5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 459

1 :952:2008/03/29(土) 14:06:25 ID:???
ふと疑問に思った事があったら、スレを立てる前に、ここで質問してみましょう。
 質問・回答をする前に必ずテンプレを読んでください。

★★質問の際はメール欄に何も記入せずIDを表示させてください★★
 騙り防止のためトリップを併用するのもいいかも…
 (※回答者の方もID出し推奨です)

・質問前にまずはここをチェック。答えが載ってる……かもしれない。
 【仮設!2ch軍事板用語集】
  http://banners.cside.biz/army_word1.htm
 軍事板初心者質問スレ過去ログ倉庫
  http://armybeginner.web.fc2.com/
 ウィキポータル:軍事
  http://ja.wikipedia.org/wiki/Portal:%E8%BB%8D%E4%BA%8B
 前スレ
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 458
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1206365230/

★★スレ立てルール
 このスレの950以降最初に回答した者が次スレを立てて下さい。
 立てられない時はその旨宣言願います。その宣言後か、または30分以上
 スレが立てられなかった時は別の人が宣言して立てて下さい。
 テンプレの大幅な改編は禁止です。
 ルール違反のスレは削除依頼し使わない様ご協力願います。

2 :952:2008/03/29(土) 14:07:11 ID:???
・自衛隊関係はこちらへ。
  ■■スレッドを建てる前にここで質問をしようVol.94
  http://society6.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1202137869/
・映画や小説などの創作の内容・設定については創作スレへどうぞ。
 自作の創作の設定の質問も創作スレの方が適切な回答を得られることが多いです。
 ■○創作関連質問&相談スレ 37○■
 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1205318643/l50
・近代史についてはこちらが適切な場合があります
  日本近代史板
  http://academy4.2ch.net/history2/
・ネタを思いついたら
 ●笑心者歓迎 スレを立てる前にここで質問を 42
 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1203927113/l50
・バナーについての質問はここで
  http://banners.cside.biz/index.html
  http://banners.cside.biz/army/index2.html
・このスレは個人の意見や思想などを語り合うスレではありません。
 議論したい方、ご自分の意見を主張なさりたい方はテーマに沿ったスレを探すか、
 派生議論スレに移行してください。
 また、回答に対する再質問等で一つの話題について長くなりそうな場合にも移動願います
 派生議論スレ33
 http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1206265331/l50
・政治については政治板で
  http://money4.2ch.net/seiji/
・このスレは雑談を行うスレではありません。
 質問の内容を元に雑談を行いたい場合、なるべく多数の回答を必要とするアンケート質問の
 場合などは雑談スレへの移動をお願いします。
 ◆◆最初に読もう!軍事速報&雑談スレ1333◆◆
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1206656149/

3 :952:2008/03/29(土) 14:08:13 ID:???
○質問者の皆様へ。
・回答があるまでに数日間かかることもあります。未回答分についてはだいたい500か
 次のスレに変わったときに再度まとめられ、そこで回答が書き込まれることもあります。
 ※回答の催促はこのスレで最も嫌われる行為ですのでご遠慮ください。

・曖昧な内容の質問,想定する状況があまりにも非現実的な質問は明確な回答ができません。
 各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は単純に比較できるものではなく、いわゆる
 「最強論議」は無意味です。「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」
 という質問はこのスレではご遠慮下さい。

・回答を得たらそれをもとに自分で調べ直してみましょう。
 多くの場合,回答者は質問に対して最も一般的な見解や定説を回答します。
 ただし、質問文が的確でない場合、回答が正確であっても
 あなたが本当に知りたかったことと外れているという事態が生じます

・「〜で××見たけど何かあったの?」というのはご遠慮下さい。それは知っていても言ってはいけない類のものです

○回答者の皆さんへ
・age推奨,回答者もなるべくIDを表示させて下さい。
・いい加減な回答は、回答がつかないことより迷惑です。
想像だけで回答するのはご遠慮ください。
・「事実と異なる回答」「憶測に基づく回答」があった場合は,速やかに指摘・訂正の書き込みをお願いします.
・安易な太郎認定は派生スレその他への誘導を妨げますので控えてください。
・ときおり以下のような質問者さんがいらっしゃいます
 ●極端な設定を持ち出して,説明されないとケチをつける
 ●脳内情報・作り話の裏づけを取りに来て,否定されるとファビョる
 ●自分の意に沿ったレスが来ないと説明してくれた人間のせいにする
 そんなときは華麗にスルー。愚痴は雑談スレ当たりでこぼすことにしましょう。

4 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 14:08:43 ID:???
軍事板常見問題&良レス回収機構
http://mltr.ganriki.net/index02.html

5 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 14:09:24 ID:???
ウンコー

6 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 14:15:49 ID:???
>>1乙(・∀・)ニヤニヤ

7 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 14:30:01 ID:???
>>4
軍事板常見問題(FAQ)と詐称する軍事板と直接関係のない個人のサイトがありますが、 これは軍事板の公式見解集などではありません。
しかも著作権侵害と肖像権侵害でアカウント停止された厨房サイトですので内容には十分ご注意下さい。
しかもチベット問題では一方的に中国だけを叩いています。
FAQの内容に関して質問するのは結構ですが、内容に対する批判や誤りの指摘などは直接FAQサイトの方に申し出て頂きますようお願いします。

8 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 14:30:59 ID:???
一乙

9 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 14:31:08 ID:ll256HsN
前スレの軍艦に搭載している最大の砲は〜に関連しての質問なのですが、
FGS Hamburgの主砲はPzH 2000の砲塔から既に換装済みなんでしょうか?
そのままならアレが一番大きいような…

10 :952:2008/03/29(土) 14:31:46 ID:???
なんか足りないなと思ったら、この1文が抜けてた。
かなり前から外れてる。

・未回答質問は>>4以降を参照願います。

11 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 14:32:51 ID:???
>>1
あと
> 軍事板初心者質問スレ過去ログ倉庫
>  http://armybeginner.web.fc2.com/

も隠れ信者の作ったところなのでFAQと同じようにちゅうぶん注意してください。
次にスレを立てる人はなるべくこれをリンクしないでください。

12 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 14:42:02 ID:???
三月十日は 大二本帝国陸軍の 陸軍記念日でしたが 若者たちは ゆとり教育で 日本の前途多難が マスコミで 明らかになる今 なにを 知ってるのでしょうか
四月七日は
十八日は
そして 五月二十七日の海軍記念日と 戦後日本の今を 考え直さなければならないと いけないと 思います

13 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:11:58 ID:???
>>11
> 次にスレを立てる人はなるべくこれをリンクしないでください。

派生でどうぞ

14 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:17:57 ID:???
>>13
所沢乙
マジ死ねばいいのにこいつ

15 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:19:23 ID:???
>>14
テンプレ改変は派生で議論してからね

16 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:20:42 ID:???
ちゅうぶん注意

17 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:21:37 ID:???
>>15
そういうときだけルールふりかざしてんじゃねーよw

18 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:23:45 ID:???
>>17
俺なんかおかしな事言ってるか?

19 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:25:09 ID:???
>>18
派生でやっても、結論なんかでたことない><

20 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:25:51 ID:???
>>18
コテハンやめれば正体ばれないと思ったら大間違いだぞ所沢wwwww

21 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:28:04 ID:???
>>20
みんなが改変に賛成なら派生でちゃっちゃと決めればいいじゃん

なんか人違いしてるし

22 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:30:10 ID:???
>なんか人違いしてるし
>なんか人違いしてるし
>なんか人違いしてるし

ppp

23 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:30:13 ID:???
>>21
一人でも反対する人間がいれば、テンプレはいつも改変されないんだよな・・・

24 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:31:50 ID:???
>>23
多数決でいいじゃん

ID出ないなら運営にスレ借りればいいじゃん

25 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:32:22 ID:???
私女だけど粘着気持ち悪いと思う

26 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:37:59 ID:???
シベリアにスレ借りろよ

http://etc7.2ch.net/test/read.cgi/siberia

27 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 15:41:15 ID:???
外部板もあるでよ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/gomi

28 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 16:00:39 ID:???
>>14
>>17
>>20
>>22
      ____________     やれやれ・・・・・・
     ヾヾ ll |l ll 〃  _∠ 彡  `i    メチャクチャだな・・・!もう・・・・
      V~`ー、山 -┴〜'~  ~ヾ彡  |    大分 重いぞ・・・ お前の病っ・・・・・・!
      / 、_  _,    , -ッ::ヾ  |    重症だ・・・ 精神がこじれている
     ミ丶 ー二 ―' _, -彡''~.:::::::〉三|
    / ヾ\   , -彡‐''~   .::/  |    おそらく・・・・・・ 最初は
    | ,三=ゞ|| ||∠三三三  :::|ミ|⌒l |    愉快犯的に始めた
      |ヽ__゚/.:  丶__゚_/  :::|=|⌒| |    荒らしだろうが・・・
.     |ニ/.:::::::  ニ―― ' ,  :::|=|0 | |
     |/.::::::::::     ̄ ̄   ::::| |_,ノ .|    やっているうちに・・・
     /..::::::::::;-ヽ  ヽー-- 、::::|.|ミミ |    今では その妄想を
       ̄| ー─────へ | i::∧  |\   真実と思いこんでいる
.       |(王l王l王l王lヲ ノ .::/:::: Vミ|   \ 典型的 現実逃避 妄想癖 人格障害
    -‐l ̄|ヽー───‐ ' :::/::::::  Y     | ̄
.     |   |  ≡      ::/::::  /l     |  その結果・・・・・・ もう 今では・・・
.      |   |______/::::: /  |       | 自分に意見する奴が全員所沢に見えるから・・・・・・
     |    |\:::::::::::::::::::::::/   |       | 始末に困るっ・・・・・・・・・!

29 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 17:19:53 ID:RYfTfGe9
何故コンコルドの機首は可動式なんですか?

30 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 17:21:53 ID:???
>>29
視界確保
っていうか、ちょっと考えればわかるだろ(笑)

31 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 17:25:02 ID:RYfTfGe9
>>30
ちょっと考えて分からなかったので質問しました

ありがとうございます

32 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 17:27:44 ID:???
>>31
検索エンジンで「コンコルド 機首」の検索もできないのか(笑)


33 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 17:28:04 ID:???
>>31
バーカw

34 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/29(土) 17:30:09 ID:pV01FdZ9
>>29
>何故コンコルドの機首は可動式なんですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
離着陸時のパイロットの視界確保のためです。
下記、ウィキペディアのコンコルドの評価の折れ曲がり式の機首を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%89

35 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 17:30:13 ID:???
>>31
通常の飛行機のように視界を確保するために機種に段差を付けると、
超音速出すのに不都合が起きる。
でも円錐形の機首だと離着陸の時に下方向が全く見えなくなる。

なのであぁなった。
初期の案では「そもそも窓なんかいらんだろ、前は潜望鏡で見ればいい」という
ものもあったとか・・・。

36 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 17:37:25 ID:???
近年、日本人の国語力の低下が顕著になっている。
これはゆとり教育によって、特に国語の時間が減少したことが主な原因である。
日本の国語力を向上させるためには、教師の土曜休みを月〜金休みに分散させることに
よって、授業週6日制を復活させるしかない。
週6日制授業を復活させ、日本人の国語力を回復すべきだ。

37 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 17:38:35 ID:RYfTfGe9
>>34-35
ありがとうございます

38 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 17:50:31 ID:???
派生はキモい連中の隔離スレとしておいらが立てたんで、あっちの論議がどうであろうと
こっちを拘束するもんではないよ
自治厨は死ぬか軍板から出ていけばいいんだ


39 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 17:51:43 ID:???
38:名無し三等兵 2008/03/29(土) 17:50:31 ID:???[sage]
派生はキモい連中の隔離スレとしておいらが立てたんで、あっちの論議がどうであろうと
こっちを拘束するもんではないよ
自治厨は死ぬか軍板から出ていけばいいんだ

40 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 18:00:31 ID:???
>>38

>>17

41 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 18:02:04 ID:???
>>38
全く、その通りだね
初質は自治厨のスレではなく、利用者全員のスレなのだから

42 :名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE :2008/03/29(土) 18:07:17 ID:9XNCJV3p
前スレ未解答質問です。答えられる方、よろしくお願いします。


511 :名無し三等兵:2008/03/27(木) 13:51:23 ID:2k+GxiR5
まさに目の前で兵隊が突撃してくるのを守備側が迎撃している〜っていう
戦争写真を探しているのですが、やっぱりありませんか?時代は問いません。

646 :名無し三等兵:2008/03/27(木) 23:46:23 ID:SuVe4K5G
六カ国教義の初期段階措置って結局実行されなかったんでしたっけ?
ググってもようわからんです。

784 :名無し三等兵:2008/03/28(金) 20:32:41 ID:2sDzu+Gl
兵隊に人気の食べ物ってなに?

796 :名無し三等兵:2008/03/28(金) 21:39:19 ID:FXGAlXvS
F2の主翼は開発当初、一体成型だと聞きましたが、亀裂に対応できない為
別々になったと聞きましたが本当でしょうか?


以上です。よろしくお願いします。

43 :東郷元帥:2008/03/29(土) 18:08:46 ID:???
ついに統合の時がきたようじゃな・・・

44 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 18:13:50 ID:???
4:名無し三等兵 2008/03/29(土) 10:11:44 ID:???[sage]
頭のおかしな奴って必ず無意味なコテハン名乗るよね

45 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 18:14:45 ID:???
前スレ>>784

日本ではやっぱり米が良かったみたいです

46 :東郷元帥:2008/03/29(土) 18:15:01 ID:???
わしを知らぬとはおぬしは新参じゃなw
ふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉ!

47 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 18:43:06 ID:???
>>35
メインコクピットを下側。上方監視用要員のスペースを上に(可能ならペリスコープ、カメラ)とかは無理なの?

48 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 18:53:57 ID:???
>>47
空飛ぶ物である以上、直接には下が見えないか上が見えないかであれば
下が見えない方がまだいい。
上方が見えないと空中衝突の危険が高まるし、天測航法とかもできなくなる。
昼間飛んでるなら、「太陽がどっちにあるのか」が常に把握できる方がいい。

パイロットにとっては自分の目で直接確認できることが重要。

例え実用上全く問題がないとしても、「壊れたら終わり」になる手段で
視界を得ることは、実用性以上にパイロットの心理的抵抗が大きくて実現
しないし、安全性や冗長性の面からも問題が残る。

実は「気分の問題」に過ぎないとしても、「こんなものでは不安が残る・・・」と
パイロットが思いながら操縦するとメンタル面の影響からミスを誘発しかねない。

49 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 18:55:07 ID:EBRrE0rD
X-32のデザインが米軍の現役パイロットに不評だったというのは本当なのですか?

50 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 18:57:16 ID:???
>>49
実際評判は悪かった。
「ファットスパロー(デブスズメ」という呼び名もあった。

51 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 18:59:01 ID:JKF+blMW
シャイローなどのTMD対応艦は、
大体一隻に何本くらいのSM-3をつむのですか?
他にも色々つむでしょうし、全VLSの半分くらい?

52 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:00:41 ID:EBRrE0rD
仏空母シャルル・ド・ゴールには核兵器が搭載されているのですか?

53 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:01:47 ID:EBRrE0rD
>>50

素早い回答ありがとうございます。
米軍内部でもそのような声があったんですね。

54 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:12:51 ID:???
>>52
搭載されてない。
フランスの海洋核戦力は弾道弾潜水艦のみ。

55 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:27:46 ID:???
>>53
うっそぴょ〜ん

56 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:33:23 ID:???
↑なにこれ流行ってんの?

57 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:36:38 ID:???
↑「だっちゅーの」と同じくらいには

58 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:39:31 ID:???
↑なるほど

59 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:40:57 ID:jwj3KGAi
前線で部隊が野営する際、
深夜の就寝時間の兵士は、いつ敵部隊の夜襲があってもおかしくない状況においても、
きちんと眠りにつけるものでしょうか?

兵士:「神経が高ぶって眠れそうもありません」
上官:「たとえ眠れなくても、横になって身体を休めておけ」

みたいなこともよくあるのでしょうか?

60 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:45:58 ID:e4ZVjSiO
戦闘機パイロットは、速度計や高度計など、一部の計器が故障しても、
基地や母艦に帰投する程度の飛行は可能ですか?
そういった事態を想定しての訓練課程もありますか?

61 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:52:10 ID:SX0m66oq
人民解放軍がチベットに続々入ってるみたいですが、武装警察だけだと押さえ込むのが難しいのでしょうか?それとも武警と人民解放軍の
縄張り争い・手柄争いみたいなものがあるのでしょうか?

62 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 19:57:15 ID:???
>>61
現在のところ不明。その手の速報ニュースの検証はここよりも、速報&雑談スレでどうぞ。

63 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:01:47 ID:???
三等自営業氏って初質でだけはいい子なのな。

64 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:05:56 ID:???
なのな って響きがいいな

65 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :2008/03/29(土) 20:07:22 ID:IxFFil5h
>60
当然、機械は故障するものですが、基本的に多重化されている訳で、滅多なことで
重要な計器が全て故障することは殆どありません。
しかし、航法などの重要な計器が故障した場合でも対応が取れる様に、戦闘機パイ
ロットに限らず、天測または地測などによる機位を確定させる為の航法訓練は、初級
訓練の際にみっちり行われます。

例えば、空自では初級課程で40時間の学科の後、11時間の航法訓練がありますし、
海自でも44時間の学科教育、航法に36時間掛けています。

66 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:09:21 ID:???
なぼな

67 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:13:42 ID:???
>>60
 その様な最重要な計器は2系統以上を備え冗長性を増してます。
通常の飛行せすと遼機もいますし、地上からの管制も受けれます。
最悪地文でも飛べますし、その意味では飛行訓練自体がそういう事態の訓練となります。
ただ最近の機体ですと、エアデータや姿勢データが取得できないと飛行自体不可能となる機体も増えてます。


68 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:25:49 ID:???
>>59
大抵のことに人は慣れます。

69 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:29:29 ID:???
1000 名前:三等自営業 ◆LiXVy0DO8s [sage] 投稿日:2008/03/29(土) 19:58:09 ID:???
1000なら皆に幸運が訪れますように

70 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:44:05 ID:ukkHyLI6
アメリカは常に定期的な戦争をしないと国そのものが崩壊する仕組みなんですか?

71 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:46:01 ID:???
むしろ戦争のせいで経済が崩壊しそうになってますが。

72 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:47:21 ID:???
近年、日本人の国語力の低下が顕著になっている。
これはゆとり教育によって、特に国語の時間が減少したことが主な原因である。
日本の国語力を向上させるためには、教師の土曜休みを月〜金休みに分散させることに
よって、授業週6日制を復活させるしかない。
週6日制授業を復活させ、日本人の国語力を回復すべきだ。

73 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:48:29 ID:???
選挙対策
日本→ムダな公共工事
アメリカ→ムダな戦争

74 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:56:36 ID:???
あのーちょっと下記の回答読んでて、なーんか違和感感じましてね。

ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1206365230/970

>KV-ISのシャーシに152mm 加農榴弾砲 装備した自走砲です。

何か変なんです。何か違和感感じるんです。

で、テキストファイル化して、バイナリエディタで開いてみたんですけど。

4B 56 2D 49 53 って。文字コードが。

あんのー。49hってローマ数字の壱じゃなくて、アルファベットのアイなんですけど。

ソ連のメジャーな戦車の名前、もしくは国防相と書記長の頭文字混ぜてますよね?

どんだけ戦車のこと知らないのに回答してんだ? と思ったんですけど。

さて書き込んで良いもんでしょうか?

75 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 20:59:30 ID:???
>>74
"T"と表記する代わりに"I"を使うのは普通だろ。
どんだけいちゃもん付けたいんだ?お前は。

76 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:00:59 ID:???
>51
日本のMD対応艦は、一隻あたり八発体制で運用しています。

77 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:03:12 ID:???
>>75
それでもソ連戦車の名前に使っちゃまずいだろ

78 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:04:53 ID:EBRrE0rD
弾薬庫の爆発で沈没した戦艦は数多いですが、弾薬庫の爆発で沈没した空母はあったのでしょうか?

79 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:05:01 ID:???
そもそもソ連戦車の名前表記すんのにローマ数字使わんし。

KV-13をKV-XIII何て書かないだろ。

80 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:06:50 ID:???
>>77
ローマ数字はアルファベットを基礎に作られているので問題無い。
IとXとVの組み合わせ。

81 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:08:30 ID:???
まあ>>78の言うことは正しいな。
が、わざわざ蒸し返してまでするような話ではないだろう?
どうしても続けたいなら派生へ逝け。

82 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:09:53 ID:???
>>74
回答者が濁点や半濁点を区別をつけられない人なので、そくくらいは愛嬌とおもって生暖かく
見てやれ。

83 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:11:04 ID:???
>>75
数字の”1”の代わりにアルファベットの”I”を使うやつは世界的に珍しいけどな。

84 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:11:20 ID:QA/INtD3
中国のチベット侵略前には、チベットには僧兵がいたんでしょうか?
いたとしたら、中国軍と交戦したんでしょうか?

85 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:14:45 ID:???
>>78
護衛空母のリスカム・ベイとセント・ローくらいだと思う。
他にあれば識者の皆さん、追加よろしく。

86 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:15:12 ID:???
>>84
僧兵なんていません。

87 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:17:43 ID:???
あっ。識者じゃない人を召還しちゃった。

88 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:18:15 ID:???
>>78
赤城は格納庫にあった爆弾や魚雷に誘爆した・・・・・

89 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:21:06 ID:???
加賀は燃料庫が爆発したな

90 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:22:04 ID:JKF+blMW
>>76
ありがとうございます。
八発で足りるのでしょうか?
核保有国は大抵百数発と持っていると伺ったのですが…。

91 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:28:31 ID:???
>>90
そもそもロシアや中国などをそうていしてない。
想定している国が北朝鮮だから足りる。

92 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:30:28 ID:???
>>90
そもそも、MDは中国やロシアと言った大量の核ミサイルを持った軍事大国には対処できない。
しかし、イランや北朝鮮などの核ミサイルの保有数が少ない国に対抗するためには数発でも事は足りる。

93 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:30:57 ID:???
>>90
核保有国の弾道弾は色んな国に照準されていると考えるのが自然なので、
日本へ照準されているのはその一部、更に第一撃は数発程度と考えられるからです。

94 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:53:44 ID:JKF+blMW
>>91-93
ありがとうございます。
SM-3って、大陸間弾道ミサイルには対応できないって本当ですか?
MIRV方式でも、ターミナルフェイズなら無理だとはわかるのですが、
ミッドコースフェイズを狙うのならばできそうではないのですか?

95 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:55:01 ID:???
>>94
本当

96 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 21:57:20 ID:???
>>94
だから日本のミサイル防衛は大陸中国と北韓の弾道ミサイルに対抗するための
ものだっての。
そしてそれらの国から大陸間弾道弾が日本に向けて発射されることはまずない。
距離が近いから。

で、艦船からの弾道ミサイル迎撃は、全面核戦争をあんまり想定していない。
そういう事態になったときには、取るべき手段が別方向へシフトするので。

97 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:09:20 ID:???
                  , -─-r─-、_, -- 、---、
                _∠   _`__⌒Y ヽ _`ヽ- 、
           / _, -‐   '´  _  、 `Y´ ̄`ヽ⌒  ヽ
          イ , -┴<´ /   /  , ┴-、) _ `Y -、`ー、
        / | |/      /    ヽ     Y´  `ヽ   ヽ ヽ
          / ヽ\, -‐-、l     (  、__    __  ヽ ート、 下、
       /     ヽ\   (   ⌒X^ヽ ´ ̄` Y´  `く ト、  ハ Yハ
      ,′    ヽ i ⌒`ト、_ノ {   (_   {       Y  } // ',
        i        | |   ゝ   ーイ ̄ ̄`ヽ、}ィ´ ̄`ヾ    ノ :| |  l
        |         | |_人    }         }     ┤ ⊥ | | |
        |         | |  `  「 /   ー〈  _人   ノ_  l  ゝ| | |
       / ⌒ヽ     | |  ( ヽ 」     ヽ 、|   厂´ 人__ | |  l
     ′ ⌒ヽヽ   ヽヽ  } 厂`ゝ-      i}  ′ ´  ` // /
      | {  ,ヘL._  | |メ⌒ー〜^ゝ_人 __ノ^ヽ_八--┴< | h
      l ゝヽ不:::::::;下┤::::;ィ ⌒ヽ::ヽ:::::ヾ:::::i}:::/::::::/:;ィ ⌒ヽ:::ノ|| /
       \ 、⊥ト、::゙ヽ:::\{ (●) }:{:::`ヽ::l::;勹{:::::/:::{ (●) }:::://
         `ヽ、フヽ\::::\::ゝ___ノ::_::::::∨二ヽ/ヽ::ゝ___ノノl |
           ヽ   ヽ\:::\::\::::::`ヽY_/し⌒Jレ::/:::/::/,イ!
           ヽ   ヽ\_::::ト、`ー-ミ/( ○,:○)ヾ:::イ::// 
             \  `ヽ. i:::::}::l>:ト,-'ニニヽ彳::/::l /   / こんにちは?
                  \  | lー≦彡:::>ヾ二ン"ム::メ::::| |i /  今晩あなたのおうちにお邪魔します
                   >上ヒ二:::::ノラ「ミT爪戈>┴'′
              , -イ::::/〈::`卞ー-k┼十ァ个、ヽ
         _/  `ー-、.∧::::ト、:::::/:::|:::':/:::ム,.-'"  \ー-、


98 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:12:10 ID:bODaa0L8
ミサイル防衛で発射する迎撃ミサイルが仮に失敗して外れてしまったた場合、もし他所の国の領土に落ちたら大変なことになると思うのですがそのような可能性はないのでしょうか

99 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:13:19 ID:???
>>97
ルワンダの惨殺体に比べれば可愛いもんだな


100 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:14:56 ID:???
>>98
無いとは言えないが、大概の場合そういう状況だと落ちる先は自国に
ミサイルを発射して来た国の領土なので、
「撃って来たお前が悪いから知ったことではない」
で無問題となるだろう。

101 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:18:38 ID:???
>>98
大変なことになどならない。なぜ大変だと思うんだ?

102 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:24:29 ID:???
>無いとは言えないが、大概の場合そういう状況だと落ちる先は自国に
>ミサイルを発射して来た国の領土なので、

そんなこたーないだろ。
北朝鮮から九州に向けて発射されたミサイルをミッドコースで
迎撃しようとしたら、外れたミサイルは韓国に落ちる可能性はある。
まあ、SM-3の弾頭が万が一落ちても、大した損害は発生しないだろうが
問題にするかどうかは韓国次第だろうな。


103 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:25:02 ID:JKF+blMW
>>95
>>96
ありがとうございます。
と、いうことは、現在において、
大陸間弾道弾の迎撃・あるいは防衛方法はない、ということですか?

104 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:28:12 ID:???
>>101
おまえは頭の上にミサイルが落ちてきても何も気にしないらしいが
他の人間はそうではないからだ。
想像力に欠けてるな。

105 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:31:13 ID:???
>>103
今開発中
発射直後のブーストフェイズで迎撃するABL
ミッドコースで迎撃するGMD

106 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:32:56 ID:???
>>103
一応、ABM(弾道弾迎撃ミサイル)というものがある。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%BE%E9%81%93%E5%BC%BE%E8%BF%8E%E6%92%83%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB

107 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:33:38 ID:???
>>104
一方の国が核ミサイルぶっぱなすような事態だったら、
迎撃ミサイルが落ちて一人くらい死んだって忘れ去られるよ(笑

108 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 22:53:24 ID:???
真珠湾攻撃でよく宣戦布告が遅れたという話がありますが、
そもそも宣戦布告というか、誰が誰にどのような内容を送るのでしょうか。
また、その内容はいつから有効になるのでしょうか。
たとえば、攻撃国が防御国に対して宣戦布告をする場合、防御国にいる攻撃国の大使が防御国
の役人(もしくは大臣)に書類を渡した瞬間に有効になるのでしょうか。

109 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 23:20:30 ID:jwj3KGAi
ミッドウェイ海戦にて、
敵空母発見の報を聞き、兵装転換を急ぐ機動部隊の艦上では、
整備兵だけでなく、パイロットやその他の兵・上級将官までもが皆共同で爆弾を外し、魚雷を装備したという話を聞いたのですが、
軍においてもこのような非常な緊急事態では、部署や配置・上下もさほど関係なく、共同作業を行うこともありますか?

110 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 23:27:27 ID:???
>>108
駐留大使等が相手国の首長、又はそれに準ずる者に対して正式文書を読み上げた時や、首長同士が口頭で宣言した時。

111 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 23:36:49 ID:???
>>109
上級将官は手伝ってません。そもそも空母艦上には1航艦(機動部隊)に2名、2航艦に1名しか将官はいません。
あと、緊急時に、手すきの人間が他部署の応援に入るのは当然あります。

112 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 23:41:01 ID:???
>>109
手伝う事もあるけど、飛行機に爆装するなんて作業は専門知識も技量も必要な仕事だから、素人が
おいそれと手伝われても、現場の混乱を招くだけだと思うぞ。

113 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 23:43:08 ID:???
>>112
まあ、手伝うといってもせいぜい、換装の終わった飛行機をエレベーターまで
押して行くくらいだろうな。

114 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 23:51:05 ID:UsTQ6Fsc
http://www.maritimequest.com/warship_directory/germany/battleships/derfflinger/sms_derfflinger.htm

一番上の写真は艦首だと思うけど艦底色が高い所にまで塗られているのは何故?

115 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 23:52:23 ID:???
>114
こりゃ尻でしょ。

116 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 23:57:18 ID:???
>>114
こりゃ装甲鋼鈑を取り付ける前だね。進水前なら当然か。
下の写真と比較してみ? 舷窓部分は無装甲だよ。
で、装甲鋼鈑の取り付け部分は艦底色か錆止めでないかな。木材のバックウッドの色かも知れないし。

117 :名無し三等兵:2008/03/29(土) 23:59:25 ID:UsTQ6Fsc
>>115
これは艦尾なのですか?

118 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:08:35 ID:???
最近、黒木瞳のいい噂を聞かないのはなぜでしょうか???

119 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:15:05 ID:???
>>117
念のため断言は避けるが、やはり艦首だと思う。
錨鎖孔が2つ(1つは旗の陰)あるし、下のほうの写真には艦尾舷側に錨は見えない。

120 :名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE :2008/03/30(日) 00:16:43 ID:???
>>115
質問者の言うとおり、これは艦首の写真ですね。
当時のドイツ戦艦の特徴である水中魚雷発射管の穴が見えますので。(三本並ぶ旗竿の中央のあたり)
確かに艦尾のように見えなくもないですが、このように切れ上がったカットアップ型艦首は、
水中魚雷発射管と並ぶドイツ戦艦の特徴です。

121 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:27:30 ID:iHbBGtno
>>105
>>106
ありがとうございます。

122 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:33:14 ID:N7ERsG1O
>>115
>>116
>>119
>>120
ありがとうございます

123 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:45:42 ID:UMg0xWol
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200708271522&photo=zoom

この写真ってやばいんですか?
それとも、本当は全然機密じゃないとか?

124 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:48:42 ID:???
>>123
これくらいのレベルのことなら普通の専門誌でも書いてあるぞ

125 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:50:07 ID:UMg0xWol
>>124
この写真は全然機密じゃないってことですか?

126 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:54:02 ID:???
>>123
見た目では分かるはずがないごく微妙な形状とか、先端のほうを丸秘の具合で柔らかくしてあるとかいった材質が決め手だろうから、間近で撮った写真であってもどうでもいいんじゃないですかね。


127 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:56:10 ID:???
>>125
民間の衛星から撮影出来るなら、軍事用の衛星からでも撮影できる訳で。
この程度の情報なら、欲しがる国は既に入手しているだろう。

あと、形がわかっても、材質その他の問題がクリアできないとコピーは出来ないしね。
それは衛星の写真からではわからない。

128 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:57:43 ID:b3j8lCX7
別板でも聞いたんですが、拳銃のことついて質問です
銃器の解説の中でのワンシーンです。

カリバー45 と 12横断面 といえばなんのことを指すでしょうか
他のスレでは「横断面」がなんなのかさっぱりわからない、といったレスが
帰ってきたのですが、もしかしたら翻訳がまちがえてるのかもしれません。
何か予想できることはないでしょうか?

129 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 00:58:19 ID:???
設計自体がだいぶ古い艦だから、たいした機密じゃないらしい

130 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 01:03:32 ID:???
>>128
カリバー45 は「キャリバー.45」、45口径のことかと。

45口径というのは「銃弾の口径(弾の最大直系)0.45インチ」の意味で、
アメリカの軍用拳銃弾の規格の一つ。

12横断面・・・はわからん。

131 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 01:06:29 ID:???
>>128
つか、なんてので見たのか、それは字幕なのか台詞なのか、また日本語だったのか
英語だったのか、とかいう基本的な情報をくれ。

カリバ−45は>130の通りだと思うが。

132 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 01:08:05 ID:???
>109
いや、緊急事態ならよくあること。
爆弾の搭載作業は、知識より人手が必要な作業なので、艦上でも陸上でも、手の空いてる人は手伝うことが多い。

陸攻隊の人の手記には、爆弾搭載作業は、手空きの搭乗員は全員手伝っていたと書いてある。(ラバウルの話)
弾薬庫から爆弾を運び、それを各機に配分し(一機あたり250〜1000kg)、それをさらに搭載する作業はひどく大変な重労働だそうだ。

133 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 01:40:41 ID:???
>>123
そのサイトは誤報や誇張が多いから眉に唾して見た方が良い

134 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 01:49:50 ID:???
>>109
進出が急だったときに、搭乗員だけで先発して、搭乗員が自分で整備してまた先に飛んだという話もあります。
そこで整備といっても、専用の工具や部品を必要としない給油とか点検とかの基本作業だと思うけど、
「必要なら可能な範囲で何でもやる」のはむしろ当たり前みたいですね。
各々の専門員がいるなら、搭乗員は航路を研究したり休養したりするほうが合理的に決まっているし、
狭い艦内で大勢が慣れない作業を無理にやったらかえって邪魔になりうるのだから、誰が何時何をするかは、
あくまで具体的な状況次第。

135 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 01:55:48 ID:ABePl8qr
フリーガーファウストの確認されている戦果はあるのでしょうか?


136 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 01:58:47 ID:???
>>135
ビルマで英軍戦闘機を撃墜してます。

137 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 01:59:57 ID:???
銃関係で12と横断面…
12ゲージのOO弾とか?

138 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 02:03:56 ID:ABePl8qr
>>136
日本軍に供与されていたってことですかね?

139 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 02:22:19 ID:???
>>138
「ハッピータイガー」って漫画のネタ。
信じたらアカン。

フリーガーファウストが実戦で使用されたと言う記録はない筈だが
今の資料じゃ違うかも。

140 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 02:23:17 ID:???
>>128
多分図版についての説明じゃないの>12横断面

1 3 5 7 9 11
図図図図図図図図
図図図図図図図図
2 4 6 8 1012

みたいな図面だと、12横断面とは図の1〜2の位置で輪切りに
したときの断面の事。

141 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 02:47:38 ID:???
>>139
ハッピーターンかと思った

142 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 03:06:15 ID:???
軍板住人でハッピータイガーを知らんとは・・・と思ったが
もう知らない人の方が多いか。

センセは今でもここ見てるのかな?

143 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 05:53:14 ID:zllRiI41
爆撃機について質問です。

日本の九六式や一式、それにアメリカのB-29は防御用の機銃に20mmという大口径のものを
積んでいますが、これは何を想定してこんな大口径の機関砲を積んでいたのでしょうか。

一式陸攻の後期型なんか4基も積んでますが、いくら大威力でも発射速度の劣る機関砲は
爆撃機の防御用には不向きな気がするのですが・・・。

機関砲1丁積むペイロードで2丁の機銃積んで弾幕張った方が、有意義だと思うんですけど・・・。

144 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 06:33:09 ID:qBtQHjKE
>>143
>爆撃機について質問です。
>日本の九六式や一式、それにアメリカのB-29は防御用の機銃に20mmという大口径のものを
>積んでいますが、これは何を想定してこんな大口径の機関砲を積んでいたのでしょうか。
>一式陸攻の後期型なんか4基も積んでますが、いくら大威力でも発射速度の劣る機関砲は
>爆撃機の防御用には不向きな気がするのですが・・・。
>機関砲1丁積むペイロードで2丁の機銃積んで弾幕張った方が、有意義だと>思うんですけど・・・

霞ヶ浦の住人の回答。
「これは」戦闘機との戦い「を想定してこんな大口径の機関砲を積んでい」ました。
「機関砲1丁積むペイロードで2丁の機銃積んで弾幕張った方が、有意義だと思」った国と、逆に思った国がありました。

説明。
航空機関砲の口径は、小さいのを沢山発射するのと、大きいのを少なく発射する、二つの考えがありました。
第二次世界大戦中のアメリカは、前者です。日本とドイツは後者です。
現在は、アメリカが前者です。ヨーロッパとロシアが後者です。

下記、ウィキペディアの航空機関砲を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E9%96%A2%E7%A0%B2

145 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 06:34:08 ID:???
>>144
カスミン、早朝から駄回答ありがとうw

146 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 06:38:47 ID:???
de

147 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 07:05:46 ID:qBtQHjKE
●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 458
>>784
>兵隊に人気の食べ物ってなに?

霞ヶ浦の住人の回答。
回答不能の質問です。

兵隊の国や出身地方で、「人気の食べ物」は違うからです。

日本海軍の「兵隊に人気の食べ物」は米でした。
パンは不人気でした。
イギリス海軍でしたら、逆だったでしょう。

日本海軍の601航空隊で納豆を食事に出そうと考えました。
しかし、止めました。
納豆は、関東出身の「兵隊に人気の食べ物」です。
関西より西の出身の兵隊には、不人気の食べ物です。

黒パンは、ドイツやロシアでは「兵隊に人気の食べ物」です。
他の国では違うでしょう。

参考図書。
白い航跡〈上〉 (講談社文庫) (文庫)吉村 昭 (著)
白線と短剣―一高と海軍の生活記録 (1974年) 和田 良信 (- - 1974)

148 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 07:06:04 ID:???
まずは簡単に始められる海外マネー撃退法を教えてあげよう。

日本の株式市場に流入している金の約6割が外資マネーということを知っているかな?
平均株価は外資によって維持されていると言っても過言ではない。もちろんこのような状態は
不健全であり、日本の株価は外資の思惑一つで簡単に上がったり下がったりしてしまうのが
現実なのだ。

しかし裏を返して言えば、あなたが株の売買を通じて利益をあげることができたとした場合、
その利益の6割は外資から金を奪うことによって成り立っていると言えるわけなんだ。
もしも君が株で100万円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は60万円。
1億円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は6000万円。
100億円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は60億円にも達することになる。

つまり君が株式市場に参入し、利益をあげればあげるほど、外人投資家がそれに応じた
打撃を被るというわけだ。
君が利益をどんどんあげていけばいくほど、ハゲタカファンドは苦しんでいくんだ。

それがどれほど日本を守ることにつながるか、わざわざ説明するまでもないだろう。

株で勝つ方法は簡単。日経新聞や株に関する雑誌を講読すれば良い。
日頃から情報収集を怠りなくおこなえば、そして外資がすぐには入手することができない情報を
日本の地の利を生かして先に入手することができれば、外資を出し抜いて金を奪い取ることなど
造作もないのだ。
最近は株に投資するなとレスする奴がいるが、そいつは外資のスパイだ。日本の愛国者が株で
外資から金をせしめることを恐れて、外資のスパイが情報工作しているのだ、気をつけろ。

金が無いならサラ金で借りれば良い。株式トレーダーは自営業みたいなものだから、職業を聞かれたら
自営業と答えれば良い。
アコムで無理ならプロミスで借りろ、プロミスで無理なら武富士で借りろ、
武富士で無理ならアイフルで借りろ、アイフルで無理ならレイクで借りろ。

海外ファンドから日本経済を守るため、そして海外ファンドを苦しめるため、君も株に投資しよう。

149 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 07:14:28 ID:???
>>147
おお、白い航跡を読んだんだね。色々指摘されて勉強してるんだね。もっと頑張れ。
そしてもっとましな回答をできるようにさらに頑張るんだ。
君はやればできる子なんだから。


150 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 07:15:21 ID:???
>>143
大戦も半ばを過ぎると初期に比べて戦闘機の速度も速く、防弾装備も進歩しました。
従来の小口径弾では威力不足となり、数発で効果のある大口径機銃へと移行していったのです。

151 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 07:19:05 ID:???
> 君はやればできる子なんだから。

誰てめ

152 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 07:55:29 ID:???
>>42の784
147に補足すると、戦場においては何時の時代・何処の国でも新鮮な食べ物が欲されました。
また、外国などで戦っていると母国の郷土料理を欲しました。

なお、WW2の前線では多くの国でコンビーフやサラミなどが人気でしたが、
これは新鮮な肉が手に入りにくい戦場において比較的手に入れ易い肉製品の為でしょう。

153 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 07:56:22 ID:???
>白い航跡を読んだんだね。

他の誰かが読んだ書評を読んだだけじゃね?

154 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 08:25:19 ID:???
>>54
何をデタラメな事をw

155 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 08:57:35 ID:wXxEM4/1
戦車に落とし穴って有効なんでしか?

156 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 09:01:55 ID:???
>>155
でっかいやつなら。

157 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 09:03:42 ID:HkljgYRV
>>155
ある
まあ戦車に乗ってるのも馬鹿じゃないからそう引っ掛からないけど

普通は陣地を囲うように掘って戦車の接近を防いだり
敵の進撃箇所を限定させる事が目的

普通、障害は火力と一緒に運用されるから同時に集中砲火なんかも浴びせる

158 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 09:26:07 ID:???
>>155
一例だがWW2のビルマ戦線で、日本軍の肉薄攻撃を受けた英軍のバレンタイン戦車が対戦車壕に落ちてかく座している。

159 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 09:27:56 ID:qBtQHjKE
>>155
>戦車に落とし穴って有効なんでしか?

霞ヶ浦の住人の回答。
有効です。
しかし、一般的な戦術ではありません。

「落とし穴」の定義ですが、穴を隠して、落とすの意味ですか?
見えるように掘ってある、対戦車壕は普通の戦術です。
その対戦車壕を乗り越えるための、橋を備えた戦車の戦車橋も、普通の装備です。
隠す「落とし穴」を作っても有効と霞ヶ浦の住人は想像します。

ただ、「落とし穴」を掘るだけの手間をかけるのでしたら、対戦車地雷を仕掛ける方が簡単にできます。
対戦車地雷でしたら、戦車を破壊できます。
「落とし穴」でしたら、戦車を破壊できません。
余裕があれば、引き上げられます。
戦車を通せなくするためでしたら、穴が線としてつながっている、対戦車壕を掘ります。

下記、ウィキペディアの91式戦車橋を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/91%E5%BC%8F%E6%88%A6%E8%BB%8A%E6%A9%8B

160 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 09:58:53 ID:???
>>154
でたらめ乙

161 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 10:36:43 ID:???
空母艦載機には核攻撃の任務が与えられている。
でも、今では空母には核兵器は積んでいない。

原潜+空母艦載機

が核戦力みたいですよ

162 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 10:52:22 ID:???
>>161
能力として可能だという話と
現在のフランスの核戦略がどうだという話を
ごっちゃにしてるだけか…

その程度で他人をでたらめ呼ばわりとはねえ…

163 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 10:53:45 ID:IBqHKLw2
ウィキペディアの 連隊 のページを読んでいて疑問が湧いたので質問させてください。。

陸上自衛隊 編成で  「警察予備隊設立以来「普通科第○連隊」と呼称していたが
(旧陸軍では「歩兵第○連隊」などと呼称していたのを踏襲している。)、
1954年(昭和29年)に「第○普通科連隊」と改称した・・・・」

「1952年(昭和27年)7月24日の国会における政府答弁によると、普通科連隊(定員3210名)は大隊(定員805名)3
からなり、・・・・・
1962年(昭和37年)に普通科連隊の大隊が廃止されて、連隊が直接に各中隊を統括するようになった。
その際に、定員の削減が行われて、余剰の人員により連隊が増設された・・・」

とありました。質問なのですが、
1 なぜ連隊の呼称方式を普通科第○連隊から第○普通科連隊変更したのでしょうか?

2 なぜ普通科連隊、は大隊を廃止し、連隊の下が直接中隊になるように改変したのでしょうか?

3 普通科連隊の定員を減らして連隊数を増やしたのは何故でしょうか?
  大人数連隊少数よりも少人数連隊多数が良いと判断された理由は何でありましょうか?



164 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 10:57:53 ID:???
>>162
え?まさか知らなかったの?

165 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 12:13:48 ID:???
>>153
ソース

166 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 12:14:28 ID:???
>>135
あるみたいですよ。
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Fliegerfaust/Luftfaust

わずかしか使用されていないが、有効と評価された、そうですから。

あとはリンクたどるなり、Fliegerfaustで検索続けるなりしてください。

167 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 12:28:40 ID:hoUZOUIl
>>153
同意。霞ヶ浦の住人の読んだふり、知ったふりは実績があるからな。

168 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 12:37:17 ID:???
ちょっと落ち着け。
たしかに実績があるが、今回がそうだという証は無いだろう。
想像で決め付けるとカスミンと一緒だぞ。

169 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 12:40:41 ID:???
では読んだふりでは無い事を確認する為に追求してみようか?

170 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 12:42:12 ID:???
そうだね、じゃあ何ページ目に具体的にどういう風に書いてあったのか、
何ページ目かということと、
その該当部分のさわりの2〜3行を
カスミンに引用してもらいたいね

でないとあの解答が正しいものなのかどうか
判断できないしね

171 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 12:58:29 ID:???
>>163
1.「自衛隊は軍隊ではない」という建前上、旧軍を連想させるものは極力避けた。

2、3.アメリカで提唱されていた「ペントミック師団」と呼ばれるコンパクトな編成を
  導入したから。
   連隊を単位にするのに拘ったのは、旧軍時代から「1地域1連隊」の伝統があった
  のと、高級幹部の役職を確保するためには連隊(大佐(一佐)職)格の部隊が必要
  だったから。 
   師団数を増やしたのも将官のポストを確保するため。

172 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 12:58:47 ID:???
>>170
他の回答者にも強要しないのか?
カスミさんだけ差別すんなよw

173 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:00:25 ID:???
カスミンは確認できる悪事が多いからね。
別扱いだろう。

174 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:01:05 ID:???
片や旧軍を連想するものを避けたと説明し、片や旧軍からの伝統を守るためと説明するのはどうだろう…

175 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:05:00 ID:???
>>174
「対外的にマズイので連続性があることを避ける」のと
「それが合理的なのは変わらないので連続性を保つ」のは矛盾しないんじゃない?

誰かが「連隊や師団と言う名称は旧軍を連想させるのでやめるべきだ」と言ってたら
別の名前になってたかも。
最初は「管区隊」とかそう言う名前だったんだし。

176 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:17:41 ID:???
カスミンっていう人、病気なんでしょうか?

177 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:20:14 ID:???
カスミン本人は「頭の良い病気」といっている。

178 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:20:49 ID:???
多分、糖尿病。

179 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:21:02 ID:GxKylCdB
なだしおの事故の数ヶ月後に米海軍の原潜が横須賀沖で座礁したと言うのは本当でしょうか?

180 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:25:35 ID:???
カスミン叩き必死だな

181 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:31:40 ID:???
回答できない奴が嫉妬しているだけだろ

182 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:32:10 ID:???
>>180
カスミン介護よろしく。

183 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:33:15 ID:???
そろそろオムツ替えてやってね。

184 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:34:33 ID:Gcsc54jr
戦闘における戦果・被害発表において、
「○○機撃墜(米軍の発表では△△機墜落)」
「○○隻撃沈(米軍の発表では△△隻小破ないし中破)」
などと、両者で差が出ることが多いのはなぜですか?

185 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:34:49 ID:???
自衛隊(警察予備隊)が発足した時、多くの旧軍関係者が参加したと思いますが、
彼らの階級は横滑りだったのでしょうか。それとも太平洋戦争中の経験や体験を
踏まえて階級が上下したのでしょうか。
また、旧軍関係者が自衛隊に入るに当たって何か条件は付けられたのでしょうか。

186 :185:2008/03/30(日) 13:35:23 ID:+IxVmUrI
ID出し忘れました。

187 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:35:23 ID:???
>>183
オムツよりもオツムを換えてもらうほうが良いと思うぞ

188 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:38:30 ID:???
>>183 それ、カスミンではなくなる。

189 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:38:59 ID:???
うわ・・・これはどっちもカの人の食い付きガよさそうな質問だ。戦果のほうは台湾沖が例に出ると予想。

190 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:41:05 ID:???
>>184
戦果は過大に被害は過小に評価する傾向にあるのは、いつの時代でもどこの国でも同じで、
「こうであって欲しい」と言う心理が働く為です。

191 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:41:16 ID:???
>>184
戦果確認が適当だから。

とはいえ、今みたいに衛星で偵察とかできる訳じゃないので、結局は
「敵艦にあれだけ炎が上がってのだから沈んだと思います」とか
「地面に激突したところまでは見てませんが一直線に落ちて行ったのだから撃墜したはずです」とか
兵の口頭報告をまとめただけで、カメラで撮影するとか確認方法がなかったから
”仕留めた”方の自己申告と実際の結果が違うのはしょうがない。

192 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:49:10 ID:???
>>184 まあ待っていれば茨城のデムパが飛んでくると思うが

戦果の集計は各部隊の司令部が、戦闘後に配下から聞き取りで行う事が普通。
航空戦の場合、戦果確認機がいる場合もあるがこれが無事に帰る保障はない。
猛烈な砲火の元で攻撃した部隊の生き残りが報告する訳だから、
誤認があっても当然だが、報告の積み上げで戦果を推定するととんでもない数になる。
だが、それを覆すだけの戦果の確認方法もない以上、過大だろうと考えながら報告書を
作成するほかない。

193 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:50:54 ID:???
>>191 米軍、独軍は普通ガンカメラ使ってなかったかな?

194 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:52:11 ID:???
>>193
あ、元質問は日本軍について訊いてるみたいだったので・・・。

米軍とかはガンカメラがあるからある程度は正確ですね。

195 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:53:26 ID:???
>>194 それでも過大なのはアレだねえ。

196 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:56:02 ID:???
有名な松山の343空の戦闘結果も日米双方共にメチャクチャ過大なんだよな、
戦果が・・・。

197 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:57:32 ID:???
>>184 対水上艦では次のような誤認も多い。
駆逐艦が巡洋艦(時には戦艦)になり、
巡洋艦は戦艦になり、
輸送船は空母になり、
軽・補助空母は大型空母になる。

これはどこの軍でも良く起きている。

198 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 13:58:57 ID:???
>>193
つかってても、。のんきに地上激突まで写さないだろ。
せいぜい、着弾を確認くらいだ。

199 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:03:33 ID:Gcsc54jr
確認者が複数居る場合、
それぞれ同じ機のことを言っているのに、一機が別々の二機として記録されたり、
激しい空戦の最中に撃墜勘定なんて無理なんて場合もありますか?

200 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:07:07 ID:???
>>199
もちろんあるだろう
確認より自分の命が大事だからな

201 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:07:39 ID:???
良くあるよ。同一の目標を各々報告する事は。

202 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:08:08 ID:???
>>199
よくある。空戦に限らず、艦艇でも。

203 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:09:08 ID:???
>>199
撃墜数が水増しになる原因の一つ。
二人で一機を撃墜したと認定して半分こ(1/2機)にしてそれぞれの戦果にカウントする場合もある。

204 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:10:06 ID:???
>>199
もちろんあるよ。

上で書かれたガンカメラってのがあれば、後から分析してある程度は
照合できるけど。

それと、艦船の例なら
第1次攻撃で大破−必死で復旧、回復−第2次攻撃でまた大破−必死で復旧、どうにか
回復−戦闘海域から退避中に潜水艦に攻撃され撃沈
で、攻撃した側は「3隻撃沈、もしくは2隻大破1隻撃沈は確実。大戦果だ」と思ってたって
例もある。

205 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:13:03 ID:???
>>199 複数機と戦闘する場合、敵機が火を吹いたり戦闘離脱を図った場合、
次の目標に向かうか敵が付いていれば離脱を図るから戦果確認どころでは
無い事は良くある事。

206 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:15:24 ID:???
>>204
ミッドウエー海戦のヨークタウンか。

あれもしぶといんだか不運なんだかわからんフネだよな。

207 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:21:18 ID:???
艦載機を出した後なので一発で火災起こさなかった事は幸運。
飛龍の攻撃隊をすべて引き受けた事はとても不幸だが、
米海軍にとっては幸運。
最後の潜水艦攻撃は、まだこんなのが待っているなんて・・・とっても不幸。

208 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:27:52 ID:ABePl8qr
世の中戦争はなくならないんですから、全世界で銃所持を認めたら
戦力が均衡化して、戦争はなくならないでしょうか?

209 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:33:15 ID:???
春休みだからって何聞いてもいいってもんじゃねえぞw

210 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:33:50 ID:???
>>208
家庭内での銃撃戦が望みならどうぞ。

211 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:34:21 ID:DQonTUS1
部隊運用についてですが、
2,000人の兵力があるとして、2,000人で一度に一点集中攻撃を行なうのと、
500人単位で四回の波状攻撃、あるいは四方からの攻撃を行なうのでは、
どちらが効果的ですか?

212 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:35:51 ID:???
>>208
とりあえずアメリカやブラジルでは銃犯罪の被害者出まくりなわけだが。

213 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:37:16 ID:???
>>209
意味がわかりませんが?
スイスなんか国民全員が銃を所持しているわけですよ?
それで平和が保たれていますよ?

まあ、あなたが無知なだけなんでしょうけどね(笑)

214 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:38:34 ID:???
>>212
それは銃所持を認めているだけで、全員の銃所持を強要しているわけではないから

215 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:38:34 ID:???
>>211
前者。

損害は戦力の自乗比で決まるという経験則があり、500人相手に500人でかかるより、
2000人でかかる方が (2000/500)^4 = 16倍の攻撃力を発揮することができる。

>>213
質問者はIDを出してくださいね(sageにしない。メール欄を空欄にしておく)。

自分の意見を書きたいだけ(あるいはそれに相当する質問紛い)なら質問スレ以外でやってください。

216 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:39:17 ID:???
>>215
自治厨氏ね

217 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:41:01 ID:???
>>213
スイスでは、銃泥棒と盗難銃による犯罪が絶えない訳だがそれは
どう説明するんだ?

218 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:41:09 ID:???
>>216
世界の憲兵・アメリカを嘗めるな。バカ殿ヤヴァイ

219 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:41:35 ID:???
>>217
聞いたことないな
まずはソース出せや

220 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:42:01 ID:???
>>218
日本語でお願いします><

221 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:45:17 ID:8gRhDKHd
歩兵の1個連隊を装備ごとまとめて運べる揚陸艦ってありますか?
ワスプくらいですか?

222 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:47:49 ID:???
>>217
イヤ、むしろスイスは銃犯罪が大変少ないので有名。
ttp://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/1566715.stm
ttp://www.theblessingsofliberty.com/articles/article11.html

とはいえ、同じように銃がそこら中にありながら、スイスではほとんど銃犯罪がなく、
アメリカ、ブラジルでは頻発しているということ自体、銃の存在そのものには
犯罪を増やしたり減らしたりする効果はあまりない、ということを意味している。

とはいえ、銃がやたらにある場合、一旦凶悪な犯罪が起きた場合、被害が半端でなくなるということは
これまで何度も報道されてきたとおり。ナイフならせいぜい5人殺すぐらいが精一杯。

223 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:47:53 ID:???
銃好きの低脳厨房様のおなりですね。

224 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:48:58 ID:???
>>219
ほい、銃犯罪多発で、自宅への保管が禁止されたニュースだ。
ttp://www.2nn.jp/news5plus/1190984497/

225 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:49:45 ID:???
>>213
日本の平和も保たれてますが、何か?

226 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:50:04 ID:???
>>217が嘘つきということが証明されましたね!
生きていて恥ずかしくないのかwwwwwww

227 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:50:47 ID:???
>>225
そうですか?
結構、犯罪は起きていますけどw

228 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:51:01 ID:jibOLTo1
6.8mm・5.56mmのライフルで船舶や艦船に突入して発砲した場合眺弾の可能性はどちらが高いですか?

229 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:52:11 ID:???
>>221
最大級のワスプで海兵一個大隊(2000程度)と装備。
陸上自衛隊の一個連隊戦闘団なら運べそうだが。

230 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:52:51 ID:???
銃さえあれば・・・・

231 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:53:05 ID:???
>>227
あのさ、元の質問>>208は「戦争の抑止」なんで「犯罪の抑止」じゃないのよ
どっちの話がしたいの?

232 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:53:31 ID:???
>>228
どっちも高い。
目くそ鼻くそのレベル。

233 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:54:03 ID:???
>>231
犯罪の抑止は戦争の抑止につながると思いますよ

234 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:54:41 ID:???
>>231
ID隠してるから、いつもの便乗荒らしだろ。
ほっとけ。


235 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:54:51 ID:???
>>233
ほう、自国が平和なら他国は攻めてこないとw

236 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 14:58:40 ID:???
治安の悪化は外患を呼び込む一因になることはあっても決定打にはならない。
有り体にいうなら無政府状態になるほど徹底的に悪化して初めて外国は動く。

237 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:01:10 ID:???
>>234
>ID隠してるから

つ鏡


238 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:02:31 ID:???
>>235
全員が銃で武装していたら、侵攻を躊躇するのでは?


239 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:02:48 ID:???
犯罪じゃないが、銃の普及率の高いイラクとかパキスタンだと結婚式の時の祝砲として
銃を撃って、何人も死者が出てるぞ。

240 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:03:51 ID:???
>>238
国民のほとんどが武装してたイラク侵攻をアメリカは躊躇しませんでしたが。

241 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:05:56 ID:???
>>240
で、現在は泥沼に陥っていますが。

242 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:06:03 ID:???
銃所持で平和議論はそろそろ派生スレで

派生議論スレ33
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1206265331/

243 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:06:15 ID:???
銃で武装する程度では侵攻を諦めさせることはできません。
装甲車くらい持ってくれば十分すぎるからです。
仮に対戦車ミサイルあたりが全家庭にあったとしても。
空爆で町ごと片付けてしまいます。
では対空ミサイル?
対空ミサイルの届かない超高空からの爆撃、はるか遠距離からの巡航ミサイル。
正規軍にはそれを排除する手段がなんぼでもあります。

住民の武装程度で軍事侵攻を止めることはできないのです。

244 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:07:06 ID:???
>>238
じゃあ日本人全員が銃を持てば北朝鮮はミサイル撃たないわけだw

245 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:07:11 ID:???
>>240
ん?
一般国民がAKを所持していたんか?

246 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:07:44 ID:???
>>241
米軍制圧下の地域で治安が回復しつつあるのは最近の報道見れば丸わかり。
今アルカイダは米軍制圧地域におけるゲリラ戦での実入りが少なくなったために
より弱体なイラク正規軍に標的を移しつつある。
ついでに民族対立の方が深刻化しつつもある。

247 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:08:14 ID:???
>>244
抑止力にはなるかも

248 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:11:38 ID:???
やはり国民全員にICBMのボタンを配布すべきだな。

249 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:13:53 ID:???
やはり今抑止力として必要なのは「核」家族化ではないだろうか。

250 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:15:27 ID:???
一人のキ○ガイがいれば地球が滅びますねw

251 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:15:37 ID:???
いや、重防備都市宣言が必要だ!!!

252 :248:2008/03/30(日) 15:21:42 ID:???
>>250
そしたら戦争は起きなくなるだろ(笑)

253 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:21:52 ID:???
家で89式の整備をしてみたいです><

254 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:38:41 ID:b8G8IxT0
台湾が中国に吸収されると日本のシーレーンが脅かされるとよく聞きますが、具体的にどのようなシナリオが考えられているのでしょうか
人民解放軍の艦船がバシー海峡を封鎖してタンカーや貨物船など民間の船を通せんぼするということなのでしょうか。
封鎖といっても中間線よりフィリピン側まで影響力を及ぼすことができないはずなので、日本向けの船もそこをすり抜けていけばいいと思うのですが・・

255 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:43:08 ID:???
ごくシンプルに船舶の運航コストが跳ね上がります。
万一に備える保険料の割り増しはむろんのこと、
中国の影響圏を避けるための航路変更に伴う燃料費・人件費も大幅アップ(1〜2割は増える)。

その負担増はそのまま製品の値上げにつながります。
何も戦乱が起きなくても
日本の国際競争力を10数パーセントは引き下げますよ。

256 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 15:47:02 ID:???
航空戦力が太平洋に直接出て来る。
太平洋に出てくる潜水艦の探知が難しくなる。
バシー海峡は現在の中国でも影響を及ぼせるが、
台湾併合が起これば太平洋への影響力が大きくなる可能性が高い。

257 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 15:55:27 ID:qBtQHjKE
>>185
>自衛隊(警察予備隊)が発足した時、多くの旧軍関係者が参加したと思いますが、
>彼らの階級は横滑りだったのでしょうか。それとも太平洋戦争中の経験や体験を
>踏まえて階級が上下したのでしょうか。
>また、旧軍関係者が自衛隊に入るに当たって何か条件は付けられたのでしょうか。

霞ヶ浦の住人の回答。
「自衛隊(警察予備隊)が発足した時」職業軍人は参加できませんでした。
「旧軍関係者が参加した」(職業軍人以外)「彼らの階級は横滑り」でした。

説明。
「自衛隊(警察予備隊)が発足した時」、幹部候補生出身者(軍隊に入ってから幹部候補生試験を受けて士官になった人)ら、非職業軍人が中心となりました。
戦時中の階級を横滑りしました。
「太平洋戦争中の経験や体験を踏まえて階級が上下した」とは、霞ヶ浦の住人は聞いていません。
1951.年から、職業軍人が警察予備隊に入隊してきました。

258 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:04:57 ID:???
三省堂提供「大辞林 第二版」より「職業軍人」
(応召などによる軍人に対して)職業として軍務に就いている人。

と言うことは戦争が激化した時に愛国心で志願した人も駄目なのか。へえ。

259 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:06:18 ID:???
>>254
 確かにすり抜けることは可能でしょうが、安全策をとって大陸よりの航路を太平洋側に大きく迂回させた場合、輸送コストが跳ね上がります <>>255氏が触れた内容と同じです

 また、潜在的・将来的に戦争が起りうる危険な海域と認識された場合、海上保険の保険料が高くなる可能性があり、拿捕や航路遮断に備えて自衛隊や保安庁の船を展開させるのも広い意味での輸出入のコストとなります

 つまりは、実際に明日この航路が使えなくなる事だけを指しているのではなく、「自由に使えないなら他の手段を考えないといけない」と行動する事自体がシーレーンを脅かされると理解されています。
(程度によって無視してよいものから戦争に直接繋がるものまで千差万別ですが)


260 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:12:13 ID:???
>>258
それは書き方の問題
あくまで徴兵制度の機能が前提としてあり、戦時にのみ軍務に付くものでなく、平時においても職業として軍人としているものを示しているだけ
いわば、「応召兵・士官」への対義語としての「職業軍人」でしかない

志願兵であっても戦争終結時に軍務を終え、民間の職業に復帰する者は職業軍人とは分類されないし、戦時に志願したものがその後も軍人として服務するのであれば職業軍人として扱われるのが一般的


261 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:18:22 ID:???
>>260
だが日本の場合、敗戦処理のために軍籍に居なければならない人と、軍人であり続けたかったのに
敗戦によって軍務を解かれた人など本人の希望どおりにいかない多様性があったはずで。
戦争終結時に云々でも説明としては変じゃないか?

262 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:18:23 ID:???
>>259
すり抜けるもなにも、津軽海峡と同じで各国自由に通行は認められるだろ。

263 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:20:57 ID:???
>>262
リスクのある航路はいくら「通行は認められ」ていても、避けざるを得ない。

まして「臨検」とか称して、やたらに停船させられたり、あげくに「一時拘留」とかされてたら
商売にならない。まともな船主なら迂回路を取る。

264 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:23:17 ID:???
根本的な話だけど。横滑りも何も警察予備隊は予備警察官扱いの独自の階級制度なんで軍隊の階級制度はスライドしないのでは?

265 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:23:31 ID:???
>>263
中国がそんなヤバい事をするという根拠は?

266 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:24:33 ID:???
>>263
嫌中厨か
相手にして損した

267 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 16:30:44 ID:qBtQHjKE
>>258
>三省堂提供「大辞林 第二版」より「職業軍人」
>(応召などによる軍人に対して)職業として軍務に就いている人。
>と言うことは戦争が激化した時に愛国心で志願した人も駄目なのか。へえ。

霞ヶ浦の住人の回答。
「志願した人」は大丈夫でした。

説明。
志願と職業軍人は別です。
「応召など」には、志願も含まれていると、霞ヶ浦の住人は解釈します。
公職に関する就職禁止、退官、退職等に関する勅令で定義した職業軍人とは、士官学校卒業者でした。
海軍の予科練は、志願者が入隊しました。
霞ヶ浦の住人のダンスの先生は、予科練出身です。
それでも、警察予備隊へ入隊できました。

下記、ウィキペディアの公職に関する就職禁止、退官、退職等に関する勅令を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E8%81%B7%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%B0%B1%E8%81%B7%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%80%81%E9%80%80%E5%AE%98%E3%80%81%E9%80%80%E8%81%B7%E7%AD%89%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8B%85%E4%BB%A4

268 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 16:37:31 ID:qBtQHjKE
>>264
>根本的な話だけど。横滑りも何も警察予備隊は予備警察官扱いの独自の階>級制度なんで軍隊の階級制度はスライドしないのでは?

霞ヶ浦の住人の回答。
「軍隊の階級制度はスライドし」ていました。

下記、ウィキペディアの警察予備隊の警察予備隊の警察官の階級を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E4%BA%88%E5%82%99%E9%9A%8A

269 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:39:26 ID:???
>>265
根拠など必要ありません。
リスクがあるな、と保険会社や船主が感じるだけで十分すぎるほどコストに跳ね返ってきます。
現時点での中国はその不安を解消できるだけの信用がないということです。

270 :260:2008/03/30(日) 16:43:50 ID:???
>>261
うーん、軍が解体されることにより強制的に軍人としての地位を失うことってのはこの話の上では揚げ足取りにしかならないと思うのだが?
本人の希望通りという話と言い出すのなら、若年定年制を堅持する軍隊で現役定年で軍を辞めた時点で職業軍人でなくなると言うくらいおかしいこと

260で触れたように、あくまで応召将校や徴兵に対する対義語としての用語(概念でもいいけど)であって、個々のイレギュラーな事例を持ち出してきてもあまり意味の無い事だと思うのだが?

271 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:44:49 ID:???
ついでに書くなら台湾を併合すればそれは十分すぎるほどに「根拠」になります。
今の世の中、国が独立することは許されても併合・侵略することは許されません。

272 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 16:57:01 ID:???
>>271
だが竹島は併合されたぞ。

273 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 17:00:17 ID:???
>>272
日本の力が弱かった時代。
物理的にもだが特に精神的にも。
「今の」と書いた通り。
冷戦後の民族自決ムードではもう厳しいよ。
ああ、民族自決、と書いたように、住民が住んでいるという条件がまた大きい。

274 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 17:04:19 ID:qBtQHjKE
>>257
>霞ヶ浦の住人の回答。
>「自衛隊(警察予備隊)が発足した時」職業軍人は参加できませんでした。

上記の「職業軍人」とは、辞書の上での定義ではありません。
「公職に関する就職禁止、退官、退職等に関する勅令」による定義です。

説明。
職業軍人が警察予備隊へ入隊できなかったのは、警察予備隊が禁止していたからではありません。
勅令で、職業軍人が公職に就くことを禁止されていたからです。
その職業軍人の定義が士官学校卒業でした。
辞書で言う職業軍人の定義には、士官学校を卒業していない、下士官や下士官から累進した士官の一部も含まれると、霞ヶ浦の住人は考えます。

下記、ウィキペディアの公職に関する就職禁止、退官、退職等に関する勅令を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E8%81%B7%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%B0%B1%E8%81%B7%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%80%81%E9%80%80%E5%AE%98%E3%80%81%E9%80%80%E8%81%B7%E7%AD%89%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E5%8B%85%E4%BB%A4

275 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 17:13:33 ID:???
あの、かすみんが元質問の本人の軍隊
時代の階級が予備隊志願時にスライド
したかに回答せず制度としての階級の
スライドにしか回答しないのは、何か回答
すると都合が悪いから?
元質問質問者は滓の回答している蛇足
など聞いてないと思うぞ。


276 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 17:16:21 ID:???
>253
89式中戦車の整備は土浦の武器学校
でしかできないからな。


277 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 17:18:52 ID:qBtQHjKE
>>275
>あの、かすみんが元質問の本人の軍隊
>時代の階級が予備隊志願時にスライド
>したかに回答せず制度としての階級の
>スライドにしか回答しないのは、何か回答
>すると都合が悪いから?
>元質問質問者は滓の回答している蛇足
>など聞いてないと思うぞ

>>257
>霞ヶ浦の住人の回答。
>「旧軍関係者が参加した」(職業軍人以外)「彼らの階級は横滑り」でした。

>説明。
>戦時中の階級を横滑りしました。

278 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 17:29:20 ID:???
回答よりも蛇足のほうが分量多いんですが、回答は従で蛇足が主なんでしょうか

279 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 17:29:58 ID:???
>>278
蛇足と言うか雑談

280 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 17:31:38 ID:???
>>272
国際社会において侵略を非とするコンセンサスが形成されたのは
WW2後相当経ってから。

281 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 17:52:51 ID:???
>>273
テイノウくん、きみは併合と占領(占有)の区別もできないんだから、100年ROMってなさい
何回もいうが、知ったかぶりは恥の元だよ

282 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 17:54:37 ID:???
>277
頭悪いなコイツ

283 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 17:59:22 ID:QSkucsVE
航空戦力を例にとって、同じ予算をかけるとしたら、
安価かつ低性能の機体を多数配備するのと、
高価かつ高性能の機体を少数配備するのとでは、
どちらが効率が良いのですか?

284 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:01:17 ID:???
>>283
時と状況によるとしかいえない

285 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:10:26 ID:???
>>283
>>284のとおり、「高性能」「低性能」および「安価」「高価」の内容次第。

「高性能」が「低性能」機を敵の射程外からバタバタ落とすことができるという意味であり、
高価といっても敵を十分落とせるだけの数が買えるぐらいであればそっちが効率いいだろう。

逆に「高性能」といっても、ドッグファイトにもつれ込んだときに5割有利(ってなんだ)とかで
しかも高価なために機数1/10になるとかなら効率悪いだろう。

もちろん高性能機でも訓練が大変でなかなか性能引き出せないとか、メンテ大変で故障ばかりでは
意味がない。とりあえずアメリカは高価かつ高性能の機体を優先し、多少数が減っても交換比でカバーする
(といっても十二分に多数の機体を持ってるが)という方針。

286 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:13:10 ID:???
>277
よこすべりでそのまま、旧軍の階級で
採用したソースは?
階級表でなく根拠となる通達、もしくは
法令をだせよ


287 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:15:22 ID:3aHz5LfK
戦闘機の車輪って駆動力あるの? 戦闘機以外もあったりする?

288 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:16:15 ID:???
>>287
あるものももしかしたらあるかもしれんが普通は無い

289 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:20:37 ID:???
>>271
だが沖縄は併合されたぞ。

290 :緑装薬4 ◆8R14yKD1/k :2008/03/30(日) 18:21:00 ID:9onB9LfR
>286
完全な横滑りではないはずだが。
ただ、旧軍の階級と職種を参考にして階級付与はしたみたいだけどね。

ちなみに、人事ジャケットには、旧軍での軍歴(職種・階級・期別等)を書く欄があって
「陸士  期」とか書いてあって、2等陸士の採用期別かと思ったが(笑)

291 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 18:24:36 ID:qBtQHjKE
>>283
>航空戦力を例にとって、同じ予算をかけるとしたら、
>安価かつ低性能の機体を多数配備するのと、
>高価かつ高性能の機体を少数配備するのとでは、
>どちらが効率が良いのですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
現在のアメリカ空軍は、「安価かつ低性能の機体を多数配備するのと、高価かつ高性能の機体を少数配備する」のを同時にやってしまおうとの考えです。

説明。
1970年代のアメリカ空軍は「高価かつ高性能の機体を少数配備」することを反省しました。
そこで、ハイローミックスの思想が出ました。
「安価かつ低性能の機体を多数配備するのと、高価かつ高性能の機体を少数配備する」のを同時にやってしまおうというのです。

その、「安価かつ低性能の機体を多数配備」がF16です。
現在では、「高価かつ高性能の機体を少数配備」のF15を凌いで、アメリカ空軍の主力となっています。

下記、ウィキペディアのF-16 (戦闘機)の採用状況を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/F-16_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)
下記、ウィキペディアのF-15 (戦闘機)を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/F-15_%28%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F%29

292 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:25:01 ID:rTPHGmQ3
自動車では昨今の原油高の影響で燃費を向上した新型車がたくさん出てますが、装甲車や戦車とかの軍用車両の燃費向上
ってのは新型を開発あるいは既存装備をアップグレードする度に向上するものなのでしょうか?

293 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:27:06 ID:???
>>291
F-16が「安価かつ低性能」かどうかが微妙なとこだ。
アメリカ的、あるいは相対的にはその通りなんだろうが。

やはり安価低性能というぐらいなら、MiG-21をたくさん持ってます、とかと比べないと。

294 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:28:29 ID:???
>>293
まあ、それやこれやで >>283 の質問に対する回答は、 >>284 の「時と状況による」が正解だろ。

295 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:31:13 ID:???
空飛ぶ棺桶がゴロゴロしてたんじゃ、
機体のランニングコストや人的資源の損耗も心配だな。

296 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 18:32:31 ID:3aHz5LfK
>>288
サンクスコ。

297 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 18:39:23 ID:qBtQHjKE
>>290 :緑装薬4
>完全な横滑りではないはずだが。
>ただ、旧軍の階級と職種を参考にして階級付与はしたみたいだけどね。
>ちなみに、人事ジャケットには、旧軍での軍歴(職種・階級・期別等)を書く欄があって
>「陸士  期」とか書いてあって、2等陸士の採用期別かと思ったが(笑)

霞ヶ浦の住人の訂正。
陸軍士官学校の卒業者が警察予備隊に採用されたのは、1951年に公職追放を解除された後です。
警察予備隊の発足時には採用されませんでした。

298 :緑装薬4 ◆8R14yKD1/k :2008/03/30(日) 18:43:25 ID:9onB9LfR
>297
自衛隊よもやま物語っていう本だと、作者が採用されたのは保安隊んときらしいねえ。
んで、そんときに工兵中尉だかで終戦迎えていて、採用に応じて行ったらなんかみんな
下っ端で採用されてから、軍歴やらなんやらで教育中に階級振り分けれられて
最終的には幹部で部隊配置になった、とか書いてあったが。

かなーり混乱してたが、考慮はされてたらしい。

299 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 18:55:44 ID:qBtQHjKE
>>286
>277
>よこすべりでそのまま、旧軍の階級で
>採用したソースは?
>階級表でなく根拠となる通達、もしくは
>法令をだせよ

霞ヶ浦の住人の回答。
予科練一代―ある艦攻パイロットの悪戦苦闘記 (光人社NF文庫) (文庫)
大多和 達也 (著)

説明。
著者は、終戦時海軍中尉でした。
海上自衛隊へ、二尉で採用されています。
この本以外でも、多数の本で、自衛隊へ入隊した人が、戦時中の階級を元に自衛隊の階級が決められたとを書いています。
「根拠となる通達、もしくは法令」は存在しないと、霞ヶ浦の住人は想像します。
おそらく、内規で決めていたのでしょう。

300 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:13:28 ID:UfGhsf5f
よくマンガで新米の兵士が人を殺すと
吐く描写があるんですが実際そういう事例は多いんですか?

301 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:25:58 ID:72uMrMgl
第二次大戦初頭から、各国が信管等の不良による魚雷の不発に悩まされていますが、
大戦が始まった段階では何処の国の魚雷が信頼性が高かったのでしょう?

302 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 19:26:17 ID:qBtQHjKE
>>292
>自動車では昨今の原油高の影響で燃費を向上した新型車がたくさん出てま>すが、装甲車や戦車とかの軍用車両の燃費向上
>ってのは新型を開発あるいは既存装備をアップグレードする度に向上するものなのでしょうか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「燃費向上」は、消費者が要求するから生産者が作るのです。
軍が「新型を開発あるいは既存装備をアップグレードする度」に「燃費向上」を要求していますか?

説明。
「装甲車や戦車とかの軍用車両の燃費」は、最悪です。
重い装甲を付けて、無限軌道で駆け回るのですから。

303 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:26:45 ID:???
実際にあるらしいですね。いざとなると、人を殺すということに対するタブーは予想以上に強いらしいです。

定番書籍として「戦争における「人殺し」の心理学 」推奨。
ttp://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4480088598/250-3686164-4401036

304 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:26:54 ID:7wfZUfbw
>>299

> おそらく、内規で決めていたのでしょう。

法(国会決議が必要)でない政令や規則(省庁や管理官権限で発令)のことを「内規」って言うんだが・・・
内規=非文慣例じゃないぞ

305 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:33:14 ID:???
>>300
傭兵の高部正樹氏が実戦の心理を詳しく説明している。
戦闘は殺すか殺されるかの極限状態なわけで、
喧嘩の時に向かってくる相手を殴るのと同じで比較的罪悪感は薄い。

ただし多かれ少なかれ誰もが、
初陣のしばらく後(初陣では必死で我を忘れるお陰でマシ)の少し慣れてきた辺りで
戦闘中に恐怖ですくんでしまう状態になる経験をするんだとか。
実戦に出ても、頭の上をビュんビュン飛んでいく弾丸が自分に当たることを考えてしまい
頭の中はその恐怖だけな状態になり、それ後はしばらく実戦どころじゃなくなる。

その状態を自力で克服できるか否かが、兵士として使い物になるかならないかの境界線だそうだ。

306 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:36:21 ID:???
補足すると、新米兵士が吐くというのは往々にして恐怖で吐くんだろ。

あと、無抵抗の捕虜を目の前で射殺することについては
初体験の人間にはやはり抵抗があるかもしれんわな。

307 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:42:10 ID:???
>>299
だからそれは海上自衛隊の話で、警察予備隊の話じゃないだろ。
意図的に、別の話を紛れ込ますのはミスリードを狙った、姑息な
話のごまかしの手段だぞ。

308 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 19:42:42 ID:qBtQHjKE
>>299
>法(国会決議が必要)でない政令や規則(省庁や管理官権限で発令)のことを「内規」って言うんだが・・・
>内規=非文慣例じゃないぞ

>>286
>階級表でなく根拠となる通達、もしくは
>法令をだせよ

>「根拠となる通達、もしくは法令」は存在しないと、霞ヶ浦の住人は想像します。
>おそらく、内規で決めていたのでしょう。


309 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:44:03 ID:???
>>301
比較するデータがありませんので、このスレでは回答不能です。
丹念にデータを集めている人がいるかもしれませんが・・・・

310 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:46:30 ID:???
>>302
ふつう、開発、および改修の段階で、燃費というか、航続距離、作戦時間などの
形で、オーダーされます。そのオーダーを守れるか、切り下げるかはその後の話に
なりますが。
しらないんなら、黙っててください。質問者が混乱します。

311 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:48:17 ID:???
>>308
だから、おまえさんがすべての通達をしってるんじゃないならだまってろ。
お前が知らないだけで、ないと想像でも回答するな。

312 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:49:18 ID:???
>>308
通達のことを普通、内規といわないのか?

313 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:51:21 ID:???
>>300
>>303の本に述べられているが
自分が殺される、傷つけられることよりも誰かを殺すことのほうが人間の精神に
より多く負担を強いることが多くの戦例から伺えるようだ。
それに加えて、自分がヘマをして戦友が傷つき殺されることを兵士は最も恐れるとも。

314 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 19:53:09 ID:qBtQHjKE
>>310
>>302
>ふつう、開発、および改修の段階で、燃費というか、航続距離、作戦時間などの
>形で、オーダーされます。そのオーダーを守れるか、切り下げるかはその後の話に
>なりますが。
>しらないんなら、黙っててください。質問者が混乱します。

>>302を再度掲載します。
>軍が「新型を開発あるいは既存装備をアップグレードする度」に「燃費向上」を要求していますか?

315 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:53:27 ID:7wfZUfbw
>>312
厳密には通達=内規じゃないな
部内規則を伝達する手段が通達

316 :185:2008/03/30(日) 19:53:43 ID:???
皆様、ご回答ありがとうございます。

いまいち、わからないのですが、旧軍の関係者(いろいろと議論になっているようですが、
お聞きしたいことと異なるので省略)が入隊できないとなると、士官以上は適当にきめて
一から教育したのでしょうか。
特に将官クラスとなると当然いろいろな経験や専門知識を求められるので、易々と
できるものではないとおもいます。

植民地軍みたいに士官以上は米国、兵士は日本人としたのでしょうか。

317 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:56:03 ID:???
まずは簡単に始められる海外マネー撃退法を教えてあげよう。

日本の株式市場に流入している金の約6割が外資マネーということを知っているかな?
平均株価は外資によって維持されていると言っても過言ではない。もちろんこのような状態は
不健全であり、日本の株価は外資の思惑一つで簡単に上がったり下がったりしてしまうのが
現実なのだ。

しかし裏を返して言えば、あなたが株の売買を通じて利益をあげることができたとした場合、
その利益の6割は外資から金を奪うことによって成り立っていると言えるわけなんだ。
もしも君が株で100万円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は60万円。
1億円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は6000万円。
100億円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は60億円にも達することになる。

つまり君が株式市場に参入し、利益をあげればあげるほど、外人投資家がそれに応じた
打撃を被るというわけだ。
君が利益をどんどんあげていけばいくほど、ハゲタカファンドは苦しんでいくんだ。

それがどれほど日本を守ることにつながるか、わざわざ説明するまでもないだろう。

株で勝つ方法は簡単。日経新聞や株に関する雑誌を講読すれば良い。
日頃から情報収集を怠りなくおこなえば、そして外資がすぐには入手することができない情報を
日本の地の利を生かして先に入手することができれば、外資を出し抜いて金を奪い取ることなど
造作もないのだ。
最近は株に投資するなとレスする奴がいるが、そいつは外資のスパイだ。日本の愛国者が株で
外資から金をせしめることを恐れて、外資のスパイが情報工作しているのだ、気をつけろ。

金が無いならサラ金で借りれば良い。株式トレーダーは自営業みたいなものだから、職業を聞かれたら
自営業と答えれば良い。
アコムで無理ならプロミスで借りろ、プロミスで無理なら武富士で借りろ、
武富士で無理ならアイフルで借りろ、アイフルで無理ならレイクで借りろ。

海外ファンドから日本経済を守るため、そして海外ファンドを苦しめるため、君も株に投資しよう。

318 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:56:12 ID:???
>>313
たださ、一つ思うんだが、そういう風な「殺人を恐れる」って殺人を悪とする
倫理の下で育った人間特有の感情なのか、人間に普遍的な感情なのか
どっちなんだろうな。

ポルポトの子供達の例とか見る限り、人を殺す事に対する負担も後天的なものに思えるんだよな…

319 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 19:59:56 ID:???
>>314
だから、日本語がわからないなら黙ってろよ。


320 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:01:06 ID:???
>>315
なるほど、かすみんは、自衛隊の警察予備隊時代の内規も含めてすべて
知ってるので、ないと回答してるんだな。

321 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:01:59 ID:???
>>318
どっちでもある、と言えると思うけどね。
『戦争における「人殺し」の心理学』には軍隊やその他の組織が
人間にどうやって殺人や暴力に対する「条件づけ」を行うのかが詳しく述べられてる。
ポルポトの例は無いが、似たような状況で人間がどうなるのか?(どういう操作をするのか?)
というようなこともね。

322 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:03:28 ID:???
さあ訂正が罵倒へと変わって来ました

323 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:04:23 ID:???
>>316
警察とか、旧内務省の官僚が割り当てられました。


324 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:04:26 ID:???
Kasmin never knows; he just imagines.

325 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:05:16 ID:???
>>322
それ以前に、かすみんが、ループ回答に入ったけどな。

326 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:06:07 ID:???
>>325
ループになったらスルーするべきだよな

327 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:11:54 ID:???
>>321
いや、あの本は読んだけどさ、それ以前の話。
倫理教育それ自体が無かったなら、果たして殺人に対する忌避の感情が発露するのか、って事。

最後の方に書いてある殺人ゲームが一種の条件付けになっているという例も、
それによって条件付けられる子供は殺人を悪だと判断する社会倫理を持っている(あるいは
植えつけられている途上)なわけじゃないか。それがそもそも欠落していた場合はどうなのかな、
って思っただけ。この例はあの本の中に在った記憶が無いんだ。調べようが無いとも思うけど。

元質問からも全然離れちゃってるけどね…

328 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 20:13:16 ID:qBtQHjKE
>>316
>>185
>皆様、ご回答ありがとうございます。
>いまいち、わからないのですが、旧軍の関係者(いろいろと議論になっているようですが、
>お聞きしたいことと異なるので省略)が入隊できないとなると、士官以上は適当にきめて
>一から教育したのでしょうか。
>特に将官クラスとなると当然いろいろな経験や専門知識を求められるので、>易々とできるものではないとおもいます。
>植民地軍みたいに士官以上は米国、兵士は日本人としたのでしょうか。

霞ヶ浦の住人の回答。
>「士官以上」は、「自衛隊(警察予備隊)が発足した時」、幹部候補生出身者(軍隊に>入ってから幹部候補生試験を受けて士官になった人)ら、非職業軍人が中心となり>ました。
「将官クラス」は警察官僚がなりました。
「植民地軍みたいに士官以上は米国、兵士は日本人とした」ことはありません。

説明。
「一から教育」では大変なので、旧軍出身で、職業軍人でなかった人を採用したのです。
旧軍で職業軍人でない将官はいませんでした。
警察官僚(内務省官僚)が将官になりました。
「将官クラスとなると当然いろいろな経験や専門知識を求められるので、易々と できるものではない」のは事実です。
そのため、1951年から公職追放を解除して、職業軍人を入隊させました。

下記、ウィキペディアの陸上自衛隊の歴史の人事の歴史を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E4%B8%8A%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A#.E4.BA.BA.E4.BA.8B.E3.81.AE.E6.AD.B4.E5.8F.B2

329 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:14:36 ID:7wfZUfbw
>>316

> 士官以上は適当にきめて一から教育したのでしょうか。

それに近い状況だが、独自に幹部養成する間もなく旧軍人の採用が開始された


> 特に将官クラスとなると当然いろいろな経験や専門知識を求められるので、易々と
> できるものではないとおもいます。

設立当時には将官クラスなんか居ない
あえていうなら、警察官僚からの出向者が高級幹部

> 植民地軍みたいに士官以上は米国、兵士は日本人としたのでしょうか。

士官以上っていうか、教官が米軍顧問団
旧軍人採用後も、装備が米軍供与品だし米軍支援のために米軍の戦術も学ばねばならん

その当たりの背景は、↓このあたりが詳しいぞ
www.nids.go.jp/dissemination/ kiyo/pdf/2006/bulletin_j8_3_02.pdf

330 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:16:34 ID:jibOLTo1
世界の空軍基地で強固で立派で金かけてんなーと思う戦闘機シェルターってどこですか?

331 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:17:23 ID:???
>>327
同属を殺す事に嫌悪を感じるのは本能的なのか後付なのかって事か
もうそりゃ趣味じゃなく研究の範囲だな

332 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:19:09 ID:???
>>330
スエーデンの高速道路わきの戦闘機シェルター
なにせ岩盤くりぬき。
あとはうわさレベルだが、北朝鮮の山をくりぬいた地下航空基地。

333 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 20:20:31 ID:qBtQHjKE
上記>>328から、ウィキペディアへ、うまくと飛びません。
ご自分、ウィキペディアへ行って、陸上自衛隊を検索してください。


334 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:27:12 ID:???
>>314
ディーゼルエンジン採用の際の軍からの要求に「燃費」もなかったっけ?

335 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:27:59 ID:qceZWlYp
なぜ日本のアパッチは少数配備にとどまったんでしょうか?

336 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:29:38 ID:???
>>327
倫理教育含めて完全に無垢な人間というものが存在しない以上
先天的か後天的かは分からないね。
だけど、ポルポトの例も体制によって暴力や殺人に対する肯定的な操作・教育が行われているからなぁ。
革命の敵、傀儡政権の手先、アメリカの手先、ベトナムの走狗、資本主義の豚は
例え親兄弟でも決して許してはならない。
何時でも密告して、必要なら殺せ、というような。

殺人を恐れたり、悪とする感情が後天的なものなら
逆にそれを肯定するのも後天的なものが大きいと思うよ。
本来はどっちでもないのかも。
他の動物なんかは違うような感じもするけど、ほんとに調べようが無いね。

337 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:32:47 ID:???
>>334
ディーゼル採用を強く働きかけた原乙未生大尉が、
ディーゼルの利点として資源の無い国にとっての「燃費効率」の重要性をあげている。

338 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:41:13 ID:???
>>335
製造元のボーイングが生産中止を決めたので、ライセンス生産も続けられなくなったから。
富士重工が全てを製造するわけではなく、一部の部品はボーイングから購入するシステムだったので。

339 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:43:51 ID:ABePl8qr
チャーチル・クロコダイルが牽引している火炎放射器用の燃料タンクは、機銃等の軽火器で発火できたんでしょうか?

340 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:45:03 ID:???
>>338
ご返答ありがとうございました

341 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 20:54:37 ID:qBtQHjKE
>>339
>チャーチル・クロコダイルが牽引している火炎放射器用の燃料タンクは、機銃>等の軽火器で発火できたんでしょうか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「軽火器で発火でき」なかったと、霞ヶ浦の住人は想像します。

説明。
「チャーチル・クロコダイル」の戦車兵の手記にそのような記述がありませでした。
もし、「火炎放射器用の燃料タンクは、機銃等の軽火器で発火できた」のなら、恐ろしくて、必ず記述しているはずです。

342 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 20:55:29 ID:???
>>341
想像で答えるなって何度言われたらわかるんだ屑

343 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:04:38 ID:???
>>341
すくなくとも装甲厚とかのデータ出せよ。
ここは、かすみんの想像で答えるスレじゃないんだぞ。

344 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:06:56 ID:nyYpx/KI
今日のNHKの囲碁の番組で、『男たちの大和』のメイン音楽
(長渕ではなくて、乗艦シーンや天一号の出港シーン他で流れてる曲)
がメインテーマ曲として使われてたんですが(挿入及びエンディング)
あの曲は映画オリジナルなんでしょうか、それともクラシックか何かからの
引用なんでしょうか??

345 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:09:21 ID:???
>>215
500人×4で四方からの攻撃が最強だろ、包囲してるんだから

346 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:10:36 ID:???
>>344
スレちがい、創作スレへどうぞ。

347 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:13:03 ID:qHpefTLA
>>341
証拠出せって、タンクの材質とか
想像で答えるな。

もう、初質での想像回答はテンプレで禁止しよう
ひどすぎるわ、この回答

348 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 21:13:23 ID:qBtQHjKE
>>323
>>316
>警察とか、旧内務省の官僚が割り当てられました。

霞ヶ浦の住人の訂正。
警察官僚=旧内務省官僚です。
両者は同じです。

説明。
内務省は、第二次世界大戦直後まで設置されていた省です。
警察・土木・衛生・地方自治などを担当しました。
この中で、警察関係の官僚が警察予備隊に入隊しました。
制服組ばかりでなく、背広組も警察官僚(内務省官僚)がなりました。
従って、自衛隊(警察予備隊)は、警察官僚(内務省官僚)の植民地状態にありました。

下記、ウィキペディアの内務省 (日本)を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E5%8B%99%E7%9C%81_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%29

349 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:14:39 ID:???
>>341
カスミンはなんか劣化してきたなw

350 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:16:19 ID:???
>>339
英語版wikiのChurchill Crocodileには
"Four hundred gallons of fuel and nitrogen propellant, enough for eighty one-second bursts, were stored in a 6? ton detachable armoured trailer towed by the Crocodile."
とあるな。
厚さや材質の記述はされてないが、少なくとも装甲と明言できるだけの防御はされていたようだ。
小火器クラスなら十分抗甚すると考えて良いのではないだろうか。

下記、ウィキペディア英語版のChurchill Crocodileを参照下さい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Churchill_Crocodile

351 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:16:51 ID:jibOLTo1
332さん回答ありがとうございます。
シェルターオタクとしてはぜひとも見てみたいな〜〜〜〜。
冷戦が終結したのに機密解除しないんだ。

352 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:21:10 ID:???
>>348
警察以外の内務官僚出身者も割り当てられてます。

353 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:26:53 ID:???
>>348
創設時の本部次長の江口見登留氏は警察関係者でなく
内務省秘書官からですが。
自分で提示したwikiの内容くらい確認して回答しろよ。訂正がで
たらめだと意味がないだろ。

354 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:38:12 ID:N7ERsG1O
ドイツ公海艦隊に詳しい書籍で良い物はないでしょうか?
巡戦の色とかがわかるものだと最高なのですが

355 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:39:12 ID:???
>>348
もしかしてカスミンは323の文章を
「警察+旧内務省官僚」と読み取ったのか
普通に文章を読んで理解できる人なら
「警察を含む旧内務省官僚」と読み取るのだが。

356 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:39:44 ID:???
>>354
ジェーン海軍年鑑

357 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:44:30 ID:???
>>355
かすみんは、旧内務省の人間でも警察畑の人間しか移ってないと思ってるんだろ。

358 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:45:06 ID:zJDjVLrG
もう4月なんで・・・・・
回数減らします。ここ1週間見てたけど変化なし、計○こない

359 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 21:45:41 ID:qBtQHjKE
>>353
>>348
>創設時の本部次長の江口見登留氏は警察関係者でなく
>内務省秘書官からですが。
>自分で提示したwikiの内容くらい確認して回答しろよ。訂正がで
>たらめだと意味がないだろ。

霞ヶ浦の住人の回答。
「江口見登留氏は警察関係者で」す。
1954年7月1日から1957年1月11日まで、警視総監を勤めています。
警察以外の役職も勤める、内務官僚だったのです。

「wikiの内容くらい確認して回答しろよ」。

下記、ウィキペディアの江口見登留を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E5%8F%A3%E8%A6%8B%E7%99%BB%E7%95%99

360 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:47:47 ID:???
まずは簡単に始められる海外マネー撃退法を教えてあげよう。

日本の株式市場に流入している金の約6割が外資マネーということを知っているかな?
平均株価は外資によって維持されていると言っても過言ではない。もちろんこのような状態は
不健全であり、日本の株価は外資の思惑一つで簡単に上がったり下がったりしてしまうのが
現実なのだ。

しかし裏を返して言えば、あなたが株の売買を通じて利益をあげることができたとした場合、
その利益の6割は外資から金を奪うことによって成り立っていると言えるわけなんだ。
もしも君が株で100万円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は60万円。
1億円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は6000万円。
100億円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は60億円にも達することになる。

つまり君が株式市場に参入し、利益をあげればあげるほど、外人投資家がそれに応じた
打撃を被るというわけだ。
君が利益をどんどんあげていけばいくほど、ハゲタカファンドは苦しんでいくんだ。

それがどれほど日本を守ることにつながるか、わざわざ説明するまでもないだろう。

株で勝つ方法は簡単。日経新聞や株に関する雑誌を講読すれば良い。
日頃から情報収集を怠りなくおこなえば、そして外資がすぐには入手することができない情報を
日本の地の利を生かして先に入手することができれば、外資を出し抜いて金を奪い取ることなど
造作もないのだ。
最近は株に投資するなとレスする奴がいるが、そいつは外資のスパイだ。日本の愛国者が株で
外資から金をせしめることを恐れて、外資のスパイが情報工作しているのだ、気をつけろ。

金が無いならサラ金で借りれば良い。株式トレーダーは自営業みたいなものだから、職業を聞かれたら
自営業と答えれば良い。
アコムで無理ならプロミスで借りろ、プロミスで無理なら武富士で借りろ、
武富士で無理ならアイフルで借りろ、アイフルで無理ならレイクで借りろ。

海外ファンドから日本経済を守るため、そして海外ファンドを苦しめるため、君も株に投資しよう。

361 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 21:50:49 ID:qBtQHjKE
>>355
>>348
>もしかしてカスミンは323の文章を
>「警察+旧内務省官僚」と読み取ったのか
>普通に文章を読んで理解できる人なら
>「警察を含む旧内務省官僚」と読み取るのだが

霞ヶ浦の住人の回答。
>>323
>>316
>警察とか、旧内務省の官僚が割り当てられました

362 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:52:34 ID:???
>>359
警察予備隊を退官後ですね。
警察予備隊創設以前の経歴を出さないと意味がありませんが。
まさか、警察予備隊以後の経歴に警視総監があるからと警察予備隊
以前も警察畑の人間だったと言い張るくらい寝ぼけてるんですか?

363 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:53:26 ID:???
>>361
他人の回答を丸ごとぱくって回答としないでください。

364 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 21:55:53 ID:???
回答が入る

カスミが日本語を理解できず、間違ってると思い込み
へんてこりんな訂正を入れる

突っ込まれる

カスミが言い訳に終始する ←いまここ

365 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:04:04 ID:???
>>359
内務官僚と警察関係者は全然違うものですが

それと、歴代警視総監の一覧からそれぞれの経歴を参照すると
内務官僚以外からも警視総監に就任している方が大勢おり、
警視総監退官後も内務官僚以外の役職に就任しております

あなたの論理(官僚が警視総監に就任するので植民地になる)ですとこれでは
警察予備隊は内務省官僚以外からの殖民地状態でもあったとかになりますが?
妄言もたいがいにしなさい

366 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:09:04 ID:???
というか大警視・警視総監の初期の歴代就任者にはあからさまに軍関係者が就任しているわけだが
警察予備隊(自衛隊)が内務省・警察の植民地というより警視総監職がもともと旧軍とゆかりがあったって事だと思うが

367 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:11:20 ID:???
>359
退官後だろ?
警察予備隊に入ったときは内務省大臣秘書官しか経験してない。警察関係者じゃないぜ

368 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:13:02 ID:???
>>348

 「霞ヶ浦の住人の訂正。
  警察官僚=旧内務省官僚です。
  両者は同じです。」

というのがそもそもの大間違いなんだね。
それを取り繕おうと必死こいて珍ソースを貼りまくってるのが現状

369 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:13:16 ID:???
いちいち人の回答にケチつけるな

370 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:14:56 ID:???
ふと気がついたが、ここには何人か、戦前の警察と内務省は関連のない別の組織だと考えている奴がいるんじゃなかろうか


371 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:16:08 ID:???
カスミン位スルー出来ないのか(・∀・)ニヤニヤ

372 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:16:29 ID:???
雁首そろえて警察板へでも行ってくれ。

373 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 22:26:36 ID:qBtQHjKE
>>365
>>359
>内務官僚と警察関係者は全然違うものですが
>それと、歴代警視総監の一覧からそれぞれの経歴を参照すると
>内務官僚以外からも警視総監に就任している方が大勢おり、
>警視総監退官後も内務官僚以外の役職に就任しております
>あなたの論理(官僚が警視総監に就任するので植民地になる)ですとこれで>は
>警察予備隊は内務省官僚以外からの殖民地状態でもあったとかになります>が?
>妄言もたいがいにしなさい

霞ヶ浦の住人の質問。
「内務官僚以外からも警視総監に就任している方」は誰ですか?
教えてください。

ウィキペディアで、江口見登留の前後の警視総監を見たのですが、「内務官僚以外」に該当する人が見当たりませんでした。

「警視総監退官後も内務官僚以外の役職に就任しております」は、警視総監が、内務官僚として、上がりのポストだったからと、霞ヶ浦の住人は想像します。

下記、ウィキペディアの警視総監の歴代の警視総監を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E8%A6%96%E7%B7%8F%E7%9B%A3

374 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:33:04 ID:???
>>372
雁首ってエロくね?

375 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/30(日) 22:36:52 ID:qBtQHjKE
>>367
>>359
>退官後だろ?
>警察予備隊に入ったときは内務省大臣秘書官しか経験してない。警察関係>者じゃないぜ

霞ヶ浦の住人の質問。
あなたは、1905年生まれの人間が、1947年頃まで、「内務省大臣秘書官しか経験してない」とお考えですか?

下記、ウィキペディアの江口見登留を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E5%8F%A3%E8%A6%8B%E7%99%BB%E7%95%99

376 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:38:46 ID:???
>>373
上がりポストは戦前も事務次官だよ
警察のトップは、いってみれば子会社の社長ポストで出世から外れた奴のいくところ

377 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:39:57 ID:???
>>375
だったら、貴方が調べてだせばいいでしょ。自分で調べられない
ならいつものおとくいで、人の経歴を想像するのか?
自分で出せない以上貴方は否定する根拠がないわけだが。

378 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:40:38 ID:???
>>375
リンク先の経歴を見ると厚生省労働基準局長、労働省労働基準局長、労働次官とあるね。
どうみても警察畑出身には見えないが。


379 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:40:44 ID:???
>>374
そう感じるのは、きみが潜在的に性的に男性に惹かれるタイプだからだよ


380 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:47:16 ID:???
ちょっとでも内務省にいた経歴があったら警察畑に分類されちゃうのかも。

381 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:47:19 ID:???
で、きみらに欠けているのは、戦前の内務省は今の総務省やら厚生労働省やら旧建設省の仕事全部と
警察の仕事を一体として管轄していたって事実だ
ま、仕事の半分は治安維持、つまり警察関係だったんだけどね

382 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:50:48 ID:???
別にカスミンをかばう訳じゃないが、
厚生省や労働省はもともと内務省から別れたものだから
警察官僚が行くことはある

旧内務省の場合は高等試験に受かると地方系と警保系に分かれて
地方系の官僚は警察畑に行くことはないけど、警保系の官僚は一般の部署に行くこともある
警察庁長官だった後藤田さんも自治省の税務局長とかやってるし

もともとの質問の警察予備隊の将校に誰がなったかというのは
さすがに警察官僚だろう
大体警察予備隊なんだし

ただ将校じゃなく事務系の幹部から他の省庁から来た人もいるだろう
最近だって防衛庁には財務省とかからも来てた人もいるし

383 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 22:57:17 ID:???
>375
警察畑じゃないだろ?おまえメクラか?

384 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:00:45 ID:???
>>383
警察畑じゃない人が警視総監になることはありえない
経歴に書いてない1947年以前は警察関係を回ってたはず

385 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:10:09 ID:???
どっちにしろ、滓がトンデモ回答するたびにスレが荒れる。
滓をアクセス禁止にした戦鳥の管理者は正しいことをしたと実証してるわけだ。


386 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:16:26 ID:???
>>385
お前毎回そればっかりだな

387 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:16:28 ID:???
カスミンはやれば出来る子

カスミンが悪いんじゃない、荒らしが悪いんだ

388 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:21:28 ID:???
>>386
事実だからな。

389 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:23:56 ID:???
だから派生でやってくれよ〜。

390 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:27:16 ID:uaKdFFSZ
もう、初心者質問スレでは想像回答は禁止にしようよ。
ソースをめぐっての議論で、スレが荒れる。

391 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:37:29 ID:???
> ソースをめぐっての議論で、スレが荒れる。

ソースは?

392 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:37:42 ID:???
>>390
だから早く派生で議論しろよ

393 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:38:11 ID:???
>>390
>>3

394 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:39:52 ID:???
テンプレに入れても一緒。
一度指摘訂正を入れた後は想像回答者が何を言ってもスルーすればいいし、そうするしかない。
いちいち構う奴も荒らす片棒を担いでると認識すべき。

395 :名無し三等兵:2008/03/30(日) 23:48:03 ID:???
>>394
前派生で結論でたよね

396 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:08:45 ID:CTJnIDNL
なんか変な流れだが・・
戦前〜戦後期には警察官僚なんてのは無いんだよ
警察は内務省の下部組織であって、内務省は統帥権独立を盾にブイブイ言わせてた軍部と張り合える文官の花形だった
戦中は憲兵と張り合う特高みたいな、歪んだ図式もあったけど
警察組織も含めた内務官僚ってのは、国家の選良だったわけだ
で、戦後にGHQが軍と同時に内務省も解体し、官僚制度の基幹だった高等文官選抜制度も廃止しちゃった

ところが、当時の有為な人材はみんな内務官僚か軍人になってた時代だから
それを全員リストラしちゃったら、戦後の混乱を収束させて、東西冷戦・高度経済成長って新たな国家的課題に対処できなくなっちゃったんだな

それに対する日本政府とGHQの対処が、旧軍人公職追放解除(←これは警察予備隊創設以前からの決定事項)であり、キャリア官僚制度創設(高文復活)だったわけだ

日本行政史ってのは特殊で、征夷大将軍を長とする幕府ってのは軍司令部であることを建前としつつの統一行政機関だったんだよな
明治憲法で行政機関と軍組織を分離したんだけど、日中・太平洋戦争中にそれが混交しちゃった

で、戦後に再整理される過渡期に対症療法的に創設されたのが警察予備隊〜保安隊なわけよ
この混乱の後遺症は、いまだ続いてる
あくまで内政機関として成立したから警察擁護が自衛隊に残ってるし、やっと防衛省昇格を果たしたものの、国家主権者(かつては天皇、現憲法では国民)保護の主体は、自衛隊ではなく自治体(自治省=旧内務省のなれの果て)なんだな

397 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:09:08 ID:???
でも緑も妄想で回答しているだろ?
なんで霞だけつっかかるのさ?
差別はイクナイ!

398 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:20:23 ID:CTJnIDNL
>>397
実績に基づく信頼性の問題じゃね?
「緑」自体がリアル翠さんの妄想上の存在だから
翠さんが設定したキャラがヒキで自衛隊ヲタパンピーの「緑装薬〜」である以上、その放言が翠さんの妄想であるのはしかたないよ

リアル翠さん(篠原涼子似の一般幹候出身3佐)の妄想なら信用してもイイ

399 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:21:29 ID:???
国家Iとか地方IIとかより高等文官試験の方が名前的にカッコいいとかどうでも良い事を考えた俺

400 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:24:19 ID:???
>>398
日本語

401 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:25:05 ID:CTJnIDNL
>>399
> 名前的にカッコいい
この程度の動機で受験してくる・・がしかし、受験テクニックだけは抜群にある奴をフィルタリングするだけの効果はあったわけだ

402 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:39:10 ID:Ey3uCMA1
自衛隊の訓練かなんかにエアガンを使っているそうですが効果はあるんですか?
サバゲーとかやってると変な癖がついてよくないと聞いたことがあるんですが

403 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:43:26 ID:CTJnIDNL
>>402
その「変な癖」は新隊員レベルで徹底的に矯正される
でも、自衛官特有の「変な癖」もついちゃうのよ
それを矯正するために・・ってか、人に銃を向けるって場合に必要な癖をつけるためには、エアガン(っていうか擬製銃)を用いた訓練は有効

404 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:46:13 ID:???
エアガンなんて良い方だよ
中には木銃を64式サイズに切った物やら

405 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:54:10 ID:???
>>403-404
ありがとうございます

406 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 00:57:54 ID:mArrvDCz
ヨーロッパには多くの古城がありますが第一次,,二次大戦時において、城塞と使用されたんでしょうか?

407 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 01:04:01 ID:???
>>406
司令部として使用された例はあるが戦闘に使われた例はあんまりない。

火砲発達以前の様式の城塞は砲撃に弱い(砲弾の直撃に耐えるような設計強度がない)ので、
近代の戦闘では利用価値はほとんどない。

近代になってから建設された要塞なら、いくつかの激戦の舞台となっているが。

408 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 01:05:05 ID:???
>>406
都市としての城砦の場合、使用されたところもある。
ブレスト・リトフスクなんかはいい例。

409 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 01:13:22 ID:1H6Iz/yT
質問です
ミサイルや魚雷の威力はどこを見て判断すべきなのですか?
ミサイルなら、多種の弾頭がありますし、速度なんかみ関わってきそうなので、
一概に炸薬量=威力と考えてよいものかと思いまして

410 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 01:13:52 ID:???
>>406
城ではないが、山上に位置していたイタリアのモンテ・カッシーノ修道院が第二次大戦に激戦の舞台となっている。
もっとも最初そこにドイツ軍がいると思い込んだ連合軍が猛爆を加え、廃墟になった後でドイツ軍がそこを占拠して要塞化するという変則的な形だが。

411 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 01:19:27 ID:???
>>409
ミサイルなら、弾頭の種類(核か通常、化学)、射程、発射プラットホーム、対象目標
魚雷なら、雷速、重量、射程ってところ。

412 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 01:30:44 ID:1H6Iz/yT
>>411
ありがとうございます。
申し訳ありませんが、通常兵器の威力のみに絞って教えていただけますでしょうか?
例えば、亜音速対艦ミサイルと、超音速対艦ミサイル(但し亜音速対艦ミサイルの半分の炸薬量)なら、
直撃した場合、どちらが艦船に大きな被害を与えるのでしょう?
速度と質量による威力もバカにはなりませんよね?

413 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 01:41:07 ID:???
>>412 そういうのを定量化するのは難しいし 対象によっても
変わっちゃうし

414 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 01:41:52 ID:???
>>412
そういうのは場合によるとしか言いようがない気がする
被害っていっても何をもって被害と考えるかにもよるだろうし


415 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 01:48:44 ID:???
>412
>>413-414の言うように定量化はむづかしい
炸薬量と突入速度のトレードオフなんていまだにできてないし

でも一般的に言って、運動エネルギーが多いほうが目標に与える被害は大きいし、
近接防衛システムで打ち落とされた後でも脅威になるという点では「威力は大きい」と言えるかもしんない。

416 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 02:16:39 ID:1H6Iz/yT
>>413-415
ありがとうございます。
やはり、難しいのでしょうか?

魚雷に関してはどうでしょうか? あれが艦艇に与える被害は炸薬量によるものなのでしょうか?
だとしたら、例えば短魚雷なみの炸薬量で長魚雷なみの爆発力を発揮できる画期的な炸薬が作り出された場合(過程の話です)、
長魚雷なみの威力を持つ短魚雷の作成が可能となる?

417 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 02:24:39 ID:???
>416
魚雷については速度はあんま関係ない
炸薬量が威力

スーパーキャピテーションを利用した超高速魚雷も開発されてはいるけど
それは運動エネルギーを高めるためじゃなくて敵の対処時間を少なくするためという面がおおきい

418 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 08:36:15 ID:???
>>416
魚雷についてはそうだろね。対艦ミサイルでは運動量が大きく影響する。

対空ミサイルなんかでは、炸薬量が多く、飛散弾片の質量×速度が大きければ威力が大きいと
いいたいとこだけど、ミサイルの誘導装置や機動性が優秀で、従来の距離の半分まで近づいて
起爆できれば、単純計算では1/8の飛散弾片で同じダメージを与えられる。当然炸薬量も減らせる。

最近の高性能対空ミサイルはふつうに直撃したりするから、そうなると炸薬は不要、
威力と無関係という考え方すら出てくる。でも基本的には炸薬量と威力は大きく関係する、
でいいんジャマイカ。

419 :418:2008/03/31(月) 08:40:47 ID:???
>>418 補足

HEATの貫通力は直径に比例するから、炸薬量をいくら増やしても貫通力は増えない。
この場合は弾速も関係ない。必要最小限の炸薬量があれば、弾頭の直径が同じなら
貫通力(威力)は基本的に同じ。

同じ直撃系でも、ミサイル自体の質量が大きく、運動エネルギーが大きく関係する対艦ミサイルから、
上記の対戦車ミサイルみたいに、運動エネルギーも炸薬量も威力に無関係(言わば)なものまであるわけで、
個々の兵器について個別に議論する必要があると思う。

420 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 08:52:14 ID:???
>>416
ttp://jp.youtube.com/watch?v=_oUNt47G-08
これを見れば魚雷の威力は炸薬量によることがよくわかると思う。
2番目と3番目では魚雷が船底直下で爆発して竜骨を叩き折っている。

421 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 09:07:59 ID:???
艦底下で起爆する魚雷の破壊力は

最初の衝撃波による艦体硬構造の破壊
爆発で生じたガス、水蒸気による艦体の持ち上げ
そのあとの艦体の落下

によるから、基本的に炸薬威力で決まるわけだね。

422 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 10:50:26 ID:???
三菱F-1とかX-29とかのノーズコーンの先端についてる棒の名称って何ですか

423 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 10:57:46 ID:???
>>418
>最近の高性能対空ミサイルはふつうに直撃したりするから、

したっけ? 近接信管以外の物がある?
いや、俺の勉強不足かもしれないが…

424 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 10:59:48 ID:???
>>422
ピトー管
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%BC%E7%AE%A1

ちなみに「X-29」でぐぐると検索結果に「機首先端にはピトー管が、」という文章があるのが見えますが。

425 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 11:06:36 ID:???
>>423
なんで弾頭信管がないと考えられるのか
そっちのほうが不思議なわけなんだが。

426 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 11:08:03 ID:???
>>423
対弾道弾用とか対対艦用のミサイルの事だと思われ。

427 :423:2008/03/31(月) 11:12:55 ID:???
>>426
そーゆー意味なら、それもそうだね。

>>425
対航空機用のミサイルに着発信管の物ってあったかなぁ?って思って。

428 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 11:14:21 ID:???
対対艦用って要するに艦載SAMか
直撃型のなんてあったか

429 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 11:17:32 ID:G38Wj7hx
現在の中国の軍事技術の評価ってどんなもんですか?
小火器や軽車両や後方支援用の機材ぐらいしかまともな物は無いですか?

430 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 11:26:46 ID:xM+D9sy9
M4は車高が高い高いと言われてるわりには
wikipediaで全高を見るとM4が2.67m、4号戦車が2.68mで
高いどころかほとんど差がない気がするんですが
高いのはどの部分のことなんでしょうか?

431 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 11:31:55 ID:???
>>419
>HEATの貫通力は直径に比例する
Panzerfaust3の弾の直径は110mmだが、直径150mmの初代Panzerfaustに劣るんだろうか?
年代ごとの違いもあるでよ。

432 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 11:42:17 ID:???
>>431
確かに弾体の着速度に威力が左右されない(されにくい)けど、炸薬の性能やライナーの質や角度も関係した筈。

433 :418:2008/03/31(月) 12:01:08 ID:???
>>423
ゴメン、言葉が足りなかった。

近接信管・着発信管併用が普通なんだが、試験なんかの結果をみると、最近は「目標を直撃して成功」
という記事が多い。だからPAC-3みたいに直撃オンリーでなくても、実際には直撃してしまうということ。

>>431
おっしゃるとおり。だから直径の何倍、という数字にも幅がある。
衝撃波解析の進歩、ライナー素材の最適化などがあるし、
重量などの制約と想定目標によって、敢えて「低性能化」していることもある。
さらに言えば、HEATであっても装甲貫通だけでなく、周辺危害を考えた多目的弾頭もあり、
この場合は炸薬重量が周辺危害の「威力」については関係してくる。
そうなると「威力」を貫通力で定義するのか、集権危害で定義するのか、足し合わせるなら
重み付けをどうするのかという議論も出てくるわけで、炸薬量対威力という話は一般化しにくい。

434 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:08:02 ID:???
ああ・・・ こいつ、「アレ」か

435 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:08:45 ID:???
>>433
AAMの試験はあらかじめ位置も速度も判明しているターゲットが目標だから、ミサイル側の操縦装置が正常なら直撃して当たり前
しかも外れたのは「誘導されなかった」という理由付けでカウントしないって慣習もある


436 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:12:50 ID:???
AAM等、対航空機用の物は至近炸裂で破片衝突も直撃扱い。

437 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:14:18 ID:???
>>434
うん、そうなんだ。だから無視してくれるとうれしい。
誤りがあると思うのなら、正解を示してくれるとなおうれしい。

>>435
「実戦に即した回避機動、妨害手段を使用してのテストで直撃」とかの記事もあって、
やらせテストだから直撃、というだけでもないらしい。一昔前よりずっと誘導性能は上がってるみたい。

438 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:27:44 ID:???
最近のって言ったから解釈する人間によって「最近」の範囲に差が出たって事だろう
最新のとか新しい世代のとか言えばもっと判りやすかったんじゃないか?

例:最近の戦車
・現代で使われている最も新しいバージョンの第3世代戦車
・近年出始めた第3.5世代〜4世代戦車に分類される新型や改修型

439 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:32:02 ID:U+V9y2BS
この前、「自称軍事マニア」の友達が、「海自のおおすみ型輸送艦に99式自走榴弾砲とか
87式高射機関砲とか88式地対艦誘導弾とか載せれば最強じゃね?」とぬかして絶句しまし
たが、実際にこんな事出来るんでしょうか?
いや、「できます」と言われても困りますが。

440 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:36:40 ID:???
>>439
発射したら、滑って落っこちる

441 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:37:57 ID:???
普通運動量じゃなくて運動エネルギーのが重要だよな?

442 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:38:22 ID:???
>>439
生暖かい目で見ててあげてください
FCSなしにピッチ&バンクしまくる船から撃っても
海面撃つか仲間撃つのが関の山です。というか、甲板抜けます

443 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:39:11 ID:???
>>439
船は揺れるんだぜ?
輸送は可能だけど、発射しても意味内

444 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:40:04 ID:???
>>439
・99式自走榴
沿岸から内陸部に砲撃するのは現代戦ではあんまり意味がありません
内陸奥地には届かないので(99式の射程は30km前後)

・87式高射
機甲部隊に追従して対空防御を行う装備なので個艦防御としては
近接防御の役にしか立ちません、それなら素直にAAMでも装備してください

・88式SSM
発射時の噴射炎で甲板が融けます
あと似たようなことはアメリカが昔、強襲揚陸にロケット砲装備してましたが
やはり内陸奥地には届かないので意味なし

揚陸支援の装備としてそれらを乗っけるなら局地的に役に立つこともあるかもしれませんが
しかし、それらを乗せた分おおすみの輸送・揚陸能力は下がる(搭載スペースを食われる)
ので、肝心の揚陸させたい戦力が少なくなるので本末転倒かと

まあ発想自体は軍事マニアを名乗る人間だったら少なくない人が一度は通る道ですね
はしかみたいな物です

445 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:40:44 ID:???
>438

普通は近接信管と直撃式信管の併用で、たぶん、直撃式対空ミサイルはイギリスのレイピアくらいしかないと思う。


446 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:41:43 ID:???
>>439
甲板が傷むし、艦の動揺をキャンセルしないと精度ムチャクチャになるから、
行進間射撃能力がある兵器でないとダメ。海水や天候に対してどう保護するかも問題。
その辺対策して、要らん部品を取っ払うと艦載砲、機関砲になってしまうわけだが。

差し迫った必要があり、他に方法がなければ、やってやれないことはない、というぐらい。

447 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:45:20 ID:???
>>445
確かにレイピアは漢だと思う。PAC-3は一応直撃が売りだけど、近接信管と弾片も使ってる。

448 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 12:48:58 ID:???
>>445
なんでもいいんだったら91式も近接信管もってなかったでしょ確か

449 :447:2008/03/31(月) 13:00:19 ID:???
>>445
最近のレイピア改良型(2B)は、フォークランドでの戦訓から近接信管も付けたそうだ。

直撃式はスターストリークだね。これも英国製・・・

450 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 14:20:11 ID:dmqQTziv
>>144は間違ってます。

小口径で多数の機銃を積むのはWW2初期のイギリスの方法でした
イギリスのWW2爆撃機の多くは7.7mm砲塔です
ただ、これだとドイツの.戦闘機に対抗するには力不足なので、主として夜間爆撃を行いました。
アメリカはM-2という優れた12.7mm機銃があったのでこれを採用しました。
M-2はドイツや日本の戦闘機を相手にするには十分な能力を持ってました。
ドイツや日本は防弾装備の優れた連合国軍戦闘機の相手をする必要があるので
対抗上どうしても20mmのような大口径機銃を積む事になりました。

>>143
小口径機銃をたくさん積んで段幕を張るか、大口径機銃で1発のダメージを選ぶかですが
戦訓による結論としては、爆撃機には戦闘機による援護を付ける です。
爆撃機にたくさん機銃を積んでも威力のある機銃を積んでも、敵の戦闘機には対応できない
敵地の制空権を奪えば機銃なんて不要 ということです。


451 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 14:27:59 ID:dLMv12Gd
質問です
冷戦と核兵器の評価としては
「もうちょっと戦争になるとこだった。偶然戦争にならなかっただけだ。核兵器使ってたら世界滅んでたよ。こえー」
「あれだけ対立してたのに戦争にならなかったのは核兵器のおかげだ。核の抑止力が正常に働いたんだ。戦争が起こらなかったのは必然だ」
とどっちが正しいですか?

452 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 14:44:38 ID:???
>>451
一定した答が出ない気もするし、核兵器がなかったらという仮定の質問にもなってしまいますが、
敢えて回答するならたぶん両方でしょ。

核がなければ米ソ、あるいはソ連と西側の正面対決の敷居が低くなり、ドイツあたりを戦場にして
紛争が起き、さらに発展していたかもしれない。

一方でMAD体制が確立されるまでは、常に偶発核全面戦争のおそれがあったし、
MAD後でも下手すればどうなったかわからない。

核兵器という自殺手段を手にしながら、それを使わずに済む方法をなんとか作り上げた、
ということだけは言えるでしょうね。

453 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 15:44:18 ID:dLMv12Gd
>>452
ありがとうございました

454 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 15:47:07 ID:y4l+nxUj
アメリカの旧歩兵連隊(たしか連隊は廃止されたんですよね?)って何人くらいだったんですか?
3000人くらい?

455 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 18:30:15 ID:???
>>454
時代によるし連隊による違いもあるが、例えば第一歩兵連隊(1st Infantry Regiment)の創設当初(1791年)は
1400名で構成されていた。また、第四歩兵連隊は1852年当時、約1000名だった。

456 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 18:48:24 ID:CH/01qIx
なぜ栗田艦隊はひきかえしたのだああああああああ!!!

457 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 18:52:44 ID:???
>>456
世界の戦史は「なぜ・・・たのだああああああああ!!!」の連続。

あとからいろいろ見て「とーぜん、ふつー、こーすろだろ!」ってのを後知恵という。

458 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 18:53:32 ID:Ima0Quyx
アメリカ軍のように銃にアクセサリーをつける国って他にありますか?
日本はダットサイトとかつけるの良く見ますが
ロシア軍や中国軍、ヨーロッパの軍などはあまり見たことがありません

459 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:05:29 ID:CH/01qIx
機関銃が登場したのは何という戦争からですか?

460 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:07:25 ID:???
>>459
本格的に使われたのはボーア戦争かな。

461 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:09:36 ID:???
>>459
戦争で使われたのは南北戦争ぐらいじゃないかな。

462 :460:2008/03/31(月) 19:09:40 ID:???
補足。もう少し前の戊辰戦争でも使われてはいるのだが、ごくわずかしか働いてない。

463 :460:2008/03/31(月) 19:14:29 ID:???
>>461
確かにそれが最初だと思う。ただ使われてはいるんだが、実験的なレベルらしい。
ttp://www.civilwarhome.com/gatlinggun.htm

464 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:14:49 ID:CH/01qIx
>>460
ということは塹壕もなくて今のような長期停滞戦がほとんどなかったのですか?

465 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:17:24 ID:???
塹壕なんてずーっと昔からあんだよ。
フリードリヒ大王の7年戦争でも重要な役割をしている。
そのずっとずっと前からあるわけ。

466 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:18:08 ID:???
>>459
手回し式の回転機関銃(いわゆるガトリング銃)が初使用されたのは南北戦争から。
現代の機関銃の原型であるマキシム機関銃が初使用されたのは1893年に英領南アフリカ警察が現地部族と戦った第一次マタベレ戦争。


467 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:21:49 ID:CH/01qIx
では機関砲も同じ時期に開発されたのですか?

468 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:24:29 ID:???
>>467
機関銃と機関砲の間には明確な区別はありません。
口径が大きいものをなんとなく機関砲と呼んでいるだけで国によって区分は違います。

ということは「機関砲」でぐぐればすぐにわかりますので、以後質問する前に検索してみる努力をしてみてはいかがでしょうか。


469 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:24:59 ID:???
何いってんだよおまえ。
機関銃と機関砲をあえて分けるんじゃねえよ。

470 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:26:31 ID:YobHybZG
塹壕内の兵士は、手榴弾を投げ込まれた場合、どのように対処するのですか?
放置ということはないと思いますが。

471 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:27:59 ID:???
常識で考えろよ。逃げんだよ。あたりめーだろ。
ガッツのあるやつは投げ返す。
もっとガッツのあるやつは覆い被さる。

472 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:28:20 ID:???
商品の単価が10万円以上場合、消費税の税率を8%にする。

商品の単価が10万円未満の場合の消費税率は現行のまま税率5%に据え置く。


これが最善の消費税率。

473 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:28:34 ID:???
>>470
投げ返す。
あらかじめ塹壕の底に掘られた溝に蹴落とす。
逃げる。
誰かが英雄的勇気を発揮して手榴弾の上に伏せる。


474 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:30:57 ID:???
>470
塹壕内の排水用の溝に蹴りこむか、
塹壕事態がジグザグに掘られているので
ちかくのおれてるところへ逃げる。


475 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:31:09 ID:CH/01qIx
機関砲って大砲に分類されるのですか?

476 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:32:25 ID:CTJnIDNL
>>470
壕内に手榴弾用の穴を掘っておいて、そこに転がり込むよう傾斜をつけておく
運良く、そこに転がり込んでくれる事を期待して
↓が正解

> 放置ということはないと思いますが。

手榴弾を投擲できるほどの距離まで敵が肉迫してるのに、バニクって飛び出す>>471は死んじゃう

477 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:33:54 ID:???
>>470
投げ込まれた手榴弾を蹴り込む為の穴がある。

478 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:34:37 ID:???
>>475
じゃあ鉄砲は大砲に分類されるのかよ

479 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:35:24 ID:???
たりめーだろ。
砲つうんだから大砲なんだよ。
何だと思ってんだ。

日本軍の97式自動砲みたいに
どうみてもライフルでも対戦車砲なんだよ。
定義の問題つうこと。

480 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:36:36 ID:CH/01qIx
陸海空軍で一番死亡率のひくいのはどれですか?

481 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:38:02 ID:???
>>476
塹壕だろ。横に逃げりゃいいだろ。

482 :ポルコ氏:2008/03/31(月) 19:39:10 ID:mzyuP0HF
メール欄ってどこにありますか?そしてsageってなに?スレッドを維持
したいんですけど・・・・

483 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:39:54 ID:???
>>480
時と状況によるけど
正面戦争で一番低いのは大抵陸
絶対数が多いから数だけでみると多いかもしれないけど

逆に空は頭数が少ないし真っ先に狙われるんで

484 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:40:08 ID:???
「砲」とは元々は筒の意。
大砲は大きな筒の事。遥かに小さな筒である銃などを砲と呼んでもあながち間違いではない。
他人に通じるか通じないかは別にして。

485 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:40:42 ID:???
>>480
陸海空じゃなくて兵種によって違うんだよ。
空軍でもパイロットは死亡率高い。整備班は低い。
海軍でも潜水艦とか無茶高いわけ。
戦況によっても違うしな。
劣勢の海軍ほど酷いもんはナイ。

糞味噌に陸海空とわけられん。

486 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:42:29 ID:???
>470
塹壕掘るときには一定間隔で手榴弾落っことすための深い穴を掘っておく
そこに放り込むor蹴り込む

487 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:45:52 ID:???
野戦の即席塹壕にそんなご立派な穴つくる暇あっかよ

488 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:47:04 ID:???
>>458
欧州で普及している小銃、例えばFA-MASやステアーAUGはすでにレールマウント装着型が
開発されて順次売込み中。
また、イスラエルのTAVOR-21ブルパップライフルはダットサイトその他のアクセサリーに
最初から対応している。

489 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:48:56 ID:???
>>485
負け戦だとパイロットは機材ごと逃げるが、整備員は取り残されて、それまで持ったこともない
小銃を押し付けられて地上戦に押し込められるので、死亡率はパイロットの数倍に達するのが普通


490 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:50:28 ID:???
>>487
即席塹壕に限定された質問では無いだろう。

491 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:51:12 ID:???
>>489
だから戦況で違うつってんだろ。
bobや日本本土防空の航空隊と整備班どっちが死亡率たけーんだよ。
重箱の隅つつくようなこといいやがってよ。

492 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:51:56 ID:???
航空隊の飛行兵と整備班、だな

493 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:52:41 ID:???
わかりやすすぎワロタ

494 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 19:54:18 ID:???
なんでファビョってるのがいるんだ?

495 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 20:01:50 ID:???
>>487
米陸軍のマニュアルにも、タコツボを掘る時でさえ手榴弾の落とし穴を作れと図解入りで説明してありますが。
ttp://www.globalsecurity.org/military/library/policy/army/fm/21-75/Fig2-19.gif


496 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 20:10:38 ID:???
>>487
穴じゃなく幅の狭い溝なら即席の壕でも大抵は作るよ
排水溝も兼ねているから
で、手榴弾もそこに蹴り込む
壕の底に溝へ向けての傾斜を付ければ自然に転がり込む

497 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 20:40:26 ID:O3KMZS+K
昔、映画で航空機基地が敵航空部隊に急襲された場面で、
迎撃発進を試みるも、発進する間もなく頭上にみるみる敵機が迫り、
パイロットは、「ダメだ!逃げろ!」と、機体を捨てて、走って逃げ出したのですが、
この場合、彼の判断は正しかったのですか?

498 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 20:41:17 ID:ClyH5nI8
なんかCIWSの役割も、ESSMに任せるという案がでてるとうかがったのですが、
ESSMでCIWSの代わりなんてできるのですか?

499 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 20:42:50 ID:???
>>497
正しい。
その場合は待避壕にでも入るしか手が無い。
空軍大戦略かい。

500 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 20:42:51 ID:???
そのまま離陸したら敵戦闘機に簡単に撃墜されます。
滑走路を真っ直ぐ、ゆっくりゆっくり飛んでいくので静止目標を撃つより簡単。

501 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 21:05:05 ID:???
>>498
個艦防御対空ミサイルをかいくぐってさらに接近してくる対艦ミサイルを相手にするのがCIWSだから、
定義上ESSMでもなんでも、CIWSの代わりになることは不可能。

ただ、すげぇ高性能対空ミサイル/システムだから、かいくぐるなんてマジ不可能、ってのがあるなら、
CIWSの代わりになるのではなく、CIWSが不要になるだろう。

で、ESSMにそれだけの能力があるかというと、攻撃側の能力次第という部分があるから
なんとも言えない。まあ、対艦ミサイル飽和攻撃みたいな状況は起きない、という設定で、
敵のジャミングなんかはムダムダ、というなら可能かもね。

でもCIWS積まない艦が標準になる様子はないので、そこまで思い上がってないみたい。

502 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 21:20:27 ID:ClyH5nI8
>>501
ありがとうございます。
CIWSをつけない艦(ズムウォルトなど)を、
アーレイバーグのようなCIWSも搭載した艦などで護衛したりするのでしょうか?
それなら、個艦防御・艦隊防御のためのミサイルだけでもなんとかなるでしょうし。

503 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 21:24:01 ID:ClyH5nI8
アーレイバーグ→アーレイバークでした。

504 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 21:25:57 ID:???
>>502
ズムウォルトはCIWS積んでるぞ。
57mm速射機関砲がCIWSだ。

505 :名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE :2008/03/31(月) 21:59:45 ID:8A6KY2Nf
前半未解答質問です。答えられる方、よろしくお願いします。


429 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 11:17:32 ID:G38Wj7hx
現在の中国の軍事技術の評価ってどんなもんですか?
小火器や軽車両や後方支援用の機材ぐらいしかまともな物は無いですか?

430 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 11:26:46 ID:xM+D9sy9
M4は車高が高い高いと言われてるわりには
wikipediaで全高を見るとM4が2.67m、4号戦車が2.68mで
高いどころかほとんど差がない気がするんですが
高いのはどの部分のことなんでしょうか?


以上です。よろしくお願いします。

506 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 22:05:39 ID:???
>>502
CIWSは個艦防御の典型ですから、他艦のCIWSに守ってもらうということはあり得ません。

507 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 22:05:42 ID:???
ESSMを撃つにはFCSが要る
ファランクスなら電源だけでいい

その違い

508 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 22:08:05 ID:???
>>502
艦隊防空艦が揚陸艦を護衛するのは当然と言うか、その任務をやらないで何をするのかと言うか

509 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 22:20:24 ID:ClyH5nI8
>>504>>506>>507>>508
ありがとうございます。
もう一つ質問です。
CIWSって機関砲なら左右に一門ずつついてますよね?
RAMは一つみたいなのですが、一つで足りるのですか?

510 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 22:25:17 ID:???
>>509
これまでのファランクスとかで2基以上必要だったらRAMも同じくらいの数が必要
単純にある程度の射角を捨てた可能性はある

511 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 22:28:26 ID:???
>>509
比較的新しい艦は両舷(大体270度くらいは)へ指向できるように配置されている

512 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 22:32:22 ID:???
機銃と違って誘導できるんで、ギリギリ死角くらいは無問題だろ。

513 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 23:11:00 ID:???
>>505の429について。

中国国産武器については、さして評価はされていない。
一流兵器と戦うには完全に役不足だが、中国国内の治安統治、日本・台湾・韓国を除く周辺国家を威圧するには
十二分な性能を持つ。

むしろ、最近問題になっているのは、ロシア製の兵器を中国がコピーして、それを安価に世界中に輸出しようとする
動きが加速しつつある事で、これらの中国製兵器が世界中で出回る事が懸念されている。

514 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 23:28:04 ID:???
>>509
CIWSってのはファランクスだけを指すと思ってる様だけど、Close In Weapon System(近接防御兵器システム)は文字通りシステムの事で、兵器単体を指すのでは無い事に注意。
ファランクスであれ速射砲であれ、それが最終的な防御兵器であればCIWS。

515 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 23:28:16 ID:???
>>509
そもそもザクセンクラスをはじめ、RAM2基という艦も少なくない。
予算上とか、従来のバルカンCIWSの置き換え/併用で、RAM一基搭載になってるパターンも多い。

516 :名無し三等兵:2008/03/31(月) 23:41:43 ID:PTnw65Ju
ベトナム戦争中に米中で密約があって、関東の核兵力を撤退させたという話しを聞いたのですが本当にそんな事があったのでしょうか?

517 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/03/31(月) 23:47:49 ID:XN0dv6Pc
>>459
>機関銃が登場したのは何という戦争からですか?

霞ヶ浦の住人の回答。
実質的に「機関銃が登場したのは」、1890年以降の、アフリカの植民地戦争です。

説明。
1890年前に、いろんな「機関銃が登場した」「戦争」がありました。
日本の戊辰戦争においては、ガトリング砲が登場しました。
しかし、それらは不調で、戦争に実質的な影響を与えることはありませんでした。

1890年にイギリスが、マキシム機関銃を採用して、その後アフリカで使いました。
これが、機関銃が有効な働きをした、最初の戦争でした。
アフリカでの原住民との戦いが、戦争といえるのかどうかは疑問です。
しかし、植民地戦争なる言葉も存在します。

その後の日露戦争で、機関銃が決定的な役割を果たしたことは、この板の読者にはお分かりのことでしょう。

しかし、奇妙なことに、アフリカの植民地戦争で機関銃を活用したイギリスは、機関銃を重視しませんでした。
機関銃がアフリカで有効だったのは、軍事訓練を施されていない、原住民相手だったからだ。
ヨーロッパ諸国の近代軍相手には、効果が少ないと考えていたのでした。
この誤った考えは、第一次世界大戦の現実が打ち砕きました。

参考図書。
機関銃の社会史 (単行本) ジョン エリス (著
下記、ウィキペディアの機関銃の歴史を参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E9%96%A2%E9%8A%83
下記、ウィキペディアのPM1910重機関銃の開発経緯を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/PM1910%E9%87%8D%E6%A9%9F%E9%96%A2%E9%8A%83
下記、ウィキペディアのガトリング砲の歴史を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%A0%B2

518 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:00:48 ID:???
ぬるぽ

519 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:01:02 ID:???
>>420-421
素朴な疑問なんだけど、この魚雷は、もっとはるかに巨大な船も1発で致命傷を負わせることができるように作られてるんじゃないのかな?
それはともかく、元質問のように速度を上げて貫通力を上げるのは意味がなくて、爆発で折り曲げてしまうのが効果的、という感じですかね。

520 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:02:08 ID:???
>>517
あんたは音速が遅い。

521 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:03:20 ID:???
いんや。超音速魚雷は理論上側舷を貫通して内部を破壊できるぞ。
だから速度が無関係というわけでもない。

522 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:03:32 ID:wjkkRlPH
SM-3がICBMなどには通用しないと伺ったのですが、
それは現段階においては不可能なだけで、
研究はされているのですか?
PVLSという新型VLSなら、SM-3を更に拡張しても
収納できそうですしできるのかもと素人ながらに思うのですけど

523 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:05:00 ID:???
>>513
役不足って

524 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:07:12 ID:???
>>522
ICBMにはICBMで対処するのダヨ

525 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:08:25 ID:???
役者不足と脳内変換すればよかろう。
国語の授業でもあるまいに、誤入力にいちいちくだらんことをいうな。

526 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:10:21 ID:???
>>456
疲れていたんじゃよ。

527 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:11:13 ID:???
>>525
役者不足とは「役者の数が足りないこと」だボケ
少しは日本語を勉強しろ

528 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :2008/04/01(火) 00:12:16 ID:sXiNBjZ/
ほっ、今年は4月1日があったか。

>430
砲塔を含めない車体の高さの部分になります。
4号戦車は、確かマイバッハの水平対向12気筒で高さが非常に抑えられていたのに対し、
M4は様々なエンジンが用いられていますが、基本は空冷星形9気筒を用いています。
星形エンジンを横に寝かせたのではなく、立てたので、車体の高さが4号戦車よりも高く
なってしまった訳です。
車体の高さが高ければ、それを隠す為の面積も巨大になります。
また、全体の体積も大きくなりますので、目標になりやすかったと言う事になります。

529 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:12:29 ID:???
>>527
ドアホか。
小学生の国語の教科書から読み直してこい。

530 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:12:53 ID:???
>>521
それは、「高速」かつ「破壊力大」の兼備(という嘘くさい触れ込み)でしょ?
「何が決め手なのか」という話だから。
極端な話、魚雷の直径プラスアルファ程度の穴ぼこを開けて素通りするだけでは無意味なわけで。

531 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:13:10 ID:???
ついでながら力量不足と役不足を取り違えるのは「誤変換」などではなく、「誤用」じゃ糞朝鮮人

532 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/04/01(火) 00:15:10 ID:G7o0Xwfo
>>516
>ベトナム戦争中に米中で密約があって、関東の核兵力を撤退させたという話>しを聞いたのですが本当にそんな事があったのでしょうか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「そんな事」無かったと、霞ヶ浦の住人は想像します。
「ベトナム戦争中に米中で密約があって、」沖縄「の核兵力を撤退させたという話し」は、有ったと、霞ヶ浦の住人は想像します。

説明。
ベトナム戦争中に、日本の関東に核兵器は無かったと、霞ヶ浦の住人は想像します。
佐藤総理大臣が1967年に非核三原則を示しています。
アメリカの艦船による持込はあったとしても、関東にあるアメリカ軍基地に、核兵器は無かったでしょう。

沖縄には、核兵器があったと、霞ヶ浦の住人は想像します。
1972年の沖縄返還の前に撤去されました。
同じ1972年にニクソン、アメリカ大統領が中国を訪れています。
沖縄の核兵器の撤去は、日本に対する譲歩ではなく、中国に対する譲歩であったと、霞ヶ浦の住人は見ています。
中国大陸のすぐ近く、沖縄に配備した核兵器は、中国からしたら、喉元に突きつけられたナイフのようなものでした。

下記、ウィキペディアの非核三原則を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E6%A0%B8%E4%B8%89%E5%8E%9F%E5%89%87
下記、ウィキペディアの沖縄返還を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E7%B8%84%E8%BF%94%E9%82%84
下記、ウィキペディアのニクソン大統領の中国訪問を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%A8%AA%E5%95%8F

533 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:15:28 ID:???
誤入力と書き込んでるのに漢字もわからん低能かよ。
くだらんことをグダグダいうなっての。

534 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:15:50 ID:???
>>529
我が家には戦後の小学校の国語教科書のほとんど全てを取り揃えてあるがそもそも「役者不足」を
成語として掲載しとるもんなんて存在しとらんぞ知ったかぶり野郎

535 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:20:10 ID:???
>>534
それはお前の読み方が足りないだけ。
さあ今から全部読み返す作業に戻るんだ。

536 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:20:45 ID:???
>>532
ところがカスミン、67年に横田に核爆弾が置いてあった証拠写真が存在するんだよ
なんと航空ファンの証言付きスクープだった
米は例によって「訓練用模擬爆弾だ」とかシラを切ったが塗装注意書きからみて間違いなく実弾だった


537 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:20:52 ID:???
>>519
船底下炸裂では艦艇の重量が船体を破壊する力となるので、魚雷の威力の大小はあまり関係ない。
炸裂の衝撃で船体が持ち上がり、その後海面へ叩きつけられる事で炸裂中心点辺りで船体が折れる。

538 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:24:20 ID:???
>>535
一字一句全て読み尽くしておるわい
「役者不足」を成語として扱っている教科書があるなら提示してみなノウタリン坊や

539 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:24:39 ID:???
>>533
まあ、朝鮮人にとっては、日本語が分からんなんてのは
たいした問題じゃないんだろうな


540 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:24:53 ID:ROB6QkUa
空自のF-15でAAM-4使えるのってどれ位あるの?

541 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:25:39 ID:???
>>532
ところで、カスミン、おまえさんは米軍は沖縄沖に水爆を落っことしたままという
事実を知らないのか?

542 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:26:06 ID:???
>>522
GMDの大きさを調べて、それがPVLSとやらに収まるかどうか調べてみれば

543 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:27:00 ID:???
>>532
いいかげん、想像で回答するのは辞めようよ。
はっきり行って邪魔なんだが。

544 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:29:07 ID:???
役不足とは、役者の力量に対して劇中の役が足りない事。
役者の力量>役柄 の意味で、
役者の力量<役柄 では無い。

545 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:30:14 ID:???
>>539
きみには日本には「国語辞典」という便利な書物があって、なんとネットで無料で使えるという事実を
教えてアゲョう童貞くん

546 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:31:00 ID:???
>>544
世の中には、友情出演とか、特別出演とか言う裏技があるんだが。

547 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:31:07 ID:???
>>538
それは今まで生きてきて「役者不足」を役者の数が足りないことだと思っている奴は、
国語能力の欠落したバカに違いないから、
小学校から国語の勉強やりなおしたほうがよいという意味だろ。

548 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:31:30 ID:???
>>541
あれはフィリピン沖っていう表現の方が事実に近いと思う


549 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:32:35 ID:???
>>547
辞書をひけ

550 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:34:07 ID:???
しかし、ネットには「役者不足」を語ってる馬鹿が多いな
なんで辞書調べないんだろう?

551 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:38:06 ID:???
>>550
人は認めたがらないものだ。自分自身の過ちというものを…

552 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/04/01(火) 00:38:19 ID:G7o0Xwfo
ベトナム戦争は、中国が仕組んだと、霞ヶ浦の住人は見ています。

説明。
ベトナム戦争そのものを、中国が仕組んだ。
その戦果として、中国はアメリカから、沖縄の核兵器撤去を含む、数々の譲歩を引き出したのです。

ベトナム戦争の発生は、その前のインドシナ戦争の後の、ジュネーヴ協定が原因でした。
ベトナムは、独立は達成したのですが、分割されてしまったのです。
インドシナ戦争で勝利したベトナムは、本来なら分割されることはありませんでした。
それは、中国がわざと交渉で譲歩して、アメリカを罠付の、南ベトナムという餌に喰らいつかせたのです。
ベトナムが統一のために、アメリカと戦わざるを得ないことを見越してのことでした。

北ベトナムはそれに懲りて、アメリカとのベトナム戦争の和平交渉には、中国を介入させませんでした。

参考図書。
マオ―誰も知らなかった毛沢東 下 (単行本)
ユン チアン (著), J・ハリデイ
下記、ウィキペディアのジュネーヴ協定を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%B4%E5%8D%94%E5%AE%9A
下記、ウィキペディアのパリ協定 (ベトナム和平)を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AA%E5%8D%94%E5%AE%9A_%28%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E5%92%8C%E5%B9%B3%29

553 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:39:09 ID:???
>>550
一時期、「役不足」の誤用の叛乱に対して、
「役者不足、って言えばいいんじゃないだろうか」
と提唱した人がいて(誰だったかは忘れた)間違ってる方の「役不足」の言い換えとして
「役者不足」って書くのが流行った。

「・・・でもこれ日本語的解釈すると「(設定された役に対して)役者の数が足りない」って
意味であって、「その役を演るにはその役者の実力は不足している」と言う意味にはならないんじゃないの?」
というしごく正しいツッコミにより廃れた。

今でも昔の感覚のままで「役者不足」と書く人は結構いる。

554 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:39:46 ID:???
>>552
誰も聞いてない陰謀論は雑談スレでやってね。ここはかすみんのオナニースレじゃないので。

555 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:40:17 ID:???
「格不足」だよな
>「役不足」の誤用的用法の正しい日本語表記

556 :516:2008/04/01(火) 00:42:31 ID:GxFyM2HZ
想像以外の回等は・・・・・

557 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:46:35 ID:???
>>553
ああ、糸井重里とかのアレじゃない?妙ちくりんな御託並べてたやつ。

558 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:47:36 ID:???
カスミンとか、役不足とか
間違いを指摘されると、なんのかんのと言い訳して間違いを認めず
しまいにゃ逆切れ
テンプレにキチガイお断りと入れとけ。

559 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:48:12 ID:???
>>552
そういうことは自分のブログでやるのが筋。あるでしょ、全然更新してないのが。

560 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:51:39 ID:???
さすがに陰謀論はスレ違いなんでスルーで。

561 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:52:22 ID:NYjyss9S
>>524
>>542
GBIがVLSに入らないのはわかりました。
現在開発中のSM-3IIAはIRBMにも対処可能となる予定とされてるのと書いてあった文を見たので、
ICBMへの対処も研究されているのではと思ったのですけど。

562 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:53:29 ID:???
>>555
いい加減スレ違いです。
それとも荒らしたいだけなのですか?

563 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:54:10 ID:???
>>558
役不足と最初に書いてしまった人の名誉のために断っておくが、
その人はおそらく一言も抗弁していない。

564 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 00:57:47 ID:???
てか、普通に力不足って言えばいいじゃないですか…

565 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/04/01(火) 01:00:25 ID:G7o0Xwfo
>>541
>>532
>ところで、カスミン、おまえさんは米軍は沖縄沖に水爆を落っことしたままという
>事実を知らないのか?

霞ヶ浦の住人の回答。
「事実を知」りません。

鹿児島県喜界島「沖に水爆を落っことしたままという
事実」なら知っています。

説明。
水爆を積んだA4と一緒に海に落ちて死んだウェブスター大尉のことを書いた本を読んだことがあります。
大尉は学生時代、体操選手でした。
運動神経が良かったのです。
それなのに、大尉のミスで、飛行甲板から飛行機と水爆を海に落として、逃げ出すことも出来ないで死んだという、海軍の説明に反論した内容でした。

下記、ウィキペディアのタイコンデロガ (空母)の艦歴の第二次世界大戦後を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AD%E3%82%AC_%28%E7%A9%BA%E6%AF%8D%29
下記、ウィキペディアの喜界島を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%96%9C%E7%95%8C%E5%B3%B6

566 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:00:39 ID:???
>>564
いいところに気が付いたね。そのとおりだ。

567 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:09:18 ID:???
>>516
あるものをない、ないものをあるように見せるのは常套手段なので、真相は当分は藪の中。

>>536
騙すのは簡単だよね。本物に模擬弾と書いておくのでもいいわけだし。

568 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:12:03 ID:???
>>537
なるほど。小舟じゃ丸ごと吹っ飛ぶ分だけ無駄なんてのは、魚雷の目的から逆算したら関係ないわけですね。

569 :537:2008/04/01(火) 01:15:33 ID:???
>>568
ところで一つ訂正なんだが、

×炸裂中心点辺りで船体が…
〇重心辺りで船体が…

だった。

570 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:17:42 ID:???
>>546
大物俳優が、ギャラとか、売り出し中の主役が食われると困るとかいう事情で、友情出演とか特別出演とかいう名目のちょい役で役不足をかこつこともあるわけだな、これが。

571 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:19:25 ID:???
>>569
ズバリのポイントは外れた場合に備えて、威力を大きめにしておくのは不可欠、と言ったところですかね。

572 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:28:07 ID:???
>>571
大きいに越した事はないだろうけど、短魚雷程度の威力で大型艦船を破壊できるってのが船底下炸裂の魅力なワケで。

しかし、その船底直下で炸裂させる技術が大変難しい。
艦船の大きさによって海面からの船底深度は違うし、その船底から最も有効な距離で炸裂させなければいけないし…

と言った感じで、現在鋭意研究開発中。

573 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:35:10 ID:???
>>558
無理矢理カスミンを結び付けなくて良いよ

574 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:36:29 ID:???
>>572
なっとく。台風の大波でへし折れて沈んだ船もあるというし。

ただ、普通の魚雷でも、闇雲に大きくするわけにはいかなくても、小さくしすぎたら元も子もなくなる可能性が高い、という感じですかね。

575 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:40:49 ID:/sb5ZTtp
ドイツにはV2ロケットをイギリスの軍港に集中的に打ち込んで、艦船を撃沈しようとはしなかったんでしょうか?

576 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:41:25 ID:???
>552 名前:霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho [] 投稿日:2008/04/01(火) 00:38:19 ID:G7o0Xwfo
>ベトナム戦争は、中国が仕組んだと、霞ヶ浦の住人は見ています。

死ねば?

577 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:42:59 ID:???
>>574
魚雷の大きさは炸薬量だけでなく、推進機関や誘導装置などである程度は決まってしまうので、あまり小さくもできないだろうね。

578 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:45:21 ID:???
>>575
してません。

579 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:45:52 ID:???
>>575
当時、遠くの艦船を狙い撃ちできる程の精度は出せなかったので。

580 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:45:56 ID:???
>>575
V2にはそこまでの命中精度がない。

そりゃ一箇所に何十発も撃ち込めば1発くらいは当たったかもしれないが、
どう考えてもV2の無駄遣いだろう。

581 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:48:18 ID:???
そもそもV2自体物理的な意味での資源の無駄遣いというか

582 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:51:36 ID:???
値段が4号戦車とほぼ同じというやつだっけ>V2ロケット
おもわず、チハをぶつけるAAを思い出した。

583 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:54:54 ID:???
高いな。10万マルクかよ。赤字だろ

584 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 01:58:28 ID:???
「着弾するまで攻撃されてることがわからない」という意味での”心理兵器”と
しての存在価値はあるんだけど。

そういえばロンドンへの着弾第1号は最初「ガス爆発? 不発弾の遅発?」として
片付けられそうになったんだっけか。

心理兵器としても微妙だな・・・。

585 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 02:00:20 ID:???
>>576
スルー位しろよ

586 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 02:01:47 ID:???
大ドイツの神聖な国土が爆撃されているが
ルフとヴァッフェには仕返しする力はない。
苦肉の策ってなプライドの問題があるかもしれないな。

587 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 02:14:26 ID:5JI94IUU
真珠湾攻撃の時、設置されていたレーダーが日本の攻撃隊を見逃す原因になった
B-17の部隊は、結局どうなったのでしょうか?

あと、真珠湾攻撃の時攻撃されたのって真珠湾軍港の周辺だけですか?
オアフ島にある他の基地や、ハワイ諸島の他の基地は攻撃されなかった
のでしょうか?

588 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 02:16:05 ID:???
>>574
極端な話、船体の重心(というか、船底で最も応力の掛っている点)をピンポイントで狙えるなら、構造材強度以上の力を加えれば船体の自重で折損するので、炸薬量も必要最小限で済むだろうけど、
問題はその点をどうやって検出するかって事になる。特定が難しければ、広い範囲に力を加える為に炸薬量を増やす必要があるし…

誘導技術次第ってところかな。

589 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 02:24:58 ID:???
>>587
オアフ島の航空基地はあらかた破壊されている。

590 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 02:34:44 ID:i9v8h8Nx
イラク戦争のさい、私は密かに戦争特需を期待したクチなのですが
思ったほど恩恵はありませんね。

かなり期待外れでしたが、
これは戦争が早く終わりすぎ、治安維持には人件費だけが嵩むため
物資があまり売れないという理解でいいのでしょうか。

それとも世界の経済構造の変化など別に原因があるのでしょうか。

591 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 02:59:03 ID:???
特需はあったよ
ベンチャー系の兵器メーカーや即席のPMCがね

592 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 03:24:09 ID:Kf+M+b6Y
あり得ない程射精してしまったんですけど
どうしましょう?

593 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 03:37:40 ID:???
>>592
大隊本部に出頭するべし

594 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 03:42:03 ID:e3D7zTVs
眼鏡やコンタクトってやはり兵士としてはハンディになるのでしょうか
評価面でネガティブがつくことがあるんでしょうか

595 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 03:43:03 ID:???
>>592
今からコンビニに行って
女性店員に10回くらいその質問を投げかけ続ければ
理想的なアドバイスが返ってくると思います

596 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 03:59:37 ID:???
>>594
兵隊やったことはないけど、スポーツでさえ、不利にはなっても有利にはならないですね。
曇ったり、無くしたり壊したりしたら、スポーツであっても良く見えなくて危なくてどうもならんくらいだから。

597 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 04:00:38 ID:???
>>592
君は召されている。悔い改めなさい。

598 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 04:10:03 ID:6yGgmbd7
>>587
B-17編隊は燃料も底を付きかけてたので、攻撃されつつも
ヒッカム、ハレイワなどに無理やり着陸してます。
ゴルフ場に降りたのも一機いたらしい。


599 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 04:52:21 ID:???
>>245 そうです。1家に1丁は今でも認められてます。

600 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 05:00:30 ID:???
>>590 とりあえず明らかな特需があった分野は

個人が身につける防弾チョッキ(セラミックプレート付き)
小銃弾薬(本国での訓練でも使用増大)
MRAP(仕掛け爆弾にハマー以上に堪えられる装甲車両)
UAV(大型で滑走路を使うやつから手投げまで)
ヘスコ(大型骨格土嚢)
役務(燃料調達配送から、基地食堂まで)
警護(いわゆるPMC、車列警護から要人身辺護衛、施設警護などなど)

またイラク国内ではコンクリ資材(防壁)なども潤っているそうです。

これに対して皺寄せがありそうな分野は従来の正面装備です。ですから
従来の兵器産業という意味合いでは酷使された装備の再生整備などの需要はあるものの、
新型の正面装備調達にどのような影響があるのかというと、戦訓の取り入れなどはあるが
はっきりしたものはUAVとMRAP以外にはないような状況です。

601 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 06:09:20 ID:???
>>584
そこで風船爆弾ですよ

602 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 06:38:45 ID:BQtvKRQv
今日はエイプリルフールですが
質問に対しては正しいお答えをいただけるんでしょうか。

603 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 06:44:39 ID:???
>>602
今まで誤答8割、正答2割だったものが
正答8割、誤答2割でむしろ確度が増します。

604 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 07:02:26 ID:???
増税公共事業論

従来、景気対策としての公共事業は国債の発行を前提として語られることが多かった。
これは公共事業によって景気を刺激すれば景気が回復し、税収が増加するので、
税収が増加した後で国債を償還すれば良いという考え方に基づいている。

しかし近年では公共事業を増やしてもそれによって景気は回復せず、国債発行残高が
増加する一方でさらなる公共事業による景気対策が求められている。

そこで提唱したいのが、赤字国債を発行することによって景気対策の公共事業を
おこなうのではなく、公共事業をおこなっても将来的な景気回復・税収の増加はあり得ない
ことを前提にしつつ、景気や雇用の維持のために増税して公共事業の財源を確保する
ことである。
財源は法人税でも良いし、所得税でも良いし、消費税でも良い。しかし民間レベルでは
もはや需要の増加が望めない以上、公共事業によって需要を拡大する必要があるのは
明白である。また公共事業も必ずしも道路工事や土木事業に限られるわけではなく、
たとえば環境対策としての植林や森林整備事業、あるいは資源確保を目的とした
リサイクル事業、あるいは不法移民対策を目的として不法移民が多い地域の近くに
刑務所を増設するなど、日本の国民生活を向上させるインフラ確保を目的とした
数多くの事業が考えられる。

国債発行額を目の前にして、景気対策か財政均衡かを論じるのはもう古い。
これからは増税しつつ景気対策をおこない、景気の拡大と財政赤字の減少を両立させるべき
時代なのだ。

605 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 07:42:23 ID:???
>>604


         ─┬=====┬─┬─┬
           ヽ┴-----┴ 、/_ /
         ==||:|: 乃 :|: 「r-┴──o
   ____________ |:|:__ :|: ||--┬┘
   |ミ///ロ-D/   ~~|ミ|丘百~((==___
 . └┼-┴─┴───┴──┐~~'''''-ゝ-┤
   ((◎)~~~O~~~~~O~~(◎))三)──)三)
    ゝ(◎)(◎∩◎)(◎)(∩)ノ三ノ──ノ三ノ
         //      | |          ミ
        //Λ_Λ  | |
        | |( ´Д`)// <うるせえ、チハぶつけんぞ!
        \      |    
          |     lヽ,,lヽ ミ
          |    (    ) やめて
          |    と、  ゙i  装甲へこんじゃう




606 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 07:46:25 ID:???
事実に反している。
チハの装甲はむしろ凹み難い。

607 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 07:59:41 ID:???
パキッっといくな

608 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 08:36:44 ID:???
>>522, >>561
ICBM対応の艦載ミサイルは米で開発中。
ww.marshall.org/pdf/materials/259.pdf

>>521
超音速魚雷が作れたらそうかもしれないね。なんか時々シュクバルを超音速だと思ってるヤツが・・・
イヤ、>>521は4月1日に入ってからの書き込みか。そーゆーことか。

609 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 08:37:33 ID:a6YT7hH1
カノン砲や艦砲の射程はどのくらいですか?

610 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 08:43:25 ID:???
>>609
口径と砲身長によって全然違ってくるよ。
それだけでは誰も回答のしようがない・・・

611 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 08:49:59 ID:???
10〜30km、例外多数って事でどうだろ?

612 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 09:15:20 ID:???
>>537
ちょっと違う。
魚雷の炸裂は船体を持ち上げもするが、
同時に炸裂した場所の海水を押し出し、擬似的な空間をつくりだす。
そこに船体を落とし込むことで大変形を強制するのである。

言ってみれば「落とし穴」を作る感覚の方が近い。

613 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 09:19:27 ID:kOP+LiXb
我ながら変な質問だと思うのですが。
BoBの際,ドイツ空軍の夜間爆撃に対し,イギリス側はドイツ側の無線誘導システムの解析やレーダー等による早期警戒網と夜間戦闘機への無線誘導により、効果的に反撃を加えたと読んだ記憶があります。
ただ当時これら早期警戒システムは最高機密に属する事で,イギリス側は夜間爆撃への効果的な反撃がなぜ可能なのかを隠すため,夜間戦闘機搭乗員にブルーベリーをたくさん食べさせて,夜目を効くようにしたから、という一種の情報操作を行ったという話を聞きました。
夜間爆撃への対策云々は高校生の頃に読んだ本にあったと思いますが,ブルーベリー云々は大人になってから聞いた話で,今ひとつソースが曖昧で本当にあった話なのか与太に属する事なのか,自分でもよくわかっていません。
ブルーベリー云々に関する話は本当にあった事だったのでしょうか?

614 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 09:23:09 ID:M5yj2JhT
ちょwww
FAQが警察に削除されとるwwwww



615 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 09:29:05 ID:???
>>614
確認。
イイセンスしとるわwww

616 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 09:31:32 ID:???
一瞬びびったwwwwwwwww

617 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 10:14:45 ID:???
あるじゃねーか。

618 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 10:20:08 ID:e3D7zTVs
>>596
遅くなりましたけど ありがとうございます

619 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 10:44:21 ID:???
>>612
つまり、起爆深度は船底からの距離はあまり関係ないって事???

620 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 10:46:37 ID:???
>>619
関係あるよ。
深すぎると船体を落としこむ前に周りの水が戻ってきてしまう。

621 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 10:55:12 ID:???
>>619
大あり。ちょっと論点が抜けてて、 >>421にあるとおり、まず衝撃波が艦艇に達して硬構造を破壊、あるいは脆弱化する。
それから持ち上げ、落下と来るわけで、衝撃波の強さは基本的に距離の自乗に比例して減衰するから、距離は大事。
爆発ガスや水蒸気にしても距離が長いと一塊にならなくなる。

622 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:27:20 ID:sXmKfWA7
ttp://www.uploda.org/uporg1343379.jpg
これなんの艦か分かりますか?

623 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:27:37 ID:???
>>613
http://www.google.com/search?num=50&hl=ja&safe=off&q=blueberry+RAF+night+fighter&lr=
こんな感じでぐぐってみると、夜間視力の向上のためにパイロットにベリー類を食べさせたという記述がけっこうひっかかるな。
本気だったのかイギリス流の手の込んだギャグとしか思えない欺瞞作戦だったのかはよくわからん。
まあパンジャンドラムの例があるから本気半分欺瞞半分って感じかも。

624 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:29:13 ID:???
>>622
機雷探知機室があってミサイルや砲塔の区画がないから
おそらく掃海艇。

625 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:32:44 ID:???
>>621
だよねぇ。

で、>>612氏の落とし穴的なのがいまいち納得できないんだけど…
爆圧は圧力の低い方へ逃げるから、空間を作り出す前に海面方向へ向かうと思うんだけどな。

626 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:33:43 ID:???
>>622
掃海艇の類と言うことまではわかるがそれ以上はわからんなぁ・・・

627 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:33:44 ID:2c+GQOWK
私のエアガンは使いすぎたせいか最近マガジンを入れた途端にスライドが前進します
そこで思ったのですが、マガジンを入れたと同時にスライドが前進する機能があれば便利になりますか?
それとも何か不具合は考えられますか?

628 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:34:09 ID:???
>>625
その海面方向に向かう前に立ちふさがるのが艦底という壁なわけ。
そこで一瞬歩留まったガスが空間を形成するのよ。

629 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:39:12 ID:sXmKfWA7
>>624 >>626
ありがとうございます。

630 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:40:31 ID:???
>>628
じゃあ、やはり持ち上げるんじゃ?

つか、艦艇の重量にも選るか… サンクス。
なかなか難しいもんだ。

631 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:45:19 ID:???
>>630
ちょっと先月あたりの防衛技術ジャーナルにそのネタあったから探してくる

632 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 11:59:26 ID:???
>>627
質問の意味がわからん。

ちなみに、マグリロードと同時にスライドを動かす事は出来なくはないだろうけど、機構上、信頼性の確保が
恐しく難しいものになると思う。確実な動作が過酷な環境でも求められる銃器に、そういう機能は敬遠されると
思われ。

633 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 12:01:35 ID:2c+GQOWK
>>632
回答ありがとうございました
やっぱり多少面倒でも確実に動作できたほうがいいですよね

634 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 12:02:17 ID:???
>>623
暗順応の時間が早くなるというレポートはあったと思う。その意味では有効だろ。
あとローズヒップも使われてたな。これはビタミンCの補給が主と思うが。

635 :613:2008/04/01(火) 12:07:45 ID:UIUqvV6A
>>623
ご返答ありがとうございます。
ブルーベリーのサプリで少し調べていて聞いた話でした。
実際には少し夜目が利くようになるが,ほとんど無視できる程度の差しかない,という結論だったと記憶しています。
なのでサプリメーカーのネタ話みたいなもんだったのかなー,と思っていました。
戦争と遊びは本気でやる国民なので,半ばマジ話だったのかもしれませんね。
お手数をおかけしました。重ねて御礼申し上げます。

636 :613:2008/04/01(火) 12:09:18 ID:UIUqvV6A
>>634
リロードが遅れ,返事が抜けてしまいました。
ご回答ありがとうございます。

637 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 12:10:02 ID:???
>>630
持ち上げる、落とし込む、は結果であって、本来の目的は艦底の耐久強度を超える力を加える事で、艦船の自重による船体の破壊を狙うもの。

>艦底下起爆

638 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 12:43:13 ID:???
>>627
マガジンが空になってスライドが後退したまま止まった状態で、
装弾したマガジンを装填すると勝手にスライドが前進して
射撃可能になるオートマチックもあるよ。

でもそんなわずかなメリットより、機構のシンプル化、故障原因の減少の方が大切。

639 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 12:45:24 ID:???
魚雷の艦底爆発についてはFASにまとめがあるので参照してください。
ttp://www.fas.org/man/dod-101/navy/docs/es310/uw_wpns/uw_wpns.htm

640 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 13:59:20 ID:DvL+20cJ
第五砲塔に機銃座を設置している頃の日向の画像ってないですか?

641 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 14:36:10 ID:???
遅いが>>467以降の機関銃・砲関係についてちょっと横補足

元々銃と砲というのは初期は明確な区別が付いておらず、
単に口径の大きいものを砲と呼んでいたし、鉄砲という言葉に代表されるように
総称としては全部砲(英語も全部Gun)
でもって銃砲は作る人間によって弾丸のサイズも違うし規格化なんか考えられていなかった
だから大きいから砲というのは「なんとなく」な定義でしかなかった

ただし、一定時間毎の鉄量を投射できる割合でも
砲を区分していたため、現在で言う機関銃区分の兵器は機関砲と呼ばれていた時代もあった
(一度に大きな砲弾を発射するのも小さい弾丸を大量連射するのも「砲」という定義)

現在は銃砲・弾丸の規格化によって一応の厳密な区分がなされているので
銃と砲が区別される
国によって定義が違うというより昔の銃砲の定義や習慣から来ているものもある

642 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 14:55:59 ID:???
>>613
確かそれを聞いたドイツ軍も、パイロットにブルーベリー与え始めたとかって話もあったような

643 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 15:05:19 ID:???
>>639
英語読めません

644 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 15:10:49 ID:???
まず、目に有効という話があるのは「ビルベリー」であって、ケーキなどに使われているブルーベリーではない。
ブルベリー自体には特に薬効はないと考えられる。
ttp://hfnet.nih.go.jp/contents/detail65.html

次に「ビルベリー」だが、これもはっきりした薬効が示されていない。
ttp://hfnet.nih.go.jp/contents/detail67.html
網膜症の改善を示唆云々と書いてあるが、眼科ではまったくそんな話は出ておらず、
実験系によってはそのような結果が出るかもしれない、という程度。夜間視力は向上しない。

ローズヒップについては、健康な状態では薬効は期待できないが、
ttp://hfnet.nih.go.jp/contents/detail742.html
ビタミンCに富むのは確かなので、二次大戦中の英国のように海上封鎖のために
果物不足が起きているような場合なら有効と言えるだろう。

ここはいつから医薬板になったのか・・・

645 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 15:14:26 ID:???
>>643
あおりじゃなく、4月1日と書いてワタヌキでもなんでもなく、本気で忠告しておく。

英語読めない軍事オタは100倍損する。Wikiでも英文のものは内容の濃さも信頼度も全然違う。
兵器、戦史関係でも、100倍もそれ以上も情報を得られる範囲、深さが拡がる。
仮に軍オタやめても、とりあえずなんかの役に立つ。「読めません」ですまさない方がいいよ。

ひとまず翻訳サイトででもムチャクチャな訳をさせて、原文と見比べながらいろいろ考えるといい。

646 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 15:26:17 ID:???
ブルーベリーが目にいい説は
イギリスがレーダー警戒網の効果を欺瞞するために流布させた宣伝じゃなかったっけ?だから

647 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 15:26:49 ID:???
>>644
自分が勝手にべらべら並べだして

>ここはいつから医薬板になったのか・・・

ってセルフ突っ込み
なんなの?寂しい人なの?

648 :613:2008/04/01(火) 15:38:45 ID:ZdzXCBqz
<<642,644
ご回答ありがとうございます。
ドイツ側が真に受けたという事は,ディスインフォメーションとしても上手くいた方と見ていいのでしょうか。
ビルベリーだったんですか。勘違いして覚えていました。
詳しいご教示,重ね重ねありがとうございます。

649 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 15:41:46 ID:???
痛いなw >>647

650 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 15:53:49 ID:???
>>645
日本語の全てを資料を読むのさえ難しいのに100倍ねぇ…
そりゃ英語が出来ればそれに越した事はないが

651 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 15:57:11 ID:???
俺647じゃないけど647はあながち間違ってないと思う

652 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 16:03:11 ID:???
>>645

ワタヌキー
あたし鯛茶漬けが食べたいわー

あ、あと、ヒレ酒もー

653 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 16:07:54 ID:???
俺647だけど知識は人に自慢する為に溜め込んでる、主にググって

654 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 16:17:15 ID:???
単に医歯薬板の軍オタが迷い込んで情報垂れ流していったように見えるが。どうでもいいことだが。

>>652
新シリーズが始まるらしい。今月中という話だったが・・・

655 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 16:43:26 ID:???
>>654
じつは新シリーズの中身は実質「マカロニほうれん荘」

656 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 17:03:59 ID:mpkmg3eo
最近の対艦ミサイルが半貫徹弾頭のものが多いのはなぜですか?
艦艇に突き刺さってから、炸薬でその傷口を拡げるという方法が、
もっとも艦艇に与えるダメージが大きいからでしょうか?

657 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 17:05:17 ID:???
>>656
傷口を拡げるのではなく、内部を破壊し、火災などを起こすため。
爆発の衝撃だけでも、うまくするとレーダーなどの電子機器を作動不能にすることができる。

658 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 17:11:49 ID:mpkmg3eo
>>657
ありがとうございます。
内部破壊ですか。確かに、内部を破壊できれば一気に破壊できるのかも。

もう一つ質問
対艦ミサイルの超音速化というのは、ちょっと前まで防御側の対応を難しくさせる為とだけ思っていたのですけど、
半貫徹弾頭の対艦ミサイルの場合、その速度をもってより深く艦艇に貫徹させることも期待できたりするのでしょうか?

659 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 17:14:23 ID:???
>>658
それもあるし、運動エネルギー自体で艦体を破壊するという、砲弾的効果もある。

実際、サンバーンみたいのが直撃したら、仮に爆発しなくとも、コルベットクラスならそれだけで沈むか、
少なくとも作戦不能になるといわれる。

至近でCIWS当てて、制御不能にして、ついでに不発にしても、突っ込んでくる高速度の機体自体が
十分破壊効果を持つ。

660 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 17:14:31 ID:???
>>656
>>658
ふと思い出したことだが映画のアルマゲドンにこういう台詞があったな
「手のひらでかんしゃく玉を爆発させたらやけどするだけ。
握った状態でかんしゃく玉を爆発させれば指が吹っ飛ぶ」
対艦ミサイルも同じようなことが言える

で速度だが現状の艦船だと対した装甲はついてないから目立った差は無いだろうな
空母とかキーロフ相手だったら変わるだろうが

661 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 17:25:17 ID:mpkmg3eo
>>659
ありがとうございます。
なるほど。砲弾的降下ですか。
破片などが散弾のように撒き散らされたら、
現代の艦艇の場合、脆い部分が粗方破壊されそうです。
それに運動エネルギーもバカにはなりませんね。
艦砲を喰らうようなものでしょうし。

>>660
ありがとうございます。
密室での爆発のようなものでしょうか。
手榴弾でも爆圧の逃げ場がないから、
凄いことになると聞きますね。

現代の艦艇の場合、超音速と亜音速、どちらにしても
大被害は免れないということでしょうか?
確かに空母ならば、超音速ミサイルなみの貫徹力がないと効果がないのかもしれません。

662 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 17:43:00 ID:???
>>660
言ってる事は間違ってないだろうが、「考証?ナニそれ美味しいの?」の
嚆矢とも言えるアルマゲドンからネタを引っ張って来るのは如何なものかとw

663 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 17:54:21 ID:???
>>662
うんまあ確かにやばいかなとも思ったけどわかりやすい例だからもってきたw

664 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 17:54:40 ID:???
>>661
対艦ミサイルといっても、ヘリにも積めるペンギンみたいなのやヘルファイアの対艦型とかだったら
大被害ということにはならないでしょ。でも通信やセンサー類がダメージ受けて、1日使えなかったら
進展の早い現代戦の中で、それは大被害かもしれない。

665 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 18:03:18 ID:OLP8Ge9R
スパルタって、お尻の穴の方も"鍛えていた"んですか?
なんか、訓練は全裸だったって聞くし。


…いや、ふざけて訊いているのではなく、マジな話として。

666 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 19:08:46 ID:???
>>665
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Sparta#The_Spartan_world
に詳しいのですが、一定した答はないようで、当時のギリシャ文化同様、
大人の男によるショタコンが普通であった、いやギリシャ以上であったという説と、
異性との関係が主であるという説があるようです。

スパルタの女性については、当時としては群を抜いて独立性を与えられ、
教育を受け、私有地を持っていたということです。

まあ、wikiを見る限りでは「諸説あるけどヤってたんじゃない?」って感じですか。

667 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 19:44:33 ID:???
四月馬鹿故、間も無くカスミン降臨。

668 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 19:56:36 ID:MqzrHUjZ
拳銃やライフルはどれくらいの弾薬を撃ったら銃身を交換するのですか?


669 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:05:09 ID:???
>>668
適当に

670 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:12:22 ID:???
>>668
使用する弾薬や連射の程度(連射すると過熱のために寿命が短くなる)によりますが、
一般には数千発で変化が出始めるかというレベルです。

また、.30-06のM1ガーランドライフルの場合、11まで目盛りが刻んであり、10が交換必要と指定されている
銃口ゲージで、一刻みゲージを進ませるには1000発ほど撃つ必要があったようです。
この場合、10000発が寿命ということになりそうです。

現代のライフリングピッチのきつい、連射を頻用するアサルトライフルではもう少し条件が悪いでしょう。

一般にはフルオートで撃たなければ3000発程度が常識的なレベルとされているようです。
ttp://yarchive.net/gun/barrel/barrel_life.html

671 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:15:33 ID:/9KqNKCW
2011年まで後3年になりましたが、コルト社はM1911の
特別モデルを出す予定はあるのでしょうか?

672 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:21:00 ID:???
銃器には全く詳しくないのです。
ニューナンブM60のリロードは、具体的にどのような方法なのでしょうか?

673 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:26:28 ID:???
なんで俺のIDが表示されないのでしょうか。

674 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:27:29 ID:???
>>671
そのようなウワサ(colt 2011 centennial edition 1911)はアメリカの銃関係の掲示板で
しばしば見かけます。しかし、いまだにおしゃべりのタネ以上になっていないところを見ると、
具体的な話はないようです。

>>672
詳しくないけど、普通に弾倉スイングアウトして、まん中のシャフト押して薬莢出すんじゃないの?


675 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:29:32 ID:???
>>673
質問者はIDを出してくださいね(sageにしない。メール欄を空欄にしておく)。

676 :672:2008/04/01(火) 20:34:33 ID:buH4kIC6
すみません。
質問する立場なのに、1をよく読んでいませんでした。

677 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:34:47 ID:bd3BLzPq
>>668
確か、AK-47とかM-16とかのライフルは5.000〜6.000発ぐらい。
ついでに銃身が傷むのは銃身内と銃弾の摩擦熱によって銃身内のクロームメッキを傷めるため。
これを「損蝕」と言います。
それと、銃身が加熱して膨張したところを銃弾が通過する際にできたわずかな隙間を発射ガスが
吹き抜けると、さらに銃身が傷みます。これを「溶蝕」と言います。
このため、軍用銃は長時間、銃身を加熱させずに撃つ為「持続発射速度」という数値が定められ
ており、M-16では一分間に撃っていい弾の数は12〜15発程度です。


678 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:39:51 ID:???
>>671
出すんじゃねーか?って噂はある。
てか、コルトはしょっちゅうそういう限定版を出してるから、まず間違いなく出るだろう。

ただ、刻印だけ似せたような奴・・・とか、半端な限定版が多いメーカーでもあるんだが。

679 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:44:06 ID:???
>>674
>>678
どうもです。

680 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:47:59 ID:???
>>668
交換しません。リボルバーだと交換のしようがありません。

681 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:50:46 ID:???
>>680
お前は何を言ってるんだ

682 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:59:08 ID:???
>>680
リボルバーも普通に銃身交換できるが?

683 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 20:59:19 ID:???
>>680
実は交換できるリボルバーもあるのだが、
ttp://www.notpurfect.com/main/dwrev.htm

まあ、確かに普通は交換せん罠。でもリボルバーだけが拳銃/ライフルではない罠

684 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 21:00:19 ID:???
リボルバーの場合、銃身交換が必要なほど撃つことはまずないのでわ

685 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 21:01:24 ID:???
>>681

>>668が聞いてるのは「マガジン」ではなく「銃身」と言っている
したがって>>680は銃身について突っ込んでいると思われ

686 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 21:02:11 ID:???
スミス&ウェッソンのフレームに、コルト・パイソンの銃身を突っ込んだ、スマイソンなんてカスタムガンもあるな

687 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 21:02:42 ID:???
>>685
だから銃身も交換できるってばよ

688 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 21:03:12 ID:???
>>687
あらすまん
ありがと

689 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 21:21:04 ID:???
俺のマグナムは銃身交換しなくても何千発も撃てるぜ

690 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 21:29:21 ID:???
>>689
弾を作るだけ材料の無駄

691 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 21:47:35 ID:???
>>689
                  , -─── 、
              /##二二__ヽ、       置     こ     よ
                /##/    、 ヽ ヽ
             ,'## / /_/」_ハ `、 `、    い     こ     く
               |ヘ、#_lノ ;≠、'ノ 刈 l  l!
               { (( ッ'ト-リ ゙   ,、リソハ |'     と     に    分
               ヽヽ o゚ ´   /ソ}'ノ ノノ
               Y ° - ' `゚イイ´      き     テ     か
               /⌒ ( Y)` ;‐‐ ' ゚( i )
            |:::::::::::〉i/^^ゝ-、 (y )       ま     ィ     り
             l++::::(/\ ,ミ}::ハ:ヽ〉i(
            l+┘ /::::::::::ソ:::::}:( y)       す    ッ     ま
                l::::::/:::::::::::/::::::/::::)i〈
             l:::::;++、::/:::::::::!::::{l|ll}       ね    シ    せ
             ハ(___ ノ:::::;++:|l::::::::ハ
            / ̄キ:::::::::メ メ::|ヽ、:::::::::ゝ、           ュ    ん
           ,'+++':::::::::::++'::::::\ヽ、::::::キ ヽ
            l::::::::::::::::::::::::_rァ⌒`ヽ、:::└++ヽ_____          が
           l:::::::::::::::_/ヽノ     ヽ::::::::/_っー’   _,,..i'"':,
           ノ_へ∧/    `、__    \        |\`、: i'、
            (_    \        `、  `丶、   `;       .\\`_',..-i
           `‐‐--\      `、      ノ        .\|_,..-┘
     , '⌒ヽ._____\     `、─---‐'
    /             ̄`ヽ    ;


692 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 21:58:35 ID:PgFTsUAM
F-16ってなんでみんなあんまり使ってないの?
F-18より優れてると思うんだけど。

693 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 22:00:54 ID:???
>>692
世界に名立たる大ベストセラー機ですが…

694 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 22:03:04 ID:???
>>692
世界的にF−18よりよっぽどその派生型を含めないでも売れてるんだが。

695 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 22:03:05 ID:PgFTsUAM
F-16ってどうして影がうすいの?

696 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 22:03:06 ID:???
>>692
採用国も、生産機数も、F-16の方がF-18を遙かに上回っていますが・・・
4/1のギャグ?

697 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 22:03:32 ID:???
>>695
おまえさんが、無知なだけ。

698 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 22:03:35 ID:???
少なくともF-18やF-15よりたくさん売れてますな。

699 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/04/01(火) 22:26:25 ID:G7o0Xwfo
>>692
>F-16ってなんでみんなあんまり使ってないの?
>F-18より優れてると思うんだけど。

霞ヶ浦の住人の訂正。
「F-16って」みんな使ってますよ!
日本は、F-16元に支援戦闘機を作っています。

むしろ、F-18の方が、よくあそこまで売れたと関心します。
アメリカ空軍の比較試験でYF-16と競争して、敗れたYF-17を海軍用とした、F-18なのにです。

F-16とF-18、どちらが優れているかは、霞ヶ浦の住人には分かりません。

下記、ウィキペディアのF-16 (戦闘機)の採用国を参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/F-16_%28%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F%29
下記、ウィキペディアのF/A-18 (戦闘攻撃機)の運用者を参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/F/A-18_%28%E6%88%A6%E9%97%98%E6%94%BB%E6%92%83%E6%A9%9F%29

700 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:04:39 ID:???
ぬるぽ

701 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:22:09 ID:???
>>430
まあ何と言いますか。戦車の背の高さはカタログデータより投影面積の大きさからくるもんですから。

M4はエンジンの背の高さでは無く、車体の砲塔リング付近の背が高いのです。
まず、当時のV型エンジンと言うのは、構造にもよりますが吸排気弁の駆動機構や潤滑油の循環のため、
背が高く、星型エンジンと比較してもさほど低くなる訳ではありません。
ただ、4号の場合、砲塔旋回用の補助エンジンを搭載するなどして、主エンジンだけでは本来必要な出力
に到達していない状態にあります。 逆にその分主エンジンは小型に出来ています。

試しに、M18ヘルキャットと言う車輌を観察してみてください。
M4シャーマンと同様の形式のエンジンを搭載していますが、全高は低めです。
同車はオープントップですので、天井をつけるとしたら15cmほど高くなる可能性がありますがそれでも
シャーマンと比較すると低く抑えられています。 (トーションバー方式なのでその分車体高は高くなり
ますが。)
この車輌は操砲の都合でオープントップにしているのでは無く、いち早く敵を発見するためにオープン
トップを採用していますので、天井をつけても、さほど背は高くならないと考えられます。
M4とM18の違いは、プロペラシャフトの高さにあります。
つまり、M4は空冷星型エンジンを採用しているから背が高いのでは無く、車高を下げる工夫をしていない
から背が高いのです。 空冷星型エンジンでも、車高を下げる手段はある訳です。

なお、M4と4号の砲塔にも着目して下さい。
4号の場合、主砲は元は24口径のコンパクトなものです。48口径砲も高さを抑えた設計になっています。
非常に余裕がなく、長砲身化した後は撃ち空薬莢が戦車長の脚を直撃するような事故も起こしています。
M4(75)の場合、主砲の換装を前提に余裕を持たせて設計しています。
実際、装填手の区画と戦車長の区画間で移動できなくなりますが、砲塔を拡大しなくても76mm砲や17
ポンド砲への換装も可能と言う実例があります。
4号の場合、砲塔上面は低いのですが戦車長は展視孔を使用します。M4の場合は潜望鏡を使用します。
つまり、コマンダーズキューポラの中の戦車長の頭の位置はM4の方が低くなっています。


702 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:30:10 ID:PgFTsUAM
じゃあどうしてオーストラリアとかは、F-16じゃなくF-18買おうとするの?

703 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:33:02 ID:a6YT7hH1
装甲師団と機甲師団のちがいは何ですか?

704 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:39:12 ID:???
>>702
エンジンが2つ、ついてるから。
ニュージーランドの防空もやttるので、海上での戦闘も考量する必要があり、
そのため、エンジンが1つストールしたらそのまま墜落のF−16系よりも2つのF−18系の
ほうが生存性が高いと判断したため。

705 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:39:46 ID:???
>>703
翻訳の違い。

706 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:41:48 ID:???
>>699
さすが、かなり博識ですね・・・尊敬します。
いつも詳細で分かりやすい説明、感心して見ております。
軍事の雑誌を読み漁った程度では、とてもそこまでの知識は得られないのでしょうね。

前から聞きたいと思っていたのですが、軍事がご専門の方ですか?
それだけの知識をいったいどこで学ばれたのか、かなり興味深い所です。

707 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:41:48 ID:???
>>702
F/A-18採用国の思惑としては、採用時点の候補機の性能比較による所も大きい。
スパロー運用能力の重視とか。それまで使用していた機体の代替として適当かどうか?

双発な分、故障発生時の帰還率が高いとか(これは諸説あるが)

あと、スイス空軍では以下のような例もある。
たまたま試験の時にカナダとノルウェーから機体を借りた。するとノルウェーの機体は
F-16Aplusと言う、ちと出力重量比の低い型だったこともあり、F-16よりF/A-18の方が
高機動であると判定された。 結果、他の要因と合わせ、ドッグファイトも強いと判断
した。

708 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:42:45 ID:???
>>706
君はもっと人を見る目を養った方が良いねえ。

709 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:43:21 ID:???
>>706
カスミンとの雑談は専用スレでどうぞ

710 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:45:19 ID:???
エイプリルフールだからじゃね

711 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:46:50 ID:???
なるほどねえ。
擁護厨かとオモタ

712 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:48:41 ID:???
>>711
どうみてもほめ殺しのたぐいにしかみえない・・・・

713 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:50:56 ID:???
問題は、褒め殺しだとしても字義通りに受け取って得意になって講義を始めてしまう相手な所だ。

714 :名無し三等兵:2008/04/01(火) 23:53:09 ID:???
>>713
それカスミンなりのエイプリルフール

715 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:10:34 ID:???
>擁護厨かとオモタ
こういうのも色々なところに問題がありそうな

716 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:15:55 ID:???
もう

カスミン=悪

の図が出来ちゃってるんだよ

717 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:29:23 ID:???
まあ、すくなくとも

カスミン=善

ではないからな

718 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2008/04/02(水) 00:31:06 ID:???
>>671
記念モデルは出すでしょうが
実はハイキャパシティガバメントと呼ばれる、ダブルカラムマガジンに対応したM1911の事を
M2011と言う商品名で製造しているメーカがあります
STI(ストレイヤー・トリップ・インタ−ナショナル)社の製品です。

719 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:31:36 ID:???
カスミンとその愛好家=どっちもウザス

720 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:33:08 ID:vsmEXe0S
自衛隊もそうですが、旧軍では時刻表記や数字の読み方を、

12:30     = ヒトフタサンマル
針路210度 =針路フタヒャクヒトジュウ度

などと、軍独特の読み方をしていたのはなぜですか?

721 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:34:56 ID:???
>>720
聞き間違えないように。

例えば、「1(いち」って言うと聞こえ方によっては「7(しち」って聞こえることがある。
そういうのを防ぐため、聞き間違えの少ない言い方にしてる。

722 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2008/04/02(水) 00:35:05 ID:???
>>720
無線などで聞き違いを無くす為に言い換えて居ます。

723 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:35:06 ID:???
>>720
聞き間違いを防ぐ為

724 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:44:11 ID:???
>>720
同様にアルファベットを伝える時に使うフォネティックコードも聞き違いがないように発音が似た単語は使っていない。
(A=アルファ、B=ブラヴォー、C=チャーリーetc)

725 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:48:54 ID:???
>720
英語でも航空管制の世界では
ファイブをファイフ
ナインをナイナーって呼んでる

726 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:56:56 ID:BmRh4NX9
M16は埃に非常に弱いと言われていますが、中東で使用されているM16には、何か特別な砂塵対策がなされているのでしょうか?


727 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 00:59:01 ID:???
>>726
自動車のタイヤチューブに繋いで使えるエアブロワー式のクリーニングキットが
配布されております。

728 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 01:01:52 ID:???
>>726
M16が汚れに弱いというのは、単純な外部からの埃じゃなくて、作動させた事による燃焼ガスなどの内部の汚れが
原因だから、ちょっと状況が違う。さらに、今主力となってる、M4などはかなり改良されて信頼性が高い。

一日中、打ちまくっても極めて簡単な洗浄で信頼性を維持できる。もちろん、定期的な本格メンテは必要だが。
イラクにおいて、M4などに対しての信頼性の不満はあまりないらしい。

729 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 01:04:38 ID:???
>>728
いや多分726は「コルゴ13」読んだんだと思う。
727はそのネタだ。

730 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 01:09:10 ID:???
>>726
昔のM16は確かに故障率が高かったが、現行のM16A2/A4
やM4はかなりその辺は改良されている。

731 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2008/04/02(水) 01:24:53 ID:???
>>726
元々、一戦闘ごとに分解清掃する事で機能を維持するように設計されていて
この整備間隔を延長する努力は常になされており、従来型に比較して格段に耐久性は向上しています
またHKM4からHK416、新型コルトM4などは作動システムをガス・ピストン/マイクロ・ロッキングラグに変更し
HKG36並みの動作保証が可能に成っています。

732 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 01:47:10 ID:BmRh4NX9
日本軍の香港侵攻時、プロジェクトAにで出てくる水上警察軍は日本軍と交戦したんでしょうか?

733 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 01:56:39 ID:???
>>732
そもそもそんな軍はありません。

734 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 02:47:01 ID:HhiO8qQL
ベトナム戦争時代に、米軍が対空レーダー欺瞞の目的で大量のチャフを撒いて大規模な
チャフの層を形成する戦法を取ったことがありましたが、現代の航空戦闘、というか航空機による
対地攻撃においてもこのような戦法をとる事はあるのでしょうか?
また、これらのチャフの層は、距離的にどの程度まで伸展するものなのでしょうか?

735 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 03:29:03 ID:MwNwBhgJ
世論調査:アメリカの主敵はイラン、イラク、中国
http://ap.google.com/article/ALeqM5hrtvqmnTKf30Espp4MqINkG4CFlwD8VOGGN00

これ一体どういうこと?
イラクって親米政府じゃないんですか?
一体アメリカは誰と戦ってるんだよ。

736 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 04:13:26 ID:EMLIrITi
蒋介石が日本の陸軍士官学校を出たというのは有名な話ですが
実はそれは蒋介石が出世や虚栄心のために詐称した作り話で、
本当は士官学校には入学もしていなかったというまことしやかな話を聞いたのですが、
これは事実なのでしょうか。

事実だとすれば、
中国軍ではその手の詐称が流行っていたのかどうか。
日本の士官学校出といわれる将軍が他にもいたはずですが、
それらもほとんどは経歴詐称だったりするのでしょうか。

737 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 04:21:04 ID:???
>>735
政府の方針と世論調査結果が乖離してるのはどこの国でも
普通に見られる現象

738 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 04:23:31 ID:???
>>735
アメリカはイラン、イラク、中国のどことも戦っていない

主敵はアフガン

739 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 04:23:49 ID:EMLIrITi
>>735
驚くにはあたりません。
以前、アメリカの公的機関が出したレポートで
日本のことを名指しで「Enemy」と呼んでいたのが話題になったことがありました。
もちろん戦前戦中ではなく、わりと最近の話。

740 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 04:30:55 ID:EMLIrITi
つまり表面上の同盟国でも
全部経済戦争の敵だと思って、他国は戦っているわけです。

日本だけでしょう。
ドツキ回されながら「人類皆兄弟」とかいってヘラヘラ笑っているのは。

741 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/04/02(水) 05:05:30 ID:fUEIACLx
>>736
>蒋介石が日本の陸軍士官学校を出たというのは有名な話ですが
>実はそれは蒋介石が出世や虚栄心のために詐称した作り話で、
>本当は士官学校には入学もしていなかったというまことしやかな話を聞いた>のですが、
>これは事実なのでしょうか。

>事実だとすれば、
>中国軍ではその手の詐称が流行っていたのかどうか。
>日本の士官学校出といわれる将軍が他にもいたはずですがは、
>それらもほとんどは経歴詐称だったりするのでしょうか。

霞ヶ浦の住人の回答。
「蒋介石が日本の陸軍士官学校を出たというのは」「詐称した作り話で」はありません。

説明。
蒋介石は、陸軍士官学校の別科である、日本振武学校を卒業しました。
中国人留学生向けの特別コースです。
日本軍に配属されて、実習を受けています。
高田の連隊です。
霞ヶ浦の住人は、日本軍の軍服姿の蒋介石の写真を見たことがあります。

下記、蒋介石を参照ください。
ttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%BE%D5%B2%F0%C0%D0?kid=49513&mode=edit
下記、「成城学校」を参照ください。
ttp://wind.ap.teacup.com/kashiwamochi/580.html

742 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 05:19:50 ID:EMLIrITi
>>741
返答ありがとうございます。
私が聞いたのは、その振武学校とやらは予備校であって
士官学校とはあくまで似て非なるものだという話だったのですが。

実際はそこさえ出ておけば、
「大日本帝国陸軍士官学校卒」ということで、
世界中どこに出ても通用する肩書きになったのだと理解してよろしいのでしょうか。

743 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 05:26:20 ID:EMLIrITi
また、山西軍閥の閻錫山の経歴は、
「振武学校で学んだ後、陸軍士官学校に入る」
となっていますが、これは今風にいうと、
ただ学部変更をしただけというような事なのでしょうか。

744 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/04/02(水) 06:00:30 ID:fUEIACLx
>>742
>>741
>返答ありがとうございます。
>私が聞いたのは、その振武学校とやらは予備校であって
>士官学校とはあくまで似て非なるものだという話だったのですが。

>実際はそこさえ出ておけば、
>「大日本帝国陸軍士官学校卒」ということで、
>世界中どこに出ても通用する肩書きになったのだと理解してよろしいのでしょうか

霞ヶ浦の住人の回答。
「士官学校と」霞ヶ浦の住人は解釈します。
「『大日本帝国陸軍士官学校卒』ということで、世界中どこに出ても通用する肩書き」かは、霞ヶ浦の住人は分かりません。

説明。
日本軍の部隊へ配属されたということは、「振武学校とやらは予備校で」はなく、軍事教育を施したと見るべきでしょう。


745 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:27:29 ID:M/sD99YX
戦争の悲惨さを痛感できるようなスレありますか?

746 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:30:42 ID:XNk4jPUO
>>704
海上での戦闘もするF-2は
F-16じゃなくF-18改造のほうがよかったのではないて巣か

747 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:31:23 ID:EMLIrITi
>>744
纏めると振武学校について、よくいわれるような
「中国人留学生が士官学校などに入学するため、前もって日本語や基礎知識などの準備教育を施した予備学校」
といった説明は間違いだったわけですね。

ありがとうございました

748 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:35:58 ID:???
>>746
海上が主だからF/A-18の方が… ってのは、少々短絡的ではないか?

749 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:36:45 ID:???
>>746
元々開発時期が何十年も違うんだから、完全に新設計のベースでよかったんだよ。
それを退役も近そうなF-16とか、日本を舐めすぎということじゃないかな。

750 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:36:54 ID:???
>>739
もっと驚くにはあたりません。「敵の敵は友」です。

チベット問題に関して、日本は中国と同盟的ともいえる友好関係で共同歩調をとっています。
それはかつて日本も、朝鮮・台湾・沖縄を併合していた歴史があるからです。

西側諸国の働きかけによって朝鮮と台湾は解放されましたが、沖縄はいまだに併合されたままです。
そしてそのことは欧米の活動家にとって、慙愧に耐えないものとなりました。
いま中国に対立する欧米の活動家の合言葉は「チベットを第二のオキナワにするな」です。

こうしたことがあるので、日本政府としては中国に歩み寄らざるを得ないのも当然のことと言えます。
チベットが解放されてしまうと、その矛先が沖縄に向かうのがわかりきっているからです。

751 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:41:53 ID:???
>>750
もう日付は変わって4月2日だよ

752 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:42:17 ID:???
>>746
汎用性が高く、世界でベストセラーとなった機体は、それだけ基本設計が優れていると言う事。

753 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:42:25 ID:???
>>750
エイプリルフールはもう終わってますよ

754 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:43:15 ID:???
ん?チベットが独立したら沖縄も独立するって?
それこそ驚くべき妄想だろ。

755 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:46:17 ID:???
>>749
あんた FS-X計画が始まった時点では、F-16は配備始まったばかりの最新鋭機だぞ。

756 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:49:10 ID:???
ハワイはどうなるんだよおい

757 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 06:58:04 ID:???
>>755
技術協力の話がでたときは10年以上は余裕でたってるだろ。
F-16直後にでたのはF-1の方。

758 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 07:03:50 ID:sWdjmS5i
>>675
sageのチェックをはずすんですね。ありがとうございました。

759 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 07:05:43 ID:???
>>746
基本的に艦載機は離着艦の衝撃に耐える為に脚周り等の構造が強化されていて、
陸上機として運用するにはそれが強度過多な死重量となる。また作戦地近くに
進出した空母から運用する分航続性の要求は低いので、陸上機としては高属性が
不足しがち。それらを考慮のうえで他の利点を重視してF/A-18系を陸上機として
運用している国もあるが、空自FSXのベースとしては要求を満たさなかった。

760 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 07:09:45 ID:???
まあ自衛隊には極力国産兵器作って欲しいよな。
金かかってもノウハウ溜まるし、使った金は国内で回るんだから。

761 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 08:48:26 ID:1DiJQxBG
事変と紛争のちがいは何ですか?

762 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 08:51:09 ID:???
>>761
支那事変
チェチェン紛争

763 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 09:16:14 ID:???
>>755
配備から10年ぐらい経ってるよ

764 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 09:18:18 ID:???
>>761
宣戦布告をともなわない戦争が事変
戦争の定義にはあてはまらない武力衝突が紛争

765 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 09:29:28 ID:AtFScHWB
軍事初心者なんだけど軍事原論ってどんな本?
初心者でも読める?

766 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 10:44:41 ID:???
>>764
紛争は戦争を含む広範囲な利害衝突全般を指す言葉だろう。

767 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 10:51:02 ID:???
>>734
湾岸戦争では

レーダー反射が戦闘機そっくりの囮ミサイルを大量発射
  ↓
イラク軍はそれに対空レーダーをばんばん照射して一生懸命迎撃
  ↓
対レーダーミサイルを搭載したSEAD(敵対防空網制圧)部隊が
そのレーダーを次々と破壊
  ↓
怖くてレーダーを使えなくなるイラク軍。


って感じだったからチャフの大量使用はたぶんなかったと思う。

768 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 10:57:29 ID:???
>>734
イラク軍の旧式のミサイルはECMでジャミングしちゃったお

769 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 11:28:32 ID:qIiGx4u6
>>736
振武学校は主として日本語教育の為の予備校です。
卒業後に全員が陸軍士官学校に進学したわけではなく
陸軍士官学校以外に陸軍経理学校や陸地測量部修技所に進んだ人もいます。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/ajg/ejgeo/115266kobay.pdf
すなわち振武学校卒業時点では陸軍士官学校への受験資格をもっているだけです。

霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho これは嘘や想像や思い込みで回答するので
あまり信用しないほうがいいかと思います。

>>747
「中国人留学生が士官学校などに入学するため、前もって日本語や基礎知識などの準備教育を施した予備学校」
であっています。

蒋介石の記念館のHPにはこう書かれています。
http://www.cksmh.gov.tw/cks/eduweb-utf8/jp/index.php?menu_ID=2&page_ID=b-3
振武学校は1903年創設で、清政府が派遣した留学生を教育する為に日本政府が設置した予備学校です。
蒋介石は学校で3年間修業し、1910年11月に卒業。
12月に新潟県高田市の野砲兵第19連隊にされ、実習を受けました。
1年の実習課程は4期に分けられています。辛亥革命が起きた時、蒋介石は第3期の訓練を受けていました。
蒋介石と学友の張群らは休学届けを出さずに離隊、帰国し、辛亥革命に参加した為、退学及び退隊処分を受けます。


770 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 11:29:32 ID:qIiGx4u6
蒋介石の事例でややこしいのは
http://tseiso.hp.infoseek.co.jp/ml/c0b_sonbun.html
孫引きで失礼だが
保坂正康著「蒋介石」(文春新書)
「一九〇七年の終わりから一九一〇年まで、蒋介石は振武学堂で所定の軍事学をおさめたあと、
日本の陸軍省の紹介によって第十三師団の高田連隊野戦砲兵第十九連隊の隊付将校となった。
蒋介石はこのとき二十四歳になっていたが、何応欽のように振武学堂を卒業したあと、
改めて日本陸軍の将校教育の場である陸軍士官学校に入学する留学生も少なからず存在した。
しかし蒋介石はこのコースをとらずに振武学堂を終えたあとそのまま隊付勤務になっていた。
それがなぜなのかは定かには分かっていない。」
という点があることで、蒋介石を事例に振武学校と士官学校の関係を考えることは
非常に混乱を招くことになります。


771 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 12:12:00 ID:???
現代ではドップラーレーダーを使うから、空中に浮いてるだけの状態のチャフは妨害効果が低い。
個機防御であれば、発射後しばらく速度を保つから、そっちにロックを外すことはできる。
しかし二次大戦当時みたいなチャフ・コリドー(空中散布状態のチャフ)はそうはいかない。

ただ「チャフの壁」を敵レーダーと味方編隊の間に置けば、敵のレーダー波が減衰して
出力が下がったと同じ事になるから、これは有効。しかし、そのためには
チャフ撒布機が味方編隊とレーダーの間、つまり敵対空システムの至近に寄る必要がある。

で、電子的手段による妨害の方が使われているわけ。いまだにB-52搭載用の
旧式チャフも現役リストに残ってはいるらしい(すでに製造はされていない)。

772 :771:2008/04/02(水) 12:35:26 ID:???
ベトナムのラインバッカー作戦でもB-52によるチャフ・コリドーが使用されたが、
これは爆撃機がその中を通りますと明示するようなものであり、
しかもB-52は爆弾投下後に反転する際、隠しきれない大きな反射波を返すので、
その中のどこにいるかまで丸見えだった。

チャフ・コリドーはその上を必ずB-52が通っていく、という意味で、オズの魔法使いの話から取って
「yellow brick road」と言われていた。とはいえ、まったく妨害手段なしで飛んでいくよりはマシだった。

773 :771:2008/04/02(水) 12:37:50 ID:???
>>772 訂正
チャフ・コリドーはチャフ撒布を担当する、先行F-4によって形成された。
これに続くB-52は電子的妨害手段を使用した。

774 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 12:53:00 ID:???
>>734
知ったかぶりがいろいろ書いてるけど、信用するなよ
部分的には正しいところもあるけどさ
1番ひどいのは767で、湾岸戦争でイラン側のSAMを引き付けたのはレシプロ大型ラジコン監視無人機だ
RCSを戦闘機サイズにする工夫なんてまるでやってない
チャフはホワイトノイズを作るもっとも簡単かつ有効な手段なので、今も捨てられてはいない
滞空時間は一般的に15秒から30秒程度とされているから、距離でみると数kmだな


775 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 12:56:46 ID:???
>>772
一つだけ指摘しとこう
チャフコリドーの中を通ったら、エンジンがチャフを吸い込んで隠蔽効果が台なしだし、下手すりゃエンジンが壊れる
まず自分に技術的素養がないことを自覚して、さらに修業に努めてから回答者になるべきだ

776 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 13:12:23 ID:???
>>774
正直、平気でイランとか書いてる>>774も信用できねえ。

777 :771:2008/04/02(水) 13:33:29 ID:???
>>774
はいはい。>>771で書いたような意味

> 「チャフの壁」を敵レーダーと味方編隊の間に置けば、敵のレーダー波が減衰して
> 出力が下がったと同じ事になるから、これは有効。

で言ってるんだけど、確かにチャフの雲の中を通るように読めるね。御追加に感謝し、精進に励みます。

778 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 13:50:03 ID:???
指摘というより
チャフの雲の中を突進していくと思った>>775の勘違いじゃない?

779 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 13:58:09 ID:???
最近じゃチャフ・コリドー戦術は行われていないだろう。

780 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:06:49 ID:C8ov7el/
エチゼンクラゲを大量に養殖して日本の原発を停止させるという戦略兵器構想には
穴があるでしょうか?

781 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:10:42 ID:???
>>780
穴だらけです。

782 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:11:07 ID:???
>>780
兵庫県民と福井県民が美味しく頂きます

783 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:14:09 ID:???
>>780
ひとまず、養殖してる国がエチゼンクラゲに乗っ取られて終わる。

784 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:19:51 ID:zx/cqdEY
第二次世界大戦中、独軍の捕虜収容所にいた仏軍兵士が
13歳の少女が部屋にいると決めて、皆の士気(?)を落とさないよう
配慮したというエピソードをよく聞きます。
この話は、「創作だ」という意見と、「何かしらの専門書で見た」という意見の
両方があるのですが、このエピソードは実話なのでしょうか?
また、どこの捕虜収容所だったのか等、詳細をご存知でしたら、
合わせて教えて頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。

785 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:22:22 ID:???
>>695
政治家には費用対効果の良い道具としてウケがいいけど
マニアから見れば、これと言った欠点、逸話の少なさじゃないのかな
優等生すぎてつまらないとか、数が多いので世界中で見慣れていて珍しくないとか
なのに未だ改良型を売り込もうとしているとか、どこでも顔出すとか
それでいて大して変わりばえしない外見とか・・・

任期は長いが、人気がイマイチ?

786 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:23:37 ID:???
>>784
奇跡体験アンビリバボーで見たぞ。

787 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:26:48 ID:???
>>784
ロマン・ゲイリの小説「天国の根っこ」

788 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:27:58 ID:???
>>780
養殖するのはいいとして、どうやって原発周辺まで気づかれないよう運ぶんだ。

789 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:29:09 ID:???
>>784
だいぶ前に「信じられないが本当だ」スレでみた。
 

790 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:31:24 ID:???
>>780
その前に取水口の改善がされるでしょうね

791 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 14:35:11 ID:???
>>780

大型クラゲ用のシュレッダー開発…定置網用の駆除器具
ttp://www.zakzak.co.jp/top/2007_11/t2007110846_all.html

792 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 15:36:42 ID:qIiGx4u6
>>784
★信じられないが、本当だPart31
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1111576378/461
461 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2005/03/29(火) 12:50:16 ID:???
 大戦中にドイツ軍の捕虜収容所に居たフランス兵たちのあるグループが、長引く捕虜生活の
苛立ちから来る仲間内の喧嘩や悲嘆を紛らわすために、皆で脳内共同ガールフレンド(?)を
作った話を思い出した。
以下略

488 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2005/03/29(火) 22:02:31 ID:???
>>461
それは朝日新聞の「天声人語」に載っていた話では?
サブタイトルは「心の美少女」



793 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 15:37:00 ID:5Y0Ne9k5
対空砲で人を撃つとどうなりますか?

794 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 15:38:09 ID:???
死にます

795 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 15:42:46 ID:???
当たり所によっては怪我で済みます

796 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 16:13:53 ID:???
>>793
命中すればたいがい原形も留めないだろうな。粉砕されて完全に肉片になる。
米軍なんかは、よく対空砲を歩兵の対地支援用に使って大きな成果を上げていた。

797 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 16:15:22 ID:u9EHUkjc
ズムウォルトの艦砲ってCGなどを見る限り、かなり仰角がとれるようになってるように見えるのですが、
対空攻撃も視野にいれてある(計画されてある)のですか?

798 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 16:17:17 ID:9KP+Jg2W
中田商店の迷彩(USAデザート)を買おうと思いますが、品質はどうなんでしょうか?
安いので生地が薄くてすぐ破れたりしないか心配です。

799 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 16:20:19 ID:???
>>797
ズムウォルトのAGSは、対空攻撃能力は考慮されていないらしい。
CIWSの役割を果たすのは57ミリのほうだ。

800 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 16:34:38 ID:???
>>798
人柱精神を発揮せよ

801 :734:2008/04/02(水) 16:43:31 ID:HhiO8qQL
現在では電子妨害によるジャミングの方が主流となっているんですね。
ご回答頂いた諸兄に感謝します。

802 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:05:55 ID:???
>>801
既出だけど、個機防御には、いまでもチャフ・フレアは必需品

803 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:10:56 ID:LbMGcR6G
お茶のCMをみて思ったのですが、
先祖伝来の鎧のサイズがあわなかったらどうするんでしょう?


804 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:19:57 ID:???
>>803
鎧に体を合わせるのが軍の常道です

805 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:25:44 ID:Sd92PzWV
最近MDが徐々に整備されているのを見てふと思ったのですが、

今から30年くらい昔、「ミサイルコマンド」と言う敵のICBMを
核搭載の迎撃ミサイルで打ち落とすアメリカのTVゲームがありました。

現実に冷戦時代、アメリカやソ連は敵のICBMを宇宙空間で
核搭載迎撃ミサイルを使用して打ち落とす計画なり構想はあったのでしょうか?

又、宇宙空間ならMDでピンポイントで迎撃するより、核でまとめて吹き飛ばした方が
簡単でより確実だと思うのですがどうでしょうか?

しょうもない質問ですがよろしくお願いします。

806 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:27:07 ID:???
>>805
実際に配備してたんだけど
迎撃ミサイルの炸裂で次のミサイルをロストしちゃうんでダメじゃんと

807 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:29:13 ID:???
>>803
西洋みたいに板金一枚でできてるわけじゃないから、適当に調節する。
できないぐらい体型が違うなら、はみ出た部分を削ってもらうといい。

>>805-806
とはいえ、両国とも核弾頭の迎撃ミサイルを準備してたし、ロシアは今でも配備してるはず。

808 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:30:25 ID:???
ズムウォルトは無敵だよ
実は潜水艦だよ

809 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:34:12 ID:???
>>807
A-35迎撃システムの頃は確かにガロッシュ核弾頭ミサイルをモスクワ周辺に配備してたが、
現在ではA-135に替わり、使用されるゴルゴンもガゼルも通常弾頭。
ミサイルのセンサーと誘導技術の進歩によって、通常弾頭でも迎撃可能になったため。

米のセーフガードシステムもスパルタン、スプリントという核弾頭ミサイルを採用していたが、
セーフガードシステムは短期間のうちに引退し、現代ではGMD、地上発射型通常弾頭迎撃ミサイルになってる。

810 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:35:22 ID:???
>>805
どのくらいの高度を宇宙空間と考えてるかは判らないが、高度によっては核爆発時に発生する電磁波で地上の電子機器に障害があるし、通信衛星や偵察衛星も使えなくなってしまう。

811 :809:2008/04/02(水) 17:36:42 ID:???
>>805 というわけで、構想どころか両国とも配備してた時期がある。
ミサイルコマンドはリアルだったわけよ。

あのゲームにはだいぶハマった。オンラインで似た雰囲気のフリーゲームが拾えるよ。

812 :805:2008/04/02(水) 17:41:19 ID:Sd92PzWV
>>806>>807>>809>>810

RESありがとうございます、参考に成りました。

813 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:42:03 ID:???
これな。 > ミサイルコマンドもどき
ttp://www.sukkk.com/game/20886/Lunar-Command.html

814 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:42:36 ID:???
>>811
妄想乙。そんなものは拾えない。

815 :814:2008/04/02(水) 17:43:38 ID:???
すまんリンクを貼らせるための策だった。
サンクス

816 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:46:42 ID:u9EHUkjc
>>799
ありがとうございます。
MDってなんかの条約で制限されてませんでしたっけ?
確か、弾道ミサイル迎撃用のミサイルは、
何発までとか決まっていたような……
勘違いかもしれませんが

817 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:47:29 ID:???
>>815
きめぇよカス

818 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:52:25 ID:???
814みたいな煽りをする奴が粘着してるんだろうな

819 :814:2008/04/02(水) 17:53:46 ID:???
どこがリアルなんだよ

820 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:55:29 ID:???
>>816
昔は相互確証破壊(MAD)を損なわないよう、弾道弾迎撃ミサイル制限条約(ABM)があった。

しかし、アメリカがMDを開発開始するために一方的に脱退し、消滅している。

821 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:57:46 ID:???
>>819
MIRV搭載核ミサイル迎撃に核ミサイルを使用していたという所がリアル。

もちろんゲームだし、それも一種のシューティングだから、セーフガードやA-35をリアルに再現したゲームだった、
といってるわけじゃないよ。必ず最後には滅亡して終わっちゃうゲームなわけだが、おもしろかった。

822 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 17:59:47 ID:EMLIrITi
>>769
ありがとうございました。
つまり蒋介石に関しては日本の士官学校卒というのは間違いではあるが、
ちゃんと士官学校も出ている中国人留学生も多かったということですね。

823 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 18:07:10 ID:EMLIrITi
ところでステルス核ミサイルというのは無理なのでしょうか

824 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 18:09:36 ID:???
>>823
そもそも飛行する弾道ミサイルを捕捉できるレーダーは少ない
赤外線対策にせよ再突入時にはどうしようも出来ないし

結局のところ限りなく本物に近い囮を混ぜるのが現時点では最良

825 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 18:09:48 ID:???
>>823
トマホの代替となるレベルのステルス巡航ミサイルが実用化されれば
当然、戦術核運用も可能になるだろうな

826 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 18:12:38 ID:???
>>823
ああそうか
弾道ミサイルとは限定してないのか

それならAGM-129(ACM)というのがある

827 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 18:17:57 ID:???
フランスが開発中の巡航核ミサイル(ASMPA)もステルスが売り。

828 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 18:18:52 ID:EMLIrITi
>>824>>825
ありがとうございました。

ミサイル防衛のようなものを開発することで、
ステルスのような対抗手段も開発促進され、
結果的に逆効果になることはないのかと危惧していました。

829 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 18:19:23 ID:???
>>823
巡航ミサイルなら既にある。

こんなの。
ttp://www.military.cz/usa/air/in_service/weapons/ag_missiles/agm_129/agm_129_en.htm

830 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 18:22:08 ID:???
>>828
ロシアは変則的な機動を行う弾頭やそれに似せた囮を開発し
迎撃ミサイルに対抗(今のMDではICBMに対応はしてないが)していくようだ

831 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 19:05:09 ID:4sb23qwq
現在 日本はアメリカと安全保障条約を締結しており
同盟国となっていますが
アメリカが別途同盟を結んでいるイギリスや韓国とは
日本はどういう関係になるのでしょうか?
一応同盟国になるんですか?

832 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 19:16:59 ID:???
>>831
ならない。
その理屈でいくとNATO加盟国が全部同盟国になっちゃう。

833 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 19:20:50 ID:???
>>831
ならない。
その理屈でいくと俺の女が全部レズビアンになっちゃう。

834 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 19:26:04 ID:u9EHUkjc
>>820
ありがとうございます。
それに対してのペナルティってないものなのでしょうか?
一方的に脱退できるものなのですか?

835 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 19:28:37 ID:???
>>834
相手国も自由にMD開発していいというペナルティがある。
条約ってそんなもん。

836 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 19:29:34 ID:???
>>833
どうせその女は全員13歳なんだろ

837 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 19:29:38 ID:???
>834
ロシアが、数の制限無くabmを後ろ指を
さされずに配備できるようになるだけ。

838 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:03:15 ID:???
3次元の空間を2次元の紙の上で表現しにくいように、4次元、5次元
を人間には理解しづらいのでしょうか?

839 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:05:18 ID:JFwnAlYe
手榴弾のピンって普通の針金でも代用できますか?
また材質は差し込めたら基本的に何でもいいのでしょうか?

840 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:05:34 ID:???
>>838
数学上の概念なのだから、数式をイメージとして捉えるセンスのある人間にとっては何次元だろうがいっしょ

841 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:09:03 ID:???
>>838
遠近法はどうなる

842 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2008/04/02(水) 20:13:35 ID:???
>>839
米軍式のレバーを使用したものなら、線材(針金)で代用出来無い事もありませんが
ピンとの入れ替えに限らず一旦抜いた安全ピンを戻す作業は大変危険です
もしも実行するならば、レバーを完全に固定したのちにピンの抜き差しをしなければなりません
また材質は基本的に鋼材より柔軟のものでは、ファイアリングピンスプリングのテンションに負けて
破断してしまう可能性が高いので、何でも良いとは言えませんね。

843 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:30:34 ID:???
>>838
どこが軍事?

844 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:36:32 ID:r+75ItVK
アルバニアがNATOに加盟するために旧式の装備を処分中に
弾薬倉庫が爆発したというニュースが流れたんですけど
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2008032602098439.html
NATOに加盟するには、そういったことが何故必要なのですか?

845 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:44:36 ID:JFwnAlYe
>>842
レスありがとうございました

846 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2008/04/02(水) 20:46:49 ID:???
>>844
NATOに加入すると言うことは、合同訓練や武器弾薬の共通化が必須となり
先ず、基本的に装備をNATO規格に切り替える必要があります
ですのでそれまで備蓄した旧WTOの弾薬は不要となる訳で
それ以前に、これら弾薬の劣化が進んでいた事により処分の必要性が生じたようです
これは専門知識を持った者が、慎重に進めなければならない手順があり
記事の通りであれば随分杜撰な対応であったと思われます。

847 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:50:19 ID:BmRh4NX9
湾岸戦争の時にテレビでフセインはどうしてアメリカに「我々はクエートから徹底する、だからアメリカもインディアン達に土地を返してやれ」と言わないんでしょうねーといっていた人がいましたが、これを言えばアメリカは本当に湾岸戦争に介入できなかったんですか?

848 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:51:27 ID:???
>>847
そんな戯言、今までアメリカはいろんな国の指導者からいろいろ言われてます。
終。

849 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:51:41 ID:N+oFZOa7
イラクに派兵された米兵の映像を見ると、ヘルメットの前部に何かをはめ込む様な器具が付いていますが
あれはどんな装備なんでしょうか?

850 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2008/04/02(水) 20:55:25 ID:???
>>849
赤外線暗視装置を装着する為のアタッチメントです。

851 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:57:23 ID:N+oFZOa7
ありがとうございました

852 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:57:26 ID:???
>>849
写真ぐらい張れよ。ここは、質問者の質問の解釈スレじゃないんだから。

853 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 20:58:40 ID:???
>>852
リロードしろよ

854 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:01:02 ID:???
>>847
そんなことを政府が言い出したら
国内の民族問題が大変ですよ

855 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:05:44 ID:BmRh4NX9
>>848
そうなんですか?
例えばどこの国ですか?

856 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:11:02 ID:???
>>855
北朝鮮

857 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:12:37 ID:BmRh4NX9
>>856
できればソースを下さい!
いろんな国と言われましたが、それ以外には?

858 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:13:24 ID:r+75ItVK
>>857
香港水上警察軍にとやらに問い合わせてください

859 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:15:02 ID:BmRh4NX9
>>858
意味がわからないんですけど?

860 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:16:31 ID:???
中国はチベット返さなきゃいけないな
内モンゴルとか他にも火種は色々

北はそんなこと言えないのでは?

861 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:18:31 ID:???
>>859
本日の1:47にした質問でまともな質問者じゃないと
認識されてるんだよ。

862 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:21:10 ID:BmRh4NX9
>>861
戦前の香港には水上警察が本当に存在していると思っていたから、質問を
したわけで・・・でも、それは間違いだという回答を貰っています。

まともな質問でなかったと受け止められたのなら、それは失礼しました。



863 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:26:27 ID:u9EHUkjc
>>835
>>837
ありがとうございます。

質問を追加させてください
F-15Eなどのコンフォーマルタンクって取り外しできるんですか?
フランカーなどの旧ソ連系の戦闘機にコンフォーマルタンクを実装している機体ってあるのですか?

864 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:27:42 ID:BmRh4NX9
>>848
というわけで、どの国が言ったのか答えて欲しいのですが?

865 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:32:17 ID:???
>>863
地上で取り外しは可能

増槽のような空中投棄はできない

866 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:34:56 ID:pantcQnb
西洋の階級名の語源を調べたいのですが、丁度良い書籍などは
どんなものがあるでしょうか?

サイトを幾つかめぐってみたのですが、場所によって書いてあることが矛盾
してたりして何を信じていいのかわからないので…

867 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:51:02 ID:???
>>866
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Comparative_military_ranks
とろあえずここから各階級の項目に行ってそれぞれのHistory(歴史)やEtymology(語源)を探してみたら?
wikiの英語版はこういう内容については信頼性は高いから。
その上で出てきた語源を検索してみてウラとりすればいい。

868 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:56:03 ID:???
ジョージ・パットンは轢いた人はどうなったのでしょうか?
死刑もしくはひき逃げで迷宮入りになったのでしょうか?


869 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 21:59:13 ID:???
>>866
あと行っても語源についての記述がない時は、その単語のdisambiguationを見て、それらしい項目を探すとそこに書いてあることも。
図書館に行ってウェブスターとかOEDとかで調べるのも手だ。
これらならまあ間違いもないと思うし。

870 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 22:17:01 ID:???
>>868
パットンはひき逃げされたのではなく、乗っていた乗用車とトラックの衝突事故による負傷が原因で死亡した。
映画のラストとごっちゃにしないように。
双方の運転手(兵士)は軍法会議で不注意が原因とされ、有罪と宣告されたが処罰はされていない。

ttp://en.wikipedia.org/wiki/George_S._Patton
Accident and deathに事故の状況に関する記述あり。

ttp://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9E07E0D61339F93AA35752C1A9659C8B63
パットンが乗っていた乗用車を運転手の死亡記事。

トラックの運転手のその後は不明で、これがパットン暗殺説の元ネタの一つになっているようだ。

871 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 22:33:24 ID:0nvWOfzR
ラージハドロンコライダーを応用してブラックホール兵器を開発するのは可能でしょうか?

872 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 22:36:44 ID:???
>>871
不可能です。

873 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 22:40:56 ID:???
>>871
ホーキング蒸発は起きるでしょうが…特異点が消失するという保障が無いのが、
現在の理論の問題点。当然ながら、地球中心に向かって落下するでしょうから…
下手すると、地球の核という高圧高密度では、永遠にホーキング蒸発よるエネ
ルギー発生機関として動作するようなことにもなりかねません。

874 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 22:46:09 ID:???
>>871
>>780で相手してもらえたのがそんなにうれしかったのか?

875 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 22:52:24 ID:BmRh4NX9
>>848さん答えてください

876 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 22:57:14 ID:???
BS1で、アフガンに駐在する米軍が、住民を診察したりする際に
住民の網膜写真を取り、データベース化してる場面がありました。
不審者を判別するためにやってるのでしょうか?

877 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 22:58:17 ID:???
>>876
ID出せよバーカw

878 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:01:35 ID:???
>>873
重心系10E+12eVという低いレベルでMicroBHが生成されているなら、
地球大気上層ではかなり繁雑にMicroBHが生成されている事になりますね。
プランク質量レベルのBHはプランク時間スケールでしか存在しませんが、
特異点に関しては裸で存在しない事がむしろ理論の制約となっているようですね、
実際何が起こるかが理論の検証と言う立場は実験物理だから当然なんでしょうが。

879 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:01:42 ID:1D+8Wyuu
>>877
申し訳ないです。

880 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:10:47 ID:???
>>879
揚げ足とりしないと死んじゃうような奴だから気にしなくていいよ

881 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:11:35 ID:???
>>870
教えていただいてどうもありがとうございました。

882 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:13:23 ID:???
>>875
はい。

883 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:14:36 ID:???
>>880
それは揚げ足取りとは言わない
ゆとりだな。

884 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:21:49 ID:???
回答しろよ

885 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:35:30 ID:???
>>883
揚げ足とりじゃないならなんだよ

886 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:41:26 ID:???
ID出せよ

887 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:41:49 ID:???
生足取り
焼き足取り
茹で足取り
蒸し足取り
煮込み足取り

888 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:44:21 ID:YjXDNcZh
>>886


889 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:44:39 ID:???
>>885
ゆとりだな。

890 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:46:24 ID:???
きっと>>889は覚えたての「ゆとり」って言葉を使いたがってるんだよ


891 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:47:50 ID:???
883 名前:名無し三等兵:sage 投稿日:2008/04/02(水) 23:14:36 ID:???
>>880
それは揚げ足取りとは言わない
ゆとりだな。

885 名前:名無し三等兵:sage 投稿日:2008/04/02(水) 23:35:30 ID:???
>>883
揚げ足とりじゃないならなんだよ

892 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:49:36 ID:???
>>891
> それは揚げ足取りとは言わない
>(そんな事も分からないなんて) ゆとりだな。

893 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:50:50 ID:???
ID無しの指摘は揚げ足とりじゃないよな
「揚げ足とり」って言葉を使いたがってるだけ?

894 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:51:43 ID:???
>>893

> ID無しの指摘は揚げ足とりじゃないよな
揚げ足とりを辞書で引いてこようね

895 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:52:02 ID:???
  あげあし
     ↓
   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒( ´・ω・)  ♪フンフンフン フンフンフン♪
     `ヽ_っ⌒/⌒c     
        ⌒ ⌒


896 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:53:05 ID:???
   〃  ∧_∧                                        ∩
   ⊂⌒( ´・ω・)  ♪フンフンフン フンフンフン♪
     `ヽ_っ⌒/⌒c     
        ⌒ ⌒

897 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:54:06 ID:???
揚げ足を取る

相手の失言や失敗につけ込んで皮肉をいったり、やり込めたりする事。

898 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:56:04 ID:???
揚げ足を取る

>>876がID出し忘れた事につけ込んで>>877が煽ったりする事。

899 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:56:17 ID:???
揚げ足を取る

腹這いになって本を読みながらブラブラ上げている足を取る事。

900 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:57:06 ID:???
     ∩ ∧_∧
   ⊂⌒(´・ω・ )    ?
     `ヽ_っ⌒/⌒c     
        ⌒ ⌒


901 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:58:36 ID:???
ID出せよ


902 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:58:41 ID:???
>>900
こっちみんなよかわいいなぁもう…………

903 :名無し三等兵:2008/04/02(水) 23:59:12 ID:???
そもそも>>879>>876とは別人だし

904 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:00:15 ID:???
>>903
ソース

905 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:00:47 ID:???
>>901


なんだこの前の百度で検索キチガイか

906 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:02:45 ID:???
>>905
あれで特定できるの?

907 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:04:31 ID:???
>>906
壊れかけのレィディオゥ〜だし

もし違ってもキチガイには違いない

908 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:05:55 ID:???
>>906
ID出せよ

909 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:08:07 ID:???
で、オチか回答は?

910 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:14:46 ID:???
>>909
識者待ちでしょ

911 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:15:28 ID:???
>>909
ID出せよ

912 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:18:15 ID:???
ID出せよ

913 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:20:30 ID:oZASS6VJ
遅滞防御は敵の追撃に対し
後衛部隊が一撃を加えて離脱していく
いうものであってますか?

914 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:24:37 ID:???
>>902
     ∩ ∧_∧
   ⊂⌒(*´・ω・ )  ポッ
     `ヽ_っ⌒/⌒c     
        ⌒ ⌒


915 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:26:34 ID:???
なんか変な流れだと思ったら次スレの季節か

916 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:28:20 ID:12M+V3WF
>>913 このサイトでは敵対的な質問に対し、
カスミンがマジ(誤)回答を返すことを言う。

917 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:33:35 ID:???
また支那豚の自演 虐殺者支那豚

1988年3月チベットで行なわれたこと
http://jp.youtube.com/watch?v=ACwJcQit3m0

胡錦濤はチベット虐殺の張本人だった!
http://jp.youtube.com/watch?v=pab7NQ2Q1Pk&feature=related


東トルキスタンにおける中国共産党の弾圧
http://jp.youtube.com/watch?v=L1zoho-17Sw&feature=related

東トルキスタン / ウイグル族大弾圧
http://jp.youtube.com/watch?v=zz4PwTMnXVY&feature=related


918 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:41:49 ID:???
>784
信じられないが、本当だ(本家)Part53
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1147782339/193-196

193 名前:匿名[] 投稿日:2006/05/20(土) 13:10:25 ID:EYOEy+3X
2005年の初めに、オカルト板で>>182の原文を最初に書いたのは、この俺です。

信 じ ら れ な い が 、 本 当 だ

・・・その後すっかり忘れていたが、
まさかその後、インターネットのあちこちに引用コピペされているとは。すげえ。

194 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/05/20(土) 13:11:50 ID:???
あそこはいい意味で脳汁漏れっ放しのサイトだよなぁ。
非ヲタの人にはアイタタタなんだろうが。

195 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2006/05/20(土) 13:15:10 ID:???
>>193
>>182のネタはあなたの創作?

196 名前:匿名[] 投稿日:2006/05/20(土) 13:27:01 ID:EYOEy+3X
>>195

むかし、通っていた図書館で流し読みしていた何冊かの本の中で、
脳内イメージに関する自己啓発本と、禅宗のお坊さんが書いた本の「人の想いの強さ」に関する一文で、この同一エピソードが紹介されていたのが、非常に強く印象に残っていたので。

・・・で、オカルト板で、チベットの修行者が想念を結晶させて作るという人工霊体「タルパ」に関するスレッドを見かけた折に、この話を思い出して書き込んだ次第。

919 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:43:09 ID:???
質問です。イラクではサドル派を掃討するために政府軍が攻勢をかけて失敗したのに、攻撃されたサドル派は一方的に
停戦すると「おとなしい」理由は何でしょか?組織が弱体化でもしてるのでしょうか

920 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:43:56 ID:cPb0yw+5
>>919

すいませんID晒してませんでした

921 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:50:55 ID:PCZE32Hx
階級が絶対な軍隊組織にあっても、
上官にあまりに人望がなく、部下達に嫌われ、憎まれすぎると、やはりいろいろ悪影響はありますか?

922 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:55:35 ID:???
>>921
あります

923 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:56:10 ID:???
>>921
余りに人望がないと有事の際には後ろから撃たれたり
平時であればコーヒーにクレンザーやらを入れられる事になるぞ

924 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:57:17 ID:???
>>921
後ろから弾が飛んできたり、不思議な事故が続発します。

925 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 00:58:12 ID:???
>>919
同じイラク人と戦いたくないため。


926 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:00:39 ID:IYMgbMk9
〉〉921
ある

927 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:03:07 ID:IYMgbMk9
>>926 間違えた

928 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:05:37 ID:PCZE32Hx
軍艦が出航…会敵もなく、無事に帰港

「あれ?中尉はどこだ?」
「さあ?」
「知りませんねえ」

なんて例もありますか?

929 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:07:29 ID:???
>>928
「あれ?俺の帽子どこいった?」
「さあ?知りませんねぇ」
って話なら聞いた事ある

930 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:08:52 ID:???
>>928
「気が付いたら一人いなくなってる」
ということは軍艦に限らず船だとよくある、と言われる。

「自分が完全無欠の聖人だという自信がなけりゃ人気のない夜の甲板には出るな」
とは産まれてこの方陸歩いてるより海の上にいた方が長かったうちの爺様の言。

931 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:31:18 ID:???
そして誰もいなくなった

932 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:33:18 ID:???
どんな高性能な戦車でもRPG2〜3発で行動不能になるという話を聞きました。
戦車は1両10億円くらいらしいですが、RPG弾頭って数千円ですよね。
コストパフォーマンス的にどうなんですか?戦車って。

933 :932:2008/04/03(木) 01:34:53 ID:/lbXRu2I
ID表示忘れてた

934 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:38:23 ID:???
RPGで戦車を撃破する事が出来るかもしれないが、
戦車に出来る事をRPGがやれるわけではない。
戦車の火力、装甲、機動力を考えると、戦車に代わる兵器は存在しない。

935 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:39:55 ID:???
・RPG2-3発を、戦車が行動不能になるような個所に撃ち込むには
 ちゃんとしかるべくアンブッシュせねばならないし、カナーリ接近しなければならない
よって戦車の大群+随伴歩兵をRPGを負ったゲリラだけで迎え撃つのは困難
・戦車はRPG2-3発にはできないことができる。つまり用途が異なる
・まあそれでも対戦車ミサイルにやられるなんて状況もあるので、
 戦車が高価になりすぎているかもしれないということは言われている

936 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:40:34 ID:???
>932
地上に存在するあらゆる兵器に対して圧倒的な優位性を持っています。
戦車とは言わば陸戦の女王です。

戦車に随伴する歩兵がいれば
RPGを持った敵歩兵がRPGの射程範囲まで接近する前に無力化できます。

そして、戦車に替わる火力と機動力を持つ兵器はいまのところ存在しません。
コストパフォーマンスを言うのなら少ないコストで莫大なメリットを得られる大変効率のよい兵器です。



937 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:41:07 ID:???
なるほど。
たしかにそうだ。戦車はRPGと違って汎用性の高い兵器ですからね。

938 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:41:26 ID:???
正面なら同じ箇所に当たらなきゃなかなか抜けるもんじゃないし 一発撃てればいい方

939 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:42:27 ID:/lbXRu2I
またID表示忘れてた・・・
回答ありがとうございます。

940 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:42:52 ID:???
>>932
それを撃つ人間の価格は?
RPG-7なんかは自殺兵器とか呼ばれてるぞ

それにRPGを持った兵士が戦車と同じようにj時速30km以上で不整地を走れる訳じゃないし
その状態から120mm戦車砲を使用できるわけじゃない
結局のところRPGが使えるのは戦車が歩兵に接近してくる状況でだけって話
それだけ条件がそろっても射手の生存性はそう高くない

世界的に見れば歩兵砲的な運用のが多いんだけどね

941 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:46:28 ID:???
戦車の回転する部分の<>とか/ \みたいな形には意味があるんですか?
平べったい理由は理解できるんですが、あのとんがってるというか
鋭いカンジの形の意味がわかりません。日本のは[  ]だし。

942 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:47:04 ID:KOBms9K5
941です

943 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:50:20 ID:???
>>941
回転する部分って砲塔の事?

944 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:51:47 ID:KOBms9K5
>>943
はい。因みに

<  >はレオパルトで
/  \はエイブラムズのつもりです
[   ]は90です

945 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:54:54 ID:???
被弾経始のことか

946 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 01:57:27 ID:???
>>944
装甲の面を斜めにすると見かけ上の厚みが増すことになるので、
面を斜めにして敵弾を弾き易くするのが最近までの流行だった。

最近では砲弾の貫通力が高過ぎてそんなことしても意味がない、とされ、
90式やレオパルトUの初期型のように面は垂直になったが、M1のように
「いや多少でも斜めの方がいい」という考え方もある。

レオパルトUの最近の型は「ショト装甲」といって、垂直になってる
本来の装甲の上に、追加の装甲を付け足してる。
あの > 形状は、装甲の継ぎ目の一番弱いところに敵弾が向かわないように
する効果があるらしい。

947 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:00:48 ID:KOBms9K5
>>946
なるほど。
youtubeで「日本の戦車の形は古すぎてダサい」とか外人に言われてたので
日本の戦車って遅れてるのかな、と思ってたんですが、特にそういうわけじゃないんですね。

返信ありがとうございます

948 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:01:04 ID:???
>>946
>装甲の継ぎ目の一番弱いところに敵弾が向かわないようにする効果がある
その説ってもう古いんじゃなかったっけ。

正しくは何だったのかは忘れた。

949 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:01:13 ID:???
>946
それは俗説じゃないか?>集弾効果

950 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:01:24 ID:???
>>919
失敗というのは「サドル派の完全撃滅」に失敗したということであって
サドル派にとっては大打撃を受けたという事実に変わりはないから

951 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:01:46 ID:???
>944
昔は斜めのほうがイイって言われてたけど最近はそうでもない。
弾頭が早く強くなりすぎたから。

952 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:03:15 ID:???
レオパルトは継ぎ接ぎだらけ・ネジだらけだからイヤだ

953 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:03:27 ID:???
>>944
レオパルドのはショト装甲と言われるもので本装甲は90と同じような形状
ショト装甲の効果については諸説があるのでググって自分で確認して欲しい

90とレオパルドの砲塔が垂直に近い形になっているのは
APFSDSに対しては被弾経始がほぼ無意味だから
そのため重量比で一番空間を確保できる長方形の砲塔になった

エイブラムズが傾斜装甲を取り入れてるのはセラミック系の複合装甲の開発に失敗し防護力に余り自信が無かったから
そのため水平面への数値的な厚さを大きく出来る傾斜装甲を採用した
まあ一番薄い場所に向かっていくAPFSDSに対して効果があるか判らないけどHEATには有効だろう

954 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:04:07 ID:???
>>948
海○堂のWTMのレオの解説は
装甲の丈夫なとこに弾くようにするって書いてあった

955 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:06:31 ID:???
海洋堂で思い出したけど
自衛隊版WTMでやたら車体が前に傾いてる90、不良品だとおもって人にあげちゃったんだけど
あとであれがシークレットだということを知った・・・

956 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:06:55 ID:???
>>955
ああ、俺んちあるわ

957 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:07:32 ID:???
>>955
ハルダウンのか?

958 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:48:22 ID:???
朝鮮戦争で戦った人間の殆どは旧日本軍ですよね?
(少なくとも中堅以上は)

どのような活躍ぶりだったのでしょうか?
朝鮮人とは言え、日本軍の教育を受け、育てられた人間でしょう。
やはり太平洋戦争のように勇敢に戦ったのでしょうか?
あまり語られませんが、朝鮮戦争は旧日本軍対旧日本軍の戦争ですよね。

959 :958:2008/04/03(木) 02:50:22 ID:???
調べたのですが、あまり資料もなくわかりませんでした(両軍の構成、人材など)
スレ立ててもいいでしょうか?

960 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:55:05 ID:???
>>958
大間違い。旧日本軍関係者はいないことは無いが、そんなにいない。
北朝鮮側はソビエトの支援を受けてたゲリラが母体で、あと、中国からの
義勇軍は旧国府軍主体の捨て駒。韓国側は一部に旧日本軍の教育を受けた
ものがいるが、ほとんど寄せ集め。あとアメリカ軍には当然、旧日本兵はいない。


961 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 02:56:43 ID:???
>>959
朝鮮戦争スレならあるのでそちらへどうぞ。
【白善Y】朝鮮戦争(1950-53)スレ【ユギオ】
ttp://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1139417209/1


962 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 03:18:26 ID:???
>>876 その通りです。住民把握と移動統制は対ゲリラの初歩です。



963 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 03:21:45 ID:???
>>919 当初マリキ首相が期限を設けて投降と重火器の政府引渡しを
要求していたがこれは取り下げられ、イランでの交渉で合意に達したため。

サドル師のように大衆運動の指導者にはときどき流血事態を起こしながらもしばらく
すると抑えて次まで待つタイプの者がいる。

たとえばインド独立運動指導者のガンジーもそうだといえる。

964 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 03:24:30 ID:???
>950
次スレ立ててくれ

965 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 03:25:58 ID:???
>>919
どっかのニュースによると、サドルはイランからの強力な支援を受けてて、
イランがイラク情勢に対する影響力を誇示するためにサドルに停戦させた
という話が出てるらしい。

966 :958:2008/04/03(木) 03:26:19 ID:???
>>960
なるほど。
ありがとうございました。
>>961
了解です。

967 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 03:27:02 ID:???
>>958 その疑問は朝鮮戦争 韓国篇を 読むと解消します。

日本軍出身者もいるけど、上海の光復軍出身者に満州国軍出身者などもいる。
さらに日本軍出身者にも陸軍士官学校卒業者や志願兵出身者がいる。

韓国空軍について言えば、日本の陸軍航空隊出身者でパイロットだった人が
創始したといえます。開戦後に日本の福岡は板付まで来てP-51を貰って乗って帰って
戦闘参加してる。

968 :958:2008/04/03(木) 03:33:23 ID:???
もう一つ質問です。

旧日本軍には↓のような朝鮮人の扱いマニュアルがあったとコピペで見るのですが
これは本当なのでしょうか?または嫌韓の捏造でしょうか?

・根に持つので頭、顔は殴るな(戦闘中、後ろから撃たれるからとの事)
・朝鮮人一人に日本人三人つけろ。

あと、食事面や色々書いてあったと思います。

969 :951:2008/04/03(木) 03:35:31 ID:Fnco2vMN
次スレ立たないんなら俺が立てるけど?

970 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 03:39:51 ID:???
>>969
よろ

971 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 03:40:28 ID:???
>>968
ID

972 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 03:44:59 ID:Fnco2vMN
次スレ

●初心者歓迎 スレ立てる前に此処で質問を 460
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1207161741/


973 :霞ヶ浦の住人 ◆HzqDOXy.Ho :2008/04/03(木) 04:54:55 ID:knhR6Tj9
>>958
>朝鮮戦争で戦った人間の殆どは旧日本軍ですよね?
>(少なくとも中堅以上は)
>どのような活躍ぶりだったのでしょうか?
>朝鮮人とは言え、日本軍の教育を受け、育てられた人間でしょう。
>やはり太平洋戦争のように勇敢に戦ったのでしょうか?
>あまり語られませんが、朝鮮戦争は旧日本軍対旧日本軍の戦争ですよね。

霞ヶ浦の住人の回答。
韓国軍は日本軍系統。
北朝鮮軍は非日本軍系統です。
「朝鮮戦争は旧日本軍対」ソ連軍の戦争と言えます。

説明。
韓国軍は創設時に、旧日本軍軍人を大量に入れています。含む満州軍。
そのため、士官は日本軍の習慣である、日本刀を吊っていました。
本当は、アメリカ軍式なので、服飾規定に軍刀は存在しませんでした。
教官のアメリカ軍人が、日本軍を見るようで嫌だったと書いています。

北朝鮮軍は、意図的に日本軍色を排しました。
首領の金日成からして、抗日パルチザン、中国共産党軍、ソ連軍と渡り歩いた人物です。
ソ連が北朝鮮を支配するために、自軍にいた朝鮮人の金日成を連れてきたのです。
北朝鮮軍の主力は、ソ連軍、中国共産党軍に居た、朝鮮人です。
それらの人々を、ソ連軍人の教官が指導しました。
建軍に際して、朝鮮語の軍隊用語を作る際にも、日本語の影響を排して決めたそうです。

北朝鮮軍は、ソ連軍式です。融通の利かない、戦法でした。大量の物量で押す戦いでした。

参考図書。
朴正煕 韓国近代革命家の実像 趙甲済 亜紀書房
下記、ウィキペディアの白善ヨプを参照ください。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%96%84%E7%87%81

974 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 10:09:01 ID:???
>>292
戦車の場合、新型開発の度に燃費向上を求めれると言うことも無いのですが、燃費は重要な要素
と言えます。
ただ、燃費と言うのは手段であって、目的は航続距離の延伸と補給頻度の減少です。
航続距離はNBC兵器で汚染された地域を迂回したり、汚染地域外まで辿り着いて次の補給を受ける
と言った観点から、東西冷戦中に再度重要性が認識されました。
西側陣営では数的不利を補うためにも航続距離は重要でした。

しかし、燃料を大量に積むことで要求を満たせてしまうこともあるので、必ずしも燃費を上げて
行く必要はありません。ところが、そうすると一回の補給で大量の燃料を補給することになり、
補給頻度が上がってしまいます。 結果として「出来る時に補給しておかないといけない」てな
具合で行動が制限されてしまいます。

ただ、過去何度か、燃費向上を要求された例があります。

1.ディーゼルの採用
  ただし、燃費のためだけに採用する訳でもないので注意。
  燃料の引火事故防止・ガソリンの節約・空冷の採用で冷却水の調達を不要にする。
  たまたま軽油の備蓄が大量にあった。等。
2.無過給のディーゼルを使用していた国がディーゼルターボを採用
  これは最大出力アップを狙ってのことなのですが、大型の無過給のディーゼルで高出力を
  狙うより、過給した方が省スペース・低燃費になる。
3.補助エンジンの採用
  これはメインのエンジンの燃費が悪い場合、小型の補助エンジンを用いて発電や油圧機器
  の駆動を行う。 必要ない時は補助エンジンだけ使ってメインのエンジンは止めておく。
  補助エンジンはメインエンジンの始動にも使えるようにしておくと、いざと言う時にメイン
  エンジンを素早く始動できる。


975 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 11:07:29 ID:5v/96HSt
前ド級戦艦なんかの碇ってあれ碇を置く場所にどうやって置くの?

976 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 11:13:34 ID:ETvMIP/Y
東南アジアで陸軍がしっかりしてる国ってどこでしょうか

977 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 11:20:01 ID:???
>>976
ここ

978 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 11:21:19 ID:???
>>976
しっかりしてるとはどういう意味?
装備が充実している?
シビリアンコントロールが徹底している?
将兵の士気が高い?

曖昧な質問をされても答えようがないので、もう少し考えてからしてください。

979 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 11:23:06 ID:???
>>975
舷側のアンカーラックではなく、甲板上にベタ置きしている事を言っているのかな?
その場合だと、甲板上に折りたたみ式/仮設のデリックを据えれるようになっていて、作業時に設置してアンカーを引揚げることが多い
なんで必要のないときはデリックを片付ける

980 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 11:28:40 ID:5v/96HSt
>>979
ありがとうございます
今までは人力で甲板に持ち上げてるんだと思ってました

981 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 11:32:27 ID:ETvMIP/Y
>>978
ゴメン。装備や訓練所などが充実してて欧米の陸軍と合同訓練に参加したりしてるって意味です

982 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 11:48:39 ID:IlOm3bj3
1、汎用/輸送ヘリの胴体に下からRPGや携行ATMが当たったら即落ちますか?
輸送室の下に被弾しても直接即墜落するほどのダメージは与えられないと思うのですが。



2、航空機は純粋に大型機の方が小型機より被弾には強いですか?(防弾対策が同じ程度と考えて)
B-747やC-17みたいな大型機は対空ミサイル一発では落とせない可能性はありますか?

983 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 11:52:50 ID:???
>>980
そんな、ぴくせるまりたんじゃあるまいし

984 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 12:07:37 ID:???
>>981
シンガポール

985 :979:2008/04/03(木) 12:12:48 ID:???
>>980,>>983
直に綱引きってのはないけれども、テークル(動滑車)を上手く使って予備錨や副錨を人海戦術であげる場合もあるので、妄想とは言い切れませんよw



986 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 12:19:30 ID:???
双葉ちゃんの方がレスのレベル高いと思うんだけど

987 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 12:34:31 ID:???
>>982
1は当たりどころによるが、ヘリコプターは原理的に固定翼機より脆弱なので落ちる可能性が高い
2も同じく当たりどころによるが、赤外線式携帯SAMの場合、4発機を一撃で落とすのは難しいと思われる(過去事例による)

988 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 12:39:33 ID:???
>>973
北朝鮮側にも旧日本軍の流れの高級将校や熟練兵、技術者はいたけどな。
特に北朝鮮が持っていない部類の仕事には重宝されたが、
ほとんどは朝鮮戦争終戦後粛正されて歴史の闇の中に消えていった。
たまに北朝鮮のお家騒動の余波をくらって、闇の中から帰ってくるのはご愛敬。(´ー`)y―┛~~

北 空軍創建の主役リ・ファルは, 日本の操縦士出身
ttp://www.dailynk.com/japanese/read.php?cataId=nk00100&num=904

989 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 13:07:40 ID:ETvMIP/Y
ttp://jp.youtube.com/watch?v=ahe81VMK6AI



これって特殊作戦部隊なのでしょうか

990 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 13:45:37 ID:???
>>989
タイトルがオーストラリア軍歩兵隊イラク派遣前訓練だし、
訓練内容も普通の市街戦訓練だし、装備も普通だし通常歩兵部隊だろう。

991 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 13:59:05 ID:???
>>986
きのせいです

992 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 14:09:19 ID:ETvMIP/Y
>>990
イラクに派遣されてる兵士って普通の兵士も行ってるの?
つまり空挺団などの精鋭部隊が行ってると思ってたのですが
あっ、アメリカ以外って意味です

993 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 14:12:44 ID:???
>>992
前線に派遣するときにはどんな部隊だって「精鋭」に変身するのよ

994 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 14:27:30 ID:ETvMIP/Y
>>993
入隊何年目の人が送られるんですか

995 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 14:32:01 ID:???
まずは簡単に始められる海外マネー撃退法を教えてあげよう。

日本の株式市場に流入している金の約6割が外資マネーということを知っているかな?
平均株価は外資によって維持されていると言っても過言ではない。もちろんこのような状態は
不健全であり、日本の株価は外資の思惑一つで簡単に上がったり下がったりしてしまうのが
現実なのだ。

しかし裏を返して言えば、あなたが株の売買を通じて利益をあげることができたとした場合、
その利益の6割は外資から金を奪うことによって成り立っていると言えるわけなんだ。
もしも君が株で100万円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は60万円。
1億円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は6000万円。
100億円の利益をあげれば、外資から奪い取った金は60億円にも達することになる。

つまり君が株式市場に参入し、利益をあげればあげるほど、外人投資家がそれに応じた
打撃を被るというわけだ。
君が利益をどんどんあげていけばいくほど、ハゲタカファンドは苦しんでいくんだ。

それがどれほど日本を守ることにつながるか、わざわざ説明するまでもないだろう。

株で勝つ方法は簡単。日経新聞や株に関する雑誌を講読すれば良い。
日頃から情報収集を怠りなくおこなえば、そして外資がすぐには入手することができない情報を
日本の地の利を生かして先に入手することができれば、外資を出し抜いて金を奪い取ることなど
造作もないのだ。
最近は株に投資するなとレスする奴がいるが、そいつは外資のスパイだ。日本の愛国者が株で
外資から金をせしめることを恐れて、外資のスパイが情報工作しているのだ、気をつけろ。

金が無いならサラ金で借りれば良い。株式トレーダーは自営業みたいなものだから、職業を聞かれたら
自営業と答えれば良い。
アコムで無理ならプロミスで借りろ、プロミスで無理なら武富士で借りろ、
武富士で無理ならアイフルで借りろ、アイフルで無理ならレイクで借りろ。

海外ファンドから日本経済を守るため、そして海外ファンドを苦しめるため、君も株に投資しよう。

996 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 14:45:14 ID:???
>>992
イラクに派遣されてる部隊のほとんどは治安維持が主任務だから別に特殊部隊の役目ではない。
米軍の場合は派遣されてる部隊のの多くが平時は働きながら定期的な訓練を受けるパートタイムの兵士である州兵。

997 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 14:48:20 ID:r0Kvrszq
>>993には言葉通りの意味とは違う真意があるように思えるんですが
良く分かりません

998 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 15:26:52 ID:???
実戦に勝る訓練はないって事じゃね?

999 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 15:50:54 ID:???
>>996
「派遣されてる部隊の多くが州兵」は言いすぎだろう。

1000 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 15:55:16 ID:???
1000なら来年の防衛予算倍増

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

293 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)