5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「フランダースの犬」日本人だけ共感…

1 :わんにゃん@名無しさん:2007/12/25(火) 14:00:21 ID:8db1hyOn
「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画

ベルギー北部フランドル(英名フランダース)地方在住のベルギー人映画監督が、クリスマスにちなんだ
悲運の物語として日本で知られる「フランダースの犬」を“検証”するドキュメンタリー映画を作成した。
 物語の主人公ネロと忠犬パトラッシュが、クリスマスイブの夜に力尽きたアントワープの大聖堂で、
27日に上映される。映画のタイトルは「パトラッシュ」で、監督はディディエ・ボルカールトさん(36)。
制作のきっかけは、大聖堂でルーベンスの絵を見上げ、涙を流す日本人の姿を見たことだったという。
 物語では、画家を夢見る少年ネロが、放火のぬれぎぬを着せられて、村を追われ、吹雪の中をさ
まよった揚げ句、一度見たかったこの絵を目にする。そして誰を恨むこともなく、忠犬とともに天に召される。
原作は英国人作家ウィーダが1870年代に書いたが、欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)
としか映らず、評価されることはなかった。米国では過去に5回映画化されているが、
いずれもハッピーエンドに書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、
長く謎とされてきた。ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、
世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071225-00000302-yom-ent

2 :わんにゃん@名無しさん:2007/12/25(火) 14:11:50 ID:rZWjkomq
クルーンに入らん

3 :わんにゃん@名無しさん:2007/12/25(火) 23:52:47 ID:9AIrUhZI
>>1
アニメの出来が良かったから。
子供のまま死なせたのもうまい手だった。

原作を読めばわかるが、主人公はどんどん成長し、
ルーベンスの絵の前で売れない絵描きとして餓死するのは
19歳の、もういい加減いい大人になってからだったりする。

ウィーダの原作は芸術至上主義的でイマイチ評価されてないらしい。
個人的には好きだが。

あと、地元の人達はは、才能ある少年をみんなして村八分にし、
死に追い込んだ極悪人として描かれてしまったため、
作家が外国人であったこともあり、この作品にいい印象がない。


4 :わんにゃん@名無しさん:2008/01/05(土) 07:10:32 ID:SEDHNCge
白人社会の現実なのにね

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)