5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【幼馴染とは】金庸作品3【結ばれない】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 13:22:27 ID:LIJhO0p80
過去スレ
【読者】金庸作品【12億人】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161760129/
【田伯光は】金庸作品 2【前者だな】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1182425837/

関連スレ
★武侠小説総合★
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161652664/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 13:23:11 ID:LIJhO0p80
金庸の武侠小説(執筆年)

【飛雪連天射白鹿 笑書神侠倚碧鴛】

飛狐外伝(1960年)
雪山飛狐(1959年)
連城訣(1963年)
天龍八部(1963年)
射G英雄伝(1957年)
白馬嘯西風(1961年、邦題:白馬は西風にいななく)
鹿鼎記(1969年)

笑傲江湖(1967年)
書剣恩仇録(1955年)
神G侠侶(1959年、邦題:神G剣侠)
侠客行(1965年)
倚天屠龍記(1961年)
碧血剣(1956年)
鴛鴦刀(1961年)

越女剣(1970年)

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 13:24:47 ID:LIJhO0p80
金庸作品(作中時代順)

天龍八部 ・・・ 北宋後期(11世紀末期ぐらい?)
射雕英雄傳 ・・・ 南宋中期(13世紀前半)
神雕侠侶 ・・・ 南宋後期(13世紀半ばから後半にかけて、最後でモンケハーンが死んだのは1259年)
倚天屠龍記 ・・・ 元末期(14世紀半ば、張無忌成人以降は1350年代〜1360年代前半?)
笑傲江湖 ・・・ 明中期ぐらい?(15〜16世紀?)
碧血劍 ・・・ 明の崇禎年間後期(17世紀前半、1630年代〜1644年まで)
鹿鼎記 ・・・ 清の康熙年間前期(康熙帝の親政開始は1669年、台湾の鄭氏降伏は1683年)
書劍恩仇録 ・・・ 清の乾隆年間中期(18世紀半ば)
飛狐外傳 ・・・ 清の乾隆年間後期(18世紀半ば)
雪山飛狐 ・・・ 清の乾隆年間後期(18世紀半ば)

侠客行、連城訣 ・・・ 不明

4 :六角先生 ◆orz..//cfE :2008/02/29(金) 15:01:33 ID:ginQMDG5O
今回のスレタイ良いねw

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/29(金) 17:59:54 ID:fzVd7lDu0
狗雑種と阿黄は幼馴染なのに結ばれたけどな

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 05:08:37 ID:kTl4jPmD0
武侠小説で幼馴染が結ばれるのは、金庸以外の作品でもあまりないことなのかな。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 08:14:47 ID:hIIkttzXO
そういえば無忌と蛛児は従兄弟だけど
結婚OKなのか?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 10:58:50 ID:2ILdcXZJ0
狗雑種も例外じゃないな
5は結ばれたのか?
よかったなw

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 11:20:46 ID:lG2fciQc0
楊過は幼なじみと結ばれたんじゃないか?
小龍女はちがう?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 12:24:54 ID:LZziYsJd0
>>7
中国では、同じ姓だとどれだけ血縁が離れていても結婚できない。
姓さえ違えば、従姉妹でも結婚できる。
つまり、母方の従姉妹なら問題なし。

前漢の武帝の最初の皇后は父の姉の娘、つまり従妹だったし。



11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/01(土) 22:06:19 ID:29g3GnRW0
笑傲江湖文庫版を読了。
岳不羣の変貌ぷりにワロタ。最後の方は偽君子ですらないしw
林平之のへたれっぷりにもワロタ。

岳不羣は変貌していく過程というか、君子面が剥がれていく過程が描かれていたから良かったけど、
林平之はいつの間にやらあんな事になってるし……。


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 01:51:16 ID:9PmqSD270
そんなことより
左令禅のかませ犬っぷりに涙

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 15:38:25 ID:EDnSBmCJ0
左冷禅がどれほど負け犬だろうと、
林平之がどれだけgdgdになろうと、
ヘタレ度では誰も岳不羣を超えられない

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 16:20:03 ID:1iUdbf4j0
岳不羣は落とし穴に嵌ってから一気にへたれたな

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 16:28:14 ID:G7yhQBZfO
ヘキ邪剣法を極めてまともな神経してた林家の
祖父はどんな人だったんだろうな。
他の壊れ方が酷いからちょっと気になる

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 16:32:08 ID:1iUdbf4j0
林家の祖父は一応少林寺の高僧だったんだから
岳不羣と林平之は自制出来なかったんじゃないかな

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 16:51:48 ID:g3APil1y0
左冷禅の最大の見せ場は任我行をフルボッコしたところ。
雪だるまになるほど苦しめた。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 18:27:55 ID:q1tEpR4m0
確かに左冷禅の最大の見せ場はそこかな
(方丈が接戦してくれてたお陰だけどね)

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/02(日) 23:40:22 ID:7sV3CaE20
うん、少林寺での左冷禅は輝いていた。

嵩山での五嶽派結成の時は、
岳不羣と立ち会う前に、桃谷六仙におちょくられて暗い影が差していたし。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 01:13:45 ID:ADLfvfVv0
左冷禅が使った陰の内功って何なんだろう?
普通にダメージを受けるのが陽の内功なのかな。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 08:51:51 ID:nFtmLwta0
左冷禅は、武林を震え上がらせた吸星大法を、寒氷真気で完全攻略
した時点で、後世に名が残るくらいの功績立てたな。

22 :六角先生 ◆orz..//cfE :2008/03/03(月) 11:43:54 ID:Yz73ZQKpO
辟邪剣譜入手前の岳不群の強さって中の上くらいかね?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 11:57:58 ID:c5fDu3N90
護教四王と五絶ってどっちが強いんだろうな

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 15:52:31 ID:yO5VUgll0
>>22
射GのQ道士と同じか少し上ってレベルじゃないかな

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 17:53:45 ID:VwNiuGpLO
そう言えば移転の単行本の地図に桃花島が載ってるけど
出てくるの?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 18:34:50 ID:yVxwHhqn0
>>25
一番最初に郭襄が登場するからじゃない?

つまり倚天屠龍記の冒頭部は、神雕侠侶の続きから始まるわけで。

>>23
五絶の方が上だと思う。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 20:39:29 ID:yjdPNDBS0
金輪法王>周伯通=黄薬師=一灯大師

つまり新五絶最強は楊過

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 21:01:16 ID:4Vz54WS10
馬鹿か

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 21:07:42 ID:hm90GSkq0
楊過

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 21:14:48 ID:c5fDu3N90
倚天屠龍記の次天龍八部だよな?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 23:06:19 ID:HGktECxK0
金輪法王が強いとは言っても、その時の状況次第では、
五絶にも十分勝ち目があるほどの僅差だと思う。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 03:38:24 ID:7cbKAKBw0
>>30
天龍八部は、単行本の在庫がだぶついていて、それで文庫が出なかったと聞いたな。
そろそろ在庫吐き出せたかな。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 04:55:04 ID:SSvQ4bse0
>>29
だから馬鹿なのか

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 09:34:32 ID:gPjMyzKy0
徳間のHP覗いたんだけど四巻何時出るか書いてねえぞ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 13:04:10 ID:vhgkgco50
>>34
徳間は更新遅い

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0319911
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0328482

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 13:29:13 ID:x5cZ5lZ50
もし、晩年のという条件付であれば主人公で最強で最強なのは郭靖だとおもう。
確かに才能なら楊過や令狐沖、習得した(あるいは物語終了後習得したであろう)
武術なら張無忌とかのほうがずっと上だと思う。しかしだ、こいつら物語終了後は
武林からしりぞいて女といちゃついていた(特に楊過は大恩人の郭靖が
モンゴルと戦っているのを尻目に剣一本贈っただけで古墓でよろしくやって
いた)のに対し、郭靖は六十何歳かで命が尽きるそのときまで第一線で体を張って
戦い続けてきた。故に晩年ならば郭靖最強だと思う。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 13:47:23 ID:178a9yKB0
駄目だ、もう我慢できない。
倚天読み始める。

事前の予想では、主人公は楊過みたいな
拗ね者か

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 13:56:52 ID:x5cZ5lZ50
主人公達のあだ名について
郭靖  愚鈍剣
楊過  女殺剣
張無忌 優柔不断剣
なんてのはどうだろうか?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 13:58:10 ID:XR+rj/Oi0
>>34
大体上旬。流通にも繁忙期とかあるので一日だったり四日だったり七日だったりする。
今月は七日。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 14:22:05 ID:mCM0ojhLO
3部作のなかじゃ無忌が1番好きだ。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 14:53:20 ID:DFa5AMwd0
無忌は4,5巻で優柔不断なところが強調されまってるから
印象悪くなってるけど、ヒロインの性格の悪さも考慮してあげないとな
まともなのがペルシャに強制送還された小昭だけで
残りは気違い、悪女、性悪と酷いラインナップだw

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 15:17:16 ID:LvKZtR5L0
>>41
楊過(小龍女と出会っていないバージョン)だったなら、
その3人でも上手く操作できそうw

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 15:45:12 ID:mCM0ojhLO
かたやどんどん丸くなるが
片方は突き抜けるからな。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 16:31:01 ID:upuC/VcM0
元カノを降龍十八掌で吹き飛ばしてしまい
次カノが金庸一の極悪ヒロインという兄貴が
一番女運が悪い気がする。

無忌は質は一人ひとりの質はアレだが
とにかく三人もいるのでおk
一応ハーレムじゃん

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 19:55:17 ID:phRftC0f0
そう言われれば無忌は不幸っちゃ不幸だな
好きでついた教主の座でもないのに陰謀で追われるわ
ガールフレンドなんぞ究極の三択でどれ選んでも地獄だわ
喬峯の場合は姉を寸止めにして妹の方を域外に弾き飛ばせばOK

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 20:08:25 ID:ES9gRNZf0
受動的な無忌には太極拳と乾坤大那移はしっくりくるね。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 20:43:05 ID:R2OYOMvv0
九陽神功もね
3つ揃って防御の固いこと固いこと

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 21:30:38 ID:ADzRjvTS0
>>27
まず、楊過>金輪法王だけど、確かに結果的に楊過が勝ちを収めてはいたが、
戦いの最中楊過は木剣を折られ、内力では拮抗され、幸せルンルンだったせいで
暗然悔魂掌も上手くつかえず相当苦戦していた。あの勝負が楊過に転んだのは
虫の息だったとどめをさそうとした金輪の気の緩みと、死を覚悟したことによって
かみ合った掌法が土壇場で威力を発揮したからであり、実力的には伯仲していた
と思う。また、金輪>じじい五絶だが、確かに3人がかりでもそれなりに戦えて
その上皆金輪法王の内力に舌をまいていた。という文をよむと、金輪有利な気も
しないではないが、あの時結局ぼこられたのは金輪だったからたとえ相手が1人なら
金輪が勝てたとは限らないし、それに金輪は慈恩大師を倒すのに一晩かかっている。
対して周伯通なら、たとえ九陰真経の技を封印している状態でも普通に互角、分心
二用を使えばあっというまに倒せる。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 21:53:53 ID:R2OYOMvv0
いや周伯通が求千仞を玩具に出来たのは九陰真経のお陰だろう
周伯通は過去黄薬師に足を折られ、九陰真経を封印して戦った時も分が悪かった
九陰真経なしの周伯通と求千仞はどちらも五絶に次ぐレベルで
あそこまでいたぶれるほどの差があるわけがない

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 21:59:13 ID:R2OYOMvv0
ただ周伯通は射Gの時点で既に欧陽鋒を超えてたとは思います
神Gで洪七公は欧陽鋒に追いついたけれど
周伯通が学んだ九陰真経は両人以上ですからね

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/04(火) 22:09:12 ID:R2OYOMvv0
う、よく読んだらほとんど同じ事言ってるんだな…すまん

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 00:20:55 ID:/daGrXb+0
100年後にすら響き渡る郭靖の物覚えの悪さってどれほどの物だったんだろうな・・・・

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 00:31:27 ID:8Ss25NJ00
雪山飛孤、なんという終わり方。



54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 00:55:03 ID:fZ5ebnl10
>>53
あれを読んだ後、俺の頭の中は消化不良で眠れなかったよ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 01:40:26 ID:t72HMPLK0
老頑童は爺になっているのに、ますます強くなってるところが一番凄い。
他の達人達ですら、年取ったら体力落ちてるのに、老頑童だけ元気すぎるw

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 02:47:20 ID:QCQyYqcI0
>>53
どっちかとつーと「飛孤外伝」の方が本編だよね

>>55
西毒も(精神以外は)衰えてないかと
逆さまだけど

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 02:57:34 ID:7dFW9DbLO
三部作の最終章が女難再びなんて
しまらない話しだけど無忌らしいな

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 06:50:51 ID:+ChqqwM50
優柔不断の医者ってどうよ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 07:40:32 ID:vW5yzC4q0
武侠世界だと、医術ってのはむちゃくちゃ役立つスキルだな。

ただ、多少医術に覚えのある者は少なくないみたいなので、
かなりのハイレベルの医術を身につけなきゃ自慢にならなさそうだけど。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 08:22:06 ID:sqVWiduC0
何気に枝で人を斬れる胡飛ってすごくないか?
草木を剣にする境地?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 21:03:50 ID:UGovJ+dZ0
>>48
>戦いの最中楊過は木剣を折られ、〜〜中略〜〜実力的には伯仲していたと思う。

オマエ馬鹿だろw

>分心二用を使えばあっというまに倒せる。

これ達人には全く効かないw

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 21:18:26 ID:m0XK3bbQ0
分心二用術って読んでいても理解できないw

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 21:40:34 ID:hgk4dIxK0
分心二用は達人相手とか関係ないだろ
降龍×降龍、降龍×空明、一人玉女素心剣
十分使える

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/05(水) 22:38:48 ID:sqVWiduC0
袁承志が、右手と左手で別の技を使う、というのをやってたけど、
これは分心二用とは別なのかな?
確か黄蓉も射Gの時似たようなことをしてたような。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 01:37:28 ID:5nqhvQtF0
楊姉さんの台詞って楊過が終南山の活人墓に隠居したってことか
そんなとこ一番に郭襄が探しただろうに・・・

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 14:37:42 ID:d7tKmW9y0
>>49
周伯通が求千刃を玩具にできたのは分心二用のおかげだよ。
なぜなら話の中に戦い始めて最初の内はほぼ互角だったが周伯通が分心二用を
使い始めたらあっという間に劣勢に追い込まれたって書いてあったよ。
それに崋山じゃ九陰真経の技が発動した周伯通に一撃だったし。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 15:27:00 ID:o3ySDeOl0
晩年はともかく、まだまだ盛んだったときはわからんぞ。>楊過の居所。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 15:32:29 ID:3thGQZBc0
>>65
楊過が晩年に活人墓に戻ってきただけでそれまで他所で暮らしてたのでは?
地下墳墓が子供育てるのに良い環境とは思えんし。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 20:11:20 ID:QxcqIedC0
あと家族水いらずで暮らしたいという願望でもあったんだろう。
とくに郭襄がウザいわけでもないのに姿を消したというんだから。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/06(木) 20:54:40 ID:o2pta91d0
>>66
失礼しました

じゃこうだな
九陰>五絶>二用>求千仞

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 07:46:55 ID:tQbH5wPYO
>>70
なにそのごちゃまぜ。
人物で比較とか技の比較にしないと。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 10:07:28 ID:j+0KaXRd0
>>70を技で置き換えると、

九陰真経>弾指神通、蝦蟇功、一陽指、降龍十八掌>分心二用術>鉄掌功

となるのかな

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 10:52:30 ID:zJJa3U4m0
移転って復讐の話が珍しくうまく片付くよな



74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 14:28:14 ID:xVwLmtMP0
>>72
うーん・・・分心二用って手持ちの技を同時に使えて超便利みたいな技
だから比較にはならないんじゃない?

75 :六角先生 ◆orz..//cfE :2008/03/07(金) 16:42:17 ID:Rz5ZDTu/O
周伯通は空明拳じゃない?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 20:34:15 ID:DiN1qPMg0
70だけど、過去レスの延長のつもりで周伯通の3文字を省略したんですよ
だから九陰真経を習得した周伯通(五絶の首魁)>五絶>
九陰真経を封印した周伯通>求千仞 という事

分心二用の価値は組み合わせる技によるでしょう
玉女素心剣との組合せは最速の剣術じゃないですかね
これは剣魔独孤求敗でも思いつかなかったし、多分習得出来ない
独孤九剣までなら勝てるかもしれない

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 20:38:16 ID:2yrDnMb80
まずは、右手で○、左手で△だからな。
これは、出来る奴と出来ない奴、頭のよしあしとか、武芸の才能とは関係無いそうだし。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/07(金) 20:46:57 ID:zJJa3U4m0
本屋に行ったら四巻売ってなかった・・・・
明日入るだと・・・・

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 02:12:07 ID:6rmtVo8q0
あれは分厚いからな
あればすぐにわかる

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 02:48:29 ID:5s87JppQ0
>>76
九陰真経習得周伯通>分心二用周伯通>五絶>求千刃>桃花島幽閉時の周伯通
てとこじゃない?問題は楊過がどのあたりにいるかだよねー。なんだかんだい
って達人化した後の楊過って達人クラスは金輪法王しか倒してないからいまいち
比較が難しいんだよねー。
そういえば、楊過と令孤沖って楊過のほうが上ってイメージなんだけど
あってるかな?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 07:43:54 ID:dT/iIePL0
楊過:独狐九剣(内功)玄鉄剣
狐沖:独狐九剣(剣術)
て感じかな
楊過は木剣の修練で剣術も修めたかもしれんから
楊過が上でいいんじゃね?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 09:01:22 ID:6rmtVo8q0
なんだかんだいっても神Gでは周伯通が最強だと思うが(分心二用も含めて)
同じ条件でやってやると言われたとき楊過は物凄く怒ったので
楊過はそうは思ってないらしい

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 10:42:29 ID:BJ//nJOM0
>>81
令狐冲は剣術だけの内功なしで一流の武芸者と戦ってたりするしなぁ。
逆に楊過は金輪の内功で剣を折られたり。
玄鉄剣込みなら楊過だろうけども。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 10:50:09 ID:er3e52E90
>>80
分心二用周伯通>五絶
この裏付はないでしょ
つーかこれだったら九陰真経なくても黄薬師倒せるじゃねーか

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 11:31:23 ID:kXQ3WNYi0
>>80
同じ得物で、剣術に限定した場合は令狐冲の方が勝ちそうだ。
独狐九剣の理論の「技無しが技ありを制す」が神Gの方では、
詳しく語られていなかったせいで、令狐冲の独狐九剣の方が、
洗練されているイメージがあるんだよなぁ。



86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 12:18:42 ID:6rmtVo8q0
>>85
神Gの方では教えたのが鳥だからな
細かい所までは教え切れないだろ
しかもそれでも相当頭いい鳥だろ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 12:50:38 ID:5s87JppQ0
>>84
うん、倒せるとおもうよ。まあ、それを郭靖に指摘されてはじめて気づくあた
りがまぬけなんだけど・・・。しかも道に迷うため東邪に戦いを挑めないでいる
内に九陰真経を習得してしまって両腕封じて戦う羽目になってるから確かに
裏づけはないけど、そもそも分心二用なしでも最終的に足を折られたとはいえ
7日7晩互角に戦えるほど強かったわけだから十分勝算はあるとおもうよ。

>>85 >>86
だからこそ神Gは第1の剣(たぶんこれが独孤九剣)をスルーしたんだろうね。
でもどちらによく伝わっているかについてはむしろ楊過のほうがよく伝わって
いると思う。なぜなら独孤九剣は変化がやたら多い上、個人の解釈によるところ
がかなり大きいので少なからず降龍二十八掌のように失伝されている可能性が
高い。対して、頭がいいとはいえ鳥とはいったものの神Gは独孤九敗の剣法
を直接見てきている。その神Gがある程度以上満足するまでスパルタで叩き込ま
れたわけだから楊過の方に分があると思う。剣法自体も内功重視のシンプルなもの
だしね。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 12:58:31 ID:Wf7Zm+UpO
なあ、カクフて親と一緒に
ジョウヨウで死んだのか?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 13:06:13 ID:ZO/qMibe0
>>88

 \ 避けたらマジ殺す!/
    ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /\   /\ < はぁ!?お前が死ね!    ↓香車
     /   \/   \                   /\
    / / u    / / u    ',                  //  ',
   / /  飛 / /  角 u ',                 //   ',
   / / \車 / /\. 行   ',\             /./    ',\
  /_/__\/_/______',              .//_____',
      |   |   |   |                    |  |


                \ ここは俺が!今のうちに逃げてください!!/
                   ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  オオ /\ 煤@/\   /\                ↓香車
     /   \ /   \/   \             /\
    / /     / /     / /      ',            //  ',
   / /  飛 / /  角 / /  歩   ',           //   ',
   / / \車 / / \行 / /\. 兵   ',\       /./    ',\
  /_/__\/_/__\/_/______',        .//_____',
      |       |   |   |   |             |  |



      /\    /\    ↓香車
     /   \ /  u\ /\
    / / u    / / u    //  ',
   / /u 飛 / /  角  //   ',
   / / \車 / / \行 /./    ',\
  /_/__\/_/__\ //_____',
      |       |   |  |  |




こういう殺され方だったよ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 13:14:12 ID:krTeXTNO0
張三宝が岳不群みたいだったら嫌だなあ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 13:16:23 ID:h+6krq+00
>>87
令狐冲がわりと小手先の技なのに対して、楊過は内功中心だから、
いざ立ち会うと、楊過の方がパワーで圧倒しそうなんだよな。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 14:36:34 ID:R8kZC/g10
>>91
吸星大法をお忘れか。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 15:25:43 ID:7tWqf0fc0
でも結局、小宝の舌が最強じゃないか?あれに勝てるのは黄容、ギリギリ令狐冲までだろう。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 16:01:20 ID:j6H9U0z20
>>93
じゃあ黄蓉が最強じゃないか。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 17:04:01 ID:6rmtVo8q0
黄蓉最強のように見えるが襄陽攻防戦で戦死したというから
戦略では上の人間は存在したんだろう
韋小宝は軍を指揮しても負けなかったからそういう才能もあったんだろ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 17:34:22 ID:kXQ3WNYi0
>>87
というか、独孤九剣の理論は笑傲江湖で後付的に語られているので、
より詳しく描写された、冷狐沖の独孤九剣の方が完璧に近いように見えてしまうんだよね。

独孤九剣の複雑性にしても、冷狐沖の剣は作中どんどん無形のものに進化していってるし
、楊過のものに劣るものじゃない気がするよ、独孤九剣の剣理さえ悟っていれば、枝葉の
技術が失伝していも、いずれはあらゆる技を駆逐できるようになるんだろうし。

あと冷孤沖は易筋経(ry

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 19:07:27 ID:dT/iIePL0
冷狐沖は速度の点で劣るだろうから
どうやっても楊過に勝てないよ
楊過はそこも鍛えてる

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 19:33:37 ID:+33t8ZB/0
暗いところで戦わない限り令狐冲の勝ちだろ
速さって言っても東方クラスじゃないし

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 20:05:00 ID:vkh5YQR/0
吸星大法のせいで冷孤沖にかなり分がありそうな気がする
楊過は嫁が発見できてないときの方が強いんだったよな
その状態でもいまいち勝てる要素が無いように思えるが、まぁ答えはでないわな

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 20:28:32 ID:5s87JppQ0
でも吸星大法って内功が方証大師クラス程度あればあんまり効果ないんじゃ
なかったっけ?使ってる時は自分も攻撃できないし。
それに独孤九剣ですでに天下無敵だった独孤求敗が何を求めて新しい剣を
とったかを考えると・・・自分自身の剣法を破るもっとすごい剣法をつくろう!
てな感じだったんじゃないだろうか?まあ、これは推測にすぎないけど、
どっちにしても悟りを開いた後に身に付けた第2、第3の剣法の方が強い剣法である
と考えるのが自然だと思う。
あとは易筋教だね、これは知名度が高い割りに威力がいまいち不明なんだよねー
射G3部作では全くでてこなかったし・・・。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 20:46:26 ID:5nXc5/QS0
金蛇剣法の人気の無さに泣いた

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 21:05:55 ID:er3e52E90
>>87
7日7晩互角に戦える…どこに書いてあった?
それにしても単純な話だと思っていたがそうじゃなかったのね

>「そら武術の腕はいまかてあっちが上や、そやけどこの分身相撃法を身につけた以上、わいの勝ちや。〜二人の老頑童に勝てるか?」
>前回、桃花島で周伯通と闘った時は恐ろしいほどの力だったのが、今回はさほどでもなく、ちょうど自分と五分五分なのを見て
>求千仭は当初こそ周伯通と互角に勝負できたが、左右分撃法が出るとたちまち劣勢に陥った。

これを満たす解は二通りだな

1.一時、周伯通は身についた九陰真経をすっかり自分の中から追い出した。互搏術は「内力は二倍にならない」から実際には1.x倍。
よって周伯通×互搏術=黄薬師で、黄薬師>周伯通=求千仭

2.周伯通は九陰真経を一時だけでも完全には追い出せなかった。
この場合、周伯通=黄薬師=求千仭
九陰真経か互搏術、どちらかでもフルに使えば周伯通は勝つ

まあ2なんだろうな。黄薬師哀れ

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 22:55:42 ID:er3e52E90
内功があれば吸星大法が防げるのか易筋経だから防げるのか判らん
楊過は内功の技術とか応用力みたいなのでは一灯以下だし

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 22:58:22 ID:+33t8ZB/0
郭靖はちゃんと郭芙の夫に降龍十八掌を全部おしえたんだろうか?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/08(土) 23:48:59 ID:kXQ3WNYi0
まあとりあえず確実なのは、楊過が素手で殴りかかったら冷孤沖は負けるだろう。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 00:44:47 ID:cuxyjNVr0
楊過は闘いの場においては結構臨機応変で、強い相手と闘い慣れているからな。

最初吸星大法を食らってぎょっとしても、
その威力を減じる何らかの戦法を編み出しそう。

令狐冲は逆に何だか弱点が多そうなんだよな。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 00:50:20 ID:LZbq9un/0
んー確かに・・・
軽功では楊過のほうが上だしいざとなったら離れつつひたすら弾指神通って手も
あるしねー

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 00:51:45 ID:UGqeKjl50
剣を手に持って相手が目視できるなら令狐冲
それ以外なら楊過の勝ち

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 00:57:28 ID:LZbq9un/0
>>103
易筋教だから防げたって事はないんじゃないかな?張無忌も言っていたじゃ
ないか「武術も元をたどれば同じもの」と、よほど特殊で独特な内功なら
ともかく武術の王道少林寺の内功だよ、基本に忠実で威力が強いって感じ
じゃないの?だから、普通の内功でも強ければ吸星大法はふせげると思う。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 01:20:14 ID:Cw1tXsUR0
なんという三段論法

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 08:36:25 ID:2bQ//hjJ0
あの何とかという小僧の逸話が金庸世界の
易筋経の端的な表現らしいがおかげで
ますますさっぱりわからん・・・

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 11:01:05 ID:oVryO7QD0
おめーら・・全然わかってないよ。
もう一回金庸よみなおせ!!

ついでにハルヒの憂鬱もな!!
馬鹿野郎!

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 11:07:16 ID:y03HFUNR0
楊過と冷孤沖、仮に二人が戦うとして…

一体どういう経緯で戦闘に突入するんだろう…?

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 11:56:12 ID:k5E5ojCK0
>>113
酒を盗み飲まれたとかじゃないの

115 :六角先生 ◆orz..//cfE :2008/03/09(日) 12:01:42 ID:qvcVoDWVO
>>113
嫁同士が喧嘩になれば強制的に戦闘突入じゃないか?w

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 15:04:50 ID:HvtKBfYY0
>>115
小龍女の電波な態度に、任盈盈がイラっとくる展開かw
で、ブチ切れた任盈盈が小龍女に襲いかかれば、楊過が激怒。
令狐冲が仲裁に入ろうとするも……

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 16:10:48 ID:LZbq9un/0
ドラマ海神の主人公の弓福ってドラマの射Gの欧洋峰の若いころってかんじで
かっこえー

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 17:40:36 ID:VTSlj0Kh0
>>116
それ、ありえるな

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 18:27:34 ID:LZbq9un/0
<<116
ぶちきれた盈盈が小龍女に襲い掛かっても二人の腕の差を考えれば返り討ち
に合うだけだとおもう。まあ、そこで盈盈が我行パパに泣きついて壬我行が
出張ってくれば面白いことにもなりえるけど。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 19:14:07 ID:oVryO7QD0
だから・・・・つまんねーこと論じてんじゃねーよ


ハルヒでも読め
馬鹿


121 :六角先生 ◆orz..//cfE :2008/03/09(日) 21:43:36 ID:qvcVoDWVO
>>116
まあ最後は令狐兄さんの好漢さで酒呑んで仲直りだなw

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 22:29:55 ID:Orh4vtX/O
移転、九陽白骨爪はどうなるんだろうな?
訂正されてる?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/10(月) 08:10:01 ID:LyzNvPORO
嫁にするならえいえい

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/10(月) 10:29:58 ID:NvVzjh9M0
雪山を読んでみようと思うんだが、雪山って侠客行なんて比べものにならないほど
え、何それ!ED?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/10(月) 12:16:57 ID:0uuPfpOb0
ドラマ板の天龍新スレ
【浮雲生死】天龍八部 七巻目【奮英雄怒】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/tv2/1204949026/

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/10(月) 14:50:46 ID:mEMZ6Fw/O
>>124
あれだけは全く別物と思ったほうがいい。
はぁ?っていう感じになる。
途中は羅生門みたいな感じで、誰かの目線では、こういう風にうつるみたいな感じ。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/10(月) 23:42:43 ID:RimLbFb90
侠客行の方は途中でカタルシスがあるけど、
雪山はねえ・・

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 21:00:21 ID:P+ExkZZO0
雪山は、頭の中でちゃんと完結している。

129 :六角先生 ◆orz..//cfE :2008/03/11(火) 21:27:18 ID:odaKVbUZO
承志&青青、令狐兄さん&盈盈も嫁同士が喧嘩で強制的に戦闘突入しそうだなw嫁同士の毒舌が目に浮かぶw
金蛇剣法VS独孤求剣どうだろうか?
同じ華山派だが‥

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 22:18:49 ID:lr85FqDc0
金蛇剣法はもともと五毒教の剣法じゃなかったか?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 23:40:50 ID:ez7TMpt80
>>130
剣法は金蛇郎君のオリジナルだと思う。
五毒教の宝は金蛇剣、金蛇錐、重宝図の三つ。

で、技を比べるとなるとやはり九剣かな。
でも袁承志と令狐冲を比べるとなると分からないよね。
技は死んだものらしいから。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 00:58:18 ID:s+v/9yIP0
九剣の方も、崋山派のものかは不明だよな、
独孤求敗が崋山派の人間かも不明だし、令狐兄貴も崋山派に独孤九剣伝えてないし。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 01:08:59 ID:Jvvx7cJ2O
段誉vs楊過

俺の嫁に触rファイッ!

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 07:19:10 ID:MU2v1vmJ0
きんもー

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 10:26:51 ID:2lFJ1i4A0
獅王

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 10:38:09 ID:MZcdXr+g0
九剣はどう考えても華山派じゃないだろ
封不平もしらないし

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 11:03:33 ID:moCdtxGx0
風先生もあのダチョウに教えてもらったのかな?

138 :六角先生 ◆orz..//cfE :2008/03/12(水) 12:12:38 ID:AKodrISRO
書き方が悪かったね‥承志と令狐兄さんは同じ華山派だがって事だったんだけど実際闘ったら良い勝負するかな?

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 12:15:25 ID:UarB8bUu0
いやいや独孤九剣は華山派だろと周星馳も言っているw

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 13:58:54 ID:Agmt3l5f0
剣術派の風先生に習ったんだし、少林寺の誰だっけ、エライ人も令狐冲の独孤九剣を見て
あれは風先生の技だと言ってたから、崋山派で間違いないんじゃない?

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/12(水) 16:17:03 ID:MZcdXr+g0
ここを見てる中国の人または中国語が分かる人に聞きたいんだが
改訂版って筋書き全く変わってるの?それとも細かい矛盾点とか整合性がとれないところを修正しましたって感じなの?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 00:01:09 ID:JL73ucuX0
華山派の伝来の技ではなくて、独孤九剣は独孤求敗が創設した武芸なんだろ?
たまたま華山派の風清揚が習得しただけで、風清揚のそれまでの行動によって、江湖に風清揚の独孤九剣有り、という話なのだから
華山派の武芸では無い

というか、独孤九剣はいくつもの作品に登場するからどの門派にも属さないように思うよ

143 :六角先生 ◆orz..//cfE :2008/03/14(金) 11:45:30 ID:6sCesQd0O
>>142
風先輩は剣塚山でマスターしたのかねw独孤求敗って世代的には五絶より少し上くらいかな?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/14(金) 13:39:53 ID:ZnZ90iD90
風清揚の独孤九剣は口伝がきっちり残っているから、独孤求敗か
あるいはその伝承者直伝だろう。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 00:16:31 ID:kGvEEJLc0
どこかで独孤求敗が昔傷つけた義士=王重陽って説を見たことがある。
王重陽の死因が古傷の悪化らしいんでそこからの発想かな。
でも五絶が全く言及してない所を見ると五絶が世に出る頃には隠居してたのかもね。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 17:16:18 ID:IDWnchkmO
本屋行ったら徳間文庫のが沢山平積みしてあったんで読み始めてみようかと思うんだけど
どれから読むのがお勧め?

武侠ぽいのは古龍の楚留香しか読んだ事無い


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 18:33:17 ID:V3sFvora0
なんでもいいけど、
射G英雄伝
神G侠侶
倚天屠龍記
は続きものだから順番に読む方がいいかな。ばらばらでも楽しめると思うけどね

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 20:15:46 ID:jUjPDray0
>>146
書剣恩仇録→倚天屠龍記と読んでいくといいよ。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 21:06:50 ID:yIjcvDur0
タダで借りれる図書館での乱読がおすすめ。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 22:11:46 ID:aFE+CsjZO
>>148
最悪パターン。書剣でつまずくぞ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 23:11:40 ID:YzDcxEmD0
雪山飛孤から始めるがよい

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 23:50:28 ID:AW1meYNq0
射Gか笑傲江湖だな

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/15(土) 23:54:51 ID:y6hRc2Vr0
突然大作系すすめるのもなぁ

碧血剣、連城訣あたりは読みやすいんじゃねえ?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 00:16:24 ID:m5rZQVR50
大作から入るのが入りやすいと思うけどね
>>152と同意見だわ。どっちかがいいと思うよ

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 01:53:25 ID:Iq2bJ1eqO
自分は笑傲江湖から入ってめちゃはまった。
いちいち顔を赤らめる盈盈萌え
これよりおもしろいのって、3部作のやつ?
今は書剣読んでるけど、駱冰が好きになれん。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 04:43:37 ID:SiqRSJRHO
多数の御教示感謝

射チョウ?英雄伝から入ってみる


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 13:57:47 ID:XfbaDwSp0
書剣から徳間の発行順に読んでいったが嵌ったのは笑傲江湖からだったわ。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 15:57:23 ID:TlpDvAQt0
>>146
笑傲江湖から読み始めると絶対にハマるけど、あえて一番最後にとっておくことを
オススメする。
幾つかの作品はスッキリしない終わり方するけど、笑傲江湖の結末は
全作品中トップクラスの清々しさなので、金庸作品の締めに最適。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 16:24:39 ID:+EOeJ87oO
風太師叔のあだ名とかないのかな。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 01:38:45 ID:sNobn6zz0
自分は鹿鼎記こそ最高傑作だと勝手に信じているので、
最後に取ってあります。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 01:47:44 ID:bUhnvkHA0
確かに爽快感は金庸作品でも1,2を争うかもw>鹿鼎記

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 10:21:32 ID:qaa2MJPL0
侠客行こそ最後にとって……いや、なんでもないです…

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 14:48:38 ID:+Vdj8LTG0
碧血剣か射雕英雄伝だな。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 21:19:06 ID:hOckkMCV0
「天龍八部」の天山童姥って、今日本の萌え用語でいうロリババなのね

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 23:10:14 ID:Ys4EttmP0
未だによく分からんが郭盛の子孫という設定にどういう意味があったんだ?


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 23:18:27 ID:i1nORKTa0
九陰神功と九陽神功とではどっちが強いですか?

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 23:21:19 ID:57DW1swL0
>>165
有名な英雄の子孫ということ以外に特に意味はないんじゃないの。

水滸伝のキャラクターの中で、あんまりメジャーなのは遠慮して、
中堅どころを選んだ感じかな。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 00:16:51 ID:W4SKp8a10
>>166
かたや陰、かたや陽という相対的な武功なので、どちらとも言えないのでは。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 02:20:17 ID:Q+BRk6NI0
九陽のほうは内功だけだから、もし単純に九陰のみ身に付けた奴と九陽のみ
身に付けた奴の戦いなら九陰のほうが勝つかも。ただ、もともとの九陽の内功
はすべての内功の中でもトップクラスだから、もしももともとなにか武術を
身に付けていた場合、その威力は跳ね上がる。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 12:26:11 ID:s/9P/lUu0
チベットのことを描いた漫画
民族浄化とは、こういう事を言う。声を上げなければ次は日本・台湾だ。対岸の火事じゃぁない。

ttp://uproda.2ch-library.com/src/lib016210.jpg
ttp://uproda.2ch-library.com/src/lib016211.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205677931560o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205677291087o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205677625354o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205676977067o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205676669498o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205676350347o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205675972897o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205675585576o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205675269564o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205674955083o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205674630097o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205674321377o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205674014012o.jpg
ttp://image.i-bbs.sijex.net/bbs/dokuo/1205673616582o.jpg
ttp://uproda.2ch-library.com/src/lib016204.jpg
ttp://uproda.2ch-library.com/src/lib016206.jpg


英訳付のスライドショー
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2685091
http://jp.youtube.com/watch?v=PfNw4mcjVrw

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 14:40:53 ID:N807TgCAO
そういや有名な人の子孫てカクセイ以外いるのか?

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 16:07:44 ID:jCxdYX7w0
袁承志

173 :六角先生 ◆orz..//cfE :2008/03/19(水) 16:12:20 ID:cGvqbWoBO
段誉&一灯大師

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 17:11:49 ID:xEtedksc0
暮容復を忘れちゃいけない

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 19:39:42 ID:dskAG7fH0
史記始皇帝暗殺は泣けたなあ・・・。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 23:19:34 ID:3XzvYIDw0
wikiに記事を持つ男

段正淳
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%B5%E6%AD%A3%E6%B7%B3

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/19(水) 23:57:15 ID:0ymntAl/0
一灯大師はどこだろうか・・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%90%86%E5%9B%BD

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/20(木) 00:27:04 ID:OlE8WvGE0
>>177
一灯大師の本名は 段智興 だったと思います。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 11:37:08 ID:sDSmKgodO
蛛児てはじめから狂ってたの?
それとも臨死体験したから壊れたのか?

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/23(日) 12:17:31 ID:39WR9YVm0
      \ │ /
       / ̄\
     ─( ゚ ∀ ゚ )─
       \_/
      / │ \
    ○○○   ○○○
   ○,,・ω・○  ○・ω・,,○
    ○○○   ○○○ o
 o〜(,_uuノ    とuu_,)ノ

     FREE TIBET

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 20:09:30 ID:A/ymL00a0
宋遠橋の息子と無忌って昔からの知り合いなのかな。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/24(月) 20:59:09 ID:56ZqZk8a0
そういえばいつの間にかいたような気がする

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/26(水) 22:37:46 ID:bFyLKNyN0
張無忌が武当山に住んでいた時は病気でずっと寝込んでいたから、
宋青書とあまり話す機会はなかったんじゃないかな。

遠くから見かけることぐらいあったかも知れないけど。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/27(木) 15:34:56 ID:swGPMjRb0
無忌と止若、急に性格が変わったような気がするんだけど


185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/27(木) 23:06:52 ID:VPEaGmhg0
止若は、滅絶師太の遺言と女の嫉妬でリミッターが外れたんだよ、
まあ、もとからどろっとしたものは持ってたんだろうけど。

仮に同じ状況に置かれても、小昭あたりなら、あんなことはやらんかっただろうし。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/28(金) 23:17:07 ID:SRAs2T5M0
文庫本しか読んでないんだけど、
>>41の悪女、性悪って、どっちがどっちなんだろう。

止若のほうが性悪?

5巻が楽しみだ

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/29(土) 00:02:40 ID:BQKhtgeP0
>>186
基地ガイの方かも知れないぞ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 15:01:16 ID:H98JNa580
吸星大法ってHの隠語としても使われるんだって、中国では

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 15:09:07 ID:JN5He2950
フェラチオじゃなくて?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 20:20:18 ID:txo61SqH0
ふと調べてみたら覚遠って実在の人物なんだな


191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 23:44:38 ID:5J9IpKzU0
金庸小説の脇役は意外にさりげないところで史実人物を使っていたりするもんな

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/30(日) 23:47:42 ID:Kmko824f0
>>191
そこが面白いんだよね
天龍とかめちゃ多いからwktkしっぱなしだった

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 15:05:51 ID:m4y47/Qf0
>>177
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%B5%E6%AD%A3%E5%8E%B3
段正厳〜またの名を段和譽。

これが段誉なんだな

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 18:32:33 ID:vkZKX444O
盈盈に吸星大法したい

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/01(火) 19:46:24 ID:JTZ1JfkX0
女の方がするんじゃないか

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/03(木) 00:06:41 ID:C3Jp9wdk0
倚天5巻ktkr
明日からの通勤時間が待ち遠しい

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/03(木) 21:42:05 ID:S4SsIAu50
>>195
それは忍法筒枯らし

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/04(金) 00:40:37 ID:1En8OV0b0
あぁ
今ドラゴンボールZ初期見てるんだけど
御飯と張無忌がかぶる

なぜだ


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/04(金) 13:59:55 ID:+PUKb55S0
>>198
周りに流されて自分が無いから

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/04(金) 16:46:57 ID:JW0TTFpY0
>>199
そういう奴多いよな、特に2ちゃんは

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/04(金) 20:09:49 ID:P9/Aqyeq0
後書き誰だった?

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/05(土) 13:10:13 ID:cAvTUo6xO
あとがき無しだと

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 02:29:47 ID:HeE7KEQz0
趙敏が不憫だ

黄衫の女って若いの?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 18:46:23 ID:UY7fcOAO0
>>203
>黄衫の女

20代ぐらいじゃないの?


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 19:01:31 ID:HfhPxrXg0
140代かもな

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 19:43:04 ID:+3VwjQSk0
当人なら郭姓は有り得ないから、子孫だしょう。
丐幇の武芸は、あそこが伝えているのかな。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 19:43:56 ID:+3VwjQSk0
郭姓 ×
楊姓 ○ だね。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 21:05:21 ID:BlOuXUbM0
わが祖先と丐幇の先代とは浅からぬ因縁が〜と書いてあるしな

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/07(月) 23:04:38 ID:5xtwH76c0
先代は耶律斉?
ということは耶律斉は十八掌を習得できなかったのかな。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/08(火) 00:26:53 ID:0sVENiST0

>>203-204
原作によると、黄衫の女は27歳くらいだそうです。
もっとも、ご先祖様の歳のとり方かたから推察するに
もう10歳くらい上だったとしても不思議はないけれど。

>>209
完全な形では習得できなかったそうです。

211 :210:2008/04/08(火) 00:28:03 ID:0sVENiST0
↑誤字がありました。失礼。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 17:04:26 ID:ItOu/yn8O
ヨウコウて誰が殺したことになるんだろうな
毒を作った奴か、服に毒を付けた奴か、その服を着てた奴か

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 17:47:16 ID:PpN0gTLr0
いきなり話が飛ぶから誰のことかと・・・・・
楊康のことだろ?
あれは、誰が殺したとかじゃ無いと思うけど、自業自得

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 18:17:57 ID:H0OXdRVz0
なんつーか、流れ弾にあたったとしか

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 19:21:56 ID:yoG5oAGk0
楊過は義理の父親の息子を楊康がコロしたって知ったらどう思うんだろうなあ

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 23:00:43 ID:ACLdH6aJ0
>>215
お互いに知らない方が幸せってものだな。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 23:46:25 ID:wP9Mo+RY0
周止若は郭襄と同じ道を歩むのかな

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 23:51:38 ID:yoG5oAGk0
張無忌の二号さんになりましたED

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 00:27:27 ID:KlVQ3M1E0
四人とも金庸世界にいがちな最強ババアに成長(?)して、不悔の孫あたりを困らせると思う

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 12:02:26 ID:oc9hi8VD0
殷離の墓標は○○が倒したのだと思っていました。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 13:16:30 ID:H0EzY60BO
西毒が正気に戻ったら楊禍の事をどう思ったのかな。仇の息子として殺そうとしたりしてな

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 13:25:24 ID:KlVQ3M1E0
あのお方の正気は、世間様の正気とは程遠いからなあw

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 20:39:03 ID:1YZgSJdV0
江湖の皆さんは、仇が死んだりすると悔しがって大騒ぎするけど、
子孫を見つけて敵討ちってパターンは無いよね。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/10(木) 21:18:44 ID:Iq3KQqF/0
>>223
雪山飛狐あたりがちょっと近いけど、子孫を見つけてというよりは子孫同士が、いまいち原因も
よくわからずに敵対しあってるというパターンもある

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/13(日) 23:50:43 ID:VdyyLa060
>>223
仇の子孫が路頭に迷ってるとなぜか保護して育てたりするんですよ

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/15(火) 00:15:38 ID:UjRB7UBz0
>>223
主人公周辺では少ないけど、実際はたくさんあるんじゃないかな。
親の代の仇を子の世代が、ってのは。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/15(火) 19:29:34 ID:SrBg5luc0
>>223
そりゃ親の代の者がガキを手にかけるなんて
普通に考えたら悪党どころか外道や鬼畜レベルだからなぁ。
226のいうように、子や孫に託す以外果たしようがないよね。

でも、昔日の恨みを晴らすために
敵の子を自分の手で育てるってパターンは
武侠に限らず結構あるかな。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/16(水) 02:48:16 ID:fGFLjcod0
雪山飛孤って対象年齢が一番高いような気がする



51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)