5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

横山光輝中国史漫画総合スレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 02:38:28 ID:1Cas2mwg0
ここは横山光輝先生の中国史漫画を語るスレです。
『三国志』『水滸伝』『項羽と劉邦(若き獅子たち)』『戦国獅子伝』『史記』『殷周伝説』
などの作品を語ってください。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 08:12:26 ID:qdkjJ0ZeO
自分はこの人の三国志を読んで初めて中国史に興味を持つようになったな
その後、項羽と劉邦、史記を読んで中国史にのめり込んでいった

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 08:21:38 ID:zraRf54HO
小学校の図書館にあったが難しくて投げたっけなw

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 10:42:52 ID:vR+nDPC60
絵が好かんw

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 13:05:13 ID:9GFaQu4sO
あらかた読んでるけど『戦国獅子伝』は結構おもろかったなぁ。

主人公の名前は忘れたけど、こいつの親父の燕王が強かったり、こいつが宋に仕えて活躍したりと、マイナーな国のことが描かれていてよかった。

時代は戦国初期だったのかな?
孫ピンとホウケンの話しに絡んでたし

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 13:29:41 ID:ZCzI5Qsh0
後の方になると考証もしっかりしてくるんだが
水滸伝や三国志の初めの頃はカタカナ語が出て来たり
地方官が皇帝の冠かぶったりしてて楽しい

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/24(木) 17:23:28 ID:iY5R4mPG0
史記で荊軻が匕首の試し斬りする相手が死刑囚だったのはセンセイの優しさゆえだろうが
秦の役人でもヌッ頃した方がヒットマンらしかったように思う

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 19:12:21 ID:d7jLjDJJO
この人の代表作は『三国志』なんだろうけど、吉川英治の筋書きを流用してるよね?

おかげで、同じ筋書きを読むのが苦痛になって、吉川『三国志』を途中で投げたしたよ。

信長とかは山岡総八原作とか書いてあったけど、『三国志』には確か原作者名は書いて無かったと思う。
これって著作権的に大丈夫だったのかな?
芙蓉姫とかおもいっきり吉川の創作キャラだし。

まぁ、吉川の著作権を持ってる人(遺族か?)がおおらかな人なのかもしれんが、変に揉めて横山『三国志』が読めなくなるよりましか。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 19:24:32 ID:cd1K3BG40
『項羽と劉邦』の項羽が
北斗の拳のラオウのモデルって結構有名だよな。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 20:27:04 ID:3fUYaoddO
戦国獅子伝ってどこ探しても売ってない…
漫喫とかには置いてあるんだろうか

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 21:20:21 ID:yboNGv91O
近所の漫画喫茶には置いていたな
しかし戦国獅子伝、この人の漫画にしては珍しいぐらい性描写が多いな

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/27(日) 23:10:45 ID:vCbDQLKsO
>>11
それも結構アブノーマルな性描写が多くなかった?

フィクションなんだけど、変態に時代や国境は関係ないんだと、素直に納得しちゃった二十歳の俺だった・・・

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/28(月) 15:11:42 ID:cIGuP3LK0
でもまあ、横山の絵は可愛くて上品だから、あまりエロさは感じないんだよねw

私はこれで、「包丁」やら「竜陽君」やら「龐涓」のエピソードを知りましたw
もっとも「竜陽君」は恵王の時代ではなかったけどw

後で、「馬陵の戦い」が史実であったと知ったときは、マジに驚いたものです。
虚実取り混ぜて面白い話を作る作家の職人芸に感心しました。

ちなみに連載終了後に早稲田の女子大生から、面白いという感想と同時に
最後に主人公と仲間の一人との仲間割れが見たかった、というファンレターが来て、
それがまだ学生次代の栗本薫だったとか。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 20:50:57 ID:f2Isyza20
竜陽君って、「戦国策」に魚を釣って泣き出した話は載っているけど、
その後、そのせいで惨劇が始まった話まではない。

魚釣りの後日談は史実なのか?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 01:26:22 ID:uzVzV/0e0
関連スレ

横山光輝について語り合うスレ あばれ10童
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1176209316/l50
【横山光輝】殷周伝説其之漆【ジャーンジャーン】
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1189940107/l50
横山光輝『項羽と劉邦』について語るスレ
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1198591263/l50
横山光輝三国志は史上稀に見る傑作
http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1187518696/l50






16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/05(火) 01:27:40 ID:uzVzV/0e0
その他のスレは各自で検索してください
http://find.2ch.net/ http://find.2ch.net/ http://2chs.net/i/2chs.cgi
 


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/07(木) 11:02:50 ID:RBJHWkK50
近所の市立図書館は>>1の作品に加えて「長征」「狼の星座」「チンギス
ハーン」も置いててけっこう充実してる。横山先生のファンの人が寄贈
したらしい。全部で160冊くらいに急に増えて、さいとうたかお先生の
「鬼平・・・」を冊数で抜いてしまった。

でも近頃おかしな借り方をする人がいるらしい。
 ・三国志の1巻や60巻だけを借りて1ヶ月以上も返さない。
 ・5巻 15巻 25巻 35巻と10巻とばしで借りる。貸出冊数は10冊なので
  他の人は通して読めない。
 ・41〜49巻をまとめて借りて2ヶ月返却しない。
横山作品への嫌がらせとしか思えない。さいとう先生のファンの人とは思い
たくないけど止めてもらいたいものです。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/13(水) 15:38:34 ID:R1JwBvCW0
商鞅の「ペラペラ……」が何故かかわいすぐる


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/14(木) 18:19:20 ID:FPG58UYS0
>>17
微妙にスレちがい。でも図書館で三国志20冊くらい積んで1日中読んでる人
よく見る。よくスタミナが続くもんだ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/26(火) 17:55:34 ID:6ZYlvrAAO
『史記』と『項羽と劉邦』の違いがなかなか面白いな
李シ、簫何、陳平などビジュアルがだいぶ違う

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 20:19:50 ID:92jGIlnh0
>>20
それ、俺も思った。陳平が著しく違うよな。

横山「項羽〜」を読んだ後に、
司馬遼太郎「項羽〜」や陳シェンシン「小説十八史略」を読んだとき、
陳平のイメージが違うな、と感じた。
その後に横山「史記」を読み、
司馬遼&陳に出てくる陳平はこんな感じだと思ったよ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/13(木) 16:30:39 ID:YnSr/z7f0
項羽と劉邦の方では王陵が若武者風なのがおかしかったな

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 02:24:42 ID:OEpMi5lk0
重臣A「玄徳殿は荊州も奪えずあべこべに曹操に奪われ江夏に身を隠す有様
先生が これを知りながらそうさせたとあらば先生も知者とは申されまい 諸公はどう思われる?」
孔明「我が君玄徳が荊州を奪おうとすれば いとも簡単に奪えたでございましょう
だが故劉表と我が君玄徳とは同族 領地を奪うなど 我が君には出来ませぬ」
重臣A「これはおかしなことをうけたまわる
先生は小さな私情は捨て大儀のために立ち上がれねばならぬと
それが同族だと私情に捕らわれ何もせず逃げ回っていて
先生のおっしゃられる大儀とやらは成し遂げられるのですか?」
孔明「ははは あなたの目にはそう写りますか
だが万里を駆ける大鵬の気持ちは小鳥にはわかりますまい
例えば重い病人を治すに まず粥を与えておだやかな薬を飲ませ
体が回復するのを待って肉食を持って元気をつけ強い薬を与えれば病気は治ります
だがいきなり劇薬を用いればかえって病気を重くします
我が君玄徳はまるで重病人のようなものでござる
これで曹軍とまともにぶつかるとは自ら死にに行くようなもの
これを避けるは兵家の常 また逃れて身を隠すは体の回復を待つためのもの
昔 楚の項羽は度々の戦に勝ったが凱歌の一戦に敗れ高祖に滅ばされた
それに比べ高祖の韓信は ほとんど勝った試しの無い大将でしたが最後の勝利を
高祖皇帝に導いてござる
国家の大計というものは局部的な勝敗で全てを論じるのは軽率でござろう
重臣A「むむむ」


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 02:26:43 ID:OEpMi5lk0
孔明「ほかに何か?」
重臣B「ならばお聞きいたします 曹軍百万 先生は何か対策がござるか?」
孔明「百万と言っても北方の兵 荊州の兵を合わせての数だ
いわゆる烏合の勢です 恐れることはございますまい」
重臣B「これはおかしい
曹操に惨々な目にあわされ他人の助けを求めながら 恐るるに足らぬとは言葉が過ぎませぬか」
孔明「あなたは『信兵は実に戦う』というのをご存じないか?
我が君玄徳の兵は仁義の兵なれど数千 だから江夏に退いて時を待っている
それに比べ こなたの兵は精鋭 食料も十分 その上 長江の要害があり戦う力もありながら
主君に対しておめおめ降伏をすすめるとは卑怯千万 それから見れば 我が君は
僅かの兵でも曹操に立ち向かおうとするその態度
曹操恐るるに足らぬと申してもおかしくなかろう」
重臣B「・・・」

重臣C「孔明!
おぬしは昔の蘇秦 張儀の詭弁を見習って この国に遊説しにやってきたのか それが目的か!?」
孔明「あなたは蘇秦 張儀の弁の立つ一面だけを知り 両人 誠の豪傑であることを知らないと見える
蘇秦は六か国の宰相の印を持ち 張儀は二度まで秦の宰相となった
いずれも国家を支える大人物ですぞ 脅しにのるような人物ではござらぬ
だが あなたたちは曹操が誇大な書状を寄越したくらいで意気地無く降参しようと考える身
蘇秦 張儀を語る資格がござるか!」
重臣C「ム・・・」


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 02:28:33 ID:OEpMi5lk0
重臣D「では曹操は何物ぞ!」
孔明「漢の逆臣!」
重臣D「それは間違いでござろう「天下は一人の天下にあらず天下の人の天下なりと」
されば尭は天下を舜に譲り舜は天下を兎に譲り その後 成湯はケツ王を退け武王は肘王を討ち
漢は秦を受け継いで今日にいたった しかし天下より定められた運命は 最早 尽きている
今や曹操は既に天下の三分の二を押さえ人心も彼に心を寄せ始めている
天下を取る者を賊というならば舜も兎も武王も秦王も全て賊ではないか!」
孔明「だまらっしゃい!
あなたの言葉は父母も無く 君もいない人間の言う言葉だ
人として生まれながら忠孝の道を弁えぬのか!?
曹操は漢に仕えて禄を食みながら 今 漢室が衰えたと見るや
漢室を滅ぼし その手に天下を握ろうとしている
これを人として歩む道か?
ならばあなたに聞こう あなたの主君の力が衰えたら 曹操のように
たちまち主君孫権を蔑ろにするつもりか?」

一堂 シーン

それはさながら武器を持たぬ戦いであった 重臣達の降伏論を正答化させぬため
全てを言い負かさねばならなかった


元ネタ。
ガ板の横山光輝のガイドラインより

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/18(火) 02:31:01 ID:Fqrqw2XR0
王陵を若く描いたのは一巻まるまる使って活躍させたからじゃない
確かに劉邦の兄貴分には若過ぎる感じだが
ムサいおやじ顔で活躍させるのはなかなかきつい

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)