5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【因縁】家系にまつわるオカルト4代目【遺伝】

1 :本当にあった怖い名無し:2007/09/18(火) 20:11:55 ID:cHTGj3Mv0
呪われた家系、一族に伝わる不思議な話、血統の遺伝などについて、語ってくれ。


過去スレ
家系にまつわるオカルト3代目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1177238251/l50


     ●●●●
   _■■■_●
 /        \●
|             |●
|     中      |  ●
|  ー   ー  |   ●    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|             |  ▼*▲<  ラーメンネタ禁止!
|             |        \
|  /ー─\  |           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  §  ―  § |
|             |
 \        /
   \___/


2 :本当にあった怖い名無し:2007/09/18(火) 20:23:55 ID:CdIUHqUC0
2get

3 :本当にあった怖い名無し:2007/09/18(火) 20:30:00 ID:bT13x3z90
     ::|    ____
     ::|.  ./|=|    ヽ.    ≡三< ̄ ̄ ̄>
     ::|. / |=|  o  |=ヽ     .≡ ̄>/
     ::|__〈 ___  ___l   ≡三/ /
     ::|、ヽ|.|┌--、ヽ|/,-┐|    ≡/  <___/|
     ::|.|''''|.\ヽ--イ.|ヽ-イ:|  ≡三|______/
     ::|.ヾ |.::. .. ̄ ̄| ̄ /
     ::|  ';:::::┌===┐./
     ::| _〉ヾ ヾ二ソ./       >>1  これは乙じゃなくてスラッガーなんだからね
     ::||ロ|ロ|  `---´:|____      変な勘違いしないでよね
     ::|:|ロ|ロ|_____/ロ|ロ|ロ,|`ヽ
     ::| |ロ|旦旦旦旦旦/ロ/ロ|旦,ヽ
     ::|ロヽ 旦旦旦旦旦./ロ,/|::旦旦)
     ::|ヾ旦旦旦旦旦旦,,,/::::|、 旦旦|

4 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 00:21:13 ID:tCuI1Gbi0
新スレおめ☆

5 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 19:08:52 ID:OrIEr6Y70
次の人どうぞ

6 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 19:11:28 ID:/7/dHAoA0
全然怖くなくてすまんが

ウチの家系は男が弱い。弱いというか、気の強い女と縁がある。
様々タイプはあるが(体育会系、インテリ系、商売系)、気が強いのだけは一緒。
おかんも気が強いし、親戚一同女傑揃い。男はかすがい。
ちなみに女が生まれても(めったに生まれないが)例外なく気が強い。
じめじめ影の帝王系はいなくて、カラッとしてるオトコ女系。
美人は多いがつつましさや色気はない。

ただ、法則に例外が多少あって・・・・・・祖父はおっとり系の女性と結婚したが、
結婚してすぐに高熱で種がなくなり、子供はいなかった。
従兄弟もまたおっとり系の女性と結婚したが、子供を作らずに別れた。
曾祖父の嫁はおっとり系だったが結婚後すぐに病死。後妻は女傑だった。
他にもあるが、親戚の間ではおっとり系(というか普通の人)と結婚すると子供が生まれない、
という笑い話になっている。あんまり言うと怖いからオトコ同士でしか言わないけど。

また、四柱推命という、出生時間から八つの字を出して看る占いがあるらしいが、
ウチの家系の女や嫁に来る人の中にはその八字の中に100%「丙午(文字は60通り)」が入っている。
上の占い話は叔父から聞いた話なのだが、んなバカな、と思い、
その後、自分の彼女の八字を割り出すと見事に「丙午」の文字が入っている。
まあ、占い関係なくて、自分も気の強い女とばかり縁がある。
ツンデレというより女傑。酒なんか一升瓶でガブガブ飲む。

7 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 19:21:00 ID:OrIEr6Y70
女系家系でなくて女傑家系ね。

8 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 19:37:54 ID:m54N392L0
もしかして自分>>6と親類かも・・・マジデ

9 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:11:24 ID:NbKQ+pcU0
>6
祖父は種が無くなる前に、誰かと子供を作ってたの?
それとも6の父か母が養子に来たの?

10 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:14:58 ID:/7/dHAoA0
>>9
末っ子の父が養子に行きました。
だから厳密に言うと叔父さんになるのかな。戸籍上は祖父だけど。

曽祖父の代の女傑嫁はマザコン夫をブン殴ってそのまま家出し、
一人放浪を繰り返した挙句、面識のない曽祖父の家に転がり込んだという兵。
他にも重役とか空手とか飲み屋のおかみとか
分野は違うけど、やっぱり強いんだよなぁ。

母はまだマシな方かな。女からラブレターもらいまくりの男前。
当時担任だった親父の家に押しかけて告白。
親父は立場上、説得したがテコでも動かない。
で、結局やることをやってしまった。
生徒会長で学業優秀だったせいか、未成年だったからか
周りも親父がたぶらかしたと思ったらしく、物凄い騒ぎになったが
最終的にはおかんが校長と親に一喝して全てを解決した。
親父はおかんの親にスコップで殴りかかられて死ぬかと思ったらしい。

11 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:17:51 ID:VraqWsyZ0
>>10
そういう場合、叔父ではなく伯父。

12 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:17:55 ID:/7/dHAoA0
えーごめん分かりにくい。元々祖父と父は兄弟です。
種がなくなって、一番上の兄のところへ父が養子に行って
(その辺ちょっと戸籍の変化があってややこしいが)、
叔父が「祖父」になった。

13 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:19:40 ID:Mgn9Znfa0
すごいオカンやなーw

押しかけゲットに成功するとは
おまけに美人なのかな?w

14 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:21:48 ID:VraqWsyZ0
>>12
だ〜か〜ら〜!
父から見て「兄」に当たる血筋の親族は「伯父」
父が末っ子なら父方に「叔父」がいるわけないだろが?w

15 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:24:23 ID:/7/dHAoA0
ごめんちゃい 伯父が正しいのね
その辺よく知らなかったです

16 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:27:50 ID:VraqWsyZ0
>>15
でも話は面白かったお(・∀・)ノ

17 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:43:08 ID:i9zn5k+LO
家系にまつわる話なぁ。
確かに有るよ。名前の数とか、関わっちゃいけない場所とか。

けど、俺はそんなの無視。何故なら、守ってた筈の親父が早死したから。

先祖霊、なんてのも信じてない。
毎日仏壇に水や花、線香供えてお経唱えてるお袋は、決して幸せな状況にある、と言えないから。

クソも役立たない先祖の言う事なんて、守る必要は無い。
だから、位牌なんかは全て捨てた。俺自身、死んだら灰になるだけと思ってる。
墓参りもしないつもり。

先祖霊を含め、幽霊なんぞ出てきたら鼻くそでも飛ばして撃退してやるわ。

18 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:51:56 ID:Mgn9Znfa0
先祖に幸せにしてもらおう守ってもらおうという考え方に問題があるんじゃないの?
それはそれ、自分が存在してるだけでご先祖様有り難う、で
感謝や供養をして当たり前

幸せになりたいがゆえのご先祖様頼みって
何か間違えてると思う

19 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 21:27:05 ID:SlhhjONk0
坊さんいわく、供養はどっちかというと、生きている人のためじゃ
ないかと?生きている人の、心の傷を癒すためじゃないかと。
あくまで、ひとつの考え方ですが、そういう考え方もあるんだと。

でもまー、個人的には、供養はしたほうがいいと思う。
死んだら灰になるだけといってるが、死後の世界は見れないから
どうなってるかわかんないし。

20 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 21:37:18 ID:Mgn9Znfa0
死後の世界が本当にあるかどうかは永遠の謎だが
先祖の加護が得られないからといって
メリットが無いから先祖供養なんかいらんわ!って態度は酷い

供養にどんな効果があるのか自分も疑問に思ってるし
毎日仏壇を拝めとは言わないが
先祖に対する感謝くらいは持とうな

21 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 21:42:00 ID:X6I6Gvyj0
直接知ってる自慰ちゃん婆ちゃんならともかく
100年前の先祖なんか感謝なんかしようがないな。

22 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 21:54:39 ID:Bxa7bGeAO
先祖のせいでひどい目にあってんのに祭る義理はないな

23 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:11:40 ID:eWmxj4ZAO
御先祖様も色々大変なんですがってきてるのかもよ。

24 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:43:01 ID:1DL33VWX0
自分の家の墓があって、自分のルーツを知ることが出来ること。
これいうことを出来る事がどれだけ幸運か、もう一度考えてみるがいい。

25 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 23:43:45 ID:PHR5ZCmS0
自分は先祖は一応敬うけど、>17の書いてることもなんとなくわかるわ。
先祖だって中はDQNもいただろうし、ただ先に生まれたってだけで問答無用で
現代の人がその人たちに頭があがらないかっていうと、そうでもないと思う。
仮に今DQNな親戚がいたら、自分は軽蔑するしつきあいも避ける。
それと一緒で、時代が遡ろうと人間ができてない輩にやれ供養が足らんだの
尻拭いしろだの偉そうにされたり迷惑かけられる筋合いはないし、
そいつらをむやみに恐れる必要もないと思う。

たとえば、供養してくれたら成仏してやるとか、要するに甘えだよ。
じゃあすでに子孫が絶えてる身寄りのない奴らはどうなるんだ。
今生きてる人間が一生懸命生きてるんだから、死んだ先祖だって自分のことは
自分でなんとかしてくれなきゃ困る。

26 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 23:49:07 ID:T4fsbrfQ0
自分でどうにかできる先祖が
子孫に頼ったりするもんか

27 :17:2007/09/19(水) 23:55:18 ID:i9zn5k+LO
ま、先祖大事・見返りなど求めるな、って考えもあるわな。

けど、生き物なら先祖あって当たり前じゃん。
そんな当たり前の存在に、わざわざ毎日水やって手を合わせる理由が分からない。

つか、先祖だ先祖だって祭って貰ってんなら、ふんぞり返ってないで、毎日食い物供えてる人間に何かしろっつーの。

何もしないどころか、変な因縁だの制約だの残してさ。
先祖の癖に、生きてる子孫の邪魔すんなっての。
まあ、俺は因縁やら制約やらは守ってないけどね。
守る奴は馬鹿なんだな〜って考えてる。

あと、位牌やら遺影を生ゴミにブチ込んでも、何も起きない。
だから、灰になるだけ、って結論。

まー、本当に死後の世界があって閻魔に先祖大事にしなかったろ、とか言われても、
だからどうした?何で大事にしなきゃいかんのよ?って言うだけだな。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 23:59:36 ID:T4fsbrfQ0
死後の世界があったら
自分が位牌を捨てた爺ちゃんばあちゃんに
ご対面しなきゃならないのでは?

29 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:09:08 ID:jve3xYg40
>27
そこまで開き直ってりゃ、先祖もあきらめるしかないだろうな。w

まあ、俺もほとんど場合の「センゾノタタリ」ってのは、うさんくさい占い師や
インチキ拝み屋のメシのタネだと思ってるよ。
家に伝わる因縁とかだって、何代か前の奴らがそんな奴らに騙されたって
こともあるだろうしなあ。
なんせ精神病は狐つき、病気になったら神頼み、飢饉や水害で困ったら
人柱、とかの時代だし。

30 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:12:07 ID:LDw5j2Sc0
17のほうからリア厨のかほりが・・・

31 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:22:33 ID:Jx0WAeuL0
>>6

女性は全員ひのえんまか。そりゃ強いだろうなw
生まれ年もひのえんまならもっと面白いのにな。

32 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:27:39 ID:Sir/KTub0
私の家系はDQN揃い。
自分だけは違うと思いたいけど、でも縁あって生まれてきてる時点で共通点は多いはず。
ご先祖様にお経あげるのも、迷いの多い自分を諭すつもりでやっている。
ご先祖様も自分も、一日も早くDQN道から脱することができればいいなと思う。
確かにDQN家系ではあるけど、ご先祖様のお陰で今の自分がいることにすごく感謝してる。
だからこれ以上何かして欲しいとは思わない。


33 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:28:51 ID:Akh8JFypO
墓参り行かないくらいで祟る先祖ってなんだろう
自分の子供や孫が会いに来ないからといって
病気なれとか事故に遭えとか普通親なら絶対思わんだろ。

34 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:29:30 ID:WXqzJuBMO
梅、馬の発音は
んめ、んま
が正しいんだっけ?

35 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:32:22 ID:rnzLciTD0
>>33
溺れる人が身近な人にしがみつくのは、道連れを増やすためではなく、ただひたすら苦しいから。
それと同じことです。 

36 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:35:27 ID:JEvq4cafO
>35 
…なんか説得力あるわ〜
自爆霊とかそんな存在なのかね〜?


37 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:40:05 ID:iBZ4ky340
なるほどなあ

38 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:55:59 ID:jve3xYg40
>30
ここまで言うからには、簡単に書けないような色んな修羅場をくぐって
きたんだろうよ。じゃないと普通こうはならんだろ。

修羅場経験しても人それぞれだから、17みたいな人もいれば、32みたいな人も
いて別にいいじゃん。(霊感商法とかで食べてる人は困るだろうけど)
そばで溺れてる人がいたからって、皆が皆やさしく手を差し伸べるわけ
じゃないよ。
一緒に引きずり込まれないように振り切って逃げる人だっているし、
そうしたからって非難されることじゃない。



39 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:59:54 ID:iBZ4ky340
自分の先祖なら多少気に食わなくても他人じゃないんだから
助けてやれよって気がする

40 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 01:21:03 ID:ipLPB/1M0
先祖に対する不敬の祟りを母親が身代わりになりつつ、その分一所懸命お供えや読経してる
から何も起きないだけだったりして・・・

41 :17:2007/09/20(木) 01:43:32 ID:efPkgLswO
まあ、>>30みたいな人達からしたら、俺はDQNで厨なんだろうな。

ま、そう思われても構わないけどね。

子孫に頼るなら呪いなんてしないで、枕元にでも立てば済む事だ。
なのに、
『もっと念仏唱えて供養しろや』
なんて理由で子孫に不幸をもたらして苦しめるとはね。

そんなワガママで迷惑な輩なら、尚更手なんて合わせられん。他行け、他。

向こうで爺さん婆さんに会ったら?

『約束守ってた息子(親父)を早死させるなんて、全然役に立ってねーなー』

って言うよ。
会ったら、な。

42 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 01:57:08 ID:m2p9e43n0
私も>>17の意見には大方賛成だけど、お母さんが大切にしていたお位牌や遺影を
勝手に捨てた事は乱暴すぎるのではないかと…
事情がありそうだけど、17の信念をお母さんに押し付けるような真似はイクナイよ
お母さんが狂信的カルト宗教にはまっちゃいそうだった
ってんなら話は別だけどさ



43 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 01:59:11 ID:2Q+mONfe0
>>6
四柱推命の話だが、丙午年ならあまり大したことないが、日だったらガチで最強。
よく言うひのえうま年の女は男を食い殺す、あれは嘘。でも日なら強い。
丙は火勢を表し、一口に丙午日と言っても様々あるが、
一般的に火が強い命式は美人が多いとされている。
しかし丙午日の女はよほど他の柱が強くないと
普通の男では御せない、そもそも結婚向きではなく、外でバリバリ働いた方がいい人。
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか、しょぼい男はすっこんでろ、
てな感じで、素人にはおススメできない。
丙午と結婚して上手く行く、丙午が周囲に多いつーことは、
君自身の家系の男も弱く見えても神経自体は相当図太いか、
普段から水智に長けた一癖もふた癖もある人が集まっているはず。
それか才能はあるがイマイチ弾け切らず、気の強い嫁に後押しされて化けるタイプかな?
また丙午日は酒を表す「癸」が良好な状態で命式にあれば、
女だろうといくら飲んでもぴんぴんしている「うわばみ」になりやすい。
君の彼女の命式にもおそらくでているはず。加えて美人だろうな。
うらやましくはないが。丙午日の女は本当に強烈だからね。

しかし、四柱の遺伝的観点から見るとたいてい生まれる男にも火の気が行くから、
必然的に丙午ばかりの女が産まれたり集まる確率は低いと思うんだが、
そこは家系にまつわるオカルトだな。一過的なものかもしれんけどね。

44 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 02:46:18 ID:S6EcubKv0
>>17
>>42の続き
宗教も祖霊信仰も恋愛と同じで、障害があるほど燃え上がるよ
私事で申し訳ありませんが、母は元煎餅信者で父は宗教嫌いだった
ある日父がキレて宗教関連の道具を庭に投げ捨て、燃やした
その後も母は、地下に潜って活動を続けたけど
父が他界した途端に、煎餅から足抜けしたよ
父への意地だけで信仰し続けてたのかと
17の事情どは違うかもだけど、ようするに私が言いたいことは
人の信念は力ずくじゃ変えられないよ
お母さんを大切にねって事ですよ


45 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 03:26:40 ID:qvViKU6eO
>>17
親父が好きだったんだなぁあんた

46 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 03:37:54 ID:aSZtTNc+0
>>17は自分の家系が糞なので勝手にすればいいが、幸せに繁栄してるオカルトな家系もいっぱいあるから放っておけという感じだな。


47 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 03:52:55 ID:aSZtTNc+0
先祖供養の話になってるのも変だし。
そんなもんは別にどうぞ。

48 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 04:07:26 ID:ygfprmej0
先祖供養したら病気が治るとかいう教団はうじゃうじゃ存在するからね。

細木のカスなんかは公共の電波使って、そういうこと言ってるし。

49 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 09:46:33 ID:nlQZcJIr0
>>43
マジで!
まさかと思って調べてみたら、かみさんの命式の日柱に丙午があったorz
食い殺される前に、手綱をきつくしておくか・・・

50 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 09:57:39 ID:Abqo5qYAO
先祖供養って、仏様に何かしてやろう・してもらおう
ってもんじゃなく、自分が存在してるのはあなたたちが
命をつないできてくれたからなんだなぁ…ってしみじみしたり
感謝してみたりする気持ちの、具体的な持って行きかたかと。
だから、神も仏もねーよ!(=いるものならすがりたい)
な辛い状況にいたら、成り立たないものな気がする。
だから、のほほんと先祖に感謝できる自分は幸せもんだとオモ。
しないと祟られるとか脅すのはクソだと思うけど。

51 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 14:33:45 ID:4SM2tRR50
神仏と先祖は全然別のものでしょうよ

52 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 19:03:26 ID:jve3xYg40
人生の壁とかつらいことに突き当たって、初めて先祖やら死後の世界とか
哲学的なことを、色々自分なりに真剣に考えてみたりするんじゃないかな。
そこでアクが強い新興宗教に入っちゃう人もいるし、逆に極端な無神論に
走ったりとかさ。


>44
信仰と恋愛は障害があるほど、ってなんかわかるわ。
京都の某有名寺の、跡取りに婿を取れと厳しく言われていた金持ちお嬢ちゃまが
アメリカ人宣教師とかけおちしたって話あるよ。

53 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 19:28:33 ID:aODW7d8x0
98 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/09/17(月) 12:08:50 ID:rWds0I+mO
私の実家にある開かずの洞穴の話しです。
(正確には特定の状況下で開けないと祟りがある洞穴です)
私の実家は甲信越地方の山間部、今だに携帯の電波が弱い山奥にあります。
実家の裏は切り立った断崖絶壁になっており、台風や地震のたびに「崩れて来ませんように」と祈っていました。
その断崖絶壁に鉄の扉に、お札、更に鳥居としめ縄で封印された、開かずの洞穴があります。
その洞穴はちょうど実家の真裏にあり、普段は先に書いたように厳重に封印されています。
<開けるべき時>以外に開けてしまうと、開けた者の命を奪うそうです。
では<開けるべき時>とは?家に死者が出た時です。
  
 続きます。

101 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/09/17(月) 13:05:35 ID:rWds0I+mO
続きです。
家に死者が出た時、封印は解かれ扉が開けられます。そして死者の御骨の一部を洞穴の中にある、木箱に納めるのです。
八年前に祖父が死んだ時もその儀式?は行われ、<家長が一人で全て執り行う>と言う決まりの下、父が納骨しました。 
(ちなみに納骨を怠った場合は家長の命が奪われるそうです)
無事納骨を済ませ出てきた父の話しだと中の様子は、
入り口と同じ広さ(約一メートル)の横穴が暫らく続く(五、六メートルかなぁと父は言ってた)
すると広い空間に出る(四畳半位、父談)
空間の中には、朽ちかけた祭壇のような物と、お札がが貼ってある二十センチ四方の木箱が
祭壇の後ろの壁には、天狗のような壁面が描かれていた
木箱の中には、骨の欠片が箱の三分の一位迄入っていた
だそうです。
死んだ祖父に幼少の頃聞いた話だと先祖が住む場所を探して崖のふもとまで来たときに、山の神様?が崖の上から声をかけ、ココに住み約束を守るなら繁栄を・・・
なんて事を言われたそうです。(約束は洞穴と納骨に関する事)
落ちもありませんが以上が私の実家にある開かずの洞穴の話しです。
長文失礼しました。

54 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 23:48:41 ID:uv8afuWy0
>>52
お寺って跡継ぎが絶えると家族みんな出ていかないとならないのに
自分さえ良ければ良いとは無責任なお嬢様だね

55 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 01:24:00 ID:sesQw70X0
そんなレベルの話で家系の責任なんか取りたくないな

56 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 01:32:50 ID:fIwkLctF0
結構怪しいしきたりみたいなのがある家ってあるんだな

57 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:44:28 ID:GPy4uluZ0
>>56
漏れんちのしきたりは友引の日は何があろうが葬式とか法事とかはしないってことかな
ほかの家でそういうのがあっても欠席させてもらうとか
あとは妊娠中はそういう儀式にかかわらないとかそんなもん

58 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:50:53 ID:3Bm1plDH0
>>57
友引に葬儀を避けるって、むしろ普通では?
昔だったら結構それって「常識」てな感覚の家・地方が多かったと思う。
最近はどうか知らんけど。

59 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:51:33 ID:+4UUyN34O
しきたりとかは一切ないな

60 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:54:49 ID:fIwkLctF0
大安に結婚式や引越しをやるようなもんだな

しかしそれはただの昔の占いに基づいたもので
ほとんど意味の無い迷信なのだったw

61 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:55:26 ID:GPy4uluZ0
>>58
あと木を切る時はおはらいをするとかかなあ
本当に独自のってのがないので書き込んでみた

62 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 03:28:48 ID:KFqo8R2k0
というか、友引の日は火葬場自体が休みなので、葬式を強行したくてもできないのであった。




平均年齢随分下がったね、このスレ。

63 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 03:29:27 ID:7SrxU/uWO
母方が武家の流れの旧家。
長子克つ女だとかなりの霊感持ち。
私の母親がその最たる例。
私にも少しだけ霊感がある。
長子じゃないから大したことはないけれど。

一定の決まりに従って受け継がれてゆく霊感がオカルト。

64 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 03:34:48 ID:7SrxU/uWO
わざわざ蛇足っぽく武家の流れの旧家と書いたのは理由があって。
母の実家、鎌倉なんです。
曰く付きの土地。

先祖が何やったのかは知らないけれど、他にも変な法則が。
一代にひとり、必ず自殺してます。
近いところでは伯母が亡くなりました。
因縁なのかな。

65 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 04:05:24 ID:GPy4uluZ0
>>62
はい?
火葬と葬儀はふつう別の日にやるけど

66 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 05:22:09 ID:ByJnB+jEO
>>65
全国的かどうかは知らないけど、東京では告別式のあと
親族と共に火葬場直行だよ。んで、焼き上がりを待って
みんなで骨壷に納める流れが一般的。

67 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 06:21:18 ID:f9k53bwV0
>>66南関東では、告別式と火葬を同じ日にやるのが一般的だね

68 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 06:49:49 ID:E99/OqFb0
>>27
先祖を祭るの自分の為じゃない、一族の繁栄の為らしい。
風水で墓が重視されてきたのもそのせい。
お前のような奴がでてきた時点で、
家運が衰退期、もしくは末期状態に入ってるんじゃないのか?

69 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 07:51:24 ID:83AaxhGoO
うちの実家は、お盆やらの「死んだ人」がこっちにゆるゆる来れそうなイベント中は、生きてる人同士は互いハッキリと誰を指してるか分かるような言葉で呼び、微妙な時は言い直す。
死んだ人の話をする時は更に気をつけてこのルールを守れるってのがある。
理由は先祖に物凄くアウアウな人が居て「もう(´・ω・`)な家系って決まっちゃってるので、幾らお払いしても何か来るのは確定」ってんでせめてもの自衛って事らしい。
なので半年に一度ぐらいに神主さんが来てお払いして御札を張り替えてもらってる。

70 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 08:44:36 ID:GPy4uluZ0
>>66
そこよりかなり北なんで
東北の一部である漏れのところは、一晩、そのままで過ごす
そして、その数日後に火葬
そして、その後に葬儀

今週のSPA!に全国各地の風習が載ってる

71 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 10:40:09 ID:zQx1Rv8mO
しかしどんなに時代が変わろうが、太古の昔より人類っていうのは亡くなった人のために何らかの【弔い】=【墓】を作ってきたんだよね。全世界共通で、どんなに文化が違おうが。
この概念がなんとなく不思議。いつ、どこから、誰が思いついて発祥したんだろう。


72 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 11:13:31 ID:WEZVyOz/O
>>17
まあさ、でも親だって君が生まれてから見返りを求めて色々、君に投資(!?)した訳じゃないだろ、御先祖さんも向こうの世界ではまだ、赤子みたいな状況だったり援助が欲しい場合だってあるかもしれないだろ。


73 :又聞き:2007/09/21(金) 11:26:40 ID:Ejl8ktGI0
早めに昼休憩に入ったんで、こないだ友人に聞いてきたヤツの父方のじいさんの話を投下。
イッコ前のスレの17さんチと共通点が多いんで、もしかしたら同じ家かもしれない。

前の書き込みの時に少しもらしたけど、クソジジイであるところの父方じいさんが死んだ。
そのせいで友人の末っ子の妹さんは結婚を延期している。
家族会議の結果、友人の家からはだーれも葬式には行かなかったそうだ。
血のつながっている肉親で絶縁をしようとすると、本気で絶縁するには冠婚葬祭全部ブッタ
切んなきゃダメらしい。
特にホトケ心を出して葬式になんか出てしまうと、せっかく薄くした縁が太く再生されるんだと。
縁って、この漢字でいいのかバカなんで自信ないけど、言いたいことは伝わると思う。

大マジメにしゃれにならん死に方だったみたいで、話を聞いたこっちまでゾゾゾときた。
骨壷がしまってある蔵みたいのがあって、そこの坪が全部同じ夜に割れたんだそうだ。
普段住んでる法にいても聞こえるくらいデッカイ音だったらしい。
駆け付けたら、クソジジイがなんかブツブツ言ってぶっ倒れてそのまま何日かで死んじまった。
年寄りだけど、クソジジイ道を驀進する元気なジジイだったのにバタリポクリ。

74 :又聞き:2007/09/21(金) 11:40:11 ID:Ejl8ktGI0
化け物屋敷みたいな変な家だったのが、化け物っぷりもパワーアップ。
本家じゃない従兄弟も怖くて近寄れないくらいなんだと。
葬式が体力勝負の変な埋葬の仕方をするから、人手召集されたけれど親類はみんな
逃げ回っているんだそうだ。
友人ところも一家で逃げてる。
後を継いだ叔父?伯父?だかが、生前のクソジジイそっくりに豹変してびびらせて
いるとか、因縁ぽい話を聞いた。

中身の骨は残っていなくても、やっぱり骨壷の中身って供養しないといけないんだろうか?
そこん家風に祭っていても、やっぱり正しい?やり方があるならそっちに合わせたほうがいいとか
あるなら、教えてやって欲しい。
友人の妹さんはゆわいごっていう巫女さんみたいな特別な子だっていうんで大事にされるはずの子
なんだそうだ。
耳で聞いただけなんで漢字はわからん。ひらがなだけかもしんない。
めったに生まれないけれど、生まれたら周りを幸せにしてくれるっていう意味らしい。
親戚の中で生まれた家があると、昔は本家が無理やり取り上げてしまったんだそうだ。
大事にしている割には早死に率高くてビビるんだけどな。
女の子の成人する年を迎えられる例が少ないらしいから、なんか虐待でもしてたんか?

75 :又聞き:2007/09/21(金) 11:49:40 ID:Ejl8ktGI0
家の周りで鳥が大量に死んだり、カエルが大量発生したり、必ず枯れる木があったり
するのも呪いみたいのなんだろうか?
日本庭園で低い山みたいのを作るのがあるだろ。あれがいっつも禿山になったりとか。
子供のころ人魂を見たとか(紫色でキレイだったそうだ)、皿を数える階段みたいな井戸
があって石?の板で負債であったりとかした家なんだと。
井戸には二人か三人、女の骨があるから絶対にあけちゃいかんとか言われたそうだ。
夏は涼しく、虫がいない快適な家だったらしい。その点は誉めてた。
子供のころの記憶だから怪しいそうだけど、家中ペタクソお札が張りまくり。
これって、なんか怪しいことがあるから張ってるんじゃないか?
窓とか勝手口とか、出入りができそうなところには必ず張ってあったそうだ。
黄ばんだ和紙に習字の直しみたいな赤いオレンジでニョロニョロした変なの。
昔はやったキョンシーのお札っぽいやつだったそうだ。
それに黒い普通の墨で四足歩行の動物がかいてある札。
こういうのって、どういう意味かわかる人いないかな?

書き込み許可が下りている範囲はこれぐらい。
詳しい人何か教えてくれたらうれしいです。どぞよろしく。m(__)m

76 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 11:55:53 ID:MZDhVOsn0
ゆわいご=祝い子?結わい子?

77 :又聞き:2007/09/21(金) 12:10:07 ID:Ejl8ktGI0
>>76

すんません。
耳で聞いただけなんで、間違っているかも。
近い音でそれっぽいのを補完して意味を教えてくれるとうれしいです。
こういうのちっとも分からん脳みそ筋肉なんですよ。
多分おめでたい意味があるとは思うんですが。

78 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 12:14:09 ID:Ebve1JAi0
おそらく道教系の霊符だろうけど、種類はむくくちゃたくさんあって、
魔除けのようなもから、便秘を治すとか、ペットがなつくようにする
とかまでいろいろ。見なきゃわからん。
動物が描いてあるのは干支のやつかも。正対化霊天真坤元符とかいう
らしい。
昔の人ならわりと日常的に使ってたかも。
まぁ、その家は普通ではないと思うけど。

79 :又聞き:2007/09/21(金) 12:22:18 ID:Ejl8ktGI0
>>78

勉強になります。そんなにたくさんあるんですね。
多分魔よけか、外からくる悪いもんをはじくためのものじゃないかと友人は言ってました。
家の中にも張ってあるけれど、外側にもお札どころって、雨戸と戸棚をドッキングさせて
平たくそたようなのの中にお札が張ってあったらしいです。
中身も同じかは分からないみたいですけど。

四つんばいの動物は熊かオオカミか犬じゃないかと見た本人は言ってます。
暗いしそんなに注意してみてたわけじゃないけど、十二支はねえぞと言ってます。
絵がへたくそだったらどうするよ?と自分は思うんですが。

80 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 12:37:56 ID:Ebve1JAi0
まぁ、干支のものは使う人の干支に対応したものだから、壁とかに貼ったりする
のは違うっぽいですね。
それか、四聖獣で絵を描くのってあったかなぁ。
神道系だと三峯神社のお札に狼の絵が描いてあるのがあります。狼や犬の場合は
狐憑き予防とかが多いかと。
#ちなみに犬は十二支ですが。

まぁ、家に貼ってあるのは、魔除けや火災などの災害避けでしょうね。

81 :又聞き:2007/09/21(金) 15:30:17 ID:Ejl8ktGI0
>>80

にゃるほろにゃるほろ。
お札一枚とっても奥が深いんですね。
自分のオソマツな脳みそじゃ理解しきれんという確信だけが深まります。
友人が従兄弟にたのんで実物をうpできたらしてみたいと言ってます。
何かしらのヒントみたいのが見たら分かるもんでしょうか?
ネットで見るだけでも悪い影響が出るようなことはないと思うんですが、
迷惑でなければ甘えてもいいでしょうか?
お札は友人の覚えている限りじゃ、生前はじいさんが自作していたっぽいです。
だから下手糞呼ばわりしてるんですが。
従兄弟さんからの情報によると、古いのを今全部剥がして新しいのを春作業を
しようかな、というところらしい。
んで、手当たり次第剥がして回って、まだこんなところにあるんかみたいにゴタついてる。
じいさんが死んだ前後からいやーな感じがしてたのが、もっといやな感じにダルマ積もり?
古い分は何枚か見易いのを取っといてあるんだそうです。

>#ちなみに犬は十二支ですが。

あー、そういやそうですね。
思いっきりバカ晒しているわ。教養ないとこういうときダメですねえ。

82 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 16:17:53 ID:Ebve1JAi0
えーと、霊符というのは神様の魂とかが入ってるもんなんで、あまり無闇に写真とか
を撮るのは失礼にあたる場合があると思います。
霊符の本とかも売ってますし(当然、全部載ってるわけではないですが)、そういうの
で調べてみたらどうでしょう。あるいは、僧侶や神職の人に相談するとか。
ただ、それが何であるかがわかったところであまり解決のヒントにはならないのでは
ないでしょうかね。
それより普通に考えて、井戸に骨って・・・庭にも何か埋まってそうだし。
#でも、桜の樹は死体が埋まってるから美しく咲くんですよw
#フィクション(梶井基次郎)ですがね。

いきなり剥がしたら効果が消えてやばくないですかね?剥がしたあとの処分もちゃん
としないとまずいかもしれません。
壁に貼るタイプは効果は持続するかもしれないですが、携帯するタイプだと、一年毎、
節分に新しいのに取り替えたりします。
さがせば霊符スレとかあるんじゃないでしょうか。

83 :又聞き:2007/09/21(金) 16:30:45 ID:Ejl8ktGI0
>>82

製作者が製作者だったんで、自分も友人もそういう気の使い方をしてませんでした。
至らぬ点ご指摘ありがとうございます。
従兄弟さんにはそのようにお伝えします。

>庭にも何か埋まってそうだし。

庭の土は不明ですが、井戸は大真面目に先祖が数人入っているそうです。
おかげで名前が『珍井戸』。
珍妃の井戸にちなんでるそうですが、蓋したのは江戸の真ん中あたりらしいんで
そいつはうそだろうと自分らは言ってます。
子供のころに友人が叔父だか伯父だかから聞いたそうなんですが。

あと枯れる木は桃の木だそうです。
何回枯れても必ず飢えとかないといけないらしく、庭の世話する人が泣きっ面で
世話をしているんだそうです。
種類を変えて植えても最短一年もたんと枯れるのは聞いてて木も気の毒ですよ。
土が悪いのか、桃らしくない変な花が咲くんだとか。
できるかどうか分からない実も絶対に食ったらいかんのだそうです。

>携帯するタイプ
家長だけが持ってる特別なお守り見たいのがあるみたいです。
それらしいのを死んだじいさんが整然持ってたけど、今は行方不明。
木の仏像みたいのらしい。

霊符スレを探しに旅してきます。
いろいろ教えてくれて本当にありがとう。
自分らこういう知識がないんでマジ助かります。

84 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 17:03:57 ID:Ebve1JAi0
まぁ、余談ですが、桃というのは、日本でも中国でも、霊的な力のある果物とされています。
中国だと、仙人になるために食べる桃や不老不死になる仙桃、理想郷であるところの桃源郷
など。日本だと、確か古事記でイザナギノミコトが黄泉の国(あの世)からの追手に桃の実を
投げつけて回避したり、古神道の呪式においては真剣の代わりに桃の木で作られた桃剣を用
いたりします。その他では桃太郎や桃の節句なども関連があるとされてます。

必ず植えとかないといけないというのは、やはり魔除けの意味なんでしょうかね。

85 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 17:09:56 ID:hSmS+X+y0
家福招来だかなんだか
幸せを呼び込むお札というのを家中にはりまくってる家があるよ
トイレや窓、勝手口など外への出入り口に貼るんだって
最初見たときはビビッたけど
話を聞いたら縁起物感覚らしい

86 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 18:19:13 ID:g0TY/dXX0
>>68
って事は俺んち末期どころか終焉だよ
両親が親の反対押し切って駆落ち、姉と俺が生まれた
母親が亡くなった時に位牌と遺骨だけ抱えて逃げられた(低学年だったので悲しかった)
「お前達は孫ではない、目障りだ」みたいな事言われたのは覚えてる

父親が亡くなった時は色々と話し合い(成人してた姉だけ)四十九日の時を最後に逢った事がない
姉は臓器移植、献体後共同墓地に入るように決めて「決意表明」したらしい…
他人だって事を認めろという事に同意してるって事か?
姉が言うには「裁判所通さないと(通しても)縁は切れない事を知らないなんて」と笑ってた
>美人ではないし酒は飲まないが丙午日だったよ、姉…

家系に入れてもらえないから板違いですかね〜


87 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 18:23:25 ID:hSmS+X+y0
駆け落ちするとそういうのがツライんだよね…
相手とダメになっても帰る家が無いうえ誰にも頼れず子供まで邪険にされる

88 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 01:45:10 ID:ZUtQ3dgS0
>>86
せめて両親のことぐらいはせめて祭ってやれよ

89 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 02:01:38 ID:vPwFQ07g0
>>86
ジジババの老後を見なくて済んだとポジティブに考えるんだ

90 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 04:08:36 ID:LQNqe/eKO
>>86

うわーうちの両親と同じだ!
どちらの家でも邪険にされんだよね。

先祖の墓参りも出来ないし。
うちは兄弟ともバラバラだよ〜


91 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 05:06:26 ID:fVEJkLZh0
うちは一族

92 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 06:47:03 ID:XmnJqlJU0
又聞き様
亀ですが、三峰神社だったかな?狼を神様としてだったか神様のお使いとして
だったか、そのあたりがうろ覚えなのですが、狼を祀った神社と言うのはある
みたいです(ほかにも全国にあるらしいです)。
だから、お札の動物というのもオオカミなのかも。



93 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 14:15:02 ID:2gPXGE4W0
>>91
兄は実はいい人

94 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 14:16:04 ID:2gPXGE4W0
>>92
狼→オオカミ→大神

狼は神様

95 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 14:42:01 ID:eSsXD4j30
           ,r,、
    /~ヽ    ,ィ'/ |
    | ;;; ヽr''''  ゞ'i           _,,,...--――-- 、.,_
     | ;;;;,. r  、  ゝー----――''''"";: ;: ;: ;: ;: :;: ;: `ヽ、
    |    ;: ;:ゝ;:,. ミ ;::   ;:  ;:  ;:  ;:         ヽ
    /ミ   ; : : ;   ミ  ;:  ;   ;   ;  ;         ;:!
   /    =・!  ;・' .;ゝ  ,;:  ; ;  ; ;  ;:          ;;|
   彡 ミ   ヽ ヾ"  ,;:  ;: ; ; ; ;           ::   ヽ
     彡  、    ヘ  ;: ;:        、、'"`ヽ      ,i    ヽ
      ヾ,  \_iフ ;: ;:  ,,.-- 、、、、 ヾ    ヽ     /ヾ   ヽ
        ヽ  、     i''"            ヽ    /  ヽ    i
         |   |ヾ   |              ヽ   ;!    `ヽ、_`ゝ
         i   /  ヽ  l               ヽ  ヽ
        ,!   /   |  |                \ \
       ,l  /     !  !
       / /     | ,i

96 :99 197:2007/09/22(土) 17:10:03 ID:szxtI+gEO
レムリア地方よりムー大陸に現れた当時12歳の少年が率先して起こしたクーデターと神殺し。
二年で王座について、彼は自分こそが真の太陽神の化身であると言った。
初代太陽神の血縁の国外追放。
その後の、二つの大陸において起こった戦争で、両国は滅亡した。
戦争の置き土産であるポールシフトの脅威がおさまり始めた時に、超古代文明の生き残り達は、新天地を探して、世界各地に、言葉通り、天から降臨した。
その中には追放された初代太陽神の血縁もあっただろう。
ムー帝国を英語表記すると、MU EMPIRE
MU=ムー、ミュー 又はムとも読める。
ムーの神というかつての栄光と威厳の想いや祈りも込められたのだろう。
超古代文明において、桃の紋章は知識や知性を意味する。種が脳の表面によく似ているからだ。
思想の違いや、魂の転生の違いで、日本の各地に散らばるのは、致し方ない事だ。世界規模の天変地異に見舞われては、敵国同士でも協力しあわなければならなかったはずだ。
だがその時、二つの大陸の意志が双方、世界に受け継がれ、神が別世界に逃れ、まだ生きているのを知ったのは、後からの事である。


97 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 17:27:45 ID:/s1wm/ZpO
>>96
以上、民明書房刊「思春期における厨二病の症例」より抜粋

98 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 18:39:56 ID:7rb5aPlr0
>>87
怖いのは周りの他人、いい人ぶりながら裏では「せめて女親の方が残ったならね〜」
学校で同級生に言われて怪我させて「乱暴者」と言われてた

>>88
両親の写真と結婚指輪(おもちゃみたいなヤツだけど)に線香あげてます

>>89
姉はそう言ってる、でも俺がしっかりしないと面倒見させてしまうような気が
ただいま休職中、来月で失業保険が切れるから少しは慌てないといけないんだが…
今の状態は女の部屋に転がり込んだ無職のヒモ男、これで3度目なんだけど
姉と性別逆なら良かったかな、とも思う(それはそれで迷惑と言われた)

>>90
きっと皆さんバラバラでもしっかりしてるのかも
前の2回は借金持ちで少し手伝ってもらった(あとは無いと思えと言われた)
実は借金返済は3度目なので、もう姉に泣きつくなよと思うんだけど…
1回目はレンタルの振袖さえ借りれず、父にも見せてやれなかった

今度のは借金が無かったので専業主夫という事で置いて貰ってる
もう二度と逢いに来るなといわれたら泣いちまうかも、俺








99 :99 197:2007/09/22(土) 19:26:10 ID:szxtI+gEO
>>96
ピーチ姫も、あながちゲームの登場人物とも言い切れなくなってくるのが、面白い所だ。
遠い昔に、かつては桃源郷と呼ばれ、鶴に乗って空を飛ぶ人が紋章の帝国から、アトランティスに使徒としてやってきた一人の女の子がいたからな。
アトランティスの神であり王のアトラスが信仰するタイタン族の最高神は、世界の大地、大陸を支える巨大な亀だった。地震を操る神だ。
やってきた女の子は、ムーの庶民層又は奴隷層の、正真正銘の在来種(人間)の家系から生まれた天才のアーティストだった。しかも美人だ。
彼女は、アトランティスに訪れた予言であり、出迎えられた当初は、お姫様として扱われた。
亀の甲羅を持つ魔王に略奪された姫という設定は、あながちゲームとは言い切れない。
ムー帝国の側から見た、受け取り方はそうだったろう。
「待ち続けてはいるが、姫、あなたを傷つけたくはないのです。」
と言ったテンプル騎士団の気持ちを俺はよくわかるような気がする。
亀が登場する御伽噺も、多いよな。
たぶん、フィクションだけど、でもあながち、フィクションとは言い切れないから怖いよな。
あの子の転生は、間違いないだろうが、彼女は忘却の中にいる…。目はいつも、追い掛けているが、干渉しない事が、争いに巻き込まない事が一番、いいような気もするんだ。


100 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 19:30:00 ID:6wG1byJx0
カスは消えろ

101 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 19:34:40 ID:BWXReqFbO
>>100
すげぇ瞬殺だ!

102 :99 197:2007/09/22(土) 21:19:37 ID:szxtI+gEO
一服くらいさせろ。
|ミ サッ


103 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 21:44:29 ID:6wG1byJx0
ここはマジで来るな

104 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 21:56:42 ID:N8m85lFs0
物知りおじさん、スレ立てなよ。

105 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 22:24:38 ID:FHxaEqE40
墓を統合する結果になってしまってるという人はいますか?
嫁ぎできた人とか婿に来た人の実家で誰もいなくなってしまうという人

106 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:59:12 ID:xCTjnR6d0
>>105
統合するわけではないけれど、母の実家はこのまま叔父に子供が出来ない時には私が墓守になるように言われてる。
兄貴は家を継ぐし、そうなると一番近い血筋は私だけだからって。
まあ、一番良いのは叔父に子供が出来ることなんだけどさ。

107 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 01:51:00 ID:S3LQ117V0
>>106
サンクス
これから墓はあれども入る人、守る人がいないということが増えるだろうなあと思ったので

108 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 10:07:34 ID:4sr8YLrf0
お寺に頼んで永代供養ってのもあるみたいだけど

109 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 15:00:31 ID:UwHgCu4H0
永代供養ってお金かかりそう

110 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 17:06:52 ID:EVQrYz9b0
永代供養も、未来永劫、ずーーっと永遠にってわけじゃなく、30年くらいたったら
無縁仏用の石塔に集めて一緒にするらしいって聞いたけど。

>109新しいお墓を作るよりは安いんじゃない? よく知らないけど。

111 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 20:09:08 ID:+WGE00+CO
桃って体を冷やす食べ物なんだって

112 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:25:05 ID:EVQrYz9b0
>111
私は逆だって聞いたけど、ソースは?

113 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:47:11 ID:kCbH0pWOP
加熱しないナマモノで体が暖まるなんて、普通は考えられない。

114 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:51:19 ID:ke56gD/30
>>111
そうそう、桃の種は婦人病の漢方薬になるんだけどね(血流に作用して温めるの)
桃には女性を守る力があった(汗疹、肌荒れの美容効果の薬になる)
桃は神だったか、巫女神の化身だったと聞いた事が…
だから妊娠中はたくさん食べると良くない、昔だと出産も命がけなので
そういう「モノ祓い」の力が強い邪気払い扱いされてた植物だったんだそうな





115 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:54:16 ID:S3LQ117V0
>>114
血流が良くなる結果。出産のときにえらいことになるってわけか

116 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:55:42 ID:PtB3fw8L0
>>113
っ[ヒント・組成や成分]

誰でも判りそうなレ例を挙げるなら、加熱しない青唐辛子や生姜、薫菜等を
摂取すると身体が温まる。

117 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:16:11 ID:ecRFD22f0
例の件でイザナギ様に大神実命(おおかむづみのみこと)と名づけられている。
桃太郎神社では桃太郎としてこの神様を祀っている。

118 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:20:21 ID:vnNlVBkVO
今だって出産は命懸けだとおもう。

119 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:35:20 ID:L5AuGyI20
救急車でたらいわましにされたりしてね

120 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 20:14:40 ID:iePOL7cX0
妊娠してるのに産婦人科に一度も行ってない妊婦が悪い

121 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 20:29:55 ID:TIu+4GNr0
>>120
旦那の急な人事異動やらで急な引越しとか、レアケースだけど妊娠に気づかなかった事もあるらしいから
一概に言い切れない。早めの通院は必要だけど、母子手帳交付時に窓口でもっと通院の必要性を説明しないと
マズイよ。何処とは言わないけど、手帳を発行しておきながら通院についての必要性を一切言わない役所もある。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:31:25 ID:R8tyoaFu0
>121はリアル消防? 
急な引越しで、とか超ワロスw 流産かなんかと勘違いしてるだろ?
臨月でどんだけお腹大きくて重たくなるか知ってんの?ww
生理止まって、つわり来て、胎児に何度も腹蹴られて体調・体型その他もろもろ、
通常とは明らかに違って、誰もが知ってる「妊婦」の状態を10ヶ月も過ごし
ておいて、本人が「気づかない」って、wwwww 
「青い珊瑚礁」とか狼に育てらた少女のこと言ってんの?ww
役所とか母子手帳とか、何なんだよ。 一体何の話してんだよwwww





そもそもスレ違いだし。

123 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:43:03 ID:uUbcdXiC0
でもたまに産気付くまで気が付きませんでしたって人いるよね

124 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:44:05 ID:TIu+4GNr0
>>123
貴方自身、経験の無いことだからそう言える。実際にある事だけを話したのみ。





スレ違いだと思うなら、スルーするんだね。
スルー出来ていない時点で相手にした貴方も私も同じ。

125 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:44:49 ID:TIu+4GNr0
レスアンカーのミス。
>>124>>122

126 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:49:27 ID:uUbcdXiC0
前にTVの特番で○○危機一髪!!みたいなのがあって
一般人の人が色々危険な目に遭ってそこから無事に脱出する話を集めてる番組なんだけど
その中に「妊娠中なのに全然気が付かず色々やっちゃった人の話」があったよ

正直いってその人バカだと思った
やらせじゃないならね

127 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 22:00:52 ID:v/6/xtul0
妊娠しても見た目あんまり変わらないし気づかない人いるよ。
出産直前になって仰天したりする。
そのへんに転がってる話で爆笑してる>>122って、どれだけ消防なんだよ (苦笑

128 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 22:04:22 ID:uUbcdXiC0
つわりがなくて生理が不順な人だと気が付きにくいよね
身長が高いとびっくりするくらいお腹も出ないし

でも自分の体のことなんだから気が付けよとは思うw

129 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 22:16:58 ID:+NKyOljeO
家系の話して

130 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 23:38:00 ID:J9ck+Bj50
うちの実家は田舎のだいぶ古い家で
戦中の頃は何人か死んでるんだけど(戦死、病死etc.)。
んで、自分の子供の頃は母も叔母(父方の)も変な足音よく聞いてたみたい。
唯一うちの酒乱馬鹿親父だけはそういう事はまるで分からない人だった。
そんな親父でも血相変えた事が2度あった。

1度目は自分も見ていたけど、親父のいとこの仲の良い叔父さんが亡くなった時。
夕飯時で、母が親父のご飯茶碗にご飯をよそった瞬間茶碗が真っ二つに割れた。
数時間後連絡が来て叔父が亡くなった事を知ったんだけど、茶碗が割れた時間だった。

2度目は、自分の親戚で我が子殺しの女性が居た。
幼い実の娘の首を絞めてる所を、娘の兄ちゃんが見ていたそうだ。
それを見たお兄ちゃんは(まだ子供だったらしいけど)家出して
その後その人の消息はまるで分からなかったらしい。
(生きているのか死んでいるのかも)
子殺しの女性が亡くなった時、しょうがなくうちの親父が葬式を出した。
終わった後いつもの通り一人で大酒飲んでいたら親父の名前を誰かが呼んだらしい。
男性の声で「た○○・・・」って。
あっと言う間に酔いが冷めて「あいつか!?]とすぐに庭に出たけど誰も居なかったそうです。

あまり怖くない話でごめんなさい。



131 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 23:48:47 ID:Otkl9jml0
>>130
>あまり怖くない話でごめんなさい。
もう、十分怖いですから!…っていうか、ここは怖い話しかしちゃいけないのかな?

叔父さん的に茶碗を割るつもりがあったのかは不明だけど、茶碗もったいない!と思ってしまった自分orz
亡くなった人の火葬の際に愛用の茶碗も一緒に葬る、というか割る風習があるところも結構ありますよね。
茶碗は身代わりに連れて行かれやすいものなのかな。


132 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 23:51:14 ID:uUbcdXiC0
似たような話で箸が縦に真っ二つに割れたというのを聞いたことがある
割り箸じゃなくて普通の硬い塗り箸

133 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 00:01:47 ID:IXoNY/UW0
>>132
箸もったいない!
食事時に使うものは、使う本人と同化しやすいんだろかね。


134 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 00:08:58 ID:vHwgEeUP0
>>131 さん
オカ板だからこの程度ではどうって事無いのかな?・・・と。
茶碗に関しては、今で言う百均で買うより安い感覚で買っていた物なので。
どっちかて言うと 「今までお疲れさまっした〜」 って感じでした。

>>132 さんみたいに
箸なり茶碗なりが身代わりになるってあるのかもしれませんね。
つい最近>>130 の話を旦那にしたんです。
でも、その話のきっかけは旦那の
「昔、酔っ払って旅行先で買った\9.000の茶碗が数ヶ月で割れた事がある」って
話からで。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 00:16:19 ID:9fY/hVLE0
人によっては半年過ぎても見た目変わらないからね。
元々生理不順だったりしたら気付かない可能性大。

だけどやることやってんなら可能性くらい考えろ、とかは思うな。

136 :131:2007/09/25(火) 00:23:38 ID:HPi/Ng4A0
>>134
\9,000の茶碗、もったいない!と思ってしまう貧乏性な自分w
でも、134さんのおうちのように、物に執着しないのは良いみたいですね。
自分もこれからは、茶碗があぼーんした時にはお疲れさまと言って送り出したいです。


137 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 00:41:18 ID:qfYBycUQP
茶碗がいきなり真っ二つに割れたら、何時・何処・誰でもビビるわなぁ…

138 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:18:40 ID:EXhVI5n80
京都では、葬儀の後の出棺の時に故人の茶碗を割る習慣がある。
意味としては「もう戻って来ても、あなた(故人)の茶碗はありませんよ。
現世に未練を残す事なく成仏して下さいね。」という事らしい。 

139 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:22:24 ID:X7ypzSQh0
自分がセックスしたかどうかもわからないバカ女がいるスレはここですか?

140 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:24:09 ID:KkaAsMu60
そんなこと書くとエッチしたら必ず妊娠すると思ってるバカって笑われちゃうよ

141 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:41:03 ID:QH3R332vO
祖母の実家の墓地はとっても狭いのに、ずっと土葬。埋葬する時、前の仏の骨、昔のお金とか出てくる。
先祖達の
骨でまぜまぜな穴に新しい仏を埋めてる。
先祖代々の土地が道路、ゴルフ場等でお金持ちになったんだから
家族みんなで贅沢三昧していないで、先祖のお墓をなんとかしないといつかばちが…
と周りが言ってたら、火事になった。家の中心の仏間で火事。でも火元の部屋の仏壇は無事でした。

142 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:45:16 ID:X7ypzSQh0
本人がまったく気づかないなんてことがあるとするなら、
それは無知と怠惰と現実逃避が原因なのではないかね?

143 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:59:39 ID:D4XZCF650
遅レスの上になんか考えがズレてるな。一生ROMってていいよ

144 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 02:10:05 ID:k/q2WxVA0
ここ家系を語るスレで、受胎を語るスレじゃないから。
そんなに女叩きやりたかったら他にスレ立ててくんね?


145 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 02:13:44 ID:zqeRG5rc0
>>141
なんて分かりやすい先祖からの罰でしょう。

146 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 02:24:53 ID:l4tiQoka0
>>145
なんか感じ悪いよあんた


147 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 03:53:14 ID:F0rR+XdL0
>>138
漏れん所は納骨のときだったかなあ
墓で

148 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 08:38:25 ID:4GQo6/Hv0
嫁入りの時に茶碗を割る習慣があるところもあるよね
向こうの家の人間になったんだから実家にはもう帰ってくるなって意味で

149 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 09:44:40 ID:3C1r5l/GO
うちの父方の家系は武家の出。
戦国時代に名をあげたくて殺傷しまくったらしい。
そのおかげで何代かに一人、必ず変死する人が出る。
それも全部男。
一番最近では私の父親が変死した。
以前霊媒師の人に相談したが、物凄い人数の恨みを
買っているようで、どうにもならないらしい。

だから実家には仏壇があるが、その殺傷した人達の
供養の意味も込めてご飯を盛る器は二つ、
それも山盛りにして。

一体いつまでこの因縁は続くんだろう‥

150 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 09:54:18 ID:zqeRG5rc0
>>146
何で?

151 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:05:30 ID:qfYBycUQP
>>149
ある霊能者(私自身も会ったこと有り)によると、武将の霊でも
戦国時代どころか、南北朝・源平時代の霊ですら、いまだに未浄化霊で、
生きている人に影響を与え、生前の恨みを晴らそうとしているそうです。


152 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:33:39 ID:YNICPPxFO
まぁ変な宗教に懲りずに霊供養だけ
真剣にやりなさいってこった。
しっかしインチキ宗教に引っ掛かる人も
先祖からの因縁があるんかねー

153 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:44:22 ID:Qxszlf4w0
>>149
ごめん、そのご飯盛る器だけど、二つというのは、二組と考えて間違いないかな?
(二つ=一組だと、普通の仏具になってしまうんで)

しかし、肉親まで巻き込まれるのは辛いね。
早くパワフルで良心的な助力者が見付かるといいね。


154 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:48:55 ID:qfYBycUQP
人は前世の行いを正せずに、現世でも同じ行動をとるのだという。
人殺しや死刑囚のみならず、あらゆる生活行動は前世の反省を
活かしてるのかどうか不明だ。
悪い宗教も各地の史誌・民俗誌を見ると古い時代から色々ある。
歴史も人も繰り返すのは本当虚しいこと…。

155 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 15:54:10 ID:HBu8C/rI0
>>154の人は前世の行いを正せずに、現世でも同じ行動をとるのだという
みたいなことを俺も聞いたことがあるけど、だとすると
2ちゃんねらあは、前世でも2ちゃんねらあだったんだろか。

156 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 16:29:45 ID:Je7Aimdy0
このスレも経年劣化してきたな

157 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 16:30:50 ID:LRgTaPyqO
836 本当にあった怖い名無し 2007/09/25(火) 16:25:09 ID:LRgTaPyqO
これはアメリカのゲームです。1度やってみてください。
これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。驚く結果をご覧いただけます。
このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事が
かなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。
約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たった3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。

158 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 16:32:06 ID:LRgTaPyqO
837 本当にあった怖い名無し 2007/09/25(火) 16:28:38 ID:LRgTaPyqO
@まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。
A1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。
B3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味の
ある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名
前をかく)
必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。
C4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さ
い。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。
まだ、先を見てはいけませんよ!!
D8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。
E最後にお願い事をして下さい。さて、ゲームの解説です。
1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。
2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。
3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。
4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。
5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。
6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。
7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。
8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。
9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。
10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。
この書き込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピーして貼って下さい。
そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが当たってませんか?

159 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 15:07:00 ID:9A/IlqV6O
茶碗が割れたという話だが、ある漫画家のお父さんが亡くなった時には
しゃもじが真っ二つに割れたらしい。

160 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 02:31:48 ID:cQ+4xX7X0
>>159
しゃもじって、一般に女性的なものの象徴なのに、男の人が連れてくのが面白いね。
きっとごはん大好きパパだったんだろうね。
うちのしゃもじはプラだから、割れたらかなり怖いかもだ。


161 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 23:51:06 ID:p/KTXGlu0
hage

162 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 23:59:13 ID:OQRXqy7nP
死んだら茶碗を割るくらいできるようになるわけだな。
たら、俺が逝ったら片っ端から近所の家庭の茶碗を割ってしまおう。

163 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 00:08:06 ID:8bnnkmaa0
>162
まあ人は色々言うだろうが、俺はお前が好きだな

164 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 01:07:14 ID:bp8wMEQl0
>>162
陶器屋大繁盛だね。

165 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 14:29:53 ID:OFf2GzBK0
オカルトかどうかは解らないけれど、
うちの一族、老若男女問わず顔も性格も似たのばっかりなこと
正月など、身内が集まったときにはそっくりさん大会みたいで気持ち悪い

私と年の離れた妹はよく似ていて、互いの同級生も一瞬戸惑うこともしばしば
弟は亡き叔父と写真比べると瓜二つ、祖父母も生まれ変わりだと言うほど
父も写真で見ると曽祖父そっくり、祖父は同じく残った写真で見ると曾祖母そっくり
祖父の兄弟(私から見ると大叔父S)も、どう見ても兄弟です本当に(ry

性格も、小心者の癖して負けず嫌いの頑固者
弱きにはとことん横柄で、強きにはとことんへこへこというDQNだらけ
うちに嫁いできた嫁さん同士の愚痴大会には「あるあるある!」
と共感しあい、頷くことだらけ

DNAが強すぎるのかな
ちなみに近親婚はしてないです
お嫁さんは、母も含めてみんな血のつながりのない方々

166 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 17:57:41 ID:mGQKHuar0
優勢遺伝の塊みたいな一族なんでしょう

167 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:02:49 ID:mGQKHuar0
誤字すいません
優性です

168 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 02:18:09 ID:OwdULbUQ0
        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / D  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  D ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  N  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  N |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  A   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  A  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄


169 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 15:19:34 ID:k0/UtYoyO
>>141
今の日本て土葬は違法じゃなかったっけ?
てか今時、土葬してるなんて、どこのド田舎?文明が伝わってない山の奥地?

170 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 15:40:58 ID:ny4j9kCH0
別に違法じゃないよ。条例で禁止している都道府県はあるけどね。
祖父が土葬を熱烈に希望したので仕方なく調べまくって
ついに某県の某寺で土葬を確約させていただいた私が言うんだから間違いない。
うん、荒らしにマジレスな自分乙

171 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 17:00:23 ID:xy4im5Mt0
土葬の話が出ると、なぜか必ず169みたいなレスがつくのが笑える

172 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 20:59:24 ID:4dT9wwiaP
滋賀県とか土葬の地域あるだろ。
三昧とか云う墓石とは別の場所に、座棺だけを埋めるんだっけ?
沖縄なんかも死体を穴蔵みたいな場所に置いてくるんだっけ?

173 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 00:00:37 ID:aymTXFfK0
沖縄は洗骨の風習が今でも残ってるとこあるから。
(亡骸を骨になるまで放置してから海水で洗って改めて葬る)
あれはあれで合理的っていうか、個人的には同じ骨にされるのでも
火葬よりあっちのほうが清々しい感じがする。

174 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 00:20:59 ID:RvEw2cBWO
しません。

175 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 13:28:03 ID:1daLf6lH0
個人的っていってるのに狭量な人だな。
まあ自分の狭い世界と狭い概念だけでつまらない人生をおくるんだし
それはそれで幸せかもしれないが愚かではあるからなるべく外に出ないでくれ。

176 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 14:12:35 ID:lotXLTGZO
>>171 で?必ずとかキモ

177 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 14:14:24 ID:lotXLTGZO
荒らしにマジレスだって
(*´艸`*)荒らしじゃねえし

178 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 14:39:13 ID:PAvYpxSg0
とりあえず力ぬけよ

179 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 01:07:41 ID:tFI9JA9CO
>>175
いちいちきにするな

180 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 14:31:12 ID:f22DxFmM0
なにこれスレ止ってんじゃん

181 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 18:51:58 ID:otJyurMt0

     _,.、,.、,.、_
   ,;:'゙ : " . ; ゙ ";,.      __________
  ,:'. ; . ゙∧ ∧ ; .';,.   /
  .;: ゙ . ; ": ・ ・ . : '.:; < ageろおめーら
  .;: " . : ゙. )●( . ":;   \__________
  ':;, ゙ ; . " ー . ゙ . :;
   ゙ : 、,._, ._, ._., : "

182 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:31:01 ID:ufepWaS60
母方の家系の長男がみんな職につかない
今風に言うとニート

祖母兄弟の長男(一番上):40までフラフラ。別に酒や博打やってたわけでない。その後土方に
母兄弟の長男(三番目):30過ぎまで家にいて、私の父が紹介した工場に就職
叔母1の長男(一番目):ニート
叔母2の長男(一番目):ヒッキー

そして私兄弟の一番上の姉がニート
一人だけ女だけど、昔から男みたいな性格・物の考えをするからそういうものなのかもしれない


183 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 14:12:00 ID:uc3gspjD0
裕福で親がうるさくないのかな

184 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:31:55 ID:8k1G5qKr0
      ,.-: : : : : : : : :ヽ、: :=:.、
    ./: : : : : : : : : : : |ヽ',ヽ: ; : :ヽ        _ _,,..,、
  /: : : : : : : : : : |ヽ: :| `i, ヽx_、:ヽ     _r.i' r"ヽ、 ヽ
  /: : : : : : : : : : i: :|,=!,~|   `.  ヽ ヽ:!,',  rY ! i    ヽ0.i
. /: : : : : : : : : : : |":|  V      _ `i`!/::!-'"      ,.イ
/   . : : : : : : : ::|ii|   __ニ,     =- i/  :::     / ,.ヽ
|. . : : : : : : i: : : : :| ! ,=”""      `r'" ヽ  :::.rヽ,='"_    ',
|: : : : : : : : |: : : : :| "         !,ヽ `__,,,.=`ヽ-''ヽ     ヽ
.i: : : : : : : : |; : : : :|              `ー-"|         ヽ    ヽ
..|: : : : : : : ::|; : : : :|              i        ',     ヽ
 i: : : : : : : (|: : : : |             /         i,     ',
  |: : :i: : : : ヽ; : : : |           /|          !.      ',
  i: : :|: : : :::::|: : : :|,_        _, ,=": : |          !,      ',
   !: : |: : : :::::'i: : : |:|     /::::::::i!:: : : :|          _!,        i
   !: :.|: : ::::::i::|: : :|!     |::::i!:::| |: : : :|   _,,,,.. ー- '"  '      |
    |: :|: : :::::|:|:'i: : |       !=-ー┤: : |~ ̄              ,,.="
    |:|:|i: :::::|::L:!:i: |       ヽ |: :i: |            _,,.-="
     i!|.|:::/、 |:i: | ,,,,_  / `|: :||:!         _,..-="
     }/   ヽ 'i:i:|ヽ       |:/|:!ヽ .:::  _,,..-=''"

185 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:30:20 ID:F14P/bZkO
私の実家では、赤ちゃんが産まれたとき、最初の靴は親や祖父母が買うのはタブーなんです。
なので赤ちゃんから見ておじさんやおばさんが買うのがあたりまえになってる。
他人から貰えればなおよし。
なぜかは知りませんが、私が子供を産んだときも、姉から出産祝いに靴をもらいました。
出産祝いに靴って、あまり贈らないものなのかな?
友人に贈ったら、まだまだ歩かないよ〜なんてびっくりしてた…。
それまでは世間でも普通のことだと思ってました!
みなさんのおうちはどうですか?

186 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:08:11 ID:D+pRp6kvO
>>185
贈り物にベビーシューズ(ファーストシューズ)って
定番中の定番だよ。地域差はあるかもだけど、カタログとか
雑誌とかで普通に載ってるのに、お友達はなんで驚いたのかね。

といってもうちではファーストシューズなんてハイカラなもの
認識してるのは、せいぜいで親世代からかも…>185さんの実家は
割と昔から洋装だったりするのかな?
それとも昔は足袋や草履に関する言い伝えだったけど、
時代とともにベビーシューズに変わったのかな?

187 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:10:02 ID:AZxF5ut10
地域差があるってことかね

188 :求む アセンション指導員:2007/10/04(木) 22:14:30 ID:hqN9ZFfU0
求む アセンション指導員
時給 五百円
面接 明日の午後2時〜
履歴書持参
場所 明治神宮前 神宮入り口
服装 自由
ヒゲ OK
男女不問
年齢不詳


189 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:22:09 ID:F14P/bZkO
レスありがとうございます。
ファーストシューズっていうより、なんていうか…。
初めて歩く時にはく靴、とでもいうのか…
なので、サイズも9cmとかではなく、12.5cmとかのものなんです。
ブーティーのようなものを贈るのは、おっしゃるとおり定番なのでしょうね。
とにかく親や祖父母が買ってはいけないのは、やはりすねかじりにならないようにとか、願いをこめてるのかな?
昔は、近所の人にたのんでわらじを編んでもらったりしたようです。


190 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:25:54 ID:F14P/bZkO
連投スミマセン。
近所の人に頼むっていうのは、たぶん私の母や祖父母が育った地域ではそういう習慣はなかったのではないかと。
なので、わらじを編んで下さいとお願いしたんじゃないかなと、母も言ってました。

191 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:30:16 ID:cqJGgkP1P
そう言ったものは親族の誰かが勝手に始めるもんじゃないだろうか?
ウチでは正月などの縁起物の破魔矢を絶対買わない。
私が子供の頃、七五三などで神社に出かけた際に、欲しいと言っても
親は決して応じなかった。
理由:昔、祖母の兄に女グセの悪い男がいた。
おまけに親戚同士で裏で手を組み、他の親戚から土地を騙し取ってしまうような男。
この男が家庭の外に女を作り、子供が出来てしまった。
当時、子が出来なくて困っていた妹である私の祖母が、その不遇な赤子を
引き取って喜んで育てたものの、敢えなく二年で短い生涯を閉じた。
その原因だと無理無態な恨みを買ったのが神社で買ってきた破魔矢。
飾りに等しい縁起物である破魔矢に、我が子に取り憑いた病魔を追い払う
期待を懸けていた若き日の祖母の怒りは、以後の我が家における
破魔矢不買絶対遵守の暗黙のルールとなった。
ま、家のしきたりなんて、どこも極単純な起源なんだろう。

192 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:49:30 ID:Ve7AvKb30
>>191
なんて八つ当たりもいいとこな恨みだ; 
言っちゃ悪いが祖母さんもその最悪な男の血を引いてんだなあと感じてしまうよ。
そんな恨み持ってたら益々神様の怒りを買ってバチが当たりそうなモンだが…。


193 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:59:54 ID:ilVrpFeeP
>>192
さあ、それはどうか。
身勝手な長兄の遊びで生まれた行き場のない子を育てようとした祖母だ。
そこを汲んで、人の裏の裏を深く見る目を養ってくれ。
人間悪いように見えて憎まれたりするも、内にはそれなりの努力や愛を
湛えていたりするものかも知れないしね。

194 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:45:02 ID:2l6nr9pM0
辛すぎて何かのせいにしないと耐えられなかったのかもしれないよね

195 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 10:24:08 ID:x5I0t7/90
>>193
その子に対する愛情が深かった証か、いい話だなー
2ch見て胸が熱くなったの初めてだよ
亡くなったお子さんは、気の毒だったけど
193みたいな思いやりのある孫に恵まれて
幸せだったと思うよ、お婆さん

196 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 10:27:22 ID:AHm9DUf+O
破魔矢っていうのは捨てる神だったんだな。 拾う神もあるから。

197 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 13:20:05 ID:riMwDQGB0
うちの実家は交通事故率が高い。
自分は嫁に来てから事故にはあわなくなったのだが
実家に住んでる家族は相変わらず事故にあう。
死亡するほどの大きな事故はないけど小さな事故がちょこちょこある。

これも何かの因縁なのかな?



198 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:16:04 ID:78/nUuQd0
車に乗る頻度が高いんでしょ?
あと若葉マークの頃から雪道、アイスバーンなどを普通に走る環境とか。
ウチの実家の方は事故が少ない割に、起こるのは若者絡みの死亡事故。
車が少ない過疎地で、免許取りたての若造が自爆したり人を巻き込んだり。
キツネを避けたり滑って電柱に突っ込んだり・・・
なんかね、もう仕方ない。@ホカイドー

199 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:17:07 ID:n0fHtDYOP
渡辺という霊媒のところへ行った時、うちの父方は養子が多いと話したら
「養子の縁だな」と話していた。
何かの原因で同じ人生様式を繰り返すことというのは、案外ありふれたものらしい。

200 :本当にあった怖い名無し:2007/10/08(月) 15:45:52 ID:y0J2EmDK0


201 :本当にあった怖い名無し:2007/10/08(月) 20:38:03 ID:SfchjyNR0
テスト

202 :本当にあった怖い名無し:2007/10/09(火) 00:01:58 ID:n04UyqKjO
世の中の一部の渡部さんは二月三日の豆まきは存在しない事実。
知ってる方はいますか?因みに自分は該当してます。過去に先祖が鬼退治してるからやらなくていいみたいです。ワタナベノツナだとか言う人らしいです。


203 :本当にあった怖い名無し:2007/10/09(火) 00:10:23 ID:aawimsNaP
>>202
ジャポニカ学習帳で「あいうえお」から勉強してこい

204 :本当にあった怖い名無し:2007/10/09(火) 00:17:42 ID:8sXkdZH50
その話聞いたことあるよ
豆まきしない一族があるというの

その一族の人たちって
鬼なんかもう存在しないのに他所のうちは何を豆なんか蒔いてんだ?
とか思ってるのかね?

205 :本当にあった怖い名無し:2007/10/09(火) 10:03:57 ID:uhQbKrm80
面白いですね。ウチは鬼がつく苗字のせいか、豆まき時父は「福は内、鬼も内」とか
言ってます。なんだか違うものを招くような気もするが(;´д`)

206 :本当にあった怖い名無し:2007/10/09(火) 14:40:14 ID:rUPtyeNR0
母方の実家は神社をやっていたらしく、時々目の見えない女の子が生まれて
その子は神様を降ろすことができる…といわれていた…らしい。
らしいというのは、もう既にその神社はなくなっているから。

ただ、母の姉(長女で本家筋)が男の子二人生んだ後、事故で亡くなり
本家に跡継ぎの女の子が生まれる可能性が無くなった翌年生まれた私は
偶然だろうけど生まれつき網膜が脆く、既に三度目の手術を受けている。

自分の生んだ子供の目が見えなかったらどうしよう、とちょっとビビってる今日この頃。

207 :本当にあった怖い名無し:2007/10/09(火) 17:57:04 ID:LAQdAUoD0
ウチも母方が神社だったらしい、無くなってるから知らんけど、縁結び神社
ただし女側に対しては厳しい縁結びだと思う
なぜならば男が死にかけてる時に、強制的に迎えに行って連れ帰るので
数年後に女は死ぬか、死にかける事になっちゃうのだ

俺が小学生の時に父親は事故で10日間意識不明になってたのだが
母親が「帰っておいで!!」と迎えに来たそうだ
実は俺も高校の時に死にかけた事があるが、その時は姉が迎えに来たのだ
その時には母親はもういなかったし、彼女とはそこまで深い縁じゃなかったのか?
ちなみに姉は甥っ子が高熱出して死にかけた時にも迎えに行ったらしい…

その姉がガンなんだよ、本人は大丈夫だって言うけど…
お墓参りだってキチンとしてる人だし、変な宗教に手を出すなって言われたし…
母親みたくなったらどうしようかと、凄く心配なんだ…どうしよう






208 :本当にあった怖い名無し:2007/10/09(火) 18:20:29 ID:hikSp3330
>>207
ちと疑問
男が死に掛ける→生きている女が引っ張ってつれて帰る→数年後に女が死ぬ(死にかける)
って解釈でおk?

209 :本当にあった怖い名無し:2007/10/09(火) 19:42:34 ID:LAQdAUoD0
>>208
そうです…女親が娘を連れ帰るのはあったらしいですが、父親と俺じゃ役立たず
「ただ偶然が重なっただけで深く思い込むなよ」と姉に言われるけど

思い込んで煎餅屋に金使うなら治療費にしてくれと言われた…
実は煎餅宗教に片脚突っ込んだ叔母がいるんだ


210 :本当にあった怖い名無し:2007/10/09(火) 22:27:11 ID:YItYMIbP0
>>207
神社の一家にも御墓が有るのかぁ。
あたり前のような、意外なような。

普通のお寺さんに有るんですか?


211 :本当にあった怖い名無し:2007/10/09(火) 22:29:14 ID:c1u5dUwl0
なんていうか壮絶な愛で結ばれた家族だな
縁結びとは違うような気もする

212 :本当にあった怖い名無し:2007/10/10(水) 00:20:58 ID:5YiEC8600
>>193-194
ふうむ、そうか…。
言われてみればそうだな。
こちらがちょいと浅薄だったわ、すまんかった、191の祖母さん。

213 :本当にあった怖い名無し:2007/10/10(水) 13:03:46 ID:YwLerVZnO
>>209
先祖が何かと契約でもしたのかねぇ?
ってか、先祖にどれだけそういう人がいたのかは知らないけど、二代くらいなら
考えてすぎなくてもよいのでは?

というか、草加云々というよりヘタな宗教には関わらないほうがいいよね

214 :本当にあった怖い名無し:2007/10/10(水) 14:04:13 ID:YNBKNyhH0
草加てそんなにお金かかる宗教なの?
キリスト教は収入の一割を寄付することに決まってるらしいけど
それよりかかる?

215 :本当にあった怖い名無し:2007/10/10(水) 16:58:39 ID:gFsUQp6nO
豆まきしない渡部です。所でみなさんは幽霊を信じますか?自分は幽霊とか妖怪は完全に否定派なんですが、運命とは…。
見えるんですわ。人型の縁取りがある空気が。物心付いたときからなんで皆普通に見えると思ってたんですが、母がそんな自分を不思議がって色んな所連れてかれて、ショックでした………

216 :本当にあった怖い名無し:2007/10/10(水) 17:04:37 ID:kR/GqGD70
橋本一家は全員アスペ

217 :本当にあった怖い名無し:2007/10/10(水) 17:15:42 ID:arNAJA5+0
>214
創価はかつて「貧乏人と病人の宗教」って言われてたんだよ
お金かけなくても信仰できるのでは?

218 :本当にあった怖い名無し:2007/10/10(水) 17:22:36 ID:ts77LHhs0
>>217
それが事実なら、あれだけの会館が全国に
建てられてはいないだろう。
一部の金持ちだけの力では、無理だよ。

219 :本当にあった怖い名無し:2007/10/10(水) 19:58:34 ID:72cc9diJ0
>>215
>人型の空気
それが鬼だよきっと

220 :本当にあった怖い名無し:2007/10/10(水) 22:01:44 ID:Ercd6fp9P
天理凶の方が献金に熱心だそうだ。
尻の毛まで毟り取り、通った後には何も残さないらしい。
でも家庭不和で教会に逃げ込んで生活している婦人もいるから、
すべてああいう宗教の存在が悪いとは言い切れない。
もっとも更に弱者を死に追い込むような統一凶会などは犯罪結社と
寸分違わないがね。

221 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 06:13:20 ID:InzvhOcmO
>>214
草加は表向きは金はかからないよ。普通の会員は草加が裏でどんなこと
企んでるのかなんて知らないだろうから、普通に信心してるだろうね
インターネットで書かれてるような話題を出すと「インターネットなどで色々と
書かれていますが、全部嘘です。信じないように。見ないように。」
って言われるよ。上に行けば行くほど何をやってるんだかわかったもんじゃないね

>>216
橋本弁護士一家?なんで知ってるの?

222 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 06:53:36 ID:fuG7beNk0
全員アスペは珍しいものでもないだろう
両親がアスペなら子供も高確率でアスペだし

精神病の頻発する家系・犯罪者の頻発する家系って意外とあるんだね
そういう人たちもさらに遡ると一つの脈流、なんてことになるのかな

223 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 11:40:21 ID:uFVOV8WnO
以前占い師の方に結婚相手がいたが結婚出来ずに死んでしまった人がおり、その人が色々と妨害していると
言われた事があります。実際自分で思い当たる節が色々有るんですが例を挙げると、学生時代好きな子が出来てやっと食事に誘ったら
車で事故に遭ってその処理でデートどころではなくなったり、働きだしてからも得意先の女の子を
遊びに誘ったら色々な事情が重なってオジャンになったり。今度は職場の女の子が食事に誘ってくれて
今日出掛ける予定だったのに急な勤務変更で行けなくなったり・・・。などです。このままでは自分は
人並みの幸せ(結婚、恋愛)も手にする事が出来ないんじゃないかと心配なんです。これって本当に先祖の因縁なんでしょうか。

224 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 13:29:36 ID:ziaXJVVh0
とにかく御祓いしてもらったら?
全く関係の無い赤の他人にもとりつかれることはあるらしい

225 :223:2007/10/11(木) 14:09:39 ID:uFVOV8WnO
>>224
御祓いって具体的にはどこでどうやったらいいんですか?

226 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 14:17:25 ID:RTc0U0q0O
>>215
見え方一緒だな。マジレスするとそれは鬼でも物の怪でもないと思うけど。



227 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 14:23:29 ID:ziaXJVVh0
>>225
まず近所の神社やお寺の受付に相談してみる

228 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 14:37:07 ID:5gtZsJ8KO

最近父親に
実は先祖は 山賊だと告られた

どうりで手癖が悪いと。。



229 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 15:02:58 ID:jKcBBY18O
うちの父方の先祖が海賊ですが、自分は真面目な運動音痴ですw
…よっぽど血が濃いとか特殊な職業じゃない限り、家系の影響って無いような気がするなー

230 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 15:03:22 ID:I6FdHvVkP
民俗本で秩父・飯能付近の聞き書き関連の本を読んだが、
名栗村とかの山間部に古くから住んでる人の中には、先祖が山賊を
やっていた家もあるらしい。
「うちは先祖が山賊なんだよ」と笑っているが、特に峠の茶屋のような
店を営んでいたのはその系統の方々らしい。
旅の人ともっとも接触しやすく、その往来の行方を予測しやすい点が
山賊行為に繋がるのだて想像する。
山賊自体は下手を打てば殺人まで及ぶ犯罪なので、あまりあっけらかんと
答えるのもまともな感覚ではない。
何れにしろ、純朴という言葉では済まない山村民の性質と正体は、
純粋なようで狂気を持っている気味悪さがある。

231 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 15:07:16 ID:ziaXJVVh0
田舎の人間は純朴であるという決め付けが間違ってる
エセ都会人の幻想

232 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 15:18:27 ID:I6FdHvVkP
>>231
ネタを出さないなら消えろ。
余計な合いの手はいらない。

233 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 15:24:55 ID:ziaXJVVh0
ソースも何も自分が田舎出身だからわかるんだよ

たまに田舎の人間は素朴、純朴と信じてる人がいるけど
そんなの完璧に幻想だから

その話が話題になると
いつも「最初に田舎の人間が素朴だと言った人はよほど人間を見る目がない人で、二番目以降は考えなしだ」と言ってる
都会出身は驚くが、田舎出身の人は皆賛成してくれる


234 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 15:42:53 ID:I6FdHvVkP
蒸し返すな!
都会人でも田舎に親戚縁者いない奴などいない。
町村一つにしても地域により、タチが良い悪いの人がいるのは知ってる。
山間部の人に出会い、一見素朴な人柄に見える場合もあるだろう。
そういう事を言っているのだ。
ウザったらしい奴め。

235 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 15:46:29 ID:ziaXJVVh0
>純朴という言葉では済まない山村民の性質と正体は、
>純粋なようで狂気を持っている気味悪さがある。

文章のここのところに突っ込まれてるだけだろ

大体先祖が山賊なんだよ〜くらいで気味悪いか?
先祖が武士なんだよ〜でも普通に先祖が人殺しだ

236 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 15:58:46 ID:v7TGg1jK0
むしろID:I6FdHvVkPは物の書き様をいささか弁えた方がいいのでは?
どこか蔑視するかのニュアンスで、名栗村在住者の気分を害するトーンに
俺は反発を憶える。

237 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 16:07:48 ID:I6FdHvVkP
絵空事を書く奴はオカ板に多いからな。
実際に書店で売られ、図書館の棚にある書籍からの引用が不味いなら、
そちらの方に苦情を言えよ。

238 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 16:10:32 ID:ziaXJVVh0
引用がまずいのではなく
このタイミングでそんな引用をするお前のセンスがまずい

明らかに上で先祖が海賊だ山賊だと書き込んだ人を
非難する意図があっただろ

239 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 16:15:55 ID:v7TGg1jK0
>>ID:I6FdHvVkP
責任転嫁はよくないぞ?
仮に引用が事実として、蔑視的表現と捉えられても仕方ない文章を引用したってことだろ?
その手の文章を無批判的に資料を引用するって、まるで厨房だなw

240 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 16:21:06 ID:I6FdHvVkP
>>238
蔑視当たり前だろ。
そこに問題なんかあるわけない。

241 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 16:25:31 ID:v7TGg1jK0
やれやれorz
ID:I6FdHvVkPはDQNな厨房ですねw

242 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 16:28:10 ID:ziaXJVVh0
先祖が山賊だったんだって〜くらい現代ではただのネタ話だろ
先祖の罪は先祖のものであり
現代を生きる子孫が悪い事をしたわけでもないのに批判される筋合いなどない

それに何か思うところがあり意見したいのならそれは自由だ
だがせめて自分の言葉で意見するんだな
他人の言葉を丸うつしで引用しておいて
非難されたらそっちに苦情を言えとは
ちゃんちゃらおかしいわ

243 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 16:53:24 ID:nucV0rUM0
父方は平家の血を汲むとか言っている(日本人は藤原家と平家と源氏ばっかりなのか)。
友人に冗談半分に「うち平家らしいよー」と言ったら、まじめな顔をして「うち源氏の直系
だから、あなたとはもう付き合えない」と言われた。

そんなこと言う子とは思いもよらなかったから、私はしばらく固まっていた。
てか、「源氏の直系」なんてそこらへんにごろごろいるもんなのか?
ちなみに九州での話。

244 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 17:48:08 ID:l14h1OqQ0
>>243
なんだその友人は。冗談みたいな話だな
知り合いは、両親がそれぞれ源氏と平氏の子孫だそうだ
直系かどうかはわからないけど、京都出身だって言ってた
敵同士が結婚ってそれどんなロミジュリ、とか思ったよw

日本全国に源平の子孫は(自称も含めて)多いらしいし
意外とその子も、親がそう言ってた、っつって思い込んでる
だけだったりしてね


245 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 18:19:33 ID:ziaXJVVh0
源氏の直系ということは
名前がみなもと○○さん?
ありえなくは無い話しではあるが
源平は人気あるから嘘も多い

本当に直系だったら先祖代々「平家の人間とは仲良くしてはならない」という
掟でも受けついでいるかもな

246 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 19:50:14 ID:RTc0U0q0O
何か内地ってこええな。今でもやっぱ先祖がどうだったからとかあるんだな。


247 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 21:29:38 ID:RipeTHkc0
道産子乙

248 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 21:50:03 ID:jpVX9cTL0
北海道はアイヌ人でもなければ先祖はみんなよそ者

249 :本当にあった怖い名無し:2007/10/11(木) 22:40:22 ID:Ohe6WzNO0
おいらは箸にも棒にも引っかからない百姓の家系(今は違う)で
両親の出身地の近隣エリアに同じ苗字ばかりの集落があるので
先祖を辿ればそこへ行き当たるんだろうと思ってたんだけど
どうも隣の県の違う筋から来てるらしい。

どういう筋なのか全然わかんないのが歯痒い。ギギギ。

250 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 04:00:09 ID:q5T+Vch2O
歯軋りうるさいよ〜!寝られないじゃん!ヽ(`Д´)ノプンプンッ

251 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 10:25:29 ID:HB57svB80
>>243
何かで源平合戦に興味を持って調べたとか、平家物語読んだとか、
または「うちは源氏の直系なんだぞ」と幼い頃から言われて
当時の人(先祖)に感情移入してるとそうなる。
会津人の長州人に対する感情もそうだ。年寄りは昔からそういう憎悪に触れて育ってきたから
いまだに悪感情持ってるのが多いが、同じ理由で若いのにもいる。

ただ、興味を失ったり、成長して見る目が開けたりすると拘らなくなる
それが学生時代の話なら、また蒸し返してみればいい
きっと顔を真っ赤にして「そんなの忘れて!」と転げまわることだろう

252 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 13:22:11 ID:NGZSj4RzO

山賊の子孫の>>228です

>>229の海賊の子孫さん

盗賊系の子孫の方がいて

親近感を覚えます。。

ちなみに 東北の方でやってたそうな



253 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 13:58:14 ID:0LCsqZhIO
父方の家系に、失踪や自殺などの異常死が多いです。
突然、笑いながら川に突っ込み入水自殺したり(私の祖父)、
十徳ナイフで腸を引きずりだして死んだり、
愛人と逃げたが若くして半身不随になり愛人に捨てられ餓死とか。
発狂した人も多数。
父も叔父も、肺病で若い頃に死にかけてます。
ちなみに弟は、20代半ばの若さで様々な病気にかかり、しまいに
こうがん腫瘍で片玉を摘出しました。
ちなみに父方の女性(祖母や父の叔母等)は皆、旦那に先立たれたり
離婚したり、独身主義者だったりと、必ず一人になってます。

254 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 14:11:56 ID:0LCsqZhIO
連書きで申し訳ないです。
母方もアレな家系です。
自殺者や薬物中毒、ノイローゼ患者。
火事で焼け死んだり、失明したりと悲惨な人が多数。
母方の祖父は料亭をやっていたのですが、最低の色キチガイで
仲居さんや芸者さんを家に住まわせ、片っ端から手を出し、
物心ついた母親を進学と言う名目で追い出して、養女と言う
名目で愛人を囲ってました。そんな生活で女同士の骨肉相食む
バトルの中、祖母は50代そこそこで全身を癌に冒され他界。
元愛人だった養女はカルトにハマり、叔父(母の弟)は煎餅宗教に。
祖父の財産使い果たしました。
呪われし家系の血が混ざった自分(長女)は、どんな死に方を
するんだろうかと思うと、微妙に生きる気力が薄れます。
ちなみに私は、脳や精神に異常はないんですが(検査済み)、
幻聴やら幻覚を見ます。父もよく、天井にへばりつく女を見るとか。

255 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 21:26:53 ID:HdxLH9eX0
なんでそういう奴らがケコンできて、俺がケコンできんのか、それが分からない。

256 :本当にあった怖い名無し:2007/10/12(金) 22:27:23 ID:FhhLFnZtP
>>254
思うに先祖に怨恨がある霊が憑いている。
一番古くまで辿れる先祖はどこで何をしていたか…。
成るべく都道府県名と、おおよその地名が知りたい。
そんな横死の家系でも尽きないのは、先祖霊が最大の抵抗をしているからだ。

257 :本当にあった怖い名無し:2007/10/13(土) 00:36:22 ID:Mh+E5jXfO
>>255さん
母方の祖父は、傲慢な最低野郎でしたが、顔だけは役者
顔負けと言われてました。あと、お金があった…。
ちなみに亡くなった祖母は、名家のお嬢様だったんですが
祖父に無理矢理手籠めにされた挙句、周りに吹聴され泣く泣く
祖父の嫁になりました。
最後まで祖父と一緒のお墓には入りたくないと…。

>>256さん
母方は祖父新潟、祖母秋田です。
父方はよく分からないのですが、祖母の先祖はは北海道の
かなり裕福な農家だそうです。
祖母の最初の夫が群馬、次の夫が函館らしいです。
なんせ、父方の親族は謎が多すぎて。

258 :本当にあった怖い名無し:2007/10/13(土) 09:37:15 ID:3/kzCfzh0
ひでえ祖父さんだな
御祖母さんカワイソス

259 :本当にあった怖い名無し:2007/10/13(土) 10:57:13 ID:eJJYMvBi0
負の家系の二重効果

260 :本当にあった怖い名無し:2007/10/13(土) 17:10:19 ID:0QjeqOtZ0
>>209です
>>211
長く家を空ける人、戦に出る時に飲めば生きて帰って来るという湧き水があったそうです
縁結びは後付けなんだと思う…
>>213
自分が聞いたのは3代前までです、契約してるならば、カエルなんだろうか?
カエルとヘビの夫婦の話があります(女カエルは女ヘビに呑まれて同化した)
オスが呑まれたのをメスが飛び込んで助け出して腹の中に残ったんだそう、そうしないとまた呑まれるから…
数年間ヘビと同化してたけどヘビが空腹で岩で頭砕いて死んじゃったらしい…
そこで水が湧き出してヘビは空に返った(断食で竜になったのか?)

土地開発されてますが、母方実家の裏に小さい祠があります…
開発され水源は涸れたんですが、開発推進派の関係者の奥さん方が(年齢関係なく)続けて亡くなったそう
その時に祠を建てたとか…お陰で母方は嫌われ者状態(呪い殺したと言われたそうだ)

信心深くはないけどそういう風に嫌われたんで墓にイタズラされたりしたらしいです
ちゃんと見に行ったりしてたんですけど、先祖をないがしろにしてると言われると困る
煎餅宗教は…叔母は首が回らない状態になってるようなので信用出来ないかな…



261 :本当にあった怖い名無し:2007/10/13(土) 23:47:13 ID:kla/+esbP
>>260
にほんごでかいてください。

262 :本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 00:16:05 ID:lDb/OfFU0
>>260
ちゃんとわかるよ。すごい話だな
その話でいくと、ヘビ(=竜)に飲み込まれて同化した雌ガエルと
ご先祖が契約したために、そういうことが起こるんじゃないかってことだよね
生きて帰ってくる泉ってのもやっぱり関係あるのかな
その無くなった神社で奉られてた神様がそのカエル(=ヘビ=竜)じゃないかと思うんだけど…
神社の謂れとか調べられないのかな

263 :本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 00:20:22 ID:DtkgYEdjP
>>260
あなたはあたまがよわいです。

264 :260:2007/10/14(日) 00:21:37 ID:lDb/OfFU0
途中送信しちゃった

つまり、その神様をちゃんと調べて
女だけ連れて行かれる理由もわかれば、
奉るなり呪いの原因を解くなり、対処ができるんじゃないかと

つか元が神社で神道なら、煎餅よりも神社の方がよくね?

265 :本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 00:28:32 ID:DtkgYEdjP
>>264
数字コテがたにんです。
あなたもあたまのよわいひとのなかまです。

266 :本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 08:13:58 ID:d1enSAcs0
次の人どうぞ

267 :本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 11:47:47 ID:y+vhhGQWO
>>265はパニック持ちの人格障害の♀なんです。

ご迷惑おかけしてすみませんすみませんm(__)m

268 :本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 11:54:54 ID:PawcuDnxO
ウチは先祖代々、一代おいて孫の足裏に大きいホクロがある。

269 :本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 13:50:09 ID:/ED9PyABO
>>223
こっちの先祖さんみたいだね。

270 :本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 19:01:08 ID:b2kk3Tyg0
>>260
物凄く霊験あらたかな神様のお話ですね・・
開発で泉が枯れて関係者が亡くなり、そのせいで260さんのお身内が
責められる。考え方間違ってるのに(責めるのではなく、開発を考えるべきだった)
こんな風になっちゃったのは悲しいですね。
ちゃんとその祠をまつって、大切にすれば、それこそお姉様の夢などで
神様が解決法を教えてくださったりしないだろうか、、。

271 :本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 22:23:27 ID:+6MEXYnE0
ここに書き込むのが適当かどうか分からないけど・・・

うちの実家はかなり古くからの由緒ある旧家。
その、弟がそろそろ年頃になってお見合いをし始めたときの話。
弟は、姉から見てもなかなかの男前。その上資産家の跡取り息子
お見合い相手は、思い切り気合をいれてアタックしてきたらしいw

3回目ぐらいのお見合い相手は、かなりいい子だったらしくて
弟もやや乗り気。
ところが、その進展具合を母から聞いたときから、ご先祖様の声が聞こえてきた。
寝てもさめても・・・
「絶対あの二人を結婚させてはいけない」という内容。
それが、ある日ぴたっとその声が聞こえなくなったので母に電話したら
「実は、あの子の親戚がB(以下ry)会社の経営者だったということが
分かって、断った。相手も同じ時期に断ってきた」という。
不思議な出来事だった。

272 :本当にあった怖い名無し:2007/10/14(日) 22:40:45 ID:bJqWZlTP0
その声だけでご先祖様と分かったの?

273 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 00:07:03 ID:knycjeWlO
私の親の世代の親戚はみんなアル中。借金だらけで自己破産してる人も何軒かある。犯罪者になりかけた親戚もいる。


私の世代の親戚の9割は、女しかいない。みんな変わり者で、なにかしらのオタク。みんな精神病。

我が家に関していえば、祖父も父親も女と金にだらしがない。キチガイ。


誰か身内が亡くなったら、遺産相続で揉めまくる。


まるで呪われてるかのようだ。


最近、お墓の本とか何冊か読んでみたら、問題のあるお墓の建て方と仏壇の祀り方っていうのにほとんど当てはまってた。
関係あるのかなぁ…

274 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 00:41:30 ID:XiNC8a1T0
>>253-254
リアルにお祓いに行くべきでは無かろうか…かなりガクブル
片側だけならともかく両方の血筋が因縁持ちってのは興味深いけども…
逆に言えば、
両方の血が混じり合った貴方が何か行動を起こせば次代から変わるかも知れないぞ?

275 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 06:22:04 ID:knycjeWlO
>>273の文に追加。

武士の格好した男が、ものすごい怖い顔して私にまたがり、刀で私を刺してくる霊を小さな頃からよくみる。

呪いってより、恨まれてるっぽい…

276 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 09:32:18 ID:3Zsd+6D90
遺産相続はどこの家でも揉めるよ
でも武士は怖いねー
霊能者の人に相談したほうがいいと思う

277 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 12:16:04 ID:Jy2mupzvP
まあ、小さな頃から見ていても無事に生きているなら大丈夫って事で…

278 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 15:59:10 ID:NoHOq0CkO
うちは母方の家系が滅茶苦茶で、
近親婚を親戚同士で繰り返してるから、家系図がかけない。
嫁いできた女は代々、みーんな旦那が親戚外から連れてきたお妾さんから追い出されて子供を奪われ、
再婚しても相手がポックリ逝ってしまってる。
いとこや親戚も全員そうで、うちも例外なく離婚騒動が勃発したが、私が無事に元さやに納めた。

ところが。

恨みの刃は私に向けられ、兄の子供は原因不明の急死、私はいつも横恋慕される形で破談に次ぐ破談で先日遂に子供も産めない身体になり、もう死のうと思い立って一番近くの大きな滝へ行こうとする自分がいる。

幼い頃、父の枕元に血の涙を流しながら「堪忍して」と何度も頭を下げる芸者の霊を見た事があり、その後からうちの両親の不仲が始まったからなぁ…

でも生きてる人間が最強と信じて、「母子の生き別れ・死に別れをなくす」というこの負の連鎖を私の代で絶ってやるつもり。

ちなみに誰にも云ってなかったけど、亡くなった兄の子は、
私がどうしても結婚出来ないなら将来養子に貰いたいと考えてた子だった。

279 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 16:18:07 ID:Sq6KvZWfO
>>278
うーむ、芸者さん気になるなぁ…
辛いだろうけど、何とか前向きに生きて行けますように…

280 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 17:12:07 ID:AxSZhOwt0
生きてる人間が最強なんて考えたことがなかったな。
実態のない霊なり思念のほうが、闘いようがないだけに強敵とは思ったことはあるけど。
家系をきれいにできるのは、生きてる人間が主役なのかもな。


281 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 18:39:37 ID:InZrCKCXO
うまく伝わるかな

私が嫁いで来た家の女は、みんな左足を悪くしてる
私も軽いけれど、たまに左足が痛むようになった
このうちは本家だけれど、旦那の父は次男、長男は跡を継がずに出て行って子無し
旦那も次男で跡取り、長男は家を出たきり帰って来ない
たいした事ではないけど当事者になると気持ちが悪い
できれば関わりたくない

282 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 19:26:36 ID:6KCQhZfq0
>>251
遅レスだけどテラワロタ
中二病だな

283 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 21:37:09 ID:5Y7vcfXL0
今時近親婚やってる家系ってあるのか

284 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 22:16:16 ID:SvCgSPpT0
おにいちゃん、らめぇ! ひぎぃ!


…が流行するくらいだから、あるんだよ。きっと。

285 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 22:54:27 ID:XiNC8a1T0
>>278
芸者って気になるな。
それにしてもなんで謝ってるんだ?祟ってるなら謝るっていうのは妙だよな。

言葉が見つからないが…
あんたが死んで本当に終わりになるのか?

286 :本当にあった怖い名無し:2007/10/15(月) 23:18:42 ID:Jy2mupzvP
どいつもこいつも嘘ばかり書き並べてる様に、日本人も愈々終りかなと…

287 :本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 01:25:00 ID:c1c6bEbfO
>>274
マジですか。
実は母方に、悪名高い某藩に縁のある先祖がいるんですが
やはり悪いモノでも背負ってるんでしょうか。
でも神社とかお寺って、何か怖くて苦手なんですよねー。
キリスト教も嫌いだし。

288 :本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 04:44:56 ID:kIWsEVmI0
>>273
体内にアルコールが残ってる状態で交尾すると
心を病んだ女が生まれる確立大なのか・・・

289 :本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 14:45:41 ID:005MoIHU0
エクソシストって、カトリックでこっそり行なわれるけど
アメリカに公衆の面前で(講演会を開いてなど)大々的に
する人(もち牧師さんだと思う)がいる。
テレビのシリーズモノだったのでネタかと思って観ていたのだが
むちゃくちゃな事を言ってる訳でもなく、相談者に親身な上、その人を
始めグループでエクソシストしたり、観ている内にひょっとして
本物?と思い始めたんだけど。
その人が何度も言う事が興味深かった。
このスレと共通する、家系の呪い。現時点の問題が、10代前(!)の先祖に
対する呪いに起源してるなど繰り返して言ってた。
ある半信半疑な相談者(性格が切れやすく問題を起こすので相談)は
本人は後で知ったのだが身内に自殺者多数。十字架を当てられお祈りを
捧げられると苦しみだして数十分後に数代前から呪っていた怨霊?が嫌々ながらも
追い出されてた。後はすっきりして、性格も穏やかに変化、家庭も円満に。
欧米で家系の呪いなんて滅多に聞かなかったけどやっぱり多いのかなと思った。

290 :本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 14:59:19 ID:EnFF3gLN0
>>260
ウチも父方に土地神さんの住んでた土地があったそう…
空地だとタダで取られると聞いて土地神さん壊して田んぼって事にしてそこを
売り払ったらしいのだ、そこにはアザに効く水があったんだそう…
爺さんは狂死(聞かせられないくらい凄い死に方したらしい)
父方の男は精神的に弱し、女はシロナマズ(尋常性白斑)、御祓いしてるけどね…

>>285
芸者さんの生きてる頃の残像かも知れないし、他の人に引き摺られてその気が無くても
>>278の家系から離れられないのを見える人に謝ってるのかもしれんよ?

>>281
自分も命に関わる事でもないんだけど、その気持ちは分かるな
地元の年寄りに「○○のとこの孫だなw」って言われてたのが一番嫌…
でも精神的に弱くてダメ人間にならないからまぁイイかと思う事にしてる


291 :本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 21:16:48 ID:FTPJ9qusP
>>289
そういうのはエクソシズムっていうの?
グループヒーリングみたいなものでしょう。
大体小説のエクソシストにしたって霊媒の描写がまったく儀式だけで、
実際に霊と交流中の感覚などが、取材不足から少しも描かれていない。
今のアメリカ人はスピリチュアル面に於いてはまったくの無知・無興味な上、
ネイティブの祖霊信仰すらバカにしているので、儀礼でしかないエクソシズムは
効果も中身も伴わないデモンストレーションでしかないでしょう。

292 :本当にあった怖い名無し:2007/10/16(火) 23:51:26 ID:QwkRa1JzO
>>291
スレチ
ツマンネ




293 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 00:06:28 ID:ZZkrWrBaO
家系…

母方の先祖、尼さん。祈祷で病気治したり。霊能力があったらしい。で、たまに隔世遺伝的にそういうの生まれる。

でも結構危ない霊いっぱい祓って子孫怨まれてる。おかげで自殺者破産者犯罪者なんでもござれ。

で、俺、隔世遺伝みたい。占い受けたら力強過ぎて危ないとか、右目(俺オッドアイ)だけで人見るなとか、色々言われる。周りも変な事多い。

ま、幸せではないな。

294 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 00:43:15 ID:Pc1d4beS0
>>293
み、右目だけで人を見ると
どうなっちゃうんですか…
                 ゴクリ。

295 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 04:44:36 ID:ucig9dk/0
>>293
左右何色の目なの?

296 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 08:43:13 ID:yKmFkcF3P
>>293
自分、漫画の主人公のように思い込んでるの?
バカじゃね!?

297 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 09:20:56 ID:sMN5y5Gv0
>293、ロイエンタール?

298 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 10:15:05 ID:ObeG0r5S0
>>293
右目だけで見るとその人の未来とか何かが見えちゃう系?
それとも邪眼持ち?気になるね。

299 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 10:35:35 ID:yKmFkcF3P
邪眼持ち?

ゆとり世代のアニメオタクは救いようがないねぇw

300 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 12:42:41 ID:+gVUFpyo0
>>293
先天的な虹彩異色症(オッドアイ)は遺伝子疾患だし
聴覚障害等のその他の疾患を併発してる可能性も強いので
子供つくる場合は注意してね

どうでもいいけど奥菜恵もオッドアイでふ( ^ω^)

301 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 13:46:51 ID:vTfm67muO
オッドアイってどんなの?
たまにいる目が緑ぽい人?

302 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 14:06:55 ID:syMla5+zO
オッドアイは猫でよくいるけど、片目の色が違うことだよ。


303 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 14:54:36 ID:LyJ6pfS3O
気をつけろみんな!
>>293にカトブレられるぞ!

304 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 17:38:19 ID:vTfm67muO
>>302
教えてくれてありがと!

なんかカッコイイね!

305 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 18:39:57 ID:S0EpE8qoO
六道骸

306 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 22:08:29 ID:FpyEtlAnO
私自身の家系ではなくて彼氏の家系の話だけど。
彼氏の家は代々、親と子・妻と夫の縁が薄い。
彼氏の母親方の父は離婚しているし、彼氏の父親は両親と生き別れている。
で、彼氏の父親と母親は二人とも再婚で母親には娘が二人、父親には娘が一人いた。
一旦切ります。

307 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 22:13:32 ID:Q1YsH4Ny0
>>300
え?マジ?


308 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 22:17:19 ID:FpyEtlAnO
彼氏の母親は父親の離婚後、後妻と折り合いが悪く17歳で家出し、実家とは5年程音信不通だった。
娘達は精神病や警察沙汰を起こしたり荒れ放題。彼氏からしたら種違い・腹違いの姉になるけど現在は音信不通。
あともう一人、母親の姉の子が彼氏の兄として4歳から18年一緒に育てられてたけどこの兄(実際は従兄弟)も家出。
そして今月はじめ、彼氏の母親が借金や男を作り家出。ここまでくると次は彼氏に何か起きる様な気がしてならない…
彼氏の家系には何の因縁があるのか知りたい。

309 :本当にあった怖い名無し:2007/10/17(水) 23:16:18 ID:7JxJc6/+0
>>308
彼氏の家系を調べるしかないんじゃないの?
なんか一家離散っぽいね。

310 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 00:46:40 ID:G6/JAL1EO
>>308

それは関わらないほうがいいかも(((^^;)

311 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 01:29:11 ID:9CQlEbL6O
>>309調べたいけど、現在私と彼氏は香川で、彼氏の母親の実家は横浜だもんでorz
>>310そうだよね。でも結婚前提で同棲してるから、他人事でもなくて…

312 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 12:27:07 ID:EJTVHFG8O
>>301
それってカラコン愛用者なんじゃ…。
滅多にいないよね?>オッドアイの人

313 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 12:31:35 ID:SaWLgARN0
白人には結構いるけど
日本人は先祖が混血でもしてないと

314 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 13:48:43 ID:jzh24iSEO
デビッド・ボウイは怪我でなったんだっけ

315 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 15:04:39 ID:6vcsH1aOO
オッドアイって片方がすこーんと抜けてるイメージ強いけど
みんながみんな片方がブルーや緑になるわけじゃないから
薄い茶やグレーだったりすると、言われなきゃわかんないよ。

316 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 15:10:02 ID:lWjzqiGq0
私もうっすらオッドアイ
片目だけ虹彩炎を繰り返し起こす体質らしく、
左目だけ色素が少し薄くなってる
明るいところでじーっと見なきゃわからない程度だけど

テレビ・漫画じゃ神秘的に書かれているけど
先天的な遺伝性の病気か、後天的な事故または病気によるものだから
あんまり良いもんではないよ

317 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 18:57:47 ID:G6/JAL1EO
日本人でも目が青〜緑の人いるよ。
今まで三人いたよ。
片ほうだけの人は見たことないけど。

318 :293:2007/10/18(木) 20:11:27 ID:4FXW4uR9O
>>294
右目だけで見たら、たまに人の表情がスローな感じで見えます。笑顔でもホンの一瞬怖い顔になったりとか、泣いてるのに一瞬真顔とかです。ホンの一瞬です。で、そういう人はあまり幸せな感じがしません。

>>295
左目はこげ茶。右目は全体的に茶色で四分の一だけ白?薄茶?光の当たり方で金です。クッキリ色違います。

霊感的なものはあえて自覚しないです。たまに『あれ?』と思うことありますが、幽霊とか、そういうのには、すぐにはあまり繋げません。

決して幸せではねぇっす。家もグチャグチャだし。でも、やけに僕は前向き。絶望は全然しないです。

それと、かなり感覚が鋭いです。感受性が強いと言うか。写真を見たらその人の感じ方みたいなものが流れ込んでくるので、仲の良い友達なんかは、いいかも…と思う人の写真を見せに来たりします。

319 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 22:03:07 ID:mTXuPTFg0
>>318
自分も視て欲しいなぁ。あんたにとって自分はどう見えるんだろう。幸せなのかなあ。

320 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 22:49:48 ID:3RJMhtLjO
>>318
見たくない時や人もあるだろうにね
だからあまり幸せでないのかな
強い心があるからまだ救われているのかもね
とても興味深い話だけど色々想像してせつなくなった

321 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 23:02:45 ID:G6/JAL1EO
うわああああああああ
今気付いたけどおいらも
右目一部分色が違うし、
丸い模様があるよ!

今まで知らなかった!!

322 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 23:16:47 ID:u6Ck00irO
うp

323 :本当にあった怖い名無し:2007/10/18(木) 23:33:01 ID:nXteIv500
>>321
部分的だったりすると、コンタクトとか作りにきた時に医者から
虹彩異色の指摘されるまで「知らなかった!」って人が多いんだって。
うちの子も部分的な異色症なんだけど、それに気づいてから初めて
じっくり自分の虹彩を確認して、自分の虹彩はこんなんだったんだ…って
自分の体なのにのよく知らなかった部分があることに、なんか感心したよ。

324 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 00:00:11 ID:3eb6tCAN0
うち、遡れば800年位続いてる一族らしいんだが。
一族の名を冠している血筋を引く者は、(身長の高低差はあれども)
誰も彼も老いも若きも型で抜いたかのように全く同じ体型をしている。

800年も経て受け継いだ物、それは下半身デブに貧乳…というオカルト。

325 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 00:33:49 ID:4bnWERvrO
>>324
うp

326 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 00:41:33 ID:hSO2UBDdO
>318私も多少霊的なものはあるらしい。
母方が沖縄なのもあるかも(向こうはユタだらけ)。
でも霊感はない。
…と思い込む事にしているよ。現実的で在りたい。
あんまいい思いしてない。
死にそうになったり。
あんま、色々と決してわかりたくもないもんね。
ちなみに家もぐちゃぐちゃ。
奇病とか
霊的なものが強いと苦労する人もいるようだけど
一種の巫病かな。
まあ頑張ってね。
あなたは明るいから大丈夫

327 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 00:45:54 ID:+H9/rgU00
メンヘラーと霊的遺伝は紙一重

328 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 01:22:10 ID:0xvya357O
>>324

着物が似合う体型だね!

と前向きに考えよう…

329 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 01:36:28 ID:uR9TwjMVO
>>324
800年前にその血筋がどこから発生したのか気になる
宇宙から来たの?
突然変異?


330 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 07:03:58 ID:IseMfSZz0
怖い話ではないですがお許しを。
うちの母方の祖父の妹さんが拝み屋さんをしていたらしいです。
らしいというのは私は会った事がなく、母から聞かされたからです。
ただ私以外のイトコは幼い時にカンノムシを取るのに行ったりしたとか。
私の家だけこの人と全く関わったことがないのには1つの理由がありました。

母は5人兄弟の末っ子なのです。
小さい頃から夢で親戚からメッセージを受け取る事が何度かありました。
死んだ叔父が現れ、そのあと何故か夢遊病者のように部屋から店の厨房に向かい
そこで意識がハッキリして周りを見るとガス漏れをおこしていた。とか
父方の祖母が孤独死したときも母が夢で見て、父に頼み込んで実家に行って発見しました。
そんな母がまだ子供の頃、祖父の妹さんが祖父に対して私の母を跡継ぎにしたいので養子に欲しいと言って来たそうです。
どんなやりとりがあったか分かりませんが祖父は物凄く怒ってそれ以来、母を近づけなくしたそうです。

そんな母から生まれた私はというと、母も認めるほど母よりそういう力が強いようです。
基本的に用事のある霊としか会話はできませんしムラがあります。
けれど調子がいいと離れている人の家の中、タンスの中身まで当てる事か出来ます。

拝み屋をしている人と直接ではないにしろ同じ流れの血がはいっているせいではと思います。
母曰く処女じゃなくなると力は薄れるらしいのですが私の場合は違ってしまって…。
初体験の相手が一切そういった話をしたことはないのですが、何かやっぱり見える人っぽかったんです。
(授業中とつぜん軽く自分の背中を叩いて何か唱えて、その後は何事もなかったように普通にしてた時がありました)
どうやら向こうからも力をもらっちゃったようなんです。

子供が授かれたとき、その子は出来れば変なものを見たりせず普通に過ごせる子だといいなと思ってます。

331 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 07:38:11 ID:PTT0ITSTP
他人の家のことなんかどうでもいいや。
拝み屋って表現が嘘臭いね。

332 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 11:06:50 ID:0xvya357O
>>331は他のスレでも荒らしてる
インチキ霊能者パニックもちの更年期の♀なんです。
すみませんすみません
すみませんm(__)m

333 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 12:01:45 ID:YeZVsBDtO
そういやうちのとーちゃん、両目がオレンジです。

27歳の頃、肺病で死にかけました。
父の弟も同じ年齢の頃、肺結核で入院。
私の弟も同じ年齢の頃、胆石・盲腸・腸炎・がん。
ちなみに>>253です。

瞳の色の異常から考えて、DNAに刻まれた、遺伝的疾患があるなら
何らかの病気の、発病の時期が同じでもおかしくはないですよね。
父方の親類の自殺多発も精神疾患と想定して。
母方祖父の女狂いや、兄弟の薬物中毒。
これもDNAに欠損でもあると考えると分かる気がする。
一番怖いのは、霊よりも遺伝なのかも。
お払いしても効果がないって事ですもんね…。

334 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 13:03:44 ID:0xvya357O
>>333

イ`

しかしオレンジ色の目は貴重だなぁ!

335 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 13:23:37 ID:jsuf8PzoO
目かぁ…
目の異常因子?ってYに乗るから男性に色盲が多いとか聞いた事あるような気がするようなしないような。
男性ばかりおかしくなるならYに何かあるのかもね。
でも目の色は色素の量で決まる筈だから多分そのオレンジの瞳はただの突然変異で遺伝とは関係無いとおも。

しかしうろ覚え過ぎて説得力ある事が言えない!
教えてエロイ人!

336 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 13:34:56 ID:MoY/QTv/0
>>335
ちょっと違う
赤緑色盲は日本人男性の5〜8%といわれる多い色盲だけど、これはY染色体ではなくX染色体由来のもの
ただ、女性の場合、異常劣性X遺伝子(所謂色盲の遺伝子)を受け継いでも、普通は2つ目の正常なX染色体が発病を防ぐため発病しない
逆に男性は異常劣性X遺伝子を受け継いだ場合、もうひとつはY染色体であるため正常なX染色体が存在せず、色盲として発病してしまう

ちなみに「ハゲ」もこれに該当するw

目の色に関してはおっしゃるとおり

337 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 15:49:17 ID:9PW/ctx/O
友達の父方の家系の事なんですが、基本ビックフット。パパさん2メートル近いし、友達もそのくらい。25までじわじわ伸びるらしく、へこんでた。
あと、男性が短命で精神的に弱い。前友達の親戚の人と付き合っていたんだけど、26歳でこの世を去った。

338 :293:2007/10/19(金) 18:37:20 ID:8rUvZDYcO
自分を右目だけで長時間見たら病むね。精神が。

気付かない方が幸せな感情を誰でも持ってっしょ?ゴマカシながら生きてるとこあるっしょ?そんなとこ心の準備なしに見るのは、無理です僕には。

あまり有効な使い道はないです。人に言おうもんならキチガイ扱いだし。ま、普通は聞かんわな(´A`)遺伝子疾患だと思う方が気が楽です。

339 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 19:06:44 ID:hSO2UBDdO
>338まああなたはそういう質に生まれたんだから
嘆いても仕方ない。
私も霊的な事ではけっこう大変な経験をしたり、嫌で嫌で仕方ないけど。
そういう人にはたくさん会うけど、やっぱりけっこう血筋はあるね。
勘が鋭すぎてもいいことないと思う

占い師は微妙だよ
あなたも霊的な道としては半端な者なのに、占い師なんてしてる人は私にいわせりゃみんな半端だよ。
半端が半端に相談してどうすんのというか。
修行でもした方が楽になるかもしれないね。

340 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 20:41:45 ID:0xvya357O
鈍感でも困るよ〜

グロロリペド大好きのおいらは
自分の感情に素直なのか〜

341 :324:2007/10/19(金) 22:04:22 ID:K+2eBUEk0
>>325
申し訳ないがうpは勘弁しておじゃれ。

ご先祖の出は日本でもかなり西の方だとされているけど未だ定かではない。
だが、体型を見て
「苗字●●だったよね?Aさんって知らない?もしかして親戚?」
と聞かれるくらい他の人から見ると特徴的らしい。
(勿論全く知らない苗字が同じだけの人)

>>329
きっと突然変異なんじゃね?

342 :293:2007/10/19(金) 22:37:24 ID:8rUvZDYcO
>>339

やっぱり覚悟決めて霊的な道に入るべきかな(-д-;)

あなたは修行みたいなことしてるの?
実は本気で能力開発を試みて、いくつかやってみたんだけど、どれもピンとこない。と言うか、『あぁ…インチキか』って感じちゃう(T_T)いっそ誰か完璧に騙してくれよ(´A`)

343 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 23:04:23 ID:1EWEgOfg0
ttp://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa1087.html
この姉ちゃん怖いなw

344 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 23:08:00 ID:/aF3btQwO
目の話題出てるけど、目も日焼けしたりする?
小さい頃は髪は真っ黒で直毛。目も“瞳”の存在がわからないほど真っ黒でしたが、
今は陽に焼けたのか傷んで髪は赤茶け何だかウェービー、目は茶目っぽくなってます。
祖父母も両親も日本人です。

345 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 23:14:55 ID:PTT0ITSTP
能力開発もクソも、自身が霊からのアプローチを受けたり、
まっとうな霊能者と心霊について考える機会も自然に生じないなら
霊の側から必要ともされてないわけじゃない?
そんな人が独善的に霊媒の力を持っても意味がないどころか
キチガイに刃物、ヤンキーに自動小銃。
つまり自分にも他人にも迷惑になる。
分かってない(分かろうとしない)から尚手を焼くんだけどね。
おとなしく人様に迷惑懸けないようにしましょうね?

346 :sage:2007/10/19(金) 23:30:26 ID:6jOvnI1R0
>>344
目も強烈な紫外線に当たり続けると退色するみたい。プロ・サーファーとして、世界を
股にかけている人。若い頃からサーフィンが趣味で、暇が出来るとハワイに行っていた
芸能人、ダイビングが趣味な女優……皆な、日本人とは思えないくらい、薄い瞳の色を
している。(でも、昔の写真だとフツーの目の色)

347 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 23:38:24 ID:6MFdwuXf0
>>344
目はわからないんだけど、
髪は幼少期と思春期に髪質変わることあるんだって
美容師さんに聞いたことあるよ
自分も小さい頃は黒髪直毛だったのに、
今じゃパーマ必要ないくらい濃茶のウェービーだぜ

視力が悪い人って、目の色薄めじゃないか?
うちは父親の家系が視力悪い人多くて、父、兄、自分が超悪い
みんな目の色薄めだよ

348 :293:2007/10/19(金) 23:39:49 ID:8rUvZDYcO
わかったよ。白状する。





釣りなんだよ。
大漁(≧Д≦)ゞ

349 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 23:44:41 ID:PTT0ITSTP
釣りきれてない釣り師だな。
くだらなすぎて最初から馬脚現したまま。
全員騙しおおせてると思ってたのか?

350 :本当にあった怖い名無し:2007/10/19(金) 23:52:06 ID:8rUvZDYcO
わかったよ。白状する。







俺、ホモなんだよ。

351 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 00:14:34 ID:mctc526T0
奇遇だな。俺もだ。

352 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 00:17:54 ID:eLM0RVaQ0
なんだお前もかよ。

353 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 00:53:18 ID:VoZT6N570
ウチはアル中率高いなぁ。
あと頭が悪いひとがおおいなぁ。

354 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 03:09:54 ID:uMqYkydcO
そういや瞳の光彩で病気を判断する方法があるんだよね。
どの位置に斑点や亀裂等があるかで、傷んでる部分が分かるそうな。
瞳がモヤがかってるとか、光彩が日輪の形をしているとか
その人の持つ体質や色素によっても変わってくるんだって。
瞳孔の回りが金色とか、オレンジのラインが入ってるとか
個人個人でいろんな瞳があって、宝石みたいで面白いね。

355 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 10:21:11 ID:w/nXi4r1O
目って本当面白いよね!
色だけでなく、輝きとか
目付きとか。


356 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 12:20:52 ID:Lsnykgm+P
目は脳に繋がる一番近い臓器だからか、意識の状態が如実に出るんでしょう。
目付きが悪いといっても、肉付き骨格にも因るので、眼光で相手を判断するのが一番です。

357 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 14:48:33 ID:xtm3VSfTO
恥ずかしいが告白しよう


母方の人間はみなケツめがつーんとよく痙攣するんだ…痛い

358 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 15:48:07 ID:ZwMvPpZ/O
私の祖父は瞳がグリーン。
もちろんハーフでもなんでもない純日本人。
若い頃はモテたそうだ

まだまだ元気の85歳!
すごいのは、入れ歯してないことw

359 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 16:07:53 ID:QgtbE2E1O
オカルト的ではなくて悪いが怖かった話。

うちの祖父の兄弟はDVの末に嫁を死なせたらしい。
怖いのは事件にならなかった事と、ちょっと知能障害のあったその人を他の兄弟も殴ってたらしいという事実。
幸いにも祖父は加担してなかったようだが、愚痴を私に言いっぱなしな母が
祖父に関しては「嫌いだ、父親だと思いたくない」としか言わないのも何となく怖い……。

ちなみに父方の祖母がまた凄い強烈な奴で私も血の繋がりを否定したい気持ちでいっぱい。
憎まれっ子世にはばかるって本当なのかも、としみじみ思う。

360 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 18:34:48 ID:Lsnykgm+P
逆に考えれば、嫌われるような事をしなければ生き凌いでいけないんだろう。
頭の良い悪いはそれほど関係ないんだろう。
なぜ悪い人間は悪い人柄を選んで生きるのか…。
純粋と云う言い方は余りにも美化され過ぎ腹立たしい。
計算が出来る悪人は、頭の良さを鼻に懸け、自分を過信する余り
最後まで計算の答えを出さないのだと思う。
その結果、現実の答えが出たときに食い違いがあった事に気がつく。
頭の良い奴といっても、間違える生き方をするやつは世の中うんといる。

361 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 21:13:24 ID:c1CLZt6Q0
>>359
父方の祖母に関しても、kwsk!

362 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 22:29:46 ID:QgtbE2E1O
>>361
説明しづらい不愉快な人物なんだけど……、とりあえず息子が三人と娘が一人いるんです。
その中で祖母とコミュニケーション取れるのは娘だけ。
長男と三男は話すが話しても通じない、次男はそれが分かってるからそもそも接しない。

長男は50の若さで亡くなりましたが、彼は死の直前に妹(叔母)の前で祖母を病室で罵倒したそうです。
そこまで精神的に追い込まれちゃうんですよね、祖母と関わると……、
次男は賢いので成人したらさっさと東京に逃げて面倒みる気ゼロ。
結局、末っ子の父が同居する事になりましたが、そのせいで母はメンヘラに。
祖母は今ケアホームに入ってますが、担当の人はしょっちゅう変わってます。

なんというか外面はいいんだけど、ちょっと関わると駄目ですね、自分の都合しか考えないし、
本当に何を何度言っても!通じない、言われても忘れる。自分だけが大切なんです。
関わらないのが一番いいのですが、関わらないわけにいかないのが血縁の辛いところですね。
私もトラウマでお年寄りが苦手です……。

363 :本当にあった怖い名無し:2007/10/20(土) 23:17:29 ID:HtybN4Vd0
361です。ありがd!
何となく、分かりました。
いますよね、そういう人。関わりたくない。
だけど身内だと、そういうわけにも行かないのがつらいですよね…。
心中、お察しします。


364 :本当にあった怖い名無し:2007/10/21(日) 12:53:10 ID:ughVUYty0
>>362
そんなお婆さん、家にも居ます
婿養子に入った父は酒に溺れるしかなくなり離婚
その後まもなく亡くなっています
私たち夫婦は稼ぎが多くないので正直アパート暮らしはキツイですが
婿養子に入ってくれる旦那の事を思うと同居は出来ません

父が仕事から帰っても良い様に小間使いさせられ
たまの休みも農作業やらどっちでもいい修繕仕事
思い立ったらすぐに「やらせないと」気がすまない性格なので
お店が閉まっているから明日に回すなんて納得しません
多分同居したら旦那はおかしくなってしまうでしょう、身内の私でも近寄りたくありません
最近の口癖は「わしが嫌いだもんで家に入らんのだら」ですが
その通りです、平穏に生活したいだけなんです

家でもケアハウスお願いしたんですが
這ってでも脱走してくるし、一日に何度もタクシーを呼ぶし
「頭のおかしい人の中には居られん」と言っては顰蹙を買い
ハウスから断られました

365 :本当にあった怖い名無し:2007/10/21(日) 14:15:32 ID:YSMw5Q0L0
殺しちゃえば?
じゃなきゃ精神病院入れちゃえばいいじゃん。

366 :本当にあった怖い名無し:2007/10/21(日) 14:26:25 ID:wfA1H0T/0
>>364
その祖母一人暮らし?
放置しとけばいいじゃん。
面倒見る必要ないよ。

367 :本当にあった怖い名無し:2007/10/21(日) 14:47:51 ID:S7CbWRiyO
>>364
そっくりだ……。そう、思い立ったら「やる」「やらせる」人なんです。
ケアハウス脱走ですか…うちのもボケが進んでいなかったらなってたかも。
距離を保つ事も出来ない人で『自分は、役にたつ・善人だ・可哀相だ』とアピールするために近づいてくるんですよね……。
話が通じないと段々人間に見えなくなってきて本当に怖いです。


>>363>>365
それをやっちゃったら、やったほうの精神が壊れるので……。

368 :本当にあった怖い名無し:2007/10/21(日) 17:57:13 ID:YSMw5Q0L0
じゃあ人間と思わなければいい。
豚でも飼っていると思え。
なら何を言われても豚の鳴き声にしか聞こえなくなってくるから、大分楽になるよ。

369 :本当にあった怖い名無し:2007/10/21(日) 18:06:08 ID:7+9zpApP0
>>364
すれ違いですが、うちの上司そっくりだ・・。
もう仕事辞めたい。orz

370 :本当にあった怖い名無し:2007/10/21(日) 23:55:13 ID:hdUjD3VR0
>>365
>>366

母と二人で暮らしていますが母がしゃべってくれないと愚痴を言い続けています(そんなことはありません)
89になるのですが未だに口は達者で
生前大人しかった祖父は読書の邪魔だから連れて行かないんでしょうね
血液の年齢が30代なのには家族中で驚きました

にくまれっこ世にはばかる
先人は上手い事を言ったと思います

371 :本当にあった怖い名無し:2007/10/21(日) 23:56:57 ID:Hqn9i2Rk0
境界型人格障害とか言う奴でしょ
本人が自覚して抑えられないなら、まわりが距離を置くしかないね
ボダ×ボダは、案外うまく折り合えるらしいよ

372 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 10:04:12 ID:dBq5bxRdO
うちは父の兄弟 義理も合わせると8人いるんだけど全員 不幸。で その子供の代も不幸が多い。若くして病死、障害がある子供 授かって亡くす、精神病 アル中。あんまりなんで お坊さんや霊能者に視て貰ったけど因縁 かなり深い怨みとか。こわい

373 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 10:13:42 ID:dBq5bxRdO
うちは父方は不幸系 離婚やアル中 早死に 倒産 借金 病気。母方は精神異常系。最近 怖すぎて 視て貰ったら 父方が凄い怨まれてるとか。微かな霊感がある私に事故とかで知らせてきているらしい。(:_;)続くらしいから子供に行かないように私の代で切りたい。

374 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 10:17:06 ID:dBq5bxRdO
↑書き直したと思ったのに二回 載せてしまった。

375 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 10:44:59 ID:GjG57BHrP
不幸でも家系が続くだけましだろう。
贅沢いうな!

376 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 14:02:06 ID:gkb2e9qT0
それは究極的だな

377 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 15:00:09 ID:9B5iN1U/0
>>374 オケ!

378 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 16:38:06 ID:iu9ARwZG0
うちの祖父みたいなのが二人もいるのか・・・・・・
上の二人の祖父母のような性格です、うちの祖父も

オカルトっていえば
今まで命日もお彼岸すらめんどくさがっていた人が
ボケてから墓参りと仏壇で拝むようになったのが怖かった

祖父の母(私の曾祖母)を日夜探して墓参りと仏壇拝み
曾祖母のことを呼びながら、仏壇の前の、なんというんだろ、
「ちんちーん」と音が鳴るあれをドラムのように鳴らしては、
涙にくれる様はほんとオカルトだった

379 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 17:22:51 ID:ARfBA87ZO
身内に不幸があっても、家系が続くのなら、きっとまだまだ希望は残されてる。

家の母方の実家は、数年前に祖父が亡くなってから、とうとうその名が途絶えた。
途絶える前はとにかく色々いわくがあったらしいけれど、その真相を知る者はもう誰もいない。
結局自分は母方の祖父に最後まで会うこともなく、葬式にも出なかった。
ただ母から、先祖は山伏だったということだけを聞いた。

380 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 19:29:06 ID:Sd+2X068O
家系というか遺伝?の話ですが、、、
私は♀なのに、小さい頃から美人や可愛い女性が大好きで、27歳になった今もふざけたフリして女友達におっぱい触らせてもらったりキスしてる。
でも現在婚約中、今までも普通に彼氏は居たし、レズってわけじゃないんだろうけどとにかく美人・可愛い女性・女体が大好き。
街でイケメンとすれちがっても気付かないけど、好みの女性は常にチェック。
海外版プレイボーイとか、ちんかめ総集編とかも大好物。

で、父方の実家は田舎の元大地主なんだけど、少し前にその実家(でかい、同じ敷地に家四軒ある)の整理を手伝った時の話。
何かアンティークっぽい大きな箱(鍵付きだけど鍵はかかってない)を開けてみると、古ボケすぎてよく分からないブロマイド(古い女優さんとからしい)や、美人画(?)や、お芝居のパンフレット(?)の切り抜きらしきもの(美人ばかり写ってる)がいっぱい出てきた。
微妙にエッチなのもあった。
おじいちゃんいわく、ひいばあちゃん(おじいちゃんの母親)の箱だったけど中身は知らなかったとの事。

おばあちゃん(おじいちゃんの妻)は、おじいちゃん以外にずっと好きな人が居たらしく、私の父親(おじいちゃんの息子)はその人の種なんじゃないかとの疑惑があったらしいが…
ひいばあちゃん…あんた間違い無くあたいのひいばあちゃんや(´Д`)


381 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 19:56:03 ID:GjG57BHrP
はいびょったかり
私の母方の祖母が、母の夫である父を陰で疎ましく思って呼んだ言葉だ。
肺病(結核)にたかられている血筋という意味だ。
父は気管支喘息、私は食道アレルギーで、何れも突発的なムセって激しい咳を出す。
人前で咳を出すと、サッと体を退く人もいる。
父方の祖父は若い頃結核か何かを患い、肋骨を数本取られて手術を受け、
利かない肉体になってしまった。
その祖父の姉も結核で亡くなった。
今はこの世にいない祖父とその姉だが、弟である祖父は今の生家に養子に来ていた。
つまり養子になる前は別の…いや、本当の苗字だったのだ。
その先祖は江戸時代の学者だと父から聞き、虎の門の一画にある寺に
一族の墓があると聞かされていたので訪ねてみた。
■■■■も眠る墓のある寺で、その中に一族の古い墓があるのを発見した。
その一族の名前から、日本史辞典には漏れなく載せられている学者だったと
疑いなく確信させられた。
なぜ、その家系がはいびょったかり≠ノなってしまったのだろうか…。
病名は違えど、祖父も父も私も咳をする。
遺伝子のなせる業も怖いが、どうせなら歴史に名を残すくらいの遺伝子も
有効に働いて欲しかったと思う今日この頃…

382 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 21:09:02 ID:JrASIpM50
>>380
( ;∀;) イイハナシダナー

383 :本当にあった怖い名無し:2007/10/22(月) 21:28:03 ID:OIKUo6/10
>>380
良かったね
ひいばあちゃんの疑いが晴れてw

384 :本当にあった怖い名無し:2007/10/23(火) 00:24:15 ID:bGml/nEmO
>>383
浮気疑惑があったのは、当のひいばあちゃんじゃなくておばあちゃんでは?
おばあちゃんが浮気してたかも=じいちゃん(ひいばあちゃんの息子)の種じゃないかも
って事ですよね?
念のため訂正

>>380は婚約者を大切にしてね…


385 :本当にあった怖い名無し:2007/10/23(火) 23:49:29 ID:gu12cb0J0
 >>206>>209
 亀ですが、まだココ見てるかな?なんとかしたいなら
水と龍神に関係する神社を巡ってみては?お住まいの場所がわからんから
なんとも言えないが関連するカミサマの名前がわかるなら、その神様に
関係する神社とかね。神様の名前や由来が分からんのなら難しいだろうが…

386 :本当にあった怖い名無し:2007/10/24(水) 00:35:20 ID:5cCC+RV8O
>>385
何故、水神か龍神なんだ?

387 :本当にあった怖い名無し:2007/10/24(水) 01:42:19 ID:gMzM1dG10
 たぶんその辺は当の本人の方がよくわかってると思うよ。
(場所の特定されると困るからここに書いて無い事も多いだろう)

388 :本当にあった怖い名無し:2007/10/25(木) 02:13:24 ID:M1IsW3J60
すげー久々にこのスレ覗いたら、上のほうで源氏の子孫と平氏の子孫が云々とありますが
そんな事言い出したら、頼朝サンと北条サンの間はどうなってしまうのかと小一時間…(あの北条氏は関東八平氏の一つ)
結局、源氏も平氏も主流一家だけなわけないし…
中央の利権にあぶれた分家筋は、日本中に広がって自立した訳だし、先祖がどっかで源氏や平氏や藤原サンの血筋を
受け継ぐ人と繋がってりゃ、まがりなりにも先祖は○○氏となってしまう
因みにウチは渡辺の綱が末裔…等と父方の親戚連中から耳にタコができるほど聞かされてきたが…当然それを証明する
ものなぞ在りはしないし、酒呑童子の鬼退治にかこつけて酒を飲んでただけの事だし(退治する方が飲んじゃダメじゃんw)
母方に至っては戦前は結構いい暮らしのできる家だったようだが、空襲で家財一式蔵ごと失ったため、どんな出自か遡れない

その羅生門の鬼退治の子孫は今、嫁に浮気がばれて駐車場の軽1BOXで夜明かししている OTL
…奥さん、ごめんなさい、もうしません


389 :本当にあった怖い名無し:2007/10/25(木) 02:56:04 ID:9n8goC47O
>>まぁい`

自業自得W

390 :本当にあった怖い名無し:2007/10/25(木) 03:04:04 ID:+CAyR/5A0
>>388
安心しろ。
北条は千葉介や三浦、畠山らと違って「坂東八平氏」ってのはほぼ眉唾モンだから。
第一源氏と云々…があり得るのはいわゆる「平家」(伊勢平氏の、それも正盛・忠盛の一流)
に絡む血筋限定の話だろうからw

391 :本当にあった怖い名無し:2007/10/25(木) 19:00:28 ID:gABb7eo10
>>381
肺病系の事をそう呼ぶの、初めて知ったよ。
うちは381さんの御祖父さん状態が父だ。父のお姉さんも結核で亡くなった。
戦争中で栄養が偏ったのが原因、と聞いている。(父は昭和ヒトケタで私は40です。)
私は若い頃、気管支喘息を少しの間患った事もあるし、非常に体が疲れ易く
弱い。でも娘はありがたい事ですが、全くの健康体ではちきれてる。
私が体が弱いのは生まれた頃に父が結核を患っていたから。
ツベルクリンではいつもレントゲン行きで異常なしで帰って来た。
医者曰く体に結核菌が多いらしい。でも結核は患わなかったから娘には
うつらなかった。遺伝ではないですよね。
今まで生きてて余り結核の事で差別受けた思い出はないけれど
場所によってはあるのだなあ、と思いました。381さんもお体を大切にしてくださいね。

392 :381:2007/10/25(木) 22:10:48 ID:iJoXxfUFP
>>391
これはこれは、同世代の方から御親切な返レス。
オカ板という低年齢層ばかりの恥臭い場所にて恐縮です。
貴方様もお体には十分気をつけてくださいませ。

393 :本当にあった怖い名無し:2007/10/25(木) 22:34:30 ID:PsgOwjW70
(´-`).。oO(オカ板は昔から年齢層高めと言われてたよ・・・)

394 :381:2007/10/25(木) 23:01:44 ID:iJoXxfUFP
いや、2ch開始の頃はそうでもなかったけど、今や世代交代が進み
話が通じなかったりするよ?
昼のワイドショーの心霊写真特集なんて知らないやつらばかりだし…。
あなたの知らない世界≠ネんかすら知らない年代になってる。

395 :本当にあった怖い名無し:2007/10/25(木) 23:10:11 ID:c4ae0FCb0
(´-`).。oO(浜村淳のラジオでwktkしていた自分は化石・・・)

396 :本当にあった怖い名無し:2007/10/26(金) 00:12:37 ID:1uyHN8ws0
>>395 ナカーマハケーン

397 :本当にあった怖い名無し:2007/10/26(金) 01:23:24 ID:BJP6svX6O
>>395-396

ナカーマ

398 :本当にあった怖い名無し:2007/10/26(金) 03:47:29 ID:bVoRdXKh0
>>391〜397
ナカーマいっぱい(^o^;

399 :本当にあった怖い名無し:2007/10/26(金) 05:16:10 ID:BJP6svX6O
30代後半〜40代ばっかりだ!

400 :本当にあった怖い名無し:2007/10/26(金) 09:40:15 ID:iwHjSst60
ヽ(・∀・)人(・∀・)ノナカーマ

401 :本当にあった怖い名無し:2007/10/26(金) 23:29:46 ID:k5wwjmQa0
次の人どうぞ

402 :本当にあった怖い名無し:2007/10/27(土) 01:01:00 ID:sG2t89ad0
ぼっくっの どっらえっもん〜は〜 いいおっとっこ〜
困った〜時のドラ頼み 頼んだよ 任せたよ
ハァ ヤッショーマカショ ホイキタサッサの ドラえ〜も〜ん〜

403 :本当にあった怖い名無し:2007/10/27(土) 01:40:48 ID:MRfnZdzt0
> ぼっくっの どっらえっもん〜は〜 いいおっとっこ〜

「だけどドラえもん いいおとこ〜」だろうが


404 :本当にあった怖い名無し:2007/10/27(土) 01:56:11 ID:kG/faSl1P
家系にまつわるオカルトっていうか、家系にまつわる不幸自慢スレって感じ

405 :本当にあった怖い名無し:2007/10/27(土) 02:04:30 ID:DIYEqRK30
イーンダヨ

406 :381:2007/10/27(土) 05:37:41 ID:/NZ6dcjjP
ぼっくぅのどぅらえもん〜んが、まっちぃ〜ぅお〜あるぅ〜けば
みぃ〜ん〜な、みぃんなぁ〜が、ひっくりかぁ〜えぇ〜るぅうよ

407 :本当にあった怖い名無し:2007/10/27(土) 11:52:32 ID:k8jcLJvS0
うるせえしね

408 :本当にあった怖い名無し:2007/10/28(日) 02:02:59 ID:YhgSqdnIO
ドラえもん音頭だw

うちの家系もかなり変わってるけど、
とてもここにカキコ出来ない……(・・;)

409 :本当にあった怖い名無し:2007/10/28(日) 02:22:21 ID:ROCud9uQ0
書けや

410 :本当にあった怖い名無し:2007/10/28(日) 13:41:17 ID:LNsthed6P
困った〜時はどらだのみ
まかせたよチャラララたのんだよ
ハァーヤッショーマカショの ドラえもぉうぉーんー

411 :本当にあった怖い名無し:2007/10/28(日) 21:32:29 ID:KOxRd/IF0
次の人どうぞ

412 :本当にあった怖い名無し:2007/10/28(日) 21:38:18 ID:LNsthed6P
キュッキュキュのキュコラマッタ
キュッキュキュのキュコラマッタ
オバQ音頭でキュッキュッキュッ

413 :本当にあった怖い名無し:2007/10/29(月) 00:08:00 ID:mYa4ocfXO
>>412

どうしたw

414 :本当にあった怖い名無し:2007/10/29(月) 02:28:06 ID:L6wUq6O1O
お墓を移したんですけど、問題なしかな?
父方の祖父は宮大工、祖母武家出身で跡取りがいなかったので婿養子の祖父の土地から元々の家系には関係ないうちの近所に移動。
うちの父は次男だけど遺言で本家になってしまった。
あと、家系を詳しく調べるにはどうしたらよいでしょう?
もう父も父の兄にあたる長男も亡くなり付き合いもありません。

知ってる方いらっしゃったら宜しくお願いします。


415 :本当にあった怖い名無し:2007/10/29(月) 08:25:49 ID:mYa4ocfXO
自力なら図書館

他力なら探偵とか学者は?

416 :本当にあった怖い名無し:2007/10/29(月) 10:01:50 ID:nVXMAmP40
>>414
寺にある本家の過去帳を見せてもらえば?

417 :本当にあった怖い名無し:2007/10/29(月) 11:36:57 ID:mYa4ocfXO
>>414

そうだ!
戸籍とりよせたら?

418 :本当にあった怖い名無し:2007/10/29(月) 12:45:07 ID:L6wUq6O1O
>>415-417
レスありがとう。

>415、417
学者さん、どこに頼むのだろう?探偵も思ったけど恐いし高そうだと思ってヤメタ。自力で図書館かぁ。家紋は本で調べたんだけどなんだか漠然としてたな。

戸籍謄本の事?一度取り寄せたけど家系まではないから、家系を調べたいんですけど…と言ったら祖母方の戸籍も出して貰えるのかな?本籍地の役所に行かないと駄目だよね?

>416
過去帳は実家の仏壇にあるんだ。この前私の誕生日に母と話したんだけど、その日の寝入り端、地震でもないのに過去張がいきなりガタガタ〜って音立てて落ちて来たんだって、後に聞いてビックリしてた(汗
オカルトや占い信じない母だけに、信憑性高いし、これは何かメッセージなのかな、と思わずにはいられないんだ。

家の家系は女系で、今のままでは養子とらないとこの代で家系上は途絶えてしまうんだけど、過去張ポルターガイストの件といいなんか御先祖様が訴えているのかな、と気になって。

質問ばかりと長文ごめんなさい。


419 :本当にあった怖い名無し:2007/10/29(月) 18:56:29 ID:mYa4ocfXO
>>418

出身地と姓が解れば絞れると思いますよ!
本家に事情を話せば付き合い無くても教えてくれないてすかね?


420 :本当にあった怖い名無し:2007/10/29(月) 20:30:23 ID:L6wUq6O1O
>>419

機会作ってでも役所に行ってみる事にします。本家のおじさんとこ仲良くなかったから、今でもお付き合いがないんですよ。
レスありがとうございます!


421 :本当にあった怖い名無し:2007/10/30(火) 22:03:42 ID:9PRAfyYO0
>>420
本籍地の役所に行って、謄本を頼むと、明治期までの戸籍は取れるはず。
それから、あとは家の戸籍&過去帳と付きあわせつつ、寺の過去帳を調べる。
分家と判明しているなら、そんなには辿れないはずなので、江戸時代より遡ることになるんであれば、ほぼ本家の調べることになるんじゃないかと。


422 :本当にあった怖い名無し:2007/11/02(金) 15:15:04 ID:5COv6PvwO
>>418
あぁ、私も長女だから凄く気持ちがわかる。

うちは分家で継ぐような家柄ではないんだけど(遡っても百姓だろうし;
それでも私で姓を途絶えさせてもよいものか、って凄く悩む。
父親は男3女3兄弟の三男なんだけど、長男は子供なし、次男は女一人。
この娘の従姉はバツ1で今は双子の姉妹を育ててる。
親が好き勝手に生きた人だったから、親戚中をたらい回しにされて育ったせいで
物凄く親を恨んでたし、旦那もしょうもない人だったからもう結婚する気はなし。
結婚する前から○○の姓なんてどうでもいい、って言ってたし…。



423 :本当にあった怖い名無し:2007/11/02(金) 15:17:37 ID:5COv6PvwO
つづき

本家は本家で長男が幼い時に亡くなってしまった為、女一人。(私から見てハトコ
彼女の父親はお婿さんだったんだけど、農家が合わなかったのか
マスオさんが嫌だったのかアル中に→本家の財産を食い潰す。
そんな家が嫌で「家なんてどうでもいい!」と、さっさと嫁に。
3男の父、バツ2女二人。私(長女)と、もう姓の違う腹違いの妹が…。
そんなこんななので、必然的に私しかいないかなぁ、と。
私の代で途絶えさせてしまうのは、ご先祖に申し訳ないと思う反面、
継ぐような家柄でもないのに、男の人に姓を変えて入って貰うのもまた申し訳ないと…。

これといった因縁もなさそうなのに、長々と愚痴ってしまってすみません;

424 :本当にあった怖い名無し:2007/11/02(金) 15:38:39 ID:5COv6PvwO
これだけではなんなので、前に
「自分の家の家系図が本物かどうか…どうしたらわかるのかな?」
って書いていた人がいると思うんだけど、それなりの由緒正しき家柄であるのならば、
たぶんお爺さんなり身内の方なりが、近衛兵をしてらしたんじゃないかな?
とは言っても、本当に由緒正しき家柄の人でないと当てはまらないかもだけど;
確か天皇の身辺警護をする近衛兵は、家柄のきちんとした人でなければ、
なれなかったような記憶があるのだけれど…。
友達の家が今は廃れてしまったとはいえ、年末の大河ドラマによく出てくる
家系の出だった為、やはりお爺さんが近衛兵をしてらしたらしいし…。
江戸時代に家系図を買ったくらいでなれてしまうのかどうかは不明ですが、
一つの目安にならないかなぁ?などと。

425 :本当にあった怖い名無し:2007/11/02(金) 18:26:57 ID:tKZspMZWO
清和〇氏、恒〇平氏の直系は滅んでます。

426 :本当にあった怖い名無し:2007/11/03(土) 00:12:42 ID:JWlCdVFZ0
何で近衛兵?
将校は昭和初期までは華族・士族しかなれなかったらしいが、一般兵なら基準に達すればなれる。
ちなみに士族株も売買出来たので、士族がどこまで辿れるかは怪しいと思われる。



427 :本当にあった怖い名無し:2007/11/03(土) 00:30:20 ID:RTFQrw370
俺の先祖は屯田兵だぜ?

428 :本当にあった怖い名無し:2007/11/03(土) 01:31:06 ID:tyZy2GWn0
私の先祖なんかミトコンドリアですよ!

429 :本当にあった怖い名無し:2007/11/03(土) 02:08:00 ID:DlJpoT5/0
家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)って既出ですか?
既出だったらすみません。

これ、家族や一族でバタバタ次々と30歳ぐらいで亡くなるので、
昔は祟りや呪いだと思われてそう。
今でも2つぐらいの病院でしか扱ってない病気なので、
もしかしたら今でも気づいてない人もいそうだし。

430 :本当にあった怖い名無し:2007/11/03(土) 02:09:56 ID:DlJpoT5/0
↑ちなみに、8人兄弟で6人亡くなったりする。

431 :本当にあった怖い名無し:2007/11/03(土) 02:11:56 ID:DlJpoT5/0
連続スマソ

それで、「感染症かと思ったけど、血縁関係以外の人間は死なない、
呪われてるとしか思えない」と思われる例とかありそうだなーと思った。
外の家から入ってきた人間は死なないのに、なぜ○○の血縁者だけ
早死にするんだろう?呪いに違いない!みたいな。

432 :本当にあった怖い名無し:2007/11/03(土) 02:28:22 ID:DfvMBhtlO
>>418 過去帖があるならわざわざ調べなくても、過去帖見りゃ判るじゃないか。

過去帖に書いてある以外の詳細を知りたいの?
地元で何代も続いている古い家系なら、市区町村立の図書館行って町史を閲覧すれば大概の事は判るよ。
それ以外なら口伝で聞ける話しかないから、本家筋の年寄りか地元の長老に訊くしかないね…

433 :本当にあった怖い名無し:2007/11/03(土) 10:58:04 ID:wHLPsCSf0
>>431
何か引越し騒音ばあさんの家みたいだな
遺伝子に何かあるのかな?

434 :424:2007/11/04(日) 02:08:33 ID:BZVLh3utO
>>426
華族・士族の方が将校というのは勿論普通にあると思います。

ただ私の知り合いの中で、時代が変われども栄華を放つほどの
家系の方はいなかったもので…。目安といえど、歴史上に先祖が顔を出した
ような方の家柄ならば、今現在、落ちぶれていようとも近衛くらいにはなっているのでは?
と、思ったまでです。先に話した私の知り合いは、歴史上とは姓が変わってるにも関わらず、
天皇の身辺を警護する役目の近衛兵をお爺さんがしていたもので…
子孫曰く、近衛はそうなれるものではないと…。
詳しい話は私もよく知りませんが、他に○○家の子孫、という方もそんな感じ
だったので、あぁ、姓や時代が変われど、家柄などがわかる統べがあるのかなぁ?
などと思いました。正直、素人なので何もわかりませんが…。

435 :本当にあった怖い名無し:2007/11/04(日) 09:19:11 ID:dhmB9G3M0
近衛兵だと由緒有る家柄かもしれない……というのは語弊を招く可能性がある。
最初期こそ薩摩島津家中、萩毛利家中、土佐山内家中から選抜された約一万人が近衛兵として
就役しているわけだが、しかしながら例えば、萩毛利の場合など奇兵隊等の非士分(主に農民)
中心に編成された部隊も少なくない。また1872年に徴兵制が施行されて以来、全国から徴兵された
兵隊から選抜していた。家格等も考慮されたかもしれないが、寧ろ出自以上に成績重視で、
知力体力胆力に勝る人間が登用されたろうから士族、卒族中心というほどでもなかったと思う。
(確かに幹部クラスは華族、士族出身者が多数を占めていたのだが)

寧ろ、特に陸軍を中心に東北の寒村など貧農出身の若者が苦学・精錬しつつ目指す傾向が年々
顕著となり、皇道派に近い少壮将校とか、近衛ではないが関東軍の将校にはこれらの出自の者が
かなり含まれていた辺りを考慮すると、近衛兵=由緒ある家柄とは一概には言えないと思う。

以上スレチ失礼。

436 :本当にあった怖い名無し:2007/11/04(日) 10:49:13 ID:X/hYjBZO0
近衛兵=由緒ある家柄 が成り立たなくても
由緒ある家柄は近衛兵くらいはやっていた過去がある は成り立つかも
ってことかな?

近衛兵と言えばオスカル様しか浮かばんw
かの女は由緒ある家柄だけど、部下はそうでもなかったしね。
・・・・・フランスだし漫画だし関係ないかw

437 :本当にあった怖い名無し:2007/11/05(月) 23:21:09 ID:AbltKmSA0
あげ

438 :本当にあった怖い名無し:2007/11/06(火) 00:41:29 ID:/23919k10
>>418

ちょっと亀ですが、母方でも戸籍(除籍)謄本はとれますよ。
(過去帖閲覧はよほど親しくない限り、苗字の違う家のものは見づらいでしょう)

つまり418さんと直系の遺伝子(お母さんのお母さんのお母さん(曾祖母)、とかお母さんのお母さんのお父さん(曽祖父)とか
のつながりの方なら全員取れます(ただし明治の15〜20年くらいまでが最後、あと除籍謄本は一応法律で「筆頭人(戸主)が没して80年後に廃棄」
っていう法律が数年前にできてますので、一部の自治体はすでに廃棄してるとこもあります。まだ大抵のところは残ってますがね。)

あと本籍地のお役所が遠い場合は郵送でも受付可。その自治体のHPに行ったら戸籍謄本郵送取り寄せの案内とか
出てますよ。

152 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)