5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

[キングオブ]マグナ50[アメリカン]

1 :774RR:2008/03/13(木) 00:02:04 ID:ecNkYdtF
大型バイクに匹敵する迫力と高出力エンジン。




スーパーカブに勝るとも劣らぬ燃費性能。




野生がある。プライドがある。




まさにキングオブアメリカン。




マグナフィフティー。

2 :774RR:2008/03/13(木) 00:02:51 ID:8Fv2CbJZ
2get!111

3 :774RR:2008/03/13(木) 00:07:24 ID:ecNkYdtF
[当スレ推薦参考HP] 


マグナ50ちょっといい話
ttp://wiki.wazamono.jp/?%A5%DE%A5%B0%A5%CA%A3%B5%A3%B0%A4%C1%A4%E7%A4%C3%A4%C8%A4%A4%A4%A4%CF%C3

[参考HP]


本田公式HP
ttp://www.honda.co.jp/motor-lineup/magna50/

4 :774RR:2008/03/13(木) 01:17:37 ID:LZtMlmMs
メガ乙カレーション
かっこが斬新だね

[ハーレーとか]マグナ50[ウンコだろ]


5 :774RR:2008/03/13(木) 06:26:37 ID:lpe2Ejcm
【煽りに】俺達の青春/マグナ50【負けるな】
の次ぎスレだよな?

正当な次ぎスレじゃないよな?

6 :774RR:2008/03/13(木) 11:28:55 ID:qgskgV+G
正当なスレッドだ。

7 :774RR:2008/03/13(木) 11:41:39 ID:MXLjgG7r
これ乗るんだったらエリミネーター125に乗るよ、10万くらいしか違わんし
維持費もほとんどかわらん、負けるのは燃費くらいか。


8 :774RR:2008/03/13(木) 11:44:26 ID:lpe2Ejcm
このスレタイのひねりの無さは仕様か?本気で考えたのか?

9 :774RR:2008/03/13(木) 11:49:15 ID:ZOQp3ygc
本気で思ってたら痛いだろ

10 :774RR:2008/03/13(木) 12:16:59 ID:lpe2Ejcm
>>9思ってないというのは分かるよ。 
ただつまらなさすぎる。

だからこのスレタイはあえてつまらなくして中2病くささを演出したのか、本気で面白いと思ってつけたのか。。

11 :774RR:2008/03/13(木) 12:48:57 ID:b+tSPOBr
スレタイ劣化したなwww
もう少しひねりが欲しかった。
直球すぐる

12 :774RR:2008/03/13(木) 19:26:35 ID:l6zzOjPq
やっぱ「走る中二病」が最高だったw

13 :774RR:2008/03/13(木) 21:04:57 ID:ecNkYdtF
ごちゃごちゃうるせーな。あーだこーだ言うなら俺が立てるまえにスレ立てろよwww

ところでマグナに憧れる少年少女の心をこんな風に傷付けるのはよくないw
ttp://bbs.kakaku.com/bbs/76103110069/SortID=6711247/


という訳でお前ら今回はマグナフィフティーを昇天する程褒めちぎれ!!

14 :774RR:2008/03/13(木) 21:24:24 ID:b+tSPOBr
たしかに批判が多いがマグナ50は愛すべきバイクだ。だが、坂道でフルスロットルにしても時速30k以下に落ち込む非力ぶりだけは許せなかったなw
結局中型に乗り換えましたw

15 :774RR:2008/03/13(木) 22:20:28 ID:LZtMlmMs
>>14
単に有効なシフトチェンジを知らなかったって話だよな。
今中型乗ってるんだろうけどお前が操る中型より
ここいらのエキスパートが操るマグナ50の方が確実に速いだろな。

今も坂になると失速します。とかアホなこと思ってるんだろ?

16 :774RR:2008/03/13(木) 22:44:11 ID:ecNkYdtF
>>14
お若いの、>>15はんが良いこと言うてくれはるからよう聞きい。

17 :774RR:2008/03/13(木) 22:44:40 ID:b+tSPOBr
>>15
マグナの兄弟バイクですが何か?
マグナ50はリミッターでも外してなければ急坂は時速30k程度が限界だろ。
アホはお前だ。チンカスが(´・ω・`)

18 :774RR:2008/03/13(木) 22:54:11 ID:8Fv2CbJZ
ホンダ マグナ50
http://www.honda.co.jp/motor-lineup/magna50/

過去スレ
【WILD】MAGNA-FIFTEEN【PRIDE】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/bike/1185717762/
【天上天下】マグナ50伝説V【唯我独走】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/bike/1182263805/
【走る中ニ病】 続・マグナ50のスレ 【マグソ49】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/bike/1177338216/
アメリカン★マグナfifty★クルーザー
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/bike/1172057234/
【規格外の】マグナ50【ガッカリ感】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/bike/1194254139/
【煽りに】俺たちの青春/マグナ50【負けるな】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/bike/1198675671/
【ハーレー】マグナ50【涙目www】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/bike/1198857495/

漫画
http://img.wazamono.jp/illustration/src/1177344913379.jpg
マグナ50ちょっといい話
http://wiki.wazamono.jp/?%a5%de%a5%b0%a5%ca%a3%b5%a3%b0%a4%c1%a4%e7%a4%c3%a4%c8%a4%a4%a4%a4%cf%c3


19 :774RR:2008/03/13(木) 23:21:18 ID:R/8RQKdv
>>17
ここは天下のマグナ50スレだ
マジレスすんなよ
空気を読むんだ

20 :774RR:2008/03/13(木) 23:37:25 ID:LZtMlmMs
>>17
何度の勾配かも言わずに上り坂だけで30km/h以下とか30kが限界とか

どこの知的障害者だ?

急な登り坂、例えば勾配60゜越えるぐらいなら
マグナ50だろうが隼だろうが登板力は変わらない。
どんなSS相手でも引けを取らない
登り坂が急であればあるほど馬力の差はなくなる。

下りもしかり60゜を越える急斜面ならSSと遜色ないスピードで滑走できる。

惨めなジャメリカン喜んで乗ってる坊やには難しい話しか

21 :774RR:2008/03/13(木) 23:57:48 ID:ecNkYdtF
>>17
芋引いて中型に逃げたお前には野生とプライドが無かったっちゅうことじゃ

22 :774RR:2008/03/14(金) 00:08:50 ID:roprew8v
(・∀・)ニヤニヤ

23 :774RR:2008/03/14(金) 00:14:03 ID:Kp6oQZCo
かっこいいマグナの改造方法考えようz




 マグナ50チャンプロード仕様

24 :774RR:2008/03/14(金) 00:29:46 ID:roprew8v
ID変わったが俺は>>17だ!
はぁ?野生?プライド?
そんなものは糞だろ!糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞目糞鼻糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞ジャメリカン>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>マメリカン
わかったか?Do you understand?

25 :774RR:2008/03/14(金) 00:35:28 ID:npxMvLxc
>>24
>Do you understand?

アメリカンのバイクでも、俺らはアメリカ人じゃないから日本語だけでおk

26 :774RR:2008/03/14(金) 00:46:17 ID:E+k0oDv9
>>24
ふん、負け犬の遠吠えやな。わてに怒鳴り散らしたかてあんさんの惨めな心は晴れへん。


そやけど方法はあるねん。もう一度買うてやるんや。
























マグナフィフティーを。

27 :774RR:2008/03/14(金) 00:47:19 ID:Kp6oQZCo
マグナフィフティーンに見えたww

28 :774RR:2008/03/14(金) 01:08:53 ID:roprew8v
>>26
そしたら僕も仲間になれるかなぁ?マグナフィフティーンの(´д⊂)

29 :774RR:2008/03/14(金) 01:26:30 ID:E+k0oDv9
>>28
なれるで。マグナフィフティーンに。

30 :774RR:2008/03/14(金) 06:24:38 ID:W4NtJ+X2
つまらん、このスレッドはつまらん。

31 :774RR:2008/03/14(金) 07:23:18 ID:tk/VUeo2
>>30
「暗いと不平を言うよりも、進んで明かりをつけましょう。」

文句だけ言う奴は役立たずの馬鹿って意味です。

32 :774RR:2008/03/14(金) 07:52:14 ID:JzB7XJtG
わいは猿や! プロゴルファー猿や!

33 :774RR:2008/03/14(金) 08:25:07 ID:H5W7bQ03
信号待ちでマジで隼を俺のマグナ50ショート管仕様で抜いた

34 :774RR:2008/03/14(金) 08:26:54 ID:buFTaTwu
それは良かったね。

35 :33:2008/03/14(金) 09:46:24 ID:H5W7bQ03
>>34
聞き流すなよ

お前喧嘩売ってるの?

36 :774RR:2008/03/14(金) 09:53:04 ID:hOfQ0FZ7
>>17>>24
のような奴には乗りこなせない、それがマグナ
マグナには嫉妬がつきまとう

37 :774RR:2008/03/14(金) 10:48:26 ID:OJJoAGps
>>35売ってるよ

38 :33:2008/03/14(金) 11:44:21 ID:H5W7bQ03
>>37
上等だよ

どうせてめーの原チャはゼッペケだろw
直線負けねーから

39 :774RR:2008/03/14(金) 11:48:35 ID:Kp6oQZCo
>>38
まぁまぁもっと殺伐とスレの流れ変えていこうぜ
てか、そんなことよりちょっと聞いてくれよ
オレの小学校の時のリコーダーは3つに分解できて、名前書くところが真ん中の筒にあった。
ある放課後、誰もいない教室にオレは侵入し、好きな子とオレのリコーダーの一番上の部分の
「笛 先 を 交 換 し た 」
名前が書いてある場所はそのままだし気付かないだろうと・・・
そしてその笛をペロペロ楽しんでいたオレであったが、交換してから初の音楽の授業に
悲劇は起こった。
好きな子「・・苦っ!??あれ・・・??この笛わたしのじゃない!!!」
静まりかえる音楽室
先生「どうしたの??」
好きな子「わたしのはここにも名前を書いていたのに・・・この笛にはないんです!!」
先生に笛を見せる。
ふとオレは笛先の部分の裏を見てみるとちっちゃくその子の名前が書いてあった
その子はクラスでもかなりモテてる子だった事もあり、まわりのDQNも騒ぎだした
「誰かがすりかえたんじゃね?ww」
「うわきもーい」
「こわーい」
ザワザワ・・・
先生「はい、じゃあ今からちょっとみんなの笛を見せt

40 :774RR:2008/03/14(金) 11:54:06 ID:ATRKDERd
>>38へ〜超カッコイイね^^これでいいか?

41 :774RR:2008/03/14(金) 11:54:49 ID:DdpEj0bg
釣りならもっとうまくやれよwww

42 :774RR:2008/03/14(金) 13:11:09 ID:VlL2mqZJ
…俺、マグナ50に4年間乗ってるんだけど心が痛むわ

マグナだっていいバイクさ…
新聞屋のカブより速いんだぜ?
郵便局のカブには勝てないけど…
中免とったからCBでも買おうかと思ってるけどマグナは乗り潰すつもりだ

マグナ50…こいつはバイクの素晴らしさを教えてくれた…
最後まで走って走って走り切って…サヨナラするのが俺の出来る恩返しだと思うんだ!!

43 :774RR:2008/03/14(金) 13:23:30 ID:+EGrlipD
>>42
マグナキッドでつか?

44 :774RR:2008/03/14(金) 13:28:33 ID:okM547kx
通勤用ににマグナ50に乗ってる福島県民が通りますよ。
ライトがもうちょっと明るければ文句は無いのだが…小排気量車の限界か。

帰り道こえーヽ( ゚д゚ )ノ ぅぉぉぉぉぉぉー

45 :774RR:2008/03/14(金) 13:37:31 ID:2OxoNAK1
なんだこのスレ。
何もおもしろくないんだけど

46 :774RR:2008/03/14(金) 13:39:38 ID:Kp6oQZCo
>>43
俺がマグナキッドだ!

47 :774RR:2008/03/14(金) 13:43:15 ID:W4NtJ+X2
>>31変なトコでマジレスするなよ、やっぱりつまんないよ。
前スレまでは頑張ってたつもりなんだけどね。

話し変わるけど、今回のスレ立て主つまんないくせになんか厚かましいね。

48 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 14:01:40 ID:VlL2mqZJ
マグナ50…俺にバイクの素晴らしさを伝えてくれた相棒…
人も少ないこのスレでその出会いを…思い出を綴って行こうと思う。
勝手な独り言だと思ってくれていい。
無視してくれて構わない。
ただ少し、相棒の喪に服していただけると嬉しく思う。
きっとアイツも喜んでくれる。


49 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 14:02:19 ID:VlL2mqZJ
とある田舎にたたずむ、老夫婦が経営する小さな店。
原付免許をとった俺が愛車を手に入れるために初めて立ち寄ったバイクショップだ。

寂れた看板、小さな店内に似合わず、自己主張するかのように大排気量のバイクが並んでいた。

「いらっしゃい。」

店の奥から小さな声が響いた、掠れた声だけで年をとっているのだろうと分かる。
少し驚いたが店奥から出て来る気配もないので俺は勝手にバイクを物色し始めた。

750CC…400CC…250CC…金銭的にも免許的にも、とても手に届く代物じゃなかった。

50 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 14:02:46 ID:VlL2mqZJ
第一話【ファーストコンタクト】


とある田舎にたたずむ、老夫婦が経営する小さな店。
原付免許をとった俺が愛車を手に入れるために初めて立ち寄ったバイクショップだ。

寂れた看板、小さな店内に似合わず、自己主張するかのように大排気量のバイクが並んでいた。

「いらっしゃい。」

店の奥から小さな声が響いた、掠れた声だけで年をとっているのだろうと分かる。
少し驚いたが店奥から出て来る気配もないので俺は勝手にバイクを物色し始めた。

750CC…400CC…250CC…金銭的にも免許的にも、とても手に届く代物じゃなかった。

51 :774RR:2008/03/14(金) 14:09:42 ID:XTxamsZU
続きまだあ?

52 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 14:14:51 ID:VlL2mqZJ
そして俺は見つける、400CCのドラッグスターの脇に遠慮するかのように…しかし確実に存在するコイツ…

【14万3000円】

誇り一つないボディにシルバーを纏い、小さいながらも自分を精一杯アピールするタンクに描かれた【MAGNA】のペイント

その姿はまるで俺自身のようだった。
大した実力もないのに見栄をかまし虚勢を張る。
少なくとも俺はそんな人間だった。
そんなことを考えながらコイツと睨めっこを続けた。

53 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 14:15:45 ID:VlL2mqZJ
「気になるか?」

突然の声に俺は三度驚いた。
頭髪は抜け、白い眉毛としわだらけの顔…こいつ…できる!
上手く表現できないが全身からオーラのようなものが見えた。
やせ細った体からは想像も出来ないような風格。
この理由は後に知り衝撃を受けることになる。

「いや…その…あの…」

俺は思わずたじろいでしまった。
やっぱ勝手に見ちゃまずかったのか?怒られないだろうか?
そんな不安が俺の中を巡った。

54 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 14:17:48 ID:VlL2mqZJ
「店仕舞いだ、今日は帰んな」

小さくぼやく爺さんに若干の恐怖を感じた。するどい視線…

「聞こえなかったか?」

はっとして店内の針時計に目をやる。
針は短針は8を長針は4を示していた。
俺が店に来たのは6時…その間、ずっとコイツを見ていたことになる。

慌ててコイツの横に置いたカバンを肩にかけ、逃げ出すように店を飛び出した。
老人の顔は見なかった。

愛車の自転車、【マグナム号】に乗り街灯もない夜の田んぼ道を走った。



55 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 14:19:01 ID:VlL2mqZJ
続きは明日にでも書くぜ…
気が向いた時でいい、時間のある奴は見ていって欲しい。

56 :774RR:2008/03/14(金) 14:20:36 ID:VlL2mqZJ
余談だが俺はマグナムセイバーが好きだった。
ストレートをカッ飛ばすことを信条にしたミニ四駆だ。

その日の夜は興奮で寝付くまで時間がかかった。
意識が遠のく間、名前も知らないアイツのことを思い出していた。

まるで恋人を想うかのように。


第一話 END

57 :774RR:2008/03/14(金) 14:33:26 ID:j3tlUybl
ネ申が来たのですか?

58 :774RR:2008/03/14(金) 14:50:09 ID:tg8diW7D
おいおい(;^ω^)
実際マグナ乗りの俺はこのスレにいてもいいんだよな??


59 :774RR:2008/03/14(金) 15:06:39 ID:+EGrlipD
>>46

面白い武勇伝があったら語るであります。

俺もマグナ50乗りでつ。

60 :774RR:2008/03/14(金) 15:19:04 ID:VlL2mqZJ
>>57 ども、神ですw
>>58 俺もリアルにマグナ50乗ってるぜ!
ちなみに俺の書いてるチラ裏はマグナを馬鹿にしてる訳じゃない。
マグナ好きとして書いてるだけなんだぜ

61 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 15:45:42 ID:VlL2mqZJ
第ニ話 【神眼】


闇も深いam3時、俺は目覚めた。

昨日は遅くまで眠れなかったこともあり意識が朦朧としている。
しかし、そうもいってられない。これからバイトに向かわなければならないのだ。

2階の自室から居間に迎い、日めくりカレンダーを破いた。
7月18日、今日から夏休みだ。
19、20日が土日なため給料は今日支払われる。

62 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 15:46:19 ID:VlL2mqZJ
家族を起こさぬように静かに冷蔵庫から麦茶を取り出し飲みほした。
ほてった体の中心が冷やされていく。
汗ばんだTシャツを脱ぎ捨てて無地の青Tシャツに身を包んだ。
ふわふわの着心地が気持ちいい。まるで柔軟剤を使ったようだった。

身支度を整え、玄関のドアを横に引く。
小さくガタガタと音をたて戸が開いていく。
虫の音がおはようと告げてくれた気がした。

愛車のマグナム号に跨がり、畔道を行く。
流れる汗の量に比例し、眠気は薄まっていった。

63 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 15:47:03 ID:VlL2mqZJ
30分程走り、何台かのカブの隣りにマグナム号を寄せた。

「おはようござーます!」

元気よく挨拶をすると、あちこちから返事が帰ってきた。いずれも還暦近い男達だ。

独特の硫黄の混ざったような匂いが鼻をつくが、高校に入学してからの三か月間、通い続けたのだ。
もう慣れてしまった。

「おはよう、免許とったんだってな!」

聞き慣れた声、この渡辺新聞店の主の渡辺さんだ。
酒でたるんだ腹を叩きながら煙草を吹かしている。

「カブ…で配達するか?」

64 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 15:47:41 ID:VlL2mqZJ
そう、今日からはカブで新聞配達が出来るのだ。
配達出来る部数も増える、増えれば給料も上がる。
もとはと言えばそのために免許をとったのだ。

了承し折り込みチラシを挟む作業に入った。
初めてバイクに乗れる、嬉しい…嬉しいはずだ。
しかし何故か心は晴れない。
あんなに楽しみにしていたのに、アイツが…昨日初めて出会ったアイツが心を支配している。

しかし今月の給料は10万程、貯金もない。ほとんど服やゲームに注ぎ込んでしまった…自分の浪費癖を心底恨んだ。


しかし、神はみていたのだ。
青年の心を観ていた。

65 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 15:49:15 ID:VlL2mqZJ
普段はチラシなど気にしないがたまたま目に入った文字があった。
【坂口二輪店】
そう、昨日立ち寄った中古屋だ。
作業を進めながらも目は中古屋のチラシに向く。

【MAGMA50 10万3000円 (交渉次第ではさらに割り引きします)】


人生が始まった気がした。

心が踊るのが分かった。昔、父親に遊園地に連れていってもらった以来の懐かしい気持ちを感じる。
16歳にして長く忘れていたトキメキを思い出した。

いつの間にかチラシも挟み終わっていた。
スキップを踏みながら配達用のビクトリー号に新聞を詰め込んだ。

66 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 15:49:51 ID:VlL2mqZJ
「あれ?カブには乗らないの?」
「今日は…自転車で配達します!」

無論、ビクトリー号とは心の中でだけ呼んでいる。
初めて乗るバイクはアイツにすると無意識のうちに決まっていた。

いつもの倍近い新聞を積んだビクトリー号は多少ふらつくが気にならない。
カブで配達を想定していたため、いつもより量が多いのだ。

いってきますと挨拶してビクトリー号は朝焼けに消えていった。

67 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/14(金) 15:51:01 ID:VlL2mqZJ
「なんかやたらと元気でしたね、あんなに楽しみにしてたカブにも乗らないし…」

痩せた男がカブに新聞を詰めながら話かけてきた。
腹を叩き煙草を吹かしながら坂口二輪店のチラシを指さす。

「なるほど、自分のバイクか…」

中年の男達は遠ざかるビクトリー号を笑顔で見送っていた。


第ニ話 END

68 :774RR:2008/03/14(金) 16:07:16 ID:H5W7bQ03
>>65
MAGMA?

69 :774RR:2008/03/14(金) 16:16:14 ID:VlL2mqZJ
>>68 間違えたw爺さんの印刷ミスとしといてくれ!

70 :774RR:2008/03/14(金) 16:51:44 ID:j3tlUybl
ネ申さままってたお(´・ω・`)

71 :774RR:2008/03/14(金) 16:52:53 ID:gbZ4yVsP
>>52
>誇り一つないボディ

72 :774RR:2008/03/14(金) 17:20:19 ID:2OxoNAK1
マグナに124ccエンジン載せた者です。
ボアアップ対応のスポーツマフラーを探してるんですが、おすすめをおしえてください。
今、個人的に候補に入ってるのは武川のドラッグファイターマフラーです。

73 :774RR:2008/03/14(金) 18:45:47 ID:Kp6oQZCo
マグマにワロタwwww

>>72
てかボアプしないでVマグナかったほうがよかったんでね?


バイクはノーマルが一番よ!!11


74 :774RR:2008/03/14(金) 18:54:38 ID:QctXFWqT
>>73
400も乗ってるよ。
モンキー買おうかと思ったけど、いじるんならマグナの方がかっこいいかなって

75 :774RR:2008/03/14(金) 19:06:17 ID:W4NtJ+X2
M134TYEPミニガンマフラーとかは?ボアアップ対応してるよ

76 :774RR:2008/03/14(金) 19:14:26 ID:QctXFWqT
>>75
探してもなかったけど、どんなやつ?

77 :774RR:2008/03/14(金) 20:55:28 ID:Kp6oQZCo
ボアプするとエンジンかかりにくくなるってマジ?

78 :774RR:2008/03/14(金) 21:07:41 ID:QctXFWqT
>>77
釣りか・・?とりあえず答えとくよ
シリンダーを純正の49ccから75ccや88ccに交換(ボアアップ)すると圧縮が大きくなり、
49ccを動かすパワーしかないセルモーターだと75ccとかは重いからエンジンがかかりにくくなる。
純正49ccエンジンを純正セルでかける→スポポポポポポ スポポーン
ボアアップエンジンを純正セルでかける→スポッスポッスポッスポ・・・スポッスポ・・・ (かかんねーなー・・・)

79 :774RR:2008/03/14(金) 21:17:21 ID:Kp6oQZCo
>>78
そうなのか

80 :774RR:2008/03/14(金) 21:35:35 ID:lG2YQ50L
マグナだ…
俺がマグナだ…!


81 :774RR:2008/03/14(金) 21:39:06 ID:2d6TIi4e
マグナほしいな(´・ω・`)
原付免許もってないけどwww

82 :774RR:2008/03/14(金) 23:40:11 ID:QctXFWqT
>>81
原付とってもマグナなんてやめとけやめとけ。
2chではバカにされてるし、実際に見た目も小さくて遅いし・・・

原付とったら2stのスポーツバイク乗った方が全然楽しいよ

83 :774RR:2008/03/14(金) 23:41:28 ID:bjpEVGU+
マグナ乗りもガンダムマイスターもプライドは一緒さ

俺がマグナマイスターだ!


84 :774RR:2008/03/14(金) 23:54:37 ID:VG9FN3Ds
最初に間違って買ったマグソ49→1年足らずでマグソ手放して4ST250レプ→通勤用にベンリィCD125T追加 の俺が来ましたよ  総バイク暦5年くらい。

小マグソもツイン125ccでベンリィ125くらい走るバイクだったら、そんなに叩かれんだろうな。
正直ベンリィ通勤に使っててマグソ乗ってた頃を懐かしく思い出す。アレはアレで楽しかったよ。
が、やっぱ通勤時間帯の道行くマグソ49はジャマなので抜かせていただくw



85 :774RR:2008/03/15(土) 02:30:36 ID:d3OdGRLd
第三話【目覚めよと呼ぶ声あり】


あれからいくつの夜を越えただろうか。
あれからいくつの旅を終えただろうか。

「ちわっす!」
今日もまた、少年の元気な挨拶から坂口二輪店の一日が始まる。
ただ一つ、決定的な違いを除いて。




「マグナ50って糞バイクですね…。買い取ってほしいんですけど、査定してもらえますか?」
少年の瞳からは、あの日の輝きは消えていた。

86 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/15(土) 06:52:54 ID:Ld/0zexr
第三話【正夢】


「長い、長い、長い!!!」

カゴを空にしたビクトリー号が上り坂を行く。

「熱い、眠い、…長い!!!」

既に太陽が顔を出し、スーツを着た男達が駅方面に向かっていく。
田んぼには畑をたがやす老人が目に入るようになってきた。

心地良い虫の音は、いつの間にか蝉の泣き声に変わり鼓膜を刺激する。
水分をとろうとしたが持ってきた水筒は底尽きてしまった。
坂を上りきったところにある、小さな公園の水道にかじりついた。

87 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/15(土) 06:53:23 ID:Ld/0zexr
まさか、こんなに時間がかかるとは…普段なら2時間程で終わる配達に倍以上の時間をかけてしまった。
そんな時でもアイツは自然と目に浮かぶ。

「やっと帰ってきたか、遅かったな。」

「サーセン…」

新聞店に無事生還し、渡辺さんからタオルを受け取り汗を拭った。
別に怒っている様子はない。

「ほれ、今月分だ。」

おもむろに取り出された封筒を受け取った。
この中に汗水たらした結晶が入っている。

88 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/15(土) 06:54:03 ID:Ld/0zexr
疲労で体が重く感じるとはいえ、その封筒は確かに重かった。
努力の重みともいうべきか。

「あざーす…」

「そんな疲れたかw?頑張ってくれたからな、少しだが色をつけといた。」

「あざーすwww」

余った坂口二輪店のチラシを握り締め、礼を言って店を後にする。

チラシを見つめながらマグナム号が快調に行く。
チラシの中央に踏ん反り返るハーレーやレースレプリカなんてアウト・オブ・眼中。
チラシの隅に小さく、遠慮がちに存在するコイツにこそ美学を感じるのだ。

89 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/15(土) 06:54:29 ID:Ld/0zexr
「MAGMA?マグマって名前か〜」

独り言を呟きながらチラシを見つめる。

すると、不意に体が宙に浮いた。

「!!!」

次の瞬間、マグナム号と自分の体は田んぼの中にいた。
柔軟剤を使ったかのような青Tシャツは見事に茶色に染まる。
マグナム号はひっくり返ってしまい、タイヤがカラカラと音をたて空回りしていた。

しかし、心の中は澄み光り輝いている。
まるでマグマの淡い銀色のよう。

90 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/15(土) 06:54:59 ID:Ld/0zexr
服を茶に汚されたくらいでは揺らぎはしない。
汚れてしまったマグナム号に、帰ったらきれいにしてやるぞ、などと思いながら再び畔道を軽快に走り出した。


家に辿りつき、出迎えてくれた愛犬のコジローの首をなでてやる。
コジローが我が家に来てから、もう8年になる。
人間ならば、既に老人の域に入る年齢だ。その割りには良く食べるし散歩中も突然走り出したりする。

「もうすぐ、家族が増えるぞ!」

そんなことをいいながらコジローに昼食をやった。

91 :774RR:2008/03/15(土) 10:35:51 ID:i8n7c4Y6
続きはまだか!!!!!111

92 :774RR:2008/03/15(土) 11:01:02 ID:y8w6wmPX
SS盛り上がってるな。
俺も投下するよ、携帯からで遅レスだけどね。


93 :774RR:2008/03/15(土) 11:21:00 ID:WiFmS4Nz
このレスを見たあなたは確実に交通事故に遭います



逃れる方法はただ一つ
↓このスレに行き
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/ff/1191758801/
http://game13.2ch.net/test/read.cgi/ff/1191760566/


デア・リヒター最強



と書き込んでください。書き込まなければ確実に明日交通事故に遭いますよ

94 :お尻臭い虫:2008/03/15(土) 12:06:32 ID:Ld/0zexr
お尻臭い虫

95 :お尻臭い虫:2008/03/15(土) 12:08:03 ID:Ld/0zexr
お尻臭い虫

96 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/15(土) 12:09:01 ID:Ld/0zexr
部屋に入るとラップに包まれたハンバーグが置かれている。
これは夕食なので今食べるわけには行かない。
棚からそうめんを取り出して茹でた。
その間に泥まみれの服を洗濯機にぶち込み、スイッチを押す。柔軟剤は使わない。


母は朝から晩まで働き、父は若い女を作って家を出てしまった。
金は送られてくるが満足な額ではない。
自分のバイト代も半分家に入れているが苦しい。

だが、今月はそれが出来そうにない。
マグマを家に迎えるためだ。
母には申し訳ないが、自分の野性は止められない。

↑のは連レス対策なんでスルーしてくだしあ

97 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/15(土) 12:12:45 ID:Ld/0zexr
少し茹ですぎた、そうめんを啜りながら給料の入った封筒を開けてみた。
中身は10万5000円。

夏休みの間は集金もやらせてもらえることになっていた。
もっと稼げる。


その時に割り増しして母に渡せばいいだろう。
昼食を食べ終わると、強烈な睡魔に襲われた。
元々、睡眠時間が少ない上に、いつもの倍以上の時間働いたのだ。
マグマが手に入るという安堵感もあった。

別にマグマは逃げやしない。
瞼を閉じると意識は深く落ちていった。

98 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/15(土) 12:13:27 ID:Ld/0zexr
夢の中で青年は風を追い越した。
それは間もなく実現するのだ。
青年の夢が現実となるまで後少し…


第三話 END

99 :774RR:2008/03/15(土) 20:40:20 ID:0kzmyCbG
ものすごい落ちが!

100 :774RR:2008/03/15(土) 20:59:47 ID:Efy/XuqO
マグマ大使ぃーーーーー
ピヒョロロン! ピヒョロロン! ピヒョロロン!

101 :774RR:2008/03/15(土) 23:31:01 ID:0kzmyCbG
マグナのエンジン音書いていこうぜ



とぅるるるるるるる

102 :774RR:2008/03/15(土) 23:52:50 ID:jLTMKnMr
すぺぺぺぺぺぺ

103 :774RR:2008/03/16(日) 00:43:23 ID:edDLOWYE
ブボボボボボ(`;ω;´)モワッ

104 :774RR:2008/03/16(日) 00:45:48 ID:ef1LV4j/
おらおらおらおら!!11

105 :774RR:2008/03/16(日) 09:29:37 ID:k5zAhNlt
スポポポポ!ッポンポン!

106 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 11:24:26 ID:XX3VM9Uk
第四話【マグナの鼓動】


アイツに乗って風を追い抜く自分の姿があった。
誰よりも速い、誰もついて来れない…俺とコイツが一番速い。
景色が吹き飛んでいく、揺るい左コーナーでスクーターをパスする。
コーナー2つ抜ければサイドミラーに写るのは闇だけ。

太陽が登ろうとしている。コイツの銀色が光り輝いている。
淡い陽射しに向かってコイツと俺が離れていく。
地平線の彼方まで続く真っ直ぐの道をひたすら加速していく。

やがて…見えなくなった━━━━━━━━。

107 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 11:25:00 ID:XX3VM9Uk
「・・・・・・・」

瞼を開くと、そこは暗闇…
どうやら結構な時間眠ってしまったらしい。
目の前の紐を引き降ろすとパッパッと小さい音をたてて明りがついた。

時計を確認すると長針が7を示している。

「ヤバい…寝過ぎた!」

急いで給料の入った封筒を左手に掴み、玄関を飛び出した。

が…マグナム号がない。
コジローの小屋に紙きれがおいてあった。

〔チャリ借りるわ〜今日は帰らないってママに言っといて(ハート)〕

108 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 11:25:47 ID:XX3VM9Uk
姉貴だ…姉貴が乗って行きやがった。
帰らないということはまた、DQN男の所だろう。

移動手段を失ってしまった。坂口二輪店まではマグナム号を飛ばしても30分かかる。
現在7時8分…走って間に合うか?
迷ってる暇は…なかった。
俺は走り出した。

長い時間眠ったせいか体の調子はいい。
寝すごさなければ、こんな苦労もしなかった事に気付き思わず苦笑してしまった。

月明りだけが照らす田んぼ道をひた走る。
30分程走ったが疲労はない。
たまっていくのは喜びだけだった。

109 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 11:26:29 ID:XX3VM9Uk
PM19:58 坂口二輪店

「とうとう来ませんでしたね…」

店奥の居間で渋茶を啜りながら嫁が話しかけてきた。

「・・・・・・」
「そろそろお店閉めましょうか…」

この年になるまで長年連れ添った嫁だ。
ものを言わずとも自然にお互いの意志を感じとれる。

「後…10分じゃ。小僧は必ず来る!」

しかし、今はあえて言葉にした。言霊というやつだ。
言葉には魂が籠る。自分は迷信など信じる人間ではなかったが、不思議と言えば現実になるのではないかと思えた。
嫁は優しく微笑んだ。

110 :774RR:2008/03/16(日) 11:44:59 ID:rSuiRe2n
ageてまで書く程の作文じゃないよな

111 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 11:57:38 ID:XX3VM9Uk
立上がり店にでた。
大中小、様々なバイクが置かれている。
人気のあるバイクは下手すれば数日、そうでなくとも2,3年もあれば大抵は買い手が見つかった。
こんな田舎では、若者の娯楽と言えば車かバイク、女しかない。

店の隣りの作業場に足を踏み入れ先程、最終調整をしたばかりのバイクを眺めた。
しかし、このバイクだけは買い手が見つからなかった。

「何故、このバイクの良さが分からんのか…」

ロー&ロングの流れるようなボディ、50CC思えない重低音を奏でるショットガンマフラー…乗り手の意志と直結する4速ミッション。
マグナ50は5年間も買い手が見つからなかった。
前オーナーは峠でバトル中に転倒…重傷を負った。
一命は取り留めたものの、二度とバイクには乗れない体になってしまった。
風を追い越すことはもう出来ない…

「・・・・・・」

今も時々、左足の古傷が疼く。
相棒だけでも走らせてやりたい、自分の魂を受け継いで欲しい…
そんな人間を待ち望んで、はや5年、自分も、もう長くはない。
5年もコイツの重低音を聞いていない。
今すぐにでもエンジンをかけることは出来る。
しかし、走らせてやることは出来ない…


112 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 11:59:31 ID:XX3VM9Uk
そんな葛藤の中、マグナの鼓動を蘇らせてやる事が出来なかった。恐らくこれからも…
時計を見上げた、8時20分…
あの青年に想いは伝わらなかったのか?諦めかけたその刹那…

「ハァハァハァ…」

店の扉が勢い良く開き、肩で息をする男が入ってきた。

「すみません!誰かいませんか?」

思わず笑みが零れた、慌てて作業場を抜けだした。

「遅かったな、小僧。」

老人の言葉には返事を返さず、店内の隅に向かった。
「…!」
ドラッグスターの隣りに置かれたアイツの姿がなかった。
「あの…マグマは?まさか売れてしまった…」
マグマ?小僧はマグナを引き取りに来たのではないのか?

「マグマ…だと?」
「ええ…昨日ここに置いてあった、これです。」

チラシを老人に見せた、老人は目を凝らしてチラシの隅を見つめていた。
確かに【MAGMA】とあった。

「印刷ミスじゃ、MAGNA、マグナフィフティーンがコイツの名前じゃ。」
「マグナ、昨日はここにあったのに…」

青年は落胆した様子だった。それほどまでにマグナを愛しているのだろう。
出会ってから一日、しかし当人でしか分からない物がある。

113 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 12:01:31 ID:XX3VM9Uk
絆…それはたった一日でも永遠にちぎれないほどのものになるのだ。
自分がそうであったように…

「お前さんのマグナは別室待機中、最終調整が終わったとこじゃ。」

そう言って作業場に足を向けた。その後を青年はついていく。
そこには確かに魂があった。

「たった今からお前さんの相棒じゃ。」

「俺の…相棒…」

青年は目に涙を浮かべていた。
だがすぐに渡す訳には行かない。
魂の受き継ぎをしなければならない。そういうバイクなのだ。

114 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 12:02:40 ID:XX3VM9Uk
「野生がある、魂がある…それ故に、前オーナーのライダーとしての命を奪ったバイクじゃ…
並大抵の覚悟では呑まれるぞ…覚悟はあるか?」
「…」

青年は黙って頷いた、その瞳にはまるで炎が宿っているようだった。

野生は…魂は…受け継がれた。
青年にキーを渡す。これで儀式は終わった。

「仮ナンバーをつけてある、今日はコイツで帰るといい。」
「これ代金です、10万5000あります。」

青年はポケットから封筒を取り出し差し出した。
封筒は湿っている。青年の汗だろう。
「金はいらん!コイツに長く乗ってやってくれればいい。」

青年は無言で封筒を差し出している。
そこで気付いた。この金は青年の覚悟の表れ、マグナに乗るという青年なりの儀式なのだ。

「…分かった。受け取ろう。」

封筒を受け取ると青年は安堵の表情を浮かべた。
正規のナンバーと所有登録のために店に来るように伝える。
簡単にマニュアル車の乗り方を教えマグナを外に出した。

5年振りの外気…マグナも喜んでいるみたいだ。

青年はゆっくりマグナのシートに跨がった。

115 :774RR:2008/03/16(日) 12:05:10 ID:eqZf7O8c
支援

116 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 12:06:12 ID:XX3VM9Uk
「…」
「…」
両者共に真剣な面持ちだ。
シート右下の鍵穴にキーを差し込み、回す。

ギアがニュートラルに入っていることを確認。
セルを回した…

キュルルルル…

5年間もエンジンをかけていない、しかし不安はなかった。
なによりマグナ自身が走りたがっているからだ。

キュルルルル…

ゆっくりとグリップを回した。

キュル…


今…野生と魂が甦る!!!

117 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 12:08:13 ID:XX3VM9Uk







スポポォォォン!スッポポッォォポォン!!!スゥァポォンスポポポポポポポポ…

118 :774RR:2008/03/16(日) 12:09:30 ID:HjDCf0u1
【祝!24歳】日本一有名なヤフオク「ボンクラ」中古車ディーラー3月17日に誕生日!!【福島いわき】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1205598489/


アッキー懲りずにまた出品

119 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 12:12:02 ID:XX3VM9Uk
暗闇がヘッドライトに照らされた。
魂と野生が甦った瞬間だった。

クラッチを握りギアをファーストに入れた。
青年が礼をいい、マグナを発進させた。


スポポォォォン!スッポポォォォン!スッポッポォォォ…


老人はいつまでもマグナと青年を見送っていた。
瞳から涙が溢れたように見えたが月の明りでは確認出来なかった。


第四話 END

120 :774RR:2008/03/16(日) 12:54:22 ID:X9+Xamj0
支援

121 :774RR:2008/03/16(日) 13:23:51 ID:+hHPDVY3
面白かったけど、エンストとか無しにいきなり乗れちゃうのがな・・・
原付きしか持ってないのに・・・

122 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 13:33:43 ID:XX3VM9Uk
>>120 サンクス
>>121 青年はマグナに愛されたスペシャルという設定でお願いするぜ…
ところで50CCの2ストマシン(NSとか)ってリミカだけで80行くかな?

123 :774RR:2008/03/16(日) 13:39:55 ID:yJHWUXZK
>122余裕ででます。
ジャズ←ボアップキャブマフ\50000で90km
ウルフ50←リミッタカット\5000で90`
(T_T)

124 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 13:53:32 ID:XX3VM9Uk
>>123 即レスサンクス…
リミカだけで90…だと?
しかし世界は広い、CB600RRより速いマグナだって存在する…>>3のちょっと良い話にある。

…よし、初陣の相手が決まったぜ!!

125 :774RR:2008/03/16(日) 14:27:01 ID:jpVT87ye
>>124
ガンバレ!ガンガレじゃなくてガンバレ!

126 :774RR:2008/03/16(日) 14:39:28 ID:sDr0pmNT
>>122
NS系のやつなら80いくよ

127 :774RR:2008/03/16(日) 14:52:20 ID:+hHPDVY3
乗ってたバイクのネタになりそうな奴のインプレ

RZ50 リミッターカットで95km
二期型は全域安定しているからマグナじゃ勝てない

Wolf50 リミッターカットで90km
低速トルクがないからスタート直後なら抜かせると思う

Dio AF18(初期型2st)リミッターカットはしていないが、出だしだけならRZ50より早い。

MAGNA250 回すとネイキッドみたいな音になる。KDX125SRといい勝負。

GSR400 マグナに負ける点といえば、擦り抜けのしやすさくらい。

CB400SF 上に同じ

128 :774RR:2008/03/16(日) 21:26:46 ID:ef1LV4j/
そういやここのスレでマグナの写真乗ってる人いないよね

129 :774RR:2008/03/16(日) 22:01:31 ID:OjmkpGmY
SSつまらね、時間開けてスレ伸ばそうというのは分かるがつまらね、

130 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 22:38:25 ID:XX3VM9Uk
情報、支援感謝するぜ…有効に活用させてもらおう
>>128 俺のマグナで良ければ晒すぜ…
>>129 SSだと…これはマグナに送るレクイエムだ…独り言だと思ってくれ…
それでもageてくれたことには感謝するぜ(ハート)

131 :774RR:2008/03/16(日) 22:55:27 ID:rxUYWOv3
マグナフィフティーンじゃ15ccじゃないか

132 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 23:01:05 ID:XX3VM9Uk
>>131 戦闘力たった15?ゴミめ…
普通にミスったorz
爺さんボケてきてる設定でw

133 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/16(日) 23:02:07 ID:XX3VM9Uk
サーセンw

134 :774RR:2008/03/16(日) 23:17:21 ID:rxUYWOv3
連投みたいになってしまいますが、これはネタなのかな・・・

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/qanda?aID=b83502084


135 :774RR:2008/03/16(日) 23:22:38 ID:+hHPDVY3
バイクをプラモか何かと勘違いしてんじゃネーノ?


136 :774RR:2008/03/17(月) 01:59:32 ID:pBnAc6Ju
>>134
これはひどいなww

137 :774RR:2008/03/17(月) 03:20:23 ID:e7n8jpdY
>>130
スレ立て主頑張れ\(^O^)/

138 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/17(月) 16:17:19 ID:j4n5tFNb
>>134 ちゃんと入札入っててワロタw
>>137 スレ建てたのは俺じゃないぜ…IDを見てくれ、俺は携帯からの書き込みだ

139 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/17(月) 18:33:42 ID:j4n5tFNb
第五話【甦る伝説】


PM11:06

「安全運転で行ってきまーすだお。」

夜も更けたこの時間、【ピザーヤ】と看板を出している店から、ピザを抱え出てくる男がいた。
1号車と書かれたバイクのタンクにピザを積みキックでエンジンをかける。
ホンダのジャイロXという三輪バイクだ。

小気味良い排気音と共に2サイクルエンジンが唸りをあげた。
閉店時間である11時直前に注文が入ってきた。
店長は微妙な顔をしていたが自分は嬉しかった。
バイトだが、夜間手当てがつくし残業手当てもつく。
配達先が峠を超えた隣り町にあるため、往復で50分はかかる距離だ。
なにより、峠を走れることが嬉しかった。

自身もバイクを所有しているが、グリーンマークをつけた軽トラに釜を掘られてしまい、バイクは中破…
修理に出しているため峠を走れずもどかしく感じていた。

140 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/17(月) 18:34:33 ID:j4n5tFNb
「風もないし、埃も舞ってない…走るにはベストの環境だお!」

毎日のようにこの町を走っている。
どんな道も、知り尽くしている。
俺が一番速い…この男も最速という幻想に取り付かれた者だった。

ただし、マグナの青年と違うのは名前が上がっていること。
ライダー達の間では多少有名な男なのだ。
相手が未熟な事も幸いしたが、ピザ配達用のバイクでピンクナンバーに勝利する程の技量を持っていた。
自身が所有するバイクでも、かなりの戦果をあげている。
小学生の頃から峠に通い【マグナキッド】と呼ばれたレースマシンの如く、チューンされたマグナを操る男に憧れを抱いていた。
誕生日と同時に普通二輪免許を取得したが、既にマグナキッドが峠に姿を見せなくなってから幾年が過ぎていた。

狭いこの町では誰しもが【マグナキッド】を知っている。

そして【マグナキッド】は伝説の中で生き続けているのだ。
故に、マグナキッドが去った後も、どんなライダーもマグナ50を駆ることはなかった。尊敬の念があるからこそだ。

141 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/17(月) 18:37:10 ID:j4n5tFNb
そう…新たなマグナ乗りが現われる昨日までは…

そして彼は今宵、運命の出会いを果たすことになる。

甦った伝説を垣間見ることになるのだ。

だが、この時は思いもしなかったのは言うまでもない。

142 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/17(月) 18:37:47 ID:j4n5tFNb
PM11:08

昨日までの虫の音は聞こえない、聞こえるのは相棒の雄々しい咆哮だけだ。
数台のバイクとすれ違ったが、誰もが例外なく相棒を見つめるのだ。
きっとグラマラスなボディに見とれているのだと思っていた。

マグナを受け取ってから既に2時間弱、いよいよ操作にもなれてきた。
ここからなら、峠も近い…コイツも疼いているようだ。

「相棒よ…」

ギアを4速に入れて、さらに加速した。

「山に帰ろう…」

雄々しい咆哮は雄叫びと化し、人々が寝静まった夜に轟いた。


第五話 END

143 :774RR:2008/03/18(火) 02:19:47 ID:x64oGI/N
今日山道マグナで曲がりきれなくてコケた


144 :774RR:2008/03/18(火) 14:43:16 ID:i/EkUN54
僕の名前は榊原琢磨、勉強の成績も運動も学年で一番♪
学校や家じゃ親や先生に媚びてるけど峠では僕を束縛する物は何もない。

分かるかい?

君たち俗世間の人間とは住む世界が違う。

セレブ被れはハーレーに乗る。

本物のブルジョアはマギーに乗るんだ!
つまり僕さ(笑)♪ 

僕のマギーが最速さ♪

さて、卑屈な授業ももう終わり。マギーで峠に繰り出すか(笑)



145 :774RR:2008/03/18(火) 19:54:36 ID:9OwN5fhn
>>143
マグナの遅さに感謝することだ!

146 :774RR:2008/03/18(火) 20:42:58 ID:W7VI5ML7
史上初!ダム板で戦争勃発☆「黒部ダム」と「丸山ダム」の信者が報復合戦中!!
黒部ダムって名前がキモイ上にアーチ式って終わってるよなwwwwwpart.2
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/river/1203238657/


147 :774RR:2008/03/19(水) 00:23:50 ID:EBXCPkiQ
俺のマグナが他界した…。
犯人死ねや!ゴルァ!

148 :774RR:2008/03/19(水) 00:31:29 ID:ygqFH6Wx
マクナゎなんキロでますか[
友達がニーハン乗るらしいんでスクーターゎ嫌ですホ

149 :774RR:2008/03/19(水) 00:36:04 ID:XWpG5llj
>>148


150 :774RR:2008/03/19(水) 00:40:57 ID:EBXCPkiQ
>>148
体重75キロの俺が乗ると55キロ。

友達の250ccのバイクと一緒に走る?
辞めとけ。

その前に野生とプライドあんのか?


151 :774RR:2008/03/19(水) 00:41:09 ID:ygqFH6Wx
↑ どうゆうこと[ホ

本気で悩んでるんで教えてくださいホホュ

152 :774RR:2008/03/19(水) 00:41:54 ID:XWpG5llj
>>151
>>1
こういうことです

153 :774RR:2008/03/19(水) 00:43:34 ID:ygqFH6Wx
ありがとうございます。
55キロじゃバリアス[にゎ勝てないですかねホホ

プライドはあります

154 :774RR:2008/03/19(水) 00:54:56 ID:XWpG5llj
>>153
原付では勝てません
でもマニュアルの原付乗ると二輪の免許取る時かなり楽ですよ

155 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/19(水) 01:17:55 ID:ovcguMEs
野生がある…プライドがある…守りたい女がいる━━━━━。
(林道を夕日に向かって走るマグナと咥え煙草の男の映像)
マグナフィフティー…ドライビングドリームス…ホンダ

このCMで10万台売れると思う。

ところで、俺の書いてるマグナのお話って、需要ない?

156 :774RR:2008/03/19(水) 01:21:22 ID:XWpG5llj
>>155
楽しみにしてます
5話は手を抜いてましたね?

157 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/19(水) 01:26:56 ID:ovcguMEs
>>156
嬉しいこと言ってくれるじゃないの!

頭の中では色々考えてたんだけどな…
いざ文におこすと長くなりそうで('A`)マンドクセになったから各部省略簡潔にした。
今日は忙しいから明日に連レスするぜ…

158 :774RR:2008/03/19(水) 02:19:11 ID:EBXCPkiQ
>>153
プライドがあるなら辞めとけ。
君の人生の黒歴史になる。
野生が無いようだが安心した。
この原付に乗って野生丸出しでいきがってたら馬鹿にされるとこだったな。

野生もプライドも無い奴が乗らないと似合わないよ。

それよりも君は現物を見た事があるのかね?
現物を見た上でこの原付を欲しいと言ってるのか?

159 :774RR:2008/03/19(水) 02:41:22 ID:HlGdsSb/
>>153
いいから買え。そしてどっかにうpしろ


160 :774RR:2008/03/19(水) 02:46:19 ID:E0ZQXQe2
>>157
俺も楽しみにしてるよ
長大作にして本にしてもらいたいくらいだW
バイク雑誌の腐れ記事読んでるより、ずっと面白い

161 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/19(水) 02:46:30 ID:ovcguMEs
>>158
外伝【小さなプライド】

「プライドがあるならやめておけ。」

マグナ50を買う事をバイク好きの先輩に打ち明けた答えがこれだった。
学校を抜け出して、ゲーセンをブラつき、今はコンビニでたむろしている。
日本の中心部である、この町にはバイク以外にもたくさんの娯楽があった。
しかしながらバイクを愛し続けている先輩の言葉は重圧としてのしかかってきた。
大排気量車を手足のように操る先輩にはマグナというバイクはバイクのうちに入らないのであろう。


「野生とプライドがない奴にはお似合いだ。」

先輩はこうも言った。
果たしてそれがただしいのか?自分には分からない。

162 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/19(水) 03:00:37 ID:ovcguMEs
「こんな原付で野生丸出しとか馬鹿だろ。」

確かに自分も原付自転車というのを心のどこかで見下しているのは否めなかった。

微妙な爆音をたて、軽自動車に呷られるスクーター…
ノーヘルでスラロームしながら走っていく眉毛のない同級生…
峠なら一番速いとか吐かしている、50CC乗り…

正直なところ、馬鹿にしていた。

原付であんなことやって楽しいのか?
おばちゃんが自転車代わりに使うものではないのか?

しかし、気付く。
バイクに興味を持って初めて気付けるのだ。
バイクだけではない、自転車を改造して喜ぶヤンキー気取りの中学生…
スズキな軽で走り屋気取り、街中でGT-Rに横付けする大学生…


彼らにも野生があるのだと…



163 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/19(水) 03:12:38 ID:ovcguMEs
野生がある、プライドがある。

マグナ乗りだけではなく、誰しもが自分に、そう思っている。
マグナというバイクはこれらの気概がなければ乗りこなせるものではない。

周りからの視線に耐えられないからだ。

リッター車のおっさんは、子供らしいと馬鹿にする。
ニーハンを買った上級生は、せめて中型にwと馬鹿にする。

馬鹿にされるのを分かってて乗っている。
それでも乗り続けている。

野生とプライドがなければ、出来ないことだ。
愛しているから…このマグナという原付自転車に心底、惚れている。

速いバイク、遅いバイク、そんなの人の勝手…本当にバイクが好きなら、好きなバイクに乗り続けるべき…

バイク店を経営していた祖父母から教わった言葉だ。
どっかの四天王さんが似たようなことを言ってた気がするが…

164 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/19(水) 03:26:42 ID:ovcguMEs
みんな、バイクを愛してい。る。
そこに排気量の差はない。


ここからは私の思い出話だ。

マグナに絶望し、手放そうとしたこともある。
高速道路を走って捕まったことさえある。
CB600RRより速いと信じていた時期があった…
大事な人をかけて、CB1000RRと峠を走ったこともあった。
ピザ配達のバイクに敗北し、絶望したことも鮮明に思い出せる。

もっと語りたいところだが、またの機会にしよう…


そして…
マグナが死んだ時、確かに聞いたのだ、相棒の【声】が聞こえたのだ。
空耳なんかではない、他の誰にも聞こえない声が私の心に響いていた。

165 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/19(水) 03:46:39 ID:ovcguMEs
相棒は今生の別れ…と言わんばかりに私に語りかけてきた。
もしかしたら私の妄想が生んだ勝手な勘違いだったのかもしれない…。

しかし、信じてみたい。
その妄想も相棒に対する愛ゆえのものと断言出来るからこそ…


君はこの先の長い人生の中で多くの選択を余儀無くされる。
どれを選ぼうと何者にも、意見する権利はない。

ただ忘れないで欲しい。
人間もバイクも、心臓があろうとなかろうと、生きている。
小さかろうと大きかろうと!

大切な何かの死の間際まで、そばにいて…死を迎える時に看取ってやってくれ。
君は必ず不思議な声を聞くはずだ。
その声は色鮮やかな想い出となって心に刻みこまれるだろう。

166 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/19(水) 03:53:46 ID:ovcguMEs
この世に意味のないものはない。
あるわけない。あってはいけない。
みんな、何らかの意味を持って存在している。


全ての覚悟を持って、コイツを相棒として選ぶなら…
君に称号を贈ろう。野生とプライド、魂を受け継いで欲しい。
かつての私が受け継いだように!
だが、気をつけろ…その瞬間に君は魔力にとりつかれる。
引き剥がそうとしても切り刻もうとしても、離れられない魔力…
私は今もなお、魔力に取り付かれている。


馬鹿にしたやつの首根っこを掴んで言ってやれ!
先輩の惚けた横っ面をひっぱたいてやれ!

そして言ってやるんだ!


【俺はマグナキッドだ!!】


外伝 END

167 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/19(水) 04:05:05 ID:ovcguMEs
>>160
ちょっと大袈裟だが素直に感謝するぜ…
読んでくれる人がいる限り続けて行きます!

↑の外伝を公式に載せれば、第一次マグナブームが来ると思うんだがどうよ?
なんか勧誘ぽいけどw

168 :774RR:2008/03/19(水) 04:07:13 ID:aNIFIXwq
>>161-166

超乙

169 :774RR:2008/03/19(水) 04:22:49 ID:quWVLDqt
乙w
上で山道でこけたって書いた者だが
マグナでこの3日間で320kmぐらい走ったw

春休み終わらんで欲しいなw


170 :774RR:2008/03/19(水) 04:25:36 ID:E0ZQXQe2
>>167
花村蔓月の「たびを」っての読んだことあるかい?
あれを読むとカブが欲しくなる
少なくとも俺は欲しくなったW
あれに負けない位の書いてくれ

楽しみにしてるよ

171 :774RR:2008/03/19(水) 12:15:27 ID:wd1IZOKf
ワロチ

172 :774RR:2008/03/19(水) 13:21:35 ID:JDAM4Dkb
ピカピカのガレージにレクサスとマグナ50を並べるのが俺の夢だ。
なんてプレミアムな組み合わせだろうか。
国産最高級ラグジュアリーセダン、至高のカブエンジンかつ遊び心あるアメリカンスタイル。


マグナの色はシルバーが一番かっこいいと思うんだが、新車であるのか?今。

173 :774RR:2008/03/19(水) 17:24:47 ID:iKNPpXtP
>>163
どっかの四天王さん 吹いたww
応援してるぞwww


174 :774RR:2008/03/19(水) 20:07:36 ID:ga6K1iAl
ピカピカのガレージにマイバッハとマグナ50を並べるのが俺の夢

175 :774RR:2008/03/19(水) 20:12:09 ID:sIbsszfS
そういやおまえらのマグソフィフティーンどれぐらい速度出る?
俺のリミッター外して75ぐらい出んだが



176 :774RR:2008/03/19(水) 21:51:02 ID:RUFbzXQT
出せるだけ出る

177 :774RR:2008/03/19(水) 23:21:41 ID:QcLLKzDK
今度リミッターカットするんですが純正メーターのままで大丈夫ですかね?

178 :774RR:2008/03/20(木) 09:03:38 ID:KQQ3SUA9
春だなーって本当に思うよ

179 :774RR:2008/03/20(木) 10:35:19 ID:DDLnzYoH
300キロスケールメーター付けるのが定番

180 :774RR:2008/03/20(木) 10:58:12 ID:hhoxqyAh
俺なんか初めてマグナに乗った週に二日で700km走ったんだぜ



181 :774RR:2008/03/20(木) 11:15:06 ID:h6KR5RN9
ヴェイロンすらマグナを見たら避けて通る

182 :774RR:2008/03/20(木) 13:48:45 ID:36OI9/ta
おれのマグナはドラッグスター1100より速いんだz

183 :774RR:2008/03/20(木) 13:51:52 ID:U8GvkK8I
俺のマグマなんてツノはえてるぜ

184 :774RR:2008/03/20(木) 15:46:36 ID:JWGNc1YF
http://img.wazamono.jp/futaba/src/1205982888092.jpg
http://img.wazamono.jp/futaba/src/1205983256874.jpg
http://img.wazamono.jp/futaba/src/1205983277639.jpg

やっぱ元のマグナが一番だな

185 :774RR:2008/03/20(木) 17:52:15 ID:DDLnzYoH
一番上かわいいお(;^ω^)

186 :774RR:2008/03/20(木) 19:31:06 ID:4sfR1PtY
>>183
車検通らないんで切ってください(>_<)

187 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 02:04:52 ID:ijEK9lD2
第六話【初陣】


暗闇に1筋の閃光が走る。50CC4ストローク…スクーター特有の音をたててDIOが通り過ぎていく。
その排気音はまるで何かに追われているかのような…悲鳴のように…

すぐ後方にもう1筋の光りが見えた。
スクーターではない。
高音域まで達したかと思うと少しの間をあけ音階が下がる。ミッション車だ。
タンクには【MAGNA】。

長めのストレートでスピードを伸せる、DIOとの距離が縮まった。
その差は約2台分。

188 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 02:05:26 ID:ijEK9lD2
タイトな右コーナー手前でブレーキング競争。
ライトの前に僅かな白煙と焦げたような匂い。
目の前のDIOがリアをロックしたまま外に逸れていく。
何をせずとも、目の前の障害はなくなった。
2速30kmから3速に叩き込む。
後はマグナに身を任せてただただ、加速するのみ。

「・・・・・・・チッ…」

思わず舌打ちをしてしまった。
既に3台、峠の上りに差し掛かって3台のスクーターを抜き去った。
どいつもこいつも、まるで手応えがない。はっきり言って力不足。

189 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 02:06:12 ID:ijEK9lD2
俺がしたいのは、こんなしみったれたバトルじゃない…
もっと心が踊るような…血が沸き立つような…命の危険を感じられるような!
勝者は生き残り、敗者は死に逝く…そんなギリギリの勝負をしたい!

それでこそ、俺とマグナの初陣に相応しい言える。

「またか…」

少し山を上っていくと、また小さなテールライトが見えた。
この峠にはこんな奴らしかいないのか?

190 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 02:06:50 ID:ijEK9lD2
俺とマグナを本気にさせてくれる奴はいないのか?
半ば絶望しかけていた。

が、そんな絶対勝利者の絶望は、敗北の絶望へと移り変わる。


時間は…かからなかった。

191 :774RR:2008/03/21(金) 02:26:23 ID:4MNZ3UyH
ksk

192 :774RR:2008/03/21(金) 02:44:42 ID:EP9Pf7pn
実験室使用中

http://nrlabo.nobody.jp/






193 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 03:20:38 ID:ijEK9lD2
上りのため、速度はやや落ち込んでいる。
だがスクーターをパスするには十分な速度だった。

「ピザ屋…だと?」

車種を視認出来る距離になり確認出来たのはピザ屋の三輪バイク。
ご丁寧に雨除けの屋根まで取り付けられている。

呆れたものだ、別にピザ屋に呆れた訳ではない。
それなりにチューニングされているであろうスクーターが直線で抜かれているのだ。

ピザ屋に勝てない走り屋…
いや…走り屋と呼ぶにも事足りない。
そんな哀れみと憤りの重低音を響かせ自らもスクーターを置き去りにしていく。

194 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 03:21:11 ID:ijEK9lD2
溜まっていくフラストレーション…
憤り…怒り…そして焦り。

「ッ…」

追いつけない…
マグナ50がピザ屋の三輪バイクに追いつけない。
むしろ、ストレートでは距離が開いていくように感じる。
勝利者の優越感が焦燥に変わっていくのが分かった。
本当はこの時に分かっていた。

自分が勝てない相手であろうことを…

だが認めたくなかった。ただそれだけだ。



「いいだろう…」

ピザ屋といえど速ければ構わない。
初陣の相手として初めて認められる。


今から…本気出す!

195 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 03:21:47 ID:ijEK9lD2
左のヘアピンで仕掛けた。
三輪バイクは攻め込んでいる様子はない。
それなのに今まで追いつけなかった。しかし、今はそんな事を考えている余裕はない。

左で距離を詰めて切り返しの右でインをついた。
防いでくる様子はない。
そのまま、エンジンを開放して前にでた。

「こんなものか。」

45km…48km…50km…51km…51km。

マグナの加速が止まった。
全開だが、これ以上の加速は出来ない。
きっとピザ屋も同じ…

右のミラーに目をやるが光りはない。
引き離してやった!束の間の勝利の喜び…

196 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 03:22:24 ID:ijEK9lD2
しかし、1秒に満たない喜びだった。

「な…」

左のミラーに灯が反射した。
ブロックする間もなくピザ屋はマグナの前に飛び出した。

疑惑と疑念は絶望と確信に変わった。
驚いたことにピザ屋の三輪バイクはマグナより速い。

…否!

マグナの方が遅い…と言い換えた方が今の心境には適切だろうか。

197 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 03:23:01 ID:ijEK9lD2
「ありえない!」

マグナの方が遅いなんて!!

「認めない!!!」


絶対に…絶対に!!!!


「マグナの方が速い!!!!!」


今思えば、あの時は冷静ではなかったのかもしれない。

198 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 03:28:09 ID:ijEK9lD2
右のヘアピンで再び抜き去りを試みた。
鈍重な三輪バイクならコーナーは苦手なはず。
我ながら、素早く頭を切り替えたつもりだった。

だがやはり冷静ではなかったのだろう。

焦っている時に自分は冷静と思い込むのは危険なのだ。
焦っているならば、冷静になるべきと考えるのが最良なのだが…
生憎、そんな技量は持ち合わせていなかった。

コーナー入口で再びインを刺した。
文字通り刺しただけだ。鳥肉に刺された串のように。
無理に曲げようとすれば…

串は音をたてて折れる。

願いは通じた。
三輪バイクの前に飛び出した。
それは青年に哀れみを感じた神の悪戯ともいうべきか?
喜びの後の悲しみはより傷をえぐるというのに…

199 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 03:28:44 ID:ijEK9lD2
はたから見れば、明らかなオーバースピード。
ラインも考えずにベタインからヘアピンへ突入。
バイクに乗って2時間弱の技術で、どうにかなる状況ではない。

勇気を搾り出し、強引に切り込むがタイヤのグリップが許容を超えた。
曲がりきれないことに、気付き減速するが、全て遅すぎたようだ。

200 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 03:29:21 ID:ijEK9lD2
景色がスローモーションのように流れた。
ロックされたフロントタイヤ…
バランスをとるために車体を引き起こした。
暴れたマグナが一気に傾き自分を放り投げた。
自分を拒むかのように…
器ではないとマグナが言っているようだった。

その脇を悠々と抜き去る三輪バイク。
素人目に見ても理想的なライン。
テールライトのボックスには…
【安全運転者】
【内藤 文雄】

201 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 03:35:13 ID:ijEK9lD2
夏なのに背中に冷たさを感じた。
今日は熱帯夜って森田さんが言ってたのにさ…
眼前には綺麗な月と星が浮かんでいた。

そうか…俺は今、地球に寄り掛かっている。

幸い体に痛みはない…そうだ…マグナは?

〔…〕

横倒れになり、ライトから灯をなくしてしまったマグナは月の光りで影が出来ているのに…
先程までの勇ましい雄叫びをあげていた獣の影はどこにも残っていない。

不甲斐ない俺に愛想をつかしているように、見えてしまうのは気のせいではないだろう。

その姿はどこか哀愁が漂っていた。
無論…自分も含めて。


第六話 END

202 :774RR:2008/03/21(金) 04:16:36 ID:+sDduLgU
マグナは死んでしまうん?

203 :774RR:2008/03/21(金) 13:28:09 ID:eFnKV1I0
結局そのピザ屋は白のプジョーに乗り換えちゃうんだろ。

期待あげ

204 :774RR:2008/03/21(金) 14:00:38 ID:9ZfiAhlT
そろそろバトル編にきたのかな。

伝説の始まりか‥

205 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 14:41:03 ID:ijEK9lD2
第七話【絆】


【翌日】昼

青年は坂口二輪店の前に立っていた。
その横にはキズだらけのマグナ50…
自分もマグナもキズは負ったものの程度は軽い。十分走れる。

前夜…ピザ屋の三輪バイクと壮絶なバトルを繰り広げ転倒した後は、すぐに家に帰り寝床についた。
母の作り置きのハンバーグは食べていない。
その帰り道、マグナは今まで通りにけたたましい咆哮をあげていた。
励ましてくれているのか、機嫌をとろうとしているのか…はたまた謝っているのか…
いずれにしても、自分の心には響かなかった。
むしろ、この重低音がうっとおしく感じる。


何よりショックだったのがピザ屋の三輪バイクに負けたこと。
最速と信じていたマグナ50は…ピザ屋のバイクより遅かったのだ。

坂口二輪店の扉を開いた。

206 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 14:41:30 ID:ijEK9lD2
「小僧か…書類は持ってきたか?」

僅かに空調の効いた店内にいた老人は、ツナギに身を包み軍手をオイルで汚していた。
老人の目には青年の姿が魂の抜け殻のように見える。

「これは、どういう意味じゃ?」

青年は言葉を交わすことなく、マグナのキーを差し出していた。

青年が右手を差し出したまま、時間が流れた。
小さなエアコンの音だけが耳に入る。
そして青年の第一声…

「マグナ50って糞バイクですね…。買い取ってほしいんですけど、査定してもらえますか?」

青年の瞳からは昨日の輝きが消えてなくなっていた。

207 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 14:42:06 ID:ijEK9lD2
「…」

青年はキーを机に置くと走りさっていってしまった。
マグナと出会った日と同じく老人の顔は見ない。
老人の目に涙があったのかも分からない。
知りたくないから見なかった。理由はそれだけだ。

開け放たれた扉からは、喧しい蝉の求愛の鳴声が聞こえた。

「おじいさん…」

居間から一部始終を聞いていた嫁が心配そうに声をかけてきた。
しかし老人の瞳に涙はない。
むしろ笑っているようだ。

208 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 14:43:29 ID:ijEK9lD2
「フフ…逃げられんよ…」

そう。逃げられない。不幸な事に青年は自分の野生と魂を受け継いでしまった。
不思議な魔力からは逃げられない。
青年は既に摂り憑かれている。
マグナ50という魔力に。

「お前もお前じゃな…」

外に置き去りにされたマグナに目をやった。
マグナは老人を避けるかのように傷ついたテールを向けていた。そっぽを向いているのだ。

嫌いだから避けているのではなく…老人を恐れている。
悪戯が親に見つかり、叱られるのを避けるべく言い訳探しに試行錯誤している小学生の様である。

209 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 14:44:27 ID:ijEK9lD2
軽い気持ちで友人にイタズラをして、しかも嫌われてしまい怪我まで負わせてしまって、さらに親にバレた…
自業自得とはいえ、マグナにとっては三重苦だった。

老人が指の骨を鳴らしながら外のマグナに近付いた。
タンクにひっかけられた、蝉の小便がマグナの冷や汗のように見えた。

210 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 15:41:55 ID:ijEK9lD2
峠を走り行くホンダのロスマンズカラーのレーシングレプリカ。
CBR250RRか?違う、軽い排気音をあげているがパワーが段違いだ。

ならばNSRか、それも違う…NSRの前身車…80年代前半最速、400キラー。

その名は【NS250R】

パワーバンドに入るとガラリと性格が変わる二重人格のように極端にピーキーなエンジン特性。
扱いやすい今の250CCとは格が違う。
現在において、なおも乗り手を選ぶマシン。
砕けたフロントカウルは自らの武勇伝を誇示するかの如く…

211 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 15:42:23 ID:ijEK9lD2
コーナーリングこそNSRには劣るが余りあるパワー。
体重70kg超、体脂肪率20%を超える肉塊をいとも簡単に風と同化させる。
この内藤という男も、マシンに認められた数少ないライダーであった。

カタログスペックで規制ギリギリの45馬力。
しかし4stの45馬力とは訳が違う。
レッドゾーン、リミット11000まで一気に吹ける陶酔感、90度Vツインエンジンは実質70馬力近いと当時は囁かれたものだ。

212 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 15:42:54 ID:ijEK9lD2
やっと戻ってきた愛車、さぞ良い音を吹かしているのだろうと思ったが…
3速50km…町中ではなく峠で3速50km。
8千回転に満たないVツインエンジンは随分と情けない音をだしていた。


気になる、昨日のアイツが…
転倒こそしていたが、あのネジがぶっ飛んだようなイカれたツッコミ。
幼い頃から瞼の裏に焼き付いて離れない…誰にも真似出来ないあの走り。

213 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/21(金) 15:45:25 ID:ijEK9lD2
戻ってきた…


長い月日を経て…

いつしか伝説となってしまった憧れの男…


マグナキッド…


伝説がこの山に帰ってきた!


第七話 END

214 :774RR:2008/03/21(金) 22:44:30 ID:BHIq1TJf
kitaiあげ

215 :774RR:2008/03/22(土) 00:35:21 ID:+G9dSM5l
シーバーて皆付けてる?
オークションで買おうか迷ってんだけど


216 :774RR:2008/03/22(土) 02:53:35 ID:yy47uXjt
マグナ50にシーシーバーとエスカルゴフェンダーは必須
やはり迫力が増すよ 多少値は張るが買うべし

217 :774RR:2008/03/22(土) 14:37:56 ID:+G9dSM5l
オークション見てたけど安いのないなぁ
・チョッパー
・シーシーバー
・フェンダーは必要か〜
うーん

218 :774RR:2008/03/22(土) 18:20:45 ID:Z6yyPPPT
リアをケツ上げしてショートアルミフェンダーをつければかっこいいと思う

219 :774RR:2008/03/22(土) 18:45:14 ID:iKV8FvrW
男ならフェンダーは無しだ!

220 :774RR:2008/03/22(土) 18:55:49 ID:XQE/f95X
あのデザイン(特にFホイール)でエスカルゴフェンダーもシーシーバーも無いと思うよ。
ただ大きく見せたい悪あがきにしか見えないし・・・・
チョッパーにしたいならJAZZを買うべきだし

221 :774RR:2008/03/23(日) 02:16:05 ID:L/2zH/gu
>>219男の選択肢だな

222 :774RR:2008/03/23(日) 05:06:21 ID:zWXqpyBn
まぁ人の好みだわな
こけた時にウィンカー割れたのなおさねぇとorz

そういえば今日アメリカ国旗ペイントのJAZZをじーさんが乗ってたが
メタボっててJAZZが小さく見えたw



223 :774RR:2008/03/23(日) 08:36:36 ID:o2FJp8q+
マグナって、パワーアップさせるならボアアップがいいの?
それともエンジン載せ替えがいいの?

どっちもよく聞く話だけど、ボアアッーの方はどれだけアッーできるのかわからないし
載せ替えって、何のエンジン載せてるの?

224 :774RR:2008/03/23(日) 13:04:58 ID:qPxmQXwh
ボアアップが手軽だけど、相当金かけないとあまりパワーうpしないよ。
88ccにヘッド交換で「おー!」くらい。改造費は諸々で10万くらい
エンジン載せ換えはカウンターシャフトの長さの関係でそのままはムリ。
技術も知識もいる。
あとボアアップするとセルが重くなってバッテリーがすぐ上がる
100ccオーバーにするならJAZZエンジン積むかキックを付けるかしないと押しがけ仕様に

225 :774RR:2008/03/23(日) 17:16:27 ID:c4RdXWgA
ボアアップなんてするなら最初からエリミ125のが安上がりだよ
車体かなりデカイし、みんな「kawasakiか」って反応してくれるし

226 :774RR:2008/03/23(日) 20:41:14 ID:x5u5P5r6
まぁパワー足りないけどマグナ乗りたいんならVマグナ乗れって話だなww



227 :774RR:2008/03/23(日) 20:50:06 ID:nJmbc3nZ
前に電動ターボチャージャーつけた香具師いなかった?

228 :774RR:2008/03/23(日) 22:44:58 ID:x5u5P5r6
>>227
kwsk

229 :774RR:2008/03/23(日) 23:17:46 ID:L/2zH/gu
>>228
カワサキ

230 :774RR:2008/03/23(日) 23:53:02 ID:qPxmQXwh
電動ターボでまともに走れてる人いないらしいよ

231 :85:2008/03/24(月) 01:32:25 ID:9+b9Ap8/
>>206
邪魔してすまんかった。
俺も乗りこなせなくて降りた身なんでな…
野生はあったんだがプライドがどうもな…

232 :774RR:2008/03/24(月) 08:58:03 ID:5l9oiiHo
電動ターボはセッティングが難しい(キャブにもよるかな?)けど、
結構使えるブツだよ。

でもはっきり言ってエンジンのせ換えた方が良いよ。
金かけんのが嫌ならヤフオクとかででてる中華エンジンで十分。そのかわりキックしかないのがほとんどだから、
純正マフラーは使えないよ。
あとエンジンがでかすぎるとクラッチペダルの部分で苦労すると思う。
加工とか整備ができないやつはおとなしく最高速60kmのマグナで頑張ってね

233 :774RR:2008/03/24(月) 13:25:16 ID:1Pc1tArK
元JAZZ乗りの俺がレポ。
武川の88ccキット(レギュラーヘッド)、KEIHINPE20、マフラーでスタートから最高速までNSR50をやっと上回る程度。ちなみに当時の俺の体重50キロ。
回転数がやたらと高回転まで回るから「ブワァーン!」と別物エンジンの加速になる。カブの50と90の差とは訳が違う。
これに強化クラッチキット(減速比も変わる)、オイルポンプ、前後スプロケをやったあたりが一番早かったな。
前述の圧縮の話だが体感でキックの重さ2倍増しだから50用のセルモーターじゃ確にキツイと思われ。
自分で組むならトルク管理とバルブクリアランス、古いガスケット剥がしは丁寧にな。

234 :774RR:2008/03/24(月) 13:33:08 ID:5l9oiiHo
武川は値段がはるが性能は神だよな。
セッティングでれば最高のスペックが得られる。
デイトナとはわけが違う

235 :774RR:2008/03/24(月) 13:51:08 ID:FeD3uwe7
ボアアップしたら警察に捕まるの?

236 :774RR:2008/03/24(月) 16:01:17 ID:idqFHC+y
ちゃんとナンバー変えてれば(小型登録?)捕まらない

噂では、白バイ隊員には音でバレるらしい

237 :774RR:2008/03/24(月) 18:56:59 ID:qpPWbUlu
今日マグナ納車しました
かなりかっこいいです!一生乗り続けたいですね
まずはハンドルとシーシーバーとグリップをやりたいです
いつかはエアロもつけたいです!わかんないことも多いのでよろしくお願いします!

238 :774RR:2008/03/24(月) 20:26:47 ID:cYHnRCrn
>白バイ隊員には音でバレるらしい
俺も昔(5年くらい前)88ccにしたモンキー乗ってた頃、
白バイのにーちゃんにとめられてバレたよ。
そのボアアップキットはシリンダーに49ccって刻印があって色も純正と同じなのに
「音が違うねー」といわれて終了。
でも「ぼくもバイク好きだから気持ちはわかる。今回だけだぞ」と言ってくれて見逃してくれたよ。あんときの白バイにーちゃんありがとう!
今ではちゃんと黄色ナンバーにして走ってるからな!!

239 :774RR:2008/03/24(月) 22:11:51 ID:yY2Fb0DD
中にはいい警察官もいるよね。
俺も道迷って遅刻しかけて原付でぶっとばしてたところ止められたorz
オワタ と思ったのに理由話したら道案内までしてくれた。
いやもうなんか観方が変わったね。

240 :774RR:2008/03/24(月) 22:17:58 ID:FeD3uwe7
俺なんかマグナ50に乗ってるだけでパトカーが先導して道をあけてくれたことあるぞ。
さすが、まぐな50だよな!

241 :774RR:2008/03/24(月) 22:54:11 ID:STzwZQ3Y
過失を見逃してくれてありがとうとかどんだけだよ

242 :774RR:2008/03/24(月) 22:58:48 ID:EzQXttsM
マグナ海苔はモラル低いなー
さすが走る中ニ病と呼ばれるだけのことはある

243 :774RR:2008/03/24(月) 23:27:02 ID:xqqRz72F
名前:774RR[] 投稿日:2008/03/24(月) 23:23:18 ID:pSe0JKTb
今日マグナ50に乗ってる馬鹿をみた
原付きにシーシーバー付けてねっころがるようにもたれててフラフラ走ってたよ


ウワーダセェ (´∀`) プププ

244 :774RR:2008/03/25(火) 01:25:36 ID:tA4ZYLQL
プラグさすネジのとこ
なまっちゃったんだけど
ショップで直せるかな?

245 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 03:06:02 ID:y1Qyu/GQ
第八話【走る肉団子】


「おはようございます…」

まだ闇も深い早朝前、青年はバイト先の渡辺新聞店にいた。
面持ちがどこか暗いのは夜中というだけではないだろう。
言葉にも覇気がない。

「よお、寝不足か?」

お決まりのボロボロの座椅子に座り、腹を叩きながら煙草を吸う男。渡辺さんだ。
見掛けは脂肪の固まりで大雑把な男に見えるが、なかなか気遣いの出来る男だった。
悪く言えばネガティブ。


246 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 03:06:35 ID:y1Qyu/GQ
最近は糖尿病と診断され、大好きなカフェオレを嫁さんに禁止されてるとか。
灰皿の横にはカフェオレの変わりに、無糖とかかれた缶コーヒーが置かれているが、まだ蓋を開けていない。

「別に…」

愛想なく答えた。今は誰とも話したくない。

「今日からはカブで頼むぞ。」

気を悪くしたのか、気遣ってくれたのか、単調に必要なことだけを伝えると黙りこんでしまった。
渡辺さんには申し訳ないが、自分としてはありがたかった。

その後は黙々とチラシの折り込みを済ませ、さっさとカブに詰め込んだ。

247 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 03:08:34 ID:y1Qyu/GQ
「これが、新しい配達先だ。」

出発前に渡辺さんから新しい配達区分の書かれた地図を手渡された。
無言で受け取り、言い慣れた出発の挨拶をしてカブに跨がった。
感じの悪い奴と思われたなら、それでも構わない。

どうでもいい事だ…。

カブの運転は初めてだが、特に戸惑うことはなかった。

ただ、カブには4速がなかった。

別に…どうでもいい。

248 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 03:09:08 ID:y1Qyu/GQ
「ん…?渡辺さん!あいつの配達先の地図こっちじゃないんですか?」

痩せ身の男が地図を片手に店を出てきた。
この新聞屋には気難しい中年が多いが、この男とは不思議と馬があった。
名前は高岡という。

「その予定だったんだがな…そっちは俺が行く。」

「帰りの峠道が楽しみじゃなかったんですか?」

青年に渡した地図の最後の配達先は山の上…
重荷のなくなった帰り道の下りはカブを思いっきりカッ飛ばすことが出来る。

収入の良い都会の会社を離職して、新聞屋を立ち上げた。
既に三十年…毎日、この街の山を上り下りしてきた

249 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 03:09:37 ID:y1Qyu/GQ
「坂口の爺さんから発破かけられてなぁ…バイクを手に入れたはいいが次の日に返しに来らしい。」

渡辺の言葉に高岡は苦笑していた。
どうやら、全てを察したようだ。
坂口二輪店からはカブの整備やら新車の納入やらで長い付き合いがある。
個人的な付き合いが特別、深い訳ではないが若者を思う気持ちは変わらない。
大方、バトルを仕掛けてあっさり敗北したのだろうと考えていた。

この街の若者なら誰しもが通り乗り越える道。
不器用な青年はそんな簡単な試練に挫折しかけていた。
強すぎる野生故に…

250 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 03:13:39 ID:y1Qyu/GQ
しかし、速くなるためには必要不可欠。
誰よりも強い野生があれば、誰よりも速く駆けることが出来る。

「懐かしいですねぇ〜、たまには峠でも行ってみようかな。」

「俺達の時代は終わったよ、まあ…手助けくらいは出来る。」

「時代…か。」

いつの間にか高岡が、無糖の缶コーヒーを握っていた。
灰皿の横にはコーヒーの変わりにカフェオレが置かれている。

「糖尿病なんだよな…」

「今日くらいはいいでしょ?」

好物のカフェオレを飲み干すと黄色ナンバーのカブで走り出した。
向かうのは山の上…久しぶりの真剣勝負になる。
将来を担う青年の力に少しでもなりたい。
そう思いながらも大人気なく、必ず勝つという闘争心が先行していた。

251 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 04:14:42 ID:y1Qyu/GQ
地図を見ながら四苦八苦していた。
バイクに乗っているため上り坂で疲れることはないが、新しい配達先の家が分からない。
地図には住所と名前が書かれているが、表札のない家が多い。
めんどくさかったため、それっぽい家のポストにぶち込んでいった。

そして最後の配達先は山の上にある小さな喫茶店。
先日、マグナで走った峠道を上っていった。
右コーナーに差し掛かった。
無茶なツッコミで転倒してしまった、あのヘアピンだ。

252 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 04:15:10 ID:y1Qyu/GQ
「…」

十分に減速してから進入…何事もなく通り抜けた。
攻めてやろうなんて気はない。
だが、微かに頭に浮かんでしまった三輪バイクの理想的なライン…
無意識に同じラインを走ろうとしてしまう。


それは、青年が完全に野生を失った訳ではないことを示し、通過後の僅かな苛立ちはプライドのかけらを表していた。

山頂の駐車場にバイクを止めて喫茶店のポストに新聞を投函する。
これで今日の配達はお終いだ。
自販機で冷たいお茶を購入してカブに腰掛けた。
バイクとはいえ夏場は喉が乾くものなのだ。

253 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 04:15:38 ID:y1Qyu/GQ
何も考えずにただ時間が経つのを待った。
何故か、胸騒ぎがしたのだ。理由なんて分からない。
漠然とだが、何かが起こる気がしていた。
やがて虫の音は蝉の鳴声がに移り変わり、近くの養鶏場のニワトリが朝を告げる頃…


その男はやってきた。胸騒ぎの正体が。
自分のカブと似ているようで違う排気音、恐らく80CCクラス…
郵便屋か?違う、公務員の奴らはこんな時間に働きはしない。

徐々に音が大きくなる、ヘッドライトの光りが見えた。
自分のすぐ横まで来て止まった。

254 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 04:16:03 ID:y1Qyu/GQ
腹回りがバイクの横幅より出ている男。
小さなカブがより小さく見える。

「配達は…終わったみたいだな。」

「渡辺さん!なんでここに?」

別に仕事は終わったのだから、休憩くらいは構わないはずだがサボってると思われないか、いささか不安があった。
それよりも今は孤独を味わっていたかった。
敗北し相棒を手放した悲劇のヒロイン…そんな気分を感じていたかったからだ。


そんな自分をよそに渡辺は自販機に小銭を突っ込んでいる。

「かー、やっぱ苦いな…」

黒いラベルの缶コーヒーを一口飲み呟いた。

255 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 04:17:20 ID:y1Qyu/GQ
「俺…そろそろ帰ります。」

簡潔に告げて、カブのエンジンをかけようとした。

「まあ…待てや。」

渡辺が制止してきた。
ぶっきらぼうな渡辺に少なからず、憤りを覚える。

「こっちで帰れ。」

渡辺が指刺すのは80CCのカブ。
免許がないと言ったが、バレやしないとひと蹴りされてしまった。

256 :お尻臭い虫:2008/03/25(火) 04:56:18 ID:y1Qyu/GQ
お尻臭い虫

257 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 04:57:25 ID:y1Qyu/GQ
「俺が50CCのに乗る。お前は80CC…ハンデだ。」

「は?」

「ゴールはふもとのうどん屋…」

「俺…バトルなんてしませんから!」

渡辺の声を遮り、先程よりずっと強い口調だ。苛立ちも込められている。
そんな気分じゃあない。

「逃げるのか?」

「!」

青年の足が止まった。
逃げるという言葉に反応してしまう。

「80CC対50CC、ハンデやるってのに逃げるってことは余程自信がないんだなぁ〜。」

高らかに笑いながら言い放った。
あえて青年の神経を逆撫でするように仕向けたのだ。

258 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/25(火) 04:57:52 ID:y1Qyu/GQ
「こんな腹の出た親父に勝てないたぁ笑えねぇな…」

いつものように腹を叩いている仕草が、とにかく気に触った。
そして青年の口から出た言葉は…

「…っ…よ…」

「はあ?聞こえねぇな〜」

「やっ…るよ。」

「え?なんだってぇ〜?」

「やっってやるよ!!」


静かな声だったが、先程までとは明らかに違う声色。
それは野生とプライドの固まり…
けなされては男が廃る!

「ふふ…そうこなきゃな!」

80CCのカブに跨がりエンジンを吹かす。
渡辺が乗る、50CCのカブと肩を並べた。


259 :774RR:2008/03/25(火) 06:43:44 ID:qX0DFoEN
続きまぁだぁあああああああ?

260 :774RR:2008/03/25(火) 14:29:01 ID:yMrsYygU
過疎るとSS続かないんだよな

261 :774RR:2008/03/25(火) 20:02:25 ID:kjPjcC7U
マグナ海苔じゃないけどこのSSのためにいつもスレ見てる
表現上手だよね、ふつうに

書き手ガンガレ!!(・∀・)

262 :774RR:2008/03/25(火) 23:08:30 ID:DHOqEA/r
>>261
自分も全く同じです。

モタード乗りだけどこのSSのためについ覗きにきてしまうw

263 :774RR:2008/03/26(水) 03:24:44 ID:aQoBXOPP
yeahhhhhhhhhhhhhhh!!!!!!!!!!!
最高にイカすぜマグナ50!!!!!!!!!!
俺のでかいマラにそっくりだぜ!!!!!!


264 :774RR:2008/03/26(水) 03:27:45 ID:aQoBXOPP
マグナ50なんて幼児が乗る三輪車じゃねえか。
乗ってる奴はオムツでもしてるんじゃないのか?
うんこくせえwwww

265 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 04:24:17 ID:iufNMGBz
>>259-262
(つω⊂)ゴシゴシ
(´・ω・`)ありがとう…か勘違いしないでよね!
べ…別に嬉しくなんかないんだからね…ありがとうなんて絶対に言わないんだから!

>>263 マグナのプラグの間違いじゃないのか…
>>264 ベビーカーに乗ってるような奴が何言ってやがる…

さて…8話が通常の3話分の長さになってしまった…
ぼちぼち行きたいと思う
今日はお休みだから夜にもう一話投下するんだぜ…
興味ある奴は見てってくんな!
↓8話【走る肉団子】続き

266 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 04:27:39 ID:iufNMGBz
「さきにうどん屋で待ってるぜ…この缶が落ちたらスタートだ。」

渡辺の手から缶コーヒーの空き缶が空に投げられた。

「…」
ポポポポポポ…
「…」
ポォンポォン…
「…」
ポォアァァァ…





…カァンカララン


ポォアァァァンン…ポォアァァァ…

267 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 04:28:19 ID:iufNMGBz
〔止まれ〕の白線を弾丸のように飛び出した。
ギアを2速に入れるとさらに加速していく。
速い…恐らく3MTと4MTの差を考えてもマグナより80CCカブが上だ。
渡辺の50CCカブはスタートダッシュで、かなり出遅れている。

当然だ。あんな巨体を載せて50CCのバイクが速いはずがない。
峠の一番下までだと50CCのバイクでは5分近くかかる。
しかし中腹よりやや下のうどん屋までなら約3分。

268 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 04:29:37 ID:iufNMGBz
この峠は下り目線で見ると前半が高速セクション…
速いマシンと腕があれば、うどん屋手前の通称「手打ちストレート」でMAX150kmも射程圏内だ。
後半に入ると勾配がキツくなり一見、最高速が出そうだが複合コーナーとヘアピンが多く、一気に難易度が増す。
大排気量車では重い車体の切り返しに苦労し、ギア比がワイドなほどパワーバンドをキープ出来ずに苦労する。

前半は大排気量、後半はギア比の狭い小排気量が主役。
いうまでもなくスピードレンジが低くなるほど小さく軽いマシンが有利になる。

にも関わらず渡辺は後半を捨てた。
圧倒的に技量が渡辺にあると仮定しても、オーバーテイクを仕掛けられるのはコースの後半…
バトルを前半の高速セクションに限定した上、自身はパワーで不利な車両を操っている。

アドバンテージはこちらにある。圧倒的だ。
勝てる、勝てて当然。当たり前…
見当たらない…負ける要素が全く見当たらない。

269 :お尻臭い虫:2008/03/26(水) 04:58:24 ID:iufNMGBz
お尻臭い虫

270 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 04:59:18 ID:iufNMGBz
なのに…何故…なぜ!


「なぜ、そこにいる?!」


確かにスタートで数十メートルの差をつけた。
サイドミラーでは車種が分からないほどの距離があった。

抜けたコーナーは僅かに3つ。
気付けば、ミラーで顔を認識出来る距離まで近付いてきていた。
まるで渡辺のほくそ笑む顔がミラー越しに自分を見てる気がして不快極まりなかった。

長いとは言えないが加速するには十分なストレートにでた。
メーターは70km…ミラーに写るライトは徐々に離れていく。

271 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 05:01:42 ID:iufNMGBz
勝てると油断があったんだと自分に言い聞かせる。
まともに走れば、当然得られる勝利。
油断も致し方ない。

ゆるい高速コーナーに合わせるために減速…80CCカブは綺麗な孤を描いてコーナーを駆けていく。

次の瞬間に目を覆ったのは光り。目を瞑りたくなるような光量…
それがミラー越しに網膜を刺激した。

「ッッッ!!!」

間髪いれずに真横につけられた。
50CCカブがジリジリと前に出ようとする。
もはや考えている余裕など、あるはずもない。
ひたすらフル加速で速度の差を埋めた。

272 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 05:02:42 ID:iufNMGBz
勝てると油断があったんだと自分に言い聞かせる。
まともに走れば、当然得られる勝利。
油断も致し方ない。

ゆるい高速コーナーに合わせるために減速…80CCカブは綺麗な孤を描いてコーナーを駆けていく。

次の瞬間に目を覆ったのは光り。目を瞑りたくなるような光量…
それがミラー越しに網膜を刺激した。

「ッッッ!!!」

間髪いれずに真横につけられた。
50CCカブがジリジリと前に出ようとする。
もはや考えている余裕など、あるはずもない。
ひたすらフル加速で速度の差を埋めた。

そして次の高速コーナー、渡辺に対抗するためにギリギリまでブレーキを我慢する。
ドンピシャのタイミングでブレーキをかけた。タイヤロックもない。

これならば…

273 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 05:03:34 ID:iufNMGBz
「!!!」

我が目を疑った。
その横をすり抜けていく50CCカブ。
ブレーキランプがついていない。
まさかノンブレーキ?どうみてもオーバースピード。
ならば故障か!いや故障はない。
今朝、自分で点検したはずだ。
では…やはりノンブレーキだとでも…

「曲がりきれっこない!!」

思わず叫んでしまった。
同時にフラッシュバックした。転倒した自分の姿が…
渡辺もそうなる、信じたくはないが、それほど無茶な速度だったのだ。

274 :お尻臭い虫:2008/03/26(水) 05:09:07 ID:iufNMGBz
お尻臭い虫

275 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 05:10:23 ID:iufNMGBz
焦燥しながら自らもコーナーに進入。
恐る恐る転倒しているはずの渡辺とカブを目で追うが姿がない。
視線を送ると目に入ったテールランプは遥か先…既にコーナーの出口であった。

膝…もとい腹を路面スレスレの位置まで傾け、左コーナーにも関わらずタイヤは右を向いている。
自動車さながらのカウンターを充てたドリフトだった。

「は…はは…は…」

あまりに圧倒的な技術に思わず笑い声が漏れたが声にならない。
ここで戦意喪失…ついでに16年間、積み上げてきたアイデンティティーを木っ端微塵…粉微塵に擂り潰されてしまった。

276 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 05:10:57 ID:iufNMGBz
「遅かったな。」

自分がうどん屋についた頃、渡辺は煙草を吹かしていた。
幾分か短くなった煙草が自分とのタイム差を表していた。
それでも精一杯走ってきたのだ。
油断も余裕もない、正真正銘の全力で…だ。

「…」

選ぶ言葉が出てこない、言葉がない…とはまさしくこのためにあるのだと思える。

「パワーだけじゃないってことさ…」

そんなこと分かりきっている。
だが怒りはない、むしろ勝者の弁に耳を傾けようとする自分の姿があった。

277 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 05:12:00 ID:iufNMGBz
「俺はな…雨の日も雪の日もそれこそ毎日のようにこの山を走ってきた。」

「…」

「コースはもちろん、路肩の石、路面のギャップ全てしりつくしている…
頂上からここまで何個のコーナーがあったか言えるか?」
無言で首を振った。

「基本中の基本だ。バイクに乗る以前の問題。
上手い奴はみんな基本が出来て当たり前…
逆に言えば基本が出来る奴は速くなる。」

渡辺から発せられる一字一句が、吸い込まれるように頭に入るのが分かった。


278 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 05:13:25 ID:iufNMGBz
「そうすりゃあ、テクニックなんてのは後からいくらでもついてくる。
とにかく経験を積むことだ。
負けて諦めるような奴は論外…」

「何があったかは聞かないが、良いきっかけになればと思ってな。
余計な世話ならすまなかったが…」

そんな事あるはずがない。
今までに出会った、どんな教師よりも説得力がある。
学んできたどんな事より糧になった。

「ありがとうございました!!」

簡潔だが先程までとは意味が全く違う。
自分がこれまでの人生で発してきた、どんな礼よりも感謝を込めて意志を伝えた。

煙草がフィルターに届く僅か数分…
たったそれだけの時間で新聞屋の親父は青年の歴史を塗り替えてしまった。

「おう!」

表情こそ変わらぬものの、渡辺の声は喜びに満ちていた。
全力を出した者同士の奇妙な友情というべきか?
そこに年の差なんて関係なかった。

279 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 05:16:59 ID:iufNMGBz
「あ!カブは返してもらうぞ!駐在さんに見つかったら営業停止だ!」

笑いながら、言い終わると渡辺は80CCカブに乗り立ち去ってしまった。

「…」

考えることはたくさんある。
未熟すぎる自分を反省しなければならない。
だが、それは後でいい。

今は…無性に相棒に逢いたくなった。

280 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/26(水) 05:17:57 ID:iufNMGBz
小さくなってしまった青年の自尊心…

しかし、悪いことばかりではない。

今までが必要以上に大きすぎたのだ。
エゴと意味のない意地に塗り固められた青年の歴史…

それがどうだろう…

余計な隔たり…蟠りがなくなり、より強く輝きを放っているではないか。


青年は今、本当の意味で生まれ変わった。


第八話 END

281 :774RR:2008/03/26(水) 09:30:24 ID:5rB+ZbeJ
乙!

これ以上の言葉を発するのはかえって野暮だろう
続きが待ち遠しいよ

282 :774RR:2008/03/26(水) 12:20:25 ID:MIYKjyy0
なんですかこのポエム
ちっとも面白くないんだからね



つC

283 :774RR:2008/03/26(水) 12:57:11 ID:C+fJjvHk
SSはスレ汚し
マグソ乗りが来なくなる

284 :774RR:2008/03/26(水) 13:01:43 ID:Ayvj0bi0
>>283
ここにいるよ

285 :774RR:2008/03/26(水) 22:16:51 ID:gX8wneBC
マグナ乗り以外が来るって方が正しいな、俺のように。
おかわりまだー?

286 :774RR:2008/03/27(木) 01:04:43 ID:S+0GD+zB
さ、つまんねえスレ汚しのポエムを晒していくぜ…

287 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/27(木) 01:08:00 ID:S+0GD+zB
第九話【山の上で待っている】


鮮やかな朝焼けに見送られ、峠を後にした青年は新聞屋にカブを返した後、坂口二輪店に向かった。

まだ会社員は出勤前という時間帯。
店が開いてるとは思えなかったが、いてもたってもいられなくなった。

道中、色々なことを考えた。
果たして坂口は許してくれるだろうか?
マグナは自分の元に戻ってくるだろうか?

そんな事を考えている内に坂口二輪店の前に着いてしまった。
やはりまだ開店前…看板には10:00〜20:00と書かれている。
先日、自分が置き去りにしたマグナはその場所から姿を消していた。

288 :774RR:2008/03/27(木) 01:08:19 ID:tgGCmebb
期待age

289 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/27(木) 01:10:15 ID:S+0GD+zB
開店までの一時間弱、青年は店の前で待つと決めた。

が、不意に扉が開いた。

「誰か来るような気がしてな。」

半ズボンに白いYシャツ、一見すると昭和の虫捕り少年を思わせるような坂口が姿を表した。
まだ心の準備が出来ていない。
しかし謝らなければならない…

「あの…昨日はすみませんでした!」

先程考えた大量の言い訳は出てこなかった。ただ謝罪の言葉…

「何を謝っているんじゃ?」

怒号を覚悟していたが意外な坂口の言葉。
怒ってはいないのか?それとも愛想を尽かされたのか…。

290 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/27(木) 01:10:52 ID:S+0GD+zB
「え…俺…昨日、酷い事言っちゃって…」

想定外の展開に頭が回らない。

「修理したマグナを受け取りにきたんじゃろう?ほれ、入れ。」

「あの…その…」

「話は後じゃ。」

坂口に言われるまま、店内に上がり込んだ。
開店前の店内は薄暗く、空調も効いていないため、蒸し暑く、オイルの香りで充満している。

「少し話がしたい。」

返事も聞かないまま奥の居間に入り自分を手招きしている。
お邪魔しますと呟き、靴を揃えて居間に上がった。
店内のオイル臭さとは違い、爽やかな畳の匂いが溢れている。

291 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/27(木) 01:21:28 ID:S+0GD+zB
「あらあら、いらっしゃい。」

爺さんの嫁と思わしき老婆が孫にかけるような暖かい声で迎えてくれた。
傍らに麦茶を2杯携えている。
丸いちゃぶ台に杯を置くと、開店準備といって居間を出ていってしまった。

お世辞にも広いとは言えない昔ながらの居間。
しかし綺麗に片付けられていながら適度な生活感を感じさせる。
扇風機などは自分の祖父母の家で見たものより古そうだ。
幼少時より会っていない祖父母が少し懐かしくなった。

292 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/27(木) 01:22:06 ID:S+0GD+zB
「わしはな、マグナと一緒にお前さんも成長してくれたらと思っておる。」

口火を切ったのは爺さんからだ。
険しい表情だが声にはどこか優しさが籠っている。

「お前さんは速さにとり憑かれた…もう戻れない。」

「とはいえ所詮は50CC、いずれはどうやっても勝てない相手が出て来るだろう…」

「そこでわしは、お前さんの成長と共にマグナも成長させて行こうと思っている。」

「わしも速さにとり憑かれた…だが、わしは最速の幻想に惑わされ続けた。」

幼い頃に見た、夢を語る祖父の姿…坂口のそれが自分の祖父と重なってみえた。

293 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/27(木) 01:23:33 ID:S+0GD+zB
坂口は変わらぬ口調で続ける。

「わしが生きている内に夢を叶えて欲しい。」

心臓が震えたのが分かった。
怯えではない。言うなれば武者震いというやつだ。

「幻想を現実にした男の姿をわしに見せて欲しい…マグナフィフティーでな。」

言葉は返さなかった。
しかし分かる。伝わっているはずだ。
マグナを受け継いだ時から、こうなることはどこかで予感していたのかもしれない。

294 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/27(木) 01:42:29 ID:S+0GD+zB
「そろそろ開店時間じゃ…今日は朝いちで納車しなくてはならん客がいてな。
まだお前さんと同じ高校生だそうだ。」

坂口の指刺す先にあるのはガチガチにカウルで全面を覆われたレーシングマシンを思わすようなバイク。
バイクについてはあまり詳しくないが、今の自分の技量では間違いなく敗北するであろう戦闘力を秘めているのは分かった。

やや小振りでナンバーは原付のものだった。

295 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/27(木) 01:43:06 ID:S+0GD+zB
「話は終いじゃ。今度来るときは書類をしっかりな。
まだ仮ナンバーじゃからな。」

爺さんは軽く笑うと自分を残し2階に消えてしまった。

(ありがとう。爺さん!)

声には出していないが、きっと坂口に届いたはずだ。
坂口の優しさがひたすら嬉しかった。

婆さんに挨拶を告げマグナと共に外に飛び出した。

空は青い、これでもかってくらいに青い。そして熱い!
最高だ。
待たせてすまなかったな相棒…もう離れない。

「さあ行こう!」

昼間は走り続けてコースを覚える。

そして夜は…

296 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/27(木) 01:46:17 ID:S+0GD+zB
〜その晩〜

閉店終いをしているとこに電話がなった。
いつもこの時間に注文してくる奴は必ずいる。
まあ、昨日みたいに峠を走れるなら悪くはない。
深夜料金と残業手当ても上手い。

「はい、お電話ありがとうございますだお。ピザーヤご注文担当の内藤ですお。」

《一番安いピザを。》

「え〜と、当店で一番安いピザはプレーンチーズピザになりますお。」

《じゃあそれで。》

「あ、お客様のお名前よろしいですかお?」

《…マグナキッドだ。》

「!!!」

《…》


「…ご注文先は?」


《山の上で待っている…。》


第九話 END

297 :774RR:2008/03/27(木) 02:57:23 ID:4RomYuUR
下ネタも入れてくれないとおじさん困るよ

298 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/27(木) 03:44:06 ID:S+0GD+zB
>>297 後で美少女登場予定だから安心汁
登場フラグもたてといた

299 :774RR:2008/03/27(木) 04:12:45 ID:4RomYuUR
アザースww

300 :774RR:2008/03/27(木) 12:30:38 ID:EDNqnl73
16才のマギーライダーだけど、マグナをSSのネタにすんのやめてくんない?
なんかチャラチャラしたバイクになっちゃうからさ。
遊びじゃないんだよね?

命懸けで走ってんだよね?
俺はすべてを懸けてるんだよね。

面白可笑しく小説なんかかかれたらムカつくよ。
堕ちるよマジで!



301 :774RR:2008/03/27(木) 14:36:12 ID:8QWNqa1o
マグナ小説書いてる人ってニートな訳!?
夜遅くから書いてるみたいだけど、暇な人なのね。
まぁ風邪引かない様にしなさいよね!!


べっ別に期待なんかしてないんだから
(〃Å〃)つC

302 :774RR:2008/03/27(木) 14:44:04 ID:ICBsd0Le
次の展開に期待!

303 :774RR:2008/03/27(木) 19:23:23 ID:1ZHn1167
SSスレでやれ

304 :774RR:2008/03/27(木) 21:49:41 ID:EDNqnl73
うっせぇな、カミングアウトするよ
途中で落ちた前スレ(煽りに負けるな)立てたのと今スレ立てたのは同一人物つまりme(照
Ssも乙ってレスもほぼ寺演

305 :774RR:2008/03/27(木) 22:22:06 ID:S+0GD+zB
ニートじゃないぜ…夜中の12時まで働いて、寝る前に投下してるんだ。
今は休憩中。

>>ID:エデンキュン
残念ながら俺は携帯だ。自演なんて出来ない…
そのID…大切に使えよな…

ん?そうか…おまいもツンデレか!!
はははコヤツめwww

306 :774RR:2008/03/28(金) 00:10:58 ID:4Asg9RQm
今年に入って二度目のパンク。何か呪われてる。

307 :774RR:2008/03/28(金) 06:23:02 ID:8X/+kUL4
久々このスレ来たがSSの質悪杉

308 :774RR:2008/03/28(金) 06:56:01 ID:3Q+Uxcw8
>>307 エデン乙wwwwww必死だなwwwwww

俺はマグナ乗りじゃないけど同じアメ車乗りとしてSS応援してる
ピザ屋とのバトル期待してるわ

309 :774RR:2008/03/28(金) 12:24:43 ID:KkRrfNix
コルベットとかカマロとか?

310 :774RR:2008/03/28(金) 15:46:25 ID:eAxZn4ue
>>309
マスタング・コブラだよ。

311 :774RR:2008/03/28(金) 20:01:23 ID:RtpG4cJC
今日馬糞に煽られた・・・。
原付1種から煽られるアドレスV125乗りの俺涙目orz
まぁわざと抜かせた後にビタ付きする
俺の程度の低さは大目に見てくれ。

312 :774RR:2008/03/28(金) 20:04:59 ID:Crgns3mW
はやく続きを〜!!

313 :774RR:2008/03/28(金) 20:20:10 ID:jqPzKuam
>>279
実に面白いSSだがひとつ不満がある…カブってC70が72cc、C90が85ccだよな?80ccってことはヤマハメイトか?

314 :774RR:2008/03/28(金) 21:00:22 ID:dQ3HaGx2
ボアアップ

315 :774RR:2008/03/29(土) 14:20:00 ID:uXJP75HB
マグナ50は身長制限150cm以下にしたらいいんだよ、もちろん体重は45kg以下ね。

316 :774RR:2008/03/29(土) 15:23:29 ID:YI7eX5/Y
ハイド涙目

317 :774RR:2008/03/29(土) 15:26:52 ID:gIHy0zYj
身長170 48Kg 18歳のマグナ海苔が来ましたよ。

318 :774RR:2008/03/29(土) 20:48:23 ID:cklev47g
俺もマグナ乗ってた時、身長縮めばいいのにと思ってたww

319 :774RR:2008/03/29(土) 21:19:20 ID:ZiLnoT1h
背筋伸して乗るとカッコわるいし、屈んでみても何このレーサー気取りって笑われるだろうし…
野生とプライドがないと乗れないバイクだよね
SSの青年が羨ましい、野生とプライドの固まりなんだろうなw

320 :774RR:2008/03/29(土) 23:23:45 ID:rDLsSCfK
166cm42kgの走る中2病が通りますね



321 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/29(土) 23:57:53 ID:ZiLnoT1h
>>319です。 自分で物語書いといて、あれだが言い方がおかしかったな。
俺もマグナ乗りだが野生とプライドはあるのだろうか?分からない。


ところで物語は書き続けてもいいものなのか…
否定的な意見がチラホラ…

322 :774RR:2008/03/30(日) 00:03:16 ID:X/qouYFi
>>321
とりあえず続けなさい
皆待ってますよ

323 :774RR:2008/03/30(日) 00:08:29 ID:/zpx1h1+
>>321
さっさと続きよろ

324 :774RR:2008/03/30(日) 00:11:47 ID:3ifN/H7Z
つまらないよ。
てかいちいち人の顔色伺うなYO

325 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/30(日) 00:39:18 ID:7v+5dlwo
私の真ん中にコイツが帰ってきた。
マグナフィフティー
ドライビング・ドリームス…ホンダ

>>322>>323 期待は…裏切らない。
>>324 フッ…そうだった。
この俺が人に意見を求めるなんて…

さて、今から己が野生の赴くままにデッサンしていこう…

326 :774RR:2008/03/30(日) 01:58:54 ID:7eshCcu7
待ってますん^^

327 :774RR:2008/03/30(日) 02:42:36 ID:gql40V/Y
>>325

さっさと続きを書け

328 :774RR:2008/03/30(日) 03:27:46 ID:7v+5dlwo
十話書ききれなかった…もう眠いダメだ…

329 :774RR:2008/03/30(日) 11:53:44 ID:3ifN/H7Z
ひと昔前の俺だったら笑ったかなぁm(__)m  
あんまりおもろない、書き手の中2演出も笑えない。
遅すぎた。

330 :774RR:2008/03/30(日) 18:16:03 ID:lbRBn0eg
うるせー早く書け!





別にあんたのSS読みたいからレスしてるわけじゃないんだからねッ


331 :774RR:2008/03/31(月) 00:27:45 ID:zRyUOxKo

早く続き読みたいです

チンポ握り締めて待ってます(;´∩`)

332 :774RR:2008/03/31(月) 00:42:50 ID:34cPmcMi
とりあえずチンポから手を離せww

333 :774RR:2008/03/31(月) 00:47:31 ID:41JKmeRg
握り締めるのは玉袋で我慢しとけ

334 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 02:27:03 ID:PSyAxtXG
第十話【主】


空を見上げた。ずっと幼い頃から毎晩のように見つめ続けてきた。
ずっと夢みてきた。いつか空を翔けたいと。
逢いに行きたい、カーちゃんに逢いたい。

しかし時の流れは残酷だった。
年をとるに連れ、儚い願いだと悟った。

少年は諦めなかった。
どんなに馬鹿にされようと、どんなに虐げられようと、少年は翼を広げ続けた。腕を広げて走り続けた。

少年は青年となった。
いつしか、カーちゃんを想い枕を濡らす日々は消え去った。
そして…青年は新たな翼を手に入れる。
その翼は青年に名声と名誉をもたらした。

335 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 02:27:58 ID:PSyAxtXG
たが、空は翔べなかった。
青年は夢を追う事をやめた。

変わりに地上を、この地球を誰よりも速く翔けることを決めた。

再び…幻想にとり憑かれた。

「今夜は…空が綺麗だお。」

この世界に生まれ落ちて18年…
物心ついた時から父親に暴力を振るわれ、夜になれば家を追い出され、震える日々。

逃げ出すように山に向かい空を仰いでいた。
そこで出会ったのがマグナキッド…少年がいつしか地上の翼を手にするのは必然だったのかもしれない。

毎晩空を見上げてきた自分でも今夜の空は初めて見るような気がする。

蒼暗い闇に白銀が散らばり、三日月に手が届きそうだった。
が、届かない。いつも後少しの所で着いてしまう。
山の頂上に…


それは今夜も同じだった。

336 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 02:51:10 ID:PSyAxtXG
マグナを頂上の広場に止め辺りを見回した。
人々が寝静まる夜に走り屋達の夜が始まるのだ。


休日ということもあり山には普段より、多くのライダー達が上がってきている。
誰もがマグナに目をやるのは気のせいだろうか?

「みんな俺達を見てる、俺は精一杯お前の力を引き出してやる。
だから、お前も俺に答えてくれ。」

337 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 02:51:44 ID:PSyAxtXG
しばし目を瞑った。マグナから声が聞こえた気がした。
はっきり聞こえた訳じゃないが爺さんの言っていた事を信じてみたくなった。

いつかマグナの声を聞いてみたい。

「マグナキッドさん…ですかお?あの〜…」

はっきりとした声に気付き目を開いた。
様子から察するに何度も呼び掛けられていたらしい。

「ピザーヤの内藤さん、だな?」

内藤は黙って頷いた。ヘルメットをとり顔を見せるように促された。
内藤の希望通りにフルフェイスを脱ぎさった。
その顔を見た内藤は驚きを隠せないでいた。

338 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 02:52:22 ID:PSyAxtXG
「あんたがマグナキッドだってのかお?」

「そうだが…」

内藤は苦笑していた。しかし目は笑っていない。
次の瞬間、声色が変わり苛立ちを露わにした。

「ち…、ふざけんなお!こんな糞ガキがマグナキッドだって?」

「なんだと?」

「伝説を知らないわけじゃないだおーが?舐めやがって…」

「すまんが何も知らなくてな。」

青年は小馬鹿にするように生返事を返した。確かに青年は野生と魂を受け継いだ。
しかし、内藤は事情を知らない。
伝説の男に呼び出され、心踊らされていたのに…
目の前にいるのは伝説でも何でもない、マグナキッドの名を使ったタダの糞ガキ。

「二度と使うなお!マグナキッドはお前みたいなガキが名乗っていい名前じゃないお!!」

気さくなピザ屋の姿はとうに消え去り、こめかみには青筋が通っている。
両者を例えるならば火と氷…

339 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 02:54:15 ID:PSyAxtXG
燃え盛る炎如く感情的になった内藤に冷静一端な青年は言い放った。

「もう一度言ってやる…俺がマグナキッドだ!」

「…このガキィ!!!」

内藤の血管浮き出た右拳が青年の左頬にたたき込まれた。

「ぐっ…なにしやがる!!」

バトルを申し込もうとしただけなのに突然の殴打。
やはり仕事先に連絡するのはまずかったのか?
そんな的はずれな事を考えていた。

「この糞ガキがお!」

怒りに我を忘れた内藤は止まらない。
それだけマグナキッドに会えることを期待していたのだ。

340 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 03:23:39 ID:PSyAxtXG
一部始終を見物していたライダー達が慌てて内藤を止めに入った。
その内の若いライダーが青年に呼び掛けた。

「いいか小僧!内藤はマグナキッドにガキのずっと頃から憧れてたんだ!
それなのに、こんな嫌がらせしやがって…もう帰れ!
二度とこの山に来るな!」

若いライダーの言葉で青年はやっと事態を把握する。
内藤は自分の前のマグナキッドに会えると思ってきた。
ちなみに青年は爺さんがマグナキッドだということをまだ知らない。
マグナキッドと繋がりが深かったのが爺さんだ、そう解釈していたからだ。

341 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 03:24:22 ID:PSyAxtXG
「何度でも言ってやる。俺がマグナキッドだ!」

まわりにいたライダー達の顔色が徐々に変わっていく。
はじめは子供の悪ふざけだと楽観していた大人達も、怒りを覚えざるを得ない。

それほどマグナキッドはこの街のライダー達にとって大きな存在だったのだ。
寛容な大人達にも、我慢には限界がある。

「この街のライダー全員を敵に回すつもりか?」
「バイクに乗れない体にするぞ?ごるぁぁ!!」
「ファック!!ワタシモホンキデオコリマスヨ!」

様々な罵声、怒声が浴びせかけられていく。
気付けば青年とマグナは数十人のライダー達に囲まれていた。
絶対絶命…フルボッコは免れられない状況に陥った。

342 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 03:24:59 ID:PSyAxtXG
だが青年は怯まない。
瞳の奥に震えはない。むしろ豪火が宿っている。
当然だ…
野生と魂を受け継いだ男が、こんな事でおびえるはずもない。

「俺は…俺がマグナキッドだ!!!」

静かな声でありながら、力強い声が響いた。

一瞬の静寂の後に張り詰められた輪ゴムが一気に脱力したかのようにライダー達の輪が縮まった。
ブチギれた数十人が一斉に飛び掛かってきたのだ。



スポォォォォォゴォォォォン!!!



青年の襟首が掴まれた直後に咆哮が轟いた。
再び訪れる静寂…

343 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 03:25:38 ID:PSyAxtXG
スポッゴォン!グォォォォォン!!


青年の右腕が動くのに連動しマグナが叫びをあげた。
ニュートラルから一気にリミットオーバーまで吹け上がる。
マグナも怒っているのだ。
自分の主として認めた男を守るかのような轟き…
初めてお互いの意志が疎通した。

〔!!!!!〕

マグナの声が聞こえた。
幻想なんかじゃない。はっきりと…はっきりと聞こえた。

僅か数日で声を聞いた、この瞬間…青年は本当の意味でマグナの主となった。

344 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 03:27:52 ID:PSyAxtXG
「文句ある奴は前にでろ!」

「俺がマグナキッドだ!」

「どうした?!!俺をボコすんじゃなかったのか?!」


こうなってしまえば、ずっとマグナと青年のターン。
襟首を掴んでいた男は数歩の距離を開けていた。
誰も近寄ろうとしない。

近寄れないのだ…一回りも二回りも小さな青年と50CCのマグナに気押されている。
筋骨隆々の男達が青年の領域に踏み込めない。
誤って踏み込もうものなら…頭から…骨の髄まで…喰われる!しゃぶりつくされる。

345 :お尻臭い虫:2008/03/31(月) 03:32:13 ID:PSyAxtXG
お尻臭い虫

346 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 03:33:04 ID:PSyAxtXG
「…」

「…」

「僕と勝負するお!」

しかし、一人だけ例外がいた。
ただ一人…青年と対等に肩を並べる。
18年という、まだ少ない人生の大半をマグナキッドを追うことに費やしてきた男。

「僕は内藤文雄…あんたにバトルを申し込むお!」

内藤は感じとった。この青年にはかつてのマグナキッドと同じ、いや…それ以上の野生を感じる。
マグナキッドを名乗る資格が…ある。

「フ…こっちもそのつもりでアンタを呼び出したんだからな」

マグナを持ってくるように言われ、スタートラインになっている止まれの白線にタイヤを合わせた。

347 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 03:34:02 ID:PSyAxtXG
「ゴールはうどん屋を抜けて下った先にある一つ目の信号だお。」

一つ目の信号は完全に山を下りきった所にある。
うどん屋の先からは道幅が細くなり、舗装も綺麗とは言えない。
それなりの技量を持った常連でも本気で攻め込むことは少ない。

ワンミスで両者が谷底に突き落とされる危険があった。
その道を本気のバトルで使う…これは内藤の覚悟だった。

どこからともなく、一人のライダーが白線の前に立った。
スターターを努めてくれるらしい。
先程、襟首を掴み殴りかかろうとしてきた男だった。

マグナと三輪バイクの咆哮だけが山にこだまする。

空気を自分のものにしたとはいえど、青年にとってはアウェー戦…
やはり気が焦ってしまう。

「さっきはすまなかった…アンタが本当にマグナキッドだってんならその力を見せてくれ。」

肩から力が抜けた。皮肉な事にスターターを努める男に救われた。
どうやら完全なアウェーではないみたいだ。

348 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 03:34:52 ID:PSyAxtXG
いや…この男の他にもいるはずだ。
むしろマグナキッドを知る全ての者が、心のどこかで期待している…望んでいる。

今宵…新たな伝説の誕生…
その目撃者となれることを!

「レディー…ゴォォ!」


分かる…このバトルは永く語り継がれる。
終わりのない伝説の1ページ目の最上段にスタートの文字が刻まれた。


第十話 END

349 : ◆//3Fvq3hmI :2008/03/31(月) 03:41:25 ID:PSyAxtXG
↑のツンデレのみんな、期待サンクス!

だがすまんかった。
スタートまでの展開を一話にまとめようとしたら、地文がおかしなことになってしまいますた
読み返したけど、自分でも意味の分からん文が多いwマジパネェわ…

ゴメンなさい、改善する気も反省する気もないし、別に謝らないけど次からは気をつけます

350 :774RR:2008/03/31(月) 04:30:59 ID:k1ZHdMB7
イインダヨー!!

351 :774RR:2008/03/31(月) 05:43:08 ID:41JKmeRg
とりあえず…お尻臭い虫に感動した!

352 :774RR:2008/03/31(月) 06:16:54 ID:jz2bn5MB
【比較的よくありがちなスレッドの一生】

1、スレッドが立つ。
2、技術のある人間がネタを提供して盛り上げる。 議論を求めて人が集まってくる。
3、ネタを書ける人間が乗ってきてさらに盛り上げる。最盛期。
4、盛り上がりに乗じて何も書けない魯鈍と白痴が寄ってきてスポイルする。
   彼らの無駄な愛着が逆効果を及ぼし、スレッドのレベルが著しく低下。
5、飽きて大勢が去っていき、行き場の無い魯鈍と白痴が残される。
   低レベルな自慢・偏見の陳列、煽りあい、無駄な罵倒、
   いわゆる「2ちゃんねる用語」を多用したお寒いレス等々が並ぶ。
6、煽りと罵倒しか出来ない魯鈍まで魯鈍同士の空疎な煽りあいに飽きて去る。
7、何も提供できない白痴が過去の栄光の日々を夢見て空ageを繰り返す。 脳死状態。

353 :774RR:2008/03/31(月) 09:57:24 ID:Vv1qyirX
8、という寝言が時々入る。

354 :774RR:2008/03/31(月) 10:06:16 ID:31hRQU1w
つまんね

355 :774RR:2008/03/31(月) 13:52:51 ID:JWii+WCT
シーシーバー買おうと思ってバイクショップ向かってたら
速度違反取られてシーシーバー代もってかれたorz

356 :774RR:2008/03/31(月) 19:53:33 ID:HDEihSVF
30kmか…

357 :774RR:2008/03/31(月) 22:19:40 ID:c9eamxWA
高いシーシーバーだな

358 :774RR:2008/04/01(火) 00:04:30 ID:jz2bn5MB
つまらんすれ

359 :774RR:2008/04/01(火) 03:05:25 ID:FadawwBO
>357
CCバーってジュースかよw
正しくはシッシーバーって言うんだよ。
意味:臆病者、チキン野郎

360 :774RR:2008/04/01(火) 03:19:49 ID:7HR4Xzzo
50ccで30万って狂ってる

361 :774RR:2008/04/01(火) 09:16:53 ID:hKdILL1Z
>>358
つまらんと不平を言うよりも、 すすんでネタを投じましょう。

362 :774RR:2008/04/01(火) 09:43:18 ID:FW+5mNfs
つまんねえスレだな。
メンテとかの話がしたくて来たのに

363 :774RR:2008/04/01(火) 10:07:35 ID:at1oO/kq
お求めはトイザらスへ 

まではよくネタを提供したもんだよ

364 :774RR:2008/04/01(火) 10:54:57 ID:Vg38eVGe
ちょwwwマグナって・・・www

365 :774RR:2008/04/01(火) 13:00:32 ID:nJFt+YiA
>>349
謝ってるのに謝らないけどって何?

366 :774RR:2008/04/01(火) 13:34:00 ID:u/ghJcmJ
>>360
外車には50ccで50万とかザラだけどな

367 :774RR:2008/04/01(火) 14:44:29 ID:z6b5pGPr
ツンデレって書いてあるじゃん。

368 :774RR:2008/04/01(火) 15:10:24 ID:RPI3Jugo
てか、マグナのケツあげてFF短くして、微妙なアップハン で車体をVのフォルムにすればおもしれそうだ。
…ジャズのほうが良いか

369 :774RR:2008/04/01(火) 15:14:46 ID:FW+5mNfs
ケツ上げして、テールをアルミショートフェンダーにして、シートをエイプみたいな長いシートにすればかっこよくなると思うよ。
こういうスタイルにするなら、最初からエイプ買っとけって話だが

370 :774RR:2008/04/01(火) 15:25:24 ID:RPI3Jugo
>369ノシ
それで二十万位掛けてエンジンいじるのw

4st50のチュンはドMだが、いじってますではなく、しらーっとした顔して遊びに乗り付けると決まるよな。
このクラスで重要なのはシャレだよ

371 :774RR:2008/04/01(火) 17:55:47 ID:AfJVHOOc
ttp://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/105249630


372 :774RR:2008/04/01(火) 18:57:13 ID:KfLmmgtB
>>360
ジャイロキャノピーより安いよ。

373 :774RR:2008/04/01(火) 23:03:03 ID:A9w5ydYC
>>371
工房が乗ってるマグナってだいたいこんな感じだなw
無理やりチョッパーにしました!みたいな

374 :774RR:2008/04/01(火) 23:05:31 ID:vQO/SJf/
マグナ大使

375 :774RR:2008/04/02(水) 09:05:11 ID:CDjjDGh4
>>371
説明文には敢えて突っ込まない

376 :774RR:2008/04/02(水) 22:26:53 ID:9WdvUn5b
SSお代わりマダー?

377 :774RR:2008/04/02(水) 23:07:53 ID:uXgFm1yK
マグナ盗難されたやついる?

施錠の状態と停めてた環境を教えてほしい

378 :774RR:2008/04/02(水) 23:24:06 ID:elHjcz9A
>>377
ヤられたのか?

379 :前回も含め、ほぼ実話ですw:2008/04/02(水) 23:46:50 ID:EryoX0zj
先日の日曜日。
嫁の買い物に付き合い、郊外のスーパーへ娘を連れて出かけた。
駐車場に車を停め、俺は車に残りラジオを聞いていた。
ふと、駐輪場を見ると、自転車やスクーターに混じり見覚えのあるバイクが停めてあった。

マグナ50

アップハンを装着し大きなフェンダーと竹ヤリのようなマフラー‥
間違いない、あの時の少年のマグナだ!




380 :774RR:2008/04/02(水) 23:48:44 ID:EryoX0zj
2ヶ月ほど前にコンビニの駐車場で出会ったマグナ50。
駐車場をぐるぐると走り回った揚げ句、転倒したマグナ50。
助け起こそうとした俺にむかって「シャーすぞ!」と怒鳴って走り去ったマグナ50。

俺はあの時の、今にも泣き出しそうな目で睨みつけてきた少年の顔を思い出していた‥


しばらくしてマグナの主人である少年が大きなレジ袋を持って帰ってきた。
レジ袋には牛乳パックと麦茶のペットボトルの他、カップラーメンや野菜、卵なども入っているようだった。
「なんだ、一人暮らしで自炊してるのか・・・」
少年のことを少し見直した気分になった。

少年は重そうなレジ袋を左手に持ち、マグナにまたがりエンジンを始動する。
「へ〜、器用なもんだw」
そして、少しふらつきながらマグナを発進させた。
マグナ50は俺の車の鼻先を掠め走り去った。


381 :774RR:2008/04/02(水) 23:51:23 ID:EryoX0zj
「!!アッ!」マグナの前方の横断歩道にちょうど大きなレジ袋を抱えた嫁と娘が店から出てきたのだ!

嫁は近づくマグナに気づき横断歩道の手前で娘を抱き寄せた。
ほぼ同時に少年も歩行者に気づき急ブレーキをかけた。
スピードも出てなかったのであろう、マグナも横断歩道の手前で停止できた。
しかし、左手の荷物のせいだろうか、マグナはエンスト、そのまま立ちゴケしてしまった。
俺は車から降りて少年のところに駆け付けようとした。

少年は俺が駆け付ける前にマグナを起こしエンジンをかけた。
今回はすぐに再始動できたようだ。

少年のレジ袋の中の卵が割れているのが見えた。

少年は嫁と娘にむかって「シャーすぞ!!!」と怒鳴って走り去った。

娘は泣いた。




そして、俺は少年と再び出会うことになる・・・


382 :774RR:2008/04/03(木) 00:18:48 ID:FWJ64N23
>>378
いや、前ZXに乗ってたんだけど住宅地にあるウチの前に路駐してたら見事にかっさらわれたんだ…
まぁ鍵穴も浅いしUもついてない原スクなんて誰でも簡単にパクれるんだけどな…

それからマグナを個人売買で買ったんだが
さすがに盗難には敏感になってて不安なんだ
駐車環境は変わってないけどバイクカバーかけてU字つけてある

それでも夜は不安でしょうがないから
マグナ盗難の話がききたくて

383 :774RR:2008/04/03(木) 00:36:18 ID:bFGYScYi
>>382
DQNの知り合いがパクってた時の話だが
U字は30秒もあれば簡単に開くらしい

そんな僕はチェーン使って地球ロック


384 :774RR:2008/04/03(木) 01:45:08 ID:J/SQBhz9
マルサの女2に登場age

385 :774RR:2008/04/03(木) 01:46:21 ID:J/SQBhz9
と思ったらこれジャズだww

386 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/03(木) 02:31:30 ID:TeN52d9D
第十一話を投下しに来たんだが…
新しいSS作者がいるみたいだな…
フ…、俺の役割りはここで終わりということか。
まるでピエロだな… ノシ

387 :774RR:2008/04/03(木) 02:41:12 ID:syMmlbfj
投下してにゃん

388 :774RR:2008/04/03(木) 04:36:33 ID:N9NMeHa9
二度とくるな

389 :774RR:2008/04/03(木) 07:27:09 ID:uGXaOvsH
マグナってタンクもエンジンも小さいからチョッパーにはうってつけなんじゃねーの

390 :774RR:2008/04/03(木) 08:03:01 ID:09Lqp9m1
>>389

おまいはJAZZを知らんのか

391 :774RR:2008/04/03(木) 10:15:25 ID:rM+WnV/X
>>386
うるさいさっさと投下しろ

392 :774RR:2008/04/03(木) 11:04:39 ID:MIL+fTcI
>>386
コノヤロウ¥
待ってたんだからね!

393 :774RR:2008/04/03(木) 12:42:21 ID:dnfhI2cw
一通り見たが、386構ってちゃん過ぎて吹いたw

394 :774RR:2008/04/03(木) 15:42:17 ID:FWJ64N23
>>383
mjk…
まぁ、カバーもかけてるし住宅地だから
大丈夫…かな?

不安だ。。。

395 :774RR:2008/04/03(木) 17:58:39 ID:HPOzU5jq
>>383
モンキースレにあったが、前後Uロックに前ワイヤー柵連結。これにカバーをかけても『前輪残して持ち逃げ』されている。

盗難保険かけるのが一番手っ取り早い。

396 :774RR:2008/04/04(金) 01:32:51 ID:iXKxT0YW
>>395
モンゴリは軽いし
ひょいひょい持ち運べるけど
マグナは重いし前輪なんか外したらトラックなんかに積むのも一苦労なはずだけどな
やっぱり本格的にパクリに来る奴には関係ないか…

ただ込み入った住宅地にあるし
パクりに来るのは、簡単にパクれる施錠の甘い原スク狙いの地元のDQNぐらいだとおもうんだ


でも一応盗難保険入るわ
ありがとう

397 :774RR:2008/04/04(金) 16:58:24 ID:EjUuiwe7
マグナのノーマルヘッド88とライブディオのリミッターカットってどっちが速い?

398 :774RR:2008/04/04(金) 19:03:00 ID:+zf0lSoF
ライブディオ

399 :774RR:2008/04/04(金) 20:18:18 ID:RjBkG+9y
最高速度はわずかに勝てても、発進でぶっちぎられるからライブディオ

400 :774RR:2008/04/04(金) 21:04:34 ID:rXBhSocy
ライトチューン2stスクーターとボアアップマグナとの勝負が見てみたいな
というわけでSS(・∀・)マダー?

401 :774RR:2008/04/04(金) 21:23:58 ID:zcdVwu8j
マグナキッドは63歳になっていた。
原始的な内燃機関で動くオートバイなどと言う乗り物は物笑いの種になっていた。

すでに彼の愛車マグナ50は当時の面影もなくノーマルなのはクランクケースの一部とフレームの一部、そしてあの特徴的なホイールだけ。

ピストンはディーゼル車のピストンをトーチで溶かし砂型鋳造した物。
高圧縮に耐えるディーゼルエンジンの金属組成は彼のマグナの心臓にふさわしいと考えていた。
シリンダーは大型重機の鍛え抜かれた車軸。
エンジンヘッドはアルミで砂型鋳造し自ら削り、設計した物。
中空バルブとカムはチタンから削り出し。バルブ開閉はデスモドロミックで制御されるDOHC5バルブ化されたヘッド。
インジェクターはメタノールを高圧噴射する。
すべて彼のアパートの駐輪場で制作された一品だ。

63歳になった彼の姿はボンネビルのソルトフラッツにあった。
NSUの50cc最高速度記録198kmを塗り替える為、
そしてマグナ50の最高速度はCBR600RRより速いという少年の頃のプライドを守る為。

何度も無理だと止められ何かの冗談だと笑われ続けた日々。
だが後悔はない。
マグナキッドは少年時代からの恋人を変わらず信じている。
彼の信じる気持ちが形になったストリームライナー。永遠の中二病、マグナ50。
今、奇跡を起こす。


402 :鈴菌乗り’:2008/04/04(金) 21:37:54 ID:SCJJOX83
(´・ω・`)そすてそのポンダZXたんに加速、最高速とも勝てちゃうセピアZZって凄い∀

愛してまつ、ジヅ子タンCCCC

403 :774RR:2008/04/05(土) 01:40:21 ID:KjQBRa/D
きんもー

404 :774RR:2008/04/05(土) 02:05:26 ID:gEVUSjh1
俺がマグナキッドだ!

405 :774RR:2008/04/05(土) 11:35:49 ID:ozMfC/BU
スホーイ

406 :774RR:2008/04/05(土) 11:53:30 ID:IvVG2pYJ
俺がマグナだ!

407 :774RR:2008/04/05(土) 14:17:53 ID:DxS0LtkZ
俺がマグナマイスターだ!

408 :774RR:2008/04/05(土) 17:02:05 ID:zZ/PBTEz
マグナ予告…今巷では殺人予告なるものが流行り、軽率な行為をとった人々が捕まり話題になった。
アンダーグラウンドの世界では
マグナ予告なるものが存在しているのだ。
それは掲示板上で俺は〇月〇日にマグナに乗る
と予告するそれだけで…

あれ?誰か来た
ちょっと見てくるね

409 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/05(土) 19:09:40 ID:YrOVDg7b
思いの他、需要あって感激した…
ともあれ、俺も言わせてもらおう。

「俺がマグナキッドだ!」

410 :774RR:2008/04/05(土) 19:59:21 ID:ckfh9fmv
wktk

411 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/05(土) 20:08:11 ID:YrOVDg7b
>>408 そのネタもらった!
とりあえず外伝でも書くか…

412 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/05(土) 22:32:14 ID:YrOVDg7b
第十一話【虚像】


「くそ!やっぱり速い…」

スタートしてからどれくらいが経っただろうか。
1時間にも2時間にも感じるが実際は1分とないだろう。
今までにないスピードで景色が移り変わっていく。
その景色以上に内藤は速い…

渡辺とのバトルも生きている。
もし渡辺とのバトルがないまま、挑戦していたら既に惨敗という結果でバトルはとっくに幕を閉じていたはずだ。

まだナンバープレートが認識出来る距離にいるが、見えなくなるのは時間の問題だった。

413 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/05(土) 22:33:00 ID:YrOVDg7b
見えなくなれば勝敗は決してしまう。
今でさえ、内藤のラインと進入速度を参考にしてコーナーにアプローチしている。
ペースメーカーである内藤が見えなくなれば追いつけるはずもなかった。


何か仕掛けようにも、まずは追いつかなくてはならない。
しかし追いつくためのスピードが足りない。
正確に言えばスピードではなく技量…マグナのポテンシャルがジャイロXに劣るということはないはずだ。
内藤はコースの熟知、テクニック、全てにおいてマグナキッドの遥か上にいる…

そう思い込んでいた…

414 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/05(土) 22:33:32 ID:YrOVDg7b
「もしもし、こっちは手打ちストレートのコーナー2個手前にいる。二台が近付いてきた。
大した距離はなさそうだ。」

《どっちが前だ?》

「ちょっと待ってくれ。もう来る!」

コーナーの立上がりから光りが見えた。
少し離れてもう一台。


ビイィィィィィィィ…

「内藤だ!内藤が前だ!」

「1…2…」

スポォォォォォンポォォ…

「マグナが来た!2,35秒、タイム差は2秒だ!」

《2秒?たったの2秒?》

「ああ!ほとんど着かず離れずだ…」

415 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/05(土) 22:34:27 ID:YrOVDg7b
衝撃だった。内藤は齢18してこの山で、五指に入る男。
幼い頃からずっとバイクを見てきたからこそ、この若さで今の地位を得ている。

それだけの実力者が自分のNS250Rではないとはいえ同排気量クラスの相手にてこずっている。

まして相手は免許取り立て、バイク乗りたての青年…
信じたくなかった。

ジャイロXは決して遅いバイクではない。
400CCクラスの車重を一気に加速させる2ストエンジン、絶対コケない3輪システム…
峠を攻めるようなバイクではないが、腕の立つ人間が乗ればスクーター並の力はだせるのだ。

だが…

《厳しいな…。》

電話の向こうから小さく呟かれた。

416 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/05(土) 22:37:18 ID:YrOVDg7b
悲観している訳ではない。

「内藤は…負けるぞ。」

決して内藤が負けるのを望んでいるわけではない。

しかし、いるのだ。他の誰かでは代用出来ないカリスマがいるのだ。
全てのライダーが心の奥底で願っていたカリスマが現れた。

それが内藤ではなかった…
ただ、それだけのこと。

レースをリードしているのは紛れもなく内藤…
だが、心の中はどうだろうか?
内藤も薄々は気付いていた。だが認めたくない。

自分が敵に回した男…【マグナキッド】
何かが違う。それなりたくさんのライダーを見てきた。だからこそ分かる。

奴は…俺達とは格が違う。


第十一話 END

417 :774RR:2008/04/05(土) 22:45:24 ID:YrOVDg7b
今日さ、峠に行ってきたのよ。マグナ50に跨がって。
で知り合いのCB400SFに挑んだわけさ。

相手は免許取り立て、俺はマグナ乗りになって5年近く…
相手は免許取り立てだし、少しばかり良い勝負出来るかな〜と思ってたらコーナー1個抜けたら見えなくなりますた。
チラ裏スマソ…
CBR600RRに勝てるマグナなんて存在するのだろうか?

418 :774RR:2008/04/06(日) 00:05:23 ID:0kjnupsv
ちょww書いといてそういうこと言うなwww

419 :774RR:2008/04/06(日) 00:06:35 ID:OH6D8Id6
>>417
それは首都高周辺で噂されてる都市伝説だよ。


420 :774RR:2008/04/06(日) 01:20:08 ID:OtR+zMuo
>>418 ずっとフルスロットルでステップガリガリ逝ってるのに…時間にしたらCB400SF目視5秒もなかったんだぜ?

>>419 なんかの雑誌でNSRの心臓ぶち込んだNS-1みたいのがあったな…
馬鹿みたいに速かったって記事を覚えてる。
首都高マグナはVツインぶち込んだマグナ50なんだろうか?
でも所詮250だしな…

421 :774RR:2008/04/06(日) 07:18:22 ID:0z/dBlPX
>>417
イイよー
リアルなチラ裏も楽しみにしてるよー

422 :774RR:2008/04/06(日) 07:25:09 ID:eEKGNZ//
職場にマグナ乗りがいた、

423 :774RR:2008/04/06(日) 07:34:55 ID:dM++InC9
今後の展開として♂+♀のマグナハーフが登場するとエスパーしてみる

424 :774RR:2008/04/06(日) 08:48:54 ID:0z/dBlPX
いやいや
♂+♂のマグナワンがry

425 :774RR:2008/04/06(日) 21:16:05 ID:l6cTi+9Y
マグナ124乗りです。
セッティングを煮詰めたら100km以上でるようになりましたが

止まりません。 近々加速スレにでも投稿しようかな。

426 :774RR:2008/04/06(日) 23:38:03 ID:CxAbjmTD
しゃーすぞ!

427 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/07(月) 02:35:30 ID:IgJygEa4
>>425
教えてやれ!バイクの本当の喜びを忘れた親父共に!
野生を…たたき込んでやれ!

428 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/07(月) 02:38:32 ID:IgJygEa4
第十二話【餌】


「不思議だ…引き離されていない、いやむしろ…」

先頭の内藤との距離が徐々に開いていき、進入速度、ラインをコピー出来なくなってしまっていた。
なのに、どうだろう。この距離から、差が開くことはない。

ある一定の距離を置いて追走する形になっている。

何故?答えが見えてこない。
青年はテクニックで劣っていると思い込み過ぎていた。
理由は一つ、青年は自分自身を過少評価していた…
青年の心の中に少しずつ余裕が広がっていく。油断とは違う、あくまで余裕。
内藤を追走する事により、マグナの限界点はさらに上にあることに気付いた。

もっと速く走れる。追いつける、追い抜ける!

429 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/07(月) 02:39:06 ID:IgJygEa4
「離れないお…、なんでついてこれるんだお?」

多くのバトルを経験してきた。
経験上、後方を走る方が有利というのは分かっている。
実際に自分が追走することになれば、ある程度格上の相手とも渡り合えた。

追走するマグナキッドが有利な事は頭では理解している。

しかし、今の距離では自分の走りをコピーするのは難しいはず。
つまり…

「奴は…マグナキッドは自分の力だけで僕についてきているお!」

後ろからヒシヒシと伝わってくるプレッシャー。
熱帯夜にも関わらず、背中に寒気を感じる。
寒気を感じるのに汗ばんでいる、つまり悪寒…

430 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/07(月) 02:39:42 ID:IgJygEa4
前を走っているからといって強者とは限らない。
逃げている。
追われている。
恐ろしい獣から身を守るために…

「ッ…」

思考を変えなくては…
勝てると信じない者が勝利を得ることが出来るはずなどない。
勝利者は常に誇りを持たなくてはならない。
…勝利者になりたい。
…なり続けたい。
勝ちたい!マグナキッドに勝ちたい!


スポォォォォォン…


少し、ほんの少し気付くのが遅かった。
いつの間にかマグナキッドは真後ろにつけていた。

431 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/07(月) 02:40:58 ID:IgJygEa4
サイドミラーの閃光は、獲物を狙う野獣の瞳の輝き。

そのまま、手打ちストレートに入った。

サイドミラーの輝きは消え、眼前に広がるマグナのテール…

「そんな…」

喰われた。
文字通り…ジャイロXはマグナキッドの血肉となっていく。
獣の牙から脱出を試みるがマグナの最高速はジャイロXを上回っている。
僅かに数kmの差が自然界では生死を分けるのだ。


第十二話 END

432 :774RR:2008/04/07(月) 06:25:33 ID:nJ4OiliI
何が内藤だよ、何が「だお」だよorz
完全終わったなorz

433 :774RR:2008/04/07(月) 07:25:54 ID:v1eFC+j2
スティード海苔だが面白い。
このスレお気に入りにいれとくわ。

434 :774RR:2008/04/07(月) 08:51:47 ID:IgJygEa4
>>432 なんといういまさら…

ピキピキ(#^ω^)あんだと?こら?
お望みなら卑猥な言葉を連発してる変態とか、常にバンザイしてる人生終わった奴とか、垂れ眉毛のガチホモだったり、邪気眼使いを呼ぶぞ?

>>433 サンクス、当然…元マグナ乗りだよな?

435 :774RR:2008/04/07(月) 11:28:10 ID:nJ4OiliI
いや、なんかな、真剣におもしろくない^^;

436 :774RR:2008/04/07(月) 11:51:30 ID:W3917jcG
>>434
当然元マグナ乗りだよな、ってそりゃ>>433に対する侮辱だよ…

437 :774RR:2008/04/07(月) 12:05:00 ID:6X7z/QlQ
中型のエリミ乗ってるが、50のアメリカンとか、プゲラしてやんよ

438 :774RR:2008/04/07(月) 13:08:34 ID:+dj0Ryjr
エリミwwwwwwwww

439 :774RR:2008/04/07(月) 13:11:04 ID:yVgtxNFa
エリミとマグナってなにげにコンセプトいっしょだよね
サイズ以外マグナの圧勝だけど

440 :774RR:2008/04/07(月) 13:29:42 ID:SkXk1brC
>>439
エリミはパワーがかなりあるよ

441 :774RR:2008/04/07(月) 14:42:57 ID:JMn8JNV+
寝ないで続き書けよ。

442 :774RR:2008/04/07(月) 16:06:17 ID:7rlnsA+F
まぁマグナもエリミもアメリカンにしては
回るエンジンだからな
でもVTRと出力同じじゃないのは微妙

443 :774RR:2008/04/07(月) 17:23:32 ID:IbiqsWIh
ここは50スレだぜ…

250の両者比較なら、走行性能に限って言えば400アメより速いエリミの敵になり得ないだろ。
音はアレらしいって聞くけど。

444 :774RR:2008/04/07(月) 17:41:09 ID:Sfgez6rg
エリミの音はネイキッドの音wwwwww

445 :774RR:2008/04/07(月) 18:04:03 ID:kBT/m59W
>435
お前みたいにつまらないつまらないって言うやつの人生は本当につまらなそうだな。
死ぬときも「俺の人生っていつもつまらなかったな。。。」って言って死ね。

もう一度よく読んでみろアホタレ。俺は読んでないけど。

446 :774RR:2008/04/07(月) 19:35:06 ID:6X7z/QlQ
とにかく50ccのアメリカンなんてプゲラしてやんよ。

カブのエンジン(失笑)

(゚ε゚)形アメリカン

447 :774RR:2008/04/07(月) 19:37:17 ID:GTml56E/
どこがどう「とにかく」なんだ?

448 :774RR:2008/04/07(月) 19:43:10 ID:nJ4OiliI
>>445
いや、前スレまでは楽しかったんだ・・・

忘れられないんだ・・・あの時の高揚感が

449 :774RR:2008/04/07(月) 19:46:22 ID:+dj0Ryjr
>>447

364 774RR sage 2008/04/07(月) 19:40:50 ID:GTml56E/
インフィニティのマークが名鉄のマークに見えてしまう

450 :774RR:2008/04/07(月) 20:00:47 ID:6X7z/QlQ
( ゚_゚) 「きゃー!あれアメリカンなのにカブのエンジンついてるわ。一体何なの?」

( ^ω^)「アメリカンの形をしたカブだお。カブナって言うお。」


<一同>マッマッマグナの大爆笑

451 :774RR:2008/04/07(月) 21:42:55 ID:5KCQtcta
>>434
凄くイイよー

マグナに乗らないと
見れない景色が在ると思う

俺の愛車GAGからしか
見えない景色のように




452 :774RR:2008/04/07(月) 21:58:15 ID:+dj0Ryjr
ギャグってそのものがギャグだよね

453 :774RR:2008/04/08(火) 01:08:40 ID:4xffLQ3K
造りはかなり真面目にしっかりとしているが
存在自体がGAGなんだw

人生も似た様な物だが・・・

454 :774RR:2008/04/08(火) 17:25:49 ID:6JRt5J93
いつから厨房の日記帳になったんだよ
チラシの裏にでも書いてろ



455 :774RR:2008/04/08(火) 17:33:11 ID:Qr6WK/Wt

以上 チラシの裏でした

456 :774RR:2008/04/08(火) 18:08:24 ID:as34GW4l
最近マグナ50を買ったどすこい初心者です。
よろしくお願いします。

457 :774RR:2008/04/08(火) 18:20:57 ID:YCH5TFgE
456
ご愁傷様

458 :774RR:2008/04/08(火) 18:36:56 ID:3D835LPY
>>456
早速だけどニー半のマグナ買って俺と一緒にenjoyしようぜ!

459 :774RR:2008/04/08(火) 19:52:12 ID:EnhcYIZ7
>>458
そのカキコ
「買った」と「買って」では意味が大きく違うわけだが
文章の通りと判断してよいのかね?w

460 :774RR:2008/04/08(火) 20:35:15 ID:3D835LPY
>>459
残念ですが文章の通りです^^
やはり、フィフティとトゥーハンドレッドフィフティではSPEEDが違います。
相手がフィフティだとそのSPEEDに合わせて運転しないといけないので楽しいはずのツーリングが大変苦痛なものになってしまいますからね。
だからフィフティを早く売って、トゥーハンドレッドフィフティで一緒楽しいツーリングをしましょう!
ということです^^

461 :774RR:2008/04/08(火) 21:13:48 ID:tbCpL7Zz
ツーハンドレットフィフティwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
男ならナナハンだろ常考wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
あ、マグナはフィフティでいいよ。マグナツーハンドレッドフィフティなんて中途半端でおわっとるwwwwwwwwwww


462 :774RR:2008/04/08(火) 21:19:20 ID:Cnb1X8jV
トゥーハンドレッドフィフティwwwww
クソワロタ

463 :774RR:2008/04/08(火) 21:20:53 ID:AE+Tt3Ed
50は250に馬鹿にされ250は750や他の400ジャメに馬鹿にされ400ジャメや750はハーレーに馬鹿にされ、ハーレーは国産ビッグネイキッドに馬鹿にされ
趣味のもんなんだから好きなの乗ればいいじゃん
わざわざスレに来てまで馬鹿にしたがるやつって、自分のバイクよりクラス上のバイクに対してよっぽど劣等感あるんかね?
馬鹿に出来る対象がないと安心出来ないんじゃないか?

と好きで乗ってるのに勝手にハーレー海苔に馬鹿にされるスティード海苔が言ってみる。

464 :774RR:2008/04/08(火) 21:41:55 ID:1go6yWxc
今日ダチにマグナぶっちゃけダサいと言われました。ダチのモンキーの方がよほどダサいと思います

465 :774RR:2008/04/08(火) 21:47:56 ID:tbCpL7Zz
スティード格好いいと思うんだけどな
マグナツーハンドレッドフィフティよりは絶対格好いいと思うぜ


マグナもモンキーも大して変わらないと思うよ
同じフィフティ仲間だから仲良くしてろよ

466 :774RR :2008/04/08(火) 23:02:50 ID:pkKeN46D
それぞれ好きなバイクに乗ればいいだろ。
馬鹿にされたってイイジャマイカ

467 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/09(水) 00:08:05 ID:dwSCi990
全てのライダーに告げたい。
野生がある…プライドがある…
それがマグナフィフティーだ。

果たして君達にプライドはあるのか?
マグナ乗り程のプライドはないはずだ。

馬鹿にされても煽られても構わない。
野生とプライドがあれば走り続けていけるのだから…

by マグナキッド

468 :774RR:2008/04/09(水) 00:22:33 ID:3mi591XK
( ´_>`)マグナ50は単純に考えて法定速度も50キロになるからいいよなー
流れに乗れて


469 :774RR:2008/04/09(水) 07:33:32 ID:XPno/R0F
友人からMAGNA50を譲ってもらうのですがどうもチェーンの交換が必要らしいです。
チェーンそのものの値段、交換にかかる費用はいくらぐらいでしょうか?


470 :774RR:2008/04/09(水) 07:42:00 ID:D8px76zg
50cc用のチェーンなら3000円くらいだよ。
ボアアップして75ccや88ccにしてあるともう少し高いチェーンを買わないといけない。
バイクショップとか、お店に適合表おいてあるからそれみて商品選ぶといいです。
なかったら店員さんに聞くしかないかな。
ってかチェーンもへたれてるなら、スプロケも大分消耗してるんじゃない??

471 :774RR:2008/04/09(水) 07:45:12 ID:D8px76zg
あとチェーン交換は自分でした方が良いよ。
簡単だし、そんなでお金とられたくないでしょ。
やり方知りたいなら画像付きでアップするから言ってね

472 :774RR:2008/04/09(水) 08:11:39 ID:BeQip5TJ
カブ用100コマなら1500円位で買えたがマグナに付くかはわからん

473 :774RR:2008/04/09(水) 15:06:19 ID:BtA6GwjR
自分もチェーン交換のやり方知りたいです。
お願いします。

474 :774RR:2008/04/09(水) 17:23:19 ID:XPno/R0F
>>471さん
>>469です。知りたいです。自分で修理やパーツの交換してみたいです。まだバイクに乗って2ヶ月ほどで知識も少ないですが興味あります。

皆さんも助言ありがとうございます!

475 :774RR:2008/04/09(水) 20:24:39 ID:UGurBd0x
マグナ50ってジャイロキャノピーよりは速いでしょ?

476 :774RR:2008/04/10(木) 08:42:54 ID:6IcCE31D
もしかすると速いんじゃないかな

477 :774RR:2008/04/10(木) 10:55:56 ID:T/v9AbkI
風向きによるかもな

478 :774RR:2008/04/10(木) 12:18:10 ID:gWtpIpAd
十三話はまだか

479 :774RR:2008/04/10(木) 13:16:15 ID:WCucDL4U
かざむきwwwww

480 :774RR:2008/04/10(木) 13:57:27 ID:JXvunmfO
あと勾配も絡んでくるだろ

481 :774RR:2008/04/10(木) 14:59:11 ID:xQOhczsn
(聴衆)「マッグッナ!マッグッナ!」
(ジャイロ)「こいつは風向きが怪しくなってきたぜ…」

482 :774RR:2008/04/10(木) 15:42:31 ID:ejSBuJGS
コンパクトアメリカンは逝ってよし

483 :774RR:2008/04/10(木) 19:32:56 ID:YvjgFDff
そういや、大昔マメタンに乗ってたわ。

484 :>>471:2008/04/10(木) 20:51:59 ID:8GeyIGck
どうもスイマセン。
週末にはマグナいじるんで、チェーンの件アップさせてもらいます。

485 :774RR:2008/04/10(木) 20:56:43 ID:48h9zbAy
>>484

チャリンコのチェーンですらマグソには勿体ない

486 :774RR:2008/04/10(木) 22:09:35 ID:eKqt1VXs
マグナ乗りってワケでは無いけど…

SS書きの方、ガンバレ…ガンガれじゃなくてガンバレ…

期待してますよ…


487 :774RR:2008/04/11(金) 11:41:46 ID:2HuFDLER
>>485
お前にはチャリすらもったいないよ。

488 :774RR:2008/04/11(金) 18:46:42 ID:DP6VHZs5
test

489 :774RR:2008/04/11(金) 19:08:53 ID:VkDmVau1
5点

490 :774RR:2008/04/12(土) 21:50:12 ID:pPi8iIA8
そろそろマグナキッドの続きを頼むわ

491 :774RR:2008/04/12(土) 23:59:46 ID:Udzq9uHn
マグナキッド、マグナに乗って吉原デビューの巻。

492 :774RR:2008/04/13(日) 00:08:24 ID:RtbRmRvK
マグナキッド マグナ750を買うの巻

493 :774RR:2008/04/13(日) 00:40:02 ID:dJAcLl7B
メットを盗まれた。
なんか防ぐ方法ないかな?

494 :774RR:2008/04/13(日) 06:20:56 ID:YYZbrH1J
>>493
帰宅したらメットは自宅へ
外出時は抱えて移動

495 :774RR:2008/04/13(日) 11:55:57 ID:olecKCHk
CRフィーバーマグナ物語導入マダー

496 :774RR:2008/04/13(日) 13:54:01 ID:ZQniMSg2
マグナのボア組もうと思うんだけど
ボアアップ88cc・キャブ20パイ・ハイカム
この3つでとりあえず組もうと思うんだ

性能とかがいいやつってやっぱり武川?
値段とかとも見て、参考にしたいから教えてくれないか

497 :774RR:2008/04/14(月) 00:54:23 ID:nY/ApC5r
>>496 そこに+10万ぐらいは覚悟したほうがいい



498 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/14(月) 01:51:16 ID:pbd0d7Df
くっ…、おまいらの優しさが身に染みるぜ…。
だがプライベートが大忙しで…
決算期が終わって人手が足りない時期なのもあり、朝10起きの25時過ぎ帰宅…
そろそろ(´・ω・`)死んでしまうがな。
明日か明後日には13話落っことすぜ…。

499 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/14(月) 02:07:57 ID:pbd0d7Df
>>496 ボアアップするなら、チェーンも変えないとダメだぞ。
チェーン変えないならエンブレは控え目に…すぐ伸びる。
マフラー交換で排気効率ぅpとジェットも交換、CDIも変えないと速くはならない。
もし、CBR600RRに勝てるMKR(マグナ・キッド・タイプR)を目指すなら、125CCボアアップ、足回りも見直すべき。

ついでにNS用のカウルを取り付けて防風を完璧に、スタイルもレーシーに。ハンドルも絞る。
おまけに、ステップも擦らないやつに交換、それからそれから…


これでマグナキッド終盤登場予定のフルチューンマシンが完成。
もはやマグナではない気もするが…

500 :774RR:2008/04/14(月) 07:01:35 ID:KPGYrzRp
>>498
いや、お前じゃなくて、マグナキッドの書き手に期待してるんだ・・・

501 :774RR:2008/04/14(月) 10:32:12 ID:NZGUe/J0
>>498
>朝10起きの25時過ぎ帰宅
在宅時間が9時間もあるのだが・・・
全然忙しくないだろ


502 :774RR:2008/04/14(月) 12:20:24 ID:xOod87fF
>>501
とりあえず 働 け ( ゚д゚ )

503 :774RR:2008/04/14(月) 13:23:06 ID:NZGUe/J0
>>502
働いてるよ、だから言ってるんだよ
15時間の内、昼休み等で1時間、移動時間往復1時間としたなら
実作業時間は13時間で時間外は5時間でしょ、それくらい普通にあるよ
>>502は公務員様ですかw?


504 :774RR:2008/04/14(月) 14:43:15 ID:cW8DvkOo
朝10時起きなんて随分朝寝だなー、羨ましい
同じ帰宅時間で起床が6時な俺はそろそろアウトだ、、、
通勤は片道二時間

俺みたいな二流会社員なんかになるんじゃねーぞ>就職前のお前ら

505 :774RR:2008/04/14(月) 14:48:14 ID:F8T0+vKZ
関西の大人気バイク番組Like a windの愛車自慢コーナーに
マグナ50乗りの人が出ていました

でも原付だから?か土建屋よしゆきとか審査員にボロクソ言われてました
http://www.likeawind.jp/01pages/Ban-back.html
↑動画みれるよ

506 :774RR:2008/04/14(月) 17:35:03 ID:0vqENDUa
ボロクソに言われすぎだろw

507 :774RR:2008/04/14(月) 18:58:52 ID:XGzOaP2G
>>505
関西のマグナキッドwwwwwwww

糞ワラタwwwwwwwwwwwwwww

508 :774RR:2008/04/14(月) 19:25:13 ID:i6o19bLL
その番組はアメリカンマンセーだから全然おもんないわ。

509 :774RR :2008/04/14(月) 20:23:09 ID:MmQESbUM
審査員(・A・)<そのセンスないですね
お前の方がセンスないわw何がハンドル低くしてだよDQNか?

510 :774RR:2008/04/14(月) 20:36:40 ID:2uUn7iCJ
あのハンドルとシーシーバーは無しだわw

511 :774RR:2008/04/14(月) 20:54:25 ID:B0qukxIx
マグナキッド ライコで他人のJAZZに一目惚れの巻

512 :774RR:2008/04/14(月) 22:42:20 ID:eHhVWWas
>>509
ちがうだろ
審査員どもに無いのは野生とプライドだろ

513 :774RR:2008/04/14(月) 23:04:00 ID:9c/NODY8
>>497 +10万・・・?

>>499 マフラーは今スラッシュカット2本を持ってるけど、売ってヨシムラにしようと思う。
CDIは一応変えてる、ジェットなどの調整はボア組んでくれる友人がしてくれるっぽいです。
体重65キロで63キロしかでないので、80キロぐらい出て欲しいとは思っております・・・。

現在エンジン系統、マフラーなどはほぼ純正です。

514 :774RR:2008/04/15(火) 01:19:52 ID:tpTZ59u0
>>505
リアルマグナキッド涙目ww

515 :774RR:2008/04/15(火) 07:48:20 ID:Gee/IGSX
>>505
こいつはハンドル以外にも直さないといけない物がたくさんあるな。

516 :774RR:2008/04/15(火) 08:02:12 ID:v6dV7hou
>>513
スプロケ交換わすれるなよー

517 :774RR:2008/04/15(火) 08:21:22 ID:Gee/IGSX
無難に安いシナエンジン積んどけよ

518 :774RR:2008/04/15(火) 08:22:15 ID:Gee/IGSX
良い忘れてたがチェーンも交換しないとだめだな。

519 :774RR:2008/04/15(火) 23:08:13 ID:0Jgzz1os
>>516 スプロケは後ろだけ38にしたんで積んだら前をひとつあげようと思ってます!
>>517 シナエンジン・・・は困ります・・・ チェーンは変えようと思います!

タケガワがやっぱりいいのかな・・・

520 :774RR:2008/04/15(火) 23:10:39 ID:y+PAOvp1
まだか?

521 : ◆//3Fvq3hmI :2008/04/16(水) 17:33:32 ID:TJx0Ga7I
>>520 マグナキッドのお話しなら今夜中に投下するぜ…
違ったならスマソ。

522 :774RR:2008/04/16(水) 21:02:36 ID:pyLDeV2e
応援してるよ
しかーし、投下時以外はあまり酉付けてのレスはやめとけ
馴れ合いが過ぎれば叩く奴が増えていくからな

523 :774RR:2008/04/16(水) 21:27:01 ID:ew0TbOSr
>>505
このダックス、シナエンジン搭載なんだなww

524 :774RR:2008/04/16(水) 22:00:26 ID:8QnMTSeY
SSマダー?(AA略

…ウソです、自分のペースで頑張って下さい


525 :774RR:2008/04/17(木) 02:01:33 ID:540Za7y8
マジSSはスレ潰し
オナニーは個人サイトでやってろ

149 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)