5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【靺鞨】渤海国の人材を語れ【高句麗】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 20:12:53 ID:5HGlGIY60
ただしウリニダ起源はお断りだ!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 20:27:11 ID:pOGWOPN60
初代大祚栄
二代大武芸(武王)
三大大欽茂(文王)
十代大仁秀

二代目と十代目は英雄肌の人物だったらしいね。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 20:54:02 ID:42XWmzrC0
    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 渤海!渤海!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 21:09:27 ID:5HGlGIY60
靺鞨人と高句麗人による共同政権で成立した国なのに
あっという間に靺鞨人でも高句麗人でもなく渤海人という新しい人種になった
中々稀有な国家・民族でありながら、キレイさっぱり滅びてしまった不思議な国

第二次世界大戦で日本が満州・朝鮮を失わなかったら
契丹の遼と共にもっと研究が進んでたかも知れない

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 14:50:56 ID:jchs3O4hO
不思議な勢力範囲だよなぁ
朝鮮北部やロシア、満州にまたがってる

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 14:58:40 ID:CdX58tzf0
渤海人の末裔が女真なんでしょ?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 18:49:02 ID:yxgR08jb0
父の後を継いだ大武芸は大部分の靺鞨族を配下に治め領域を広げ、唐とも直接戦火は交えなかったものの結構駆け引きするなどなかなかの人物だったらしいね。
だいぶ昔に本を読んだだけなんでうろ覚えだけど。
あと新羅の牽制のために日本との外交を重視したが、その時既に半島の領土を失っていた日本側はそれほど乗り気ではなかったっていうのは可哀想w

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 10:57:17 ID:gqk2gnt4O
でも道鏡は乗り気だったみたいだ>軍事同盟
ただ今度は渤海の方が気乗り薄だったみたい


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 11:15:12 ID:p+DHHWgn0
新羅進攻を計画したのは藤原仲麻呂じゃないかな

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 11:55:19 ID:q996BlU10
>>9
たしかそう。
失脚しなければ新羅征伐が実現してたろうな。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 18:58:27 ID:QztdyMPq0
でもその後維持出来るのか?
まるまる渤海に与えるつもりだったのか?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 18:40:40 ID:YT4Ef3oP0
勃海国って当初は震国を名乗ってたはずだけど、勃海郡王に封じられてからは正式に勃海国と号して震国の号は廃したのかな?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 08:13:33 ID:CmHHV0oq0
>>11
日本に維持する意思はあっても、現実にはできなくても、
結局は、渤海に半島全体を明け渡してしまうことになったかもね。

半島と遼東全体を支配する国となれば、渤海も中原進出が視野に入ってくるかな?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 15:25:49 ID:wRUQcSRQO
仮に日本と組んでも新羅を倒せるかな?
唐を敵にまわすことにもなるし
渤海は加速的に文弱国家になっててる気もするしな

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 23:45:47 ID:lYP8weru0
渤海の軍隊って、どんな感じだったんだろう?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:03:28 ID:8ctQj7yK0
渤海国ではどんな産業が栄えていたんだろう?
そのあたりとか、社会状況が気になる。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 15:09:21 ID:SR1SsmGlO
日本には毛皮を輸出してたようだ
日本からは衣類を輸入してたらしい

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 21:19:52 ID:TYjCT6dk0
朝鮮人参も輸入されてたみたいね。
オレの唯一のネタ本「勃海国の謎」(上田雄著)によると。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 01:05:55 ID:rsWnt35n0
樺太のアイヌとかなり親密な関係だったと聞いたことがあるぞ渤海国

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 14:14:33 ID:VNtD4jwa0
何か、渤海は、高句麗の後継国家であるとの意識を強烈に持っていた、
と聞いた。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 14:50:58 ID:qpQFpKaYO
それ、半島が主張してるだけ

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 17:58:16 ID:p5rNPwH90
>>19
勃海というより靺鞨の呼称だった頃じゃないかな?
古くから黒竜江を降って日本海を渡って蝦夷地と交流があったらしい。
うろ覚えなんではっきりとしたことは言えないけど。

>>21
いや、勃海が日本に送った国書でも高句麗の後裔であることを強調してるよ。
もっとも高句麗が朝鮮の祖の一つであるかどうかは別の話。
あれは基本的に中国の周辺国家でしょ。
もっとも版図や民族が後の朝鮮と混じったりしてるので、半島の言い分もまったくの嘘であるとは言えない。
それだけのこと。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 09:48:03 ID:4Cbb+NqG0
高句麗の歴史自体、前期が本土シナ志向で、後期が半島志向だったからなぁ。

確かに、慕容部とかとドンパチやってた頃は明らかに中国の周辺国家で、
西の吐谷渾、東の高句麗といった感じだったけど、首都を丸都城から
南方の平壌に移してからは、これまた明らかに朝鮮三国の内の一つ、
といった感じだ。(事実、当時の日本でも三韓の一つと見なしてるし。)

だから高句麗自体は、まぁ、半島史に組み込んどくのが妥当だとは
思うんだが、それより難しいのは、やっぱスレタイ通り渤海史だよなぁ。

いま高句麗史が問題になってるのも、渤海史じゃラチが空かないから、
その前段階の高句麗ネタで勝負しとくか、ってな感が強いし。

でも、高句麗ネタじゃどう見ても韓国側が有利なんだから、どうせなら
中国側も渤海史を中心に「東北工程」を組みゃあいいものを、と思った。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:58:45 ID:OHcqkn460
韓国じゃ、統一新羅の時代を、
北に渤海があるからと、南北時代と呼んでいるらしいなw

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 23:34:38 ID:1crxYZKJ0
中国が分裂して内戦にでもなろうものなら、
満州を取りに行くつもりなんだろうw

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 10:10:07 ID:rZkQtVy90
NHKがヨン様主演の高句麗歴史ドラマを買ったらしい。
最近、朝鮮時代劇ばっかだな・・・

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 16:22:02 ID:N5AfSxer0
高麗の国号も高句麗から取ったらしいね。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 18:31:07 ID:2CuDKY29O
>>23
有利と思えるのは俺達が「高句麗は朝鮮半島の歴史」と教育されてるのもあるのでは?
どちらにせよ、両方とも歴史認識とやらで妥協する国じゃないし、俺達が気にすることでもない
(まあ中共の中華周辺国の歴史まで取り込もうとする、覇権・帝国主義的な歴史認識が気に食わないのは事実だが)

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 23:52:28 ID:kUQs2Tdn0
>>26
あのドラマはまずい。
NHKは関わらない方がいい。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 00:00:44 ID:f/LwOoE40
>>23
渤海は中国歴史教科書で普通に自国史として書いてた。唐の所に突厥、回鶻、
南詔、吐蕃と並べて。靺鞨の国として記述し、高句麗との関連は書いてなかった。
記述は割と短め。
高句麗を本格的に自国史に組み込むとなると前漢から唐にいたる長い長い歴史
をどう教科書に記述するのか興味ある。

ロシア沿海地方教科書でも沿海州初の本格的国家として大きくとりあげられている。
高句麗と靺鞨から成ったことを記述。
滅亡時に一部は遼に連れ去られ一部は朝鮮(高麗)に逃亡、一部は踏みとどまった
ことを記述。

韓国では大祚栄、武王(大武芸)、文王(大欽茂)、宣王(大仁秀)及び武王の時の山東攻撃を率いた張文休
中国では大祚栄
沿海地方では大祚栄、大欽茂、大仁秀、日本への大使の裴頲
が登場。

三つ、いや北朝鮮もあるだろうから四つの国の教科書に自国史として載る国である。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 21:32:44 ID:6W0hBuE60
ちょうど三つの国に上手く跨ってるからなぁw

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:04:56 ID:g4nWz9jG0
>>31
一番の理由は(高句麗、靺鞨)→勃海→後勃海で絶えちゃってることだろうな。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 23:41:27 ID:1ZpCS/pH0
そのうち、韓国人は金の歴史も自国史に組み入れそうw

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 02:15:56 ID:gZi5eZIz0
満州まで勢力拡大しなきゃアカンやんw

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:38:16 ID:IZtifpwf0
渤海人って結構金に仕えた人間が多いんだよね。
有名なのだと、どんなのがいるかな?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 02:27:41 ID:XKiZKFb00
急に腹痛になってなんでおこされなきゃならん!
目が覚めたからしょうがなく深夜便きいてつまらんから起きてきてネットなんかやって
責任者出て来い

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 00:32:29 ID:Dw3ycmeD0
渤海史のお手軽な文献って日本語では
続日本紀以降の六国史という基礎文献以外では
上田雄『渤海国の謎』講談社現代新書(最近学術文庫にもなったか)と
濱田耕策『渤海国興亡史』吉川弘文館のほかにあるのかな?
別に研究テーマじゃないからアレだけど日渤関係史以外の視点から
渤海概説書みたいなのがあれば嬉しいんだが。
しかし王族の系譜も正確には分からんとは、やはり史書の重要性が感じられるな。
後継国家がないから史書がないのは仕方ないけれど…

ところで渤海の最大版図って両書読んでもいまいちなんだが
旧満州に沿海州、北朝鮮北部を含むとして黄海・渤海湾まで至っていたのかな?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 04:32:54 ID:YVn+1mjG0
お手軽かどうかはさておき
朱国忱・魏国忠「渤海史」東方書店
三上次男「高句麗と渤海」吉川弘文館
てのはある。

唐書によれば渤海領は今の新義州の辺りまでで海に達していない。
一方、唐の勢力後退にともない遼東半島方面まで拡張したのではという説もある。上田雄とか。

大武芸は山東を海を越えて攻撃したが、新義州のあたりとしてもかなり海に近いし川は広い。
安東都護府は遼東の脊梁の西へと後退している。隙をついて鴨緑江を下って海に出られたのかもしれん。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/27(火) 13:39:10 ID:ZjORQWsc0
ありがとう、機会があれば読んでみるよ。
特に後者は比較的入手しやすそうだね。

西方の海の件では日本海みたいに交易ルートに用いるくらいには
実効支配はできていなかったってところか。まあ入唐は陸路?だろうから
遼東の後背を確保すれば渤海としては問題なかったのかなあ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 23:01:56 ID:eNXqlyvr0
長白山の噴火と渤海滅亡との関連は、一旦は否定されたけど、
最近の地質調査で、巨大噴火は複数回あったらしいとの説が出てきている。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 23:23:05 ID:MgLniKLa0
>>33
海軍の艦船にイルチムンドク将軍や渤海の開祖テージョヨンの名をつけてるのに違和感を感じる
まあ自国にこれといった英雄が少ないからだろうが

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 11:03:42 ID:162yLwmk0
>>40
噴火マグニチュードで7.4、過去2000年間では地球上で最大の噴火になるかな?


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 12:57:53 ID:ZSlJ1TjW0
渤海国はアイヌ人の国

つまり、渤海国は日本人の王朝であり中国や朝鮮とはまったく関係が無い

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 14:04:21 ID:uUZm+w5C0
靺鞨は黒竜江あたりから蝦夷地の暇夷と交易してたらしいけど、勃海がアイヌ人の国というのは無茶だろ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 17:09:26 ID:vigV1aHQO
でも昔から日本人はあの辺りの人たちと仲いいよね
モンゴルも親日国だし
きっと中国って昔からああだったんだな

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/07(土) 21:13:28 ID:p2NDOgsq0
>>42
日本では過去10万年間の間に、
阿蘇カルデラ、姶良カルデラ(桜島)、喜界カルデラが、
それを更に一桁上回る超巨大噴火を起こしているね。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/10(火) 02:24:58 ID:8qGzzdGO0
>>45
とりあえず「刀伊の入寇」「馬賊」でググってみてはいかがだろう。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 23:29:43 ID:RB1xs3d/0
刀伊の入寇ってその後に継続して現れることはなかったから、
あの時はたまたま日本まで遠出してみたのかな?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 21:15:52 ID:3gWhZThV0
一概に女真族と言ってもいろんな部族がいたみたいだからね。
渤海国の遺民や他の文化圏と接触の多い部族と、
より辺境で狩猟採集生活の部族とでは、だいぶ様相が違っただろうし。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 16:02:31 ID:WB8z7PBS0
渤海国の統治下でもそういう未開部族の反抗は多かったんだろうか?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 23:24:02 ID:JYmG7b+E0
何しろ記録が少ないもので・・・・・・

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 03:59:23 ID:9NxrXYSw0
渤海国で使われていた言語

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 01:22:58 ID:xPtMNJq80
歴史の先生が披露した親父ギャグのせいで
渤海が脳裏に焼きついて離れない

日本「お前誰だよ?」
渤海「僕かい?」

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 01:22:25 ID:5YZjLQHH0
渤海も今はものすごく汚染が進んでいるらしいな……

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 23:25:35 ID:9VgNBVuF0
【新刊】韓国古代史学会編『韓国古代史研究の新動向』(ソギョン文化社,3万3000ウォン) 

 韓国史の教科書で古朝鮮に対する記述が改まったが、その国は果たしてどこにあったのだろうか。
歴史を歪曲した日本の教科書で度々登場する「任那日本府」の実体とはいかなるものであったのか。
歴史ドラマ『大祚栄』に登場する国「渤海」はどのような住民たちで構成された国だったのか。

 中国と日本の歴史歪曲が激しさを増す一方、韓国の学界での主張も一致しない状況の中、韓国古
代史に関する多くの争点について自信を持って話をするというのは、容易なことではない。韓国古代
史学会(金泰植〈キム・テシク〉会長)所属の歴史学者42人が3年間にわたる研究作業の末に出版した
単行本『韓国古代史研究の新動向』(ソギョン文化社)は、こうした「争点」に対する韓国古代史学界の
研究水準を示してくれるという点で注目される。

◆古朝鮮の中心地は?

 学者によって意見が百人百色、多様さを見せている部分だ。古朝鮮の中心地が今の中国遼寧省一
帯だったという「遼寧説」、大同江一帯だという「平壌説」、そして遼寧から平壌に中心地を移したという
「移動説」に大きく分類することができる。移動説は、古朝鮮が紀元前3世紀初め、中国・燕の攻撃を受
けて中心地を移したという学説で、最近力を得つつある。然るに、司馬遷の『史記』において古朝鮮と漢
の境界と記録されている?水の位置は、依然として確定せず、鴨緑江・清川江(現在の平安南・北道の
境界付近を流れる)・●河(●は「さんずい」に「欒」。読みは「らん」/現在の中国北京の北を流れる)・
大凌河(現在の中国遼寧省を流れる遼河の支流)など、さまざまな説がある。滅亡当時の首都「王倹城」
も、平壌あるいは遼河西岸という説のほか、高句麗発祥の地である桓仁一帯だという主張も出ている。

http://www.chosunonline.com/article/20070822000066


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 23:26:30 ID:9VgNBVuF0
◆栄山江流域の政治勢力は?

 4世紀中盤、百済近肖古王の征伐後、全羅南道地域が百済の領域になったということは学界の通説だ。
以後、この地域で大型の甕棺墓や前方後円墳が発掘されるなど、考古学的成果が蓄積される中、この
地が独自の政治勢力圏だったという解釈が出てきた。一部の研究者は、この独自勢力が6世紀まで百済
の勢力圏に完全に併合されることなく、百済・伽耶・倭との間で等距離関係を維持していたと見ている。
全羅南道高興郡浦頭面吉頭里の雁洞古墳などの遺跡から、百済様式の金銅冠や履物が発掘された点
から見るに、5世紀中・後半に百済が羅州地域の政治勢力と大伽耶の繋がりを断つために全南地域東部
の勢力と手を結ぶ構図を見せた可能性がある。かなり後まで、この一帯には「政治勢力」が存在したという
わけだ。

◆「任那日本府」とは?

 日本が伽耶地域を軍事的に支配した機関が「任那日本府」だったという末松保和の学説が、日本の学界
の定説のように受け取られているが、こうした説を直接的に主張する日本の学者はほとんどいない。
代わりに、伽耶側が対倭交渉のために設置した外交機関、または日本側が伽耶に派遣した外交使節だと
いう研究が台頭している。韓国国内では▲百済が伽耶に進出する過程で現地支配のために設置した機関、
▲親新羅政策を推進した倭系伽耶官僚、▲『日本書紀』を編纂した百済亡命勢力が百済復興を目的として
造り上げたもの、といった研究がなされている。

◆渤海の住民構成は?

 「渤海の支配層は高句麗人で、被支配層は靺鞨(まっかつ)人」というお定まりの学説は、1933年に日本
の学者・白鳥庫吉が初めて唱えたものだ。これは、今も韓国や日本の学界において主流を占めている。
反面、北朝鮮学界は全住民が高句麗の遺民だったと主張し、中国やロシアの学界は靺鞨人だったと見て
いる。わけても中国の学界は、高句麗と渤海の文化的継承性すら認めていない。然るに韓国でも、「靺鞨」
という言葉は特定種族の固有名ではなく、中国が高句麗の辺境住民を貶めて呼んだ言葉で、「靺鞨人」が
すなわち「高句麗人」だ、と主張する学説が出ている。

http://www.chosunonline.com/article/20070822000067

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 01:02:09 ID:TK5pHg6/0
渤海国の不幸は末裔が(直接じゃなく領土かぶってるだけだが)朝鮮人しかいないことだな
学術的に検証してくれるはずもない
万が一日本領土のままだったら渤海や遼金などの研究も進んでたかもな

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:24:53 ID:pnNQEch8O

愛知のキチガイ脳糞古川は神だと思っている。

半年ほど前の正月休みに両親と愛知のキチガイ脳糞古川の実家(もんじゃ焼き屋)に 食べに行った時の話。
両親と3人で鉄板を囲んで食事をしているといきなり脳糞古川が玄関から入ってきた。
もんじゃ焼き屋に似合わない勝勝負服ないでたちで。

脳糞古川が「私いつもの〜」と言って二階へ上がろうとすると、
店内にいた高校生集団が「脳糞古川さん!」「脳糞古川さんかわいいー!」などと騒ぎ出し、
脳糞古川が戻ってきてくれて即席サイン会になった。
店内に13、4人ほど居合わせた客全員に店内にあった色紙を使い サインをしてくれた。
高校生達が脳糞古川の母校愛知のキチガイ高校トラウマ部だとわかった脳糞古川は いい笑顔で会話を交わしていた。
そして脳糞古川は「またね〜」と二階に上がっていき、店内は静かになった。

私と両親は脳糞古川の気さくさとかわいさに興奮しつつ食事を終え、会計を済ませようとレジに向かうと、
店員さんが階段の上を指差しながら 「今日のお客さんの分は出してくれましたから。また来てくださいね」と。

あれには本当にびっくりした。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 11:10:25 ID:8T3PfqpW0
百度百科『渤海国』
http://baike.baidu.com/view/85904.htm

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 09:59:11 ID:WX5fSzKY0
韓国って本当に高句麗渤海に対して必死だね。
最近ドラマをたくさん作っているし。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/14(金) 12:50:45 ID:xl+VC9hB0
アニメ「ムーラン」の実写版「花木蘭」が本格始動、ヒロインにチャン・ツィイーが有力―中国

 2007年9月6日、ミシェル・ヨー(楊紫瓊)が数年越しの念願だった「花木蘭」の実写映画化がこのほど動き始め、
ヒロインにチャン・ツィイー(章子怡)を迎える可能性が高いという。中国現地メディアが伝えた。

 「花木蘭」は中国の有名な伝説で、1998年にはディズニーがアニメ映画「ムーラン」を製作している。ミシェルは
2004年、製作・主演が決まっていた「花木蘭」を降板。共同制作者だった恋人との破局が原因とされている。その
後、ミシェルは「花木蘭」の脚本を、「グリーン・デスティニー」などを手がけた脚本家・王恵玲に依頼。仕上がった脚
本を購入した華映電影とツィイーの間で出演交渉が一気に進んだという。

 「花木蘭」では、ミシェルも中華圏を代表するアクション女優として出演し、華を添える予定。監督にはジョニー・ト
ー(杜チ峰)とツイ・ハーク(徐克)の名前が上がっているが、今のところ明らかになっていない。主要キャストは今
月末にも決定し、上海で発表記者会見が行われる予定。
ttp://www.recordchina.co.jp/group/g11106.html

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 22:53:07 ID:LYmXrfXv0
>>60
ドラマではおおむね中国風に描いているけど、
実際はどれぐらい中国化が進んでいたのかな、高句麗は。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 23:40:21 ID:ketb9J/s0
渤海は、一時山東半島に侵攻したこともあるけど、
相当規模の水軍を保持していた?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 11:06:18 ID:vkaR7JB50
>>63
西側の海岸はほとんど実効支配できなかったみたいだから、
一時的に領土が伸張した際の、
本当に一時的な攻勢だったのでは?
水軍は持っていたとしても、日本海側。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/30(日) 11:11:57 ID:vkaR7JB50
【扶余】 高句麗 【広開土王碑】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1191118155/

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/01(月) 23:30:10 ID:3CVaEScC0
渤海の海賊自体は史書にあるね

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 10:13:43 ID:8jCv0d7s0
@@高句麗はやっぱり中国なの?@@
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/korea/1169966240/

@@高句麗はやっぱり中国なの?@@
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/china/1169966381/

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/16(火) 23:18:16 ID:hIQykCx/0
ここらへんで契丹族の居住地と近接していて、
結局は契丹族に滅ぼされちゃうけど、
建国時から契丹族とはいろいろ関わりがあったんだろうか?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 12:48:21 ID:IxD28WO50
渤海は建国のきっかけからして、契丹人の暴動のどさくさに紛れてのことだよ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/20(土) 23:18:23 ID:1iUuGCYn0
武則天の簒奪、周朝樹立に伴う中国の内政の混乱と辺境部での情勢不安定化、
それに乗じた高句麗遺民を煽っての独立。



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/23(火) 23:30:35 ID:TgzzAQZy0
渤海の独立の動きに、周はどれぐらい本気で対応したんだろうか。
討伐軍を送ってはいるけど、何が何でも独立は阻止するという決意か、
とりあえず反乱が起こったから鎮圧しなきゃ、みたいな感じか。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/24(水) 14:59:07 ID:gYLdrqjk0
渤海の領域って、遼東の更に東の荒野。
直接経営しても、大した利益が見込めるわけでもないし、
合理的に考えれば、直接統治のメリットはあまりない。
領土は広ければ広いほどいいという考えと、
李世民の代から高句麗討伐は続けていたから、その意地みたいなものじゃないかな。
高句麗/渤海は、遊牧勢力と違って直接中原を脅かすわけでもないし。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/29(月) 23:19:31 ID:h/gPwFqG0
そもそも隋唐があそこまで意地になって高句麗を討伐しようとしたのか分からん


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/12(水) 09:35:01 ID:4OZJbs3t0


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/27(木) 16:20:04 ID:APcPY04F0
韓中修交15周年である今年、両国で多くの友好行事が行われた。15年間、韓中関係は肯定的な面も多
かったが否定的な面も少なくなかった。外交面で中国に対する我が政府の弱腰と学術面で東北工程に
対する不充分な対処を問題にあげることができる。中国の東北工程が両国友好に否定的な影響を与え
る、という現実を勘案する時「三国史記」が今日、私たちに与える意味を再吟味してみる必要がある。

中国では漢の武帝の時、司馬遷が書いた「史記」が最初の正史に数えられる。韓国ではその後、
約1200年余り後の高麗仁宗23年(1145)に金富軾らによって編纂された‘三国史記’が現存する最初の
正史と言える。(中略:史記の説明)

三国史記に対する評価は史記とは非常に違う。史記が中国国内で好評を博しているのとは異なり、韓
国では肯定論と否定論が行き違っている。三国史記が批判受ける理由は、儒者である金富軾の事大主
義史観が混じっているという点と妙清の西京(現在の平壌)遷都、北進政策を弾圧した人物たちが中
心になって使われた歴史書という点のためだ。

しかし、東北工程の核心問題がすなわち高句麗という点を思う時、私たちの民族史で三国史記の偉大
な価値は確実に現われる。中国は現在高句麗を自分たちの少数民族政権だと主張するが、中国の史書
の中で高句麗史を本紀として著わした正史はない。ただ列伝形式を借りて、辺方の少数民族として記
述しただけだ。

一方、三国史記は高句麗史を韓民族の古代三国の中の一つとして本紀に記載した。現存する韓国初の
史書、三国史記高句麗を民族史に含むことで、現在の私たちの対応論理が説得力を持つようになった
のだ。歴史で重要なのは文献データと文物資料だ。高句麗史を研究するうえで問題になるのは、高句
麗の大部分の領土だった満州が現在中国管轄だから文物資料の確保が難しいという点だ。

こんな状況で私たちに重要なのは文献データだ。もし三国史記が高句麗と百済の歴史を辺方少数民族
政権と認識して列伝に記述したら、私たちは中国の東北工程に対して何をいえるだろうか。反駁の根
拠を失ったはずだ。この点で三国史記の価値がどのくらい大きいのか、見当をつけることができる。
これまで事大主義史観だと少なくない批判を受けて来た三国史記が、逆説的に中国の東北工程に対応
する最高の反駁論理を提供しているわけだ。

キム・ブシク、中国北京居住・アニメチャイナ代表
ソース:世界日報(韓国語)[外国で見たら]三国史記は中国の東北工程対応する最高の証拠
http://www.segye.com/Articles/NEWS/INTERNATIONAL/Article.asp?aid=20071226002298&subctg1=&subctg2=

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/29(土) 13:20:55 ID:RRANy7mo0
高句麗の人々も、千年以上経って、
子孫を自称するこんな国が出て来て、
さぞかし迷惑がっていることだろう。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/30(日) 13:05:43 ID:4nDvFTJ30
渤海建国に参加した人と、唐に仕えた高句麗遺民って、
成分的に何か違いがあったのかな?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/06(日) 00:32:12 ID:lMuH1fWK0
高句麗遺民と一口に言っても、いろんな部族とかがあったんじゃない?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 18:47:19 ID:RY+4xlXm0
1 :壱軸冠蝶φ ★:2008/01/07(月) 15:45:53 ID:???
ソース:韓国毎日新聞(依頼スレ>>711さんの依頼に基づき記者がハングル記事を翻訳)
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=685&yy=2008
写真:
http://www.imaeil.com/news_img/2008/movie/20080104_142025000.jpg


KBS1TV”韓国史伝”は新年を迎え渤海2部作の特集放送を用意した。

5日午後8時10分に放送される第1作”初の中原侵攻、唐を征伐せよ”では719年に高王の
死後、王位を受け継いだ長男の武王・大武技の人生を照しだす。彼は活発な征服活動で
北に領土を広げて行く中、当時最強大国だった唐の山東半島にまで上陸する。

渤海君は貿易と国防の拠点である登州、そして馬都山一帯を占領。遂に歴史上初の中原
征伐に成功する。しかし大武技は唐へ亡命し渤海征伐司令官となった弟である大門芸を
殺さなければならない試練を経験する。

12日に放送される第2部は”渤海、皇帝の国となる”
渤海で自ら皇帝であると宣言した王、文王こと大欽茂を扱う。彼は渤海を東アジア外交と
貿易の中心国家として飛躍させた渤海の第3代王だ。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 18:47:50 ID:RY+4xlXm0
地方現地勢力との血盟。高句麗血統である李正己と成した民族共助で東アジアの貿易路
を掌握した大欽茂は、ロシア沿海州から日本の奈良にまで猛威をふるった皇帝だった。

中国は東北工程を通じ渤海を唐の歴史の一部として編入しようとする作業を持続的に推進
している。現在も中国政府はユネスコ世界文化遺産登録のために大々的な遺跡発掘を
しつつ韓国人の出入りを一切禁止している。

”韓国史伝”は東北工程の論難以後初めて中国現地を取材。 高句麗の後裔が立てた明白
な独立国家渤海の面貌を照らし出した。

渤海が最初に中原征伐を成した大武技を含め”皇上”という字が明らかに刻まれている
大欽茂の娘である貞恵公主と貞孝公主の墓、そして西古城、上京城などを取材し渤海が
残した跡をいきいきと盛りこんだ。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/07(月) 23:52:31 ID:flK4HVIS0
唐を征伐ってw

実質海賊まがいの行動だろうw

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/08(火) 02:52:50 ID:n3COx66wO
皇帝となった人物に王はないだろw
その後のチョン族支配者は、王を名乗った。
でも渤海国は皇帝を頂いた国だから、自国との関わりが薄くなるからか?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 23:06:49 ID:2M5GR5c90
>>80
>大欽茂は、ロシア沿海州から日本の奈良にまで猛威をふるった皇帝だった。

奈良にまで猛威って、日本に対して朝貢の形で使者出していなかったっけ?
渤海側にそんな認識はなかったとも言うけど、
唐や新羅と対立している関係もあって、
日本に対してかなり低姿勢だったのは確かでしょ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/12(土) 00:43:00 ID:Jp9gOCSXO
う〜ん、それは秘密だよ
(*ゝω・)b゛ ネッ!

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/12(土) 09:27:18 ID:HW/kH5+50
>>83
たしか軍事同盟しようという使者を送ってきたが、日本は相手にしてなかったな。
日本から見ればあまり現実的でない提案なのでしょうがないが。
とはいえ勃海側は決してへりくだってなかったはず。

86 :wwwww:2008/02/12(火) 23:30:32 ID:HX1gdFzp0
NYTに「高句麗(GOGURYEO)は韓国の歴史」広告〜中国の東北工程に対抗
http://img.yonhapnews.co.kr/photo/yna/YH/2008/02/12/PYH2008021200390001300_P2.jpg

(ニューヨーク=聨合ニュース)米有力日刊紙ニューヨーク・タイムス(NYT)に高句麗が韓国の歴史であ
ることを知らせる広告が載って注目を集めている。

11日ニューヨークタイムス18面に「高句麗(Goguryeo)」というタイトルで412年当時、高句麗が満州を
占めている韓半島(朝鮮半島)周辺地図とともに「高句麗は疑う余地のない韓国歴史の一部だ。中国
政府は、この事実を認めなければならない」と言う内容の英文広告が載せられた。

中国の東北工程に対するこの広告は、韓国広報の専門家であるソ・ギョンドク(34)さんが載せたもの
で、韓国と中国が世界に伸びて行く東北アジアの平和と繁栄のために、今から協力して進まなければ
ならないという点も提示している。

2005年ニューヨーク・タイムスとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)にそれぞれ独島(竹島)と
東海(日本海)を知らせる広告を出し、ワシントン・ポストには慰安婦関連意見広告を出して話題に
なったソさんは、広告に自分が運営する韓国歴史広報ウェブサイト「次代のために」(www.ForTheNext
Generation.com)のアドレスを紹介して広告を見て関心を持った新聞読者たちがさらに詳しい内容を探
せるようにした。

87 :wwwww:2008/02/12(火) 23:31:11 ID:HX1gdFzp0
現在このウェブサイトには高句麗及び渤海、独島と東海、日本軍慰安婦に関する歴史的な証拠資料と
メディア報道などが英文で紹介されていて世界の人たちが容易に理解できる動画資料も一緒に上げら
れている。

ソさんは"世界的に権威ある新聞と同時に各国政府及び企業、報道人が多数購読するニューヨーク・タ
イムスに広告が載れば、高句麗に関する我々の立場を世界に広報するのに役に立つと考えてこの広告
を出すことにした。世界的なメディア会社を通じて我々の歴史を継続的に広報し、国際社会に広く知
らせれば、中国と日本がこれ以上韓国史を勝手に歪曲できないだろう。」と強調した。

ソさんは「過去1年間、高句麗広告を準備して来たし、片手間に集めた自費と後援会社であるGKパワー
の支援金で広告費にあてた。デザインをする後輩たちから広告試案とウェブサイト作業をする上で助
けを借りたし、特にニューヨークの留学生たちを通じてタイムス・スクエアとセントラル・パークで
約800人を相手にデザイン・テストを実施して、一番客観的で正当な広告を作るために多くの助けを借
りた。」と説明した。

ソさんは高句麗広告が載せられたニューヨーク・タイムス500部購入し、高句麗歴史資料及び中国の東
北工程実態に関する英文資料を作って、世界各国政府及びメディア会社、国際機関に郵便で送る予定
だ。ソさんは「下期には白頭山に関する広告を企画しており、時事週刊誌タイムやニューズ・ウイー
クなどに載せる計画」と述べた。

ソース:(韓国語)NYTに'高句麗は韓国歴史'広告
http://www.yonhapnews.co.kr/international/2008/02/12/0601090100AKR20080212008100072.HTML

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 23:08:40 ID:ACLdH6aJ0
日本が渤海史を自国史に編入しようとする理由〜「武→文→富→商」の「渤海国興亡史」完訳

(ソウル=聨合ニュース)「本書の題名を'渤海国興亡史'に決めたわけは、今までの渤海史研究の視点が
日本、朝鮮、中国、ロシアのようにいわゆる渤海の外で渤海を自国の歴史に引き入れようとする試み
から脱することを第1課題にしているからだ。」(著者後記249ページ)

渤海を唐帝国の地方政権と見做そうとする中国側歴史工程は、韓国では歴史学界と一般国民が広範囲
な怒りを表出した。渤海は韓国史の一部分である高句麗を受け継いだ国家であり、その支配領域も大
部分が高句麗と重なるので、当然韓国史に含まれなければならないという'信頼'から出た反応だ。

渤海の一部領域が現在のロシア極東地域にまで伸びたことを理由にロシア側で渤海史をその歴史の一
部と見做そうとする動きを見せるのは予想できる部分だが、日本でも渤海史を自国の歴史に引き入れ
ようと試みるという話は、一体どんな脈絡から出た言葉だろう?

2000年日本の出版社、吉川弘文館から出た「渤海国興亡史」で著者、浜田耕策九州大学教授(朝鮮史専
攻)は渤海と言えば日本人には'忘れられた王国'あるいは'幻の王国'と言うイメージに刻印されている
という点を指摘する。彼によればこの中でも'忘れられた'と言う心情には満洲国の影がにじんでいる、
というのだ。帝国主義時代、日本は渤海の遺跡である満州を侵略、支配してその場所に満洲国と言う
傀儡国まで立てた時を臨んで広範囲な渤海史研究に取り掛かった。

この過程で日本人に渤海は満洲国とオーバラップし始めたのだ。しかし、満洲国は帝国日本と運命を
ともにした。満洲国崩壊が日本にはすなわち'渤海の喪失'と刻印されたのだ。日本学界の代表的な韓
国古代史家、特に新羅史と渤海史の専門家として知られる浜田教授はこの「渤海国興亡史」で周辺各
国が渤海を自国の歴史に編入しようとするすべての試みを拒否、批判しながら渤海を主体にした歴史
定立を標榜した。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/09(水) 23:09:03 ID:ACLdH6aJ0
同書で彼は各王が在位した順に歴史を敍述する編年体の技法の骨格を維持することはしたが、単純な
王朝区分から脱し、698年大祚榮(テジョヨン)の建国から始めて926年に滅亡するまで229年にわたっ
た渤海史を▲武の時代(698-762年)▲文の時代(762-823)▲富の時代(823-870年)▲商の時代(870-926
年)▲王国の解体(926年滅亡以後)などに区分して「興亡史観」で描き出した。

渤海人自らの残した記録がほとんどない状況で、中国と日本、そして韓国の文献から抽出した渤海史
関連記録を手広く渉猟しながら、渤海がどのように建国し、どのように発展過程を踏み、その特徴は
何か、ひいては滅亡原因はどこにあるのか、などを整理しようとした。歴史学界で流行遅れの「興亡
史観」で渤海史を描こうとしたが、渤海を各国の自国史編入の動きから引き上げて「渤海歴史を東ア
ジア人が共有できるようにしよう」と訴えている。

日本語の原典出版以後、韓国関連学界にもすでに広く紹介されて読まれている浜田教授の著書が原著
と同じ「渤海国興亡史」という題名で北東アジア歴史財団によって最近完訳された。財団関係者は「
(この本が)既存のパズル合わせ渤海史か認識から実体的接近で進もうと努力している。これを契機に
これから渤海史研究の方法論の代案的視点が多様に登場することを期待する」と明らかにした。

250ページ。1万ウォン。
聨合ニュース(韓国語)<武→文→富→商の渤海歴史>
http://news.empas.com/show.tsp/20080406n00963

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)