5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ローマ皇帝 vs 漢の皇帝

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 20:15:29 ID:tU+n7fpA0
東西の古代帝国の皇帝達を色々と比較してみようじゃないですか

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 20:29:31 ID:teSiMWPW0
秦も入れて、皇帝以外も比較の対象にしていいなら
呂不韋とクラッサスとか
馳道とローマの幹線道路とか
始皇帝の長城とハドリアヌスの長城とか
↑これは戦国期からあったか・・・

中央・地方の制度を比べても面白いな

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 20:32:22 ID:SNol6qw+0
大陸の東西の二つの大帝国となると、
唐朝とアッバース朝ってのもあるけど、
比較はこちらの方がしやすいし、興味深いね。



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 21:01:54 ID:hUeZMQiI0
唐朝とアッバース朝の比較スレは昔どこかで見たな。
話したければ立ててみたら?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 22:28:04 ID:6C1Iypt20
他の歴史板での愚痴を漏らすスレ
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1172045056/

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 21:48:29 ID:0ZjiAd4KO
>>1
ローマ皇帝の方が個性豊かなイメージ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 22:22:25 ID:8QwIaPK5O
ローマ皇帝=終身執政官。中国皇帝=大国王。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 22:32:00 ID:EiADA52F0
ローマの場合は、皇帝選出の基準があやふやで、不安定だな。
漢の場合、先の皇帝が太子を立てておけば、それで順当だし。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 23:19:18 ID:0ZjiAd4KO
>>8
そりゃ王制から発展した中国と共和制から発展したローマとは情勢が違いすぎる
それにローマ皇帝は男児が居なかったり生涯を全う出来ないケースが多いしな

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 23:24:59 ID:IUGdi4SHO
アウグストゥス>>>>劉邦

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 23:58:03 ID:SOBOfRHA0
でも劉邦の人間としては好きになれそうだな。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 22:45:52 ID:dUON+7880
ローマの皇帝って、住居の方はどうなっていたのかな?
よく知らないんだけど。

思う存分に贅沢、酒池肉林ができるようになっていたのかな?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 18:49:10 ID:ScDx58ljO
>>12
ローマ人は公共事業や別荘造りは好きだけど、自宅に対しては意外と淡泊だよ
まあ食はあのローマ式食い道楽があったし、別荘に引きこもって出てこなかった人も居たけど

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 07:42:27 ID:2Bd/nDmv0
始皇帝が作った阿房宮にはやや及ばないだろうが、
ローマにもドムス・アウレアという趣味丸出しの大宮殿が有った

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 23:58:18 ID:1lYcG/oc0
ローマ帝国にも宦官がいたようだね。
皇帝権力が強まると、中国みたいに政治的な権力を持つようになったらしい。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/30(土) 01:43:50 ID:oSaACY+A0
ローマ皇帝は執政官だの護民官だの法務官だのなんだのかんだのの権限をかき集めて作った反則技的ポジション・・・だけどそこがなんかカコイイと感じる。




17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 04:03:55 ID:qq/yOPo00
最強はコモドゥス

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 10:16:10 ID:ykO8HLY10
>>16
漢の丞相・大司馬・大将軍ってところか?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/02(月) 12:29:50 ID:MGLLn9BvO
>>18
いや
太傅・大司馬・領尚書事・宰衡・安漢公だな

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 07:09:22 ID:fgmc26s60
とりあえず、ageつつ徹夜明けの俺が対戦カード作ってやったぞ
開祖対決
高祖 劉邦VS神君 カエサル

外政
武帝 劉徹VS五賢帝 トラヤヌス

内政
宣帝 劉詢VSアウグストゥス

中興の祖
光武帝 劉秀VSディオクレティアヌス

こんなところでどうだろう。
個人的には
開祖・・・三傑含めても劉邦側は微妙、カエサル
外政・・・微妙だけど、内政を無視して外政の成果だけを見るなら武帝か?
内政・・・功績自体は五分かもしれないが、経てきた試練、個人の政治手腕の反映度からしてアウグストゥス
中興・・・質が違うかもしれないが、やはりある意味でローマ帝国としての統一を放棄したディオクレティアヌスでは分が悪そう。

まぁ、漢からすぐれた皇帝を選び出したので結構いい勝負してるがローマにはまだ残りの五賢帝やビザンツまで含めるならユスティニアヌスなんかもいるから全体じゃ勝負にならない悪寒
そもそもヨーロッパ名君50選をするなら半分ぐらいはローマ皇帝が占めるだろうってぐらいローマの皇帝は優秀なのが多いし、一王朝に過ぎない漢じゃ厳しい気がする。





21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 11:24:57 ID:S0iVFhuR0
漢の側は、皇帝の座の安定度が高いから、
全体的には、皇帝自身に要求される優秀さの度合いが低いかもね。

逆にローマは、特に前半は建前でも共和制を尊重しなければならない時期もあったし、
馬鹿皇帝が出たらアウトになりかねない。

それと漢の創業者って半分は始皇帝のような気もするな。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 14:25:17 ID:KUBKj/+c0
<開祖>
シーザーはアウトだろ。
塩婆の脳内愛人のアバタモエクボ補正を抜きで考えると、
オクタビアンの方がよほど開祖として相応しいので除外。
シーザーは確かに凄いが、三傑抜きでも微妙は明らかに贔屓にもほどがある。
まあ冒頓単于には両方とも敵わんだろーからどうでもいいが。

<外政>
俺は馬鹿息子の武帝が大嫌いなのでトラヤンを支持。
武帝は衛霍の二将がいなければ何も出来ない屑。
いや違うか世間に大迷惑を掛ける屑か。この男はあの世で去勢されてればいい。
つーか、それこそトラヤヌスより上の羅馬皇帝なんて一人もいないだろ。
どういう基準で武帝なんぞの方を上としたのか?

<内政>
宣帝は椅子に座るまで大変だったし、それに座り続けるのも大変なのは分かるが、
椅子自体を詐欺的な発想で作った尊厳者の知恵とクソ度胸に乾杯。

<中興>
これは今更言うまでもないな。
創業と守成を同時にやったのは彼と陵遅三千刀のあの方だけ。
あとは創業自体に何代も掛けてるか、守成にまで至らないのがほとんど。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 21:34:19 ID:T48aRrcb0
ヘリオガバルスに対抗できるヤツはいないのか?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/04(水) 23:30:09 ID:xY9+DYjWO
>>22
武帝と比較するならユスティニアヌスだと思うんだな
他人に任せた外征しまくって、それには成功したが国に負担かけまくった

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 06:43:05 ID:7EYzK5GR0
>創業と守成を同時にやったのは彼と陵遅三千刀のあの方だけ。

唐の太宗もじゃね?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 09:38:25 ID:3NM4+1N/0
>>25
個人的に唐太宗は入れたかったけど断念。
親父の唐太祖ってそんな言われるほど息子頼みのボンクラじゃなかったんでな…

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 18:35:35 ID:LlQ1fu+A0
>>26
重箱の隅つっつくようで何だが
唐の初代は太祖でなく高祖だぞ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 20:40:52 ID:JedM+qOD0
東ローマも含めるのはせこいな
東ローマなんて千年近く続いた王朝なのに

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 21:29:59 ID:/nxYiEeY0
ローマの方の圧勝

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 21:35:58 ID:MePC2BVA0
>>22
好き嫌いで物を言うなよ。
塩野は誇張があるにしてもまるっきり嘘じゃない。ヨーロッパで皇帝といえばカエサルが語源のようにカエサルは開祖として扱って当然な気がする。
能力についても疑う余地がない、実際業績に比して失点がほとんど無いのはすごいことだと思う。後世への影響を考えると三傑もろもろを含めても五分なのは不自然じゃないと思うが・・・
武帝については確かにその通りだと思うが覇権を確立したトラヤヌスに対して覇権を握ったのが武帝だと考えると外征のみ、しかも実績を考えると武帝かなと思う

>>24
ユスティニアヌスぐらいは地中海の覇権を回復したのでローマ皇帝と考えてもいいかもしれないが・・・

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 22:15:01 ID:vcMXHcPC0
武帝をぶてい!

32 :転載:2007/07/05(木) 22:53:43 ID:1POPFyHa0
298 名前:蔡京 ◆GtkPmKwSp2 投稿日:2007/05/31(木) 14:29:50
長らく待たせた。早速回答に入る。

>225(カエサル暗殺2052年目に当たりますが、宰相殿のカエサル観を教えて)
結論から言えばそれほど高くは評価していない。
ガリア平定を果たした人物であるから、軍人としては一定の才覚を備えて
いたのかもしれないが、それにしたところで、ガリア戦争が、
ローマの国力増大に伴って当然に起きた領土的膨張の一貫として捉えれば、
殊更にカエサル個人の能力や個性を過大評価する必要はない。

外征による戦利品から得た富を惜しみなくばら撒いて人心を買う政治手法も、
古今東西ありふれたごく平凡なもので、到底高い評価には値しない。

とかくカエサルは、世界帝国ローマは一人の優れた指導者に
統治されるべきであるという強い信念の下で独裁を推し進め、
無意味な内訌を繰り返すのみの共和制ローマに終止符を打った───と、
肯定的に語られることが多いが、裏を返せば、時流に乗って富と名声を得た
だけの軍人が、権勢欲にとりつかれて既存の秩序を自らの都合のいいように
つくり変えたというだけの話だ。

また、そもそも、帝政による統治権力の強大化を現実のものとしたのは、
養子オクタヴィアヌスなのであって、カエサル自身は志半ばに倒れている。
身の丈に合わぬ権力を欲した独裁者の破滅──としか評価のしようがない。

確かにカエサルは馬鹿ではなかったろうし、
政治家としての能力も、ある程度の水準に達していたとは思われる。
しかしながら今日「万能の英雄」「運命の寵児」「仁慈の指導者」などと、
大仰な修辞を凝らして賞賛されるような、世界史的スケールの大政治家では
到底ありえん。むしろ凡庸という評価を与えても、それほど不当ではない。

歴史を経済構造、社会構造の枠組みの中で捉えていくのではなく、
指導者個人の人となりに着目して、その個性や思想が社会に及ぼす影響を
過大評価してしまうと、どうしてもカエサルのように
個性的で魅力に富んだ人物が必要以上にクローズアップされることとなる。
このようにして構築された歴史観は、所詮は物語であり、非科学的といえよう。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/05(木) 22:59:48 ID:KkzdeTt60
カエサルはやっぱり始皇帝の位置だろう。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 00:18:22 ID:EfX8UbZL0
東羅馬入れるなら南宋までいれないと不公平。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 04:37:53 ID:SKgehEnGO
>>28
東ローマは「王朝」じゃなくて「国」でしょ
王朝は帝政ローマが成立してからコンスタンチノープル陥落までの1500年の間で、何回も交代してる
(後漢王朝と被ってる時期だけで4つは王朝あったっけ)

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 14:29:41 ID:wEuy/9zSO
反乱者対決
ヴェルチンジェトリクスvsク・リエソor張角

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 15:40:56 ID:lhD2aG4h0
>>32 主張したいことはわかるがその論法でいくならこのスレの意味自体が無い、経済も文化も軍事力も周りの状況もまるで違うわけだからな
この板のカテゴリが「趣味」なのを見ても分かるようにここは学術的な歴史を語る場じゃなくて個人の人格なんかも含めた歴史を楽しむための板だしスレだろ?
多面的な見方は大事だが、それは別の面の否定にはつながらない。また、そういう目で見ても内乱の方を完全無視していたりして塩野とかと同じで個人の好悪が覗く
評価だと思うんだがな。
カエサルの失点ってどんなのがある? とりあえず、急進的な改革を強権に任せて推し進めた結果、反動派を暴発させた事?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 16:55:08 ID:3AT9P1b60
ttp://www.alfheim.jp/~narikiri/narikiri/test/read.cgi/TheSun/1162999565/ln50
それ転載だから、↑のスレで語ってくれや。

俺には三傑含めて漢高祖を上回るほどの仕事をした男には思えない。
特に張良は諜報、戦略、渉外、処世、全てがパーフェクトの怪物。
いい勝負にはなるだろうけどね。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/06(金) 17:06:33 ID:3AT9P1b60
秦昭襄王+白起=シーザーってとこなら納得出来る。
漢高祖+三傑は流石に無理がありすぎ。
あと秦始皇はやはり尊厳者がそのまま対応するのが自然と思われる。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/07(土) 00:28:50 ID:fBVmbEg80
万暦帝vsカリギュラ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 23:51:45 ID:HDKH3lPs0
ローマ帝国は真ん中が海なんだよね。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 18:14:24 ID:cx81aTCs0
ローマと中国の歴史を浅く眺めると
皇帝は立場が不安定なほど良い仕事をするなあ
と言う場違いな感想が出てくる俺。

ローマで皇帝の任期が無くなってから皇帝が
良く殺されるようになったなあとか思うが実際はどうなんだろうね。


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 19:35:08 ID:DtkgUOXS0
>>41
ローマ帝国の領土はおよそ、環地中海地域をライン川・ドナウ川・サハラ砂漠・ユーフラテス川で区切った内側にあたる
中華世界と比べて自然国境がはっきりしてるのが特徴だね
(まあ、前者三つと比べてユーフラテス川はかなり曖昧だけど)



>>42
ヴェスパシアヌスが「皇帝を公的に弾劾する事は出来ない」って決めた話かな

ただこれの定められる前と後のローマ皇帝の自然死率を比較すると

前:2/8(3/8)……25%(38%)
後:8/16.………・50%
(対象は後漢と時代の被るユリウス=クラウディウス朝〜セウェルス朝(紀元前27年〜紀元235年)の皇帝、
 僭称帝、共同統治帝は除く。三代皇帝クラウディウスには暗殺・自然死両説があるので共に表記)

って自然死率自体は定める前の方が低いんだな(ていうか五賢帝が自然死率稼ぎすぎ)
まあ自殺者もいるんで純粋な他殺率だと、前:50%(38%) 後:50% って所になりますかね


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 10:23:42 ID:WiA1R/qJ0
>>43
ティベリウス帝にもカリグラ帝による暗殺説もありますしね……。
キリスト教を国教とした東ローマ時代以降は修道院に隠棲する退位がありましたが、それでも自然死の割合が低いですが、
丁度三国〜晋の統一まで被る軍人皇帝時代(235〜284・ディオクレティアヌス帝即位まで)で、
「まともに死ねた」のはクラウディウス2世(疫病)・タキトゥス帝(高齢)の二名。
※ウァレリアヌス帝はペルシアの捕虜になってそのまま死亡
※カルス帝は落雷の直撃で死亡と俄に信じられない・暗殺説あり
この時期でイチローの全盛期コピペが作れますねw

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 19:10:12 ID:jSJYJSIv0
>>44
それ考えるとたとえ乱世でも中華皇帝って意外と安全だな

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 23:48:28 ID:3kHxKscs0
中華皇帝で戦場で捕虜になったのって、宦官に唆されたあの人ぐらいなもの?

47 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 11:12:32 ID:vDy/6tBW0
でもその皇帝って明代だろ。ここはローマ皇帝と漢皇帝を
語る場だよ。

48 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 12:18:16 ID:1zoRR6Ji0
今更だけど>>22の武帝の酷評ぶりにワロタw

後漢時代には、「二祖四宗」と言って高祖、武帝、文帝、宣帝、光武帝、明帝の
六人が特に名君とされてたみたいです。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 22:44:42 ID:hRpmDgTj0
武帝は漢の全盛期の象徴みたいなものだからな
領土を拡げて、漢の威光を輝かしたという点が評価されてるんだろう
しかし、俺は武帝は「国を滅ぼさなかった煬帝」としか思えない
滅びなかった理由も、祖父以来の莫大な遺産があったからだと思う

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 22:56:17 ID:JjADR2Bx0
しかし、中国の場合、暴君は裏を返せば優秀すぎるって事でもあるんじゃね。
暗君と違って出来るがゆえに出来ない他者に厳しすぎるんだと思うが。


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 23:24:20 ID:lEeiVz8j0
>>49-50
同意というか…
内政の面ではどう評価しても暴君なんだが、なのに在位50年を保ってさらに
畳の上で死んだという意味で、名君と評価してしまう。
中国史上、これだけの暴政をおこなってしかも天寿も権力もまっとうしたのは
他にはフビライと毛沢東くらいか?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 00:01:22 ID:Mt5xJZ5k0
>>51
まあ何をもって名君とするかによるけど、結構な人物だとは思う
ただ、似たようなタイプに金日成も居るし(全然全盛期になってないが、世襲じゃないというプラス点も)、
名君とするには近代国家で独裁君主を抱いた歴史の少ない日本人の俺には抵抗があるのは事実

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 06:09:00 ID:/Tvm2y1y0
どっかにも出てたけど、有能な暴君だな。
ローマだとそういう人っている?

>>金日成
戦後、マルクス主義がインテリさんに流行ってた時期には
少年向け「世界の偉人」にカストロやらこの人の伝記が入ってたとか…。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 11:59:16 ID:JrF71wGK0
ハドリアヌス帝が(元老院にとって)有能な暴君。
不自然な継承と即位直後に元老院議員を処刑、ローマに殆ど滞在していなかったのが原因。
しかし後継したアントニヌス・ピウス帝の弁護によって記憶抹殺刑を逃れる。
性格は最悪クラス(猜疑心強い・瞬間湯沸し機・処刑用の熊に無実潔白と言う意味の名をつける)
だけど有能(コンスタンティヌス大帝以上かも)なヴァレンティニアヌス1世はちょっと違うか。

個人的にウェスシパアヌス帝のセンスが好き
(公衆トイレの尿を利用する業者に税金を払わせたことで悪評が立ったのに対して)「金は匂わない」
(自分の死の寸前の冗句、ローマ皇帝は死後神格化される)「私は神になりつつある」
(ローマ皇帝は軍の最高司令官であり、自身も叩き上げの軍人だったことから)「最高司令官は立って死ななければならない」
劉秀と引けを取らないと思っていますが

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 21:25:39 ID:ocR2Yr3k0
ハドリアヌス帝は漢武帝の真逆だな。ほとんど首都に滞在せず帝国中を巡察して
内政と国防をひたすら整備しまくったのに、首都住民と元老院を軽視していると
いう理由で不人気なんだから。
ティベリウス帝も元老院無視して内治に励んだら暴君扱いだな。
このあたり、やはりもと共和政体だったことによるのかね。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/31(金) 23:20:16 ID:PRiP/qaE0
>>49
そういう意味では清朝の乾隆帝などとよく似ている。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 06:56:24 ID:eAC6LxXq0
以前、漢とローマが軍事対決したらどうなるか、
というスレを見かけたな。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 13:08:07 ID:qXXRmiRE0
>>22でぼこぼこに武帝をけなしたが、某所では武帝の弁護に奔走したり、
俺は単なるへそまがりのようだなあ。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/14(水) 16:16:42 ID:qXXRmiRE0
221 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/05/14(月) 02:20

>>タイムスリップでは有りませんが、
前漢の西域の司令官で会った張騫が
匈奴との戦闘のおり、
西域の奥深くで見たことが無い重騎兵装備をした一軍と
交戦をしています。
漢では見られない陣形をとって張騫を苦しめましたが、
是を破って漢に帰順させ、定住させました。
長い間、この一軍が何者なのか不明だったのですが、
どうもローマ帝国の1隊がパルティアなどの中東にいる敵対勢力との
戦争の折に敗れて逃げてきたところを匈奴に拾われて
図らずも
漢VSローマ帝国の兵の戦闘になったという見方がありますわ。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 00:49:08 ID:ZlB4cn200
>>58
反骨精神は貴重だ。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 02:56:23 ID:RvTyVtzo0
知性と感性が伴っていればの話だがな。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 12:00:03 ID:zfY8RuO20
漢とローマじゃ比べ物にならんよ。漢で名君といえるのって
>>48のとあと景帝位しかいないっしょ。>>20みたいに似てる奴らを比べたって
ローマのほうが圧勝だよ。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 18:33:19 ID:HZLsL3hF0
ローマにはひきこもり皇帝がいたけど、
そういう皇帝は漢にはいたの?

カプリ島のティベリウス荘
http://www.skulpturhalle.ch/ausstellungen/villajovis/capri.jpg
http://www.klassische-archaeologie.uni-hd.de/institut/v_jovi/00004.html



64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 00:26:06 ID:PtpfvIQ0O
下半身麻痺だった哀帝かな

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 00:46:36 ID:FnC61QBM0
>>59の話はディスカバリーchでもやってた
西から来た連中はファランクス陣形みたいな密集戦法を取ってたとか
捕虜になってから酒泉かどこかの守備兵にされたとかいう内容だった
ただその後の研究でそいつらの存在を否定するのもあったような気がする

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 15:45:26 ID:j36x1tmXO
だがローマ皇帝は致死率が尋常でなく高いからなあ。しかも割と速攻性だし。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 20:10:34 ID:g/4Lj751O
確かに漢ってあんま名君いないな
一部分だけ見れば優れてるのは少しいるけど
歴代中華王朝の中でも微妙な方だな

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/31(月) 21:13:54 ID:PtpfvIQ0O
皇帝になってから身分を隠して街に出ていたリアル暴れん坊暴将軍の成帝とか

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/04(金) 22:38:47 ID:TO029vCP0
漢の場合は、基本的には生まれによって皇帝になった者たちだからな。
ローマの歴代皇帝と資質を比べて、劣って見えるのは仕方ないだろう。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 15:48:12 ID:akXYRlZS0
歴史ドラマ「ROME」
http://www.wowow.co.jp/drama/rome/

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/05(土) 16:32:50 ID:rXJax27X0
ローマは共和制の名残で個性の強い目立つ人物が皇帝になる。だから名君のように見える。
逆に中国は強烈な個性の人間は皇帝に相応しくないという考えがあるから調和を重んじる人物が皇帝になる。だから凡君のように見える。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 00:30:46 ID:lMuH1fWK0
ローマ帝国が、交通網が整備されたことがよく挙げられたけど、
漢帝国にとって、一番求心力となったものは何になるのかな?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 01:55:33 ID:eg7KGH920
秦の統治機構?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 08:38:20 ID:XFNh2S1o0
交通網に関して言えば、禹の時代の治水が、実は単なる川筋の整備だけじゃなく
道路整備でもあったという。
漢の場合、秦の統治を継承し改変した、強幹弱枝。
これによって、地方は中央に従わざるを得ない体制を作っていった。
漢といっても、完成したのは文帝とかの時代だから。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 19:01:58 ID:JBE3UE7w0
>>69
そうそう
ローマの五賢帝は優秀な奴を養子にした結果だもんな
差がつくのは当然

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 12:41:00 ID:+R//HbET0
漢の皇帝は馬鹿でもやっていられるし、国も簡単には崩れない。

ローマの皇帝は馬鹿だと、周りが納得しない。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/09(水) 13:40:15 ID:1C657A8W0
ティベリウスはローマに戻ってこないだけで統治は完璧だったわけだが

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 23:54:59 ID:yc4xHod70
ローマ帝国 = 漢

とすると、

ビザンツ帝国 = 南朝?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 10:03:19 ID:4S9nVEHf0
つーか秦が全土を統一した後の漢と、結局統一不可能だったローマ帝国程度を比べられてもな

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/14(月) 21:21:44 ID:1hshPL3p0
イランの方と比べてみるのはどうなんだろう

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/03(日) 21:20:49 ID:ie38CHPEO
>>79
ローマ帝国はどこまでいけば統一になるんだ?
漢だっては今のモンゴルや満州、朝鮮、日本とかはいいの?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/19(火) 23:55:28 ID:KJgoZMxC0
イタリア半島からギリシャ半島にかけてのあたりは、中原として確保しておきたいな。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/20(水) 14:53:20 ID:zRhFSaGxO
そもそもユーラシア西部・北アフリカ辺りに出来た帝国はよく領土や根幹地域が変わるものな
大抵同じ辺りを根幹地域にして同じ辺りを領有しているユーラシア東部の帝国とはそこが違う

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)