5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

カブト・クワガタの図鑑を語る

1 ::||‐ 〜 さん:2006/01/13(金) 11:54:05 ID:PqdpNPw6
ムシキングブーム以降色んな本が出てるので
色々語るか

2 ::||‐ 〜 さん:2006/01/13(金) 12:59:53 ID:sCxz3hT+
ブームは去った。今は恐竜ブームだ

3 ::||‐ 〜 さん:2006/01/13(金) 14:13:19 ID:6AmGzw3Y
恐竜ブームって本当?
ムシブームよりはたいしたことないでしょ?

だって恐竜を飼うわけにはいかないから。

4 :1:2006/01/13(金) 21:13:13 ID:h7m5C0KV
まぁブームは一段落したけど、
カブ・クワガタの図鑑はブームとか関係なく昔からあったわけで

5 :かえる仙人 ◆f1lKDrA5Es :2006/01/13(金) 22:54:45 ID:7blBKXy+
↑ということで、皆さんがお使いの図鑑を書いてみてはいかがでしょうか?では私から原色日本甲虫図鑑1〜4クワガタ、カブトは2巻発行が昭和60年で今の知見とは異なるが、手に入れやすい。ヤエヤマコクワ、ダイトウマメ、イオウマメ、ニセコルリは当然のっていません。

6 :1:2006/01/15(日) 23:57:15 ID:bYmyqfTk
その1
学研の図鑑「カブトムシ・クワガタムシ」
中学の頃に興味があって購入。

標本にムラがあるな・・・ケンタウルスのツノが短くて
「アフリカのカブトってショボイ」と思ったり、
ティティウスが真っ黒い標本だったり。

それからキバナガノコギリ(ギラファ)とか
オオフタマタ(マンディブラリス)とか、和名が結構古い感じがする・・・

7 ::||‐ 〜 さん:2006/01/16(月) 16:54:21 ID:GOuSMngm
>>6
それ、古い方の学研の図鑑じゃない?
今出てるのは図版も解説もかなりレベル高だよ。

8 ::||‐ 〜 さん:2006/01/18(水) 04:47:47 ID:eavb8/QR
>>7
本屋に行って調べた。
学研は昔ながらの図鑑と「ニューワイド版」の図鑑と2種類あるね。
ニューワイド版は確かに写真の量も質もレベル高くてビックリ。

一方俺がかつて買った図鑑のほうは、版重ねてるのに
未だに古いまんま・・・いいのか。

9 :パラワン:2006/01/18(水) 06:31:59 ID:wdYY3Lka
恐竜キングってクリアも簡単すぐあきますた(´Д`)

10 ::||‐ 〜 さん:2006/01/18(水) 23:16:50 ID:BgD7qsDw
「KANZEN」という出版社の図鑑が不完全なことについて

11 ::||‐ 〜 さん:2006/01/22(日) 21:57:46 ID:UWL8hOVH
クワガタの専門家が書いてる「カブト・クワガタ図鑑」は
往々にしてカブトの説明がいい加減で悲しくなるぞ・・・

12 :ママ:2006/01/22(日) 22:43:11 ID:3YeaspXe
虫研の吉田が出してる雑誌は誤字や間違った知識が多すぎる。

13 ::||‐ 〜 さん:2006/01/24(火) 01:11:05 ID:Yo25ewj2
>>12
詳しく

14 ::||‐ 〜 さん:2006/01/24(火) 02:19:12 ID:GkksnqO9
吉田は思い込みがすごいな。

15 ::||‐ 〜 さん:2006/01/24(火) 12:28:45 ID:UW+VAydu
あれか、本の名前忘れたが
人気度とかレア度とか星の数になってるやつ?

別に吉田氏の本に限った事じゃないが、ああいう価値観の混じる情報って
図鑑に掲載するのは向かないと思うんだが

16 ::||‐ 〜 さん:2006/01/24(火) 13:30:54 ID:FATb7XkY
カブト専門の図鑑が欲しいなぁ〜
もうカブトとクワガタと分けて本出したらどうなん?

17 ::||‐ 〜 さん:2006/01/26(木) 17:24:43 ID:C2KtdLe/
つか、初期のムックだと、オオクワ材飼育で針葉樹マットの中に埋め込んで
材から出てこないようにする?ってすごい方法もあったな。

18 ::||‐ 〜 さん:2006/01/26(木) 21:34:48 ID:6ORV6kvI
あの方法の欠点は何だろう?

19 ::||‐ 〜 さん:2006/01/27(金) 02:17:05 ID:la53S+9o
針葉樹マットの入手が意外と難しい点

20 ::||‐ 〜 さん:2006/01/27(金) 02:43:24 ID:jTNQDHM6
材が合わなかったら逃げ場が無くて死ぬな

21 :超初心者:2006/02/04(土) 19:17:24 ID:tS8AHDQQ
属名ごとに別けられてて
個体はニューワイド並のカブクワ図鑑ってあります?

22 ::||‐ 〜 さん:2006/02/04(土) 21:15:13 ID:Q/uxPPyi
小学館が学研に対抗してNEOを刊行し始めて、カブトクワガタの
出版予告もしたが、1年以上延期されたまま。

23 ::||‐ 〜 さん:2006/02/05(日) 01:35:44 ID:YRWeN4Nv
昔は学研が1978〜80に
「世界の昆虫」「世界のチョウ」「世界の甲虫」
当時日本にこの手の纏めた書籍が殆ど無く重宝された。
種数が多く全体を見るならこっち。チョウと甲虫は
その時期かなり重宝された。
但し最初の「世界の昆虫」は今から見るとさすがに首を捻る記述もある

同じ時期、1979〜83に保育社で大人向きに「世界の昆虫」1〜6巻
種ごとの解説も多いが、擬態関係や遺伝、あるいはこぼれ話など。

で、著者の阪口氏がこの直後に小学館で子供向けに
「世界のカブトムシ」出す。学研より生態写真たっぷり。
あと、小学館は各写真に写真家名が付いていた。
しかし10cmクラスのクワガタが1種も載ってないのはお粗末。
しかし阪口氏は本の出版とほぼ同時期に急逝。
水沼氏は氏の葬式振り切ってヤンバルテナガの発見に行くが
果たせず、半年後生態解明をやってのけた

1984年にその写真家4人集まって小学館から「世界のチョウ」出版。
観光案内っぽい?感がある。あと、サバンナ東南アジアと
熱帯雨林東南アジアを別の生物相とはっきり分けたのはこれが初めて?

1985年に小学館から奥本大三郎の「珍虫と奇虫」。学研に対抗した場合
未掲載部分をみんな纏めてある。ユーモラスな書き方で楽しい。

24 ::||‐ 〜 さん:2006/02/05(日) 01:48:28 ID:YRWeN4Nv
1989年辺りから、海野氏が数冊の熱帯産昆虫写真集を出す。
対抗して山口、今森、松香も続く。
小学館が写真家に執筆させる方針で図鑑作って以降、そっちが
主流になってしまった?
(その前の「甲虫のくらし」は日高氏が書いてる)
山口執筆の「クワガタムシ」も小学館
今森「世界昆虫記」海野「大昆虫記」は共に1994年に発行されて
今森のは毎日新聞の大賞受賞する

・・・しばらく昆虫の研究室や博物館学芸員などが執筆した
図鑑が途絶えていたけど、ようやく学研ニューワイドで
前回と同じ岡島氏執筆で図鑑が出た。

小学館は誰を執筆者に持ってくるかな。
いきなり前回同様、40歳前後を人選して鈴木氏で来たりしてw

25 ::||‐ 〜 さん:2006/02/07(火) 00:10:13 ID:GzIhmdcO
オオクワガタの学名が図鑑によって「ドルクス・ホペイ」だったり
「ドルクス・クルヴィデンス」だったりするんですが、
どっちが正しいのでしょうか?
学研の図鑑では「1本の木にホペイとクルヴィデンスが見つかったので2つは別種」と
書かれていたんですが、詳細がよく分かりません・・・

26 ::||‐ 〜 さん:2006/02/07(火) 13:16:43 ID:4d5z8GaI
>学研の図鑑では「1本の木にホペイとクルヴィデンスが見つかったので2つは別種」

それって学研のニューワイド図鑑「世界の昆虫」かな?

27 ::||‐ 〜 さん:2006/02/07(火) 18:52:26 ID:FQvnWW1Y
>>26
そう、まさにそれです!

いや、ムシキングだと学名は「ドルクス・クルヴィデンス」ってなってるので。
その辺、セガが何の文献を調べてムシのデータ書いてるのか気になる。
子供相手だから間違った知識植え付けるのはヤバイでしょ。
(ムシがプロレス技使うとか、そういうのではなくてです念のため)

28 ::||‐ 〜 さん:2006/02/07(火) 19:03:29 ID:4d5z8GaI
実はもっと昔の資料だとhopeiだったりする(1980年代の資料とか)

1994年にむし社から出た「世界のクワガタムシ大図鑑」
ではcurvidensだったが、

その後数名のマニアが日本産オオクワとクルビデンス、
日本産オオクワとホペイの雑種を作り、(2000〜2003年ごろ?)
繁殖能力のある雑種を作ったのがホペイ、
繁殖能力のない雑種を作ったのがクルビデンスだったという

hopei→curvidens→hopei
と、戻ってしまったわけだ。

29 ::||‐ 〜 さん:2006/02/07(火) 19:24:41 ID:iLnaft50
世界の昆虫DATA BOOKじゃ国産は
『Dorcus hopei binodulosus』
になってて
ホペイオオクワガタは
『Dorcus hopei hopei』
になってましたよ

30 ::||‐ 〜 さん:2006/02/11(土) 04:11:47 ID:PK7hLzbq
青木猛さん監修の「世界のクワガタムシ カブトムシ」とゆう図鑑をお持ちの方はいらっしゃいますか?
いらっしゃいましたら感想等聞かせて頂きたいのですが‥。
先ほど、あるサイトにて注文したんですが小さな表紙画像しか表示されてなかったものですから。
宜しくお願いします。

31 :かいと:2006/02/11(土) 17:39:58 ID:wmzN3rio
小勝っチャン、ここも見てる?

32 ::||‐ 〜 さん:2006/03/06(月) 23:59:20 ID:kXAaG4DT
ムシキングのサイトを見てたら
監修に「むし社」があったぞ!!

33 ::||‐ 〜 さん:2006/03/10(金) 19:15:43 ID:8HkzoQn1
オオクワ(アンテ系以外)の分類は
1.パリー
2.クルビ
3.ホペイ(グラン含む)
であってる?(今のところは)

34 ::||‐ 〜 さん:2006/07/14(金) 01:02:35 ID:JZI7JTSC
>>22 この前発売された

学研のと読み比べて、両書の長所短所を比べたら
どっちも愛着涌いてきた。

学研は「世界の昆虫」「世界のチョウ」「世界の甲虫」
出したずっと後に「カブトムシ・クワガタムシ」だして
それを5年でニューワイド版作って来たけど
ヌエクワガタとかウンナンイッカクとか、
「世界のクワガタムシ大図鑑」にも無い種類載せて
本格派も買ってくれよなオーラ出してるw

小学館は、これも23年前の「世界のカブトムシ」
を部分的に踏襲して、ハナムグリやコガネムシをたっぷり載せてある
しかしクワガタの小型種が案外無かったりするw
生態写真を多数使ってるのも小学館の伝統通り?

35 :NOBODY:2006/10/28(土) 21:19:20 ID:oBm1Y32L

子供の頃のバイブルは、『 学習図鑑シリーズ 昆虫の図鑑 』(小学館)でした。
写真ではなく、殆どが絵で図示されているのですが、非常に昆虫の特徴を捉えていて、
今でも重宝しています。
その後、改定版に移行し、同時に『 昆虫のひみつ 』 『 カブトムシクワガタムシ
のひみつ 』(学研)を読み耽る様になり、続いて『 昆虫大百科 』『 カブトクワガタ大百科 』
(ケンブンシャ 海野 和男)、『 クワガタムシのすべて 』(双葉社)、数年後、
同好会誌の『 TSUISO 』、そして『 月刊 むし 』 むし社、を読む様になりました。

今、これら全ての書籍を求めて奔走しています。

36 ::||‐ 〜 さん:2007/06/20(水) 12:45:28 ID:1OTUgvBn
a

37 :搭Uデザートイーグル:2007/07/03(火) 16:26:43 ID:TSRqTXKp
カメムシをハサミで二等分にカットすると臭いも出せないで殺れる!
トドメはエアガンで一撃!

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)