5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〜ヲ 日本刀はステンレスで造れるか? 〜ヲ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/14 18:07 ID:vOdcuY8o
日本刀は手入れを怠ると錆びてしまう。
外国のコレクターの手に渡った日本刀は
特に酷いらしい。
仮に、手入れを怠らない人がいても、
子孫が手入れをしてくれるとは限らない。
何世代にも渡って保存するにはステンレスにする以外ない。
どのような種類のステンレス鋼が適しているだろうか?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/14 18:09 ID:pCkCIf/r
銃刀法を分かっておるのかワレは

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/14 18:12 ID:vOdcuY8o
銃砲とは
金属性の弾丸を発射する
装薬銃又は空気銃である。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/14 18:44 ID:DdhtnHp2
作れるは作れるけど重いし斬れんわな

5 :ローズ ◆WIIEP92EG2 :04/08/14 21:11 ID:c39oKQLu
>>1は勉強不足。
伝統的な日本刀の製法で作るから日本刀なのであり、
ステンレスの日本刀もどきはアメリカ人がさんざん作ってる。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/14 21:13 ID:oQVMMmLq
一応戦時中のステンレス刀のような例もあるが

たとえ日本刀式に鍛錬しても、武器としてはともかく、美術品としては不適格
肌が下品に輝き、刃文も複雑な表現はできず単調になる


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/14 21:30 ID:pCkCIf/r
よほどの事がなければ不法所持。

玉鋼で造らなければ日本刀ではない。ただのドスだ。
殺しだけの刃物は国内では禁止の筈。
鑑賞か実用か、それしかない。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/15 01:20 ID:RPrptPsH
マグロをさばく刀のような包丁はなに?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/15 01:33 ID:WCvjbXAY
マグロ包丁

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/15 01:41 ID:RPrptPsH
そのまんまかい!

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/15 03:54 ID:P3GD3K/3
日本刀の定義を法律で語るのはやめよう。
法律のほうが後からできたもんなんだし、別に日本で所持しなくても
刀は刀なんだし。

ただ、アメリカあたりで「katana」ってぇと中国製の安物ステンレス
の印象が強くなってしまったのは嘆かわしい。何せ出回る本数が
違うからねえ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/18 22:12 ID:jHq5h5+s
>>5
ソースキボーン

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/18 22:17 ID:jHq5h5+s
刀鍛冶に頼んだら、

ステンレスだとぉ
貴様、この海原雄山を舐めておるのか?

と言われそうだなあ。

14 :海原雄山:04/08/18 23:45 ID:/OthZyTQ
ぶわっはっはっは!
>>13はまたも重要なことを見落としている!

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/19 00:51 ID:KpjB9/23
>>8
鯨を捌く包丁があった。大きさからして観賞用。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/19 13:56 ID:dd2FzWIc
日本刀は、材質、作り方に規定があって
それを守らないと、認可が下りない。
登録がとれない刀を所持すると逮捕
グリップをあくまで、ナイフや包丁のようにすれば、
マグロ&クジラ解体包丁と言い張れるかなぁ


17 :又草心臓:04/08/19 18:34 ID:eXhzW+lA
ここは犯罪者の巣窟ですね

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/19 19:50 ID:hXPzgUZN
アフガンやイラクで使いたいのであれば作れば


19 :ローズ ◆WIIEP92EG2 :04/08/19 20:49 ID:j47A9Zol
>>1は、
日本刀にクロムメッキでもしたら? w

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/19 21:42 ID:s3Lfn8LB
超合金で日本刀はつくれんだろうか?刃の部分はモリブデン、ミネはステンレスと組み合わせれば
強い日本刀がつくれるのだか・・・。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/19 21:47 ID:u9deKnIy
16嫁、池沼

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/19 22:31 ID:ByAj/1IA
ウーツダマスカスで日本刀を作ったら面白そうだと考えたが
やっぱり玉鋼で作らなきゃ日本刀とはいえないわな


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/20 01:14 ID:BexBp+Rg
>>22
玉鋼ってのは、自分で鋼をつくれない刀鍛冶用のツルシの材料だろ?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/20 01:19 ID:NcWLJjzx
(゚Д゚)ハァ?

テメーも池沼かよ

25 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :04/08/20 02:33 ID:8wp2HFwP
告知(スレ違い、マルチをお許しください)

 刃物板自治&運営スレッド
  http://hobby6.2ch.net/test/read.cgi/knife/1091201811/
にて、策定されていました、ローカルルール案でありますが、
来る8月22日に投票で決めようと言う話になりました。

 現在でている案は四つ有ります。
 第一案 http://homepage.mac.com/tsurugi_t/cutlery-rules-no1.html
 第二案 http://homepage.mac.com/tsurugi_t/cutlery-rules-no2.html
 第三案 http://homepage.mac.com/tsurugi_t/cutlery-rules-no3.html
 第四案 http://homepage.mac.com/tsurugi_t/cutlery-rules-no4.html

意見や案が有る方は22日(日)の1100時までに自治スレに書き込んでください。

また同時に
 この板の名無しを決めるスレ
  http://hobby6.2ch.net/test/read.cgi/knife/1091195395/
で、出てきた案も一つ下から選んでください。
  http://homepage.mac.com/tsurugi_t/name.html



投票は、22日(日曜日)1200時から2350時まで、
 刃物板自治&運営スレッド
  http://hobby6.2ch.net/test/read.cgi/knife/1091201811/
にて行います。各自一度だけ投票をお願いします。またその間は自治スレへのレスはご遠慮ください。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/21 16:35 ID:Ak3Spnj6
防錆剤でも塗っとけ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/21 20:03 ID:uirswYXu
玉鋼って硬度どれくらいなの?

28 :ローズ ◆WIIEP92EG2 :04/08/21 21:40 ID:JGoI5nZF
>>27
以前、日本刀のスレで聞いたら、
ナイフと同じでいろいろだってさ。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/22 02:46 ID:rWoxe8Oc
玉鋼って銑鉄を転炉に通したアレ?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/22 21:48 ID:9CVZUGh/
>>1すでに、スプリング刀って物があるだろう

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/22 22:01 ID:WoeQ+wjk
スプリング刀はステンレスじゃあんめえ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/23 03:18 ID:grzAVn32
量産軍刀の多くはスプリング刀だが、
ステンレス軍刀も試作されたが試作だけで終わったらしい。
>>6でも既出だったか。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/23 03:38 ID:ArRJpy43
日本刀は飛来する10kgの鉄球に斬りつけると終わるらしいぞ

34 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/23 16:19 ID:grzAVn32
なんのネタ?斬りつける前に普通避けるでしょ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/23 18:37 ID:ArRJpy43
これじゃない?
ttp://www.tanteifile.com/baka/2004/05/18_01/index.html

あ、こんなのも見つけた。
ttp://www.tanteifile.com/baka/2004/06/27_01/index.html

36 :名無しさん@お腹いっぱい:04/08/23 22:39 ID:scf6+aQ3
海軍の軍刀で不銹鋼って言うステンレスで作った軍刀があったよ
さすがに潮気の多い海軍さんはステンレスに目を付けてたようです
あと、陸軍で試作品で終わったのは不錆鋼の軍刀だそうです
これも同じくステンレスなのだが、何事も海軍と差を付けなければ
気の済まない陸軍さんらしく海軍とは呼び名を変えていたらしい

ちなみに不錆鋼は不成功に通じると言うことで縁起を担いで
大成功に通じる耐錆鋼とも呼ばれたとか

37 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/24 05:05 ID:IN0wCAcZ
不成功

38 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/24 13:56 ID:mPwZ2ilH
>>27
刃物鋼にしてはわりと軟らかめらしいが、どんな刃物鋼でも熱処理の仕方で大きく
性質が変わるっていうし。
玉鋼のメリットはリン・イオウなどの不純物が少ないのと低い温度で生成されるので
組成が均質ではない(の自体がメリットではないが、このために折り返し鍛造することで
肌に変化が表れ、美しい模様になる:板目肌とか正目肌とか)こと。
恒常的に錆に強くするということであれば表面処理としてパーカライズ仕上げとか樹脂コーティング
とか考えられるが、美観が完全に失われる他、合法かどうかも知らんが、やるヤシはいないだろうから
どっちでもいいか・・・・・

39 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/24 21:52 ID:YkYsKmQk
>35
っていうか、さぁ
真剣と変わらない材質の剣・・・・・・・・・・・って・・・・・・・

40 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/25 11:55 ID:Z+5H3/AZ
玉鋼の刀だけが日本刀だったら…
新刀だけが日本刀で古刀は日本刀じゃなくなっちゃうよ?

刀のすべてが玉鋼じゃないってことは知っていてほしい今日この頃。
あと地方にもよるけど砂鉄から刀を作ってたところは最初からクロム・モリブデンが入ってるところが多い。

41 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/25 16:47 ID:B9C2q55c
>>40
玉鋼=純鉄ではありませんよ?クロム・モリブデンも多少入ってますし
安土・桃山期あたりに南蛮鉄(当時珍品)を使った日本刀が作られたそうですが、
それに登録不可ってワケではありませんがそのことでしょうか?
現代刀は玉鋼での作刀のみ認められてるみたいだけど


42 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/25 17:03 ID:dfDQ+QCo
>39
あれ、僕も読んだけど、真剣と変わらない材質って真剣じゃないのかな??
変わらない材質って言うと鋼だよな、そう言う居合い刀って有るのか?
あと、あのゲームの剣って、許可されるのか?謎の多いサイトだ

43 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/25 20:12 ID:Z+5H3/AZ
>>41
や、単純に玉鋼そのものが成立した時代よりも日本刀が成立した時代のほうが古いってこと。

44 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/26 16:41 ID:pe8FeNNM
>>43
なるほど納得

ステンレスはともかくとして、玉鋼に組成が似ていると言われる白紙で
廉価版の日本刀作って欲しい罠、現在の玉鋼の流通量では刀工が
育たねぇと思うし。

45 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/26 22:41 ID:cLMVGGxt
これに関しては、銃刀法よりも、
日本刀の範囲を何処まで認めるかって言う問題だよな
ステンレスなど元より話にならない物はともかくとして
刃紋や肌など芸術的に見るところがあってしかも切れる物なら
新規材料の使用を考慮して貰いたいですね

昔の刀匠はそうして刀を生み出していったのですし


46 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/26 22:47 ID:2A0cz7tM
>>39
あれくらいのデカイナイフなんて普通に売ってる。

47 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/27 11:05 ID:z+ii8a6I
>>45
同意、それに鞘師・研ぎ師などの諸工作の職人や古流剣術・抜刀術の育成と保存
も加えて日本固有の文化の発展のために考えてほしいと思うね、
漏れは勢い余って法務省にメールしちまった、大半コピペだけどw

ちなみに南蛮鉄使った日本刀って美術的・性能的にどうなんだろ?

48 :45:04/08/27 12:58 ID:Ws7oxCgh
>47
確か大阪新刀なんかの派手な焼刃は、南蛮鉄を使ったから出来た
とか聞いたことがあるが、で南蛮鉄が手に入らなくなって落ち着いてきたとも
何処で聞いた知識だったかな・・・

49 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/27 14:10 ID:z+ii8a6I
>>48
南蛮鉄けっこう良さげみたい、ってか玉鋼信仰し過ぎだったのかもしれない
        ↓
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~t-ohmura/gunto_057.htm

50 :1th ◆cS1fxWJb5I :04/08/27 20:55 ID:qnqupoJ3
日本刀をさびないように、
何かの液体に入れて保管できないのかな。

51 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/28 03:14 ID:zuqVwvdf
>>50
博物館では真空パックにする

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/28 15:35 ID:wpNf89KQ
油にでも沈めておけ

53 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :04/08/28 16:53 ID:mSmLzRVW
>>50
小刀(小柄の穂)は、菜種油などを壺に入れてそこにざらざらと入れて保存するそうだから、
日本刀が入る容器を作ればいけるのではないかな。


54 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/28 17:32 ID:VQuZZKEF
ATSとかで頼むぜよ

55 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/28 17:37 ID:OnrwcpC2
ATSもいいけど、ナゼにAUSはマイナーなの?6Aなんてよさげに思うけど

56 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/28 19:59 ID:XddRZmH0
>>55
だからイパーイある。日本にはないけど台湾製のがね。
6Aあるいは、同じような組成の420だったりするけど。

57 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/29 19:44 ID:deWRUvkn
>>19
クロームメッキが何世代ももつと思うのか?

58 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :04/08/29 20:44 ID:8tP5cmlM
>>57
兵馬俑から出てきた鉄鏃などは初期のクロームメッキのおかげで、全く錆びずに見つかってるから、条件が良ければ。

59 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/29 20:57 ID:Y+OH+qmc
純鉄に炭素の変わりにクロムを混ぜると
全く錆びない鋼が出来る
クロム量を調整することによって、日本刀のように性質の異なる
鋼を重ねて鍛造可能

60 :又草心臓:04/08/29 21:46 ID:+PtkHLSt
>>58
ご説明願おう

61 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/30 16:10 ID:hWkvnUry
>>1
近所の居合道場ではCRCで錆止めしてたよ?

62 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/30 16:43 ID:duBJknM/
車用のワックスでも大丈夫だぞw

63 :名前なカッター(ノ∀`):04/08/31 11:02 ID:z7Lc2bUB
>>62
やっぱカルナバのがいいのかな?

64 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/01 14:17 ID:dsNb5GBR
オリハルコンは?

65 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/01 14:38 ID:R1ySRZPP
>>64
取dのアレは海で使っても全然錆びないからいいだろうね。
現在はほとんど産出せれていない希少金属なので余計に高くつくが

66 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/04 15:14 ID:DSfJh/ty
外人なんか日本刀で斬鉄剣ごっこして
刃こぼれするとグラインダーで研いじゃうらしい。

67 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/05 00:01 ID:AEmNiCIP
>>66
しつこいぞ

68 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/06 08:42 ID:NYOHO2Iz
まあ正面きって刀工に頼むことは出来ないだろうけど
居合刀など実用本位の安い物を作ってくれることもあり
そういものは高価な玉鋼つかってたら採算取れない
とは菊ね。
じっさい決まり事がなければ玉鋼なんぞより青2が一番
切れるという、さばけた刀工もいる。

あと昔から玉鋼に古い釘など混ぜる方法
(古い鉄を混ぜるとよいとか)
など、おおらかな例はあり、戦後、皇室に献上した
刀工もそんな事をやってたと放言してたので、
何かを混ぜるとか、材質を変えるとか位は
バレなければべつに問題なかろ。
あとから材質を調べるのも不可能だし

ただステンは焼き入れ温度もぜんぜんちがうので
その技術や設備が刀工にないよ。
彼らが一本だけステンで打ったとしても
ドライアイスで冷やすよーなサブゼロ工法で作った
最新ナイフの品質に勝てるとは思えん。

69 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/08 15:11 ID:ZV1w61+T
V金とかで日本刀が作れるくらいの大きさの利器材があれば可能だろうか?

70 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/08 20:52 ID:fn2anB3X
>>35
これって単に下手糞だっただけじゃないの?

71 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/17 01:38:10 ID:3N+Foiz9
いや、無茶言うな。

72 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/17 07:06:56 ID:N/ok/lPv
仮定の話で法律はどうでも良いから、
マルエージング鋼で日本刀作ったらどうなるの?
玉鋼よりナイスな日本刀が出来るかも?

73 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/17 22:07:29 ID:cRU7i482
>>72
硬度はHRc50ちょいで切味的な名刀にはなれないと思うが
強度は通常の3倍?いやもっとか。

「闘ふ日本刀」に出てきた理想の戦場刀が作れそうだ。

74 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/18 01:23:51 ID:UYzueI6M
>>73
あ、そうか。靭性ばっか高くてもダメか。
じゃあ、マルエージング鋼を間に挟んで
外側は硬度の高い鋼にすれば良いのが
出来るかな?

75 :73:04/09/18 08:04:12 ID:tPAwFkAq
>>74
いやむしろ逆にマレージングをガワにしたほうがいいんでは?
脆い鋼で衝撃に耐え、ヤワい鋼で刃を作るのは意味がないかと。

でも刀にするならマレージングオンリーでいいと思う。
ナイフに比べて頑丈さが必要だが、刃もちはそれほど必要ではないし。

76 :竜起 ◆uXfAtSKLqM :04/09/20 03:59:04 ID:EF/ux10q
こう話していると玉鋼がいかに理想的かが、つまり昔の刀工達がどれほど切磋琢磨したかが解りますね。

77 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/23 08:48:05 ID:mm98tMW3
日本刀はどっちだっけ?ガワが硬くて、芯が丈夫?
それとも逆だったかな?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/23 19:00:22 ID:x9saBD6k
(゚д゚)


日本刀の切れ味の秘密は何でしょうねぇ?えぇ?

79 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/24 09:03:23 ID:sQ3SqnSm
>>77
基本的には、刃と側が堅い鋼で
中の芯が、粘りけのある柔らかい鍛鉄です

80 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/24 09:49:27 ID:Fny7yl+a
はぁ?

81 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/25 10:21:12 ID:TC42ORuJ
>>79
中、外じゃないぞ。
共通の特徴は、エッジのあるほうが硬くてスパイン側が軟らかいこと。

でもナタじゃないんだから鉄じゃない。材料に和鉄を使うこともあるが、
材質はいちおうすべて鋼だよ。

82 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/25 10:55:10 ID:XN8aOI9f
>>78
微細に析出してる炭化物の形状が鋭い。
それが刃先に並んで、ミクロレベルな鋸刃を形成してる。
さらに折り返し鍛錬による硬軟の積層構造がメゾレベルでも鋸刃を形成してる。
多分こんなところだと思う。

83 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/25 13:20:00 ID:HqnzVT1A
反りがあるってのも斬るための重要な要素だと思うぞ

84 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/29 00:54:23 ID:1PRgVYW8
じゃあ、刃側を青紙2、そうじゃない方をマルエージング鋼って事でFA?

85 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/29 01:14:41 ID:kZA5mebx
日本刀用の利器材なんてのがあれば安いのが出来そうなんだが

86 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/03 16:11:55 ID:B130xl0U
スーパーの刃物市で「西瓜刀」というのを買いました。
¥1980、刃渡り50cm位の直刀で、不錆鋼と表示あり。


87 :名前なカッター(ノ∀`) :04/10/07 09:26:09 ID:quCIMXkx
今 中国人が、日本刀作ってますよ 
オークションで売ってました

88 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/09 02:28:01 ID:LMxMCEvE
>>87
多分、法的に日本刀に分類されない。

89 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/09 23:11:37 ID:8OTspIOy
日本刀は文部科学省認定じゃなければ
駄目だったのかな?

90 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/30 20:29:36 ID:k+6IaClo
>75たち
マルエージング鋼は変態膨張しないので、
刃先に圧縮応力を発生できないので、
日本刀の折れにくさを再現できないのですよ。
>78,82
 安来さんに聞いてみては?

91 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/31 07:34:02 ID:Xh//FVEh
>>90
意味が判らないYO!

92 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/01 03:08:13 ID:EXZRU28U
ZDPをATSで挟んだ三層ステンレスで良くね?

93 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/04 01:32:53 ID:2fz041SD
玉金で作らない日本刀は全て模造刀だ!

94 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/04 14:46:46 ID:sHOpP8MU
要するにいろんな金属で日本刀の形をした何かを作るってことだろ?
定義なんてどうでもいいよ。

95 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/04 16:24:21 ID:k//adWPV
「玉金」で日本刀作るのかぁ、なんか痛そうだなぁ…。

96 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/04 16:26:03 ID:uKLv6tvz
んなこと言ったら刀の形にできないのなんて水銀とかの常温で液体の金属くらいだろ

97 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/04 16:28:24 ID:kmMR9B9J
→93
だったら室町より前の刀は全部模造刀だな
玉鋼ってのはそれほど古いもんじゃないよ

98 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/04 16:47:11 ID:EzcIMWu0
室町以前は太刀だろ

99 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/04 17:00:09 ID:kmMR9B9J
アホですか?
太刀・打刀・脇差・短刀の総称として「刀」
と書いただけですが?
だいたい,室町以前にも打刀・脇差・短刀は
いくらでも作られてますが?

100 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/04 21:50:40 ID:rEiwxrQf
100get!

101 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/05 13:25:51 ID:BmhIFJlD
>いくらでも作られてますが?

よくわからんが何で疑問なんだ?
日本ご不自由なんだろうな
あと→93ってなんだ?
玉金の話はあるが、玉鋼も、刀の総称と言う話も何処にもないしなぁ。
脳内だけで、勝手に話を作って一人レスするのが好きなタイプだろ。


102 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/05 15:08:27 ID:ZOQIwwtX
前に別スレで同じことを書いたんだが
「?」をつければ全部疑問文だとでも思ってんのか?
だったらこのスレの19・22・61・75・90
当たりは全部疑問文かよ?
単純に「どうでしょうか?」とか「どう思いますか?」
というのを省略してるだけだと分からない?
日本「語」が不自由なのはどっちかね
さらに言えばこのスレの40前後を見てみな
玉鋼の話はちゃんと出ているんだが

103 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/05 18:42:24 ID:G/ZIjJke
キモーい

104 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/06 01:34:28 ID:1ubyFdJV
既存の刀にクロムメッキをメッキ屋にもっていってしてもらえばよい 以上

105 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/06 21:55:31 ID:2eojxXDo
>>90
エッジ部だけを取れば多少は強くなってるだろうが・・・

エッジ部じゃなく刃物として見れば、峰にもかかってる圧縮
応力ってむしろ弱点なんでないの?

106 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/12 04:40:14 ID:ARXef68B
>>101
君おもしろいね

107 :ファイナル・アンサー:04/11/16 23:44:46 ID:jlcKsvAT
日本刀をステンレスで作ることはできません。

まず、ステンレスとは、13%以上のクロムを含む鉄系合金の総称です。
SUSで刃物として使える焼き入れ出来る鋼は、炭素が1%近く入っている
SUS404シリーズぐらいですが、日本刀はできません。
仮に、ステンレス以外の低合金鋼でも、日本刀はできません。
(超強靱な刀剣の材料設計としては、材質的にはSNCM材が最適なんですが・・・)

なぜかというと、焼き入れにより、刃文が現れないからです。
刃文(正確には匂口)は、マルテンサイトと微細パーライトという異なる
金属組織の境界線を指します。
市販炭素鋼はSi、Mnという焼き入れ性を高める元素が入っていますので、
試したのですが、上手く刃文が入りません。
ましてや、低合金鋼の中には空冷で焼きが入る種類もあります。
当然、市販炭素鋼より焼き入れ性のいい、SUS404もアウトです。
つまり、CTT(連続冷却温度)曲線でMF(マルテンサイト変態終了)点が
数秒以内にある炭素鋼でなければならず、これを満たすのは玉鋼など炭素
以外の成分がほとんどないものだけとなります。

姿形だけ似せても、金属組織の違いが生み出す「刃文」がないものを、
どうして日本刀と呼べましょう?

108 :107:04/11/16 23:49:50 ID:jlcKsvAT
初歩的なミスをしました。すいません。
×:CTT
○:CCT

109 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/17 00:06:33 ID:NrCmG9Rd
模造刀や居合刀なんかは炭素鋼でない刀はいくらでもあるが

110 :107:04/11/17 00:17:08 ID:BjhiiQNW
>>109
模造刀は、居合いの稽古に使うスポーツ道具であり、または、室内に飾る
装飾品であったりと、あくまでイミテーションです。
登録許可証の必要な刀剣類と一緒にしないでいただきたいと思います。

111 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/17 00:19:46 ID:NrCmG9Rd
というかこのスレ>>94だろ?
日本刀の定義の話だったら日本刀スレで存分に語れば?

112 :107:04/11/17 00:36:12 ID:BjhiiQNW
>>111
何を逆切れされたか知りませんが、
日本刀や金属に関する知識が無さ過ぎです。

113 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/17 00:42:02 ID:NrCmG9Rd
そもそもスレタイに鋼以外の金属で造るって言ってる時点で定義なんぞどうでもいいわけだが。
大体、定義上の日本刀ですらすでに99%装飾鑑賞、1%が神事他にしか使われてないのに装飾品が
程度が劣るともとれるような発言して自分の首締めてて大丈夫か?

114 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/17 01:36:58 ID:9k4qgGz/
>>107
日本刀についてよくご存知のようなので,一つだけ質問したい.

ハブンて何すか?

115 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :04/11/17 01:43:04 ID:HjgfVhfj
>>114
はもん
のことか?


116 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/18 00:16:38 ID:SLpjdoGE
>>113
同じ『装飾』目的でも所詮まがい物と本物とでは…ねぇ?

117 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/18 00:18:53 ID:HqMsMvex
>>114
おまえは小学生か・・・

118 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/18 00:28:37 ID:lOWClrq8
定義厨ってすぐ必死になるね

119 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/18 05:27:40 ID:ULu28gdf
>>114
震えるぞハート

120 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/18 07:03:51 ID:9BTxMPkL
>>114
火傷するほどヒート

121 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/18 09:25:37 ID:SLpjdoGE
刻め波紋のビート

122 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/18 17:06:52 ID:aaYOJSlf
>107
SUS404なるステンレス鋼とやらは何物だ?
手元のJISにはそんな規格は無いんだが。

123 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/18 17:20:00 ID:0nMxvg7f
ERROR 404
Page not Found

124 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/19 00:02:09 ID:mGa5N5Ox
もう適当にSK鋼でいいよ。

125 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/19 22:24:36 ID:iUbd72hA
玉鋼よかSKのほうが優れてそう

126 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/20 20:47:10 ID:4jUu68PN
>>114
波紋疾走

127 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/21 01:07:30 ID:8fUpwReb
正しくは「刃紋」じゃないの?

128 ::ww−cat(おいら刃オタじゃあ:04/11/21 11:23:31 ID:cdP0O9LG
現代工の吉岡さんも本のなかで包丁式の割り込みが一番よく切れるっていってたwwww
実際、備前刀の初期モノには包丁割り込み(鋼で軟鋼をつつむのではなく真中が鋼のサンド)
のものが多い

・・・・だからイタズラにハモンにコダワルのはやめて鍛造線でもいいのではないか?ww
包丁のはもんやフジモトホ〜ンのハイス割り込みのはもんは鍛造線だよwww

試し斬り・・・・ハイスやzdp割り込みステン刀

鑑賞、保存・・・・古刀、真剣

で 
すみわけしようwwwwwww

129 :orz:04/11/21 22:07:39 ID:9XggT+RO
>>114-126あたり  
飲み物を口にしながらこのスレを見るのはもうやめます。
AA略

130 ::ww−cat(おいら刃オタじゃあ:04/11/22 00:11:59 ID:FqFmYcI2
今、彼女と家で飲みながら書いてるがステンレスの刀といえば黒忍者で決まりだろ?www

海軍の試作品なんかと違って数が出てるwwwwww入手可能だしwww

アルミ缶なんか袈裟切り楽勝wwwエアガンのフロン缶も刺突でガス抜き楽勝www

131 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/28 21:32:11 ID:JwjDbdj6
>今、彼女と家で飲みながら書いてるが
プ

132 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/29 23:57:13 ID:GcG0nOhb
>107
 なんか専門家そうで、安来さんぽいが
安来サンではない。材料設計といわずに
合金設計と言うはずだ。
 SNCMでも波紋がつくわけないだろ。

133 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/30 11:41:59 ID:X9xYezcp
知識がないものですが、
金ではつくれないんですか?

134 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/30 16:45:00 ID:esASTxJj
知識がないものですが、
ステンレスではつくれないんですか?

135 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/30 19:39:27 ID:dFU4VE96
知識に縁が無い者ですが、金だけで刀を造ったら長持ちしそうだなと思います。

136 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/30 19:59:15 ID:NzjYe3tg
やっぱチタンですよ
とがった鈍器な武器としても良好な気がする

137 :ww-cat(刃オタでふww:04/12/01 00:49:40 ID:YztcaSeO
ハモンは別にしてフルサイズの脇差以上では質量効果があるからwwwwww

靭性(じん性)が必要だからsusか炭素鋼以外の選択枝はないんだwwwww

燒結合金やメタロイドはバイト刃先や表面処理にしか使えないwwwww

138 :名前なカッター(ノ∀`):04/12/01 20:52:29 ID:3uAHUeFR
チタンならいいだろ、潜水艦のボディになるくらいだから
硬度がないけどw

139 :ww-cat(刃オタでふww:04/12/08 23:41:46 ID:p0uJ3YUe
ふ、焼き入れ焼きなまし拡散(でひゅ〜じょん)の出来る鉄系合金できまりじゃな?www

140 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :04/12/08 23:50:54 ID:WdssdDBk
強度さえ確保できたら、セラミック系が最強かもな。
何と言っても銃刀法に引っ掛からない。

141 :名前なカッター(ノ∀`):04/12/09 01:00:02 ID:FVyrVa9B
法の話はやめれ。
揉めるから。

142 :名前なカッター(ノ∀`):04/12/18 15:58:04 ID:HjYv/14p
一切物を切らない観賞用の刀ならば、純金で作れば永遠にさびませんよ?

143 :美香 ◆RQ0Spv3q06 :04/12/18 17:10:23 ID:fTTSRykX
ε=ε=ε=ε="8-((o・ェ・)o

144 :名前なカッター(ノ∀`):04/12/20 01:14:20 ID:hWCmUnSn
やはり、ステライト6Kですか

145 :名前なカッター(ノ∀`):04/12/20 01:45:45 ID:JHOormeK
http://www.japaneseswords4samurai.com/japanese-katana-swords.htm

これってどうよ?

メールしてみたら、日本にも送ってくれるそうだが、税関に引っかかるかな?

146 :名前なカッター(ノ∀`):04/12/20 01:51:44 ID:rnPnYhNp
そりゃすぉうどぁろ

147 :名前なカッター(ノ∀`):04/12/20 22:05:37 ID:BMHxVdoW
>>142
あなたは純金の刃を研げますか?

148 :名前なカッター(ノ∀`):04/12/20 22:18:54 ID:v4yFp3ar
そんなもったいないことしないだろうし
一切何も切らないなら研ぐ必要もないだろ

149 :名前なカッター(ノ∀`):04/12/26 15:15:54 ID:JVKPuHCs
純金は爪で傷がつくよ。

150 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/09 11:28:28 ID:0avrhKkT
セラミック刀に文つければなかなかヨロしい?
昔の時代に持っていったら「すごいね」って言われるんでない?
もろいかな

それと定義ウンヌンなんてのはばかげてて、ようは昔実用としていたときの
刀匠やらが望める発展した形ならいいんでしょ? どんなのかは聞いてみないとわからんけど。

151 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/12 07:04:29 ID:hoInj6lp
 愛知製鉄は暇だよ〜っ。

152 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/13 19:04:47 ID:y6Dnw+zK
チタンやスカンジウムで刃物は作れるのだろうか。
対腐食性だったら塩素や傷で錆びるステンレス鋼よりもチタンがいいし、スカンジウムなら強度の確保もできるはず

153 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/13 19:40:05 ID:kR4pUCHI
作れるのかも何もチタンナイフなんて普通に売ってるし
スカンジウムは知らんが

154 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/15 07:40:59 ID:au6ZQxuZ
133をぱっと見たら五百円玉とか千円で造のかと思った。

155 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/23 21:03:45 ID:KBWszoFj
金の力にもの言わせ〜

156 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/25 04:13:41 ID:HImWNbzg
だからマルエージング鋼で作れと。

157 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/26 00:03:35 ID:uzA/Br3i
>>156
それってかなりイイと思うぞ。
刀に何より必要な強度を一番もってるしな。

158 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/26 03:00:45 ID:wf80L9l+
炭素を含まないと、マルテンサイト変態応力が少ない。
そうすると、刃先に圧縮応力をかけられない。
 ということで強靭な日本刀にはならず、焼入れ時に
美しいそりも発生しにくいだろう。つまり、マルエージ
ング鋼は和鋼と路線が全然違うんだ。

159 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/26 10:05:27 ID:+I4saCGs
>>158
判り易くお願い。

160 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/26 18:19:25 ID:MSDA1Oxb
強化ガラスと同じ。
わざと歪み(応力)を内在させてその力でがっちりクランプしてる。
ttp://www.agc.co.jp/automotive-glass/lamisafe/products/alacarte.htm

161 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/27 02:15:50 ID:dSM1X6uX
 とにかく、先入観で材料選定はやっては駄目。専門家に
聞くこと。専門家と交流なけりゃ、こんなとこで間違った
情報をしこたま貯めよう。

162 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/27 02:23:59 ID:e+UgiC+f
>.158
たとえ圧縮応力がかかってても、マレージング鋼だったら
刃物鋼より段違いに耐衝撃性があると思うんだが。

もしマレージング鋼で刀を作るとして、反りが欲しければ
最初からその形で成形するか切りぬくかすればいいだけ
じゃないの?

163 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/27 08:26:56 ID:OHCOf+88
>>158
マルエージング鋼は二種が混ざってる訳でもない単一の鋼だと思うんだけど
リンク先の説明だと鉄筋コンクリートみたい。漏れの知識がないせいかな?(´・ω・`)
反りとか波紋はこの際関係なく、斬れ味と耐久性では良いと思うんだけど。



164 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/27 09:31:34 ID:/PGLeDPR
リンク先って何のこと?

165 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/27 12:58:28 ID:qyS2uGCp
伝統的製法に拘ってる人に付き合ってると話が進まんので。

166 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/27 13:54:33 ID:OHCOf+88
>>163のアンカーは>>160ですた。m(。_。)m

167 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/27 19:25:26 ID:BA0lsx/x
析出硬化型のマルエージング鋼と強化ガラスの関係が全く判らないのだが
どう言う意図よ>160

168 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/28 00:54:24 ID:y9bIK9dC
鋼と軟鉄を合わせてある日本刀のたとえじゃないのかい?>強化ガラス

169 :名前なカッター(ノ∀`):05/01/28 01:17:26 ID:J2CWpscb
刃物の場合

焼き戻しで

残留応力は抜くんだがな普通

でないと

研いだら曲がる
寒冷地で条件が揃うと意図的には何もしていないのに折れる(割れる)
等々トラブルだらけ

170 :名前なカッター(ノ∀`):05/02/11 07:37:31 ID:Y/zji+Ai
↑つまり?

171 :名前なカッター(ノ∀`):05/03/19 06:55:39 ID:YcjP07z5
age

172 :名前なカッター(ノ∀`):05/03/19 18:12:58 ID:dA2sSYjL
>>168
強化ガラスの場合
急冷する事により、ガラスの外側に、縮もうとする温度応力が発生
これにより強度が上がる。
鋼の場合
急冷する事により、鋼の組織がマルテンサイトに変態する、この際体積が膨張
しかし、芯の軟鉄は体積に変化は無く、この差が応力となり強度が上がる。
160が言いたいのは、こう言う事かと

しかし、本当かね? えらい人教えて下され。 

173 :名前なカッター(ノ∀`):05/03/19 19:47:53 ID:JXUZtr2Q
間違ってないが
研いでその層が減り
応力バランスが変わって変形や破断が起きるのが分かってて
刃物として使えるか?

174 :名前なカッター(ノ∀`):05/03/19 21:06:13 ID:LVKq5GBT
本当に強度が上がってるかはわからんが、例えば刀身の鎬地の片方にのみ樋を彫ると、
横に反るって聞いたことがあるような・・・
だとすると少なくとも刀身に応力は働いているのでは?

175 :名前なカッター(ノ∀`):05/03/19 21:18:12 ID:2fOVgWUZ
>例えば刀身の鎬地の片方にのみ(ry
反るのは焼き入れする時
焼き入れてから彫るもんじゃない、樋は

176 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :05/03/19 21:58:44 ID:DijxWhcn
>>175
いや、通常焼き入れ後だよ、樋を彫るのは
刀の反りは焼き入れで付くのだが(有る程度修正も出来るが)
>>173が行っている反りは平の面の方だよ。
実際、樋を彫ったり、彫り物を入れたりすると反る。


177 :172:05/03/19 22:39:50 ID:aPxRfjH1
>>176 情報提供助かります。
やはり、反りますか。
その場合、修正はどのようにしますか?

また、両面に樋又は彫り物をいれる場合、片面加工で反りもう片面を加工すると
反りが戻る、などという事があるんでしょうか。

どうにもこうにも、このスレの場合、脳内妄想、よくて脳内実験の類いなんで
実体の有る情報が命綱かと



178 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :05/03/19 23:13:10 ID:DijxWhcn
>>176
リンクずれてましたね。

>>177
ええ、上手い彫師はソリが出ないよう、両面の彫りのデザイン、深さを有る程度計算に入れて彫るので反りが少ないそうですが、
樋の場合は両面に同じように同じ深さに彫るとソリが戻るそうです。

反った場合は研師が使う反り直し(樫の木の棒に溝が彫ってあって、それを二本使う)や万力と、銅の棒を使います。

バイスに銅の棒三本
銅の棒二本をバイスの幅いっぱいの所に置き刀を挟み、銅の棒一本をばイスの幅の真ん中に置く、万力を絞めて行くと一本の所が押し曲る。
文章で説明すると、上手く行かないが、簡単な原理です。
わかるかな。文章力無いからね。

179 :名前なカッター(ノ∀`):05/03/19 23:16:06 ID:BGu6aBkh
タングステンで作ったらええよ。

180 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :05/03/19 23:36:06 ID:DijxWhcn
自分はマカーだから、窓使いに上手く表示できるか分からないが、

 ○     ○   銅の棒二本
ーーーーーーーーー 刀
    ○     銅の棒一本

181 :名前なカッター(ノ∀`):05/03/20 00:32:41 ID:Hkk99Fwf
ということは、やはり刀身には応力が掛かっていることになるな。
後はこれが強化ガラスのように有効にかかっているかだが・・・

ちなみに168なんかが言ってる焼き戻しは、刃金の内部の残留応力等を処理して安定させる方法であって、
硬軟の組み合わせの話とは関係ないはず。

182 :名前なカッター(ノ∀`):05/03/20 01:31:10 ID:Q3Metgsw
これでまとめちゃお、兎に角鋼は凄い。
ステンレスは洋物だからダメ  見たいな・・・・・・・・・・


183 :172:05/03/20 14:21:45 ID:k74TtISL
皆さん協力感謝
脳内実験の中間報告として
ガラス 外が縮む→箍が掛かる→強度上がる
刀   外が膨らむ→箍が緩む→強度下がる?上がる?

184 :名前なカッター(ノ∀`):05/03/20 22:00:27 ID:SJsTKWZ5
>172
強化ガラスの強化機構を理解してないのでは?
強化ガラスは表面付近に圧縮応力がかかった層を形成し「割れ難く」する。
割れる=引張り応力を打ち消す様に圧縮応力が働く。
表面付近は圧縮応力がかかっている=伸びてる。(逆に理解してない?)

鋼(刀)の場合、変形が可能なので応力バランスがとれた形に変形(=反る)する。
(もちろん、変形させるまでに至らない応力は内在することになる。)
加工(切削や切断)を行なえば応力バランスが崩れるため、変形し新しいバランスのとれた形となる。
このような応力は強度には影響しない。

185 :名前なカッター(ノ∀`):2005/03/24(木) 23:27:39 ID:unj/E+Jq
よくわからんけど、強度に関係しない応力なんてあるの?
消しゴムとか曲げたら変わるじゃんよ

186 :名前なカッター(ノ∀`):2005/03/25(金) 07:50:36 ID:+3iyUrjk
>>184
刀の場合の利点は構造としての強度じゃなくて,刃欠けしにくくなること.
>>185の言う,消しゴムを曲げたときの曲げた側が硬くなる状態.

構造としての強度はむしろ低下してるんじゃないかな.
刃を反らせる方向に残留応力があるわけだから.

187 :me:2005/03/25(金) 16:20:08 ID:AP1PbPWN
http://www.coldsteel.com/japaneseswords.html

188 :名前なカッター(ノ∀`):2005/03/25(金) 17:47:24 ID:HKAPnCg2
ラッカー塗膜で保護してやればいいじゃん。

189 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/03(日) 00:09:30 ID:QFktxMnT
お前ら!関のフェザーミュージアムに
ステンレスの日本刀があります。
ちょっと肌は確認できなかったけど、刀匠が作った、刃紋もある
れっきとした日本刀でしたよ。(許可書あり)
サンドビック社製のステンレスらしいです。

190 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/06(水) 20:19:39 ID:5Kbk37S3
ちょっと質問なんですけど、日本刀の柄はステンレスで作れるんですかね?
木だといまいち安心感にかけるかんじがするので。
あと目釘とかも鉄釘を使用してますが。
ステンレスで作れるかどなたか答えていただきたい所存。
おながいします

191 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/06(水) 21:10:58 ID:H8Ds5Vrn
>>190
作れば作れるよ。戦時中はアルミの柄などが有る。


192 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/06(水) 21:15:13 ID:H8Ds5Vrn
>>190
不親切なので追加
まずステンレスで作るとナカゴが痛みます。
また、柄で衝撃を吸収してるとこも有りますので、ステンレスの柄で物を切ると鍔元で折れる可能性も有りますね。
戦時中考案された実戦柄などは木の柄の上に薄い銅版を蛭巻にして、その上に麻布を巻き、白い樹脂で固める。その上に柄巻きをして、漆で固める。
という物も有ります。


193 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 10:18:19 ID:DECgOk4S
まじですか。返答ありがとうございます。
そういえばテレビの企画でものすごい金属でマジになって
日本刀を作ったってのがあったんですが、玉鋼で作らないと
日本刀じゃないような気がするのはじぶんだけですかね?
合金製だから錆びないそうな。
あと自分は居合刀で目釘を鉄釘にしているのですが、柄は
痛んだりしないんでしょうか?
知り合いに聞いたらあまりよくないといわれたので。
質問ばっかですんません

194 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 10:37:06 ID:fMpdp9VW
>>193
ナカゴが割れるよ。
弾力性のない目釘を使うと、ハバキの所で刀身が金属疲労を起こすので、その辺も注意。
衝撃に対する復元力もないから、少し削れただけで、目釘がゆるゆるになるしな。

195 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 10:37:28 ID:XrHdR+Xj
竹目釘では傷むのは目釘だけ
鉄目釘では目釘穴と相討ちでダメージ、消耗を刻み合う
果たしてどちらが賢いか

196 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 10:47:25 ID:DECgOk4S
なんか日本刀っていがいともろいんですねぇ。
昔あった毛抜形太刀だったかな?
なかごと柄が共鉄のやつはなんか衝撃がダイレクトに手に来て
あまり使えなかったとか・・・
でも実際は強度で言ったらこっちのほうがうえだと思うんですがねぇ

197 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 10:53:32 ID:mQTSwO87
妥協さえしなければ今の日本刀のような柄で十分だと思うけど。
刀身が折れるまで柄が保てばいいんだから。

198 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 11:00:00 ID:DECgOk4S
できる限り頑丈なやつがほしいって感じですね。
刀身も重ねが1cmぐらいで柄木は黒檀とか

199 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 11:10:17 ID:mQTSwO87
軍刀なんかの話で、どの程度ならいいかってのがあったかと。

200 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 11:18:29 ID:DECgOk4S
そのスレ探してみます。


201 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 11:45:10 ID:c71DRSoH
>>198
 黒檀はあまり向かないぞ。黒檀は確かに硬いが粘り強さが無い。
柄には硬さを求める前に粘り強さを求めるべし。

202 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 17:55:42 ID:mQTSwO87
>>200
ここのページの一番下んとこにあるから
|ω・`)つ ttp://www.h4.dion.ne.jp/~t-ohmura/gunto_123.htm

203 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/07(木) 18:08:11 ID:Shb9qiac
>>193
テレビの斬鉄剣だね。
刀匠が作刀許可をとってタングステンカーバイト(長さ10センチぐらいのをたくさん)を軟鉄に割り込み(蝋付け)、ダイヤモンドでけづって造った物で、当然違法。実験の為特別許可。実験(テレビ収録後)破棄


204 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 18:17:18 ID:mQTSwO87
>>203剣氏
フジでやってた車のドア斬るやつのこと?
トンネル掘る機械からつくったって
あの後破棄されたのか・・・(´・ω・`)

205 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/07(木) 18:19:16 ID:Shb9qiac
>>204
そうそう。
備前長船刀剣の里で造った物ですからね。
実際の所、製作には刀匠はかかわっていないw



206 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 18:34:55 ID:DECgOk4S
実際のところ日本刀の強度って高いんですかね?
斬れる斬れないかからわず、柄を含めた全体的な強度
どんなもんなんですかね

207 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 18:41:46 ID:mQTSwO87
>>205
それは鉄系?超硬チップを軟鉄で挟んだだけの作業(熱処理はしらん)では
刀匠が一緒に手がけたとは言えないってことかな。
あの刀は見栄えも良ければね、最高だったんだが・・・ま、それはキツイか

208 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 18:56:21 ID:c71DRSoH
>>207
 確かタングステンが主成分じゃなかったか。何処かのスレで詳しく
説明されていた。要するに日本刀といえるような重量ではなかったはず。
>>206
西洋の剣の拵えはどうなのだろう。柄頭でネジで固定しているが
どれくらいの強度なのだろう。日本刀の全体的な強度を語るには、
西洋のと比べてみるのもいいんじゃないか。共柄の物と比較するのは無理がある。
 


209 :208:2005/04/07(木) 19:00:00 ID:c71DRSoH
スマン文章訂正
〉要するに日本刀とは全くの別物。





210 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/07(木) 21:28:17 ID:Shb9qiac
>>207,208
>スレで詳しく説明されていた。
多分自分だ。
で、>>203で、タングステンカーバイトだとかいているのだがな。
重量は基本的に余り変わらない。


211 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/07(木) 22:02:39 ID:DECgOk4S
>>208
わかりました。
調べてみます。

212 :207:2005/04/08(金) 00:09:37 ID:p7RZVpos
>>208
いや俺が言ったのは鉄系の金属をベースに、超硬(剣氏の曰く炭化タングステン)のチップ
を焼結したものと言う意味な。剣氏の?レス内容自体は知らんけど。

>>206
>実際のところ日本刀の強度・・・
そんな博識なわけじゃないけど、時代や刀匠、材料によって
個別の性能且つ性質差があり過ぎるから一概には絶対言えないはず。
よく「日本刀は・・・。」と強度等を一言で言いきる人がいるけど、俺は絶対に嘘だと思うね。
鉄の限界を超えられるわけはないが、有り得る範囲内で千差万別なはず。

213 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/08(金) 00:14:23 ID:kcdAtUQW
>>212
普通の軟鉄の地金に溝を掘り、超硬チップ(20×100×2mm)を
>焼結
でなく、鑞付けだが。

214 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/08(金) 00:20:37 ID:p7RZVpos
>>212
軟鉄に割り込ませた話じゃなくって、そのチップ自体の話ね。
超硬チップはタングステンカーバイトだけで構成されてるわけじゃないんでは?
違ったらスマソ

215 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/08(金) 00:23:40 ID:kcdAtUQW
>>214
なるほど、チップ自体の事は余り聞いてないな。企業秘密かな。
確かに、チップの製造は焼結だな。
今余ったチップで、磨き棒を作ってます。


216 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/08(金) 00:46:04 ID:ji/p+zhU
>>215
>今余ったチップで、磨き棒を作ってます。
近所の刃物屋で、タングステンカーバイトの砥ぎ棒を見つけた
取説によると、四角柱の棒の角で擦ると刃が付くらしい。
デッドストックで、店員に聞いても古い物で判らない。

こういうもので、最近の高硬度の鋼に刃が付くものでしょうか?

217 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/08(金) 01:03:19 ID:p7RZVpos
>>剣氏
つまりこんな感じでつ
ttp://www.nittan.co.jp/goods/g_zaishu_gokin_index.htm

218 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/08(金) 13:31:56 ID:EtqYAVel
木刀を玉鋼や合金で作ったら、十分殺傷能力があるのは
自分の気のせいですかね?
素振りにも使えて強度もべらぼうに高いと思われ

219 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/08(金) 13:57:04 ID:qSLQz7Uk
>>218
其れは既に木刀ではない

220 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/08(金) 17:24:52 ID:EtqYAVel
鉄刀?

221 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/09(土) 14:50:02 ID:eepD1S6w
鉄棒?

222 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/09(土) 18:34:54 ID:S9Mkr4Vd
それはただの「刃が付いてない刀」では?
それとも木刀のように厚みがあるのか?

223 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/09(土) 23:50:14 ID:8r29Zku1
木刀のように厚みがあります。
かなりフルメタルな感じ。
木刀の形を取って溶かした砂鉄を中に流し込んで作れば簡単に作れそう。
鋳造だから鍛造に比べたら硬度は低いかもしれないけど

224 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/10(日) 00:07:15 ID:GkiY+aD8
>>223
あー、砂鉄と言うと天然の物をさす事が多いから、天然の砂鉄を溶かすのは難しいよ。
>鋳造
に使うのは銑鉄という。銑鉄は炭素を多く含む為、溶かすのはさほど難しくない。
鉄瓶とかと同じだな。
で、銑鉄は炭素を多く含む為、硬度は鋼よりも高い。故に割れる。


225 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/10(日) 00:10:40 ID:GkiY+aD8
>>218
古来、日本の武具ですでにある。「なえし」「鉄刀」等とよばれる。


226 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/10(日) 00:14:01 ID:GkiY+aD8
>>217
なるほど、どうも。

>>216
どうなのだろう?自分はガーバーのシャープニングスティールも??
磨き棒とは、先を丸め、研磨して鏡面にし、その鏡面で、磨く対象の表面を押しつぶし、見掛け上の鏡面にする物です。


227 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/10(日) 00:15:23 ID:5bCYpfc5
なるほど勉強になりました。
しかし太くしても硬度が高いために割れるとは・・・
ちょうどよい硬さで作れないんですかねぇ?
しかも炭素を多く含んだら錆びやすくなるのでは?
最新の合金ではやっぱり無理ですかね?
チタンとかで作ったら錆びなさそうですし

228 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/10(日) 00:22:03 ID:GkiY+aD8
>>227
鋳物ではなく鍛鉄で作れば良い。実際あるよ。
古武道の鍛練などに使っている人も居る。
ただし、刀の形に造るのはご法度。木刀のように丸っこければ良いだろうけど。
自分は軟鉄の鉄骨(ビル建設用、直径2センチほど)をやや曲げて素振りに使っている。

>炭素を多く含んだら錆びやすくなるのでは?
炭素が多くなると、錆が表面のみにとどまり、中まで侵攻しない。
南部鉄器とか、沖ノ鳥島の鋳鉄製テトラポットとか。

最新の合金
居合刀とか。


229 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/10(日) 09:59:25 ID:5bCYpfc5
木刀みたいに丸っこくて先だけ尖ってる鉄刀を作ってくれるところって
ないんでしょうか?
木刀では軽いのでもっとしっくりするものを探しているのですが・・・


230 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/10(日) 16:59:09 ID:iNWwidFk
>>229
全部鉄で木刀の形を再現するとポン刀2〜3本ぶんの重さになるぞ

231 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/10(日) 22:03:17 ID:q8wBtULG
軽い鉄で作ればいいと思いますぞ

232 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/10(日) 22:40:04 ID:JUXsc3Ii
軽い鉄・・・

233 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/10(日) 22:42:37 ID:y+fOHWNW
大体木刀が500g前後
赤樫の比重が0.9前後だからおよそ1
鉄の比重が7.85だからおよそ8

故に4キロ弱・・・

重いものだったら鶴嘴や大槌で素振りしたりしたらいい感じだよ

234 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/10(日) 22:52:39 ID:mWu1LxIl
>>231
 軽い鉄って・・・・・・・
>>229
 わざわざ作ってもらうこともないだろ。程よい太さの鋼は市販されてあるから、
 自分で削ってしまえば良い。熱処理することを考えればステンレスではなく
 炭素鋼を選ぶのがいい。

235 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/10(日) 23:29:22 ID:y+fOHWNW
ttp://www.zairyo-ya.com/
ここで程よい炭素鋼があるよ。

236 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/10(日) 23:31:10 ID:q8wBtULG
>>234
ネット通販では売ってますか?

237 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/10(日) 23:40:36 ID:q8wBtULG
削る手段がないです・・・
あきらめたほうがいいっすかね

238 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/11(月) 00:42:03 ID:JFgvySI8
>>236
 >>235氏がアドレスを貼ってくれている所が無難かな。
 ここでは様々な材料が売っている。俺はナイフを作っているが、
 ヒルト材などはここを利用している。ただ残念ながら今はネット通販は
 休業中みたいだから、6月までは我慢。今すぐ作りたいんだったら、
 ネットで何とか探してみれ。俺は再開するまで我慢するつもりだが。
 
 

239 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/11(月) 00:44:50 ID:ffMw9GDS
>>237
 加工手段はグラインダーが手っ取り早いのだが、騒音が気になるのであるなら、
 地道に鑢で削ることだな。鍛造はでかい炉も作らないといけないし未経験なら
 やらない方が良い。鑢に関しては個人的に
 ttp://yasuri.hp.infoseek.co.jp/
 ここがイイが自分で色々試してみるといい。ただ大変な労働になることは
 覚悟した方が良い。

240 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/11(月) 00:47:36 ID:ffMw9GDS
なんだか『良い』と言う単語が無駄にある文章になってしまったな。
くどいと言うか見苦しくてスマン。

241 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/11(月) 08:18:19 ID:Tn5oJI3C
>>238
自分も通販が再開するまでがまんします。

>>239
鑢で地道に削ってみます。

SS400平鋼で鉄刀をつくてみます
ttp://www.zairyo-ya.com/product_SS400FB.htm
厚さが1.2で幅3.2で長さが1mぐらいのやつを作ってみようかなと。
切り売りできるっぽいので60cmの小刀もつくってみたいですね。
つうか6mって長すぎ

242 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/11(月) 20:30:39 ID:x5hm9qqu
重い振り棒を使ったほうがいいのでは?

243 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/11(月) 22:02:21 ID:TkiXBlC5
あくまで形は刀に見せてつくる意地


244 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/12(火) 04:51:19 ID:piDfK7jI
車の板バネで作ればモドキは出来るよ。強度的にはどうかと・・・

245 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/12(火) 12:11:50 ID:0m+OnhaU
スプリング刀は実用性が高いのでは?
何の実用にするかは別にして。

246 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/15(金) 01:30:33 ID:kR7gay2G
>>244 おいおい。
バネに靭性が無いわけ無いだろ。バネなんだからw
普通に手に入る鋼材では一番丈夫なんじゃないの?
もちろん「単一鋼中で」&「バネ焼き入れ」が条件ですが

247 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/15(金) 02:42:42 ID:idMEddW+
>>239
俺もそこの鑢使ってる。結構良いと思うよ。

>>237
研削面積が広い(多い?)ならば荒目を
2・3本購入することを勧めるよ。


248 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/15(金) 22:55:08 ID:+2qEuZ0t
居合刀の目釘を黒檀で自作した目釘に変えても大丈夫っすかね?
やっぱ竹じゃないとだめですか?

249 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/15(金) 23:00:49 ID:3Qj9Du5J
>>248
黒檀は、割れるからやめた方が良いよ。まだ、黒水牛の方がマシ。


250 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/15(金) 23:25:31 ID:+2qEuZ0t
なるほど。黒水牛が目釘としては適しているってことですかね?

251 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/15(金) 23:32:23 ID:3Qj9Du5J
>>250
適していると言うわけでなく、黒水牛は有る程度の弾力性があるから、折れて、刀身が飛ぶと言う事は少ない。
竹が良いよ。自分は鉄目釘にしているが、反対意見も多い。


252 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/15(金) 23:36:10 ID:+2qEuZ0t
鉄釘もある程度柔軟性がある鉄だったら大丈夫だと思います(個人的に)
柔軟性がある鉄って言うのも珍しいですが・・・
実際竹だと折れて刀身が吹っ飛んだって話も聞いてますし

253 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/16(土) 00:52:28 ID:TIQdJLBj
この前。模造刀の鍔がカタカタ言ってまして
確かめたら目釘が折れていまして
もう少しで自分以外の人が大惨事になる所でした。

居合いの先生曰く、稀にある事なので目釘の交換は義務&マナーらしいです。

254 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/16(土) 02:19:53 ID:myGvzRJg
>>253
目釘交換する時柄糸解いた?

255 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/16(土) 14:42:23 ID:knbQhtBT
竹を軽くあぶり、食用油に付けると少し丈夫になる



256 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/16(土) 14:43:15 ID:knbQhtBT
ちなみに焦がしてはだめです

257 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/16(土) 15:09:03 ID:RkT+d4+x
目釘を鉄にかえたらどんな不具合が起こるデスカ?

258 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/16(土) 15:14:30 ID:knbQhtBT
なかごにクラックが入ることがあるようです

259 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/16(土) 15:48:29 ID:RkT+d4+x
マジですか。
じゃあ刀身が分厚い(1cmぐらい)やつでもひびがはいるですか?

260 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/16(土) 15:50:12 ID:RkT+d4+x
↑なかごでした
すんません

261 :名前なカッター(ノ∀`):2005/04/18(月) 16:30:13 ID:qBBf4r89
そういや、どっかの中小鉄鋼企業が作った刀と日本刀とどっちが切れるかやってた番組あったよね?
藤岡弘が自動車のドアぶった切ってた奴
誰かUPきぼんぬ

262 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/04/18(月) 18:23:42 ID:eBZcGeWp
>>261

>>203+205


263 :名前なカッター(ノ∀`):2005/05/31(火) 11:45:36 ID:OnziUBZM
閃いた!
ステンレス刀が欲しいのは錆びず,手入れ不要の刀が欲しいとした場合.
気に入った研ぎになったらプラズマプロセス法でダイアモンドコーティング
を全刀身に施せば良いのだ(現在数万円以内で可,注文多ければ数千円).
半永久的に錆びずに美しい状態が保てる.
拭いや鞘当てなんかではヒケもつかない(この世で1番固い膜だから).


264 :名前なカッター(ノ∀`):2005/05/31(火) 19:09:30 ID:hRkCDX8d
軍刀に向くかもしれない。

265 :名前なカッター(ノ∀`):2005/05/31(火) 21:11:57 ID:Ynnqc5K9
軍刀はステンレスで作ればよい。
現在日本ではステンレス刀は作れない。
だからダイアモンドコーティングは次善の策。

266 :名前なカッター(ノ∀`):2005/05/31(火) 21:47:48 ID:/s36mJjT
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n17123037
これなんてどーだ?

267 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/01(水) 11:42:39 ID:9afVcuHf
>>266
明らかにステンレス軍刀で,登録証はでるはずがない.
しかしおもちゃ扱いにしたのは粋な計らいだが,警察が見つければ没収だろ
うな,でも事情を話せばいくら野暮な警察でも銃刀法違反にはしないだろう.

268 ::2005/06/01(水) 13:15:07 ID:8Wd4B2M7
美術刀剣としての登録は無理だけど
登録(合法に持つ)の方法はあるよ。

269 :東風麿:2005/06/01(水) 18:15:38 ID:LY1wK2Cb
>266
防錆鋼でも手入れが悪いと結構さびる物なのね、成分的にはステンレスの
域まで行ってないのか?
>268
どおすりゃいいの?

270 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/01(水) 19:30:38 ID:l4TZiaex
>>269
美術刀剣は、銃刀法の除外対象だけど
銃刀法に則って公安委員会に書類を提出すれば
武器を持つ許可が下りる。
銃砲と同じで、武器に許可が下りるんじゃなくて、
個人に使用許可が下りるから、毎年警察に保管状況だの
使用状況だのを書類で提出しないといけないので面倒

271 :東風麿:2005/06/01(水) 23:48:18 ID:LY1wK2Cb
>270
アナルほどね、剣舞や祭祀用などと同じで、特定の個人の所有でなくそれを用いる
必要がある場合の、使用許可と言う事ですね。      サンクス

272 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/02(木) 01:03:49 ID:iPZwqHWj
>>271
お前はなんだかいいやつな気がする

273 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/02(木) 14:01:05 ID:s0McJQZX
刀身にピタシのものが身近にあるんだが
カキコすると問題が生じるので ヒントだけね
ホムセンへ行くべし 1000艶くらい 重いよ
後はグラインダで先っぽをドゾ


274 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/02(木) 17:29:02 ID:0qysKgGP
フラットバーか?
あれは少し薄いだろ

275 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/02(木) 19:24:17 ID:Ko6u4RJO
異型棒鋼 まさか
あんなもの砥ぐのたいへんだよな

276 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/03(金) 07:31:28 ID:SbF71vwu
オイ 今日は忙しいんだ
断面が長方形で1めーとるくらいの金属棒があるだろが

277 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/03(金) 16:40:16 ID:Fzt7URE2
わかってるさ……


















スコップだろ?

278 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/04(土) 01:03:37 ID:WkA5m5bt
>>275
それ、鉄筋棒の正式名称だろ

279 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/04(土) 07:03:45 ID:QZuJ0an1
277
近いけど スコップの柄は断面マン丸だろが

278
同業者でつか

280 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/04(土) 11:10:21 ID:M9yWhyrF
274のフラットバーが正答ではないが正解だな。
フラットバーは90センチ長か180センチ長。90センチがお薦め。
幅3センチで厚さ5ミリ(3ミリはしなる)が幅2.5センチで6ミリ。
重さ1キロ以内に抑えた方が良い。
以上数百円の世界

軟鋼よりステンレスのフラットバーを取り寄せた方が良い、せいぜい1
,2千円、チタンは1万円弱。

281 :魂心:2005/06/04(土) 19:09:41 ID:HwILtVHm
ttp://bbs.avi.jp/photo.php?wid=15643634&kid=79024&mode=&br=pc&s=&submit.x=135&submit.y=47
274だけどこれ材料フラットバーなw
すでに実践してたりしてww

282 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/06(月) 21:27:36 ID:G+j2xFj7
>>279
あぶってるほうの人です

283 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/21(火) 18:05:33 ID:WgVBC0S/
ステンレスで作ってもあまり良い刀はできない。
他にもいろいろな金属はあるし、錆対策もいろいろ手はある。
切れ味を優先すると錆びやすい金属にはなっていく・・・
スプリング刀もいまいちなところがある。
刀は切るだけでなく戦闘に耐える要素もあるわけで総合的な要素で
優れた面があるから。
単純に何何で刀を作ったほうがよく切れるだの最高だのいう刀匠、剣術家、
、専門家等などの言葉をうのみにしないほうがいい。
どんな世界でも最後は自分でさとるものだから
刀買って剣術、居合い、剣道を兼修して結論だして下さいな。

284 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/22(水) 23:13:17 ID:HOJmQb1R
月で精製したチタニウム合金の日本刀キボヌよ

285 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/23(木) 10:15:59 ID:ziFloSEB
チタンはネバイから、あんまり刃物に向いてないような。
やっぱ、装甲だろw

286 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/23(木) 11:32:00 ID:bzo/Gfob
チタンは鉄より軽い分、同じ形の刀身を作ったら,重心の位置が違うので
意外に使いにくいかも

287 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/23(木) 16:39:48 ID:9LwBX5uR
>>285
W.トーマスが、チタン+カーボンにタングステンカーバイド圧着の
刀を創ってますよね。

288 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/23(木) 16:40:39 ID:9LwBX5uR
>>285
W.トーマスが、チタン+カーボンにタングステンカーバイド圧着の
刀を創ってますよね。

289 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/23(木) 21:16:44 ID:V/QZOqU7
チタン製では、刀身の重さを利用できないので、切断力が落ちるな。
チタン製の十手なら、対刀用の防具にはそこそこ使えるんじゃないか?

290 :514:2005/06/23(木) 22:41:16 ID:vmaSj9dV
>289
チタンって丈夫丈夫言うけど、「同じ重さの鉄と比べると」丈夫なわけであり。
正直、同じ体積なら鉄の方が強い罠。

291 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/23(木) 23:36:00 ID:sV+vU5wL
ある程度の比重がないと武器としては使いづらい点がある。
日本刀は世界中の刀剣と比較しても軽い。
これ以上軽いと反対にやくにたたなくもなる場合が多々ある。

292 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/24(金) 09:18:30 ID:hgDhm+mS
カーボンファイバーなら丈夫だよ。


293 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/24(金) 09:50:59 ID:VomfXs6i
平作りでも十分な強度が確保出来るなら、
カーボンの中に刃物用鋼材を割り込みにするのは良いかもな

294 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/24(金) 14:24:52 ID:AgO3t2yz
間違いが多いな.
チタンは軽くて(鉄の6割)強度は鋼とほぼ同じ,しかもステンレスの2倍
たわみ(曲げに強い),錆びにくさはステンレスの10倍はある(海水中で
百年は持つ).

ただし焼き入れは出来ないので,刃先には向かない.
だから理想の刀はチタン刀身(刃長85センチ,反り2.5センチ,元幅
3.5センチ,元重ね1センチで1kgの豪刀)で,刃先はステンレス(今の
先端包丁と同じ).

刃先をTiCのコーティングでと言う考え方(最近のドリル等)もあるが,金色
で嫌みだし,研ぎですぐなくなるから,コーティングはだめ.

ただし刀と言うと日本では法律違反で出来ない.
長尺剣鉈とかマシェットとか言ってできないか?

295 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/24(金) 17:29:59 ID:pnanOPet
>294
 強度はチタン=鉄<鋼となるぞ。

296 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/24(金) 19:50:25 ID:fLENsVwO
>>295,294 nihonngobennkyoushiyoune


297 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/24(金) 23:08:33 ID:mtcjwQXt
>>296
 意味不明。
>>294
 チタンの強度は鋼より低いと思うが。

298 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/27(月) 09:54:49 ID:Ki8Xqm/S
なんだかんだと言っても、
刃になる部分は、鋼が一番いい素材だよな。

299 ::2005/06/27(月) 12:50:16 ID:JWWegKc+
ナイフのような刃物は鋼が一番だか
そうでない刃物もある。

300 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/27(月) 15:20:12 ID:K7DhUsVT
同意。
ただ玉鋼を使う日本刀は手入れを怠ると致命的なダメージを受けますね。

301 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/27(月) 15:47:47 ID:e98pNTAK
結局「錆びない日本刀は作れるか」に戻ると。

302 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/27(月) 17:33:43 ID:WDwX7U7E
ふつうに造れるけど、それは定義上、日本刀にはならないと。

最初からわかってたことだよねえ。

303 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/27(月) 21:29:04 ID:hctVvVzs
大同マンセー チタンマンセー

304 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 10:00:17 ID:m2lcW/LQ
まあ ステンで造れるかだから

305 ::2005/06/30(木) 10:32:11 ID:dTFaRxkI
作れるよ。
本鍛錬の日本刀

306 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 11:34:25 ID:m8Riupig
普通の刀を作るみたいに、ステンレスの塊をトンテンカンとやって、
(法的にどうかはともかく)、錆びにくい日本刀が作れると考えて良いですか?

307 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 12:01:15 ID:CJDPQrh/
物理的に形と機能が日本刀のようなものが作れるかと言う問いならYES
法律・定義的に正しい日本刀が作れるかという問いならNO
実際作れば銃刀法違反即御用

308 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 12:04:11 ID:w1q0DKCu
>306
いいと思うけど、ステンレスが鎚での鍛造に向いてるかはわからんよ。
鍛接には不向きで、折り返し鍛錬はできないくらいだから

>307
性能は良くも悪くも日本刀とは若干異なると思うが

309 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 12:13:05 ID:CJDPQrh/
>308
だから”日本刀のようなもの”なら物理的に作れるというだけのこと
”ようなもの”であって日本刀と呼んで良いものは絶対できないし
できないと言う者は誰もがその点一致してて口をそろえているのがこれまでの流れ

310 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 13:38:16 ID:V312sO46
>308
たしかにステンレスで鍛接が出来るとは聞いたことがない.
とすると305の楠はドシロートなのか?
たのむから,今までのように玄人ぶっていろいろまちがったことは書
き込まないでくれ.

311 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 13:51:03 ID:ZJRCEPsn
今更杉だけど、玉鋼とステンレスは素材として違い過ぎる。
戦闘ナイフという本で日本刀のような刃渡りの長いナイフがあったけど、ステンレスで造る刀はあんな風になるだれう。
もし量産してマサムネなんて名前付けたらメリケン人喜ぶだろうね。

312 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 13:55:13 ID:vqsiysCv
ステンレスって材質じゃなくて加工法の名前じゃないの?


313 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 14:30:05 ID:m2lcW/LQ
スッテンしない(レス)鉄(スティール)

314 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 15:04:50 ID:NPn0iTTI
>>312

そんなの初めて聞いたよ・・・
ナイフでいうストック&リムーブとか、フォージングといえば、
製造方法のことだけど、炭素工具鋼、高速度工具鋼、合金鋼、
ステンレス鋼などといえば、普通は鋼材の種類を示すと思うぞ。

315 ::2005/06/30(木) 15:29:55 ID:dTFaRxkI
ステンレスも鍛接できるよ。
ステンダマスカスがあるだろうに。

316 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 16:11:08 ID:V312sO46
>>315
鉄と鋼を鍛接してダマスカス鋼をつくる.ここまではいい,そして
灼熱して平たく叩き,折り曲げて鍛接できるってか?
折り返し鍛錬ができなければ日本刀として認められないのだから(
意味あるとは思えないが,法律上はそうなっている).

317 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 16:29:55 ID:ENtn8KS/
ステンダマっちゅう時点で折り返してあるのかとおもってた。
>>316

318 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 16:35:39 ID:CJDPQrh/
ステンレスダマスカスなんて
鋼材メーカーが必要数積層して販売してる
鍛冶屋はプレスで凹凸付けてから平面研磨するか
削って凹凸付けてから平らに打ち延ばすかして模様出ししてるだけ
(ちゃんと鍛造するためには後者である必要がある)
真空炉で加熱して無酸素状態で圧延鍛接しなきゃ綺麗に付かないんだから

319 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 17:18:00 ID:siQiI4bR
ということはステンレスで「人切り包丁」(法的に日本刀じゃないというので、こう仮称します)を
作るなら、無理に折り返し鍛錬したりせず(そういえばステンレス折り返して何か良いことあるのかな?)
ステンレスの塊を叩き伸ばして刀の形に鍛造し、適当に熱処理して研ぐのがベスト?

320 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 17:25:09 ID:w1q0DKCu
マルテンサイト系とかオーステナイト系とかで硬軟に組み合わせる事が
可能ならその方がいいと思うんだが・・・
通常条件で鍛接しにくいことを考えるとどうなんだろうね。

321 ::2005/06/30(木) 21:35:39 ID:IISAcr3J
関で、ステンレスを折り返し鍛錬して日本刀を作った人がいるのですよ。
だから折り返し鍛錬をした、肌と刃文のある
「人切り包丁」は作れると言いたいのです。

322 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 21:52:59 ID:w1q0DKCu
>321
まじですか。その人どんな裏ワザ使ったんだろ?
それとも実は普通にくっ付いたりするんですか?
常識では無理目なはずだと思うんですけど

323 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 22:38:57 ID:vqsiysCv
作り方を定義付けてしまったらそこで進歩は止まるんだろうな。
全盛期時代の刀工を現代に連れてきたら
新素材にも興味津々だろうよ。
もっと強い刀を! もっと斬れる刀を!


324 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 22:41:27 ID:vqsiysCv
ステンレス鋼があるなら、ステンレス銅が存在ったっていいじゃない。
そしていつの日にかステンレス金を開発したいね。


325 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 22:52:51 ID:aWXzSeFP
>>324
銅はともかく、金はそもそも滅多なことでは錆びないんでは?
銅も百円玉とかに使う白銅は錆びにくいですね。ニッケルとの合金であるあたり
「ステンレス銅」と名乗るのも…ちょっと誇大かな?

326 :名前なカッター(ノ∀`):2005/06/30(木) 23:37:41 ID:w1q0DKCu
つか金以外みんな酸化皮膜で防錆してるだけかと。
見かけ錆びてない様に見えるかもしれんが

327 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 00:21:43 ID:d6UHUXHo
混乱した状態で enchant weapon


328 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 00:49:02 ID:9+0LEjrU
で、ステンレス製「人切り包丁」が「日本刀」よりお得なところって何がある?
美術的価値とか、干渉してどうこう言い出すのは論外だよね。
日本刀より安価でお手入れ簡単は利点になると思うけど
切れ味とか耐久性はよく判らない。

329 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 01:32:10 ID:lwOD//fq
>>323が良いこといった。
「人切り包丁」に必要な性能(硬度とか耐錆性とか)を
今の素材で「代用」するんじゃなくて、
今の素材で「進化」させる事は可能だとオモ。

330 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 06:40:57 ID:RNBJn+Wr
>>329
そりゃ可能だと思うよ。即席ではなく大金かけて十分な研究と開発が行われれば特にね。

そういえば昔、和包丁とMoCrステンレス鋼?の包丁とで鉄パイプを切り比べたことがあった。
和包丁は刃が細かく刃こぼれ(刃筋が立っても衝撃に耐えられない感じ)、ステンレスは捲れた
(しかも刃筋が少々狂っても破損は大きくなかった)。
まあ当たり前なんですけど、炭素鋼でつくる刀ならその性質から硬さ(そこからの切れ味や耐摩耗性)は
最低限キープする程度でよく、あとは出来るだけ粘り重視の物が優秀だとおもう。

331 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 19:21:29 ID:1PDn0hCT
兼永 河村永治郎
(明治20年〜昭和18年)
ステンレス刀の創始者で緻密な彫刻を得意とする。関市金屋町在。

332 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 19:35:31 ID:LmmbvaDf
>>330
ええと、硬さは目的とする物体(刀なら人体?)を切るに必要最低限にして
後は折れにくく作るべきってことでOK?


333 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 20:54:25 ID:3x0xJ/8H
>>325
銅ベースの合金では、真鍮に優る素材は無いでしょう。

334 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 21:24:19 ID:RNBJn+Wr
>332
そんな感じ。理想は当然硬さと粘りを兼ね備えてることなんだけど、
少なくとも刀においては、靭性を伴わない分の硬さは全く役に立たないのではと思ったわけよ。

335 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 23:01:30 ID:EhQ295iP
>>332
細かく言うと、刀では次に研ぐまでに何人斬れればいいのかに
合わせた、最低限の刃持ちということになると思うが・・・

そんなもん分かるかい!
と思った。

336 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 23:26:28 ID:bGeYlmHV
>>335
そこはそれ、一人切れればOKの試合用と、鎧付き10人まで保証の
戦場用を抱き合わせ販売で…

337 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 23:49:54 ID:RIvr0GxI
>>331
兼永 河村永治郎はステンレス刀で有名だが、登録は原則駄目だよね。
つまり折り返し鍛錬はしていないから、と思ってきたのだが。
誰か答えてちょ。


338 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/01(金) 23:50:52 ID:d6UHUXHo
使い捨てのアタッチメント方式にすればいいんだよ。


339 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/02(土) 08:05:51 ID:Qlc2UGIW
そこで、このステンレス穴あき日本刀!
兜割りをした後、試し胴も潰れずにほらこのとおり。
脇差しも付いて、今なら送料手数料はジャパネットが負担(一部離島は除きます)

………みたいな?

340 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/02(土) 10:11:19 ID:00yL/mZy
こ れ だ け じ ゃ な い ん で す!

今ならなんと!

↓アトタノム

341 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/02(土) 10:53:02 ID:kWRz08tE
世界には、古くから”特権階級ならでは”の行為があった。
”特別な言葉遣い”、今では身近なところなら”テーブルマナー”など
大衆が行わない行動を自らに課し、大衆の前で演じることによって
大衆に”特別な存在”を印象付け、自らの地位を保ってきた。

日本の武士は、武器までも自らの特権を位置づける存在とした。
たとえば弓。西洋では照準が付き、ボーガンができ、と年月とともに
誰もが使いやすい道具へと進化していった。
ところが日本の弓は、照準もなく誰もが使いやすい道具ではない。
より正確には、使いやすい道具となることは許されなかった。

厳しい流儀・作法だけならば他の国にもある。しかし武器そのものに
使い難さを残し、それを巧みに使える存在は我々武士のみ、という
構図を維持することが、日本の武士が特権を維持する上では重要だった。

そして日本刀、これも使い難い道具であり、剣術の心得もほとんど無い兵士には
単に折れやすい刃物でしかない。この折れやすい道具をいかに巧みに使い、
これを折ることなく敵を斬ることを果たせる能力が武士を武士たらしめ、
この能力を身に付けるために心技体を磨いたのである。

我が刀、武士の魂と語るだけの業を積んでいないものに日本刀を持たせても
戦果が上がるはずも無く、この事実をもって日本刀を貶める輩も存在するが、
貶めるべきは日本刀ではなく、これを武士の魂の無き人間に持たせた人間なのである。

342 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/02(土) 12:42:39 ID:7i5YE2ci
>>341
そこでステンレスの「折れない、錆びない」刀ですよ。
というか、現代の技術を持ってしても、玉鋼を鍛錬した刀が一番切れるの?

343 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/02(土) 20:46:04 ID:HNMYkd1A
切れ味については刃を微細な鋸状に加工すればステンレスでもいけるのでは?
人間の手で砥げるものになるかは別だけど

344 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/02(土) 22:10:01 ID:sE8qd8PS
刃を自転車のチェーン状に繋いで回転させればいいんだよ。
電動式にすればかなり軽量化もできる。


345 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/02(土) 23:48:03 ID:EscUNBkV
ええと、斬首用チェーンソーでしたっけ?
勢いよくぶつけると壊れるので、そっとあてがって下さいとか言われそうだ。

346 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/02(土) 23:54:30 ID:7o1Y8G59
斬りたいものごとで、ベストな材料とその状態の決定は変わるだろうよ。
つか日本刀が折れやすいとか言ってる奴、正気か?
明らかに曲がる方が優先される武器だろうが

347 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/03(日) 00:24:17 ID:HavQ1Mc7
ゴムで作れば折れないし安全だよ!


348 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/03(日) 00:28:10 ID:ruAHcXtB
水圧剣を作れば日本刀にも負けない。
ダイヤも切れる、最強の切れ味。

349 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/03(日) 00:40:42 ID:j27ulnVg
日本刀って安いのはいくらぐらいですか?
(模造刀はナシで)

350 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/07/03(日) 00:43:44 ID:3lKlhe0v ?#
>>349
長さによっても違うのだが。
刃渡り12センチの日本刀も有るのだが・・・

まぁ刀(刃渡り60センチ以上)とすると、五万位からかな?
30万位出さないと、ガタナだけどね。

351 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/03(日) 00:49:20 ID:j27ulnVg
>>350
いわゆる「太刀」と言われるものです。
ありがとうございます。

352 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/07/03(日) 01:01:56 ID:3lKlhe0v ?#
>>351
太刀と刀は違う物だからね。(ちょっと心配になった)

太刀とは履くもので、そりが強い。
刀は差すもので、やや反りが少ない。(便宜上60センチ以上)


353 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/03(日) 01:45:03 ID:ruAHcXtB
戦国武将の娘が嫁入りに持ってくような凄い短い懐刀ってあるよね。
大抵豪華な装飾なんかして。ああいうのって、市場に出回ってるの?高い?

354 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/03(日) 01:57:08 ID:HavQ1Mc7
あれ自殺用だろ?

355 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/03(日) 04:49:51 ID:aVhEmKnH
花の慶時にでてきたな

356 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/03(日) 11:10:52 ID:8kT08QWk
>>321 :楠 :関で、ステンレスを折り返し鍛錬して日本刀を作った人がいる
>のですよ。
だから具体例を挙げてもらいたいわけです。
海軍刀であれ陸軍刀であれ、折り返し鍛錬したステンレス刀を作った例はな
いと思うのですが。

357 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/03(日) 12:42:19 ID:7zJonoml
河村永治郎氏のステンレス刀は、どんな鍛法だったのかな?岐阜の県立図書館
に資料は残ってないか調べてみよう。なかったら、関まで行くしかないか。

358 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/04(月) 07:52:32 ID:LEjo1knk
銀は日本刀の材質としてどうでしょうか?
強度が足りませんか?

359 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/04(月) 09:45:38 ID:SF7ioxiV
曲がりまっせ・・・。

360 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/04(月) 15:55:52 ID:iyn7BoFm
じゃあ、アルミ

361 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/07(木) 18:22:37 ID:CccEubQQ
超超ジェラルミンなら硬いな。

362 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/07(木) 19:27:13 ID:PahIf4e1
>>358
刀ではなく、テーブルナイフとして、昔から西洋で使われてます

>>360
チャンバラ用にありますな

>>361
タクティカルナイフのトレーニング用として、7075で造ったやつを
見ましたよ

363 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/07/07(木) 19:35:42 ID:Fh4MkeV9 ?#
>>358
儀礼刀として昔から存在する。
銀も鍛えたら結構硬くなるから。切れないがね。

364 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/07(木) 20:02:39 ID:ptoTgV5a
王蟲の殻とか
強獣の甲羅とか
ロングワームの歯を原料にして。


365 ::2005/07/07(木) 20:39:54 ID:OioPSrcB
昨日、某所にあるステンレス刀を見てきました所
折り返し鍛錬してませんでした。  スマンん、勘違いでした。

鋼材はサンドビックの13C26ですた。

366 :東風麿:2005/07/07(木) 22:43:49 ID:/REEJEE1
諸君初心に立ち返る時ぞ、銀だステンだ言う前にかつては輝かしい
青銅剣のじだいがあったでねえか。
あれって冷間鍛造すると、分子構造が詰って紙ぐらいスッパリ切れる
いい刃が付きよるねん。

367 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/08(金) 00:52:32 ID:48jESfgO
>>366
強度はどうなん?西洋の幅広剣ならともかく、ポン刀スタイルだと
華奢になりすぎないか?

368 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/08(金) 00:53:31 ID:Zh0auGm3
なんで昔の西洋では、テーブルナイフを銀で造っていたのでしょうか?

369 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/07/08(金) 00:55:55 ID:fG2kxJGw ?#
>>368
美的ゆえ、
砒素などの酸が検出できるゆえ、
鉄などの匂いが食材に付かないゆえ、
食材を浄化すると迷信ゆえ、

370 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/08(金) 01:05:51 ID:Zh0auGm3
ありがとうございます。毒殺の時代だったので、毒が付くと変色し、毒味代わりになると聞いたことはあったのですが、什器のニオイが付かない為、ってのもあるとは…学びました。

371 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/08(金) 12:56:57 ID:qlH9vqqD
364
材料を用意してくれたら考えてやる

372 :名前なカッター(ノ∀`):2005/07/19(火) 18:03:51 ID:u5ACZpN/
http://webapp.fedriz.com/~play-yan/cgi-bin/source/yan0187.jpg

373 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/02(火) 18:39:48 ID:n3N5JFww
保守

374 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/25(木) 01:31:43 ID:Xin5Z6H+
誘導されたので来ましたー。
えーと、日本刀より切れる刀というのは現代科学で出来た素材を使って
造れるのかという疑問です。
強度を日本刀程度そなえた、日本刀より切れる素材を求めてはいるので
人を数人斬って刃こぼれしようが、それだけ持てば十分です(私の考えですが)
で、日本刀と同じぐらいの結果。それ以上の結果を出せそうだ、と思われる刀って
のは違う素材で造れるのかなぁと。日本刀と斬りあって違う素材の刀が折れるのは勘弁。
というような感じです。よければご教授?をお願いします。

375 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/25(木) 01:41:43 ID:loM7qXAp
>>374
このスレの>>203あたりから「リアル斬鉄剣」の話をしてる。
参考になるかもね。

376 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/08/25(木) 01:56:38 ID:J58WcSDu ?#
>>374
刀匠も法律が無ければ、試斬に使うだけなら、青紙割込で作った方が切れる。
と言ってます。


377 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/25(木) 02:11:27 ID:Xin5Z6H+
となると、ステンレス系ですかー。
セラミックだと、刀負けしちゃうのだろうか・・・
青紙割込のほうが上ってのはわかりました。

また、ちょっと思ったことで、硬質ガラスで作って向こう側が透けて
見えるようなものを造るのは可能なのでしょうか、聞いてみたい。
観賞用に近いですかね。…法律で無理で登録なんぞ出来ないでしょうけど


378 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/08/25(木) 02:20:23 ID:J58WcSDu ?#
>>377
確か、作った人が居たと思う。
ネットで見た事が有る。

試し斬りしたら、砕けたとかw

379 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/25(木) 11:06:07 ID:I4MbcSas
もっと硬度のあるもので作ればどうかな。エメラルドとか、サファイアで。

380 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/25(木) 11:50:29 ID:ccvaqSw+
379
やはり砕けるんでない?
粘りなさそうやし
ってか、硝子と違い一つの石から切り出すのかな?
国宝の刀かえそうだ

381 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/25(木) 13:13:36 ID:vd+nBbwM
折れなければ勝ちなら、硬さはほどほどでやたらに粘りがある金属、
例えばステライト6Kなんかを刀の形にして、どっちかが折れるまで
打ち合えばいい。炭素鋼の刀が先に折れるはず。

382 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/25(木) 13:19:00 ID:8O2FwvN9
>>381
炭素鋼をステ6Kで割り込むのはどうよ
逆にして甲伏でもいいけど。

383 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/25(木) 14:47:31 ID:+ZnTKaRY
素材と形状に制限が無いんなら、胴体はチタン製とか。
いわゆる「物干し竿」が、剛力の持ち主でなくても使える重量で出来るっしょ?

384 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/25(木) 16:57:29 ID:ngWEsbw5
宝石を玉鋼代わりにして作刀とは、アラブの石油王が好みそうだなw
あいつら金に物言わせて貴金属で刀剣とか作らせてたな

385 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 00:29:40 ID:deKoThwv
誘導前のとこに日立金属のZDP189で造れば凄いのが出来るとか書いてあったんですが
コレに関しては情報持ってる方はいないですよね・・・

386 :転記:2005/08/26(金) 00:33:38 ID:mHDEZbUs ?#
日立金属のZDP189で刀を作れれば普通に従来の日本刀を越えると思うぞ
ZDP189は通常刃物などに使われる鋼材の10倍近く刃持ちするといわれてて、その硬度は現在ある刃物用鋼材のなかでもっとも優れてるらしい
包丁メーカーなどはその硬度で研ぎだし難いのと、刃持ちのよさから、研ぎいらずの包丁として売っている所もある
例えるなら現状オリハルコンにもっとも近い鋼材と言えるだろう
>>1よ、頼むこいつでロトの剣を作ってくれ(藁


387 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/08/26(金) 00:35:48 ID:mHDEZbUs ?#
>>386
ZDP189丸のままでは折れるでしょうね。

三枚にした奴なら、使えるかも。

ただ、元々日本刀はそんなに硬い訳ではない。
折れるよりまがる方が、戦場では生き残れるし、
欠けるより、まくれた方が、現場で修正しやすい。


388 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 01:59:59 ID:jSRghUZU
精度の必要な工業製品に使われる、冷間鍛造という方法で作ったら、質のいい刀身ができるのでは?

389 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 02:13:01 ID:YmJzS2xR
冷間鍛造の(まともな)技術って持ってる所が少ないって聞いた。

390 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 06:48:17 ID:z2NcoyEZ
刀身における硬度と粘度の兼ね合いについて思うんだけど、
要は「通常の使用法で折れず曲がらず」を目指せば良いと思うんだな。
人間の膂力には一定の限界があるから、無限大の強度は必要無いでしょ?

391 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 10:21:00 ID:08j7DFlw
強度はなるだけ高い方がいいだろ、相手の武器との衝突があるから。
むしろ重要度が低いのは切れ味。
折れず曲がらずよく斬れるの順に大事。

392 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 14:44:47 ID:kJm/vVQm
ひとつの目標値として挙げられるのは、
硬度・粘度の両面で「玉鋼」以上の数値を持つ素材だな。
単体では難しくても、幾つかの素材を組み合わせる事で
クリアは可能な目標だと思うんだ。
(場合によっては、金属素材に拘る必要さえ無いのかも)

393 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 16:15:52 ID:k3SzlQgG
そもそも、玉鋼って、そんなに凄まじい性能の素材なのか?
伝統的製法に則って製作しなければならない(法的にも愛好家の要求的にも)
という制約によって玉鋼が使われているだけじゃないのかな。
明治くらいまでは最高の鋼材だったんだろうが、現在でもそうなのか?
もしそうなら、もっと色々な工具や機械部品などに使われていてもいいんだが。
値段は使われない理由にはならないだろう。
ある用途に必要ならば金でも白金でも使われるんだから。

394 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 17:41:05 ID:b0USL1YD
今の状況だと、玉鋼を量産する場所が無い
玉鋼1`に対し鉄鉱石(若しくは砂鉄)をどれほど使うか‥
作り形にも作るとこの秘伝があり、手間も膨大なものとなる。
日本刀も作る前に玉鋼を仕入れなければならないが、それがまた高い。
質のいいものは日本保が独占してるし
人により作る玉鋼と近代の機械により作る玉鋼が同じものが出来るかもわからないし
結局、メリットとデメリットを掛け合わせると後者の方がばかデカいんだよ

395 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 18:39:47 ID:k3SzlQgG
だから、並外れて優れた素材なら、量産する場所を作るんじゃないの?
作らないってことは、せいぜい白紙とか青紙とかよりちょっとマシ、くらいで
特別優れた性能は無いんじゃないかな。
高いといったって、金や白金ほどじゃないでしよ。

396 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 20:13:26 ID:zfi+9afP
>>393
近代化以前に人が持ちえた技術のたまものとして考えたら、玉鋼の性能は驚嘆に値する。


397 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 21:07:57 ID:qSHO6Yl+
隕石刀って既出かな?

398 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 21:11:45 ID:k3SzlQgG
>>396
そりゃあもう、「当時としては」非常に優れた鋼材だったことは言われなくて認める。
今知りたいのは近代化以前の話じゃなくて、現在の最先端の冶金技術を以ってしても
太刀打ちできない驚異の鋼材なのかどうか?ということ。

399 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 21:26:58 ID:zfi+9afP
勿論そんなわけ無いが、そういうの突き詰めるのはコストが掛かるんだよ。

400 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 21:31:43 ID:b0USL1YD
卓上理論だけではなにが強いとか完全にきまらんだろ

どんなに計算し尽くしても、実際やったら違ったってことは当たり前だし。
玉鋼は`いくらだっけ?30万くらいだったかしら?


量産するのに手間と材料がないんだってば。
三日三晩機械管理して、たっぷり減量使って‥白紙、青紙の利器材とは根本的に

401 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 22:08:40 ID:jVo2/95c
みんな日本語使ってるのに、意味通じてない。 いとおかし

402 ::2005/08/26(金) 22:39:44 ID:nSeGjDlT
>>400 玉鋼は級や、種類があり
値段がピンキリなので一概には言えませんが、キロ1〜2万くらいです。

切れ味や性能は様々な要素が関係しているので答えは出ませんが、
硬度に関しては、折り返し鍛錬をする日本刀は炭素量が低いので
柔らかい傾向にあります。
古刀の刃はヤスリで削れる物があるらしいですし。

もちろん玉鋼特有の利点は沢山あると思います。
でも不安定性やコストなどの欠点があり、トータルで見ると
使えない鋼材だと思います。
玉鋼は日本刀に使われている事や、不安定さにより
「最高の切れ味ができるかも」と言う幻想を生み出していると思われます。
つまりは日本刀にありがちな幻想。

色々検討して、「最強の日本刀」を検証し作る事も可能ですが
法で禁じられていますし、そんな刀には魅力も何もありません。
その他の刃物にも、実用品には使われていない所を見ると
使えない鋼材なのでしょう。

つまりは妄想。

ストライダーに使ったら最強かも

403 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 23:03:33 ID:88ecyxnV
>>402
だから、此処は妄想で楽しむスレだし。
「全盛期の猪木とヒクソン、どっちが強い?」なんてのと同じ。
実現可能性がゼロであっても、考える事が面白いんだよ。

てな訳で。
ポリカーボネイトの刀身はどうでしょー?

404 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 23:45:51 ID:zfi+9afP
じゃあ、チューインガム製の刀

405 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/26(金) 23:53:17 ID:BXmSlWw5
折れず 曲がらず よく斬れる

駄目じゃん

406 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/27(土) 00:02:08 ID:ioV2Qatc
折れず(頑固者)
曲がらず(カーナビの指示に反応できず曲がれない事多し)
よくキレる(カルシウムが足りません)

うちの上司だな。

407 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/27(土) 00:34:13 ID:MjB1iY+l
>406
あははっ ワロタw

408 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/27(土) 00:44:55 ID:7e+v85rs
406の上司を使えば最強の刀が!

409 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/27(土) 01:04:42 ID:BrxtIto4
日本刀史史上最高の名刀が作れるな。

美しいかと言えば(ry

410 :名前なカッター(ノ∀`):2005/08/27(土) 02:11:59 ID:dX53fbnp
406の上司が俳優並の顔ならば美しいのではw
最強の名刀だw

411 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/09/03(土) 00:31:11 ID:1jgtlHxF ?#
40 名前: 217 Mail: sage 投稿日: 05/09/02(金) 02:25:28 ID: DMStExDi

道具というか実用目的での日本刀の進化は軍刀止まり
今は美術品としての価値しか評価されない

アメリカなんかステン、カーボンだもんな
懐古主義も結構だが
刀匠の中の人に
世界を意識して欲しいと思うのは漏れだけ?


412 :転記:2005/09/03(土) 00:31:43 ID:1jgtlHxF ?#
41 名前: 名前なカッター(ノ∀`) Mail: sage 投稿日: 05/09/02(金) 22:52:19 ID: bqdFQUZF

>>40
それは国外出る以外方法ないぞ。

42 名前: 名前なカッター(ノ∀`) Mail: sage 投稿日: 05/09/02(金) 23:23:11 ID: n1UO3klV

>>40
多分キミだけか、商売としてどっちが成り立っているか知らないお子様だけだろう

美術品として世界市場で評価され、市場が形成されているのは懐古趣味の日本刀
コレクターも多いし、市場価格も確立されている
アメリカのステンやカーボン使った物は、事実上米国内でしか販売されていなののでは?
それも一部の趣味人向け、生産量も10とか20とか
収入の大半はカスタムナイフ、刀は片手間が現実では?

刀工も職業、商売なのだからドチラに目を向け
どの市場にマッチした物を作るかなんて誰でも判りそうなモノだがな



413 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/03(土) 19:28:55 ID:uIRuFWoq
>>411
ネタが無い、ってのは判らんでも無いが
荒れそうなネタを引っ張ってくるのはイガガなものか・・・

414 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/04(日) 08:01:00 ID:my+PmdU6
ところで、玉鋼が最高か最新の合金がより優れているか、という材質の問題はひとまず置いといて、
日本刀のデザイン(重量バランスやサイズを含む)は人間を叩き切るという本来の使用目的において
世界の刀剣類全ての中で最も理にかなった形状なの?

415 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/04(日) 09:28:57 ID:lnces4UT
叩き切るのならマサカリの方が一撃でまっぷたつになりそうだ。

416 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/04(日) 10:54:46 ID:es4HiDrc
ダメな素材でも、人体まっぷたつに出来る柳葉刀のほうが
理にはかなってる。


417 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/04(日) 13:28:56 ID:LmdmTXp7
核のボタンの方が理にかなってる

418 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

419 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/05(月) 09:47:38 ID:rp3XV9Is
>>417
大統領と議会が別個に権限を持ってる分
すぐに使えないから、役にたたん
自動迎撃システムの方が利にかなっている

420 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/05(月) 16:51:37 ID:nO672sTs
>>417
ロシアなんて崩壊後の金欠貧乏でまともな維持も出来ていないが。
ミサイル注入燃料は漏れ出すわ電子機器はポンコツだわで兵器も人員の質もダメダメだし。

421 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/12(月) 03:14:26 ID:GjCyWnrj
ここは刃物板です

422 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/12(月) 22:20:06 ID:28+UbnH3
刃物と言えば、ちょっと資料で質問したいのだけど
あなたのご家庭にある包丁の素材は?

うちはステンレスだった。しかもなんか海外の名匠の工房で作られたっぽい。

423 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/14(水) 21:27:59 ID:pLYyhO37
鉄、ホムセンで3千円程度の物

資料としてならコッチで聞いた方がイイんじゃまいか?
◆◆◆ 包丁の選び方 十二丁目 ◆◆◆
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/cook/1123752199/

【和包丁】包丁を語れ【洋包丁】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1100698557/


424 :鍛冶屋の門前の小僧:2005/09/16(金) 10:52:55 ID:r27FD4dU

ステンレスで刀は作れるか? というテーマに戻ります。

ステンレスと炭素鋼の積層材はつくれるでしょう。

1 ステンレス板の両面にアーク溶接で軟鉄を肉盛りする。

2 溶接ガラを残らず取り除いたあと、肉盛りした軟鉄を削って平面にする。

3 鍛接材を塗って両面に和鉄を接合する。

4 折り返し鍛鉄すると、薄いステンレス層がびっしり入った鉄材の出来上がり。

5 いちばん凝った四方固めであれば、軟鉄ではさんだステンレスに鍛接する
  和鉄の種類をそれぞれにあったものにすればよい。

6 焼きいれの際に匂い口がきれいに出るかどうか、はよく判らない。

誰か、やってみて報告してくれ。




425 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/17(土) 01:21:16 ID:tB2EuYe7
>424
溶接してる時点で熱ムラ起きないの?

426 :鍛冶屋の門前の小僧:2005/09/17(土) 16:00:21 ID:M6rNynKm
反ったり曲がったりするからステンの端っこから少しずつ肉盛りする。

どうしても修正しなければならないときは火床であぶって叩いて伸ばす。>>425

ステンレスは切断面が1×2cmくらい。四面ぜんぶに軟鉄肉盛りして、和鉄で
くるんだほうがいいかな。

427 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/17(土) 16:18:39 ID:07sBl5Op
>>426
よく解らんのだが、
ステンレスと炭素鋼の積層材と、ステンレス刀とどういう関係があるの?

428 :+:2005/09/17(土) 22:10:39 ID:zSMus7+K
関市のフェザーミュージアムにステンレスの日本刀が展示してある。
来月の刃物祭で確認してみ。

429 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/18(日) 10:19:50 ID:NlVv1G08
>>428
法律には引っ掛からんのかね?

430 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/18(日) 16:15:23 ID:NbxwnE5Z
ちゃんと届け出してるだろうよ

431 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/19(月) 07:10:25 ID:hH+ZlD0J
岡山県長船町にある長船刀剣博物館にゆくと、小柄をじぶんでつくれますよ。

毎週土曜日が工芸教室です。日曜日は鍛刀の実演が見られますよ。月曜は
休館。水蒸気で黒皮を吹き飛ばすとこなんか、迫力です。ふいごを使った
加熱も面白い。


工芸教室で鍔と小柄のどちらかを選んで一万円払ってから、刀匠の打った
小柄の穂のなかから自分の気に入った一本を選びます。工芸教室にゆき、
ヤスリで指定された伝統的方法で小柄に仕上げます。

つぎは、銘入れをやります。クズ刀のナカゴに練習させてくれます。
銘が仕上がったら、焼刃土塗って、焼入れします。上手にできたら、プロの
研ぎ師さんに頼んで研ぎ上げてもらいましょう。ハバキを造ってもらって
白鞘に収めるのもよいかもしれません。あ、もちろん、研ぎ師さんの工房で
自分で納得ゆくまで研いでみるのもいいです。じぶんでやるぶんはタダです^^

あんまり出来のよいのが出来ると、博物館の入り口付近に展示されてしま
います。かなりよい出来のがいろいろ展示されていて興味深いです。まず
他人の作った小柄をじっくり見てからはじめたほうがいいですね。

柄巻き師さん、研ぎ師さん、鞘師さん、刀匠さん、ハバキ金工さんの工房が
そろっていて、プロの方々と雑談したり質問しながら見学できます

小柄程度の大きさなら、自分でステンレスを加工して楽勝でつくれます。
作成過程を経験すると、カタナとそうでないものの違いがよく判ると思います。

432 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/09/19(月) 23:15:42 ID:8ojitSxl ?#
>>431
申し訳ないが、日曜日の公開鍛練は諸事情により中止されたまま。

また、工芸教室も鐔講座は中止
小刀講座は隔週になりました。



433 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/20(火) 06:52:22 ID:Pl/EDnPV

あっら〜? なんで?  縮小傾向なんですか?

じっさいに自分で鉄を削ったり研いだり焼きいれしたりすることで
日本人と鉄との付き合いの歴史を肌で知るには絶好の場なのに。

時間と機会があれば、つぎは鍔講座にゆきたいな、と密かに計画してたのに
残念です。



434 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/23(金) 16:12:22 ID:t7mIiMGr
チタンじゃ駄目か?

435 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/23(金) 17:32:47 ID:7xPJHoFj
チタンじゃ、硬度が上がりにくい

436 :名前なカッター(ノ∀`):2005/09/23(金) 17:37:57 ID:7xPJHoFj
ダマスカスは、どうだ?

437 ::2005/09/23(金) 20:14:34 ID:TW8oVehs
日本刀は、性質の違う鋼を積層している
広義のダマスカスでできています。

だから性能が良いのです。

438 :源衛兵:2005/09/23(金) 20:58:05 ID:rZ2DqUbz
>>437
ワイヤー・チェーンダマスカスでも大丈夫でありますか?
模様だけで違う鋼を積層しているわけじゃないので無理だと思われますが…

439 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/01(土) 16:03:20 ID:8ma/qoN8

玉鋼は特色のひとつとして純度が高い。
よく仏閣などの1000年をへた釘などがまだ使えるという事例がある。
今の鋼材の釘の寿命は数十年ぐらい。
青紙、ZDP、カウリ・・・などと比較して優れている点もあれば劣る点もある。
一概に玉鋼といっても種類がいろいろとある。
純度が高いため錆びにくい傾向がある。ステンレスなどとは比べるよしもないが。
コストパフォーマンスを考えなければ、
現代の様々な鋼材と比べて、治金学の視点からみても何ら遜色はないものではある。
だが高い。


440 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/01(土) 16:42:25 ID:utH8HX3D
あー、昔のナイマガで千年前の釘の記事があったな確か。欲しいなー、あーいうの。

441 :源衛兵:2005/10/01(土) 17:19:29 ID:URyBTqGp
法隆寺の釘もそうらしいね

442 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/01(土) 19:42:37 ID:bH/ZmL0u
昔の清浄な空気や水のもとで作られた玉鋼だから1000年もったが、現在の亜硫酸ガスなどで
汚染された空気や水の条件下で作った玉鋼はそんなに長くはもたない、という説を読んだことが
あるけど、どう思う?

443 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/01(土) 20:11:51 ID:XjZ3B/ed
昔の釘って黒皮ついたままだからそれ以上錆びないだけじゃねえの?
つか、釘に玉鋼なんか使わないだろ。包丁鉄とかじゃねえの。

444 ::2005/10/01(土) 21:01:26 ID:77deVQmy
ここでの「玉鋼」とはたたら製鉄などで作られた
古代鉄の事かと。
ステライトやβチタンが「ナイフ鋼材」として一まとめになっているのと同じ。

純度が高ければ、耐食性が強いのは事実だそうです。

445 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/01(土) 21:16:19 ID:kSQZqiQ+
443へ
釘について詳しく述べた本があります。
題名は失念してしまいましたが、現代の鍛冶の方が執筆した本です。
ステンレスで釘を作っても1000年はもたない事実があります。

説明を始めると治金学について細かく解説しないため割愛しますが、
現在の玉鋼の方が不純物は少ないのです。
しかしその玉鋼を鍛える火加減その他それを有効に活用する技術は
昔の鍛冶のほうが技量は上なのです。
科学の発達した現在ですから解明できそうですが、
現代の科学技術の仕上げ段階において最後の仕上げはごく少数の方に
しか制御できない現実が様々な業界にあります。

一見アナログに見えますが、人の手は科学技術の結晶でもある現実もあるのです。



446 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/01(土) 21:34:23 ID:CpQs4Ybq
>>439 >>445

  × 治金学
  ○ 冶金学(やきんがく)



447 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/01(土) 21:42:12 ID:kSQZqiQ+
変換間違えていました。
指摘有り難う御座います。

448 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/01(土) 23:39:21 ID:tKsOT381
テクニックとテクノロジーを混同すると、話がややこしくなるぞ。

むかしの鍛冶の技術はテクニックなんだから、それがいくら優れて
いたとしたって、再現したり発展させたりできるとは限らない。
できたとしても偶然でしかありえない。

つまり、テクニックをいくらマンセーしても俺らは幸福にはなれん。
ただし、自分のテクニック自慢なら、いくらでもしてくれ。

449 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/07(金) 19:55:57 ID:kJLGVdNr
マルエージング鋼中の人にして、
外側を硬度高めのにすれば良いんじゃね?

450 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/08(土) 02:57:58 ID:gIuaRAxC
>>449
HRc50あって、斬る対象はほとんどがHRc20以下で刃持ちは問わない。

そういう用途を考えれば、ぜんぶマルエージング鋼のほうがいいかもね。


451 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/22(土) 22:18:12 ID:aAGmwWx2
ttp://www.yamatoden.com/gibon/gibon.html

このサイトに隕鉄(ニッケル鋼)で作刀を試みた話が紹介してあるので
ステンレスでも十分折り返し鍛練できるのではないでしょうか?

452 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/23(日) 16:35:17 ID:UudNxceC
あげ

453 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/24(月) 12:32:27 ID:MobgUHYe
極端な話、鍛着可能な金属なら折り返し鍛練で日本刀の形をした物は作れる
玉鋼に拘ってるのは玉鋼でないと困るどこかの協会の人だと思う

454 ::2005/10/24(月) 12:59:00 ID:wWrfuV+n
玉鋼は在庫がかなりあるらしいからねえ。
かといってたたらを止める事もできないし

455 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/24(月) 18:04:11 ID:vuJBLim6
在庫抱えてるのに値段は安くしないの?
安くなったら在庫はけるし、刀匠は助かるし、いいこと尽くめじゃん。

456 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/10/24(月) 19:16:35 ID:v0KR+8LO ?#
>>453
>鍛着可能な金属
これが問題で、新日鉄や川鉄・日立などが玉鋼を分析して、製鋼を試してみるが、
どうしても鍛着出来ないそうな


457 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/24(月) 19:58:22 ID:+68hW78e
冷鉄のステンレス刀ほしいなぁー。どーにかして手に入らんかしら。

458 :◆CRdmCEc.aI :2005/10/24(月) 20:14:18 ID:sa3GtV0y
>>457 店頭で断られてる(?)人を見かけたけど、あいくちに分類されちゃうんですか?

459 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/24(月) 20:58:17 ID:1U/ufxLn
建前上は、日本刀は玉鋼を使い伝統的な製法で作った物が美術品として
国内で流通が許されている
ステンレスに限らず、刃物として使える鋼材で作られ日本刀のような形をした物は
刀剣類として国内では流通させることは出来ない、もちろん輸入も

>>455
市場規模が小さいので、安く在庫をハケさせれば皆が多量に買い込み
その後数年(或いは数十年)売れなくなり、たたら操業自体が又消える

460 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/24(月) 21:29:54 ID:+68hW78e
>>457 そっちのタントーナイフじゃなくて冷鉄は日本刀のレプリカを作ってるのよ。

461 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/24(月) 21:54:57 ID:vuJBLim6
>>459
なるほど。
てか、玉鋼の在庫って数年〜数十年ぶんもあるんだ。

462 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/27(木) 00:10:14 ID:ME3HAy/C
魁!!雪駄塾〜甦れ!大和魂〜
http://settajyuku.blog23.fc2.com/blog-entry-1.html

日本が世界に誇る「雪踏(雪駄)」についての考察。「粋」を徹底的に追求。
世界広しと言えども、ネットでここまで詳しく解説しているのはここだけ。

463 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/27(木) 00:55:44 ID:0q/COi3m
玉鋼の需要が日本刀とごく少数のナイフや包丁だけ、というんでは
たたら操業はまた消えるしかないだろうな。
日本刀の人気が落ちたらますます生き残りは難しくなるだろう。
そして今度消えたら再復活はもう望めないんじゃないかな。
少ない需要は小規模なたたらモドキを作って誤魔化せそうだし。

464 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/27(木) 13:18:03 ID:hAUX4ZPR
>>453.456
青鋼や白鋼って鍛着出来るよね、ここで言ってるのはステンレスで鍛着って
言う事かな?利器材は鍛着ではないものなの?うーん、つまり製鉄所でプレスロール
で作れないものなの?

俺のアターマ かなり混乱中。

465 :黒猫:2005/10/27(木) 18:19:44 ID:CqpdVyPj
>>463
玉鋼を、もっと一般人に売れば、イインジャネ。
ワザワザ自分でドラム缶で作ってる人が居るくらいなんだから、ある程度は売れると思う。
玉鋼でやりたいけど、ドラム缶自作出来ない人も多いだろうし。
そうすれば、需要が伸びるし、文化としても残せる。
それに、知名度が上がり、在庫も減る。


どうだろ?

466 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2005/10/27(木) 18:33:43 ID:3JKtt4G4 ?#
>>464
>青鋼や白鋼
鍛接材を使うと端着で来ますが、
日本刀の折り返し鍛練では鍛接材は使いません。(使う人も居るが・・・)



467 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/27(木) 18:50:39 ID:wdG+ZAl5
>>465
単価が高くて加工品になると刃物自体が半端じゃない値段となってしまう。やはり一部の高級品に限られると思う
たたらも相当な年月の研究、実践の上で成り立っているわけで一子相伝の極意もである
出来る玉鋼の質もかなりバラつきがでるし、労力が果てしない。
機械で出来るようになればスゴイのだが、今だに作っているという情報はなし
質のいい玉鋼は日本保が独占しているし

468 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/27(木) 19:22:40 ID:w1w7fNtz
俺の中では、

玉鋼は鍛接剤なしでもワラ灰をかけるだけで容易に鍛接ができ、折り返し鍛錬が十分可能。
青紙、白紙は鍛接はできる(要鍛接剤)。折り返し鍛錬は不要(or困難?)
隕鉄はNi7、8%程度なら高温で鍛接可能で、なんとか折り返し鍛錬できる。
ステンレス鋼は、通常条件下では
オーステ系Cr18、Ni8%のものは・・・まず無理。
マルテン系Cr13%は・・・恐らく無理。

ってことになってる。

469 ::2005/10/27(木) 20:38:10 ID:WgdMSGFW
とりあえず、赤らめて鉄どうしをくっ付ける事を「鍛接」と言い、
玉鋼を鍛接材を用いずに赤土と藁灰を用い赤らめて鉄どうしをくっ付ける事を「沸し付け」と言うのでは?
鍛接は1000度くらいでも可能ですが、沸し付けは1200〜1300と高温にまります。
接着強度は沸し付け方が高くなります。

一般に玉鋼だけが沸し付けができると言われていますが
一概には言えません。経験はありませんが、
どうやら単一鋼なら卸し鉄をすれば玉鋼として使えるそうです。
一時期 日本刀スレで言われていた電解鉄もそうです。
しかし、卸し鉄の時に銅が混在するとたちまちくっ付かなくなるそうなので
純度が高い鉄でないといけないみたいです。稀に和釘に銅釘がまじっていると大変だそうです。

玉鋼に関しては、今のたたらよりも
小たたらで作った物の方が戦前のたたらに近いものができます。
いまのたたらより低温で製鉄できるかららしいです。

上記の事は私の見解なので勘違いもあると思いますがご了承ください。

470 ::2005/10/27(木) 20:46:35 ID:WgdMSGFW
ステンレスの鍛接は、どうやらできないようです。

某有名鍛冶屋さんに聞いたところ、
なかごだけをステンレスにしている包丁は、
鋼材の状態の時に溶接をしてくるそうです。
職人さんなので「できない」とは仰っていませんでしたが、
結局溶接している所を見ると簡単にはできないのでしょう。

つっこんで聞いていたら
「ステンレスを鍛接する意味が無いじゃない」って言われました。

たっ、確かに・・・・。溶接で事足りてるからな。。。

471 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/27(木) 21:16:56 ID:Gt9bHDoJ
包丁なんかだと、ステン鋼ステンとか、間が刃物用のステン材とかあるが
あーゆーのはどうやってくっ付けるの?

>>465
ある程度では話にならないから、売らないんでそ
一定量が安定して売れつづけなければ需要が伸びる訳では無いし

実際の所、「玉鋼」って看板に金払ってるのが現実でそ
和釘も電解鉄使って作ってるし
実用で、玉鋼で無ければならない、って物は無いと思うし

472 :トギー:2005/10/28(金) 20:45:20 ID:vOdkHrwl
>>471
ども、庖丁屋です。
あれは材料屋の仕事ですね。
国内で出回ってるクラッド材はほとんどここ
ハットリのカウリ-Xダマ、V10積層、チタンクラッドも・・
http://www.e-tokko.com/

基本的に同質のものは磨いた材料積み重ね周りを全部溶接して圧延。
異質のものは融点ひくい金属を糊がわりにしてくっつけてるみたい。



473 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/29(土) 22:02:21 ID:0LpPxpYk
んー、ってかさぁ、18ー8なんて聞いちゃうとSUS304でしょ?日本刀をナイフとかフォークといっしょにしちゃまずいって・・タマハガネとステンは強度とかすべてが異なるよ

474 :名前なカッター(ノ∀`):2005/10/29(土) 22:07:04 ID:/6PoDMYU
ダイナマイトを爆発させてその巨大な圧力で普通は鍛接不可能な金属同士を圧着できると聞いたことがある。
その技法を使えばステン同士でもひっつけられるんじゃないの?

475 :えんじにゃ:2005/10/31(月) 20:18:10 ID:0YQwlh3C
>>439
1000年持つ釘は通称「飛鳥釘」って呼ばれてる奴ですね。
飛鳥時代に作られたけど、いまだに朽ちない。
法隆寺修復時に、室町時代とかに作られた釘は、取替えが必要だが、飛鳥釘は現役だとか。
飛鳥釘の特徴は、成分的にTiの含有量が多いことみたいです。

>>470
鍛接は、高温が得られなかった時代の苦肉の策で、溶接できるなら溶接してたんではないかという話も。
しかし、溶接が出来てたなら、日本刀の技術の発展は無かったでしょう。

現代では、真空拡散接合法を使えば、どんな金属も接合可能です。(ただ、難易度次第で宇宙開発並のコストが必要)
ステンやチタン、特にアルミは表面の酸化膜が邪魔するので、単にくっつけて叩くだけではくっつきにくいです。

>>474みたいな強引な接合法としては、撹拌接合があります。これは脆い金属には使えないですが。

476 :名前なカッター(ノ∀`):2005/11/01(火) 00:48:50 ID:ZhteOM9Z
>>472
 カウリーXってあんましいい評判聞かないね。

477 :名前なカッター(ノ∀`):2005/11/01(火) 23:28:39 ID:hsBMibMp
>>474
つ【爆発圧着】


478 :名前なカッター(ノ∀`):2005/11/03(木) 00:13:30 ID:y0SCpR3A
>>474
高級な積層材の鍋なんかはそのやり方で作る。
確かC4かなんかを火薬として用いていたはず。


479 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/13(金) 20:30:51 ID:jFJhSyIg
昭和刀で銀紙で作った刀があるけど、それは鍛接してあるぞ

480 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/15(日) 05:38:22 ID:HYtFVrvX
鍛接のメリットとは?力を鋼から地金に導くときに鍛接だと溶接に比較して
接合状態が悪く一種の滑りが生じ振動を消す方向に作用するような気がします?
鍛接でなく銀ろう(銅の合金は振動を吸収する)で接合してもいいような?
(昔,バイトのチップは銀ろうで接合していた)炭素鋼だと焼き入れ時にろうが
溶けてしまうやっぱり鍛接かなあ?
地金部分でも最先端の制振金属,制振合金を使えばもっと切れるような?

481 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/19(木) 13:57:18 ID:FN6IylXU
sten ja
yakubu sokuda rooga


482 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/19(木) 21:49:10 ID:DTKV3Z9S
チタン合金は?
軽いし結構な堅さがあるよね。
もう出てたらごめん。

483 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/23(月) 23:32:00 ID:i5gKbBDh
砂鉄に隠し味を付けて製鉄とか出来ないんだろうか。

484 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/25(水) 00:01:30 ID:lE/tq+hV
チタンは脆い
論外


485 :ブリジット:2006/01/25(水) 00:18:43 ID:Yc75GyJC
2年前たけしの番組でチタンで【リアル斬鉄剣】を作るって企画があった。
藤岡弘がクルマのドアを普通の日本刀とチタン刀の2本で試し斬りしたんだけど、
ふつうの日本刀はドアを7cmくらいしか斬れなかったけど、リアル斬鉄剣は40〜50cm
くらい斬ってた。つまり、チタンで日本刀を作ると本当に何でも斬れてしまうんだよ

486 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/25(水) 00:42:33 ID:2LShoxnD
あれはチタンじゃないっての


487 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/25(水) 00:43:55 ID:2LShoxnD
http://successmoon.blogzine.jp/tech/2004/10/post_1.html

488 :ブリジット:2006/01/25(水) 00:55:31 ID:Yc75GyJC
>>486
ごめんごめん、勘違いしてた。22cmしか斬れてないし・・・
でもさ、これ作ったらどれくらいの値段が付くんだろうね。
一振り欲しいサー

489 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2006/01/25(水) 01:09:29 ID:kENv8lVj ?
>>488
銃刀法違反でさ。
これは、備前長船刀剣の里で作ったのだが、検証用として特別許可だそうだ。

超硬合金を溝を掘った鉄に蝋付けして、ダイヤモンドディスクをつけたグラインダーで延々削るのだ。


490 :黒猫:2006/01/25(水) 07:53:20 ID:+hVvCpbz
チタンと言えば、コールドスチールが、日本刀もどき作ってたな

>>超合金刀
それって、 日本刀と言えるの?


491 :ガリガリ妊婦:2006/01/25(水) 09:10:26 ID:zGMuZCoU
一般の方の認識なら十分、日本刀。
我々の認識なら十分、違法刀。

492 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2006/01/25(水) 22:29:19 ID:kENv8lVj ?
>>490
>超合金刀
超硬合金と言ってくれw
超合金と言うと、なんか合体したり変形したりしそうだw
・・・・歳かorz

日本刀とはいえないよね。

493 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/25(水) 23:06:09 ID:+9hNJopY
いや、別に歳じゃないでしょ。
19の俺でも超合金と聞いたら戦隊ロボが出てくるし。
それとも俺おかしい?
ソウイエバヘイキデカーペンターズウタエル('A`)

494 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/26(木) 20:10:47 ID:czXdkUmI
超合金=プラスチックとエンビ

495 :黒猫:2006/01/27(金) 15:47:06 ID:B/QotYBl
超合金って実を言うと、結構あるんだよね。
確かチタンとかも超合金になる。

496 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/27(金) 21:38:01 ID:kymRlHEL
ダマスカス刀
ttp://www.angelsword.com/japanese/japanese_home.php

497 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/28(土) 01:39:49 ID:9HRnIdg3
あのリアル斬鉄剣は長船で作ったのか・・・そういえばその作らせたメーカー自体が岡山か。
今も昔も岡山で最高の刀が作られるんだな。そもそも長船が栄えたのはやっぱり良質の玉鋼が採掘できたからなの?

498 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/28(土) 01:51:57 ID:6OIqC5rh
タタラの操業なら日本海側の鳥取とかの出雲地方が大規模にやってた
松炭の入手や出来た製品の運搬などは瀬戸内海側の方が有利だったので
岡山に資材が集積され製品化、発送って感じだったんじゃまいいか?

499 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2006/01/29(日) 23:15:22 ID:GmMIpevW ?
うーん、元々は山陽側のほうが、山陰より先に製鉄は盛んになったのだ。
山陰でとれる砂鉄は真砂鉄
山陽、吉井川でとれるのは赤目砂鉄

で、赤目砂鉄の方が小規模、低温で還元製鉄できる
真砂鉄は大規模操業しないといけないので、技術的に上なんだ。

また、こらい、長船の隣の町・福岡は当時としては開け、市が立ち、日本全国から商人が集まる場所であった。
よって、生産地として全国区を相手に出来た。
(福岡県の福岡の地名は備前福岡から筑前に封じられた黒田長政が備前福岡を偲んで付けたもの)

500 :名前なカッター(ノ∀`):2006/01/30(月) 04:20:59 ID:BsLqGfDj
真砂はヒ押し、赤目は銑押しと聞く。
赤目の利用が盛んになったのは
銑を卸金で包丁鉄に仕上げる技術ができてからなのだろうな。

501 :名前なカッター(ノ∀`):2006/03/01(水) 18:57:44 ID:L0VQoxU8
age

502 :名前なカッター(ノ∀`):2006/03/03(金) 16:43:05 ID:7zFHB5pw
ステンレスよりもダイヤモンドの方が好きです
堅いし、キラキラ光ってるし、なによりも大好きです
すごく斬れると思います!

503 :名前なカッター(ノ∀`):2006/03/04(土) 01:14:13 ID:shX7xbX3
↑金持ちは一生下痢になってればいいんだ

504 :名前なカッター(ノ∀`):2006/03/12(日) 13:32:00 ID:5H2o3EmX
ダイヤモンドの方が弱くないか?

505 :名前なカッター(ノ∀`):2006/03/19(日) 14:49:29 ID:4W9z5aLp
既出事項ちょいと纏めますよ。
ステンレス(不錆鋼)で鍛造された刀は日本刀と呼ぶには微妙。
ステンレス刀は海軍軍用刀として少数ながら製造されたことがある。(耐錆刀ともいう)
不錆刀は関市のフェザーミュージアムに展示?
コレの事?
ttp://www.h4.dion.ne.jp/~t-ohmura/gunto_122.htm
素延べまたは機械鍛造らしい。当然、刃紋はないかも…。

ステンレスと鉄を鍛接するには鍛接材「硼砂(ほうしゃ)」という、接合助剤が必要?
ttp://www.teruyasu.jp/craft/craft1.html

刃鉄:安来鋼青紙など、もしくはダマスカス鋼
皮鉄:ステンレス(心鉄よりも堅い)
心鉄:ステンレス(皮鉄よりもちょい柔らかめ)

硼砂を解して鍛接して造り込みして素延べしたら
刃紋も出て、熱処理ができそうな気がするが、どうだろうなぁ・・・
********************
怪しげな中国(台湾製)
ttp://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e51708378
こんなん買ったらお尋ね者になるのかな?


506 :名前なカッター(ノ∀`):2006/03/29(水) 00:36:58 ID:0QBolFLJ
軍用刀としての耐錆鋼刀は、教育委員会に持っていって登録することは
できないのだろうか?

507 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2006/03/29(水) 07:28:39 ID:d2qsjQhK ?
>>506
現在は出来ない。

508 :名前なカッター(ノ∀`):2006/04/03(月) 21:32:06 ID:LqNTbC3i
そもそも、ステンと炭素鋼の鍛接が硼砂で可能なのでしょうか・・・?


509 :名前なカッター(ノ∀`):2006/04/03(月) 22:12:10 ID:hUay7CZr
>508
505のカキコミ見てみた?
硼砂(棚砂)は、フラックスのお友達と漏れはおもたが如何?

510 :名前なカッター(ノ∀`):2006/04/03(月) 23:03:53 ID:Ui+MTJvQ
もちろん読ませていただきました。
が、私の経験では鍛接出来なかったので何か秘訣でも有るのかと。

511 :名前なカッター(ノ∀`):2006/04/04(火) 21:08:54 ID:QNlzpM4K
さびにくさだけだったら、SKS相当にクロムめっきをしたほうが合理的だとおもうけどなー

512 :名前なカッター(ノ∀`):2006/05/07(日) 15:57:45 ID:PqR0UFrR
マルテン系のステンレスって焼きなまし状態でも けっこうバネ性ありますね。
ビヨヨーンってかんじで 斬ったときに衝撃がモロにきそうだな

513 :名前なカッター(ノ∀`):2006/05/21(日) 12:10:41 ID:kQxQvlNt
刀身鋼材-1050鋼 高炭素鋼
http://www.ss-knife.com.tw/wmv/ae_88k_3.wmv

514 :名前なカッター(ノ∀`):2006/05/25(木) 17:22:13 ID:sLmc2Ty2
SNCMを圧延鋼板にしてグラインダー等で加工し、
部位によって熱処理を変えて最適な引っ張り強度と耐衝撃性、延性を引き出し
場合によっては刃の部分に浸炭処理して更に硬度を高めて仕上げ磨きすれば
玉鋼製と同等以上の刀を安価で大量生産出来るはず!


515 :名前なカッター(ノ∀`):2006/05/25(木) 17:46:01 ID:W2oK0K23
>>514
>部位によって熱処理を変えて最適な引っ張り強度と耐衝撃性、延性を引き出し

簡単に言ってくれるねえ・・・・
で,何本発注してくれるの?

516 :名前なカッター(ノ∀`):2006/05/26(金) 17:12:32 ID:U8gGfxUa
新刀期の刀工が、なんであんなに南蛮鉄を有難がったか考えてみるとステンレス
で日本刀は素晴らしい物が出来ると思う、ついでに南蛮鉄ってダマスカス鋼なんだってね
そんならナイフショップで板金を売ってるからグラインダーで削れば一丁上がりだ

517 :名前なカッター(ノ∀`):2006/05/26(金) 18:38:50 ID:u/k3jEN4
江戸時代にタイムスリップして、ATS34とかZDP189、H1などを
持ち込んだら神になれるのだろうか?

518 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2006/05/27(土) 18:54:07 ID:r7INVFAM ?
>>516
まず有り難かった理由は当時の世相
南蛮物など珍しい物を珍重した
既に刀は使う物ではなくなっていたからね。
新々刀期にはいって、すたれた。

>南蛮鉄ってダマスカス鋼
正しく言うと、ウーツ鋼、インドで作られた坩堝製鋼で、それが、日本に輸入されると南蛮鉄、トルコに輸入され、トルコの剣の一大生産地であったダマスカスで作られたのが、ダマスカス剣

因みにウーツ鋼は原料の枯渇、製法の失伝等により現在再現できていません。

ナイフ諸符に売ってるダマスカスは全くの別物で、
種類組成の違う鋼材を重ねて接合したもの。


519 :名前なカッター(ノ∀`):2006/05/27(土) 19:54:36 ID:ghpMpdaU
>ウーツ鋼
スウェーデンだったかの人が再現に成功してなかったか?何年か前に


>>517
戦後間もない頃はドライアイスを使ってサブゼロ処理をしていたそうだが
江戸時代にそういう工程をどうするか、だな

520 :名前なカッター(ノ∀`):2006/05/28(日) 00:19:00 ID:h7vgZ+z9
>>519 メリケン人のアルフレッド ペンドレーとかいう方が
相当昔からやってるし近頃はロシア人もやっているようです。

521 :名前なカッター(ノ∀`):2006/05/31(水) 11:47:43 ID:CecOXxyv
>>516
>518剣氏に同意。
珍しい鉄だから珍重したと言うだけだろう。
実際「鉄砲を捨てた日本人」の中で鎖国前のイギリスの商館長(だったか)が「日本の鉄に比べて自分たちの鉄は品質が劣る上に高価なので商品として需要がない」といった報告をしているという記述があった。
また、南蛮鉄は精練課程で硫黄分を大量に含むので鍛造時に脱硫作業が大変だという記述も見た記憶がある(原典不明)。刀工の腕自慢という面もあったのではないか。

522 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/06(火) 15:11:58 ID:5mxroDhR
上のほうでリアル斬鉄剣の話があったが鉄の代わりにチタン合金でクラッドしたら
すごい感じにならないか?いやなんとなく。

523 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/07(水) 08:20:38 ID:DmpFBCb2
チタンってやわらかいよね?

524 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/07(水) 09:10:14 ID:eud/hY6k
鋼材の関係では誤った情報が流布されているが
今、現状で販売されている「ダマスカス鋼」は昔の高反張、高硬度で
且つ錆びないダマスカス鋼では無く、異なる金属を貼り合わせて作られたもので
模様はウーツ鋼と似たものではあるが、性能は別物。
勿論、それ自体が悪いわけではないが、本来のダマスカス鋼である「ウーツ鋼」とは大きく違う。
もし、本当のダマスカス鋼で日本刀を作ろうと思ったら
デリーの鉄柱をダイヤモンドカッターか何かで40cm程切り取らせてもらって
それで作るしかないな。

まぁ、宗教絡んでるから国際問題になるだろうが。

525 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/07(水) 09:18:01 ID:tVPpkC2e
今更で申し訳ありませんが
心鉄:折れない
皮鉄:曲がらない
刃鉄:よく斬れる
ということでしょうか?

526 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/07(水) 09:28:59 ID:eud/hY6k
>>523
チタンは硬いぞ?
チタニウムとしての硬度は、モース硬度(ダイアモンドを10として鉱物同士を引っ掻き合わせたときの硬度比較)は9で
ルビーやサファイヤと同硬度。
多分>>523の言っているのは、眼鏡などに使われるβチタンと言われているものだと思うが、チタンは合金にすることによって、性質を大きく変える鉱物で
靭性を上げれば、大きく湾曲してもすぐ戻る物になるし
引張力を上げれば、ブリネル硬度(一定の大きさの硬球で、物体に圧をかけその際の耐久硬度)で350と言う数値もたたき出す。
もしチタンで刀を作るなら
Ti86% Al6% Pd6% Sn2%のチタニアム6.6.2を使用すると良いとは思うが
問題としては、硬度が高すぎて非常に加工し辛く
鍛造もできないため、現行の刀工技術では作れない。
それこそ、専門の加工所で型を抜いてもらい、研磨したのち
(ここまでなら、ウォーレン・トーマスという米のナイフマイスターが行っている)
LVMHの傘下であるタグホイヤーなどの、チタンを鏡面加工する技術を持ったところで
鏡面仕上げしてもらったら出来るかもしれない。

527 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/07(水) 14:39:07 ID:aof3BBgt
>>526
チタンは硬くないよ。。
モース硬度9ってのはTiCとかTiNとかの炭化物、窒化物だろ。
βチタンは高強度のチタン合金で、メガネ使用のチタン形状記憶合金とは別かと。
フリネルが350ってのは極めて普通の硬さ。
チタンの加工性の悪さは硬さのせいではない。

つかなんだってこんな間違いだらけの知識を・・・ネタ?

528 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/07(水) 15:34:36 ID:dO7qB80r
http://www2.memenet.or.jp/ntrc/M99/M9906.html

オリジナルのウーツ鋼の作り方は結構メジャーなんだけど、やっぱりこれで日本刀は作りづらいな……
るつぼで溶かした物を削り込んで作るとなると、生産効率悪いし。
レプリカになる、現在のダマスカスの方が性能的、生産的に向上してるからこっちの方がいいとは思うけど、
単純に、バナジウムモリブデンとかで厚みを増して、弱点を補強して、ドウダヌキみたいな感じで作った方が、良さそうな気はするなあ



529 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/07(水) 15:39:07 ID:XZMlaZBf
>>526
おまえはまずチタン材を買って色々いじってみなさい。
形状記憶合金はマルテンサイト。

530 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/07(水) 17:34:32 ID:n8RT8bNL
>チタンを鏡面加工

燕の研磨技術が世界一ってことを知ってるのか知らないのか・・・

「メタルカラーの時代」全部読んでから書き込め。

531 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/07(水) 21:31:24 ID:eEDPFNe0
>チタンの使徒…
現代の科学を利用した刀て日本刀より強い?スレにも遊びに行ったら?
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/knife/1124572338/
ここから、あっちにいろいろ参加してみるとけっこう、おもろいぞ。

今は消えてしまったけど、つい先日、耐蝕鋼刀がビッターズのオクに出てたな。

532 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/10(土) 01:14:23 ID:/4P6kvS7
>>528
具体的な作り方はわかってないっぽいね

533 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/12(月) 04:15:05 ID:zxpwm8O0
ぶっちゃけ合金による

534 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/17(土) 23:01:07 ID:AL3ee8JI
ATS34を削って 空冷焼きいれでいいっしょ。
刃紋は書き刃紋で

535 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/18(日) 01:24:53 ID:ew7w55q3
>>534
靭性が足りなくて脆い。

まるごとマルエージングのほうが、多少刃持ちは悪くなる
(またはより鈍角の刃つけになる)が、折れず曲がらず、
刀としては遥かにマシだといえる。

536 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/18(日) 06:12:22 ID:jbFXSBmz
素人質問で悪いんですがたまに和風の家の隅に置かれてる日本刀って実は錆びてるの…?

537 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/18(日) 10:51:13 ID:AzqT14Ic
>>546
手入れくらいはしてるもんじゃない?
一応飾りなんだから。まあ、何もせずほっといてあるんなら中身がどうなっとるのかわからんけどね。

538 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/18(日) 14:26:09 ID:C38IJbMz
>>535 刃の部分のみ焼きいれでもATS34って脆いですかね?
鉈をつくってみたんだけど もろいかなぁ

539 :名前なカッター(ノ∀`):2006/06/19(月) 22:26:08 ID:dOVGkU2o
昔耳に挟んだ超鉄鋼はどうかとググってみたら、日本刀の組織は元々結晶が細かいのだそうだ。
心底恐るべし、日本刀。

540 :名前なカッター(ノ∀`):2006/07/14(金) 21:12:02 ID:r04zTiEQ
岐阜県の関市の博物館だったかに何かの記念で作刀されたステンレス製の
日本刀があったよ。

541 :名前なカッター(ノ∀`):2006/07/14(金) 21:30:33 ID:3MkmOtb/
実は今、俺はとんでもない刃物を制作している。
もし完成すれば、全宇宙が滅亡するかもしれないほどの刃物だ。
それほど凄まじい。一振りで宇宙の半分が消滅するだろうな。
素材は包丁削って短刀風に改良したものだ。

542 :名前なカッター(ノ∀`):2006/07/15(土) 00:32:12 ID:i6xm73TX
お願いだから使わないでね。

543 :名前なカッター(ノ∀`):2006/07/15(土) 02:47:12 ID:xHp1vK7z
>>541
ま・まさか!古代帝國軍の鍛冶屋さんですか?

http://zynekiller.web.infoseek.co.jp/archive/disclosure/morf_kodai.htm#kodai01

544 :名前なカッター(ノ∀`):2006/07/17(月) 11:20:33 ID:iKdxfhNv
>>543
この場合、唯我論的解釈が妥当だと思う。

名づけて"The Wristcutter"

545 :名前なカッター(ノ∀`):2006/07/17(月) 18:31:28 ID:XqdPVL00
>>544
ワロタ

546 :津久井譲介:2006/07/17(月) 21:41:39 ID:iKdxfhNv
>>545
僕の筆法が分かるか、諸君。

547 :名無しのコレクター:2006/07/28(金) 01:04:06 ID:jphCKNDZ
ステンレス刀なら大東美術で売ってるよ
でも登録書付きだよ
24万円だった

548 :助宗:2006/08/14(月) 20:05:51 ID:azVovkIE
耐錆鋼、見た目普通の刀とあまり違いがないような気がする

http://munhkgfile.s6.x-beat.com/cgi-bin/source/ki00701_20060814200042.jpg.html

549 :名前なカッター(ノ∀`):2006/08/28(月) 08:18:39 ID:+lxmcwD2
 スプリング君は最近おとなしいな。株価が上がったからな。

550 :名前なカッター(ノ∀`):2006/09/12(火) 01:34:06 ID:BFPIJ9QY
 大同会って赤星がロゴなんですか?

551 :名前なカッター(ノ∀`):2006/09/21(木) 11:15:29 ID:t9iQly3V
チタンのクラッドなら武生特殊鋼材 株式会社ががんばってるが

武生特殊鋼材
ttp://www.e-tokko.com/index.html

って、刃物スレの人ならみんな知ってるか^^;
問題は日本刀になるかどうかですよね。
合板になった状態から型抜き、削って、刃付けして日本刀の形にしても
日本刀とは言いづらいですよね。登録無理でしょうし。

552 :名前なカッター(ノ∀`):2006/09/22(金) 02:03:43 ID:9cw4khZo
ttp://www.e-tokko.com/cm_titan.htm
ここの下のやつならチタン刀で銃刀法に適合してる?

553 :名前なカッター(ノ∀`):2006/09/22(金) 10:32:48 ID:u0vwvdYg
>>552
下の写真のナイフなら所持やアウトドアでの使用も合法でしょう。
ただ、チタードを使って日本刀形の刃物を作っても
日本刀として教育委員会の認定を受けられるかといえば疑問ですね。
クラッドメタルとしての構造を活かすなら
古式製法で造るのではないでしょうし。

ただ、魚屋さんならマグロ包丁としてチタードを使った長〜いのを
特注して所持して使用してても合法ですね。
スーパーでそんな刃物使ってマグロ解体ショーしてたら見たいかもw

スレ違い(というかずれた?)スマソ

554 :名前なカッター(ノ∀`):2006/09/26(火) 00:20:26 ID:75WQZm4U
だめだ。
先方にお願いしても、きっと長い奴は作ってはもらえない!!

555 :名前なカッター(ノ∀`):2006/10/02(月) 06:45:16 ID:MZ2zbciG
>>513

これだね?
コールドスチールの。
http://www.ss-knife.com.tw/prod_deta.asp?TypeID=sc_493

556 :名前なカッター(ノ∀`):2006/10/07(土) 18:18:10 ID:Mfj3PlKU
油につっこめばいんじゃね

557 :名前なカッター(ノ∀`):2006/11/21(火) 22:52:22 ID:z76ipCaF
>>547
 大刀

558 :名前なカッター(ノ∀`):2006/11/23(木) 08:32:19 ID:SNIMIVeJ
肛門油塗れやボケ

559 :名前なカッター(ノ∀`):2006/11/24(金) 02:56:25 ID:QuokMaec
ダイソーの果物ナイフ買えやボケ

560 :ボケましょう:2006/12/22(金) 02:43:29 ID:mBjgSV8R
マルテンサイトのURL教えて下さい。

561 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/23(土) 18:56:28 ID:EozVl8wI
ttp://www.maruten.info/

562 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 15:05:01 ID:PUkmjpRO
銃砲とは
金属性の弾丸を発射する
装薬銃又は空気銃である。


563 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 15:07:59 ID:9mlm7s7k
一応戦時中のステンレス刀のような例もあるが

たとえ日本刀式に鍛錬しても、武器としてはともかく、美術品としては不適格
肌が下品に輝き、刃文も複雑な表現はできず単調になる



564 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 15:10:03 ID:v2qNKRkQ
SNCMを圧延鋼板にしてグラインダー等で加工し、
部位によって熱処理を変えて最適な引っ張り強度と耐衝撃性、延性を引き出し
場合によっては刃の部分に浸炭処理して更に硬度を高めて仕上げ磨きすれば
玉鋼製と同等以上の刀を安価で大量生産出来るはず

565 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 15:24:56 ID:3gmziVh4
江戸時代にタイムスリップして、ATS34とかZDP189、H1などを
持ち込んだら神になれるのだろうか?


566 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 15:54:41 ID:khD5E0Jh
新刀期の刀工が、なんであんなに南蛮鉄を有難がったか考えてみるとステンレス
で日本刀は素晴らしい物が出来ると思う、ついでに南蛮鉄ってダマスカス鋼なんだってね
そんならナイフショップで板金を売ってるからグラインダーで削れば一丁上がりだ


567 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 16:07:04 ID:xtiO6uDt
珍しい鉄だから珍重したと言うだけだろう。
実際「鉄砲を捨てた日本人」の中で鎖国前のイギリスの商館長(だったか)が「日本の鉄に比べて自分たちの鉄は品質が劣る上に高価なので商品として需要がない」といった報告をしているという記述があった。
また、南蛮鉄は精練課程で硫黄分を大量に含むので鍛造時に脱硫作業が大変だという記述も見た記憶がある(原典不明)。刀工の腕自慢という面もあったのではないか。


568 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 16:08:39 ID:RH5LWyBc
昔耳に挟んだ超鉄鋼はどうかとググってみたら、日本刀の組織は元々結晶が細かいのだそうだ。
心底恐るべし、日本刀。


569 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 17:36:35 ID:vYu075hS
実際のところ日本刀の強度って高いんですかね?
斬れる斬れないかからわず、柄を含めた全体的な強度
どんなもんなんですかね


570 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 17:45:40 ID:Til6qyG6
マグロをさばく刀のような包丁はなに?


571 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 17:47:55 ID:PqNn99xa
スプリング刀は実用性が高いのでは?
何の実用にするかは別にして。


572 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 17:50:23 ID:ULTRRIi9

玉鋼は特色のひとつとして純度が高い。
よく仏閣などの1000年をへた釘などがまだ使えるという事例がある。
今の鋼材の釘の寿命は数十年ぐらい。
青紙、ZDP、カウリ・・・などと比較して優れている点もあれば劣る点もある。
一概に玉鋼といっても種類がいろいろとある。
純度が高いため錆びにくい傾向がある。ステンレスなどとは比べるよしもないが。
コストパフォーマンスを考えなければ、
現代の様々な鋼材と比べて、治金学の視点からみても何ら遜色はないものではある。
だが高い。



573 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 17:59:12 ID:Osi40ojX
ナイフのような刃物は鋼が一番だか
そうでない刃物もある。




574 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 18:02:35 ID:UHDUuAAI
日本刀の定義を法律で語るのはやめよう。
法律のほうが後からできたもんなんだし、別に日本で所持しなくても
刀は刀なんだし。

ただ、アメリカあたりで「katana」ってぇと中国製の安物ステンレス
の印象が強くなってしまったのは嘆かわしい。何せ出回る本数が
違うからねえ。


575 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/28(木) 18:47:29 ID:N1sDI5vA
兼永 河村永治郎はステンレス刀で有名だが、登録は原則駄目だよね。
つまり折り返し鍛錬はしていないから、と思ってきたのだが。
誰か答えてちょ。


576 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:41:21 ID:Ldw5BhWY
>>523
チタンは硬いぞ?
チタニウムとしての硬度は、モース硬度(ダイアモンドを10として鉱物同士を引っ掻き合わせたときの硬度比較)は9で
ルビーやサファイヤと同硬度。
多分>>523の言っているのは、眼鏡などに使われるβチタンと言われているものだと思うが、チタンは合金にすることによって、性質を大きく変える鉱物で
靭性を上げれば、大きく湾曲してもすぐ戻る物になるし
引張力を上げれば、ブリネル硬度(一定の大きさの硬球で、物体に圧をかけその際の耐久硬度)で350と言う数値もたたき出す。
もしチタンで刀を作るなら
Ti86% Al6% Pd6% Sn2%のチタニアム6.6.2を使用すると良いとは思うが
問題としては、硬度が高すぎて非常に加工し辛く
鍛造もできないため、現行の刀工技術では作れない。
それこそ、専門の加工所で型を抜いてもらい、研磨したのち
(ここまでなら、ウォーレン・トーマスという米のナイフマイスターが行っている)
LVMHの傘下であるタグホイヤーなどの、チタンを鏡面加工する技術を持ったところで
鏡面仕上げしてもらったら出来るかもしれない。


577 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:42:17 ID:xthmjRak
>>526
チタンは硬くないよ。。
モース硬度9ってのはTiCとかTiNとかの炭化物、窒化物だろ。
βチタンは高強度のチタン合金で、メガネ使用のチタン形状記憶合金とは別かと。
フリネルが350ってのは極めて普通の硬さ。
チタンの加工性の悪さは硬さのせいではない。

つかなんだってこんな間違いだらけの知識を・・・ネタ?


578 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:42:51 ID:rz9UZiJJ
何いってんだか

579 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:43:27 ID:jc0yxEjr
おまえはまずチタン材を買って色々いじってみなさい。
形状記憶合金はマルテンサイト。




580 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:44:10 ID:uzEB/2fv
>チタンを鏡面加工

燕の研磨技術が世界一ってことを知ってるのか知らないのか・・・

「メタルカラーの時代」全部読んでから書き込め。


581 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:46:41 ID:0z9HP3GC
具体的な作り方はわかってないっぽいね


582 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:47:11 ID:E/XI58v/
ぶっちゃけ合金による

583 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:47:43 ID:NMryDJip
ATS34を削って 空冷焼きいれでいいっしょ。
刃紋は書き刃紋で


584 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:48:14 ID:gYfRO2l2
靭性が足りなくて脆い。

まるごとマルエージングのほうが、多少刃持ちは悪くなる
(またはより鈍角の刃つけになる)が、折れず曲がらず、
刀としては遥かにマシだといえる。


585 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:49:15 ID:uxmZ6N5F
素人質問で悪いんですがたまに和風の家の隅に置かれてる日本刀って実は錆びてるの…?


586 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:49:45 ID:MLrmM/Ac
手入れくらいはしてるもんじゃない?
一応飾りなんだから。まあ、何もせずほっといてあるんなら中身がどうなっとるのかわからんけどね。

587 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:50:23 ID:0vx7olfd
昔耳に挟んだ超鉄鋼はどうかとググってみたら、日本刀の組織は元々結晶が細かいのだそうだ。
心底恐るべし、日本刀。




588 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:56:41 ID:0vx7olfd
岐阜県の関市の博物館だったかに何かの記念で作刀されたステンレス製の
日本刀があったよ。


589 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:57:12 ID:z2s+PaeK
実は今、俺はとんでもない刃物を制作している。
もし完成すれば、全宇宙が滅亡するかもしれないほどの刃物だ。
それほど凄まじい。一振りで宇宙の半分が消滅するだろうな。
素材は包丁削って短刀風に改良したものだ。

590 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 14:57:41 ID:+QQu2IIY
お願いだから使わないでね。


591 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 15:02:32 ID:b5wvrYTR
ま・まさか!古代帝國軍の鍛冶屋さんですか?


592 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 15:03:04 ID:9XcjPb8t
この場合、唯我論的解釈が妥当だと思う。

名づけて"The Wristcutter"


593 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 15:03:39 ID:eBQqVDq5
ワロタ


594 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 15:11:18 ID:NJEQnvca
僕の筆法が分かるか、諸君

595 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 15:11:47 ID:eZjRpUH0
ステンレス刀なら大東美術で売ってるよ
でも登録書付きだよ
24万円だった


596 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 15:12:15 ID:DhMeXmUH
耐錆鋼、見た目普通の刀とあまり違いがないような気がする

http://munhkgfile.s6.x-beat.com/cgi-bin/source/ki00701_20060814200042.jpg.html


597 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 15:31:40 ID:6akUZwsQ
スプリング君は最近おとなしいな。株価が上がったからな。

598 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 16:30:01 ID:3abxwTE9
>>594
津久井譲介さんですか?

599 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 19:25:30 ID:FbnHV8ry
チタンのクラッドなら武生特殊鋼材 株式会社ががんばってるが

武生特殊鋼材
ttp://www.e-tokko.com/index.html

って、刃物スレの人ならみんな知ってるか^^;
問題は日本刀になるかどうかですよね。
合板になった状態から型抜き、削って、刃付けして日本刀の形にしても
日本刀とは言いづらいですよね。登録無理でしょうし。


600 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 20:40:50 ID:Lg6mdW0K
ttp://www.e-tokko.com/cm_titan.htm
ここの下のやつならチタン刀で銃刀法に適合してる?


601 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 21:08:56 ID:nfWwvNhF
下の写真のナイフなら所持やアウトドアでの使用も合法でしょう。
ただ、チタードを使って日本刀形の刃物を作っても
日本刀として教育委員会の認定を受けられるかといえば疑問ですね。
クラッドメタルとしての構造を活かすなら
古式製法で造るのではないでしょうし。

ただ、魚屋さんならマグロ包丁としてチタードを使った長〜いのを
特注して所持して使用してても合法ですね。
スーパーでそんな刃物使ってマグロ解体ショーしてたら見たいかもw

スレ違い(というかずれた?)スマソ


602 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 21:21:59 ID:1irw3zaM
>ここの下のやつならチタン刀で銃刀法に適合してる?
割り込み鋼付けは軟鉄だから問題無しと言う理論が通るか?
セラミックなら金属ですらないから問題無しと言う理論が通るか?

それ以前に刃物用チタン合金はまだまだ発展途上
ダイバーナイフのような環境要因が特殊過ぎるが故に、刃物としての性能に
ある程度の妥協をしてでも使わざるをえない物以外には
無駄に高いだけのナマクラでしかない、今の所は
マグロ包丁?合法違法以前に役に立たん

603 :名前なカッター(ノ∀`):2006/12/29(金) 21:41:35 ID:xmxpeUVm
だめだ。
先方にお願いしても、きっと長い奴は作ってはもらえない!!


604 :名前なカッター(ノ∀`):2007/01/04(木) 11:36:43 ID:RysjdPjQ
ガイシュツかもしれんが、砂鉄や鉄鉱石から素材としての鉄が製造できるまで、人類が知っている鉄といえば隕鉄だった。
この隕鉄にはニッケルが含有されている事が多く、素材としてはステンレスに近い。
(ために酸化して風化せず残りやすい)

古代の鉄剣には、この隕鉄から鍛造された物も多く、最初期の日本刀にも隕鉄製の物が多かったと推察される。

605 :名前なカッター(ノ∀`):2007/01/07(日) 15:57:33 ID:jYBmz+Y4
>604
ステンレス鋼の定義は大体13%以上のCrを含む鉄基合金だよ。

隕鉄は加工性が悪いのでほとんど使用されていない。
儀式用の器物などにしか利用されていない。
(ネイティブアメリカンが割って斧等に使用してはいたらしいが)
近年の鍛造等を見ても高温で短時間の加工しかできず、焼きも入らないため刀剣に使用したとは思えない。

ついでに言えば
現在のレベルでも弥生時代以降の鋼(軟鉄、鋳鉄を含む)なら不純物や非金属介在物から
どんな加工がなされたか、どこで造られたかほぼ調査可能になっている。
まぁ、隕鉄製などと言うものは見つかっていないのだが。

606 :名前なカッター(ノ∀`):2007/01/07(日) 16:26:23 ID:oWU4L3wK
>>605 ここでも読みなはれw
http://www.yamatoden.com/gibon/gibon.html


607 :名前なカッター(ノ∀`):2007/01/07(日) 17:13:48 ID:oWU4L3wK
>>605 “まぁ、隕鉄製などと言うものは見つかっていないのだが”

嘘吐き、テラワロスw こんなに見つかってるよ。

BC2300年頃: トルコ/アナトリア地方/アラジャヒュユク遺跡から発掘された剣
BC1500年頃: シリア/ラス・シャムラ神殿から発見された鉄斧
BC1400年以前: エジプト/ツタンカーメン王墓から出土した剣
BC2500年頃: イラク/ウル出土の短剣
BC14~11C: 殷代安陽期/河北省藁城台西遺跡から出土した青銅鉞の隕鉄
BC14~11C: 北京市劉家河出土の鉞の鉄刃

608 :名前なカッター(ノ∀`):2007/01/07(日) 17:17:08 ID:oWU4L3wK
>>605 “焼きも入らないため刀剣に使用したとは思えない”

浸炭焼入れというオーソドックスな方法は、炭火を使っていた人類共通の技術ですよ?

609 :名前なカッター(ノ∀`):2007/02/11(日) 13:42:17 ID:xebYQ/l4
片側だけチタンコーティングで研ぎいらず!
ってな包丁を見たんですが、刀には応用出来ないでしょうかね?

610 :名前なカッター(ノ∀`):2007/02/22(木) 23:33:00 ID:qWUny249
なぁ、ちょっと聞きたいんだが、ここ見てたら俺のブラウザだと何回も同じことが表示されるんだ。
これって俺のブラウザ壊れてるよな。

611 :名前なカッター(ノ∀`):2007/02/23(金) 01:42:06 ID:BLtMifNM
ログ削除して再取得したら?

612 :名前なカッター(ノ∀`):2007/02/24(土) 01:12:20 ID:iOZmFLwT
>>611
マジレスされても困るんだが・・・w
ヒント:無限ループ

613 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/13(日) 03:30:11 ID:4qFSBa6V
age

614 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/13(日) 13:06:30 ID:dM3NxxV1
日本刀の技術を使ったステンレスの包丁があるな

615 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/13(日) 21:48:39 ID:qyDOCGG4
なぁ、ちょっと聞きたいんだが、ここ見てたら俺のブラウザだと何回も同じことが表示されるんだ。
これって俺のブラウザ壊れてるよな。

616 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2007/05/13(日) 23:52:37 ID:nlyXordu ?2BP(1000)
>>615
何度も同じネタ繰り返すなや

617 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/14(月) 00:12:50 ID:mFM1Wfue
このスレを否定すんなホモ

618 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/21(月) 08:07:14 ID:5eDnyf3i
ステンレスで日本刀は作れるだろうね。
実際うちにも関孫六と書かれた包丁がある。
たぶん日本刀を磨上げて作った包丁なんだと思う。
1200円もしたがさすが名刀、切れ味が違う。

619 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/21(月) 08:54:57 ID:oCUI5rRb
米コールドスチール社が中国工場で、日本刀ステンレプリカを製作販売してる。日本では刃付け80%程度で3万から5万程度で販売してる。 あと炭素鋼、3層鋼(サンマイ)のレプリカも作ってる

620 :名前なカッター(ノ∀`):2007/05/30(水) 02:35:37 ID:fcpT349D
つーかチタンの刀はもう実現できてるワケで…





ウェズリー・スナイプス主演の映画「ブレイド」の世界では。

621 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/02(土) 18:27:12 ID:ZXeI8FQ8
↑チタンは最強





こいつの脳内では。

622 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/06(水) 21:11:58 ID:rbOrP/2T
>>619
日本でも販売してるの?
そんなん売ってもいいのか?

623 :とある鍛冶屋:2007/06/08(金) 22:04:26 ID:6kozhrQ0
いままでこのスレ読んだが、どうも知識のない人たちばっかりですな。
今更話すのだが、日本刀って言うのは一応、すべてが鋼!
芯鉄を皮鉄でくるんでるんです。【どちらも玉鋼。】
日本刀の波紋は焼き入れするときの土の置き方ですべてが来まる。
ステンレスでそれが出来たら誰も苦労しないんだ。
チタンだのステンだのSK材だの。そんなのは現代の日本刀ではない。
しかし、日本刀を磨いて作った包丁とは驚きだ。
日本刀なんかは刃が鋭利で真剣だったら直ぐに銃刀法違反。
日本刀の技術を応用して作ってるだけでそれは単なる包丁になる。
こんな事を実際に鍛冶に携わっている人間が言うのも難ですけど、
鋼も刀も鍛冶も銃刀法も知らない人に日本刀を語ることは出来ないですよ。
実際、全部の行程を合わせたら100くらいなりますし、
自分は作ったことはないが、玉鋼で作るのも大変なんだ。
それをステンなんて不導体被膜で守られているような鋼で作るのはどうかと思うが。


624 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/08(金) 22:12:31 ID:dwljfdsC
釣れますかな、と武王言い。

625 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/08(金) 23:01:25 ID:7wmlLRhJ
何か釣れますか?



                     おまいで三匹目だ!

626 :名前なカッター(ノ∀`):2007/06/24(日) 16:56:17 ID:8CZXnFYE
>>623
ネタだとは解っているが、騙される奴も居るのかと思うとどこかやるせない。


627 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/12(日) 12:05:27 ID:TE38ypmY
>>589
イデ ソード?

628 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/16(木) 16:02:08 ID:ZrG5GL07
側SNCMで芯、刃金はSKH、の3枚打ち。中心は毛抜型太刀の如く共鉄フルタング
で牛皮捲きの薄漆掛け。刀身は刃紋ならぬ鍛造線地紋くらいは楽しめる。
錆び対策はガーバーのハイスシリーズの如く分厚いクロムメッキで対応。
又はSUS304を側にして、刃金はヤスキハガネでもいいんじゃないか。
あとスウェーデン鋼の純炭素鋼のナイフを作った事が有るけどなかなか切れ味がよかったぞ
これを刃金にしてもいいんじゃないかい

629 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/16(木) 16:58:03 ID:P+YtKqy+
そういえば、日本刀は、何で共柄とか毛抜型とかがマイナーなんだろな。


630 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/16(木) 17:24:18 ID:kmTDOLe7
>629
古過ぎるんで残ってても高くて手が出ないか国宝とか.......

631 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/19(日) 01:21:10 ID:4zagIQ/Z
>>629
平安時代はメジャーだったんですがね。
>>630
共鉄フルタングは強度は最強だと思うんですがね。
日本刀の最大の弱点は脆弱すぎる柄にありますから。
中国の剣よりはナカゴをみると強度的に強化されてますが、それでもあの細い金属か
竹のピンで支えているだけなので弱いですね。質のよいヨーロッパの剣と打ち合ったら
衝撃で柄からすっぽ抜けるんじゃないでしょうか

632 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/20(月) 20:22:02 ID:AZvUK7QY
ステンレスで日本刀ということですが、440Cあたりだと海外のフォーラムの研究結果だと
結晶の境目にクロムがたまってそれが粘り気の低下の原因になるそうですね。
となると、SKH、SKD、SKSあたりをSUS304でサンドイッチしたものか
一枚で造るなら比較的粘り強いATS34、クロモ7、VG10なんかが選択肢になるんじゃないでしょうか。
またステンレスとは趣旨が少し違いますがガーバーのハイスシリーズを巨大化させたようなものも良いんじゃないでしょうか。

633 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/21(火) 04:09:07 ID:dQmOd1D3
コールドスチールの似本刀シリーズの斬り比べとかあっちの人はやってないのかな?

アレ欲しいなぁ。。

634 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/23(木) 00:38:05 ID:8OX3OkTl
>>633
http://www.youtube.com/watch?v=yhzX9GZ3qKE&mode=related&search=
cold steel katana

635 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/23(木) 03:09:47 ID:ksPpu/96
>>634
ありがとう。DVDは持ってる。

関連で個人で撮ってるのも並んでるけど、あんましムチャしてないな。

636 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/23(木) 20:06:08 ID:8OX3OkTl
>>635
荒試しをやってみせてほしいですね

637 :名前なカッター(ノ∀`):2007/08/31(金) 04:08:44 ID:Hy3ig6X5
長刀、此レ倭中国ヲ犯スヨリ始テ之有リ
[日本海賊が中国に攻めてきたときに初めて我々は長い日本刀の力を知った]

彼ラ是ヲ持チテ跳躍光閃シテ前ニ進メバ我兵ハ己ニ気ヲ奪ワレルノミ。
[彼らが日本刀を使って稲妻のように早く攻め込んでくると我ら中国の兵は集中を乱し混乱するのみだった]

倭ハ躍ヲ善クシ、一度足ヲ逆エバ別チ丈余、刀長五尺ニテ、則一丈五尺ナリ。
[日本人はフットワークが巧みで一息で1丈も飛び込んでくる。彼らの日本刀の刀身は五尺あるので一丈五尺も先から斬り込まれる事になる]

我ガ短兵器ハ接シ難ク長器ハ捷ナラズ、身多ク両断ス。
[我々の武器のうち剣などの短めの武器では日本人には近づくことが難く槍などの長柄武器では遅すぎて日本人のスピードに付いていけない、我々の多くが両断されて死んだ。]


638 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/19(金) 23:43:17 ID:kkA/NPN6
age

639 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/20(土) 00:43:07 ID:LoJYw1Fx
ナイフくらいの長さならば共柄最強だが、刀として打ちつけるには共柄は手への衝撃が凄くて長時間使えない。
日本刀の柄は一種のショックアブソーバー。もちろん刀身への衝撃軽減の意味もある。
柄は使い捨て。刀身はそうはいかないから

640 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/22(月) 12:39:59 ID:j5EzlV71
そもそも(流派によるけども)日本刀は構造上、物を切るときてこの原理的な負荷が柄や目釘に直撃するような斬りかたをしないことを基本的には想定してる
ただこの日本刀の規格は現代一般人には時に理解の範疇を越えていることも多いため
普及を第一目的にする流派や会においては意図的に規格外のシンプルな振り方扱い方を基本とする場合も多い

上で述べたような負荷や衝撃を手や柄で正面から受ける流派は特徴としては両手の間隔が狭い、ナカゴの長さ分で握る(木製部分は握らない)、柄以外をもったりしない
という特徴があり要するに斬ってる最中も斬る対象に刀を押し付け続けるため、物理的に目釘が破損しないようにしっかり握るわけだ

逆に多くの古流の場合は手に伝わる衝撃というのは主に刀身全体の「振動」のみを指す。ビーンとくるあれだ。
なので斬る瞬間に力を入れるとかそういうことはしない。絞るだけである。柄に支点と作用点を作らないようにする。
ふんわりくるむように握る、両手の間隔が広い、左拳で柄頭が見えないほど先のほうを持つ、左片手打ちをためらわない、柄を離して刀身に添えて受けたり突いたり比較的太刀の扱い方、持ち方が多数ある
なにがなんでも両断してやろうといったような「我」がない、斬れる斬り方になってれば勝手に斬れるだろうという軽いノリ
といった傾向があり
斬ったあと技で止め切れなかった太刀を止めるために仕方なく「力をいれ」止めることはある
斬ってる最中の太刀は空中に刃筋が立ち続けている状態で飛行しているようなものでそれをわざわざ腕力で押し込むことはしないというわけだ
押し込めば柄に作用点や支点が生まれ柄や目釘に負荷が集中する







641 :名前なカッター(ノ∀`):2007/10/30(火) 18:12:17 ID:AvdM4XVT

MythBusters - Cutting a Sword (Part 1/2) http://www.youtube.com/watch?v=qD5U_4IHteQ
MythBusters - Cutting a Sword (Part 2/2) http://www.youtube.com/watch?v=lTGJPUHEfPM&mode=related&search=

模造刀を日本刀で斬る   模造刀が真っ二つに斬れる
日本刀鎬を日本刀で斬る  日本刀は折れない曲がらない
日本刀刃を日本刀で斬る  ぶつかった箇所は刃こぼれのみだが根元で折れる
レピアーを日本刀で斬る  レピアー粉砕される
日本刀を2倍の厚みと幅の西洋の剣で斬る 日本刀まるで平気

642 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/03(月) 08:52:53 ID:7nRkVI7N
>>618
や、安くないか?

643 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/03(月) 15:07:03 ID:otZecdW3
仕込風のステンレス刀つくってみたよ。
鞘は撮るの忘れたのであしからず…

http://k.pic.to/kk7jo

めんどいから刃は付けてないけど鉄を磨く油で綺麗にした(´∀`)

644 :◆KUSU/IrBdQ :2007/12/03(月) 22:46:52 ID:j5ITfKWu
どう考えても違法なので
あまり人に見せるようなマネは控えた方がよろしいかと。

645 :名前なカッター(ノ∀`):2007/12/15(土) 08:55:13 ID:sd/uQvJu
>>644 楠よ。さらっとスルーしとけよ。違法とか書くとほんとに通報する奴がいるぞ。

646 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/19(火) 14:22:25 ID:FfR78xB1
もしも黄金で日本刀つくったら切れ味はどうなの?

647 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/19(火) 16:46:44 ID:D76zyGlt
軟らかいだろう。斬撃に耐えられんだろな。
でも、相手は切り落とした部分を掴んで逃げていくだろうから、安全かも。

648 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/19(火) 19:05:59 ID:xG8YvL4D
24金だとペーパーナイフにもならないんじゃないか。

649 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/20(水) 22:16:54 ID:hYrqbS6n
ならば鉄以上に刀の原材料にふさわしい
金属元素ってないのかな?
周期表で鉄の下のルテニウム、オスミウム、ハッシウム
他はコバルト、白金、タンタル、タングステン

650 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/20(水) 22:19:48 ID:eK+gherI
炭素があるじゃまいか、ダイヤモンド製の刀身なんてハァハァするのにバッチリじゃん

651 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/20(水) 22:28:28 ID:la7PYLa4
ダイアモンドは衝撃を受けると粉々になるんじゃなかったか。

652 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/20(水) 22:42:40 ID:hYrqbS6n
合金ではステライトや超硬合金があるけど、
それなんかも鋼以上に刀にはふさわしい可能性ある

653 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/02/21(木) 00:02:52 ID:mHDeGVtt ?2BP(1000)
白金の刀身、純金の刀装具などの刀は売ってますね。
値段は時価(地金代の2倍ぐらい)

654 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/22(金) 01:25:35 ID:OlfyGxTc
タングステンって刃物には向いてないのかな?
確かに加工しにくいってのはあるがドリルなんかでも
使われるように硬いのは確かだし。ただし重いが

655 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/22(金) 16:27:27 ID:LZXGZ4a0
曲げや衝撃に弱いからな>タングステン

656 :名前なカッター(ノ∀`):2008/02/25(月) 12:13:43 ID:D2G1sPZA
超硬合金を使って日本刀を作ったテレビ番組あったな
本当に何でも斬れて「リアル斬鉄剣」と呼ばれた

657 :剣恒光 ◆yl213OWCWU :2008/02/25(月) 18:18:23 ID:MQX8zpMP ?2BP(1000)
>>656
>た
>>203-n

658 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 04:23:31 ID:d3YDuTzM
破棄なんてもったいな〜い!


659 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 04:30:04 ID:4NewtLnh
でも日本刀にくらべると
美しさのカケラもない刀身だよなw<リアル斬鉄剣

660 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 16:42:46 ID:tzfUhWEr
それは仕方ないだろ。
形だけ日本刀で実質ナイフだからな。

661 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 16:50:02 ID:XKxcaChI
人殺しの道具に美を見出す日本人。

本当に狂った民族だぜ。

662 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 20:17:38 ID:8CKTOJEB
ああ、核兵器を大量に持ちながら他国が大量破壊兵器を持っていると
証拠もないままに戦争を吹っかけて、ミサイルを撃ち込みながら
平和を叫ぶアホウな国と同レベルだな。

663 :名前なカッター(ノ∀`):2008/03/02(日) 23:36:58 ID:Cu0FXRiK
何の漫画か忘れたが、「ああ、あの加害者意識の無い国ね」という台詞はピッタリだなと思った。

161 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)