5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【猫に小判】猫のことわざ【猫の手も借りたい】

1 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/11(月) 16:13:23 ID:2KtpoH/G
猫のことわざについて

2 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/11(月) 16:23:23 ID:2KtpoH/G
猫も茶を飲む
猫ババ
猫を被る
猫の額程
借りてきた猫
女心は猫の目
猫背
 
猫にまつわることわざは良いイメージのものが無いのは何故でしょうか?



3 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/11(月) 16:38:40 ID:C8Q85q4y
そんなこんなで猫イメージアップ作戦の一環として新しくことわざを作成することになりました

例)
※猫の耳のよう・・・・・・・凄く耳のいい人を誉める事
※成長するは猫の如く・・・・・・・猫の成長は人間の数倍早い事から、めまぐるしい好成績を一気に成し遂げた場合の例え
※高い所の猫・・・・・・・猫は高所が好きな事から、高所恐怖性の人に対して見習うべきだと叱咤激励すること


4 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/11(月) 16:44:12 ID:C8Q85q4y
招き猫

これは商売繁盛を呼ぶといわれる猫に対しては珍しく好意的なことわざですね

5 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/11(月) 16:53:54 ID:C8Q85q4y
つづき
※猫のトイレ・・・・・・・猫は決まった位置で排便することや自らの便を隠す事から、トイレで煙草を吸ったり雑誌を読み捨てたり水を流さず放置逃げするいい加減な人に対して注意警告を促すこと

6 :わんにゃん@名無しさん :2008/02/11(月) 18:00:06 ID:e35kJeJI
猫の頬刷り

猫が頬刷りしている様子を見ていると、あたかも猫に擦り付けられる為に、
そこにそれが存在しているかのように感じる事。

この絵師は猫の頬刷りの如く、大きな花をキャンバスに描いている。

7 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/11(月) 19:06:49 ID:xBsP6Dqm
「涼しいところは猫に聞け」と母から習いました。

8 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/11(月) 20:00:23 ID:Np12/04C
猫足サスペンション

主にフランス車の足周りで例えられ、猫の脚の様にソフト且つ粘って強かなサスペンション。

9 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/11(月) 23:04:28 ID:LA7a9GLW
江戸時代だと猫を飼う家は多かったけど、
飼い犬はまだ少なくて、野犬が多かったみたいだからね。

猫は身近な動物だったし仕草が擬人化しやすいから
浮世絵にもよく描かれているし、なにかとことわざに引用されたんだよ。

ことわざもだけど、猫を擬人化した浮世絵は多いよ。


10 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/12(火) 02:56:32 ID:u/JtQh0f
江戸時代って生類哀れみの令ってのがあたろ?
その時は猫を冒涜するこのようなことわざが何故御法度にならなかったんだ?

11 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/12(火) 15:04:06 ID:Hzowji9D
猫は人でなく家につく動物で、犬みたいに侍的要素のない動物だからね……
犬はあくまで序列社会、対し猫は個人社会。
江戸期は超序列社会だししっくりこなかったんでないの?


12 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/12(火) 15:30:07 ID:K6+4dXiU
生類憐れみの令が出る以前の日本ではずっと、貴族しか猫が飼えなくて、室内飼をしていたらしい。
野良猫はいただろうが、一般大衆にはただの野生動物・害獣のイメージが強かったんじゃないかな。
言うことをよく聞く犬の方が大衆には受け入れやすいしボディガードにもなる。
物理的には猫は全く役に立たないからね。
役に立つのは虎だったらしい。意外に忠実で最強のボディガードだったのでジェネラルに受けが良かった。

13 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/12(火) 15:52:32 ID:pjPCDPPY
江戸時代になって民衆は娯楽を求め始めた
ちょっと皮肉った言葉や芝居などに民衆の一体感を
道楽的な要素から楽しむようになってきたようだ

日本人としてはまだ不慣れな序列社会の中で、人よりも目下と思うものに対して
自尊心をも求めるの風習もこのころから芽生えてきたと思う

よって最も身近な生き物である猫に対して差別的なこのような
ことわざが大流行したものだと私は思いました

14 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/13(水) 17:44:36 ID:bTTIXkiv
生類哀れみの令を立てた綱吉は戌年だった為、主に御犬様に対する法令なので猫は重要視されなかったんじゃない?

15 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/13(水) 20:05:07 ID:GcvImCu/
六代将軍 徳川家宣は「生類哀れみの令」を廃止したが理由は何だったのだろう?

16 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/13(水) 20:10:36 ID:GcvImCu/
綱吉がイヌ年生まれだからということで、犬を大事にするよう、触れ
を出すのですが、その後、これがエスカレート。あらゆる動物の殺傷が禁止
され、蚊をつぶしただけで隠居を命じられる者も出る始末。むろん犬を殺し
たりしたら死罪が待っていて、この法律は『人間以外の』動物を大事にする
という、とんでもない法律でした。

あまりのことに、水戸徳川家の徳川光圀(水戸黄門)は、綱吉の所に虐殺し
た犬の死体を持っていき、ショックを与えた上で、ただちにこの悪法を停止
するよう諫めましたが、綱吉はこれに関してだけは、光圀のいうことを聞き
ませんでした。

町には野犬がわがもの顔で歩き、その犬を収容して、餌を与えるための施設
がどんどん増設されます。

結局、この前代未聞の悪報は宝永6年(1709)に綱吉が亡くなるまで22年間も
続きます。綱吉も子供がなかったため、兄・頼重(早く亡くなった)の子供の
家宣が将軍職を継ぐことになりますが、綱吉は家宣に「私が死んでも数年は
これを継続して欲しい」と言い残します。

しかしもちろん家宣は綱吉が亡くなると即、生類哀れみの令の廃止を命じま
した。

※ようは江戸時代の民衆も幕府も度の過ぎた一方的な理解とあやふやな制度が自爆に至ったと言う事らしい。

17 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/14(木) 16:38:48 ID:FOcuzly0
生類憐れみの令は、「猫だけ愛護」の廃止令としての愛護法だったと思う。
動物愛護精神は古代からあるからね。
中でも犬や馬や牛と違い、物理的には何の役にも立たないのに優遇した猫愛護は、猫の神秘性を嫌う輩によって迫害を受けても来た歴史がある。
日本では幸い皇室や貴族や一部の富裕層が室内飼いをすることで猫の神秘性を嫌う大衆の暴力から猫を守ってきたが、
やはり「猫だけ愛護」は犬好き綱吉も気に食わなかったと見える。

18 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/15(金) 02:42:28 ID:K5VzH3Uv
猫は役立たずだから古今東西世界各国老若男女のハートを捕らえて止まないのだと思うべし

19 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/18(月) 23:14:25 ID:Q5Ej14B8
現代は猫にとって益々生息しずらい時代になってきているように思いまする

20 :ねこ:2008/02/18(月) 23:22:19 ID:wFxutLKK
そうでもないよ
なかなか
よいよのなかだ


21 :ねこさんへ:2008/02/20(水) 04:55:59 ID:30U7OuYk
どういうとこがよいの?

22 :ねこ:2008/02/26(火) 13:14:46 ID:TpHFRe9F
ねこ元気がおいしいょ

23 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/26(火) 18:32:39 ID:7nPcP6BW
うん。

24 :わんにゃん@名無しさん:2008/02/28(木) 05:46:14 ID:d/nXwaBT
あたらしいことわざ
@ねこ元気おいしい

25 :わんにゃん@名無しさん:2008/04/04(金) 09:02:34 ID:E5YhBWwa
ねこまっしぐら

26 :わんにゃん@名無しさん:2008/04/04(金) 09:23:20 ID:rFRXuK0D
ttp://www.mayhem.net/juke/bodiesbeat1.html
なるほどなるほど

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)