5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■山陰に鉄道や空港が必要なのか■■■

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 16:01:45 ID:Ouk4frbr0
JR伯備線の事故から2年  http://www.nhk.or.jp/tottori/lnews/ 1月24日
 おととし1月、江府町のJR伯備線で保線作業をしていたJR西日本の社員が特急列車にはねられて死亡した事故か
ら2年となる24日、JR西日本米子支社の川上優支社長らが参列して法要が営まれました。
 この事故は2年前のおととし1月24日、江府町のJR伯備線で保線作業をしていたJR西日本の社員が定刻より遅れ
てきた特急列車にはねられ、3人が死亡、2人がけがをしたものです。
 江府町の事故現場には正午ごろ、JR西日本米子支社の川上支社長らが訪れ、焼香しました。この後、亡くなった3
人が勤務していた日野町にあるJRの施設で米子支社の幹部や同僚などおよそ30人が参列して法要が営まれ、事故
が起きた時間にあわせて出席者全員が黙とうしました。川上支社長ら出席者は祭壇に向かって1人1人焼香した後、
去年11月に建立された3人のめい福を祈り、安全を誓う石碑に白いカーネーションを手向けました。
 法要を終えた川上支社長は、「亡くなった3人やその家族の方へ申し訳ないという気持を改めて持ちました。安全対
策はこれで終わりということはなく、さらに取り組んでいきたい」と話していました。

伯備線で根雨にいくことがあったら、JR根雨保線管理室敷地内に建立された
石碑にお参りしてあげてください。
根雨保線管理室の社員12名で伯備線伯耆大山−新郷間約50kmの保線作業
を担当されているそうです。

GPSの警報装置で作業開始  http://www.nhk.or.jp/tottori/lnews/  いちおしNEWSとっとり 1月31日
 鳥取県江府町のJR伯備線で、人工衛星を利用して作業現場に列車の接近を知らせる警報装置が初めて実
際の作業で、使われました。
 使われたのは、人工衛星を利用するシステム、GPSを使った携帯電話型の装置で、おととし1月、伯備線で
保線作業をしていた社員が特急列車にはねられて3人が死亡する事故を受けて、導入されました。
 列車が4・8キロ以内に近づくと音声やバイブレーターで接近を知らせます。31日、この装置が初めて実際の
作業現場で使われました。
 江府町のJR伯備線の武庫駅近くの踏切の舗装工事終了の確認作業で、現場の社員は、はじめに米子支社
の輸送指令と連絡して運転状況を確認しました。列車の接近を知らせる警告音を聞きながら、3本の列車が通
過するのを待った後、社員たちは、踏切の舗装の状況などを確認していました。
 JR西日本の土橋雅孝米子保線区長は「伯備線は前後の見通しが悪い場所が多いので、現場で働く者にとっ
て安心できる装置です。使い方を十分習得したい。」と話していました。

GPS列車接近警報装置を導入  rtsp://news.bss.jp:554/news/2008013103.rm  テレポート山陰 08/01/31
 画面と音声で作業員に列車の接近を知らせます。GPS式の列車接近警報装置を使った初めての線路の保守
作業が31日、鳥取県江府町の踏切で行われました。
 JR米子支社では、2年前に起こった伯備線での死亡事故を受け、線路内の作業員に衛星を使って列車の接
近を知らせるGPS式の警報装置をJRグループで初めて導入しました。
 31日はGPS式の警報装置を使った初めての作業が江府町の武庫踏切で行われ、現場では見張り役の社員
が持つ端末が、画面と音声で半径4.8キロ以内に近づいた列車の番号と進行方向を知らせました。
 GPS式の列車接近警報装置は、米子支社管内に15セット配備され、列車運行時の作業で利用されます。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 16:34:14 ID:2JkDZmRu0
<#`Д´>ニダ!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/04(月) 22:03:06 ID:WhjbhCLfO
とりあえず
倉吉
松江
大田
江津
浜田

が必要だな。それぞれ羽田、小牧、伊丹(除倉吉)へ各1〜2本、そして本国仁川へは3本w

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)