァ言い続けた。

そしたらさ・・・また一羽、また一羽・・・どんどんやって来るんだよ、カラス。
5羽になり・・・8羽になり・・・10羽を超えた位で、
鳴き声がカァーカァーじゃなくて、ギャァーギャァーって音に聞こえた。
なんか怖くなって周りを見渡すと、
神社の屋根の上とか後ろの電線の上とか、うじゃうじゃ。
俺、カラスに囲まれ状態。
みんなコッチ見て、ギャァギャァ言ってるの。スゲー怖かった。

その後、全速力でばあちゃん家まで走って逃げた。
別に逃げてる最中、襲ってこられたりはしなかったんだけど、
それ以降、カラスに向かってカァーっていうのはやめた。

厨房くらいになって、ヒッチコックの鳥っていう映画のことを知ったんだけど、
もちろん怖くて見れない小心者の俺・・・wwwww

カラス、マジこえーよ

873 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 20:55:45 ID:+opE+VtF0
鳥ってこわいよね
自分も海でカモメに追いかけられて
糞を落とされた事がある

さいしょはたまたまなのか?と思ったけど
そのときいた友達全員追っかけられて糞おとされた

鳥は近くで見るとでかいし顔が凶暴

874 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 21:28:35 ID:dPS1CciF0
      カラス           カモメ
       __
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ         / ̄ ̄ ヽ,
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',        /        ',
    .l;;;;;{0};;;;/¨`ヽ}0},       {0}/¨`ヽ {0} ',
    l;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ._.ノ;;;;;',      l ヽ._.ノ     ',
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;`ー'′;;;',      ノ  `ー'′     ',
   /:::::::::::ヽ;;;ヽノ/:::::`l     r〈 ヽ__ヽノ∠ ̄ ̄\
  /::::::::く ̄二Y^~f ̄^〉ヽ   人l 〜| /〜 /    |
 /::::::::::::l__ノーくヽ_ノrク、 / L/|Tヽ_|    ノぅ
(にュ=ノ、::/ //::::| l:l、;;;;;;;;;V   く__/ |_\ トェェェェイ
  l;;`~;/人'ー-''=Lヘl \;;;;; )_/ |_ll  ̄ |   /


      ., -ー-, _i ̄Z,
    ._, 、し,ニ>ノ_!-, ,='=, .,-、 _
    / i',,,ノ .) l/ .l=ニニ,./ _/_/ /-、__
  /  / _, -'--'--'' ''''ー''Z,__ノ  /=`'V> (⌒⌒)
  `'ー''~ ̄     ,--、,--、   '`~`''~'-ニ、,<./)/
 ./~ ̄ ̄\    ,_l  |  l          \)
 l        \  / l  ll  l    / ̄`>               _, --、
 .\      l / ~ ̄/ ̄~/~ ̄    ̄~7 /~\  / ̄7    /    ̄ ̄ ̄~"7
./~ ̄ ̄\._/ /     /   /  r--、  / /~\,/ ./  / __/   ,---、     /
l        \ /     /   ~ ̄~  /  ./ \,/  /  //~  /   /   /    /
.\      l /  /~ ̄ ̄`ヽ_,,-'"  ./.,,,-----'"  //~ ̄ `--'"   /    /
 , -ー-、__レ  ヽ-、   ./     ,/,/____,,,-''/~ ̄ ̄  ,,/   /    /
./   (__/ /~ ̄ ̄  ,,,~`>-ー'~''''~~~~~~~~~`''''ーニニニニニニ---'''''~   /
.l        '',,ニ'''/"" * J U S H I M A T S U J U S H O K U +_,,,/
..ヽ、_   __,-''~ /    _,,,,、 -一一'''''''''''''''''''''''''''ー----------一'''~
   ~ ̄   ./_,, -ー''''~
      ./-~


875 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 21:32:42 ID:/f5Oic/Q0
>>873
オカルト話じゃないのにレスd。
さらに申し訳ないが、カラスつながりでもう1つ。

最近の話なんだけど、俺、車に乗って信号待ちしてたんだ。
右を見るとカラスがゴミを漁ってた。

で・・・目が合ったんだよ、カラスと。

俺、やべぇって思ってすぐに目を逸らしたんだ。
でも怖くてさ、信号待ちしている間中、カラスが目の端に入るようにしてたのね。
そのうち、カラスが飛んでいくのがわかってホッとしたんだ。

しばらくして信号が青に変わって前の車が動き出してたんで、
アクセルを踏んだんだよ。
そしたら、フロントガラスの上(俺の目の前)に白っぽい物体が
ドン! って落ちてきたんだ。

もちろん急ブレーキかけたよ。
信号変わったばかりでそんなにスピード出てなかったし、
後ろの車も止まってくれたから良かったんだけど、
ヘタすりゃ事故になってたかもって思った。

落ちてきた物体は直径15cmくらいの大きさの塊でさ、
フロントガラスを滑ってワイパーのところに引っかかってた。
車を降りて見てみたら、腐った鳥の生肉だった・・・orz。

鳥って怖いよな。。。

876 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 21:38:16 ID:+opE+VtF0
>>871
それはこわいね

自分もまたまた似た経験が・・・
道を歩いてたらカラスが生ごみを漁ってたんだけど
なんかごみがでかい
しかも目の錯覚か、ごみが動いてるんだ。
近づいていくにつれ、わかった。
ゴミだと思ってたのは瀕死のハトだった。

カラス怖すぎ

877 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 22:39:09 ID:gXhwHKGe0
>>875
お前が腹減ってそうな目してたから
おすそ分けしてくれたんだよ
カラス的に

878 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 00:21:41 ID:4tNvYEEqO
洒落怖が何故ああなったのかを考えてみて欲しい。

879 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 00:59:40 ID:wS9xJdl10
俺ギコナビを使ってるんだけど、ギコナビの機能にポップアップ表示機能ってのがあるのよ
知ってる奴は知ってるだろうけど、これがどういうものかと言うと
たとえば「>>1乙」みたいにアンカーがあるレスがあるよな
このレスのアンカーにマウスを持っていくと、該当するレス、この場合は>>1のレスがポップアップ表示されるのね
更に凄い事に、このポップアップの中のアンカーにも同じことが可能なんだよ、ギコナビの機能は。いや凄い

まあ予備知識はここら辺までにして、これからが俺が体験したほんのり怖い話になるんだけど

よく「>>100は童貞」とか書き込んでいるくせに、そう書き込んだ奴が>>100取って自爆してるレスってあるよね
このスレの>>191のレスなんかがちょうどいい例だな
そんなレスをポップアップ表示すると当然そのレスが表示される
そしてそのポップアップの中のアンカーをポップアップ表示するとまた同じポップアップが出てくる
これを繰り返すと見た目がブラクラを踏んだ時みたいになって面白いのよ
そんなわけで暇だった俺はどこまでポップアップ表示されるかを遊んでいたのよ
多分20個ぐらい出した頃か、よく見るとポップアップに表示されているレスの内容が違っていた
それまでは「>>528 一生童貞でいろカス」っていう内容だったんだけど、それが「>>528 いいかげんにしろ」という内容に変わっていた
最初は見間違いかと思い見直してみたんだが、やっぱり「いいかげんにしろ」と書かれている
まるで俺の行動を非難しているようなその表示に薄ら寒いものを覚えた俺はそのままPCの電源を落として寝た
あの後、同じことを何度かやってみたが、件の現象は起きず今でもあれは何だったのか謎だ

880 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 01:17:38 ID:RwMYEw2w0
見てないから考えても判らん
なにがあったんだ?

881 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 01:18:54 ID:QuNyaB5fO
>>878
スレタイのハードルが高すぎたから

882 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 06:42:03 ID:/x638b6E0
中国産の食品は買わないようにしてたんだけど、
この間、生協で買った冷凍食品が中国産だった。
「しまった!うっかり間違えて買っちゃったよ。どうする?これ食べて病気になっちゃったら。アハハ」
なんて笑いながら兄ちゃんに食わせた。兄ちゃんも笑いながら食った。
私は胃の調子が悪かったので食べなかった。
お母さんも食べなかったと思う。

昨日、生協から電話があった。
ギョーザから毒物が検出されましただって。
私が買った冷凍食品も同じメーカーだからこれから検査しますって。

食べた翌日兄ちゃんが嘔吐を繰り返してたのは風邪のせいですよね?!
下痢をしてたのも風邪のせいですよね?!
熱もあったし、絶対風邪ですよね?!
…翌日だから違うよね…?


883 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 07:30:08 ID:u8zWvfCz0
不謹慎

884 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 07:53:55 ID:nbbTZagPO
まぁハッキリ言うとちょこちょこ小出しに出て来られてもウザイだけだから

885 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 07:54:51 ID:nbbTZagPO
ごばーく

886 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 07:55:48 ID:nbbTZagPO
誤爆しますた

887 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 09:58:45 ID:mXNuE7oG0
>>882
大丈夫。
うちの会社の人も同じ物食べたけど何ともなかったよ。
気にし過ぎると、何でもない事でも体調悪くなるよ。

888 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 10:08:50 ID:AV57sU7c0
>>882
おま、やばいぞ?今すぐ病院行って見てもらったほうがいい!急げ!!ヤバイ!!

889 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 11:40:59 ID:rkTAxfVb0
今も続いている話。
私、産まれた時かなりの難産だったらしく母子共に危険な状態だったけど
何とか無事に生まれてきたって母に昔から聞かされてた。
それで、母と物凄い喧嘩すると大体最後に私が「だったら生まなきゃ良かったじゃん!」
なんて思春期丸出しーな事を言って布団にINする。
んでぐちゃぐちゃーに泣いて泣いて泣きまくって、泣きつかれて眠るんだ。
場所は布団以外に畳んだ毛布の上とか炬燵の中だとか。

そしてありがちだけどいつも金縛りに合う。
初めて金縛りにあったとき、わたしは夢の中で近所の小道をコンビニに
行く為に走っているんだ。ふと、向こう側から小学生くらいの女の子が
こちら側にトコトコ歩いて来るんだ。わたしはそれを何となく見ながら
走り去るんだけど、すれ違ってからある事に気付く。

「…こんな田舎で、普通小学生が夜中に一人で歩く?」

もう一度確認しようと後ろを振り返るとさっきすれ違った女の子がすぐ
真後ろにいた。物凄い形相で。驚いて少し逃げたくらいで目が覚めて
ほっとしたのも束の間、耳元で

「 ま ぁ だ だ よ 。 」

 そして金縛り。目だけは動くので窓際を見たら何故か貞子w
どうやら母に「生まなきゃ良かった」的な事を言うと金縛りにあうみたいです。
ちょうど私と入れ違いに死んでいった祖父が怒っているのかな?とも思ったけれど
金縛りに合う時、いつも女性が出てくるので違うのかも。
何にしろ、禁止ワードに気付いてからは母を大切にし始めましたww

支離滅裂でごめ(・∀・)

890 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 19:09:10 ID:dccROlLY0
>>878
俺オカルト板に来たの、昨日が初めてなんだよね。
まだ過去スレも読んでない俺の言うことなんで流し読みして欲しいんだけど、
俺さ、オカルト板の人って不思議な現象をオカルトに結び付けて考える、
そういう心の余裕みたいなのをもってる人が多いんじゃないかって
勝手に思ってたんだ。

でも洒落怖スレってどうも現実に引き戻される感じなんだよな。
レスも妙に批評的だったりするし
創作だと初めからバロしてる椰子もいたし。
怖い話ってのは創作であろうがなんだろうが、
現実に起こった現象だと想像するから怖いんじゃないのか・・・

話はどちらも面白いし怖いんだけど、暗黙の了解が洒落怖で消えかかってるって感じ。
俺的には、ほん怖の方が安心して怖がることができますww

新参がだらだら長文スマソでした

891 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 19:21:23 ID:Jt0qSMo9O
半年ROMってろ

892 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 19:52:15 ID:MC0Xdkzy0
なぜ執着から粘着に変わったのかわからない俺の頭のほんのりさ

893 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 20:16:05 ID:Y8tfRMaKO

空気読まずに投下。
自分が消防の頃の、家庭科の時間の話。
その日はみんなでミシン使ってエプロンを作ってて、自分も不器用ながら一生懸命やってたんだ。
でも相当不器用でなかなかうまくいかなくてね。しょっちゅう訳わかんなくなって癇癪起こしたけど、担任の先生は一人一人見回るのに忙しそうでなかなか話しかけられなくて。
仕方ないからクラスの中でもかなり器用な友人に手伝ってもらうことにして、自分のミシンの隣に呼んだんだ。
で、ミシンの前に二人並んで座って、その子に「ここからどうやって縫えばいいか」を聞くためにエプロンの布を指先で支えた途端。
ズガガガガガガガガって物凄いミシンの音。
お分かりの通り、その子がミシンのペダルを思い切り踏んでいきなりミシンを動かしてしまったんです。


894 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 20:22:47 ID:Y8tfRMaKO

勿論指はしっかり縫われていて、刺繍糸貫通。爪まで縫われていて血みどろ。
予想もしなかったので数秒間唖然。私の悲鳴で漸くその子は気が付いたらしく、慌ててペダルを踏むのをやめたんだけど、既に指は5センチくらい縫合されてますた…orz

その後は指縫った当人が泣きじゃくってなぜか自分が宥める羽目になるし、怖いもの見たさで血みどろの指を見に来るクラスメートがくその子は気が付いたらしく、慌ててペダルを踏むのをやめたんだけど、既に指は5センチくらい縫合されてますた…orz

その後は指縫った当人が泣きじゃくってなぜか自分が宥めなきゃならん空気になるし、怖いもの見たさで血みどろの指を見に来るクラスメートがわらわら寄ってくるしでてんやわんやでした。
後日、代理で完成させてもらったエプロンを担任の先生が見せてくれたんですが、どす黒い血痕が広範囲に…
いくら洗っても落ちないらしく、結局完成したエプロンは血みどろのまま学校に展示されました(((゜д゜;)))

皆さんも予期せぬ事態にはお気をつけて。
怖くない上に長文スマソ。


895 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 20:36:17 ID:XbLctX5l0
同じ文字列を繰り返す>>893に狂気を感じた

896 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 23:19:42 ID:PUiKfCJaO
→在日荒らしに注意!→【ID: Ui/WSlOe0】
(PCと携帯、両方で気に入らない相手に纏わり付くストーカー、さらに串を外してまで荒らし行為に粘着する最低最悪の荒らし人物)
さらに荒らしのくせに、人を荒らし扱いする始末。人道を踏み外した可哀相な能無しニートの荒らしがこれ
↓↓↓↓
必死チェッカーもどき オカルト > 2008年01月31日 > Ui/WSlOe0
http://hissi.dyndns.ws/read.php/occult/20080131/VWkvV1NsT2Uw.html
この荒らしの能無し在日ニート厨は各スレで哀れな荒らし行為を行っているので最悪な波動と菌が移らない様、気をつけましょう。
さらに掲示板しかやる事がない超暇人みたいなので、ちょっとした事でも気になってイライラし、哀れな荒らし行為を繰り返す。
http://hissi.dyndns.ws/read.php/occult/20080131/VWkvV1NsT2Uw.html
直ぐに「ゆとり」という言葉を誰かに発する人間は自分の知能に全く自信が持てない可哀相な人。
ワンパターンな荒らししかできない能無し在日ニート厨の ID: Ui/WSlOe0 がまさにそう!
園児並の知能指数。(笑笑
http://hissi.dyndns.ws/read.php/occult/20080131/VWkvV1NsT2Uw.html

ま、【ID: Ui/WSlOe0】は ニートで毎日が休日だから、死ぬまで荒らし行為に勤むみたいなので気を付けた方がいいよ。


897 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 01:20:46 ID:AXQNVCS5O
寝れないから空気読まずにカキコ

高校1年の時の夏にあった話です。
その日はテスト期間中だったので、お昼に家に帰ってご飯食べてすぐ寝たんだけど、すごい怖い夢を見た。
小学生の自分が友達と一緒に校庭で遊んでたんだけど、見たことない滑り台があったから大喜びで滑ったらなぜか近所のジャ●コの屋上にワープ。
びっくりしつつもふと後ろを見ると、滑り台の前で友達が「なっちゃん、なっちゃん(ちなみに私の名前はなつみ)」って私を呼んでこっちを見てた。
私は自分が友達と一緒に滑ってると思っていたので、驚いてブレーキをかけようとした瞬間、ジャ●コの壁に穴が空いてその穴に落ちた。
穴の中は薄暗かったけど、かろうじて等間隔にドアが付いている事と、地面が赤いフカフカのカーペットになってるのがわかる。
上から友達の「なっちゃん」って叫び声がずっと聞こえて、ヤバいここから出なきゃって思ったんだけどどのドアも開かないし、どんだけ探しても出口がなかった。
だんだん「なっちゃん」の叫び声が知らない男の声に変わってきて、床から液体が染み出てきた。
液体が腰ぐらいまで溢れてきた時、誰かが後ろから「なっちゃーん!!なっちゃーん!!」て叫びながら追いかけて来て、もうやだ窒息して死のうと思って液体に潜った瞬間に目が覚めた。

898 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 02:16:25 ID:AXQNVCS5O
続き
ベッドから飛び起きたら、外から「なっちゃーん、なつみちゃーん!!」と老人が叫ぶ声がした。
慌ててリビングに行って家族に何事か聞きに行ったけど、叫び声の正体はわからず、結局痴呆老人じゃね?ということにしておいた。
その日は暗くなるまでずっと「なっちゃん」の叫び声が聞こえてテスト勉強どころじゃなかった。

次の日も同じく学校でテストを受けたんだけど、うちの高校の周りをヘリコプターが何台も飛んでてうるさくてしょうがなかった。
テスト終了後、みんなでヘリがうるさいだの集中できんだのとみんなと騒いでたら、
「さっき近くの●●川で昨日から行方不明だった女の子の死体が見つかった。事件の可能性もあるから下校中は気をつけなさい。」って放送があった。
それでまさかとは思ったけど、その日の夜、●●川でなつみちゃんって女の子が死亡してたってニュースが流れててびっくりした。

なつみちゃんは自分の住むマンションから道路1本挟んだ隣の家の子だった。
で、死体が見つかるまでの間ずっとおじいちゃんが名前を呼んで探し続けてたらしい。
警察も当初は、女の子がうちのマンション近く(女の子の家の横)の▲▲川に流されたんじゃないかと見てたんだけど、自転車で1時間も離れたうちの高校の近くの●●川で死体が上がって、これは事件だ!って騒ぎになってマスコミのヘリが殺到したらしい。
要は亡くなった女の子と自分の名前が同じだったってだけなんだけど、知らない人に名前を呼ばれ続けるのは悪夢だったです。

携帯からわかり辛い文章を長々失礼しました。
指疲れたんでそろそろROMに戻りますノシ

899 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 02:53:49 ID:UFYW1yW80

うううわっ!!おーマジビビッた!クソ漏らすとこだった・・あぶねーよヤフーメッセンジャー

       

900 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 06:44:44 ID:XhRnyVQtO


901 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 14:34:35 ID:m8Nu/VbU0
>>897
目は閉じられるけど耳は閉じられないから、眠っている間でも音は聞こえてるのよ。
外で呼ばれている名前が自分のと同じだったから、眠ってても脳が反応してたんだね。
実際の音が夢に反映されるのはよくあることだから、あまり気味悪がらなくても大丈夫。

ところで、結局その女の子のことは事故だったの?それとも事件?
事件だったとしたら近所なのだから、ちょっと戸締まりとか気を付けた方がいいかもね。

902 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 16:11:00 ID:XNCYDeXcO
実際によばれていたのでしょう。

903 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 16:20:08 ID:fPGisnS10
>>898
じいちゃんの気持ちを思うとやりきれねえな・・・

904 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 16:26:25 ID:6f5B3jGOO
夢の中でも足元が液体になってって、何かリンクしちゃったのかな?

905 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 17:07:49 ID:IDZkWWyAO
夕方、車のラジオをつけながら、田舎の道をゆったり走っていたとき、別の局の放送を聞こうとサーチしたら、
静かなピアノ曲にあわせて、幼稚園児くらいの女の子が遊園地に行った時の感想文らしきものを読んでいる、という内容だった。
「メリーゴーランド、とコーヒーカップに乗りました、○○ちゃんは××に…」
と舌足らずな感じで読んでいる。
と助手席に乗ってた友人が「ん?」と声を出した。
「…歳とってね?」
気持ち半分で聞いていたラジオにちゃん耳を傾けてみる。
さっきまで幼稚園児?と思っていたのが中学、高校くらいの声になっている。
「?…子供っぽい学生だったんじゃね」
と言った直後、その声がガラガラと枯れ始めた。
そしてどんどん喋り辛そうになっていき半泣きのような必死の喋りになり
「も゛う゛ゆ゛る゛してぐだざあ、あ、あ、あ、あゲーーーー!!」
最後は怪鳥音と言うかなんというか凄く不快な叫び声になりプツリとラジオは止まった。
サーチしても他の番組しかかからない。
恐くなり二人半泣きで帰ってきた。

906 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 17:15:17 ID:5TgVWzr7O
75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。あと825,860秒 02/01(金) 16:41 jZcLZV790
キャストさんに親切にしてもらって嬉しかったから
お礼の手紙とプレゼント(生もの、食べ物)を送りたいのですが
ちゃんと渡してくれますか?
日通以外は使っちゃダメですか?
76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。あと825,664秒 02/01(金) 16:42 Fkdwx8Mn0
>>75
手紙は受け取ってくれるがプレゼント、特に生物はアウトかと。
別に日通に限らずアウトかと
78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。あと825,366秒 02/01(金) 16:43 jZcLZV790 [sage]
食べ物がダメなら
精魂込めて彫った 木彫りの観音様とか
心のこもったものを渡したいんです

多分冗談だけどちょっと怖かった

907 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 17:17:26 ID:aiLCI7DB0
確かに怖いけど…

食べ物→木彫り観音
こんなシフトする脳味噌に噴出したw

908 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 17:20:25 ID:OsWF1TLD0
まあVIPPERだしな

909 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 17:46:40 ID:KX2bhMjh0
犯罪者と話せるらしい電話番号を先輩から教えてもらったが、電話できない

910 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 17:53:19 ID:A/VZf3GO0
>>909
中学生の時にそういうのあったな
中学生の時に・・・
先輩ってお前・・・

911 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:06:14 ID:om2Y5eNYO
小学校の時の担任から聞いた話。
その日は残業して帰りが遅くなってしまい、結局先生が最後に学校を出ることになった。

最後に帰る人は、戸締まりの点検をする事になっているので、自分のクラスの戸締まりをチェックしてから下の職員室へ荷物を取りに行ったそうだ。
仕事を全部終えて「さあ帰ろう!」って思ったら、学校の防犯なんだか防災なんだか知らないが、窓とか鍵の閉め忘れのチェックの機械みたいなやつが光っている。(異常があると赤いランプが点くみたい)

そしたらさっき見たはずの自分のクラスの窓が開いてることになっている。
あれ?って思ったけど、点検漏れか〜…って思ってまた教室に行って見に行ったんだ。
見てみるとやっぱり開いてて「危ない危ない」って感じでまた閉めた。

「さぁ今度こそ帰れるぞ!」って思って帰ろうとしたら…また同じ所のランプが光ってる。
…今さっき行って戸締まりしたはずなのにと不審に思い、ちょっと怖くなって来た頃にナイスなタイミングで警備員さんが現れた。
事情を説明して「おかしいですねー」と言い、世間話とかしながらながら今度は二人で教室へ行った。

912 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:10:38 ID:om2Y5eNYO
すると教室に近づくに連れて何か音が聞こえてくる……えっ?てなって二人で緊迫しながら教室の戸を開けると、なぜだかラジカセから音楽のCDが流れていた。

窓はきちんと閉められていたそうで警備員さんと「ちゃんと閉まってましたね、おかしいなー」と話しながらラジカセだけ消して学校を後にしたそうだ。

まぁ結果無事だったわけだが、問題はその時流れてた歌。
『青空へのぼろう』って歌なんだけど歌詞が
♪みーんなで行こう〜
どこまでも行こう〜
青空へ上ろうよ〜
って歌詞(サビ)なんだ。


窓も開いてたし、天国にでも連れていきたかったのかな?と先生が言ってて小学生の俺はゾワゾワした。
以上。

携帯からの長文ごめん

913 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:35:56 ID:6ZG06+2AO
90年代に、ある教団を取材中、行方不明になり、その後帰還した友人から聞いた話し。その後、この教団と私自身がある交渉をしたが、要求をのまないので、警告どうり暴露します。

914 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:40:37 ID:qA4SCCEx0
wktk

915 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:43:59 ID:6ZG06+2AO
この教団が生まれたのは、おそらく1960年以降。最初の教祖は中谷×という人物。彼は神戸出身なため、本部も神戸にあった可能性がある。拠点は全国にあり、友人が調べた所によると次のとうり。





916 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:48:29 ID:6ZG06+2AO
静岡市瀬名の×××教施設。静岡市瀬名の×××の×人施設。静岡市××神社裏山の水道局関係の施設。静岡市清水区の精神病院。神奈川県津久井郡川尻××神社。



917 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:49:51 ID:ZWfrSMr+O
約10,000レス振りの期待感。

918 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:52:29 ID:6ZG06+2AO
友人が調べたのは以上だが、いずれも関係者を信者に抱き込み、施設を借りる事があるという。私有財産としての建造物があるかは不明。
中谷×について。 職業は作家・精神課医。年齢は40代。
平山×明。47歳。自称現教祖。作家。 主に芸能界や出版業界に信者が多い。
以前、信者の芸人が「神戸の地震で、随分助かった」と笑いながらTVで発言した事がある。


919 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:57:07 ID:6ZG06+2AO
問題なのは彼等の儀式。現在でも実行しているかは不明だが、友人が取材した当時は、食人の儀式を行なっていたという。「神戸の地震で随分助かった」とは、この事。友人が拉致監禁されたのも、食人について取材しようとしたためだという。

920 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 21:00:02 ID:6ZG06+2AO
友人は信者になる事を約束し難を逃れたが、現在は逃走し潜伏中。
現在交渉中なため、暴露出来るのはここまで。次の交渉の結果しだいで、また情報をアップする。


921 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 21:02:41 ID:zZ8g/M070
>>920
_ ,, _
(・ω・)

922 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 21:27:59 ID:Fa0WkfPS0
話d切って悪いが、今日の昼間(夕方)起きたこと
俺大学生なんだが今日提出のレポートに全く手付けてなくて、昨日はほぼ徹夜
で、提出してさっさとウチ帰ってコタツに入ったらうつらうつらしてつい寝ちまったんだ
コタツに入り、横向きに寝てたんだが、しばらくすると枕に付けてる側の耳に変な音が入ってきた
シャリ、シャリって音なんだが、それが徐々に近づいてくる
最初は枕に入ってるチップ(?)の音かなって思ってたんだが、音が近づくにつれどう考えてもそんな音じゃない
で思った、刃物を研ぐ音っぽくね?と
そう思うとオカ板とかで見た「怖い夢見てあと少し起きるのが遅かったら〜」なんて話思い出しちゃって、怖くなって飛び起きた

まぁ起きた後は何にもなかったんだけど、流石に最後に聞いた「ジャリッ!」って音はかなり近くてびびったw
不思議な体験だったから書かせてもらった、済まない

923 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 21:30:26 ID:ZWfrSMr+O
この肩すかし感がほんのり

924 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 21:40:58 ID:SJxjxBsl0
静岡市瀬名かぁ・・
昔付き合ってた子の実家がそこだったな。今は結婚してるらしいけど(´・ω・`)

925 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 21:49:28 ID:3D37eyUJ0
とりあえず現在、津久井「郡」は無い

926 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 23:45:59 ID:CCVU2lV+0
>>918
夢明?

927 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 01:32:02 ID:GcVueXEBO
文才がないので上手くまとまってないけど一つ

去年の今頃、葬儀屋でバイトしてたころのこと。
全国展開してる某会社でよく募集するし元ヤンが多いと地元で有名なところだったけど、時給がいいし割と家から近いから働いてた。
実際は、元ヤンなのかどうかは分からないがガラの悪い人や性格がキツイ人が多かったと思う。
辞めていった人の理由が全て対人関係とは言わないが、自分は気にしない方だが1年程で辞めてしまった。
その1年の間にあった出来事でオカルトちっくな事があったから


928 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 01:36:32 ID:GcVueXEBO
葬儀屋の冬は客が多くて忙しい、じじばばの故人が多かった。お人よしで断り下手だから人が足りないからと頼まれると無理して入ってた。
1日14時間労働やキツイ先輩との絡みで正直疲れていた。
最初は頭痛に肩凝り腰痛と単純に疲労だと思っていた。
実家暮らしなんだがある日、疲労が母に移った。風邪かとも思ったが熱も咳もない。
2人でサロンパス貼りまくってたw
そのうち、黒い陰が家をうろつくようになった。茶トラの猫を飼っているが大きさが同じくらいなので見間違いだと気にしなかった。
その他家のバイオリンが夜中に響いたり、寝てると頭を叩かれびっくりして上を見ると顔を叩かれたり、金魚のフン(20pほど長い)みたいな光りが浮いてたり、朝起きたら髪の毛の先っちょ何本かに糸クズが結んであったり、とショボイ事があった。


929 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 01:44:08 ID:GcVueXEBO
疲れてるから家ではすぐ寝てしまうし、気にならなくはないがほったらかしてた。
ある日、ちょっと遠くから来た檀家の住職(ほとんど会社からの紹介寺なので初めて会う人)の控室にお茶出しに言った時にいきなり体中触られ説教(?)をされた。
毎日お経を読めやらしんどいときは(仕事)断れやら言われて、セクハラした上になんだこのじじいと顔に出たのか。

住職はちょっと怒り気味に『あのねぇ、最近ずっと体しんどいでしょう、そいじゃぁ家にも連れて帰ってるから休まらんで』

ゾワっと鳥肌がたって、吐きそうなほど気持ちるくなった。

『人がいいかしら、しがみつかれよって頭の上に頭のっとるわ、そのうち腹も痛とうなるで』(確かに下痢してたw)

正座して膝に置いた手に水滴のようなポタポタとした感覚があったのでびっくりした。涙だけが目から落ちていた。泣いてる感覚はなかった。


930 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 01:52:13 ID:GcVueXEBO
『今日の通夜で***(何て言ったか覚えてないミニ経本?を渡されて)読むから、あんたも読みなさい』

仕事があるのでお通夜の間中読んでるわけにはいかないし、ミニ本は通夜に集まった親族にも配られてた。
式が終わって本を返しお茶出しにまた控室に行ったらクドクドと説教されその日はぐったり疲れた。
家に帰ったんだけど、いつもより体がだるいなと思っていたら、熱がではじめ、体の節々が痛くなり動けないほど辛くなって救急車を生まれて初めて呼んだ。
42度くらい熱が上がり体温計を何度も渡された。
点滴をしてもらい、そのまま入院した。あまりの苦しさに気絶に近いくらい寝落ちた。
気がついたら朝だった。
汗や涙や鼻水など体中ビショビショでびっくりな事に湯葉のような薄い膜状の下痢を漏らしてた死ぬほど恥ずかしかった…がスッキリしていた。
まだ体は怠いが力が抜けて軽くなったような、そんな感じだった。
結局2泊入院しただけで薬もらってすぐに帰れた。体重が5キロほど落ちてたw
職場にはインフルエンザと連絡していたので2週間ほど連絡しないでほどほどに遊びまくったwそして体重戻った
職場復帰して2ヶ月後には辞めるんだが、それまで猫くらいの大きさの薄いクリーム色の狐みたいなのを何度か見かけたりしたがその他のショボイ現象はなくなった。

今では全然なくなったが、葬儀屋でバイトしてたころは母にも『連れて帰ってくるな』と言われていた。
結局母に着いて行ったのか、母の職場(飲食店)で何度か黒い陰が見えたがいつの間にやらいなくなった。
母いわく、他のお客さんに着いて行ったに違いないそうだwww


長文な上に誤字脱字スマソ

931 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 03:50:55 ID:IDMJ772GO
俺も、全く同じことがあったよ
まず体に、原因不明の倦怠感みたいな異常が出てさ
そのうち涙が勝手に流れるようになったときは
流石にこりゃやばいと思ったよ
病名は過労によるうつ病、会社辞めた

932 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 13:55:00 ID:Gz7WxRtF0
友0達3の-近3所6に5い9る-痴8漢1し9た1爺

933 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 13:58:01 ID:Yv0FtzS80
>>928
>朝起きたら髪の毛の先っちょ何本かに糸クズが結んであったり

地味にきた。意味あるのかこれ。怖いよ怖いよ。

934 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 21:38:22 ID:2cn0DhYq0
Oヨ-ヨbSq-日lql


935 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 12:03:01 ID:jk4xgcLhO
髪の毛に白い糸ってちっちゃいおっさんの仕業だけじゃないのか…

936 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 12:57:50 ID:nG/Jnwk00
髪の毛1本が途中で1回結びされてるのは?

937 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:11:14 ID:nvYLobq+0
私の家と、祖父母の住んでいる家が100m近くしか離れてなくて、
よく祖父母の家に遊びに行ったり、仕事で親が帰って来ない時はそこで食事するんですよ。
ある日、すぐ帰ってくると行った母が1時間たっても母が祖父母の家のほうに来ないので、
自分の家にかけたんです。そっちに帰ってるのかなと思って。
それで電話したらですね、知らない若い女性の声で
「はい」
って出たんですよ。びびっ「え?」って言ったらもう一度
「はい」って。
電話間違えたかなと思って「ま、間違えましたすいません」って切ったんです。
でも確認したら自分家なんです。家路がちょっと怖かった。

説明がちょっとへたくそですいません。
本当に間違いじゃなかったのかな・・・。
でも「どなた様ですか?」といわれなかったし・・・

938 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 13:27:23 ID:9v6Ka8HcO
思い出したので書いてみます

夜中ふと目が覚めたら自分の寝崩れてる体のラインにそって、自分より3センチ位空間を空けて女の人がいた

なんか、FAXのコピーで失敗しちゃったみたいな、上下に引っ張られて歪んだ姿
目が凄く大きかった

目をつぶって「夢だ夢だ夢だ」と思って無理矢理寝た

次に目覚めたらまたいた

窓のそとは少し明るんでた

生まれて初めて気絶した

939 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 16:47:16 ID:viUPlzutO
>>936
あるある。
なんでなんだろうね?

940 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 16:54:47 ID:omSJP2X70
俺がまだ小さい頃(小学?保育園?)に体験した、異様に鮮明に覚えている記憶の話なんだが。
俺の家系は何人兄弟かのうち、一人二人は霊感を受け継ぐ家系で、一人っ子の俺は当然の如くそれを受け継いでいた。
父の話によると(母親は俺が小さいときに離婚済み)、誰もいない場所で楽しそうに会話をしていたり、話しかけていたりしていたらしい。
ちなみに。父親は家族内で一番霊感が強い。

その頃は父親がよく友人と地元の酒屋へ出かけていて、俺もそれに付いていっていた。
でも大人の会話に入る余地なんてなかったし、正直何を言っているのかさえも理解できていない。
つまらなさから、店内をうろうろするのが精一杯の暇つぶしだった。
父親たちがいる場所から厨房までは、トイレへと続く通路によって隔てられている。
厨房を覗いて人間観察するのが好きだったが、そのときにふと、トイレが気になった。
トイレは 女子便│壁│男子便 に分かれてるんだけど、その壁のところに、腰の曲がった婆さんがいたんだ。
トイレから出てきたのかと思ったのだが、その場から動じない。不思議に思った俺はしばらくその婆さんを凝視していたんだが、突然寒気がして父親のところへと逃げた。
父親に「トイレに変な婆さんがいる」的なことを言ったら、父親は○○(言葉はもう覚えていない)と言ってこいと言われたのでそれを伝えるべく、婆さんのところへ行ったが、案の定すでにいなくなっていた。
小さい頃から引っかかっていたのだが、その婆さん、どこかで見たような気がするのだ。
まあ、今となっては確認するすべはないけれども。
長文・駄文ですまん・・・

941 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 17:23:18 ID:IDDhspY/0
親父に確認しろよ

942 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 18:26:40 ID:RhKo1u/w0
434 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2008/01/27(日) 15:32:27 ID:XYbIZZp2O
んじゃ小学校教師用読み物から一つ 

戦争中、広島から祖母のもとに疎開してきた姉弟。広島に大きな爆弾が落ちた噂を聞き、両親のことを心配した二人は祖母に黙って広島へと歩いて向かう。 
湖に差し掛かった時、あたりの町で敵機襲来のサイレンが鳴り響き、町の人々は一斉に避難する。姉弟も草むらに避難するが、弟の足が滑り靴が片方湖に落ちてしまう。 
姉は木の枝に掴まり靴を取ろうとするが、枝が折れて湖に落ちてしまう。弟が助けに飛び込むが、深みにはまり二人とも溺れてしまう。 
姉弟の助けを呼ぶ悲鳴は町の人にも聞こえていたが、敵機が恐ろしくて誰も助けにいけない。「お母さん!お母さん!」二人の叫び声と水音はまもなく消えてしまい、その後湖の底に流されたのかいくら探しても死体は見つからなかった。 
しばらくすると、湖の傍を女の人が通り掛かると子供の声が聞こえるという噂を聞き、祖母が姉弟を探しにやってきた。確かに姉弟の声が聞こえた祖母が「おばあちゃんだよ、迎えに来たんだよ」と祈ると小さい靴と水筒が湖面に浮かんできた。 
祖母は靴と水筒を持って帰った。広島にいた両親はそれからも帰ってこなかった。 


この本、他にも沖縄の疎開船の話や、魚の呪いの話など鬱な話が満載なんだが、タイトルが「子供が喜ぶ現代のこわい話」。

943 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 18:32:16 ID:pwNy9kCv0
380 名前:名無し募集中。。。[] 投稿日:2008/02/03(日) 16:59:07.24 0
付き合って3ヶ月目の彼女の家族構成が分かったんだけど…

父58才無職
母46才主婦
兄34才無職 父親の連れ子
弟24才フリーター
妹22才フリーター けばい

彼女26才フリーター
俺32才派遣


このまま結婚を目指していいのだろうか?


しかもこいつ↑モーヲタのようだw

944 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 19:47:19 ID:59XR5KI9O
>>943
ほんのりどころじゃねーよ。

945 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 21:24:42 ID:XfPsjr/w0
主婦っていいなぁ・・・

946 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 21:35:33 ID:HC2Yqo/X0
むしろお似合いのような気もする

947 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 00:36:57 ID:UYSlDq8Z0
>942
教師が授業の間にする雑談の元ネタ帳っていうのが、やっぱりあるんだw

948 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 01:08:09 ID:IR7j6a7y0
>>943
これから日本のほとんどはこんな感じになんじゃね?

949 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 03:13:13 ID:XmuCyagKO
文才ないけど一つ

自分にはちょっとかわった妹がいる。

ある日の夜中、両親も寝てる時に妹の突然叫ぶような泣き声で

『お母さんお母さんお母さんお母さんお母さんお母さんお母さんお母さんお母さん』

真夜中の尋常じゃない自体に物凄く怖かったのを覚えている。
当然びっくりして跳び起きた母は『ど、どうしたの?○○ちゃん』と駆け寄るやすぐに

『お母さん来ないでぇ、○○は△△で□□…』

と叫び、はっきり何かを喋っているのだが意味がわからない、そして静になった。


950 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 03:18:10 ID:XmuCyagKO
妹は1時間後にまたはっきり何かを喋っていたが、意味がわからない。そしてその日はドキドキして寝れなかった。
翌朝妹に聞いてみたが知らないと言う。

またある日の夜、自分は宿題が終わらず、父に怒られながらリビングで起きていた。すると、突然泣きながらフラフラと階段を降りてくる妹がいた。
妹は泣きながら何かをはっきり喋っているのだが全く意味がわからない。
びっくりして黙って見ていると父が膝に抱き寄せヨシヨシと宥め始めたらすぐに静かになった。
どうやら妹は夢遊病だったらしい。
テレビでは笑って見ているが、直に夢遊病の人間を見るのは正直怖いものだと思った。

今でもその話をすると妹は『それこそ夢でもみたんじゃないの』と言うが、凄く怖かったのを覚えてる。
あの時、何故か妹だけ違う部屋で寝ていて自分と両親は1つの部屋で雑魚寝していた。妹に何があったのか、妹は何を叫んだのか。未だに謎である。

誤字脱字スマソ


951 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 03:46:20 ID:yHfSC7BIO
なんでみんな最後に謝るんだ?

952 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 04:06:55 ID:57Vw2jr50
すぐにつまらんとかって厳しいこと言う椰子がいるからでそ

953 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 04:19:17 ID:yHfSC7BIO
謝られると許したくなくなるんだけどね

954 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 09:12:58 ID:nR09Dv7/0
>>949

それはたぶん夜驚症だと思う。小さい頃出たりする子がいるみたい、でもそのうち治るらしいよ。

955 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 10:48:34 ID:8CcsQ2Go0
>>942
その話が「子供が喜ぶ・・・」な所が怖い。

956 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 11:22:30 ID:kbXsbYOr0
自分の知り合いの子供がそれだったらしい。>夜驚症
でもその母親はそういう病気の存在を知らず、何か憑いたと思い、宗教に走ってた。
その宗教に入って2-3年祈っていたらおさまったといってるのを聞いて、この平成の世にありえんと思った。

つか子供が夜中にそんななったら普通「何か憑いた」よりさきに
(夜驚症を知らなくても)夢遊病とか疑って病院いくだろ?と思った。

957 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 13:24:05 ID:Yr/McX1v0
>>956
自分も夜驚症だったらしいが記憶、覚えまるで無し
両親、祖父母共、夜驚症ってわかっていて慣れたもんだったらしく、
夜、部屋を飛び出すと、
母の「ほら、行ったよ」で父が起き
階下の祖父母の寝室のベッド周りをグルグル周る自分を捕まえに来て
部屋に戻しベッドにほおりこんでいたらしい

958 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 13:38:18 ID:Bv/y7upaO
はた迷惑な事この上ないのに、なんで自慢げに語ってんの?
夜驚症だった事は親兄弟に苦労をかけてしまってた事だよ
自分の魂をよくみつめてごらんよ
そしたら、きっと分かるはず
自分は罪深い悪魔だってことを
もう二度と言わないで!

959 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 13:44:46 ID:uZyjbs6s0
俺もガキの頃やってたらしい
直ったと思ったら35過ぎた
最近また始まったよ夜尿症

960 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 14:14:54 ID:NI4z0EvJ0
>958
おまえのキレ具合がほんのり怖いよ。


961 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 15:29:12 ID:kksILIk/0
>>960
夜驚症患者相手にそういうなよ

962 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:00:22 ID:ZywwtMZb0
寝呆けて2chに書込みか、ある意味恐い

963 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 16:41:36 ID:QAY4ajl90
>>962
知らない間にフシアナしてたり?


KOEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!

964 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 18:25:04 ID:YsiD7NAJ0
昔、まだ専ブラがあまり出回っていなかった時代に、酒に酔った勢いでどっかの板に
恥ずかしくなるような長文を書き込んで、そのままばったり寝て、翌朝起きてからおぼろげな記憶で
誤爆したような・・・・と思い出し、思い当たる板・スレを全部回ったのに、自分の書き込みが
見つけられなかったことがある。
テレホタイムになるとしょっちゅう板がトンドルのが当たり前の時代だったから、スレが飛んだか
ログが消えたか、そんなことだろうとは思うんだが、それでも思い出すとのんのり怖くなる。

965 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 18:53:20 ID:bEfUxXDu0
>>964の「のんのり」に和んだww

966 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 21:14:19 ID:HgY4old+0
(・ω・)つ旦~ のんのり

967 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 22:36:59 ID:UNsQWqxb0
ほんのり怖かった…

http://pds.exblog.jp/pds/1/200802/03/41/f0130741_1552355.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/200802/03/41/f0130741_1553983.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/200802/03/41/f0130741_1555372.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/200802/03/41/f0130741_1561153.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/200802/03/41/f0130741_1562433.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/200802/03/41/f0130741_1563781.jpg


※物理的グロじゃないけど、人によっては精神的グロかもしれません


968 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 22:45:03 ID:7gwoyrRl0
じっと見ていると、のんのり気持ち悪くなってくる・・・

969 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 22:45:33 ID:QR8xfBJ80
なにこれ、なんかキモイ顔だね。
何でこんなに目見開いてるの?
1枚目の後ろの方にかすかにコスプレっぽいのがいるけど
大人が子供のコスプレしてんの?

970 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 22:47:15 ID:4drZDr1M0
>>967
二枚目と三枚目は普通だと思う。
それ以外の目を見開いてるやつ、怖いな。

971 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 23:01:07 ID:9nEmeng50
>>967
なんか義眼っぽいなー黒目が動かなそう。

972 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 23:07:25 ID:DBlzp0uX0
画像加工してるんじゃない?

973 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 23:26:45 ID:fYkU/cjK0
黒目を大きく見せるカラコン入れてるっぽい。
そのせいで、斜視気味なのが強調されて視線が合わないのが奇妙に感じる原因かな。

974 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 23:55:37 ID:abcnktf/0
後頭部を軽く叩くと目が飛び出てきそうだな

975 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 00:23:42 ID:OSCv6mMI0
>>957
>母の「ほら、行ったよ」で父が起き

>>957の父さんの尻に敷かれっぷりが
ほんのりカワイソス・・

976 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 00:27:09 ID:dd0/2aJCO
単なる撮影会だな
つーか、こんだけ反応してやればマルチもしないだろう
お前らよく頑張った

977 :◆EHGCl/.tFA :2008/02/05(火) 00:42:21 ID:1MCWfA2gO
流れを切って悪いが子供の頃ばあちゃんから聞いた昔話をひとつ。ホトトギスの鳴き声に関する話。
ばあちゃんが言うには、ホトトギスは「ポットサケタヤー、アンタアタタター」と鳴いているそうだ。なぜそう鳴くようになったかと言えば、
昔、両親を亡くした兄弟がいた。2人は助け合って生きていた。
しかしある日、遅く帰ってきた弟に兄が用意した飯は小さな芋だけだった。弟は兄だけがいい部分を食ったと責めたが兄は違うと言い、疑いを晴らすため包丁で自分の腹を裂いた。
兄の腹の中から出てきたのは芋の端の部分だけだった。兄は弟に大部分を残していたのだ
兄を疑い死に追いやってしまった事を悔やんで弟は鳥になり、今でもその事を悔やんで鳴いているのだ。
「ぽっと(腹が)裂けたやー、あんた【芋の端】(が)あ(っ)ただだー…」

たしかうろ覚えだがこんな感じ…要するに後から食べる人のために旨い所を残しておきましょうって教訓話なんだが…ほんのり怖い
もし元ネタかなんかがあったら教えて欲しい。
ちなみに俺は東北M県の県北の生まれ。たぶんブラックではない

978 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:01:27 ID:sScVmqcd0
>>967
別に怖いとは思わないけど
撮影場所が全て同じだし服も同じだから同じ日に親が連続で
撮影したのかな?

979 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:02:54 ID:FjpwiUX50
>>977
何のコンプレックスかしらんが最後の一言いらねーだろ・・・

980 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:06:00 ID:NFG9ZqXp0
無理やりそんな話題にして 荒れて欲しいのかな。

981 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:10:21 ID:1MCWfA2gO
いや、コトリバコの影響なのかすぐそっちに結びつけようとする奴が少なからずいるからなんとなく

982 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:21:25 ID:S+9V8cY50
>>977 こんなとこか?

昔、年金を亡くした公務員がいた。
官僚と助け合って隠していた。
しかしある日、遅く請求にきた民間人に公務員が用意した答えはは記録紛失だけだった。
民間人は公務員だけがいい年金を受け取っていると責めたが
官僚は違うと言い、怠慢を誤魔化すため、放火で書類の紙を焼いた。
公務員の腹の中に入ったのは、天下りの二重な税金の退職金だった。
役人は民間人には大部分の責任を残していたのだ
公務員に騙されてしまった事を悔やんで民間人は守銭奴になり
今でも銭・金と血迷ってで喘いでいるのだ。
「ジャプ(日本人が)落ちたやー、あんた【品格】(が){昔は}あ(っ)ただだー…」

たしかにハッキリだがこんな感じ…
要するに民間人から食べる公務員のために
旨い所を残しておきましょうって教訓話なんだが…実際の現実なので怖い?


983 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:23:20 ID:Axf1Eg+b0
ぜんぜんおもしろくない

984 :◆EHGCl/.tFA :2008/02/05(火) 01:27:57 ID:1MCWfA2gO
>>982
ツモんね


俺が調べた限りだと赤飯食ってない証明に娘の腹裂く昔話が似てるかな
とかく俺のばあちゃんの創作だとは思えない。なんか元ネタがあるはず?

985 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:31:22 ID:/i7xoTqz0
社会保険庁で真面目に仕事してる人を馬鹿にしてる
謝罪と(ry

986 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 01:42:14 ID:MTCBCK6+0
>>982
文法が成り立ってない
つまらない以前に、読めねえよ

987 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 03:26:58 ID:gh4MAH510
>>977

普通にアニメ日本昔話とかで放映されてた程メジャーな話だろ
ばあちゃんがそれをパクった!とか言いたいのでは無く、大概の民話集に載ってる様な昔からある話だよって事ね


988 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 04:29:22 ID:7yyOH5nB0
>>984
イモの切れ端はそこそこ有名な昔話だと思うよ
自分が読んだのは兄弟じゃなくて姉妹だったが
あとホトトギスの話は付いてなかった

989 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 04:42:30 ID:6CfaN4Yq0
キジも鳴かずば撃たれまい

990 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 04:48:50 ID:dd0/2aJCO
違う方法で捕獲されるだけだ

991 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:00:02 ID:yBXTdF1h0
>>977
私が知ってるのは兄弟が逆だったな。
殺されたのは弟。まあ、よくあるタイプの昔話だよね。

992 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:05:17 ID:kKQtcJcK0
さってと・・・

993 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:05:19 ID:kKQtcJcK0
 

994 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:05:21 ID:kKQtcJcK0
 

995 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:05:22 ID:kKQtcJcK0
 

996 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:05:25 ID:kKQtcJcK0
 

997 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:05:26 ID:kKQtcJcK0
 

998 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:05:28 ID:kKQtcJcK0
 

999 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:05:29 ID:kKQtcJcK0
 

1000 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 05:05:31 ID:kKQtcJcK0
 

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

388 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)