5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【赤い制服】三洋電機について Part67【まだ着る】

183 :目のつけ所が名無しさん:2007/11/04(日) 16:04:17
所詮、大阪商法なぞこんなもの・・・。
#一族も猿橋と似たようなもんよのう。


名前:ヘビおんな物語φ ★ 投稿日:2007/11/04(日) 03:48:47 ID:???0
 会社更生法の適用を申請した英会話学校最大手「NOVA」(大阪市)の創業者の猿橋(さはし)望前社長(56)が、赤字決算と
なった2005、06年度の役員報酬の95%以上を受け取っていたことがわかった。

 1996年の店頭公開時の株式売却やその後の配当で計約100億円を得ていたことも判明した。NOVAの保全管理人は、
猿橋氏に支払い能力があるとみて損害賠償を求める方針だ。

 NOVAは教室を急拡大させる一方、受講生数は伸び悩んだことから経営が悪化し、05〜06年度は2期連続で赤字となった。
両年度とも株主に配当は行われなかったが、計4人の取締役に計3億6200万円の役員報酬が支払われた。このうち猿橋氏は
計約3億5000万円以上を受け取り、残る取締役3人には、幹部社員並みの給与に上乗せする形で計数百万円が支給されただ
けだったという。

 また、NOVAが96年11月に店頭市場(現ジャスダック)に株式を公開した際には、猿橋氏は新規公開に伴う株売却で90億円
近くの創業者利益を得ていた。

 当時、猿橋氏は社員に持ち株会の設立を持ちかけ、同社株の購入を勧めていた。しかし、実際には市場の初値(1株=6150円)
で購入させており、「市場での出来高を増やすために社員持ち株会を利用しただけでは」(関係者)との見方も出ている。NOVAは
株式公開後、96〜04年度に1株当たり5〜10円の配当を行い、猿橋氏は、計10億円の配当も手にしていた。

 猿橋氏側はNOVAの運転資金などに13億円以上の私財を提供し、会社の私物化はないとしているが、今後、NOVAの保全
管理人は猿橋氏が会社に損害を与えたとして、民事、刑事両面で責任追及する方針だ。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071104i201.htm


261 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)