5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

海軍陸戦隊をパワーアップせよ

1 :名無し三等兵:2008/02/25(月) 04:10:15 ID:MGFtzRHH
マリーンを撃破するための条件をあげる

2 :名無し三等兵:2008/02/25(月) 14:55:45 ID:???
2ゲツ MG34でめった撃ちw




3 :名無し三等兵:2008/02/26(火) 07:11:02 ID:cAC9+MAT
合衆国海兵隊
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E6%B5%B7%E5%85%B5%E9%9A%8A

英国海兵隊
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E6%B5%B7%E5%85%B5%E9%9A%8A

帝国海軍陸戦隊
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E9%99%B8%E6%88%A6%E9%9A%8A



4 :名無し三等兵:2008/02/26(火) 13:39:47 ID:???
日本の海軍陸戦隊って何で独立組織じゃないの?
米英の海兵隊みたいに独立組織の方が効率いいんじゃね?

5 :名無し三等兵:2008/02/26(火) 15:05:54 ID:ypR8i3vu
個人標準装備にベルグマンを。
九六式軽機と擲弾筒を各分隊に。
20mm対戦車ライフルを各小隊に。
あと、弾薬運搬用のタンケッテ装甲車、37mmタイプで簡易突撃砲変わりに、
と7.7mmタイプは移動銃座として配備。

対戦車ライフルはトーチカや拠点潰しに活躍しそうだが、日本軍には本来の戦車に有効な
兵器がないのがツラいな。;y=ー( ゚д゚)・∵;; . ターン

6 :名無し三等兵:2008/02/26(火) 17:04:47 ID:???
日本は陸軍が「敵前上陸」をしたので、海兵隊の必要性が余り無かった。
…日本陸軍自体が海兵隊と考えればよい。

7 :名無し三等兵:2008/02/26(火) 17:14:35 ID:???
仮想敵をUSマリーンより帝国陸軍にした方が明らかに強化されるんじゃね?

8 :名無し三等兵:2008/02/27(水) 13:04:40 ID:zAc4YKSM
>>3のWikipediaを参照すると、陸戦隊といっても所属艇船で編成された部隊と陸上特別陸船隊とでは装備・技量ともかなり違う。
開戦劈頭、メナドに降下した落下傘部隊や連隊規模の上海特陸などは同等の陸軍部隊と遜色ない。
単独での舟艇や陸上機動力を擁するのが陸軍部隊との違いのようだ。
陸海軍ともに制空制海権があり、かつ不意打ちで上陸できた時期はさて置き、
完全に防御準備が整った島嶼や拠点を攻略できたかどうかは疑わしい。
個人武装についてはは>>5さんの言われる通り、擲弾筒の配備を強めることが極めて有効と思う。


9 :名無し三等兵:2008/02/27(水) 13:35:08 ID:???
開戦時の陸軍第五師団は渡洋侵攻対応の舟艇機動部隊だったか

10 :ベンゼン中慰 ◆vgk37B0.Ck :2008/02/27(水) 13:53:55 ID:???
陸戦隊も独自で洗車、銃開発が必要ですね。

11 :名無し三等兵:2008/02/27(水) 14:11:27 ID:LAswjySF
>>10
>陸戦隊も独自で洗車
沿岸警備任務とかで潮風にやられて錆びるだろうしな。

12 :名無し三等兵:2008/02/27(水) 21:31:23 ID:???
とりあえずMP44で武装しようか

13 :名無し三等兵:2008/02/28(木) 03:52:45 ID:fChklOhN
陸戦にはトーチカや俺蔽壕の爆破に使う弾薬筒のような武器はあったのか?
あと陸軍の工兵隊に相当する機能は内包していたのだろうか?


14 :名無し三等兵:2008/02/28(木) 17:58:43 ID:???
カミが一杯あればなぁ。

15 :名無し三等兵:2008/02/28(木) 18:14:56 ID:xPkqz3j8
ガチャピンを入隊させろ!

16 :名無し三等兵:2008/03/02(日) 12:30:18 ID:???
大戦末の島嶼防衛戦では役に立ってないと酷評されてるな。

17 :名無し三等兵:2008/03/04(火) 07:46:14 ID:SNslFTJ1
陸戦隊が守備したギルバート・マーシャル・パラオ群島の戦いに共通するのは、作戦指導を行なった軍令部の研究不足と怠慢にある。

それに対するマキン・タラワ、エニウェトク環礁、ブラウン環礁、クウェゼリン・ルオットなど、
絶海の孤島に派遣された守備隊は気の毒と言ってよいのではないか。
結果的に稚拙な作戦指導のツケは、三軍を統合した戦略的集団単位(Strategic-Corps-Unit)を確立させた米軍に玉砕という形で払わされたからだ。
取り分け、大洋に散布配置された根拠地隊は地勢的な連繋が困難なため、
個別の奮戦を求められるままに放置されたと言ってよい。

このような背景を経て大挙襲来した敵攻略部隊に対して、陸戦隊は寡兵よく奮戦したものと思う。
しかし各島が攻勢終末点近海であった故に、有事の増派救援体制はロジ面でも対処されなかった。
また、何れの孤島も索敵前哨基地・潜水艦補給基地としての戦略要地とされるも、
レーダー索敵の脆弱性から基地航空隊の迎撃体制を機能させ得なかったことが悔やまれる。
これは大戦中を通じて、陸海軍航空基地に共通する構造的欠陥でもある。
一方で米軍統合参謀本部が実用化した島嶼攻略モデルの要締は、
@詳細な事前偵察により敵の戦力を正確に掌握し、作戦立案の下に攻略部隊を編成する。
A機動部隊の空襲で基地航空隊を潰滅させて守備隊を孤立させる。
B艦艇による近接砲撃により地上施設を破壊する。
C航空支援の下に海兵隊が上陸して守備隊を制圧する。

対する日本軍は、対抗モデルを立案することなく後に惹起するトラック・パラオ両島の空襲と艦隊射撃で、
マリアナ諸島の要衝に続いて沖縄も失陥せしめることになる。

過ちを改むるに則ち憚ること勿れ。
過ちを改めざる、是を過ちと言う。(論語)

敵を知り己を知れば百戦してあやうしからず。
敵を知らず己を知らずば・・・(兵法)

18 :名無し三等兵:2008/03/04(火) 10:19:15 ID:???
とりあえず三突一個中隊にでも支援させよ

19 :名無し三等兵:2008/03/07(金) 05:05:31 ID:Drhx5Yxf
日本版SEALsを作れ

20 :名無し三等兵:2008/03/07(金) 06:13:34 ID:X5q+8P86
提督の決断Uでは、かなり使えたよ。
陸軍とちがって戦車ないのが痛いけど、物資沢山といっしょに篭らせたら、敵艦隊をばかばか撃沈してくれる。
はっきりいって陸戦隊だけで勝てるw 輸送を手助けしてやるだけでいい。

21 :名無し三等兵:2008/03/09(日) 13:46:06 ID:jozYYm3v
海上自衛隊にも陸戦隊を作れよ。

22 :名無し三等兵:2008/03/09(日) 13:51:21 ID:???
>>19
それはもうあるがな

23 :名無し三等兵:2008/03/09(日) 19:30:58 ID:???
>>20
提督の決断Uで、日本軍の戦車は糞でしかないが。

24 :名無し三等兵:2008/03/10(月) 22:15:31 ID:???
MP-44で武装すればよい

25 :名無し三等兵:2008/03/14(金) 17:51:02 ID:04n+oMXq
機関銃小隊はMG-34、42に汁

26 :名無し三等兵:2008/03/14(金) 17:58:24 ID:???
弾薬の調達がめんどくさいからダメだろ。

27 :名無し三等兵:2008/03/14(金) 19:54:41 ID:???
>>23
そんなことより、KOEIに提督の決断1を復刻してもらう方法を考えようぜ

28 :名無し三等兵:2008/03/14(金) 23:59:22 ID:???
戦記で読んだが陸戦隊には迫のような曲射兵器が無かったそうだ
ギルバートなんかで迫か擲弾筒があったらもっと有利に戦えたと数少ない生き残りが語っていた

29 :名無し三等兵:2008/03/15(土) 02:41:15 ID:???
>>13
設営隊は?

30 :名無し三等兵:2008/03/15(土) 05:06:26 ID:i9MQPg8Z
>>29
設営隊って、技術将校と軍属の集団だから陸軍の工兵隊のような戦闘序列ではないはずだが。
著者名を失念したが、戦後に鹿島建設の取締役になった人が書いた「海軍設営隊奮戦記」だったかを読むと
設営隊とは字の通り航空基地を作ることが任務。
大学出の技術将校に民間から徴用された日本人工員と朝鮮や台湾から徴用された労務者の集団だったと思う。
海兵隊の奇襲上陸を受けたガ島が抵抗するまでもなく一蹴されているように、正規の戦闘部隊ではない。
よって、掘削用に発破などの炸薬はあったものの、爆破筒のような武器はなかったと思われる。

31 :名無し三等兵:2008/03/15(土) 05:23:24 ID:???
土方屋さんだからね、設営隊は。
陸軍には飛行場作りの名人とか、いたとか聞くが。

32 :名無し三等兵:2008/03/15(土) 06:47:34 ID:i9MQPg8Z
>>30の誤り著者ならびに訂正・補足

佐用泰司「海軍設営隊の太平洋戦争」光人社(2001年)


@戦前は海軍設営班として内地の鎮守府に所属
基本構成は文官(海軍技師・技手)と徴用軍属による。

A太平洋戦争開始後に海軍設営隊となり、各艦隊の指揮下に所属。
基本構成
武官(技術士官・技術下士官)と徴用軍属

港湾建設・整備
航空基地設営・整備
および防衛(殆ど機能していなかった)

主な配置先
・ウェーキ島・ニューブリテン島・ガダルカナル島・ブーゲンビル島・マノクワリ島・ビアク島などの占領地

B戦争末期
戦線の激化により、Aの任務に加えて臨時編成の海軍部隊にも加えられる。

主な配置先
・マニラ海軍防衛隊・硫黄島・沖縄・島嶼防衛地ならびに本州各地




33 :名無し三等兵:2008/04/03(木) 21:49:37 ID:???
http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Marianas/img/USA-P-Marianas-p194.jpg
私の名前はホーランド・M・スミス・・・。
このアメリカ合衆国では必要な仕事、USMC Lieutenant General(合衆国海兵中将)が私のもう一つの名だ。
しかし何時の世にも、海兵隊の作戦に嘴を突っ込むアホな海軍指揮官や、チキンで無能な陸軍指揮官が大勢いる。
そんな奴等にはこうするまでだ。


「 ビ ッ グ M 、 シ ョ ウ ・ タ ァ ァ ァ ァ イ ム !! 」

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)