5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【武家】日本刀の斬れ味 〜三の太刀【目利】

1 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/21(水) 00:05:36 ID:eK6OLn77
様物(ためしもの)、居合試斬、抜刀演武等、徹底的に日本刀の斬れ味・耐久性に
ついて語る特化スレです。
観賞用一般鑑定のいわゆる町人目利きはご遠慮下さい。


さ、語ってくれたまへ。


前スレ

【武家】日本刀の斬れ味 〜二の太刀【目利】
ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/knife/1174728137/

過去スレ、関連スレと参考サイトは>>2以降。

2 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/21(水) 00:06:17 ID:eK6OLn77
過去スレ

【武家】日本刀の斬れ味【目利】
ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/knife/1163046657

関連スレ

日本刀スレ 二拾漆代目
ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/knife/1193741541/
旧大日本帝国軍刀総合スレ 伍
ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/knife/1180295842/
■現代の科学を利用した刀て日本刀より強い?スレ■
ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/knife/1124572338/

参考サイト

Wikipedia 刀剣の業物一覧
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%AD%E7%89%A9
「聖代刀匠位列表」
ttp://www.ne.jp/asahi/tonekousyou/yukikaze/gunto/f_guntou30.htm
旧日本帝国陸海軍軍刀
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~t-ohmura/
日本刀,美術刀剣御研処-日本堂
ttp://www2m.biglobe.ne.jp/~haru-sho/
日本刀のお話
ttp://serious-rabbit.sakura.ne.jp/html/nihontou.html
包丁の話
ttp://www.masahiro-hamono.com/story/index.html

3 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/21(水) 00:10:15 ID:eK6OLn77
では語っていきましょー。

4 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/21(水) 00:47:38 ID:4Yi5BERM
1乙です
仙台藩士腰物携
可専一  因州兼先 和泉守兼定 勝村徳勝 三善藤四郎長道
可専二 高橋長信 久保宗明 勝村正勝 入道松軒元興 
可専三 細川正義 草野吉明 角大八元興 鈴木正雄 山浦真雄
折損用心 源清麿 左行秀 固山宗次 運寿是一 泰龍斎宗寛 池田一秀 御勝山永貞
まがり用心 八代忠吉 斉藤清人 月山貞吉
ttp://web.kyoto-inet.or.jp/people/yokotat/page6.html
新鮮組 池田屋 愛刀
和泉守兼定十一代兼定 二尺四寸八分 イタミナシ
奥州白川住兼常 ニ尺二寸五分 イタミナシ
川島勝司 越中住兼明 ニ尺二寸八分 イタミナシ
農州関住兼家 ニ尺三寸一分 イタミナシ
濃州住御勝山永貞 ニ尺三寸八分 イタミナシ
摂州尾崎住雲仙子貞秀 ニ尺四寸五分 イタミナシ
作州津山住城慶子正明 ニ尺二寸五分 イタミナシ

5 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2007/11/21(水) 04:53:15 ID:eGxVrBYb

このイタミナシというのは当日出動はしたが
戦闘はしなかったという意味だろ

6 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/22(木) 01:23:41 ID:YbKJqbbr
>>5
それを言っちゃあお仕舞いだよ。
近藤勇の刀も実際は斬りあわなかったから
無事だったのかもしれないしねえ。

7 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 13:17:20 ID:uNnQII8z
勝手煮現代刀匠斬味番付(WEB上での知名度順)

横綱 宗 勉           、、、「今正宗」特に切れ味に優れるものを「笹露」といふ
大関 河野 貞光        、、、「今虎徹」特に切れ味に優れるものを「石斬丸」といふ
関脇 小林 康宏        、、、「斬鉄剣」二代目も切れ味は健在
小結 関住 正直        、、、切れる事で有名
前頭 大野 義光        、、、居合、剣術家の間で安心して切れると評判
前頭 法華三郎 信房     、、、隕鉄刀を作れるほどの腕前
前頭 大山山麗佐川住 延秀 、、、某流派の宗家の方曰く貞光は大業物だが延秀は最上大業物
前頭 宮入昭平         、、、切れるといわれる
前頭 赤松太郎         、、、切れるらしい
前頭 竹花一貫斎繁久     、、、切れるとの話
前頭 昌親            、、、切れるとされる

行司 吉原 義一


8 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 13:18:16 ID:uNnQII8z
大野義光現代刀荒試し
この時の「義光刀」は2尺3寸5分 元身幅1寸1分 小沸出来 逆丁字 
作り込:本三枚 
以下でワラ何本とあるのは、(畳表1枚半で1本のこと)したがってワラ3本というと、畳表4枚半を巻いた太いものになります。
●第1回  試刀者  戸山流 某氏( 実名は了解を得ていないため容赦ください)左右袈裟斬り ワラ3本  切断 4回
横一文字斬り(左右) ワラ2本  切断 2回
片手左袈裟斬り    ワラ2本  切断 1回
据物斬り   ワラ4本(3回) ワラ4本半(2かい) 切断
●第2回  試刀者 某氏 某流
孟宗竹 2日間荒斬り、直径7センチ以上のもの、竹林に生えているもの、切断本数数え切れない。
桜、生木、直径7センチ位 12本 切断
松、生木、直径12センチ位 3本 切断
孟宗竹(枯れ竹)直径7センチ位 右袈裟斬り 10本 切断
弓 1本  竹刀立切り 4本 切断
畳表1枚半の中に牛の太骨直径8センチ以上を巻き込んだもの4本切断
鉛板 幅10センチ 厚2センチ 6回切り込み9分切れ(小さな刃こぼれ)
番線(針金)1・5ミリ 3本巻き 15回切断
2寸釘(台上)1本切り 2回切断・2寸釘(台上)2本切り 1回切断
●第3回  試刀者 某流 某氏
孟宗竹  直径6センチ以上  荒切り 80本以上
●第4回  試刀者 某流 某氏
欅板 幅約30センチ 厚9センチ 長40センチ 正座切り 3回(2回約15センチ切り込み3回目で切断)
銅 丸棒直径2センチ 正座切り2回 8分切(小さな刃こぼれ)
●第5回  試刀者 某流 某氏
孟宗竹 荒切り 3日間 150本以上
鉛板  幅10センチ 厚2センチ 2回切断(僅かに刃こぼれ)
ラワン材 幅30センチ 厚1センチ 左右袈裟切り6回切断
ラワン材 1寸角、台上に5本並べて2回切断
無銘刀 打ち込み合い 100回以上 相手の刀に棟、鎬、刃、切り込み残る 義光刀、刃こぼれなし 無類の強さ(強靭性の試し)
無銘 槍 約1尺 末備前3角  中央にて台上切断
無銘 槍 約6寸 3角 台上にて切断 台版切断の上コンクリートに2センチ食い込む。
日本刀(現代刀)2尺4寸 棟より1刀で切断 3回
軍刀の日本刀と棟で打ち合い、日本刀折れる。(2尺2寸)関物 1回
ブロックに打ち込みブロック粉々 5回 (義光刀僅かにはこぼれ)
この後義光刀は強靭さを試すため、折れるまで金床に打ちつけついに2/3ほどのところから折れた。
●第6回 試刀者 某流 某氏
兜 砂をつめて試す  約1センチ切り込み
兜 松丸太(地面に杭状に打ち込む)にかぶせて試す  かなりの切り込み
(この兜試しは折れた後の義光刀で試した)刃こぼれほとんどなし
以上が荒試しの内容ですが、第1回から第5回の折れるまで約3ヶ月を要したとのことです。
まさに驚くべきことで信じられない内容ですが、真実のことであります。

9 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 13:19:25 ID:uNnQII8z
522 名前: 名無しの愉しみ 投稿日: 02/10/07 20:00 ID:VK3M1bA8

俺も自分が知ってる範囲で情報提供しておく。
通販誌で時々見掛ける「貞吉」の刃は極めて脆い。この作者の刀は昔剣道雑誌で広告出してたんで、結構試し斬りした奴が多いらしく研師や居合い愛好家からその脆さについてよく耳にした。
反対に強い刀の噂としては岐阜の兼延。それと埼玉の小沢某。特に小沢(故人)は焼入れ前に水垢離する程の気合いの入れようだったとか。
それに「刀剣美術」に載ってた話だからどこまで本当か判らないが北海道の惟平の刀はドラム缶の縁を15センチ斬り裂いたという。

523 名前: 508 投稿日: 02/10/07 22:37 ID:???

加藤兼国の刀もいいよ
俺はナイフともども愛用している。
藤岡弘(仮面ライダー)も兼国刀とナイフの愛好家だ。
俺の現代刀三振りをつかった感想は・・・
加藤兼国・・・自分で注文した。切れ味も粘りも良かった。地金もよし。 さすが実用刃物作りなれてるだけあってほどよい焼入れがしてある。でも現在はあんまり刀はつくってないそうだ。
神奈川県 靖俊・・・・居合やってる人が金に困って売りに来た。切れ味抜群。でも、刃が薄くて平肉がぺったんこの作りの上焼き入れガチガチだから俺の刀は刃がもろかったよ。 とても恐くて太い竹なんか切れなかったし竹斬ったら刃が二箇所もかけてびっくりした。
元海軍受命刀工 小島 兼時・・・注文打ち。軽くて切れ味がこれまた良かった。刃の強さは普通だと思う。重ねを厚くしろといったのに薄い作り込みで出来あがってきた。
俺が本で見た話だと”兼延”は某雑誌で骨付きの豚肉ずばりずばり斬ってたよ。たしか腰の骨にあたって曲がった気がする。
それと強い刀ときくのが松田次平、吉原国家とレジンの社長の話だと河野貞光かな?
剣道雑誌にのってた話で堀井秀俊が大戦中の刀では抜群に強かったらしい。鉄兜とセイリュウ刀を試し切りにして折れなかったのは堀井秀俊だけだったとでてたな。




962 名前: 名無しの愉しみ 03/10/19 01:13 ID:+INb6Atc

 日本刀の品質では最近、関の苦戦が垣間見られますね。
あそこは、洋物一辺倒で東洋のゾーリンゲンとかいって
西洋の関の出張所がゾーリンゲンに過ぎないと言える気
概ない洋物追従主義の産業政策を続けてきたためかもし
れない。近くの特殊鋼会社のへんな入れ知恵も必ずしも
良い方向ではなかったのかもしれない。関の刃物が最近
飽きられかかっているように見える関フアンのちょっと
した不安。だけどきっといい方向に行く。

10 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 13:20:39 ID:uNnQII8z
526 名前: 名無しの愉しみ 投稿日: 02/10/08 00:54 ID:YcSPOoo2

≫523 通だね。加藤兼国といい、丹波兼延といい、本当に斬れる刀を打つ人はコンクールに出してない。
兼延は先代が死んで今は息子が打っているはずだが、
俺の最初の愛刀が先代兼延。刃に粘りがあってコボレないのに加え、刀身のバランスが抜群に良く、同じ長さ、重量の他の刀より軽く感じた。
地金も青く、古刀そっくりだった。研師の話では兼延はよく時代刀に化けるそうだ。
事実無名千手院の重刀に兼延の作があるという。
そして現在の俺の愛刀が堀井俊秀。今こしらえ製作中でまだ使ってないが、これもバランスがすこぶる良い。

531 名前: 523 投稿日: 02/10/08 12:24 ID:???

>518
俺の刃毀れした現代刀”靖俊”もいわれてみれば刃中に鍛えがモクモクでてたな。
それまで普通に使ってたけど投げた竹を斬ったら刃毀れした。たぶんへんな角度で竹が刃にあったったんだと思う。
俺のしってる弱い刀。
レジンの社長談・・・第二十○代○○
岐阜の刀工で原文も伏字だけど兼房か兼元か?長男の誕生祝につくったけど真鍮を試しに削ったらいきなり刃毀れした。しかも二回も・・
居合の先生夫婦・・・刈谷 靖国
だんなの刀は竹斬ったら、刃こぼれしたあげくへの字に刀が曲がった。
ヘビースモーカーの嫁の師範も切っ先折ってたな。まあ。切っ先折ってる人は沢山いたけどね。

居合の先生の話のついでに某流派の宗家は刀を集めているのはいいんだけど刀の鎬地に自分で作った俳句や短歌を刀匠に頼んでいれてもらってたけどあれは止めて欲しかったな。






677 名前: 670 投稿日: 02/10/22 22:57 ID:aStqZ0BO

>672さん
実は俺はN先生の刀を持っています。(元日本兵のN先生ですか?)
N先生が弟子に払い下げてその弟子が私に刀屋を仲介して譲ってくれたのもです。
身幅が広く重ね薄目で平肉も薄いです。
刃文は匂出来の丁子乱れです。
柔らかい物を切るには適した刀です。
名前は伏せますが神奈川県在住の切れ味には定評のある刀工の作です。
>673
○林の刀は心がねはいれないそうです。
上手い人がつくると心がね無しのほうが刀は強い。
○林も心がねを入れると刀が弱くなるといっていれません。
心がねよりも刃がねの方が強いのです。
もともと心がねは増量材だったとの説があるくらいです。
その証拠に肥前刀の地金は抜群ですが大量生産の必要上
皮鉄が極めて薄いと福永氏の著作にもあります。
勿体無い話だけど肥前刀の断面のってる本があるんだけど忠広は皮がね薄かったよ
以前古刀の作り方は全然いまと違うとスレにあったけど
○林も炭は高温になるから刃がねが劣化すると言って使わなかったり
玉はがねは使わなかったりと独特の制法で作刀してるよ。
古刀の制法を再現したといってるくらいだからね

11 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 13:22:09 ID:uNnQII8z
52 名前: 名無しの愉しみ 03/01/22 22:58 ID:OvcJaDMi

>>45,41
俺は重い刀と軽い刀両方もってる。
重い刀は振り回しにくい。でも、頑丈で硬いものを斬るのは最高。
軽い刀は振り回しやすい、でも、つくりが貧弱。しかも切れ味が悪い。
自分にとってバランスが取れてる刀には会えないものである。
あちら立てればこちらたたず。
適当なところを我慢しながら使ってるよ。
重い刀を水車のように使えたら最高だけどね。

53 名前: 名無しの愉しみ 03/01/23 00:24 ID:247ixHXw

49さん
45ですが名は宏治(平成2年作 現兼元実子71,6センチ 1,8センチ)
抜群に切れます(ちょっと重い)
現在研ぎにだしています
もう一つも宏治(昭和56年作71センチ 2センチ)
なんの因果か刀はこの二振り、自分では気に入っています30万で購入(拵え付き)
後の者は貰い物。
脇差しは包吉(新刀 53,8センチ 0,4センチ)

387 名前: 名無しの愉しみ 03/05/24 21:56 ID:ZzSOwwvS

物切るときは刀身に油ごてごてに付けてから抜刀しないと傷つきます、
あと油いっぱい付けた方が切れ味がいいです、知ってたらご免。

12 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 13:23:39 ID:uNnQII8z
406 名前: 390 03/05/25 18:55 ID:7WdmcJT8

切れ味がいい身幅は先2.4cm前後で元3.3前後かな。
私のもってる無銘清光は先2cm元3cmで
重ねが先4ミリ弱、元五ミリ弱です。
切れ味はいいけど試し切りに使わないようにしてます。
考えが変わったので。
もし破損したら数百年生きてきた刀を自分の代で殺す事になるので
現代刀を試し切りに使った方が文化財保護の為にもいいですね。
登録可能な刀でも切断して売られてるのを見るとがっかりします。
いい物はそのままの姿で次の世代につなげたいものです。
また、時代刀に現代の業物鑑定書なんてつけて売ってるのを見ますが
理解に苦しみます


455 名前: 名無しの愉しみ 03/05/27 21:04 ID:???

大和伝の柾目鍛えは切れ味が悪いときくね。
大和伝の刀と奈良刀を一緒にしたら駄目だろうけど
「私とあんたは奈良刀!きっても斬れない仲」なんて歌があったくらいだ。
奈良刀は大和伝以外にも全国から安物の刀を買ってきて
偽名を入れて売ってたらしい。
奈良の観光土産の刀だったんだと。
その名残で今でもならの土産物屋で打ち刃物が沢山売られてるんだと。
483 名前: 名無しの愉しみ 03/05/29 18:41 ID:hqvRkYYW

>>481
そうだね。まず斬る刀は特注品みたいなものだから、現代刀ではね。
それにナカゴに宋勉銘がきってあるのは鑑賞用だろう。切れる刀はある所から、
嫌がらせ受けるから、宋重など弟子の銘を入れる。481さんの言われる通りで、
作る刀全て最上〜とはいかないよね。業物はいくだろうけど。昔の有名刀匠でも、
全部良い刀とはいかんしね。駄作もあるよね。ただ名工はそれが極めて少ない
から、今でも高い評価される。抜刀の先生も納得いくまで作ってもらう、
超特注品の刀を使うしね。だから現代刀も今の古い環境を無くせば、もっと
良くなると思うな。

13 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 13:25:21 ID:uNnQII8z
488 名前: 名無しの愉しみ 03/05/29 21:50 ID:hqvRkYYW

>>485
そうですね。ある団体。知ってる人は知ってると思うので。暴露スレなら、
フルネーム書きますが(藁)
河野さんは青紙使うとか聞きました。ただ秋吉さんがHPで今コテツ売ってる
みたいですね。準備中が多くて詳しく分からないですが・・・
素延べではないでしょう。関の刀匠は心鉄入れず鋼のみで作る人が多いと関の人から
聞きましたね。大野兼正さんは違うとみますが。あの人は前四方詰めの作を、
ナイマガに載せてたし。尾上さんのコラムで。

508 名前: 名無しの愉しみ 03/05/31 01:21 ID:BN2zNhWY

私の刀は刀身950グラムでしたが十年で890グラムに減りました、減り60グラ
ムですけど一回り細くなった感じです、しかし刀は弱くなったのでもう一度焼きいれ
なおして、居合い型用にしてます、結構切れ味のこと気にすれけど、みなさん腕は?
私は最近拵えにも力入れてます、最近出来上がったのは鮫皮を巻いて漆をその上から
何回か塗ってはばぎは銀一重、鍔は西垣風二つ巴に桐透かし、柄は裏皮、こじり、
頭は肥後拵風、目貫は18金、刀身に近いくらいかかりました、抜刀用にもう一つ
造りそれは安い漆調のやつ。話は変わりますが切れ味分かるってことは、今まで
いろいろな刀試したってことですか?ま、抜刀するなら重ねは7〜8ミリはほしいね
なぜかとゆうと、刀は研がなくても斬れば減ります、950あったのが890です
800だとちょっとね、重ねがあると丈夫だから、修理も簡単、なれないと重いか
もしれないが、バランスでクリアー、減ること考えて作らないと、因みに私は研ぎ
に出したのは今一番使うやつは最初に研いだだけで、10年研ぎには出したこと無いです。

542 名前: 名無しの愉しみ 03/06/01 00:01 ID:???

仮面ライダー藤岡の愛刀は加藤兼国作です。
俺も使ってるけどいいよ!
ナイフも良く切れる。

14 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 13:26:41 ID:uNnQII8z
691 名前: 名無しの愉しみ 03/06/14 21:02 ID:???

>688
俺は河野貞光の今虎徹を持ってますが。スレタイからすりゃあ刀好きなら
持ってない人でも全然OKだと思うが。自慢話は俺は嫌い。ま好きな人は、
やれば。ってとこかな。槍も面白いよ。70センチの大身槍持ってるよ。
末古刀のね。戦場で使ってたんだろうねえ。


692 名前: 684 03/06/14 23:05 ID:???

>>691
先ず批判ではないのでご了承願いたし。
河野貞光近所で売っているので、持ってみたのですが
2尺4寸くらいかな、私が持った感じ身が細く
て軽く感じたのですが、地金ってこの人の作は
いいのですか?

本身初心者につきうまく表現できないのですが
粘りとか切れ味とか。。
試し斬り等されたことがあるのでしたら
インプ願えますかね(^^;

693 名前: 名無しの愉しみ 03/06/14 23:18 ID:???

>692
そうだねえ、73センチくらいだから、約二尺四寸だね。
河野さんは基本的に細身かな。でも今の現代刀がハデだから、そう感じると
思うけどね。地金は無地風ですがよくつんでいて、きれいですよ。
この刀は竹を100本は斬ってある折り紙つきなので私が試すまでもないですw
いかにも斬れそうな姿ですよ。


698 名前: 名無しの愉しみ 03/06/15 02:24 ID:???

龍星剣の猿田先生が何年か前に河野貞光刀匠の通称石斬丸を試し切りして
大業物の認定をしましたが(よく斬れると)、自分の延秀(愛刀)
の方が最上大業物だと言っていました。
猿田先生曰く、重さが900グラム、長さ2尺3寸5分が抜刀には向いている
と、4寸以上(73センチ)だと175、180センチの長身の人向けで平均
身長の165〜170の人は3寸5分理想だとか、あと抜刀には900は無いと
駄目と言っていました。河野刀工の刀は焼きが高く硬いらしい、石を斬っても
(振り切った勢いで地面に当たって石にぶつかった)硬いわりには刃こぼれしな
かったらしい。

145 名前: 名無しの愉しみ 04/03/07 00:27 ID:???

お前らバカか?
日本刀は大切な日本の遺産だよ。
それを愛でる心のどこが悪い?
オタク的に愛でるのがきもいだけなんだよ。
そのことをふまえてここのスレはきもいんだよ

15 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 13:44:55 ID:uNnQII8z
以上。参考レスです。

16 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 18:11:49 ID:g7K9FL2n
和鋼使わず折り返し鍛錬せず誰の事でしょう。。。
そういえばレールで作った刀は鍛錬無しで梨地のような
地鉄になりますね。

17 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 18:32:05 ID:gOsQhVbw
>>16
>レールで作った刀
それ何ですか?

18 :ドラダイです。(0_0):2007/11/24(土) 19:52:01 ID:oAUejN0f
レールというのは迷信。
無鍛錬でも肌は出る。研ぎ師の腕による。
細かい木目が出る。


19 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 20:00:32 ID:AJF9u7LB
>>7
やっぱり横綱 宗 勉  大関 河野 貞光かぁ?
人気もあるんだろうな?この2人のは贋作もかなりあるらしいし。
しかし随分調べたもんだ。

20 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 20:57:36 ID:bzFpOd/3
横綱は刃が硬いから逝く時は逝っちゃうよ、実証済み

21 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/24(土) 21:21:25 ID:io3r9A0S
パンツはティンポ振り回して逮捕とか?

22 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/25(日) 08:09:22 ID:V6Is1ROR
門弟の声 ttp://haga-dojo.operacity.com/koe-iframe.html
昌親刀匠の涛爛乱、あくまでも白い匂い口深くできばえも素晴らしいもので試すのは一寸ためらいましたが
斬れ味は抜群で抵抗感なく巻き藁に吸い込まれるようでした。二度試しましたが刀身にスレキズは付きませんでした
伊豆住竜義刀匠の刀は当会の会員は数振り作っています。平均してよく斬れます
靖国刀匠で無監査の八鍛靖武刀匠の刀は数振り試しましたがまずまずの斬れ味
無監査の熊本の源盛吉刀匠や竜義刀匠の父君、伊豆住貞吉刀匠の刀もよく斬れます。
その他塚本起正刀匠、南海太郎正尊刀匠、笠間住源正兼刀匠、蓬莱利兼刀匠の刀も使っていますが
現代刀は総じてよく斬れます。

23 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/25(日) 10:58:09 ID:LwAXgWlS
レールで作った刀??
満州刀のことと推測・・・あれは満鉄会社が作った日本刀で
普通に多重構造で柔芯とか使ってる準日本刀で性能は安定してて
武器評価は高い。
一般の日本刀よりは性能は凌駕してたはず。

刃紋もちなみについてるぞ、鍛冶屋さん自体も多く工房にいた

満鉄は鉄道会社だが、巨大で色々作ってて、日用品からガラス細工
美術品とかも生産してて技術力は高かった。

満鉄製刀は当時で大卒初任給の4ヶ月分の給料で販売してたはず。

24 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/25(日) 13:10:08 ID:8liWxGcM
>>23
いや、現代、今の事です。

25 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/25(日) 13:51:39 ID:ebRJ6mBG
詳細キボンヌ

26 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/26(月) 09:52:06 ID:omHA4V5U
切味に関してまじめなスレ
刀は同じ鋼からできてるので良し悪しは刀匠によってあるものの、
その強度には限界がある。

切味に関しては刀身の重さ硬度と研ぎがかなり大きい。
刀身の硬度が硬いほど切味は増すが逆に刃こぼれしやすく折れやすくなる、
また寒冷地帯では特に折れやすくなる。

研ぎは剃刀型と緩やかな貝合わせ型があり、剃刀型研ぎはよく切れるが刃の消耗
も激しくなり、刃こぼれしやすく硬いものに当たると特に刃こぼれしやすい。
緩やかな研ぎは逆に刃こぼれしにくいが、刃筋通らないと切れにくい点がある。
使ってても刃の切味がそう変わらない利点もある。

斬る動作ではヘッドのスピードを上げるのが理想、ゴルフや野球で
遠くに飛ばそうとしたら、力任せに振っても飛距離が伸びないのと同じで。
手の内で通常そうしてますが。

27 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/26(月) 20:03:17 ID:EoIWTkMY
延秀が斬れるね?
俺は散々斬って、
ウンザリして安値で手放した
次に買った人も、すぐに手放した
更に安値で
最後に買った人は、安安値なので、不満はないかも
同じ刀鍛冶でも当たり外れはあるだろうし
みんな好きな刀鍛冶を支持すればそれで良いんじゃないの

28 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/26(月) 21:00:03 ID:48N3BQP+
27

いい意見です。

29 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/27(火) 23:34:37 ID:d041ICDt
>>28
27

私はそうは思いません。悪い意見です。

30 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/27(火) 23:42:45 ID:d041ICDt
29です。失礼間違えました。
 
悪い意見なのは、>>26です。

31 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 02:09:31 ID:hzw1lZ5d
実際折れの刀は剃刀型で、紙も畳表も竹もスイスイ切れる。
かなりの数切ってるが、刃こぼれなんかした事ない。ひけは入るが・・
硬くて粘りがあるらしい。

32 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 09:54:37 ID:IH4/K23/
その刀は?

33 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 12:55:52 ID:EwHwx4cu
>>31
羨ましいですね。
>硬くて粘りがある
それがナイフや他の刃物とは違う日本刀の優れているところですね。

34 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 12:56:39 ID:EwHwx4cu
>>31
羨ましいですね。
>硬くて粘りがある
それがナイフや他の刃物とは違う日本刀の優れているところですね。

35 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 12:58:21 ID:EwHwx4cu
33.34 エラー出たので、重複しました。

36 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 16:00:45 ID:SUt8v4A8
値段と見た目と性能でお買い得となると

関住正直、赤松太郎 氏かな〜

美術価値を追求した刀は高くなるけど、上記2名も刃紋等最近では綺麗に
仕上げてるので美術品としての観点からもお買い得と思う。

値段は拵え付きで65万くらいで良いのが買えると思うけど、
最近値上がりの傾向があるのでこれから値は段々上がっていってますね。

両方持ってますが使いやすさバランスも良いから試斬りにも最適ですね。
現代刀の方が一応論理的、江戸以前と違い科学的に作ってるので
総じて丈夫で斬れる感じはしますね。
バランスが良くて安定した物ができてるからかもですが。

ちなみに藁くらいですと一度研げば半永久的に切れますね、一定まで切味
下がると後はもう変わらない気がします、斬るに重たくなりますが・・・

37 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 16:06:12 ID:oxH2GXf3
刃が硬いような気がする。

38 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 16:53:40 ID:r6uDINwG
値段と見た目と性能でお買い得なら
昭和の無鑑査のほうがいいと思うけど
70万位で買えるし

39 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 21:47:29 ID:iKFQmsOV
なんかの映画で、日本刀に上からヒラヒラとティッシュを落としたら
刃の上でシャキーンと真っ二つに切れる場面があったんですけど、
本当にそんなに切れるんですか?
仮にそこまで凄まじい刃だとしても、薄すぎて人なんて切れないと思う
んですけど。当たると同時に刃こぼれするかと。
どうなんでしょ?本物の日本刀持ってる人教えて。

40 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 22:20:10 ID:QsLf4Hm+
>>39
マジレスしておくが、いくら刃を薄くしようが
刃角を鋭角にしようがそんな事が出来る刃物はこの世に存在せん。

41 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 22:32:06 ID:OWeLuSo3
>>40
そんなに斬れ味が鋭いのは、図星を突かれたパンツだけだ。

42 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 22:58:37 ID:iKFQmsOV
>>40
なんだ・・・映画なんてしょせんフィクションなのかな・・・

43 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/28(水) 23:18:54 ID:5ay4rxhA
>>36
赤松一門はいいね。清麿写しは・・・だけど。
刀身だけなら60万で買えるしね。
ただ拵えがおもちゃ並のものが多すぎるので刀身だけ
買ってしっかりした拵え新調がいい。本拵えなら40万以上かかるけど。
カシューなら30万かな。

44 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/29(木) 01:24:13 ID:/modO4Xh
日本刀の切れ味ってよく引き合いに出されるけど、
それは鋼材とか剃りとか重心とか…そんなのの複合要素として「物が良く切れる」んだと自分では理解しています
質問は、
純粋な刃エッジの鋭さだけとって見ても、そんなに恐ろしく切れるものなんでしょうか?
実践で使用していたような刃付けのものは、床屋で手入れされている剃刀や料理人が頻繁に研いでる包丁なんかと比べて切れ味はどうなんでしょうか
ということです

45 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/29(木) 01:42:07 ID:3Q31AfTd
>>36
俺は50万で光宏作を買いました。値段も手頃だったし良く切れる

46 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/29(木) 03:57:16 ID:qrJeZyWN
>>45
息子さんね。
光宏は居合用と鑑賞用と分かれてきたね。
観賞用は相場が上がってきてる。
やっぱり受賞歴ある刀工は美術面にもはしるね、やっぱり。

47 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/29(木) 08:27:44 ID:6dQm06w1
今虎徹という人がいるらしい。
なんでも凄まじい切れ味と耐久性があるとか。

48 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/29(木) 09:01:11 ID:YJTemQ/S
>>43
カシュー鞘が欲しいのだが、安く作ってくれるとこ知らない?
漆は、居合の稽古で腰に差してると汗で湿気てヒビが入ったり、
かぶれてしまう…

49 :名前なカッター(;^∇^):2007/11/29(木) 11:33:09 ID:ouHcQHmG
>>44
つまり加速して切断する「斬れ味」ではなく、
加速せずに切る場合の「切れ味」が知りたいという事ですね♪

そうですねえ。
日本刀の刃角はだいたい30°程度と言われています。
一般的なナイフの小刃先の角度が30〜45°程度(らしい)ですから
刃角はやや鋭い方かなと思います。
一方、剃刀や和包丁なんかの刃角は15°以下ですから
刃角の面ではこちらが良く切れますね。

日本刀は刃長が長いので
引き切りの距離を多く取れるのが利点です。
刃角が30°の日本刀でも
5cm引けば見た目の刃角は11°弱、
10cmなら6°弱で剃刀の刃角より小さくなります。

物を切るときに刃物に重さがあると
手への負担は小さくなりますけど、
この点、日本刀は重量がありますから
あんまり手に力を入れなくても切れると思います。
(まあ、使い勝手が良いかどうかは別として)

「実践で」というのは恐らく「実戦で」という意味ですね。
寝刃を合わした刀は相当切れたと思いますよ。
刃先がノコギリのようになっていますから
繊維とか肉のようなものは特に切れると思います。


↓詳しい事はこちらに全部書いてあります。

斬れ味と刀の形状の関係
http://serious-rabbit.sakura.ne.jp/html/nh_kireajitokatana.html

50 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/29(木) 18:52:26 ID:3Q31AfTd
>>36
居合い用と鑑賞用の違いってなんですか?

51 :50:2007/11/29(木) 20:39:30 ID:3Q31AfTd
間違いました36ではなく>>46でした

52 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/29(木) 20:41:01 ID:qrJeZyWN
色々あるけど焼きの硬度。
刃紋に冴えが無いのが試し切り向き

53 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/29(木) 21:09:19 ID:0nfI5inJ
47
値段が高い、人が結うほどよくない。
50
いい鉄使っているかいないか、研ぎがいいかわるいか、傷があるかないかでしょ。
52
色々あるけど焼きの硬度>分かるけど、刃紋に冴えが無いのが試し切り向き>
はなぜですか?


54 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2007/11/29(木) 21:28:25 ID:L9aYegvd ?2BP(1000)
>>53
>刃紋に冴えが無いのが

たぶん、刃文を冴えさせるには炭素量が多い方が良いので、堅く脆くなるのだと。
焼き戻し(あいをとる)をしすぎると、冴えが無くなるので、あまりに冴える刀はアイを取ってない可能性もある。

55 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/29(木) 22:21:47 ID:0nfI5inJ
54様
炭素量が高い刀は試斬には向かないとゆうことですか?アイをとれば粘りが出て
硬い刀が多少柔らかくなると考えてよろしいのですか?
ご教示くださいませ。


56 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/29(木) 23:26:36 ID:qrJeZyWN
その通り。コンクール出品系と試し斬り用では
同刀工でもまったく別物
刃の冴えた赤松は刃肌もあって堅くて研ぐの本当に大変です。
大阪新刀系のものは研ぎ自体では、そうポロポロ欠けません。
確実に現在の鉄質とちがいます。
でも焼き刃が高いので折れやすいでしょうが。

57 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/30(金) 03:16:35 ID:2IIJk4q7
焼き場は高いのもそうだけど、深いのが一番まずいとおもうな。
深さは見てはわからんけど

58 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/30(金) 07:34:40 ID:Aerr0HQ4
戻し切りというのは可能なんでしょうか?

59 :名前なカッター(ノ∀`):2007/11/30(金) 22:33:48 ID:y4k/MuyR
和泉守兼定十一代兼定の作品
ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/9135/kanesada-sakuhuu.html
ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/9135/kanesadasakuhin.html
柾目肌がイイね

60 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/02(日) 10:54:33 ID:WOcquW6I
↑これ斬れるの?

61 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/02(日) 13:18:10 ID:+unyn4f0
斬れるよ

62 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/02(日) 17:24:09 ID:dLXzdgOL
紙?

63 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/02(日) 17:54:09 ID:VtFB/Q4v
>>62
そんなもんは斬れない。
斬る必要もない、斬るのは人間。

64 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/02(日) 21:09:23 ID:sbpBpLwF
>>63
どうやって試すんだろ?

65 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/02(日) 21:28:00 ID:diOKBK6G
>>64
誘拐とかしてきてぶっ殺すとか。
それか牛肉のブロックの大きいの買ってきて、吊して斬ってみるか。
ま、普通は前者だけど、金があるな牛肉どうぞ。

66 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/02(日) 21:36:30 ID:sbpBpLwF
紙さえ切れない刃物で、肉を斬らせて骨を断つ事、できるんじゃろか?

67 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/02(日) 22:23:28 ID:D9HTz0SQ
刀はそんなにみんなが思うより斬れませんよ。

刀の切味というかあれはどんな良い刀でも腕悪いと一撃で曲げたり
刃こぼれ起きるから。

使う人に大きく左右される、扱いは難しい。

誰が持ってもスパスパ斬れるのはマンガの世界だけ。

藁とか肉はそれはよく切れるけど、逆に柔らかすぎる物
衣服とかは切断しにくいのは当たり前。
豚で試したが脂肪だらけの肉もやはり切りにくい。
筋肉はスパスパ切れる

68 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/03(月) 22:23:42 ID:ZDaufXIF
>>66
そこらのナイフと,ちょいと成分が違うだけのテツだよテツ.
刀だからといってケタ違いの性能が出るはずもなかろ.

大の大人が全力で叩いたときに欠けない潰れないような
エッジを付けるんだから,頑丈さに振ってあるんだよ.
弱い力で紙に当てて切るなんてのは性能としてスコープ外.

だからって>>67を否定するわけじゃないからね.
大の大人ったってド素人は含んでいない.
ド素人を無視してもユーザー層がきちんと成り立つほどに
日本では剣術というソフトウェアが浸透してるってことだ.

つまり剣術こそが日本刀の威力を支えている.

69 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/04(火) 11:11:43 ID:NNXx5JnI
剣術の達人が使えば斬れる刀は、よく斬れる。
斬れない刀は、達人が使っても斬れない。



70 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/09(日) 09:29:28 ID:he9R+Lzu
心鉄の思考
ttp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=64594
興亜一心のように、綺麗に心鉄が入らないだろうか

71 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/09(日) 09:32:07 ID:he9R+Lzu
興亜一心刀の断面
ttp://www.k3.dion.ne.jp/〜j-gunto/gunto_061.htm

72 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/09(日) 18:21:00 ID:7Lj16o1N
興亜一心刀は大戦時に発達した稀にみる切味耐久性を追及した
刀だから例外ですね。

しかし美術価値は低いから安い値が性能面では
相当なレベルなのであれば即買いですね、でも最近は
偽物も出回ってるので本物見つけるのは厳しいですね。

現存してるのはかなり今は少ないはずなので、欲しいがなかなか本物ない・・・

73 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/09(日) 23:33:31 ID:xEzYfWwf
かする位で人の首を切断できるような切れ味は実在するの?

74 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/10(月) 01:55:32 ID:GrHO7YsK
    皮鉄
    ↓

   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ←心鉄
   |________________________|
   |________|    
     ↑
     皮鉄
先に心鉄を棒状にして、皮鉄を包んでいけば綺麗に心鉄が入るじゃないかな

75 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2007/12/10(月) 18:30:29 ID:tHmY4JKA ?2BP(1000)
>>74
普通はそうやってます。


76 :74:2007/12/11(火) 00:07:38 ID:+owj9TbB
>>75
甲伏でしょ、そうじゃなくて、70pの日本刀を作る場合に
心鉄を先に69pの棒状にして、皮鉄で包んでいけば綺麗に心鉄が入るじゃないかな

77 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/11(火) 14:36:43 ID:cvbi8xqZ
>>73
最低断面積の直径より短かったら切断できないと思う。
かするだけだとキッサキの長さ分だけしか切れないから、切断できない。

78 :真剣白羽鳥:2007/12/12(水) 03:41:14 ID:m4oHo3e9
>>76
だからそれが満鉄刀の作り方なんだよ

79 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/12(水) 15:09:15 ID:WJV+c3Bh
日本刀試し切りの実験結果
ttp://www.vipper.org/vip689491.jpg
ttp://www.vipper.org/vip689493.jpg

80 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2007/12/12(水) 18:34:43 ID:KLMhFXdW ?2BP(1000)
>>76
>69Bの棒状にして、皮鉄で包んでいけば

あ、なるほどそういう意味でしたか。
多分、鍛着が上手くいかないでしょう。

81 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2007/12/12(水) 18:38:34 ID:KLMhFXdW ?2BP(1000)
それと、満鉄刀は満州の気候に合わせてあるから、内地にもってくると硬度が低過ぎると聞く。
満州から東南亜細亜に転地した部隊などで、曲りやすいと不満が出てたそうですしね。

この鋼管を一発で製造して、冷やした鉄棒を入れ鍛着させる技術は現在の船舶プロペラシャフトなどに応用されていますね。

82 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/13(木) 09:57:08 ID:zT5FNQcO
>>80
鍛造プレスつかうとかw

83 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/24(月) 15:45:01 ID:1ToSGsY4
ttp://auction.woman.excite.co.jp/item/97234029

ここまでの先重を見るのは久し振りなのですが(大切っ先を除く)、
据物を斬った後の切っ先が流れそうで、私には無理ですね。

確かに堅物試しをしても丈夫そうですが、取り回しの利く御刀として
は些か難有りといったところでしょうか。

もちろん私個人の意見なので、強者は充分に対応できるのでしょう。

幕末の動乱期にこの御刀を以って、真っ向勝負を仕掛けようとした
御仁の豪腕を想像するに、相当手馴れた剣豪の所持刀だったのか
も知れませんね。

84 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/24(月) 23:54:15 ID:JdVUxiWy
丹羽兼信、兼延

85 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/25(火) 00:31:45 ID:71D5Sx0A
>>83  これよさそうですね、新々刀で試し斬りをしたいのですが
    価格と好みがなかなか無いですが、これなら手にしてみたいですね

86 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/28(金) 02:32:51 ID:g0jblElp
試し斬りをする人達は、どれ位の頻度で砥ぎに出しますか?
畳表、竹を何本位斬ったらとか、何ヶ月に一回とか?

87 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/28(金) 15:31:06 ID:V35GC8tg
>>86
ネタバおこすだけだな。
うっかりサビさせたり、もう使わなくなったときに研ぎ直すだけ。

88 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/31(月) 17:56:13 ID:6MI18T5p
刀 長曽弥興正 (二代虎徹)特別保存刀剣 虎徹大監所載品 本間薫山鞘書付き
ttp://www.e-sword.jp/sale/0870_1023syousai.htm
短刀 山浦真雄 特別保存刀剣
ttp://www.e-sword.jp/sale/0870_3008syousai.htm

89 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/31(月) 17:58:00 ID:blqpmNgZ
試斬りする孟宗竹はどれくらいの太さの物を斬っているのでしょうか?

90 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 02:39:16 ID:0dyWKlvn
かなり上級者でない限り孟宗竹は斬らないでしょ?

それに耐えられる刀もごく少ないでのでは?

91 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 02:41:09 ID:0dyWKlvn
->それに耐えられる刀もごく少ないのでは?

92 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 07:30:35 ID:LAS/O5wF
>>88
2振りとも出来が悪いね。
所載品とかにまどわされてはだめ。
特に興正は樋中と地鉄下部の鍛え割れが酷い。疵といってもいい。
あの刀屋は安めだが地刃の写真が悪くどんな刀なのか全く分らない。
銘で刀を買っているのかと聞きたくなるし、欠点、小傷、鍛え、墨篭り、
ヒケ等を表記しないから個人的には×のお店。

93 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 16:38:34 ID:UG61F+1H
日本刀の切れ味というが
値段の高い刀で本当に斬った人って
どんな人なんだろう?
よっぽどのお金持ちか、それとも何人か集まって共同でやるのだろうか
それとも刀鍛冶が提供するのだろうか
金のない自分としては、下は5万から上は40万でしか斬ったことはない

94 :◆KUSU555myc :2008/01/02(水) 17:20:57 ID:1LCqR5Iw
>>89 500ミリのペットボトルくらいが普通。
それ以上になると失敗したり刀が曲がる危険性が増えてくるので
ベテランでもあまり挑戦しない。

95 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 23:28:32 ID:ikPGpEQD
吉原義人刀匠と宗勉刀匠ではどちらが斬れるのかな

96 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 23:52:37 ID:LAS/O5wF
あらゆる条件次第。

97 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/02(水) 23:56:06 ID:LAS/O5wF
最年少無鑑査の吉原義一の素晴しい刀、230万円で購入を
どなたか180万円で購入してくれませんか?

98 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/03(木) 20:36:14 ID:ZYG6J51t
俺が実際に自分の刀として所有して斬ってみた中では
小野清と今井兼継がよかったな
値段も、小野清新品で55万、今井兼継新品で40万だったし
もち 注文ではなく店頭在庫を買った

99 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/03(木) 22:38:18 ID:HSDBqYzr
>>97
逝って(´-`)



100 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/03(木) 22:52:20 ID:3x8DSRfY
>>98
ほほー。
斬る際に刃先が毀れたりとか
曲がったりという事はないですか?
現代刀の情報はほとんど出てこないですから
詳しく教えていただけると助かります。

101 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/03(木) 23:05:53 ID:GmY2nGym
>>98
兼継刀に新品なんてあるか。

102 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/04(金) 09:20:27 ID:+Z6MduVa
>>98だが
98の続き書いて、さらに延秀がひどいことも書いて、
と思っていたのだが、馬鹿らしいから止めた
ただで人に物を教えるのは、教えるのが楽しいからだが、
楽しくない雰囲気では止めた方がいい

103 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/04(金) 10:05:40 ID:5McOUUw2
>>102
きりぎりすさん その様な事はかかれない方が無難でしょう。
これを見ている人が皆楽しいわけではないでしょうから。
中途半端なことを教えてもらっても困惑するばかりです。

104 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/04(金) 13:29:51 ID:AuNXHn7H
ああ、やっぱりキリギリスの人だったのか。
話は聞きたいけど
sageないんじゃ荒れるのも当然だわな。

105 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/04(金) 14:12:38 ID:ewfdysHb
>>98
おれは兼継の地元だが、ケン鍛冶(通称)は全然切れないと酷評だぞ。
一応笠間の門弟だが、受命刀匠で戦後農具鍛冶に転じた村の評判は
なまくら。

106 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/04(金) 17:52:26 ID:2yYcatiI
>>97
どっかの板で書いてあったけどかなり値下がりしたんじゃなかったけ?

107 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/04(金) 18:38:59 ID:wbvhJcbu
>>105
斬れるよ。肌のきちんと出た鑑賞にも堪えれるものは
すごく斬れる。
肌が出ていないネロッとしたものは斬れない。
群馬の評判より中央の評判。

108 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/04(金) 21:25:24 ID:ewfdysHb
>>107
やはり刀と農具は違うんかねえ、爺ちゃんの家(月形)にもケン鍛冶の鉈がある
が全然切れないと嘆いていたぞ。
確か刀の銘ぶりが幾通りか有って作り分けしたらしいと爺さんが言ってた。

109 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/05(土) 06:19:26 ID:ls4OBtsB
斬味より丈夫さ。

110 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/05(土) 09:18:24 ID:+ZDNHJC1
者より腕前、ひょろいの大杉

111 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/05(土) 12:20:04 ID:63AYZv0g
結局いつも切れない刀の話は、そうなるのなっ

112 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/05(土) 13:19:55 ID:RpI+vM2I
ほんと勘違い多いからな、元々刀は鋭い刃は付けない
それを切味悪いといってる時点でアウト

切味良いというのは剃刀刃付けですぐに刃なくなるぞ・・・
実用性が余り無い

刀は使い手次第だから、高い刀が切れるという勘違いも多い
そこそこ切れて丈夫なら変わらないのにね〜

113 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/05(土) 23:46:05 ID:qTbDAsE7
私の刀は剃刀刃付け
紙、畳表、竹がスイスイ斬れるのにね〜?

114 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/05(土) 23:57:21 ID:qTbDAsE7
竹もずいぶん斬っているが、砥ぎに出した事がないから、
刃はなくなっていない。

115 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/06(日) 00:06:30 ID:fPG0ROcZ
硬い刃だね、逝く時は逝くよ。

116 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/06(日) 03:02:52 ID:oSlU9/Vu
>ずいぶん斬っているが、って『どんだけー』
金属疲労で逝くのは、百万回であるかないか?
死ぬまで使ってもだいじょぶじゃね?

117 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/06(日) 19:34:25 ID:GQLsPnCH
>>113
紙の後に竹は切れるが逆は無理だよな?

どんな刃物でも使えば減るからさ



118 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/06(日) 20:57:55 ID:1SGBo789
伝聞証拠は証拠として採用されない
ただし、日本刀の切れ味のスレの場合は、
伝聞で切れ味が決まる

119 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/06(日) 23:31:42 ID:0yDXFnzd
>>117
>紙の後に竹は切れるが逆は無理だよな?
本気で聞いているの?ジョークでしょ?後でも前でもスイスイ切れますよ。
切りづらいのは、ティッシュ位かな?


120 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/07(月) 01:53:27 ID:Bw5eB/YY
キリギリス
日本刀のページ閉鎖
馬鹿らしい

121 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/07(月) 03:29:40 ID:BWAw7M6f
>>120
倒産ギリギリス
店舗の閉鎖
必死らしい

122 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/07(月) 12:19:56 ID:ad+sjUqp
実際に切る切らないは別として、切れないと評判のたった刀は、
売りにくいだろうから刀屋は必死だろうな?

123 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/07(月) 13:09:46 ID:iLZSI1Vy
>>121
>倒産ギリギリス

ワロタw

124 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/07(月) 14:54:52 ID:9G+hpaNQ
>>120
どのサイトですか?

125 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/08(火) 20:43:19 ID:eq5SUglC
本とか見ると古刀の方がいいと言うけれど実際は古刀と現代刀で試斬したらどっちが斬れる?

126 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/08(火) 21:15:15 ID:JpQyI7cK
物にもよるよ、末古刀の重ねのがっしりした刀は良いよ、赤穂浪士、桜田門
新撰組なんかは末が多い

127 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/09(水) 22:15:50 ID:UbXvlgLW
>>119
まぁお前が妄想で語ってるのは分かったよ


128 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/10(木) 01:42:26 ID:OxedzBX1
>>127
別に貶すわけではないが、>>119を読んで妄想と思うのはあまり斬れる刀を
知らないようでお気の毒だなw
斬れる刀なら竹の後でも紙くらい切れる、どころか産毛が剃れるよ。

ティッシュが切りづらいのは事実だな

129 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/10(木) 04:07:38 ID:aoZ/AV/x
>>127
刀屋さん必死杉

130 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/10(木) 08:19:52 ID:QC8cEVMO
産毛ワロスwww

それなんてエクスカリバーwwwww

俺の刀は岩を切った後でヒゲが剃れるぜ!

131 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/10(木) 13:05:38 ID:1/SMCdkJ
楽しい?

132 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/10(木) 13:20:16 ID:+41G73Vx
俺は切れない刀に当たった事が無いから知らんのだけど、
こうして見てみると「切れない刀」って意外とあるんだな。
ウチにあるのは竹数本切った後でも
無理すれば産毛が剃れるくらいの刃付けだった。
まー何百回も斬ってればそのうち切れなくなるかも知れんけど。

133 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/10(木) 14:41:06 ID:QC8cEVMO
無理すれば

134 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/10(木) 16:49:19 ID:hTH+Afr7
悔しい?

135 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/10(木) 17:49:53 ID:QC8cEVMO
ザラ場終わってヒマなんだよね

136 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/10(木) 23:29:43 ID:+e9QzRdN
38万で買った無銘の刀が技術不足で曲がってしまったんですけどどうすればまっすぐに戻りますか?

137 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/11(金) 02:56:30 ID:GQL6j37e
腕のいい刀鍛冶の処に行ってたたいて直す、万力を使うと癖がつく。

138 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/12(土) 09:19:55 ID:6GmE20Ee
>>136
知り合いの鍛冶は、微温湯であたためて、溜めながら鉛鎚で叩いてたな。

139 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/12(土) 09:20:25 ID:6GmE20Ee
×溜め
○撓め

140 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/12(土) 17:40:41 ID:zwOdi1nr
138
丁寧な鍛冶屋ですね、やり方は初めて聞きました、私は少し傷が付きましたが。


141 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/13(日) 23:37:26 ID:t+63/6/e
このスレ見てて思ったんだけど
大抵の刀はそこそこ切れるんだから
むしろ、切れない刀を挙げていった方が早いんじゃないの?

もちろん伏せ字でだけど

142 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/14(月) 16:38:00 ID:p7hTE4XL
どんな刀でも斬れるけど、刃味と耐久性の問題でしょう。
最初は斬れるけど、使っているうちに斬れなくなる、刃が脆く刃零れする、曲がりや
すい、刃切れするような刀は試斬に向いていないような?
斬味だけ追求するのなら形状と研ぎが重要でその次に刀の性能でしょう。
刃味よりごりっとした刀で柔らかい鉄の方が、壊れにくく長く使えると思いますが?

143 :満鉄刀:2008/01/14(月) 17:45:05 ID:sMftnIcV
>>141

大慶○胤とその一派。

山浦清麿系の不祥の弟子「○重」

144 :満鉄刀:2008/01/15(火) 20:11:36 ID:zsJQY0PC
あ、直○一派の、通称「鍛冶平」直光。偽銘の切れ味は最高でした。

145 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/15(火) 23:08:24 ID:7H6TMBBz
★寺内正毅の元帥刀公開…山口 [08/01/15]

山口市出身で大正時代に首相を務めた寺内正毅の元帥刀の刀身が18日から、
山口市上宇野令の陸上自衛隊山口駐屯地内にある資料館「防長尚武館」で公開される。
陸上自衛隊が所有しているもので、一般に刀身を見せるのは20年ぶり。

2月17日までの1か月間限定で公開されるのは、親子で元帥になった正毅、寿一の元帥刀2本。
1966年に寿一の妻順子さん(故人)から勲章など220点の遺品と一緒に預けられ、
87年に「親子が眠る宮野桜畠(山口市)の墓から最も近く、いつでも眺められる駐屯地に置いてほしい」
と正式に譲り渡された。

元帥刀は旧陸海軍で計30本しか作られず、所在が確認されているのはわずか7本。
同駐屯地では、湿気でさびが浮くなどして傷むことから、華やかな金装飾が施された
柄(つか)と鞘(さや)から外し、別の木製の柄と鞘で刀身を覆っている。

柄や鞘は常設展示しているが、刀身は腐食を防ぐため、普段は公開していない。
今回は、山口商工会議所などが主催する「山口お宝展」にあわせ、
「瑠璃光寺や菜香亭に近いため、観光振興の役に立てれば」と、抜き身での展示を決定。
刃の両面に施された菊の紋などを見ることができる。

期間中は、同館の前田加津雄館長(49)が解説する予定。
北村善海・広報班長(42)は「まさに古里の宝。この機会に郷土の偉人の偉大さに触れてほしい」と話している。

ソース
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamaguchi/news/20080114-OYT8T00510.htm
画像
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20080114-893174-1-L.jpg


146 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/20(日) 01:59:44 ID:Y6+87Ywk
>>141
群馬県で「切れない清重」とよんでる源清重でしょうか。
野鍛冶になってから特に鎌が切れないことからそのように評価されたそうで
涙を流して悔しがったと刀屋がいっていました。
日清日露戦争のおり再び刀を打ったときは欣喜雀躍だったとも。
今井兼継の例もそうですが群馬県民は口が悪いのでしょう。

147 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/20(日) 10:36:09 ID:ZihcFo80
刀なんて研ぎ師の腕にもよるからな。
刀匠が形を作り、研ぎ師が刃を付ける。
この二人の息が合わない限りはどちらかが秀でていても斬れる刀は仕上がらない。
見栄えを問わないならオレでも刃は付けられるけどな。

148 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/20(日) 13:44:21 ID:XZCEBi29
>>147 偉そうに雑魚が

149 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/20(日) 14:04:19 ID:d6ChDj/7
そもそも刀で斬れないというのは存在しません。
一般が思うより刃は極端に付けられてません
そこそこの刃で刃筋ができる腕の問題が大きいです。

刃は2種類あって貝合わせ型と剃刀型がありますが、
藁切ったりするときには剃刀刃の方がよいかもですが、
対人ではそこまで刃を必要ともしないで長もちするのを前提に研ぐ
方法もあります。
どちらも長所と短所ありますが、刃付けがいらなら剃刀刃型に
研ぎ直せばどんな刀でも良く切れますよ。

一部の粗悪な素延べ軍刀でも刃さえあれば切れるでしょう。
別にステンレスでも刃があれば・・・

もちろん同じ剃刀刃でも刀の硬度で切味違いますが、それも
短所と長所がありますので。

上で言ってる切れない源清重というのが「コレクション情報」で
あったが出来も良さそうだが、鑑賞用として

150 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/21(月) 04:58:11 ID:0o7kdpKN
いい加減聞き飽きたナマクラ、ガタナの言い訳。もう止めろ。みっともない。

151 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/22(火) 17:13:23 ID:oeQ992js
去年、S店で赤松太郎光宏の未使用で注文打ちの井合い拵えの刀を48万で買いました。最近斬れ味を試す為に試斬したら良く斬れてとても気に入りました。

152 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/27(日) 15:31:04 ID:njgHZ6k3
あっそう よかったね 井合い拵えってなに?

153 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/27(日) 20:35:05 ID:JbOVETo5
>>152
KYチンカスだな

154 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/27(日) 22:38:25 ID:Sh+fvyWd
>>152 黙れブタ。息がくせぇんだよクズ。

155 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/28(月) 00:07:19 ID:b4JEZ/ja
鶴舞う形の群馬県民として言うが、この様な例は廃刀令後に良くあった事
なんさ。
それまでは侍相手に気位高い商売してた刀鍛冶様が、御維新で農鍛冶に
転向し作り慣れない農具を商い結果、使われない刀よりも厳しい百姓のクレーム
に叩かれる。
是にへこたれずに地域に根ざした農具を作れば農鍛冶として名を残した事でしょう。
まあご指摘どおり同胞は口と根性が悪いのは・・・
心の灯台新島襄 県都前橋糸の町 縁起達磨の少林山 葱と蒟蒻下仁田名産 

156 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/28(月) 18:00:57 ID:vSqpZWOu
>>151,>>154
やっぱし関係者。
下品杉。

157 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/28(月) 21:28:33 ID:SHG7xERu
>>156 うるせえ恥垢シコシコシコシコ

158 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/28(月) 21:55:51 ID:5oOfoOok
>>156 
馬の肛門に顔突っ込んでろやwwwwwwwwwww

159 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/28(月) 23:12:29 ID:a2Buqewc
ウケッケケケケケケケケ

160 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/29(火) 02:45:01 ID:mKverhOb
>>157->>159
 外道の極み  刀を扱う価値なし

161 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/29(火) 22:40:42 ID:2HKasGfn
外道ほどお金持ち

162 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/30(水) 07:26:34 ID:BmFcAv2I
皆さん巻き藁の水浸けって三日間ぐらいしてる?水上げとかも必要?

163 :名前なカッター(ノ∀`):2008/01/30(水) 13:16:47 ID:KmMT/pCk
おれは面倒だから平均して一昼夜漬け、ひっくり返して半日、水上げ半日でやってる。
誰も文句言わないし、先生もこれ位でちょうど良いと言ってる。

水上げというか、ちょっとは水切りしないと、斬ったときに水が飛び散るよ。
運ぶのにも重いしね。

164 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/02(土) 11:48:50 ID:nKWCzeLi
 新撰組に関するエピソード。
 池田屋事件の時、多勢を相手に一時余の戦闘を行った。その結果、誰の刀も
刃切出ささらの如くなり、永倉の刀は折れ、沖田、藤堂の刀は曲がって、鞘に
収まらなかったが、近藤の刀はさすがに虎徹だけあって鞘に納まったらしい。
 刃切出ささらの如くなっても曲がらず、鞘に納まったとは大した物である。

 この事は近藤が家族に宛てた手紙に書かれている
「拙刀は虎徹故に、鞘無事に候」(鞘無事=鞘に納まった)

 なお、近藤の虎徹は偽者で、刀商に虎徹と偽られて源清麻呂を掴まされたと
言う説もあります。近藤の虎徹が本物か偽者かは諸説あり決着がついてません
が、例え偽物であっても、源清麻呂は極めて強度が高い刀として知られており、
池田屋のエピソードもうなずけます。

165 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/02(土) 12:11:50 ID:xv4BBp8L
>>164
清麿の刀が、極めて強度が高いと言うのは何処で知られているのだろうか?
真雄の刀が強靭なのは、松代藩の荒試しで記録が残っているので知られているが・・


166 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/02(土) 12:15:14 ID:NsAfSDTQ
*1から11までの数字を縦に書いてください。
*1番と2番の横に3〜7のうち好きな数字を書いてください。
*3番と7番の横に知ってる異性の名前を書いてください。
4番5番6番の横に家族や知人、友人の名前を書いてください。
*8番9番10番11番の横に好きな歌のタイトルを書いてください。




【結果】
3番の人はあなたの愛する人。
4番の人はあなたが大切に思う人
5番の人はあなたの良き理解者
6番の人はあなたに幸運をもたらす人
7番の人は叶わない恋の相手
8番は3番の人に対する歌
9番は7番の人に対する歌
10番はあなたの心を表す歌
11番はあなたの人生の歌
当たってるかな?


167 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/02(土) 20:20:39 ID:qvbSD6Li
日本刀を語るスレは、刀を愛でる資格のない貧乏人ばっかなのな。

168 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/02(土) 21:50:11 ID:rSp4xPZO
>>164
清麿は>>4で折損用心と書いてあるんだが・・・

169 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/03(日) 01:08:00 ID:tq4u4CbJ
>>167
刀を愛でるのに資格はいらない心意気だ

170 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/03(日) 02:29:34 ID:YKVqOEOv
>>164
清麿は虎徹にも劣らない強度と切れ味を持つ、と何かに書いてあるのを読んだことがある。
でもそう言えば、松代藩の荒試しの様に実際に試したと言う話は聞いたことが無い。
真雄の弟だから、イメージで得しているのかも。

ところで、近藤の鞘無事の話だが、近藤は佐藤彦五郎にも自慢しており
「これが、鴻池から買った虎徹だが、池田屋の戦いの後にもするすると鞘に納まった。
 無銘であるが、虎徹に違いないですな」と言ったらしい。
しかし、無銘の虎徹はほぼありえないので偽物の可能性大。  

171 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/03(日) 11:58:43 ID:9g4cqEsv
そもそも当時虎徹は1000両と言われたほどの刀。
近藤は確か50両くらいで手に入れているはず。
言ってしまうとビッダーズで虎徹買って自慢している痛い子と同列ということだ。

172 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 15:23:02 ID:0ExAyTIc
日本刀は三人切れば切れなくなるって言葉を知らないのかねここの人たちは(W
刀自体は壊れなくても、刃がなくなりただの鉄の棒になるんだけどね。
人間一人切れば刃がほとんど無くなる。

173 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 15:35:43 ID:gOn7Skse
>>172
日本刀は三人切れば切れなくなるってのは実戦経験がない奴の捏造だって知らないのかねあんたはw
脂が巻くという言葉も知らないなら日本刀を語らないほうがいい。

174 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 17:37:06 ID:o4jNAIIw
どうせ漫画の知識だろ。それだと肉さばく包丁なんてすぐ使えなくなるだろが

175 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 18:14:36 ID:0ExAyTIc
>>174
血というものが人間にはあるんですけど(W
血には鉄分があり、それが砥石のような効果をもって刃をボロボロにする。
それに血が付くと数分でさびてしまいます。
確かに漫画とか本の知識ですが、あながちうそではないでしょう。
一般的によく知られているし。
それに実際に斬った事ある人なんて日本には存在しませんよ。
みんな本の知識でしょ。

176 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 18:37:27 ID:rIyVQAA8
>>173
正解だな。

寒ブリの柵から刺身を取る時ですら10カンも切れば切れなくなる。
熱めの布巾で脂を取らなきゃ身が崩れる、柳の話だけどな。

177 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 18:45:13 ID:rIyVQAA8
>>175

> 血には鉄分があり、それが砥石のような効果をもって刃をボロボロにする。

ヘモグロビンのサイズを答えよ。
その粒子サイズが砥石のどの番手にあたるか答えよ。

178 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 18:45:13 ID:+8VtBOh5
半可通

179 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 18:47:05 ID:+8VtBOh5
半可通-> ID:0ExAyTIc

180 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 19:10:46 ID:GjMj0Y15
>>176
知ってて書いてるのだろうけどw
良くそういう論法で日本刀は斬れなくなるという奴が居るが、
「おまいは人間の刺身を作る気か」と言いたい。

181 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 19:10:50 ID:WOztkQTJ
>>175
ここまでしてスレ伸ばそうとせんでも良いと思うんだがな。
盛り上がるときは何もせんでも自然と盛り上がるもんだ。

それに漫画の知識が正しいなら今週のサムライうさぎはどうなんだ?
紙で日本刀真っ二つにしてたぞ?

182 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 19:34:10 ID:ZAfqiMH+
>>165>>170
明治時代に黒田清隆が清麿を試したところよく切れたらしい。
>>175
血中にある鉄分なんて物凄く微量なんだよ。
生きた人間を切ったからってその血に含まれるごく微量の鉄が刃を
潰すような作用はしない。
あと上海で陸戦隊が実際に軍刀を使用した資料が残っているが
7〜8人切ってる人もいる。7人切っても刃こぼれすら無かった刀もある。
ついでに言えば兜に切り込んでも刃こぼれすらしなかった刀もある。



183 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 20:01:46 ID:rIyVQAA8
>>180
スマン、そう取られたか。
まあ、そう取れるわな、書き方が悪かったかもしらん。

斬れなくなるなんてことはない、斬れ味は悪くなると云いたかった。

184 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 20:13:52 ID:lWrUm6Hm
あの刀は武器として欠陥品説は、偽ユダヤ人の山本七平の体験談が元だったかな?

あの人、軍隊体験を歪めて書くから困るなぁ。デマが広がるから、あまりいい加減なこと書いて欲しくないわ。
もっとも、いいことも書いてるけど、信用度が低くて困るw

185 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/02/05(火) 20:47:56 ID:Vn+zuNky
>>175
コレクション情報という雑誌の1月号に
昭和20年の戦争で一晩に6人のソ連兵を斬ったという
夏目三四郎という人のコラムが掲載されてるぞ
3人で斬れなくなるんじゃないのか?
一晩で6人も斬ってるぞ

186 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 20:49:15 ID:GjMj0Y15
>>183
いやいや。俺のほうこそ、変に気を使わせてしまってスマン。
もちろん斬れ味が悪くなるのは承知の上。
料理包丁は切り口の美しさが身上だから、切れ味を保持する為、常に油を落とさないとならない分けでしょ。
しかし日本刀で敵を斬る場合、ただ斬れれば良い分けで、切り口の美しさなんて必要ないよね。
と言いたかっただけよ。

187 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 21:06:02 ID:WOztkQTJ
まあ、こういう説って斧の刃先に油塗ったら豚肉に思い切り振り下ろしても
全然切れなくなるって言ってるのと同じ事だからなあ・・・。

でも刀持ってない人は結構簡単に騙されるよな。

188 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 21:29:45 ID:LpMaZkkz
そおだなあいつは刀持ってないんだっけ。
納得っ

189 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 22:09:51 ID:VNBqERWG
日本刀って切れ味は落ちるけど、斬ると言うだけなら50人くらいは
逝けるのでは?
初期の切れ味は保てないが、鉈でぶった切るような感じでかなりの数切れると思う。
あの程度の角度さえあれば、鋼だし、そりゃ切れるだろ。
人間三人斬っておしまいなら、竹を切りまくってる居合い刀が存在する事自体不思議だろ。

190 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 22:10:38 ID:rIyVQAA8
そおだお、手槍と小刀しか持ってないお。

191 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 23:36:05 ID:nkHJyLMX
まだ日本刀三人しか斬れない説なんて信じてるバカがいるのかよ

こんな理屈に信憑性なんかないだろw
ttp://www.geocities.jp/yu77799/nihontou.html

192 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 23:38:07 ID:ZAfqiMH+
>>189
切る部位、相手の服装などによって変わってくるだろうが
正雄や無鑑査の大野義光氏の刀の荒試しの結果を見ると
研がなくても50人くらいには致命傷が与えられると思う。


193 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 23:46:05 ID:v4YlL2WP
>>192
まあ、数くらべてもあまり意味ないのはみんな承知の上なんだろうけどね。

物打ちにこだわらずエッジを全部利用しながら、無抵抗な相手の
頚動脈を切るってんなら千人以上だろうし。

また、人によっては木刀でも真剣並みの威力を発揮できるという。
刀がいくらナマクラになろうが、木刀以下にはならないわけだから
無限に人を「斬れる(致命傷を与える)」ことも可能だとも言えるしね。

・・・その一方で、刀持った同士でうちあえば相手が一人でも負けたりする。

194 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/05(火) 23:56:33 ID:+aGGauNH
忘れた頃に、定期的に出てくるなw?>>172mみたいな奴。

195 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/06(水) 00:00:34 ID:VlRUfOkV
問題は目釘が持たないことだろ。また柄が崩壊するという話だな。

「実戦刀譚」 成瀬関次 実業之日本社 だったかな?

196 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/06(水) 00:33:43 ID:Co2kjylv
>>195
目釘と柄がアレなのは軍刀だけどな。↓
http://serious-rabbit.sakura.ne.jp/html/nh_tukanikekkan.html

まあ、日本刀は目釘と柄に衝撃分散させて
ある程度使ったら交換ってスタイルだから
堅いもの(手に衝撃が来る様なもの)叩いてたら
その内壊れるかも知れんな。(竹くらいなら相当切っても平気だけど)

197 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/06(水) 00:54:42 ID:K3hTOWLq
上半身は、肺と肋骨くらいだけだから、それほど抵抗無いかも、


198 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/06(水) 03:12:26 ID:VlRUfOkV
ああ、そういや軍刀だったか。なるほど、なるほど。

いや、うちの流派の宗家も、真剣の目釘にはうるさいな。
斬ったら即交換しないと、刀が飛んでいくと真面目な顔して諭された。
だから、目釘は何本かいつも用意している。まぁ、当たり前だが。

そもそも戦国時代の武将は砥石とか持って、戦争してたのじゃなかったか?
教育社の原本現代訳シリーズのどれかだったかな? 悪い失念した。
該当文献知ってたら教えてくれ。

199 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/06(水) 05:30:28 ID:1qX7rt4+
>>172は時専で『切り抜ける』を見たニワカと推測。
書き込み内容とほとんど同じことをナレーションが言っている。

200 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/06(水) 05:46:17 ID:Co2kjylv
>>198
切ったら即とはまた極端な・・・。
いや、まあそう教える所もあるかも知れんな。
俺はチェックは忘れずにやるけど
二本目釘だからそこまで気は配ってない。
でも滅多に斬る事ない人なんかは
事故の事とか考えたらそうやった方が良いだろうな。

>該当文献知ってたら教えてくれ。
知らんwでもその手の記述は結構色んな本に書いてあったと思うぞ。
(大抵は読み飛ばしてるからどの本か聞かれると困るけどな)
タッチアップぐらいなら自分でするだろうし、
荒っぽい使い方してたろうから荒い番手の砥石使って
刃欠けとか修正してたかも知れん。
(成瀬関次氏は片刃にしてたけどそういう状態で刀が見つかる事はないから
実際はどうかは分からん)

201 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/06(水) 07:58:08 ID:VlRUfOkV
やっぱり、即目釘交換しろというのは、極端だよなw 俺もそう思う。

いや、いざ該当文献さがすと、どこだったか判らんもんだな。
とりあえず返答に感謝する。

202 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/07(木) 00:18:16 ID:4guT6Ml6
二本目釘じゃなくても、がた無ければバンバン切れるよ。

203 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/07(木) 00:51:07 ID:Qnl2yGpY
>>198
雑兵物語

204 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/07(木) 01:13:15 ID:NhSjBGIo
振るとき斬るときは目釘より柄に気を配るべき
目釘新しくても、柄が緩んで鍔鳴りするような状態のものは新調する

205 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/07(木) 15:53:07 ID:ZnCRQd2P
とりあえず切羽入れときゃいいだろ。

最近は、柄新調したり、鞘新調するだけで、軍刀買えるような値段とられるぞ。

206 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/07(木) 17:44:05 ID:wCLksIad
目釘穴2個あけるなら一つで大きい穴開けて大きい目釘を入れた方がいいと思います

207 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/07(木) 17:47:29 ID:wCLksIad
柄にも優しいし面倒くさくない。
柄を細く仕立てれば、がたはあまりこないです、職人には面倒がられますが
すかすかにならない。

208 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/08(金) 08:10:00 ID:oeePQw6f
人間でなくても豚のアバラ肉で検証するとよい。
刀もってればの話だけど。

数十回斬っても全然平気です、
しかしこれが斬った後に手入れしないで1時間後に斬ったら??
血糊と油で刃が覆いかぶさり切れにくいです。

何人人が切れるかではなく、初回で血糊や油や肉がついて
固まるまでは大丈夫。
また斬った後に手入れして油引き直せばまた切れやすい。

連続仕様では最初一撃から1時間で切れにくくは通常なる、
温度、湿度にも影響されると思うけど。(途中で手入れしない場合)

仮に切れなくなっても「突く」この威力だけは有効なままです
刀なくてもカッターで試せば同じ事起こるから

209 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/08(金) 10:26:49 ID:cxzXzFQn
>>208
私も、骨付きあばらの塊とかを斬ってるが、斬った後の拭いはどうしてる?

精肉してあるものは、血抜きしてあるので、血なんてつかんだろう?脂はべっとりだが。

もし、血抜きしてない肉を斬っているなら、研ぎをかけないと汚れは取れないと想うが?

210 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/08(金) 11:29:22 ID:k407LvyI
研ぎに出す前の鍛冶押しでも巻藁くらい切れるぞ。
常に刃が立ってないと切れないと言うことはない。

211 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/08(金) 11:42:54 ID:cxzXzFQn
>>207
柄を細く仕立てるというのは、手の小さい人には良いかも知れないが、図体の大きい人には勧められないだろ。
だいたい、柄が細いと力が入りにくいので、ものを斬ったときに刀筋を通しにくいと思うが?
むしろ、そっちの方が、害があると思うぞ。

212 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/08(金) 18:11:44 ID:EQqEzxA1
説明不足ですいません、柄の朴の木を薄く作るとへたらないとゆう意味です。

213 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/08(金) 18:35:10 ID:kkiRIkBr
柄は桜の木などで拵えることもあるようです。
その方が損傷し難いみたいです。

214 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/08(金) 18:41:55 ID:kkiRIkBr
>だいたい、柄が細いと力が入りにくいので、ものを斬ったときに
刀筋を通しにくいと思うが?

柄の中程を若干絞る拵え方で対応できそうです。

215 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/09(土) 01:10:54 ID:EkQhqYvr
少なくても演武会など人前で使う時は、二本目釘にするべき。
万が一事故があったらそいつ一人の問題ではなくなると思う。

216 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/09(土) 08:00:59 ID:6PW+Ux2+
>>209
刀で一度汚れててもべつに完全に拭い取れば大丈夫ですよ
ただし、一度ついた薄錆とかは研がない限り無理ですが

高い刀を肉斬った後1日も放置なんてまず考えられませんが
肉の脂と血は乾くとかなり厄介なのであまり良くはないけど
洗剤でスポンジで普通に洗って、水分と油完全にとって
刀油塗ればok

肉の脂と血を完全に拭わないと錆の要因になるので結局洗うには
洗剤が効果的と俺は思う。

用途終わったらすぐに洗剤で普通に洗って油塗って、また数日で
手入れ2回目もしたほうがよいかと、水使うので芯の部分もしっかり
手入れしないと

217 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/09(土) 12:09:28 ID:ClgWFY8q
>>215
演武会で刃を飛ばす様な奴は、二本目釘にしてもそのうち飛ばすと思う。
要するに刀の安全に』対する意識が薄いんだよ。
俺は一本目釘だけど、開始前後、暇があれば途中でも目釘の緩みを確かめてる。
後輩にも(模擬刀でも)そう教えてる。
今まで目釘が折れたとか、ひびがいったとかの経験はないけど、
そういう場合は多分振って気付くだろうしね。

ちょいと指を切って刃に血が滴った。
すぐに拭ったけど、跡がシミになって分かるほどだった。
そういえば時代劇でもたまに見かけるけど、
斬殺犯を特定するのに刀の血の跡を検めるね。

218 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/09(土) 12:42:20 ID:Ka0Tj3lj
はぁー?
刀の安全に』対する意識が薄くないから、二本にしてるんじゃね?

219 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/09(土) 13:29:44 ID:ClgWFY8q
いやいや。(今気付いたが変な所に』が入ってるなスマソ)
確かにそうなんだけど「二本にしたから安全だ」と思って
余計に日常の確認を怠るかも知れないだろ。
「演武会で刃を飛ばす様な奴」という前提を良く考えてくれ。
日常的に安全意識が高ければ一本でも大丈夫。
日常的に安全意識が低ければ(一本よりはマシだろうけど)二本でも危ない。
という事よ。

220 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/09(土) 17:03:35 ID:Lx8E7+0p
一本で太い目釘入れた方がいいよ

221 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/09(土) 19:27:58 ID:Mxp6jTpJ
>>220
何で?

222 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/09(土) 20:01:23 ID:3fsfx5/H
太い方が折れにくいから、柄にも優しいから、面倒くさくないから。

223 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/09(土) 23:31:29 ID:I6l0hEn1
目釘は折れる危険と、抜けるという事もある。
テーパーを逆にした二本目釘の方がより安全。
別に面倒な事ではない。

224 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/10(日) 09:32:22 ID:SxG3/Q1G
太くしたら柄木には優しくないだろ。

225 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/10(日) 12:50:29 ID:8UDBuKg9
二本よりいいよ

226 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/10(日) 17:26:40 ID:GMgNGgXi
目釘が折れるってよくある事なの?

227 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/10(日) 21:24:54 ID:8UDBuKg9
まれに。

228 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/10(日) 21:46:21 ID:UgiRkbaD
人前で振る時だけは鉄目釘でも入れとけ。

229 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/10(日) 23:41:51 ID:vu57PhEQ
鉄目釘だけは、だめ。

230 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/11(月) 02:56:56 ID:Ex8zY/W1
目釘穴をあけて、二本目釘にするには幾ら位かかるんだろう?

231 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/11(月) 03:28:03 ID:DvBn1N+7
口先武蔵の言う事を信じてはダメw 二本目釘にすると強度のバランスが崩れるよ。
一本目釘は一種のフューズの役目。伝統的に一本目釘で充分と考えられていた。
使う前に目釘を確かめる習慣を身に付けろ!柄にガタにも神経質になれ!

そもそもネットで値段を聞くような輩に・・・・。
もっと刀匠と懇意になれよ。


もっとも刀匠と友情が芽生えたつもりになって調子こいて
挙句にネットで叩く阿呆も居る様だがw


でも戦闘に使うなら俺も二本目釘にするだろうな。目釘だけじゃなくて刀1本丸ごと消耗品として。
家の子・郎党に予備を持たせられる身分なら楽だろうな。
その場合、一所懸命に働かないと不味いかw

232 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/11(月) 03:30:02 ID:DvBn1N+7
ゴメン
>一本目釘は一種のフューズの役目。
訂正
フューズ→ヒューズ


233 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/11(月) 07:42:58 ID:bPS6Qv+D
正直目釘の意味がわからない。
なんで折れてしまう可能性がある木製とか象牙の目釘なんて使用するんだろ?
刀を作れるんだから製鉄技術もある訳だし、戦国の世とかなんか折れたら命の危機なんだし、
鉄製にするとか、抜けないように鉄で固定できるようにすればいいのに。
木製にこだわる理由はなんなんだろ?

234 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/11(月) 11:04:28 ID:fWc9IuSA
二本目釘にすると強度のバランスが崩れる??

235 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/11(月) 13:24:54 ID:+JUha7x6
?強度のバランス?

?ヒューズの役目?

ワロタw

236 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/11(月) 14:57:03 ID:PFhxCQnz
>>233
目釘を鉄にすると目釘穴が広がって、柄がダメになるから。
まず目釘が折れるようにしとけば、タケ箸かなんか削ってすぐ
修理出来るだろ。ところが柄がダメになると拵えを作り直す事になる。
戦場では予備の目釘を持参するのは常識。第二次大戦中軍刀の修理を専門に
やってた人の記事に書いてあった。2本目釘は、まれに柄が割れる事があるので
よろしくないとも書いてたよ。

237 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/11(月) 16:16:29 ID:WgV5Ygwo
>>231
実際、演武会で目釘が折れて、刀身が飛んでいき死んだ見学者がいるらしいが、
「あっ ヒューズがとんじゃったっ。」くらいの軽い気持ちでは死んだ人間はうかばれないな。

ヒューズの交換は簡単に出来ても、命の交換は出来ないだろ?

238 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/02/11(月) 21:35:15 ID:4UyXFcJ3 ?2BP(1000)
>>233
>鉄製に

鉄製の目釘はまがって抜けなくなり、手入出来なくなったり、
突如破断したりと、柄への悪影響を除いても問題が結構有る。

戦時中曹長刀の鉄ネジ目釘を竹にわざわざ交換したりしたそうです。


竹は徐々にすり切れていきますが、突如破談と言う事は無い。

現代の技術であれば、カーボンファイバーなども考えられますかね。

239 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/11(月) 23:33:46 ID:kfHioLio
カーボンファイバー目釘いいね
そのうちどっかの業者が作りそう

240 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/11(月) 23:47:12 ID:+ED4C0P4
どうかな?
竹の引っ張り強度はコンクリートより強いらしいし、

最高級の釣竿は、竹で作られていると言うし。。。

241 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/12(火) 00:41:47 ID:l9kQzA/8
>>240
竹の足場のせいでボロボロと人が死んでる隣の国を笑えんな・・・

242 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/12(火) 01:05:38 ID:w/Am1O6E
隣の国は、『竹筋コンクリート』にするといいかもしれんな・・・

ttp://www.saturn.dti.ne.jp/~kenpa/nisikouji206.htm

243 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/12(火) 11:10:25 ID:SW4URejT
>>233
竹は材質としては、鉄に迫る強靭性を持っていて、
天然の素材の状態ではもっとも利にかなっている。
鉄自体が高額だった時代には重宝したことだろう。
また鉄と違って伸び縮みが少ないなどのメリットもある。
いまだとカーボン繊維系でも良いとは思うが、必要時だけぎっちり締まるので吸湿性があるモノの方が良い。

>>234
目釘穴は、重心をとるための部品の一つ。
目釘穴とモノウチの中間点に重心が来るように設計されている。
キッサキ重心や手元重心などいろんな個性のある刀があるが、
ナカゴの長さと目釘穴で調整されている。

>>242
でも日本の竹筋コンクリートは以外と現存してたりw

244 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/12(火) 12:42:58 ID:FSF1x8Ez
>>243
>>231が言いたいのは、刀に無理な力がかかった時に、
刀が折れず目釘が折れるから、損害が少なく済むって事だろw?
ヒューズの役目って言っているんだから。

245 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/13(水) 03:01:54 ID:Gt4mWW1P

>>231みたいな輩がいる限り、そのうち大変な事故が起きるだろうな

神仏のご加護を

246 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/13(水) 03:26:03 ID:8p7izxsv
使う前に目釘を確かめる習慣を身に付けろ!

247 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/13(水) 03:54:11 ID:4B3tbJPi
>そのうち大変な事故が起きるだろうな
だからもうギャラリーが巻き込まれる事故が起こったんですってば

248 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/13(水) 10:13:40 ID:5ntwcbsQ
アメリカの通販番組で偽日本刀のショッピングで、日本刀は丈夫なんだとか言いながら机に
バンバン叩きつけていたら刀身が折れて飛んで、売主に突き刺さり 「おうっ」 とか言って倒れたな。
ユーチューブあたりに動画が残ってた。
危険だから日本刀の叩き売りは辞めような。

249 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/13(水) 13:23:20 ID:WcJqe9Vs
>>243
>>目釘穴は、重心をとるための部品の一つ。
目釘穴とモノウチの中間点に重心が来るように設計されている。

聞いた事がないな。誰がそんな事言ってんだ?その意味は?

250 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/13(水) 23:45:24 ID:/C/rLeHG

「鍔」で刀の重量バランス通常はとります、あまりに切先に重心が
あっても振りにくい、柄にありすぎても振りにくい

刀の総長÷3くらいで通常はバランスとるようになってると思うけど
太刀では重心が打ち刀よりもっと切先によりますが

251 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/13(水) 23:53:04 ID:FARxOMq8
>>250
それならわかるけど、

>目釘穴は、重心をとるための部品の一つ。
目釘穴とモノウチの中間点に重心が来るように設計されている。

って何だ?出鱈目だろ?


252 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 00:01:25 ID:il4GF1BH
目釘ってみんな自分で作ってるの?

253 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/02/14(木) 00:46:09 ID:tk2wSBgH ?2BP(1000)
>>252
自分は造ってる。買う金無い

254 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 03:36:57 ID:eUlI9bpB
買う金あるけど、作ってる。

255 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 15:25:42 ID:g1k4h9HE
竹の箸を目釘にしちゃ駄目?

256 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 17:09:36 ID:Y5qitPpi
>>255
私は100均の菜箸を使ってる。

257 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 17:20:26 ID:qzYSO+/X
255
注意しながらならいいが、見た目も悪い、弱い、細いから燻竹の方がいいと思います

258 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 17:39:11 ID:g1k4h9HE
>>256
>>257
サンクス。
ほんとは燻竹ほしいけど、100円菜箸で間に合わせますw
凹みが出たらすぐ交換の方向で。

259 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 21:12:46 ID:zKNi+/v0
剣氏はいつもお金がないと嘆いているイメージがあるが刀匠ってそんなに儲からないのかな。
一本100万だとして、年間5本しか売れないとしても500万だろ。税金とか払っても一般人並みには残ると思うが。
まー刀にばかりお金は掛けられないって事だろうけど。
車とか家族とかあるだろうし。

260 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 21:20:42 ID:mYGnyGjf
>>259
工作師の見習い。

261 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 21:32:05 ID:e+8ipbPf
>>259
見習いは無給だ
だから剣は危ない橋を渡る副業で儲けている

262 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/02/14(木) 21:42:03 ID:tk2wSBgH ?2BP(1000)
>>259
いや刀匠ではないし。
そのうえ修業中だし。
独身だし、車ウッパラッテ生活費にしたしw

もっとも独立しても食えない仕事では有る。

刀匠の話だが、

100万の刀、純利益は20万位だったりする。
影打ち二本として、鉄12キロ
炭60俵
ハバキ代
研ぎ代
白鞘代
などなど

五本も売れたら良いのですがね。


263 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 23:06:24 ID:zKNi+/v0
スゲー。そこまで犠牲にしてもやりがいのある仕事なんですね。
自分が恥ずかしい。
それにしても刀剣業界って儲からないんですね。よく考えたら材料代あるし。
買う方は高く感じるけど、それなりの材料費、技術代金もあるんだし匠の世界だなー。
剣氏も頑張ってください。
なんかどっかで刀匠って書かれてたのを見た気がするんだが違いましたか。すみません。

264 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/14(木) 23:27:42 ID:BdPI49u5
無記名のチョコ6個机においてあったんだけど、、、それも同じ場所に

確実に釣りだよな、これ?

非モテの俺をからかう作戦にしか見えない


265 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/15(金) 00:27:11 ID:6erCEWgM
>>264 それちょっと置いてるだけだよ
誰がお前にやると言ってるんだ?おお?
自惚れんなよ百姓が

266 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/15(金) 09:13:11 ID:aq89XB4U
仕事解雇された。
許せねー。ぜってー許せねー。

267 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/15(金) 09:45:48 ID:kPNhSpEc
>>258
スス竹は東急ハンズにある。見つけたときに買っておくとウマー

268 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/15(金) 11:01:35 ID:aq89XB4U
あ、フルキャストから仕事の依頼が来た。
やったー。これで明日は食事が出来るぜ。うほほほほほ。
今日は豪勢にくるまやラーメンでデラックス喰うぜ。
そして丸めて筒状にした新聞紙10本斬りやっちゃうよー。

269 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/18(月) 18:20:04 ID:LOB/310s
>>267
情報ありがとう。
ハンズ見てくるよ!!

270 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/22(金) 12:47:13 ID:lg1Fn6ht
みんな試斬台とかどうしてる?
自作してる?それとも市販のヤツ?

自分は金属の足付き台(居合の先生自作)に市販の角材(杭状)を尖ってる方を上にして巻藁挿して使ってます。


271 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/22(金) 13:27:14 ID:PjqZt3g3
土壇場

272 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/22(金) 13:46:51 ID:X5not6Di
はえてるもの

273 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/24(日) 12:18:55 ID:Qwe8qsb5
>>270
物言わぬ巻藁とか斬って楽しいか?
逃げ回る人間を斬らないことには本当に腕が上がっているのか確認出来ないぞ。
頑張れ。君の姿をニュースで待っている。

274 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/24(日) 13:43:30 ID:fBNXhpLK
>>273
>逃げ回る人間を斬らないことには本当に腕が上がっているのか確認出来ないぞ。

お前は切り裂きジャックか?基地外か?

275 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/24(日) 14:01:41 ID:iUsKhluu
合戦の死傷者は追撃戦の時に多いと聞いた。

276 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/24(日) 17:06:12 ID:OMkc16B+
背中を刺して抉ればお終い。

277 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/25(月) 02:57:44 ID:PtE6Rotf
刀を二振り用意し男のいちもつをピストンさせる
気持ち良すぎる

278 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/25(月) 10:29:55 ID:1eYX1pOb
畳屋の友人に、古い畳をもらって、
巻いて切ってるよ!

しかし5っ並べて切るとか無理。
出来る人いるの?

279 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/25(月) 21:12:55 ID:jcwGTJJN
ペットボトル斬りしたことある。
斬れないでペットボトルが吹っ飛んだ。切り口はついたからおーいお茶が飛び散った。
簡単そうで難しいな。
次に硬い段ボールを丸めて巻いて、ガムテープでさらに堅め、布団で巻いた。
力の限りぶっ叩いたら刀が思い切り曲がった。
切るって簡単そうで難しいな。
ちゃんと居合い習おうかなーと思いつつ、高そうなので習えないで居るオレ。
練習風景は通りがかりで見たことあるがジジィばっかだし。
女子中高生ばかりの居合い道場ってないかな。今戦国ブームらしいし。

280 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/25(月) 22:43:17 ID:v1/ZYrUH
>279 ガンバレ。ペットボトル程度は少し大きめのナイフで十分だ。的が小さいと
やりにくいので1.5Lの方がいいかも。アルミ缶も切ると楽しいが、切断面が鋭利で
片付けるときに知らない間に指先が切れてた。8inクラスのナイフなら細めの青竹も
いけるよ。

281 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 11:49:55 ID:MfCUWW+l
ダンボールは止めとけ。
中に砂や土が入っていて引け傷が出来る可能性が有るぞ。
279が近所なら手元に有る畳表を分けてやるんだけどなw

282 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/26(火) 17:28:14 ID:MMbUldxt
>>279
エビアンとか入ってる柔いペットボトルなら倒さずに簡単に切れるよ。

283 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/27(水) 10:24:05 ID:9vrI8mY8
>>281
畳表にも細かい砂が入っていて引け傷が出来る可能性が有るぞ。
新品なら別だけど・・・

284 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/27(水) 11:30:17 ID:XwSdSopf
新聞紙一枚丸めたものとか斬ると刀は全く痛まず練習できてよいよ。
置けばいいだけだから、立てる台も要らないし。
しかも新聞紙だから大量にあるしな。

285 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/27(水) 13:41:38 ID:02t/AEKg
ペットボトルはひけ傷できないの。

286 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/27(水) 13:53:55 ID:W3BuuFry
居合い上級者だとビール瓶斬りとか出来るらしいけどな。
刀の善し悪しもるだろうけど、現代刀でもいいの使えば出来るんだろうな。

287 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/27(水) 14:22:14 ID:dQg+iwy0
鍔を買って手持ちの刀に入れたところ目釘が入らない。
鍔を薄く削るしかないのだろうか?
片側の切羽を無しにして柄をはめると目釘は入るのだけど、
そんな状態にするのは、無作法・変なのでしょうか?


288 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/27(水) 14:43:12 ID:ajuZzOq5
>>285
できるよ。試斬する刀はそんなの気にしないし

289 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/27(水) 15:39:53 ID:tGduiEyP
高級品の畳は斬りにくいね。

290 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/27(水) 23:22:57 ID:xVlp767k
>>287
普通は柄を作り直すと思うんだが。

291 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/28(木) 11:43:06 ID:6WdjkqHj
切羽を砥石で擦って薄くする。

292 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/29(金) 15:41:36 ID:Gh/NMSEG
明日、裏山の竹を産まれて初めて刀で切りに行くのだが、武士じゃなくても切れるかな?因みに経験0腕力少々のプチメタボ親父だが。


293 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/29(金) 16:09:02 ID:RBBW8c5t
曲げるなよ。

294 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/29(金) 18:34:03 ID:uu7oWkTo
>>292
以前予算がないから、オクで脇指買うって言っていた人かな?

295 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/29(金) 21:20:45 ID:8g6zIHmS
確実に曲げるだろうな

296 :287:2008/02/29(金) 23:43:17 ID:osdtlVJx
>>290 291
 どうもありがとう。
 今は柄を作る予算もないので、地道に切羽を研いでみます。

297 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/01(土) 01:15:20 ID:J+uVO4jz
竹切ればどうせ曲がるだろうけれど、
竹切ろうとするような刀だから良いと思う、

まずは細いのから切れば、
無理そうなのに切りかかると確実に曲げる、



298 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/01(土) 01:57:13 ID:W0iAzmtA
>>292
何か嘘くさいな。
「素人でも切れるもんですね。」とか
「どんな刀でも切れるもんですね。」とか言いそうな感じ。

何とでも書けるし、疑ったらきりがないが。

299 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/01(土) 07:58:22 ID:Epv0/ESz
まぁ直径1センチでも竹は竹だからな。

ひとつ忠告しておく。枯竹は絶対斬るなよ。

300 :292:2008/03/01(土) 09:15:22 ID:MdFXsqG7
嘘じゃあないです”これからやってみます、終わったらレポしますよドキドキ。
因みに予算が無くて脇差しの人ではありません。

301 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/01(土) 09:18:05 ID:vLtFsJK4
日本刀は何故ダサいのか。
ttp://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1204328767/

日本刀がバカにされています

302 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/01(土) 10:32:31 ID:hIcKBlt6
どうせバカにしてるのはチョソだろ。チョソ死ね。キモイんだよ。

303 :292:2008/03/01(土) 18:22:21 ID:dS4Zkss/
★普通の親父の素人が竹のウブ試し切りしてきましたので感想をレポします。

1.まず最初に思ったのは、思ったよりも斬った衝撃が手に来ること”
(白鞘で斬ったからかな?)
上手く切り抜いたときはそんなに残らないがダフった時はしびれます。
脇差だったので無謀にも最初片手で行いましたが見事失敗しました、
片手でなんて無理でした気を取り直して両手でやることにしました。

2.最初はニ刀両断位だったが、5〜6本斬っているうちにコツがつかめてきて
最後は何とか一刀両断できるようになってきました。
(素振りくらいはやっておけばもっとスムーズに行ったかな?)

3.当たり前なのでしょが、本当に物打ち部分じゃないと切れないことに納得”
あと鉈のように振り下ろすだけでなく引くという感じも大事なのかもしれません。

4.切り抜いたときは刃もノーダメージのような感じですが、しくじったとき
はが毀れると言うか小さく曲がる感じでダメージを受けました。
(よくチャンバラで刀が切れなくなってくると言うのは油や血ではなく刃がガタガタになってくる
のかな?って自分なりに納得しました。)

以上まるっきり、素振りもしないド素人の初試斬の感想でしたが
かなり考えていた感じと違いましたが最終的には切れました。
(ボロ刀に少しダメージ受けましたが)

しかし鑑賞刀でやらなくて本当に良かったです。
※嘘とか言われるのもイヤなので写真も撮ってきたのですが
UPの仕方が判りません、教えていただければ素人のヘボ斬激をupします。

304 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/01(土) 19:33:08 ID:mqdDk/SJ
>>303
>白鞘で斬った
他はどうでもいいがこれは二度とやるな。

305 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/01(土) 20:22:27 ID:BX+VKkOk
我が家の伝家の宝刀は十ツ胴だ オマエラしょぼい刀持ってんじゃねーぞゴルルァ!!

306 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/01(土) 20:26:04 ID:DZt9Ya7X
>>303
白鞘は飯粒の糊で貼り合わされているだけだから、衝撃を加えると簡単に
割れるよ。やくざ映画でよく白鞘の日本刀にサラシを強く巻くでしょ。
あれは、これを防ぐためだよ。

白鞘は刀身保存のための寝巻みたいなものだから、これで斬っちゃダメ。
怪我しなくて良かったね〜


307 :303:2008/03/01(土) 22:44:51 ID:MdFXsqG7
ヤハリそうだったんですか!(@_@;)ゴエモンはスゲー!と思ってましたがヤハリ白鞘仕様は間違えでしたか!因みにギザギサになった刄先は、観賞刀でも無い実用刀なので、ワンタッチ包丁研ぎ機みたいなので簡易に研ぐのもOKですか?

308 :名前なカッター(ノ∀`)::2008/03/02(日) 00:20:55 ID:nWuDlcR1
>>303
ちなみに竹の直径は?

309 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 06:15:37 ID:txXECZhO
>>307
素人なりでいいから研ぎの勉強と練習をしてよ。ワンタッチなんか使ったら
せっかく今まで生き残ってきた刀が可哀相だよ。

310 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 08:22:16 ID:WE10Budr
>>308
大体15cmはあったと思います。
かぐや姫は発見されませんでした。

どうせあんた疑ってんだろ。

311 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 08:46:22 ID:Y8VcYku7
>>310
画像上げたいならここ使えば?

日本刀総合うp板
ttp://0bbs.jp/tsurugi_s/

312 :紫電 ◆WIIEP92EG2 :2008/03/02(日) 10:06:44 ID:d3YDuTzM
>>305

嘘つくな!m9(^Д^)プギャ-!

313 :292:2008/03/02(日) 10:50:39 ID:Wjcd6Xgs
>>308
310の書き込みは私ではありませんよ”
竹は大体5cm〜8cmくらいで孟宗竹としては細めの
缶コーヒー〜缶スプレーくらいの奴をメインで斬りました。

>>309
斬欠の砥ぎは結構やっているのですが刀は初めてなので研げるのかな?
まー、来週くらいに後一回試し切りしてギザギザが酷くなったら試してみます。



314 :292:2008/03/02(日) 11:12:41 ID:Wjcd6Xgs
>>311ありがとう”
http://0bbs.jp/tsurugi_s/
貼りましたよ”
良かったら見てください、ウブ出し素人でもこのくらいは出来ました。
結局スイングスピードが大事な気がします、自分は脇差でチャレンジしたのですが
刀や太刀の方が簡単なのでしょうか?

315 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 11:32:15 ID:nWuDlcR1
拝見しました。サンクス。

316 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 17:19:59 ID:WFeFYRSl
この程度の竹なら鉈で切れるって。

317 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 18:17:42 ID:91cL4+Sm
>>316
夢のない事云うなよ。
竹を切るなら鉈が一番なんて分かりきった事。

まさか人を斬るわけにはいかないから竹斬ってるんぢゃん。

318 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 18:54:18 ID:Y8VcYku7
>>314
斬れてるねぇ。
長いのでやるときは刃筋が通ってないと刀を傷めるから注意してネ。

319 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 23:53:31 ID:fEWBvInX
>>316
直径5cm〜8cmくらいの孟宗竹を鉈で一刀両断は無理だろ?

以前「鉈 ナタ 山刀」スレでしつこく聞いた奴がいたが、
結局「竹きりノコで切れ。」という事になった。

320 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 23:55:49 ID:WE10Budr
居合いの段位を持つ人は木刀を両断すると言うけどな。
あんな硬いのすら切れるんだから日本刀は最強の切れ味というよりは、
最強の強度を持つ刃と言うことだろうな。

321 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 00:50:02 ID:23RMU8r4
>>319
8cmになったら鉈、ククリのカーボンVでも無理ぽw

一刀両断できるのは日本刀位かなw?

322 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 06:24:00 ID:dQVLqwo2
>>319
(´・ω・`)切れたもん!


力とコツが必要だけど

323 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 07:03:07 ID:dQVLqwo2
あっ、でも孟宗竹かどうかはわからない。
そして、節のある所は試してない。

324 :292:2008/03/03(月) 07:58:30 ID:wK17dPH/
私も刀購入前は鉈を振り回して色々雑用で斬っていた時期がありましたが、
思い切りでは有りませんが鉈で竹を試しましたが鉈は打ち割るイメージが強く
思い切り振れませんんでしたので、ちょっと無理って感じでしたね、刀では
節の所も難なく簡単に切れた”って感じでしたから、当たり前の話ですが
ヤハリ鉈より切れ味の方は数段上でした。


325 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 13:07:39 ID:u+nhsOM1
鉈を鉈として振るったら無理だけど、
それなりに振れば10センチくらいは楽に切れるよ。
俺の記録は12センチ弱。
ただし自傷の可能性があるからもうやらないけどね。

326 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 14:01:18 ID:CDAF8IoM
>>325
その鉈欲しいなぁ ネットで買える?

327 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 14:53:59 ID:QOK4G0kw
スレチだけど、俺も欲しい。
ホームセンターのはいろいろ使ったけどダメ。

328 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 17:08:47 ID:dQVLqwo2
>>322です。
http://q.pic.to/o1p7t

2年位前に切ったから枯れてるけど。
180mmホムセン角鉈使用

329 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 17:25:11 ID:Lpw02S/q
日本刀の斬れ味〜三の太刀
なんだから鉈じゃなくてポン刀でシュパ”の方で行こう!
だってなんだか、友達に鉞や大鉈振るって切ったよ!って言っても「怖ぇ〜!」
って言われるだけだよ!?・・・・あ、それは日本刀も同じか。


330 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 17:55:59 ID:Y08vTLEP
>>328
お見事!
つうか、刀より片刃の鉈の方が斬りやすいはずだよね。

ハマグリ刃の和ナイフも持ってるけど全然斬れない。

331 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 18:41:32 ID:FVsn+LVt
素直に考えて、竹を切るなら
ハマグリ刃より片刃の方が斬りやすいはずだよね。
日本刀に妄想している奴が多すぎるよ。

332 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 18:56:34 ID:CDaA9LMJ
刀が斬るのは肉と骨
鉈が斬るのは竹と枝

333 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 18:58:09 ID:Y08vTLEP
>>332
>>321

334 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 19:00:40 ID:Y08vTLEP
>>332
スマン恣意過ぎた、刀で竹を斬るには技術がいる。
鉈で竹を斬る技術は、刀で斬るそれより易しい。

335 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 19:26:25 ID:dGUgQjvo
>>328
直径4cm位かな。しかも真竹じゃないかな?
これ位までなら鉈で一刀両断出来る。

実際切ってみるとわかるけど、竹は片刃では切りづらい。
途中で食い込んでしまう。両刃の方が切り抜けるよ。

336 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 19:29:43 ID:Y08vTLEP
> 途中で食い込んでしまう。両刃の方が切り抜けるよ。

刃肉、平肉を全部落とせばね。

337 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 20:34:57 ID:KxK2b1rb
竹用の鉈は両刃で蛤刃だよ。
刀も竹を斬るには蛤刃の方が食い込みやすく抜けがいい、
蛤にちゃんと研げる研屋も少ないけど。
茣蓙は蛤刃は食い込みが悪いと思う。
以上個人的な意見。


338 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 20:47:25 ID:Y08vTLEP
>>337
そうですか、否定はしません。
私が片刃の扱いになれてれるだけでハマグリ刃の扱いが下手ってこともありますし。

わたしの経験ではハマグリ刃は刃筋が通らないと逃げやすい。
素人には片刃の鉈の方が切り易いって思ったわけです。

339 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 20:49:55 ID:K1d+Hfu4
竹用の鉈は折れた刀で再利用しますが、蛤に仕立てるのは
切るというより裂いたり割ったりするのが目的だから。
切れると具合悪いんだ、竹細工用にはねっ。
ただ竹やぶから切り出すには、片刃の鉈がいいんだ。

340 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 21:18:31 ID:Y7CHv5HT
竹を切り出すには、これ↓ 両刃

ttp://www.honmamon.jp/186_701.html

341 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 21:23:28 ID:Y08vTLEP
>>340
最強だね、竹に限らず、首取るとか。

342 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 21:38:22 ID:/D2Qy2Ph
デマの作り方の見本みたいなレスだな。
>>340>>337は。
ウソ80%にホント20%を混ぜて真実味を増やす。でも本質はデマそのもの。

「竹用の鉈は両刃」確かにそうだ。しかし両刃なのは竹細工用。
竹細工では切らない。切るというより裂いたり割ったりするのが目的。

竹細工職人が山に竹を採りに行く時>>340を使うか? 絶対に使わない!>>328みたいになって危なくてしょうがない。
だからノコギリを使うよ。少なくとも竹を切り出すのに>>340は使わない。

話は変わるけど、素人が山で立木を切ったりすると>>328が増えて危ないな。
焚き火も山火事の原因になるし。
人の土地に勝手に入って山を荒らすなよ、無産階級の足軽どもが。

343 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 21:44:02 ID:2FM8jaPW
趣味で竹を斬るのと、業務の竹きりを一緒にしてはいけない。
仕事ならのこぎりどころかチェーンソーで切り出す時代だ。

344 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 21:50:04 ID:Y08vTLEP
>>343
なのも異論は無いw
確かに。

345 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 22:04:39 ID:Y7CHv5HT
>>342
一人で何怒ってるんだ?
ノコギリもいいが、200本も切ると切れ味が落ちる。
結局日本刀が1番って事かな。 鼠の嫁入りだ。

346 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 22:34:03 ID:KxK2b1rb
確かに片刃の方が食い込みがいいかも知れませんが平肉がないと切れにくい
鉈は平肉が付いているものが多い。
刀は左右に切りますからね、両刃でしょう。

347 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/03(月) 22:46:51 ID:T6kqH2p3
日本刀の切れ味自慢なんだからポン刀一番が当たり前だね。鉈で、ワイワイ盛り上がってるのはスレ違いかな?

348 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/04(火) 00:28:56 ID:ToTXAYXr
片刃の鉈と両刃の日本刀の切れ味比較って事で。

ところで
片切刃造りとか片平片鎬?みたいな片刃の刀の切れ味(斬り味と言った方がいいかな)はどうなんだろうか。

349 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/04(火) 08:03:15 ID:14u3KHw8
>>342
オレが斬ったのは自分の裏山の竹だから問題なし!

鉈の切れ味なんてどうでも良い!鉈じゃなくて日本刀の話で行きましょう”

350 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/04(火) 10:06:50 ID:MVXTqrv7
>>342
俺が切ったのは地主さん了解の下なので問題無し!

351 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/04(火) 10:54:21 ID:14u3KHw8
ハマグリ刃ってどんな刃?
自分で刀研いだとき、鎬削って丸くなっちゃう感じの刃かな?

352 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/04(火) 12:39:03 ID:ToTXAYXr
>>351
平地が少し盛り上がり、断面が蛤のようになってる刃。

353 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/04(火) 17:14:39 ID:qtR/h7Lv
ありがとう”
鎬を研いだくらいじゃハマグリではなくアサリですな。

354 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/04(火) 18:50:35 ID:OqYHc/3D
オレなんてアワビ刃だぜ。
中心がわいせつ状態になってるが良く斬れる。

355 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/04(火) 23:10:18 ID:l7hAbsVg
>354
喰ってたラーメンが鼻から出た!

356 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/05(水) 00:02:50 ID:iVfhqJF1
>>355 嘘つくなカス ラーメンなんか喰ってもねぇくせに


池沼が

357 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/05(水) 20:15:59 ID:sMswjzeH
>>356
何で突然キレるんだよ?ワケわかんね〜よ

358 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/05(水) 22:27:45 ID:Ms/vclGh
基地外に刃物wwwwwwwwwwww

359 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/05(水) 23:15:53 ID:/KbxvyYB
ところで試斬にいちばん向いてる拵って何だと思います?
今度拵新しくしようかと考えてるんだけど、しっかりした拵製作を頼めるところあったら教え下さい。



360 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/06(木) 01:17:55 ID:151e8kw2
普通の黒漆が一番無難かと

模造の居合い店か刀剣店でも一応真剣拵えを注文すれば
横繋がりがあるからやってもらえる。

NPSかコレクション情報でしか注文したことがないが2社は値段
と仕上がりは妥当。
どんなのか細かく言わないと気に入らないのできても文句言えないから
柄の巻きから色 目貫、鍔、鞘の色や金具を伝えないと。

ただし!良い物をと思うとどんどん高額になるので、値段安く良いものを
というのは不可だから。
試斬用なら目貫や鍔、金具は安いので代用してもらってコスト抑えたほうがいいかも

上みるときりないからね〜
基本的にそこそこ大きな刀剣店なら注文できるはずです、後はお財布と相談ですね

361 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/06(木) 23:00:16 ID:+hgyGh64

2代目小林康宏に短刀作ってもらうとなると
見積いくらくらいかかるんだろ?

362 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/07(金) 07:16:08 ID:Ilp0ogrE
試斬用に講武所拵みたいな感じも面白いかもね。
当時成績優秀者に白と紺の混ぜ織り下げ緒を与えたらしいんだけど画像残ってないのかな。

363 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 10:47:15 ID:LI9u1oQG
試し切り用の柄巻きとか自分で出来る物なのですかね?やったことある人教えてくらはい。

364 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 12:07:39 ID:5ojBNlWV
鍔、頭、縁は古鉄で自分で作ったよ、柄まきは出来るけど、見栄えの関係で
外注、鞘は下地を鞘師に頼んで鮫皮をまいて削って何回か漆を塗った、二度と
やりたくない。
鍔は面白いので今でも暇をみて作っているけど錆びつけが時間がかかります、
2年位でいい感じになります、薬品を使うと簡単ですが、時間をかけた方が
いいです、焼き漆も月日が立つといい感じです、2年以上錆びつけすると
古い鉄ですので、江戸期の鍔と勝負できます、刀は古い鉄使っても変わらない
ですけど。

365 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 13:16:34 ID:LI9u1oQG
ありがとうございました。参考になりました、そこまでやる方なのに柄巻きだけは本職に任せるって事は、かなり難しいのですね、柄巻きのやり方HPがあったのでやろうと思いましたが止めた方が良さそうですね。

366 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 14:59:48 ID:gQENSNQK
現代刀の切れ味ってどうなんだろ?
戦いを想定して作ってはいないから、もし仮に人を斬ったとして斬れるんだろうか?
美術品といえど強盗とか有ったときにはそれを使用して戦うかもしれない。
そんな時斬れないと面白くない。
居合いを一年くらいやった人が現代刀を使用した場合、やんのかこら!!と怒鳴って包丁
手にしている強盗が居た場合、斬撃一撃で殺害出来るだろうか?
最近家の近所で空き巣が頻発していて怖いんだよ。隣の家も留守中に窓を割られて侵入
されて荒らされた。中には遭遇してしまった人もいる。たまたま相手が逃げたが想像すると怖い。
オレも怖くて怖くて日本刀を週に一度いつでも使えるように目釘やつかみ心地を確認している。
素振り、抜刀も一日100回やってる。
なかなか空き巣は来ないが、万一に備えてガクブルしている。刀は現代の宮入清宗の太刀です。
もう毎日怖くて怖くて仕方ない。相手が入りやすいように鍵もしめてないし、窓際にわざと小銭を
置いてお金があるのを見せているのにこない。
段ボール切ったり丸めて新聞切ったり、投げたコピー用紙切ったりして自信は有るんですけど人間は
まだやった事ないんで心配です。もし押し入られたら恐怖に負けて使用してしまう可能性が高い。
現代刀で人は切れるんだろうか?そりゃ刃物だから斬れるだろうが、一撃で致命傷は可能かな。
毎日空き巣に恐怖してる。

367 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 15:03:36 ID:lFBM+YZ0
そうですか

368 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 15:04:37 ID:OGJ1dsrR
留守中空き巣に入られてしまい、帰宅した途端空き巣が手にしたご自慢の宮入清宗でばっさりと殺られるという末路だな。

369 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 15:07:17 ID:gQENSNQK
>>368
それは想像もしなかった結末だ・・・
無念・・・

370 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/08(土) 15:42:27 ID:yt2/a04y
留守中空き巣に入られてしまい、帰宅したら自慢の宮入清宗が無くなってたという末路だな

371 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 16:10:51 ID:9QNeoIbO
それは素人の空き巣だな、プロは処分(換金)し辛いものは置いて行く。


372 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/08(土) 16:28:02 ID:yt2/a04y
>>371
刀剣の盗難についてのお願い
[盗難被害品の発見にご協力ください]
平成17年12月16日から平成17年12月22日にかけて、神奈川県内において空巣事件が発生し、
次の刀剣が盗まれる被害が発生しました。
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesc3007.htm

1 刀 東京都第155757号
昭和45年7月23日 無銘(伯耆守信高)
長さ 69.6センチ
反り 0.9センチ
目釘穴 2個
 
2 脇差 登録なし 無銘(加州家継)
長さ 1尺2寸9分
以下不詳
 
3 刀 神奈川県第6827号
昭和26年3月31日 無銘(表)兼吉
長さ 2尺1寸4分
反り 3分
目釘穴 2個
 
4 刀 静岡県第44077号
昭和45年8月12日 銘文 (表) 東都住真國作
(裏) 昭和十九年八月吉日
長さ 66.8センチメートル
反り 1.6センチメートル
目釘穴 1個
 
5 脇差 東京都第51436号
昭和27年9月5日 銘文 (表)肥前口住忠吉
長さ 1尺8寸1分
反り 3分
目釘穴 1個

6 脇差 東京都第187110号
昭和49年6月6日 無銘
長さ 47.8センチメートル
反り 1.2センチメートル
目釘穴 1個
 
7 脇差 神奈川県第17472号
昭和29年9月30日 無銘
長さ 1尺5寸
反り 3分
目釘穴 不明

8 脇差 神奈川県第44586号
昭和41年9月21日 銘文 (表) 一竿子忠綱
(裏) 彫同作
長さ 52.2センチメートル
反り 0.8センチメートル
目釘穴 1個

373 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/08(土) 16:41:54 ID:yt2/a04y
愛知県はすごいのが盗まれてるな

1 刀 備州長船則光 寛正二年二月日 65.2 2.6 1 五の目乱れ 棒樋 生茎 長崎県 020591
2 刀 相州住廣正 61.4 1.8 1 五の目乱れ 彫り 茎尻少し切る 大阪府 73181
3 刀 水心子正秀作之 文化七年二月日 69.4 1.51 1 丁字乱れ 棒樋 生茎 福岡県 29384
4 刀 肥前國近江大掾忠吉 72.0 2.05 1 五の目乱れ 生茎 東京都 274511
5 刀 大和大掾藤原安定作 70.2 1.1 1 五の目乱れ 生茎 兵庫県 93992
6 刀 但州住法城寺正弘 承応二年二月日 69.8 1.6 1 五の目乱れ 生茎 愛知県 35798
7 刀 肥前國住人伊豫掾藤原宗次 71.2 1.51 1 五の目乱れ 生茎 ?   17143
8 刀 備前國住長船源兵衛尉祐定作 永禄十一年二月日 69.6 2.2 1 五の目乱れ 彫あり 生茎 大阪府 243
9 刀 家次作 69.0 2.4 1 五の目乱れ 生茎 岐阜県 14685
10 太刀 貞次 74.5 2.12 2 直刃 棒樋 地肌2カ所荒れ 生茎 岐阜県 2672
11 刀 無銘(筑紫 了戒) 69.5 2.25 2 直刃 地荒れ 大磨り上げ茎 宮崎県 34286
12 刀 肥前國住人忠吉作 70.9 1.96 1 直刃 生茎 地少し荒れ 大阪府 4613
13 刀 肥前國近江大掾藤原忠廣 71.0 0.6 1 直刃 生茎 東京都 260097
14 刀 肥前國河内守藤原正廣 70.1 1.4 2 五の目乱れ 生茎 穴2ヶ 東京都 231794
15 刀 無銘(金重) 73.5 1.81 1 五の目乱れ 薙刀直し造 愛知県 3082
16 脇指 無銘(銀象眼銘 金重) 45.2 1.0 1 小五の目乱れ 薙刀直し造 東京都 232671
17 刀 加州藤原家次作 65.7 1.66 2 大乱れ 棒樋 生茎 栃木県 10707
18 刀 無銘(石州直綱) 75.2 2.27 2 五の目乱れ 棒樋 大磨り上げ茎 愛知県 10350
19 刀 無銘(越州國行) 69.4 1.5 2 五の目乱れ 大磨り上げ茎 愛知県 66667
20 脇指 津田越前守助廣 延宝八年二月日 54.5 1.21 1 濤乱刃乱れ 生茎 大阪府 522
21 刀 津田越前守助廣 (折り返し銘) 66.4 1.4 4 広直刃 棒樋 磨り上げ茎 北海道 18572
22 刀 井上和泉守藤原國貞 寛文二二年二月日 76.0 1.0 1 五の目乱れ 生茎少し荒れる 福岡県 61932
23 脇指 井上和泉守國貞 寛文十一年八月日 54.8 .0 1 直刃五の目交る 棒樋 生茎 東京都 118185
24 刀 無銘(雲次) 71.8 2.66 2 直刃 大磨り上げ茎 兵庫県 12733
25 刀 (葵紋)康継入道以南蛮鐵於越前作 70.9 1.3 1 直刃小乱れ 生茎荒れる 長崎県 26413
26 小太刀 備前國住長船長光造 50.6 1.36 3 直刃小乱れ 棒樋 生茎 岐阜県 2755
27 脇指 無銘(金重) 35.1 0.2 2 小五の目 平造 生茎 兵庫県 76881
28 短刀 来國俊 21.8 0.0 3 直刃 生茎 福岡県 64775
29 短刀 包氏 30.2 0.7 3 直刃 冠落し造 梵字腰樋 生茎 大阪府 81385
30 短刀 正重 27.5 0.3 1 腰刃に小乱れ 生茎 愛知県 29518
31 短刀 相模国住人廣光 延文○年卯月日 29.2 0.3 2 皆焼乱れ 生茎 兵庫県 101481
32 短刀 肥後大掾藤原下坂 越前住 27.6 0.33 2 直刃 草具利加羅 梅竹彫 生茎 愛媛県 12741
33 脇指 無銘(信國) 40.0 0.45 1 直刃小乱れ 重彫 磨上げ 平造 岩手県 356
34 刀 肥後國住近江大掾藤原忠廣 70.5 1.8 1 五の目乱れ 生茎 愛知県 66905

374 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 17:00:15 ID:+STfaFve
365
試斬するのに皮巻きにしますが、皮は巻きにくいのと、腕のいい職人にしっかり巻いて
もらった方が故障がなく長く使えます、試斬には捻り巻きが型くずれしにくく、いい
と言われていますが腕のいい職人に巻いてもらうと摘み巻きでも、ぜんぜん大丈夫です
見栄えもいいですし。

375 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 17:02:30 ID:+STfaFve
どうでもいいなら、練習したら全部自分で拵えなんか出来ますが、やはり見栄え
の問題と長く使えるかどうかですかね。

376 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 18:04:42 ID:vws1nM7+
>>370
つまんね。

>>368を見習え、落ちが切れが段違いだろ。

所詮パンツだからそんなもんかwwww

377 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 19:44:00 ID:LI9u1oQG
自慢の宝刀を盗まれるのって、現金盗られるより愕然とすると思う…皆さん何処にどんなふうに保管してますか?俺家宝の重要短刀を来週貸金庫に入れにいこうかな?

378 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 20:07:58 ID:9QNeoIbO
問題なのは、登録刀剣は無名を除いて指名手配されちゃうから、そのまま
転売が出来ない。
足がつきやすいので、窃盗のプロは現金や貴金属ねらいが大道。
さて奪っては見たが処分し辛いと解れば貴重な在銘刀剣が悲惨な運命に
見舞われない事を祈るばかりです。

379 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 20:21:15 ID:vws1nM7+
22 刀 井上和泉守藤原國貞 寛文二二年二月日 76.0 1.0 1 五の目乱れ 生茎少し荒れる 福岡県 61932

この銘切りってあり得るの?

380 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 20:53:15 ID:eqA9smaY
>>366
自分も同じ目的で軍刀買った。最近物騒だからね。チョンやチャンコロは
残虐だから、押し入り先の家族を皆殺しなんて平気でやるよ。今の時代、
自衛は必須だ。

自分は、室内で対人戦に使うことを念頭に置いて、部屋の中でも振り切れ
る長さ(約63センチ)のものを選んだ。ちなみに、重ね8ミリ。
また、相手に刀を奪われることだけは絶対に避けねばならないので、刀緒
も付けた。何か事が起これば、これを手首に巻いて柄を握り、刀の脱落を
防ぐ。

どうせ動いてる相手をキレイに袈裟斬りなんてできるワケないから、とに
かく、相手を威嚇し、それでも向かってくるようなら叩き斬りでも何でも
良い。

犯罪者のクズどもの血で刀が穢れるのは嫌だが、その時が来れば躊躇なく
やるつもりだ。

381 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/08(土) 21:42:13 ID:9QNeoIbO
勇ましいですね、くれぐれも手首諸共チャン頃のマシェッとに落とされませんように
日ごろの修練を。

382 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/09(日) 03:43:31 ID:Jajlzw7W
ありがd。肝に銘じます。

383 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/09(日) 06:26:18 ID:f+AG6ZsB
>>367
刀を盗んで国内で処分するとは限らないだろ。
盗まれた仏像の様に、しばらくすると何処かの国で宝刀が発見されたとか、
どこかの国の似非武道かがクルクル廻りながら巻き藁斬るとかも考えられるぞ。

384 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/09(日) 08:17:45 ID:G0wyZ+AE
日本刀よりマシェットの方が確かに殺傷能力では上と言われているな。
日本刀の数倍の頑丈さがあり、切り味は日本刀を凌駕するというからな。
マシェットはダイヤモンド並の硬さのカミソリと言われるからな。
硬くて切れ味もあり刃こぼれも全くしない。恐るべき刃物。
確か戦時中も日本兵は日本刀で応戦するもマシェットの前に全滅して首を
並べたと言われるからな。

385 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/09(日) 09:43:22 ID:G0wyZ+AE
すまん。調べたらククリナイフでした。

386 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/09(日) 10:23:32 ID:L0LXkWyf
確かに素人には、ククリのほうが扱いやすいかもな

387 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/09(日) 10:41:52 ID:gpNekcJq
>>378
「登録刀剣は無名を除いて指名手配されちゃうから、そのまま
転売が出来ない。」
というが、知らないでオクとか人づてに言われて購入した場合善意の第三者
と言うことで、買った人の物になるのでは無かったっけか?
三流大学時代に法学で習った気がするのですが・・・・・
法学部出身お人教えてください。

388 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/09(日) 13:31:22 ID:C0w5IP81
>>387
善意の第三者には対抗できないから正解

389 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/09(日) 13:47:59 ID:fAUnVieH
ブラック忍者ソードの徹を踏むな。

390 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/09(日) 20:15:01 ID:pnTalv9B
法上、万が一刀剣を盗まれた場合第3者に渡っても「登録書」ごと
持ってかれなければ大丈夫です。

登録書と刀剣を両方盗まれ第三者に渡った場合は取り返しがほぼ
無理です。

登録書ない刀を買うという時点で第3者に非がある

391 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/10(月) 13:59:43 ID:fO7jqbs8
ただ大体の人が鞘に巻き付けてるよね!?重要刀剣なんかの登録書は貸金庫とかに入れて別々に保管したほうが良いって事だね。ただし、盗んだ奴が『田舎の納屋から出てきました!』って最初から登録し直されたらアウトだね。

392 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/10(月) 18:06:05 ID:6c3Zt5zl
田舎の納屋からピカピカの名刀が出てきた時点で盗品照会でアウト。
錆びさせた時点で名刀がアウト。

393 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/10(月) 18:56:11 ID:cCvOJVC5
刀剣の登録にゃ3対抗はないのか?
3対抗がないなら登録書無い刀買っても非にならないのでは?


394 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/10(月) 20:47:20 ID:NdDpy0zb ?2BP(1000)
>>393
>登録書無い刀買っても非
登録されてない方なの売買、持ち歩き、所持、全てが銃刀法違反

395 :名無しの愉しみ:2008/03/10(月) 21:08:24 ID:tGR+s834
ヤフオクは刀剣禁止っていう建前だから
そこで買った奴はみんな善意の第三者と認められないかもよ。

396 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/10(月) 22:46:43 ID:cK2Ui6cT
あれの建前って、鞘 拵えを売ってるんだよね。
あくまでも中身は「つなぎ」。
つなぎが たまたま有名な代物だったり無銘の鉄板もどきだったり。

397 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/11(火) 12:28:40 ID:MBWE9UOy
んなHDDを売ると称して無修正動画を売るようなものだな
ヤフオクでの刀は規約上違反商品なので詐欺にあっても補償されないし、
取引が成立していてもページ自体をぶち消されたり、
最悪の場合はIDごとの抹消やYahooJapanのブラックリスト行き

398 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/11(火) 18:18:14 ID:FlrqauRx
いきなりIDごと抹消されたりするのかな?Yahoo!で刀を売買しようと思ったが考え物だな。やはりビッダにしておくか?

399 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/11(火) 20:13:18 ID:iJXk51Of
以前 いきなりID抹消になった人が確実にいましたよ。
どういう風の吹き回しか日本刀の残欠でクレームになったとかで15cmだっけ?それ以下なのに
いきなり抹消されて別IDを取ったとか堂々と書いてたもん。
違法商品販売しほうだいなのにねえ。

400 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/11(火) 20:44:37 ID:+sb+GdWr
15センチ以下の残欠が駄目なら
ナイフも駄目にしないとおかしいわな。

401 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/11(火) 20:49:12 ID:MBWE9UOy
刀・警棒・催涙スプレーの類は規約違反と明記されているのでアウト
一般的なナイフは規約に抵触していないので問題ない
ただしバタフライナイフはバイト職員の気分で取り消しを喰らう

402 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/11(火) 21:24:26 ID:GWC9zDzR
刀は登録書ない物の売買は禁止されてます。
罰則規定違反、よって善意の3者では明らかに違う。

家からたまたま登録書ない刀が出てきたとかとはわけが違う
登録できてない刀の譲渡、相続等も禁止です。

403 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/11(火) 21:39:57 ID:iJXk51Of
あれれ じゃ取り消しは正しいわけですね?
現在Yahooオークションで「残欠」「刀」で検索すると6点引っ掛かるんですが これ全て違反?
何となく納得しにくいけどなあ.........そうなんだあ。
この残欠をカスタムナイフに仕立てたものを「カスタムナイフ」として売るのも当然アウト?


404 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/11(火) 21:57:31 ID:MBWE9UOy
ヤフオクのバイト職員はそこまで考えてない
通報されたら商品を見て文中に日本刀とあれば気分によっては消すだけ
カスタムナイフでも軍刀斬欠とあれば場合によっては消されるかもしれない
前に一切「刀」という表現を使わず「斬欠」という表現で切り抜けていた奴もいるぐらいだ
結局そいつは銃刀法違反で検挙されてしまったが

405 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/11(火) 22:08:05 ID:MBWE9UOy
ttp://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w22240315
ttp://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m54330905
ttp://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d81186278
ttp://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f60607284
ttp://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m49993504
ttp://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n63302994
どれもこれも刃身部分が15cm以上で登録が必要なレベルだ
つまりは銃刀法違反品で買った側も危ない

406 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 00:46:26 ID:c5z5JBL1
でも結局盗まれまたゃった刀は転売に転売を重ねられれば、結局現在の持ち主からは取り返せないって事を刀剣屋さんから聞きましたが、ホラですかね?

407 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 00:54:15 ID:KOXmleGH
善意の第三者でぐぐれ。

408 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 07:42:42 ID:c5z5JBL1
善意の第三者を持ち出したのは俺だから知ってるよ。
今はそれでも…って争点になってるんだよ!

409 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 07:52:57 ID:PO9+JF/w
は?
どこが争点になってるの?

410 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 09:28:07 ID:HjcW0zvj
持ち主でない人から買った品物について、一般には、買った人は所有権を主張できない。

そういう場合に所有権を主張できるのは、取引において、公然かつ平穏に品物をえていて、
かつ持ち主でない人から買ったということを知らず(善意)、
また知らなかったことに過失が無いこと(無過失)が必要。

一般的なものであれば、その品物の持ち主が売り主であるかどうかを考える必要はない。
その品物を今持っている人がその品物の持ち主だろうと考えるのは正しいし、
正しい持ち主と信じたのであれば、盗品の売買でないと信じたとしても無理はない。

刀剣の場合、登録が必要なので、状況は一般的な絵画よりは自動車等に似ている。
自動車の場合、正しい持ち主が陸運局に登録されているので、登録されている名前と違う人から
その車を買ったとしても取引は正当なものとは認められない。

よって、本当のオーナーは買った人に車を返すように言える。
刀剣の場合も基本は同様。

ただし、中古車の業界では名義の書き換えは最後の最後で行うのが一般的なので、実際には
売買がなされているし、トラブルもあるし、事情によっては善意かつ無過失が認められることもある。

刀剣の場合も事情は同様で、教科書的には善意かつ無過失が認められないので、
善意の第三者は存在しないはずだが、実際には存在したりする。盗まれたらどのみち厄介なのは当たり前。

411 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 12:37:26 ID:H67/q55N
オクなんかで「盗品です”」とは売らないだろうから、買った人は
善意の第三者を主張できるっぽいし、結局は盗まれた人が負けちゃう
ような気がするな。
ところで登録書っていちいち名義変更申請やってるのかな?
オレは高い刀以外やっていないが・・・・・義務なのは知っているが実質的に
皆さんどのようにしていますか?

412 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 15:51:56 ID:s5EHiNOP
盗難刀剣の善意の第3者適応は正式な「登録書」
と「刀剣」この2点を譲りうけた場合です。
盗難されたのが両方の場合で3者に渡ると取り返しが不能に

しかし刀剣だけの場合は簡単に取り戻せます。

そもそも登録書の無いものを買う、売る自体が法に触れてます
最長懲役6ヶ月共に罰せられます。

法に触れる取引自体正当性もありませんので、
そんな法知らなかったという論理は通りません。

よって登録書がいかに重要かが判ると思います。
保管時は必ず刀と別々の保管が適切です。

413 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 17:10:44 ID:REyFdlC4
前にも出てたけど樋のある刀での試斬は曲がる可能性が高いのかな

414 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 17:45:35 ID:EG7CXQfO
盗難とかの話は別のスレで話をしてくんないかな。
ここは鎧の切れ味を語るスレなんですけど。

415 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 18:57:53 ID:c5z5JBL1
>>412ただ偽物登録書(他の刀の)と分からず購入してそのまま大事に五年くらい箪笥で寝かせリャあ完全第三者の物になる気がするのだがどうだろ?土地なんかもたしか、知らずに10年位使用してた人の物になると習った気がする…

416 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 19:08:52 ID:pp/boNX8
かんな

417 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 20:10:19 ID:QC2BhMx8
>>413
樋を掻くことによって、曲げに対する強度が高まる(凹凸による衝撃の分散、
あるいは粘りが出ることにより強度が増す)と言われていますが、逆の考え
方(断面積減少による強度低下)もあります。

ちなみに、戦前に行われた軍刀の試し斬り検査では、樋入り軍刀は折れ目が
生じており、脆弱であると評価されています。

418 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 22:20:53 ID:ohTtjddM
>>417
やっぱり弱いんですね。

419 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 22:40:56 ID:aKoSTwua
後から考えなしに入れた樋ならそうなるだろうな。
官給の下士官刀は樋入りだし。日本刀とは認められていないがねw

420 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 23:14:51 ID:3fB4Cehz
定期的に樋の強度レスが現れるねえ、さて峰に斬り込み傷を誉れ傷
なんて言いますが樋の有る刀のチリの部分に受け傷あったら如何でしょうねえ?

421 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/12(水) 23:18:55 ID:T+EWRNwn ?2BP(1000)
>>417
>脆弱であると評価されています。

初見です。出展はどこでしょうか?

422 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/12(水) 23:23:47 ID:aKoSTwua
ここでも読んだんでしょう...原本を持ってるのかも知れないが。
ttp://www.k3.dion.ne.jp/~j-gunto/gunto_021.htm

423 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/12(水) 23:49:20 ID:T+EWRNwn ?2BP(1000)
いま日本刀の近代的研究を読んだ限りでは
付録P28
に、あまり深い樋を彫ったものには強度が不十分なものが有るとの一文が有るだけですね。

日本刀の科学的研究(俵博士)
によると、樋の項には
「樋の有る刀は曲るとも折るともことなし子細はきたいの薄刃に必ず樋をかくなり。」と「刀要録」という刀剣書の分の紹介がある。
「剣論」などの紹介も有るが、割愛

あと切れ味の研究に際して、樋の有る刀は切断物との摩擦が減り、切れ味が増すとの記述

424 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/12(水) 23:51:38 ID:T+EWRNwn ?2BP(1000)
>>423
>刀要録
「きたい」と平仮名であるが、多分「契丹」のことだと。

425 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 12:07:28 ID:7uvaOJXr
>>421
遅くなってしまいましたが、一応...
既にご存知の「日本刀の近代的研究」(小泉久雄著)です。試し斬り検査では
なく実戦使用結果でした。訂正します。

以下に該当箇所を引用します(漢字は新漢字で表記)。
「切先ヨリ刀身ノ約三分ノ一及同三分ノ二ノ処ニ横ニ折レ目ヲ生ジ使用不可
能トナレリ」
「本刀身ハ表裏ニ樋アリシ為強味足ラザリシ為ナラン」


この書籍は現在オクに出品されていますよ
ttp://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x5100653?u=fukuhon001

426 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 15:20:20 ID:A8K7hcDu
その一例だけ?

427 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 19:20:58 ID:WMbMg1s5
あほらし

428 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 19:22:02 ID:kCPJ6ZHz
オークションに出ている刀って切れ無くないか?
ビッダで購入したヤツは切れないな。研ぎ上がりとあったのにね。びっくりするくらい切れない。
どーせ切れないんだろと太ももにたたきつけたが切れた。
さすがに肉体にたたきつけるのは辞めた方が良いと言う研究結果が出た。
とりあえず新聞紙、食パン、段ボール、ペットボトルと切ろうとしてみたが全て切ることはできなかった。食パンもだよ。
化粧研ぎされるとこんなもんなのかそれとも切れ味を落としているのかは不明だがな。

429 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 19:30:11 ID:QY52S3OS
切れる刃物が欲しけりゃ包丁なり剃刀を買えや。
だいたいあの刃厚でそんなものを斬ろうとすることが間違い。

430 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/13(木) 19:34:30 ID:O3C04ICV
>>428
こいつは三流フリーライターだ
宮本武蔵が実際に使用した刀なら200万円出しても惜しくないとか、
祖父さんが名刀を所有してるから死んだら叩き売るとか、
自分が死んだら自分の所有する刀剣を溶かして墓に入れるとか、
いつもセンスの無い作り話を書いている常習犯

431 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 19:44:23 ID:TtY9Podq
>>428
KATOナイフをお薦めする。
刃味を維持するには研ぎの技術習得は必須だが。

432 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 19:46:38 ID:TtY9Podq
>>430
三流法螺吹きが出たなw
毎度毎度の殺人予告。

一度でも、未遂くらいはやってみろヘタレ。

433 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 19:55:46 ID:oYEfRW/2
>>423
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  削ったらそれだけ
  |     ` ⌒´ノ   強度はおちるだろ、常識的に考えて…
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \




434 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 20:28:45 ID:PQmLo+eb
俺が10万弱で買った脇差は切れたよ。
しょせん何百年前の刃物だろ大して切れるわけないよね、
と思って弄くってたら偶然なんだがサクッって感じで指に食い込んだ。
え?と思って外したら血がダラダラ出て焦った。
結局病院行って3針縫ってきたが、それ以来、刀を触るときは
かなり気を付けるようになったよ。

435 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 20:33:40 ID:kCPJ6ZHz
>>430
全部オレかよ(w
パンツも落ちたもんだ。情けない。

436 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/13(木) 21:13:47 ID:O3C04ICV
だいたい不謹慎ネタだね
自分が死んだら所有する刀剣を溶かして墓に入れるとか、
名刀を持ってるジイサンがボケたから勝手に売って自動車を買うとかね
それと歴史上の人物ネタ、
徳川家康とか宮本武蔵とかが実際に使用した、又は作った刀を
200万円とか150万円出しても惜しくないから、どっかに売ってないですか?
とかね
そうすると、
ゴッホの絵を燃やすのと一緒だ、とか
せめてジイサンが死んでからにしろ、とか
そんなに安く買えるわけないだろ、とか
模範解答みたいなレスが付くから
三流フリーライターは何回も同じネタを書く

437 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 21:44:06 ID:TtY9Podq
>>436
スレスレ訴えられないとこ狙ってるのか?
頭が良いのか、ヘタレなのか。
住所知ってる井上を住所指定で殺人予告してみれ。

438 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/13(木) 21:59:11 ID:kCPJ6ZHz
>>436
へー、全部オレなんだ(W
そんなヤツ沢山いるのに。
お前さんの洞察力ってたいしたことないな。オレはそういう奴らにも反論していたというのに。
パンツの時代は終わったな(w
昔みたいな殺人予告でもしてな。期待したほどじゃなかったな。

439 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/13(木) 22:07:27 ID:O3C04ICV
>>438
オタク男性じゃないから俺は洞察なんてしないよ
ネットの男は洞察とか論破とか女の腐ったような奴が多いよな

440 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/13(木) 22:08:36 ID:O3C04ICV
洞察とか論破とか
そんなの
ネットのオカマが使う言葉だよ
細っこいアキバ系の言葉だよ

441 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/13(木) 23:17:17 ID:4yy/K9kO ?2BP(1000)
樋に付いてまとめて見ました。

「樋に付いての考察」
ttp://homepage.mac.com/tsurugi_t/katana-hi.pdf


442 :真剣白羽鳥:2008/03/14(金) 04:14:19 ID:TX6+yeJe
剣氏ごくろうさま
漏れが抜刀道場の師範代から「樋のある刀は曲がった場合に完全に真っ直ぐ
に戻すことが難しい。また、曲がり癖が付き易い」と言われた

『樋のある刀は切断物との摩擦が減り』
切断物に食い込んでいくのは鎬から先だから、鎬から後ろの(実質的な)刃
幅と摩擦抵抗に関係があるとは思えないのだが


443 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/14(金) 06:02:41 ID:NgwT8wMP
>>442
まあ、刀の断面形状はそれぞれ違ってますから
鎬の低い刀に樋を彫って抵抗を下げると言う方法もあったのかも知れないですね。

>>441
私にはどうも
「厚みが同じ場合に樋がある刀と無い刀で強度が同じ」
と言うのは少し信じられない様な気がします。
極端な話ですが5mm厚の刀身に両側から2mmずつと言う様な無茶な樋を彫った場合、
やはりある程度の強度の低下があると思いますし、
それなら少し樋を彫った場合でも微量な強度低下はあると思います。

それに樋のある刀は「張った感じ」になるとは良く聞きますが、
しなりが無くなるために返って一箇所から折れやすくなるような気もするのですが・・・。
(私は樋のある刀は持っていないため良くは分かりません)

444 :真剣白羽鳥:2008/03/14(金) 07:38:16 ID:TX6+yeJe
>「厚みが同じ場合に樋がある刀と無い刀で強度が同じ」
飛行機の翼の骨組みに穴を開けて重量軽減を計ったりしますよね。
漏れのような文系人間には、トタン屋根に波型形状を付ければ同一重量
でも強度が高いという話の方がピンと来るけど

でも、それは単純な破断に対する強度の問題であって、微妙な曲がりや
歪みに対してはどうなのかと、漏れは内心疑ってますけどね。微妙な曲
がりや歪みが付けば切れ味はやはり落ちるだろうし

445 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/14(金) 07:52:10 ID:NgwT8wMP
>>444
なるほど、ただ私は横からの強度への影響は「厚み」によるところが大きいと考えていますし、
波状形状もダンボールのように「厚み」を稼ぐ方法と考えています。
ですから波状ではなくH状にした場合に強度が同じというのは私には少し分かりません。
(重量あたりの強度の話ではなく、あくまで厚みが同じ場合の話です)
まあ私も文系ですから本当はどうかは分かりませんが(苦笑)。

446 :パンツの弟:2008/03/14(金) 09:16:59 ID:76HkOeaZ
太刀、打ち刀、直刀とそれぞれ反りが異なる刀が存在します。
居合いのように巻き藁斬りをするとすると、どれが一番切れるんでしょうか。
反りは切れ味に影響を持つとされてますが、直刀なんかもあるし、どれが一番適しているのか試した人いますか?
直刀は触ったこともないので試したことがある人が居ると助かります。
直等と言うと奉納などですけど、奈良時代くらいだと直らしいし、どんなもんなんだろーか。

447 :パンツの弟:2008/03/14(金) 12:39:21 ID:76HkOeaZ
さっさと答えろ糞ボケども。
こんなことも知らないで語ってんのかよ。役に立たねーな。

448 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/14(金) 14:14:58 ID:A28fzqFA
>>446
太刀が反ってるのは
馬上で太刀を抜くときに
馬の背中を誤って切らないように反りがあるんだってよ
幕末の直刀は竹刀剣道の隆盛で突き技が流行り直刀が増えたと
本当かどうかは知らないけどな
要するるに
刀の反りと切れ味は無関係だ
用途によって反りが異なるわけだ

449 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/14(金) 14:18:36 ID:76HkOeaZ
>>448
なるほどね。
場所で選ぶわけか。
日本刀と言っても反り具合とか色々あるし、何か違うのかと思った。
子鉄とか寄与麻呂なんかもそんなに反ってないのに大業物だしやはり関係ないのか。
反りにはロマンがあると信じてた。

450 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/14(金) 14:59:55 ID:TmzbfQFE
実践に基づかん、中途半端な知識だなぁ…w

451 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/14(金) 16:03:24 ID:8dF6xe67
反りは効果的な切断を行うに「叩いて引く」必要があり
その際の衝撃を吸収し斬りぬけを容易にするために反りがつけられた。

戦闘方法に応じて時代が変わり、反りの形状に変化が段々おきてきた
のが事実です。

斬るだけなら反の大きい太刀のほうが切れやすいです
突くという部分では反りがあると突きにくい
中間に位置したのが打刀、といっても刀匠の好みと長さで反り
が違いますが。

斬る突く、抜刀、納刀の面で扱いやすく反りがそこそこの
実用性が高い打刀に戦国時移ったのは自然な傾向です。

452 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/14(金) 16:21:28 ID:TmzbfQFE
椅子にでも跨って馬上のつもりになって、刀振り下ろして考えりゃいいのにw

騎馬武者が馬上から右肩に担いだ状態から手に縛り付けた太刀を振り下ろす想定で考えましょう。
この時、反りが大きい方が切断の際に引く動作がしやすいことが判るでしょう。

さて、引き斬りにする意味は、投影面の角度が引き斬り二した場合、より鋭角になるので叩き斬りより、
切断力が増すことです。従って、騎馬武者が主戦力だった場合には、長大で反りの大きい太刀が有効
でした。しかし、主戦力が徒の集団戦になったので、取り扱いの容易な打刀が主流となったのです。

巻藁斬ってるのなら、反りも糞も関係ないけどね。

453 :真剣白羽鳥:2008/03/14(金) 17:58:57 ID:TX6+yeJe
>巻藁斬ってるのなら、反りも糞も関係ないけどね
 そーでもねーだろ
 打刀といっても腰反り、中反り、先反りとある。
 腰反りは斬りにくいよ

454 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/14(金) 21:48:29 ID:TmzbfQFE
はぁ…?
直刀と打刀、太刀の反りと斬撃の話してるのだろ? ちょっと、話題ずれてますな。

455 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/15(土) 00:15:24 ID:v1SVN8oP ?2BP(1000)
太刀は袈裟斬りとか非常にやり難いよ。
薙ぎ切るように使うものだから

456 :真剣白羽鳥:2008/03/15(土) 05:36:43 ID:C9qMDnsk
そーなると、打刀挿した戦国期の騎馬武者の戦い方ってどうだったんだろう
...ってのはスレ違いか

457 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/15(土) 08:39:18 ID:4gquHRBh
>>456
戦国期は打刀と太刀の併用期だけど
打刀のみ差した騎馬武者って居たのか?

それと太刀は元々は主敵が重装備だった時代の物だから
袈裟斬りが出来なくても全く問題ないのでは?

458 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/15(土) 09:04:41 ID:D5VXI6q+
あれ俺の認識間違いなのかな、刃物は「線で当たる」より「点で当たる」方が
深く切れるんで相手の戦闘能力を奪える、って反りがついたとか聞いたんだけど。
刺すなら直刀がベストなんで柔らかい金属でも(青銅剣とか)役に立ったと
憶えてたんだけどなあ?

459 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/15(土) 09:41:51 ID:QivZ/ynb
>戦国期の騎馬武者の戦い方
戦国時代には騎乗したまま戦うことはなく、下馬して戦闘をしていた

460 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/15(土) 11:24:11 ID:CCK2eA+Y
でも十文字槍は馬に乗ってる敵の馬の足を切ると言ってたぞ
戦闘状況は様々だろ

461 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/15(土) 13:07:39 ID:uBPRlgah
まずは馬で駆け抜けるんだろう
オートバイで集団登校の列に突っ込むようなもん
んで敵陣形がgdgdになったら降りて斬り合う

462 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/15(土) 15:02:19 ID:QivZ/ynb
>>461
日本の戦国時代の騎馬武者は騎乗歩兵であって、騎馬隊ではない

463 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/15(土) 15:19:48 ID:4gquHRBh
>>462
また鈴木説か・・・。
とりあえず「戦国時代の騎馬武者は全て騎乗歩兵」って考えはどうかと思うぞ。
騎乗したまま戦うか降りて戦うかはその時の状況次第、運用の問題だぜ?
敗走する敵を追撃するときもわざわざ馬から降りて戦うのか?

464 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/15(土) 17:05:05 ID:7eyiPT87
ヨーロッパのドラグーンだって退却・追撃には騎乗するから日本でも乗るだろうJK。
馬上槍や馬鎧だってあるから騎乗戦闘も確実に存在はしたのだよ。

465 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/17(月) 13:19:43 ID:40G2nyea
>>462武田騎馬隊は??

466 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/17(月) 13:25:53 ID:NCMaIvFk
直刀試し切り
http://jp.youtube.com/watch?v=LD-kX_RuWkM

467 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/17(月) 13:26:16 ID:+TXo0yqh
>>465
そういう事を書かないでくれ
武田の騎馬隊が実在したのかどうかで
スレッドが何百も消費されている事を知らないのか?

468 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/17(月) 13:28:53 ID:+TXo0yqh
>>466
何やってんだ
この中国人

469 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/17(月) 18:46:22 ID:bg1QvwVi
切れ味悪そうだな

470 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/22(土) 23:22:28 ID:WRki0VDH
竹は素人の自分でも思ったより簡単に切れたが、次は竹と同じ位の太さの庭木に挑戦しようと思うんだけど、竹ぐらいに簡単に切れますか?誰か試した事あるひと教えて下さい。

471 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/22(土) 23:54:54 ID:OPJ1hLuQ
竹は元々鉈でも斬れるだろ。刀でも簡単に斬れる素材。
日本刀は凄いんだよと素人に思い込ませるための素材。空手の試し割みたいなもの。
竹と同じ庭木なんて無理。刀折れるよ。無駄に刀を消費するのは辞めなさい。無理。
日本刀なんてね、実際には人を三人も斬れば刃こぼれや血糊で斬れなくなるんだよ。
中には砂でこすって簡易研磨みたいにして再度切るみたいな事は出来るらしいがね。
日本刀の切れ味は一撃のもの。あんまり夢を見てはいけない。
戦国時代なぜ刀が使われなかったか分かるか?二、三人切っただけで使えなくなるような
刃物に命を預けられないからだ。槍なら刺すという点の力だから効率的に戦えて距離もとれる。
また刀は使い方を知らなければ鋭い鉄でしかなく斬れない。日本刀は言われているより切れない。
ククリナイフの方がまだ効率的にズバズバ斬れる。
庭木切るならククリナイフを使いなさい。日本刀は見せかけの刃物。
日本刀が丈夫であり、切れ味も鋭く、切れ味は持続する、と証明した人は歴史上ただの一人も居ないのだから。

472 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 00:40:39 ID:ZBlCWHVc
>>471
俺の刀は竹2万本近く、木も何本か斬ったが、まだ切れ味も鋭く、切れ味は持続。
傷み一切なし。
証明すれば歴史上、名を残せるな。

473 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 00:45:35 ID:wmCoQZgj
そもそも藁や竹は斬れて当たり前、これを切れないなら論外
各国の刀剣でももちろん切れる、鉈ですら切れる。

日本刀と各国の刀剣の違いは、「軽い」「軽い割りに丈夫」
「反りもあり衝撃吸収され切れ易い」
最大のポイントは武器自体が「美術品」であり
絵画や骨董品と同じでランク付けもある

ちなみに太刀と打刀の違いは銘切と刃を上か下の違いで
それ以外は相違は無い。無理に相違つける境が曖昧な為

太刀は本来馬の腹を鞘でボンボン乗ってる時に叩いてしまうから
ああいう形状に落ち着いた。
馬に乗らない歩兵は打刀の原型が元々あったのが戦国期広まった経緯あり

より強い武器ならククリナイフや西洋刀剣も一撃の威力は強いが
重い等ありバランスと使い易さに欠ける。
どんな武器も使いにくければ意味が薄い、日本刀も大太刀もあったけど
使いにくいから淘汰され今の姿の打刀が主流になったわけで。

474 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 00:57:03 ID:ZBlCWHVc
>>473
>そもそも藁や竹は斬れて当たり前、これを切れないなら論外
その論外の刀がほとんどだな。
鉈で一刀両断出来るのは5cm位までじゃないかな?
俺の刀は真竹なら何cmでも斬れるけど・・・

475 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 01:23:57 ID:Z8XE+M6s
>実際には人を三人も斬れば刃こぼれや血糊で斬れなくなるんだよ。

これってデマだろ。

476 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 01:29:18 ID:ZBlCWHVc
>>475
デマ。
何回も既出


477 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 02:27:48 ID:YaSxUmI9
ほ〜、タッチアップって知らんのかw

478 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 03:02:16 ID:UuOiO4Wi
>>471
ほ〜、実際試し斬りをした事のない奴って平気で出鱈目を書くなw
ま〜、素人ではククリのほうが、切り易いかも知れんが

479 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 20:55:34 ID:R4Lvq4Ej
人を三人ってのは実際に色々な本や漫画で語られてるだろ。
実際人なんて切ったことないからわからんけど、人って裸ではないでしょ。服を着ている。
おそらく服に引っかかって刃こぼれしてしまうんだろうね。
血糊で刃物が切れなくなるのは事実ではないかな。
血には鉄分があるし粘りけも強い。刃が滑って切れないのではないだろうか?
いや、でも紙や段ボールでも手を切るし、切れ味が落ちたくらいでは問題ないか?
誰か人間切った人居ないの?自分の手を切ってしまい血がついたが藁は斬れたとか。
血の検証は可能だと思うんだけど。

480 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 21:03:00 ID:vY0JauHO
また血には鉄分がある厨か。この前はヘモグロビンの磁力がどうのと意味不明なことを言っていたな。

>人を三人ってのは実際に色々な本や漫画で語られてるだろ。
漫画が資料ですか。ゆとりって凄いね。
>誰か人間切った人居ないの?
戦前の軍関係の資料を読め。三人斬った程度ではまったく問題ない。

481 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 21:08:41 ID:R5VS9pXl
人を三人ってのはよく聞く話ですよね。
本当の所はどうなんだろうと、試してみたことがあります。
豚のブロック肉に、脇差でスパスパと斬りつけてみました。
確かに切れ味は、最初から段々と落ちました。
ただし切ることは可能でした。
違うのは斬りつけたときに重くなる点と、切った深さが浅くなる点。
特に、斬り抜くのが困難になります。
肉の中で刃が引っかかっちゃうんです。
原因は脂です。
しかもネバッとした脂で、拭い取るのも難しい。
生きている人なら、体温があるので若干は違うかもしれませんが。。
まぁ、何人も斬ったら、だんだん切れなくなるのは本当だと思います。
結論としては
「日本刀は脂が巻くと、人を斬るには問題ない程度に切れ味が落ちる」


482 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 21:27:45 ID:nshUeDFt
>>481
なるほど、勉強になります。
ところで質問なんですが、切り込む深さは具体的にはどの程度浅くなるのでしょうか?
(例えば最初は10切り込めたのが後では5くらい切り込むようになったとか)

483 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 22:15:40 ID:jzr1zmt6
素人ながら試し切りしてるけど、当たり前だが刃毀れは、下手ほどしやすいし(当然最初は一発刃毀れしてた)名人ほどしない!言い換えれば名人ほど多人数を切れるのかもね。

484 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 22:49:06 ID:oGZYKp07
試し切りしてる人は
藁束や竹ばかりで
何で肉で試さないの?

485 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 22:59:09 ID:jzr1zmt6
俺は自分の裏山の竹がタダだからだよね。肉なんて2〜3kgじゃあなんともだろうし、最低10kg買わないと…今まで何切ったか判らない刀で切った後の肉を喰う気にもならないし、そう考えるとちょっと刀に肉を奢れないな。

486 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/23(日) 23:40:01 ID:UplXl4n5
肉なんてもったいないよ。
あとで食えるようにうまく切れるのならいいが。

487 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 06:40:55 ID:7/DoEGae
>>485
10kgも買ったらとてもじゃないけど普通の冷凍庫には入りませんよ?
5kgでもジャンプ3冊重ねたくらいの体積あります。

>今まで何切ったか判らない刀で切った後の肉を喰う気にもならないし
自分は普通に食べてます。(もちろん古刀とかじゃないですよ。)
ただ一人で食べると5kgでも結構きついです。
冷凍→解凍→冷凍を繰り返すと味が落ちちゃうんで早めに食べようと思っても
食べ終えるのに3〜4日はかかります。
堅い肉にバターを塗ってジュージュー焼いてムシャムシャ食べてるうちに
だんだんアゴが痛くなるので要注意!
パイナップルや蜂蜜を塗って柔らかくすると良いかも知れませんね。
あと血が付いた部分を放っておくと蝿が寄ってくるのでコレも要注意です。


皆さんは切った後の肉はどうしてます?

488 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 09:47:45 ID:nh/beNy6
竹だの肉だの切らされて、
安い刀も大変だな

489 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 10:02:35 ID:qVSGvndg
三人しか斬れないとか言ってる奴は
こんな理屈に信憑性があるとでも思ってるの?

ttp://www.geocities.jp/yu77799/nihontou.html
ttp://www.geocities.jp/yu77799/nihontou2.html

490 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 11:46:14 ID:kCxzFv8/
>>488
安い刀?誰も安い刀なんて言ってないけど。そもそも刀がナイフのような価格で
買えると思ってるのか素人が。自分が安い刀しか持ってないからってみんなが
そうだとは限らないだろ。
オレだってそうだ。
オレの刀は9万円だ。やっと買った刀だ。

491 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 13:47:19 ID:eK34n9f9
>>489
すげぇ〜〜〜
小銃で武装した一個中隊を単身日本刀で壊滅したのか?
単身じゃなくても、白兵戦の最中で小銃を持った複数の敵を相手に
バッタバッタと切り倒す武蔵ばりの戦闘能力の剣士が何人も実存したのか?
ソースは戦意高揚の為の軍部協力記事だって?

492 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 14:16:00 ID:eK34n9f9
この話題は何度も出てるけど
ポン刀マンセーは何に対して文句を言ってるのか教えてくれ。
「3人」に対してか?「5人」とか「10人」なら納得するのか?

包丁は脂が巻くと切れ味が落ちるが日本刀は脂が巻いても切れ味が落ちないのか?
だんだん切れ味が悪くなるのは当然だと思うが。
実験はしていないけれど、刃引きした日本刀でも殺傷能力は有るだろうに。
刃に脂が巻いた程度なら、なおさら殺傷能力は有る。「殺傷能力」と「斬れる」は別の概念
ところで「刃筋を立てる」は無視か?

個人的には一回の戦闘で3人と切り結び生き残れれば日本刀の性能は必要充分だと思う。
勝った側にいれば敵の3倍の兵力で押しているはずだし

493 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 15:49:34 ID:kCxzFv8/
そう考えると3人と言うのも侮れないな。
オレとしては斬れなくなったなら刺せばいいと考えるけどな。
オレみたいに牙突が使えればの話だがな。

494 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 15:50:37 ID:7/DoEGae
>>492
ポン刀マンセーではありませんが、反論のあるところは恐らく
「使用者の技量や切断対象、状況等を設定せずに具体的な数値(2〜3人)を挙げている事」
ではないでしょうか?

もう一つは「切れなくなる」という文章表現でしょうね。
実際には切れ味が落ちていくだけですから「切れにくくなる」が正しいでしょうし、
前者の表現では誤解を招きかねないところに問題があると思います。

495 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/24(月) 16:57:16 ID:hVZVn64J
というか、3人斬れる奴なんて、まず、いないだろ
新撰組の池田屋の討ち入りも一人で何人も斬ったなんて話は聞かないし、
荒木又右衛門なんて敵の下人に刀をへし折られてるし

496 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 17:33:25 ID:9ubr4sfV
スキーや、包丁など、その良さを引き出すのに
経験と技術が絶対不可欠になるシンプルな道具では、
初心者と達人にはものすごい違いがあるので、
刀でもおそらくそれくらいの隔たりがあるのではないか。

底辺はそれこそ、ヘタクソがヘボい刀で斬りつけたら
何も斬れず、しかも反りがのびて二度と鞘に収まらない、
というレベルから、100人斬って刃こぼれ少々、
みたいな話まで全部正しいと思う。

そういう達人の話がまた、こういうシンプルな武器ならではの
魅力でもあると思う。

497 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 18:07:16 ID:uN8zzpQ6
>>487
すぐ食べる分(1週間ぐらい)以外は冷凍
冬は冷蔵庫に入れなくても2〜3週間は腐らん(内臓はダメだけど)
ヨーグルトみたいな臭いがしてきたら食わない方が良い←腹壊した
>あと血が付いた部分を放っておくと蝿が寄ってくるのでコレも要注意です。
私の刀は血で柄が腐りました。

498 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 19:09:26 ID:oludDnRE
>>497さんやその他の人
日本刀で肉を切るとどんな感じ?

499 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 19:24:17 ID:wcFP19v/
>>495
敵に背中を向けるパンツなら無理だろうな。
俺なら刀が破損するまで何人でもいける。

500 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 20:01:50 ID:c6t3ugAa
>>492確かにおっしゃる通り!肉は切ってないが、初めて刀を振ってその日に竹を10本連続して切ったら、刃がガタガタになってて、これが段々切れなくなる(切れにくく?)正体の一つだなと思ったよ。

501 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 21:16:25 ID:kCxzFv8/
竹10本も斬ったなら目釘とか柄がガタガタになったのでは?
今虎徹とかだと竹連続2万本斬りとかの領域らしいし。

502 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 21:42:52 ID:845TT8yn
いつものパターンだけど、誰かが自分の体験談を書くと
「名刀ならもっと斬れる」「腕が良ければもっと斬れる」と妄想で反論。
実証派はバカバカしくなって沈黙。
で、レスが流れてしばらくすると同じパターンの繰り返し。

山羊あたりで実験すればすぐ判るのに。
実戦なら
>というか、3人斬れる奴なんて、まず、いないだろ
これに一票。
伝説の剣豪や名人の話はあくまで講談。
10万人に1人レベルの神業なら20-30人切り倒せると思う(あくまで妄想)

503 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 21:44:27 ID:ScKUt98B
それこそ拘束した捕虜なら百人斬りは無理でも十人は斬れるだろうね

504 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/24(月) 21:46:08 ID:kCxzFv8/
それもそうだな。
ある程度での結論付けは必要ですね。
ただ山羊とか、命ある物の殺生は辞めようよ。話としても不謹慎だ。
確かに三人斬るというのは刃物としてではなく、戦う人としては難しいですね。
動かない処刑される人とかなら別にして、戦いの中で三人斬るというのは難しいな。
実際戦国の戦でも万単位の戦いで死者数百人とからしいし。

505 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/25(火) 18:08:41 ID:wOL+iL47
>>498
肉だけなら包丁で切るのと同じような感じだったよ。
骨ごと切るときは思いっきり振り下ろしてたんで感覚は良く覚えてない。

違法らしいので薦めないけど
やるときは大量の血と糞尿が出るので汚れても良い服装と水を用意した方が良い(私は川原で切った)

>>500
私は腕が疲れて切りにくくなったので
疲れが段々切れなく説の基かと思ってる。


506 :500:2008/03/25(火) 19:50:32 ID:/mRj/JsS
>>501前にこのスレで写真とかアップしたけど、素人だから何も知らずボロ白鞘の脇差しで挑戦したから目釘も最初からガタガタだったからねー。だから今回は軍刀の刀を買ったから今週末切りに行く予定です♪…柄とか目釘ってガタガタになるものなのかな?

507 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/25(火) 21:57:16 ID:E6+fHpb5
良いな、自分の家に山があって竹藪ある人は。
ただね、竹切るときには一つだけ注意しないと行けないことがある。
それは耳を澄まし、周囲に物音が無いことを確認してから切ること。
もし竹の中にかぐや姫がいたらあんた、そりゃもう大惨事の上、物語にならないからね。

508 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/25(火) 22:34:19 ID:XEAosMKK
>>506
柄も目釘も基本的に消耗品。使えばガタが出るから交換できるようになっている。
>今回は軍刀の刀を買ったから
刀身が軍刀身なのか外装が軍刀なのかわからないが、
外装が軍刀ならいいかげんに作られている柄が大半だからこれだけは作り直した方が良い。

509 :500:2008/03/25(火) 22:46:40 ID:/mRj/JsS
刀身も外装も軍刀ですよ。でも白鞘で切るよりは良いでしょ!?実際に日本軍も使ったんだから問題ないんじゃないかな?

510 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/25(火) 23:01:45 ID:8DaFpnAU
こういう柄だの目釘だのって神経尖らすのは日本刀だけなのかね。
いっそ、漆か、今ならコ―キング材でガチガチに固めたら、、

西洋や中国の刀剣だって時代が下ると分離構造のがでてくるのに、
あまりそういうの聞かない気がする。

511 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/25(火) 23:35:34 ID:UWZvT6xQ
とりあえず基本の勉強しろ。
書き込みはそれからにしてくれ。
無知と自覚していない無知の見当外れなレスは邪魔だ。

512 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 01:29:09 ID:JQflQ21I
勘違いが多いかもだが
実用性では軍刀(軍刀拵)>>打刀>>太刀

軍刀自体はかなり堅牢に作られ、抜刀、納刀しやすい
実際試切なら軍刀はお勧めです

なお軍刀は基本的に「安い」性能ではなく美術価値で値段が決まるので
(中身良い刀は拵え捨てて白鞘に移すだろうし)

軍刀・・・通常刀、特殊軍刀、満鉄社製、臨時国産素延べで分かれるので
大半残ってるのは通常の日本刀に拵が軍用

軍刀でも売買できるのは中身のほとんどが通常日本刀なので、研ぎが大戦時汚いだけで
研ぎなおせば普通だから

513 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 03:05:57 ID:Bx1/rV9a
>>512
良いのもあるだろうが、粗悪品も多い
当たりハズレが多すぎ

514 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 08:40:10 ID:QVrOn7id
>>512
少し質問させて頂きたい。
1、あなたの言う実用性とは?
2、その実用性とやらが軍刀>>打刀となる根拠は?
3、同じく打刀>>太刀となる根拠は?
4、軍刀が堅牢であるという具体的な証拠は?
5、毎度毎度、聞かれもしないのに「刀は性能でなく美術的価値で・・・」と言うのはなぜか?

以上。毎回軍刀の方が実用性があると言っているようだが
いい加減根拠について述べてもらいたい。

515 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 13:33:16 ID:JQflQ21I
軍刀の実用性というより、「拵え」の実用性ですね

太刀では確かに刃を下にして使いにくいです徒歩移動、室内
邪魔にもなりやすい。

打刀はそれよりはかなり利便性がある、邪魔になりにくい、使いやすい
拵えかどうかですね。

軍刀拵えは腰にぶら下げる形です、3種類もってなくても多少の
道具をつかって太刀、打刀、軍刀風に腰につけることが可能です
試せば実用性として向いてる拵えがどれかがすぐわかるけど。
現在袴をはくことは無いのも考えると、現在服装にも軍刀拵えが適してるのは
当たり前の話ですが、それ用に考えられて作られてます。

なお現在の形の価値は、「武器として優秀か?」ではありません
当たり前ですが、刃紋、地肌または時代拵え特に「銘」が
売買の対象です。
美術刀しか登録できない、刀は伝統工芸品として実際振る人も
少ないので美術的価値があるかできまるので
故に軍刀が「安い」これは自然な流れ、市場原理かとおじさんは思うけど。

516 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 14:08:11 ID:7FCpM4qs
「刀は性能でなく美術的価値で・・・」
これって常識だと思っていたけど。
出来の良し悪しって「刃紋、地肌等」の事でしょ?
>>514は喧嘩を売る為のレスに見える。
それとも常識や読解力が無くて「性能が軍刀>>打刀」と捉えたか?
刀の知識が少しでも有れば「生産性、値段を踏まえた『拵え』の実用性」だと判るだろう。

柄の性能で刀身の性能が変わるのは事実だろうけど、手の内の問題だから客観的評価は難しいね。


517 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 15:18:40 ID:QVrOn7id
>>515
OK。まず1、2、3についてだが
これは使用する時がどういう状況か分からなければ意味が無い。
>>515の想定がどういう状況か知らないが(今時刀で戦うとか?)
>軍刀(軍刀拵)>>打刀>>太刀 の様な単純な図式にはならない。
とりあえず想定を聞きたい。

次に4だがまだ回答はもらっていない。
最後に5だがこれは内容ではなく「なぜ毎回同じ事を書くか」を聞いている。
まあ、ついでに刀の価値についても下に書くよ。

>>516
俺は「刀の価値に性能が含まれない」というのが極論だと言っている。
刀の価値は美術的価値、歴史的価値、プレミア、ブランド性など総合的に決まる。
市場原理が働くというなら切れ味などの風評が価格に影響を与えるのは当然の事。
確かに価格=性能とかいう事ではないが価値=美術性という単純なものでも無い。
さらに、刀の実用性に対する認識が今以上に強かった時代では
安定して斬れる刀を作れる刀匠への需要は大きくなり、
ブランドを形成して現在の価格へも影響を与えている。
従って(何度も言うようだが)刀の価値=美術性という単純な式は成り立たない。

さらに現代刀について言えば
数は少ないが出来た刀の「選り分け」を行って切れ味というプレミアを付けるところも有る。
刀は手作業で作られるからどうしても「アタリ」と「ハズレ」が出来る。
それを試斬してみて「ハズレ」を外し、「アタリ」だけを売るという手法だ。
こうした刀は当然他の刀より価格は高くなる。
さらに切れる刀を作るためには研究が必要で、そのための費用を上乗せした場合も
刀の価格は上昇する。
よってある程度良い刀を買おうとすればそこそこお金を出す必要がある。
それでも「刀は性能でなく美術性(ry」って言うのかね?

>出来の良し悪しって「刃紋、地肌等」の事でしょ?
程度の知識でこの俺に意見しようとは百年早いわ。

518 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 15:33:37 ID:c4CXhBKU
竹を切った・・・
中で小さな赤ん坊が血まみれに・・・月におそわれる・・・

519 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 15:49:23 ID:7FCpM4qs
何だ、屁理屈坊やかw
>刀の価値は美術的価値、歴史的価値、プレミア、ブランド性など総合的に決まる。
>市場原理が働くというなら切れ味などの風評が価格に影響を与えるのは当然の事。
そうだな、その通りだ。その点を含めて「刀は性能でなく美術的価値で・・・」と言っている。
「美術的価値」を「観賞用一般鑑定」と言い替えても良いが。

逆に質問だが、値段が高い順100位までの刀は「性能が良くて高いのか?

現代刀について言えば、居合試斬に特化する弊害は既に語られている。
居合試斬に特化したモノを良い刀と言うのなら個人の好みだ。

「刀は性能でなく美術性(ry」って言うのかね?
俺の考えじゃなくて業界の言い分。

たぶん>>517と俺は95%同じ考えだと思うぞ。「美術性」って単語の使い方が違うだけで。
不毛な議論は時間の無駄だから、次も屁理屈レスなら相手にしないからな。

520 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 16:03:04 ID:QVrOn7id
>>519
OK。含めて考えているという事だな。
>逆に質問だが、値段が高い順100位までの刀は「性能が良くて高いのか?
んなこたあない。風聞も価格に影響を与えていると言っているまで。

>居合試斬に特化したモノを良い刀と言うのなら個人の好みだ。
居合試斬に特化した刀の話はしていない。刃毀れのおこりにくい刀を買おうとすれば
それなりのお金を出さないといけないと言う話。

>不毛な議論は時間の無駄だから、次も屁理屈レスなら相手にしないからな。
俺もお前と話すのは時間の無駄だと思う。
そもそも>>512との会話に口を挟んできたのはそちらの方だ。

早く>>515の返答が聞きたい。

521 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/26(水) 19:12:12 ID:B0as3ZL+ ?2BP(1000)
個人的意見ですが、虎徹などは性能と当時の性能評価、及び講談などの知名度で値段がついていると思うなぁ。

美術的にはあまりにも出来不出来の差が大きい。
良いものは良いけどね。美術的にあまり良くなくとも虎徹なら高い。

522 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 19:26:20 ID:LLUhJayE
既出かもしれんけど質問
何で刃の部分に黒錆を発生させないの?錆びないし便利じゃない?

523 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/26(水) 19:33:17 ID:B0as3ZL+ ?2BP(1000)
>>522
刀はベタ研ぎというか全面研ぐものですから研いだら消える。
で、錆び付けも有る意味特殊技能。

524 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 20:27:28 ID:tdrq+CXH
剣さん、村正も虎徹と同じ感じの扱いかな?あと、前出の黒錆って人工的にどうやってつけるんですか?

525 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/26(水) 22:45:44 ID:ZzJrzCH2
質問です。樋の内側に出来た傷は研ぎに出せば修正できますか?

526 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/26(水) 22:56:40 ID:B0as3ZL+ ?2BP(1000)
村正の方がもっと激しいかなぁ。
美術的価値なら現代刀の方がずっと上だと。

錆つけは秘密
砒素とか硫黄とかネズミの糞とか

傷といわれましても、
ヒケ傷なのか、鍛え疵なのか朽ち込み疵なのか。
程度も深いのか、表面のみなのか、潜ってるか
場合によるかと思われます。

527 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 06:06:49 ID:lBzWDQPY
俺に預ければ修正してやるよ。
時間はかかるがな。
ただし高い刀しか扱わないからな。
研ぎ代は見てからだ。

528 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 09:07:39 ID:s5AW0hh6
>>526
ヒケ傷です。樋の断面図でUのU゛部分が少し削れて小さいギザギザみたいになっています

529 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 13:23:10 ID:+1dzJIYY
〉〉526村正の方が激しいとは?美術的より名前人気先行型って事かな?名前人気は確かに凄いね。

530 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 17:01:05 ID:qzITm2j4
たぶん皆焼などの陽の出来に付いて激しいと言いたいんだしょ。
虎鉄の皆焼見たこと無いし?

531 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 18:20:34 ID:D/A23qin
ん?村正は出来不出来の差が激しくって、でも名前だけで値が付くって言う意味じゃないの?俺読解力ないからな〜

532 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 18:35:39 ID:HkOpnSRu
村正は実用刀だから。。。
田舎臭いというのが評価だと思います。

でも、俺は千子派の造りが嫌いではないのです。
今は丁子や直刃が評価高いけど、
湾れや互の目好きなので。


533 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 21:02:20 ID:D/A23qin
実用刀だから現存少ないし+講談等で伝説的な妖刀だから知名度も高い=人気刀って事ですね。自分も浅いけど、鑑定しやすい割に贋作も多いし色んな意味で村正が大好きだな。

534 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 21:35:17 ID:fvfWKac9
村正に似てる名前で村雨ってのはどうなの?
有名な割にどうも村正の影に隠れがちだが。

535 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 21:42:28 ID:f6KVsK7i
村雨に似てる名前で春雨ってのはどうなの?
有名な割にどうも村雨の影に隠れがちだが。

536 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 22:05:50 ID:HkOpnSRu
>>534
村雨はフィクションの中で実存しない
>>535
春雨はスープの中で麻婆にするとうまい

537 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/27(木) 22:33:05 ID:Vf7Ccpwt
村正に似てる名前で村上ってのはどうなの?
有名な割にどうも堀江の影に隠れがちだが。
え?どっちも逮捕されたの!

538 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 22:35:09 ID:NC7Av+/Z
>>534
村雨は刀匠名じゃなくて号ですぜ。

>>536
実在はするよ。

539 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 23:20:34 ID:gAx1ubeT
村雨は南総里見八剣伝にでてきたもので実在はしていなかった気が…

540 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/27(木) 23:29:11 ID:nUiJChB0
村雨丸の事?

541 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 00:13:20 ID:nIW2UMdM
取りあえずモノホンの村正が欲しい!売り物無いかな?保存位のこれから出世出来るようなのがベストだが。

542 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/28(金) 00:35:05 ID:ZWX+DFiO
イー・ソードの保存刀剣の村正の短刀は150万円だったっけ?
底銘とかいって読みづらい奴
それでもすぐに売れちゃったな

543 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 01:02:14 ID:13APXuUy
>保存位のこれから出世出来るようなのがベストだが。

こんな金でしか価値を見いだせない銭ゲバ日本刀愛好家が多いよな。
そんな奴は本スレで金を話をしてるよ。
ここは潜在的辻斬り願望のある奴の隔離スレだ。


544 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/28(金) 01:58:26 ID:ZWX+DFiO
>>543
四国で自分の子供を日本刀で切り殺して自分も切腹して死んだのは会社社長だったぞ
基本的に金持ちの趣味だ

545 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 08:30:58 ID:sDIVCWJv
>>539
初心者の方がよく誤解されるようですけど
「村雨という刀匠は居ない」というのを「村雨という刀はない」という風に
捉えられる場合が多い様です。

村雨は津田越前守助広作の特別保存刀剣の号です。
有名な太刀ですよ。

546 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/28(金) 12:47:58 ID:ZWX+DFiO
>>545
おい、お前さんの情報を元に調べたら
村雨は特別保存刀剣じゃなくて特別重要刀剣だったぞ

>助広の名物は本作を入れて現在二振のみ確認されており、
>もう一振は「村雨」と号のある延宝六年紀の太刀で特別重要刀剣に指定されている。

名物 天帝助広
http://www.tsuruginoya.com/mn1_3/f00025.html

547 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 13:06:03 ID:sDIVCWJv
>>546
あらほんと。書き間違えてました!
「特別重要刀剣」って書くことめったに無いですからねえ。

548 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 14:06:18 ID:DrSSCbVa
パンツ氏の書き込みで初めて特別重要刀剣と言うのがあるのを知ったよ。
重要刀剣が鑑定最高位なんじゃないのか?特別重要なんて昔からあった?
俺は重要刀剣の上に重要文化財、その上が国宝だと思ってた。
こうなると特別保存とかなんか特別に凄くもないような気がしてきたよ。
保存の村正なんてカスじゃん。

549 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 15:10:55 ID:nIW2UMdM
イーソードに有ったが底銘ってどういう銘のことだい?

550 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 16:06:58 ID:9xG1Vyn5
>>548
そうは言ってもパンピーが買って手元に置いて楽しめるのは
保存か、頑張って特保ぐらいまでなわけで。
特別重要だと鑑定会か美術館で眺めるくらいじゃない?

551 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 17:25:01 ID:DrSSCbVa
>>550
なるほろね。
特保でも本物な訳だし、時代と鉄を楽しむには十分ですかね。
重要とかになると出来もあるだろうけどほとんど時代や希少価値が決めるようなもんですしね。
当麻とか鎌倉の太刀見ても凄いと思わないし。
特保でも買うのは無理ですけど。特保だと安くても150万とかするし。
切れ味と関係ないんでこの話はおしまいと言うことで。ありがとうございました。

552 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 17:47:28 ID:nIW2UMdM
今ねビッダで11万で買った軍刀を積んで田舎に向かって居るんだが、明日は早起きしてまた裏山の竹をスパスパしてみるお。

553 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 18:48:16 ID:GjWVQfsg
>>549
文字通り底の銘、ウブイなかごの表面を何らかの理由で摩滅させた物。
即ち銘のタガネ底の部分。
当然評価ガタ落ち。

554 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 18:48:53 ID:99GKP+bR
だからお前そういうのは辞めろっての!!
かぐや姫が入ってたら責任とれんのかよ!!

555 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 18:54:25 ID:ScQMX1hB
今はニートしてるから大丈夫

556 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 18:56:23 ID:GjWVQfsg
ときに見掛ける、切れる現代刀工はコンクールには出さない、という言い回し。
当たり前ジャン、コンクールは如何に上手に美術刀剣の技法が表現出来るかを
競うので、切れ味審査なんて無いんだから。
居合い道連盟辺りが切れ味コンクールやれば良いじゃん。

557 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 19:33:48 ID:tSZ3af/o
>居合い道連盟辺りが切れ味コンクールやれば良いじゃん。

これはちょっと面白そうだな
実現には色々障害がありそうだけど

558 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 20:00:49 ID:2gXZMlOL
切れる現代刀工の作を集めて
勝手に切れ味コンクールやれば良いじゃん。

たぶん開催するのに資格は無いだろ?

剣、「任意団体の切れ味コンクール」は法的に問題は有るのか?

559 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/28(金) 21:34:37 ID:sfCLxAKi
警察の後ろ盾がなけりゃ、下手すると凶器準備集合罪。

560 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/29(土) 00:25:11 ID:sqY4zKJO
皆が作業着でやってたら危ないかもしれないが
武道着姿で、さらに屋内なら問題無い。
でないと普通の試斬会さえ出来ないだろ。

561 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/29(土) 10:54:08 ID:kLVSqB7I
普通の試斬会でも警察の許可とってるんじゃないの?

562 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/31(月) 07:01:07 ID:MRSwNWp7
そんなものはいらん。

だいたい、刀剣登録だって教育委員会に届けるのであって、銃みたいに公安委員会の
審査とかがあるわけじゃない。

自分の庭で、日本刀振ったって警察が文句言う筋合いないでしょ。それと同じ。
公園で真剣振ったらそりゃ、迷惑防止条例以前に軽犯罪だろうから、逮捕されても
文句が言えないが、道場でやる分には決闘やるわけでもないのなら、犯罪は構成しない。

563 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/31(月) 09:56:12 ID:gulGSqe2
>>562
そういや、よく凶器準備集合罪云々言う人が居るけど
条文読めば分かるとおり全然問題無いんだよな。

でも「切れ味コンクール会場」みたいなのを作って道場外でやるとなると
やっぱ警察に連絡は必要だろうな。(他のイベントでも同じだろうけど)

564 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/03/31(月) 12:55:13 ID:q1cWrdHu
「切れ味コンクール」なんてやって
会場に人を集めて
その場で日本刀の即売でもやろうものなら
イベントの性格もあり
確実に暴力団が関与してくるだろうな

565 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/31(月) 13:19:47 ID:chy470PX
>>562
残念。教育委員会に登録する前に、警察に発見届けが必要。
このときあきらかに違法性の有る物は任意提出にて廃棄処分か
下手すると逮捕もある。

566 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/31(月) 19:18:35 ID:bQJZpkKW ?2BP(1000)
居合や試斬を目的とした道場でヤルのは問題ないと思う。
そういう所はすでに警邏がチェックしているので。

公民館や体育館など他の施設や道場を借りてやる場合にはその地元の警察に届けておいた方が良いでしょう。

帯刀状態でぷらっとその建物から出たりするばか者がでたりした時に問題になるので。

567 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/31(月) 21:30:55 ID:MRSwNWp7
>>565
お前はアホか。普通は刀屋通して、刀剣買うだろうが。注文打ちにしても相手は刀匠だろうが。
例外的事例を示して一般化するのは、詭弁論の典型だな。何が言いたいのやらw

568 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/03/31(月) 21:44:28 ID:HubrG5IL ?2BP(1000)
登録本数から言うと購入とか新作の方が例外だがなぁ。

569 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/31(月) 23:32:15 ID:chy470PX
>>567
アホはお前だ。刀剣商通したり注文打ちで、どうして登録する話が出てくるんだ。
そういう刀はすでに登録されてるだろうが。
お前は刀を買ったら、わざわざ再登録するのか?
お前が屁理屈捏ねる前に言っとくけど、登録と名義変更は別物だからな。

570 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/01(火) 09:18:11 ID:3nm+cOyI
>>569
アホかw 持ち主がかわりゃ、教育委員会に葉書だすだろがw それは名義変更ではあるが、登緑だろうがw

お前、不動産買ったときに、登記所に登録だすだろ。それと同じだろが。
新築したときの登記だけが登記で、名義変更は登記じゃないのか?
ちょっとは、考えろ。

571 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/01(火) 09:56:34 ID:XxEK60SK
(・∀・)ニヤニヤ

572 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/01(火) 10:42:49 ID:I6GGxhFY
アホが枕詞なスレはここですか?

573 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/01(火) 13:12:26 ID:MqJjHuwe
アボガド!刀の切れ味の話ししよう!

574 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/04/01(火) 17:53:08 ID:3dyJSs+8 ?2BP(1000)
>>570
>名義変更ではあるが、登緑
名義変更と登録は明らかに別物だと。

575 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/02(水) 04:52:26 ID:9c19eVs2
>>574
そうかなぁ〜? でも、スレ違いだから、もうやめますわw


576 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/02(水) 05:37:17 ID:MB3Ikw44
>>575
刀を登録するのと所有者名を登録するのとの違いだな

577 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2008/04/02(水) 05:41:39 ID:MB3Ikw44
新規登録の場合、
刀と所有者情報を登録する

所有者変更届の場合、
刀は登録されているのだから登録しない
変更された所有者情報だけ登録する

そんで2人の会話で何が食い違ってるかというと

一人は、刀の登録を話し、
もう一人は、所有者情報の登録を話している

そういう事

578 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/02(水) 21:48:32 ID:2UgjNeHC
どいつもこいつも斬れ味悪いな

579 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/04(金) 18:37:04 ID:GaVXuPXe
痛い痛い、パンツ斬り方が下手なんだもん。
やっぱり小刀で鉛筆削ったくらいの奴ぢゃ駄目だわ。

580 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/05(土) 22:23:29 ID:WsvG1Iku
日本伝統のドスは刺し味いいでよぉ。冥土さんも愛用。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2685288

581 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/15(火) 22:09:23 ID:VfWv5Tf3
小林康宏(2代)に1尺3寸くらいの脇差作ってもらうとすると
予算どのくらい見ておけばいいんだろうね?

582 :名前なカッター(ノ∀`):2008/04/15(火) 23:05:10 ID:21nHAfrB
>>581
そういう質問は本スレでするもんじゃないか?
このスレは
小林康宏(2代)の1尺3寸くらいの脇差はどの位斬れるんだろうね?

180 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)